やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/03/18(水) やらない夫が忘れた何かを求めるようです  第六話(最終話)


第一話第二話第三話第四話第五話


17 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:01:25 ID:rIsq0SPC
そろそろ最終話の投下を始めます。
投下数は本編83、おまけが3。

それではよろしくお願いします。





5月13日 夕



                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/
    /



          ……は?







19 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:02:05 ID:og87M3sq

おお 始まるか


視聴者カウント
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系携帯メール配信メル友




          .  / ̄ ̄\
          ./ _ノ  .ヽ、\
          .|  (○)(○) |    
.          .| U (__人__) .|
           .|   ` ⌒´  ノ    
           ヽ  ._   .}
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |



          .  / ̄ ̄\
          ./ _ノ  .ヽ、\
          .|  (○)(○) |    ちょっと待て……
.          .| U (__人__) .|
           .|   ` ⌒´  ノ
           ヽ  ._   .}
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |





                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/
    /



          ……俺が、頼んだ?












          やらない夫が忘れた何かを求めるようです

                    第六話(最終話)










               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  そこまでは記憶が戻っていなかった模様。
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ   では1つ確認。
                    `ヘ:ゝ    .'    小/     貴方が数ヶ月前に
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/      この病院に来た事があるのは
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      覚えている?
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      えっと……
 | U  ( ●)(●)
. |     (__人__)     ああ。ちょっとケガして。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐':ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l   そう。
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - ′l l  .! トN
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::':::::.::l                 //!  ト、|   ではこの数ヶ月の間で
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |   読書量が増えているのは?
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐´        ′       /j   ハ N
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ ′
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \
        /l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \        ……それは、確かこの間
   |    ( ー)(ー)       こなたからも指摘されたな。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ       確かに昔に比べて
   .l^l^ln      }        読書量が増えてる気はするけれど
.   ヽ   L     }        どうして……
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ_ノ



     / ̄ ̄\   | /
   /   _ノ  \   ―
   |    ( ●)(●)      ……ああ、「あいつ」に教える為か。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      そうだ。
   .l^l^ln      }       前から色々聞かれてはいたが、
.   ヽ   L     }       数ヶ月前から頻度が増えた……
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ_ノ





 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |     順を追って話す。
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_          そもそもの始まりは
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ         数ヶ月前に貴方と「彼」が
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´          病院に来た所から始まる。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |     ちなみに訪問理由は
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !       2人のカタストロフィ対決による [ピー] 。
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_         
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ         全治一週間。
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、





   / ̄ ̄\  て
 / ノ  \ \ (
 |  (○)(○) |     うぉぉぉぉい!!!
. |  (__人__)U |
  |   ` ⌒´  ノ     そこ必要なのか!?
.  |         }     訪問理由必要なのか!?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |     
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !      いえ全く。
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



   / ̄ ̄\  て
 / ノ  \ \ (
 |  (○)(○) |     なら省けや――!!
. |. o゚(__人__)゚o |
  |   ` ⌒´  ノ    
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





:::::::::::::〃::::::::::::;イ:::::::::::!   !:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::/:|:::::::::::::/|:::::::::::::|   |::::::::::::::::::::;イ::::::::
:::::::::」斗+─-/、::::j:::::::::! ,.-┼一-+、/ |::::::::
::::/ / |::::::::/ |::::|1::::::::|´   ',::::::::::/\j::::::::
:::::::::::/ |::::::/ リ:::| ',::::::::!    ',::::::/  |`::::::
:::::::〃  |::::/  j::::| ',:::::::|     ',:/    !:::::::
:::::::/   レ'   |:::j  ',:::::::!     リ    |:::::::     やらない夫っちー。
:::::├────Ⅵ  ',::::::| ‐────┤:::::
|:::イ彡三三三ミ     '::::::! 彡三三三ミミト::::|
::|::::| ~~ ̄ ̄ ̄~      \| ~ ̄ ̄ ̄~~ l:::|::        kwsk
::::| |                    ・ | |::::     後で詳しく♪
::::Ⅵ                    Ⅳ::::
:::::::::リ /////       ///// リ:::::::
:::::::八        L_,‐、_j      ノ:::::::::
:::::::::::::> 、.. ___    __ .. - <´:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿 ̄  [::::::::::::::::::::::::::::::::::



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ 
 |    ( ○)(○)        いや……kwskは勘弁してください。
. |  U  (__人__)         お願いします。
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、




28 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:06:00 ID:nFvTdhsT

カタストロフィ対決って・・・


32 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:06:59 ID:og87M3sq

それどんな対決? ググっても出てこないんだけど


34 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:07:12 ID:bSRPhpmi

おちんぽカタストロフィ……





      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<.f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /   「彼」は病院に来たついでにと
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//   病院の中を歩き回る。
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _     厶 ./      その途中で尿意を催しトイレを探す。
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃  |r┬-|     |⌒)
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃三    (__)
    ガラッ



――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ'∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          そして適当な部屋を開けた先が……







33 名前:1[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:07:12 ID:rIsq0SPC

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                /  r_丶、 \/::z:://::ム::::ヽヽ::::::::\
              l  |;;::::::、ゞ`ヽ´´     ';::::`、:::::::::::::゙,
               |  |≧'´             '、 : .'、::::::::l:::!
              l:. │          .. -─:.:.::'、:.:.:l:::l
              .!:: . !           ´    '、:.:.:.';:::=ノ|
               l:.: . l ,. ' ´       ,z -─゙,:.:.::i:::::.::l
                ';::  `、            ,,  ;::.:.:l:.:. : |
                ';:r';. .'、,r''"´`         l:::.:.l:.: . l|
                '!::.'、:.:ヽ ,,    '       |::.:.|:.: . l|
                 |:.:.:`、: 、ヽ    < ´′  ,.イ::::.:l:.:. l:!
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ |:l:.:.::.'、:.ゝ、_      / :i:.:.:::l:::::.:.l:.l
     /      /┬``  ヽ: ..: ::.ヽ:.:.l::ヾ':::ー-- ´  /:.:.:.:l::::::::|: :l
     |        ノ    |: . :::::.:.j\!V::::::::..     {:.:.:.:.l:.:.:::::l:::::.!
     |  l__|__l ┌‐┐  |: . :.:.:.:.レ´ `ヽ:::.      !::::::;':::/:::|!:.:.:::!
     |  l__|__l └‐┘  |-‐''"´ 、    \      Y:;':.:.i\l::::::.:.:|
     |   ーァ  ┼ 、ヾ |          \ rー‐l!::::.|/  ̄`ヾ
     |   ̄て  / _ノ  |       i    /∨!  !:::.:.l       \
     |    ヽ        '       :.   /  .  ノ、:.:.:!
     ヽ   ´ ̄)     /        、     ヽ  ハ:メ、    /
      \  ´    /      ヽ        \/ノ     /

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          この部屋。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          それが「彼」と少女の出会い。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                         ,..、__
                     ,..-:.:.:/、:.:.:.\ヽ`:.、
                    r:.ー:.、:.:.:ハ:ヽヽ:.ミヽ!::';.:丶
                  l:/:.r:.、:>;'-'ヽ:',、ヽ`:.ヽ:';.:.:.',
                    l/:l:.!`゙    ';',ヽ:.';.:.:.ヽ:.:.l:l
                      l':.イ:! _    -';!-';.:';.:.l.:i:.:.l:.l
                   ,':/:l;l´       ,⊥_ !l:.:l::.l:.:l:.l:!
                 l:イ:.l:l'rrュ、   ´(__)'!l:リ:.;'!:.:l:.:!
                 l';l:.:l:.ヽ`" ,      ,'l:Y/ト:.:l:.:l
                 l:.:l:.l、:.ヽ   、_ァ  /:,':./:ハ:.:l:.:.l
                     ';.l:.l:ハ:.:`:ヽ.、_ /'/;イ:/_⊥ヾ_l
                  ';∧:.l:〉/`T´ ! ノ /'l    ,rヽ
                  /-ー7 ヽ_ ヽ,f´,>'、 !   /  l
                 /   / '´ ノ`´ ,:':/ ` '  ,'   l
                  ト /    /  .,:':/     l     ト,
                 ,イ/   /  .,:':./      l i    l、
     __           ,.':/l,'     !  /:./       〉!    ',
  -  ̄   `ヽ、     ,.:':./.,'     l  l:.:.i        /l l._    ',
          ` 、  .,:'/:.:;'rl    ,   l:.:l        /l:.l  ',    ヽ
           ', ,'/!:.:l/ノ     !   ヽ',       /:l:l:.l   ',  _  ',
            ',,'/ l:.:l1 l   /    ` -  ノ:.l:.ll:.:',  ヽ'´ `  〉
            ',- ' ´l   丶l       //:./l:l';.:.',   /    /
                 ',_ノ´ ', 、 /`丶、     /,':/ l:l ヾ:', /     /
             ヽ    ∨ヽ、  `  、 ノ,'/ r 、 . 〉′   ,'
        ヽ       ヽ   ハ `ヽ、     >'    ヽ v 、     ;
         ',       ヽ'  `  、 `  、/    _」 ヽr.、  l ,'
          ',      `ヽ、    \  j    ス - 、 .ヽr 、 l;
          ',        ` ー '' ´  ̄`ヽ、  ヾ`ー'´l''
              ',                   `ヽ、 ` ー′

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          少女と会話をしているうちに「彼」は知る。
          少女が病院から出られぬ身である事。
          それ故(ゆえ)に少女が世界に絶望している事を。
          生よりむしろ死を望んでいる事を。








          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j    貴方の記憶に微かに残る「彼」なら
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{      それを知った時、
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ     果たしてどうするだろうか?
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       ……「あいつ」は女好きだった。良くも悪くも、な。
   |    ( ●)(ー)      
.   |     (__人__)      絶対放置なんか出来ないだろ。
    |     ` ⌒´ノ      足繁く通って、自分の出来る事をやろうと思うだろ。
.    |         }
  .  ヽ        }       あってるか?
    ノ       ノ
  /⌒ヽ 、___,(、
  /  ヽ       \
. iヽ  \     |  \
 |  \ ⌒ー‐┴-、' ヽ
 |    `ー------' , '





           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||     その通り。
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/       その日以来、
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//         「彼」は毎日彼女の部屋に通うようになった。
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′          そして彼女を退屈させない為に
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l            彼は様々な知識を手に入れては
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7         少女に披露していた。
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \       数ヶ月前から俺の読書量が増えたのは
     |  ( ●) (●)|       そのせいか。
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |        「あいつ」は様々な知識を得ようとした。
     |       |        けれど欲しい知識を得ようとして
      ヽ      /        本を読んだが理解できなかった。
     (⌒`::::  ⌒ヽ       ……頭悪いもんなあ。「あいつ」。
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'





            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |   それで逐一
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|   やらない夫っちにきいてた、と。
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|     良い迷惑だねえ、
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |     やらない夫っち。
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \       ……んー。
     |  ( ー) (ー)|       多分、俺、「そいつ」の目的
     |    (__人__) |       知ってたんだろうなあ……
    |     ` ⌒´ |        だから文句言いながら
     |       |        わかるように教えてたんだと思う。
      ヽ      /        
     (⌒`::::  ⌒ヽ       それに俺、教えるの好きだしな。
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'







          話を続ける。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    /   ///(__人__)/// \
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



        / ! ::::::::::::::::::::::::/                   '|:::::::::::::::::::::::::::::
      / l::: ::::::::::::::::::::::/                   |:::::::::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::::::::::::':::::::::::'                |:::::: ,.::::::::::::::::::::::
     |:::::::::.:.:::::i::::::::/__                     |:::::: |::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::::| ::::i::::::/  `                  ':::::: |:::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::::|!::.:i::: イ                     |:::::: l:::::::::::::::::::::::::
     | ::::: ::l:::::::/ _l!_             ‐- 、  ノ:::::::|:::::::::::::::::::::::::
     | :::::::::l::::::!   ̄ ヾ             ` ' :/!::/ヘ ::::::::::::::::::::::::
     l:::::::::::l ::::|               ___    /イ::::'::::::|!::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::::l :::ハ             ´  ̄ ヽ  /::::::::::::'i::::::::::::::::::::::::
     |::::::::::::::: lヾ                 /:::.::.:.:::ハ::::::::::::::::::::::::
     l:::::::::::::::: l  \   '            '::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::|::ヽ:' 、    、           /::::::___::, ::::::::::|::::::::::::::::::::::
     |:::::::::|::::::::::ハ      ─      γ´ ̄ ヽ \- 、‐ 、:::::::::::::::::::
     |:::::::::|:::::::::|:::ヘ            /  r 、    \ ヽヽ V::::::::::::::
     |:::::::::|:::::::::l::::::::ヽ        ,. -`ー  ´   ノ  l | イ::::::::::::::::
     | ::::: .| :::::: l:::::::::ヽ` ー─ /             /:::::::::::::::::::::
     | ::::::::| ::::::: l:::::::::::|:::::::::::::: /              /::::::::::::::::::::::::

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          それから数ヶ月間、「彼」は毎日少女の病室に通った。








     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \        「あいつ」の相手を数ヶ月も毎日……
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)       そのお嬢さんも大変だったろうなあ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      } アー オモイダシテキタ
.   ヽ   L     } オモイダシテキタ
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ_ノ



    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :  でも面会は
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :  断ってなかったんだよね?
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |   __'|   ヽ;!、: : : :  じゃあ楽しんでたんじゃない?
        |: : : : :,!: !: l  r '  i !    | |   /`''―- 、ヾヽ: : :  その子も。
          !: : : イ|/: :,!  !ヽ-'/       l:!    !_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :





            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |  ……少女の心中はわからない。
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/    けれど、少なくとも「彼」は
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'    少女が少しでも世界に
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/      希望を持ってくれたのではないかと、
          !.!: :ト     __       /: : /!/       楽しみを見つけてくれたのではないかと
         l.ト、|..\        /.!: / |'        信じていた。
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '       
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ           7日前までは。
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \ 
   |    ( ●)(●)       え?
.   |     (__人__)       
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ_ノ





               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|   8日前の翌日……つまり7日前。
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   「彼」と「彼」から少女の事を聞いた貴方は
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ    病院を訪れた。
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、       そして貴方達は知る。
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/
    /

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          少女の死を。








     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \ 
   |  U ( ○)(○)       ……さっき言った
.   |     (__人__)       「少女が死んだ」ってのは、本当だったのか。
    |     ` ⌒´ノ       
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ_ノ



               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|   死因はこの部屋の窓からの落下死。
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   看護師達から「投身自殺らしい」と言われ
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ    「彼」は自分に絶望した。
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′     
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、       少女を救えなかった事、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧       前日も少女と会話をしていたはずなのに
            /′ /三ミ 、///     ヽ      少女が死のうとしている事に気付けなかった事。
         / .′ /   `y ´      ヘ.    
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          「彼」は絶望する。
          自分はこの世に不要な人間だと。








  |:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|   そんな極端な……
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:|
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'



          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1    私は「彼」に呼び出され、頼まれた。
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!     「自分をこの世から消して欲しい。出来るか?」と。
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/       私は答えた。
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!        可能、と。
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l





      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \ 
     |  ( ●) (●)| 
     |    (__人__) | 
    |     ` ⌒´ |
     |       |
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'



      / ̄ ̄\
     /  \  ノ \     ……あ!
     |  ( ○) (○)| 
     | U (__人__) |     思い出した!
    |     ` ⌒´ |
     |       |
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):       『ふざけるなよ、×××っ!!
           .:|   j(   (__人__)       本気でそう思ってるのか!?』
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \



                      『だって……だって、めぐは死んだお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j      めぐにとって×××は
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜      必要な人間と思われてなかったから
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。       めぐは死んだんだお。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.      ×××は、消えてしまいたいお……』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\     『×××はどうせ要らない子なんだお……
     /  。ヽ   ∥  ノ \     この世から消えたら、みんなすぐ×××の事を
     |   /   人   l   |    忘れるに決まってるお……』
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´



      / ̄ ̄\
    /    \ _ノ        『そんなわけないだろうが!
    |    ( ●)(●)        常識的に考えろっ!!』
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




50 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:15:13 ID:TA+iq+t/

これは……重い





      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \     そして俺は何か言おうとする「あいつ」の言葉を遮り、
     |  ( ●) (●)|     長門にこう訊いた。
     |    (__人__) |     
    |     ` ⌒´ |     ……その前にお願いしたい事がある。
     |       |     「あいつ」に関する記憶や記録を消す事が可能か、と。
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'



    -==二´....::::::::::::::::::::::::::::::i' ,     ヾ、 ._-―'´ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::"     _i-― ̄ヽ___ ヽ
     ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i'_|_,-| ̄ |.-―:'| ̄     ヾゝ、
   -‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i--¬―‐i::| ̄:|::::::.::::::|  l、 |    `ヽ、
     ̄|:::::::/:::::::::::::::::::::i' i:::::: |  i::::|  |::::::::::::::|  |::ヽ |   |^ヽヽ、
    |::/::::::::::::::::::::::i' i:::::::::::/|  |:::::|ヽ、,ゝ-:i‐!::::|  |::::ヽ|i::!   ヽ、
    |::/:::::i !:::::::::::::i' !:::''i::::/| !::.::l  |::ヽ、i:|__!」:::|  |::::| |::|   |ヽj
   l´/:::ノ| !:::::::::::i::::| -i::/― | |::::|   |:::ャ'。=='ァi::| |::::|、| |ヽ|   私は答えた。
 /--'´ |!:::::::::::i!|   i!ェ=ェ、 |i::l    i:! |゚_::: i |!::::| |::::|| |  i|   それも可能、と。
       | !:iヽ::::::|  {´゚。:::゛!`i|     |  ヽ'ニィ'|:::::| |:::|iノ:::l、 |
       |i! |::::::::ヽ゛ヽれニ'ノ          |::::::::| |::| i::::lヽゝ
       |i |::::::::::::i.ヽ.      '       |::::::::::|i:::|i:::::|  
        i| |::::::::::::::`::ヘ、     ‐-     |:::::::::::|!:!i:::::|
        i  |::i ヾ:::i::::::::ヽ、         ィ'|::::::::::::i:!!:::|
        | ̄`'ゝー-L_::::::::::`i:‐- 、_  _,ィ' ´::;;:|:::::::i_:i:-‐' ̄i
        ヽ       ̄ヽ、|:::iヽi|;;;;;;;;::::::::::i 」-‐' ,-―'  ̄`ヽ、
      r――`ー――-- 、 ヽ、i'i!|;;;;:::::::::,ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、




52 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:15:50 ID:pjMdBGKM

×××・・・・





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

          .  / ̄ ̄\
          ./ _ノ  .ヽ、\     『見せてやるよ!
          .|  (●)(●) |      俺たちがお前を必要としてるって事を!!』
.          .|  (__人__) .|
           .|   ` ⌒´  ノ
           ヽ  ._   .}
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      だから、俺は「あいつ」と賭けをした。
 |    ( ●)(●)     「あいつ」が記憶や記録から消えても、
. |     (__人__)     俺は何事もなく日常を過ごすのかどうか、と。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)




55 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:16:50 ID:IATSWn4y

そうか、それでやらない夫はそれを証明するために×××の忘却を望んだのか…






   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \     俺の勝利条件は
 |  (●)(●) |     『5日目以降も違和感を感じている事』。
. |  (__人__)  |     
  |   ` ⌒´  ノ     違和感を感じているかどうかの基準として
.  |         }     『普段見ないであろう場所、
.  ヽ        }     「あいつ」の事を覚えていないと絶対見ないであろう場所に手紙を隠し、
   ヽ     ノ      5日目以降にそれを見つけ、その指示に従う事』。
   /    く        
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l    5日目以降?
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l





           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \      1日2日経ったくらいじゃ違和感を感じないかもしれない。
         |    ( ー)(ー)     逆に1日2日目で違和感を感じても
         .|     (__人__)     すぐに慣れるかもしれない。
         /     ` ⌒´ノ
       /  ヽ ⊂二二 ̄\    ……「あいつ」が居ない事で
     /     \  ⊂、'    ヽ   おかしいと思い続ける事、微かでも何かを覚えている事が
    /        \_, `7  /    「必要と感じているかどうか」の証明だったんだ。
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /
   |        \     /
   |        / \__/



            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |  ……そして、貴方はその条件を満たした。
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'    貴方の勝利。
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |´: : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i





          .  / ̄ ̄\      
          ./ _ノ  .ヽ、\     それにしても
          .|  (●)(●) |     やたらと面倒なことをしてたもんだな。
.          .|  (__人__) .|
           .|   ` ⌒´  ノ     俺がその日疑問に思った事を
           ヽ  ._   .}      毎晩ちょこちょこ改竄してたんだろ?
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      そんなことしなくても、お前なら
   |    ( ー)(ー)     最初から完璧に近い
.   |     (__人__)     記憶や記録の改変が出来たろうに。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }      「あいつ」が居た証拠を消すのだってもうちょっと巧くやれたろ?
.   ヽ   L     }      「あいつ」の部屋の匂いとか、物が置かれてた跡とか、
    ゝ  ノ   ノ       そのまんまだったぞ?
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ_ノ





         ,,, -ニ三三三三ニ         / \
      ,,;;;'''ニ二三三三二ニー   ヽ , ヽ- '    ヽ
    , ', -=ニニ三三三三ニニ/=ニニ二ヽ, ヽ---――-ヘ
   イ '´  ,r'三三三ニニ/ 三/  、 ヽ ヘニ ヽ      ヘ     記憶は騙せても
      //三三三ニ/ 三/   ハ   i  }三 ヘ   ヽ   ヽ     感覚・感情は騙せない。
      ,ィ'三/三ニニ/三ニ{  ,'  V | 斗t‐ニヘ ヘ ヽ ヾ\__ 
    ,ィ三,ィ'三三ニニ,'三三ハ  |   ! '丁ノ  \ニ ヘニ ヘ  ヾ ̄  記憶という絵の上に
   ,'ニ//三/ニニiニァ'厂'弋 i   ゝ ,zモ示了、! ハニ |  ト ゝ  完全に別の絵を描いたとしよう。
    レ' ./三,イ三三lノ l,ィ≠z>{       Vfzjソ !  !ニ !ヘヘ    見た目は完璧なはずなのに
     lニ,イ/三三ニ\ll Vfzjハ         ̄  | ,'三 ハ |ヾ    感覚で「この絵ではない」と
      レ' l三ハ三三ヘ ` ー'"  、        ノノニニ! レリ     気付かれる。
       レ'  V三三ヘ      _      /三ニハ !
           _」三三ニ丶、        /i三三/ .リ
          |     `丶 > 、 __ , < {ニ三/
          |        \三ヘ      , - ' ´ ̄ ̄ ̄\
      / ̄ ̄ ̄ ̄` ' ー- 、 \〉  , - '´ ,,ィニニニニニニニニヘ



    ,ィ三,ィ'三三ニニ,'三三ハ  |   ! '丁ノ  \ニ ヘニ ヘ  ヾ ̄ 
   ,'ニ//三/ニニiニァ'厂'弋 i   ゝ ,zモ示了、! ハニ |  ト ゝ  そして完全故にそれ以上の
    レ' ./三,イ三三lノ l,ィ≠z>{       Vfzjソ !  !ニ !ヘヘ    手直しは不可能。
     lニ,イ/三三ニ\ll Vfzjハ         ̄  | ,'三 ハ |ヾ    やがて「こんな絵だった」と
      レ' l三ハ三三ヘ ` ー'"  、        ノノニニ! レリ     正解に導かれてしまう。
       レ'  V三三ヘ      _      /三ニハ !



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \        完全に記憶を操作した後で
     |  ( ●) (●)|        気付かれてしまえば
     |    (__人__) |        それ以上の改変をしようが無く、
    |     ` ⌒´ |         やがて事実に気付かれる……か。
     |       |
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'




60 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:18:46 ID:pjMdBGKM

×××の横顔だったくせにカッコイイなー





               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   だから、わざと違和感の残る
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }   絵に塗り替えた。
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    「この部分がおかしい」と思われれば
                    `ヘ:ゝ    .'    小/      その部分[A]を変える。
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       「部分[A]がおかしい」と思われれば
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      また部分[B]に変える。
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ     その次は[C]。
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l



               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|
             ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|     人というのは不思議なもので、
            {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,ィ彡三>ヽ    それを続けていく内に
           j  /{ `ヘ三三三ミ=彡<_/  }    「[C]ではなく[B]だった」と思い、
           {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ    実際[B]であった事が判明すると
           `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |     そこで納得してしまい、
                | |    ∨  〉〉〈( j    }|     [B]の変更前である[A]の事を忘れる。
                K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|



               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|    納得している間に部分[D]に変更。
             ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|    それを繰り返す。
            {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,  | ヽ   
           j  /{ `ヘ三三三三三)< \ }     ……結果、最終的に
           {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ    一番最初の絵を忘れる。
           `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく | パタン
                | |    ∨  〉〉〈( j    }|
                K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       ∩
        ||
        ||./ ̄ ̄\
      ./〔|    \  _ノ       『答えろ長門。
      〔ノ^ゝ,.  ( ●)(●)      
      ノ ノ^,-   (__人__)       何故俺たちの記憶を弄くった?
     /´ ´ ' , ^ヽ  ` ⌒´ノ      
    /     ノ'"\    }        人1人を記憶から消すなんざ
   /     ノ\/    }        普通やらねえよな?』
   /    / ヽ     ノ
  /    /

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          後者の例。

          実際、一昨日貴方は貴方、私、ニュー速・デ・やる実、
          3人の関係に矛盾がある事に気付いた。

          しかしそこを追求するだけで終わった。
          初めに気付いていたはずの
          「記憶から消えている人間」の事が念頭から消えていた。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /
     / 誰かを忘れている。 /
     /              /
    /   ____     /
   /             /
 /             /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          前者の例。

          逆に記憶の改変が
          完全に近いものとなっていたはずの昨日、
          貴方は何故か違和感を感じた。
          そして貴方が違和感を感じた原因を
          突き止められないこちらは対応する事ができず、
          結果、本日ここに辿り着いた。








      / ̄ ̄\      
     /   ノ  ヽ \     一昨日言ってた
     |U ( ー) (ー)|     「一歩前進して二歩後退」ってそういう事だったか。
     |    (__人__) |     そこにばかり注目しているせいで、
    |     ` ⌒´ |      根本的な部分――「長門以外に消えた人物が居る事」に
     |       |      目がいかなくなっていた……
      ヽ      /  
     (⌒`::::  ⌒ヽ 
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \        長門が一度消えてたのもそれでか。
 |  (●)(●) |        
. |  (__人__)  |        俺が「誰かが居ない」と気付いた後に
  |   ` ⌒´  ノ        自分が登場する事で
.  |         }        「消えてたのは自分」と思わせる。
.  ヽ        } 
   ヽ     ノ         わざわざ難易度上げてくれてたわけか。
   /    く           ありがとよ。
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/   それは「出来る限り難易度を高くしてくれ」という
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//     貴方からの要望。
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/      
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′      私はそれに答えただけ。
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l       
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /     
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}     
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \        そうか。皮肉を言ってスマン。
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |        ……俺がメモを取っていたのは、
    |     ` ⌒´ |        何となく記憶が変えられている事に
     |       |         気付いたからか。
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'



         _ .. --==ニ¨ `ヽ- ―- 、
       .._ニ-‐ァ―――-   :.‐'´   ..  \       おそらくは。
     /´  /:ィ/:_. - ´  .:/  ヽ:  \:.. {:. ヽ 
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|      繰り返すが
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_    記憶は騙せても感覚・感情は騙せない。
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´  「記憶を変えられた」と
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ   感覚で気付いた貴方は
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |   メモを取り始めた。
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ    行動指針が読みやすいという点で
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′     私にとっても好都合だったので
         / ´ |l j .:.\   'ニ'  /: ,.. ノ}//       あえて止めなかったが。
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_





   / ̄ ̄\        「感情は騙せない」か……
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      やればできる子すげえなあ。
. |     (__人__)      あいつ、終始一貫
  |     ` ⌒´ノ      「何かが足りない」つってた……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)



   / ̄ ̄\ ビキ     
 / ノ(._ノ  \
 |  ⌒.( ○)(○)     …………!
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)





        、_____/ ` : : : : : : : : ∧: : : >x.
.     、_ x< : : : : : : | : : : : : : : : : : {__}ヽ: : : : : ヽ
        ̄>: : : : : : : :| : : : : ト、 : : : : : : : : \: : : : :ハ
.       〃: : : : /: : : : l: : : : ├ヘ-ヘ _ : : : : : : \ : : :ハ
.       / : : /: :.' : : /: :| : : : : |  ヽ : : : : : :\ : : ヽ: : :ハ
      / : : .' : : !: : : |: ∧: : : : !   ヽ : : : : : : \: :∨: : |
      .': : ィ: : : :,! : : 从! ヽ.: :∧ 下气圷、: : : : : :|ヽl: : : !
.     |/ :l : : /.l : : :{ 斤ハヘト、: :| じ::;:;:} |:\ : : : ! : : : : |    ……いきなりどしたの?
          | : : {∧: : :∧じリ   ヽ| 辷り ! : : ヽ.: :!}} : : : |    やらない夫っち。
          ヘ: : ! V: :| :}ゞ"          ・|: : : :|_ヽl: : : : : !
         ヽl  lヽ:|八    ーr‐´ヽ   |: : : :|: : : : : : : :|
              | ハ!: : >、 _ ゝ ‐' _,. r| : : ∧__: : : : |
              | : : | : : | : : _フ{{ l/7: : .'  >‐ヽ: : |
              | : : | : : トY|_| } / /: : /7//⌒} :∧



   / ̄ ̄\ ビキビキ     
 / ノ(._ノ  \      いえ、今、ようやっと
 |  ⌒.( ○)(○)     やればできる子の不調理由がわかりまして。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     許しませんよ?
.  |         }      そんなのお兄ちゃん絶対許しませんよ?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)




68 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:23:03 ID:pjMdBGKM

×××・・・やりおるなww





 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:| 
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::! 
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |  話を戻す。
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !   
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_      数々の障害をくぐり抜けて
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ      貴方はここに辿り着いた。
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´      
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /        あとは、確信を以(もっ)て
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '         「彼」を説得すればいい。
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '         
      /      \__{ヽ、 
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/  「彼」は今、凍結された空間で
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'   眠りについている。
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!      
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/       ……貴方が「彼」の事を
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'       思い出さなかった場合、
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'        ずっとそのまま
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'        眠ってもらうつもりだった。
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、





             ,. ´  /     、   : :\: : : :\:.: : 丶、
            /     l      | \   : :\: : : :\: : : :\
           /      |  |   ト、 ___\   : : \: : : :Y´ ̄`\
          /  / /   ,/|  |   |´\ ` \ : : : : ヽ.: :∧
         /  //  |  ィ'"¨{  {   |   \  ヽ: : : : : :ヘ:.:.ハ
.        / / / / |   l/ ヽ、ヘ | ィfテテマk、 ヘヽ、: : ハ : l   ……あ。
      /  / イ  :|:   l,ィfテメ\ ヽl  | j::::}ハ }jト、,ハ: :ヽ:.:.:.l:.:.|
           |/ l  ∧ 小{ j::ハ  \l、 レトr以 l| |ヽ|: : :|\|: :|   ちょっと待って。
           l' |  |:∧八 Vl以   \`'ー‐' . | |: : : : :|: :|: : |
           l  |人:ヽハ ,,'"´ '       ""  |/ : :l: :.:|: :|: : |
.            V| ,'⌒Y{     r_;      八 : l: .|.:|: : l
.             Ⅵ |::::::|:|> 、 _      ,. イ/ /: :/: :/|: :|:.: :l
            ヽ |::::::|:| |: |: l:.:|`77ハ´  / /: :/: :/ :|: :l:.: ;l
                r'ト、/^v|: |: l:.:|,// ∧_/⌒ヽ/ : /  \! : :l
             {、ヽト、 V:.|: l:.:|| i / 〈 r'⌒' 〉:/ /  ∧: :l
              〈 \}ヽ }:.:|: l: j{ |,/  { レ'⌒ }/ /  / ,ハ: :l



   / ̄ ̄\  | /
 /   _ノ  \  ―  
 |    ( ●)(●)        どうした?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





  |:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.| さっきから
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:| 引っかかってたんだけど……
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:| 入院してた女の子って、
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l ひょっとしてこの間
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V  ニュースに出てた?
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'



      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<.f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /     出た。
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _     厶 ./
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │





   / ̄ ̄\  
 /   _ノ  \ 
 | U  ( ●)(●)        へ? 何の話だ?そりゃ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



                  ---
            _.  ' ´        ` 、
           / /            \
         / //             ` ー-
.        //ィ'   ./ __ _,./  | |
        ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
       '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.        / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |   何日か前、
       //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |   やらない夫っちの家で見たニュースに
.       ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |   ここの病院で転落死した
         | ヽ|   |     '    ん /|  / |  女の子の話が出てた。
         | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
         | |   |\   ´'      /  ,  , ' l/
         | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
        '. ハ.   |/   / /  , <   !
   ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
   /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
    }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )




74 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:24:52 ID:IATSWn4y

つまり、できる子は×××が○○なんですね、分かります。





           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー)     自殺した、って?
         .|     (__人__)
         /     ` ⌒´ノ
       /  ヽ ⊂二二 ̄\
     /     \  ⊂、'    ヽ
    /        \_, `7  /
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /
   |        \     /
   |        / \__/



                x< ̄ ̄ ̄>――― 7
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_
            /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:ヽ
         / ../.:.:/..:.:.´ ̄.X.ィ..:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.
           |/.:.:/ ..:.:.:.:.:.:.ィ.:/ !..:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:
.          / ..:.:/.:.:.:.:.:.:.:/ l/   !.::.:.:.:.:/`|ヽ.:.:.:.:.:.:
         /.:.://..:.:.:.:.:圷 乍气. /..:.:.:.::/ /イ..:\.:.:.
.         |.イ..::/.:.:.:./| { {て:::V '..:.:.:/    !.:.::|.:.:.:
          |.:/..:/ ..:.:|弋辷 / /..::/  込≧!.:.::|.:.:.:    いや、自殺じゃなくて事故死。
          レ.:∧」.:.:.:.:|    ̄ / '´   ん::V }.:.:/.:.:.:.
          |/..:.:.:|.:.:.:.:|          ゞ少 イ.:/|.:.:.:/
          |.:.:.:.:.:!..:.:.:l`>    ,      ・/.:!' l..::,'
          |.:.:.:.:.:!..:.:.:|' _」 > ┬‐..┬―< ..:! .l:/
          |.:.:.:.:.:!..:.:.:|::|_  /`ヽ/..:.:/.:.:.:.:|  '
          |..:.:.:∧:.:.: !::!   `/:::::::/..:.:/.:.:.:.:.:|
          |.:.:/:::::',:.:.:|::|   /::::::::/..:.:/..:.:.:.:.::|



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |  U ( ●)(●)     ……は?
         .|     (__人__)
         /     ` ⌒´ノ
       /  ヽ ⊂二二 ̄\
     /     \  ⊂、'    ヽ
    /        \_, `7  /
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /
   |        \     /
   |        / \__/




76 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:25:27 ID:bSRPhpmi

そういえば一話でニュースやってたような……?


79 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:25:46 ID:XWVtTLAC

やっぱりあのニュースは伏線だったのか・・・





                             ___........,,,,,,,_
                          >-''''': : : : : : : : :'''-、
                       >'''": : : : : : : : : : : : : : : :\_
                    >'''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\,
                  >'" : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
               ,,,-'''"-'/  ::: : :: : : : : : : ::...: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                  /::: :::./ : ::: : :::: : ::: : : : ::::...: : :::.: : : : :..: : : : : 'l
                 /::/: :::::: :..  :::: : :::::.: : : : :::ヽ:..: :::.: : : ::::..: : : : :'l
                 /::/::::|:::: :::: : :. ...  :::::..: : : : ::ヽ::..:::.: : : ::::::.: : : : l
                l:::/|: ::l:::::: :/|: : ::::|: : ....l..    l ::::::: : : :::     l
                |:/ |: ::ヽ:::l:|┤: ::::|ヽ: :::l、:::::::.. : :.|::::::::: : : ::::::::: : : :|、|
                |l  |:::1ヽ:|ムヾ、:::.l ヽ、メヽ、::::..::|:::::::: : : ::::::::: :::: :l ヽ
                .'  ヽ:ト、:::lレナド.、:::l  ヾ、 ̄'-,,,l::::::::: : : ::::::::::::::::/
                   |l ヽ:::|レ|カ  ヽ . ト''''''ト,,,,, |::/:::: : :/、::::::/:/
                     l:::| " /    .トナガレ l:::|::::: : /| |::/|/  窓の外を見て欲しい。
                      l:ヽ、ヽ    ''''''''' /:/::: : /.// .'
                      .l::::|ト、 -      .//l::: /"::/
                      .l::|' \"   __,,,/:ク::: :/|/l/
                       ヾ   ''''''''l"-,,/':/:/,-l'''':ヽ





ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミ;ゞ        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::      ゞ ;;ゞ ソゞ; ;;
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;;ヾ||::::      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:| ||:::.  ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ:;; ;;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ||::::      | |.  \ \   . | ||::::  ヾゞ:;ヾ ::ソゞ ;;:ソゞ:;
ミゞ;;;:;ソソミヾ;ヾ;;.||::::      | |     \ \ | ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ ,!':;ゞ:;
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;;:ミゞ ||::::      | |       \  | ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;; ヾ;; ヾ;;ソソ
 ̄;i;:ヽ_;:ゞミゞ  ̄||::.       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ :;:ソヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;ヾ ;;:



          窓のすぐ側に、木が立っている。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           /:::::::::::::::::::::::V:::::::_ _.. ゝ-、 :::::::::::::::::::::::::|:\::\:::::::::::::::::::::::ヽ
.          /:::::::::::::::::::::::r v'"´      |!::::::::::::::::::::::::::|:::::::\::\::::::::::::::::::::ハ
          /::/:::::::::::::::::::,'         |!::::::::::::::::::::::::::|::::::: i:\::\:::::::::::/::::ハ
        ':::,::::::::::::::::::::/         |!,.::::::: |::::::::::::::|::::::: i:::::::\::\::/::ノ::::|
       /::/ :::::::::::::::::/             |ハ :::│::::::::::::|::::::: |:::::::::::::ゝ::)'ィ1:::::::|
        .'::/ l::::::::/::::::.′      ___l!_ ヽ|::::::::::::::|::::::: |:::::::::::::::(:::ゝリ :::: |
        '::/  ! :::/::::::::|__       ´  __  i!   |::::::::::::::|::::::: |:::::::::::::::(::ゝイ::::::│
      l:::|   !:::,. イ::::::! __ヽ     ' ィt=z 、  |::::::::::::::|::::::: |:::::::::::::::(::ゞり :::: |
      l:::|   V::::::! ::::ハテハi     弋少 ′ │::::::::::::|::::::: |:::::::::::::::(::::ゞj::::::::|
      l:::|   | ::::| ::::: iヒⅤ              |::::::::::::::|::::::::: |:::::::::::::::::`Y:::::::::::|
       ゝ′  | ::::| ::::: i /                i::::::::::::/|::::::::: | :::::::::::::::::::| :::::::::ハ
           | ::::| ::::: i ヽ              / ::::::::/i |::::::::: |:::! ::::::::::::: |::::::l :::!::'.
           | ::::|::::: 人   __          ,.':/::::::/ノ,.|::l! ::: |:::! ::::::::::::: |::::::l :::!:::ハ
          !:::N:::::::::::|iヽ. `ニ`       /イ ::::/´ / |::i! ::: |:::! ::::::::::::: |::::::l :::!::::::ハ
          ヾ |::::::lⅥ:::::\          / :: / ,.′|::| :::: |:::! ::::::::::::: |::::::|::::|::::::::ハ
                ! ::::l |::::!::::::ゝ ──┬ /::: V /  |::| :::: |::::V:::::::::::: ! ::::|::::|:::::::::::::\
            ヾ ::|,/:::/:::::::::::::::::::::::::| ,'/   .′ │l_:j|::::::V::::::::::::! ::::|::::|:::::::::::::::::::ヽ
              V::::/::::::::::::::::::: /r|    /    |::|   ヾ::::::ヽ:::::::::i :::::!::::!::::::::::::::::::::::::'.
             /:: / ::::::::::::::::: / / ,イ   /      ゝV ⌒ \:::::\:::ヾ:::i::::i:::::::::::::::::::::::::: ',
               /:::./:::::::::::::::::/ ,'/ |    '     /\.   \:::::\::\::i:::::::::::::::::::::::::::::i
           /::::/! :::::::::::/   |     /      /     ゝ=‐-- \:::::ヾ::::)::::::::::::::::::::::::::: !

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          8日前。

          「彼」が帰った後、少女は窓の外を見ていた。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


           ____
      ~   丶/ 







ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミ;ゞ        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||:: カサッ  ゞ ;;ゞ ソゞ; ;;
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;;ヾ||::::      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:| ||::____;;; ;;ゞゞ:;ヾ:;; ;;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ||::::      | |.  \ \   . | ||::丶/ヾゞ:;ヾ ::ソゞ ;;:ソゞ:;
ミゞ;;;:;ソソミヾ;ヾ;;.||::::      | |     \ \ | ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ ,!':;ゞ:;
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;;:ミゞ ||::::      | |       \  | ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;; ヾ;; ヾ;;ソソ
 ̄;i;:ヽ_;:ゞミゞ  ̄||::.       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ :;:ソヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;ヾ ;;:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          すると木の枝に紙飛行機が舞い降りた。
          子供が飛ばしたものが枝に引っかかったのだろう。

          ……どこかで、残念がる子供の声。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



            r 、  i´Y    ! / 
            ヽ \j |/7 /リ  
              ',   _>'´   
              ノ .//     
           . / _〈  l     _/
            ¨´  \_>一 ´/:



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          彼女は取ってあげようと窓から身を乗り出し手を伸ばす。
          届かない。

          ……もう少し身を乗り出せば届く?



                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/   彼女はさらに手を伸ばす。
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!       届いた。
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミ;ゞ        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::      ゞ ;;ゞ ソゞ; ;;
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;;ヾ||::::      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:| ||:::.  ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ:;; ;;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ||::::      | |.  \ \   . | ||::::  ヾゞ:;ヾ ::ソゞ ;;:ソゞ:;
ミゞ;;;:;ソソミヾ;ヾ;;.||::::      | |     \ \ | ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ ,!':;ゞ:;
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;;:ミゞ ||::::      | |       \  | ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;; ヾ;; ヾ;;ソソ
 ̄;i;:ヽ_;:ゞミゞ  ̄||::.       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ :;:ソヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;ヾ ;;:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          そしてバランスを崩して……落ちた。








           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \        …………
         |    ( ー)(ー)
         .|     (__人__)       自殺じゃ、なかったのか。
         /     ` ⌒´ノ
       /  ヽ ⊂二二 ̄\
     /     \  ⊂、'    ヽ
    /        \_, `7  /
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /
   |        \     /
   |        / \__/



                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l   私がこの事実を知ったのは
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/   「賭け」の3日後。
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'    その時には「彼」は既に
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!       眠りについていた。
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/       
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'        よってこの事を「彼」は知らない。
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、





91 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:31:24 ID:TA+iq+t/

本当に事故だったわけか

救いがあると言えばあるが、どこか無常感も残る真相だなあ
どっちにせよ、無傷とはいかんか




              /::.::.::/:// .::.::.::.::.::.:./ ! .::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.
      \   ゝ‐<::./::./ .::.::.::.::\/  | .::.::.::.::.::.:: /::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.:::
      \ 〃 / _  ヽ:/::.::.::.::.::.:/\  |::.::.::.::.::.:: /::.::.:: |::.::.::.::.::.ヽ::.::
      {{ / / __ ヽ ',.::/::./   `ー |::.::.::.::.:: / |::.::.:/|_::.::.::.::.:l::.::
.   ──  |  ! /r ) } |イ斤テ左≡ォz /::.::.::.::/ 斗七 !::.::.::.::.::.::.|::.::  知らないの!?
.         ∧ ヽヽ _/ /::! レヘ :::::::::/ /::.::. /    j /  | .::.::.::.::.:: |::.::
.     , -―ヘ  `ー   /.::.| rー'゚:::::::/ /::.:/   テ左≠=ヵ::.::.::.::.::. |::.::  ちょ、ちょっと、
____/   {     /.::.::.| ゞ辷zン // u  .う。::::::7 /イ .::. |::.::.::.|::.::  どうしてそれ
彡_/     ヽ    イ ::.::. |             /ヘ:::::::/  |.::.::.:|::.::.:∧::.  教えてあげないの!?
〃   V    ヽ    ヽ.::.: |.    u         ヾ辷:ン /:l::.::./!::.:/
 l    {      ∨  }__.::.|\     <!         ・ /::.l::|::./│/
 ヽ   ヽ     {      ̄ ̄ ̄`ヽ _         イ::.: l::|:/ j/
、 \   \    }           ) / ̄ ̄ ̄l7::.:|::.::.j::l′ /



               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ   確かに「彼」に伝えるには有用な情報。
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ    ……けれどVIP・デ・やらない夫、
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′     貴方はそれを必要とする?
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         なるほど。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)        確かに今必要な情報じゃないな、それは。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





                x< ̄ ̄ ̄>――― 7
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_
            /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:.:.:.:.:.::/..:.:.:ヽ
         / ../.:.:/..:.:.´ ̄.X.ィ..:.:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.
           |/.:.:/ ..:.:.:.:.:.:.ィ.:/ !..:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:
.          / ..:.:/.:.:.:.:.:.:.:/ l/   !.::.:.:.:.:/`|ヽ.:.:.:.:.:.:
         /.:.://..:.:.:.:.:圷 乍气. /..:.:.:.::/ /イ..:\.:.:.    え?
.         |.イ..::/.:.:.:./| { {て:::V '..:.:.:/    !.:.::|.:.:.:
          |.:/..:/ ..:.:|弋辷 / /..::/  込≧!.:.::|.:.:.:     な、なんで?
          レ.:∧」.:.:.:.:|    ̄ / '´u  .ん::V }.:.:/.:.:.:.
          |/..:.:.:|.:.:.:.:|. u        ゞ少 イ.:/|.:.:.:/
          |.:.:.:.:.:!..:.:.:l`>    ,      ・/.:!' l..::,'
          |.:.:.:.:.:!..:.:.:|' _」 > ┬‐..┬―< ..:! .l:/
          |.:.:.:.:.:!..:.:.:|::|_  /`ヽ/..:.:/.:.:.:.:|  '
          |..:.:.:∧:.:.: !::!   `/:::::::/..:.:/.:.:.:.:.:|
          |.:.:/:::::',:.:.:|::|   /::::::::/..:.:/..:.:.:.:.::|



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \         確かに自殺じゃなかった事を教えたら
 |  (●)(●) |         「あいつ」は戻ってくるかもしれない。
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ         けどな、それじゃあ俺たちにとって
.  |         }         大事な存在だって証明にはならないんだよ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i       死んだ子の力を借りて「あいつ」を戻す?
 |  (●)(●)./  リ       冗談だろ。
. |  (__人__)..|  /
  |   ` ⌒´ リ  ヒ        その情報無しで「あいつ」に戻ってきて
.  ヽ     //  ,`弋ヽ     もらわなきゃならないんだよ!
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    「俺たちが必要としている」と
   /〈  `ー〈::....ノ   V    理解してもらわなきゃいけないんだよ!!
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′



 / ノ  \ \/`i       
 |  (●)(●)./  リ       だから――「あいつ」に会わせろ!! 長門!
. |  (__人__)..|  /
  |   |r┬-| リ  ヒ
.  ヽ  `   ´//  ,`弋ヽ





         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`  ´ r‐ァ| /_ハ,lYゝ      了解した。
         リヽヘ匕!   匕メ/,ノ)/リ       
          }、!、 '_   //ll//         だがその前にVIP・デ・やらない夫の
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l          記憶を元に……
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、



        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \             後でいいっ!!
      ( ●)( ●)    |
     (__人__)     |             記憶なんてもん、「あいつ」と喋ってたら
     (`⌒ ´     |              勝手に思い出すっ!!
      {        |
      {         /
       ヾ      /
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/
     / |。      /
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ




95 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:33:11 ID:IATSWn4y

>後でいいっ!
なにこのやらない夫。
恰好良すぎなんだけど。






                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',  
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l  
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/   
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'    ……では今から空間を繋ぐ。
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!      
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/       泉こなた、申し訳ないが
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'        ここで私と一緒に待っていて欲しい。
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、



         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l        男同士の会話ってヤツだねー。
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `        了解。待ってるよー、やらない夫っち。
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/





                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/
    /





   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l   長門っちお疲れ様だったねー。
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!   
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |    ネトゲで「あいつ」の真似、
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l    大変だったでしょ?
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!



               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ      良くも悪くも破天荒。
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ       通常の精神で
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′        「彼」の模倣をするのは不可能。
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉





/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !   「あいつ」は良くも悪くも個性的だから
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|   長門っちが真似しても
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!   すぐ別の人って気付いちゃったよー。
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ    でもそれとは関係なく
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!   長門っちとのPTも楽しかったなあ。
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |     長門っちはどうだった?
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|





                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/
    /



          「…………

           ユニーク。」

          「お、好感触?
           じゃあ今度またやろうよー、3人で。」

          「検討する。」








異空間

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ





                                   /   (__人__)    \
                                   |    ` ⌒´      |
                                   \           /
                                    /         \
                                    |             )
.                                   |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                   (___ノ-'-('___)_ノ





      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|       よう。
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |
     |       |
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l



                                   /   (__人__)    \
                   やらない夫……       |    ` ⌒´      | 
                                   \           /
                                    /         \
                                    |             )
                              .     |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                   (___ノ-'-('___)_ノ




101 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:35:33 ID:nKMxQBmg

こ・・・こいつは!?





   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i       あれから7日経った。
 |  (●)(●)./  リ       ……けれど、覚えてたぞ?
. |  (__人__)..|  /
  |   ` ⌒´ リ  ヒ        だから、戻ってこい。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′



                                   /   (__人__)    \ 
          みんな覚えてたのはきっと         |    ` ⌒´      | 
          鬱陶しいからだお……           \           /  
           目障りだから覚えてたんだお……     /         \
                                    |             ) 
          きっとみんな、せいせいしてるお……   |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                   (___ノ-'-('___)_ノ




103 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:36:28 ID:IATSWn4y

ようやく誰だか判明するのか…





         じゃなきゃ、めぐが死ぬわけないお……  ./ .o゚ (__人__) ゚o  \  
                                   |    ` ⌒´      |  
         どうせやらない夫もそうだお?        \           /  
          「教えるお」ってちょこちょこやってくる    /         \  
          白饅頭が鬱陶しくて仕方なかったお?   |             )
                              .     |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                   (___ノ-'-('___)_ノ



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i        …………
 |  (ー)(ー) /  リ
. |  (__人__)..|  /         恥ずかしいから1度しか言わない。
  |   ` ⌒´ リ  ヒ         だからよく聞くだろ。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′





      / ̄ ̄\
    /    \  _ノ        確かにお前は腹の立つ奴だよ!
    |    ( ●)(●)       迷惑ばっかりかけるし、
    |     (__人__)       家に来ては放尿するし!犬かっつうのお前は!
     |      |r┬| .}
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



    /    \  _ノ        けどな、迷惑だからなんだっつうんだ!
    |    ( ●)(●)       そもそも人間なんざ生きてるだけで迷惑な生き物なんだ!
    |     (__人__)       人ゴミなんかウザくて仕方ねえだろ!
     |      |r┬| .}
     |       | | | }        「この世から消えろよお前ら」って感じだろ!!
   ,..-'ヽ     `ニニ }





          .  / ̄ ̄\
          ./ ヽ、 ._ノ \     良いんだよ!普段迷惑でも良いんだ!
          .|  (●)(●) |     10の内9は迷惑ばっかりでもかまいやしないさ!
.          .|  (__人__) .|     大事な1の時に誰かにとって有難い奴なら
           .|   |r┬-|  ノ     そいつは存在する価値がある!
           ヽ  `_.  ´ }
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |



                                   / .o゚ (__人__) ゚o  \
                                   |    ` ⌒´      |      
                                   \           /      
                                    /         \      
                                    |             )
                              .     |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                   (___ノ-'-('___)_ノ



          例えばジャイアンだってそうだろ!

          TVのジャイアンはどーしようもないガキ大将だが、
          映画版で漢気見せるから
          のび太や見てる人間にとって
          居て欲しい存在なんだ!!有難い存在なんだ!!








      / ̄ ̄\
    /    \  _ノ        お前のお陰で俺はこなたと知り合えたんだ!
    |    ( ●)(●)       俺たちのキューピッドだろうが!!
    |     (__人__)       それだけで充分有難いヤツなんだよ!!
     |      |r┬| .}
     |       | | | }         それが不満ならまだまだあるぞ!
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



   / ̄ ̄\
 / \  ノ \/`i         できる夫が言ってたぞ!
 |  (●)(●)./  リ         「目障りな何かが欠けて寂しい」って!
. |  (__人__)..|  /          やる実ちゃんも言ってたぞ!!
  |   |r┬-| リ  ヒ          「鬱陶しいけど大事な何かが欠けてる」って!
.  ヽ  `   ´//  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l      いく夫は……置いとくっ!!
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′




109 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[mineyuu0529@yahoo.co.jp] 投稿日:09/03/17(火) 22:39:03 ID:08DyQfgH

やらない夫おおおおおおおおお


111 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:39:25 ID:nM5k8/qC

いく夫www





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|



          こなたも!!
          「ネトゲをやっても張り合いが無い」ってよ!!

          病院の子が死んだ時にお前が寂しかったのはわかる。
          けどそれを今度はみんなに味わわせるつもりか!?
          ぶざけてんじゃねえぞ馬鹿野郎!!!

          記憶が無くなったって皆気付いてんだよ!!お前が居ない事に!!!








          .  / ̄ ̄\
          ./ ヽ、 ._ノ \     やればできる子なんかずっと泣いてるぞ!!
          .|  (●)(●) |     「大事なものがなくなった」って!!
.          .|  (__人__) .|
           .|   |r┬-|  ノ     恋してんのにその相手が記憶から消えたら
           ヽ  `_.  ´ }      そら泣くだろうさ!!!
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く       お前らが付き合うのは許せませんがね!
           ハ ヽ Y`ー.、i      おにーちゃん的に考えて!
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |



                                   / .o゚ (__人__) ゚o  \ 
            …………                 |    ` ⌒´      | 
                                   \           / 
             やらない夫は……            /         \ 
            どう思ってるんだお?           |             )
                              .     |  |         /  /
                                    |   |       /  / |
                                    |  |      /  /  |
                                   (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                   (___ノ-'-('___)_ノ



          .  / ̄ ̄\
          ./ ヽ、 ._ノ \     ああっ!?馬鹿だろお前っ!!
          .|  (●)(●) |    
.          .| ノ(.(__人__) .|     お前が居なかったら、
           .|.⌒ .|r┬-|  ノ     俺は誰に自分の知識を披露すりゃ良いんだっ!!?
           ヽ  `_.  ´ }     
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |





      / ̄ ̄\
    /    \  _ノ        俺の持論を教えてやるっ!!
    |    ( ●)(●)       「人」って字はな、片方が明らかに片方を支えてる!
    |     (__人__)       
     |      |r┬| .}        けどな、支えられてる方が居なかったら
     |       | | | }         支えてる方も倒れるんだよッ!!
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



    /    \  _ノ        
    |    ( ●)(●)       俺が倒れない為にお前は支えられろっ!
    |     (__人__)       俺が知識を披露する為にお前は教えられてろっ!!
     |      |r┬| .}        
     |       | | | }        俺の為に、お前は戻ってこなきゃいけないんだよっ!!!





          .  / ̄ ̄\
          ./ ヽ、 ._ノ \     俺がどう思ってるかって?
          .|  (●)(●) |     俺が寂しかったかどうかってことか!?
.          .|  (__人__) .|
           .| .ノ( |r┬-|  ノ     そんなもん言うまでもなく……
           ヽ⌒`_.  ´ }
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                   /   _ノ  \
                   |    ( ○)(○)
                   .|   。゜ (__人__)゜。
                   /     ` ⌒´ノ____   __
                 /  ヽ       /     ⌒/⌒  /
               /     \     / 五遁  /    /

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          .  / ̄ ̄\
          ./ ヽ、 ._ノ \     ……寂しかったに決まってんだろうが
          .|  (●)(●) |
.          .| 。゜(__人__)゜。|     この大馬鹿野郎!!
           .| .ノ( |r┬-|  ノ
           ヽ⌒`_.  ´ }
            ヽ_/ } . ノ
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |





  `¨ - 、    _-‐' ̄ヽ
      | `Tーー´   く
      |  !       `ヽ 
      r /      ヽ  ヽ 
 、    /´ \     \ \_j
          \  ヽ  ヽ__j
           `ーー'^´



          だから……



                                |  o゚  (__人__)) ゚o |
                                \     `⌒´     /



          いい加減戻ってこい……










                                    ____
                                   /      \
                                 /  _ノ  ヽ、_  \
                                /  ((●)) ((●))  \
                                |  o゚  (__人__) ゚o  |
                                \     `⌒´     /



          ……やる夫!!







117 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:41:38 ID:s1uc/4gF

言った!言った!名前を言った!


119 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:42:01 ID:XWVtTLAC

やるおおおおおおおおお


120 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:42:11 ID:08DyQfgH

感動じだあああああ





                                    ____
                                   /      \
                                 /  _ノ  ヽ、_  \
                                /  ((●)) ((●))  \
                                |  o゚  (__人__) ゚o  |
                                \     `⌒´     /



                                    ____
                                   /      \
                                 / ⌒   ⌒ \
                                /  o゚⌒   ⌒゚o  \
                                |     (__人__)    |
                                \     ` ⌒´     /






                            ,‐ヽ  /"ノ
                         _  \ \ | / 
                         \゙゙''ヽ‐-‐'"゙''| ___
                          ゙゙''ゝ  ,‐''''ヽ',,,,-ヽ
                          /ヽ  ヽ‐-/ 
                         レ'"ヽ、,,,,,/ \
                             |‐‐''"   \ 



          まったくもぅ……『自分が知識を披露する為に戻ってこい』とか
          自分勝手この上ない理由で戻そうとするなんて
          なーんてはた迷惑な奴だお。





          迷惑か?
          いいんだよ、迷惑で。
          迷惑はお互い様なんだ。



           `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
               | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
               |  !      `ヽ   ヽ ヽ
               r /      ヽ  ヽ  _Lj
          、    /´ \     \ \_j/ヽ
           ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
                    ̄ー┴'^´



          だって親友だろ?俺達。





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ



          「……ところであの人の字の話、
           あれもともとやる夫が言ったんじゃ無かったかお?」

          「……細かい事を気にするなだろ、常識的に考えて。」







130 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:43:58 ID:08DyQfgH




二人の友情に乾杯







5月14日 朝



 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::チュン……チュン……::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;;;;,,,,;;,;;';::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _______________:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/' \::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,,,,;;;,,,,,,;;
     ○     /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/  \ \:::::,,,,,,,,;;;,,,;;;';;:::;;;,,,,,,,,:::::
 ;;ミゞ,   ||  /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;/     \ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ;;;ヽミゞ;,;||;/;:::':::;:::':::;:::':ノヽ;:::'::ミゞ`;;:ノ;ミゞ;:::':::;::::;:::/     ロ   \ \: : : : : : :: :: : : : :
 ";"ミゞ:; ||, ̄| ̄ ̄ ̄ 彡ヽミゞ:ノミゞ;ノ:;ミ;  ̄ ̄ ̄|           | ̄
 ノミミゞ:; ||,  |  |ニlニ彡ヽミゞ:ノミミゞ;彡 ミ lニl  |     lニlニl   |
 ;;ノ彡ミi ,||ゞ, |  |___l;彡;;i;ヽミゞ;ソミ;;彡::ノミゞゞ__|゙ |     |___l___|゙   |    ;":;;:
 ノ;ヽミゞ゙||ミ;;ゝ    ノミヽミゞ;ノミミノノ;;ii;;;ヽミゞ,   |   iニニニニiニニニニi  ;::;;":;;';; ;":;;
 彡|l!:ミゞ||.  |  |ニl'ノ彡ii;ミミヽミゞ;;彡|l::lニlニl  |   i :::┌─||;i:::: i | ||  / ̄ ̄ ̄ ̄
   |l!   ||.  |  |___l___| .|l!   |l! ";:;|l |___l___|゙ |   i ゙ |i:i:i:゙||:|  i | ||   | ̄ ̄ ̄;":;;
 _|l! _||_.|_________lii:____lii:___|l!゙____|__i___|i:i:i:゙||:|_i.._| ||______
 _|'ll:,__|_|________,|'ll:,__,|!li,____,|ll:,_____________________
 ==============================================





              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \   zzz…
           (ー)(ー )    .|
            (__人__)     |  (⌒ヽ:::::::::::::::::::::'''''-,,
            (,`⌒ ´     |´ ̄\  ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             {         |    ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
      _____,{        /    ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
      (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄(________)



              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \   ん……
           (●)(ー )    .|
            (__人__)     |  (⌒ヽ:::::::::::::::::::::'''''-,,
            (,`⌒ ´     |´ ̄\  ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             {         |    ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
      _____,{        /    ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
      (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄(________)





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)        ふわぁ……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }                     ドタドタドタドタ >
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃  |r┬-|     |⌒)
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃三    (__)
    ガラッ





   / ̄ ̄\  | /
 /   _ノ  \  ―
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }                     やらない夫ー >
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }          火遁オナニーについて教えてくれおー。 >
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }                        ジョロロロロロ…… >
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)




136 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:46:05 ID:nM5k8/qC

どんなオナニーだよwww





 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;;;;,,,,;;,;;';::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _______________:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/' \::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,,,,;;;,,,,,,;;
     ○     /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::/  \ \:::::,,,,,,,,;;;,,,;;;';;:::;;;,,,,,,,,:::::
 ;;ミゞ,   ||  /;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;:::':::;/     \ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ;;;ヽミゞ;,;||;/;:::':::;:::':::;:::':ノヽ;:::'::ミゞ`;;:ノ;ミゞ;:::':::;::::;:::/     ロ   \ \: : : : : : :: :: : : : :
 ";"ミゞ:; ||, ̄| ̄ ̄ ̄ 彡ヽミゞ:ノミゞ;ノ:;ミ;  ̄ ̄ ̄|           | ̄
 ノミミゞ:; ||,  |  |ニlニ彡ヽミゞ:ノミミゞ;彡 ミ lニl  |     lニlニl   |
 ;;ノ彡ミi ,||ゞ, |  |___l;彡;;i;ヽミゞ;ソミ;;彡::ノミゞゞ__|゙ |     |___l___|゙   |    ;":;;:
 ノ;ヽミゞ゙||ミ;;ゝ    ノミヽミゞ;ノミミノノ;;ii;;;ヽミゞ,   |   iニニニニiニニニニi  ;::;;":;;';; ;":;;
 彡|l!:ミゞ||.  |  |ニl'ノ彡ii;ミミヽミゞ;;彡|l::lニlニl  |   i :::┌─||;i:::: i | ||  / ̄ ̄ ̄ ̄
   |l!   ||.  |  |___l___| .|l!   |l! ";:;|l |___l___|゙ |   i ゙ |i:i:i:゙||:|  i | ||   | ̄ ̄ ̄;":;;
 _|l! _||_.|_________lii:____lii:___|l!゙____|__i___|i:i:i:゙||:|_i.._| ||______
 _|'ll:,__|_|________,|'ll:,__,|!li,____,|ll:,_____________________
 ==============================================



          「人の部屋で放尿すんじゃねえと何度言ったら分かるんだ
           常識的に考えてェェェェ!!?」

                          ベキィィィィィィィィィィィィィィ !!!

          「ふぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁす!!?」





                    やらない夫が忘れた何かを求めるようです

                              了







142 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:46:56 ID:Z4vVaWY/

>>1
乙!
文句なしに最高の話だった!


144 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:04 ID:eS0BWNWr

だからあの本かww


145 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:04 ID:08DyQfgH

パラレルwwww




おまけ



      / ̄ ̄\
     /  _ノ  ヽ \
     |  ( ー) (ー)|        うーん……
     | U (__人__) |
    |     ` ⌒´ |
     |       |
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'



                               ___    ━┓
                             / ―\   ┏┛
      やらない夫、             ./ノ  (●)\  ・
      何を悩んでるのかお?       | (●)   ⌒)\
                             |   (__ノ ̄  |
                           \        /
                             \     _ノ
                             /´     `\
                             |       |
                             |       |



      / ̄ ̄\         
     /  _ノ  ヽ \        いや、1つ腑に落ちない事があって……
     |  ( ●) (●)|       
     | U (__人__) |        俺が教師でお前がネズミだったり、
    |     ` ⌒´ |        俺が警官でお前が汚職警官だったり、
     |       |         俺が戦士でお前が遊び人だったり……
      ヽ      /         
     (⌒`::::  ⌒ヽ        そんなファンタジーな出来事
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)       いつあったんだっけか?
      ヽー―'^ー-'       





                             / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
                            / ―   ― \
             …………       /   (●)  (●)  \
                          |     (__人__)      |
                          \   mj |⌒´     /
                             〈__ノ
                             ノ   ノ



                              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
                             / ―   ― \
            何だお?それ。      ./   (●)  (●)  \
                           |     (__人__)      |
                           \   mj |⌒´     /
                              〈__ノ
                              ノ   ノ





      / ̄ ̄\
     /  _ノ  ヽ \ 
     |  ( ○) (○)|
     |    (__人__) | 
    |     ` ⌒´ | 
     |       | アルェー? 
      ヽ      /
     (⌒`::::  ⌒ヽ
     ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
      ヽー―'^ー-'





                    やらない夫が忘れた何かを求めるようです

                              ほんとに了







150 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:36 ID:nM5k8/qC

乙!



151 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:39 ID:XWVtTLAC

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


152 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:39 ID:pjMdBGKM

こう見てみるとこの作者の作品は
やらない夫がかなり表に出てるよな。
この板にピッタリな気がする



153 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:41 ID:08DyQfgH

乙かれwwwwww



154 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:47:54 ID:3naA/fQD

乙!



156 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:48:03 ID:3VK7Av/d
            / ̄ ̄\   
          /   _ノ  \ 
          |    ( >)(<
      i!i!i!i |     (__人__)
   |::|  ;''':' '| |     ` ⌒´
   |::|  ノ /.  |         }   人人人人人人人人人人
   |::| ||  |.. . ヽ        }  )おつんぽカタストロフィッ!
   |::| ||., \.. ヽ     ノ < .おつんぽカタストロフィッ!
   |::| | \  `''"~   ""'' )   )おつんぽカタストロフィッ!
   |::|__.|_.` i           Y   YYYYYYYYYYYYYYY
   |::|―--  `i  人    :  'i ニ二二|:::|
   |::|     |       l|i|! !|il!シュッ  |:::|
-''" ̄~~"" ,-‐‐!      i||!|i|!i|!,,シュッ |:::|
        i, `' i       i'ニ-'" シュッ// ̄~""
       \.i'"' ,、 '''"';  _/  .// _,,..i'"':,
         ヾ_,.i、_   _,;..-'   .//  |\`、: i'、
               ̄     //.  \.\`_',.-i

157 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:48:10 ID:QYvtz/IG

乙でした!



158 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:48:17 ID:Z4vVaWY/

今度こそ乙!


159 名前:1 ◆NdaE78waTE [sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:48:18 ID:rIsq0SPC

最終話をお送りしました。
お付き合い下さりありがとうございました。

どっかのしゃぼん玉の替え歌のように

  ヨンサクメ
『「経絡経穴」 で消・え・た。』

とか言われて本当に消えてもアレなので
5作目をお送りしました、賢者の人でした。
元の替え歌を知ってる人が居るのかどうかはこの際気にしない。



↓以下、チラシの裏。↓

ある意味某「遊び人」のアナザー。

「遊び人」ではやる夫が一生懸命手を掛けた相手が立ち直る事で
やる夫は自分の行い・立ち位置に確信をもつようになりました。
では(事故とはいえ)相手が立ち直る事なく終わった場合
自分の行いに自身が持てなくなったやる夫はどうするのか、
そんなことを考え作ってみました。



あと

>ひきだしの奥にエロ本

>>1の学生時代の隠し場所だったなんで
口が裂けても言えない。

↑ここまでチラシの裏。↑


160 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:48:33 ID:g3x8oF/M

乙!!!



161 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:49:10 ID:8+qPWfBN

乙でしたぜー。



162 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:49:23 ID:3naA/fQD

ちょっと兄貴の引き出しの奥調べてくる



163 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:49:29 ID:og87M3sq

乙 面白かったよ



164 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:49:42 ID:s3xezkv+

乙でした!!
やらない夫あっついなぁ



165 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:50:45 ID:h9GIF8m2



男の友情ってのはいいよなやっぱり



167 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:51:24 ID:TA+iq+t/

乙!

遊び人と対になってる話だったのな
面白かったわw


172 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:09/03/17(火) 22:52:34 ID:jntXdFUT

おもろかった~作者乙


173 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:52:57 ID:bSRPhpmi

賢者の人は他になに経絡のほかにはなに書いたん?



176 名前:1 ◆NdaE78waTE [sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:54:55 ID:rIsq0SPC

>>173
以下、賢者以外の作品群。

●ニューソク・デ・やる夫にエロゲーを
(原作「アルジャーノンに花束を」)

あんそく様
http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-476.html

やる夫短編集 地獄編様
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-249.html


●やる夫ややってられっか夫がお馴染みな容疑者達のようです
(原作「ユージュアル・サスペクツ」)

あんそく様
http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-545.html

やる夫短編集 地獄編様
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-531.html


●やる夫で覚える経絡経穴 肺経~脾経
(オリジナル)

やる夫短編集 地獄編様
http://mukankei961.blog105.fc2.com/?q=%CD%C6%B5%BF%BC%D4


177 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:55:08 ID:BHNimtiW

乙、連日の更新お疲れ様でした



179 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:56:03 ID:teZvAc0/

おつでした
このやらない夫になら抱かれてもいい


180 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 22:56:16 ID:B5S4A+/v

乙、おもしろかった


187 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 23:13:39 ID:aalJj73x

乙っしたたー!
相変わらずこの作者は、やらない夫の見せ方が上手い


188 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 23:18:44 ID:rXJroUvJ

乙、やらない夫板に幸あれ


189 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:09/03/17(火) 23:28:42 ID://8t3gvr

乙です
人の字のくだりはかなり感動した
次回作あるかどうかはわからんが期待してます



関連記事
スポンサーサイト
[PR]


| 00:02 |コメント(27)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫達で辿るモンスターメイカーの歴史 ≪第十六章:『The Primevals』は死ぬか?≫ | HOME | やる夫が三国志を駆けるようです 第7話 「傾国の舞」 >>

■御感想or寝言

2686 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 00:11:16 ID:V5TnqLKM

すっげーいい話だったわ
マジでお疲れ


2690 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 00:31:56 ID:-

やめろ


まじよわいんだよこういう展開・・・うるうるすんだよくそ!


2692 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 00:35:30 ID:-

早っ 来たか
管理人に最敬礼


2693 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 00:39:57 ID:-

ヤバい感動した。なんだかんだ言っても友情ってのは( ;∀;)イイモンダナー


2698 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 00:48:45 ID:-

なるほどそういうお話だったのか
矛盾はないようだし・・・


2703 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 01:04:36 ID:-

>俺の持論を教えてやるっ!!
>「人」って字はな、片方が明らかに片方を支えてる!
>けどな、支えられてる方が居なかったら
>支えてる方も倒れるんだよッ!!

すげぇ…何と言う名言…これで惚れなきゃ漢じゃねぇよ
作者超乙。正直ここまで熱くて感動するもん初めて見たわ
正直このやらない夫にはマジで抱かれても良いわ


2706 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 01:17:15 ID:-

#2698
同志よ。言いたい事はよく分かる。
確かに破綻はしてないんだけど・・・
アレッ?て感じが




2707 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 01:25:35 ID:-

感動したぜ



2716 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 02:44:48 ID:-

すばらしかった


2726 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 04:51:14 ID:-

泣けるわー


2738 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 11:25:30 ID:-

ここの>>1の作品で泣かされたの何回目かわかんねぇわ・・・・・・・・・


2740 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 11:46:02 ID:-

5話までの出来が完璧すぎたから
この最終回の仕上がりは受け取り方が分かれそう


2746 名前:  [] 投稿日:2009/03/18(水) 14:59:43 ID:-

以下
「ナガモンがやる夫からめぐの記憶消せば簡単だったのに」
禁止


2748 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 15:14:33 ID:-

素晴らしい!
惚れ直したぜ、やらない夫!

シリアスの合間のギャグも最高だ!


2758 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 21:39:20 ID:-

そう、5話までは文句なしに素晴らしかった

その中二的な自己存在の確認と
かいう理由で納得できるかどうか
なんだろうな。



2804 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/19(木) 19:48:19 ID:-

元ネタは友人の作った青ダヌキ系のお話なんだろう?
それをやる夫やらない夫に改変する過程で理由の違和感が発生したんじゃないかしら。
例えばタヌキがやる夫ポジでのび太が女の子ポジだったりすると存在理由とかその辺も含めてシックリ来るかも。


2879 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/21(土) 05:40:28 ID:-

元ネタ(と言えるレベルとは思わんが)、
大事な相手の記憶を消すというアイデア
はドラ以外にもあるよ。

タイトルは明らかにプルーストの
「失われた時を求めて」からだろ。

存在確認の為に記憶消去という仕掛け
自体は、映画(タイトルが思いだせん)
でも見た事があるし、度々で恐縮だが
高橋留美子のうる星やつらのエピソード
にもあるんだな。

じゃあ、藤子や高橋の独創かと言えば、
おそらく違う。藤子は星新一や筒井康隆
と親交があったし、高橋は影響を受けた
作家としてNHKBSマンガ夜話に筒井康隆
と回答している。後、小松左京や井上ひ
さしの本が作品中に出ているから、読ん
でいると思われる。

ローゼンのラプラスなんかモロに運命製
造管理局の(このネーミングは星新一から
だろうし)ウサギ着ぐるみ因幡君だろ。
更に遡れば不思議の国のアリスにまで行
くだろう。

gdgdになったけど、先行創作物の影響は
大なり小なり受けざるをえないものなん
だろうね。まあ、どれで後発は洗練される
わけなんだけどさ。


ああ、ホントに6話目が惜しいよ。
YARUOが死んでいたから記憶から消すよう
頼んだとかなら、俺も素直にホロリと来た
んだけど。

長くてすまない



2942 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/22(日) 03:03:01 ID:-

>YARUOが死んでいたから記憶から消すよう
頼んだとかなら、俺も素直にホロリと来た
んだけど。

それじゃ矛盾が生じるだろjk



2997 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/22(日) 20:40:19 ID:-

何が矛盾になるかがわからんよ。

めぐが死んで、YARUOの必要性について
賭けをするほうが無理筋と思うけどね。

長門や陰茎達が動き回る世界だから、
元からなんでもありともいえるけどね。



3035 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/23(月) 08:32:48 ID:-

矛盾うんぬんはともかく、やる夫が死んでたとかありがちで面白くはなかったとは思うがな。
ひねりのない100%テンプレ通りなら読む意味が無い気がする。

5話目まではワクワク感や推理で面白かったのが落ちではそれがないから、こういう話では最終話は評価が微妙になるのは当たり前。
「ユージュアル・サスペクツ」と比べてる部分もあると思うが、これは元ネタの差が仕方ない。


3093 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/24(火) 00:50:18 ID:-

矛盾云々はたった一行で、具体的に何が、
矛盾になるのかが書いてないから聞いて
みただけだよ。

個人的には最終話はあまりにも子供じみた
理由であわなかったんだけど、まあ、ただ
それだけ。

当然、これで面白いと感じる人もいるだろ
うし、別に駄作だというつもりはないよ。
感想が違うねというだけで。

つーか、この人の作品かなり期待してるし。
米欄で喧嘩してもしょうがないしね。


3613 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/29(日) 21:49:47 ID:EqkzR.Ow

つまりお前が「俺は子供じみた奴らとは違うんだよ」という中二病なだけだろ^^


9084 名前:    [] 投稿日:2009/05/18(月) 19:47:49 ID:JalddpaA

たしかにすごい厨二病だなw
痛いことに気付いてないのがまた痛い


24812 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/21(水) 15:30:41 ID:-

おもしろいとは
こういうことだな


33436 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/02/05(土) 18:54:52 ID:-

唯一にして最大のツッコミ所は、簡単に記憶操作できるって長門何物だよに尽きるw


47574 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/26(水) 13:56:47 ID:-

※2746
「記憶は騙せても感覚・感情は騙せない」というセリフを読み飛ばしたようだな


49618 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2019/12/27(金) 17:43:29 ID:-

10年経ってもこんな過去の名作に巡り逢えるとは……2019年になってもブログを保管してくれている管理人に感謝します。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV