やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 平成末やる夫三大短編祭 FGO短編祭 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2009/03/27(金) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯19


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


1 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 20:58:03 ID:JTMwTXTc
           
                          _| |_
                         l_  _l
                           | |
                     ____|_|____
                    / ________  \
                   | /     _ | |       \  |  ガランガラーン
                   | | _/   \)       | |  ミё彡
       .ガランガラーン     | | ヽヽヽ    l        | |        ミё彡
           ミё彡    | |  \。\ /      | |      ミё彡
                 ミё彡    ヽl                    ミё彡
                 ミё彡                ミё彡  ミё彡
               
               __ -――- 、___
                Σ  f‐ 、 /⌒^^⌒`丶\‐'´|         
                lミ/ /ィハハハヘ、  ヽjツ ネコ!?        
                   {ノ/// -‐ ' ' ー-ヘ ) ヽ          
                .ノ { l i /,ォfヌ   fヌャ、j.  イ >         
                \/ | l |_ゝニノ __ ゝニノ ! |  l          
                 从l/|从ト! "" `'゙ "" レ| l|ミ 、        
                / ク\lヘ   /,二.ヽ  /j / l \ヽ、      
                / ノ/  -!\└‐_‐┘r'‐ \ l l \\      
             _/ノ /  /  ´)ハト_-_-イト、  ヽヽ、  \\       
            ン /r'´、/   フヤ-し'-'し'-キ\   |ヽ 'ー、  \\         ./\___/ヽ
         , '´イ/  /マ  / /  ゝ二ソ  l ハ._,ノ|丶、 `ヽ、.ヽ ヽ       / ⌒ |||| ⌒ \ニャーン      
       / /ノ   | \_j  /___./゚-ヘ.__l|  /| ヽ  ヽ ヽ ヽ      /  (●)  (●)  \  
     ,イ / ノイ  l\   |-/__〈   /___|ヘ./ l   ヽ  ヽ ヽ     | 三 ⌒(__人__)⌒三 | 
   / /,r'  ノ /   l   ゙ヘ| {    〉 .〈   / |   l   {   〉       \     r┬-|     / _
  / / /  ノイ    l     |l ヘ.      ̄    l l   |\          //     `ー'´     ヽ /\
 l l {   }/    {    /|  l        / /\_/、 \        / /     ◆・◆_    /  /
              /゙\__/ l /|\     /| !     \ l   ..  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
              /      /´ \ \ / /| !       l |    ..   | もらってやってお!.. | /
                                         |__________|/
           
「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/
♯12~♯15
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235909209/
♯16~♯18
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1237376140/

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html


2 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 20:58:37 ID:JTMwTXTc

                   _.. - .._     ,r ス、
          /ト--、__、_ニ-冖 ⌒ 冖-:丶'_ / |
         ! \/ : : :/l/∨レヘ.:,、:  : ̄/|
          | ー7: : : :/´,,,..     ..,, ヘ: : l\ 
         l /l: : :/ '´       丶i: : ヽ \ 
        /ヽ/ : :: / , ==      ,==、 l: : :ヽ/   >
      <ヽ /|: : :i  ヒォリ    ヒォリ  !: : :.', / 
       丶、/./:_l:_|__ ゙ー'     ゙ー'_|_:_:_N
            |: :|: :l ´"""  ヽフ """ |: i、:!              
           _l:-ォ:ヘ´ ̄     j   ̄´7メ、|                
           \| !: :ヽ、  'ー'ー'   //                      
              /: |: : :\   , ィ゙: : i |                      .     ./\___/ヽ フゴー
             /'´ !: : :/|    ̄ |: : :ハ:!                         / ⌒ |||| ⌒ \      
                」/ \.   /\/ l|                         /  (●)  (●)  \  
      ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::.. ヽ                 |  三 ⌒(__人__)⌒三 | 
     //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\:...   l、                \     r┬-|     / _
   / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li::::::丶、::::...l \            //     `ー'´     ヽ /\
   |:  l:::.  ..:::::::::il.※.li   `イl:l. {.l:「´ il.※.li:\:::::::` ┘ \          / /    ◆・◆_     /  /
   l::  l::::::_:::-:':´il  li    {l:l,><{ l:l   il  li\_l\     .::/       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
 /,l:::.  ̄   ::::::il  li、,.、,、,、{.l:ト、イ.l:l、,、,il  li::::::::l::::::.   .::::/` 丶、       | もらってやってお!  | /
"´,.-l::::::::::::::::::::::/il.※.li、,、,、,、,、l:l::::::::{_l:l,、,、il.※.li、:::::::l:::::..........:::::/ニ、ヽ、       |__________|/


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯19


3 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:00:16 ID:GUGDQwEF

きたか



4 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:00:21 ID:19HnEfSt

wktk



5 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:02:58 ID:JTMwTXTc
 



「上野の谷中に野々村の家の墓地があって、其処に夏子が葬られているのを聞いた。」

「僕は翌朝、朝飯を食べるとすぐに一人で飛び出して、谷中の墓地へ行った。」






6 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:04:12 ID:JTMwTXTc




            /ヽ
         _,/:::l::ヽ
   /~'ー、ニ三/::::::l::l:::\○
   l:::::三"     .|/:::::::| \
   !::::::} .! ⌒    ⌒ |::l::|.,_\
   i:::::i |,.-‐、   ,.-‐、|::l::l/| ̄`  ここの道をまっすぐ行けばありますよ。
   ヾ::! i' ,,      ,,ノノノ |/|
    `i}ヽ   ワ    |/| !/!
       ソー‐--,-‐、" |/! |:/:|
.  ∩___,..〈:/^‐-‐^|:::::::>レ'∩|:/|
  ゝ---‐ 'i     |:::::<二ノ |/|
        /    l ̄    ∞
.       /      l      ノ::ノ
     /     __|
      ̄| ̄|| ̄|
      (:::::(:::::::::::)

「途中の花屋で花を買って聞いたら、すぐに分かった。」


7 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:05:10 ID:GUGDQwEF

エアリスとか久しぶりに見たわ



8 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:05:43 ID:JTMwTXTc

_  __       _                    ::'                       ..:: :.... ..
 :l.  | ̄ |        | ̄ |   _      , ---,  __.   _   , ‐┐       __  ._    ... ...:
 :l  ,|   |        |   | //|  ___ . | ̄| |  | | |   | ̄|| ::| ̄ | .       | | 、\ ̄|
 :| | ̄ ̄l.. ...:::.. ... | ̄ ̄l | ̄| l/ _ /| |  | |_ | |_|::.:.:..:| ,──┐ _|...:::::... ...: :.| | :| ̄|  |  _
 :l::l  ̄ ̄ l::::::::::::::::|_| ̄ |_||  l | ̄ ̄| | |_|/ |l二二l::::l二| ̄ ̄ |  |_::::::::::::::::: |_| :|  l 二l::::|\
 :|:::::: ̄ ̄ , ,, __. ̄_|  l |    | |二二l_/l:::::::::::: :   |     |_|_|    _l\|_|、:::::::: |  | ̄
 .|::  ,,...,,  /  ,/l_.ノl ̄l |    | |___l/::::::::::   _|     | ̄ l:::   |\ \ | ̄ |:::::::::|  |
/:::  _ ::::::| ̄ ̄| :| .| l::::::::|    | |__::::::::::_:::: ,,.,,,, / |     l─┘|    \\  ̄ \:::|  |
.   / _/l |    | :| .l/l::::, |__| /|/|_|_||    |_, |___|┐二l .   _,,., \l二二二ll\_|
   | ̄ |  l:: |    | :| ̄l /l二二二l//  /||    ::::|  ̄ ̄ ̄ |:::::::::  ,,,..,       ::| |:::::|  | ̄
w,, |   |  l:: |    | :l::::/| ̄ ̄ ̄ ̄l/| ||//     / ̄|_____| ̄|::           :|_|\\. _
   |   |  l:: |    | :|__l二二二二二二 |_|l/   ''"' ,| ̄|────| ̄|┐            \ \| |─
 /|__| /.|__|//l::::::::::::::::::::::::::::::::::::      / |_|____|_|│ ,,wv.,.        \.|_| ̄
_,l: ̄ ̄ ̄,l 二二二二l/ |─, ┐:::::::::::::::  ,,iiv,,  /    ____   :|                ̄
.| ̄ ̄,,/l二二二二二l// :l |::::::::::           | ̄ ̄|____| ̄ ̄|      ,,iw,,    ...:::::::::
_ ̄ ̄| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:| :l_|::::              ̄ ̄        ̄ ̄           .....::::::::::::::::
_    |_|,|_| ̄ ̄ ̄l,l_,|_|,|/    ,,ww,,v,,      ''"'          ''"     ...........:::::::::::::::::::::::::::
:::::.....   / ̄ ̄ ̄/                           ....................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    

「新しい、墓標。其処にはニューソクデ・夏子とせずに、野々村夏子と書かれていた。
そのことが僕に耐えられない悲しみを与えた。最後の手紙に小さく妻と書いてよこしたと思うと、
自分には耐えられなかった。」


9 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:06:35 ID:JTMwTXTc


         ___
         |    |
         |    |
         |    |
         |    |
      ,,,.   |    | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ∥  `i二二二!´ ∥
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

「花を上げて暫く頭を下げた。この墓標の下には彼女の1壺の灰があるのだ。
ただ、それだけが彼女のこの世に残したものだ。」


10 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:07:21 ID:JTMwTXTc




      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)
.    |       (___ノ)
     |        ´ノ
.     |         }
.     ヽ        }
      ヽ     ノ

「自分は去りかねていた。其処に野々村が来た。」




アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫



11 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:08:23 ID:JTMwTXTc



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  いま、君のところへ寄ったら、いなかったので、
. |     (__人__)   一寸お参りに来たのだ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ー)(ー)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

12 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:09:18 ID:JTMwTXTc



       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ  本当に可哀そうな奴だった…
   /::::::::::::::::::     ヽ
   |::::::::::::::::::::::    /
   .|          /
    \        /


「野々村は墓標に水をかけながら言った。」


13 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:09:57 ID:JTMwTXTc


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) あんなに丈夫だったのに、どうしてあんな風邪ぐらいでやられたのか。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   もっとも、今度のスペイン風邪というのは、丈夫なものの方からやられるらしい。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、   


14 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:10:18 ID:JTMwTXTc


      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)   なんということが起きたのだ。
.    | ::::::::::::::  (___ノ)
     | ::::::::::::::   ´ノ
.     | :::::::::::::::::  }
.     ヽ        }
      ヽ     ノ

「野々村はなお独り言のように続けた。」



15 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:11:05 ID:JTMwTXTc

                   
                                       / ̄ ̄\
あいつは自分では死ぬとは思っていなかった。         / ヽ、_    \
すぐに治ると思っていた。                     (●)(● )    |
                                     (__人__)     │
『私、いまどんなことしても死ねないわ。』              (,`⌒ ´      |
『やる夫さんにお逢いしないうちは私は死ねないわ。』      . {        |
                                       {        ..:/
『お兄さん大丈夫、死ぬようなことはないわ。』           ` ー     \
                                       /    _    l
といったこともあるが、


16 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:11:50 ID:JTMwTXTc



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \    『やる夫さんに私、逢いたいわ』
     |  ( ●) (●)|    『今に逢えるわね』
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |   そんなことも言っていた。
     |       |
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |


17 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:12:31 ID:JTMwTXTc

        / ̄ ̄\
      /       \       そのうち一時具合がよくなって
      |::::::        |      元気になり、
     . |:::::::::::     |    『大変気持ちがよくなったわ、私嬉しいわ』と言った。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..   …だがそのあと、遂にやられてしまった。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


18 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:13:33 ID:JTMwTXTc


                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/

「最後に何か言ったが、その意味は分からなかった。
だが死んだとき、随分平和な顔をしていた。僕が見ても神々しく思った。」


19 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:14:23 ID:JTMwTXTc


                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)  僕は妹が可哀そうで仕方なかった。
                   .|     (__人__)
                   /     ` ⌒´ノ  しかし、死んでしまえば人間は実に楽なものだと僕は思って
                 /  ヽ ⊂二二 ̄\
               /     \  ⊂、'    ヽ 心をなぐさめている。妹は本当に成仏したのだと思っている。
              /        \_, `7  /
             /    へ     \ !/  /
             |      \    Υ  /
             |        \     /\
             |        / \__/.,,_r ヽ、
             /      _,,__|'"´      レi  }



20 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:14:31 ID:GUGDQwEF


ただひたすらに切ない




21 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:15:27 ID:JTMwTXTc



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 幾らかわいそうに思っても、妹には通じないが、
. |     (__人__)  実に可哀そうなのは生き残った人間で、
  |     ` ⌒´ノ  死んだものは、もうあらゆることから解放されたのだ。
.  |         }
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、      

22 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:15:54 ID:JTMwTXTc

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |  僕はそう思うことで、妹は今は不幸でも悲しんでもいないと思っている。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .だが、人生にどうして死という馬鹿なものがあるのか。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


23 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:16:46 ID:JTMwTXTc


               __  _
            _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、
          (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\
           c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ゚o//l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
       〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ
            /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l  |!     ヽ
            !  〔:::::::::::〕  〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  |  | !  |   ヽ
              |   丁7´l! // (〉:::::::::::::::::::::/::::::::::::〈   |  | |  |   ヽ
            | /  / |l | _r/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  | ||  | |  |ヽ   ヽ
              /:L,、n_rn_rァ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::(   | | |   ! |  | ヽ
           {::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::}   |l | |  | |

「それのせいで、本当に腹を立てたり、悲しんだりするのも事実だ。
しかし、それは生き残ったものの心理で、死んだものの心理とは思わない。」

24 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:17:18 ID:JTMwTXTc

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  だから、妹はもう可哀そうでないと僕は信じている。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、 

「野々村はそうきっぱりと言った。」

25 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:17:57 ID:JTMwTXTc


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 

「君の言うことは本当だと思うお。
だが、僕は夏子が可哀そうで可哀そうで仕方がないのも事実だお。」


26 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:18:23 ID:JTMwTXTc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) そうだ、君はまだ生きているのだから。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く        
   |     \        
    |    |ヽ、二⌒)

「野々村はそうがんばった。だがそう言われても、僕の心はなぐさめられなかった。」

27 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:18:47 ID:JTMwTXTc

................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:........... . . . . ............ . . . . . . . . . . . . . . . . ..:.:...... . .    . . . . . . ...........
. . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:............. . . . .................... . . . . . .. . . . . . . . ....:.:.:....     . . . . .
  . . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.::............. . . . . ............. . . . . ...... . . . . . . . ........:.:.:....
                  . . . . ...... . . . . . . .... . . . . . . . . . ........... . . . . .
             n      . . . ....... . . . . ...... . .    . . . ....................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.............
             |] p    . _ . . . .            . . ..........:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:........ . .
             }| {}       ,! | . .              . . .....:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... .
-‐‐‐‐‐:‐‐‐.:‐‐‐‐‐‐‐‐'ー'‐‐‐‐‐‐┴┴‐‐- 、,,_           . ....:.:.:.::::::.:.:.:.:. __,,.. --- ''"
_ []  .:  .:      ロ  [|     __ ロ   `゙゙'''''ヾ、,,       . ._,,. - ‐‐ ''"´
::|  .:  .::   []       卩 |::|   ___      `゙'ヾ、___''_´_       _
  .:   :::.   口 冂        []  |::.|____          ,.---、、  |;:;:::|
  .:    :::.        ____       Π  |::::;;|    .ji ||    |;;::.:.;;;|:|   |::;:::|   ,.-、
 .:     :::.,.‐‐‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|   |:;:::|
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐  |::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄] ┌─┐
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       r‐‐‐
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|    |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐     |`r‐‐
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_   |::::::::;::;:;:;:;:;;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘     | :|;;;;;
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_   |:::::::::;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_                  | .|;;:;:
 ̄ ̄   ____|___! ̄i   |::::;:;::::::::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]               | :|:;;:;
     |:;:::::::::::::::;:;::::|./   |:::;:::;::::::;:;:;::;;::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄                |. |;:::;
       ̄ ̄ ̄ ̄´     |:;:::;::;:;;:;:::::;;:;;;|::::!                           |: |;;:::
                 |;:;::::::::;;:;:::::;;;;;|..::!                           |; |;::::


「悲しみに僕は圧倒されて、辛くも生きている状態だった。」


28 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:19:35 ID:JTMwTXTc


        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_





29 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:19:59 ID:JTMwTXTc




        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_


「ある日、僕のところに若き友人が来て、僕の歓迎会をやりたいといった。」



30 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:20:34 ID:JTMwTXTc



        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_

「勘弁してくれ!」





        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_

「野々村さんももっと先がいいだろうというのだが、僕たちは送別会の時、野々村さんのところで
歓迎会をやろうと約束したので、果たしたいのです。」


31 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:21:17 ID:JTMwTXTc



        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_

「…野々村のところで。」




        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_

「僕は僕の神経をあまりに察しなさ過ぎるのに驚いた。しかし、次の瞬間に
夏子にも霊があれば、野々村のところでやれば一緒に其処に来て僕を歓迎してくれるだろう。そんな気がした。」

「残酷な思い出の多い処なのに、僕は却って承諾してしまった。」


32 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:21:54 ID:JTMwTXTc


/' / / ,:'/,: ' / ' / /     ,:'/,  :'/  /' /    /  ,:'/,:  ' / ' / / ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'/    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' /
_,,.--ー''''''"゙゙ ̄~゙"'ー-、/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,:,
..'"゙~゙'ー、、 : : : :  :  `'~゙"'ー-、/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /
  : : .: `゙ヽ.,_、:    : : : :     ゙゙̄"'''''―-、 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'
: : : : : : : : : : `'i、 ,/  /' / / ,:'/,: '/ : : `、,、    ,.ィ''''"'"~''゙''ー- :'/  /' /
: : : : : : : : : : : `ヽ:     / / ,:'' / ' / /: : `゙''‐'"゛: : : : : : : :    :~゙"'ー-'i,  :
: .`" : : : : : : : : ゙、:゙lヽ、、: : : .: : : : : : : :    `''''',,,,,、 ,:'/,  :'/  / : :,,,,-‐'゛`゙''ー-
   .``'ヽ‐.i、 _、,,.:`゙"" ゙̄'--、..ー―---、、,__: : `゙''、   : : : : : 、、、,、::;.:".:;.:'"゙:.:゙,
 .,Y、: へ,、'``" :": : 、,`'`: : : : : : `゙^'--、、---"'゙‐'"   : : : : 丶     `': :~゙"'ー
、.ー'"′``゙ン 、丶、.,,; ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
"、 : 、`.、'、``" ゙:: : 、`'':,、、:,,,v,、: : ::.`-ー'''--,,、: : : : : : :    : : : :
.‐``'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',    ` `` `  '' ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'- `: :`゙^'--
  ''"""''''"    '''""   """/;;;;;;;ヽ'"""''   "'''''""   ''''""''"''''"   ""'''''"""''""
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/   (::::ヽ;;;l ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' 〈y;;;;;;ヽ/ ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
    :::....::::::........ . .::::::... .... ..:ん;;;;;;;;;〉..::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
     ''"""  ""''""'   ''"' し ヽ),゚""'''   ''""''"""'''''"""'   '""''"''''"""''  ''''"""''"
       ;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;; ゜   ;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;  ;;;;;  ;;;;;;;;;;     ;;; ;;;;;;;;;;
  :::  ;;;;;:         ;;;  ;;;;;    :::;; ;;;;;;:        ;;;;;;; ;;;;;      ;;;;;;

「夏子を殺した自然に。自分を参らしてみせるというような顔をしている自然に、
自分は戦ってやろうという気になって、敵に後を見せたくなかった。」

「一種の復讐的な気もした。」


33 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:24:54 ID:JTMwTXTc

                       lΠ
                    (⌒^]|lll|           ,,,,,_
 __                   ゚ ゚ |lll|    ,,,rrー、,,,,,r'~  ~'─
 .x~ ̄'''--、、,,               |lll|,,,vr'"~~ ;:;:::;;';::゚゙;::;:;:;:::::~::
: x `゙''ヽ,,、  ゙゙''=,、            :|lll|;:;:;:();;:;:; :;:;:;;';::゚゙;::;:““;:;:::::~::
  `~ヽ,, ~''ヽ,、  `゙''=,、        〆巛;:;:;;;:;:; :;:;:;、´、;';::゚゙;::;:“;:;;:::::~::
: ~゙ヽ,,,、゙~ヽ,,,,゚''lニ,,,,,,____\ll″    '( :;.|lll|;:;:;:;:; :;:;:;;';”::゚゙;:、:;:““;~:;::゚゙:::~::
田   ゙ヽ、___,i”””””_、-'''~||        l””|lll| ゙゚'--─、,,_;:;:;:();;:;:; :;:;:;;';::゚゙;.
        .l~~~~~ ,,,,r'~~||nnnn   [;、,|lll|  ̄ ̄-- ̄ ̄'`ヽー''゚゛ ̄
        .| __、-゙~:::::日l""""i|   |ヽ,|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,\;;,,\;;,,
\────'l''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;/""'''/;;i   丿 :|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,, \;;,,
ヾ \:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/"",ノ;;;;;l、 ,, レ; ;;|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;\;;,,
ゞゞゞ\___;::::::|:::::::::::::::::/""ノ;;;;;ノ" i丿:ヾ|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ヾヾヾヾ\,~'ー|;;::::::::::::/,,r'~;;;/   [;:ヾ.;”巛 \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞ ゞ \, .~ヽ;;::ll'゙゙;;r'゙~     \“:巛 \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ヾヾヾヾヾヾヾliii    "~         ヽ|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞゞゞゞゞゞi|^|┐           ""\\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,, \;;,,
ヾヾヾヾヾヾヾヾl゜,|:::|              \\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞゞゞゞゞ/ |::::l                \\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ヾヾヾヾヾヾヾ/ |:::::l                 \ \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞゞゞゞ/ ,|:::l l
ヾヾヾヾヾヾ/ ,|:::i: l  「自分はじっとしていられなくなった。じっとしていると寂し過ぎるのだ。」
ゞゞゞゞゞゞ/ ,|::::|: l   自分は本を読んだり、出鱈目に歩き回ったりした。」
ヾヾヾヾヾ/  |:::::|: |

34 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:25:22 ID:JTMwTXTc




        {''--..,_
         |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
        .`"''-t., _|:.     |     |
                    |  。  |
                _,      |     |i〕
               |} ゙`''l!.   |     ()).| 
        "''--..,,_|  !||.    |     |
            "''-t』,_    |     |
  "''--..,,_          "''--!..,,_     |
  "''--..,_"''--..,,_           "''--..,|_


「数日後に野々村が来て、驚いた顔をして言った。」

35 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:27:34 ID:JTMwTXTc

       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   | 
     .(`⌒ ´     | 僕の処で君の歓迎会をやるといって騒いでいるが、
     {         |
      {      u. /   君は承知したというのは本当か?
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

「僕は夏子の追悼会のつもりでいることを伝えた。夏子の霊が臨席してくれそうだと。」


36 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:29:00 ID:JTMwTXTc


                           , -―- 、
                          /     \
                         /  \_   |
…お前がそのつもりなら、承知するが、 (●) (●).u |
一寸その話を聞いたとき驚いたので   (_人__)    / 
     来てみたんだ。           l`⌒´    /
                         |      ヽ
                        __!、____/  \
                        /、 ヽ     r 、 ヽ


37 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:29:47 ID:JTMwTXTc




「今でも随分参っているけど、却って段々ひどく、寂しくなり居ても立っても居られないんだお。
しかし、それだけに戦ってやろうという気もするんだお。負けてはならないのだお。」





38 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:30:28 ID:JTMwTXTc




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)  …そうか。それを聞いて安心した。
.   | u   (__人__) 
    |     ` ⌒´ノ 夏子の霊があるとすれば、きっと喜ぶだろう…。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

「夏子の死の打撃から起き上がったのとは違うが、いくらか諦めが出てきたといえるのかもしれない。
しかし、取り返しのつかない寂しさに、十重二十重と取り囲まれて、気でも狂いそうな時がないとは言えない。」


39 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:32:45 ID:JTMwTXTc


    ,rヘィ1、ヘ、
ィ´^`´,;:::;:":":;,::`^´`ヘ1、
: :.:゙゙,;::"゙::;;:.: :.:゙゙,;::"゙::;;:..゙,;`ヘ,ィ
.":.::.;:;":.: :.:゙゙,:;.":.::.;:;":.: :.:゙゙,:;´ヘ、
:.:゙゙,;:;:::.":.: :.:゙゙,;::::.:゙::.:゙゙,;:;:::.":.:.:゙゙,; L、
:":;,:.":.: :.:゙゙,;:::;:":":;,:.":.: :.:゙゙:::;:":",`1
:;,:.":.::.;:;":.: :.:゙゙,:;:":;,:.":;;:;:;:.:゙゙,;:::.〈
:.":.: :.:゙゙,;::"゙::;;:.: :.:゙゙,;:;:::.":.: :.:゙゙,::::゙:,;:;::ノ
:":;:":;,:.":.: :.:゙゙,;:::;,:.":":;,:.":.: :.,;:::;メ
.":;:":;,:.":.: :.:゙゙,;:::;:":;."":.: :.:゙゙,.:.: ゙,:そ
.":.: :.:゙゙,;:;:":;,:.":.: :.:゙゙,;::"゙.: :.:゙゙,;:;::_ノ
:;:":;,:.":.: :.:゙゙,;:;:":;,:."::.゙,;:"゙::;;:/
:.;:;:":;,:.":;:":;,:.":.: :.:゙゙,;::::゙ /`'
`ヘWi/レヘハii、:;:":;,:.":.:,.v、/    ___            _
―┐Wii;::iVレ、/レヘト'`i、/   __ l土土l_l―| ̄ ̄|`i、__且|三|l―ュ_,「 ̄|_r―┐ _
 「l ̄l|::;i!l;i゙"::/___ 「 ̄l_ r┴ァ、「l  f´三三三ハ rェェェェェェ_  /,、,r、、,'、、-、_,、r┴‐
 ̄r―.!; "゙;;:i;,|― 、 l |rヘ、lr‐、,_fニニニニニニニニニ'!‐┐l工工工| l ミ::::;〈::::"::::,ヘ::ミ ,ヘ ゙̄、
-/ ゙̄,|;:. l ;;: ;:| ̄ハf´::::::::ス::::::::::|┴||┴||┴||┴||  ! |工工工| lハ ̄ ̄\ミ::彡ミ::彡´l
三三 |;i:";:゙;;:i;;l 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
 ̄ ̄||;i :;"゙:;;::.| ̄ ̄ ̄ |i!;;:i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;゙:;i;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!l;:;;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;゙:;i;| ̄ ̄
三三,!;:;;゙:;;i;; :;:l 三三三|i;l!:;|三三三三三|;:゙l!;|三三三三三|;;i!;i|三三三三三|::ii!;|三三
――|:i"゙;;l: ^゙;:゙、――‐|;;i!;i|―――――|i!;;:i|―――――|;:i!;゙|―――――|i!;;:i|――
  ノ,リ,ィハi、ヘ、ヘ    ~´^"         ´~´゙`       ´~´゙`       ´~´゙`

「遂に歓迎会のときが来た。」


40 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:33:22 ID:JTMwTXTc







                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|κl| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|ξl|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|πl|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヾl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿 

「しかし、その前に僕は野々村の家を訪ねて夏子の部屋に入った時のことの恐ろしさを、忘れるわけには行かない。」


41 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:33:46 ID:JTMwTXTc


     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  
 .   |     ` ⌒}  
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ

「僕は入るのが恐ろしかった。入れば必ず悲しみに耐えかねることを知っていたから。
野々村はもっと後のほうがよくはないかと言った。」



42 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:34:16 ID:JTMwTXTc

               |
.       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.     ./ . |          |
.   ./    .|          |
    |      |          |
    |      |          |
    |      |         O|
    |      |          |
    |      |          |
    |      |          |
    |      |_____|
    |   /        
    |  /
    |/
  ./
「しかし、入らないわけには行かなかった。」

「野々村に頼んで、僕は一人で部屋に入った。」


43 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:35:02 ID:JTMwTXTc

~夏子の部屋~


○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{___.________,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、


44 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:35:26 ID:JTMwTXTc

○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{___.________,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、

「僕は感情を殺し、冷静に部屋を見渡した。」

45 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:37:08 ID:JTMwTXTc







            「僕の写真はそのままに置いてあり、僕のノートルダムで写した写真がテーブルの前にかけてあった。」

                   、、、
            「その下に180いくつの丸を書いた紙が張ってあり、それがあと18残して全て消してあった。」








46 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:37:46 ID:JTMwTXTc









             「自分はそれを見ると、耐えに耐えていた悲しみが一時に爆発した。」


             「僕は夏子の椅子に腰掛けて、テーブルの上で泣き伏した。」








47 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:38:36 ID:JTMwTXTc






○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{___.________,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、


48 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:39:10 ID:JTMwTXTc




            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___



49 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:40:18 ID:JTMwTXTc




            ,ィ/;;/';;;;ィ=''´ ̄ .:        .   `ヾ=\
            ,イノ;;〃;;ン′ .:   : .:     . :.       ヾ、
          /(,/〃/ノ,    ::  .: .::      :. :. ;   ヽ. \
        __ムノ;;;;;ィ)' / .:  .:::  :l:..:::: :.     ::l:::. l 、   !  ヽ
        ,.ィ'7フィ;∧ヽ/ ::  .:l::  ::|::::|::.::::.    ::!::.. ! l   l   ヽ
      l;;;l l//l;;;| !;;l  :::  ::!:: :::|l:::l::::::::::..   ::l::::::l: l   ! .::.  ヽ
        |;;;l/;/!|;;;| ノ;;;}:: ::: :::i:::.. ::| l::l:::l:::::::::.  .:;!i|::: ,!: ! /:: :::: 、 l  バカ…聞こえてるわよ。泣き声。
.       |;;;/;/! |;/;;:イ:l:: :l:::..::i:ト:::::::| l:::ト:ヽ::::::: :/リ|::/|:.,イ: /::: :l:::: |l
      |;;/;/.! ゞィ'´ l::l、:l、::::l_lゝ.=l=ヾ!ヽヽ::::::/ ' ナ`メイl、/l:::::イ:::: l l   早く泣き止まないとジャンクにするわよ…
      |/_/:| |;;|   ヽヽ;lヾ,N;:_ェ弋   ヽヽ/ ';:ニミ、/ヘ/:::/l::::: /リ
       |;;;l .::|. |;;;|   :::ト、l/彳::;;;:}`      "{..;;;:リ゙ツ// /::/;|
.      l;;;| .::|. l;;;|l   :::|.l |゙ rー=''          `ー'.ィ 'イ::::. 'イ|;;|
     l;;;l ::| |;;;l l |  .::::| |.|  jj´        i:..     /:::::  l |;;!
      〈;;;| .:::| |;;;| l | .:::::| l.|  i        /::     ノイ::::::| | |´
     N :::::| L;l ヾヽ.:::::| リ、 l!、      ´      ノ |::::八| |
      | ::::::| :::| l:. :l:ヽ:l`^\      '^ニ`    /レ |::/|:.  l
    /  :::::::| ::l l:::  l |::`::::::::::l丶、        ,..::'´|:::l レ |::. `、
   / i   :::::::|::l l:::::  l !::::::::::r┴- 、`_丶 -:.ェ_´:::::::::|::l:. .   |:::. i ヽ
.  // |  :::::::::|:| !::::::  |l:::::::::ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;ニ><;;;|::::::::|::l::..::  |:::. ト、ヽ
  l i |  ::::::::::ll |::::::::.. ll:::::/;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;L;;〉;;;;ヽ::::|:|::::::::.  |::::. l ヽ`、
.  | | |  :::::::::::| |::::::::::. l:ノ;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;/ };;;;;;;;;ヽ|:l:::::::::::... |::::. |_ヽ 、
           

50 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:41:38 ID:JTMwTXTc




_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,




52 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:43:18 ID:JTMwTXTc



○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{___.________,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、

51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:42:03 ID:kgYtUr/Y



キツ過ぎる…




53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:43:40 ID:GUGDQwEF



荒木も無いとか徹底しすぎだろ……




54 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:44:50 ID:JTMwTXTc



○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{___.________,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、

「自分はやっと泣き止んで、立ち上がり、部屋を見た。彼女が生きていた時の様子がありありと分かる。」

「ここで僕への手紙を書き、また僕からの手紙を読んだのだと思った。寂しさはしつこく僕を襲ってきた。」



55 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:45:04 ID:alRy6FBI

やる夫の表情はいつ見えるんだろ…




56 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:45:56 ID:JTMwTXTc


               |
.       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.     ./ . |          |
.   ./    .|          |
    |      |          |
    |      |          |
    |      |         O|
    |      |          |
    |      |          |
    |      |          |
    |      |_____|
    |   /        
    |  /
    |/


「僕は部屋の何処ということ無しに頭を下げて、部屋から出た。」


57 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:47:14 ID:JTMwTXTc



                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|κl| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|ξl|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|πl|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヾl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿 

「人生に死が与えられていることはあまりに残酷なことだと思った。
殊に若い、良い人間が死んでいくのは。」

「しかしそれが事実なのだから、どうすることも人間には出来ないのだ。」


58 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:48:33 ID:JTMwTXTc

                   l''~l 
    〃;;:;ヽ:;:          l''~l            ;:〃:;:;:  r,,
;: ;:〃;;: ヾ;:;);゙゙i       __,..| |⌒:;ミヾ:;:;;,,,vrー:;:;:;:〃:;:;:;:〃;:;:;:,》:〃::::::::::::::;::;;
;:;:〃;::〃;:;;:;:〃z″   .,r‐:;. l.. :』| |:;彡ミミ::  丿:; :; :;:〃:;:;:;:〃;:;:;:〃!〟:;:;
;:;:;:〃;::〃;:;:;:,,ミ:   ;:(,;:::;〃l :』,,l |:ミミ彡.,r''''=:;:;:〃 ;:;:;:〃;:;:;:〃ヽ:);:::i、  ::.,
;:;:;:〃;:;:;:ミ.《::`  ;:(;:,ゞ; 〃::;:l(⌒)=|.彡ミミ:::ミ :;:;:;:〃:;:;:〃;:;:;:〃  ゙‐ヽr::;:,:::
;:;:;:〃:;:;:〃:l:;:   .;:(,; ::〃:;;;:l :』 | |:ミ彡.:;ミ::ミ;;;:::〃;;:::〃:::〃〃:::〃:〃)::::〃;:;ヾ::;
:;::〃:;::〃;.ノ::    ;:(;:,ゞ::..:〃 l :』 | |::;巛lミミ:;:;:;:〃:;:;:;:〃:;:;:;:__ヾ〃:;:;:;:〃)ヽ〟
━━┓彳     l :;〃:; : :〃l :』 | |ミミ:;彡ミミ丿:;;;:;,r;;;~゙~:;:;:;:;:;:~~;;ッ, ;:;:;:〃.'l
┳━┫" ー     . ゝ《:、 :__;_;l .』 | |::.、_i____,/___,:::__::::::::::::::::::ヽ ` :.._,_
┻━┫..;   ┏←┬┬k::_~kl:』 |《;|┼┴┼┴┬┴┬┼─┴┬┴┬~~゙゙..: ̄┬┤ ̄ ̄ ̄
┳━┫..  . ┸r斤__┼┬ー':l.』 | |┴┬┴┬┴┬┴┬─┬┴┬┴┬─┬─┤
''ヾ''~~~ヾヽ、     ゙゙゙゙'゙'''-、、』..| |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┤ 〃
'':ヽ,,,┫:;.klヽ、          ' ̄`'--ヘ、;,_┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴─┴┬┴┤〃:;::;___
;:`;;.;,.;`;;:,゚\ヾ                 ̄~”゚''・v;,''''''' ─┴""┴"`;;. `:;┴─┘─:;:;:,,,,,,,,,,""
:;;:;;:;:;:;::;:;ニr/゙                    ゙~~`~゙““'''''''''─+v、、、、:;:;:`;;;`:;:;:
``゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙                                    """""""

「僕は一人になりたくって、野々村の処を出た。」

59 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:50:25 ID:JTMwTXTc


                       lΠ
                    (⌒^]|lll|           ,,,,,_
 __                   ゚ ゚ |lll|    ,,,rrー、,,,,,r'~  ~'─
 .x~ ̄'''--、、,,               |lll|,,,vr'"~~ ;:;:::;;';::゚゙;::;:;:;:::::~::
: x `゙''ヽ,,、  ゙゙''=,、            :|lll|;:;:;:();;:;:; :;:;:;;';::゚゙;::;:““;:;:::::~::
  `~ヽ,, ~''ヽ,、  `゙''=,、        〆巛;:;:;;;:;:; :;:;:;、´、;';::゚゙;::;:“;:;;:::::~::
: ~゙ヽ,,,、゙~ヽ,,,,゚''lニ,,,,,,____\ll″    '( :;.|lll|;:;:;:;:; :;:;:;;';”::゚゙;:、:;:““;~:;::゚゙:::~::
田   ゙ヽ、___,i”””””_、-'''~||        l””|lll| ゙゚'--─、,,_;:;:;:();;:;:; :;:;:;;';::゚゙;.
        .l~~~~~ ,,,,r'~~||nnnn   [;、,|lll|  ̄ ̄-- ̄ ̄'`ヽー''゚゛ ̄
        .| __、-゙~:::::日l""""i|   |ヽ,|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,\;;,,\;;,,
\────'l''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;/""'''/;;i   丿 :|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,, \;;,,
ヾ \:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/"",ノ;;;;;l、 ,, レ; ;;|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;\;;,,
ゞゞゞ\___;::::::|:::::::::::::::::/""ノ;;;;;ノ" i丿:ヾ|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ヾヾヾヾ\,~'ー|;;::::::::::::/,,r'~;;;/   [;:ヾ.;”巛 \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞ ゞ \, .~ヽ;;::ll'゙゙;;r'゙~     \“:巛 \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ヾヾヾヾヾヾヾliii    "~         ヽ|lll| \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞゞゞゞゞゞi|^|┐           ""\\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,, \;;,,
ヾヾヾヾヾヾヾヾl゜,|:::|              \\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ゞゞゞゞゞゞゞゞ/ |::::l                \\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,
ヾヾヾヾヾヾヾ/ |:::::l                 \ \;;,,\;;,,\;;,,\;;,,\;;,,

「そんなことがあって、4・5日して、僕は歓迎会に臨んだのだ。」

(つづく)

60 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:51:43 ID:JTMwTXTc

以上で投下終了です。お付き合いいただいた方、ありがとうございました!


次回が最終回になります。金曜の夜10時から投下しようと思います。
よかったら見てくださいね。



61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:52:01 ID:uBZ1lBPU

乙乙



62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:53:09 ID:FUaoasP9

おつ。にしても結局やる夫の顔が一度も出なかったな・・・



63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:54:05 ID:GUGDQwEF




思えば最初の方の弁当で釣られたんだな俺
こんな欝になるとは思わなかったぜ



64 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:54:39 ID:kgYtUr/Y

乙!!!



65 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:56:49 ID:f97mrS8N


主要人物の誰かが死んで終わり、っていう物語は多いけど
それで終わらずに話が続いていくってのは残酷だよな
正にそれが人生だけどさ



66 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:56:52 ID:F+fRXrIU



次はついに最終回か…



67 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 22:38:14 ID:91WPF4sj

あー、きつくなってきた
人が死んでしまってもう居ないなんていう悲しみは
いずれ味わうにしても、夏子ややる夫と一緒に手紙を読み楽しんできた俺たちには
きついな、ほんと





68 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 23:19:42 ID:4gqtbKoW


あー、つらいわ・・・



69 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/23(月) 00:16:42 ID:0XwoGAWX

乙乙

あああああああああああああああああああああああああ
なんでだよおおおおおおおおおおおおおおおお



70 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/23(月) 01:00:19 ID:aLxrd11T

乙乙。
次で最終回。
心して見るわ!



71 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:09/03/23(月) 01:02:08 ID:Q9UDWhU2

荒木の霊が出るに出れないな





72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/23(月) 02:08:26 ID:jX/CfmEW

よかった
最終回はリアルタイムで見れそうだわ・・・w
とりあえず>>1氏乙



73 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/23(月) 03:16:29 ID:sp/lhSf/

あぁ・・
まとめサイトから飛んできたがなんだこの展開は・・
胸が締め付けられるようだ



74 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/23(月) 19:25:31 ID:doWmA4tw

忌中は神棚を封印するもんだから荒木も自重してるんだろう。

身内(家族)がガンで死んで半年間、淡々と仏事をこなしながら日常が過ぎていった時の事を思い出した



75 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/23(月) 22:21:51 ID:JBEWn5dS

乙でした・・・



76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/24(火) 17:52:56 ID:SgpbJsMM

最終回は荒木出てくるよね?ね?



77 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:09/03/26(木) 13:09:15 ID:EtjuV92r

荒木の人気に嫉妬


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 23:26 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

|

<< やる夫と深夜の駄目人間達 第十一話 | HOME | やる夫が三国志を駆けるようです 第9話 「それぞれの結末」 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ