やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫の剣豪ものがたり <その24 責任は最後まで>

やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/03/10(火) やる夫の剣豪ものがたり <その24 責任は最後まで>


その1~20
<その21 むりやり苦労させられる人間は幸せだ>
<その22 永遠の課題>
<その23 黒歴史には触れてくれるな>


461 名前:1[] 投稿日:09/03/07(土) 20:39:19 ID:0VwJUOw9

もう1話 幸道のとばっちりは続きます





<その24 責任は最後まで>

関口流柔術二世 関口魯伯は
自身が若い頃そうだったからか傾奇者を好んだ

         ____
        /⌒  ⌒\                 /ニYニヽ
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)        (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\   /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
  (___     `ー'´   ____ )  ( ___、  |-┬-|    ,__ )
       |        /             |    `ー'´   /´
       |       /             |         /
     ↑ 関口魯伯             ↑ その弟子 虎蔵

魯伯が江戸でとった弟子 虎蔵もまた傾奇者だった


※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友出会い系出会い不倫



しかし 一口に傾奇者と言っても いろいろである

  そだ  |------、`⌒ー--、      |      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
  れが  |ハ{{ }} )))ヽ、l l ハ    .|       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
  が   |、{ ハリノノノノノノ)、 l l     .|        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
  い   |ヽヽー、彡彡ノノノ}  に .....|         `、||i |i i l|,      、_)
  い   |ヾヾヾヾヾヽ彡彡}  や   .|          ',||i }i | ;,〃,,     _) 汚物は消毒だ~っ!!
  !!    /:.:.:.ヾヾヾヾヽ彡彡} l っ  |          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
\__/{ l ii | l|} ハ、ヾ} ミ彡ト    ...|         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
彡シ ,ェ、、、ヾ{{ヽ} l|l ィェ=リ、シ} |l     .|        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
lミ{ ゙イシモ'テ、ミヽ}シィ=ラ'ァ、 }ミ}} l    .|        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
ヾミ    ̄~'ィ''': |゙:ー. ̄   lノ/l | |    .|        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
ヾヾ   "  : : !、  `  lイノ l| |     |        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
 >l゙、    ー、,'ソ     /.|}、 l| |   ....|         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
:.lヽ ヽ   ー_ ‐-‐ァ'  /::ノl ト、     .|          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
:.:.:.:\ヽ     二"  /::// /:.:.l:.:.   ...|,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
:.:.:.:.:.::ヽ:\     /::://:.:,':.:..:l:.:.    .| ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
;.;.;.;.;;.:.:.:.\`ー-- '" //:.:.:;l:.:.:.:l:.:     .|'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

己の美意識に殉ずる正統派のツッパリもいれば
自意識過剰な単なるDQNもいる
そして虎蔵は 残念ながら 後者であった



.              /ニYニヽ
             /(。)(. ゚)ヽ
            /::::⌒`´⌒::::\
.           | ,-)トェェェェイ(-、|  でってでってでってでっていうwwwwwwwwww
              | l  .|-┬-|  l |
              \  `ー-'´υ/              ┏━┳━
                 ⊂     丿   i|!            ┃  ┃
                ノ   γi|!   |   !           ┣━┻━
            (__丿\ __ノ                .┃
                    ヽ、ノし,/ ヽ、从,/━━┳━┻━┳━
                  ,ノγ⌒二_二⌒ヾて ;’.ビターン     ┃
                 `:・, `  r'.゙!'t、....ィ'!゙ヽ. /ビターン  .┳━┻━
                 ∵ :'(___',='.=.'=,'___,).┃そ  ビターン
                         ̄─┏━━━┳┻    .ビターン ━┳━
                            ┃      ┃ .       ビターン ┃
                            ┣━┳━┻━┳━┻━┳━┻━
                            ┃  ┃      ┃      ┃
━━┳━━━┳━━━┳━━━╋━┻━┳━┻━┳━┻━┳━
    ┃      ┃      ┃      ┃      ┃      ┃      ┃

稽古をつけるうちに虎蔵の腕は確かに上がった
しかし その不行状も 目に余るものがあった



        ___
     /      \
    /ノ  \   u. \    兄上 虎蔵の件
  / (●)  (●)    \
  |    __´___    u.    |  もはや見過ごすことはできません
  \ u. `ー'´       /
  ノ           \ ← 関口流柔術三世 関口氏英

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   わかっているお
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/    あいつに武芸を仕込んだのは間違いだったお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___



     / ̄ ̄ ̄\
   / _,ノ  ⌒ \      わたしは 一刻も早く
  /  (●)  (●) \
 |     、 ´      |     あいつを破門するのが適当と思いますが
 \      ̄ ̄    /

      ____
    /      \ ( ;;;;(
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
 /    (─)  (─ /;;/    氏英……
 |       (__人__) l;;,´
 /      ∩ ノ)━・'/     それは もう手遅れだお
 (  \ / _ノ´.|  |
 .\  "  /__|  |
   \ /___



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   今さら破門にしたところで あいつが何か やらかしたら
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´     「 関口流の門弟が悪事を働いた 」が
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      「 関口流の元門弟が悪事を働いた 」にかわるだけだお
.\  "  /__|  |
  \ /___


       ____
     /     \
   /  \   / \     では兄上は
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___    . |   どう始末をつけるおつもりで?
  \      `ー'´     /



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \   ここは いっそのこと 思い切って……
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ___
     /::::::::::::::::\
    /:::::─三三─\
  /:::::::::(○)三(○):\
 /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l
 |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //   殺るか
 \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
/:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
|:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
\::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
 |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|


       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ \三  /:::\        ですね
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:



こうして ある夜 人気のいない場所に呼び出された虎蔵は
魯伯にサクッと討ち取られた

        /´Y`ヽ
    o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
      / ⌒`´⌒ \
     | ,-)___(-、|   でっていう……
     | l    `⌒´  l |
      \       /
       @N;:;:;:W,'',N   ボヒュンッッ!!
      ,,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,;
        ,,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,
       ,,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,;;'
     ,,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,;;';;:;';;
       ,,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,;;'
        ,,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,;;



       ____
     /⌒三 ⌒\      虎蔵……
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   生まれ変わったときは
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    真人間になるといいお

魯伯は 刀を拭った紙をその場に捨てると
辻斬りの仕業に見せるため 屍骸を放置して帰宅した



しばらくした後 魯伯は 弟子である真田幸道のもとに指南に参った

            __
        , ‐ ´      `ヽ
      /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
     〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
     l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
     i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
     、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
      乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ   魯伯先生
   _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
     ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!    この度は虎蔵のこと ご愁傷様です
     /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
     /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
    /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i
   /.:/: |  | | !l:   i|:  \!l│ |:.:.: ',ヽ
  /.:/.:.:;'!  | レ'l:!  c.i|:   }l:トj /!:.:.:.. ヽ\  ← 松代藩主 真田幸道
 , '.:./.:.://! j∧ !! ー =i|ニ  j l:N/ :l',:.:.:.:.:.:ヽ:.\

        ____
      /     .\
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i    ////(__人__)///i    これは幸道様 ご丁寧にありがとうございますお
   ヽ、     `⌒´  /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ.
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



      ,イ            \   \::: : \
    /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
    ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
   i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
   |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
   | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
   |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
  ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |   先生も弟子を殺されて 大変おつらいことと思います
   | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
   | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂   それと この件に関しては
   | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `'
   i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ     わたしたちも 結構な目にあってしまいました
   ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
  ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
 /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
./>< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |              |   おやおや どうかなされましたかお?
  \               /



         , '´                     \
        //      ,イ           \
        / /        / / l l            ヽ
      / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ   
     ./ /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l       ええ 実は 賊が刀を拭って捨てた紙
     /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l   
   /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l      それが 松代の産であったことが判明しました
  .// j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
  // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ     それで 犯人は わが家中の者かと疑われ
/   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
    l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ    公儀の取調べを受けることになったのですよ
    V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
   .//    l //i \             / / /             ヽ
   レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
          レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
       /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
     //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
  -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l



       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'r─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ ' 
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。



魯伯は思い出した
確かにあの時の紙は 幸道から戴いた物であった

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ○)  (○)\     それは その……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   なんといいますか……
  \      `ー'´     /



       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \            そ それは 大変なことですな
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、   ど どど 同情いたしますお お お
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´


    〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
    ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
   l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
   l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
   | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
   |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
. 〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂      ((⌒⌒))
(( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、      `ヽ 〃
 ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
  | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー    ええ 本当~に 大変なんですよ
  | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
  ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
 ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::'



479 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:53:04 ID:ArX6iAkz

あちゃー……と言わざるをえないw





          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  あひゃ あひゃ
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /    あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ   あははははははははは♪
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



481 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:53:46 ID:2WD3aLR7

容赦ねー





             '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
              |     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
              |    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
 .             i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
           |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
           |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
.              |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
           |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
         , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::    やっぱり先生が犯人ですね
       , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
    , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
    !    |  | -.ハ    V|!:::∧
     l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
     |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::


     / ⌒`"⌒`ヽ、
    /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /,//::         \
   ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
  /  /、:::::...           /ヽ_ \   はい どうも すみませんでした
  ( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
  `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"



483 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:54:53 ID:MlrNoazc

バレてたかww



484 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:55:01 ID:2WD3aLR7

バレテーラw





結局 幸いなこと(?)に 虎蔵殺しの件は迷宮入りとなり
魯伯にも 幸道にも なんのお咎めもなかった

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    幸道様に 一晩中 説教されたお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |  もう二度と 弟子を斬ったりしないお
  \     `ー'´     /

しかし 魯伯も反省したのか
後に 門外不出の回顧録で この顛末を懺悔している

<その24 責任は最後まで>おわり



463 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/03/07(土) 20:40:34 ID:JwtnrD7Z

おっつ~
一さんがんば~



486 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:01:45 ID:9DIcRmCd

後世、内容が世に出回ってる時点で門外不出じゃねえw

それはそれとして、乙!



487 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:02:03 ID:oxoZXTa0

幸道とばっちり食いすぎ



488 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:05:51 ID:ArX6iAkz

準にゃんかわいいよ準にゃん乙



489 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:10:22 ID:QjLnx1tS

魯伯はちと脇が甘い人だったのねw



490 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:11:55 ID:2WD3aLR7

なんか色々と豪気な人だ。
乙でした。



491 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:14:27 ID:tbxWA5tW

もう二度と何々したりしないよってのは駄目フラグだぞwww



492 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 21:15:47 ID:omg/8CfU





やる夫の剣豪ものがたり まとめへ

関連記事

※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 17:17 |コメント(5)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫の関が原戦線異状アリ <意味不明 ~宮部長房~> | HOME | やる夫の剣豪ものがたり <その23 黒歴史には触れてくれるな> >>

■御感想or寝言

2213 名前:   [] 投稿日:2009/03/10(火) 18:17:40 ID:-

このうっかりさんめw


2256 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/11(水) 00:33:59 ID:-

達人とはいえあっさりやるなあ・・・・・・


2266 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/11(水) 03:03:19 ID:-

DQNすぎる弟子の始末をつける位だから
悪い人じゃあないんだろうけどねぇw


2286 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/11(水) 14:48:42 ID:-

準にゃんと一晩…


2893 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/21(土) 18:05:04 ID:-

史記も時代が下ってで世にでたからな。
臣下が高祖を批評とかしたらまずいから。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV