やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 年末年始 三大やる夫短編祭 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2015/09/28(月) やる夫ショートストーリーセレクション Ep162 たった一文の戦い

やる夫短編 まとめ
やる夫短編集 第百八十一巻より



643 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 17:48:45 ID:TUo8tnoQ0 [2/7]

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃ 1945年 8月15日 日本は終戦を迎えた ....┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  iv'ヘ                                   __
  | ;`;|                                  /:/\
  | ;'l:|           i'`'i             、         ┌个┐| | .:_|___.
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥         | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─Lム、
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>       | └┴┬i::::|==========|: :Lム、ロ.::|
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /      |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :: . : . : .::|
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.:   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : . ┌::、    /〉:
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.::::  _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : -┘:::L、r‐//┐ ,、:
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::://\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ニl.r┴、_|_|_|:>:::::〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
-TニTニTニTニTニTニTニTニT《┴┐::| .:::|_rェ :::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮/7_」L_:.」L____.」L ___.」L
~三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉┬┴┤ .:|_;!:..|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄「 ̄ ̄]「 ̄
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'.:|  .:|ー:|_ .|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~::::::::::::::::::}「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉 ~゛`┴::-'⊥::.∟ロ⊥!:::::::::::::::::::::::::::::::::::>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄____」L:._:.」「 」L:._:.」「 ̄
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/7_」L_:.」L___|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄TニT ,,                   》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄,,
  __,」L__」|____」L 三三三`    ,.        `      }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ `    ,.
.    _||     |L    ̄l|「 L l「 ̄            .        `|ト、 _」L____」L:._
                 ]_」L:_
                   ]「

644 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 17:49:35 ID:TUo8tnoQ0 [3/7]

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  これにより軍国主義の教育から、民主主義教育への急転換を迫らた文部省は  ....┃
┃  教育現場の教師達に、国史教科書の戦争を美化する表現や愛国尊皇の         ┃
┃  献身を説いた文章などを生徒達に墨で塗りつぶさせるよう通達した。         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                  ,-、
                               .,|IIII|,、
                             ./;;;;;;;;;;;;;;\
                             .._日iiviiviiviivii日_
                            |:::゚:゚:゚:゚:゚;゚;゚;゚;゚:゚:゚:゚:゚:::|
                                ェ|::::i━━━━━i::::|ュ
                            |::|::::| ||:||:||:||:||:||:| |::::|::|
;ヾ ;                          台 |::::| !!:!!:!!:!!:!!:!!:! |::::| 台                         "
; ゞ ; ;                     ___.iェェェ:|;;;;|二二二二二|;;;;|:ェェェi.___                   " ;ゞ
;ゞ ヾ; ;"                   |:::,-、::[.___[((~.)()(.~))].___]::: ,-、::|                ;ヾ ;"/" ;
;"ヾ ; " ;;--、.__________|:::IIII :|:::┌┬┬┬┬┬┬┬┬┐:::|:: IIII:::|____________ ; ;ヾ ; " "
;; ;ヾ ; ; ヾ ___________|:::::::::::|:::││││││││││::.|::::::::::::|___________ヾ ;"; "i "; ;
";;;ゞ゛;;; ゞ.|:|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|::゛;ゞ ;" "ゝゞ;
; ゞ ; ;ヾ ;;::|:|__|::|r'" . .: ;;;`、:|__|::|__|::|__|:::l:::l:::|:::││││││││││::.|:::l:::l::::||__|:::|__|:::|__|/⌒ヽ-、|__|::ヾ ;"; "i "; ;;
"ゞ; ;;ゞ゛;;::|:|[]{"  .;;;;;;;;;;;;;;ヽ]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|/....;;;;;;;;.、`ヽ.::|[]|.:;ゞ ;" "ゝゞ ;
ヾ;ヾ;ヾ; ;";;;;/∴` . .::: ;;;;ヽ;;;;;;;).|__|;;|__|..__..|___|..││││││││..|___|__..:::||__|:;;|./"⌒';;  ∴;;;);;;)._|;;ヾ ;"; "i "; ;
"ゞ;;ヾ ; ; ;__i_ || ....,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)¬¬:::|::::::::|./. ┴┴┴┴┴┴┴┴ \:i::::::::|¬¬;;;(,,, ...::;;;;;;;;||,,,;;;;;;;;;;);;;゛ ヾ;\ " ヾ;
;ヾ;ヾ; ;メヾニニ[_].         -ニニ三三三三三三三三三三三三三三三ニニ-     [__]ニニニゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ
; ;ヾ; ; ;ヾ"          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ヾ; ;ヾ; ;メヾ;

645 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 17:50:28 ID:TUo8tnoQ0 [4/7]

          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ
        ヽ ヽ   \ ヽ!::::ヽ  |     t         ヽ
          ヽ ヽ -‐ ヽ ヽ::::|   |     ヽ         ヽ
           \ ヽ   \ヽ、|  j      ヽ         ヽ
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  全国の教師達が「先生が今まで教えてたのは間違いでした」と  ...┃
   ┃  あやまりながら、生徒達に教科書を墨で塗らせるなか・・・      .┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




              /: : : : : : : : : : : : : \
             /: : :/: : : : : : : \: : : : ヽ
            ./: : : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : : 、ヽ
           /: :i: : : : : :|: :|: :|: : |: : : : ヽ: : |: i
           / : |: : : : : :ハ: l : l: : ハ : : : : : : :|: : !
          ./: :i |: : : :ハ/ ! ハ : : l \|リ| : : :|: : \
          i: : i |: : : :| リ二 レヽ、/ 二二|: : : :| : : : 〉
          ヽ/ | ヽ: :|ヾ弋イ, リ 、弋乂フ : : : |: : : :i
         .∠、:| | :ヽヽ ~~   {|   ~~レ ハ |リ : : /
           ヽ : : : : ミ    `     リ: :リ: : : : !
            |: : : : : ヽ、  -―  ./: : : | : : |: :`ヽ、
            / : : : : : : : ヽ、   ,イ: : : : ノ: : : ヽ: : : `ヽ、
          /: : : : : : : : : : : i` ' ´ __|ヽ、/: : : : : :ヽ: : : : : `i
         /: : : : : : : : : : : : /|ヽvイ´  .|/ : : /| / : : 〉: : : :/
        ./: : : : : : : : : : : /||/|⌒|\/| : : | リ ̄`'ー、: :|
        .i: : : : :/: : : :|イ/ | ├┤ / 从从.   /´ .ヽ: :ヽ
         `ヽ、 | : : / /  |.  |. |./  |   |  /    i: : : :|
         /: : lヽ: :| /  |.  |  | / |    |  |    ヽノ从
        / ハ: : | 从|___√|.  |  |/ .├──ゝ |     i
        ヽ| ヾ-|  ___/ /  .|  /   |  `''ーi |      ヽ
           /  .|   /  |.  |.   |    /ヽ|      ヽ
           〈   |  |   |  |ヽ  |    / /ヽ      ヽ
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃  地方の小学校に勤める一人の女性教師は、              ┃
   ┃  教科書のとある一文を塗りつぶすことを断固として拒否した。  ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

646 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 17:51:04 ID:TUo8tnoQ0 [5/7]

           ,ヘ           ,:ヘ.
          /: : \       /::  !
         /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
        /::::::  _         _     ',
        ,':ノ(  ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.i
      .i::::⌒    '''''''    ノヽ  '''''''   !
      !:::.      (◎ ),    、(◎ )、 !
        |::::..      ´"''". ,,ノ(、_, )ヽ"''"´  l
      i;::::..       ./~""''‐- -‐ァゝ    !  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ':;::::...       /t‐-.     ‐{   /..  ┃  彼女は上から指示された、他の戦争賛美などの             ┃
        .\:::::.....   ゝ'" ̄ ̄ ̄"イ /    ┃  文章を消すのは素直に従った。                         ┃
       ,r''" `ゝ:::::........      ....../ト、.     ┃  だが、ただ一つ・・・その「一文」だけは絶対に消さなかった。   .┃
      f!: : : : :: : :             ヽ.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      i!: : : !: : : : :              l
   ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i   i.            .: : i: :.|: : :!: : |: |: : :.:|: l:|: :./|: : : |:.i : | : : : :! : : :|: :i.: : : : : : : : : :.
   | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'    i,.          .: |: |: :.|: : :!: : |: |: : :.:|: l:|∨:.ト、: :.|:.| : | : : : :!: : : |: :|:i: : : : : : : : : :.
   |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.    '           | :|: |: :.|! i |! ハ!:.| : : i|: l:| Ⅵ Ⅵ:.| : |:! : : :|:.i:|! |: :|:|!i : : : \.: : :.i
                                    | :|: |: :.|! |_|!:l V: : : リ/ |  jノ>升ト、|:!: : : |:.i:|! |: :|:|!| : : : : : ∨: |
                                    | :|: |: :.|! | |`トl、∨: :仏斗<_ノ从__ |:!: : : |:.i:|! |: :|:|!| : : : : : : Ⅵ|
                                    | :|ハ: :!: |.:代㍉ハ: :リノリ癶戈丈ノ癶 从: : i:|:ハ トミメ、 : : : :', : :ヽ
                                        ノ八 ∨ 从:!ミ彡 乂  ミ==彡 /イ: : :从  Ⅵ} `ヾ=ー: : :i : : :
                                  /´     ∨|: :|:  ノ  `ヽ        / |.: :.八  いイ 丿!| : : : : |: : :
                                            ノ乂 リi く          /  ノ/      /|: :l| : : : : | : : :
                                          八           /´     /丁i : :.l: :リ : : : : l: : :
                                              ____               { :l : :.i / : : : : :.|: : :
      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓              ヽ ` ̄ ``         /   Ⅵ!: :/ : : : : : :.|:i : :
      ┃  その結果、懲戒免職になろうと   .┃               /∧                 Ⅵ/ : : : : : : :.|:|:i :
      ┃  最後まで従わなかった。        .┃           // /ヘ、__  .. 、<      // : : : : : : : :.八j:i
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛            .// / : : : : : : : : ハ.     //: : : : : : : : : :./.: : :|::
                                        / / /: : : : : : : :/  }    //: : : : : : : : : : : /: : : :.|::

647 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 17:51:40 ID:TUo8tnoQ0 [6/7]

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃  彼女がそうまでして守ろうとした一文、それは・・・  . ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛











           > ´i
        > ´:::::::::::|                               > ´i
       > ´:::::.==ニ<l_.             > ´i         > ´:::::::::::|
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!...... > ´:::::::::::|.      > ´:::::.==ニ<l_
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト.  ´:::::.==ニ<l_    ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!
┌────┐::ノ マヘ¨      ||...ヽ> ´イⅥ  ゞ       !! :::::::j マヘ  ;      .|ト
│   守   │¨ベ 、i      {¨:」.゙∧:::::::j マヘ  ;      .|ト...}::::ノ マヘ¨      ||.  ┌────┐
│  ッ   .│.::ヽ::ヽ ヽ      i::::|.   }::::ノ マヘ¨      ||. >¨ベ 、i      {¨:」.  │  兵 .....│
│  テ  ..│...ヽ\::ヽ::\     |::::l   >¨ベ 、i      {¨:」゙:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|   │  隊 .....│
│  ク   . │:::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|......,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|. ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l.... │  サ .....│
│  レ  ..│::::::::::::\ヽ >}   .|::::|..., 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l ::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|  │  ン  ..│
│  テ  ..│ :::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}...::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::| . ::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|   └────┘
│        │::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,:::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
│  ア  ..│:::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|゙:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨} :::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
│  リ   .│:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「 :::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,.:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|
│  ガ   │.. ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、゙::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|..゙:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
│  .ト   . │..___.∧::::::::::∨ |::::::| !」 . :::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「.゙i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
│  ウ   │.:::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,.¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、 . __.∧::::::::::∨ |::::::| !」
└────┘::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<゙__.∧::::::::::∨ |::::::| !」゙:::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
.     7:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |..゙,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー., :::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
      ¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i..゙:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一< ::::::::::::ゞイ´ ヾ |
.       l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヾ:::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |. ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
.       |:::::::|||:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚.  ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i゙::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
.       |:::::::|||:::::::::::::;::::::::::j::::::j   l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ |:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚

                                           _n_,.、 _ n_  n n
                                          └i rヘ〉..l リ r┐|  l」 l l
                                          (才P_)└1」 L」   .rリ
                                         ━━━━━━━━━━━
.

648 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 17:52:14 ID:TUo8tnoQ0 [7/7]

以上です、ありがとうございました。

昔、シベリア抑留者だった祖父から聞いた話をAA化しました。
終戦記念日に投下しようと思ってたけど出来なかったので
今更ながら投下です。



649 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 20:03:20 ID:m3URiIbg0

乙。
ちょっとウルッときた。



650 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 20:14:37 ID:x0kq/X9g0


命懸けで戦ってくれた人達への感謝の気持ちが間違っていたとは思いたくないよな



651 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 21:22:13 ID:zVMAzDXE0

乙です。
自分の職を失ってでも自分の主張を貫き通したって所は感動だ。
その主張が何であれ。



652 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/24(金) 21:43:10 ID:sLBNMJ2.0

乙!
戦争賛美と、命懸けで国民や家族を守ろうとした兵士への感謝は別ものだよな……



25848 名前:無関係な名無しさん[] 投稿日:2012/08/29(水) 21:01:01 ID:-

兵隊賛美の記載自体は軍隊さらには軍国主義賛美の一環だったのかも知れないが、他方で多くの兵隊は徴兵で戦場へ行くのだから、元は一般の国民だよな……



25881 名前:無関係な名無しさん[] 投稿日:2012/09/01(土) 03:14:42 ID:-

国民は被害者と思い込んだら
負けたこと、煽動に乗ったことに対する反省がなくなるからな。
一番煽ってた朝日新聞あたりが戦後は逆方向に煽ってるし。




関連記事
| 15:00 |コメント(1)
カテゴリー:やる夫ショートストーリーセレクション

|

<< やる夫ショートストーリーセレクション Ep163 まどろみのらくえん | HOME | やる夫ショートストーリーセレクション Ep161 ラーメンとチャーハンとクリスマス >>

■御感想or寝言

48309 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2016/04/14(木) 19:44:52 ID:-

>戦争賛美と、命懸けで国民や家族を守ろうとした兵士への感謝は別もの

それを知ってて兵隊擁護を戦争行為の正当化と混同させようとする輩がいるんだよな・・
永遠のゼロとか


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ