やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション サバ☆フェス~FGO短編祭2018winter~ 飲食短編勝負 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2009/03/28(土) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯20(最終話)


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


81 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:02:20 ID:C+Affspm

         __r--─ァム=≠({`Yヽ「 ア
     __/厂 ㌢ 瓦豸ヽ=- >く`^ く 〉_
.   厂/  =艾ンイノ ィヽ./丶ー' `ヽ\_,.ゝ
  ァ/  %弋乏彡イ/ 廴イ= >  `ヽ、 ヽ ヽ
//  .ム/ /Y _廴)ム-イバ下、\  ヽ、 }  }
. /  彳{ />イ´イ___Y //  {|  \\   Y li
/   爻.V { イ〃 / 化/_/_,ィ// __弋   } lイ
   爻 { / / / イ !.ィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ rミ〉 !l/|             
   爻 l从l/ f `Y l.`T::::T' //ナ!;Tイ/l.l /
    爻 ヽ{〃☆川 l 'ー' ´ , 'ーイ.イl/爻         
     爻 |/いYl トl . ',""    "ツノィ从  爻                    ____
     爻  ヾ小!ヽ{、   ‐_,.ィ"l´l∧.ヽ、_ 爻爻                /      \
     爻    % ヽ、ヽ、|`¨´ !{ /        爻              / ─    ─ \
      爻  ,.メ¬☆。o  。☆ ヽ、_,       爻           /   (●)  (●)  \  
       ィ爻´    o *。☆O☆ー-、         爻          |      (__人__)・    |  
     /  爻      *o。 * ゚*   ヽ         爻          \__ ` ⌒´ __/    
    {  .爻     *    o。     '.        爻         /  | |_◆・◆_| | \
    |   爻 l   __  ヽ     /  }         爻         |  | |  \ /  | i |
    |  爻  |´ ̄   ̄`¨ー─‐ヘ  l         爻         | ├┤ __|_/  ├┤|
    |  爻  |              〉 |        爻         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |

「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/
♯12~♯15
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235909209/
♯16~♯18
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1237376140/



こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html

82 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:03:08 ID:C+Affspm





                , 二¨-―-- 、`丶、
              /_ ..-――-.. 、十ヽ\
             //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
            〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
            l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
            ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/ ハ
            ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,' ∨  ハ              _______     
            /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  ハ:  ハ             ./ /  #  ;,; ヽ  
          l// l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7   イ i ハ         : /ノ  ;;#  ,;.;:: \   :  
         /   '. ノ    /     l`ー-__.__ ハ          /  -==、   '==-  ..:::::|  
        /   / /∧ _,. イ☆。o  。☆ ヽ′ ̄  ハ           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
       /  ./, ', ' , - '´   o *。☆O☆ー        ',         : ! #;;:..  l  |    .::::::/    
      l      /        *o。 * ゚*          l         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/   
      l      l    rェzrェ *    o。rxzェz、     !          . >;;;;::..    ..;,.;-      
       l      |   タ'´  ̄__  ヽ./      ヽヘ  .. l          /  | |_◆・◆_| | \
.      l       l    / /,,_,,_,,_,,,_,\/,,_,,_,,_,,,_,,_,,} }   │..        |  | |  \ /  | i |
     /       |   {  {_,,_,,_,,_,,_,_,_,_,_,,_,,_,,_,,_,__,} ,′  :|         | ├┤ __|_/  ├┤|
             |   ヽ  . : : : : : .    .: : : : :/ ∧    !         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |

やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯20(最終話)


83 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:03:55 ID:mocWWcfX

まってましたああああああ




87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:06:47 ID:MhSFqj/B

なんでAYA STYLEなんだよwww




84 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:05:14 ID:C+Affspm
前回までのあらすじ
野々村の家で、巴里から帰国したやる夫の歓迎会が行われようとしていた。



~野々村家~


_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

「僕が行ったときは、もう5・6人が集っていた。彼らは何も知らずに元気に談笑していた。」


85 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:06:13 ID:C+Affspm



.             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i| おかえりにょろ~やる夫君。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 巴里は楽しかったかい?
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

「僕を見るとそのうちの一人が言った。」


86 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:06:46 ID:C+Affspm

                            __
          ,.  --、_           ,rf'l「 _レ、
         / /' ニ=トゝ        /~ヽニへ、>、
         l Y   _彡イ〉       // ィ l l  ヽ,彡ゝ,
         ヘ_ゝr'V テ7         ヽVLィハレ'´'´_〉‐7
         >ニL、  >          ) く5レ'彡アァ'´
        /='´`ヾ5´           ` -グ ⌒ヽ
        ,′l  ヽ、〔            _∠´   ヘ
     rニイ  >ィト、´゙'' - 、、 @;(@ _,. -'´  ‐仁´   ト、
     く,  イ  ´フヽ`ヽ、   フ7ァ' ィ‐'ハ、    / /    |l>、
      7 ,ノ    ,ハ   ,/'´´  ゙ヘ^ヾ、 _,イ l ノ  lィ'´
      了   彡' 」L,,ノヘ、     ,. -rXュ ⊥_∠   |jl
       _L_,. -' _ィ7二 `   ヽ   //ヘ⊥ゝ____ イ
    r「、_,Г7アく_∠_  _ _,.ノ    l、  |`l>V ハ V八ヾ
    ^¬イl `「    `レ'´       ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/_,)
       ヾノ

         , -/ ̄ヽ
       r ノ __  ´゙ヽ
      _ 」_, '--- 、 `丶、}\    
    _ / '´      `丶 ヽ7 |   
   ∟ YーL. --冖,_」-、\!.} \_ 
   〈_少         、└イ┴i /
  // / l |        ´ | 卜ノ  
  / ,' ゝ ヽ l      / | 
  ,   | |\ヽ ヽ    / l |
  l  |  l   ト、,、,、,、,/l /  |  
  |  l  l _, -‐'ー一'¨/ ,  :l   
 |  l  !´      / /  人   
  :l  l /      / /  /   \ 
  !   j      / /  /    |

「あと、2・3人続けてそう言ったが、僕の気持ちを知っているものはさすがにそういうことは言えなかった。」


88 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:07:48 ID:C+Affspm



/    /          ヽ::.::、::.::
/ ,   /      ,   ヽ  └ァl!::.:
/   / ,′    | l   l    ノ∥::
,′ , l l |   ,′l  , |  「::.:||::.:
| l| l|l| | |l |/| |  l l| |,ゝ:リ::.:   
l廾|‐トl-l |l l厶L/__/ ハ l〈::.〃::.:
| r汽tミ ヽハノ 厶ヒく_,イ| |{://::.::;
∧ ゞヅ   ´  孔リ}> j l| |r卆::/
ハ           `゙´ //| |ゞ=く
レヘ、   `__     //イ !
!  ,> 、 ` ` ,.. -¬ | ∥|
レ'´:..:..:..:.≧fチ:..:..:..:|∧| |\
ヽ|:..:..:..:..:..:.ゞ=':-、:..:..:||:..:`Y |::.::.:ヽ
\:.:.´ ̄:../:..:..:..:..:..||:..:..:.| j::.::.::.:∧
    ヽ三三二ニ=彳|}:..:..//::.::.::./::.::l
ヽ   \  , =彡'´⊥〉/厶-┐r=彡
.::\    ∨∠三三三三三三三三


89 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:08:38 ID:C+Affspm





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、   

「僕はあまり騒いでは、野々村の嫁に悪いと思った。それで野々村に聞いた」



90 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:09:57 ID:C+Affspm



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  あいつは、実家に一昨日から泊まりに行ってる。
. |     (__人__)   義理の弟の処で子供が生まれるのでね。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 

「自分はそれを聞いて、『よかった』と思った。
しかし、『生まれる事が幸福か』どうか僕には分からなかった。」


91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:11:29 ID:MhSFqj/B

義理の弟の処・・・?



92 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:11:57 ID:C+Affspm




/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

「段々人が集まった。他の連中は皆元気に顔を揃えていた。欠けているのは一番大事な夏子だけであった。」




アクセスカウンター
ゴールドカードクレジットカード比較CFD取引FXくりっく365



94 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:12:47 ID:C+Affspm


―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ ||  |
_______,,| | l_________,| | l_________,| ||  |
_________|___________|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                                  \
         /                                \
           /                                    \
          l二二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二l
            | |l                              l | |
            |_,,ソ                               !,|_,ン


「自分はややもすると、夏子が生きていたらと思わないわけには行かなかったが
さすがに元気な人々が集まっているので、自分もわりに元気にして、自分の口からも笑い声がうつろに響いた。」


95 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:14:40 ID:C+Affspm

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  皆様お集まりいただいたので。
         レ!小l●    ● 从 |、i| えーと、ではやる夫さんの歓迎会をはじめたいと思いますにょろ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ー 从 |、i| はじめに、野々村さんお願いします。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

96 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:15:05 ID:C+Affspm

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \    
          |    ( ●)(●)  
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }   
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

「会が始まると、野々村は立った。皆拍手した。」

97 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:15:46 ID:C+Affspm





「やる夫くんが無事に帰ってきて、この前送別した同じ部屋で歓迎会が出来たことは
実にめでたいと言っていい。やる夫くんが西洋からよこした雑誌や、新聞への寄稿は皆も読んで
面白く思い、やる夫君らしいと思った。」





99 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:16:12 ID:C+Affspm




「やる夫くんが後で話してくれると思うが、僕個人としてはやる夫君に大変すまなく思っている。
ここは内輪の会でもあるし、皆さんもご存知と思うから敢えて言いますが」





100 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:17:36 ID:C+Affspm




「私がやる夫君の西洋へ行くのを最初にすすめた一人で、やる夫くんは僕の、この秋死んだ
夏子と許婚のような間柄でいたので、ゆくのを躊躇していた。神ならぬ僕は妹がやる夫くんの
旅行中に死ぬとは思わず、妹のことは引き受けたから安心してくれと言ったのです。」




101 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:18:54 ID:C+Affspm




「ところがやる夫君の留守に妹は死んでしまったのです。僕はこのことに就いては
なんとやる夫君に謝ったらいいのかわからないのです。引き受けてしまった自分の愚かさ
実に僕には後悔されるのです。謝りたいと思いながら、今日まであやまれなかった。」






102 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:21:14 ID:C+Affspm





「やる夫君は幾ら悲しく、いくら腹を立てても反理性的には、なれない。
私の責任をやる夫君はせめてくれませんが、僕のほうでは謝りたかったのです。
やる夫君が妹の最期をみとれなかったこと、それも私の責任です。」





103 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:21:41 ID:C+Affspm




「それで僕はやる夫くんの今後の健康と、健闘を切に切に切望するのです。」





104 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:22:07 ID:C+Affspm




「妹もきっとそれを望んでいると思うのです。自分の責任を逃れて、やる夫くんの健闘を
望むのは虫のいいようでありますが、僕たちはやる夫くんに多くを期待しているので、
こういう無理なことを…」


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \    
          |    ( ●)(●)  お頼みするのです。
          |   o゚ (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }   
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
.

105 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:22:44 ID:mocWWcfX

もう泣きそう・・・




106 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:22:52 ID:C+Affspm


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \    
          |    ( ー)(ー) 僕はもうやめます。
          |   o゚ (__人__)  すみません・・・
             |     ` ⌒´ノ    
              |         }   
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

「野々村は泣きそうになるのをこらえた。」


107 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:24:43 ID:C+Affspm


「拍手はまだらに聞こえた。其処で僕は立ち上がった。」

「やっと、考えの方向を転換して、泣かずに済ませて僕は続けて喋った。」




108 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:26:02 ID:C+Affspm



―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ ||  |
_______,,| | l_________,| | l_________,| ||  |
_________|___________|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                                  \
         /                                \
           /                                    \
          l二二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二l
            | |l                              l | |
            |_,,ソ                               !,|_,ン

「野々村さんの責任ではありません。人間は死ぬものです。死なないほうが不思議といえます。
僕自身明日死ぬかもしれない。死ぬとは思いませんが、人間の生命は無常です。」


109 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:26:35 ID:C+Affspm



「今度、それを本当に知りました。人間に生まれた事が、腹が立つほど知りました。」





110 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:27:08 ID:C+Affspm



                  ___
                      i´:::::::::::`!           <ス⌒ヽ
                 |::::::::::::::::|           tナ`‐'ハノ
                  ,.-‐|::::(目):::|‐-、     _  tナ / o ||
       ,.. -―‐/ ̄//(|=ニ0ニ=|)\\ ̄▽―‐>'^ / |o o/ |
     /    /  / /  ‐i|..。.|!‐ ヽ ヽ || / / \. 匸_/|
     /_____|_| l.  ニヽ`=='゙/ニ   | r:l~l /______ヽ| |  |
    /::::::::::::::::::::::::::::|__lェ、____o|`呂´|o__,.r:l^|.」-リ::::::::::::::::\| |  |
  厂::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾヾ)__o|''''''''''|o__( "l.」┘ . へr‐-、::::::::::| |  |
 〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└┴‐廿―‐L|//`ーく_/\::::l:::::::::| |  |
  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l><//:::::::::::::::::;へ__ノ:ン:::::::::| |  |
   L::::/::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::||x//||;;;;;;:::::::::::ノ‐=ニ、:::::::::::::::::| |  |、
    `-|:::ノlニニl\:::::::::::::::://><>》:::::::\   \::::::::::::| |  |/
      ヽL|ニニ|/‐'⌒//::\><>〃::::::::/      ̄ ̄| |  |
       ((((o)__.//)::::::;;;;;||>く〃::::::::/        l l  l
        |目 ‐く/  ノ::::://`==='":::::::::::/         / / ./
        LLLL┘ く::::::::\\:::::::∠ ̄         / / ./
       //       /:::::::::::\\\ ̄ヽ         / / ./
.      く/       /::::::::::::::::::::l|:::〉::::{       / ./ ./
           く::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ/:::::/      / ./ ./
            \||::::::::::::::::::::::::::::/     ///
               ̄ フ_;;::-‐ナ"     / /
               /:::::::/       / ./
               ト::::ノ        / /
               `l:/     /./
                 ム′ _/-''´
                   ̄

(自分はそう言って、見えない敵を睨み続けた。死神がどこかに居るような気がしてしゃべった。)



111 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:27:43 ID:C+Affspm



    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| i
  \、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;M、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ,.ィ´
- 、、,_」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  N、;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;N      ヽ;;;;;;;;;/   l;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  _」;;;;;;;;;;;;;;;;;ト!       ∨∨     |;;;;;;;;;;;;;;7´
 ̄`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、    ‐ 、        `i;;;;;;;;;/
  _>;;;;;;;;;;;;;;;;Nヽv- ‐ ミ:、__   _,,ィァ¬、vj!;;;;;/
ヽ、`ヽ;;/rク7;;;ト、ミi{ {:::〉 l}>-z=i <i{ 〈:::} }/ Vニ,ヽ   ,_,ィ=-、 __,rー 、
 ';'、   { !、レハ、! ヾミ=-ジ~´   `ニ=‐'" ,}K //  //_, /,ィフ;;;;;/⌒ヽ
\};;;ヽ、>、 - i ヽ、     /゙ '^!   、、 ./ノ-'/  /;;{'´ _,/;∠ノ;;;;;∠,____
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` ̄| }、  / ___ __ l ノl|'II゙_,ノ-';;;;ノ'´;;;;;;/;;;;;;;;;;_;;、-‐<´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/| ヾミーム三三三三三ミニジノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ー'´;;< ̄`
;;;;;;;;;;;;;;;r‐<|!ヽ,l  `ヾミ{从儿从儿从州' /Y^^i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;ナ' ノ  `ト、  `'ミ三三三三三ツ ハ ヽへ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;Iニコ    / ! |ヽ、, ` ̄´  ` ̄´ /!    Z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;<,    /{  | i、ヾ冖''´   `ア´ i  } IニI;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;匕     ヽ〉 l | ヽ \___/   l  ′ _,}_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;レ1     ヽ!  ` ̄\  /  l |   `丁;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;匕┐      !   、_//   /     K;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;Uvi   }  ヽ   ´   /     r 、Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ル'〉,, ′      、_,   r‐、 r vヘ_};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i/〃viイフ、_,, n  n   ,_,ハ しト、};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厂´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙´;;;;;;'‐''ljY^lj^゙W;;;;;;;ヽノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    }∧;;;;;;;;;;;

「死神が人間を殺すほど、わけないことはない。このことは死神の自慢にはならない。」


112 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:29:00 ID:C+Affspm

                            _
                            //^7\
                           /|| //\.、
                          //||//:::::::::\.、
                         〈/ ||/:::::::::::::::::\.、
                          / ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、
                         ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、
                         / /  \ :::::::::::::::::::|:|
                        / /    \ ::::::::::::::|:|
                        / /      ヽ :::::::::::|:|
           /⌒\        / /        | :::::::::::|:|
         /     \      / /        | ::::::::::|:|
         /__    \    / /         | :::::::::|:|
        /ノ v \     )   ./ /          | :::::::::|:|
        |ζ) (_ヽヽ   ム  / /          | :::::::://
        λヘ´`,イ|:) //⌒,/ /           | :::::://
       /λ.|三-'////   / /\          | :::://
       | | \─/ /    / /  \        ./ :://
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
      /       /  / 彡ミ、|     |      //
     /      /  / / /:::λ\  ト、
     /          / / /|::::::::| λ  | \
    /         / / / .|::::::::|    |  \
    /    | \_/  / /  |::::::::|    |  \_>
   /    〉 _    / /  |::::::::v   |   \
   |  (三7   ̄7≦彡ミ  λ::::V   ,ノ     \_
   |  ム:::/    |:ミ彡ミ / 从V    /        /
   |  |:::::ハ    |/ /  /  |     ,/       /
   |   V     / /  |   \_,ノ      /


「僕は生きて帰ってきました。…自分は生きているだけの資格があって生きているわけではないのです。」



113 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:29:31 ID:C+Affspm


                ,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,...
             ,,,,,;;;;´;;;;;;;;::::::::::::::::::::::..........    .`丶..
           ,,;;´;;;;;;;;:::::::::::::............゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙...........,,   ,,, ゙;;;,.
        ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::......     ............... ヾ`゙゙゙ヽ  ,,;;..
       ,;;;´;;::::::::::::::::::.........   :::  ::::::::::::::::::::`` ヾ::;;;;; :::;;;;;;..
     ,,;;´;;;;;::::::::::..........  ::::::::::::...   :::::::::::::::... ...:::; ヾ;;;;;;; ::: ;;;;.
    ,,;´;;;;;:::::::::::::::.....   ::::::::::::::::   :::::::....  :::::::::::::::::;;;;;;;;,,  ,;;;;;;:,,
   /;;;;;;;;;:::::::::::::..................:::::::::::::::::::....  ....::::::  ..:::::::::;;;;;;;,,;;  ,,;;;;;;;;;;ヽ,
  ,;´;;;;;;;;;:::::::::::..............  ......::::::::::::::::::::.. ....::::::  ..:::::::::::::..´ ,:::::,; -・〟 ヽ
  ,;;;;;;;;;;;::::::::::::::.............   .....::::::::::::;;;;;;...  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;.l|l|;;;l
 .i;;;;;;;;;;;:::::::::::::...........    :::::::::::::::;;;;;.  ゙ ::::: 人蠻鑰仏;;;;;;;,´;;l,
 i;;;;;;;;;;:::::::::::.........    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,´   ::::::/驫驫鸞讎讎i;;;;;;;;  ;丶.
 i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::....    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   :::::::./驫驫鸞鸞讎i,j iヽ永虻 ;;;`i
 'i;;;;;;;;;;;;;::::::::......   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ::::::::ゞ驫驫驫  鸞i,ji /;;;;;ヽ `,´,´,,,,,,,,,,丿
  i;;;;;;;;;;::::::::.....   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  :::::::::i驫驫驫鸞鸞j; ;;;;;゙ ,驫驫ヽ:::;;;;;;/
  ヾ;;;;;;;:::::::::::::............;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   :::::::::i,隶驫驫鸞l,;´,  ;;;;;i驫驫驫,ヽく
  ヽ;;;;;;;:::::::::::::............,;i$;,       ::::::::`‐阜隸;;;;)),,,,;;;;;;;; 丶..鸞.史`´,:::\
   丶;;;;;::::::::.......  %%i;`ヽ,  :::::::::,,,,,,,  ,,,,,,,,,;;;;jjjス ;; ` ヽ.....,,,:::ノ;丶:::ヽ,
    丶;;;;;;::::::::::::.. %%%;  ;;ヽ,, ....  ;;;;;;;;;;;;;:. ,,,/ゞヾ ;;  丶 丶 ヽ ヾ;;;;;;ン
      ´丶;;;;;;;;;;;;,,,, *%, `゙*$i丶,,...___....,,,::: /´:::;;;... ;; ; ::.. ;;  ::  ヾ,,ノ゙゙ヽ
       ヽ;;;;;;;;;;;;;;;,,, *%i :::`*´::: il|i##|,`,.::: ;;;  ;; ;;  :::::  ;;;,,,,,.丶゙ヽ´丶 j,
        `ヽ,,;;;;;;;;;;;;;,,,,%i:::  :::  il|#*丶l ┐‐‐-...,,,,,,,,,,,,,...:::ヾ゙゙゙´`:.  `:  j-;
          `'`ヽ,,;;;;;;;;,::.... ::..  il|ヽ´゙iヽ,.  |  |   l|  i,   i,..,,.ノ`´l´|
             ` ヽハ;;;;::::  :::ヾ ヾ,,,,,l`゙゙''''"‐‐´ ..,,,..i*,,,,,, l -‐´+‐゙| i|,.ク
                l;;;;;;;;:::::::::::... ;;;:::::`丶,l|´ ̄l|´゙゙゙l||゙゙゙゙゙゙l|゙゙゙゙´l| ,,;iノ´::;;|
                ヘ;;;;;;;;;;,,,......  :::::..........`゙゙‐'*‐- *,,,,,,,,*,,,,,,..!ゝ´,,,;;;;・・ヽ
                  ヽ,,,;;;;;;;;;;;;;;;::::............    .......::::::::::;::;;;;;;;;;.::::;;;;;;;;;;;;;;l|
                    `""''''''....;;;;;;;;;;;;::::::......  .......:::::::::: ;;;;; ;;;;;;;;;;;/
                          `゙丶....,,,,,,,,;;;;;;;;::::::....:::::: ;;;;;;;;.*´
                              `゙゙゙゙゙゙丶........,,,,,,,,,,,/


「貴いものが死ぬのです。死ぬ事があるのです」



114 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:30:09 ID:C+Affspm



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |  (やる夫…)
. | o゚(__人__)  |  
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 

(僕はもう泣きかけたが、何かに怒っているようにわけの分からないことをしゃべり続けた。)



116 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:32:34 ID:C+Affspm


" ''゙" ゙"゙''""゙" ゙" ゙" '' ゙" ゙" ゙" ゙" ゙" ''゙" ゙''""゙" ゙"__' ゙"゙" ゙"__ ゙"" ゙""゙゙ ""
゙" ゙" ゙" ゙ ""'' ゙"''" "゙" ゙" ゙"'' ゙"゙" ゙" ''゙" ゙"゙''"" |:i:::::|,, ゙" ゙"''|:i::::| ゙" ゙ __''゙" ゙"
"'' ゙" ゙" ''゙" ゙"゙''""゙" ゙" ゙"'' ゙" "'' ゙" ゙" ''゙" ゙"゙''""゙" ゙" ゙"'' ゙" "'' ゙"|:i::::| ''゙"
゙" ゙" ''゙" ゙"゙''""゙゙" ゙" ゙" ゙"  ゙" ゙" ゙''""゙" ゙" ゙"'' ゙"゙" ゙" ''゙" ゙"゙''""゙" " ゙" ''゙" ゙"
" ゙" ゙" ゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙" " ゙" "' '"" ゙" "''""゙" ゙" ゙"'' ゙" ゙" ゙" ''゙" ゙"゙ ''""゙"
゙" ゙" ゙"  ゙"゙"'' ゙"゙"  " '" "゙  ""゙" "'' "" ゙" ゙" ゙"'' ゙"゙" ゙" ''゙" ゙"゙ ''"" ゙
 ゙" ゙"  ゙""'', ゙"  ゙"  ゙" "  ゙"  '" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙
゙"  ゙"  ゙"  ゙"  ゙"''  ゙ ゙"゙" ゙  __ ゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ゙"
  ゙" ゙"  ゙""゙"'' ゙"  ゙"  ゙" ''゙  /::::::ヾヽ    "  ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"''
 ゙"  ゙"  ゙"  ゙"  ゙"''  ゙"゙"  |;;::::::;;i;;;|    ゙"  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"
゙" "゙ "゙" ゙" ゙" ゙" ''""゙" ゙"'' ゙" wl:::::::::::::l;::lww" ゙" ゙" ゙" ゙" ''""゙" ゙"'' ゙" ゙" ''゙" ゙"
゙" ゙" ゙"  ゙"゙"'' ゙"゙"  ゙" ''゙" ゙"゙'' ""゙" "'' "" ゙" ゙" ゙"'' ゙"゙" ゙" ''゙" ゙"゙ ''"" ゙
゙" ゙"  ゙""'', ゙"  ゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙"  ゙" ''゙"  ゙"゙

「そして下らないもののほうが生き残る。」

117 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:32:58 ID:C+Affspm

    `       `    ;;ゞ ;" "ヾ; ;ヾゞ: ,,ヾ ;";ヾ; ;ゞゞ:; ;ヾ ;;ゞ ;" "ゞ ;ゞ゛"ゞ ;    .
`         `     "ゞ ;ゞ゛ ; ;ゞ:ヾ,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;",,ヾゞ:ヾヾ.: ;;;ゞ ;" "ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞ   `
      `          ;ヾ ; ;;;ゞゞゞ,,ヾ;;ゞ ;""ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞ,ヾ;;ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., ;         `
 `       `    ;;ゞ ;;ゞ ;"ヾ.:,,ヾ ;";ヾ.: ;ヾ ; ;;;ゞ ;" "ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;;  ::;
        `     "ゞ ;ゞ゛ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;"; ;ヾ ;ゞ ;"ヾ.: ; ;ヾ;;ゞ ;" "ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞ "ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞ
     `        ;ヾ ; ;;;ゞゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;ゞヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., ;ゞ ;" "ゞ ;ゞ゛ ; ;         `       `
            ;;ゞ ;" ;ゞ ;"ヾ.:;ゞ;ゞ ;ヾ ;ヾ,,ヾ ;";ヾ; ;ゞゞ:ヾヾ.:; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., ;   `         `
           "ゞ ;ゞ゛,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ;;ゞ ;" "ゞ ; ,,ヾ ;";;ゞゞ:ヾヾ.: ;ゞ;ゞ ;ヾ ;ヾ;" "ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞ             `
      ` ;;ヾ ; ;;;ゞ;ゞ ;" ";;ゞ ;" "ゞ ;ゞヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.:,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., ;
     `  ヾ;ゞ ;"ヾ.:;ゞ;ゞ ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ;; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;ゞ;;ゞ ;" "ゞ ;ゞ゛ ; ; ゞ;          `       `
 `         ; ;,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;"; ;ヾ ; ;ゞ ;"ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;ゞ ;ヾ ;ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;ゞ ;ヾ ;ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., ;
      ` ゞ: "ゞ ;ゞ゛ゞ ;ヾゞ:ヾヾ.: ;ゞ"ゞ ;ゞ゛ヾ;;;;|iiiiiiii::"ゞ,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ;
     `  ,,ヾ;ヾ ; ;;;ゞゞ ;" ",,ヾ ;";ヾ;ヾ ; ;;;ゞゞ ; |iiiiiiii::::::ゞ;;ノ;ノ  ゞ:ヾヾ.: ;ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;ゞ ;ヾ ;ヾ       `
         ::;;ゞ ;"ヾ.:ヾヾ.: ;ゞ;ゞ ;ヾ ;;ゞ ;"ヾ.:.  |:iiiiiiii:  :::ゞ;;ノ;ノ″,,ヾ ;";ヾ,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ;   `
                ,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ;Y    |:iiiiiiii::::::::: |                         `
                    .          |:iiiiiiii:.  :::::|,      `       `
  `      `         `         |:iiiiiiii:  :::::|,        `         `     `
,....,,.,  ,,,,,.,.. ,,.,.. ,....,....,,.,  ,,,,,.,.. ,,.,.. ,.... ,.,.. .. ,....,,.M|M|iMiiii;;ii:;iii;;|,,.. ,,.,.. ,.... ,.,..,.. ,,.,.. ,......`,.,.. .. ,....,,.,  ,,,,,.,.. ,,.,.. ,.... ,.,.. .. ,....,,.,

「生きていて仕方がない人間が生き残る。」

「しかし、僕は罪という言葉を認めているわけではない。しかし、死んだものに比較して、僕はそう思う。」

「しかし、生き残った以上、僕は何かをします。」


118 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:34:17 ID:C+Affspm

          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\
     (( /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::ヽ    
        l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::.ヽ  …。  
        | ::i::ル{レ'     ●` li!:: ト、:::.',   
        │ ::::i"●     ゚o..l|:: ||ノ:::.l   
        ソルλ⊂⊃  ,_,⊂⊃l|:: |:::::::::.l  
          ス、,ゝ、_ `´    ィ<|:: |_:::::::.l
          |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
         ,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
         |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji

「死にたいと思わないことはない。しかし、死んだ者がなぐさめられますか。
なぐさめられないのです。なぐさめる必要がない。」



 

(僕はあたまがくらくらした。)



119 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:35:21 ID:C+Affspm




「死神は人間を殺す事が出来る。」

「だが、そのとき人間以上の神になる。人間からは慰められるにはあまりに高い。あまりに清浄な、
あまりに清浄な神になります」

「死神よ、お前は人間を殺すことは出来るが、人間を神にする手先に過ぎないのだぞ。」
「ぼくはそういいたい。」

「しかしです。」

「生き残った人間は、そのことを知りながら、死んだものが可哀そうで仕方ない。」






120 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:36:24 ID:C+Affspm



/    /          ヽ::.::、::.::
/ ,   /      ,   ヽ  └ァl!::.:
/   / ,′    | l   l    ノ∥::
,′ , l l |   ,′l  , |  「::.:||::.:
| l| l|l| | |l |/| |  l l| |,ゝ:リ::.:  
l廾|‐トl-l |l l厶L/__/ ハ l〈::.〃::.:
| r汽tミ ヽハノ 厶ヒく_,イ| |{://::.::;
∧'ゞヅ   ´  孔リ}> j l| |r卆::/
ハ           `cッ' //| |ゞ=く
レヘ、   `__     //イ !
!  ,> 、 ` ` ,.. -¬ | ∥|
レ'´:..:..:..:.≧fチ:..:..:..:|∧| |\
ヽ|:..:..:..:..:..:.ゞ=':-、:..:..:||:..:`Y |::.::.:ヽ
\:.:.´ ̄:../:..:..:..:..:..||:..:..:.| j::.::.::.:∧
    ヽ三三二ニ=彳|}:..:..//::.::.::./::.::l
ヽ   \  , =彡'´⊥〉/厶-┐r=彡
.::\    ∨∠三三三三三三三三

「生意気な話ですが、これは事実です。しかし、私にはどうすることも出来ない。否、死ぬまでの人間は
残らず哀れな人間です。一人残らず哀れな人間です。」

「僕は西洋に行きました。何処でも哀れな人間がいっぱいです。一人の、哲人が居るか、居ないかでしょう。」


121 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:37:04 ID:C+Affspm



  ___
  {l:.:.... : ̄:l}^^'ヽ、   ,ィ= 、_
.   {l:.:    :.:l}:.:、:.:.:.:.ヽ_〃 /.:`^冖=.、、
  〃   ..:〃-:-`‐:.:.:{|:.Y__:_:_:_:_:_:.:.:.:〃
,.ィl     :.l} , ィア´丁フヽしヽ丁ス:.:.:.:.l}
 ア  ̄``┴/          ヽヽj}
:,:フ:.:‐.、 :.〃/       /       ヽ>
    .:/ヽ'' /:      / /       ヽ
  ..:.:.l:l.:.: l:.:   :  / /:       i   ',
、:.:.:.:.:.:|:l:.:.:..!l.:  :.: !l l.|.:  :     l    | 
:.:\:.:.:l:l:.:.:.:l !.:__:._:_l_l_l_レ .:|   / :/.:.!|
:.:.:.:.:Y_ヽヽ、ヽヽト、N l:l l:.:.:/:/、〃:.:/:.:/リ
ニ._-}二二ア c==ュ` ∨_/∠7/イ、
‐-:.:.:_Y二ア、  " " "  '////ヽーァ:.:.\
三-_  て\_丶、   ‐-_ヽ!」」ノ_ l、 ̄:.>′
'       ヽヽ/T二´:..`Y|ヽュ lヾく
:.:... :. l.;.:.. ./ /Llノフ´ヽ,く |ヽ ヾュ!. ヾュ
へ/:.:`   </_/|ノュ   } ,l :.:ヽ、:ヾュl}
、/:.    .: /`ヽヽヽノ l l :.:.:.:.:.:ヽ/
,:ヽ、:.:.......;.-/    .ヽヽト:.:.l   .:.:.:/
:.:.:.:.:ヽ:.://   ..:.:.:.:.:.|::|:l}、:.:.:.:.:.:.:/
  :.:.:.〈:.:     ..:.:.:.:.:|::|:|}、`` ー′

「しかし人間は自分の憐れさを知らない。私も知らなかった。わたしは喜びによって、日本に近づくのを
待ちかねていた。それでいいのです。」



122 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:37:30 ID:C+Affspm


         , .:.´:.:.:..:.::::::::::::::::``ヽ、
          ,r'´.: .:.:.::::::::::::::::ー -、r」⌒Y⌒Y^ヽ
          / .:.: .:.:.:::::::::::::::::::.:.:.,r'´  ソ^ヽこ イ ヽ
       / .:. /ミヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.>  >  ,ィ二ヽ ¨ヽ
       ,'.:.:::/.:::`ヾ、::::::::::::::::::::.:.:`フ  } ,イイ薔薇カ  )
        i:.::/:::/``ヽ、`.:、::::::::`:.:、.:フ  L入ハ三 ソ < 
       |/.::,イ}    ``丶、.:.:.:.:.:ヽゝ `ゝl;;|二ノヽノ
        .レイ/リ         `ヽ 、.:.:>  Y!;;| ヽソ        
        i彡  ``ー'     '' ー-‐`ヾ ノ|;;;| _ソー─ -、
      <ミフh   ‐- 、    、 __   ミミYスメ/ 」,イ,ィ  \
    , イ三ミゝ、弋弍。テ    ヾ圭。テナ V ソ彡厂 ̄ ̄``ヽノュ、
  , イ,ィ´ ̄ ̄`ヽ ////  ,    //// / - ─-、 ̄`ヽ - 、   \ _
,rソ^Y^Y  ヽ ヽ\つ   ,,_ _     / ,     ト、          \
 Y^X^X(_ ノ ノ _ ノ`ゝ、 _ ___ , イ !_/_ノ! ! ノ メこスーュ、_ _ _
_ノ__人_ノヽ _/  ヽ二二フ不< _ _ __          `^ー‐'^ー
          / /´ ̄          ̄ ̄`7 7

「我等は自分が死に近付きつつあることを忘れている。それが健全な証拠です。」


123 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:40:36 ID:C+Affspm





「しかし憐れでないとはいえません。私は西洋に行って色々なものを見ましたが
別に何も得なかった。何処にも人間が居る、日本人じゃない人間が居ることを見てきたくらいのものです。」







124 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:41:09 ID:C+Affspm




         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l 私がかわりにやるから
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l その辺で許してあげるですう!
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l


「しかし、香港に着く前、1つの電報は私に宙返りを打たしました。」



125 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:41:42 ID:C+Affspm


                    ____
               , ィ ´ __,.、__ `>、
             / __.r‐┘   \ └‐t _ \
             // /  //   l ', 、  \ハ\
         / /イ   //  /  l  |  \  ヽ!  \
          /  /   / /.: :  :/  / l |:.:.  ',   V   \
        /     j/ / /.:. : : / / / l |\:.:  ',   ',  ,.: 〉 なんでそんな驚いた顔をしてるですか?
      /    /   l:.--―/ // イナ ― --l    !イ::/ 私じゃいけません?
       ̄ヾー-|l _ 斗匕三x' ´ / / x三:心j:.:  j l/
         \|:!:. :.:.liヽ ハノ:!    /  ハノ:i ノイ.:. /! l
          l|小、:.:.:.ヽ. ゞ='    /    ゞ=' /.:.: イ } l
           l| { ヽ、:.:.:.\     '       /ィ´_ {!_ l: l
            l|  } _{!_ 下T、    cっ   /i:.ハ. {! }:. ',
            ∥  { {!  }:::i::::>:..、    , ィ:::::::.:l:::.:}   {:.:.  ,
         /'   }   {::l.:.::::::l::::|   : :|::::l::::::::.:i:::.{'_{!_/:.:.:  ',
         / /  ト、 }!,jV.:.__/ ̄¨ Y ¨ ̄\_:r、} }!/ .:.:.:..  ',
        ,' /  {こ入 { イ ,.‐',二¨T¨二.'‐、  { j/¨ヽ:.:.:.:.. ヽ
       ,' .:'  / _r'_{! ノ { // / ,小.ヽ \ヽ r' |!」 i  l :.:.:.:..  ヽ
        /.:.: r ‥'.ノ ノi { ヽ.二 ィ | {|ト 二.ノ { 〈| ! ヽ V :.:.:..  ヽ
        /.:,:-' /ヽ _/, = , ‐ 、二二二二二 _-- 、{. \ ! ヽ :.:.:.:..  \
     / ̄、 〃  / / r=/¨\「 ̄}‐、:::)_r=i!  ', └t._ ヽ :.:.:..   \
    「´  〃丶 / l: ヽ._、_:':、::::::/j⌒i_ ノイこノー'' ., イ∟, 、ハ_l \:.:.:..    \
   /´     _,「  }  ヽ二>-,_´_ _,r_― '´ノ}:.:  L ハ   \ ヽ :.:..     ヽ
 / 、 /  / \/  /ーt. ̄´ー┘'ーヽニゝ‐' ̄ :.|:.:   {  、  '┴、:.:.:...


「そうです、宙返りです。」



127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:42:24 ID:mocWWcfX



夏子おぉ・・・・・





126 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:42:24 ID:C+Affspm



    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|  よすぎるならいいでしょ。
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',


「私は生まれ変わった。桜がいっぱい咲いている春の世界から、一変して厳寒の世界になった。」





128 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:43:28 ID:C+Affspm



           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|(う…)
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::u:::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十 /ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
         / .:.:.:f\_〉.: : : :/  ヽ/ ̄Zソ |人| ( >_「´ヽノ  } : :〈,.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
       / .:.:.:.:.:} |>二ニ/    ゝー厶 |∨| 〉 \一'   Y二、 ̄〉.:.:.:.:.:.: |
     / .:.:.:.:.:.ヾ/: : : イ      ノ_ノ |ハ| (__,、_}      |ヽ:ト\.:.:.:.:.:.:.:.:|
     ヽ, .:.:.:./: :/ |    /`ゝ-勹 /ヽ------\    |:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

「…それ以上の変化を受けました。これこそわたしを生死の境まで追いやったものです。」

129 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:44:04 ID:C+Affspm


         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l 
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l いきますう!
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l

「私は其処から何か生まれるということを期待しない。」

「私はまだその事に、実に対して消すことの出来ない怒りをもっています。」

「野々村さんも、最愛の妹を失われて実に参っていられる。」



130 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:44:50 ID:C+Affspm


             、__ー────t-_- 、__
           , ':.:.:.:.:.:\    ´ li ヽ  f 「`ー、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ヾヽ  \
      , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       l }   \
      ./.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ _ヽl!/_  l }     \
      /:.,ィ :..|:.:.|:.|:.://ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\. l!ヽ  l }   ゝ  \ さあ。いつだか知らないです。
    '::// :.:.|::.:|:.レ:/__  ヽl:.:.:.:.: .:.:.::.: l     l }    __    \
     l:.| {:.:.:.:|、:.l/ィ´ ̄ ´  lト,:.:./ :.:.:.:..:.!,    l }    _     \
    丶! ヽ :.|乂./ __    ヽV:.:.:.:.:.:.::/i    l }   √ .:.: ̄ ̄ ` ヽヽ
       へ!i.ソ ,,== ゝ   /:.:.:.:.:.::./ f! /   l }__ノ : .:.:.:.:|  ___\!
         r           /イ:.:.:.:.:./ = .=  l }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.|!/
        丶  _      '/:.:.:. _イ / i! ヽ /ノ:.::.:.:.:.::.:.:.:|
          \``   _,ノ-‐ ' ノ /      / ).: .l:.:.:.:.:.:.:.:|
           ヽ.       /       / ):.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: |
           / ` ー─┐  '!l!/_   / フ:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:|
            /i!ヽ ノ  rー イ/ ヾ  / 7:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
         /    ___,イr==、/   /フ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
         '   /r‐ノヽ  ,/    7、_rーz_、__:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.::ヽ
         / -   l::レ,ノ|::l .ノl/_  /ア  ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ
         f! ヽ  r 7/{ /|::|//l丶 /_)    l  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\
         |!   r//}{/ | |/    /j      |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:\

「僕は自分のことは言わない。ただ私はこの残酷極まる運命にどう復讐してやろうかと考えている。」


131 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:45:35 ID:C+Affspm

                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l  …まさか。
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l 
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy

「殺されたものが神になる。このくらい立派な復讐はない。私はそんな立派な復讐は出来ませんが
参って、参って、参ってもはいずり上がり、夏子さんの愛と霊に報いたい。」

132 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:46:50 ID:C+Affspm


―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ ||  |
_______,,| | l_________,| | l_________,| ||  |
_________|___________|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                                  \
         /                                \
           /                                    \
          l二二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二l
            | |l                              l | |
            |_,,ソ                               !,|_,ン


133 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:47:24 ID:C+Affspm

三三|三三「〉¬┘XXXXXXXXXX\
三三|三三|XXXXXXXXXXXXXXXX\
三三|三三lX>冖―冖<XXXXXXXXXヽ
三三|三三|'´:.::-:‐:=ニ二_::.:`YXXXXXXXハ
三三|三三|-;==::_:::-―:: ̄└ヘXXXXXXXト、 「…しかし」
三三|三三レ仁\::=ニ二:: ̄::_:_}XXXXXX||
三三|三三l欠メミ__>:‐―:::‐=::.::.::\XXXXXV 
三三|三三|(^rJ》ミー=:ニ:二:_:_彡:/:Y XXX,′ 「しかし、それでも夏子さんをなぐさめることが出来ないと思うと」
三三|三三ドー' ″` ー=ヱ二ィ:/:::/::|XXXイ
三三|三三|   ー― '′ ∨/:/ /:,::」 XX/|
三三|三三|      ァうx ハ::/::/://XX丿 |
三三|三三lっ   _ 〈::.::r、》Yl::/:/ Xxイ\/
三三|三三|     ‐ `゙^, ィ:l:l:|:/xX//:!
三三|三三l>-. . .‐<:://:: :l:l:|XX/:;':::|
三三|三三|^Yヽ : : : |://::/::川X7::/::! |
三三|三三レ' ∧ : : :l:/::/:::くXX|:::l::.:|::|
三三|三ニ(_/ / : : : !::/::.:::/XX|:::|::.:|::|
三三|三└r―勹: : : :|;':::/:{XXX!:::|::.:|::|
三三|三三l>7´: : ; : :|::/::/XXXl ::|::.:l::|
三三|三三ト': : : :/: :/:,'::(XXXxl ::l:: :l::|
三三|三三| : : : /: :/:/::/XXX/::.:!::.:|::|

134 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:48:26 ID:C+Affspm


                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、  
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ  
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \ 
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/ 
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、

「そのときも喜んでもらう事が出来ないと思うと、僕は残念です。」


136 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:50:41 ID:ibKLK/6S

演出に泣く




135 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:49:09 ID:C+Affspm




「僕はそう言うと同時にぶつっと話を切ってお辞儀をして坐った。」


「皆手を叩いてくれた。僕は不意に立ち上がって席をはずした。」





137 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:50:49 ID:C+Affspm




○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{___.________,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、


「そして、夏子の部屋に飛び込んで、夏子のテーブルで泣けるだけ泣いた。」


138 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:51:27 ID:C+Affspm


/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

「それから何分たったか知らない。僕はやっと冷静を保つ事が出来て座に坐った。」


139 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:52:24 ID:C+Affspm



                     r冖'::.::.::.: し1
                     r┘::.::.::.::.::.::.::.:しヘ
                   _)::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:}ヽ           _, -‐…=‐ 、
                    {::.::.::.::.::.::.:_,.:-―-、::.〕`ヽ冖、___   _ /.: {.:' .:_r¬-、.: .:V冖ーi      
                  コ::.::.::;: '´/  、ヽ`しヘヽ  )ニヱ、〈f ̄7.:_、:. :.-〈  r-、`´_, ┐ フ
                   └i::.:/ /  /  ヽ ヽ } l | { |ハ_/ ヘ l.: /.:ト、:. :. { {r‐{ヒラリ_‐チ }
           _   ,ィ≠ー-く::/  l  l   l l l ( | | 〕|:|   \.:' /  ` ┤ lフ7ーイV´ r┘
       _, -‐'´: : `V^7: : : : : l|   l l l| |   l| | l | ト、|_| { l:|    Y≠'´   └{/ー'.|_|_j┘
      {「: :`ヽ: : : ;r-トヘrィZ_: :八| Lj」⊥ト、ノT云Kノl}必}| |:|     ス. r=_、   ィ=_r犬:ム    
         〉: : :{レィ^ー'′ ヽ  \ 个tヘ〈仰! `  ヾンリl|ヒオ:| |」    /´メ', ゞ '  .  ゞ ' {_:),:〉             
     ∠,ニ_/ / l| l   lト、  V l |∧`′'__   / l|  |_| l||   「.:_.:f¨ト 、 冖 _ イ{.:_.: ス
     /  |  l ,」-ト   H|、!  l|/ノ _L>‐、_,ィ^7 /l|   | l||   {.:_.:〕 {〈二介二〉〈'.: .:」 ヽ
    / ー- 、」l 乂托ミヽノ抃!レヘ./ |ヽ:.:.:.:.:.:{爻}/ /:.|ト、   ! ||  〈ゝ=' 、ヽ _:l。|_:/ 了 , /
     了二___}仝八_ソ   ,ヾ' にコ_〉」_∧:.:.:.:.:./|/ /:.:.|j:: \ | l `、 〈こ水フ{  l。|  ハこ小フ
       ̄{二ニZにZ_  ー ' 乂斗‐- 、\〕ー7|::ヒニ二ニフ::. ヾーi ヽ / l |  l  j 。! l  //| l 
        /: :`ヽフ ーュ-イ-、 「::.:r‐┴/:.:.:/:.|::| _/,イヽ、::.: `┴‐ヘ.!_jL! l| /´ヽ/! 〈/ Ljヽ
        {::..::.:. : _:_:ヽ、_/_:_:_.:ヽ〉:;`ヽY¬z__」:ん勹 ノ::.::.:`ー-、::.::∧ |    l !: : : : :|     /,
        _,ゝ::.:_:〈/ ̄〉|{ ̄)Y´ `7〈〈:{_::.::.<::.::.::.く <r冖、_,ィ⌒Zノ| /!l   l ヘ: : : /  / ,.
      〈::.:://: :ヾ:=:シ小ー彳:〉 / /:|l:/: ̄::`:ーr=彳::.::.::.::.|::.::.::./ヘ| l  l  |: :./ l  , l |!
.       \/: : : : : :l::|l|l:| : レ' / / :ハ_::.::.::.::.:ー-'::;:|::.::.::.::.::.ヽ::. 刀ノ--―…'Yー- 、!__i


   / ̄ ̄\                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 / ノ  \ \            / /" `ヽ ヽ  \
 |  (●)(●) |            //, '/     ヽハ  、 ヽ
. |  (__人__)  |           〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
  |   ` ⌒´  ノ           レ!小l●    ● 从 |、i| 
.  |         }           ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
.  ヽ        }        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    
   ヽ     ノ         \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   /    く  \ .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
   |     \   \        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
    |    |ヽ、二⌒)、          \

「皆は黙って僕を迎えてくれた。

「僕は友人たちの厚意に感謝して、自分の座に着いた。」



140 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:53:48 ID:C+Affspm



「…」


「……」


「………」




141 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:54:28 ID:C+Affspm



         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \  …これは21年前の話なんだお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /   今でも自分は忘れることの出来ない話なんだお。
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



142 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:55:13 ID:C+Affspm




   r`"⌒`ー=v ‐-、
    1:::::.....................  }
   |:::::::::::::::::::::::___::リ,  人間とは、なんと無常で、憐れなものなのかと思うんだお。
   r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ
./``======_‐ラ(6フ
ヽ、_ __... == (●) \   
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´    /



143 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:55:47 ID:C+Affspm


     ____  
   /      \
  /  ─    ─\    
/    (●)  (●) \  今でも夏子の死が気の毒でしかたないお。
|       (__人__)    | 
\    っ【ェェェェェ】ヽ/   そして、生きている者は死んだ者に対し、あまりに無力なのを
 | / _ヨ ̄ ̄|E )    残念に思うんだお・・・
. |   /     |/ |      
 ヽ ノ      | 

144 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:58:27 ID:C+Affspm


       / ̄ ̄ ̄ \  
     /         \    ……
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



       / ̄ ̄ ̄ \    そう考えるしか、
     /         \   それより他、仕方ないのではないかお?
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (●)  (●) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


146 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:00:51 ID:C+Affspm


                                        
                                       ゝ:::::::::::::L__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー- 、,r  ':::::::::::::::::::::: |_/rヽ
                                      (::::::::::::::::::f:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ::::::::::::::::/_ イ二二 ヌ
                                       \:::::::::::::つ:::::::. \::::::::::::::::::::::::::::.|   |:::::::::::::::::::::::::::!ニニ´ ' /!
                                        (::::::::::::::::ゝl::_ _:::::::::::::::::::::::::::ー┤   |::::::::::::::::::::::::::ノ\_//
                                        jゝ:::::::::::/`ーj:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|   |ッ:::::::::::::::::rイヾ ー'\
ここで原作は終わりなの。このあと、主人公(やる夫)は       ゞ:::::: /   ゝr! :::::::::::::::::::::::::::.|   | ::::::::::::::::::._) | |   |
新しい人を見つけたのか、                          \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |
                                       .       Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |
それとも独身のままで過ごしたのか                       | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |
それは分からないわ。                               ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |
                                                >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |
                                                / ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
                                             r‐-―- ‐、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
                                             /!     />/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
                                             ! ゝ    / r,<ヽ |./│/ ノ`ー<__,j  |   | |   |
                                           r.. t `ニニ'く ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ヽヽ. |   | |   |
                                           ヾ::::Li´::`/::/  _j/ __,∠ノ:::::::\::::::: ヽ|   | |   |
                                           √\:::::::::::::イ_ 〆/ _,, -―r゙ :::::::::: \:::::.ヽ.  | |   |
                                          /:::::ゞ:::::::::::::< / ´!   ∠_::::/ l:::::::::::::ゞ :::. 、 | |   |
                                         /:::::::::::::::::::::::::: 7`ー ̄ 二ノ/:::/  .:::::::::::::::::::::: ヽ│ !|
                                         / ::::::::::/:::::::::::::/     j/ヽ ::::   :::::::::::::::::::::::::::: \ l  


147 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:02:41 ID:C+Affspm





        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、   
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ  …悔しいわよね。
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l    ああだこうだ理屈をこねても
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,    純粋な気持ちには敵わないわ。
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/   
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ    
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |  
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|   
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|  
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<


148 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:04:11 ID:C+Affspm



            l. l  l   ,.!       }   !  !   l   l.l:.lj::lj::::} ヽ
             | /l. i |   l|     ,'  ,! ,'}   ! l | 7trイ_i. !
              l/::,! | |   |! l   /  ,' / ! , / .| !´ ,|:l ,! ! !  ジョジョに例えるのはよくないと思うけど
              /:::;ハl、', ⊥ L l_ i /  /l_/ ⊥//! / ,/,ノ i::ヽ ! l
           /.:::/ l ゝ i、lヽ! ‐`/ li /´/-l/ ' ,l/`イ-、 ,!::..l ! .!  この話は、プッチ神父の妹の話を思い出すわね…
            ''T"  l l X `弋,刃``ヾl/ /'弋_刃ヽ l/ l'ノ,!/└ ' !  l
           l   l l l l ハ     ,       /,イ l_ノ      !   巴里に行かなければよかった?
            l   l / / l /`'ゝ、   _ _     //1 l ri.      |  i 宴会で夏子に助けてもらわなければよかった?
              l  ,/ /,' ,'/ <ヽ r` 、 ‐    ,. //' ! ト リ />   |  l 野々村と知り合いじゃなければよかった?
           l.  /,イ ,' ,'ム '´ ! |   ` t ´ /./  ! |'/ `ヽr 、|  小説家にならなければよかった?
           ,' , '/ ! ! !' (、 | |   ヽ   , l. l.- ‐ l. l'  ,.  ' ヽ!
          ,'〈〈 l l l l   ` '‐'、       l. |  _,,.l. l ''"   , -〉  …気持ちを伝えなければ
          / ヾ ,| ,/| | `ヽ、   `' 、_,. -l. |´  ノノ_,. - '" /  こんな悲しい思いをしなくてすんだのかしら。


149 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:04:58 ID:C+Affspm


            、 _rへ、几_r┐
         rヘ)      '^勹┐
          r┘           之
      くY′  _             L.,
     ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_
    lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿   …もうこんな時間ね。
   _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ
 / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、
/{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、、
ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》
  ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′
ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-
  〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ
. /__,.' ‐'´ /`ヽ  、_    '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \
/.{ `` <二 ー-ヽ、    _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \
  `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ
 ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉
ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/
} \ `丶、.「/,  | r'ニ二 ̄ ‐-.}  \    V^ヽ
`ヽ、 \  /{.@ | L_ ̄ 弋‐=ニ{    ⌒ヽ     〉
   \ \{ ヽ  !   `>、 `ヽ、           └勹
 r─ァゝ、 ヽ @ | r<___\  〉   \  \ r┘



150 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:10:21 ID:C+Affspm



   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|  1月の終わりからはじめて、ついに終わったわ。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|  お付き合いいただいた方ありがとう。
:/ .| いいハ ィrテぇミい/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i i いィ}     イテフハVイ/ レrヲL.|.  レ'  ブログでまとめてくださった管理人さんにも感謝なのだわ。
.  |  .| i | i ゙ ゙̄  ,    にクソ "|. i レイ / |.  | 
  |  レ i |. ヽ.    .;._      /| i |  | .|   | 
  | //.| |_ /` 、     _ rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   | 
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   | 
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒~;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |
,__ 〉´ー-ぃ} ./⌒:/⌒/^ }" ∠===⇒'´_. --_}. |
┬' :|  ̄ヽ ト::V  ノ .ノ 人 :::::r '´-  .,, -- へ  |
イ-;:.} 个ぐ :/ `'r-―r'::i  v' }rー '゙ フ ,.イ゙:: ヽ`ー' 、



152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:12:49 ID:mocWWcfX

お疲れ様でした。
>>1氏の作品見なければこの小説にも出会えてなかったからなぁ


やるせない気持ちにはなったけど、本当にいい小説だと思います。
ありがとうございました。



155 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:14:14 ID:M8JwYIf9

良かったです。

有難う!



158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:15:20 ID:8yEwZr0Q

乙乙
昭和初期が好きになるお話だった
やはり話は筋じゃなくて魅せ方だなー



160 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:16:00 ID:r8u2tzGN

最高だったわ

他にも何か書く予定あるの?

ニュートンの林檎とか書いてほしいかな



161 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:16:21 ID:yRzK0LMP

乙乙
好きな小説が、原作の空気を大事にした感じでやる夫化されて嬉しかったし、
とても楽しめた
また時間合ったら何か(「お目出たき人」とか)やってくれることを期待している



163 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:17:09 ID:4pSz/4/k


出だしのウェディングドレスで既に半なきだったぜ
本かって読んでみるよ。有難う



165 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:17:36 ID:oqWGgbc7

>>1 
ありがとう



151 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:12:24 ID:C+Affspm


                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ) それほど有名ではない小説が題材だし、
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_  >>1も手探り状態でのスタートだったし
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ  読んでくださる方がいるのか、本当に不安だったけど
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉  最初にレスがついたときは嬉しかったわ。
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\  >>1のどうでもいい話はさておき。
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′この作品が発表された昭和14年、ある歌が作られたの。
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ     今では誰もが聴いた事がある歌なんだけれど…。
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く

153 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:13:15 ID:C+Affspm


                        __
                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′ それは 映画「オズの魔法使い」のテーマ曲!
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|   
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|        Somewhere over the rainbow
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ      
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ
               / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′  
           / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
             / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ
         /'´ l  / ┴-'、_j/ヽ.ノ_r.」ヽノ`ヽ\
        /  ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\
      //    l    l\_.厶フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \
    ./'/    / , -'´/´-'´ /    ヽ  / ヽ \、」┘ヽ \
  _/_/_ __/ ヽ./'´ . : :/  l       ` 、\ __ ゝ


154 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:14:02 ID:C+Affspm


                        __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{   
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ というわけで、この曲を引用して 終わりたいと思います。
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′ 対訳は、エリック・クラプトンのCDを参考にしました。
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈  http://www.youtube.com/watch?v=-V2yTD1FV4Y
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l 
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |   またどこかで逢いましょう。 メルシー!ジュテーム!
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |
_,二{/: : : : : : : : /: : :l : : : : : : : : : : : : >ヘ:_:ノ: : :.ハ      \ ヽ \ } }


156 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:14:17 ID:ibKLK/6S

いつかスタンドになりそうな名前だな



157 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:15:17 ID:C+Affspm






♪Somewhere over the rainbow Way up high 

♪There's a land that I heard of Once in a lullaby

(虹の彼方で 空高く 私が子守歌で聴いた処がある)








159 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:15:58 ID:C+Affspm

                          
                                      ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、
                                    , ィ,.'´   ̄ ̄``ヽ、 \
                                   / /. : : : : :,.イ: :ハ、: : : :`ヽ \
                                  / /: : /: :/ /::/リ`ヽ:.:l: : : :V ヽ
                                  ``|: |: l∠__,// ー‐Ⅵ: : : :l  |
         ___                      ||::Ⅳ -==     =-}:/. /L_|
        /_ノ ' ヽ_\                     \{ ///    ////l/.:./: : i
      /(≡)   (≡)\                    ,八     △   ∠:ノ: : : ll
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \                  /: } ゝ      ,. イ 7 }: : :l
     |     |r┬-|     |                 //. : } j: :`エニエ´.:.:.l/ }: : :.i
     \      `ー'´     /                //´`}  「¨`介「``7/ /L: : : l l
     /          \                //  }  レイ ハト、 / / `ヽ: :.l.l
     (  |          |  )               ///   }  1 l:l f。j!}.V /    l: :.l
                                 /.:l   1  1 l:! f。j!}'  ′    l: : l「


♪Somewhere over the rainbow Skies are blue 
♪And the dreams that you dare to dream Really do come true


(虹の彼方では 空は青い 夢でしか見る事が出来なかったことも 本当に実現する)


162 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:16:47 ID:C+Affspm


                                                 
        _,. -ァ――‐-- 、_                                 / ̄ ̄ ̄\  
       / ノ* , - '^⌒"´`丶、    __       __   _____    /\    / \    
     / ノ  r'´         ヽ    \  \   /  / (   \ ̄ ̄   /  <●>  <●>  \  
    /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ    \  \/  /     \   \   |    (__人__)    | 
    /   l  l  '"_ノ /"'-i ! λ ヽヽ',     \__/    __\   )   \    `ー'´    / ゙  
   /  、_ l   l l 、 ノ    | | /| iノ l              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      >      ;,.;-\   
    ̄|`lヽj * 〈 l ,lラ |/、-::.. // ノ|レ | l                    =ニ一- L| |;;;`'  /  r' ,.'´    
    ,l l l  { 'l下v ' "'-.、"、 ",,..;;iノレ l                 ニと(ニニ... 、   ̄  ̄ヽー一 ''¨    
    l l  '、  }、' ト,   "-'" .ィェ/| /リリ                   / `i、一' ノ`i、    `、 `''ー- 
    l l  ヽ* '、ヽい     ! i. l                        ノ  ,,,,,.....--‐'´    ,' __   
   l l l  {  ヾ〉〉、  、_,_'-_∠ l                      r'¨`i, -''"`''‐---'......___ ノ      
    l l l  入  l〈 〉、 ''/  \i                       ̄¨く   `、 /  / λ`''ー-、
   ,' ,' / ,イ rt, *'")(/>i._//   \                    `i、 ` i   〉  /  ハ    `''ー--- -''"
  ,' ,' l イ    (l  vLん - !、ヽ n   ヽ                   `'ー-、, }   / /  / `、\    } }
  ,' ,' K     l "!-、"''-、l"-">,::  |                       У、 / / /   `i、 \  〈〈 ,.'´
 / / ,ハ、、   l * l, |"''ヽヽ  ノ  iゅ                       \/ / 〈     \      , -''

♪Some day I'll wish upon a star

♪And wake up where the clouds are far behind me


(いつか私は星に願いをこめて 雲の遙か上で目覚めるよ)



164 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:17:32 ID:C+Affspm


      ,..-''" ̄ ̄ `'" ̄ ̄`ヽ、         __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ  
      /             ヽ      / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィ
   ./     ,,,... -――- ...._    ',      i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉
   |    /'´         `!  |      ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レ
   |  ,ノ           |  :!        V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.    
    |   |   ,. -==、 ,.==-、 |.  |         V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i          _______              
   l:  l  ィてフ_> :i i ィてフ_> | ;'           V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、       ./ /  #  ;,; ヽ  
    iヘ:|         | |       |''|        {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ:::,.ィV lヽ     : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :  
    |,ハ|       r_!__ト,     /ノ        /`¨:::::¨´:::::::::::::>::/:/:_j⊥l::ヽ:!} \    /  -==、   '==-  ..:::::|  
    ヽ'_l、    ,___,   /'′      /::::::::::::::::::::::>::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |   /    | ::::::  (__人__)   :::::.: :::| :
     `l \     ―‐  ,/        {-‐ ニ¨-‐i ∠、ノ   , =≡V::.::/|/    : ! #;;:..  l  |    .::::::/  
   _,. -l    丶、___.. 1"i''''''―-       ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔       ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/   
‐''"´ |\        /  |           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::        >;;;;::..    ..;,.;-\
    |:  \      /   |           l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l
     |     \    / _   |          // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}


        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|κl| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|ξl|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|πl|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヾl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿  


♪Where troubles melt like lemondrops 

♪Away above the chimney tops That's were you'll find me


(レモンドロップのように悩みが溶ける処 煙突の上のほうに 私は居るから)


166 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:17:51 ID:ibKLK/6S

荒木wwwwwwww

ここで出てくるかよwwwwwwwwww




167 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:18:39 ID:C+Affspm




                               ,..: '´::.::.::.:ヽ 、|バヽ
                             , //:::/:::;::: { ‐┼‐! `ヽ.
           ______         ///::〃/::/l::.::l:∨lヽ !     \
          /        \      //:::/::;<:/!:|::l:|::.|    |       ヽ
        /         ;;# ,;.;:\    //l::/l:/::/下|:l::|:l::.{丶|/|      `、
       /             ̄ \  ! |:レ' 之_ |::リ!/;'::.:| /j丶|       `、
     /         ;;#  ,;.;:: (ー) #\ 「   ` ̄/ハ/〃:/:ノ   / /___   }
     |              ////(__人_){,  //////::.://、|/  レ'´::.::.::.::|  ̄ ̄´
      |              ォ  ..;;#⌒/ !      /::// 7lヽ r':l::.::l::.';::.::|
     \                  /  ヽ、 _ ≦彡'/,   ノ:|:|::.::|::.:';::.l|
      /                 \      ヽ  /冫く ,イ::.:::|:|::.::|::.::ヽl|
                               r勹  ∠竺三ミx_::.ヽ::.::.:lト、
                             fハ/  /ム: : : : : `ヾ}::.::\:|:::`、


♪Somewhere over the rainbow Bluebirds fly Birds fly over the rainbow Why then, oh why can't I?

(虹の彼方で 青い鳥は飛んでる 虹の上を飛ぶ鳥達 なぜ私も飛べないの?)



170 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 23:19:08 ID:C+Affspm



┌───────────────────────────────────┐
│             ____               ,  --=ニニ、ヽ、          │
│            /_ノ ' ヽ_\            ∠ -―‐--- 、 \\       .....│
│          /(≡)   (≡)\         / / /  ,   `ヽ ヽ\     ......│
│         / /// (__人__) /  r-y'⌒ヽ、   // , / /  // /,イ   Vハ ヽ      │
│          |     |r┬-|   r=┴'=―<ト、 // // / // / //||l l!  \    │
│           \     ` ー'´   jl    `丶、∨ハ{ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /   .│
│        ,...::'::´::.::.:l::.:レー¬彳 /lト、丶、  `ヽ`Yl l l |l +‐-/,ィ/‐リ-、く l| j ,リ } rく    ..│
│     /:::丶::.::.::.:::|::.:V 人{  l|」」_ヽ、`_ー-ッ l| N八〉ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ//〃/イ       .│
│      |::.::.::.::.:`、::.:: |::.:::∨ | ト、lリr去ミ 7芯XTル'::|  jヘi、::::  ,  :::: メ彡'//       ..│
│      |::.::.::.::.::.::l::.:: |::.::.::∨ l|}ハ`ゞ' , ヾ= イ l::.::.::!  / ゝ、 ー一  彳ィ7´ rク       .│
│     |::.::.::.::.::.::|::.:::|::.::.::.:∨! ! | ヽ、 - ,.イ! レヘ:::|厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、     .....│
│    〈::.::.::.::.::.: |::.::ヽ、::.:::>ーへ、:::〕 ー 〔_:八 / 〉/ / l { ´´rク〈 | /´   〉      .│
│      !::.::.::.::.::.:|::.::.::.::`::/ ,二ヽ、_)'´\/: K^ヽノ/ / /八  }| ∨ ノ!     /!     ....│
│      |::.:;'⌒:;斗-‐ァ-y' _ 二)‐┘|: : /: : : L_: :|/ /イ {几こフl」__j   )}   ハ      .│
│     |:/::;::.::.::.::.:::/ /  /^l | (fう}左ニニ{fう):レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ      .│
│     |:::/::.::.::.::.:::l ├ァ7 : ヽ〉r勿: : : : : :`爪 「 } /     / |「 /   |_}      〉     │
│     ∨::.::.:.:_:_:_:ヒレ'::/: |: l : :.乢}: : : : : : :{」」〉 | ,′   ,イ}{ ||/   |_}      \     .│
└───────────────────────────────────┘

                                                (おわり)


168 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:18:39 ID:pNFUb+Hz





169 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:19:02 ID:yR9UpgkI

1乙
最高に可愛いヒロインをありがとう

明日は原作を借りに図書館行くか…
近くのBook●ffに今日行ったら先週の土曜にあった「愛と死」が消えていたからな!!



171 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:19:35 ID:819toQ8k

お疲れ様です
原作を読んでない者ですが泣きまくりでした



172 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:20:00 ID:KxiMIOXm

・・・・・・・・・・乙・・・・・・・・・・・っ!!!!!



173 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:21:17 ID:ibKLK/6S

乙ー


最初のスレタイで目を引いてそのまま居付いちまったぜ
最高に有難う



174 名前:1 ◆RWwEbHEhig [sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:25:13 ID:C+Affspm

以上で投下終了です。お付き合いいただいた方ありがとうございました!

次は…構想中です。またその時はよかったらみてくださいね。



175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:27:42 ID:p7ltcQ+L

酒飲みながら>>154聴いてひたりつつ、乙。次回作待ってるぜ



176 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:27:55 ID:T9yq/V/a

お疲れ様でしたー
まとめサイトに乗るのが待ちきれなくてこっちまで来てしまいました



177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:28:54 ID:mocWWcfX

次もまた武者小路氏のを予定?



178 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:09/03/27(金) 23:32:20 ID:bT7Ouc5u

一乙です。涙が止まらない・・・。
原作買ってきまふ!



179 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:34:52 ID:VWqi2OdQ

乙!



180 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:38:43 ID:0iD+WxXp

乙ですた。



181 名前:1 ◆RWwEbHEhig [sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:43:33 ID:C+Affspm

どうも、感想ありがとうございます!原作に興味を持っていただいた方が少しでも
増えてくれたら、もう嬉しくてたまりません!

最初は武者小路実篤「友情」を作っていたんですが
話が重くて、気が滅入ってしまって、「愛と死」に変更しました。

「愛と死」も重い話でしたが、キャラクターのよさに助けられてここまで来たっていう感じです。


門の荒木先生ネタはフィクションです。原作には登場しませんので、お気をつけ下さい



182 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:47:18 ID:ibKLK/6S

ええええ、この話より更に気が滅入る話があるのかよ



183 名前:1 ◆RWwEbHEhig [sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:52:05 ID:C+Affspm

>>182
この「愛と死」は
武者小路氏の代表作「友情」が当時ベストセラーになり
編集者に「恋愛作品をもうひとつ」と依頼されて
執筆したものなんだそうです。

重いですが
「友情」は青春文学の金字塔とも言えるような傑作です。
こちらもよかったら読んでみてください!



184 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:54:55 ID:ibKLK/6S

おk、愛と死含めて探してみるわ



185 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 23:56:35 ID:4pSz/4/k

武者小路実篤は全く読んだことないんだが
重い話がおおいのかい?

終わった後まとめですこし読み直してたんだけど
中盤が夏子かわいすぎだしカオス入ってたのが
ラスト知った後だとなんだかさらに切なくなってしまった
ボクシングのところとか幸せすぎて辛い



186 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:00:41 ID:q10swF+0

荒木w出てたまるかw

次回作の予定が気になります。個人的には井上靖の「あすなろ物語」の
学生編以降のどれかひとつあたりを希望します。
「愛と死」ほど心が揺さぶられることはないのに読後たしかに感情をわずかにでも
動かされたような、しっかり記憶に残るようなところがあるので気に入ってるのです・・・

ともかく、ながいことお疲れ様でした


187 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:01:16 ID:+oZOTtSl

>>185
重くない話もあるけど、実篤の傑作とか言われるのの中では重いのが多いかな
おめでたき人、友情、愛と死、の三部作とか
真理先生なんかはそこまで重くもないから気が向いたらどうぞ



188 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:07:49 ID:x+QZTLre

>>187
そうなんだ。こちら読んで興味わいたのけど
重い話ばかり連続して読むと精神的にあれなので
軽い作家のを挟みながら色々読んでみようと思う

次回も期待してます!
荒木またでてくるかなw



189 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:10:38 ID:+ymga6ii

今までありがとう!>1さん!
図書館の分厚い文学全集の棚に武者小路全集もあったからようでみようかな。
原作も。



190 名前:1 ◆RWwEbHEhig [sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:11:58 ID:5ODPfMxB

>>177
>>186
次回は…「愛と死」を作ってる途中に気晴らしで作ってた
ゲーム系が1話分できたので、それに挑戦してみようか
またなにか文学作品にチャレンジしてみるか…って考えてます。

荒木先生は…多分出てくると思いますw



191 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:13:38 ID:Ee++7L0o

トリ変えてもイッパツで分かりそうだなwwwwww
ゲーム系とやらに興味津々だが文学も見てみたいから両方頑張ってください



192 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:14:08 ID:+oZOTtSl

>>187
なんか言い回しが変だな

実篤は多作で、重くない話も勿論多くあるけど、
その中で「実篤の傑作」とか言われるのは重いのが多いかな
『真理先生』なんかはそう重くもないから気が向いたらどうぞ



193 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:24:00 ID:ZHOVgwyK

>>1乙
やる夫スレでこれ以上ないってくらい泣いた



194 名前:1 ◆RWwEbHEhig [sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:26:40 ID:5ODPfMxB

>>189
全集なら確実に「愛と死」は掲載されてると思います。

武者小路氏は「人生論・愛について」という随筆本も出してます。
こちらもおすすめです。


195 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 00:32:01 ID:o6JlYDwx

せっかくだから別の作品も買ってみようかな
近場に無いのが難点・・・



196 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 02:19:46 ID:ZiEx9aF2

派手さはなくとも最近のやる夫スレの中で
屈指の演出の上手な作品だったと思う。
夏子のかわいさややる夫のつらさがよく伝わった。
いいものを読ませてくれてありがとう!
次回作も期待しています。



197 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 04:25:35 ID:m/o+NBK0

こういう言い方はひがみだと思うが生涯1人で生きてゆく人も居るのだから
たとえ一瞬でも幸福感と言うものを味わったのは幸運であるし、それもまた
永続的でないものだ。
ただもっとも幸福であるときにそれが突然幕を下ろすかのように断ち切られた
ことに関して大変不幸だとは思うが
本質的には幸福であったのだからいいのではないか。
著者もその時が幸福だと感じていたから本にしてこれを残したのだろう。

私からしてみればこれは幸福な物語だと思うよ。



198 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 05:10:43 ID:MTQiKyxu

幸せを知るには悲しむ事が一番か。
良い話を読ませてもらったよ、ありがとう。
また何か読ませてもらいたいものだね。



199 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 05:24:07 ID:4M8Bw6Zu

ほかのやる夫スレにはないものを感じさせてもらった
ありがとう
お疲れ様



200 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 07:14:22 ID:Y9T9xUKv

昨日は読めなかったので今読み終えた
>>1乙でした
いい作品だった、原作も読んでみようと思わされるほどに
つーか、いい話すぎて終わるとぽっかり穴があくな…



201 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 09:52:41 ID:xcNh8bO/

読み終わった
乙っす
すげー切ないわ・・・



202 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 10:19:49 ID:pc4CdttK

やる夫スレ読んで泣いたのこれが初めてだ
乙、そしてありがとう



205 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 17:36:14 ID:jYJlFSNY

乙。

一生独身を貫くのも綺麗だけど、夏子の死を乗り越えて
他の人と幸せになってほしいな。



206 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 18:03:16 ID:z0ZLSJZZ

亀だが乙
泣いた(´;ω;`)



207 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/28(土) 20:13:15 ID:GnCalDLF

乙です



208 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/29(日) 04:22:10 ID:DeWKQYNb

とりあえず愛と死、友情を買ってきた。



209 名前:1 ◆RWwEbHEhig [sage] 投稿日:09/03/29(日) 10:50:37 ID:5Xx98owc

皆さん、感想ほんとうにありがとうございます!!

拙い>>1のスレでしたが、読んでいただけて幸いです。



210 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/29(日) 13:21:39 ID:pI+Kwd2i

同じく買ってきた。ブックオフで105円だった・・・



211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/30(月) 06:49:30 ID:l0Qehjoi

>>209

次回作期待してるよ。
がんばってくれ



212 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:33:01 ID:/Ycud/lp
           -、ヽ::::ハ ヽ::::/:.:::イ::.::{__/:::.::::〕        __
           /:::::::ーヘ:{:..:.ヽ ∨:..:..:.l:::.::|:..:./:::.::/{_j^ヽ    /  厂ヽ
∠二≧ 、   __ 〕ヽ:..:..:\:..:..:.∨ ..:..:..:.:..:..l../..:..:..:..:/:::ィナ___ ′ ハ/ ̄ヽ
 ̄ 「 ̄\\/::::\.:..:..:..:..:..:..:..:.,  -一…ー   :..:../.:..:..:/:::;ゝ|  |/ イ丁|
>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ こんばんは。
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\ いよいよ4月ね。新社会人の方はもう寝ないと
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ  入社式で居眠りするかもしれませんよ。
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬     |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |∥
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ   Y

213 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:36:14 ID:/Ycud/lp

                {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
            ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
           (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
            ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
          r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
          { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
            ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./  原作を読んでくださった方
           (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ   感想を書き込んでくださった方
            `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |    皆さん本当にありがとうございます。
            ,. -―‐- ,、_| l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
          ,ィ´      ヽヽ、  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
         //         ヽ ヽ、ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        / ,イ  _    ,r,=、,、 l、 ヽ、´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       / /./'´(:;;;l   |l:;;;ノヾ、 l',  ヽ、""" ノ!|   |    | |   |
     /  / ,l   /   ヾ,、  )ll ',   ヽ <._| !  |ヽ.   | |   |
   /   /. ,'`ー'´  0   ゞ=ニノ ', ヽ、  ヽ:;://|  |:.:.::',  l l   |
  /  /  |   ,_,!、_,      |;:ニヽ、   )/;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
  `-'´     ',   〈 ' |         ,'/ニV;` ̄〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
         ヽ、  `‐'      ノ.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
          >、,,___,、-<、_::.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      _,..-''´ヾ;::::::ヾ;:ノ:::::::;∧ `' ,、Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

214 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/04/01(水) 01:37:17 ID:bMt5CPsf

実篤を引っ張り出したよ。



215 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:37:55 ID:/Ycud/lp
            、 _rへ、几_r┐
         rヘ)      '^勹┐
          r┘           之
      くY′  _             L.,
     ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_
    lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿
   _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ
 / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、      少しだけ裏話を。
/{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、、
ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》  やる夫(主人公)が帰国後、夏子の部屋を
  ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′  尋ねるシーン、原作ではやる夫と亡き夏子が会話する場面があるの。
ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-
  〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ    私は、原作のここの部分だけはちょっと気に入らなかったの。 
. /__,.' ‐'´ /`ヽ  、_    '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \   悲愴感漂う後半の中で、ここだけ浮いて感じる。。みたいな。
/.{ `` <二 ー-ヽ、    _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \  
  `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ
 ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉
ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/
} \ `丶、.「/,  | r'ニ二 ̄ ‐-.}  \    V^ヽ
`ヽ、 \  /{.@ | L_ ̄ 弋‐=ニ{    ⌒ヽ     〉
   \ \{ ヽ  !   `>、 `ヽ、           └勹
 r─ァゝ、 ヽ @ | r<___\  〉   \  \ r┘

216 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:39:21 ID:/Ycud/lp
                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ   というわけで意図的にカットしたのだけれど、
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉   でも、この会話のあとに、更に悲しくてどうしようもなくなるやる夫の
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、  描写があるのよね。…気の毒な話だわ。
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ   私が読んでて特にキツかったのは
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′ お墓参りのシーンかしら。
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\        せっかく巴里でイニシャル入りの時計を買ったのに。
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ      彼女の墓標に彫られた名前は旧姓のまま…
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く

217 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:42:55 ID:/Ycud/lp

        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1  >>214ありがとうございます!
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ   武者小路実篤の魅力、このスレで少しでも
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、   伝わったなら嬉しいわ。
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ  
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′ 
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l       閑話休題。
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|

218 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:43:41 ID:/Ycud/lp

                        __
                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′  文学を離れて、ゲーム系に挑戦してみました。
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|   http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238310719/
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'   よかったら見てくださいね。
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ    「愛と死」とは180度方向性が違うものを選んでしまったわ。
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ   
               / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′  パァーっといきたくなったのよ。パァーッと。
           / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
             / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ
         /'´ l  / ┴-'、_j/ヽ.ノ_r.」ヽノ`ヽ\
        /  ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\
      //    l    l\_.厶フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \

219 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/04/01(水) 01:44:53 ID:/Ycud/lp
                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、    
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)  さて、このへんで。それでは!
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ  メルシー!ジュテーム
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、


220 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/04/01(水) 01:47:00 ID:bMt5CPsf

>>218
明らかに劇中劇の焼き直しじゃないかww

だが それがいい(AA略)



221 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/04/01(水) 01:47:59 ID:20JXITiN

確かにあそこは浮いてるかもなあ
だがあの緩みがあるからその後の歓迎会の重さが映えるんじゃないかなとか思ったり
つかファイナルファイトかよwwwww



222 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/04/01(水) 02:09:39 ID:zidBKgd/

アクション物をやる夫でやるとかなり難易度高くなりますががんばって下さい



223 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/04/01(水) 06:03:39 ID:OxHHW9i9

新スレも追いかけるよ!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 04:50 |コメント(20)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

|

<< やる夫がPMCに入社するようです 中国出張編 前編 | HOME | やる夫と深夜の駄目人間達 第十一話 >>

■御感想or寝言

3430 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/28(土) 06:19:24 ID:sSHoJftA

乙すぎる


3443 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/28(土) 09:21:13 ID:-

最高だった
ありがとう…


3447 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/03/28(土) 11:37:48 ID:-

乙・・・


3448 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/28(土) 12:01:50 ID:y17cy2QY

夏子のかわいさの演出がうますぎて天国から地獄へ……。
ありがちとも言えるのにものすごく感情移入した。原作もこんなどっぷりハマらせてくれる構成なんだろうな。
作者様管理人様、本当に乙でした。ありがとう。


3450 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/28(土) 12:40:39 ID:-

ずっと追っかけててよかったわ……。
カオスなジョジョネタが今では物悲しささえ感じる。

夏子が可愛すぎて、翠星石がメチャクチャ可愛く見えた。
作者様管理人様、乙でした。楽しませていただきました。


3644 名前:No Name [] 投稿日:2009/03/30(月) 16:34:27 ID:vXeIqmFk

コオロギがまともな感想言うなんて、そんなのコオロギじゃない!

武者小路実篤の作品をここまでやわらかく調理してくれた作者、ならびにこのスレを紹介してくれた管理人。
ともにありがとうございます。


3902 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/02(木) 03:08:55 ID:-

こういう経験をしてしまったら最後の最後まで戦い抜こうと思えるんだろうな


5309 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/14(火) 14:15:01 ID:CjlWd7YA

俺の婚約者が、海外旅行中に書き溜めて帰国後に一気に送ってくれたメールが夏子のメールそのままでな。
夏子と違ってもうアラフォーだってのに同じように可愛らしくって、
あんまりにも可愛いから今年1月にプロポーズした数日後に急死。
原作者、俺の人生参考にして書いただろwww
この後俺がどうなるかも知ってるなら教えてくれよ。


6379 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/22(水) 22:34:23 ID:-

友情は杉子への片思いだし、主人公が僻みっぽいのに対して友人の
大宮がすごく出来た奴だから書くのが難しいのかな


7603 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/02(土) 07:52:23 ID:-

素晴らしいモノだった。
作者もまとめも乙。


12516 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/27(土) 03:11:00 ID:-

これ読んで愛と死の原作と、友情も読んだ。
どっちも良かった。ありがとう


13821 名前:蒸発した名無し [] 投稿日:2009/07/19(日) 19:35:53 ID:-

くそないた・・・


18435 名前:名無し [] 投稿日:2009/09/30(水) 09:05:50 ID:-

スレを見て、自分の事の様に悲しくなってくる
こんなに悲しいのにいい作品だったと云うのは、おかしいけれど
今の私にはこれぐらいしか言葉がみつからない
ほんとに悲しい…

そして、
スレの最後の、
『私からしてみればこれは幸福な物語だと思うよ。』

これは人の心を踏みにじってる様にしか思えない。
こんなに悲しい気持ちを21年も持ち、生き続けていく事を幸福だと思うのは、残念だと思う。
残された人の悼みを理解してないのは


26593 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/06/25(金) 00:52:14 ID:-

薦められて読んでみたがやる夫スレでこんなに泣いたの初めてだ…


28146 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/08/29(日) 23:41:33 ID:-

武者小路実篤「愛と死」の論文作成の息抜きにこのスレ読んだが、原作の良さを残しつつネタを交えたすばらしい作品。

作業机にて日本評論(昭和14年七月号)、愛と死・棘まで美し(昭和14年九月二十日発行)・武者小路実篤集(筑摩書房)を広げながら読んでました^^


28150 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/08/30(月) 00:51:39 ID:-

武者小路実篤の後書き

「愛と死」に就いては別に何も言う必要はないと思ふ。愛するものを失ふものが実に多いのは人生の悲しみである。しかし人間が愛するものを持つことが出来ず、又愛するものが死んでも平気で居られるやうに出来てゐたら、人生はうるほいのないものになるであらう。
 愛と死、之は誰もが一度は通らなければならない。人々によって色々の通り方はあるが、純粋にそれを味わひ得ることは稀だ。自分はここで自分が死ぬことはあつかわなかったが、愛するものを失ふ事も人生にはつきものと思ふ。


28765 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/20(月) 10:21:57 ID:-

いい話でした ありがとう


31750 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/12/05(日) 09:30:44 ID:-

久しぶりに読み返したが、やっぱり名作だよなぁ
これほど笑えて泣ける作品も中々無いよな


44981 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/01(火) 12:38:46 ID:-

悲しいな、ただただ悲しい
原作も読もうと思う


47730 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/09/25(金) 20:20:56 ID:-

知る人ぞ知る傑作って感じだな。
「友情」ほど有名な作品にならなかったのもわかる気がする。
悲恋物語としては「野菊の墓」の方が好きだ。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ