やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 <Author: Terry Bisson Title: They're Made Out of Meat>

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/04/06(月) <Author: Terry Bisson Title: They're Made Out of Meat>

カテゴリー:やる夫短編集


出演やる夫 やらない夫


359 名前: ◆4pCV5yXGK.[] 投稿日:2009/04/04(土) 22:12:54.00 ID:TIP575Eo
         ____
       /      \ 
      / ─    ─ \ 人間は今、
    / ━ ●━━● ━ \  この星、地球で頂点に立っていると言えるでしょう
    |      (__人__)     | 
     \    ` ⌒´    ,/ 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



360 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 22:13:07.38 ID:MNmuDeko

見てるよww
けど、合いの手入れづらいからさww


362 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 22:13:24.60 ID:IdSAPCUo

見てるよー
そういうときは泣きながら投稿すれば良いさ




         ____
       /      \ 
      / ─    ─ \ 他の動植物を飼いならしたり、
    / ━ ●━━● ━ \  見世物にしたり。
    |      (__人__)     |  
     \    ` ⌒´    ,/  人間の一存で他の生き物の生死すら左右することができます。 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




         ____
       /      \ 
      / ─    ─ \ がしかし、本当に我々は頂点に立っているのでしょうか?
    / ━ ●━━● ━ \  
    |      (__人__)     |  その頂点とは、周りから見たら、
     \    ` ⌒´    ,/   とても小さな山なのではないでしょうか?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


視聴者カウント
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系高速メール配信メル友



         ____
       /      \ 
      / ─    ─ \ たまには客観的に、
    / ━ ●━━● ━ \  我々人間を見てみるのもいいかもしれませんよ?
    |      (__人__)     |  
     \    ` ⌒´    ,/   
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




<Author: Terry Bisson Title: They're Made Out of Meat>
【作者:テリー・バイソン 邦題:肉にご加護を】




1
───???───
κθλρνλιβημρχΑΖ
    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \  νζελτΓψμθεγκξ 
.   |     (__人__)           / (●) (●)    \ 
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       | 
.   |         }            \   `⌒´     _/
    ヽ        }            ノ           \
     ヽ     ノ        (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  | 
.     |     /        〈〉        ヽ     |  | 
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ  (⌒ ノ



2

εεκβαιντΚΜΕΙΛΟΔ
    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \  ζεζλξρχψσξκ 
.   |     (__人__)           / (○) (○)    \ 
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       | 
.   |         }            \   `⌒´     _/
    ヽ        }            ノ           \
     ヽ     ノ        (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  | 
.     |     /        〈〉        ヽ     |  | 
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ  (⌒ ノ



3

───ニホンゴ ヒョウジ ニ キリカエ───



4

あいつらは肉でできている
    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \  
.   |     (__人__)           / (●) (●)    \ 肉?
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       | 
.   |         }            \   `⌒´     _/
    ヽ        }            ノ           \
     ヽ     ノ        (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  | 
.     |     /        〈〉        ヽ     |  | 
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ  (⌒ ノ



5

そうだ。肉だ。
いくつかサンプルをあの星から拾ってきたんだが、
検査の結果、全てが”肉”でできていた
    / ̄ ̄\                   ____     
   /   _ノ  \              /      \    
   |    ( ●)(●)           /─    ─  \  
.   |     (__人__)           / (○) (○)    \ そんな馬鹿な
   |     ` ⌒´ノ            |   (__人__)       | 
.   |         }            \   `⌒´     _/
    ヽ        }            ノ           \
     ヽ     ノ        (⌒二              | 
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´     |  | 
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ     |  | 
.     |     /        〈〉        ヽ     |  | 
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ     |  |
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ  (⌒ ノ



6

                     /    |    |    |
                 |     |    |    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l ヶンサ ケッカ・・・・・・・・
           l   l    |    |  |     |    タンパクシツ・タンスイカブツ・ソノタ
            |   l   | ー-  |  l   - l             =ニク
             |  -‐|    |    |   |     |    /⌒ヽ
           |   |    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽ l ‐ \  |,           l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,            / ノ/       l
        ヽ  ノ \,/     /                 l
         \    /        /            |
          ヽ、       /  /   l             |
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /
               ヽ                /
                \__________ 



7

                   ,  --― -  、
                ,.:::´::r T ¨Y' ̄トィ¬丶
             ,.::r<_ソ' ´_ ̄´ ̄ ̄¨゙ くT¬i
          /.::::ゝ'´, =' --  , -i_ _ 丶\ス┐
           ,.::く/.:::::' ...:::::::└ イ ヽ ̄ ト、_ヽ V 〉
          ,::t./.::::::::::::':::::: ,   i|l , l   トLV┐
        ;::::::::::::::::::;::::::./ /|i :l  l| 、 ヽ└L}|
         i:::::::::::::::::;::::::' / / ,  :l  :|li  ',   |ハ ヶンサ ケッカ・・・・・・・・
          l::::::::::;::::::i:::::' .:::::/ .:;' .::i! .:|ル、 l|  lハ  タンパクシツ・タンスイカブツ・ソノタ
          !:;::i::::l:::::::!:::;..::/.::/ /.:/ .::;'ム,V| l ! l| |         =ニク
         ,i::::::::::!:::::::::::::: /..:::/.::':: /.::: ィ'゙_ヘ| l.:! /:l !
      /:!::::::::::l::::::::::イ.:::z=ミ:: / :::::: ゞ='/ / /| | :|
        i:.l::::::::::::.',:::::.、:ヽ弋`ソ´.:::..    /イ.:/.: l | :l
      l.:l|:::::::::「::::::::::..丶::::::::..‐'.::::::::._  /ッ----く!_|_
      /.:l|:::::::〈:::::::::::::::::::::::r::..丶::::.__/j .::::::::::::::.´ \
    /i::::l|::::::::::::::::::::::::::::::〈 , ー、:::::::::::::...-‐ ' ::::::::::::::::.イ⌒L ヘ
     l.:l:::li:::::::::::::;:::::::::::::{:::::l} 〈.::r:::::.-‐'´   ヽ:::::/>' -┘-ム
   /.:;':::l|::::::::::::::l:::::::::::::::::::ハ | .:::::::::::::、...::-ik.:::ヘ::// .::::::. - イ
   /.::;::::l:|:::::::l::::::::l::::::::::::|ヽ::.厶へ、`¨ト「j.::: ' _´ ヽ.::::::::::::::::{
  , .:::l::::i:|:::::::l:::::::::.';::::::::::l ヽ::ハ|   ̄ト、 , ィ´ヾ ¨ト!:::::::/l」
  ! ::::|:::l|':::::::j::::::::::::.ヽ:::::::',  l    l Y.:::l |   i  lヽ::.  |
  ,:l::::::!::l|!::::::::|:::::::::::::::::l::::::::',  廴. イ丈ハ:::::lィ⌒ヘ¬、 l::.  l



8

               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
        ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 そんな馬鹿な!
      /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、 あの星から流れてくる電波信号などは
      i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ   どう説明するんだ?
      ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
     / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /
    i      `、  _y──‐ l                /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ



9


    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   あいつらは電波を、会話すために使うらしい
   |    ( ●)(●)     でもその電波はあいつらから出ているんじゃない
.   |     (__人__)           電波信号は機械から出ている
   |     ` ⌒´ノ    
.   |         }   
    ヽ        } 
     ヽ     ノ



10

      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \ あいつらは電波を使用するが
   /  (●)  (●)  \.   あいつらから発信されない
   |    (__人__)    |  機械から発信される
   \    ` ⌒´    /
   /              \ 

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\ じゃその機械はどこから来たんだ!!
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



11


     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\    
   |   ( ●) ( ●) おちつけ
   |     (__人__) 
   |      `i  i´ノ その機械だが、あいつら”肉”が作った
   |   .   `⌒ }  .
   ヽ       .} 
    ヽ     ノ   それを今お前に説明しているんだ
   /      ヽ   
  /         ヽ,
  /  /      }  |
 .|  .{.      .|  | 
 .|  .|.      .|  |



12

              ____
            /      \              
           / \    / \   馬鹿げた話だ          
         /   (●)  (●)  \   あんたは知能を持つ”肉”が、
   .      |      (__人__)     |     あの星に存在していると言うのか?       
         \    ` ⌒ ´    ,/

              ____
            /      \              
           / \    / \  信じられん!         
         /   (●)  (●)  \   
   .      |      (__人__)     |         
         \            ,/



13

     / ̄ ̄\
   /  \  / 別に俺はお前に信じろと言ってるんじゃない  
   |   ( ●) ( ●)    
   |     (__人__) 事実を伝えているだけだ
   |      `i  i´ノ
   |   .   `⌒ } 【あの星には知能を持つ肉が無数に存在して
   ヽ       .}    あの星での実際の支配権を持っている】
    ヽ     ノ       
   /      ヽ  これが事実だ
  /         ヽ,
  /  /      }  |
 .|  .{.      .|  | 
 .|  .|.      .|  |



14

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\   ・・・きっとそれならあいつらは 
/    (●)゛ (●) \   たんぱく質含有アンドロイドか何かだ
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   あんたも知ってるだろ?
(  \ / _ノ |  |     間接なんかに”肉”を使ってるタイプの
.\ “  /__|  |       機械を
  \ /___ /




15

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i  いいや、違うな
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l   あいつらは”肉”から生まれ、 
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     ”肉”として生活し、 
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        ”肉”として死ぬ
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         わずかな間だけだがな・・・
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/           
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



16

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\   マザーコンピューター無しでか?
/    (●)゛ (●) \   
|      (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |       
  \ /___ /



17

    / ̄ ̄\
  / ノ  ⌒ \
  |  (●)(●) | ふむ、我らの制御装置に良く似た、
.  |  (__人__)  |  電気信号を送ることのできる”肉”の部位を、
   |   ` ⌒´  ノ  先ほど見せたサンプルから発見した。”脳”と呼ばれている。
.   |         }
.   ヽ        }  取り出した数分後に機能しなくなったがな・・・
    ヽ     ノ       
    /    く      
    |     \      
     |    |ヽ、二⌒



18

         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\ つまり”考える肉”が存在すると・・・
     /    (__人__)   \ 
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   | そう信じろというのか!?
     \    |ェェェェ|    ./l!|
     /     `ー'    .\ |i 
   /          ヽ !l ヽi 
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl)



19


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) | ああそうだよ、
. |  (__人__)  | さっきからそう言ってんだろ
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒) 



20

         ____
       /      \
      / ─    ─ \ なんてこった・・・   
    /   (○)  (○)  \ ”思考能力のある肉”・・・
    |      (__人__)     |  冗談じゃないんだな
     \    ` ⌒´    ,/ 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



21

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ー)(ー)  やっと信じてくれたか・・・
       .|     (__人__)   
       /     ` ⌒´ノ   まあ信じられないのも理解できるがな・・・
     /  ヽ ⊂二二 ̄\  
   /     \  ⊂、'    ヽ
  /        \_, `7  /   
 /    へ     \ !/  /




22

         ____
       /      \
      / /    \ \  ・・・なんてこった  
    /   (○)  (○)  \
    |      (__人__)     | それで・・その”肉”共は何がしたいんだ?
     \    ` ⌒´    ,/ 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



23

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) ああ・・まず我々と話がしたいらしい
. |     (__人__)  送られてくる信号がその証拠だ
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }  これは俺の推測なんだが、
.  ヽ        }   あいつらはこの宇宙を探索しようとしているんじゃないかと思う
   ヽ     ノ     俺らと情報なんかの交換をしたいんじゃないかと・・・
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)




24

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    ”肉”と会話をしろと・・・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |  ・・・?
/     ∩ノ ⊃  /   つまりあの”肉”たちは会話ができると?
(  \ / _ノ |  |   
.\ "  /__|  |   
  \ /___ /

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    ”肉”が思想や意見なんかを
/    (●)゛ (●) \    交換、共有していると?
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |   
.\ "  /__|  |   
  \ /___ /



25

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) 
. |     (__人__) ああ。  
  |     ` ⌒´ノ   ”肉”でな・・・ 
.  |         }  
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)




26

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   ”肉” で?
     |       (__人__)   |    あんたはさっきあいつらは電波を
      \      ` ⌒ ´  ,/     使用すると言わなかったか?
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃     
     |            `l ̄
.      |          |



27

     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\    
   |   ( ●) ( ●) ああ確かに使う。   
   |     (__人__)  が、会話は”肉”でする。  
   |      `i  i´ノ  
   |   .   `⌒ }  ”肉”をこすったり、震わせたりして、
   ヽ       .}   音を作って、それで意志の疎通をする。
    ヽ     ノ   
   /      ヽ   歌すら歌うそうだ
  /         ヽ,
  /  /      }  |
 .|  .{.      .|  | 
 .|  .|.      .|  |



28

         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\  なんてこった・・・
    /:::::::::: ( ○)三(○)\  歌すら歌うだと・・・
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \ 
  /:::::::::::::::::      u     \ 


     ____
   /      \   
  /  \   ,_\  ・・ところで、どうする気だ?
/    (●)゛ (●) \   その”肉”共について?
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   
.\ "  /__|  |   
  \ /___ /



29



    / ̄ ̄\
  / ノ  ⌒ \
  |  (●)(─) | それは”我々”としてか?
.  |  (__人__)  | それとも”俺”としてか?
   |   ` ⌒´  ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ       
    /    く  
    |     \  
     |    |ヽ、二⌒)



30

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \  ・・・どちらとしてもだ 
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   
.\ "  /__|  |   
  \ /___ /



31

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) ”我々”としては、
. |     (__人__)  この半銀河に生息・存在する知的物質は受け入れる方針だ。
  |     ` ⌒´ノ   偏見や好意、形態を考慮せずに・・・だ
.  |         }  
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(ー) ”俺”個人としては、
. |     (__人__)   あいつらから来た信号を秘密裏に処理、抹消して、
  |     ` ⌒´ノ    全て無かったことにする・・・
.  |         }    それが俺の考えだ
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



32

         ____
        /::\::::/::\
       / (●)  (●) \ 
     /:::///(__人__)///::::ヽ あんたがそう言ってくれると信じていた・・・
      |     |r┬-|    |  
.      \_   `ー'´   _,/
      /            \ 

              __
            .-´   ``ヽ
           / ⌒      `ヽ
         /        `ヽ  ヽ 少し荒っぽく聞こえるかもしれないが、
    ((   / (●)          ヽ   あいつらと何を話すつもりだ?
        |::⌒(__   (● )     | 
        ヽ   人__) ⌒::::      |  やあ”お肉”たち、元気かい?
          ヽ(__ン          |    調子はどうだい・・・ってか?
         人           /  | | 
        /          _ノ  ノノ 
                    |



33


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) ああ・・俺も100%同意だ。
. |     (__人__)  何も話すことなんか無い。
  |     ` ⌒´ノ   この会話が機能するとも思えないしな。
.  |         }  
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



34

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \ つまり、今”我々”が行動を共にできる、  
     |       (__人__)   |  ”知能を持つ肉”は・・・存在しなかったと・・・
      \      ` ⌒ ´  ,/  
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃     
     |            `l ̄
.      |          |



35

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  
 |    ( ー)(ー) その通り。
. |     (__人__)   あの”肉”共は、光の速度を超えて、
  |     ` ⌒´ノ    この宇宙を移動できない。
.  |         }  
.  ヽ        }   そんな技術では我々に、なんらメリットをもたらさない。
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)




36

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\  フム・・・だが、サンプル取得の際に、
/    (●)゛ (●) \  不特定多数の”肉”に我々は認識されただろう?
|  ∪   (__人__)    |  会話ができるのなら伝聞もされていよう
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /



37

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(ー) その点は問題ないだろう。
. |     (__人__)   
.  |         }  我々からコンタクトを取らない限り、 
.  ヽ        }   あいつらが我々を捕らえるのは不可能だ。
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



38

    / ̄ ̄\
  / ノ  ⌒ \
  |  (●)(─) | ”我々”は”肉”の間で、
.  |  (__人__)  |  ”夢”として語られるだろう・・・
   |   ` ⌒´  ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ       
    /    く  
    |     \  
     |    |ヽ、二⌒)



39

         ____    
       /_ノ  ヽ、_\
     o゚((●)) ((●))゚o  
    /::::::⌒(__人__)⌒::::::\ ”肉”共の間での”夢”をして我々が・・・
    |     |r┬-|    │ 
    |     | |  |     │  愉快だな!
   │      | |  |    │   ”肉”共にご加護をってか?
   │     | |  |    │
    |     | |  |    │
    \      `ー'    /



40

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  
 |    ( ー)(ー) フッ・・この件は解決だな。 
. |     (__人__)  ”我々”としても、”俺たち”としてもな。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }  
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●) 次の件だが、
. |     (__人__)   4光年離れた*#@星の、
  |     ` ⌒´ノ    核動型のやつらが、我々とまた協定を結びたいと言ってきた。
.  |         }  
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



41

      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \ あいつらがまた?
   /  (●)  (●)  \.   自分たちから協定を打ち切ったくせに・・・
   |    (__人__)    |  随分と都合のいい連中だな?
   \    ` ⌒´    /
   /              \



42

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ー)(ー)  まあそう言うな。
       .|     (__人__)   
       /     ` ⌒´ノ   考えてもみろって、
     /  ヽ ⊂二二 ̄\  この広い銀河の中に、1種族だけ1つの星の中に孤立させていたら、
   /     \  ⊂、'    ヽ あいつらだって・・・可哀想だろ?
  /        \_, `7  /   
 /    へ     \ !/  /




43

         ____
       /      \
      / ─    ─ \ まあ、それもそうだな・・・
    /   (●)  (●)  \  この広い宇宙の中で、
    |      (__人__)     |  孤立していたら、
     \    ` ⌒´    ,/ 可哀想だものな・・・
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



44

───A dream to meat!───





<Author: Terry Bisson Title: They're Made Out of Meat>
【作者:テリー・バイソン 邦題:肉にご加護を】終わり




411 名前: ◆4pCV5yXGK.[] 投稿日:2009/04/04(土) 22:28:20.38 ID:TIP575Eo

いかがでしたでしょうか?今までの4作に比べ、コミカルな作品をチョイスしたつもりです。
オチにパンチが無いかな・・・というのが、作ってみての反省点です。
【研究】の方では、オチの部分を変えてみました。結果中途半端なものに・・・

【肉】は、やる夫&やらない夫にロボットのAAを当てるつもりでしたが、露骨かなと思いまして・・・
訳がしにくく、原文はまさにニュアンスで捉える作品でした。
読んでみて、確かに人間て100%”肉”で出来てるよなぁ・・・と感じ、チョイスしてみました。

毎回、私目の駄スレにお付き合い、ありがとうございます。



412 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 22:34:07.67 ID:MNmuDeko

乙!
確かに肉がしゃべったり考えたりしてるなww
皮肉が効いてて好きだな、こういうの


413 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 22:36:10.96 ID:5CMZRg2o

オツカレー
黙って見ててごめんよww


414 名前: ◆4pCV5yXGK.[] 投稿日:2009/04/04(土) 22:37:03.51 ID:TIP575Eo

次回なのですが、
私の年度末の試験と、旅行が連続してありまして、
パソコン自体に触れない環境下に陥ってしまいます。
帰ってくるのが4月の半ばごろなので、その時にお知らせする形でよろしいでしょうか?

まだ数作(あるいは数十作)AAでやりたいなという作品がありますので、
またお付き合いいただければな。と思います。


415 名前: ◆4pCV5yXGK.[] 投稿日:2009/04/04(土) 22:38:31.54 ID:TIP575Eo

>>413
いえいえ、見ていただきありがとうございました。
他の皆さんもありがとうございます。


416 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 22:39:29.41 ID:IdSAPCUo

乙。面白かったよ


417 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 22:44:31.22 ID:MNmuDeko

また出来る時に予告だけしてもらえればいいと思うよ


418 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/04(土) 23:05:28.24 ID:F3sIUBEo

乙!

最後のはちょびっと毛色が違ったな
こういうのも良いねえ




関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 00:44 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫短編集

|

<< やる夫が宇宙刑事になるようです 宇宙刑事ヤバン 第二話   裏切りの宇宙刑事( 前編 ) | HOME | <Author: Mike Krath   Title: A Most Ambitious Experiment> >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV