やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫の剣豪ものがたり <その26 道場に行こう! 山岡鉄舟編>

やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/04/05(日) やる夫の剣豪ものがたり <その26 道場に行こう! 山岡鉄舟編>


<その1 誰にでも守らなければならない世間体がある>
<その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>
<その3 クール!クール!クール!>
<その4 夢の中でやらないか>
<その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後>
<その6 厨二病は必ずしも悪い事とは限らない>
<番外 剣術を必要としない人たち>
<その7 剣の向こう側にあるもの>
<番外2 勇者の倒しかた教えます>
<その8 秘剣 伝授いたします>
<その9 勇者の倒しかた教えます 卜伝編>
<その10 さあ!旅立ちの時は来た>
<その11 勇者の倒しかた教えます 一刀斎編>
<その12 学ぶべき価値のあるもの>
<その13 殿様はとてつもない地雷を踏みかけたようです>
<番外3 本当に剣術を必要としない人>
<その14 剣を捨てる>
<その15 究極絶対鉄壁の防御法>
<その16 魁!士学館>
<その17 曉!浪速隊>
<その18 悪気はないが空気は読めない>
<その19 積んで崩してまた積んで>
<その20 ただいま炎上警報発令中です>
<その21 むりやり苦労させられる人間は幸せだ>
<その22 永遠の課題>
<その23 黒歴史には触れてくれるな>
<その24 責任は最後まで>
<その25 道場に行こう!>493 名前:1[] 投稿日:09/04/05(日) 00:49:59 ID:hdU29Qfo


521 名前:1[] 投稿日:09/04/05(日) 01:16:51 ID:hdU29Qfo

続いて もう1本投下
準にゃんが出てこないことは気にするな!




<その26 道場に行こう! 山岡鉄舟編>

明治時代 福井県知事を勤めた香川輝は
若い時 幕末の剣豪 山岡鉄舟に剣術を学んだ時期があった

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\  あれはあれで貴重な経験だったお
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......    ← 香川輝



それは稽古初日のことである……

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |   今日から鉄舟先生に剣を学ばさせていただく
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    香川輝と申しますお
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|   よろしくお願いしますお
    | ヽ〆        |´ |


※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

視聴者カウント
アクセスカウンター
お取り寄せスイーツペット用品観葉植物通販日本酒ランキングお取り寄せ和菓子



        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                `ー-、__,|     ''
            ____
          /_ノ   ヽ_\
         /( ●) ( ●)\    ん?
       / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
       |        ̄      |  なんだお この雰囲気は?
       \              /

        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                `ー-、__,|     ''



_,、-ー、)个lヽノ`'))ー、) ' l,         /    フ /_,,、-イ /./ //       |
ヽ ゙}ツツ二ヽ(llllッッ从,,lノ ) '           /  ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ ノ
゙シヽヽヽアくツ;;;;〉リ三彡{リ) '..      ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /  )     天  無
"从;;;;;;;;;;;;;从之、、ミ 二彡イ) '',,  ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ 〈
゙ミ从;;;;;;从lli`' 、こ"゙二彡三ア .. イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /  |      破  刀
ミ;;;;リ(((从从 ミミ゙゙'≧三ミ彡;イ ''.. /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  / <
シ从从、゙゙ヾ,,{゙|、、l、lミヽ;;;|彡}) ''    }  / /. /  )  |    //   / /    )     活  流
∠ ツツ:}ツツl;;;|从|;;从l|-、}ヽ;〈 '..   イ  } /  /  / /        //,、 '' "ヽ  )
≧ノノ;;;{|从|从;;ツl;;|r''彡;、,,,};l| ''   / /  | /   //           ,,/   /:::∠    殺  奥
三;;;;;〉;;r'二二三}>l}ィ''シ''":|;j "  /,/  |/     ,;''' -、,,, ;;;;:::::....  / 、;;;::: :/''" ノ
;;;=;;;;イ '"タ''わゝ彡::'、´::::::::: l" ..         ..:::;;、-{   ヽ  ゙''、::::'',,;;゙{::  :::/、 ''"~゙'、:   //  義
;;|l\ヽ  ゙""´彡  :'y''"",,;i、;,   ,r''""ヽ  ,,;; ''"...::::: ',  _,,,,}、彡" / {::.....:::/":::::  ,, "   ・・
);;ヽミヽ'、 ":::''"  ´;;`  ,;;"  }::..../   リ ,,'' ..:::'''""" ヽ、''" ゙゙ll;;ll;,,/ ,,,゙'ー ''/::゙''、;;..,, ")
ツ;;;;;;゙了ヽ    ,;'""'、::l|   リ,;;/... ...::ノ, "        ', } ノ:::: ::l|,,,ツ ッ/:゙、:::::::;;",,,,クー、
 (;;;;、ミ  ' ,   ,l|   }  =ー',/  ゙''' / "  ...........::::::::::/{     :::l|:::l||' ゙、;;、 ''' "゙'l 彡|
,,/゙゙`ミ  ,,、゙'、 l| 、;;;::/: ll,、-/  ゙'''/   ...:::::::::::::::::::::イ:::::ヽ     :从| |:::イ::  ..:彡":: レ勹
 ,,,、、ミ {  ゙',`:j  ,,/、,, ,,,,/ ゙'ー彡      `゙゙゙'''::::::/  ::} }ヽ、   从ツツイ゙'、;;;;;;彡 ヽヽ 彡|/ ̄ ̄\/ヽー
`゙''' 、  j ,,,,ノl| 、`´,/   ,;;;;ツツ        ....:::::|  Y | ):{゙lッ,从:::;; ::、ヽ::::: }  :::} " 彡
ー-- 、 , l こ,ノi゙llヽ'''",、-''"  彡、、 ,,;;'' ''"""'', ..:::::::|   } l |:}'、l|l  (  ゙;;::.....::} ::::}::::}:: l 彡
 ,,、 z''": :} 、,,ノ''",、 '":::::  /:::::'' ,,"彡 ..:::  ノ  :::::|   | ', Y゙l"|  ::ヽ ン`''''y' } } }:: ' .:彡
'´:/: : :: ll| 、、::'" :::::::: /:::'''''''''' {:::::""::::,、 '"    '、:::::::) ヽ ゙、 ゙t|、 ミ゙' 、,,,,,ノ、/ ,' / /..:彡
. /: : : : : :lll  ::::::::::::'''::      'ー' ,;、 '"  ,,,,、::::::::''''ヽ::::Y、 `、ヾ~'''-、―'',, / / / / /
/: : : : : : :{l|   ゙:::::''"..::,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;、-'",,,、-''"     ::::::\ ヽヽ`' 、 ,,,二二 /// ::/
. . .  :::::: { ゙' 、,,,,,,,,;;、 '""フイ} ''、 ...:::::,、 '"       ....::::/`' 、レ゙'ー、 _



      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/

入門初日の稽古で 輝は鉄舟にさんざん打ち据えられ
どどめに必殺の突きをくらい 失神してしまった



            ____
          /      \_
         / /   \( ;:;:;)
       /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   ううう……
      (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
      / ||    ` ⌒|||   ,/   輝はそもそも剣で世に立とうとは思ってないお
      / / |\/ /  /l |  ̄
      / /__|  \/ / | |       あんな命懸けの稽古はごめんだお
     ヽ、//////) /  | |
      /  ̄ ̄ /   | |       もう道場に行くのはやめにするお……
   ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
  ⊂---― 'ー----'

その日の帰路 輝は 剣の修行を早々と断念した



しかし 翌朝
            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |   昨晩は剣をあきらめたつもりだったけど
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ     せっかく許された入門
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l     もう一日だけ道場に行ってみるお……
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

輝は再び 鉄舟の元へ稽古に出かけた が……



                ,,、ノ:::::::::::::::::゙'"、
               ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
              /:::::::::::::::::::l、、、:::、::::::::::{
              {::::::::::::::::::ノノリリ,、;;''ヽ::::ヽ    <                                  >
               '、::::::::::ノ''ーY(;;;;roフ`l:::::l  .<  ほ あ ち ゃ あ ぁ ぁーーーーー !!!!!    >
               ヽ::::::{゙'r'ozミ〈''⌒´゙ ';;l、|   <                                  >
      , ''二=-― -、   ヽ:::'、`´イ"、',,r _  'j、|_     Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒YY⌒YW⌒Y⌒WYW⌒YYY
    /,'"      )'ー、  ヽヽ'、   ,ゝ'ヽ  }::tヽ
  / /''ー '    /'"`` ' 、  ゙'l゙'ヽ   '、'''´}、 j:: lヽ}
 /:  /    ヽー'ノ::::....  )-、,,| ::゙' 、. `'彡 リ: | ヽ
 l゙::: /     リ:/   ::: ノ::::.... ヽー 、: `' 、,,,ノ    ','' ー 、 _,、- ''""" '' 、,,,,,,,、-ーZ ''''''''ー、- 、、,
  ', | /   l|//     /::"  ::/ ̄ヽヽ、、、,,,::::  |  ',:::::  `'ー、,、-''"´    /     ヽ ヽ `'' 、
  ',ノ,'' イ'  ::/ ィ   /    :/ ゙''':::::| ヽ;;;;; `゙;;'''';;ーi、,,、- '''''"彡゙ll|ソ , '" /  /   i l |ゝl|. ヽ
   { | l| /,,;イ   /    /   ::| ::」``ヽ;;;;;  ,、;;;ヽ、ヽ;; 、,,,ッ   ,、 '"ノ  / ノ  ,j lリ  j  |
   ヽ  リ '"  }  /ノ l|  /     :|" 三三`' 、( );;  ヾ'、○}   {  r'  /  j  ,  |,,、 " /
   ヽ  ヽ" :l    l l| /     :}、:::::     `' 、;;; ;;; ', ゙''、   j 、|.  y'  }. / / _,、,,"
    ヽ  ヽ    {    " /  | リ:: ヽ:::      '' 、从 ',、 ミヽ  ゙' 、.|  ||.  ノ / /ー'''''''   ,、
    ヽ :: \  '、 ミ         / 、 ゙l:::       ゙ll ゙ll:',ヽ  ゙' 、, ゙{  jl,,,,/,z'ノ \-、、、-'"
     ヽ :::  ミ  '、 ミ        |:::  ヾ:::::       ゙ll ゙l|l::::゙、  {  |`"´     ̄ ゙̄ヽ、
     ヽ:::::              リl|l|:::  ',         ゙ll: |::::::゙、人|; /           ゙'ー―
      ゙l ゙ミ          /:l. :レ'::} ',         ノ、;;;;;;;ヽ l|/ヽ
       |`-、ミ        /:::::::|   } |:::......    ,,、 '",、、゙゙''ー''´  ',
       |゙、::::`' 、,_    _/:::::::/   :} /::::::::::::,,、-''" {○ ゙ll`' 、 ゙l|:  |
       | `'' 、:::::::::: ̄ ̄:::::::::::::/ :::   /:,、-''"   /  ヽ ゙ll ゙'、,,,,,、リ
       ',  ::: ` -、,,:::::::::::::::::/  :::: /"     /       Y゙l|: ヽノ/
         ヽ  :::    `"'''''"´   ::://     /     .::/"""  /




 .(● )   ’、   ′ ’.   .
    ’、ヽ′・  ’、.・”;  ”  ’、
、′ ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”; ( ●)
━.’;^`⌒)∴⌒`.・  ”; ’、′・    〃
、’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人    ヽ    ひでぶ!
、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、  ヽ
( ´;`ヾ,;⌒:: :: :.从⌒;) :`.・__人__)
\:::::. :::   ´⌒(,ゞ、⌒) ;)r┬-|
\.;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ :;; ; -'
、′    、 ’、  ′    ’

稽古の苛烈さは 前日の比ではなかった



            ____
          /      \_
         / /   \( ;:;:;)
       /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   無理無理無理!
      (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
      / ||    ` ⌒|||   ,/   絶対無理!!
      / / |\/ /  /l |  ̄
      / /__|  \/ / | |       もう二度と道場なんかには行かないお!!!!
     ヽ、//////) /  | |
      /  ̄ ̄ /   | |
   ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
  ⊂---― 'ー----'

前日同様 輝は剣の修行を断念した



しかし また翌朝
            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |   昨晩はもう無理だと思ったけど
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ     せめて もう一日だけ……
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l     道場に行ってみるお
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

輝は三度び 鉄舟の元へ稽古に出かけた が……



        ,,,,,,,,,,,,,;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;;| l;;;;;;;リ)リ;;;;;;|l;;;;(ミ彡/、 Z
l|ヽ= 从;;l |l|;;ll;;;;;l|;;;;;l;;;イl;;;;;;;;;;;;;| l|;;;;;;-〈、|;;;;;;;;;;;;;;,,三∠ノ フ    な 地 き
ヽミ三从;;从|;(;;;;|l;;;;l|;;;((;;;;;(ヽ乂;;;;;;/ノ人、从;;;;;;;;ヽ ∠ |     ま 獄 さ
ミ二ミミ从 ; ;;;;;;゙;;;;゙;;;;;L{{ミ|Y;;";;;;;rテ'';''i゙''ミ゙   イ;;;;{ミヽ∠ノ     ぬ す ま
゙ヽ乏゙゙从゙ ;;ヽ、、_;;;;;;;;;;;;;{≧Y;ノノ=-゙'''"´彡   ';;;;;;ヾ,,', ヽ      る ら に
 <彡l|;;;;;;;l、;}:/;r't;;;)>| 彡 ̄""´         |;;;;;;〈 |.| }     い.   は
  ノノイ;;;;;;之"゙"''"´  |、  _,,、:::::        |;;;;;ノノリ;∠     //
   イ彡l|;;;;ヽ ゙::::::::   j _,、 -)゙ヽ::...       |;;/- /;;/ミヽ   ・・
   l|//l|;;;l~、'、 ::::   ゙''::ヽ,/          |(,,ノ;;;ヽ〉ミ/
    リノイ;ヽヽ'、     `゙'、l__,,、、、,,_,,     / l||;;;;;;;;|∠_
    "´ノ|;;;;`'-;',     (t -'''ヘヘ)}}    リ  リ;;;;;;;/从ミ | / ̄\/\/ ̄\
      |/l|;;;;;;;;ヽ    レ- '''""´     /:::" {;;;从;;;;;;;;)"
      l|l||;;l|;;;;;;;;'、   ,,、;;''";; ̄::   ,/:::::"  ヽl|リ;;;r''、リ
       ヽl |;;;;;;;;;\    "  `゙   /::::::"    レ',、-ー゙''""゙''ー、    ,,、- ''
        //|;;;;;;;', \  〈     / :::::::   ,、 '´        ゙'> ''"
          (从l|;;', ヽ, ヽ:::ノ/   :::::: ,、 '´        ,、 '´



                   /Y
iww,,,wwN,,            / / ,、-'フ,、-'/
/|WWl;、lヽ::ーマ         〉  フ / //. /
/| /|ヽ ヽ/|ヌ~''マ       /  / /wノjr''i/....../Y
、l;、 l;、/lレ'~};;;;;;;、彡ー―'''''ー-/  /、-ーz_,,r'::::::/ / ,、-'フ,、-'/~''ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,)
l;、,、ー-〈::::}人 ~'ミ;;;/~::ii|":イ      /::::::::::〉  フ / //. /:::::::::__ 、,,,、、、,,,,),、,,)
'''''ヽ;)〉〉::〉、;;;,、-':::::|ii:::::t、:/ /'''"~ ̄    /  / /wノjr''i/: ,r''((ノ)"((彡从彡)   う
:tヽ;::',リ人{,,,,、)ツア::::,、-ー /  イー::、,,'ー――/".  /、-ーz,,r':  ,,(≧ろツツ:::彡イ;;;彡ク   あ
リ:ヽi|::tY|ツ:〉'ー―'''";;、-''/ ,、-':::::::::::::::~''''ーイ      /:  (ミ;;;イ";;;;彡:::/'';;;彡;イ    あ
''{;トミ;;~''zミ_;5;;;ヲノ三 //;;、-ー'';;;;、-ー'::::/ /''"~ ̄///"/''フ彡从彡/从彡;;;;;;ノ    た
jノ、≧ミ;;;r`デ´:::::~"~''''マヲ''''""~::::::::::::::::/  イ::::  〉 |/ /"/(()从ミ)ヽ-、彡;;(~ヽ)    た
ノ~wヲ勿;/Y";;-ー'''''::ー、彡-ー'''''''""::::::::/ ,、-';;;、-ー'" ,,rァ ''7"::'''((({イi;ァ"  `'i;;|- /;フ   た
,r''レ;//;{ }ン、;;;;::: :::::ノ;;;;; 二ニ==:: //::::ノ ,,、ァ / / /:::::........ /"、''':::   リj''~::::ク   た
;;;ノ,//""~'-ァ';;;;:::,、 ',r'''""""ヽ""'''''":::;;;>ノ''"::/ / /,ノ-ー''''"" '''i- 、    :j;; :/,、ァ
,,,,,、-'"0リ、~''''"wwリj;;;;;''''"";;;、、::-'''"-ー'":::::/. /://'ァ:::::::::::::::::::::::::`',;)  ::リ}} :::::::/ァ
  0  ノ ',;;iill|;;;,、-ー'''' "{{~ {{ー''"/Y:::::::://    }}::::::::::     '-i'""ノ;;〈:::/ |/'''|   ,r、
0 ,,、-''":::::"j::ミ:(/;;、-ー:::::::::'、:::ヽ/ / ,、-'フ、-'/'',,,,、从::::::::::::::::::::..... 'ー'"//  :::::::::レ、. /
 ̄:::::''"::::'"/、ji|::|{;;;)ァ)}:::::::::::リ;;;;;;〉  フ / // /~~:: ヽ:::::::::::::::::::::::::;;、::-ー'":::".... ::::::::::::::::|/
  ::::::" /;;|ヽ;;;;;~'ァi;;;;,,,;、-'"ii|:/  / /wノjr''i/ノヽ::::  ',ーー、;、-'''~~;;;; ::::::ヽ'~:::::::.....::::::::::;;;;;;;;;;;;:::
:::::" ノt;;::、 _;;;、-;;;;、、- 、;;j/  /、-ーz_,,r'二):::::'ーー'~,;r''~ ,,、 '''~~~;;;;;;;;ィ;;;;;:::::: '''"" :::::~'::、::::
   ノー-、;;;::|、,,((/、;;八⌒;;イ      /ー--'、:::::::::天,{ ,,;;、''"  /::::''" ":::::"  :::::::::::___
",、i'~;;,、--、~''' 、;;;;ゝ、(/;(/;/ /'''"~ ̄::::::::::::::::::::" ̄"::{{ j;;::::  /:::_________::::_
;;j /彡三;;;;:::::)i{;;ミ'-();;;/  イ::::::::::/Y::::::::::...........,,、、{{ {;;;;;::::: ij" ̄ ̄ ̄;;:::::::: ̄ ̄ ̄ ̄:::
) i|彡::0::0三、} ;;;:~'ー';;/ ,、-':::::::/ / ,、-'フ,、-'/ :ノ::::{{;;;;;;;;、i|:::    "、::::::::::____'''::::"
~' 、::0'r''",、-' ~'ー 、:: //⌒',:::::〉  フ / //. / ;;r~,、 ''~ '' ー、'、    :::::::::::::::::" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヽツ~'、;; i{ ,、-'",、-''' ~'''ー- 、,,,リ:::/  / /wノjr''i/:::",,'"::"" __ヽ__"::______:::::_
''ii|::::::::ヽ {i  ,r'~,、-'~,,、-'" r''~''/  /、-ーz_,,r':::''"r~::"     /   ヽ;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;; ;;;; ̄

鉄舟の過酷な稽古は さらにその加速度を増した



            ____
          /      \_
         / /   \( ;:;:;)
       /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   もう駄目です
      (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
      / ||    ` ⌒|||   ,/   今度こそ 今日限りで 剣の道はあきらめました
      / / |\/ /  /l |  ̄
      / /__|  \/ / | |       本当にありがとうございました
     ヽ、//////) /  | |
      /  ̄ ̄ /   | |
   ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
  ⊂---― 'ー----'

輝は やはり前日同様の決心をした



しかし またまた翌朝
            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |   昨晩はもう無理だと思ったけど(ry
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ     
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l     
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

輝は四度び 鉄舟の元へ稽古に出かけた



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /     <●>:::::<●>
     |    .::: ゚~(__人__)~゚j
     \、     ` ⌒´, ;/     本日の稽古をよろしくお願いしますお
    /  ⌒ヽ  '"'"´(;
   / ,_ \ \/\ \
   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´    …………
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"



. リi|)""彡;;;;;;;;;';;;;レ/";;;レiii;;;|;;;;;;;;ii|;;;;|从リ i| i i i 从/.
 ,ii| 从;;;;;;;;;;;;;;;;;;ツ;;;;;;;イ||i;;;;;;;;レリ|;;;;从;リ,, 从从|||   一刀正伝無刀流へようこそ
 iii||从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|;;;;;;;i|:||:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;(从从|||リり;|
 ;;ii;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|;;;;;;i|:|||;;;;;;;;|;;;;;;;;||;;;;;;;;;iij;;;;;;;|レ;;;;;|   入門を歓迎する
  ;;;;;;;;;;;;;人;;;;;;i;;;;;;;;;;;;i|リ/;;;;;;人;;;;;;||;;;、;;;;;;|i;;;;;;';;;;;;r|
  ;;;;;;;;、;;从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''ー-<、、tt;;ハ;;;|t、;;;tt、;;;;;;;;;|i|
  ;;;;))(ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リヽ、,,ゝ;`;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、
  ;;;i""'''>彡;;≧三≧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ イ {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j~' 、 __ /
  ;;;t  ー''''ヒ、、,,'、Y;;;゚ノ,,'-、::::::::::  _/;;;彡チテ;キミ;;彡/;;;ノノシ
   ;;;i       ̄ ̄´:::::::::::::: ::: ソ:::::''ー゙-=-"-ー''' i';;;;iiミミ=-'
   ;;;|  ::::::::::::''''''''''''''''':::::''"   i''':::::::::::::::::::   /;;ti、))
.   ;;;i  :::::::''"           i ::::::"'''':::::''"  /;;;;;」""
   ;;t  ::''"            }:::::::      /ii/
.   ;;i          r___ ::ノ: {'''"       /"
    ;;t         (ヽ:::`y、ノァ      /ヽ、
    ::::t         ~'-、;;;;、-'      /::::::ヽ'-、,__r=ニ''''''''''
.    ::::ヽ      _........::::::;;;'':::..,,      /:::::::::::::ヽ、~'-、''ー-ヽ、、,
    ::::::ヽ     ~~ ̄ ̄`´ ̄'     , 'ヽ:::::::::::::::ヽ、;;;;;;;~'-、:::~'-、
     ::::::::ヽ     `,,;;;,、-::''"    /~i::t;;::::::::::::: ヽ、;;;;;;;;;;;;~''-、:
.     :::::::::::ヽ     ::::::::::::::   , ':::: |:::|;;;;:::::::::::::: ヽ、ミ:;:;:;:;ミ;;'
     ::::::::::::;;;ヽ     ::::::::::  / ::::  |::::|;;;;;;;;:::::: ::::: ヽ、ヽミミミ


この日以降の 鉄舟の教え方は まことに穏やかなものとなり
前日までの猛烈な態度は その後まったく見せることはなくなったという

<その26 道場に行こう! 山岡鉄舟編>おわり



540 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/04/05(日) 01:33:30 ID:8YL1A35u

心根を試していたのか…


541 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/05(日) 01:34:17 ID:ZCUfeQ7O



しかし激しいな、鉄舟w
これはやる夫の気持ちが定まってなかったからわざと
ってことなんだろうか


542 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/05(日) 01:51:57 ID:Wvsplb0o

誰にでもやってたんじゃないかね
これで辞めるようならどうせいずれ辞めると
久々におつー!


543 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/05(日) 02:00:48 ID:EfEhIL3q

GJ

一晩たったら気が変わってる香川輝さんもすごいなw



関連記事

※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 02:13 |コメント(11)
カテゴリータグ:

|

<< 【寄席「やる夫亭」】  「やる夫で花見をするそうです」 | HOME | やる夫の剣豪ものがたり <その25 道場に行こう!> >>

■御感想or寝言

4293 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 07:54:30 ID:-

Mになったd…それじゃ銀魂か(汗)。


4297 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 09:11:05 ID:-

これが本当なら打撲や裂傷も多かろうに、
なんで4日通しで通えたのかな?



4298 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 11:20:18 ID:-

翌日に尾をひく怪我にならないように、ひそかに手加減してたんじゃない?


4303 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 13:03:34 ID:-

さすが鉄舟先生、そこにしびれるあこがれるゥ!


4306 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 13:15:58 ID:-

幕末なら竹刀も防具もあったし、
それなりに手加減できたんじゃないの。


4319 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 15:55:02 ID:-

バカと天才が紙一重っつーのはこういうこったなw


4323 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 17:13:40 ID:-

逆の奴は腐るほどいるけどな。


4360 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/06(月) 01:30:17 ID:-

まあそうね、好意的に解釈したら
うまい加減で手加減してなきゃ体が
動かないからね。幕末三舟の一人だし
傑物だったのは間違いなさげだけど。

まあ、このAA的には
複雑骨折くらいしてそうなんだけどw
それは置いといて。

明治維新ので成りあがった、勲功華族
とかの回顧録って帝大教授とか、権威
ある御用学者に金払って、相当自己
美化して後から作らせたりしている
箇所が多いから、実際の話半分位くら
いなんじゃないかな。

武家華族でも蜂須賀侯爵家とか凄いじ
ゃない。明治天皇に家系を揶揄されてさ。

などとオモタ AA話としてけなす意図は
無いよ。


7525 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/01(金) 14:20:28 ID:-

というか、この香川さん自身が乱暴な剣を遣う人で敬遠されてたと聞きますな。竹刀の先は相手の血で染まってたとかなんとか。
そのことを知ってたんじゃないですかね。>>鉄舟


7804 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/04(月) 00:37:26 ID:-

香川ってボケ老人みたいだな


27592 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/08/04(水) 19:05:16 ID:0Q3WCu86

鉄舟は自分自身、とんでもない荒稽古乗り越えてるからなあ。
高野佐三郎の遺稿集に、
「うちの道場は普通の人間は一週間ともたないのに~」
とか語った話が載ってるし、実際東京一厳しい道場ではあったらしい。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV