やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■--/--/--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- |
カテゴリー:スポンサー広告

■2015/09/26(土) やる夫ショートストーリーセレクション Ep161 ラーメンとチャーハンとクリスマス

やる夫短編 まとめ
【野球女子プロ】◆oLG9iWoh0E氏の短編集【GPM】より


5 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:13:36 ID:Y11I3zW.0


┌───────────────────────┐
│その日に雪が降るのは、幾年かぶりの事だった―  ....│
└───────────────────────┘



    。・*・。。。・*・。。。・*・。。。・*・。。。・*・。。。*。
 o  ゚ o  。゚ o  。  。 o o ° o  。゚ o  。  。 o   o °
  _____o___o___ o   ゚ o  。゚ o  。  。 o   。
o/  o   o      。    o  \゚  o  。  o    o  。    o
┗━゚━━━━━o━━━゚━━━┛ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄|o
|| 。| ̄o .| ̄||| ̄ ̄ ̄||| ̄o ̄ ̄o ̄o | o.// o    ゚ o ゚ o   ゚ | 。
|| ̄ ̄| ̄o ゚.|||  o   .|||o. | ̄ ̄|。  ゚|// o  。 ゚     。    o |
|| ̄|o ゚̄_|_ _|||    o|| 。|o. _|  ゚ |o ∧ ∧ ゚  。 ゚ ∧∧  o   .|o
||。 ̄|o _||| I o ゚ |||    ̄o  o 。|  (*゚ー゚)∇ o∇(゚ヮ゚*)  o/|
||_o|三三|。_.|||.    o ||| o  o  。 | ||( o つl====l⊆ 。_)|| 。.//|°
||o_|三三| o|||    。 |||  |[[[[[[[[[[| o| 。||  ̄ || || o ゚||。|| ̄||// o |
|| 。|| ||o   |||゚ 。  |||。 ゚/.―――ヽ└――――――――――――┘。
.o. ̄|| || ゚̄/ ̄ ̄ ̄ ̄\||. ̄ ゚̄ ̄.|| ゚ ̄。 ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄。 ̄ ゚ ̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄
^~^^:  ~^^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..~^^^;^;~^~ ;^^..~^ ^;^;^~ ^;^~^. ^~ ^~^..~^ ^;^~^;.^~^^
.~^ ^:^: ^..:^..~^ ^^~ :^..~^ ^:^:^~^.~^.~ :^^~^ ^^~^.~^^.~^~^^ ^^~^.~^^.~^~.^ ^~^


雪は―

人に安らぎを下ろし、街に幸せを積み上げた。

6 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:14:06 ID:Y11I3zW.0


頭を、預ける。

空を見上げ、満面の笑顔で少女が呟いた。
   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。 。 
 ○     ゚  。  ゜     o              o       o
            o          ○      。   .    ゜      ゚
 o   ゚   。                       o   。       。
             o     o     .   ゜    ゜       ○
  。  /    , - '´ y - - ミ>、 L|.n|ミi     ○     o  ゚   o
    /     / /` Y   ヽ ヽ `¬、!ミ| 。       
   /     / /    丶i、ヽ ヽヽヽヽ  ソ ゚        o    。
 ○i    // / i  l ;ヘトヽヽヽヽヽヽヽ ヽ、        o       o
.  l   /  l  l l  〉 ',   ', ハ ヽヽヽヽ iヽヽ。   .    ゜      ゚
 o{   / ! l   l !  ハ. ',    と'l  !` ' , l l 、`    o   。       。
  ゝ // l {   l ハ i-ゝ',   ! ヶニミ'、,i  ト、ヽ゜    ゜       ○
  。ソ<l l  !  ∧l'ヽ,!,,,_`´    '{ソ-ハ; ゙ |‐'ア| r`○     o  ゚   o
   / レ'l  ヽ  Kヽyソ-ミト      ゝ-ノ:゙ !, i,"_          o       o  
     |  i  ヽ リン {ソニリ            i´ヽ トi   。       。
    / ソi l 〉、.__↑  ,ゝ,ー'    ' __    ィ   i | ト,   ゜       ○
   i ' レ/彡iヽ ト、      r ' ´  i   / i  il  l i .    ゜      ゚
   |,へ|  ""`>- 'ヽ      ゝ __ ノ ,イ  ヽ  ヽ/ 〉    o   。       。
   レ'ヽ!  , '´ヽ  } ` t- , _  /, |  _ヽ ソ,./;`、
       }、  ヽ   l  ヽ- _  / ,l ` ーァ ヽ ヽヽソ〉 .    ゜      ゚
       {、 ヽ  }   i   ヽ----- '´l  ィ;ォ  ヽ }`ソ   ゜       ○
       ! ヽ ヽ、i  l , ' ス  ヽ 、  / / i .|   i レ'i    o   。       。
       〉へ ヽ、 l  i 'ー_-_- ‐→‐ニ} , -ム'   ! i ヽ 。  ゜     o       
      /三ア   ヽl  l  マ i   ゝ-’`/ァ'´ ヽ  } l  }
     〈`-'     i  ∨  ヽヽ/←ニ' /i    ヽイ  }  i .    ゜      ゚
       ヽ、__   ,,,l. 〈    ',´`´ ̄|r-ト、i _ ,イ´l|   |  ヽ





奇蹟が降って来たね、と―

7 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:14:55 ID:Y11I3zW.0


指が、絡まる。


俯いたままだけど、少し顔を上気させて彼女は囁いた。

   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。.  。    ゚    
 ○     ゚  。  ゜     o              o      o            
            o          ○      。   .    ゜       
´ |                     `ヽ          o   。       。       o   。    
l>  !                  ヽ  .   ゜    ゜      .   ゜    ゜      
<フ 〉   -‐―― ―‐- .         ',      ○     o       ○     o  ゚  
__/ , '´ , -‐――‐- __ `ヽ、     }   。                         
゜/ /  // / i \ \`'ヽ`ヽ   /   o      o   ゜    o         o   ゜  
/ //   / / /l   \ \ヽ`ヾ、 /       ゜             ゜         
イ イ  // // i!  ト \ヽ  ヽ  ヽ_     ,       o    。. 
7 ||  i__//  |',ヽヽ\\ヽ ',   ヽ`ー‐‐'                  o     
i  ||  |_,/´ ̄`ヽ ',ヘ ヘ \\_ ! i  ',     。   .    ゜      ゚○      。   .
.   l  |          \ヽ乂,!、ハ‐ト |  i        o   。       。         o
.  l  lヾ===、,ヽ   ` `´| Vi` | !   ト .   ゜    ゜       o     .   ゜ 
  l   |´ 、、、     ,r==、 j ∥|  li ',    ○     o  ゚   o  o     
.   i   !          、、、 '/ !/! l !   !| ! 。                       
゜  l   !       ,    / ! .| | |   !' |  o      o   ゜    o     
 o ',.  l    ` ―     イ / ! ! !  !|    ゜          ゜    
',   ',  ト、      . ィ ´/ /  ! ! ト,  | .|゚             o    。
ヘ     V ∨` ー, 7     ! /   ! ! i i  | !               o     
 ヘ   Vヘゝ,_ /      ! /   l l !l l ! !  。   .    ゜      ゚○      。
、 ヘ   ', ヘ `ヽ     l/   //!l |j | | |      o          o   。    
ヘ  ヽ  \\  `ヽ._  //   // !|/ ! ! !  ゜    ゜     ゜      
_',  \  ヽ`ヽ<´`} !/   // !|'  | | |   ○     o  ゚   o  o  ゚  
. /\   \  \ト、`ト{_/  //  l.i ,.イ ! !。                ○
. ><\  \  ヽヽ|ヽi   //  |.|/ | | | o      o   ゜    o   ゜  
/    _`_\   ヽ  ∨:::!! //  //  ! ! !    ゜ ゜     




幸せの、絨毯みたいね、と―

8 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:15:21 ID:Y11I3zW.0

















そんな夢の塊を― 
                                              _  /し'i  /⌒i   _,,..、        ,..、
                                         ,r'⌒''"´  j /  /i |  / ,..-、ヽ `ー、    / ア
                         |___|          /     ,く(   { l | /´ l,、_ノ ヽ、  'l  / /
                         |___|         /  ,,   ,イ l|  /  i' '´_,,、   ,  `ー',/  /
                         |二ニニハ "      ./ // / l l|  _」  し''´ 」      /  /´
                         |二ニニ=ハ       / / / / l  lレ′|  ,,.-''´        「  /
                         |二二ニニハ       ."′/  ヽ レ、ゝ  | .|           `''"
                         |ニニニニハ. l|i      ./ ハ ヽ、   ..l、_ノ
                         |ニニニニ=ハ ll     ./ /  ヽ  {
                         |二ニニニハ  .      l /   ヽ-'
                       l|i. |二二二二ハ      .レ′
                       ll  .|二二ニニニハ
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒      |二二二二ニハ  l|i  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
                         ハニニ/三三ニニハ ll
                        ハ二ニ<三三三ハ
                     ___ム<>、ニV三三=ハ       ⌒⌒⌒⌒⌒⌒
                     |       V二<三ニハ
                 .<  |_______V二二二_》 
                   <   ゝ                         ⌒⌒⌒⌒⌒⌒
                    YYYY    YY   YYYY
                        YYYY

9 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:15:42 ID:Y11I3zW.0



                                    丶   lヽ     、: .: .:. :.: .: .:. :. :. . . .: .: .: .: .: .: .: .:. :.
                     ――‐- rぇ、          \,ノ ` 、__ノ丶 . :.: .:. :.: .: .: .:. :.: .. . . . :.: .: .: .: .: .:. :. :
             _  /...:::::::::::::  -― ヾ<                  \__ . :. :: .: :. .: .: . .. . . .: .:' .: .:. :., :;, :,: ;:;, , . . .
        〈\___|匸》厶:::::::::: イ /  \ 、 \         "'' ;,; ,;, , ,        丶 .. :. :.: __: _.: .: .:. :. :., ;, :;, :,: ;, ;,, . .
         ー―仁アr一ァY / | l l /\ \\ \       ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]. ,;: ,; :;,: ,:; , . .
         ―=彡イヽニ イ l l | l |' _、ヽ ヽ ヽ ハ      |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐, :,: ;, ..
       く/ ̄ /  // / l l| |、l |ヽ c刈 | |l } } ||     |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄ ,; :;,. ,; ;, :;,: , .,. .
___   --/ /  / / / | || | \l| `ニ"'' ヘ从ノ川      └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘:;, ; ;, , ,., . ,. . ..
―‐___ --  /  / / イ   | |ヘ 、        _ ゝイ乂          .: .: .. ;, :,;, ;, , └┘/ :.: .: .:. :. :. :.,; :, :;:; ,:;, ,. ..
 ̄ _ --    / / /|  || \ゝ  ヽ--、_ イハ |           .::.:.. ..: ;:, ;,; ,;,    l .:.: .:.:. :. :.,; :;, ,;;, , .
 ̄ ___   --   / / / |  |l |\       ` ″ ハ }|            : .. ;:, ,:;; ,; ,    \_ :. :.:;:, ;:, :, ;, , .. . . .
 ̄  -―   ――< イ┌.|  |l ト、         / | ノノ           : .: .., ;:, :; ,; ,,       \ :. :. . :;, :;,: , . ..
 ̄---/...::::.:.:.    \| /.::|  |ヽ\::::>  __/ l| |¦|           : .: . .:;, , :;, ;,       / ̄ :. :. . .,; :,:; ,:; :;, ;, .. .
- -/...:::::.:         \:::l  l::::>ー 、l | l | | |人l           . :. :. :. .;:, ,; ,,'       _/ :.: .:丶 :;, :, :;, ,. .
 /...:::::::.:         ヽヘ  ∨イ|:lヾ\ | | | | |ヽ \          :. . : .; ;:, ;, ,;    /: .: ;:,: :;, :;, ,. ., . ,.. .
〈 ::::::::::::.:.:.            | \ ∨/ゞニイ | | | | | l ト \         :. .::; ,;;, ,;     \__ :. :. ; :,: ;:; ,. ..
 }:::::::::::.:.:...         | / ヘ\ |:| | | | | | l |   `\     , ;:, ;: ,:', ;,;      _/ .. . .: .,:;,; :;, :; :; ,. ., . .
'´::::::::::::::.:.:....          /∠   ` \|\j_ 乂\| | l |    }     , ;,; ,;,;,; ,;'      / :.:. :. , :;,:; ,:; ,:;,. ..
::::::::::::::::::::::::::.:.:.....    く/   く丁トヘ厶 :..\\\ jノ          , ,; ,, ;,; '     /\| :.: .: .:. :. .: .:,; :,: ;,:; ,:;, ., . ., .,
:::::::::::::::::::::::::::::     /       ::.ヽ| 〈{迄〉 ::.l ハヽヽ         , ;, ; '      / :.: .: .:. : .:. :. :. 丶. . . :.: .: ,; :; :;
::::::::::: _ -─┬―<::::          ::.∨ ヾテヘ ::|′| }|                  l .: .:. :. :. :. :. :. .. .: :. :.: .:
/ ̄       |::::::::::::.ヽ::::.:.:.:...     ::| { l  ヽ ヽ ノノノ 、            l ̄\/ :.: .:. : .: .:.〈、 :. :. :. :.:
        |::::::::::::::::..\:::.:.:...    | | | l  j :|  \ \       /\  l .: .:. :. : .: .:. :. :.: . .. . :. :.: .:. :.
        ヘ:::::::::::::::::::..`ー-、 :::: _ノ| ノ /  〉   ヽ '.     /.  \| .:. :. :. :. :.: .: .:


踏み潰して歩く女が1人――

10 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:16:11 ID:Y11I3zW.0


険しい目。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  /   / /:::::::::|       /   /::::::::::::  / __厶/-==― /:::::::::::::::|::::::
./    / /:::::::::::|       /l  /:::::::::_ -‐/ -‐/:::/     /:::::::::::  ::::|::::::
     / /:::::::::::|       /::l  /-‐_ -‐ / /::::/   /:::::::::::    ::::|:::::::
.    / /::::::::::: l     /イ /::::::::::    // :: /  /:::::::::::     ::::|::::::
   / /::::::::   / _ -‐ /::/ /:::::::::::   /   / /::::::::        ::::|::::::
.  / /::::::::  _/ _ -‐ /::/ _/:::::::::_,,,.-一≦三/∠三三三≧=ー-::..,,_|_::::
  / /:::::_ -‐ /     /:::/_ 厶x≦≡‐ '' " ̄       ̄`'¬ミ刎仞厂|::::::/
/,ー< -‐ /   /,,イ//''゙゙゙  /二二\            刈ア'′,:::::/
/.::     /  / ,;;/        / 〃⌒ヽ ヘ           /'´   /::::/
 .:     / /  7/          | ∥ ゞ' ノ |             /::::/
      /    \___     \ヾ二´ /      _,.∠     /::::/
        ,,.. -―-ミ::::::::`"''ー- ..,,_ ̄__    ,,,..、<⌒,,. -  /::::/  .:
   _,,..  <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ二三三三ジ "´    /::::/  .::
   `"''ー- ..,,_   ~"''  ::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:           /::/ .::::   .:
         `       `"'' ::;;;;;;;;;;;;:: -‐''´        / /,.::::::  .:::
                                      / //:::::  .:::::
                                  /イ:::::::::  .:::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


歪に歪むその口元。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                /::::::::::::::::     /
                               /::::::::::::     /
                              /::::::::      イ
                             /::::  _ -:::::::l |
                         ∠  ―    /|:::::::::l |
             ア                  /::::::|:::::::::l!
_____,.-一'' /                 /:::::::::::/::::::://
 ̄ ̄>'´                       /|:::::::::::::/::::::://
 ̄                         /::::l |::::::::::/::::::://      /
                        ....:::::::::::::::l |:::::::/::::::://      /
                      イ|:::::::::::::::::::::l |::::/::::::://      /
                   ....::::::::|::|:::::::::::::::::::::: ∨::::::://      /
                  イ ::::::::::::::|::|:::::::::::::::::::::::/::::::://      /
            ,. - ´  |:::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::::/::::::://      /
        ,.、-‐'      |> 、::::::|::|:::::::::::::::::/::::::://      /
    _,.、-‐'  _  --…¬二   |::::::|::|:::::::::::::/::::::://      /
-<==ニ二三三三三三三三「  |:::::::|::|:::::::::/::::::://      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



聖夜に似つかわしくないその相貌は、見るもの全てを萎縮させた。


アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販エバーカラーワンデーカラコン 口コミ



11 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:16:38 ID:Y11I3zW.0


服が、粉雪に塗れていない。

雪でさえ彼女を避けるのだ。誰が彼女を止められると言うのだろうか?


                _ _  __
                  〆´    ,シ`{@}、
               /    {l.: : : : : ,シ\
                /   ___{l: : :,シ  ,  ∧
            /    /i:lS|~ 孑」   ト、
             /    "  l:l l |、-ト、  l !|
          /    i   "| ネ ! ゞハ、,ノ
     \ 、  /    |   |\|/  〉"
    、__ \i.∨     !    l:ヽヽ_- '
    \;:≧^          |;;lヽヽ,,,/ /
     ≧ツ      i     !=;::´:;:;:;:;≧-―
   -≦ハ   i    |     |;:;:;:;:;:;:;:;≦'‐-、
    ∠   ハ   |    l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム-<   ,一へ
    !    ハ     |    |;:;:;:;:;:;:;:;:;ムツ     (   ヽ
   /          l     Ν\;:;:ツ气    /  ,/
   l i  ト ハ l|    i  ト    |:::\''\ヽヽ _ェ-´、~< ´
   i ハ  l | ハ∨ ,/w| i  l  |:: :: :ヽ :: :: l-L_\ { ゝ
   ヽ ヽ l l    ∨ ツ !i     !: :: ::.: ヾ: ::ツ气 { ( ヽ
    ! `′      "ト |   l:: :: :: :: :ト: ::.liヾ 」 {/
            , -‐‐!/!  / :: :: :: :: _ヽ:: :: ::厂""´
        ,-―` :: :: :: :| / / _ _,-―:: ヽ ヽ:: :: ::ヽ






光り輝くイルミネーションも、赤い服のおじいさんも、真っ赤なお鼻のトナカイさんも――


彼女の行進に道を空けた。


  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : : : .
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : :  
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . : : :  
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l
   ノハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \/`ー1| |:「V    |::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|


クリスマスの波が割られていく。
その姿はモーセの如く。

12 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:17:32 ID:Y11I3zW.0


そして彼女は悠々と街を渡りきる。

耳障りなジングル・ベルも、地獄から響く聖歌も、全てが聞こえなくなった頃、
光り輝く街に振り返り―

         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
.       ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.       ';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
.          V     U                             〈:::/ \/
                        ,  -‐r<ゞ乏彡>ー- 、
                  /..::::::::::::::::≧三彳:::::::::..\\
            r―、   /.::   '´  ̄/    ̄    、:.\\
   、        | 「ヽヽ//    /  /  ', ヽ   \::.ヽ '
    ':,:..、       レ'¨ニ7′ /  //       l i  '  ヽ ヽ:::.Yl    ,  ,.:'´
 、 ':.、 ':,:.;.:、;..、 / ´//    ′ ' ,′ |   | |  l    ヘ::| |  ,.:,:' ,.;.:':,:.;.:'
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.くく./イ| i     |   l|  |   | |  |     l:k<ニニ 7:.;.:':,:
':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;`ー'_/| |  l | !|∥  |   | |  |l     ドiくヽ,://― 、
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:' /:/イ| | ! ⊥..| lハ  |    j| ハ  |/  l| |l\〈/.:::::::::::..\
':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:./://| li |  ヽ. |_」.二ミー |ヽ `7才7ー | /   | |l::://.:::::::::::::::::
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:./:〈/.::L|| l、  l〝弋_リメヽ|〃ィ斤テァ〟′ / 小∨/.:::::::::::::::::::
  ',:.'::,:.;.':,:.;.:',-、,,:/.::::::::ヽ| ト  ヽ  ̄"´      ''`¬′/   イ / |ヽイ!\、::::::::::::::
   ,;.:':,:'.;.:':,:li`|/.:::::::::::::::::| l \_\    j      / / |/l |l::::||:::::.ヾ::::::::::::
.  '"´,.:':,:.;.:lー'!:::::::::::::::::::::::| l   \`  、__ ,.     ̄' |   | ハ:::::||:::::::::}〉::::::::
.     '"´,:':,:| |:::::::::::::::::::::::| l   |`::..、  `ニ ´   イ  |   |/.:::|::::::::::::::::::::::::::::::
.    ,.:'.::' :_l L:::::_:::::::::::::::| l   |::::.マ}>,, __ r介メ==|   l/.:::::|:::::::::::::::::::::::::::::
   ´   / '| /ヽiヽ::::::::::::||  |::::::.マ} {{_// |:| |:|\、_;'  /.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
    r‐i  | | | |:::::::::::::||  |:::::::::.マ}`´ |:| |:|  ゙7  /.::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
    | ! ' !  !  l::::::::::::|∥  ト、::::::::.マ廴_´ `  /  /.:::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::::
    ! ,!        |:::::::::::| ||、  !へ::::::::.ヾ込辷辷7  /.::::::::::/.:::::`ト--- '´:::::::
    \       |::::::::::| l;:ト、  ヽ:::.\::::::::::>ーイ /ー― '::::::::::::::::.\_:::::::::::
      ;\     /:::::::::::|ノ::|:::.\ \::::: ̄/.::// ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}>、::
     l::〈 ̄ト‐√| ト::::::::/.::::ヘ::::::::`:::....\:://.::// ∧ヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::
     l::「\l / Y |:::::/.:::::::::.ヽ:::::::::::::::::::/厶イ//|| ||:::〉〉、:::::::::::::::::::::::/.::::::::::::


華麗に中指おっ立てた。

13 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:18:20 ID:Y11I3zW.0

たった一日で、溜まりに溜まった不満が爆発した。


              し 7/:::::::;>;::_-=ニノ:_:::ヽ:/_:::::ヽ:‐-:::::::ー┐    ヽ   -┼丶 -┼丶
   -┼丶. l コニ   (_////-'::__;:::lヽニフヽニ:ハヽァ-r、:::ヽ:::ア    l  f_フ ̄) f_フ ̄)
   f_フ ̄) l rナ    /-:;∠!:;! `ー'′         ̄´ ヽー:ァ、:::ヽ、 .i J
                iァ:l`ー ´                 ̄ ヽム〈  l   l ‐┼゙ l ‐┼゙
   l ‐┼゙  /       ├'                            ヾl  l   l rナ  l rナ
   l rナ  /7_,    l  /     /            l   l    ヽi J
              ! !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い.   -/┐l -/┐l
   -/┐l ヽ/     〉 l  !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l   / 」  / 」
   / 」  (_   _ l  ! l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
            l ヽ!  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l   ‐┼   ‐┼
   ‐┼   l -‐  rt、!    トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/   ヽ__   ヽ__
  ヽ__   l 、__  !ノ    l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ    あ    あ
    あ       ,、!ヽ l、   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l    /    ./
.   /      /! .! ヽlヽ. ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l   /7_,  /7_,   ,/
  /7_,      ! l l    \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ. [l  [l   .-v′
        _ ヽl l       l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l o  o.   /
  l] l]   // : : ̄ヽ! |     l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/ ̄`ヽ/
_ o o ./:;ノ: : : : : : : l  l   l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
::::::レ⌒ヽl/: : : : : : : : : l  l   l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<



夜道に向かって女は1人、八つ当たりを始める。



 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |        「浮かれている馬鹿どもは知らないのね?
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |         クリスマスは”狂い死にます!”っていう
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     _   とある男の絶叫から始まっているのよ?
   | |::|    | \ " "          _( リノ ''// /ノ/        v´ /  
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|          / /   つまり悲劇がスタートなの。
   |     |\      、    /  ""∠ イ   L|       / /    浮かれている奴らは無学のお馬鹿さぁんなのね?」
    |     |  \       ‐ -    /  |  ィ     _  _/__/
.   l    ト、  \            <    |//     ノ )/ _ ,\
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : :  / //__\(
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : 丿ノ 厂 \〉
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : / 'ヽノ 八  )   <民明書房に書いてあったわぁ!
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: :  |   〈/⌒  /
::::::::::::::..\ヘ ∨ `ー' |::|  ゞ--'´ 〉:::::::::::|    |::::::::..\: v      ヘ

14 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:18:54 ID:Y11I3zW.0


あらん限りの嘲りと共に、放つ。


             / /         |     |   |  {::{   ノ::;ハ |:|
            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:| 
          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:| 
        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:| 
       l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ 
       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |   
       ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |     「なぁにが聖夜よ!
      |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |      聖○士聖矢のパロディかっつーの!」
          |\|\ >|  \      ィ         |    |    
          |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\  
   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \ 
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、 
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |ヽ   / / /:/ 小/   /.:::::::::::::::::ィア
二二ニ=ー: : : : : : : : : :|    |__\/ ´ /:/ /:|/    '.:::::::::::::::ィア.:::
 ̄:: : : : : : : : : : : : : :/|     |:::::..\\ /:厶イ:/  /..::::::::::::::ィア.:::::::




目一杯の侮蔑を込めて、吐き捨てる―


             /.: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ
            /:; -‐ l ̄ ̄ 「 ¨¨ ー- 、: : ヽ
            /:/.!        l      |ヽ: : :ヽ
              |/ | i {    .!  |   !  ! ヽ: :.|
            牙" ! ! |   ,' | !l  ||l   ゙天!
              l  .∟L」_|.  / 」L∟ ┬ /  i  |           「ぬぁぁにがサンタクロースよ!
            ,イ   | __l   // ___レ! |  l  |ヽ、         ザンタクロスを知らないわけ無いわよねぇ?
            / i.   ヽゝ¨ノヽ/ '´ゝ¨ノ//l/|ハ. |  ,-―――
<;; ;; ;: ;: ;: :: ヽ| |  ̄「   、     イl   !/:|/|/:: :: :; :; :; ;;     ド○えもんまでパクるとは、
∠;; ;; ;; ;: ;: ;: :: :\!  l |\  ー==一   l:|  ,'ー-、:: :: :: :; :; ;; ;;     恥をしれとしか言えないわぁ・・・」
.厶ィイ.Z:;;_;;_;: ;: ::/l  l |: : l> _   </   ': : : : : V:: :: :; :; :; ;;
   //   /ー:/: : l |l l: :i} l}: : rn┐: :/|  /: : : : : : :V_:: :; ;; r
    / //  /: : : :', lヽ!:{l {l: :/「´「ヽ: :.l ,': : : : : : : : :\ ヽ', ̄
  / /  { /: : : : : :ヽ: : :l} V l| |l ∨ /: : : : : : : : : : : :〉 ハ
  {  !   く: : : : : : : : :\:{l ヽ/| |ゝイ|/: : : : : : : : : : :/l ヽ |

15 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:19:22 ID:Y11I3zW.0


くだらぬ風習に踊らされる人々の、愚かさを嘆き―



、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://    「そもそもサンタクロース!?良く歓迎できるわねっ!
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:      そんな不法侵入者がもしウチに現れたら・・・
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:   
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:       薄気味の悪いプレゼントを置かれる前に!
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:        私の靴下で窒息死させてやるわ!」
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /




 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : : :
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l    「本望でしょう?
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /         ク ツ シ タ
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /       自分のフェティシズムに殉ずれるのだから?」
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |

16 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:19:39 ID:7Hvzr11s0

銀ちゃんばねええw


17 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:19:52 ID:Y11I3zW.0


踊らぬ自分が弾かれる。そんな世界を嫌悪した―



    / /:::: |/   /ムナ-'゙´ / /::/ /::::..  :::|:::
  // /::: ム- ニ/7゙/:::::... // //::::.. _ __:::|:::
  ///_,ィニ/ー '/メ./二´二´ ̄/:::: ̄ `:ヾ、/.:/::/
  /─'  / ./彡/'´::::/,::-、ヽ     ::::::/.:/ /
     // ゙´    弋、;;ノノ      ゙  .:/ /
     ,. -ーミ、`::ー-- 、ー'゙__ /ミ='..:/ /
   ー-、    ::::::::::::::::::::::ー=彡'゙   .::/ //.:.  
           :::::::::::::::::::     :/ //::: ::::
                    // /:::: ::::
                    / :::/: :::::        「トナカイ!貴様もだっ!
                     ..:/:::::::         サンタに従った己の運命を呪うがいい!」
                   .:/::::::  -ー' ´
               ....:::::::::/::: -ォ'´ :::::::::
         _,       '─ '゙...:´/:|::: :::::::::::::
 ー─ー _, ァ'  /       ....:::::/:::::::|::: ::::::::::::
 ─ '゙          ...:::::::/ハ::::::::/:: :::::::::::::
  ー          ...:::; ィ':::::::::::ハ::::/:: ::::::::::::::
           ..: ィ:::::::|:::::::::::::::∨:: :::::::::::::::
        ..::-ー' |:::::::::::|::::::::::::::/:: :::::::::::::::::
    , ィ' ´::::::::_/ー-i:::::!:::::::::::/:: ::::::::::::::::::
 ー'  ̄::::::: ̄ ̄:::::::|.  |::::|:::::::::/:: :::::::::::::::




                   ゞ丕ン-  _
             ,   ´/ / ̄ ヽ \ `  、          「例え鼻の色が玉虫色に発光したとしても許しはしない。
            / / /  ′    '  ヽ ヽ \ __        君は悪くない、君のお父上を呪うがいいわぁ?」
           /イ ′ i  |      |  l  i  K<\
        厶| |  |   |    |  |  |  | \j:|、           _lニユ_
         //レノ |  ',   !      !  /  /| /  |l\丶          .|;;;;;;;;;;;;;;;;|
      // |:| | ヽ   \ \   /l ,厶イ 厂イ   ||i:| ヽ\       |;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |:|| ヘ \ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ   ,' |:|   \>       |;;;;;;;「Π |
      |:||   ヽ ヘl斗 ┬        ̄` //  / |\         |;;;;;;;| l l |
      |:|ヘ   ∨ー┴ '´    i      / /  |ヽく           .|;;;;;;;| l l |
      |:| \   \           _,.  / ハ   |  \       /.|;;;;;;;| l l/
、   / `   | \   \     ー ニ´     , ′|  |     \   // .|;;;;;;;| l l|_
:.\/ \    l  ` ー一        /  |  l         >' / /  K〇)-i::::::i
  \ ヾ\  |    |  `   .,_  _ /|   l   ,′    / //   L   /^、,k、,-、,‐、ノi
―-、 \_〉:.:>ヘ    l     〉'´::.::.::.:`:.|    l  /     /     /  |  /ヽノ{  l  k i.|
:::::::::::\ //::.:ヽ    l、__/::.::.::∧::.::.ヘ、 / /   /  _ -―:::: 〈_人|  ノ.ヽノヽノ `´ |
:::::::::::::://::.::.::.::.::.\  ∨::/>|::.::.:/  ',::.::.:/>//_∠ ―<:::::::::::::::::::::::::::  ヽ、彳 ____」
:::> ' ∠::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\ \\\/   !::.:/>/ヘ〉,::.::.::.::.::.::.:\\::::::::::::::::::::::  jN    了   人
::|┌―――- 、\::.::.::./::.:>、 \__ __└'/   {|::.::.l::.::.::.::.::.::ヽ ヽ:::::::::::::::::. ト、こYこYこYこYソヽ
|l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.:〈 ̄Lト \| ├/ ̄l_,.、 {|::.::.|l::.::.::.::.::.::.::丶...ー 、::::::  ト、ヽ ニ二二二二二
∧ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.::〔 \ |  ィr乞ヘ.  ′ムヘ!::.:|l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:>\:: |:::.\_:.:.:.:.:.:.:::::::::::
 ヘ \::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.:冫   〃 弋乏ゾヾ イ:.:.:.く::.::|l::.::.::.::.::.:/, -―¬ /  l::::.   .:.:.:.:.:.:.:.::::::::::

18 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:20:24 ID:Y11I3zW.0


罵詈雑言は、電柱だけが聞いてくれた。


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |:l    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ヾヽ  /::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
 \  ヽ:∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○:::::::/ ′     <○×△□!
⌒ヽ!ヽ._j\:::::::::::::八:::::::::::::::::::::::::::::::::/          <△△□○!
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ:::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::`ヽ、        <上上下下左右左右BA!」
::..::..::..::. /⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::..::.::/Iニiニl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::.r'´::::::li ○il::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
仆、::::ノ|i, o,i|゙~`l,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
.:.:.:.:.:l ゙i--i´ヘ ,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.:.:.:.:/ヽ_|_|,,_)ー´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ
.:.:.:.:(ヽ,___)ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}'´
.:.:.:.:.:iヽ__)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.:.:.:.:.:`ーー゙:::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



なんだか、とても楽しい気になって―








女は笑った。

                     
        ,....'´::::::::{@}::ー、       \、.  j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
       イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \       _) ̄                `て
     //::〃 i ,ハ   /ヽ、 ヘ      J   ゲーッハッハハ!!   {.
     |∞:i l lレ  ノ_ ヽ,,  } !`lコ      )                      〔.
     〔人 }  ≦゚≧ミ:≦゚≧iVヽ      ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
     |! i、⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ             
    _|  l ヽ、  |r┬|  ノi|                 \、.  j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
  /:: ;;|  l   x>、`ニニイl |                  _) ̄                `て
  ⌒⌒|  lくミヽ:: ::{ 薔 }::ノl lヽ                 J   ゲーッハッハハ!!   {.
     |  l( ⌒ ):: :::V: ::/:::( ⌒ )                )                      〔.
                                   ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``

大声で、笑った。

19 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:20:57 ID:Y11I3zW.0


そんな笑い、長く続くはずも無いが。



     ' /    / /           |  :::i   ヾ く=_=_=z/:::| !:::::::::::::::::::::
     i/     , '  /     /  .:::|  ::::::!  :::l ::::::::: Y ::::::::| ::::::::::::::::::::::
        /  '     〃   .:::/ / :|   ::::|  :::::::: ! ::::::: ! ::::::::::::::::::::::
         .′ .:: !  / ::l!   .::::ハ' :::::イ  :::::i!  ::::::: | ::::::::ハ :::::::::::::::::::::
       /  /::::|!  ::|  ::l!  .:::::/ / :::/ |  ::::/ ! :: /ゞ :::::::: V::::::::::::::::::::
.      /  / :::::|!  ::|  ::i! :::::/ / ,. 'イ / :::/ ::j/ :::::::::\::::::::::::::::::::::::::::   \、.  j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
     / ./.:::::,.ィ! :::|  :::! ::::/ ´/杙iリ'-イ .::::r' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    _) ̄                `て
    '/  イ | :::::l  .::| ::イ  l! Y´ / :/ :|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   J   ゲーッハッ・・・       {.
    'ー '´ /ィリ ::ノ :::∧N \   ∠ -‐' ― | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   )       ┌───────┐
         / /j./ :::/      i         |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ´⌒ヽ'´  `│           .│
           '──'′      ノ      ,.ィ   |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          │・・・・・・はぁ   .│
                    ,へ ..__ /ノ,   ∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          │           .│
                  //  |  ` r―./  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          └───────┘
                /   / :::::リ / .:::::∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         rr==/ ::::::::::/  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   |:! :: /  ::::::::人  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      / `/  ::::::::/ 八 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



最後のゲハーハッハは、自身のため息で上書かれる―






           zャォ-――‐-、‐- 、
          ,rゞZチ'´ ̄ ゙̄¨丶\ \
         //        ヽ ´゙\  ヽ
         /´      l    ヽ   ヘ._ヽ
          /  l |    l  |  l  ', 〈_/ト、 ',
       ┌,i| l |     l  |  l  |  l |l \ ',
        L」| ! 、 ',   | /_, ィ /; /|: : : :ヘ
        /|! 、_丶_ト、 、 /孑'_ ィ1イ /: : :',: : : :_:_',           「何やってんだか・・・」
     |lト、 \「t‐r‐;ト'゙  ハ _ノ/ /|: : : : :/:: :: :: ::
       丶 ト、 \ゝ┘、    イ|  l';: :/:: :: :: :: :: ::
        、_/: : ¨T ト,、  -‐ /!   l/::_;: -‐ 、::_::r: : :
zー…¬¨´:: ::  ̄::才 i ト、〕≧tイーオl. | ̄: : : , -‐'´: : : : :
:: :: :: :: :: :: :: :: :: /: :ヘ l」: :弐/j'ト ̄」,|    ヽ: : : : : : : : : : : :


もう一度、深くため息をつく。

20 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:21:44 ID:Y11I3zW.0


上京して、2年目の冬だった。



                 ____  ____
       ,. -‐'ニ ̄      ̄>、:::::::.`ー┐、__
      / ‐' ̄          ヌ、   :.:.ヾ>、 \
     / /  /  ,/    /  ,' タ、.....  ヾタ、  \
     /  / / /    /! /   t〉:::::::::::::::::iス    ヽ、
      i. 〃.// / / ///  / /! / テ>、::::::::::::I>,    ヽ、
      レ'′レ' ./_,ノ,ィー‐/―- /,.イ  ヾ!:::::::::::::::i_〕     i
        ∨/ .f弍''≒ァ-ノ- / _>::::::::ノ、     :.. !
       r-―'´  込ン= '′  // 〔 r‐勹´∧! ヾヽ   l:. i|
      〉          /   :::>ヽノ / | '、ヾヽ  l:. |
        ヽ、       _,.- "  ,.-‐'´ヽ__,/ | i=='-'   l:.:.|
        { `   ー=ニ二-―' ̄〉:. ;:  / l   ! 「 .:. .   ヽ:.ヽ   (・・・)
.        〉         . : :.:.:.:/ /  ,' /i|  | |  .:.:. .
       |       . . .:.:..:.:./ /  | l l  | |  .:.:.:. .
       `ヽ、   . : : : . .:.:.:./ /   .| | i   ヽヽ、.:.:.:. . ,.-―
          ` ―- 、 ..:.:.:./ /   ,/| | i     ヽ_>:.:./
             ,|.:.:.:/ /   メ ヽ! i   / レ'
                / |.::/ ,〃 /宀ヽ.:.:. i  /      ____ _
              / /7'´ /´.:.:.:.:.:.:_〉-―く__  ,. =≠三ヲ
          ./ / / /.:.:.:.,.‐´ ̄.: :.:.:.:.: :.. `ヾ.三三く  ニ _
       _, -'ニ -'´,//.:.:.:.,ィ´ .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :. ヽ三三三 _ _
       ̄  -=' ''´ゝソブ  ..: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : : . ヽ,三三三
               / ん/  .: : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : :. i、三三 ‐
             , / /Z/  ..: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : .  i、三三三
           // <ソ/  ..: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :.  i、三 三


夢を追ってこの街に出てきた。
けれど、夢は一向に叶う気配がしないし、それどころか1人の友達もできない。



都会で1人、暮らして覚えたことは、寂しい時の独り遊び位だ。

---------------------------------------------------------------------------------------
【寂しい時の独り遊び(例)】
                     
        ,....'´::::::::{@}::ー、       \、.  j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
       イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \       _) ̄                `て
     //::〃 i ,ハ   /ヽ、 ヘ      J   ゲーッハッハハ!!   {.
     |∞:i l lレ  ノ_ ヽ,,  } !`lコ      )                      〔.
     〔人 }  ≦゚≧ミ:≦゚≧iVヽ      ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
     |! i、⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ             
    _|  l ヽ、  |r┬|  ノi|                 \、.  j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_'|
  /:: ;;|  l   x>、`ニニイl |                  _) ̄                `て
  ⌒⌒|  lくミヽ:: ::{ 薔 }::ノl lヽ                 J   ゲーッハッハハ!!   {.
     |  l( ⌒ ):: :::V: ::/:::( ⌒ )                )                      〔.
                                   ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``
---------------------------------------------------------------------------------------

66 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:55:37 ID:Y11I3zW.0


そんなもの、上手くなってどうなるものだろうか。

女は、もし2年前に戻れたら過去の自分に何と言おうか。
そんな事を考える。



               ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
              /ー'′       `¬ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
            , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
          /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
           , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
.         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
        /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
       八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
          ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
          ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ   (良い事なんて、何も無い。
            ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨    そう教えてあげるべきかしらね)
          /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
     、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
     ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
         `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
       ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
       _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三
    ` ̄  _.:::   .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/  ,' 厶-―v'⌒ ̄
ー===ニ三ミヽ、.:::.:.:.::i    ! |::..:::ヽ、/ /∧L二´ノ::/  / /::.::.::.::.: :: :. : . .
     ` ̄`〒ミゝ二| i   |/::.:::/⊥」 l L::;仆-ク  , ,.:'::.::.::.::.::.: :: :. .. . .
         l∠ニ三! !  リ::.:::/}   l_| ゙ー┘ / , '/::.::.::.::.::.::.: ::: :: :. : .


まあ、自分の事は自分が一番良く知っている。
自分に説得されたところで、その言葉を受け入れる自分では無い。


結局の所、自分はこの寂しさを味わう運命にあったのだろう―
女は勝手に考え、勝手に納得した。


//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|                   ・ ・ ・
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /    (寂しさを・・・ 味わう!?)
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三  <グー
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三


女の腹が悲鳴を上げる。

22 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:23:14 ID:Y11I3zW.0

ここで女はようやく本来の目的を思い出す。

             _ _
            , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
          ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
        r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
        Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
        /Vi 小●    ● ノ l 下、_〕
        j||l⊃    ⊂⊃   i !__ト         (そういえば、ご飯を食べに行ったんだったわぁ)
           lヘ   r‐-、    j/  ! !
            | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
         | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ
         .| |  l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!


ただ、あんまりにスイーツでストロベリやがってメイプル!メイプル!なので、
ちょっと頭がハッテン!しちゃっただけなのだ。


---------------------------------------------------------------------------------------
【BIFORE】

         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|           「お腹が減ったわ~。
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、           ちょっといいものでも食べていきましょう!」
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧  <クリスマスだし、自分へのご褒美よ!
     ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧
      /::::::::::::::::KXl:_:ト、
     ∠:::::::::::: l :::::KXl,ソ::::>
      |::::/l::+:::KXXヽノ

【AFTER】

      /    /   |   |        | | | |   | | | 〈:::〈    |::::|
.     /    /  |   | l        |  | | |   | | | l\\____丿 ノ
    /     ′  |   | |        |  | | |   l l| |  ヽニニイ
.    ′l       | || |        / | ノ 厶|-/ 十| ┼- 、// |
   l l|    l     |  |||     / .|イ´ / / ― トL|  //  l|
    | l |  l |     |  |||    l ′ ノ/  //___l/l |  l:::|   l|
    | | |  | |     |  || >、  | | /    彡===キ≦ |:::|  '|
    | | |  | |     |  |/ へ\ | l            |l|  |:::| / |
    | l∧  ||  |  |、/| l/   __             |||  \〉  |   「FUCK、YOU。
   ヽ  \||  |  | ヽ〈   彡'" ̄            l||  /|   |    ぶち殺すぞゴミめら」
   |::::|\|::l├ヘ、 、l  \ 〃                ||  ' |
   |::::|  レ\ | \\   ∧     ヽ            l |   | | /
   |::::|   | |l | ` \ トヘ          _,. ‐    ノ八  | |./
   |::::|   | | l|   |l| \      - ´        ヽ| |′
   └┘   | |∧l   |||    ト                   二|
         八 | ヽ  ||l    |  |>  .     _  ´ //..::.:|
          \  \ |リ    |  |     `T爪_//..::.::.::.:|
               \    |  |      |>〔]‐< ::.::.::.::.:/
                   ノ  |       /イ/^l ト、\::.::./
---------------------------------------------------------------------------------------

23 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:23:52 ID:Y11I3zW.0

そしてゲンナリする。

暴れながらも随分と歩いた。
ここから女の家までの道のりには、もうメシ屋は1つしかない。



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ      (よりにもよって・・・
―‐ 、 、   /  !   |            イ |           クリスマスにあの店に入るの!?)
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l




女が脳裏に浮かべたのは、家の隣のラーメン屋。
壁は黄色く、ガラスは茶色く―

こんな店、誰が入るのかと、常々思っていたあのラーメン屋しか無い。



┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼\_
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼‐\_
工工工工工工工工工工工工工工工工工工\
]==================================[ ̄
| 千_,_   i  lヽ  i 士ノ  i  l__ノ  i  /  |
|  十__ ||  つ l| (乂 ) l| (乂 ) |! ハ__ノ |
|____∠l|____||____,l !____||____,|
      |        ||        |    __|____  
      |        ||        |   l!ラメーンl  
      |--------||--------|   ||チャハン| 
      |        ||        |   |,|ギョザ| 
      |        ||        |   ||_|| ̄l|] 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



少し悩む。

             _ _
            , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
          ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
        r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
        Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
        /Vi 小●    ● ノ l 下、_〕
        j||l⊃    ⊂⊃   i !__ト             (引き返そうかしら・・・)
           lヘ   r‐-、    j/  ! !
            | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
         | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ
         .| |  l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!


あんな店、入るだけで品位が下がる、そう思う。けれどー

24 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:24:12 ID:Y11I3zW.0


                              ┌─────────────────────────────┐
                              │             ∧                            .│
浮かれた街を思い出して―             │           <   >                 *         │
                              │     *      ∨                            .│
                              │ *         **≡        *                  │
                              │           ≡≡≡ *        ☆                │
                              │          ≡≡*≡*                          │
                              │  *      ☆≡≡≡*≡     *          ☆     ....│
                              │        ≡≡≡≡*≡≡≡         ☆    *     ......│
                              │ ☆     ≡≡≡≡≡☆≡≡≡                    ......│
    / /:::: |/   /ムナ-'゙´ / /::/ /::::..  :::|:::  │      ≡≡***≡≡⊂⊃ ≡     ∧_∧   ∧∞∧     │
  // /::: ム- ニ/7゙/:::::... // //::::.. _ __:::|:::  │☆   ≡≡≡*≡≡≡≡| | ≡    ( ´∀`) (・∀・ )    ..│
  ///_,ィニ/ー '/メ./二´二´ ̄/:::: ̄ `:ヾ、/.:/::/  │    ≡≡≡*≡*≡≡≡\⊃≡≡   (    つ⊂    )    │
  /─'  / ./彡/'´::::/,::-、ヽ     ::::::/.:/ /   │   ≡≡≡*≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ 人  Y    人  Y     .│
     // ゙´    弋、;;ノノ      ゙  .:/ /   │           |    |           し(_)   し(_)     │
     ,. -ーミ、`::ー-- 、ー'゙__ /ミ='..:/ /    └─────────────────────────────┘
   ー-、    ::::::::::::::::::::::ー=彡'゙   .::/ //.:.   ┌───────┐
           :::::::::::::::::::     :/ //::: :::: │           .│
                    // /:::: ::::  └───────┘
                    / :::/: :::::    □
                     ..:/:::::::
                   .:/::::::  -ー' ´
               ....:::::::::/::: -ォ'´ :::::::::
         _,       '─ '゙...:´/:|::: :::::::::::::
 ー─ー _, ァ'  /       ....:::::/:::::::|::: ::::::::::::
 ─ '゙          ...:::::::/ハ::::::::/:: :::::::::::::
  ー          ...:::; ィ':::::::::::ハ::::/:: ::::::::::::::
           ..: ィ:::::::|:::::::::::::::∨:: :::::::::::::::
        ..::-ー' |:::::::::::|::::::::::::::/:: :::::::::::::::::
    , ィ' ´::::::::_/ー-i:::::!:::::::::::/:: ::::::::::::::::::
 ー'  ̄::::::: ̄ ̄:::::::|.  |::::|:::::::::/:: :::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.  |::::|:::::/:: :::::::::::::::::::



女はヤケになったようにラーメン屋に向かった。

25 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:25:27 ID:Y11I3zW.0


                        ○

                        ○

                        ○





ラーメン屋は、予想以上に汚く、狭かった―



                |________________________
________|■回■回■回■回■回■回■回■回■回■回■回■回
∬∫|  /) .|
V/. |(( ◎ ))|         ┏┳━━━┓
.||   | (/  .|         ┃┣━┓  ┃
人.   ̄ ̄ ̄.         ┃┃α┣━┫
゚ー゚)                 ┣╋━┛  ┃
 ̄ ̄|      (⌒`⌒)  ┗┻━━━┛
 / /|      |__|
__|     ( ・皿・) <ラッシャーイ
σσσ    (つ  つ
======================       .|||                           |||
             |           |||     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |     |||
             |            l三三三l   ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ l三三三l
             |           ||          ||        ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             ̄ ̄       ̄ ̄       ̄ ̄


入って1秒で、失敗だったと身体が竦む。



              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.   (カップラーメンの方が・・・
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―    まだ贅沢だったかもしれないわね)
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \


ラーメン屋に対して行う最悪の評価を、女はした。


ただ、ここで身体を竦ませた事が、彼女の日常が変わっていくスタートとなる。

26 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:26:32 ID:Y11I3zW.0


    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \  <まだやってるかお?
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





道路に挟まれた位置にあるこのラーメン屋は、出入り口が2つある。
その向かい側から、一人の男が店に入ってきた。



入って早々、メニューすら見ず注文する。



           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |         「おっちゃん、ラーメン1つ頼むお」
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +             「あいよ!」
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


店主が野太い声で、男の注文に答えた。

27 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:27:31 ID:Y11I3zW.0


男しか来ない飯屋独特の、威勢のいいやり取りだった。
それに釣られ、女も、少し声を張りを上げて注文する。



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|           「HEYマスター!私もラーメン1つ!」
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧
      /:::::::ハ:::KX::ヽ、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xト::::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|             (マスター?)
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|             「あー・・・すまない、今の注文で麺きれちまったわ」
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\



             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l            「え?」
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     \   `¬ l 八:::::廴   ̄ l |l [   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ
       `ヽ、丨 | |':::::|::::L>―<_lハl⌒l⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/l | |
      ー┘ ̄L | |::::::|::::`ー'ニ/ / ` <Y⌒く ̄ ̄`ー-、_/  | | |
        }{  ` |:::::::|::::::::}~ヘ { {  r  \ ヽ::::::::::::〈 ∥ | | |
      `ー-、」_ハ| ̄|::::::::{`(こ`ーヘ、 )    ヽノ.:::::::::::::.ヽ|   | l/


女は絶句する。

28 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:28:24 ID:Y11I3zW.0


しかしそれは一瞬。
金縛りが解けた後は、マシンガンのように言い放った。


              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.     「ちょっとどういうことよ!
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―      店に入ったのは私の方が
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―      速かったでしょ!?」
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄



詰寄る女、

うろたえる店主。



    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
  . |(●),   、(●)、.:|
  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|             「うーんでも、あっちのお客さんの方がオーダー早かったからねぇ」
.   |.u   (^ー^>  。.:::::::|
   \ ゚  ⌒´ u .::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.



    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\
  .|  '"トニニニ┤'` .::|
  |.   |   .:::|  .:::::|
  .|   ヽ  .::::ノ .:::::::|              「でもご安心、チャーハンならまだ残ってるよ?」
   \   `ニニ´ ..::::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |



           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
      ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'      「ラーメン屋にきてラーメンを食べないで帰る・・・
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |        それを人は”業”というのよ!
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
  〃 // ハ/小.    、.     /〈// l|| | ! |  :'     貴方は私に罪を負わせる気!?」
  ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三

29 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:29:24 ID:Y11I3zW.0


空気を読まず、男の客が言った。


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |             「ああ、コッチにもチャーハン頼むお?」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/               「残念だけど、チャーハンもこのお客さんの分で終わりなんだ」
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ



表情が一変する。
男の中から、餓えた獣が飛び出したのだ!

詰寄る、男。


       ____
     /⌒三 ⌒\            「ラーメン屋にきて炒飯を食わないことを、
   /( ○)三(○)\           人は”咎”と呼ぶお・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |          店長、オメーはやる夫をそこまで貶めるのかお?」
  \      `ー'´     /



怯える、店主。



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . |((●)),(、_,)、((●)):|
  | |||||||:/,.ー-‐、i|:|||||:|:::|            「君達大げさだよ!
  | |:|: ///⌒ヽヽヽ|:|::|             ・・・わかった、わかった」
  |   :|:|| |   | || | :::::|
   \  ||ヽー-‐ノ||..::/
   /`ー‐ ̄‐‐―´\

30 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:30:51 ID:Y11I3zW.0



               +      +
   m n _∩          +      +  ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
     \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /     「ラーメンも炒飯も、2人で半分づつ食べれば良い!
          \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /       そうだろ?これで解決だ!」
           \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー `ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /



返事も聞かずに店主はてきぱきと動く。
味に拘るような店では無い。

作り始めたら、できるのは数分だ。



        /\___/ヽ
       /''''''   '''''':::::::\
      . |(●),   、(●)、.:| +
      |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
       \  `ニニ´  .:::::/     +
      _、,,_,,...ii'      !;<'-、`;:、                 ' '., ,' '、
     r'_  ヽ. ||`'- ..,__ ` )\ヽl ',                   ) ヽ'
.    i´ ヽ,,_ ', !!  _,,`ニ'---`-',| ',                   ':,   ':.,    ,
    ,'   '、ヽ;.!'‐''´        '、.',                   ;_,,... -'----、'
.    ,'    ,iヽ!              ', ',                  _,.-‐'´       .',
   /   /-':i     .ノハ∞   |. ',               _,.-'´            |
   /   ,'、`ー!   o(´ー`o    |. ',       ,-'ニr'‐'               ,'
  ,'   .,' ',. ',   .O',,Oノ     |  ヽ     __,.r' .i.l´                 ,:'
.  i    /  ヽ. ',             ',   `"''―‐'l.i.l.|ヽ', ヽ            ,. '
 /   く.     ヽ.'.,           l        ヽ!_ '_ ,.-'-' .,_       _,. ‐'´
. ,'.    `:、    ','、           !'i‐―'''"´ ̄ ´.`    `'‐---‐



大して待つ事無くラーメンと炒飯が1つずつ出来上がり、2人の前に差し出される。

31 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:31:33 ID:Y11I3zW.0


//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /   「ちょっと・・・
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //    どうして容器が1つずつなのよ」
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三



      /\___/\
    / ⌒   ⌒ ::\
    | (●), 、 (●)、 ::|
    |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|           「ほら、”一杯のかけそば”って話あるだろ?
    |   トUU‐ァ'   .:::|            あれ一度やってみたくてさ!ほら、喰った喰った!」
    \  `ニニ´  .::/
    /`ー‐--‐‐一''´\



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |         「なんでやる夫達がそんなオメーの趣味に
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |         付き合わなきゃならねーんだお・・・
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´           とっとと容器をもう1つずつ出せお!」
 / /       /



、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:    「そうよ!!
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:     悪ふざけしてないでさっさと出しなさぁい!?」
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /

32 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:32:24 ID:Y11I3zW.0



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +           「皿を洗うのがメンドクサイ」
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、. 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i 
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |        「ふざけんなお!とっとと皿もってくるお!」
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl




  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/               「・・・閉店時間はもう過ぎているんだよ?
/`ー‐--‐‐―´´\                正直君たちに料理を出す時点で大サービスだ」
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|  <毒男と独女を哀れんだんだよ?解る?この優しさ☆
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ



               /\___/ヽ
              /::::''''''   '''''':::\   +
             |:::(●),   、(●) | +
             |::   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::|                 「それともなんだい?
             |::   `-=ニ=- ' .::::::|_ +               君たちはこれ以上私が妻と子とクリスマスを
            /_\::  `ニニ´  .:::/ `ー-、__           過ごすのを邪魔するのかい?
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \    ・・・いいだろう。これ以上は私も譲らない。
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ   平和的解決のために外に出たまえ」
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ

33 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:33:00 ID:Y11I3zW.0


最後に、店主はしんみりと付け加える。


    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
   |::::.,(一),   、(一)|       「クリスマスとかしか、会えないんだよ・・・
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |        裁判所がそう言うんだ・・・」
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´









       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ 
     r     ヽ、__) (_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ
                 


毒男と独女に、それ以上モノが言えるはずもなく―


                                    ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
                                   /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
                                  //.   u  l    l ヽ::::::`、
                              .   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
                                 l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
                                 l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
                                 l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
                              .   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ
                                  l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
                                  l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
                                  ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
                                   ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
                                    `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
                                      l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
                                    、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\
                              .       /L/::::/ l::::::::::::__,、::l   >::::::ゝ l ̄
                                    ∠:::</::::/,‐レ^マ/  )(〈^7::::::/l ノ
                                      ̄〈:::〈lて π`Z  〈.  /::::::< ノl l

34 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:34:15 ID:Y11I3zW.0

                        ○

                        ○

                        ○




結局、2人で同じ皿をつつく事になる。


女の機嫌は最悪である。
今日一日、色々と不愉快なことはあった。


              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \


ただ、この状況はその中でも最たるものだ。


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



何が楽しくて、クリスマスに見ず知らずの他人とメシを食わなきゃならないのだ。
つくづく自分の運の無さに嫌気が刺す―



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l


女の表情は、知らず険を増す。

35 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:34:33 ID:Mb7YB.Ws0

重いwwwww



36 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:35:08 ID:Y11I3zW.0


その険を、男は意識したのかしないのか―

女の目を見ながら男は言った。



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/              「やる夫だお」
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´         「はぁ?」
  l/  l|    | 丶-         / /
     ハ    l、      ` ̄  ィ  /
   /ハ   l:\:>、    /l |/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:丁 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l  | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //
:::::::::::::::::::::マ}::::ト、Ⅴ:::l|::ヘ`ー| /'ヘ
:::::::::::::::::::::::::::マ}:::::|<Y⌒Y>:| /::::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::マ}::{ヘ薔ム}:::l/:::::::::::ヘ


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |                「名前。・・・やる夫だお」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

38 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:35:56 ID:Y11I3zW.0


突然の自己紹介に、イラっとする。


、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:       「・・・なんで私があなたの名前なんて
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:        聞かされなきゃならないのよ」
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /


女は、美人だ。
ナンパには正直慣れているし、ウンザリしている。
当然、対処にも手馴れたものがある。今回もそう。

声をかけてくる男どもを、一度で蹴散らす強烈な視線を男に向けた。





      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \       「・・・名前も知らねー奴と一緒にメシを食うってのが、
 |      (__人__)    |        気持ち悪かっただけだお」
 \      ` ⌒´   /




でも男はその視線を気にも留めず、自分の思ったままの言葉を返す。


           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l        (それもそうねぇ・・・)
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳        「水銀灯よ」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´

39 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:37:00 ID:Y11I3zW.0


男は額に手をやった。

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|           「何がだお?」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ  「名前よ名前。
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--    あなたが始めたんでしょう?」
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ  ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /
::::/イノ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ ヽ \ ヽ7√i::|   \:ヾj∧:::.:::.:::.:::.:::.::l/



そう言いながら水銀灯はご満悦だ。
水銀灯なんていう独特な名前、世界に自分1人である。


スイギントウという言葉が名前と認識されず、名前をそのまま問い返される。
この瞬間が、なんなく水銀灯は好きだった。





男の反応は、薄い。
名前だけで一話題ありそうなものだが、男はあくまで自分の好きに喋る。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|           「どっかで聞いたことある名前だお・・・」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \         「・・・おめえ、もしかしてモデルとかやってるかお?」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

40 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:37:46 ID:gqApwmcU0

水銀燈の偽者?



41 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:37:53 ID:Y11I3zW.0


名前への反応は薄かったが―
水銀灯は、更にご満悦。


                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !     「へえ・・・良く知ってるわね」
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
      ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|
     r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _  /::! !
     |  ヽ  /  / j:::::::::::::::::::::::::::):::!ぅ ヽ ' | : :::|.丁   ト‐〈::: ! !
     ∧   \,_ノ _ノ|::::::::::::::__ ::/:::: トー 、) ヽ:::::|    /  /⌒ン



ラーメン屋にジャージで訪れる、この冴えない男に知られているなんて、
私の知名度もナカナカのものじゃないかしら。

そんなことを考えた。



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \           「友達が、なんかの雑誌持って騒いでたお。
  |  l^l^lnー'´       |           オメーのファンみたいだったお」
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



男は淡々と述べた。それが返って真実味がある。
水銀灯は、知らず口元が、弛む。



. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
.l }   /      /       /  /   ヽ

42 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:38:36 ID:Y11I3zW.0


そこでふと思いつく。
この冴えない男が、なんで私の事なんて知っているのか―と。



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|          (私が表紙に乗ったのって、多分11月号のCin-Cimよねえ・・・)
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>             ※Cin-Cim チンチン。女性向けファッション雑誌。
      |:::::::::::`^^KXヽノ



スポーツ刈りにジャージ姿。
冬だと言うのにサンダルをつっかけたスタイルのこの男。

ファッション雑誌を読むタイプには、少しも見えなかった。



        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \
   /   ( ●)  (●) \ ゾゾゾ
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    
   \      。` ||||==(⌒)ー、
__/         ||||    \  〉
| | /    ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
| | /   /   ヽ回回回回レ  
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/  
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l ̄ ̄



ピンとくるものがあって、そのまま口にする。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //       「友達って彼女?」
ノ| l    !       '、    / / イ:| 
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

43 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:39:49 ID:Y11I3zW.0


男はしらばっくれた。      ように水銀灯には見えた。



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /                 「友達は・・・友達だお?」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ    「嘘仰い。
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ        彼女なんでしょ?・・・あ、それとも元彼女?
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //    あぁ・・・だからクリスマスにこんな所で1人ラーメンを
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_    食べているのね?わかったわぁ」
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



            , --    ―- 、
          /          l  \
         /  ,   : : :: ::::::ト::: : : !: :  ヽ
        /  /    l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ',
        ,'. : ::l    : :|'、: :: ::|'´,:.l|:! l: l: :  i
         l::: : :|   : : ::| ヽ:: :! |:l|;= i:|: l: : |
   ,    l::: :: :i   . : : ::l  i:::| 〃  l:|/!: ::l
   /{.    |:: :. :.',  l. .: .::|, = l:'   、 '|' i:l :l
   !;:;:    l::: :. ::.、  ヽ: .:li        . -┐lイ/          「冬に別れる男と女―
  i:;:;:;:;   l:|::: :. ::.ト、: :.\ .::::  /  ̄ | イ           ”そんな、もう少しでクリスマスなのに!”
 、 |;:;:;:;:;.  ';l: : :. ::| i:\.: .::ヽ   \_ ノ l|
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ヽ: :. ::| :.ト、.: .:-::.\ー --- イl i     ,:'{     2人で読んだファッション雑誌も意味が
 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.| . :| / ̄ ̄ 丶::.ヽVー、r'〉:.',ヽ\  /:;:;     無いものになったわ・・・
    \;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . \r-'´ ̄¨丶ト、|/;:;:;: ィ
  _ _ ノ:;:;:;:;:;:;': .:/ l: : i:: :. : .l:.  | ̄l¨ヽ    ∨!:;:;:;:;:;:;:     そして男は1人寂しくクリスマスを迎える―
  \;:;:;:;:;:;:;:;:;/: :/ /|:: :.|::: :. :.l|:_ヽ. |  ハ_   _マ\;:;:;'     あぁ、哀れだわぁ!」
    丶:;:;:;:/: :/ /: {:: :.ヽ:. : イト、: . Vー' └1' _,‐〕/:;:;7
    <;:;:i: .:;' .イ. . ::.T:ー-イ|」ヽ〉:. . ∨`'´`〕' _, -};/
       l. ::| l:: ;. : :. ::i  : :.\  . :; -∨`'´}i┘  |、



歌うようにつらつらと、水銀灯が語る。
無論冗談である。

ただ、一片でも真実が含まれていたら、面白いとは思ったが。

44 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:40:35 ID:Y11I3zW.0


男は無表情に水銀灯の一人芝居を見守っていたが、


        ____
        /     \  ゲフ
     /   ─  ─ \
   /   ( ―)  (―) \
    |      (__人__)   |           「・・・」
   \    。 | |    /=3
__/        ⌒    \   
| | /   ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ || 
| | /   /   ヽ回回回回レ   ヽ|| 
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/   .(⌒)
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l



短く言った。

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |         「おめぇに言われたかねえお」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                         ┏┓   ┏┓                               ┏┓┏┓
                       ┏┛┃ ┏┛┗━━┓            、 ,.、           .┃┃┃┃
                      ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━.∧i ヽ-‐'ヽ、━━┓ .┃┃┃┃
                    ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━, 、,━━r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/  ┃┃┃┃
                    ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛ ,.,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  ,. ,  .┗┛
                       ┃┃     ┃┃       フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ┏┓
                       ┗┛     ┗┛     7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、┛
                                    /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、
                                     '″:::::;,.''  // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ
                                   / 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \   ヾ\
                                     ,レ'  / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!   \
                                         ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ
                   .                ,. -───‐ァ'´.:::/:: :: :: :://  入:: :: \、_
                   .            /.:: ::. ::.::: :: :::/.: ::/:: :: /:: / \/   \:: ::.\`:.、
                             \::.:: :: ::, ‐'´.:: ://:: :: ×.:: ::/ /\    \:: 、:\::\

実に的確な返しであった。

45 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:41:24 ID:Y11I3zW.0


たった一言で、水銀灯の心は砕けた。
とっくに認めていた事だが、今日の自分は敗者で除け者だ。

改めて人から指摘されると、笑い飛ばすことも億劫になる。



            , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
          /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
           , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
.         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
        /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
       八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
          ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
          ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ
            ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨   「ハアーッ」
          /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
     、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
     ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
         `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
       ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′



水銀灯は大きくため息をついた。
そこで、目の前の男に目をとめる。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ モグモグ
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄       ヽ


同じく、敗者であるはずの男だった。





            , -=ヘニ/ {/::.::.:/::.::.::_:_;:r<ノ ` ̄´⌒ー'´ ヽ>-、_::_::ヽ`Y
           / 三三三 | 「7::.:/::.::;ィこィ′         、  \  ヽ `ーヘ7ト、\
          / 三三三三 | {::/::_;ィニノ /   ,        `、  ヽ   `、  |::l|:::lN
      _/三三三三三ニrrヘvr'7    l   |,     、 l|   、 `、  l ∨::l|:::||:|
  , -‐仁7三三三三ニ//,1「 ̄     | |   l| |      l lト、 l  、 | l|:::||:::l|:|
  {三三l三|三三三三ニ{〈// l }  ,   , |¦| | | | ,     } | l  ト、 | |  l |ヾニニノ
  」三三',ニ|三三三三ニ∨/ //l ,′  l | ¦ l | | l     l l| |  ! | l l  l | ∥l:::|
/ l三、ニヽ」三三三三∨〈_//| | l|    | |  | ∥l | |    l/ l| |_厶モ十7| ,' l| |:::|
- ‐ヘ三\三三三三ニ/777 l| | l|  , l| | l| ハl | l    |ー彳,ィf禾ざ了 l/  l| |:::|
二7∧三ニヽ<三三三/ //| j l| l| l  l|ハ | |__」斗弋  | / 〃`‐=く_) 〃  l| ヽj   「私達って、つくづく負け組よね―」
// /ヽ三三\三三 凵〔 |lト l | |  |レヘイ ,ィ行テヽ\ j         〃   l  | |
// /三{\三三`三三三ヽ |∥Nハ ヽ `ヽ <ヾ>'´    、     〃l    | l| |
┴‐r┐ \`丶三三三三三lノ| l |//\ \ヘ、 ゚゙"     ..:}       l| |  /イ| 〃l
  / j三三二ニ二三三三三}〃 { |l| `ヽ//ヽ、      _, -┐   l| l  // }レ1/
  厂 ̄       /⌒!三三二厶 ハ l|  |├ヘ:::> 、   └‐=´ / |l |// /7′
二>-―‐¬介ヘ-‐'     、 ∨ハ l|   リ_l/::.::r1::>::rーr-‐'´   |l l///
´       /__}ノ       ヽ \ ヽ\ ヽヱフVーレ'7::.:{∨{    l |l `<
       {         ヽ  \  〉′ `ー┴ '´   `丶>ヘ、  丶ヽ    ̄`丶、


共感と、同情の言葉が欲しくなり、つい水銀灯は本音を零す。

46 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:42:11 ID:Y11I3zW.0

だが男の反応は、ここでも想定外。


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/    「え、なんでだお?」
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


想定外が予想外。
水銀灯が戸惑った。


          , '´,
        / /  , '    ハ
     , '  / / /    l |
.    // / / ,' ,′l l|  l ! l   |
    /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |         「え、だってクリスマスに一緒に過ごす人がいないのよ?
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|          普通に考えても不幸でしょう?」
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
        // /  ∨/l三三三/ , / l| |
      // /  /∠三三三l // l| |



       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |                「んーだ、そんなことかお」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


男はあっさり吐き捨てた。

47 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:43:03 ID:Y11I3zW.0


頬をヒクつかせながら、水銀灯が言う。
現実が見えないタイプかと、疑った。


                     -‐r=y=y=y-、、
                     /__f〆..:::::::::::::{{f匀}:::::...丶、
               /_f〆..::::::::::::::::::::::ゞ宀'::::::::::::::..\
              /_f〆..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                 / _{f7.::::::::fメ}ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'マ}:::::.ヽ
             / _{f7.:::::fメ厂               `マ}:::',
               / {f7.:::fメ厂 |    | |     |   l     マ}ヘ
           / {{l:::::/ノ  i |  ∥| l|  |l |   l | |l   ハ
             /  {{l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
         /  {{|:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
           /   イ小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ丨∥ ; l | |
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、    「・・・強がんなくてもいいわよ。
         / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ    あなただって、そう思うでしょう?」
  |i、   / /  ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉
  l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|
\ ヽ:i:i∨ /   // ノ:| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\            「思わねーお」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


男は、困ったように笑った。

そして言う。



       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )              「やる夫は今年―いろいろ上手くいったお。
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._          楽しくて・・・ ためになる1年だったお。
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\     クリスマスが1日寂しかった位で、
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ     不幸だなんて思わないお」
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \


苦笑いするように口端だけで笑ったが、その笑みに苦味など一欠けらも含まれていない。
本心を喋っているように見えた。

48 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:43:42 ID:Y11I3zW.0


思わず、拳を握る。
同じ境遇と思った相手に、否定されたのだ。
それがなんとも許せない。


水銀灯はやる夫を見据え、詰め入るように迫った。


            _,z=====z、
            /'´ _, -――- 、\
         // / / l     l \ハ
         lj_/l | l l! /  / l ヽ|
       くノ! | | l \ ! l  / イ  l|
        /l:'┘NT ,ヘX  ノ _メl /イ|          「・・・友達同士のパーティにすら呼ばれなかったのよ?
        // | ト ー┘   イ 'ノチ / |           クリスマスに1人で居続けるって事は、
       /   ! l、   _' ` / / l, ィ         大切に思ってくれている人がいないって事じゃないの?」
      //  :! l|\ ` ´  イ' / / /
     / /  __l V {><}__/「Y/ /
     / //   \|ー‐ 八 ー/r:| / ̄ヽ
   /! //     、 {j¬¬¬{j〈 ヽ  |ト、
   // l  : :/  : :}: {j┌{こ}┐{jト、└ソノ卜、
   /ハ  l: : / . : /  {jL/ ヽ」 (_Y´ ̄」: :.',



       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ         「世界に1人だけなのよ?
      |l    |\        r‐ァ   / /           それは寂しいことじゃないの?
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ               不幸なんじゃあないの?」
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r~、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ


水銀灯の、心の奥。
寂しさと、人恋しさと、誰にも必要とされていないのじゃないかという思いと―

それらが一塊となった、不満と不安が、男にぶつけられた。

49 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:44:14 ID:Y11I3zW.0











男は、チャーハンかっこみながらそれを受けた。

               。
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,               l  l
  ^⌒~^⌒^~⌒^               ヽ=ノ





軽くかっこんで、飲み下し、ご丁寧にゲップまでしてくれてから、口を開く。


        ____
        /     \  ゲフ
     /   ─  ─ \
   /   ( ―)  (―) \
    |      (__人__)   |           「・・・」
   \    。 | |    /=3
__/        ⌒    \   
| | /   ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ || 
| | /   /   ヽ回回回回レ   ヽ|| 
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/   .(⌒)
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l



     ___
   /⌒  ⌒\
  /( ●) (●) \
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
|     |r┬ |  (ヽ |              「・・・極端なヤツだお」
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\
| /  ,(⌒ヽ/    \
ヽ_ノ  ー '

笑いながら、それだけ答えた。

50 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:45:04 ID:Y11I3zW.0


              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.    「何が極端なのよ!」
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \


水銀灯の声が荒ぐ。


                       。 ゚。
                       ((,.)´)´)´))
                        |~U~゚ ̄.|゚o
      ____           .「ニ| u    | O
     /⌒  ⌒\       , っΞl!.    |         「全部だお」
   /( ●)  (●)\   /   i L| ____ .|
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ . ̄''──┘
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


硫酸かけてもたじろぎそうにない蛙の面が、平然と答えた。



       ___
     /   ヽ、_ \            「たまたま、1人だったのかもしれない。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \            大切な人の1人に数えられているけれど、
  |  l^l^lnー'´       |          もっと大切な人が居ただけかもしれない。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ                  クリスマスに1人がイコール不幸って・・・極端だお」
   /   /



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\         「例えクリスマスに1人だったとしても、
     / .イ '(●)  .(●)\        やる夫は今年は上手くいってたお。楽しかったお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \       いい一年だったお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |       
  . \ ヽ           /        やる夫は自分の事を、少しも不幸だと思わないお」



        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \
   /   ( ●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)" .)|
   \      。`/■ヽ  /        「つーかお前雑誌モデルだお?
__/       .(__(⌒)、 \         成功してんじゃないのかお?
| | /    ,       \ `ヽヽ        上手くいってんじゃ、ないのかお?」
| | /   /          \_,ノ  
| | | ⌒ ーnnn.       )   
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


男の言葉は、最後は疑問で締めくくられていた。
俺はこんなに幸せなのに、なんでお前、不幸なの? と―

51 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:45:58 ID:Y11I3zW.0


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ       「・・・私は、役者よ!
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ        モデルとして成功したって、嬉しくはないの!」
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l


誰にも見せぬ、水銀灯の本音がまた零れる。




子供のころから演技が好きだった。

それをやっていれば楽しかったし、満足だった。
だからそれを職業とするために、上京したー



            _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、
          (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\
           c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
       〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ
            /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l  |!     ヽ
            !  〔:::::::::::〕  〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  |  | !  |   ヽ


ただ、売れたのはモデルとしてであり、演技での収入はゼロに近い。
水銀灯の思い描いていた未来と、現状は違った。

52 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:47:00 ID:Y11I3zW.0


男は呆れたように呟いた。

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\           「なんだ・・・ただの幸せ下手かお!」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:     「幸せ下手!?」
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /


聞いたことも無い言葉だった。
そして言われたことの無い言葉だった。





         ____
       /     \
.    /       \             「なんつーか・・・
.  / /) ノ '  ヽ、 \ 
  | / .イ '=・=  =・= u|               楽しいことはこういう事だ!
    /,'才.ミ) (__人__) /           成功しているというのはこういう事だ!って、
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \           勝手に自分で決めてないかお?」
 /\ ヽ          ヽ



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、          「自分が楽しけりゃそれは楽しくて、幸せなんだお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |         理想に目が眩んで、目の前の楽しい事に気がつかない。
    \       `ー'´  /             そんなオマエは幸せ下手で、人生損してるタイプだお」
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

53 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:48:08 ID:Y11I3zW.0

とりあえず反発したくて、言い返す―


       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦        「それは・・・ただの自己満足じゃないの?」
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | /    仆圭ミメ、
  | イ彡州ソ ∨<^Y^Y7    ∨   厶ヘ!ヘ州{
  |l | l〃く⌒_〈<^Y^Y7    〈     ∠、〉 jリ
  ヽ| |¦ {{II}} |<^Y^7      `ー‐{{_II_}}
    ヽ{ ヽ |||| |〈 { j/       /ハ |||| |


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |             「楽しさの9割なんて自己満足だお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |                それに自己満足だろうがそうじゃなかろうが、
.\ “  /__|  |                楽しいと思う事ができれば、幸せだお」
  \ /___ /



          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (● ) (●)、
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\         「おめえ自分で、
     |      |r┬-|   |          幸せのハードル上げすぎてるんじゃないかお?」
     \       `ー'´  / (ヽ
      >        <  ( i)))
     γ´          ,ヽ/ /

54 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:48:25 ID:Y11I3zW.0


息を呑みながら、疑問を投げる―


/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠     「何で楽しめっていうのよ」
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \         「ウーン」
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \      「とりあえずこのシュチュエーションってのはどうだお?」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


               __  _
            _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、
          (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\
           c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\         「恋人同士にでもなったつもりで楽しめって?」
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ


その全てに―

55 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:49:15 ID:Y11I3zW.0


楽しそうに、男は答えた。




       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\         「クリスマスに1人でラーメン屋に入ったら、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\        見ず知らずの男と2人で1つのラーメンを食わされた・・・」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /










       ____
     /⌒  ⌒\ ニカッ
   / <・>  <・> \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\        「・・・面白く、ねーかお?」
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /


男は、ニカっと表情を崩す。


       ,,,,,-;;;―;;;;-,,、
      /;;;,'''- ― - 、;ヽ
      /;/  i  l l l ヽ
    /レi  i l__lゝ ll ト、」| | l
    /£l  l r ヽハノr ヽll .l
   /  l  llリ ○  ○ l /
   l   (l  ゝ ┌‐┐ / |       (だからそれが最悪なんじゃないの)
   l    l ゝ、└‐┘イ ハ
   |   |  ゝゝフくi‐ヽ
   |/| | / `ヽ Y/ >
    |  |ヽ  ノ .l/ | |
    |  / | lイヾ| |
    |/   |_l ×|.」\
   /    ヽイ| ×Uヽ \

なんて思ったが、よくよく考えてみると――











――面白い。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //       「ハ・・・アハハッ!         馬鹿話ね!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

水銀灯は笑みを零す。

56 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:50:25 ID:Y11I3zW.0

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \           「だお」
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く


男も、快活に笑った。






                        ○

                        ○

                        ○







二人で店を出る。
いろんな事を話したせいで、それなりに遅い時間になった。



           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>      (意外と、楽しかったわ)
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ


素直にそう思う。
少し感謝しながら、水銀灯は隣の男を見やる。


男は俯いて暫く考え込んだ後―


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \






植え込みに飛び込んで、新雪を踏みしめる。

                        ____
                    /     \
                  /  ⌒  ⌒ \
                 /   (●) (●) \
                 |     (__人__)   |
                 \_    `⌒´  _/
                 /         ヽ
                  |   |       | |
                 \  \      | |
                  | (JJJ)     | |
                   ヽ  ̄ ̄\  ̄ ̄\
         /           ̄\  v⌒)\  v⌒)
          /            ヽ_/   ヽ_/
           /
  ヽ ノ
ヽ\   /

57 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:51:05 ID:Y11I3zW.0


植え込みに、くっきり残った自分の跡を見た男は、
とても嬉しそうな顔をした―


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |






水銀灯は微笑む。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ // 
ノ| l    !       '、    / / イ:|       「貴方の幸せは、簡単なのね」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

58 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:51:30 ID:Y11I3zW.0


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\           「悪いかお?」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


少し恥ずかしがりながら、男が言った。






 : : : /: /.:.:.:.〆:.:.:.:.:.イr ゝ=ノ ゝ==ノゝ=.イ「 __ 》ーく\\:.ヽ
 : : / :/:.:. 〃:.:.∠))ニイ : : : ′: : : : : : : : ::`T: :T K  V_) )ゝー_‐ 、
  :/: /:.:.:./:. イ 「 ¨:.:: : : : :¦: : : :.¦: : : : : :|: : : : : ゝ,ニ、Y´1 ( \ヽ
: : : :/:.:.:.:.:./_ノノ: : |: : : : : . |: :|: : : :|:|:|: : : : :|: :¦: :| {: : : :} l |\\/ /
: : V:.:.:.:.:./|:「 : : : : |: : : : : : |: :|: : : :|:|:|!: : :i! |、:.|:..: L二二ァに二.ヽ/       「いいえ、素敵よ」
: :/:.:.:.:.:/= イ : : :¦|: : : : :|:| |: : : :|:|:|!: : :l! | ! :ト、: :|イ_ イ \ \ヽ
:/:.:.:. イ l: ¦: : : :! | : : : :.|:|i:!: : : :!:!:!: : :.| :-|升 一└┬'丁 |ヽ\__) )
:.:./:.¦:!: .:! : : : :! | : : : :.|:||: : : : !:|:|イ:丁:| !: |   V:.:¦:∥ |: : ト― '              -':
:/: : : イ:..!.: :!: : : : ! |: !: :..|:|:.|!: : : 从川 : !:ィニメ=z |: : | /:| /.:. :|! i            /:.:.:.:.:
i!_/ イ: : : : : : : : ヾ! | : : :|:¦|!: : / /  | 'イ芝少  ¦: / : イ:..:..: ト、i            ′:.:.:.:.:
一;/:人!ヽ: :、 : : >:.|-一ト:!从 ,.        ´    /: :ア: :l |.: : :¦!: '.         _..ノ :.:.:.:.:..
:../://∧: :ヽ:\: :ヽ レ: .:ニ ゞ               / イ|:.リ.: : : | |: :ハ         「  .:.:.:.:.:.:.:.:.
/ 二イ小: : : \:\:ト イ代少              / レ′ : : : : :ル' : : :i       j:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.
: : : : |:||: ヘ: : : ::ゝ :\ ´         、           /: : : : : : : ト、: : : :ヽ    , ' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
: : : : |:||: :i∧: : : : : ゝ:ミ=-__           7      ,.イ: : : : : : : ∧ \ : : :\ / .:./ :.:: / .:.:.:.:.
: : : : |从::|: 人: : :V: : :| :へ        ` _         |.:|: : : :人 _ゝ.._: _ ...>‐く .:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.
: : : : | : :|:!: : : :>‐… ⌒Y>          ∠ノ::|:.| : : ′: : : : :./:.:.:.:.:  ( : く :.:.:.:.:.::.:.::.:.:.
: : : : |!:.¦_ イ      _ ム ⌒ヽァ ‐z - イ「冂¦:.|:.¦: ∧ミ_ __彡′:.:.:.:.:.:.:.:.::.:. :.:. ヽ:.:.:.::.:.:.:.:.:
: : : : | V´  ヽ    ´   〉   \/イ介1 ||::|:レ' : ヘ \/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:Y:´. ̄ ̄
: : /Lj      〉      イ  i    \ij//∧l ! |:v.:/ :/  >.´ . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:. | :.:.::.|.:.:.:.:.:.:.::.:.:
レ′       イ     ー(   ゝ ._   ヽ/|:.:.乢j://. イ´ :.:.:.:.\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::  | :.:.:.:|:.:.:.:.::.:.:.::.
     /  V⌒ヽ   )  Y⌒}   ト.|丁|::.///| .:.:.:.:.:.::. \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: 〃 :.:.: ! :.:.:.:.::.:.:.::
       /    ) イ ヽ  ゝ _ ノ   }||'/   j .:.:.:.:.::.:.:.:.:.:. \:._:.:.:.:.:. / :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.::.:
          イ_ j  |  {__       ) |¦ r‐ー |:r- 、く :.:.:.:.:.:.: \:.  ̄:.:.:. 一-::人 :.:.:.:.:.::.
       _ .∠  L   )  |   人     ノ‐z了丁_) ∧ .:.: ヽ\:.:.:..:.:.:  \ :.:.:.:.:.:. /:.:.:.>ー─
     ̄       },イ_   し'´  厂  ̄  `V   |:/    ヘ .:.:.:.:.:. ` :.:.:.:.:.:.::.:. ゝ:.: / :.:./
      -──┬'   )     /       /  /      \:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.::. 〆::.:.:.:(

水銀灯が答える。

59 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:52:08 ID:Y11I3zW.0


笑顔が眩しかった。

険が消え、笑った水銀灯は綺麗だった。
少し照れて、男は空を見上げる。

   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。
 ○     ゚  。  ゜     o              o       o
            o          ○      。   .    ゜      ゚
 o   ゚   。                       o   。       。
             o     o     .   ゜    ゜       ○
  。             ゚     o      ○     o  ゚   o
..      ____ ゜            。                
゜    / ―  -\                   o   ゜    。 
.  . /  (●)  (●)     「また降って来たお」        o
  /   :::::: (__人__):::\              .    ゜      ゚
 o|       ` ⌒´   |               o   。       。
.  \           /    o     .   ゜    ゜       ○
.   ノ         \ ゚     o      ○     o  ゚   o
 /´            ヽ          。                


ポツリと、呟いた。


   o              _ _,.. ----- .、. _!!;;`'-ゞj _._      O
                ‐_ .., -         ((i!;;;;;;;;;;;\ii - 、
     O        / ´/      ,,     ((i!;;;;;;;;;;;;;ヾソ  \    ゚
          /  / //   /   /    ((i!;;;;;;;;;;;;;;;;!))   ヽ    o   ゚
             /  / /   /    // / / ゞi!;;;;;;;;;;;;;;;;!)).  \     ゜
            ! 〆! / /   _ .,ノ/ /  / /`j!;;;;;;;;;;;;;;;;;;!))   ヽ.      。
      o  。    レ。 j/! /∠_∠-'-/-/、.,/ ,ィ   ((!;;;;;;;;;;;;;;;;;!))    `    o
        o  。    .! !/ソ",,-, r-∠< メ//   _ゞj;;-;;;;;ノU.     !  |
    ○    o     ,..   '   ,/;/_. "´ ´  /   r ';;r-'' /r!;fヾ 、  | │     ○
             i       ̄ ‐    /   ヾヽ /;;/ !;;| ヾ;;、  |  |
              .          /    /ハ;;'_;/.  !;;|、__ノ;;! .   |    o
               ト、    _, -‐ ´_,  イ..::/  ` !;|  !;;ゞ--'  \. | o
              !        ̄     /" !   /;i!   !;;|      ヽ
              |             / /  //;!i.   !;;|        \    _ ,..-─
     。         j      __  イ/ /  / j;;;||    !;;|        , >-‐ ;;;;;;;;;;;;
      ゚         ` < _´     // /   / ,!;;;||    !;;|     j ..-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ` -.   / / / /!;;;;||    ゞj,,〆/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                o    ∧ / /    ∧ `ヽ|  //∠';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;○;;;;;;;;;
                   / r-/〆  /;;;;;;ヽ, | /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   O     ゚         /  //´  /;;;;;;;;;;>ー‐<,, ;;;;;;;;;;;;/!,,,./ ;;;;;;;;;;。;
                / _ イ    /;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/iiiiiiii∠,, ;;;;;;;;;;

今度の雪は、水銀灯にも降り注ぐ―

60 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:52:43 ID:Y11I3zW.0

雪に包まれた水銀灯は、とても嬉しそうな顔をしてー

   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。
 ○     ゚  。  ゜     o              o       o
            o          ○      。   .    ゜      ゚
 o   ゚   。                       o   。       。
             o     o     .      ○
  。             ゚     o ゚   o
    ゜    o  , --    ―- 、  。                ○
゜    ○   /          l  \  o      o   ゜    。
   。 o   /  ,   : : :: ::::::ト::: : : !: :  ヽ        o    。
 ○     /  /    l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ', 
       ,'. : ::l    : :|'、: :: ::|'´,:.l|:! l: l: :  i。   .    ゜      ゚
 o   ゚  l::: : :|   : : ::| ヽ:: :! |:l|;= i:|: l: : |    o   。       。
   ,    l::: :: :i   . : : ::l  i:::| 〃  l:|/!: ::l
  /{.    |:: :. :.',  l. .: .::|, = l:'   、 '|' i:l :l  ○     o  ゚   o
  !;:;:    l::: :. ::.、  ヽ: .:li        . -┐lイ/       ○
゜ i:;:;:;:;   l:|::: :. ::.ト、: :.\ .::::  /  ̄ | イ o      o   ゜    。
 、 |;:;:;:;:;.  ';l: : :. ::| i:\.: .::ヽ   \_ ノ l|゚          。
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ヽ: :. ::| :.ト、.: .:-::.\ー --- イl i     ,:'{   o       o
 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.| . :| / ̄ ̄ 丶::.ヽVー、r'〉:.',ヽ\  /:;:;    ゜      ゚
 o \;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . \r-'´ ̄¨丶ト、|/;:;:;: ィ
 _ _ ノ:;:;:;:;:;:;': .:/ l: : i:: :. : .l:.  | ̄l¨ヽ    ∨!:;:;:;:;:;:;: ゜       ○
 \;:;:;:;:;:;:;:;:;/: :/ /|:: :.|::: :. :.l|:_ヽ. |  ハ_   _マ\;:;:;'    o  ゚   o
   丶:;:;:;:/: :/ /: {:: :.ヽ:. : イト、: . Vー' └1' _,‐〕/:;:;7           
゜   <;:;:i: .:;' .イ. . ::.T:ー-イ|」ヽ〉:. . ∨`'´`〕' _, -};/  o   ゜    。







゜_/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \  o     
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ        o       o
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l 。   .    ゜      ゚
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l    o   。       。
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||゜    ゜  
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l  ○     o  ゚   o
 「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'。       
゜/ |   l  \    !     ` 7  l/ //  o      o   ゜    。
ノ| l    !       '、    / / イ:|         。
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l  o      o     
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|            o       oo
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }      。   .    ゜      ゚ ゚
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´   o   。       。 。
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠    ゜  
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\  o     
   } \!    |:l l:|  ∨ /       \   


傍らの男に、少しおどけながら声を掛ける。

61 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:53:07 ID:Y11I3zW.0

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ     「メリークリスマス!ラーメンの人」
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::















男も、おどけて返事をした―




 .        ____
..          /        \
       / ⌒  ⌒   \
      / (⌒)  (⌒)    \
      |   '" (__人__) "'     |           「メリークリスマス!チャーハンの人」
     \   `ー ´     /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)



                                           ラーメンとチャーハンとクリスマス オワリ

62 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:53:34 ID:Y11I3zW.0

投下は以上になります。

ご観覧ありがとうございました―!



63 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:54:32 ID:UenFgaxQ0

乙。おもしろかった。
やる夫も自分上手になったもんだw



64 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:54:52 ID:gqApwmcU0

乙です

でも50レス超えてませんか…?



65 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:55:06 ID:UaMolpak0





67 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:56:14 ID:TKXTiaAM0

こんなことあったら忘れられない思い出になるだろうな~



70 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:58:00 ID:7Hvzr11s0

投下乙です
独女の銀様がいいw

投下乙です

テンプレと合いの手もあったけどそれでも50超えてるような…



71 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:58:12 ID:qqtAdIao0

アチャー



72 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:58:27 ID:HsVSwnis0

乙、だけどアウトー



73 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:58:35 ID:Cs3tuNqc0


もったいねえ、いい話なのに



74 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:58:36 ID:UchG7yRE0

あらら…

でもいい話を読ませてもらいました、乙!



75 名前: ◆iHk2B.BpDg[] 投稿日:2009/12/24(木) 21:58:39 ID:Y11I3zW.0

1,2,3,4,5,4,5,6ページwww

18ページも2個あった。

まあノシ



76 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 21:59:58 ID:A6c26hY.0

あっらー。なんとなく好きな作風だっただけに残念だわ
ともあれ乙でした



77 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 22:05:08 ID:JGYTNRq.0

乙乙!
このやる夫はすげえいいなあ~
オーバー残念w



78 名前:短編勝負開催中![sage] 投稿日:2009/12/24(木) 22:05:41 ID:rNbHY51E0

おしい・・・!もったいねえ!
しかしいい話だ




関連記事
| 12:00 |コメント(1)
カテゴリー:やる夫ショートストーリーセレクション

|

<< やる夫ショートストーリーセレクション Ep162 たった一文の戦い | HOME | やる夫ショートストーリーセレクション Ep160 郷里の残り香 >>

■御感想or寝言

47744 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/09/28(月) 12:06:46 ID:-

お、ふっかつしてる


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。