やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス飲食短編勝負地雷爆破デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■--/--/--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- |
カテゴリー:スポンサー広告

■2017/12/26(火) やる夫ショートストーリーセレクション Ep229 奉仕者たち


やる夫短編 まとめ
やる夫短編集 第二百七十六巻より


529 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:29:09 ID:mc.Pk7EM0 [2/34] (PC)





          奉仕者たち




.

530 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:29:44 ID:mc.Pk7EM0 [3/34] (PC)



          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ●)(●)
        |       | |
        |     __´___ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     彼女と知り合ったのはチャットを通してだった





          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ●)(●)
        | u.     | |
        |     __´___ノ
        |  U    ´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     彼女は美大に通っているが、スランプに陥っているらしく

     その悩みを打ち明けてきた





          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ─)(─)
        | u.     | |
        |     __´___ノ
        |  U    ´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     お人よしだった僕は彼女を放っておくことができず、

     Twitterのアカウントを教え、これからも悩みを聞くことを了承した


.

531 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:30:28 ID:mc.Pk7EM0 [4/34] (PC)



             / ̄ ̄\
           /       \
.          |  「   へ.  |
            |  (●) (●) |
            |   |    .!
          l   __´___   l
             ヽ      /
          /       \
        /             |
.      _/((┃))____i |
.    / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.   /  /________ヽ..  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    その頃の僕は、彼女のように大学には通ってはいなかったが、

    趣味で執筆活動をしていた





             / ̄ ̄\
           /       \
.          |  -‐'  ヽ、  |
            |  (○) (○) |
            |   |    .!
          l   __´___   l
             ヽ      /
          /       \
        /             |
.      _/((┃))____i |
.    / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.   /  /________ヽ..  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     しかし、尊敬する先人のような文章を書くことは

     僕にはできなかった





             / ̄ ̄\
           /       \
.          |  -‐'  ヽ、  |
            |  (ー) (ー)  |
            |   |    .!
          l   __´___   l
             ヽ      /
          /       \
        /             |
.      _/((┃))____i |
.    / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.   /  /________ヽ..  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     そんな僕が彼女を放っておくことができなかったのは、

     自らとダブったからかもしれない


.

532 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:31:16 ID:mc.Pk7EM0 [5/34] (PC)



          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ●)(●)
        |       | |
        |     __´___ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     そんな彼女との連絡は頻繁におこなわれた





          / ̄ ̄\
        /   _ノ   \
        |    ( ⌒)(⌒)
        |       | |
        |     __´___ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     彼女の悩みはいまだ解決していないようだったが、

     僕らは雑談をして楽しむほど仲良くなっていた





          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |   (● )(● )
        |       | |
        |     __´___ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     そんな僕は彼女のほかに気になることがあった


.

533 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:31:55 ID:mc.Pk7EM0 [6/34] (PC)



           / ̄ ̄\
         / 「  へ \
         | (●) (●)  |
         |   |    │
     ', ̄ ̄ ̄``'‐、`_,.、-―‐'―‐┐
    ,:'ヽ、      |       ノヽ、
    〉 -、)     .|      (,、- i
    ヽ -、)     |      (,.、- ノ


     それは、自ら執筆した小説の出来であった





       / ̄ ̄\
       /   「    \
     |  ( ●)( ●)
      .|  u.    |  |
       |     ___´___l
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
       /     / ̄ ̄/´ ̄/
       |  |.  /    /  ⊂)


     自分としては全然満足のいく作品ではなかったが、

     プロの目が見れば何か光るものがあるのではないか、

     そんな一抹の希望が僕にはあった





             /  ̄ ̄\         │::::;::::::;;;;;::|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;:: ::: ::::||::::: ;; ;:: : :|
           /      -‐'ヽ       │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;:::: : ::::|| ::::: ::: ;; ::|
           |::::::     ( ●)        │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: : :::||::: : ;; ::: :::|
              |:::::::::::      |       .│:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: : :::||::: ::: : : ::::|
            |::::::::::::::   __´        │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: ::: :||:::: : :: :: :::|:
               |::::::::::::::    }        iニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
               ヽ::::::::::::::    }
        __    ヽ::::::::::  ノ
        | |=====>     く ============| |
        | |   / l       ヽ        | |
        | |  / /l     丶 .l          | |
        | |  / / l        } l ̄ヽ____| |
      / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l !__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `-  {し|     /  | |
  /    ヽ         `ヽー、}   ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                   /  |/


     明日、出版社に持ち込もう

     そう決めてその日は床についた


.

534 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:32:43 ID:mc.Pk7EM0 [7/34] (PC)



               ___
             /, l___l\
            //レ|‐┼┼‐ト\\
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
       /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
       i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
     _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
    __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | 爻爻爻爻爻爻  ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ 爻爻爻爻爻; ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| 爻爻爻爻シ ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ヾ爻爻メ ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ YfY ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|





               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ





      / ̄ ̄\
    /      \
    |    -‐'  ヘ l
.     |  ( ー)( ●) |
      |  u.   |     |
      ,|    __´___   }
    / ヽ        !
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|





      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |   ( ●)(●)
    .|     (__人__)      ……才能ないよ
     |          )
     .|          }
     >     ∩/⊃
    (  \ / _ノ _,,  /て⊃──、
    |\. ”  /_|\  `´  \     \
    |  \_/  |   \__/.   ̄ ̄ ̄ ̄





                ,. '"´ \
               /      \
              /        ● \
             i      ● ヽ  ヽ
             |         ●  ノ
             |           /
             |          /
              |     _,,.. -‐'"
              |    .'"´
              i   .!
                ゙、  ゙、
                \  ヽ
                  ヽ  !
                    ノ/
               i'/
                  !
       / ̄ ̄\
     /   「  \
     |   ( ○)(○) :
     : |        |  |:     そうですか……
    :: |     __´___ノ.:
      .|    `ー'´}.      読んでくださりありがとうこざいました……
      .ヽ.        }.
       ヽ     ノ
       /    く
      .: |      .| :
      .: |     .| :


     その日、僕の文学人生は終了した


.




アクセスカウンター



535 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:33:24 ID:mc.Pk7EM0 [8/34] (PC)



     / ̄ ̄\
   /   「    \
   |   ( ○)ll(○)
   |       | |
   |     __´___ノ     ( ;;;;(
   |     `ー'´}      ) ;;;;)
   ヽ        }      /;;/
    ヽ     ノ      l;;,´
    /⌒    ヽ
   ./   \    Y´ ̄了━・
  /       \|\_/
  |       ヽ、__)|
  |     ヽ ̄⌒Y ̄ ̄⌒ヽ
  \___y  ゙|___ィ   |_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |  |   |_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |  ̄ |  |
            {___゙)   {___゙)


     その日、帰りの途上にある公園に

     僕は何時間いただろうか……





         廴__}
           廴__}
.          廴__}
          //ー'弋 、
.        //   \\
       //       \\
.      //           \\
      //.            \\
     | {             \\
     | i              .ヽヽ
      \\              リ!
        \\            / /
          \\         //
            `  `二二二二二>'


     / ̄ ̄\
    /:::::::::::::::へ \
    |::::::::::::::::::::::::) |
.    |:::::::::::::|   |
    |:::::::::__´___  j
    |:::::::::::      }
    ヽ       }
     ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |


     そこで僕は死ぬことばかり夢想した

     文学に人生を捧げるつもりでいたのに……

     もはや僕の人生に意味はない……





           / ̄ ̄\
          / _ノ  ヽ、_ \
        . | ( ●)(● ) |
        . |  (__人__)  │
          |   `⌒ ´   |
        .  |           |
        .  ヽ       /
           ヽ      /
           >     <
           |      |
            |      |


     僕の無意味な人生に彼が引導を渡してくれたのだ

     いや……





     / ̄ ̄\
    /:::::::::::::::へ \
    |::::::::::::::::::::::::) |
.    |:::::::::::::|   |
    |:::::::::__´___  j
    |:::::::::::      }
    ヽ       }
     ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |


     僕はすでに気づいていたのだ

     彼はそれに確証を与えてくれただけ……


.

536 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:33:59 ID:mc.Pk7EM0 [9/34] (PC)



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| /    \
 |:::::::::::::::||( =) (=)|
 |:::::::::::::::||     |   |
 |:::::::::::::::||   ___´___   |
 |:::::::::::::::||        .}
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||


     帰宅したときに時計は0時をまわっていた





          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ○)(○)
        |       | |
        |     __´___ノ
        |       ´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     しかし、僕はいつもの習慣にまかせて、パソコンの電源をいれ、

     Twitterにアクセスした




          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ○)(○)
        | u.     | |
        |     __´___ノ
        |  U    ´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     僕のアカウントには彼女からのメッセージが大量に届いてた

     彼女はスランプで切羽詰り、死を考えているようだった

     傷心の僕もこれには戸惑った





          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    (  )( )((○ ((○
        |       | |
        |     __´___ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_


     それに加えてこんなメッセージが最後に届いていた

     「直接会えないかしら……」


.

537 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:34:44 ID:mc.Pk7EM0 [10/34] (PC)



              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /    u   .ノ.ノ.ノノノ
          ハ 「  ヽ  u /   /ノ
         / (○)(○)  .(    l ヽー―ー-、
        /  . |  |     ム   イ    r    ヽ
         ./   /ヽ _`_    |   .l    /     、 l
      /    /  ヽ`二'´/l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ


     今日死にたくなった僕には彼女の気持ちは分かる

     痛いほど分かるのだ

     しかし、会うとなるとそれは悩まざるを得ない





          _______
        /          \
      __/             \
    /                 |
    |           i   (○)〉‐┐ .|
    l  lヽ     / | 、_     /
   /    ヽ\   ゝl   (○)〉/
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


     インターネットで知り合った男女が直接会う……

     絶望と失望の予感しかしない……

     それに相手はちょっとメンヘラな女性だ

     自分だってパッとしない男





    / ̄ ̄\
  / u ─'   \
  |    ( ◯)(◯)
  |       | |
  | U    __´___ノ
  |       ´}
  ヽ        }
   ヽ   u ノ   ゴクリ…
    /    く
    |     |


     どちらも失望する未来しか見えなかった

     だが……しかし……





                      _人_
            / ̄ ̄\  `Y´
.             / 「   ヘ \
           |  (●)(●) |
           |      |   │
           │   __´___  .|
           │   `ー'´  .|
.         ┃  ヽ         / . ┃
.       ┃┃.   ヽ       /   ┃┃
.     ┃┃┃.   ./    く.   ┃┃┃    _             n          __
.   ┃┃┃┃     |      |.  ┃┃┃┃   辷l /7 _,n___  ,⊆ ⊇、 に二二l └┘/7
.   ┃┃┃┃     |      |.  ┃┃┃┃    くノ `l_ヤ′  ̄U ̄         <ノ


     どうせ死のうと思っていた身!

     失望させようが失望しようが関係ない!

     そんなこんなで「会おう」と返信した


.

538 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:35:29 ID:mc.Pk7EM0 [11/34] (PC)



___                          ┌――┐、
.   |"''''ー-i,,,__               ┌―‐┐._l,,r――:|、 丶
===|! ll ll ii|'―i、              | MG,.イ!_|___| .\
ll ll |"''''ー-|:,、,.|.\      , ― 、    l| ̄/l |┌─―┐|_\|
===|! ll ll ii|(',,,,!'llii| .   _|:109:|    l| i"  l |..|゚ 人, 。|..| |ヾ|
ll ll |"''''ー-|('iュ|゙ヾ|   l __|::::::::::l,__    l| |  /|..|(・-・<ノ|..|_|:.|
===|! ll ll ii|(n、!'llii|  ./__|:| ̄|:|,,_|'i  || |//|└─―┘| |ヾ|
ゞ;;ゞ"''''ー-|'愛|゙ヾ|/l/|ii|:|2c|:| |'|゙| l゙|| |/_,-|____|_|:.|
ゞ,ヾゞll_ll_ii|;;;;; !'llii|/ゞヾ.:|:|..H|:| |.ヾ ヾ;ゞ ,;;‐'''|;Gi'():∧;;;;;| |ヾ|
,ヾ、ゞァl_lミ;;|'―|゙ヾ| ゞ;ヾ,ゞ|:|_|:| ゞゞ;:ゞ.ヾ;;ゞ/|从) (∀’.;|_|:.|
ゞ ;ヾ;――|:―|!llii| ;ヾ;ゞ.ゞ =-= ゞゞ ;ゞヾ.;ゞ、/|二二二二|_|ヾ|
''|ii|" |i ̄i|.| ̄i|゙ヾ|  lil,、_,、,、_,、 'ヾlil''゙|i|",、_,、 ||,__________,||.,、_,、
―-、_==========   (jコ )ー゚*)     (  ゚) ll    ll ('jコ')
:o-o-'  ̄ ̄ ̄ ̄    (  ) c)      (  )        < )
              uu uu        u u         メ,





     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  へ.   へ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   |  /         |  |
   {___´__   彡  __´___ノ
    {`ー'´      `ー'´}
     {      彡     }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |


     約束の日

     僕は期待と不安を同居させながら彼女を探した





.             ,、
.      r 、   /ノ}
.      |_} |. / /  / )
.       |  |/ / / /
.        |´ / // /,ノ)
    r 、l‐/ / / /
....   | }   / /
.     | l    、 {        すみません、できない夫さんですか?
      l         |
     |      |
..    }        |
    ノ     ノ


     すると、後ろから声をかけられた

     僕の本名を知っているのだから、当然待ち合わせの相手だ





    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ   へ      ヽ
 ( ●)( ●)      |
  |  |           |
  |. ___`____       l
.  |          /        えぇ、そうですが
  |          /
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ¦  ¦ ¦ j l   |


     僕は振り返って、声の主を見た


.

539 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:36:08 ID:mc.Pk7EM0 [12/34] (PC)



          ,,,.. --- ...,,
     ,. <´ >< ̄>=-,.、ヽ 、
   ./-‐ '' """" '' - ニ..,X>、 \
  /             ヽ,X\ ':,
. /      ,l     , i    ヽKi  i
. ,' ;   i _| |   ,.....LL._ i   ';>| .|     わ、わたし巡音ルカです
..l |   '|´./ l.l   /l/ | `!   'r-, l
.| l    l,xr=i'|   /ィ==s, ,  r┴, |     いつもお世話になってます
.l .|l   |.〈. |::::::| ヽ/ |::::::::::| ,!.li   |l l | l
..'|. ',  l.i  !;_::;!     l::__::ソ l ! '; .|.|.|.l |
 ' .ヽ l ! ,,,       ,,, |  .l. l┬' l
.   ヽ.|', i`i';;_ ._ ` ´   .. / /!' /  .|
    ./ \l'''-'..,,.<二...´=ニ!/  /_  .l ':,
   // / ´/:l !i´`!,z.ニ-/  /  ヽ |. ヽ
 / / ,' /z=-ヾ! ´二.. /  /    | l   ヽ
'  /i r‐'/ ヾ==-i''i,,!二>i  / 03 !   l  \


     美人だ……





       ,. </.. >-<.\`ヽ、ヽ、
     ./,  ' ´      ::`ヽ--ヽ::..ヽ
    /           ::::::\!ヽ::::',
   /  .::  :::   /..': :. .:i ::::::::',´,L::l
.  /  :::/.::/::::  |//: /:: :|:.    i-,.r'!
  'i.: :::' ::/i:|:: /: ./::_.,'=l-,-:-:::!:/ .| .l| |     もしかして待たせてしまいましたか?
  |.l: : Z' ̄!'ヽ.!:./ l:/' ,!.'-.l、 ::;'  l .|l l
  l ! :| :l,ィ:''ヽ,'/ '゙ イ;;;;;゙i. /:::;'  .l .l!/
  |' '; :l':;:i.ヾ:::::!      ヾ:::ノ| .:/  /-::'/
   iヽ:ヾ, `´ ,      !:/ / /::/i
   | ,`:::::ヽ.、 ,、、_   ,/ ./.::/::/:|
   l:i', i;:::r--,゙/ ,゙へ,.  ',././::/: ::i::::l
   'レ ‐'- / '゙ ,.:: 〉-rr<i//:: l: l::|
   ./   i'´  ‐''´ _`>、r''ヽ |:: :::: l:::',
  .i    |    ´ /,| r .| .l::: :::: ヽ:.ヽ
  |   ,../     ' /ヽ' -'/!:;:  ::  ::::::\

<いえ、そんなことありませんよ


     美人だ……




  /  .:;::::i;:  :::: :::lヽ::::. :::::::...\X\l\::::..\
 / / .:/:/:l ヽ :::: ::|. l:ヽ::\;i::::::..\X ><',::::.. ヽ
/  l :::l::lイ ̄':; :::::i::::l ',:::'  ̄`iヽ、:. ヽ/ V .l:::::. ',
  | :::|::|::|   ';::::::|:::|  ヽ;::ヽ::::i:ヽヽ:ヽ /ヽ,.|::::.. !
  .l  ::l::::l:l   ヽ:::l';::l   _、:::::|::\::::';へ Xl::::.. ヽ
  |  :::!::::|l./´!`ヽ\!ヽ! ´ ./:::::::`ヽ:::;:ヽ::i―- |:::::... \
  l  :::i:::::::|  |::::::i     |:::::::::::::::!:::ヽ:::|/ ̄ヽ::::::....  ヽ    なら良かったです
  .| ::::|:::::::l  ヽ::ノ     ヽ:::::: ノi::::::::';:l   |:::::::::::...
  ', ::::l:::::::ヽ, , ,   ,     , , ,  |::::i:::::ヽ  /::::ヽ:::::::..
  ヽ ::::',:::::! ゝ   _         l::::|::::l::l ̄:l::::::::\::::
   \ :iヽ:::ヽ      ̄´    /|:::l:::::|:|::::::|:::::::::::..ヽ
    |::::|::\::::\      ,  '  l:::|::::::ll:::::::l:::::::::::::::..
    / ::::l::::::ヽ::ヽ`  ‐- 'i´,. -‐ |:/::::::i:!:::::::|::!:::::::::::::
   /  :::::|:::::::::\:\::::i´//    //::::::|:::::::::::l:::ヽ::::::::::
 / ..::/:::::l :ヽ:ヽ::::::、ヽ:| l // _ / ':::::::::l::::::::::: ';:::::\:::::


     美人だった!


.

540 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:36:47 ID:mc.Pk7EM0 [13/34] (PC)



                             /
                           /
   ,/二ヽ              ,/二ヽ       .|
     `゚´             `゚´       |
 ´゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~|
  | ̄ ̄| ̄ ̄|    | ̄ ̄| ̄ ̄|     | ̄ ̄|  , -'"゙|
 __,,__,__,_______ __,|__| _______,,_|  |:::..:...|
: 二二二二二二二二二ミ)      .(ミ二二二二|  |:::......|
 XXXXXX:: ________XXXi|┐     .|iXXXXXX.| ,_"'-、,|
 XXXX::::: / /../! .Xi|フ!        XXX.| |\\
      / / /  i.,___   / ̄ ̄ ̄ \   __ノ  \\
   .  | ̄| ̄|  ,,r'゙   ./   .      ヽ,  ヽ.   | ̄|
 / .,,ノ ..|  i,/  .   ̄ ̄ ̄|i; ̄ ̄ ̄   .  丶ノ ..|
 | ̄ ̄_____|___` ̄ ̄|/    ...r'jキ  ..  \| ̄ ̄_____|


     興奮した僕と巡音ルカさんは近くの喫茶店に入った

     ここならゆっくり話ができるからだ





    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  |     __´___ノ   ズズッ
  |     ` | ̄ ̄( ̄\
  ヽ      \_/| |
   ヽ     ノ    | |


     ネットで知り合う相手なんてフツメンかブサメンの

     二者択一だと思っていた僕は少なからず動揺していた





      //= '' ´     ` 'ヽi/ i\
     /i: '´            \V..ヽ
    / '   .: ., :.   :.       ',| _li',
    / .::  :::  |i ::.   |i i  i    l Xi.l
   /::::   |:: i l |:. ::.  : l |: li:. |:   |―i.|
   .l :::i   l-l‐|.、:: :::  ::,.l l-!‐''.li:   l_| l
   | ::;| i ::. | _l__! ヽ:::: ::: !|_',,,,,_'! |:  |l'i l| |      時間をつくってくださってありがとうございます
   .l:::|l | :::i.ヽ !::!!゙i \:. :/ ' i::!!:シ|: :. l! |.ll l
   ',:!ヽ! ::| ,l,,,`,,,´   ゙'   ,`,,´,,レ| : |',.!.|: |      それに、会いたいなんてわがままなお願いまで聞いてくださって
     l:! :l.ヽ     i      ,.l :!.!ー :.l
     / ':, l:ヽ     _    /::| :/ |: |: |
     /i ヽ!ヾ `_ :,、 ` ´,. イ:::::::// /   l
    /::!   l::`':-|:`‐`- ´‐.':ノ::/  /  | |
   /:::;: -ヽ !―/ヽ―r‐.r‐':; iヽ/ /   L. l
  /::::/   ` /;;!、 \!_.ノ./;;;/ '    / i |





    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(ー)           いえ、全然大丈夫ですよ
  |       | |
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)((| ̄ ̄|    \
     |    |      `ヽ_/      \


     美人に会えるなんて、むしろ願ったり叶ったりだよ!


.

541 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:37:24 ID:mc.Pk7EM0 [14/34] (PC)



     // / :.    |、  ヽ   ヽ ヽ|.\ ヽ
    / / / i   :..   l i',   l':,   l  iヽ.lヽ ':,
   / /.::/ ::::li   ::..  .:| | ', | i_  .|  l , - .!. i
  / ,' :::ヽ.:::|ヽ  ::: ::::!. -r'''l"´!  l/  | r .、' , |
.  i  l :::::| ,' !-\:..::::..::| _',z==-.l、 ./ / .l l.  | l. l
  ! | :::::l  _,,,_ ヽ:::::/  !:::!!::;| / ./ /! |  l .|. |
  ヽ:l\::::ヽ< !::!!:i  \  `"" ´/./ / |. l  l .l l
    ! :::::iヽ ':, "´ 、       ´ /// .l .Lノ / |
    |ヽ::::!:::::::l    __     /;:':::/ i ー:::'i  l
   /! ::i\::::::ヽ    ゙ー`'   '/ :/ ./ .|:::l :|.  |
  / l ::|::::::ヽ::::/`::...、     ,. /./ :/ .:l:::::|::l  ',
 / /.ヽ !::::/:: /:::::::/r=====-/、:/ ::/:::::l::: |  ヽ
/ / :::;: ---'-,L::::_:::|i'´`i;;;;;;;;;;;;;;/_:/;;;;;;:! -- 、  ヽ
 /:! ::/ , -<;;:: =ヽ ノ;;;;;;;;;;;;;:´/       ヽ  \
:/::::!:/ /i'´;;;>' -==――;;;、ヽ;;/           |   ヽ


     それから彼女は自分の現状を話し始めた

     先生から認められないこと……

     同級生がどんどん賞を受賞していくこと……などだ





          , n / ̄ ̄\ .n
.        / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
       /,イ / (○)(○) .l i i i
        〈 .r {u   | .i. } }  )
      ', i.  ',   __´___ /   /
.       i   l.      ,'  ./
.       ヽ、_.イ、.    人 ノ
         ヽ     〈_ノ ノ
          |     ./
           |    .   |


     そうだ、彼女は死を考えるほど悩んでいて、

     それで僕を頼ってきたのだ

     いままで浮かれていた自分を僕は恥じた





       ..  -―-=.,―- 、
    ..::':´..::     ヽ/--\、
   ´./:'   / ,    \<ヽ\
   /'./..::.;‐'-、.'/.: / ,   ',/.l ヽ
    i.::; .<. ,'::/:,'::/:,:.: .:/  l.\|. ',
    レ:::イリヽ< ' l :::\.:/._L< !::::: l
.   /ヽ    /::/ /-ヽ    ::::: |
   i::;:::! 、 ./ //";>/    ::   l
    |:!.!::ヽ / ///;;;/::..      |
   !' .!::/ .:::::!i-;;/!::::  :.::    i l
     ヽ!. > ''/  :: /-、::|:::::::::::: | |
       i/'   /  !::l:::::::::: l l
   ,-‐='''/!   ! 03 |: ::::.. | |
   .!;;;;| /,.-.|   /!== !.::::::. l l
    !;;;l./ ,.l .::..::/;|    |:::::::. | |
   ヽ;l /;;;;| ::::::l;;;l   . l:::::::..l l


     彼女と僕は似ていた

     理想を追い求めていること、しかし、それに手が届かないこと

     彼女はまだ理想をあきらめきれないのだ





     / ̄ ̄\
..   /   ┌  ヽ
    |    ( ─) (─)
    |         |  |      一度……
    |     ___´__ノ
.   ヽ         }.       君の絵を観てみたいな……
     ヽ     ノ.
____/      \
| |  /  /        ヽ
| |  /  /      |  \
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


     純粋にそう思った、だからそう言った


.

542 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:38:00 ID:mc.Pk7EM0 [15/34] (PC)



          .. -――-、 、 、
       ., ´' ´ ̄ ` ヽ、<.\ \
     /     ,   ヽ   \lヽ ヽ
    ,.'     /  i  ',   ',',/.i.  ',
   ./ .i   / .,'   .| i l   .l.lV|   l
.   ,' .| | / | l    l | |   |.L'i.   |
   i  |l l ,' l |i | ,.l -r‐l i  l.| !'´| .l
   |  l.|.| l―- ! l l ./.z=l==、! /./ |ll |       そうですか……
   l | l.l l ,l==l、 ! |// | イ::l::::〉,,' ,' l l!| l
.   ! lヽヽ'゙ .!イ:!:ノ ヽl゙  ' -- ' | !.!、| !l. |       なら、大学も近いので観に来ますか?
   ', | \' .!` ´ 、      / 丶-'  l
    ヽ | ` !、    __    , '/ /  |  | l
     ' ! |  l > 、    ,. イ=,' /  /l  l .|
      | l  |iヽ'<.>` .'r- ',. / '/ / .|  | .l
      ! |、 'l \!`'i 〉< / / /  ヽ ', |
      ヽ' ヽ.!  ` | l!、ノi  ,' ,' ,......〈  i .l
        ゙'  ` ,..-‐.rj=| .i  i'´   `ヽ | .|
          / /´//./ l |  |      l l .l





     / ̄ ̄\
..   /   ┌  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |         |  |        是非!
    |     ___´__ノ
.   ヽ         }.
     ヽ     ノ.
____/      \
| |  /  /        ヽ
| |  /  /      |  \
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





   l   !.       _ ,,.`\_|   |
   l  .!.    .‐.~   `'|   ┛
  _l_l_    ,':..     :|.._  |`'‐
 .  l| |¬` ー-_ノ:::::::... ......::::| . l ┛.:::i._
  [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.| ..:::: :;')
   | |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l | :::: _ノ.
   | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l | ,;'"
   | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
   | | |     l、...:::::::::.. !|__」゙..|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | |      ^ー-、::. |   |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | |           '~l_____.|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
       L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
          ~ ー 、_i ::... | ̄ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
                 ヽ.,._|_  |─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
                "" ^"~


     喫茶店を出て、巡音さんの大学へ向かった


.

543 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:38:37 ID:mc.Pk7EM0 [16/34] (PC)



                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''


     巡音さんの言った通り、美大は近くにあった





    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| 「    へ\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||     |   |      失礼します
 |:::::::::::::::||  ___´___   |
 |:::::::::::::::||   `ー'´  .}
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||


     構内を歩きながら巡音さんは大学の案内をしてくれた

     そして、とある一室に僕を招き入れた





               ,   '' """ '' 、
             r '二><><ヽ  \
           .. '' ´       ヽX\. ',
         /            ヾz= 、!
        /// ,       :|:..i| l、  .|' l |`i
        .i/i/./   .l |  .i .//´,,!-ァ  l. | ! .|
       / | l|  !i.ヽ' _;/ ヘイソl | /=-‐'l l       ……これがわたしの絵です
     /  , !|ヽ :| ! :|ヾ!イ;i,  `´!// | l | |
    / / / , \!ヽ- ヽ´' -  // // ! l
  / / / // / | ! ヽ  `.r=´/, ''''' ヽ' | ヽ
/ / /  / / / l ヽ r‐==レ' /./     ヽ l \
 / /  /  / /  ヽ\>'- ' // !、 ,  03 |  |  ',
/./  /  ./ / .|   >' / / ,' l|;;;;;;ヽ!-‐―-!-, l.  l
/  /    / / /ヽ,..-ヽ|' l !  ! l;;;;;;;;;;|     | |  |


      そこには一つのキャンバスとイーゼルが置かれていた


.

544 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:39:51 ID:mc.Pk7EM0 [17/34] (PC)



               ____        ┌‐.r i
.              l   !.!            !  l .l    _ ....  ‐┐
       _ ...... l   !.!--―  ''''   ¨ !  l .! ̄     / l.0.l
.  i ¨  ̄       l   !.!           !  .! l_ ......   ┐  .l .l
   l. \....    --l  .l !'''''  ¨¨   ̄ ̄ l   l l       l   ! .l
.   !   l        !  .!.!           l  l l       !  .l 0.l
    !  !      !  .!.!             l  l l     .l   l .l
   l  l      l   !.!               l  l l     l   l .l
.    l   l       !  .!.!           l  l l       l   l .!
    !   l       .!  .!.!             l  l l       !   !.0l
.     l   l      !  .!.!     ┌ ┬、      l  l l      .l   ! l
.    l   .!     l   ! ̄ ̄ ̄l  .l. ̄ ̄ ̄ ̄l  l l      .!   .l .l
    !  l     !  .!_____!  .!_____l  l l      .!   .l .l
.     !   .!     l  !.!     !  .! !      l  l l     !  .l.0.l
.    l   !     .l  !.!    .!  .! l         !  .! !    .!   .l .l
     l   !     l   l.l    .!  .! l         !  .! !    l   ! .l
.     l   l     !  .l.l   !  .! l         !  .! !    !   .! .l
      l   !    l  !.!   .!  l .!           l  .! !     l  .l .l
.     !   .l    l  !.!   !  l .!_ ......    -- l  .l l '''''  ¨l  .l 0.l
      !   .l― '''l  !.!  ̄.l  .! l             !  l l     l  .l .l
.      !  .!    !  .l.l  .!  l .!     __ ......l  .! l --―.l  .l .l
       !  .!― .!  .l.l '''' l  .! l  ̄ ̄        !  l .!    l  .l .l
.       !  .!   !  .l.l   !  l .!           l   ! !    !  l.0.l
        l   .l   !  .l.l  .!  l .!                !  .! l     !  l  !
.        l   .l   .!  .l.l  l  .! l              !  .! !    .!  l .l
         !   .l  !  .l.l .l  .! l                l   ! l    .l  l .l
.         !   .l  .l   !.! !  ! l               l   ! l   l  l.0.l
         !   .l  l   !.! .l  .! l               !  .! l    !  l .l
.         !  .! l   !.! .!  ! l               !  .! !   .!   l .l
.        l   l !  .!.! !  ! l               l   ! !   l   .! .l
         l   l .l   !.!.!  ! l                     l  .! !   l  l.0.l
.         l   !.l   !.!!  ! l                     l   ! !  .l  l .l
         l  .l.l   !.l! .l .!                 l   ! !  .!   l .l
.          l  .!l   !.l  l .!_ ....... ニニ ==-----―― l   ! ! '''' l  l  l
           l  .ll   !.! .! l                     l   ! !  \ .l 0.l_
.       _.l/_.l!  .!l  ! l__ ........... ニニ ==  ------ l  .! l‐――┴‐ア」
.        l     .l  .ll .l .l                      l   ! !      .| |
.        └―― .!  .! .! .!--------―――――――――l   ! l¨¨¨¨¨¨¨¨´
.            !  l  ! .!                         !  .! l
               ! .l  ! .!                         !  .! !
.             l .l  ! .l                         !  .! l
.             l ! .l !                     !  .! l
               ! .! .l !                           !  .! l


.

545 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:40:37 ID:mc.Pk7EM0 [18/34] (PC)



     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●
   |        |  |
.   |      ___´__ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     どうやら大学の中庭を描いたものらしい

     その絵を僕はまじまじと観た





       ,. </.. >-<.\`ヽ、ヽ、
     ./,  ' ´      ::`ヽ--ヽ::..ヽ
    /           ::::::\!ヽ::::',
   /  .::  :::   /..': :. .:i ::::::::',´,L::l
.  /  :::/.::/::::  |//: /:: :|:.    i-,.r'!
  'i.: :::' ::/i:|:: /: ./::_.,'=l-,-:-:::!:/ .| .l| |      どう……ですか……
  |.l: : Z' ̄!'ヽ.!:./ l:/' ,!.'-.l、 ::;'  l .|l l
  l ! :| :l,ィ:''ヽ,'/ '゙ イ;;;;;゙i. /:::;'  .l .l!/
  |' '; :l':;:i.ヾ:::::!      ヾ:::ノ| .:/  /-::'/
   iヽ:ヾ, `´ ,      !:/ / /::/i
   | ,`:::::ヽ.、 ,、、_   ,/ ./.::/::/:|
   l:i', i;:::r--,゙/ ,゙へ,.  ',././::/: ::i::::l
   'レ ‐'- / '゙ ,.:: 〉-rr<i//:: l: l::|
   ./   i'´  ‐''´ _`>、r''ヽ |:: :::: l:::',
  .i    |    ´ /,| r .| .l::: :::: ヽ:.ヽ
  |   ,../     ' /ヽ' -'/!:;:  ::  ::::::\





     / ̄ ̄\
   /   -‐' \
   |   ( ー)(ー)
   |        |  |    僕は好きだな、この作品
.   |      ___´__ノ
    |      ∩フ´⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     巡音さんとは会ってから二時間もたっていない

     しかし、この絵は巡音さんがどんな人かをよく教えてくれた

     創作物とは創作者を如実に表すものなのだ





      //= '' ´     ` 'ヽi/ i\
     /i: '´            \V..ヽ
    / '   .: ., :.   :.       ',| _li',
    / .::  :::  |i ::.   |i i  i    l Xi.l
   /::::   |:: i l |:. ::.  : l |: li:. |:   |―i.|
   .l :::i   l-l‐|.、:: :::  ::,.l l-!‐''.li:   l_| l      ありがとうございます……
   | ::;| i ::. | _l__! ヽ:::: ::: !|_',,,,,_'! |:  |l'i l| |
   .l:::|l | :::i.ヽ !::!!゙i \:. :/ ' i::!!:シ|: :. l! |.ll l      でも、先生たちは全然認めてくれなくて、
   ',:!ヽ! ::| ,l,,,`,,,´   ゙'   ,`,,´,,レ| : |',.!.|: |
     l:! :l.ヽ     i      ,.l :!.!ー :.l      わたしには才能がないって……
     / ':, l:ヽ     _    /::| :/ |: |: |
     /i ヽ!ヾ `_ :,、 ` ´,. イ:::::::// /   l
    /::!   l::`':-|:`‐`- ´‐.':ノ::/  /  | |
   /:::;: -ヽ !―/ヽ―r‐.r‐':; iヽ/ /   L. l
  /::::/   ` /;;!、 \!_.ノ./;;;/ '    / i |





     / ̄ ̄\
   /   `ー- ‐'
   |   ( ●)(ー)
   |  U     |  |        ……
.   |      ___´__ノ
    |      ∩フ´⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  " /___|  |
.    \/ ___ /


     僕は何と言ったらいいか分からなかった

     いつもなら「そんなことないよ、才能あるよ」みたいなからっぽの言葉をかけているのだが……

     そのときはそんなことを言う気にはなれなかった


.

546 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:41:15 ID:mc.Pk7EM0 [19/34] (PC)



    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |        | |        あの……
   |     __´___ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
 /  /    __人〉\


     ただ……





      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |
.    |    |   |      巡音さんの作品って
     |   __´___  j
     |        }      他にもないの?
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      i⌒\ ,__(‐- 、
      l \ 巛ー─;\
      | `ヽ-‐ーく_)
.      |      l


     もっと彼女の作品が観たい、純粋にそう思った





      /   ./ :::/:::/:  .: ::::;: :::\|ヽ:ヽ
      ,'   :/| ::/::/::: .:::: .::::;':: :::::::::';Vi:: ',
     l  .: ::,'-.L !l_:l |::: .:::: .:::/::: :|:::: :|X|:: l
     .|  :::::i   '| l::l ヽ:::::: _::/:::::::/l:: :|::lVl::: |
     l :/ :::l'r.j==-l, l:::::::::://`;ヽ./:::i :l//::: l
    .|:::l ::::| ':;::!!!:;! ヽ:;;:イ=,z.',_ / .: l::'/:: :::l       え!?
    l ::l ::::lヽヽ` ´    !:::!!!::/゙/ /ヽ': ::: ::|
     l:l:::l :|:ト、       ` ー':/:////: ::: :::l       えぇ、こっちの部屋にいくつか……
    ;' l::::l: l,l > 、  ゚  ヽヽ/:: /、'./::: i:::: ::|
   //:::::〉' /'::l l ー--―, ':://'`:::::: |:::i :l
   ///:::l  ir=ヾ<>r '::|l/;: '/: l::::::::::  l:: |:|
  / //::_:|_|'=/=-'''/'l// / !:::: |:::::::::  |:: l:l
  //:/ r― l:ヽ::_::/_/ 03 /l :::: l::::::::  l::: |:l
  //::'- r='|:::://:::::/ `' < ::. |::::. |:::::::  |:: l::|
 /i ::: /ニ l:::;'/::::::/\_/ ::. l::::. l::::::  l::: |::l
..,'::| ::: /;;;;;;;;|::'/:::::/  /;/ | ::::.. l::: l:::::  |::. l:::l


     そう言って彼女は他の作品も観せてくれた


.

547 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:41:57 ID:mc.Pk7EM0 [20/34] (PC)



      / ̄ ̄\
    /       \
    |         |
    |           |     僕は巡音さんは才能があると思う
    |           |
.    |           |      理想を実現したい、っていう強い思いもあると思う
.    ヽ        /
      ヽ    ノ
      /   く
      |    \


     僕は彼女の作品を一つひとつ鑑賞しながら僕は言った





                 , ' ' ´ ̄ ` ヽ、´! ヽ \
               /.'     /   :.. \ i、', ヽ
               //i / /  ./i    :!':;:::i ',! .ii ',
              ,'/ ! i .i  ,'!:|::..  :l ';:::| l 、l.| ',
                |' | |  | i''l"!":::  |""!:::l |:i`il  l
                l l  l |___!:!::. :l___i:| l:ヽ'-, |      それじゃ何故わたしは認められないんでしょうか……
                | |::.. l. l|ノ:::::|ヽ: .:/|ノ:::::| /' ̄l.| l
                ,l l::::...l::;lー '    ー'! !|  |.l |       絵の才能がないんでしょか……
     ,.....,___    /: ', !:::::..lヽ"  _  " / ;/== ' .l
   r‐/// _-_r '   /./ ', ヽ::::ヽ`= - -‐.i ´/  |  l. |       それならわたしに生きている意味なんて……
   .|':,' i .| ',. -!-'、  // / >、ヽ:::!´/´ iー‐| ヽ \. | l
  ,.Ll |. l/ヾ \ ヽ'././/  `'=rヽ!- '-='''ヽ /ヽ、._ヽ|
  .|:::::|::.l |::::::::\ '_--/ヽ/'// // //!;!/;;//,':::::/  l::l
  l::::::l.l:::! ヽニ>'  <::::::::,/;ヾ、'‐-'-'-'‐ ' ,/;// :::::/  _L!_
 .|:::::| ヽ::ヽ \'  ,./ヽ::::|;;;;;/';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i./ .:::;!- '::´::::::::::::i


     先ほどから同じようなことを繰り返し問う巡音さん

     彼女は味方を必要としている、理想を追い求める動機を欲している





    /  ̄ ̄\
  /      -‐'ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::      |    巡音さんは理想を現実にできるはずだ
   |::::::::::::::   __´
.   |::::::::::::::    }    僕はそう思うし、これからも巡音さんの絵を見たいと思う
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ     どうか“僕のためにも”絵を描いてくれないか?
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


     女性の話は肯定し、否定せず、直接的なことを言うのは避ける、

     テレビとネットで僕が学んだ女性との会話術

     それを僕は思いっきり無視して、自分の思うがままを語った





    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |     お願いだからさっ
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |

548 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:42:37 ID:mc.Pk7EM0 [21/34] (PC)



                                    アーアー
                                ⌒⌒
                        ⌒⌒

                   キコキコキコキコ
                ∧_∧      _____
               (Д:::::) 三三三二二   :.:..:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.
               _U=(_ハノ  ──====─:.:.:..:.:::::::::::::::::::::::::::..:.:
              |##|(⌒ノ__  :.:.:.:.:.:..:.::.::::::::,::'      '::,:::::::::::::::
              /⌒ヽし=/⌒ヽ二二二::.::::::::::,'         ',::::::::::::::
wwvvvWWV..,,,,,,,,,,,,,,Wwwwv|/~_ヽ_ノ___vvwmmmvvvvWWmmvvwww
                _|_______|         ..,,.,.,.,.,.,.
.,.,.,.,,       .,.     _|_______|  .,.,,.,.,..,
     ..,,..,,,,       _|_______|          .,,.,.,..,.
         .,.,.,    _|_______|   ...,.,.,.,
  ..,,..,,,          |_______|         .,.,,..,.,


     そのあとも長く話し込んだ僕らが大学を出ると、

     もう夕方になっていた





           ,. ' ´           `ヽ、i_\.  \
         /     i    :.  ::..   :..   ヽXi,   ヽ
        /   .:   |  : .:::::  ::::..  :::..   ヽli,    ',
       /   .::   /l  : ::::::   :::::..  :::..    'i|i    l
      / .:i  .:::i:.. / l   ::::::::|  ::::::|:. l::::..    .i|!:..   |
      .i :::|  ::::;|:::. i  ';:.. ::::::::l  ::::/i  |:::::    :|l ::.   l       今日はありがとうございました
      | :|::::l  :::/i ̄i""ヽヽ ::::::|  ::::/ | /l:::::: |  i l| .::..  |
     .l ::l :::| :::| ,z==.、  \::/ '''/""'l <|_:: l  | |l .:::.   l      元気も出ました
     ヽ::| :::l :::l  .!::.ィ:〉  /.:::,: 'zi==x l:::`.:|  l /ヽ ::::.   |
       l :ヽ ::|  `" ´  / '゙  .!::::イ/ヽ!: .:/  ,'/ ゙i ,! :::.  l      また明日から頑張ります
       ,ヘ   :\     ,     `' ― /./ .// .//::. ::::.  |
    ,. '""" 'ヽ、. ヽ           /ィ:  //ノ/:: .:::. :::.  l
   /       \ヽ  ` ー-  -‐'゙/ ./ /-イ |:::. :::. :::.  |
  ./          i\     , ィ' ´.::;: ' / l  | l::::..:::. :::.  l
 ./|           |、` ー _ ´_/ -i'::::::/l::. l  l. |:::..::: :::::.  |
./ l            l ヽ .._l_.l_ イ:::::: ::l::l::.. l  | l:::.:::: :::::   l





    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |     その言葉が聞けて良かったよ
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |


     言葉通り、巡音さんはすっきりとして元気になったようだった


.

549 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:43:14 ID:mc.Pk7EM0 [22/34] (PC)



     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (●)(●) |          それじゃ元気でね
    |      |   |
   |   __´___  |   n∩n     新作できたら観せてね
   |   `ー'´  |  .|_||_||_∩
   ヽ         / . ∩   ー|
    ヽ     /   ヽ )  ノ





  /  .:;::::i;:  :::: :::lヽ::::. :::::::...\X\l\::::..\
 / / .:/:/:l ヽ :::: ::|. l:ヽ::\;i::::::..\X ><',::::.. ヽ
/  l :::l::lイ ̄':; :::::i::::l ',:::'  ̄`iヽ、:. ヽ/ V .l:::::. ',
  | :::|::|::|   ';::::::|:::|  ヽ;::ヽ::::i:ヽヽ:ヽ /ヽ,.|::::.. !
  .l  ::l::::l:l   ヽ:::l';::l   _、:::::|::\::::';へ Xl::::.. ヽ
  |  :::!::::|l./´!`ヽ\!ヽ! ´ ./:::::::`ヽ:::;:ヽ::i―- |:::::... \
  l  :::i:::::::|  |::::::i     |:::::::::::::::!:::ヽ:::|/ ̄ヽ::::::....  ヽ   ええ、もちろん!
  .| ::::|:::::::l  ヽ::ノ     ヽ:::::: ノi::::::::';:l   |:::::::::::...
  ', ::::l:::::::ヽ, , ,   ,     , , ,  |::::i:::::ヽ  /::::ヽ:::::::..
  ヽ ::::',:::::! ゝ   _         l::::|::::l::l ̄:l::::::::\::::
   \ :iヽ:::ヽ      ̄´    /|:::l:::::|:|::::::|:::::::::::..ヽ
    |::::|::\::::\      ,  '  l:::|::::::ll:::::::l:::::::::::::::..
    / ::::l::::::ヽ::ヽ`  ‐- 'i´,. -‐ |:/::::::i:!:::::::|::!:::::::::::::
   /  :::::|:::::::::\:\::::i´//    //::::::|:::::::::::l:::ヽ::::::::::
 / ..::/:::::l :ヽ:ヽ::::::、ヽ:| l // _ / ':::::::::l::::::::::: ';:::::\:::::


     そう言って僕らは別れた


.

550 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:43:52 ID:mc.Pk7EM0 [23/34] (PC)



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| /    \
 |:::::::::::::::||( =) (=)|
 |:::::::::::::::|| //  |/// |    たらいま~
 |:::::::::::::::||   ___´___   |
 |:::::::::::::::||        .}
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||


     その日、僕は上機嫌で帰宅した





     / ̄ ̄\
   /      \
   |     ┌   ヽ
   |     ( ●) (●)
   |        | |
   |       、´___ノ
   ヽ         }
    >       ノ  :| ̄ ̄ ̄|,;
  /         \|      |ー、
 / ヽ、          |________._|ニ、i
/   ヽ        ||__'0_o_゚|ー_ノ\
l     ヽ       |___|`-' _ノ


     今日の出会いに祝して飲んだ酒も手伝って……





             / ̄ ̄\
        ).   /  へ    \
        (  ( (ー)(ー )   |
        ) ::)  |  |        |
        (::(   | __`___     |
          ヾ. /        .|
        __    ヽ       ノ.         __
        | |=====>     く ============| |
        | |   / l       ヽ        | |
        | |  / /l     丶 .l          | |
        | |  / / l        } l ̄ヽ____| |
      / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l !__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `-  {し|     /  | |
  /    ヽ         `ヽー、}   ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                   /  |/


     そして、床に入った僕はとある決意をしていた


.

551 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:44:26 ID:mc.Pk7EM0 [24/34] (PC)



 丶_i\  ./i, - '''''''''''ヽ- l \ヽ
  _i   ./i/      .  ,\/ヽ',
 ヽ  //  .::i i |  .  :i  ::i Vヽi',
 `|  / /  :l :::| :! l  :l , :| l  ::i :i/.|l  _
   ,'.:/i  ::| ..L::_.ヽ :!l, .l-‐、 :|rr ll| / !
    i.::l. ', :::l :z=`、 :|/z=,、ヽ:,!.',\ | l
   |::l |'、 :! ' !イ:i:! ` !イ::i;!'!:/:!ヽヽヽ !     本当ですか!?
   ';::| l |ヽ !i `,,´    `,,´i/ |\` ` !
    ヽ.| ::l  :|lヽ、  ‐  ,'.イi/!/:r‐!.  ヽ    嘘じゃないですよね?
     l .::::', ヽ`''=`i' - ' ,i>i./::::`l"ヽ  /
     /,: - :ヽ ::_r-ヽ‐r '..;;:-i !:::::: |ヽ|  i
    /i    |./'i:\/" V./;;/:::::::: ! |:l  |
   / .:|  _ !' /;;;;;,-,_ ノ,-=':::::: : |=!:|.  l',
 /.:/:`/ ,! ' / = ' /=//:/ :::::  l;;;;;l   !ヽ
.'|  ̄;;/' '   ´ <二lj.j,' :::: .: /z:,'    |:..\
,l |_;;;;/| l    _――, 'i | .::: .::: // .!     !:::.. ヽ


     数日後、僕らはまた会うことになった





      / ̄ ̄\
    /      \
    |    -‐'  ヘ l
.     |  ( ー)( ●) |
      |  ////| ////|      ええ、あなたのことが好きです
      ,|    __´___   }
    / ヽ        !      付き合ってください
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|


     今度は僕から、この言葉を伝えるために





          . zニ二二二ニz 、
       ,. ' ´         `ヾ\
      /               \、
     // /     i   i ! |     ',
   / / ./,.  .|  /! ./ ,'.|/ i     l
  /  .,'/ /  -r ''"  |/l /''r-l-|、. |  |
 / /  /  /,! --  ! | / -- .!、l  l  l
 /  | ,'  ./'゙|:イ::!:| ! :/ |イ:::!:;ヘ  |  ',
    l. l | ,'|.l. '-‐ '  /  ー-'  .!  l   l,
   /,|.| l !|.l.| " "   '   " " ./l, |.   ヽ
 //,l  ヽ!,`ヽ    ー -    /ノ ヽl   iヽ
/./ /  // /|l. \      /! |  ヽ.   |. \
/  /  / ' / !  |_iヽ、 _.  'l |'l /l  i.|   l l ',
  /  / /i / | .l |;;;;;;;l,.,l;;;;;;;;"il |' /|  | l  .| .| !
 /  / / |_!.. -/=:、.l´,l;;z=-ヽ‐' .l  ll. |  l l ,'
./  / / ' ´  /=_rr 、'-,;;;;z==/ /  || l  |./ /
  / /    /l.!;;;;;| | |. ! iヽ;;;;;;;;i ./   l l.|`', / /
. / /|  /;;;;;;;` ̄l、ヽヽヽi ';;;;;|/   | l / '
/ / r‐/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     l;;;l    l-/'.!、





      ,.. =. ´===、 、`.ヽ、
     /‐ '´      `ヽ!\. \
    /             \l':、 ヽ
  ./          __   .ヽl.', ':,
  /,     |-,   ´ ,、 .i `   LL ',
 /i    '´'l |i   |,' ヽ .|i   .|- l. l
. ! |   .i  | ! lヽ   l! -===ー l:::|| .|    はい……
  .l   l _!,, z==\ ! .|:イ!!゙:! i  .|::l.l. l
  ', .i  '´ ゙' !イ!!::i, `  `" ´| l.  l'ノ  |    こちらこそよろしくお願いします
   ヽ ヽ  rV'i゙'"´   , "" !/  .|   .l
    `i \.| |. |"" `´   ..イ/  /    |
     !.i ヽヽ`ヽ'' =r= '´.../   /    l
     /ヽ' -\  ' |-‐=/   ,i‐-.、  |
     /   /!l>  !l´ 〉    l |/  ヽ ヽ、
   /   /  !.!  / ヽ.i    | l   |  |

552 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:45:05 ID:mc.Pk7EM0 [25/34] (PC)





























.

553 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:45:50 ID:mc.Pk7EM0 [26/34] (PC)



.      / ̄ ̄\
.    /   「    \
.    |    ( ●)(●)
.    |       | |
.    |     __´___ノ                ルカ~
.    |     `ー'´}
.    ヽ        }.    _             味のほうはどうだい?
     ,ヽ     ノ     ||
  __,/! |`ヽ工{ ヽヽ___   ||      ○
  {:::::`ヽ|    ̄  V::::::/一'||)   (⌒ヽ o
.  Y⌒V|   _  〉‐r'´ ̄||  r‐(     )
.  \ }      ∧jノ .   ||⌒    ⌒ヽ
   乙ノ|         | ┌「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|┐
   .| .|         |.  `|         |´
     ̄|         |   |         |
      |_____|   |         |
     !  /  !  /    、_______/
      | /   | /   / r‐――┐   `ヽ
     し    し    ./  」      |____j





           , ' ´ __ ` ヽ、
         /  ,. X /..へ X`へ、\
        / ,/l// ´   i` |ヽLヽ ヽ
        / /X/    /  / ./!  \,...!、
      / /l/ l ./  / / /, l―|ヾヽ::::l         いつも通りバッチリよ
      / ./ ' | .l/_....L/ // ! / l. \::::|
     .l ./!  l ./ ' /,z=、    _ノ |  /"!
     | l !  V / !i'l:!:イi     ̄, , l / | ヽ
     l | ヽ. / .l  ', ヾ-゙  '  ,    /' :/: l  \
      '!   l .|  ヽ,' '__ ヾ´_.! /.:::/::::: |:::...  ヽ
        /| lヽ /X -‐'‐-r ' ! .:/|::::::  l:::::::.....  ` ヽ
        / .l .| ::::!/   ニ ヽ"!/!_l::::::  |::::::::::::..... _  \
      /  .| l ::::|   ,..二ヽl |ノ'l二!::|:::::  lヽ:::..... \  ヽ  ヽ
     /  i   l :::l  /XX>ヽ!.!l. |/ ,l.:::::  | \::::..... ヽ |   \
    // .::::|   ::|  l`;;"!´|;;;;;;/l;;;;;;;;|::::::. l  /,ヽ、:::..... l    ヽ


     あれから数年、僕らは結婚した

     ルカも就職して、共働きの、二人暮らしだ





          / ̄ ̄\
        /      \
        |         |
           |         |
         |          |       それなら良かった
            |         |
            ヽ        }
          >.-─- 、ノ
        〈_>' //    ヽ
       f7 / //        l
       〃,' lイl     ヽ l
       l l  |リ        ヽl
       | |  |{        !
       ,ハ. |  |.ヽl       l
      { i |  | ヽi      __L_       , ' ~~ `ヽ __
      l j |  |  l    /  o_|     f´         `ヽ
    ,イフ〃 ノヽ._ ヽ__/   /┴-'─‐─--‐'´ ̄、ニr‐───_ァ
    心_ヽ\ \_,/     〃´            \二二二ア′
      | . ト--\     /   __,... -==ー 、..____ァ‐'′
      | l | | \ \./丁 ̄


     でも、家事はなるべく僕がするようにしている


.

554 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:46:28 ID:mc.Pk7EM0 [27/34] (PC)



          ./ ̄ ̄\
.        /   「   \
.        |    ( ●)(●)
.        |       | |       ところで、絵の進み具合はどうだい?
.        |     __´___ノ
.        |     `ー'´}
.        ヽ        }
.         ヽ     ノ
    /⌒ヽ  ̄     ^ヽ
.   /               ヽ.
  /   ==ァ'⌒つ..__    ヽ  l
  /   ==/ ´二ユ二ニ= |  |
  |      {   ィ´      | ヽニ二二二二フ)
.  \   / .丿       |  ヽ>(^(^ーァ'´


     ルカにはなるべく絵に集中してほしいからだ





           , -――- ..._‐ 、
       ,  < |/--- 、><ヽ、 ヽ
     ./    V     ` ヽ/><ヽ \
    // / /     `ヽ、  \!_l',  '.,
  / ./ :/ :/:/ | ヽ\   \ ::..ヽ/.<i   ',
  /.:/ .::,' i:l .::l:| l: :. ';:..ヽ   ヽ::.. ',__/|   l
 i :::l :: :l |_l :::| l |:.. :::. ':;:__l_    ';:.. ! `l:.... |      ぼちぼちというところかしら
 | :::| :: |:´::::l`:lヽ', l:::.‐:':´l:::| `ヽ:  l::. |―!、::  l
 .l i :l :.', ::::;z=、:ヽ:::ヽ,. ==.、i::l::.: :.|: l''i i'l.|:::. |      でも、いつもより調子はいいのよ
. ヽ\ .ヽ:ヽ. !:イ!\ヽ::, !:::イノ'|/: /:,' .|::|.|:|l::::  l
   \ヽ| l:: ::i `´     ` ´/.: / / /L...ノ:::::  |
     l :l :::::!.  '      -.//:/::i:::: |::::::.  l
     ヽ:lヽヽ:ヽ、` ´   / '/./!:::|::::: l::::::... |
      /.:/.:i |:::: >.- i ´   ´ |_:|:::l::::: |:::::::.. l
     / .:/::::| l:_i'-゙ニi.l===== - ' l l:ヽ:::.. ';::::::.. |
    / .::/ :::::l |' !、' =! !=====- '゙ !ヽ \::..ヽ::::.. ',


     ルカは大学を卒業してからもコンクールに応募し続けている

     しかし、残念ながらいまだ入賞はしていない……





    / ̄ ̄\
  /   「    \
  |    ( ●)(●)
  |       | |       それじゃ、後で観せてもらおうかな
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く    )) )
    |     \   | ̄|
     |    |ヽ、二|_|)


     でも、それでもいいのだ

     ルカの絵を観ることができる、これが僕の幸せなのだから……


.

555 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:47:16 ID:mc.Pk7EM0 [28/34] (PC)



             / ̄ ̄\
           /       \
.          |  「   へ.  |
            |  (●) (●) |
            |   |    .!
          l   __´___   l
             ヽ      /
          /       \
        /             |
.      _/((┃))____i |
.    / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.   /  /________ヽ..  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     ルカが寝た後、僕には一つのやるべき仕事が残っている





                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂


     ルカについて日記に記すという仕事だ





             / ̄ ̄\
           /       \
.          |  「   へ.  |
            |  (●) (●) |
            |   |    .!
          l   __´___   l
             ヽ      /
          /       \
        /             |
.      _/((┃))____i |
.    / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.   /  /________ヽ..  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     これは僕に与えられた、僕にしかできない仕事だ


.

556 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:47:52 ID:mc.Pk7EM0 [29/34] (PC)





























.

557 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:48:27 ID:mc.Pk7EM0 [30/34] (PC)



|I:I:I|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|I:I:I|
|I:I:I| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|I:I:I|
|I:I:I|≧ュ|!三三三三三三三三三三三三三三三三三三|!ェ≦|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                              |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|ェ≦|!三三三三三三三三三三三三三三三三三三|!≧ュ|I:I:I|
|I:I:I|______________________|I:I:I|
|I:I:I|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|I:I:I|


     できない夫が亡くなり、ルカが亡くなって半世紀を経た後、

     とある絵がオークションにかけられ、高値で落札された


.

558 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:49:12 ID:mc.Pk7EM0 [31/34] (PC)



  /  .:;::::i;:  :::: :::lヽ::::. :::::::...\X\l\::::..\
 / / .:/:/:l ヽ :::: ::|. l:ヽ::\;i::::::..\X ><',::::.. ヽ
/  l :::l::lイ ̄':; :::::i::::l ',:::'  ̄`iヽ、:. ヽ/ V .l:::::. ',
  | :::|::|::|   ';::::::|:::|  ヽ;::ヽ::::i:ヽヽ:ヽ /ヽ,.|::::.. !
  .l  ::l::::l:l   ヽ:::l';::l   _、:::::|::\::::';へ Xl::::.. ヽ
  |  :::!::::|l./´!`ヽ\!ヽ! ´ ./:::::::`ヽ:::;:ヽ::i―- |:::::... \
  l  :::i:::::::|  |::::::i     |:::::::::::::::!:::ヽ:::|/ ̄ヽ::::::....  ヽ
  .| ::::|:::::::l  ヽ::ノ     ヽ:::::: ノi::::::::';:l   |:::::::::::...
  ', ::::l:::::::ヽ, , ,   ,     , , ,  |::::i:::::ヽ  /::::ヽ:::::::..
  ヽ ::::',:::::! ゝ   _         l::::|::::l::l ̄:l::::::::\::::
   \ :iヽ:::ヽ      ̄´    /|:::l:::::|:|::::::|:::::::::::..ヽ
    |::::|::\::::\      ,  '  l:::|::::::ll:::::::l:::::::::::::::..
    / ::::l::::::ヽ::ヽ`  ‐- 'i´,. -‐ |:/::::::i:!:::::::|::!:::::::::::::
   /  :::::|:::::::::\:\::::i´//    //::::::|:::::::::::l:::ヽ::::::::::
 / ..::/:::::l :ヽ:ヽ::::::、ヽ:| l // _ / ':::::::::l::::::::::: ';:::::\:::::


     その絵は、巡音ルカが後の夫となるできない夫と初めて出会ったとき、

     そのときに観せた絵だった





                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂


     何故そのような細かなことが分かるのか、

     それは、彼女の夫であるできない夫が日記に克明に記しているからである





      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |            ∥|
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     この日記は、生前評価されなかった巡音ルカについて知るための

     第一級の資料となっている


.

559 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:50:02 ID:mc.Pk7EM0 [32/34] (PC)



            |\
            |  \
            | |\\
            | |  \\
            |  \ ..|∥i
      | ̄ ̄│   \|∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      |    |       ∥|
      │   \     .∥|
      │     \   .∥|
      │       \ .∥|
      |______ \ |
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     その日記の最初にはこのような言葉が記されている

     『わたしは文学に奉仕しようとしたが、失敗した人間である。

       しかし、わたしはとある女性と出会った。この女性こそ、

       わたしの伴侶となる巡音ルカである。

       巡音ルカの作品を一目見たとき、わたしはこの女性の持つ

       才能の広大さを知った。そして、同時に自分の使命を知った。

       芸術に奉仕するこの女性に奉仕することこそ、このわたしに

      与えられた世界からの使命であると』


.

560 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:50:53 ID:mc.Pk7EM0 [33/34] (PC)





          奉仕者たち

           おわり




.

561 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:51:33 ID:mc.Pk7EM0 [34/34] (PC)

以上です
ご覧くださりありがとうございました



562 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:52:16 ID:fJ3wN9Os0 (PC)

生きてるうちは結局・・・
乙ー



563 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:58:43 ID:fLGOO.qM0 (PC)





564 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 00:59:23 ID:V0P/NgEA0 (PC)

この生きているうちは評価されなかったっていうのがなー…




565 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 01:04:36 ID:2/7GoP1Q0 (PC)





566 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 01:06:13 ID:iEvh2qUs0 (PC)

乙でしたー



567 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 01:28:39 ID:p0NvxH8A0 (PC)

乙でしたー
人間は皆必ず何らかの使命を持っているってことなのかな
その使命に気付けたできない夫は幸せだったと思う



568 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/25(火) 03:39:40 ID:4qdKAQy20 (PC)

乙ー
しんみりとしてていい話だ




52238 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/28(金) 04:51:15 ID:-

このブログが更新するたびに少なくて1作、多くて五作ぐらい好きな作品が読めるけどこれはその好きな作品に入る
作者乙





※備考
同作者様の作品(括弧内はまとめブログ様)
壁を破りて来たるは希望





やる夫ショートストーリーセレクションはやる夫短編集 阿修羅編からの名作をチョイスしています
推薦したい作品がありましたらメールフォームにてご連絡ください


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 12:00 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫ショートストーリーセレクション

|

<< やる夫ショートストーリーセレクション Ep230 「天に宇宙人、地に愛を」 | HOME | やる夫ショートストーリーセレクション Ep228 やらない夫の帰郷 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。