やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2017/09/03(日) やる夫ショートストーリーセレクション Ep214 壁を破りて来たるは希望


やる夫短編 まとめ
やる夫短編集 第二百七十八巻より


641 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 20:56:36 ID:jYyu1CEI0 [2/28] (PC)





          壁を破りて来たるは希望




.

642 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 20:57:17 ID:jYyu1CEI0 [3/28] (PC)



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


     やる夫は農家の三男坊だったんだよ





        /二二\
   /又,, ――===―‐ ,,,
  /二/ `/( ◎)―(◎)\´
 {   i/:::::( ((__人__)))::: \
 {   |     |r┬-/ '    |
 {   \      `ー'´     /
 ヽ_〃  ヾ\  /∨ ̄ ヽ
    ̄―i    了      }
        !    ii     ィ  {
      i    ii      |  } ___
     !     !!      | /─  ─ \
     t_,, ―┴― ,,__ノ../ ●  ●   \
      ! i    ||   i ...|⊃ (,_、,_) ⊂⊃ |
      | |   ii   |  .\           /
      | :   /|.|   : ...,.ノi        \
      | :   | |   : ...ーイ       ├‐'
      |__:__   | .| _:_ | ヽ  ァ   ./
     ィ  _了 丁 _   ヽ  .\〈_/
      ̄ ̄     ̄  ̄ ̄     .`ー′


     奴は大のおじいちゃん子でな、

     小さい頃はいつもじいちゃんに付いて回っていたらしい






                                     ____
                                 /―   ―\
                               / ●    ● \
                               |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
                                >     / ̄ ̄\
                             /  ,    //     ∧
                            .,-∧//    |l       |
                            { l◎三三三> ∨      /
                            -∨  |  iー<_\__/
                             /^┤ |  /  /
                             { 、_ノ   ゝ_ )
                              ̄


                      //        i
                        //         i
            ____   //          i
          /⌒  ⌒\.//           i
         /  〓   〓//、           i
           | ⊂⊃ (_,、_,)//.(|               i
           ヽ      // ィ               i
          /^ 、   ,っ// ヽ. __    __          i
            i   ヽ/  )'-' ! .l ヽ ̄ ̄ |       i
         γ⌒゙ヽ  (__ノー'.γ'ヽゝt--jノ|        i
         i    i  //    .__,,丿   ̄ !           i
        ヽ,_,ノ"~´ ̄  ̄   `  ̄ ̄´


     そんな幼少の頃の奴は、友達とちゃんばらごっこをしたり、

     近所の川で魚釣りをして遊んでいたらしい





              ____
            /―   ―\
           /  ●   ● \
             | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
             ヽ         ィ’
            /           i!
              i 丶    i  !  i!
           γ⌒゙ヽ  l  l  γ'.ヽ
           i    i,__,,ノ  i,__,,ノ__,,丿
          ヽ,_,ノ"~´ ̄  ̄


     そんな平和な暮らしを奴はしていたんだ


.

643 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 20:57:57 ID:jYyu1CEI0 [4/28] (PC)



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


     しかし、でっかくなれば現実がやってくる

     小さい頃のようにはやっていけなくなる





       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |  ─(●)(●)    γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
     |    i! |!_人! |!   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |    |! i!⌒i! {  γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
     |      i!j   !_ノ  (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)
     ヽ        }   .\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ
      ヽ     ノ    |  /  /(__人__)      |
      /     く    ..\/  /   ` ⌒´     /


     奴の場合は家族と故郷との別れだった

     貧しい村と家には三男坊を養っていく力はなかったんだ





          r―-、__r―-、
        |―‐z__,r:、__)
         .|  |   /  /
           .>―-、__ノ
     ,. -‐'''" ̄ ̄`―ヽ
   /           \
  |              ヽ
  |              |
  ヽ             /
   \_______/


     奴は都市までの旅費と、数日の滞在費を持たされた

     都市に行くのはやる夫と同じ境遇の奴ならお決まりの選択だからだ





   ゙゙ """  ,,,.   ・"゙         ゙;,, "゙゙ ,,.,lルw,,. ..,,. ""゙゙ ,,,_
    "  ,゙゙   .,vi,, "           ゙,  "" ゙゙゙゙゙ ''' ""' ,,, ""゙
  ,,_  ^゙゙`  ,,,i,. ,"  ,           "、  ",wノ ,,""   ゙ ゙""
"" ,,ノv_,, ゙゙` @ ,゙.     '      .    `,,l ""゙゙ ,, wlレ,,.. ゙゙゙^゙~ ,,.、
 ,,,  ,,,. "" ヾノゞ゙                " ,.., ゙゙゙ """,,,.  il,,.. ゙゙ "
  "^゙゙  ,,wイv,,.    .    , .        ゙゙、、,."  ゙・ ゙ ,,,., ゙゙`
,,,vレvi,,.. " ,.               .      " ,,.i  "゙^゙ ,. " ,,.,il,.
 ,,.゙゙゙"` ,,.゙    ,                .  、",,,゙゙  ,,.,   ~゙゙: ;,,.,
`゙゙゙ ,,.,""                        ,(,,..,  ,,., ,iy,,,.., """゙゙
 ,,゙゙"i!,.'                     ,    " ,,;.,・ ゙゙゙"""  ",,."
 "",゙                            ,"  ゙ ,,.゙ .,,..,,i,.l. ゙`゙
,.,vw,,       .            ,         ゙;,  "^ ・,,. ""゙ ,
,""     ,                            ,, " ゙゙ ,!,,,""`
"  ,.                              ,,`  "",,.w,,.゙


     こうして奴は村を後にした


.

644 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 20:58:35 ID:jYyu1CEI0 [5/28] (PC)



                                           ,.;'"~⌒'
                                     ノ⌒ヾ`'"~
___                        _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~
  ::::/|`⌒',=-   ,_ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ      ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,ヾ、.,__ソ^`
 ̄ ̄| :|`'"~       ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'
: : : : | :|
: : : : | :|n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : | n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : ____ _: : : : : : : : : : : : : :_.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,._ : :____ : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : :/____/_|: : : : : : : : : : : : :.[二][二][二];| /__________/_ヽ.: : : : : : : : : : : :
: : : : |;|コニ|| ,___||,||ニiニニiニニiニニiニニi|;;;;;=====;;;;|;;| ||     .|| ||ニニiニニiニニiニニi
 ̄ ̄.: ̄7||'____||,||..ノ囮 ̄ ̄品品7.|;;;;|    |;;;|;;|.| ̄ ̄ ̄"| ̄| ノ皿皿 ̄ ̄卅
 ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄./_____/. : ̄7. :―. : ̄7. ̄ ̄ ̄7 ̄ /_____/
 ̄ ̄ ̄ ̄/\-. :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/] ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄\/| -[|三三三三三|]/| :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :-|二二二二二


     何日か歩いた後、奴は都市に、王都に到着した





            ,,-‐‐‐ - 、
          /      ` ヽ、
           ,'/           ヽ、
          j j             ゙ヽ
          ', ',              ヽ
            ',∧              ',
            ∨ヾ             j
             .\,,\          ,/
           ゝヽ、`ヽ、__     /
                 ゙ヽヽ_∠フ辷-イ


                         ________
                        /            |` ̄ ̄ ̄`'‐、
                        /_________|    _., -‐',
                        |__________ ̄ ̄ ̄ , ‐'"
                        \             , -‐'´_
                         /ヽ         /´    o |
                        ./  |         |      |
                        /o ´         `    .o |
                       ヽ============┘


     都市にはそりゃあたくさんの仕事がある

     商人や職人とかだ

     だが、学もなく技能もない貧農の子が就ける職なんて一つしかない





                , イ!
              .〃 }!
              / |/'
               / / ./
              ./ / ./
           ./ / /
           /.,.ィ /
          ./ノ/{ /
       jJゝイ / ,し'ア
       ヽ_(⊆9)、 'ァ
         )γ´ ̄
         //
        てテ


     それは「冒険者」だ


.


アクセスカウンター



645 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 20:59:17 ID:jYyu1CEI0 [6/28] (PC)



                          _
                            | |
                          /| |\
              .          /.  | |.  \
                    _ ./_____| |___\ _
               {ニニ{ニ}ニ{ニニニニニニニ}ニ{ニ}ニニ}
                  |i:{i:l  |          |  |++l
                  |i:}i:l  |          |  |++l
                  |i:{i:l  |          |  |++l
                  |i:}i:l  |          |  |++l
                  |i:{i:l  |          |  |++l
                  |i:}i:l  |          |  |++l
     ../ ̄ ̄\        .|∧l  |          |  |∧l
.     /   「   \           |          |
.     |    ( ●)(●)          |   /\   |
.     |       | |           |  / | l \  |            .____
.     |     __´___ノ           l/..  | l   \|          ./      \
.     |     `ー'´}              | |             / ─    ─ \
.     ヽ        }                | |            /   (●)  (●)  \
.       ヽ     ノ                  | |           .|      (__人__)     |
.        /    く                  | |            \     `⌒´    ,/
.        |     |                    | |            /     ー‐    \

       依頼人     →       ギルド      →      冒険者


     冒険者稼業ってのはギルドの存在なしには成り立たない

     依頼人からの依頼を、ギルドが仲立ちして冒険者に割り振る、ってシステムになっている

     そうすることによって、冒険者はレベルにあった依頼をこなせるわけだ





        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     やる夫もギルドで登録をして、冒険者になった





     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─ヽ  .─   \
  |   (●)  (●)   .|
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ     ././
   .\ \wwレ゛/
     .\旨 爻ン


     冒険者にはなったものの、やる夫は特殊な技能があるわけじゃない

     だから、細々と薬草採りとかの雑務をこなしていった





             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \


     しかし、そんな仕事は給料が安い

     依頼を一つこなしても、一日に必要な金の12分の1しか稼げない

     この薄給ぶりには奴も驚いた


.

646 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 20:59:59 ID:jYyu1CEI0 [7/28] (PC)



                , イ!
              .〃 }!
              / |/'
               / / ./
              ./ / ./
           ./ / /
           /.,.ィ /
          ./ノ/{ /
       jJゝイ / ,し'ア
       ヽ_(⊆9)、 'ァ
         )γ´ ̄
         //
        てテ


     しかし、貧乏から脱出する手段がないわけじゃない

     都市の外には魔物がいる

     魔物討伐の依頼を受ければ、雑務の3倍は稼げる





                     ,,
                   ,i'";;'i,
                   ,i';;;;;;; .l,
                  ,/';;;;;;;; l,
       ヾ,'‐-.,,_  ,,.- ''" ̄...."''-.,,:;;;l
        "''-.,,::"Y   ..:::::: ,,;;;, '-',
           'y:;;;  ,,,:::;;;;;;;;;;;;;;;;,,  'i,ヽ,
          ,/;;:   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,, i,;;,'i,
          i':::::.    ,,i:;:iゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;,, i,;;;i,
          ソ::    ''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,i;;;;;;i,
          /::         '''''''  / ,,.::., i,
         ,/.::   ....    ,-.,  ;;;;;/..   ::. i,
        i' ::'i  .:::    //ソ,i  ;;/  ::    :. l,
        l'Y"     //ソ l ./   .: ;;;;,   'i,
        i_l_,,...,,_  ,ノ lソ ,:l /   :: ;;;;;;;.,,,  i,
            "l":: l' ,:'l ,i'     :: ;;;;;;;;;;;;;,,,,,,i,
             i : l- ',l ,i'    ::  ;;;;;;;;;;::''
            l   .l,,-'./      .:
            '-..,,-'--'l      ::  ...
                 l      :: ...::
                 .l     .:...:::
                 l   ..:::
                  i,.:::


     しかし、この手はリスキーだ

     一番弱い魔犬でも素人じゃ勝てない

     安易に挑めば不具者にされて、一生物乞い生活だ





           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


     小さい頃にちゃんばらごっこしかしたことのないやる夫には

     魔物討伐なんて無理な話だ


.

647 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:00:45 ID:jYyu1CEI0 [8/28] (PC)



 .              /:::::::: \::::::::::\::::::::::::::`¨¨¨¨\)\ 、、
         ___彡':::`¨¨`\\::::::::::\:::::::::::::::: ⌒ヾV'W/ )
          '⌒㍉ヽ:::::::::::::::::::\\::::::::::\::::::::::\ :::::|::: //て
        ⌒ヾ:::::::`ー===ニニニ\\/" /`ヾ:〉》::::|:://:::/
 .          \):\::::::::ー-===ミ/  /    //\j///し
              ',::::',\:::/⌒ヽ彡  ̄/ ̄ミメ//  `7刈く
              ',:::|:::::::{ ⌒) "    弋戎ハ\  // |⌒\
            {从:::::::} イ       `ヾ ⌒/厶,,j   }
               〉:::\:○'                 {ネ/   丿
          /`ヽ//〉^Y                ∨
          /  / ,//           \ _  _   ゝ
_ ..  -‐==彡`ヽ/'⌒//、             ` ーヽ_r ´
. : ̄ ̄` 、::::::::::/   〈/ . :\  \          ┘
  .:\ ̄ ̄\/       . : :\  \     /
 . . . : :\  . : \       . :/-=ミノ\ _,ノ
    . . : : \  . : \     . : :/:::::://)
     . . : :\  . : \ . : :.:/^Y//
         . : :\  . : \.:.く::::::/∧\


     じゃあ、ただの素人が魔物討伐ができないとすると誰がやるのか、

     やるのは小さい頃から武術の訓練を受けているお貴族様だ





                  、-  - ゝヽ  ,
                ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レi
               ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|
                V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、ート、
                V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:」 .! }
                 V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:// 〈 ′
                 ヽ_.:.:.:.:.:.:.:/ ヾソ }
                   / /`ー‐'  l   /
              , -‐ / /      ,'  l
            <  /`Y  \   /` ̄
          / ヽ /.:.:/ / ̄ \/
          / ̄/.:.:./ /  /  ̄ \
         l.:.:/.:.:/\  /      ヽ
          l, '.:.:/.:.:.:.:.:.\         |
        /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ヽ        |
       /.:.,イ.:.:l.:.:.:.:\.:.:.:.∧.:.:.\ __ 」
.      /.:,' |.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i
     ,:.:/  .l.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      l.:{   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     ヾ、  ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         V.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ


     あの人らは貴族仲間の間で、

     どの魔物を倒したのか、どれだけ倒したのか、

     そんなことを競いながら依頼を受けている


.

648 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:01:29 ID:jYyu1CEI0 [9/28] (PC)



                          _ , -‐=‐-..、_!\_
                         >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト`ヽ,_.i
                       _/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ルイ
                     <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ぇ.:.:.:.:.:.:.:.:./
                      ラ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヌ┘ .f::/ヾ^>,:ム'
                      ヾ.:.:.:.:.:.:.:.::, へマ   .j,へ リ |
                       l.:.:.:.:.:,'.::ん'     7‐=二メ、l
                       ゞ.:.:.:.:人り    ト;:ヲ´  γ
          ____             >、.:,ィfヲ    ,   ̄  丶,
        /     \          _,イ>イ l l   弋ッ‐- .、 /
    .../  ─     \       . >´  .l  iノ \   ` - '/
     .' (●)       \        .rム     ト、  /
   ...(l、__)          |       }二===‐┴┐ ̄
     .⌒´         /       .ノ::::::::::::::::::,:∈ゞl|
    ...`l          \     .ミ≡==--.、::::::::::::卞,
        l           \          ノ:::::::::::::/∧


     その日の金を必死に稼いでいる庶民とは根本的に違うんだ





                        ,,-‐‐‐ - 、
                      /      ` ヽ、
  ,,= 、                 ,'/           ヽ、
 〈 ヽ.`ヽ、              j j             ゙ヽ
  ヾイヽ  ヽ、              ', ',              ヽ
   ヾ"ゝ、  ヽ                ',∧              ',     __ ゝ<辷辷-、
    \-'ゝ、  \            ∨ヾ             j  ,,< ,,>-''''  ̄   ̄`ヽ、
     ゝ、 ゝ、  \           .\,,\          ,ノ<、-''´           ゙ヽ
       ヽ/ゝ、 .ヽ           ゝヽ、`ヽ、__     イ、 /                ヽ
         \イ,,ゝ,ィ             ゙ヽヽ_∠フ辷-イ、/                  ',
           `-"                         / //                   i
                                    / ゝ'/                    i
                                /ヽ/                     ,!
                                ト、//                    .,'
                                    i i                       ,'
                               i`j                        /
                                 ',,j                   ,/
                                    ヾ、                /
                                 ヽ              ,,-"
                                    \、        ,,,-‐'"
                                         `'''''‐---‐'''"


     魔物討伐をして自分たちの何倍も稼ぐ貴族

     一方で、雑務で手一杯の自分

     こんな格差を実感したら、誰だって腐っていく


.

649 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:02:13 ID:jYyu1CEI0 [10/28] (PC)



          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
      \    (__人__) .  /


     奴も心が貧乏に蝕まれていった

     いや、正確には金銭的貧困によってもたらされる時間的貧困によってだ

     時間の使い方が貧しい人間は心も貧しくなる





  ________         ________  . |:.:.:.:.:.:.:|
 ::|i::,        ,|      ::|i::,        ,|.'  |:.:.:.:.:.:.:|     r==ニ==:、
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |::.:.:.:.:.:.| .   . |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |..:.::..:::.:|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:..::.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:.:.:.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,l .      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,| .   |、.:.:. :.:.|  '   .|!_|_|_i|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'  .l、\:.: :| .      ̄ ̄ ̄ ̄
                                !:.\\|
                                 |.:.:.. \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



________________________________
――――――――――――――――――――────────────
;           '      .   :    ,  ' :  ,    :    ;       '
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     奴は下宿とギルドを往復するだけの生活を送っていた

     下宿に戻っても、飯を食って寝るだけ

     こんな時間的に貧しい生活をしていた





        \  ゚  o 。| 。   /  。  /
          ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
      ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
        ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
       。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
    __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
      ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
      ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
     ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
         O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
        /   o  。゜ |   o ゜    \


     奴には人生の光となるもの、つまり目的がなかった

     だから時間を生命維持以外に使うことがなかった

     目的があれば奴の人生も少しは違ったかもしれない……


.

650 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:02:55 ID:jYyu1CEI0 [11/28] (PC)



  |  ||;;|||;;|        ||;;|||;;||___ | ) (  |::Jazz:::|
  |  ||;;|||;;|        ||;;|||;;|| [][][]|(  )  | ;;;;;;;;;; |
_|三三三三      三三三三三三三三||   ̄ ̄ ̄
 /|
,/ :|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________

 ━┳━   ━┳━   ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄


     その頃かな、奴が俺の店に来るようになったのは





                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


     仕事に慣れて、量をこなせるようになったやる夫は、

     その日も余分の金を持って酒を飲みに来ていた





   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/       お前もうやめたほうがいいぞ
|      / ̄丶  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/        毎日の仕事に支障が出る
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     よく深酒をする奴をなだめるのが俺の習慣だった





                       ____
                     /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                    /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \
                       /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
 _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ        んなこと言ってもマスタァ……
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |        飲まねぇとやってらんないんですよぉ
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


     その日も奴は飲み過ぎだった


.

651 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:03:38 ID:jYyu1CEI0 [12/28] (PC)



   _____
 /         ( ;;;;(
/             ) ;;;;)
|       /   \ /;;/      そうは言ってもな、お前も体調に気を付けねぇと
|        /ヽ  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/        北長屋のじいさんみたいにゃなれねぇぞ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     北長屋のじいさんってのは50過ぎても冒険者やってるおっさんのことだ

     ろくな生活ができず、大体30代でくたばっちまう冒険者が多いなかでよく長生きしているおっさんだ





                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ       ただ単調な生活を繰り返すだけの日々
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |       長生きして何の得があるってんですか……
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


     奴の言うことは正論で、俺は返す言葉を持たなかった

     ただ……





   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/       店に来る奴が減れば、俺も商売あがったりだ
|      / ̄丶  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/        元気にしといてくれよ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     そんな簡単な励ましの言葉をかけた

     そんなことしか言えなかった


.

652 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:04:59 ID:jYyu1CEI0 [13/28] (PC)



                                       |:::::::::::::|
                                       |:::::::::::::|   メ
    ________       _______       |:::::::::::::|
    |        .:,i|      |        .:,i|     |:::::::::::::|
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  ,/二二ヽ
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  |      |
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  |___|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|     |:::::::::::::|
    ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ∧ .:|:::::::::::::|;    _n__
    ∧_∧ メ                     /)゚- ゚,,) ゙;|::::::/ |    .:[__;;]
∧_∧´∀` ) キ                 ヽ   |) |/ ,;.:|___| l ̄l :|_
,  ´_ゝ)  .と ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |~          |_l_l_,l
    )'ヽ  Y  ,;      ,。            し`J
人 Y し'(_) 
_(__)_________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '


     翌日は朝から街の空気が張り詰めていたように感じたな





    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶
   │:::::::::  /\     .|
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\    |
    \:::::::::        /


     俺の心も少しざわついていた





     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |    /    \ ヽ
     |       /\.   |
     |    /  ̄ヽ  |
     \           /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


     俺はいつも通り、朝の一杯を飲んで落ち着こうとした





   _                                  _.  _   _
  | | ロロ                              | | | | | |
  | |_   __ロロ   _       _     _      _    | | | | | |
  | __|   |   |.  _| |_  _| |_   _| |_   l二l | |   |_| |_| |_|
  | |       ̄| |  l_   _l   l_   _l  l_   _l   __| |     _   _  _
  |_|      | ̄ |.  </|_|   </|_|    </|_|    |__|   |_| |_| |_|
         ̄ ̄


            ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       ━━┓┃┃
            /   /   \   丶         ┃   ━━━━━━━━
           │     /\     .|        ┃               ┃┃┃
           |     ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
            \   。≧       三 ==-
               -ァ,        ≧=- 。
                 イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
               ≦`Vヾ       ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


     その時、いきなりとてつもない爆音が轟いたからたまげたよ


.

653 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:05:44 ID:jYyu1CEI0 [14/28] (PC)



..           ''';;';';;'';;;,.,
             ''';;';'';';''';;'';;;,.,
              ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
             ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
          vymyvwymyvymyvy、
      ヽ(゚д゚)vヽ(゚д゚)yヽ(゚д゚)v(゚д゚)っ
 ⊂( ゚д゚ ) と( ゚д゚ ) 〃ミ ( ゚д゚ )っ ( ゚д゚ )つ
   ゝηミ ( ゚д゚ )っ ミ) ⊂( ゚д゚ ) .(彡η r
    しu(彡η r⊂( ゚д゚ ) .ゝ.η.ミ) i_ノ┘
.       i_ノ┘  ヽ ηミ)しu
           (⌒) .|
            三`J


     外に出てみると、音のほうから逃げてくる群衆と、

     音のほうに向かう野次馬で、大混雑だった





    _____
  /三      \   ―― [] ]
   \三 /    三 | l ̄ | |
 '(○) (○ )   三. |_| 匚. |
 | (__人__)   u  三    | |
 \ `⌒,/ゝ  /⌒ヽ    |_| [] [] ,-
  /  | \|    三       //
≡(    ヽ   三   三      匚/
. ≡\   \  三  三
 (⌒、\   \.__、≡二
   ̄ /         三
  /    /ヽ    三
 三   三 / ニ ヽ    三
  \__二_ニ  ヽ    三
             \  ≡
              \ ≡
                  ` 、_三


     その野次馬のなかにやる夫もいた

     俺も音の正体には興味はあったし、

     やる夫の後を追いかけていった





      :::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::            ,.;'"~⌒'
                 γ ⌒ ⌒ `ヘ             .ノ⌒ヾ`'"~
___           .イ,,,, ""  ⌒  ヾ ヾ   ._ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~
  ::::/|`⌒',=-  /゛゛゛(   ⌒   . . ,, ヽ,,'' ..ノ )ヽ."`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,ヾ、.,__ソ^`
 ̄ ̄| :|`'"~  ...(   、、   、 ’'',   . . ノ  ヾ )
: : : : | :|   ..................ゞ (.    .  .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,,.ノ........... ........
: : : : | :|n_n.:::::::::::::::::::::( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ::::::::::::::.......:::::: _n_n_n_n_n_n_n_n
: : : : | n_n :::::::::::::::::::.:::::(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)::::::::::::..::::::::::::::::... ,,,,::::::::::: _n_n_n_n_n_n
: : : : |:| : : : : : : : : : :::::::::::::.('''yノ (''、,,,ノ)ノ ::::::::::,,,,,::,,:::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : ,, . . . . . ::::::::::::( ( ,,,人、..ツ. ノ ) ::::.:::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : : : : : : ,,,,, . . .:::::::::::::'''(, イ")'"´ノ;; :::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : : : ___ ,,,. . ,,,::::::( , ゛゛..(’_''/,,, ..ノ,.,.,.,.,.,._ : :____ : : : : : : : : : : : : :
: : : : |:| : :/__.,, . . ((,⌒ノ,,,.:::::' (   (’''....ノ ソ ::::::: ... . . ,,,,,,,,,::::::::::::.: : : : : : : : : :
: : : : |;|コニ|| ,  (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.,、,,,,,(   .:: ノ..).;;| ||     .|| ||ニニiニニiニニiニニi
 ̄ ̄.: ̄7||' y(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~~ノノ)”),,, . ,,,ソ... ̄ ̄"| ̄| ノ皿皿 ̄ ̄卅
 ̄7. :―. :  ::::::::::: . . . . . . . :::::::::: ._/. : ̄7. :―. : ̄7. ̄ ̄ ̄7 ̄ /_____/
 ̄ ̄ ̄ ̄/\-. : :::::::::::::::::::::: :::::::::::::. ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄\/| -[|三三三三三|]/| :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :-|二二二二二


     高台に到着してみると、分厚い城壁が砂煙をあげていた

     近くにいた野次馬に聞いてみると、壁の外から大穴を開けたやつがいるらしい


.

654 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:06:26 ID:jYyu1CEI0 [15/28] (PC)



ヽ、  ̄>ー- ,.__ _______
--<" `ヽ、,.--'"`ヽ、.--'" ̄"''''''''ヽ"" ̄"'''''_,.ー- .,
  ,. 'ヽ_,.. '" ` .,__,..-'" "` .,_,,,..-─"´`ヽ_,...- ''"`ヽ、_,...`ヽ、
/  <     `ヽ、    ヽ     <      <   "''''`ヽ、
    ヽ、  _,...- ''"ヽ_,... ''"´ヽ_,...- ''" `ヽ、_,...- ''"`ヽ、_,..-'" `ヽ
ヽ      <     <    <      <   _,...- ''"`ヽ、,...- ''"ヽ
 `ヽ、_,..-'"` ` -.,__,..-'` -.,__,..-'`ヽ、_,...- ''"`ヽ、<     <     `ヽ、
_,...- ''"`ヽ、    <     <    `ヽ、 _,...- ''"`ヽ、_,...- '`     ,...''`ヽ
`ヽ、    \_,..-'"`ヽ、_,..-'" `'-.,__,...- ''"`ヽ、    `ヽ、 ,..;'''"''':;,,  `ヽ、ヽ、
/    /               `ヽ、  (ヾ   _,...- '' ((;;;;;;;;;;;;))  _,..ヾ `ヽ、
l   /   /    /  /         ,.. '' ヽ\        ,..   ヾ   ヾ  `ヽ
ヽ  l   l     |  l   /   / <    \\ ,... ''" <    ,. ヽ       ヽ
"`ヽ.,_ヽ、  ヽ、.  l  l   l     |  ヽ  <  ヽ、ヽ- .,__  ヽ  ヾ   ,..'"       l
     ``''ーヽ、,,_ヽ ヽ  ヽ   l  /   `ヽ   "''ー-"-.,__    ヽ`  (;;;,,   l
             ̄ ̄`ヽ.,_ヽ、 ヽ l     ヽ ヽ/ ヽ    "''-- .._________,,. -ノ'"'''ー- .,,,,,.-'""
                   ` ̄""''''ー-- ..__    ヽ丿  /   ゝ γ,,,... ''"""'''ー- ..,,,,.-""''''
                               ̄"""''''''ーー-----ーー''"


     そいつの正体はじきに分かった

     城壁にまとわりつく大蛇の魔物、いまでも忘れられない光景だ





        ___
       /       \
     / ―   ― .\             ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   (●)  (●)  \           /   /   \   丶
    |     (__人__)     |             │     /\   u. .|   大丈夫なのか、これ
    \    `⌒ ´     /           |  u. / ̄ ̄\    |
   /´ ̄          ィヽ              \            /
  〈    ̄  ‐- 、       i            /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
   `ー,‐ -、_   ヽ       | l         ./  、     、  〆ヾ ̄ `i
    /   ヽ.て  〉     .| l           /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
    l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、     /  /l         `、´/     ヽ
    l    _,l       ̄/     l    ./  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´  -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
   (___〉    ̄ヽ --‐'       ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ


     俺とやる夫は高台に座して、大蛇が街を破壊する様子を見ていた

     俺は多少なりとも不安だった

     でも、隣に座っているやる夫はすごく冷静に見えた


.

655 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:07:07 ID:jYyu1CEI0 [16/28] (PC)



                      、、ヽ、/i//::::::::::::::::::::::イ/  ̄ \ヘ
                    __ゝ\ヾ|::::::: /::::::::∠:::::::::i        \
                     i\:::::::ヾ::::::://:::::/::::/::::リへノ ̄ \  ヽ
                  /´(ヾ\ヘ∨/ム、 彡::/::::イ/ ¨ \ } ノ
                    //  `ミ〈  / ヽ i `ヾrー〈!ー‐┬≠ノノ:::::::ヘ
               〈j rュ ,k>!、 、_!,ノュァ  ク厶ー┘、ヾヾヽ`ヽ`ヽ、、
                   ヽ!彡レ' ヘ`丐     / ̄ ̄\\>.、`ヽ\\:::::\
                     lミ::l   ヽ. L  /´ ̄ ̄\  \\:}\::ヽ\ヽ\:ヽ
                      lミ;;;!    \ー=/      \ ∨/ヽヽ\::ヽ::::::ヘ::::ヽ
                 lミ;;;l      ー{         ∨/ :::: ヽヽ:\ ::\::ヘ:::l
                  lミ;;;;!         > 、______У;;;;::::::::::::i |:::ト、丶\ヘ!
                   l彡;;;!       /:‐‐┬´::::::::::::::/;;;;;;;;; ::::::::::l l:::!、\ヽ:ヘヽ
                    l彡ミ;l     ∠:::::::::::jL:___::::/;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::ヾ;:::'、  ヾ:::\
                     l彡ミ;;!  /:::::::::::::::}::::::::ノ´:::;;;;;;;;;;;;;;;;;'::::::::::::::::::》::j.      `\
                l彡ミミl /:::::::::::::::::/:::::::ハ:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;r─--- ":::::ヘ
                 l彡ミ;;!/三`ヽ;;/:::::::::イ `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;{ {:::::::::::::::: /ヘ
                  lγ⌒`ヽ;::`ヽ:::::::_/ノ    ∨ヘ;;;;;;;;ヾ、:_::_::/:::::::}}
              「У       ∨∧ノノ´       }:::::ヘ;;;;;{{:::::::::::::::::ノイ
                (/_ノ /⌒ヘ  l:l:::ノ"        ハ:::::::ヘ;;;;} }___;;:::<::::ハ
              (`ヽノ;;;;;;::::l  j:lソ         _,イ ` <〔::::::::::::::::::::::::::::::}
              ∨lγ⌒ヽ! /ソ        ノ厶::>...、/::::::::::::::::::::____}
                  (`ヽ!;;;;;;;::::::::lノ'        //;;;ヘ____} }::::::::;;;::<:::::::::::::!
                  \l;;;;;;;;:::::::::!         //;;;;;;;//:::::::::::ヾ::/:::::::::::::::::::::::j


     前線では高位の冒険者達―ほとんどは貴族なんだが―が戦っていた

     その見事な戦いっぷりにはほれぼれしたね


.

656 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:07:51 ID:jYyu1CEI0 [17/28] (PC)



  |     / ,, イ´       ` ''ーt、 ̄}
  |   /´--   ─ -  _   川\廴 _
  |  /〃      `ー- 、 `ー- 、ハヾ\ }
\ .V/         ー- _  `ヽ、  `ー- 、ゞ、
ー''               ヽ、  \   \ ̄ ー-、
     i \  、 __  / ヽ、\:.. \   \ _  `ヽ、
イ  ハ ヽ  \_\  メ >、_ _ ヾ V\ .\    、 ヽ、 \
  i i/ハ \   \  /ィ示、 ̄アヽ、\Y::\ ヽ    \  \ .\
  | !K ヽ  ヽ、_>// {ヘrjヽ,イ };;\ハ::/\ト、    ヽ  ト、 ヽ
  | !ヽ  \\  ノパイ辷ン”  };;;;{  `ー'. | ハ \  ヽ. |__\ }__
  ヽ \\  \ゝ "l;;;ヽ  ̄ };;;;{ };;{   .rイ//人  ヽ   ト.|:::::::::} j:::::::::::::i
i   \ \>_, ̄`};;;;;;{   };;;;{ };;    |} ヾ/::::::ヽ  ', .i::\:::::i/::::=-:、/
ハ  ,, メ/伝ろミ,     , - 、  ;;  u  :|i  \::::::::', ヽ j=ー./;;;:::::::::::::>
. ヽ ´ヽ Vハシ=》 i}  // /\     i    \ヾ} ハ!:::::::::::::::::`::ー::7
  \ \>≠“  .く/ /     ヽ    ,    >イV\>::::::::::ィ= 、::i
ト、 { \ 、 _≧    \ {    /   ./ ,,ィ''´ _ ヽ::::::::>イ     \
乂\  `ー \       ー- ' _,   //  /::::::ヽン/        ,,
_/ .\     ト、_          ノ  /::::::::://        /イ
  | i  `  i   jハ < ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ 7 ,_ く:::::::::::/ /           /\\
  | ハ   l  ト、\ \    r=V/ イ \\:::: V/     ///  //
  V ハ   ',  l ヽ>、\ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄/ ̄\/// .//イ
  ヾ \  ヽ \    /        /  /     \_ . //
.      \  rー`  /\____/  /       У V /
       `ー''"  .:/\______,/       /  / ̄ ̄ ̄7/


     だが、全体的には魔物に押されていた

     こんなでかいやつを相手にするなんてまずないだろうからな

     俺は手を握り締めて必死に応援していた





          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


     しかし、やる夫の奴は戦闘の様子をジーッと見つめるだけで

     俺たちのように応援の声はあげていなかった





       |\         /ヽ
       |  \       /   |
       i    \___/    |
       ヽ,.           |    ここらで一番強い冒険者が加勢してくれるらしい
       /   _ヽ,,  ノ_   |
       i              |    たまたま隣の都市からこっちに用事で来てたんだと
        ヽ    ノ ̄|      /
        >   ´  ̄ `    <


     そんななかで、一人の野次馬がこんなことを言った

     その言葉に俺たちは沸き立った


.

657 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:08:29 ID:jYyu1CEI0 [18/28] (PC)



                                              __
                                         ,r==/厂二〈―‐ 、
                                       -=/てノ./ _ム=∧≫ \-------―{仁ニヽ
                               -=ニ二三三/    /,、 ==ニ≧}≧   }、 ̄ ̄ ̄ ̄ ´
                         -=ニ二三三三三三三三<=→ ,δ\  __〈≫_/ \
              -=ニ二三三三三三三三三三三三三三二ニ=-―― ´ー――┴ ∨     ∧
     、-=ニ二三三三三三三三三三三三三二ニ=-                      ∨ ,r====}
     ヽ_〉三三三三三二ニ=-                                  Ⅵ:::::::::::∧_
                                                     /  ̄_===┤
                                                    _`≦―==〉
                                       /)_ イ}_    / ̄\::::::ヽ:::\ヽ/
                                          ノ!/ /  彡 ノィ彡'i}`ヽ‐ 、. |:::::::::}::::/)´
                                        Ⅳ i! / /  ´   , l|  ヘ. ヘ |::::::::厂¨
                                       |lヘ i |i´ / / ノ l|  ⊥__ヘ!:::::/
                                    Vヘ、{{,ィz==≦´  /7 ∧\ノ ̄
                                      l_      ___`z、/ //.:.:.〉. \
                                      衍   ィ笊ア  }ミィ".:.:.:./ ―‐ヽ _
                                        ! ノ    ̄   ィ `ヽ::/ /       \
                                           `、==ア  '{_} /./             \
                                          ヽ二´イー-、 ./ ./              }
                                           Y⌒Y  !               |
                                                V |  {                 〉
                                                Ⅳ   ∨            /}


     その時だったな  城壁の向こうから、砂煙を巻き上げて一人の男が現れた

     この男こそ、俺たちが待ち望んだ“希望”だった

     そいつは大蛇に勢いよくおどりかかった


.

658 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:09:07 ID:jYyu1CEI0 [19/28] (PC)



                                         |  |   ,. イ i
                                         |  | ,..イ 乙 ノ!|
                                          j ,..イ 少     ||
                                            / }乂'   《_}} ||
                                           /乂Y         ,||
                      /レVi /{,ィ             /       _,,..ノi:!!
                     j V~ヽ/_/ レ/           /  > ''´ ̄ ̄  ,.イf{ ',
            __   Ⅳ/ tッ` - Y {          r''  /    __ z≦ff イエ!. ',
          ∠ ___人ヽ .ゝi  - 、 ゚./イ          } /    ト、 `ヾ泛〈  }ル|: ',
        ./: : : :> -―==≧-- イ´____     /      i沁  ',英}  |キ|:  〉
       ./ : : : : // 〃 {::::::i  `ヾー-- }} ̄ ヽ\.  〈    i  、 |乖i  .}雄レfドゥ' ./
       { : : : : :乂_{{ |::::::} _/ / /:::} ̄\: : \.  ',   iハ マ、 }離}  |王/  ./
        ヽ: : : : : :.}:::/ ̄ ̄ ノi { ヽ{ /:::/   i: : : : } /   乂{ \f剣  .}モ′イ  ,
         \: : : j/   /   ', `~ソ ___ ノ : : :./ / ム   \  ヾリ ム/ / { /
           ` ̄i     /{    }イ : : : : : : : / ヽ マミ、       /オi 乂ア′
            ノ===マiイ  ',    !: : : : : : > ´   \       _ノエア{  ./
          /    /マ:_____ /ー /  ̄ ̄ ´       } \     ~アハト!  /
         /     i  } / ',  .{、               |  ム 、    くエル} /
        }|:::`''ー-- __}  | |   }    ',             ! {弐! `'' 、  ヾ/ /
          / !::/ |::::::/|  :! |  .i!     ',            ヽ マ込   `  ̄ T
        ./ j/   |//:.:|  :| |  .ハー---i           |\之ャ    ,.! !
     /      /: : :!  :! !  /:.|::::::ハ::::|              |: : \ヾ   /i{ |
      /、       {: : :.:|  :| | /:.:.|',:/ ',::|              |: : :/ \\/弐:. !
    ./: /ー-- i----: : : :|  :| | /: : :}    {             |: :/ /: :\泛fレi,
    /: :/     |: : : : : : : :!___|_|/: : :/    ',            |:〈 〈 : : : : ヽ イ
  ./: :/     |: : : : : : : : :| { | : : : i ー-- ノ           .|: : 、 \: : : | |:|
  : : /      ,: : : : : : : : :.| i |: : : :.}   /              :|ヽ: :\ ヽ:.:.| |:|
  : /     / : : : : : : : : :.', /: : : :.|  ,              |ヽノ: : :ヽノ: :L!:
  : }     i : : : : : : : : : : : : : : : : |   i             |: : : : : : : : : : : :!
  :人     | : : : : : : : : : : : : : : : :.|  |               |f彡=====ミ:!


     そして、あっという間に急所に剣を突き立てた


.

659 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:09:42 ID:jYyu1CEI0 [20/28] (PC)



                           _,,,,,,  ,,,,,__
                     ,, ==;;''"": : : : : : : : : : : : : ":'' =z ,, ,,,_
                  ,,∠: : : : :.,;;;i: : : ::::::;;;;;;; : : : : : : : : :,: : : ,,: : : : =ュ  ,, _
                ./::::;;;;;;;;;::::::::::;i!::::::::::;;;;;;;;;::::::::: : : : : : : ::, _:;;:'': : :;;:;: : '': : : : :'=z,
                i!iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!iiiiii!:::::::i!iiiiil;;;;;;;;;;: : : : : : :;;;i i! };;;;;;;;;;;;;ir-:::;;:::::::::::::i::::}
           _,,ェ=''":: : : : :"'',iiiiiiiiiiiii!iiiii.,,: i!iiiiil;;;;;#='':"":" :''≡'=''---=z廴,,,_ :::::::;;i 从ノ
       ,,,,ェ=''"::: ::: :: : : : : : :: :::::;;;;iiiiiii!iiiiii!ii!iii;;;;y'" :-=tzzzz'=tz'=='==-"ュ」__;;,,z=="/゛
___,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::: :: :: : : : : : : : : : ::: :::::::iiiiii!iiiiii!iiiiⅣ,,,:: ::    ___,,,,,,,,, ;; -===== =-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::: : : : : : : : ::::::iiiiiiiiiiiiiiiiⅣ___y==-=''""
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :iiiii=''": : /''"
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii=;; ;:::''"; ;;''´ノ´
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiii==''":7: : :i!_〃
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiii='''":::::::::Y ; ',,.''””~
lllllllllllllllllllllliiiiェ='''", ' , "/";; ;_z='''"
llllllllllllllllllllii::::::::: : : ; __,,7='''""´
..”””””””""""´´´


     急所をやられた大蛇は、鼓膜が破れんばかりの悲鳴をあげて倒れ伏した





                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::


     俺たちは割れんばかりの歓声をあげた

     そして王都の窮地を救った英雄に、希望に、次々と賞賛の言葉を送った


.

660 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:10:27 ID:jYyu1CEI0 [21/28] (PC)



      /      : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       /       __:_: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ∧       /--、 `: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /         ├=〉 : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::/
   ./   \   |i ├‐/   : : : : : : :::::::::::::::/      何で……何で……
   /       \ il |-{            /
  ./        \ _,|i__ハ、       /
 /           `ー┴‐=ヘ、_/ /
                 `ー一


     そのなかで、一人、やる夫は嗚咽をもらしてた





                   /´         \
                 ___,  '´               `ヽ 、
             ,,. ´                       ` ー- 、
             ´        ___         ___         \
            /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',
            {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }    どうして……
            .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /
             >-ヘ -‐⊂⊃       ,    ⊂⊃‐->=イ     どうして……
            .(  _ノ          |i    //  人 _)
           ( ´「          .||    〃    .ハ (
            人 l し        J.!|    |l     .しl 〉
           .',  | l  {,   .、_ _八__ 」L.、    | :|
         ノ│ ヾ、/ ,v─‐r──‐ハ r‐v、\__,,,,ノ /
            ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ ノ /(/
                  ` ̄´      l |
                   、        (ノ
                   (_` ┐-イ´


     両目からはいっぱいの涙が溢れていた





    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|       どうしたんだ……やる夫
   |    / ̄ ̄\    |
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:     どうして蛇のやつは死んじまったんだ……
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !     どうして……どうして……
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄


     奴は一人、大蛇が殺されたことを悲しんでいた


.

661 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:11:11 ID:jYyu1CEI0 [22/28] (PC)



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶
   │:::::::::  /\     .|
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\    |
    \:::::::::        /


     俺には奴の気持ちが何となく分かった





  |  ||;;|||;;|        ||;;|||;;||___ | ) (  |::Jazz:::|
  |  ||;;|||;;|        ||;;|||;;|| [][][]|(  )  | ;;;;;;;;;; |
_|三三三三      三三三三三三三三||   ̄ ̄ ̄
 /|
,/ :|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________

 ━┳━   ━┳━   ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄


     奴は俺の店に来ると、決まって二つの話をした

     一つ目は腐った生活の愚痴、二つ目は幼少の頃の話だ





              ____
            /―   ―\
           /  ●   ● \
             | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
             ヽ         ィ’
            /           i!
              i 丶    i  !  i!
           γ⌒゙ヽ  l  l  γ'.ヽ
           i    i,__,,ノ  i,__,,ノ__,,丿
          ヽ,_,ノ"~´ ̄  ̄


     ガキの頃、どんなことをしたのかを奴は細かく話した

     家族との暮らし、友達との遊び、村の自然のこと、

     その話をするときは奴も笑顔だったよ





             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \


     だが、いま居る場所は笑って話せるようなところじゃない

     たくさんの仕事、安い給料、貧相な飯、

     どれをとっても昔に勝るところはない


.

662 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:11:51 ID:jYyu1CEI0 [23/28] (PC)



ヽ、  ̄>ー- ,.__ _______
--<" `ヽ、,.--'"`ヽ、.--'" ̄"''''''''ヽ"" ̄"'''''_,.ー- .,
  ,. 'ヽ_,.. '" ` .,__,..-'" "` .,_,,,..-─"´`ヽ_,...- ''"`ヽ、_,...`ヽ、
/  <     `ヽ、    ヽ     <      <   "''''`ヽ、
    ヽ、  _,...- ''"ヽ_,... ''"´ヽ_,...- ''" `ヽ、_,...- ''"`ヽ、_,..-'" `ヽ
ヽ      <     <    <      <   _,...- ''"`ヽ、,...- ''"ヽ
 `ヽ、_,..-'"` ` -.,__,..-'` -.,__,..-'`ヽ、_,...- ''"`ヽ、<     <     `ヽ、
_,...- ''"`ヽ、    <     <    `ヽ、 _,...- ''"`ヽ、_,...- '`     ,...''`ヽ
`ヽ、    \_,..-'"`ヽ、_,..-'" `'-.,__,...- ''"`ヽ、    `ヽ、 ,..;'''"''':;,,  `ヽ、ヽ、
/    /               `ヽ、  (ヾ   _,...- '' ((;;;;;;;;;;;;))  _,..ヾ `ヽ、
l   /   /    /  /         ,.. '' ヽ\        ,..   ヾ   ヾ  `ヽ
ヽ  l   l     |  l   /   / <    \\ ,... ''" <    ,. ヽ       ヽ
"`ヽ.,_ヽ、  ヽ、.  l  l   l     |  ヽ  <  ヽ、ヽ- .,__  ヽ  ヾ   ,..'"       l
     ``''ーヽ、,,_ヽ ヽ  ヽ   l  /   `ヽ   "''ー-"-.,__    ヽ`  (;;;,,   l
             ̄ ̄`ヽ.,_ヽ、 ヽ l     ヽ ヽ/ ヽ    "''-- .._________,,. -ノ'"'''ー- .,,,,,.-'""
                   ` ̄""''''ー-- ..__    ヽ丿  /   ゝ γ,,,... ''"""'''ー- ..,,,,.-""''''
                               ̄"""''''''ーー-----ーー''"


||     ||          .||   ||  ||
||     ||          .||   ||  ||
||     ||          .||   ||  ||
||     ||./ ̄ ̄ ̄\||   ||  ||
||     || ─    ─ .||   ||  ||
||     ||(○)  (○ ||   ||  ||
||   |||  (__人__)  || | ..||  ||
||     ||  ` ⌒´   .||/  .||  ||
||     ||          .||   ||  ||


     奴にとって大蛇の魔物は、この冷たい牢獄から助け出してくれる

     唯一の“希望”に見えたんだろう

     だが、その“希望”は無惨にもくたばってしまった

     だから奴は大蛇の死を悲しんだんだ





           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


     その日、俺は奴をおぶって帰ったよ

     酒も一杯おごってやったかな

     やる夫は俺の背中の上でも、酒を飲みながらでも、ずっと泣いてたよ


.

663 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:12:27 ID:jYyu1CEI0 [24/28] (PC)



   _____
 /         ( ;;;;(
/             ) ;;;;)
|       /   \ /;;/
|        /ヽ  l;;,´.|     これが俺がやる夫について知っていること全てだ
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |        参考になったか?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒
           / /   (     〆  ミ
            | ′_ノ   ―    ム  ヾ      ……参考になったっす
         从| (○) (○ )  §从 ゝ
           |  (__人__)    §ル′
              \ `ー ´    o ゚ \
            ∽    ∽    ヽ
               /  ∞∞  / /   |





   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/       それじゃ、「冒険者になる」なんて妄言を吐くのをやめろ
|      / ̄丶  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/        大人しく鍛冶屋ついどけ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒
           / /   (     〆  ミ
            | ′_ノ   ―    ム  ヾ      そうするっす……
         从| (○) (○ )  §从 ゝ
           |  (__人__)    §ル′
              \ `ー ´    o ゚ \
            ∽    ∽    ヽ
               /  ∞∞  / /   |

664 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:13:12 ID:jYyu1CEI0 [25/28] (PC)



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |     そんじゃ、俺は店の準備があるからな
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     お子様は帰った帰った
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒
           /  _ノ   ヽ_  〆  ミ      最後に一つ聞いてもいいすか?
            |:i (●) (● )   ム  ヾ
         从|  (__人__) u. §从 ゝ     そのやる夫さんはいまはどうしているっすか?
           |   `⌒ ´      §ル′
    (⌒(⌒(⌒ヽ\  (⌒(⌒(⌒ヽ く
     ヽ ヽ ヽ |(⌒)  ヽ ヽ ヽ | \
.     ハ        /  (⌒)      |   \
       ヘ    (  |  ハ      | l   ∨
       \     ヘ  ヘ       ノー′  |
         \   ヽ  \______/





         ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /   /   \   丶
        │     /\     .|
        |    / ̄ ̄\    |     さあな、店に来なくなったから俺は知らねぇよ
         \            /
 r、     r、/          ヘ      ただ、俺が知ってるのは……
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

665 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:13:50 ID:jYyu1CEI0 [26/28] (PC)




.      rー‐‐-一v――r――一¬―-――一ー―ー-‐‐-――――--―‐‐-、rー―一┐
.      | o                                           o |
        |                  冒険者名簿                         |
        i_                                                |
        | ̄                                                |
        l     1│やらない夫                                    |
       !                                               {
        |     2│できる夫                                 |
        |                                               ,!
       }     3│やる実                                ゙i
      |                                               |
      `i     4│キル夫                                      l
.        /                                               l
.        }     5│ドヤが夫                                    〈
      |                                               |
      |         ・                                     |
      |         ・                                     |
      |         ・                                     |
      |         ・                                     l
      |         ・                                    __|
      |                                                 `!
      i_                                              |
      r'                                               |
      |                                                 |
      |                                                 !
      !、                                           |
        i´                                                 |
        |                                                l
        | o                                            o |
.     └ー―'^ー--‐――一ー―――一―ー‐-―--――一-―'ー―~'`ー-一'ー‐┘


     冒険者名簿にやる夫の名前がもう載ってない、ってことだけだ


.

666 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:14:26 ID:jYyu1CEI0 [27/28] (PC)





          壁を破りて来たるは希望

               おわり




.

667 名前: ◆wxJOAgxLVQ [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:15:01 ID:jYyu1CEI0 [28/28] (PC)

以上です
ご覧くださりありがとうございました



668 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:17:10 ID:c90aoTrM0 (PC)

乙でした。悲しい話だ
RPGとかでは「何もない貧乏人がなり上がれる職業」みたいな扱いなこともあるけど
現実的に考えたら訓練を受けた人にはかなわないよなあ…



669 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 21:59:07 ID:ovuTDlVQ0 [1/2] (PC)


・・・やる実になったのか、やる夫・・とか思ってしまったw



52270 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/30(日) 14:47:48 ID:-

>>669
TSモノの悪影響がこんなところにwww



670 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:04:35 ID:3k9AdT3c0 (PC)

乙です
訓練をする時間と、金のかかる装備の確保・運用
「戦う人」が貴族階級なのには、相応の理由があるわな

貧乏人が挑むなら少数で動く冒険者より、傭兵隊の方がなんぼかマシな気がする



671 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:30:02 ID:ovuTDlVQ0 [2/2] (PC)

どう言う形であれ新人育成がちゃんと回っていないとその職業全体が大きくなる事はない
と言うのはどの職業でもどの世界でも共通やね



672 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:32:07 ID:2ulNwZnU0 (PC)

乙やで

>>669
お前のせいで余韻が台無しだwwwwwwww



673 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:34:37 ID:3XS.xJgU0 (PC)


キノの旅でそんな話があったな、冒険者にあこがれて旅だって、
でも出来ることなれることなんて何もなくて、挫折して故郷の町にもどってきたら……



674 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:52:32 ID:N7CyR16Y0 (PC)



蛇が勝ったからっていい目をみるわけじゃなくむしろ状況が悪くなるよな
それだけ閉塞感を破って欲しかったんだろうけど



675 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:58:25 ID:xzZXCNp.0 (PC)

満身創痍、瀕死になった蛇に止め刺して名を上げる算段だったのかもしれない



676 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/26(水) 23:14:23 ID:vazYwIjg0 (PC)

むしろ、ヘビが勝ったら命を投げ捨てた馬鹿どもと笑うつもりだったのかもしれない。



677 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/27(木) 00:50:13 ID:AujcjJak0 (PC)

乙でしたー
何が一番ひでえって、作中見る限り「実力さえ伴えば貴族の鼻を明かせる舞台でもある」って事だよな……
貴族の特権はあくまでも戦闘訓練受けてるって事だけだから、力さえあれば立場的には肩を並べられるって言う

だからゲームみたいに戦い続けて実力がつくならやる夫もソレが希望と目的になってもっとがんばれたろうけど
実際は簡単な仕事じゃ絶対に実力がつかないし、実力のつく仕事は一回負けたら即アウトだから手が出ないと言う……

せつねえ



678 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/08/27(木) 01:24:57 ID:uhREoWdU0 (PC)


すごい現実的な話だ
生きていくのは大変だね





52261 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/29(土) 23:48:47 ID:-

現実の世界もこうだよな
学もコネも才もない奴は底辺の仕事をあてがわれ昼も夜もなく働いて雀の涙を貰うしかない
いくら働いても希望も未来もなくただ仕事するだけの生を続けるためだけに生きていく
そして歳を取れば何の躊躇もなくボーイと捨てられて野垂れ死に
気が付いたら一か月経ってましたなんて人生になったら人間終わりだよな
でもやる夫の気持ちよくわかるんだけど、こういうこと考えた奴が学生運動やら日本赤軍やら始めたんだろうな



52262 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/30(日) 00:40:11 ID:-

現実には学生運動や日本赤軍の中核となったのはインテリ学生共だぜ
よど号事件の時なんか、北朝鮮でひとりだけあいつらの言う労働者階級出身者がいたんだが、
むしろスパイ扱いでいびり殺されたりしてる。

閉塞感の打破とやらで行動する奴はむしろインテリの方が多い。下手に理屈を理解できる頭が良い分だけ、変な方向に拗らせるんだろうな。
だから、チャーチルあたりが「若い時に共産主義に被れないのは情熱が足りない。年取ってかぶれるやつは知能が無い」って言ったりするんだろ



52268 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/30(日) 14:16:17 ID:-

ギルガメッシュ蛇苦手なのに頑張ったな(ノД`)



52271 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/30(日) 22:15:41 ID:-

守りの堅い王都でさえ物騒なのに、やる夫の里の長閑さや上京の道程のあっけなさは異常

魔物が跋扈するような世界なら、開拓地とか常時人手不足だと思うんだが…
まあブラックさは犬に素人が挑むのと大差ないかもしらん



52302 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/09/05(土) 15:37:21 ID:KqigePfw

何年何十年かに一度、人間の密集してる大都市狙ってデカイ魔物が来る程度なら、そこまで物騒だとも言えないだろう。

魔物の討伐依頼は「都市の外」だし、それも派遣された冒険者が倒してくれるんだから、むしろ平和な方なんじゃないかこの世界。



52386 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/09/13(日) 18:00:28 ID:-

前もこんな感じの冒険者の話があったけどその話のやる夫は運良く強い冒険者の仲間になって成り上がってたな
やはりコネこそ最強






※備考
同作者様の作品(括弧内はまとめブログ様)
奉仕者たち





やる夫ショートストーリーセレクションはやる夫短編集 阿修羅編からの名作をチョイスしています
推薦したい作品がありましたらメールフォームにてご連絡ください


関連記事
| 12:00 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫ショートストーリーセレクション

|

<< やる夫ショートストーリーセレクション Ep215 ヤンデレMAYUのLOVEとLIKEと片手斧 | HOME | やる夫ショートストーリーセレクション Ep213 女心とあきない空 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ