やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです 最終章

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/04/06(月) やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです 最終章

カテゴリー:やらない夫がバッグを売るようです(最終回保管済)


やらない夫がバッグを売るようです
やらない夫がバッグを売るようです ぞくへん
やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです


304 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/04/01(水) 14:04:37 ID:TCKljeTH
___________________________________________
.              |   (__人__) .|     |3
(三三三三三三三三三三三三三三三三三三)|3==( ̄( ̄)==== ゜ *  `  。     *
.               |        }      |3   | / /             o ` +
.               ヽ       .}        // /
                ヽ     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~/ /
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /  やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです
                |      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       #4 The Letter of Wanderer
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





   .. / ̄ ̄\
   / _ノ  .ヽ、\           人は死ぬと死体になる
   |  (●)(●) |   ./´`;
  . |  (__人__) .|  ./   / ,. -、  生き返らせる呪文に失敗すると、灰になる。
   |   ` ⌒´  ノ .ァ'   / / /
    ヽ      }.ァ'/  /''  ∠__,,,...、 
    .ヽ    . _.ノ.ノ_   . ´    __.ノ
    . /  r'"´    `ヽ    <´
   _____| .  `''ーr 、,        ,._ `ヽ.
 /´_____ンr,    `ヽ二iヽ、.,__,.イ  `' ー'
 i _______i !    |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   体を起こそうとしても、灰になった体は服やよろいのすき間からさらさらと下に漏れてしまう。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   手に残るのは、かつて冒険者だった者の遺品……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)




視聴者カウント
アクセスカウンター
ゴールドカードクレジットカード比較CFD取引FXくりっく365



 
       / ̄ ̄\
      /       \      そして、もう一度蘇生呪文に失敗すると、そいつは完全に消滅する。
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    もう、この世から居なくなるんだ。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━



         // ̄_`ヽ
        /_/  ∞ \_
       [_______]   いままで何度もそういう現場に居合わせてきただろJK。
       |  (ー) (ー)|
.       | ///(__人__)/|   とても辛かった。今まで長い旅を共にしてきた仲間なんだからな。
        |   ` ⌒´  |
.        |        }
.        ヽ       .}
         ヽ     ノ   だからせめてもの形見に、持ち物を一つだけもらったよ。
         /     } 
         |      |   時々、形見を見ながら居なくなった奴のことを思い出すんだ。
          |      |






   // ̄_`ヽ
  /_/  ∞ \_
[_______]
. |  /// (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   もう……誰も失いたくないだろJK。
.  |         }
.  ヽ        }   べ、別に泣いてるわけじゃ無いんだからね!
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)
                                 こんこん>






.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : !___    ___! : ト、l : : ′      着払い郵便です。
.           ヽ !: :l\__\/__/丿/j/ ⌒☆キラーン
.            j∧ :ト、     ̄ ̄     l l :l j/          お支払いは3980円ですが、
              V: :lヽ、 △     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃           バッグ一個と物々交換も可能となってます。
                ヽ!  //j     ト!/\


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   へえ、最近は便利になったな
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   じゃあ、このバッグでもいいかい?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     / ̄ ̄ヽ
   /    く     ,―|―--―|―,
   |     \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
    |    |ヽ、二⌒) ―-日-― | |





         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : !___    ___! : ト、l : :    まいどありがとうございました。
.           ヽ !: :l\__\/__/丿/j/
.            j∧ :ト、 //// ̄ ̄//// l l :l j/    ( 念願のブランドバッグ(3個目)を手に入れたぞ )
              V: :lヽ、  △     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\


    / ̄ ̄\
  / ノ  ⌒ \
  |  (●)(●) |   なぜか、あの配達員と以前にも会ったことがあるような気がする……
.  |  (__人__)  |
   |   ` ⌒´  ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \






手紙は薔薇の紋様を刻みつけた赤いロウで封がなされている。
それを開けると、中から一枚の便箋が出てきた。
____________________________
|
|   親愛なるやらない夫へ
|
|   大切なお話があるの。いつもの部屋で待ってるわ。
|
|                    ヴァンパイアロード・真紅より
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   / ̄ ̄\
 /  ノ   \
 |  (○) (○)|
. |   (__人__) |     どうしてこの手紙が着払いなんだよ!?
  |U  ` ⌒´  ノ
.  |  U      }
.  ヽ     U }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





__________________________________________
       \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{    手紙を出すとき、
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:   ちょうど小銭がなかったのだわ。
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      / ̄ ̄\
    /   .―  \
    |    ( ●)(●)   流石はヴァンパイアロードと言ったところか。
.    |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ   一度や二度、首をはねた程度じゃ死ねないってか。
.     |         }
.     ヽ        }    てか直接会いにくるなら、手紙とかいらねーだろJK。
      ヽ     ノ
      /    く






     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:  今回はそれとは別件よ。
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:    貴方の剣をもらいに来た。
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |     血にまみれたその剣を。
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |






     [ ヴァンパイアロード・真紅はやらない夫を激しく突いた ]

     [ そして6回あたり、233のダメージ。]

     [ やらない夫は気を失った ]

              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \
           (×)(× )    .|
            (__人__)  ##;:;: |
            (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             {         |     ##;:;:    ヽ\__
      _____,{ ##;:;:    /           \__)_
      (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )








     「じゃあね、やらない夫。

      バッグと剣は頂いて行くわ。

      私はいつもの部屋で待ってるから、いつでも来て頂戴。」











     「あら?この剣折れてる……」







[数時間後]


              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \     !?
       パチッ (○)(○ )    .|
            (__人__)  ##;:;: |
            (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             {         |     ##;:;:    ヽ\__
      _____,{ ##;:;:    /           \__)_
      (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )











              「ちょっとだけ……疲れただろ。」




おしまい





318 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 15:15:24 ID:duQAzyEJ

もう何がなんだか・・・・w


319 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/04/01(水) 15:51:09 ID:QMYAHXh2

作者はいったいどこへ向かってるんだろ・・・・





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです
                   #5 Art of Meaning Strong
__________________________________
               ____
              /      \
             /  /   \  ヽ
             |    /\    |  ドクオです。
              ヽ   / ̄\   /
          ,-、  \       /、  SE(システムエンジニア)が本職ですが、
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
        /  L_         _( { r-、 ヽ   戦士として地下迷宮も探検します。
           _,,二)     〔― ‐}     |
           >_,フ      }二 コ\   Li





[ギルガメッシュのさかば]

      / ̄ ̄\
    /  .― / \
    |  ( ●)(●) |
.    |    (__人__) |     良い剣だ。
     |    ` ⌒´ ノ
.     |         }     本当にもらって良いのか?
.     ヽ        }
      ヽ     ノ
     (      \ ∠二_ヽ
      \   __l´>,へ`l|
       \__ ,/ /:::.::|ラ
           /  ./:.::.::.|
         /;   /.::.:::.::|
        ./::::::':;..  i'::.:...::.::|
        /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l!
       ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!
       l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!.
        |:.:..  /   \:::.:.:.:!.
       :!::::./      . \::.::゙:、
        ゙く          \:.:.゙:、⌒☆ きらーん
      .   ` 、          \::゙:.、
            `゙ ‐-  .,,__   _,,.>
                    ̄




           ____
         /      \
         /  /   \  ヽ  ああ、良いさ。
         |.    /\     |
         ヽ   / ̄\   /    じゃ、行こうか。
        _ ,,r\_     /
  ) ,r'  ̄ _l 小 ,. __, ,. ` /|゙i_
 (,__i__ ,.‐‐―、.|,ベi  ,.ァ ´ /  ハ ,_
   丁/,r',    \又 _ ゙i/   ゝ,   ` ‐- ,
    T、l_,'´ーニ`  ヽ`/   ノ        ヽ、


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   うむ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ





[地下迷宮 B10 ワードナ事務所]

              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \   よし、まだ生きてる!
       パチッ (○)(○ )    .|
            (__人__)  ##;:;: |
            (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             {         |     ##;:;:    ヽ\__
      _____,{ ##;:;:    /           \__)_
      (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )


                          ____
                    ___/       \
                  ,, - '"r'.//    /  ヽ ヽ'レヽ、   やらない夫。
               ./   / || |      /|   |"   l
               /-、  i   ヽヽ.    / ̄|   /   i !   立てますか?
            /   ヽ  |_ _\\____/  //
           /"     !      ̄ヽ\.\〃/  /   //
          ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 /  / /





324 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:33:01 ID:MRTmWViQ

SEで戦士とか休息日ないだろうなw




_______________________
| 1  ヴァンパイアロード・真紅            ( 1 )
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |
          >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |   やれやれ。ずいぶんとタフな助っ人を呼んだものね。
         / ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
      r‐-―- ‐、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |   私の攻撃が効いているのか不安になるじゃない。
     /!     />/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
       ! ゝ    / r,<ヽ |./│/ ノ`ー<__,j  |   | |   |
    r.. t `ニニ'く ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ヽヽ. |   | |   |
   ヾ::::Li´::`/::/  _j/ __,∠ノ:::::::\::::::: ヽ|   | |   |
  √\:::::::::::::イ_ 〆/ _,, -―r゙ :::::::::: \:::::.ヽ.  | |   |
____________________________
|  Name       Class     AC    Hits     Status
| やらない夫    G-Lor     -14     99       348
|     ドクオ    G-Fig     -18    819       1317
|





                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    こっちもなりふり構ってられないのさ。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!    ドクオは魔法は使えないが、戦士としてレベルを上げまくってる。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/    並のボスじゃあ、倒されないぜ。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''





      ____
     /      \            /
     /   /   ヽ ヽ         //     [ ドクオは真紅に切りかかった ]
    |      /|   |       / /
   ,..-'ヽ   / ̄|   /     /  /      [ そして4 回当たり、87のダメージ ]
  ./::"::::`ヽ、.,___/  三三三三三三
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -彡/
}:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ ~ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'



     ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |
          >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |   くっ!
         / ト、   u/,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
      r‐-―- ‐、- j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
     /!     />/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
       ! ゝ    / r,<ヽ |./│/ ノ`ー<__,j  |   | |   |
    r.. t `ニニ'く ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ヽヽ. |   | |   |
   ヾ::::Li´::`/::/  _j/ __,∠ノ:::::::\::::::: ヽ|   | |   |
  √\:::::::::::::イ_ 〆/ _,, -―r゙ :::::::::: \:::::.ヽ.  | |   |









     「真紅!もう無茶するなですぅ!私なんかのために……」









__________________________________________
       \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{    ワードナ。
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:   大丈夫、もう少しだから……
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:  もう少しで、
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:    新しいごちそうが手に入るから、
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |    そこで見ていなさい。
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .キッ! /   _ノ  \  今だ!
___∧,、|    ( ●)(●)____
 ̄ ̄ ̄`'` |     (__人__)  ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      / ̄ ̄\
                     /  ヽ_   \
                    ( ●)( ●)   |    お嬢さん、ボディががら空きだぜ?
                   , - 、 (__人__)     |
              ∠二_ヽヽ(,`⌒ ´     |    
             l´>,へ`lヘ {        |
            ,/ /:::.::|ラ, \{      ..:/⌒ヽ.
           /  ./:.::.::.|   ヘ`ー      |    \ _--..,_        [ やらない夫は真紅を優しく突いた ]
         /;  ヽ¨゙゛'' ―- ...、、  _______,⊥ -ー"´´     `'‐ゝ
        ./::::::':;..  !、        ̄           ≡三  ⌒\
        /'::;:::::::::::'::,l! \              ....._≡三三,r'   ミミ\.
       ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....゛'''‐- ...___.... -ー \ : : : : :/    三三ン―- 、
       l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!             } : : :/    .三、 r`    !、
        |:.:..  /   \:::.:.:.:!            l: :/     /  ゙,     ゛''‐-、
       :!::::./      . \::.::゙:、.  ______、,,r'/      /: : : : : :|    :ll     ゙i
        ゙く          \:.:.゙:  ̄  : : : : : : :/     / : : : : : : :!      l|l    ヘ
      .   ` 、          \::゙:.、ー-----/     /:: : : : : : : : :|    ,r'',    | |
            `゙ ‐-  .,,__   _,,.>    /     /: : : : : : : : : : :l    | : :',.    !  ゙i
                    ̄      /     /  ̄゛'' ―- ..._l    |: : :l   |










     「真紅ぅぅぅぅぅ!!!!!!!」











     何者かの叫び声とともに、冒険者たちは激しい衝撃を受けた。







     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \      なん……だと!?
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|  .
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


             ____
           /      \
          /  /   \   ヽ       そんなことが……
.         |   /\    U |  _/^\
         ヽ  / ̄\   // ̄/ / _,,ノ,|
           \_     /ヘ  / / / /^''-,,_
               ヽ、 !ノ  ∨ i/  、/r-''  ''-,,_
              //i:::| 、  `i フ'''"''-,,   ,   、''-,,_
              |ノ |::j`'i  ,/ ,>i | ヽ  `'- r'、r//、 、_>






                /´〉,、     | ̄|rヘ
          l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
           二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
          /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
          '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                       `ー-、__,|     ''

             ______________ 
           /                  /l 
          /             JL   / ..|   私が……
        /               へ  / ../| 
       │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././   ワードナ・ザ・バッグ = 翠星石が相手ですぅ!!
       ├─────[ i ]─────-||/./ 
       │      [[二二二]]      │/ 
       └─────────────′


     バッグは自らをワードナと名乗ると、呪文を詠唱しはじめた。
     空間が歪み始め、冒険者は恐怖におののいた。











              「ターイラー」
















             「ターザンメ」










           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / (○ )(○ )
        |    (__人__)|   おいドクオ!逃げるぞ!
        | U   |r┬| }
         |  u   | | | }   この振動、魔力。
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }    迷宮ごと吹っ飛ばす気だ
          ヽ    ノ
          /    く
          |     \
           |    |ヽ、二⌒)

             __
          ,.-''"  ``'ヽ、
        /        ヽ、
       /           、
        |.   /   \   「
       !             |  もう間に合わねえよ。
       !    /\     ,|
       |   / ̄ ̄\   .i   ひたすら身を守れ!
       ,rト、         /|
    _../ i| \         ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\     /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\









             「ウォウアリ……」










     ふいに呪文の詠唱が途切れた。
     真紅の顔に戸惑いの色が見える。
     そして、背後のドアから声が聞こえてきた。




     「場所が前回と同じ。結界は貧弱。

      呪文詠唱時間が長い。術者の呪文耐性が低い。 」


__________________________________________
       \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{    ( 誰!? )
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





             . -―――- .._
            ´     .. -―≧、-- ..
              _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
          _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
           /://   / /ィ | |    V  .ハ
         _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i
        ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|
             /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l      だから私にも止められる。
        /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、
        ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
               /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ
           /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/
           ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{
              / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′
                   リ/´j!_}ムフ   /トl、
           ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_
           _..イ:.:∧ ヾ:ヽ: : : : |´.. -- `j:. :. :. :./::/./
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 「MO N TI NO」
__________________________________
           ̄`ー-/:\ヾ:ヽ : : :|´  ̄ `l: : : : :/::/.∧
               j:.:.i:ヽト、_,斗ォミ.   |: : : ノ:/ /:.:.!
              /.:.:.:i:.: ァレ'/ ハ、 ヽ   |: : : /:/./イ : |
              ノ:..:..:..ヽ{ | {| {! | レ{爪!l! : :/:/./..|..:..:..!
          }:..:..:..:.:..入    ' ト.Vリlj./ィ',.イ..:.|..:..:i:|
            ハヽ:.:.:.ノ.、:ヽ.__/トヽ! |'://..:..:..:|:.:..:l..l
          j../:{:/..:..丶.__ _,.ハヽl!ィ7| _..:./!.:.:..:..|
         __/ムイ..:..:..:..:..:.:.:,.:.:ノ斗弋{三z=┘.:.|.:.:.i:...l

     辺りは静寂に包まれた。
     ワードナの呪文は封じられた。






_______________________
| 1  ワードナ・ザ・バッグ = 翠星石          ( 1 )
| 1  ヴァンパイアロード・真紅            ( 1 )
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ______________ 
     /                  /l 
    /                  / ..|   むう……それでも!
  /                  / ../| 
 │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././  それでも負けないですよ!
 ├─────[ i ]─────-||/./ 
 │      [[二二二]]      │/ 
 └─────────────′

____________________________
|  Name       Class     AC    Hits     Status
| やらない夫    G-Lor     -14     99       348
|     ドクオ    G-Fig     -18    819       1317
|     長門    N-Mag     -6     223       226
|





                  __
               / ̄   `二>、_
                 _,. '´      `ヽ、
             -―二'/    / l i ヽ   ヽ
              ///     〆 ! l i ヽ  ',
           ー'´フ´ ,'  ,' / / / イ |  !  i !
             //. !   !イ ./| /!/| .ハ i }  | !   残念。
            〆ハ lr、ハリ'i/-ゝ' -レ'‐从|/  ,' !
                ',i i `x≠ミ    ,r≠y /  ハヽ 伝説の三種のバッグを手に入れた私に
                  /ハ ヽヽヒ__ラ   .   辷シ /ソ /  `
             /' ノ', ヽヽ   _'_  /ソ Yイ!    貴方たちはあまりにも無力。
                  | r、rヽ、_   彡/ /ル `
                  イ从r}  ̄ /k/
              , -、-、‐ ' . f_  _ _ } `ー 、_
            ,. '´ 入.'、'、   f ´- `_i    //ソ   [ 長門の持つバッグが輝きだした!]
              ` .y:.:.ヾ '、'、.  f ´ `Y   ///'i





 ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
             / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、  ずごごごごごーーーーん
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                  .i|       |i
                  |:::::: ::    `,






                  ,. ‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄}
              / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   r…―- ..,,_/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ
   \ :::::::::::''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     こうして、私の活躍により
     _>、_::::::ヽ、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ̄i `丶、:::`丶、_: :::::::::::::::::::::::: ト、      ワードナのバッグは地下迷宮の奥底へと葬りさられた。
        | ! iハト、 i、丶、___` ー--::::::::::::::::\
        lハノ!イ仄ゝヽ ナアi`ー-=....,,,____,,.ゝ
        |'、`┘  '^i下心!ハj  ,ハ!
        |/\ 、  ゞ-イ //
.        ☆ ' r‐i> ‐rァ='7.イ´
          \ ⌒ヽ、,.ヘ.::´:::ハ
          \rイ ,.ィヘ.:::::ハー- 、
            └攵アト=ヘ、::::ヽ ::::::\
                / 〈::::::::::::\:::::::::::::::::l
               〉―ァi'´ \ :::::::: |
.               /_ア^'┘  `ヽ、::j
               └ ′         `






       ______________ 
     /                  /l 
    /                  / ..|   く、くそう!
  /                  / ../| 
 │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././  まだまだですぅぅぅっ!!!
 ├─────[ i ]─────-||/./ 
 │      [[二二二]]      │/ 
 └─────────────′





[おおっと!]

                           /ヾ)
                        /,;;;/
                     __.  /,;;;/
                     ヽ^/,;;;/
                      ゝ -''ヽ
                       /.::/.ゝー'
                        /.:://
                    /.:://
                     /.:://
                      /.:://   ぐさっ
       _______/.:://_____ 
     /          /.:://     /l 
    /           /,;;//    / ..|   ぼげあ
  /             ̄ ̄   / ../| 
 │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././
 ├─────[ i ]─────-||/./ 
 │      [[二二二]]      │/ 
 └─────────────′
                 ";;;;;;;
                    ;;;;;;;;
                       ;;;;;;;;
                       ;;;;;;;;;
                          ;;;;;;;;;

おしまい





348 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:41:03 ID:TCKljeTH

次号、怒涛の地下迷宮(2)編最終回!


350 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:41:27 ID:MRTmWViQ

死ぬの唐突過ぎるwww乙ですwww












やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです #Final

   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |  あの子は……ワードナはごく普通のバッグだった。
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |  ただ、人間になることを夢見てしまった
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |  可愛そうなジャン……ブランドバッグ。
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   そのために強そうな冒険者の魂を食わせてたのか。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     ( 今、ぜったい「ジャンク」って言いかけたぞ )
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \






                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |   ところで、俺の剣、返してくれよ。
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |   そこの壁に立てかけてあるでしょう。
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |   勝手に持っていきなさい。
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |   一応、折れてるのは治しておいたわ。
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |





         _,,.::-‐‐-v‐..、
      ,.::':::::::::::;::::::::::::::::::::`:.: ; : ; : ; : ; 、
   -=ィ::;::::/:::::::l:::::::i:::::::::::ヽ;::: ; : ; : ; : ;
    /::/::/::::l::::l::::::::l::::::|::::、::ヽ::::.: ; : ; : ; : ;
    .i:;イ::/::l::|l;:::|ヽ;:::ト、:::lヽ、l:::::l:::i::: ; : ; : ; : ;
   ..|l l:::l::::N‐ヽト ヽlr‐`l‐'''゙| ::|::l:::: ; : ; : ; : ;
     |:::|i:::l,イ「゙'r`   'ィ1゙`ト|:::「iト/    やらない夫のバッグは私が部屋まで運んでおいてあげる。
     ヽ|.|::::l. ー' ,     'ー゙ l:::レ: ; : ; : ; : ;
       li:::l゙、  _ _    ,:l;/|/: ; : ; : ; : ;
      r'ヽ!:::゙::、__ /゙ヽ<:/'.:::::::::::;>、      [ 長門とバッグはテレポートした ]
       ∧::::::::/ .-jニ^'' .}::::::;;r''゙~  l
     ヽ ヽ;;::〉 ,ニ辷_ /;;ィ〈 ,.    : ; : ; : ; : ;
     〈.  `l.  ィ_j゙   l,〉、f゙''゙    ,!
      }  r''ノヽ、,,{゙''‐''゙.:::{`i   : ; : ; : ; : ;
     r'-.ノ ヽ、;;〈゙''ー-'''゙ ト、 : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ;
     ヽ/     ,〉,     ヾ /,: ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ;
      ヽ.    /=i;     ,/''j/.:: ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ;
       ヽ、__ノi :.i:lヽ、 ,,/.,:.:.:.:.:.:.:.:.: ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ;






                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\      _,,
               | ( ●) (●) |     l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    ふう。これで一安心だな。
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   そういえば俺、どうして地下迷宮にチャレンジしてるんだっけ?
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
__________________________________________
       \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{    さっきの女の子、
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:   すごくうれしそうにバッグを抱えてたわね。
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




   / ̄ ̄\
 /  ノ   \
 |  (○) (○)|   「うれしそうに」!?
. |   (__人__) |
  |U  ` ⌒´  ノ 
.  |  U      }
.  ヽ     U }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \






           / ̄ ̄\
         /  ー  ‐\
         |   ( ●) ( ●)
         |     (__人__)   ちくしょー、まんまとバッグを持って行かれちまったぜ。
         |      ` ⌒´ノ
         |        }    だが、俺たちのバッグはまだ始まったばかりだろJK!
       r⌒ヽrヽ,    }
      /  i/ | __  ノヽ
     ./  /  /      )
     ./ /  /     //
    /   ./     / ̄、⌒)
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄
        r    /     |
      /          ノ
     /      /    /
    ./    //   /
    /.   ./ ./  /
   i   / ./ /
   i  ./ .ノ.^/
   i  ./  |_/
   i /
  / /
  (_/




                  ≫――‐-x [__]_ .从リ : | :| >、_ `_, イ| | | | |
              ≫二二≦[ ̄‐弓¨⌒¬| :「フ气《「》=リx_| | | l、
             〃彡――ミ[ ニニリ     ヽ\r介介《、 VVヽ\
             j/    __》-冖《__  | : :|_____\, ‘《ヽ\ヽ
                  ≦三三≫≪三三≧ リ :[辷辷亥辷》 》| | :| |
                   / | | | ヽ _,.イ|: :」》x     ,《 「 | |从j
                   x《  | | 「 庁庁》, 从:]「 》x   ,《[ | |リ
                     《x廴_」 | | / :|:| |:|]》x リ    ≫《[/ | リ
                   ]几几| | |′ |:| |从|]》      《][》 八
                   ]廴_,ノ| | l   以リ ]x《      入》、 \
___________________________________________
.              |   (__人__) .|     |3
(三三三三三三三三三三三三三三三三三三)|3==( ̄( ̄)==== ゜ *  `  。     *
.               |        }      |3   | / /             o ` +
.               ヽ       .}        // /
                ヽ     ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~/ /
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /  やらない夫が地下迷宮の覇者となるようです
                |      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           --- ---
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ]厂 ,/| | |   /  ]≫====x人 入》, 、 \_x勹、
                   ]しク | l│ /  //     ][\_/][x_\ 》x=勹
                     `″__| | |/  / /      ][_/\_][x_ \勹[
               ≦ ̄ ̄__ | | |  / /     ][  ̄\_/ ̄][x_ \[____
               厂 ̄   /| | l/ /        ][___/\___][x_ \     ̄][_
         _≦ ̄ ̄ ̄ ̄   )'   | | |. /          _][ ̄ ̄ ̄\_/ ̄ ̄][x_ `'辷辷辷][___
        ,、≦         ____彡/ | | |           _][_____/\____][x_    __][_ \
    ,、≦_________厂        | | |          _][ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄]廴   ̄ ̄][ ̄ /
         _厂 ̄  __/ | | |         _][                  ][x〔 ̄ ̄ ̄ ̄
        /              | | |        _][                       ][辷)
        / __][______    | | |      _][介=介x                x介辷)
 .   /    ̄ ̄][ ̄ ̄ ̄ ̄    | | |_____][^ん-ん=介=介x          x介辷厂
    `'=================彡'' ̄| | | ̄ ̄ ̄     `ん-ん-ん-んん-ん-んん厂
                      V/




358 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:44:33 ID:Dm5VDpr3

もうわけわかめwww


359 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:45:01 ID:TCKljeTH

というわけで、地下迷宮(2)編はこれで完全におしまいどす。


360 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:47:15 ID:MRTmWViQ

騙されたorz...乙SE


361 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:50:12 ID:TCKljeTH

>>360
ごめんね!


362 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/01(水) 22:54:49 ID:duQAzyEJ

最初から最後まで水銀燈が謎だったw


364 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/02(木) 02:47:54 ID:S6snNNN4

まったく意味不明なんだが何故か読んでしまう不思議なスレ


365 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/02(木) 10:27:56 ID:f9biZ3cw

もはや意味を求める気はない、無いんだが……
なあ、どうやったら、狂王の試練場でメイジがAC-6を参戦時に達成しているんだい?
戦士よりACの低い君主はどうとしてwwwwwww


366 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/04(土) 00:31:54 ID:CeAQT06B

>>365
ヒント: やる蔵じいさんと顔の出ない彼女の職業 → 登場人物を狂王の試練場の仕様に合わせるつもりは無いらしいw

*良い子のみんなへ: わからない単語はスルーだよ





[1億と二千年くらい前]

       / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::         |   俺のバッグを返してもらおうか。
     . |:::::::::::      |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }                                 \ \
        ヽ::::::::::  ノ__        ε|                . 、 、\ \ \  シャキーン
        /::::::::::::  ̄ __ ̄"" ̄`,-,-ε|(三三三三三三三三三三三三三三三三三)
        |:::::::::::::::| ̄    ̄ ̄`ー' ̄~ε|
         |:::::::::::::::|


_________________________________________
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、    そういうわけにはいかないわ。
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ  これは貴方が売っていいような
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )  バッグじゃないのよぉ。
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
       〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ
            /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l  |!     ヽ
            !  〔:::::::::::〕  〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  |  | !  |   ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





       / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::         |   知るかよ。
     . |:::::::::::      |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ__        ε|                    グサリ
        /::::::::::::  ̄ __ ̄"" ̄`,-,-ε|(三三三三三三三三三三三三|
        |:::::::::::::::| ̄    ̄ ̄`ー' ̄~ε|                   jj
         |:::::::::::::::|                                 jj j
                                              。.*
                                              。 +





[現在]
.  \
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.  
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::._
   |l  \::      | |    / ̄ ̄\   |、:.. 
   |l'-,、イ\:   | |  / ノ  \ \ |::..  あるー日ー♪夢の中ー♪
   |l  ´ヽ,ノ:   | |  |  (○)(○) | ,l、:::
   |l    | :|    | |  |  (__人__) .i  l:::::   バッグに~でああった~♪
   |l.,\\| :|    | ,   |   ` ⌒´  |  ll::::   
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::  金咲くもーりーのーみーちー♪
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   バッグにーでーあーあーったー♪
   |l    | :|    | |             |l::::  
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::
   |l \\[]:|    | |              |l::::  
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::





                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\   「闇より魔王現れし時、三人の賢者と七つのバッグ現れ、
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ  光さす道の彼方へ我らを誘わん」
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : !  _     _    ! : ト、l : : ′   ニューソクCITYに伝わる伝説によるとそのバッグとは
.           ヽ !: :l   ̄     ̄    !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、            l l :l j/      「歩」、「飛」、「角」、「香」、「桂」、「金」、そして「銀」の
              V: :lヽ、 △     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃       ブランドを持つらしい……。
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l





             . -―――- .._
            ´     .. -―≧、-- ..
              _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
          _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
           /://   / /ィ | |    V  .ハ
         _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i
        ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|
             /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l      この伝説のバッグ欲しい!
        /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、
        ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
               /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ
           /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/
           ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{
              / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′
                   リ/´j!_}ムフ   /トl、
           ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_
           _..イ:.:∧ ヾ:ヽ: : : : |´.. -- `j:. :. :. :./::/./
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          やらない夫は伝説に挑むようです
__________________________________
           ̄`ー-/:\ヾ:ヽ : : :|´  ̄ `l: : : : :/::/.∧
               j:.:.i:ヽト、_,斗ォミ.   |: : : ノ:/ /:.:.!
              /.:.:.:i:.: ァレ'/ ハ、 ヽ   |: : : /:/./イ : |
              ノ:..:..:..ヽ{ | {| {! | レ{爪!l! : :/:/./..|..:..:..!
          }:..:..:..:.:..入    ' ト.Vリlj./ィ',.イ..:.|..:..:i:|
            ハヽ:.:.:.ノ.、:ヽ.__/トヽ! |'://..:..:..:|:.:..:l..l
          j../:{:/..:..丶.__ _,.ハヽl!ィ7| _..:./!.:.:..:..|
         __/ムイ..:..:..:..:..:.:.:,.:.:ノ斗弋{三z=┘.:.|.:.:.i:...l

おしまい





372 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/04(土) 00:42:11 ID:3GRPBNGE

乙、俺も欲しい


373 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/04/04(土) 23:31:22 ID:eiQgHNSC

続きを期待
やらない夫と銀ちゃんの関係が気になる




関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 00:33 |コメント(6)
カテゴリー:やらない夫がバッグを売るようです(最終回保管済)

|

<< <Author: Mike Krath   Title: A Most Ambitious Experiment> | HOME | やる夫の古道具屋物語 第十一話 >>

■御感想or寝言

4303 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/06(月) 01:21:01 ID:-

わけが解らんがやる夫でwizは初めて見るので支援。


4307 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/06(月) 01:39:03 ID:-

このテンポの良さがたまらんwww


4328 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/06(月) 02:50:33 ID:-

テンポが良いと言うかカッ飛んでると言うかwww
でも終わらないで続けてくれるのが嬉しい作品だな


4363 名前:ヨッチ [] 投稿日:2009/04/06(月) 10:18:48 ID:TIXpuh1.

ハッキリいって訳が分からんし、凄く面白いわけでもないのに、何故か見てしまうな。
不思議な作品だ。


4390 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/06(月) 16:09:47 ID:-

とりあえず忍者は全裸だよな


4425 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/06(月) 23:34:33 ID:-

>>#4445
それは阿部さん登場フラグだぜ・・・


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV