やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫の剣豪ものがたり <その23 黒歴史には触れてくれるな>

やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/03/10(火) やる夫の剣豪ものがたり <その23 黒歴史には触れてくれるな>


その1~20
<その21 むりやり苦労させられる人間は幸せだ>
<その22 永遠の課題>


432 名前:1[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:08:34 ID:0VwJUOw9
<その23 黒歴史には触れてくれるな>

紀州藩士 関口氏業は 関口流柔術二世であり 若い頃には なかなかに傾いた男であった

                        X    __ ___          X
                     /}  /. \     /,ヽ
                 ×   / / /    __\   /   ヽ、 . . ゜
                     _ノ_,ム′   ((:::::) ) (─‐ ) ヽ、        ,
               _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ     ;
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
            ×x .   ぃ     .ノ                 .|
       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛キラッ☆
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
    ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X



※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫



ある時 なにを思ったのか氏業は 寺塔の上に登り
その屋根の端から 風景を見下ろし楽しんでいた

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))     絶景かな 絶景かな
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /


';'.;'.';:,':;.ヽ..  f;';:': r';.';:;'.',';';、
.';.,':';:.';',:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;メ
':';.;';:;'.:,'.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;        l!
;':';',:;';':. ;':'.;'、:';';f;.;':,;';.;...:';:;'.:;;冫      }{
;';':';. .';:;'.;'.';':'};; ゞ;.;':';'.';',;:'.':' .;′  ........::::: {:}
;':';'.';:,';.;';.:';;'f;、;.'、;:;',':';.,' ,.,:':';"..::::::::::.:.:.:. : {ニ} :
;';.;';':':.;';:;.;';i;';:;`i;.;ゞ:;:;';;.';:;';';″:.: : : : _.. ‐'' ̄ヽヽ、 ´
;:;';:;';.;';.:';k';:;':';.;:i';!゙i:i`l:l|"':: ,__..__-‐____`_、,`__、__, ←今ココ
`:;';:l〃";';:;';:;';:ソ' :.l!l、|:l|、、  ̄`.ヾ、=ヾ=ヾ= Y=7'´ ̄.:
: :. 'lil't;、;:';';';イl:. :.´:.:.ll:|::.:.`丶.´:::::: |冂l冂l冂|[[l| ::.::.::.:: ゞ;k';_;lィ;'ニ';ハ;
:. :. lil:l.l´l:i` ;l!l;.:.:. :.:.:|l:|:. :.゙:.:.:..` ,[l盂盂盂盂l]莖l]、::.::.::.: ;t~;;ゞ;;y;.ヾi;,ヾ';i
: :. :lll:'':.:,l:l;,:.:~゙:.:. :. :.;ll:|:. ,_._-_'______ヽ、,.__`_、_, メ;t;ゞ;_;tイ;~ゞt;;"Y :
:.゙:.:.lil:.. :.~:.゙:. :. :.゙:. :..'^::. :.:.  ̄`ヾ、==ヾ==ヾ=Y'=7'´ ̄: ,ゞ''ッ~,;;t;ゞゞ;;ヘ;i;k' :::
:. ゙:,jll、:. :. ゙ :. . :.`:. ゛:. :. :.゙:. :. :. :. |冂冂冂冂|[[l|``::.、 kY,;;ソ;;yゞ;;ヾ;ゞ;;ゞ゙.::.:
: :. ゙:~:. ゙:. :.`: :. :.゛:. :.゛:. :.`:. :.゛ ,[「盂盂盂盂l]莖l]、 ゙:.: ~ゞ;;ソ;ィ;j;t;';メ'  ..::.::.:
,t'ゞk'tyメ,,゙_ ゙:.゛:.゙:.`:.゙:.゛: ,_._-_'_______ヽ、,__`_、__, :..`~'i':il`i′```'':;..,
YゞKゞメヾ`ゞ、,,、 ゛: ゙:`:.゙:.  ̄`ヾ==ヾ===ヾ=Y '=7'´ ̄ .. `:.: |l:ii!;| ゙: ゛: `:.゙:.:
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,, ゙:. 僉 :. |l冂「丁 |冂l|[[[l| :.゙:.^:.`:.`:.: |i:il!;l;t,:y、,_ ゙:.゙:
ゞt;ゞ〃ゞヘY〆ゞヘゞヾメt' 幵 }}王王l]⊥[l王王{{王{ ゙:.`:. ,rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、:.
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",_,l_|,__.|_l/i!7三7' ̄,,l_冂,「,.,, ,_ ,t'ッ';;'メ;y;ヘゞ;;ヾ;ゞ; _,
;;、 `'|{'"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;f三三/三三三f;´;.'.:",:゙.;",:´.; ゙ゞkゞil´;i:.|ゞzゞゞ′;
.;".: ;{i!,fr'ゞt;、, :. :, ':.`,;`.;f三三/i!三三‐f:'";、^.:",:、;´,:゙.,:fi!",:`.|i:}:li;|:",:´.:",:".;
;.. ,t',ゞゞ;;ゞ`;;k',,、 ;.`:.":;f三三/三三三f;"^.:".;`.:゙,:"fi!:^;|i|:`.:"|l:l:i!;|:^.:",:´,:´,:
:. ,,``^Y;ィゞヾヘゞ' ,.゙;.`;f三三/i!三三‐f,`.;.'^.;.".;`,;´:|i|",;|i|´.;":|i.i:l!;|.:´;".:`.;".:



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧   おお! なんだあいつは
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´) 
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ  勇気があるのか?馬鹿なのか?
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

この奇行に 寺の参拝者たちが注目し集まった



 (><;)
 /つと ノ    氏業様 いくらなんでも危ないデス
 しー-J

       ____
     /_ノ  ヽ、_\        なに言ってるお
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        こんなの全然 平気だお
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´

寺男が必死に諌めるも 調子にのった氏業は 屋根の上をうろつき始めた



         _____
       / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
      /        ∪     \      ||  ||
    / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
   /  (   ● l    l ●   )  \
 /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
 |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |    
 |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
  \          |/⌒i⌒、|         /
   \       !、__,!    U  /
   /       、____,,      \   \ ズルッ! /

ところが どうしたことか 氏業は足を滑らせてしまい……



│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ _」L...
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|│ ,コ lニn
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││.〈<l ワ/))
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ ``'´ ´
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ _」L...
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ ,コ lニn
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|│.〈<l ワ/))
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ ``'´ ´
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ _」L...
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ ,コ lニn
│|∥┃│┃│∥  │┃∥││.〈<l ワ/))
│|∥┃│            ∥││ ``'´ ´
│|∥  │  .、))l.      ∥││  /7
|       | |.   n.     ││  .〉〉
         | |-―L!     ││  〈〈
 =‐1   _.、_/-|__i'"      ││  .〉〉
 ~ヽヽ__...ミミミミ::::ノ::::| ̄ヽ     │  〈〈
.   `ー┴`ー――''"\ ヽ_  |  .〉〉
                 ヽニ-┘ |   V
|                  │  、_...、
│|            ┃  ││││   つノ
│|∥        │┃  ┃│││  o  _
│|∥┃│  │∥┃│┃∥││  o //
│|∥┃││┃∥┃│┃∥││  </
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥││ <>

\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/

塔の上から落下 地面へ したたかに叩きつけられた



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   これは……
 (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ    ……死んだな
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

見物人たちは 恐る恐る 倒れた氏業に近づいた



しかし突然 氏業は立ち上がり

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /     <●>:::::<●>
     |    .::: ゚~(__人__)~゚j
     \、     ` ⌒´, ;/
    /  ⌒ヽ  '"'"´(;
  ∥ / ,_ \ \/\ \∥  ガバッ!
 ∥と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.∥


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)   え?
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'



脱兎のごとく その場から駆け出し姿を消した

               _____
     r⌒ヽ、   .  / ノ ヽ、\
    / \  \. /o゚((●)) ((●))゚o
   _/ / ヽ   /  ::::::⌒(__人__):::\
  〈__/  . |  |       ` ⌒´   |   うわああああああああ
       /  .\     i⌒\   /
      ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
  .__   r  /     |/ー、\   \
 ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
   .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
   .i /  //  ./
   .ヽ、_./ ./  /
       ./ /
     .ノ.^/   ダッシュ!!
     |_/


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧  ポカ~ン
 (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
 | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
       `u-u' `u-u'



関口流柔術は受身の妙を極めており
氏業も幼少の頃より これを徹底的に仕込まれていた

        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:

おかげで塔からの落下にも軽症ですんだのであるが
この失態を恥じて 氏業は屋敷に閉じこもっていしまった



443 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:16:24 ID:ArX6iAkz

氏業の受身すげえええ



445 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:17:35 ID:c3VyxjBH

受身って・・・思いきり頭から落ちているような気がしますがw




しばらくして……
_____________________/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: ::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \: .::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ  ヽ、_   .ヽ.:::::::::|    うう 恥だお
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o ..ヽ::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'      i:::::|    みっともないお
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \_`⌒´     ⌒ゞ'´:::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::::::|    氏業は 世間に顔向けできないお
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ / \.|::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/  .ヽ::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ /  \  ._丿::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__ (___):: ̄::::::.:::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


          ____
        /     \         あの……兄上
      / ⌒   ⌒ \       
     /   (●)  (●)  \      門弟のことで少しご相談したいことが……
    |      __´___    . |     
    \      `ー'´     /  ← 関口氏英 後の関口流三世



      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o     門弟?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |   弟子たちも とうとう愛想をつかしたかお?
  \     `ー'´     /


        ___
     /      \
    /ノ  \   u. \    いえ それが……
  / (●)  (●)    \
  |    __´___    u.    |  入門志願者が殺到してまして……
  \ u. `ー'´       /
  ノ           \



━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /      へ?どういうこと?
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

        ___
     /      \
    /ノ  \   u. \    さあ?
  / (●)  (●)    \
  |    __´___    u.    |  なんでも空がどうとか 鳥がこうとか
  \ u. `ー'´       /
  ノ           \



  \\       関口流! 関口流!    氏業! 氏業!       //
   \\                                     //
       _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡
    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.    _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.  (  ⊂彡.
   |   |    |   |    |   |    |   |   |   |    |   |    |   |
   し ⌒J.   し ⌒J.   し ⌒J.   し ⌒J.  し ⌒J.   し ⌒J.   し ⌒J ← 入門志願のみなさま

氏業にも 氏英にも 思いもよらぬことに
塔から落下しても無傷な氏業の不死身は城下の噂となってしまい
それが広まるうちに尾ひれがつき いつの間にか
「関口流には空を飛ぶ術がある」 と評判になったしまったのである



447 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:20:58 ID:ArX6iAkz

「塔から落ちても無事でいられる受身」がクチコミで凄い宣伝効果を発揮したのかw





     / ̄ ̄ ̄\
   / _,ノ  ⌒ \
  /  (●)  (●) \      これ……どうしますか?
 |     、 ´      |
 \      ̄ ̄    /


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     あわわわわ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\        みんな誤解しているお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      関口流にそんな怪しい術はないお!!
  \    |ェェェェ|     /


             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _~:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ   またまたご冗談を
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙



氏業は 必死に否定した
しかし 時既に遅し
世間では 舞空術は関口流の奥義 ということになってしまった

      ____
    / _ノ ヽ_\
   / ∩l^l^lnnl^l^|\
 /  。ヽ   ∥  ノ \    や~~~め~~~て~~~
 |   /   人   l   |
 \ /   /|ii!i!|\ \/
  |    /. |;;;;;;|  \ |



452 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:25:20 ID:ArX6iAkz

これは確かに黒歴史にしたいだろうなwwwww




         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j     これも全て
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。     氏業の軽薄な行動が原因だお……
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

このときより 氏業は 奇矯な振る舞いを改めた

そして年月は流れる……



弟 氏英に関口流の正統を譲った氏業は
名を魯伯と改め 大名に柔術を教授する身となった

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |      今日の稽古は ここまでにするお
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )

            __
        , ‐ ´      `ヽ
      /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
     〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
     l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
     i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
     、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
      乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ   魯伯先生 ありがとうございました
   _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
     ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
     /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
     /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
    /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i
   /.:/: |  | | !l:   i|:  \!l│ |:.:.: ',ヽ
  /.:/.:.:;'!  | レ'l:!  c.i|:   }l:トj /!:.:.:.. ヽ\  ← 真田幸道
 , '.:./.:.://! j∧ !! ー =i|ニ  j l:N/ :l',:.:.:.:.:.:ヽ:.\ 

松代藩主 真田幸道も 魯伯の弟子であった



        ____
      /     .\
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\    幸道様は スジがいいお
   i    ////(__人__)///i
   ヽ、     `⌒´  /    このまま鍛錬すれば きっと
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ.    柔術の高位に達することができるお
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
      ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
     | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
      |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `   はい!
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ       がんばります
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
     ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ



          /                  \
         /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
          〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
       /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
         /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
     ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
     l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
     | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
     | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
     | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´     なにしろ関口流柔術といえば
     l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',
 (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      極めれば空をも飛べるともいわれるではありませんか
  \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
         / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\   やりがいも あります
          / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
        / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
        / /.:/ 、_,-、ヽ/ Ⅳ_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\
       ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\    \.:.:.:\
    / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\    \.:.:.:\
   /   /.:.:..l  j/ /l  |   ∧ーヘ.     jノ         ∧:', .:.: \     \

        ____
       /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
      o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
   \   。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /    (__人__)   \
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |     ななな なにを言い出すおーーーー!!
     \    |ェェェェ|    ./l!|
     /     `ー'    .\ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ < ドンッ!
               レY^V^ヽl


           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |     ( あれ まずいこと 言ったかな? )
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



触れてもらいたくない過去の傷を 突然えぐられ狼狽した魯伯は
それを気取られないために 説教をはじめた

               ∩_ ブンブン
            (( 〈〈〈 ヽ )) 
      ____  ((〈⊃  }   殿には格別なる武邊のお家柄であつて三軍の將をも承り給ふ御身でありながら
     /⌒三 ⌒\   |   |   .左樣なる胡ろん 不吟味のことなどは仰せられるものではござりませぬ
   /( ○)三(○)\  !   !    .正道の武士は私なき武藝修行を心にかけるもので
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   左樣のことをして人を誑かすことはあつてはならない
  | u   |r┬-|    u  |  /   眞の武士の道を學ばん者にはさ樣な妖術の類があるべき筈がござりませぬ
  \ u  ` ー'´     //     我が父柔心 塚原卜傳 子上典膳などよく世間のものを知らぬ者共が疊をくゞり 壁によつて身を隠したなど
  / __        /       もの知り面に鼻をうごめかして説く人もござるが
  (___)      /        この名人たちがどうして斯樣の妖術をなすべき筈がござりませう(以下略)

説教は 朝まで延々と続いたという

<その23 黒歴史には触れてくれるな>おわり



459 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:34:25 ID:ArX6iAkz

幸道とばっちりじゃねえかwww



460 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/07(土) 20:36:31 ID:Yxc7NUBk

準にゃんに手取り足取り・・・


それこそが関口流の奥義、舞空術だったんだよ!!




やる夫の剣豪ものがたり まとめへ

関連記事

※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 17:13 |コメント(7)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <その24 責任は最後まで> | HOME | やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです(4) >>

■御感想or寝言

2212 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/10(火) 18:01:38 ID:-

準にゃんと…ゴクリ


2216 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/10(火) 18:31:30 ID:-

準にゃんと・・・だと・・・?
関口流に入門したいんですが、どこに行けばいいんですか?


2217 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/10(火) 18:33:20 ID:-

お空飛んじゃうんですね(性的な意味で)


2240 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/10(火) 21:42:44 ID:-

準にゃんかわいいお


2881 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/21(土) 09:12:05 ID:3cXgguLU

きっと顔から汗を流しながら、少し早口で説教したんだろうな。


4789 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/09(木) 11:57:45 ID:-

準にゃんとお空を飛ぶような談義を朝まで床の間ですると聞いて駆けつけました


27591 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/08/04(水) 18:51:58 ID:0Q3WCu86

屋根から落ちるのは関口流のお家芸ですよねー。
しかし二代目が真田家の指南役やってたとは。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV