やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 【TDQ】やる夫でドラゴンオエスト ~ 第三話 『勇者あらわる?』 ~

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/03/27(金) 【TDQ】やる夫でドラゴンオエスト ~ 第三話 『勇者あらわる?』 ~

カテゴリー:【TDQ】やる夫でドラゴンオエスト


第一話第二話


141 名前: ◆EX3UTuJShc [] 投稿日:09/01/24(土) 21:00:48 ID:0+mw6G3V

                    ________________________________
                    ! ,.. ----- 、  ,i----- 、 !
                   .|./      !  |     .ヽ !
 /\ー―、_           .'"       !  |      .!′           _/|>7~~>
<   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___    !  |    __ __ __ ,― ̄)/ ̄ _    / /
 \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll' ̄'l「| |~| l' ̄'l| || ||   // /7__//~//\)/ /
   ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `' | |∩|| ∥ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
    ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || '' | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二',-:ニ/ / / メ,/   |
    ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二'L_/(__/ | / /\|
    <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄    !  |   `ー'   `―``―、__ノ|/   /
     ヽ∠― ̄                !  |               \_/
                           !  .! 
                         ,,ii;;____,;;ii、、

                    ~序章 勇者の目覚め~


   > ぼうけんをする
     ひょうじそくどをかえる
     ぼうけんのしょをつくる
     ぼうけんのしょをうつす
     ぼうけんのしょをけす




142 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 21:03:05 ID:cgeOrOYf

お、キタキタ



視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫




 ~ 第三話 『勇者あらわる?』 ~



     頼りになるお兄ちゃん    打倒オプーナ
                魔物に負けない
         / ̄ ̄ ̄\     全滅しても再チャレンジ!
  大    / \    / \        昔懐かしのドラゴンクエスト
  冒   /  <●>  <●>  \.  伝
  険   |    (__人__)    |  説   父との再会を目指す
       \    `ー'´    /  へ  レベルを上げて強くなる!
       /             \
 
 \______________/


    O      .__
    o 。 n_ / - -\
       (_/ (● ●)\  <旅立つ前にこんな決意をしてたけど、
       ( :::: (_人_) ::: )   一歩村の外に出たらどーでもよくなった。
       ヽ   ヽノ   ヽ
        l         l、_つ
        |   x   |


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (ー)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \   まあ旅立つと言った手前、とりあえず村の周辺の弱い魔物でも倒してみるお。
    |     |r┬-|     |   旅立ちの資金で装備を整えたから余裕だお。以前のやる夫とは違うんだお。
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )         
      `|       /'
         |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......





  スライムモギがあらわれた!

            /⌒ヽ
            /   |
           /    ヽ
          /     ヽ
        ノ       \
      /  ( ● ) ( ● ) \
     /  ,-、_____,-、 ヽ
     !  ヽ、______ノ !
     ヽ__________ノ


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   なんかスライムの亜種が出てきたお! スライムベスの友達かお? モギ(笑)
    |    (⌒)|r┬-|     |   どうせ雑魚だろうから、ちゃちゃっと片付けて今夜の飯代稼ぐお。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


  スライムモギはイオをとなえた!


::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン.....
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \   お、お兄ちゃーーーんっ!?
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|            ∧
     レl/lo゚(⌒) (⌒)゚o |、i|           /ニYニヽ
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ           /( ゚ )( ゚ )ヽ
        ヽ、  ゝ._)   j /           /::::⌒`´⌒::::\
        ヘ,、 __, イ             | ,-)___(-、|
     r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、        | l   |-┬-|  l |
     {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1        \_ `ー'´ _/





     ,            ,.., ,...,__
             ,...::-‐''"/     ``ー 、
          _,;ー'"    /          `"'
.         `ー=,  /  /
         ヽl    ,/      f       \
        ヽl/'i / /´rヾ神父ヾ \  ヽ  、
       ! | l l ヾ(:::::   ヽ〉ヽ)ヽ `l  ミ ー
         {レヽ〈:::~``'' ´  ソ |! l }   ミ. ミ
         レヽ,;:::''''`':;|;il~,. -‐'  ル )ノl / ミ ノr^,    あいよー。
         ゝ l;ュ=≡{., (;;,(ニ===、-.l! li /ソ ;;)    
           `!;ェ‐・オ ""'''< `・ーz'ー'~ |/ フ;;i    おかねが たりないようですが……。
            |:'""`')'  ^ヽ;` ̄,. -‐'^  i|;;;;ノ    こまっている かたを たすけるのが わたしのやくめ
             !;:.. .:;i|   ;,  ~、´    ,/ |,..ノ    よろしいでしょう
            ``ヽ(__,,,,...)  \_,,..-'   |;;;     やる夫の さまよえる みたまを いまここに(ry
              |::::::::J..,,_ ^ヽ,  : 1, ;!;:
              ヽ::r,―--一' . , il/:::
              .//'i`ー-'´; ' ;. ',/;;;:::::  .::
           /  /  L.;_';_._,`.ノ;;;;;;:::::::...::::::::
          /   |/::::::::::/;;;;/;;|;;;;;:::::::::::::::::::::::
         /   /:::''''''''/;;;/ :::::|::::::::::::::::::::::::::                     あとで奥さんと話をつけておきますね。



        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \ 
    (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)   酷い目にあったお……。
    ./ ||    ` ⌒|||    ,/
   / / |\/ /  /l |  ̄
   / /__|  \/ / | |
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ '  ヽ_ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   大丈夫、お兄ちゃん?
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    いくら村の近くでも、東の森には入っちゃダメだよ。
             ヽ、  ゝ._)   j /      強い魔物がいて危ないからね。
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1





        ∧
      ./\Yノヽ
     / (-)(―)ヽ
    / ⌒`´⌒ \   ちゃんと人の話を聞かないから、そんなことになるんだっていう。
   | ,-)___(-、|  これから道案内について説明するから、よく聞けっていう。
   | l        l |  
    \         /



------ この周辺の簡単な地図 ------------------------------------------

         ┌───┐
  .現在地→ │ルフル│──┐  森森森森森
         │の村  │─┐│森森森森森森森森
         └───┘  ││森森      森森森
          森森森森森 ││森森 東の森  森森森
        森森森森森森森││森森 (危険)  森森森
        森森森森森森森││森森      森森森    │
         森森森森森森││森森森森森森森森     │
          森森森森森 ││  森森森森森森  ┌──┘
           森森森.┌────┐  森森森.   │
               │マログリ │         │
               │フルの町 │.┌─────┘
               └────┘ │
           ┌────────┘              海
           │               川         
           │   川                     
           │      ┌────────┐
.    ┌───┐│      │┌───┐    .│
.    │関所A ││      ││関所B │    .└─┐
.    └───┘│      │└───┘       .│
           │      │               .│
           │      │
           │  川   │
           │      │
           │      │    ┌────┐
           │      │    │ガイ   .│ ←とりあえずの目的地
           │      │    │コビア城 .│  (父がいた城はさらに→)
           │      │    └────┘

------------------------------------------------------------------------





       ∧
      ./ \Yノヽ
     / (0)(―)ヽ
   /  ⌒`´⌒ \   まずは、『ガイコビア城』を目指すんだっていう!
   | , -)    (-、.|   やる夫たちのパパが兵士をしていたお城とは、友好的な関係にあるっていう。
   l   ヽ__ ノ  l |   自分が魔物の侵略を伝えに行った城でもあって、色々と情報が集められるハズだっていう。
   \         /

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   / u  (○)  (○) \
   |    u  (__人__)    |  森という字がゲシュタルト崩壊を起こしたお……。
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ
    〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
    レ!小l( ●) (●)从 |、i|   川はどうやって渡るんですか? でっていうさん。
     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ 
      ヽ、  ゝ._)   j / 
       ヘ,、 __, イ 
    r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
    {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


       ∧
      ./ \Yノヽ
     / (ー)(―)ヽ    『関所A』と『関所B』のあいだには、地下トンネルが通ってるっていう。
   /  ⌒`´⌒ \   そこを通れば安全に向こう岸まで渡ることができるっていう。
   | , -)    (-、.|  
   l   ヽ__ ノ  l |   ……では、さっそく向かうことにしよう!
   \         /




148 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 21:08:46 ID:NNF/OmNw

確かに東はたいした距離じゃないのに
敵がいきなり強くなって大惨事になったな・・・





   たーん♪ たーーん♪ たんたんたんたんたーん♪
   たんたたたんたんた~~~ん♪

                         ___
                       /"   ``゛ヽ            ___
                      //, '" ハ ⌒ヽヽ          /   _\
                     〃 {_{ / (●)\        /    (●)\
                     レ!小l ⊂⊃ 、_,、_,)       |     (__人__)
          ∧           レ      /        \    `⌒/
         /  \          ⊂    つ           ./ つ つ
       ./   (0\          人  Y            (_⌒ヽ
 ( ( (  (      ⌒`)    ( ( (  し (_)       ( ( (   )ノ `J



  ―― 関所A ――

                           _,
                __ ,.. z - __,,,,.....¨  ̄  ¨ ‐ ,_
      __,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄     /.関所ヽ       ¨ - .,
    /_¨¬- .,_           |l  A __,.l! z - ‐¬ ¨  ̄ _,..i
    | ¨¬- .,_ ¬- ,___,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄ __ ,.. z -‐¬ ¨  ̄   |
    |      ¬ .,__i__,,... -- ‐ ¬ ¨。 ̄            |礇;;、
    | l!       |       /.|  __,....,__    .i!⌒i  |鵺爪
  ,;il礇| l!     l!   |   l!⌒l  | l<.,_   ¨ ‐.,_ l!...::l  |l:i|'"
,;;i爪鵺|,,,l!  l! ,;il礇li;, |   l! .:l   |_,.lj  l¨yi-‐r''''7 l!..:;;lilllii;i' ''`
   lill l{};,,l!爪徽i |   l! ..::l ,,,,... |l__,,..i.z-|‐'  i'''''"""
     "''{} |ii;l.... |lllllllii''l!  ''''''''''""     .!    '
          '"`

         ____
        /⌒   ( ;:;:;)
    (ヽ /( ;:;:;:;ノ <->\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    到着したお!
  /∠ |    |r┬-|     |_ゝ\   ちょっと敵とエンカウントしたけど余裕で逃げれたお!
  (___.    `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......




150 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 21:09:51 ID:5et2l2lw

昔のドラクエではよくあること>近場でいきなり強敵





        ____
      /      \
     /  ⌒    ⌒\
   /    (ー)  (●) \   ところでこの関所、通してもらえるのかお?
   |       (__人__)    |  やる夫たちは通行証も手形も袖の下も持っていないお。
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /


       ∧
      ./ \Yノヽ   キリッ
     / (0)(―)ヽ
   /  ⌒`´⌒ \   顔パス余裕だっていう! 『いいスライムのでっていう』の名はそこそこ有名なんだっていう!
   | , -)    (-、.|   そうでもないと、これまで人間と一緒に暮らしてなんて来れなかったっていう!
   l   ヽ__ ノ  l |
   \         /


                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ   すまんが通せん!
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /   兵士   ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |


       ∧
      ./ \Yノヽ        ━━┓┃┃
     / ( )(  )ヽ        ┃   ━━━━━━━━
   /  ⌒`´⌒ \        ┃               ┃┃┃
   | , -)___(-、|                          ┛
   l   ゝ'゚    ≦ 三 ゚。 ゚
    \  。≧     三 ==-
        -ァ,      ≧=- 。
          イレ,、     >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ     ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、   `ミ 。 ゚ 。





        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   / u  (ー)  (ー) \
   |    u  (__人__)    |  さっそくボロが出たお……。
   /     ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /


      ∧
     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(○)(○)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \    な、なんでっていう!?
  | ,-)___(-、|    こっち側に渡るときには問題なく通してもらえたのに!?
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /



       /         ,     ',  、      \
      /      /   /     ',   ',  ヽ ヽ  ヽ
      /  /   i.l   /  l   .|  .l  l   ',  ',.  ',
   ノ  / /  l.l   {  ィ   |  l   }   l  l   ',
ー=-イ / /   i ',  .∧ l !   !  ハ  ハ  ,'  !  l ヽ、_
    { i l l   l ト、 l l | ',  ハ / .l / l /  /  j ,ゝ´
      l l l l  ハ | ヽ! ヾ ヽ./ |:/  |' _j/l  /  /./    なぜだかは知らんが、誰も通すなと言われたんだ。
     } .ハ ,l ヽ |ヘlニ;--,.._ ' ` 、',.-;‐;二__  l /  /./     王の命令だ、逆らうわけにはいかん。
    ノ'" l.ヘ. ト、! '弋赱!~ ,     ' 'T心!_ イ   j l′
          |rヘ lヽ    ´     `     l  / ノ
       ヽヘ l        i           l  /'´
        `l | ',、j      |         j /
         jハ. ヘ      ヽ!    u   /! /ヽ
          !ヘ ハ、   ,__,...、   /|/` ‐ヽ
           i!ヘl\ ゝ-‐ニ‐-' ,. イ从'
          , ィ' ヽ \    /  ノ ヽ、           ., --、   i´!⌒!l  r:,=i
         / /   `ヽ ヽ- '´  r'   ', ヽ          .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 ))
       /   l    /iーヘ   rニ' ヘ   l   ゙ヽ       .i´|.ー‐' |   |    |. !   l
     , -イ   l   /`ヽOヘ  / /-''ヘ.   l   ヽ‐、    |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
  _.. - ´ /    {  ,.ヘ、_>'^''< _..-ヘ.  l    ',  ` ‐、 i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
´     /   , -i!/ ヽ    ',    /    ヽ |\    ヽ    │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
    /  /  l   `   ゝ- /   _ -' `!   \   \  /|__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7





             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|    申し訳ありませんが、我々もこれが仕事ですので。
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|    お通しするわけにはいきません。お引取り下さい。
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ 兵士 〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ '  ヽ_ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   どうしよう、でっていうさん……。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j / 
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


      ∧
     /フYヽ
    /( 。)(。 )ヽ
   / ⌒`´⌒ \    仕方ないっていう……。
  | ,-)___(-、|   一度、マログリフルの町に戻って、作戦を練り直すっていう。
  | l    `⌒´  l |
   \       /





  スタスタスタ……


        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/   帰ったか。子供二人にスライムが一匹、変な一行だったな……。
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ         ……おい古泉、お前はどう思うよ? この命令。
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |



      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l   不自然ですね。
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!   我がガイコビア城の王は、開けたお方ですから。
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ  城への通行を禁止する命令を出すなんて信じられません。
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、





ガイコビア改め、GAYコビア城の王は、
度胸のあるすばらしいテクニシャン(外交的な意味で)のいい君主、として有名です。
民からの信頼も厚く、旅人だってかまわないでホイホイと謁見を許してしまう度量の広いお方でした。


             .,Å、
         .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
         o| o! .o  i o !o
         |\__|`‐´`‐/|__/|
         |_, ─''''''''''''─ ,、 /
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     同盟、組まないか。
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


  ―― GAYコビア王。通称『GAY王』 ――






……ですが、ここしばらく様子がおかしいとの噂を耳にしました。
表に姿を見せることが少なくなり、側近も見知らぬ者たちで固めて、まるっきり趣味が変わってしまったようだとか。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::: /  ̄ ̄ ヽ   _  --―――――-、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::: /、     /  /´、           ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::  {   ーrー'´  /  ノ_    _  -‐'´                   __ __ ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::    \  }―‐‐-/ /    ̄ ̄                   ,. -‐:':´.:.:.:.:.:.:.:.`丶、:.`丶、 ::::::::::::::::::::
       /::::\, ゝ―</ヽ                        /.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ ::::::::::::::::::::
      /:::::,:/:fィ:´丁:、::`ヽlヽ:ヽ         ,, - ―- 、      /.:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:ヽ:ハ:.:.:.:.', ::::::::::::::::::::
     /:::rィワ:::レトk八:::ヽ::',::}::l:::::l     ,. '" _,,. -…;   ヽ      |:.:.:/.:.:.:.|:.:.l:.:.:.!:.:.:.:.:、__l.:.:.:.:.:!:.:|:.:!:.:.l ::::::::::::::::::::
    ,':::::〉テ!:::l ィ=ミー\{ムイ::P!:|    (i'"((´  __ 〈    }      |:|:.|:.:.:.:人:.|、:.:l\:.`|ー|-:.:.:.:!:.:l:.:|:.:.|| ::::::::::::::::::::
    l::!〈/イ:!:::lヘュ;j   {:;トi:::l)i::|     |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      |:|:.l:.:.:.:|ノヾ ヽ!  Yfたミヽ:.:.|:.:j:.:|:.:.|| ::::::::::::::::::::
    |::!:::lヾヘ:::!  、_', ` ハj/i::!     ヾ|!   ┴’  }|トi  }     lハ:ヘ:.:.:| fr心    ヒzり |:./|/`i:|:.:.|| ::::::::::::::::::::
    レ!:::|::', :ヽ:ト.、   //'ハ :!      |! ,,_      {'  }      \!、:、弋り 、   ///.|':.:.|_ノ.:!:.:.!l ::::::::::::::::::::
     ヾヘヾ::::'f`t≧tく-v{:/  リ      「´r__ァ   ./ 彡ハ、        |:`T// 、-‐7   /.:.:/:.:.:/:.:.:|:', ::::::::::::::::::::
       >ヘ:「{ ノヘ_> ゙̄ヽ      _ヽ ‐'  /   "'ヽ        l:.:.:|` 、 `´  ,. イ.:.:∧:.:.:!:.:.:.:!:.ヘ ::::::::::::::::::::
      〃          、l、   〃 -、`=っ,.. ' /     ヽ    _  |_:.」:.:.|:.::`_Z:.:_:.イ:.:ハ:.:|:.:.:.:|:.:.:.ヽ ::::::::::::::::::::
     /        ヽ  ,ィ´`ヽ /ヘー-┬-ツ⌒`  ̄ `    ヽ\_,. -'‐iT ヽヽ/´   || /:.:.:.:.!:.:.:.:.:|、:.:.:.:.', ::::::::::::::::::::
     ,′  ァ ,イ ̄ `ヽl/.: : : .!:}/`ヽr~'           i ,.イ   ノ|`ヽ }/       !!l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:ハ:.:.:.:.! ::::::::::::::::::::
    /   人.y: :ヽ : : : . }: . : : : jノ  /  ,'              / l !   ! .!_  `.′       !!|:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:| ::::::::::::::::::::
   /   / ヽ: : 、 _ヽ; : '`: : : :f:i′ ./  {             / .l |   |´!/ /    /   ||.!:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:!:.:.:.:! ::::::::::::::::::::
   /    /   \.: : : :', : : : : : !{  /   i   ヽ    j   /  | |   ∨ /    /    .!!ハ:.:.!:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:| ::::::::::::::::::::
  /   く     ヽ : : :i : : : : :!lー''    ト、    }   /   \  ! '.   ヽ/    /___」!__|:.ハ:.:.:.:.:.:.!:.:.:!:.:.:.:! ::::::::::::::::::::
  ヽ、   ヽ、_r=┐ ): : :! : : : : iハ    _─三二=-、 |  ノ /ヽ| '.   /    /      |:{ ハ:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:/ ::::::::::::::::::::
   ` ー- ..__ノ   }、/: : :,' : : : : : i: ',  //::./.:..:...:...:...\  ,.イ― ! ハ.  '    /-―――― ヾ、.ヘ:.:.:.:./_.:/ ::::::::::::::::::::
        ーァーイ /: : :,' : : : : : : :', /:::/i|.../゙|::..:..:..:..|..:..\\/:.:!   | | .ヘ.    ,.イ         ,.イ   !:.:/ ::::::::::::::::::::
       _r、{_/ ノヽ: :.{: : : : : : : : /::::::/:::|!..|:::|:.....|:::. |:...ハ:ハ/:.:.:L_ | l l ヽ- '´| !          { '.  |/ ::::::::::::::::::::
      `┴‐'´/   \: : : : : : : /|!.:..:.|!.::|!.:|::.|..:..:ト、.!|ヽ..i!.:!//  ̄| l |.     |l          ヽ ヽ、 :::::::::::::::::::::::::
          ,′    ヽ: : : : :///..:..|!:..ト、|Vヽ:..| ヽ|=|十:f:.:.:.!   !   iー- 、. l !           `丶、 ::::::::::::::::::::
          !      ヽ: : //人..:..|!.:.| r=-` ” r=┬|..|:.:.:.|   |  |   |.   !      ______\ ::::::::::::::::::::
          i       }_/    \\| ゞ''ソ   └''ソ/.:|:/廴二!  ヽ.__ノ    l=--== ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i ::::::::::::::::::::
          .!         !′   ! \\.       ./.:.:.:..f´ ハ | |      |'´ ̄`丶、         } ::::::::::::::::::::
          l       |    l   \>. ゚ . ∠ノ |:.:.:.:.:.ヘ.  ハ. l l       i       \         /! ::::::::::::::::::::
          .!      l     ,. - ─ '  `´ `ー'⌒|:.:.:.:.:|:.ヘ._ム  ヽ.     !       ヽ    / .′::::::::::::::::::::
           |       |  ./     `ヽ  ノ´  .|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:./ ヽ    ,.、i         `,ー- '´ / ::::::::::::::::::::
            .       /  .i       .,、    _  ヽ:_|:.:.:.:.{    `ー '´ |           /     / ::::::::::::::::::::
                  /    |    ,/./─、_ ` .〈 /|:.:.:.:..\_ノ┤   !          ./    / ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::            |    /  , '´     .ヽ─''’  )/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:|:.`ー一!        /    / ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::        |   { , '´  ___,、.丿   ,.//  .|:.:.:.:..:.:.:.:.:!:.:!:.:.:.:.:.:.|       /     / ::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ヽ , '´   /  `´  ` ´ レ  .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.:.!        /    ./ ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.!|:.:.:.:.:.:.|      ./     , ′::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   \:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.!     /    , ′::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ` ー‐|:.:.:.:.:.:.|     /    〈 ::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                  _,, --‐''` ‐ - 、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             l'.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             !::.................................:::::::::..............................`!
            ,i:::::::::::::::::::::::::::i:::::∧i...........、.....................:::ヘ   趣味が変わってしまった、か。一大事だな……。
            i:::::::::::::::::::::::::/|:::::! i!!::::::::!i:::::k::::::l::::::::::iヘ
             '!:::::::::::::::::i!:/ !::l ゙ !::::/ |::/r 、::l:::i:::|:l
             !:i^l:l:::::!i.レ..,__ヘ!   l::/  !(ヽ、`\i'リ      ……だが古泉。そこまで分かっているなら、
             !k i!',:::::! _  ̄_゙゙´ ゙' -‐‐'\ \ \      なんでお前はこの命令に従ってるんだ?
              !ヽ`!::::|  `゙''''''     ‐-‐' \ \ \_    少しくらい旅人を通してもバレやしないだろう?
               ヾ、j::|         l  r--‐-<;:>、    `ヽ
              _,/`i;:ト   u   |:. `` ‐-,、 ``     i
            _, r´:/ : :|゙' !、      ,'.:.   /-、\     `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.:|  ヾ、  r‐--っ /!:.:ヽ :`ヽ      ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ヽ、` ̄ /  |::.:.:ヽ: : ヘ      i
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : :!、    ___!=、
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,



                r-<_::::::::::::::::::::丶、
             , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
           /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
        /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
         !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!    だからこそ、ですよ。
         ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ    そんな不穏な状態の城内に人を近付けたくはありません。
              !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/     先ほどのような子供たちなら、なおさらです。
               !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/
             !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ
                ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                  >┬―''"´   /  ヽ
              _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
         _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
    _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_
  r'´              ! /ヽ、___/`\ /                `ヽ
  /                   !/  /;:;:;:|    ヾ                  ヽ
 /                  /:;:;:;:;:;!                       ヽ





                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨    なるほどな……。
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、
;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!  /\ヽ! ノ _,,>!.ヾ.、
;:;:;:;:ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;:;ト、/ `ー-、>--'''7 ト、|;:;:;:〉;\
:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:!    ヽ、_,__ノ |;:;:;:;く:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!       ! ' .! |;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;:;:!.    |   | |:;:;:;:;:;:;:〉:;:;:;:;:;:;:;:li
;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:/i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;!   |.  | |;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:!.|



                 /: : : : :_l:: :ヽ: : : :\: : : : : : : :ハ
                 /: : :./: ハ: : :ヘ: : : :.ヘ: : : : : : : :.ハ    とはいえ、これ以上我々にできることは何もありません。
             /: : : :| /  l: : : :ヽ、: : :ヘ: : : : : : : :ハ    この場所を離れるわけにはいきませんからね。
           _/´/:l: : !:|   ヽ: : : ヽ\: :ヘ:: : : :l: : : ハ
             ,': :|: : lリ ̄`-ト、: : l_ ,.X: ト; : :.!: l:l: !:!   物語の主人公にはなれそうもありませんから、後はのんびりと、
             |: :ハ: :l ィt〒ォ、ヽ\:| .ィt-ァ.',: :|: :!j:/}|    問題を解決してくれる勇者さまが現れるのを待ちましょう。
             |:.ト、!: l   ̄      `┴'´ l:.,':./)}、 !     ゲームでもしながら、ね。
         _ - ´ ヘ! l: :|       l         !':/イ ` ー 、
      _ - ´     / ヘ: ',       !      /:/イハ    ` ー 、
      /       /    トt、  ー─ -   イ:/. /' ハ         \
.     /       /, - 、リ_!_> ---、ニ_ //' !  _ l          ハ
    /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ
 .   {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、       l
    >    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /`ヽ、    ム
    〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ` 、 〈
  / /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'        `、ヽ
 /   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / ,'          `\



……………………
……………
……







160 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 21:24:50 ID:y43U1yZb

これはひどい趣味の変節wwwww





  ―― マログリフルの町 ――

      ∧
     /´Y`ヽ
    /(/)(\)ヽ
   / ⌒`´⌒ \   ダメだっていう……。
  | ,-)___(-、|   関所だけじゃなくて、ガイコビア城に向かう船も全部止められてるっていう。
  | l    `⌒´  l |   川を渡ることはできないっていう。
   \       /


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ '  ヽ_ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   そんな……。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    じゃあ、ガイコビア城に行くことはできないの?
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


          ____
       / \  /\
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    こりゃもう仕方ないお。きっと神様が行くなっていってるんだお。
    |      |r┬-|    |    トーチャンを探すのは諦めて、家に帰って寝るお!
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt           
                 }ミミリ   、,    Vi|リ!      \_WWWWWWWWWWWWWWWW/
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州      ≫                   ≪
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i       ≫   あきらめんなよ!!!  ≪
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ       ≫                   ≪
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´       /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi


           ____
       /     \  ビクッ!!
      /  ─三三─\
    /   ( ○)三(○)\   うおうっ!?
    |      (__人__)   |
     \     |r┬-|   ,/
    ノ      `ー'´   \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





\_WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
≫                                                          ≪
≫  諦めんなよ、お前!! どうしてそこでやめるんだ、そこで!! もう少し頑張ってみろよ!  ≪
≫  ダメダメダメダメ、諦めたら! 周りのこと思えよ、応援してる人たちのこと思ってみろって! ≪
≫  あともうちょっとのところなんだから! やってみろ!! 必ず目標を達成できる!!!    ≪
≫  だからこそNever Give Up!!!                                    ≪
≫                                                          ≪
/MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\
                     _,..、__,,_
                   _y'彡三三≧=、
                 ,イミt彡三三三ミミヽ、
                 、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
                 }ミミリ   、,    Vi|リ!
                 '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州
                 iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
                 `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                   、. /'-、,-'ヽ ... /´
                  _jl | rェェェュ | ,fに丶、
                f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
            ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
           /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
          /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ
        /   ;  :'|    ||   l:::::::::::ん'.//  ;  ;' /   ',
         ト.,_ '、_ ', | ;    ||   |:::::,イて//   ' / /    '、
        ,ハ `' 、ヾj |    ||   「レ'  {ソ     ,' / ,. -__,. }
         / `   ヽヽ l|    ||   H           { l, '  ,. -_ '、
      /      ソ! ;|    ||   iJ         l f_ / '´  '、
_    ん- 、 、  ,ノ ', l!     ||   |||         l ト、'  _,. -__,.ヽ
  `¨`ヽ'^'ー ミヽヽ ノ  ,};:'    ||   |||         | | ,ゞ彡'´ -‐ ーミi


          ____
       / ノ  \\
      / (○)  (○)\
    / ∪  (__人__)  \     い、いやいやいや!? 誰ですかお? あんた……。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


        ∧
      /ニYニヽ
     /( ゚ )( ゚ )ヽ
    /::::⌒`´⌒::::\   マログリフルの鍛冶屋の店主、松岡修造さんだっていう。
   | ,-)___(-、|   大陸一の熱い鍛冶屋さんとして評判っていう。現役引退してからのほうが元気だっていう。
   | l   |-┬-|  l |
    \_ `ー'´ _/




                  _,..、__,,_
                _y'彡三三≧=、
              ,イミt彡三三三ミミヽ、
              、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
              }ミミリ   、,    Vi|リ!
              '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州    とにかく、お前ら!!!
              iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i
              `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                、. /'-、,-'ヽ ... /´
               _jl | rェェェュ | ,fに丶、
             f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
         ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
        /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
       /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ



            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    こんにちは、松岡修造さん。
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ 
         rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         /  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         | ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
         ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::} |"
         /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
        ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::/ ノ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'
       /"''ー―----―'''"ヽ、
      /  /  i!  |  | ヽ ヽ,
      /  i   |  ヽ  ヽ  ヽ、 ,ゝ
     i  |    ヽ  ヽ  ヽ _,ゝ"
     |__|__,.-|_,.-+─┴"、
       |    |  ヽ    人
       | __ |    ヽ_,.''" ヽ


                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   こんにちは!
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |




                  _,..、__,,_
                _y'彡三三≧=、
              ,イミt彡三三三ミミヽ、
              、j'ミミシ'"`ー---=ミミミミt
              }ミミリ   、,    Vi|リ!
              '、ミ! -=、_,ハ、__,.=- lj州    とにかく、お前ら!!!
              iV rtッュ; ゙';rtッュ V^i    ガイコビア城に行きたかったら……!!!
              `゙! `¨,.´ ゙、゙¨´ jリソ
                、. /'-、,-'ヽ ... /´
               _jl | rェェェュ | ,fに丶、
             f"´ ∧ 、'、__ノノ∧:::}  ヽ
         ,. - ―へ、 ∧ `ー‐ ' ハ/:/  ノ^>、_
        /      ヽ、__ ゝ--- 'イ::/  /   `丶、
       /   、    i「 `ヾ ̄´::::::/ rァf´       ヽ


            ___
       /      \
      /  ノ   \ u\
    /  (●)  (●)  \   行きたかったら……?
    |     (__人__)  u.   |
     \ u.  ` ⌒´    /
    ノ           \


                       _,.......,,,_
                     、zァ彡三三三≧、
                   ,イ三彡ミミ三三ミミミヽ
                    fミミミッ-=ミ三三ミミミミ',
                   |ミミシ'    `¨¨´ ヾミミ|
                   ',ミミ{ ,..、_,, , __,,..、',ミミ!
                   Ⅵ! ,rtッュ.} ;´rtッュ'、}ミリ
                    f゙i "¨´,.: :、`¨゙" tシ′       歩けっ!!!
                       'ヘ ..../‐、_,‐ヽ ... ,!
                       ヽ. 、‐===ァ' i}/_
                       _,. -ヘ、`¨¨´ ,イ }i`丶、
               _,. -‐ '´   |l>― イ  ノ    `丶、
    _, ―- 、_       /        ヽ     /       `丶、
.  ,r'´ 、`丶_)'|   /           ` ― ´           ヽ
 〈  、_`丶,んノ   /   ,                      ;       ',
  ト、__`.ン´ゝイ  / 、 、j                   , i     ',
  {      /   /  丶、 |                   ;':|      i|
  ト、__:...:,イ   /    ヽ_!                  ;  |     '、ゝ、i|、、
  ',   i:|_/     丶-|                      |    、ヽ\ヽゝ'トく、、
  !   `、ヽ、      ン'i                  、 '、ヽゝ'`”ヽ\ヽ\ヽ\い
  ∨   '; 丶    `ソ  |              \ ヽゝ`ヾ`\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\Vj}
.   ∨     ヽ  /   |        \ V fゝ``ヾヾj\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ゝイ|
    ヽ、   /`ー'    |  、ヽj|、ゝヾ\ゝヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽri|、
      `ー '´       、ゝt\ヽゞヾ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽ\ヽゝf| >


         ____ 
       /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \   (はっ……!? しまった、この流れはマズイお!)
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /


v
            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    そっか、歩けばいいんだ。
             ヽ、  ゝ._)   j /     川を迂回してガイコビア城に向かう道は知ってる? でっていうさん。
            ヘ,、 __, イ 
         rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         /  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


       ∧
      ./ \Yノヽ
     / (0)(―)ヽ
   /  ⌒`´⌒ \   もちろん知っているっていう!
   | , -)    (-、.|   簡単に説明すると以下の通り。
   l   ヽ__ ノ  l |
   \         /


  --------- 迂回ルート(矢印が進行方向) ---------

    ───┐  ┌─    .┐┌───┐┌┐
    山山  └─┘山山山山││ .   └┘│
    山..             ││↓<現在地>│
    山..↓    ←    ← .橋. ←┌───┘  海
    山        山山山 ││  │.┌───┐
           ┌──┐山┘│  │.│     └┐
        ┌─┘┌─┘山─┘  │.│<目的地>山
    山..↓ └─┐└──┐山┌─┘.│山 ↑   山
    山   ┌─┘.    └─┘  .┌┘山     山
    山   └─┐  ┌┐   ┌─┘山山
    山      └─┘│ 湖 ..│山山山
      ↓    山山山│   │山山山  ↑   ┌
             山山└──┘山山        │
    山         山山山山山山          │
    山. →    →    →     →   ↑   .│
    山山山山        山山山山.      ┌─┘
    山山山山山山山      ┌──────┘

  -----------------------------------------------

        ∧
      ./\Yノヽ
     / (0)(―)ヽ
    / ⌒`´⌒ \    ただしこのルートの場合、山や湖も迂回しなきゃいけないから、
   | ,-)___(-、|   結構な長旅になってしまうっていう。
   | l        l |
    \         /





          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \    ちょ、ちょっと待つお! 長旅とか勘弁してくれお!
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    がんばって歩こうね、お兄ちゃん!
             ヽ、  ゝ._)   j /     
            ヘ,、 __, イ 
         rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         /  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


       ∧
      ./ \Yノヽ
     / (0)(―)ヽ
   /  ⌒`´⌒ \   まあ、道中にはいくつも町があるし、さほど野宿の必要もないハズだっていう。
   | , -)    (-、.|   魔物にさえ気をつければ大丈夫だっていう!
   l   ヽ__ ノ  l |
   \         /


           ____
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\   マジで行くんすか……?
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
     \:::::::::   |r┬-|   ,/
    ノ::::::::::::  `ー'´   \




              _,.......,,,_
           、zァ彡三三三≧、
         ,イ三彡ミミ三三ミミミヽ
        fミミミッ-=ミ三三ミミミミ',
         |ミミシ'    `¨¨´ ヾミミ|    大丈夫だ! 絶対大丈夫だ! 積極的にポジティブにがんばれがんばれ!
         ',ミミ{ ,..、_,, , __,,..、',ミミ!    本気になれば自分が変わる! 本気になれば全てが変わる!!
         Ⅵ! ,rtッュ.} ;´rtッュ'、}ミリ    気持ちの問題だ! 絶対やれる!! やれるやれる!!! 
          f゙i "¨´,.: :、`¨゙" tシ′
            'ヘ ..../‐、_,‐ヽ ... ,!
             ヽ. 、‐===ァ' i}/_
            _,. -ヘ、`¨¨´ ,イ }i`丶、
     _,. -‐ '´   |l>― イ  ノ    `丶、
    /        ヽ     /       `丶、
  /           ` ― ´           ヽ

        ____
      /      \
    / ─    ─ \
   /   (@)  (@)   \  や、やれるやれる……。
   |      (__人__)    |
   \     ` ⌒´     /


              _,.......,,,_
           、zァ彡三三三≧、
         ,イ三彡ミミ三三ミミミヽ
        fミミミッ-=ミ三三ミミミミ',
         |ミミシ'    `¨¨´ ヾミミ|
         ',ミミ{ ,..、_,, , __,,..、',ミミ!    いけるいける!!!
         Ⅵ! ,rtッュ.} ;´rtッュ'、}ミリ
          f゙i "¨´,.: :、`¨゙" tシ′
            'ヘ ..../‐、_,‐ヽ ... ,!
             ヽ. 、‐===ァ' i}/_
            _,. -ヘ、`¨¨´ ,イ }i`丶、
     _,. -‐ '´   |l>― イ  ノ    `丶、
    /        ヽ     /       `丶、
  /           ` ― ´           ヽ


       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ
    〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
    レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|
     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    いける、いける!
      ヽ、  ゝ._)   j /
       ヘ,、 __, イ 
    rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
    /  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


              _,.......,,,_
           、zァ彡三三三≧、
         ,イ三彡ミミ三三ミミミヽ
        fミミミッ-=ミ三三ミミミミ',
         |ミミシ'    `¨¨´ ヾミミ|
         ',ミミ{ ,..、_,, , __,,..、',ミミ!    できるできる!!!
         Ⅵ! ,rtッュ.} ;´rtッュ'、}ミリ
          f゙i "¨´,.: :、`¨゙" tシ′
            'ヘ ..../‐、_,‐ヽ ... ,!
             ヽ. 、‐===ァ' i}/_
            _,. -ヘ、`¨¨´ ,イ }i`丶、
     _,. -‐ '´   |l>― イ  ノ    `丶、
    /        ヽ     /       `丶、
  /           ` ― ´           ヽ


        ∧
      /ニYニヽ
     /( ゚ )( ゚ )ヽ
    /::::⌒`´⌒::::\   でっていう! でっていう!
   | ,-)___(-、|
   | l   |-┬-|  l |
    \_ `ー'´ _/





                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |    それじゃあ、いってらっしゃーーーい!!!
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


                        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                       / /" `ヽ ヽ  \                 いってきまーーーす!!!×3
        ____          //, '/     ヽハ  、 ヽ         ∧
      /      \        〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|       /ニYニヽ
    / ─    ─ \       レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|.      /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /   (@)  (@)   \     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ     /::::⌒`´⌒::::\
   |      (__人__)    |       ヽ、  ゝ._)   j /       | ,-)___(-、|
   \     ` ⌒´     /         ヘ,、 __, イ.         | l   |-┬-|  l |
   /             \     r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、     \_ `ー'´ _/


……………………
…………
……


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    乗せられたお!
  /    (__人__)   \   そもそも旅立ちシーンは前回やったお! もう三話目なのに何やってんだお!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





       ∧
      ./ \Yノヽ
     / (0)(―)ヽ
   /  ⌒`´⌒ \   今日のところはまず、マログリフルの町の西にある橋を渡って、
   | , -)    (-、.|   さらに北西に進んだところにある『ホルフの村』を目指すっていう!
   l   ヽ__ ノ  l |   日が暮れるころには到着するっていう。
   \         /


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    ホルフの村? どんなところなの?
             ヽ、  ゝ._)   j /     あたしもお兄ちゃんも、西の橋を渡ったことは一度も無いんだよね。
            ヘ,、 __, イ 
         rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         /  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  o゚⌒   ⌒゚o  \   せめて可愛いおねーさんがたくさんいて、
   |     (__人__)    |   ぱふぱふしてくれる場所がいいお。
   \     ` ⌒´     /





        ∧
      /ニYニヽ
     /( ゚ )( ゚ )ヽ
    /::::⌒`´⌒::::\   ド田舎でなーんにも無いっていう!
   | ,-)___(-、|
   | l   |-┬-|  l |
    \_ `ー'´ _/

                                       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                      / /" `ヽ ヽ  \
        ____                         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      /      \    帰るわ。              〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
    / ─    ─ \                      レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|.
   /   (○)  (○)   \   楽しみだね、お兄ちゃん! レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
   |      (__人__)    |                      ヽ、  ゝ._)   j / 
   \     ` ⌒´     /                        ヘ,、 __, イ.
   /             \                    r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   そんな純粋な目でやる夫を見ないでくれお、やるる……。
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       ∧
      ./ \Yノヽ
     / (ー)(―)ヽ     そこの次に大きな街があるっていう。だからホルフの村は、
   /  ⌒`´⌒ \   マログリフルから街に向かった旅人が日暮れに宿を取るために生まれた村だっていう。
   | , -)    (-、.|
   l   ヽ__ ノ  l |   ……では、出発しよう!
   \         /





   たーん♪ たーーん♪ たんたんたんたんたーん♪
   たんたたたんたんた~~~ん♪
                                               ___
          ___                                 /"   ``゛ヽ
        /_   \                              //, '" ハ ⌒ヽヽ
      /(―)゚o   \                             〃 {_{ / (●)\
     (__人__)      |                            レ!小l ⊂⊃ 、_,、_,)
       \⌒´   /                  ∧           レ      /
        と と ゙i.                  /  \          ⊂    つ
         (_⌒ヽ                /   (0\          人  Y
    ( ( (   )ノ `J          ( ( (  .(      ⌒`)   ( ( (  し (_)



  ―― マログリフルの西の橋 ――

                                          ,;;、   ノ';;
                                          ノ;;;;ゝ  /;;';;ゞ
     ||―ii―ii―ii―ii―ii―ii―ii―ii―ii―ii―ii―||              |i|    |il|
゙'''" "゙"'''""゙;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,,;""゙'''" "゙"'''""゙'''" "゙"'''""゙'''" "゙"'''""
゙"゙'''" "゙"'''""'''゙;、/⌒ヽ ,r'⌒ヽ ,r'⌒ヽ ,r'⌒\  ;"''"゙''゙゙''゙゙"゙゙''" ゙゙゙ ゙゙" ゙゙""゙゙" ゙"" ゙ ゙""
 " ゙"゙'''" "゙"""゙゙ 、'';; ;; | | ::: ::: | | :: ::: :| |:: ;;'',, ,,; "''"゙''゙゙''゙゙゙''" ゙''゙゙ ''゙゙ " ゙""゙ "゙" "゙" "" ゙
''゙" ゙"゙''""゙" ""゙",,;'';;'';゙ヾ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;";;゙;'';;'''- :;,," ゙''゙゙ ''゙゙ ゙""゙ "゙""゙" ゙"" ゙ ゙""゙" ゙
" ゙" ゙" ゙" ''",,;''゙''"゙''゙゙''゙゙゙;; :: :::: : : ::: ::;;゙ヾ;; ゙''"゙''゙゙''゙゙"゙゙'''ー ..,,,, ''゙゙゙" "゙ "゙" "゙" ゙"" ゙ ゙"
゙' ゙" ""''゙"゙,,;;'' ゙"゙'' ゙"゙''゙"゙''" ;; :: ::::: :: ::: :::: ::;;;゙ヾ;; " ゙" ゙"゙''゙" ""'' ゙"゙'゙'''ー ..,,,, ''゙゙ ゙" "゙ "
゙" " ゙"゙;;;゙" ''゙" ゙"゙''""゙" ゙" '' ;; :: :::: : ::: ::: : :: ::;;゙ヾ;;、 " ゙" ゙" ゙' ゙" ""'' ゙"゙""゙゙゙''' ー-





            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    橋の上からの景色、キレイだったね。お兄ちゃん。
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ 
         rヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         /  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         | ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
         ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::} |"
         /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
        ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::/ ノ


        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。   涙で前が見えなかったお……。
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j    ここまで来ると、もう引き返すことはできないお。覚悟を決めるしかないお。
    \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  


        ∧
       ./ \Yノヽ
      / (0)(―)ヽ
    /  ⌒`´⌒ \   まだせいぜい三分の一ってところっていう。がんばって歩くっていう。
    | , -)___(-、.|   今のところ魔物にも出会ってないし、この調子で村を目指すっていう。
    l.    |-┬-|   |
    \   `ー'´   /





  まどうしがあらわれた!

                     _
                    /   ヽ     _
                  /     \   /__ヽ
     _            / l⌒ー-一⌒i ヽ  ヽ二ノ
    \\∩      __{ ヽ⊂・X・⊃/  }___| |
  ⊂二   l     i´   人_ `ー- ―´_ノ    | |`i
   ⊂ -,  二l⌒l⌒|      Т     ̄ |     ,-| |―-、
      ι´   |    |     `     /     /, ( ̄ }  |
          |     |     、     /    / i_(   }  |
          |      |     \__/   /  |(__}、  |
          |      ヽ           /    / || | | .|
          \           -― ´     /  |.| |/ |
           \                /    / | | /
             >――-       _/    (_| |´
           /                      | |、
          <    ___         ____ |_| >
            ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ____
     /      \
    / ─    ─ \   お?
  /  ( ●)  (●)  \
  |      (__人__)     |
  \     ` ⌒´    /


  まどうしはギラをとなえた!
  やる夫に21のダメージ!
  やるるに25のダメージ!
  でっていうに18のダメージ! でっていうはたおれた!

        ____
      /ノ   ヽ、_\
    /( ○)}liil{(○)\    ちょ……!?
   /    (__人__)   \   なにこの理不尽なゲームバランス!?
   |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
   \    |ェェェェ|     /


        ∧
       /´Y`ヽ
      /( ̄)(_)ヽ
     / ⌒`´⌒ \   で、でっていう……!?(ばたり)
    | ,-)___(-、|
    | l   |-┬-|  l |
     \   `ー'´   /




175 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 22:09:24 ID:+4tQpVaY

>>171-172の間に何があったんだっていうwwww


176 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 22:09:58 ID:Om7fFWKK

橋を越えたからな…





            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|
         レl/lo゚(●) (<)゚o |、i|   お、お兄ちゃーーん!?
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ 
             ヽ、  ゝ._)   j / 
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


  まどうしはギラをとなえた! やるるはたおれた! 服がびりびりになった!(AA略

        ____
      / ノ   ヽ、\
    / ( ○)}liil{(○\   やるるーーー!?
   /     (__人__)  \
   |    ヽ |!!il|!|!l| /  |
   \     |ェェェェ|   /


  やる夫はにげだした! しかし、まわりこまれてしまった!
  まどうしはギラをとなえた!

                                  (巛ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡)ミ彡)
      _                          ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
   /  \                      人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)彡)'_\
  / l⌒ー⌒iヽ               ,,..、;;:~''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)  (>)\
  { (⊂・X・⊃)}     _,,..、;;:~-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ      彡"    (__人__)
 |  (:::..、===m==<|::::::゙:゙                    '"゙          ミ彡)彡'\    `⌒/
  .>     - ´<  ``゙⌒`゙"''~-、:;;,_              )   彡,,ノ彡~''"   ― ,,ミつ つ
 <    __ >            ゙⌒`゙"''~-、,,     ,,彡⌒''~''"       ―― 人 ヽノ
   ̄ ̄    ̄                    "⌒''~"             ――― し(__)


  「ぬわーーーーー!!!」 やる夫はたおれた。
  やる夫たちはぜんめつした……。

  ……………………
  …………
  ……











                     _
                    /   ヽ     _
                  /     \   /__ヽ
     _            / l⌒ー-一⌒i ヽ  ヽ二ノ
    \\∩      __{ ヽ⊂・X・⊃/  }___| |
  ⊂二   l     i´   人_ `ー- ―´_ノ    | |`i
   ⊂ -,  二l⌒l⌒|      Т     ̄ |     ,-| |―-、
      ι´   |    |     `     /     /, ( ̄ }  |
          |     |     、     /    / i_(   }  |



          |      |     \__/   /  |(__}、  |
          |      ヽ           /    / || | | .|
          \           -― ´     /  |.| |/ |
           \                /    / | | /
             >――-       _/    (_| |´
           /                      | |、
          <    ___         ____ |_| >



       ズ バ ッ !!!

                                                    /_`゙ヽ
                                                 /   }リ    , '⌒ヽ
                                                /   〃   /     }
                     ,                        .ヘゝ、_/'  /`゙ 、_/
                                          /    `7′,.く    /
                                             / ヾ __ ∠ァ'  `ゞー/ /
                              / ̄ ̄\ >、フイト、_,.イ   ` ゙ 、   ∠ ='´--ー-- 、
                               /      \ィ1:!::jj:r'´丿 ノミ、==、  ̄´(    {   /   `ヽ┐
                                   イ::i|:;!:i::jj::レ'  ,:   ヽ `ヾヽ  `ーrェt冖-‐…-  ノ'´
                                      l 儿ム'´ ヽ      } ヽ \\___て⌒ヽ,、
                             |         }l{      ,kく丁ト-‐ヘ.人   >r 亠-v'  \
                      f'r{ト|ト---ri´:;ト、 ヽ        }     ィ彡iヘ.ヾ{!:.:\___`ニZ´_夊ゝ   ヽ./´ ヘ
‐- = ============= ==={{ (エ|「`7灯:/|:;:::  ヽ     ノ :}/=‐ァ ヽヾ;、:.:.:.:. ̄ ̄   ヾ 、   ヽ_,>、)
                  ``={.]∟!{ |;ヘノ,!::::::::{:: `ー'_,.ィ!;彳ノ′ブ   ヘヾー-、_        ヾ、
                          |l ヽ|しヘj::::::ト、__ /ヘ:!--‐'    {  》=ミー-、、     }}
                              ,ゝ-;‐=='へ.;!;X^゛ -- .:.::;:;: 〃ー'´_jF! `ヾ、   ノ′
                            ´ ヾ   ノヘ 》、    `:.:.::;:;:{jr2(¨,-丿    `¨"
                                  V⌒゙ー===:.  :.::;:;:  `


  かいしんのいちげき! まどうしをたおした!






            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
          /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
         /  -==、   '==-  ..:::::|
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| 
        ! #;;:..  l  |    .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ /  # ヽ;,;  、 ヽ
        〃 {_{ ノ ;;#,;.;:: \リ| l │ i|:
        レ!小l -==、   '==-从 ..:::::|
          レ::⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::::.::::|、i|  
          ヽ.;;/;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/      
           >;;;;::..  イ,.;-:
        r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1:


                 ___
              ,,r-‐'     `''ヽ、
            /  ( ̄)(_)    \
        , 、 ,,/    ⌒`´⌒      '─--、,,
    ,,r-─      ,-)___(-、    ::::::::::::`,
   (:::::::       l   |-┬-|  l   ::::::::::::::,r‐
     ̄つ::::::::::::::     `ー'´ ::::::::::::::,r─‐‐''
     (´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r──'
      ̄ ゙̄'───--------‐'



         / ̄ ̄\
       /       \
        |::::::         |
       |:::::::::::     |   …………。
        .|::::::::::::::     |
         |::::::::::::::    }
         ヽ::::::::::::::   }
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::: く
        .|:::::::::::::::: \
          |:::::::::::::::::::::::\



  ザッ、ザッ、ザッ……


  ……
  …………
  ……………………




180 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 22:14:30 ID:Om7fFWKK

でっていう溶けたwwwwwwwww












      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ―   ―\
__ /   ( ー)  (ー) \
 ( |      (__人__)    | 
\ヽ\__  `ー ´__/ \
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
   ヽ               \
    \               \



      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ―   ―\
__ /   ( ー)  (●) \   ……ん?
 ( |      (__人__)    |
\ヽ\__  `ー ´__/ \
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
   ヽ               \
    \               \



          ______            
        /:υ::─ニjjニ─ヾ   ガバッ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|      やるるっ!? 無事かお!?
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/      
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\     
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ 
      ヽ               \  
       ヽ               \






       ___   お?
      /     \          -‐'´ ̄ ̄`ヽ、
    /        \     / /" `ヽ ヽ  \
  /            \   /, '/     ヽハ  、 ヽ
  |            (__|   〃 {  ⌒、 ⌒, リ| l | i  ……むにゃむにゃ、お兄ちゃん……。
  \          /    レ小( ー) (ー)从 | | 
    \       /      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
     |  ゙i    !、/⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ̄ ̄⌒ヽ 
.     |   !、.__,/     〈〉       〈〉    〈〉    ヽ
     |      /   〈〉       〈〉      〈〉       ヽ
     |     /       〈〉     〈〉           〈〉 ヽ ←がんばれば布団に見える!気持ちの問題だ!
     ヽ、__/                             ヽ
          ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐----‐‐-‐‐‐-‐‐-‐‐-ゞ



  ガチャ

            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |    気が付かれましたかな?
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\


        ____
      /      \!??
     /  u   ノ  \
   /      u (●)  \   こ、ここはどこだお?
   |         (__人__)|
    \    u   .` ⌒/
   ノ           \





            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{⌒){⌒)_    ここはホルフの村の宿屋です。
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ   ご無理をなさらずに。まだあまり動かれないほうがよろしいでしょう。
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\


         ___
      /      \
     /  ノ   ― u\
   /  (●)  (●)  \   そ、そうだったお。やる夫たちは魔物に襲われて……。
   |     (__人__)  u.   |   あなたが助けてくれたんですかお? どうもありがとうございますお。
    \ u.  ` ⌒´    /
   ノ           \


            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{⌒){⌒)_    いえいえ違います。私はこの村で宿を取っているただの武器商人ですよ。
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ   気絶していたあなた方を運んできた人に、面倒を見るように頼まれましてね。
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /    _   }     怪我も大したことはありませんよ。一晩休めば問題ないでしょう。
       _`ーr、 .|   L.-‐''''`ー'`フ'i′     若い娘さんもいるというのに、大事がなくていやー運が良かった。
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\





          ___
      /      \
     /ノ  \   u. \    そうなんですかお……?
   / (●)  (●)    \   じゃあ、やる夫たちを助けてくれた人にも、お礼を言わないと……。
   |   (__人__)    u.   |   その人はどこにいるお?
    \ u.` ⌒´      /
   ノ           \


            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。){。)_ |     私も引き止めたんですがね。先を急ぐとかですぐに行ってしまわれました。
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ    お名前も尋ねたんですが、『勇者』と名乗られただけでして。
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}   変わった方でしたなあ。
       \ ヽ、____)   /    _   }
       _`ーr、 .|   L.-‐''''`ー'`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\


         ____
       /      \
     / ─    ─ \    勇者、ですかお……?
   /  ( ●)  (●)  \
   |      (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   ノ           \





          -‐'´ ̄ ̄`ヽ、
.         / /" `ヽ ヽ  \
       /, '/     ヽハ  、 ヽ
.      〃 {  ⌒、 ⌒, リ| l | i  ……お兄ちゃん、大丈夫? むにゃむにゃ……。
       レ小( ー) (ー)从 | | |
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
   ⌒ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ̄⌒⌒
    〈〉        〈〉    〈〉


                     ,. -─- 、
                 /  , - ─ゝ-‐z._
           ┌ー┐_.i  /  _,、,w'V、N,.ト≦_
           , -‐l |l 「 ,>'‐'  ,ィハr'",二コ ∠ヾ,`__   おっと、起こしてしまうのは可哀想ですな。
.          / /,| |l !|/.r',ニY  V´_(。_} i。) Y「 il|   今夜のところはこの辺で失礼させていただきます。
.       /  /.| l| !|/,. l f_j '"´´r‐-‐ r ⌒ヽi |l |    何かあったら呼んでください。隣の部屋にいますので。
      〈    ,⊥_ l.l.イv,ゝニ)  l /''"´ ̄`ー'ヾ,i||
     , -‐ゝァ(9}`》《rーく\ !  'ー''"¨´ ̄`ツ「_」_      妹さんにもお礼を言っておいてあげて下さい。
.    / /   i  ン''´ ̄\ \ヽ`ー    、___, ∠!}、ーゝ、._     ずいぶんと心配されていたようですよ。
   ,-、l l.  |.∠- 、   ヽ. ヽ、`二''ー---v'.ニ´ヘ !\. ヽ.\
.   ,ゞ''| l  l/    \   } _」_i _  ̄ ̄l ol. ノ,l  ヽ.__L」_    それでは、ごゆっくり。
  /./| |  i     , -┴、_f7´, -r' ー-    l. | ´ |  rf-‐`ヾ.iヽ
. i/  L⊥_ |   / /:/ ,||  ニ}|\    L_/   | ヽiニ@ } !│
. !L_/,-‐-、`|       .|L_,. ィ |コ          iニ|   `Tニ´ィ./
   | l l⌒i ヽト、    _.ノ┘./ |           |   〃|ー '
.   ヽ\` j j. {_二ニニ-‐ ''´   .l‐_'.ニ        l.     |
.   \二ノ ./ ´′        ./   l           L_   |
     ` ̄ 7ー----------‐'    :l |     l      ̄T
       /  /   |    |      l l       l  l   |
       /  ,'     |   |      |. |     l  l l  |
        ,'  i.     |   l       l.    l   l. l   |
      i   l.     i       |     l    ,'  .,'  |.  |
.      i   |     ヽ.      |    l.   /  /  :l   |
     l   |       \.    |    ヽ._ノ ./   |   |
      L__|             |     __ /   i.  l
       └--r---‐_'.フヽ..__,」-‐- 、.___  _/ー '´
             ヽ\    / _./ヽ._、.ノ // ̄
                ̄〕ニニ、´く    j===L,__
            ∠-─- 、>')   ,(ヾ:、 / / rァミぅ
            {㏄CCfぅ'/   ヾ==='='===="
            ` ̄ ̄´

  バタン


        ____
      /      \
    / ─    ─ \
   /   (●)  (●)   \   ……勇者。
   |      (__人__)    |
   \     ` ⌒´     /
   ノ           \


         ___
      /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
   /  (●)  (●)  \   なんだか胸の奥がざわざわするお……。
   |     (__人__)  u.   |   何なんだお? この気持ち……。
    \    ` ⌒´    /
   ノ           \





          -‐'´ ̄ ̄`ヽ、
.         / /" `ヽ ヽ  \
       /, '/     ヽハ  、 ヽ
.      〃 {  ⌒、 ⌒, リ| l | i  ……お兄ちゃん、やるるは元気だよ……。
       レ小( ー) (ー)从 | | |  心配しないでいいからね、むにゃむにゃ……。
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
   ⌒ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ̄⌒⌒
    〈〉        〈〉    〈〉


        ____
      /      \
     /      ノ  \
   /       (⌒)  \   ……深く考えても仕方ないお。今日のところは寝るお。
   |         (__人__)|
    \        .` ⌒/         おやすみだお、やるる……。
   ノ           \



                           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                ____   / ./" `ヽ ヽ  \
               /      \ /, '/      ヽハ 、 ヽ    
.          ┌   / ―    ― \ {_{⌒   ⌒リ| l │ |i─┐
.          │ /   (ー)  (ー)   \ー) (ー)从. |、 |i  │
.          │ |      (__人__)     |  、_,、_, ⊂⊃ |ノノ  │
.          │ \__     __/      ノ j. /   │
         ┌───────────────────┐
         │───────────────────│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│








 ~ 第三話 『勇者あらわる?』 終 ~




187 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 22:25:02 ID:+4tQpVaY







 ~ おまけ 『勇者あらわる』 ~


                  カッ!!      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                ____   / ./" `ヽ ヽ  \       __ノヽ、_ノヽ、_ノヽ、_ノヽ、_ノヽ
               /      \ /, '/      ヽハ 、 ヽ     )
.          ┌   /  ::\:::/::  \ {_{⌒   ⌒リ| l │ |i─┐  <  やべえっ!? オナヌーしてえ……!!
.          │ /  .<●>::::::<●>  \ー) (ー)从. |、 |i.  │  ノ  
.          │ |      (__人__)     |  、_,、_, ⊂⊃ |ノノ  │   ̄ヽ,.--- 、,. -‐-.-- 、,. -‐-.-- 、,. -‐-.-
.          │ \__ ` ⌒´ __/      ノ j. /   .│    
         ┌───────────────────┐   
         │───────────────────│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│



         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  __   / ./" `ヽ ヽ  \
 :::::::::\ /, '/      ヽハ 、 ヽ
  ::::::::::\ {_{⌒   ⌒リ| l │ |i
  ::::::::::::::::\ー) (ー)从. |、 |i   う……ん……?
   ::::::::::::::::|  、_,、_, ⊂⊃ |ノノ
   __/      ノ j. /


 ~ おまけ 終? ~




189 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/24(土) 22:25:33 ID:+SUF+yJI

おお、面白かった。乙


193 名前: ◆EX3UTuJShc [sage] 投稿日:09/01/24(土) 22:27:24 ID:0+mw6G3V

……ふぅ。おまいらも乙!
投下後に何てコメントすればいいのか、いつも悩むぜ。
「やるるは俺の嫁!」とか言ってたりしたらいいんだろうか……?

削っても削っても中だるみが取れなくて申し訳ない。
次はもっと短くまとめるよう心がけまふ。


194 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 22:36:00 ID:5et2l2lw

別にやたら短くする必要もないと思うけどね
乙でした


195 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 23:07:59 ID:NNF/OmNw

ゲームバランス云々はさすがTDQ。


196 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/24(土) 23:08:47 ID:XZgjOSIk

>>1乙
トルネコで不覚にも吹いた


197 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/25(日) 02:25:30 ID:1r8emljH

モンスターのビジュアルがドラクエそのまんまだけど
これって大丈夫なのか?


198 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/25(日) 07:15:26 ID:E18nZM8W

ゲーム本編でもまんまDQの敵だしBGMだし
そもそもやる夫スレで版権言い出したら何も出来なくなるぞ

ただ、ゲームの方はそれがまずくて3も4も作れなくなったっていうwwww


199 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/25(日) 09:10:13 ID:S1cuwzyV

意外にTDQを知ってる人多いのかな
投下中とかコメントはあんまりついてないけど、人いる?


200 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/25(日) 09:22:21 ID:E18nZM8W

投下中コメントは欲しいよな
わかるよ

だが、昨日は時間が悪かったんだよ
同じ時間に複数やる夫スレやってたからさ

見てるよ
あんまり気にしなさんな


201 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/25(日) 15:55:41 ID:nOSGSRQl

敵の攻撃呪文威力が半端ないんだよなw





>>200の優しさに全俺が泣いた。
コメントいっぱい付くようなクオリティの高い作品を作れるようにがんがるぜ!
きっといつかスレを草で埋め尽くしてやんよ!

とりあえずせっかく書き込むんだから、次回予告を投下しておくっていう。
実際の内容は都合により変更される場合があることをあらかじめご了承ください。



 ~ 次回予告 ~

*「よろしければ わたくしの でし ゼルクを げんきづけて くださいな」

          『魔物の襲撃だ! 逃げろ、ゼルク!』
                『お父様、お父様はどうされるのですか!?』

*「ぼちに すんでいる ゼルク。
  おしろで そうりょの べんきょうを していたんだけど……。
  おとうさんが いなくなってからは……」

          『危ないゼルク! 後ろだ!』
                『きゃあああ!? は、はなして、触らないで!!』

*「なに おぬしらも ちちが いなくなったとな。
  うむ そのゆうき ゼルクにも みならわせたい ものよのう」

          『ゼルクーーーーーー!?』
                『お父様ーーー! 見ないで、見ないで下さいーーー!!』






;;:;;;;;;:;;;;;;   l;;;:;:;l;;:::::: ゛  .| ! i .i:/  ....  \l;;:;;;;:;;l::: ::://_,,-(__)|;;/;/:: :: ::::l;ノ l;;;l\ヽ, .ヽ}
;;:;;;;;;:;;;;   /;;:;:/;;:;:;::::: :: ::/ /  ! !゛ :::r‐、...::;l;;;;   i::: ::://:/o/;;〃/ン==ー'-、ノl;;|`ヽ\}
;;;:;;;;;:;   /;;:;:/;;:;::: : ::::、'" /::: : ::! ! ::/  .ヽ;;|;;;./´'\/ ./;::::/ /;;::::. i .l゙`ii'"゙)~`i !ノ|;l.)}r"~
;;;:;;;;   /;::::::l::::   :::::\;;:;:;:;;/ヽヽ::l    ;;l;;;     |/;;:::::! .i;;;;::.. \ヾ_゛== "ヾ.l/ }
;;;:;;   /;::::::::!:::      :::::::l;/  ヽ\ ::;:;;;;;!;;::     l;;::ノ:::::((゙(;;;::;  `''_..ニ'">>ヾヽ:::::!
;;;:;   ;!;;:::::::l゙::::     :::::|;;;:;;;:;;_,,_;;\ヽー'"::::;:;`\,,_!::ヽ ノノヽヽ‐-、二ニニ ニ ニ ニ ニ|
;;;:   |;;::::::::::!:::::       ;;;ノ::/;;:;;:;`''ー';;:.、\ーー--ーーヽr-----`/` ノノ/;;;,,,__,ゞヽ;; :::`、
;;;:   |;;::::::::::!:::    //:}::/ 、;;:;;::;;;:;;:;:;;:;::ヽ,ヽ,;;;:;;:;;;:;;:;;;:;;l.}~\ ̄,`l^l'"ヾ Y`;::::r"   ′  i
;;;:   !;;;:;::::::.!:::   ,ノ./:/::/:::;;;;`''ー- .......... 丶,,ニニlニ)-○::::;;:!ヾ、/◎ミヽ,   .ヽ-、.     !
;;;:   ヽ;;:::::::|:::: /,,i l:/:::/:::::;;;;;:;:;:/   i::: : : ::::::i  `ヽ ;;:;::::;;:;:;|:::;;;| ./^\ ;:.   `'::,\_,ノ
;;;:;;;   ヽ;;:;:;!:::/./ !/::::/;;:;:;;;:;:/    l::: : :::: :::!    \;;;:;:;:|::::!;\.`,っヽ、.′__,,,、 !
:;;:;;:;;:   ヽ;;:!::l ノ /:::::::!;;:;:;:/   ;;:;   !::: :: ::::::i   ;;:;;:;;:;   ゙'iヽ:::ヽ;//''"ノ l`i_i'_ii`"
:;;:;;:;;:;;:;   lノ ゛.  ::l:::::/;/   ;;:;;:;;:;;:;;:   !::: :: : :::ヽ   ;;:;;:;;   l::::`‐,//(";;;~ノノ/
;;:;;:;;:;;:   /::   :::!:::!;;|   ;;:;;:;;:;;:;;:;;   ヽ;;; ; ; ;;; ;}   ;;:;;:   |:::::/゙lヽ'"v-i`""
:;:;:;:;:;:   l:::::: :::: : ::::::l;;:;!   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   \:: : :ノ   ;:;:.  |/ . /" .`''''"゙、 .、
:;:;:;:;:;:   |;;::;::;:;;:::;::;::/;;:;:| ,.. __,,,   ;:;:;:;:;:;   `´   ;:;:;:;:;:   / ./ ゙'-  ィ":::::::ヽ.'
:;:;:;:;:;:   |;;::;:;:;:;::::::/;;:;;:;:!/゛   `'、   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   _//\;;:;:;:;:;;::::;ヽ:::;:;:;:::`ー-;;'''
:;::;::;::;   l:: ::: ::::: /;;:;:;:;;/ 、    .i   ;::;::;::;::;::;::   / //"ヽ. .ヽ;;:;:;:;;;;:;:;:`,:::;:;::::;:::::::i
::;::;::;::   l;i   .、l;;:;:;:/ .li.!::     ヽ   ;::;::;::;:   / ./../   i.|`i、 ヽ、;;;:;:;:::;;i::::::;:;:;;::::::!
:   :;:,-'/;!  /:!゙‐'゛  .|`|::.     \   ;::;   // /!_`. .::!ノノl   ヽ ;;:;:;:|::::;:;;::::::i.',
. /:::::/;;i  /l:i   ;::   | !::..     .-‐-、_,,,,,,,_,, -‐  ヽ .::|  .i  ;:: \;;:', ',::: ::l::',
::::::::::/;;;;:!  !/!     ,! ヽ::  i     ヽ  "`      ):|ヽ  !     \i ' ,: .|::',
: ::::::/;;: ::l ,l゙.!::|     l  丶::::..| u    ,,r-`-- - 、゚  lヽ;, ;  l        { iヽ\ !:.:',
r-/    " .!::!      ! 彡ヽ⌒ヽ 。//  /i"~`li `、 ,/,ノ )ヽ  ',__      `,;;::   ::', ̄`,
゙l, !    .、;;:;l      >ヽ .,-‐''') . ) ! ./゚   `''ー''  。ヽ!/ノ'''‐-、__}_     .',;;:::   ::',::;:::',
ニ"|;;`'ー-'";;;;;;:!       .(`/  ( . (_,i. i, r‐-  "`  -‐、 l、  。  |_;;;);)    ヽ;;::  ::::ノニニ}


 「 いやああああああああああああああああああああああああああああ!!! 」


 ~ 第四話 『神官少女ゼルク・傷ついた心と身体(仮題)』 ~



      / ̄ ̄ ̄ \
    /       ― \    __,~ -,_
__ /        (ー) \   |\`ー~' \  ……ふぅ。
 ( |           (__人 |   \| ̄ ̄ ̄|
\ヽ\_____  `ー/\    ̄ ̄ ̄
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒⌒⌒ヽつ ))
   ヽ               \ @ ポイ
    \               \


よろしくおながいします。   ※上の場面はすぐ兵士長さんが助けまふ




204 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/25(日) 19:02:09 ID:6/uZADG4

予告乙



211 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/28(水) 13:48:18 ID:PQQhcLUi

原作もこんなに魔物強いのか
だとしたら念入りにレベル上げが必要かな


212 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/28(水) 21:19:13 ID:7ljT1KrI

>>211
レベル上げ必須とかってもんじゃない。想定レベル10以上稼いでても場合によっちゃ普通に死ぬ
メタル狩りしてたらはぐれメタルのギラ連発で死に掛けたりする。ていうかムルイ(でっていう)は死ぬ
終盤に入るか、有用なアイテムが揃うか、裏技つかえば”多少”楽になるけど


213 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/28(水) 21:21:13 ID:4ymgoNiX

FCDQ2並だな


214 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/28(水) 21:26:03 ID:ixMhxhyp

ばくだんいわのメガンテ率が異常に高かった


215 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/28(水) 21:32:21 ID:ZPf8+UZB

今ちょろっとやってみてるが
ムルイが弱いのはステが低いのは確かだけど
装備が全然無いからじゃねーか、裸状態でどうしろというんだw
スクルト、ホイミは役立つんだがなー。。。



216 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/28(水) 21:38:17 ID:ixMhxhyp

>>215
先に進めば装備出来るようにはなるが
最後まで微妙なんだよなあ



関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 04:31 |コメント(3)
カテゴリー:【TDQ】やる夫でドラゴンオエスト

|

<< 【TDQ】やる夫でドラゴンオエスト ~ 第四話 『子供から大人へ』 ~ | HOME | 【俗】やる夫がスモチ荘で暮らすようです 第十一話『やる夫が鶴屋さんを再び手伝うようです』 >>

■御感想or寝言

3293 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/27(金) 07:38:21 ID:-

原作と同じで雰囲気に癒される
いやはやエロ展開も楽しみな…


3538 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/29(日) 12:43:50 ID:-

湖の字の下あたりで、毒消し祭美味しいです


3856 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/02(木) 05:11:50 ID:-

いまさらかもだがトルネコのAAの完成度が
素晴らしいな


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV