やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 できる夫は冥府の王なようです

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/03/10(火) できる夫は冥府の王なようです

カテゴリー:やる夫短編集


傑作群まとめ
現行スレ【実験作】やる夫スレ短編投下所 No11 【練習用】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1236456570/
出演できる夫 金糸雀 みっちゃん


903 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[saga] 投稿日:2009/03/05(木) 06:19:06.45 ID:Rf8lrJ6o

最近ギリシア神話ネタが増えてきたので便乗してみます。改変甚だしいのでご注意をば

できる夫は冥府の王なようです





   /  ̄ ̄\
  /   _ノ    \
  |    ( ●)(●)           ____
  |     (__人__) _____.   /     \
  |     ` ⌒´ノ´       \/  ⌒  ⌒ \
  ヽ          }   ⌒  ⌒ \ ( ⌒)  ( ⌒) \
    |ヽ        }  ( ●) ( ●)\   __´___    |
    ヽ、.,____ノ     (__人__)   |  `ー'´  /
   ::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     ` ⌒´  /_    ,  く
     ::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_ ___ ーーノ゙-、. <\::;ii::.ノ> \
     :::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、 __ ノ.| ヽ i   ヽ'7   | |
     ::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! )\,|  i .|        ) |
    ポセイドン    ゼウス      
ハデス


----かつて、空はゼウス、海はポセイドン、冥府はハデスが統べておりました。

その冥府の王ハデスが久しぶりに地上を訪れた事から一つの事件が出来します


視聴者カウント
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系高速メール配信メル友



           ,___
         /     \
        /  ⌒  ⌒ \   久方ぶりにゼウス達のところに顔を出しますか。冥府も静かで悪くないですが
      /    (●)  (●) \       
      |       、__',_,    |  たまには日輪の輝きが恋しくなるものです
      \            ,/


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))    根暗のハデスが来やがったっていうwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \   
( ___、  |-┬-|    ,__ )  ちょっと遊んでやるかっていうwwwwwwwwww
    |    `ー'´   /´
    |         /

愛と美の女神アフロディテの息子エロス

                               ,、 ,、
          ズドゥーン               , - (゚(゚ ))> 
   _ , . ; :'''"´"'' 、            l)ニ)ニ))( '_,r'⌒゙i  くらいやがれっていうwwwwwwwwww
-=" ;,_  ; : .   ',,(lllニl============ll仁二三三ミ∠_ ,,ノヽ
      ´"''''- ''"        ~ ̄ ̄//└l=,lヽニ⊂ノ   ノ 
                      _//'    ̄   '--(,,,, ,, ,)

エロスの持つ弓矢で射られた者は神ですら例外なく恋に陥ってしまうのです



ノt┘            _ ∨   \  / /
r┘        , -,二ニ-'´ _,. --―‐┴‐{/⌒ヽ、
.        rtニ_シ′ \ ,. '´r― 、 ―-- 、{〉   ヾ- 、
      , ィ┘\ヽ   /   \ `丶、  `ヾ、 ,.-圦彡ト、
   /r┘   ヽ\/    / `ヽ_ `丶、 >'::.:/`=彳:ヽ
   /´      \ヽ   /   /!   ̄`ーへ:∧ヽ  }∨
  /        / ヽ\ ,′ / /        `ヽ、 /r┘   綺麗な水仙が咲いてたかしら。
  /    ,..-_ニイ  \ヽ ,′/         -、Vイヽ
ヽ/}   //  |    ト、\r'′ , -‐        _,. l レ'′   お母様にあげたらきっと喜んでくれるかしら~♪
ノ  V //´   |    | \ヽ '´ y=-;ミ     彳::.k!′
   ∨/     Vヘ  |   ヽ\7っ: ハ    ヾニハー-、
_二ニ/         ヽ ヽ Y⌒ーへ ヾ -‐′     !   |  ヽ
                \ 弋_   \\   _, ィ   ノ  ノ
             ` ̄>┴‐ ¬ 、ヽ     ´ /- 、
                  く   _ r┘_ヽ\__/    }
              , '´ ̄`ヾく」-―ー\ヽ‐{r<二∠_
            /      {  r-‐}|::ト、\{ __} `丶、
              /        ヽーイ<_|::| \ヽ仁ニ、    }
              ,′         く_ノ|::l   rY¨¨ユ   ∨/
           {            ∧ |:」 / }  二}_  〈
              ヽ、         ,イ   ̄>イ| 厶  ,. -く   (⌒ヽ
             `ー--、   ヾ、 /  |:| 厶ノ \`ヽ  } }`丶、
                     ヽ    Y´    |:| _ノ    ト、 `¨´ ノ   l
                  / `、 〃     |:|  ̄〉    ヽ `フ′    |

ゼウスと豊饒の女神デメテルの娘ペルセポネ

         ____
       /      \
      / ─    ─ \      つぶらな瞳、愛くるしいおでこ……
    /   (●)  (●)  \   
    |   //  __´___ //  |    何と美しい方なのでしょう
     \      `ー'´   ,/

ハデスは矢も盾もたまらずゼウスに相談を持ちかけました



       ___
     /   ヽ、_ \     ハデスの女性の好みはよくわからんけどまあ、めでたい事だお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  話はつけておくから早速花嫁をかっさらってしまうがいいお       
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

           ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |    えっ、そんないきなり……
      \ u. `ー'´       /
     ノ           \     
   /´               ヽ

     ___
    /⌒  ⌒\       |⌒|   冥王の正妻として迎えるんだから文句なんか出ない筈だお。 
   /( ⌒) .(⌒) \   _/  |
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ (_  \  デメテルは子煩悩で有名だけど既成事実作っちまえばこっちのもんだお      
 |     |----|     | (_   |
  \    `ー'´     /  (_   |



 
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /     (●)::(●)ヽ    ワゴンではありません。馬車なのです!
             |          ´   |   
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-    | ワ     ゴ      ン   R |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎

恋は盲目。ハデスは黄金の馬車を駆り、ペルセポネを冥府に誘拐してしまうのです


                        オ     _)  私のペルセポネぇーッ! (_
       ガ           オ ロ   _)                   (_
   ガ タ     __/~    ロ       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´⌒Y´
   タ     (⌒).>┴+
         /// r o///X  (⌒)
       く く | 7vvァ゚ノl / /
      /〃 \ヽト、 /:::::/_,.イ| / / 、
       (⌒)_> !l(竺フ二二ン′ ))
       └─一1ヾ /   リ   
          |  { /⌒)      
            厂 ̄/7 / i      
         / ,ハ |/_/ ノノ        
         //__l_ | L.フ   
        rヘ/ 二/_/   
       し′  (_>  

一方、愛娘を失ったデメテルは狂乱しながら彼女を捜し歩き、ゼウスが加担していた事を知り激怒します



-、 , ---  _
/ ,        ` ー 、
` /  l  l|l トハ l   ヽ
丶l | li  l|l | | l  l l|
丶| l l| --- | l_l_ ル|!
へ|ヽト从rtヵイ'! rtヵYノリ
{ハj |l ̄ゝ¨__, ー'、¨iノ
ヽ'| l!      ノ l    ペルセポネのいない世界なんか知りません……
`¨! |、     -.- /
 ,|: !:. ` ____/|
/!:|:. i  |  |  |
|l:.! !\,j\ !  l
|l:ハ |/ l| イ}l::. l|、
 L| l |\ | !l:::.l| iヽ
  くハ.|  ヽ |ハ::|l !|
   \!  Y レ| l :|
/    \ | /   ',:!
!..::::::..     ヽ!′   i|

彼女は豊饒の女神としての役割を放棄、大地からの実りは絶たれてしまいました

         ____
       /::::::::::  u\    や、やべぇお、収穫が無くなったら人間からのお供え物もなくなっちまうお。
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\   
    /:::::::::: ( ○)三(○)\  信仰心の低下は即ち神の力の衰えだお……。
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | 
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ . ハデスに頭下げてペルセポネを戻して貰うしかねえお……     
    ノ::::::::::u         \               
  /:::::::::::::::::      u                   
 |::::::::::::: l  u             `           
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、 



その頃冥界では----

           / ̄ ̄ ̄ \  
         / ノ    ヽ \    
        /u  (ー)  (ー)  \  貴女には何と謝れば良いのか……。本当に申し訳ありません  
       |      __´ _  u  . |                           
        \       ̄     /   


 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/  お父様の口車に乗せられるなんて、
   y-、     y-、\   ,\/
  弋__丿   弋__丿  Y 〈     公明正大で聞こえる冥府の王らしからぬ失態かしら……
             lー┘
`l       A     /
_」            /、
ー 、        , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\



          ____
        /     \     
      / ノ    \ \    
     /u  (●)  (●)  \  ……まったく、仰る通りです
    |      __´___  u  . | 
    \      `ー'´     /


          /:::、::::::、::::::、::::/::::jL、
            /:::/::/\:::\:::辻-く仁、
         i::::i::/__  ` ー ミ _∧ ニ/{
         l::::レ.ァニ、ヽ   ィニ、ヘ_ノレ'
            ゙: ´込ソ  .  込ソ i::/    お母様を通して申し込んでくれればこんな事には……
         /∧  ̄ r==┐ ̄ ∧ヽ
      , --、 {!`ーヽ.   、___ノ  メー' i}、
     / ̄>-、::_:_:_-:i>┬<!:-:_:_:_:」i
   /  / / ト、7∠イ::i⌒i:::iヽ:ニ:ニ:ノ\
  _ヽ       ´/、 __ニ:::! ゚ i:::l〉=:、. .ヽ   \
  \___\     ノ/r=_ _i::! ゚ i:/{!三:`ー' i ,,  l
   /z{::::\ /::Y <<.     、ニr=_ノ .::i.:/ /



                        オ     _)  結婚なんてダメーーッ! (_
       ガ           オ ロ   _)                   (_
   ガ タ     __/~    ロ       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´⌒Y´
   タ     (⌒).>┴+
         /// r o///X  (⌒)
       く く | 7vvァ゚ノl / /
      /〃 \ヽト、 /:::::/_,.イ| / / 、
       (⌒)_> !l(竺フ二二ン′ ))
       └─一1ヾ /   リ   
          |  { /⌒)      
            厂 ̄/7 / i      
         / ,ハ |/_/ ノノ        
         //__l_ | L.フ   
        rヘ/ 二/_/   
       し′  (_> 


 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/  
   y-、     y-、\   ,\/
  弋__丿   弋__丿  Y 〈     ……いや、結果は同じだったかしら
             lー┘
`l       A     /
_」            /、
ー 、        , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\



          ____
        /     \     
      / ノ    \ \    
     /u  (●)  (●)  \  ともかく、早く地上に戻りお母さんに顔を見せてあげてください
    |      __´___  u  . | 
    \      `ー'´     /


           /   /   `丶、 \::::/ゝ二火::::\イ   ハ
             l / /       _.二ニYス.   /ソヽ/    l |  あら? 誘拐までしたのに
              jノ イ   _      '     ヽヘイ /_  ヽ    ' :l
             〈 /{/          , _ノ_ノ└'´ \ ヽ l  / j  随分あっさりと帰してくれるかしら 
           {j:.:i  、_ 、      / 厶こr`Y    V>-、/  ,
               ヽVY〈 ハ         Vしり } '   く7゙/ヽ l /
              l} ヒr」       ゞー '´     l! ノ , / /
            _, | ゞ' .             /'_./, '
           /´  ',   ヽ       \_f´ ̄`¨ヽ /
           {!  ,.-\   マ二)         |    . : :ヽ, -―- 、
           ゞ、/  : .\   ::.       L-- 、: :/
               入 ̄ , -_‐≧:. 、    _ イ―-ゝ:_/
           /  \/´ . : : 〉   ̄イ⌒ト|   : :/
             |    | ,_‐'´ ̄`ーく. TT L --、j
         __ , -、   _/_ `      ヽト、| l  ̄:.|  l
      /_)__),><.`ヽ  ヽ   ト、  ! |ト、lー┬:  {
    / ̄ヽヽ.  // ̄ ヽV ハ  }   | ヽj/ | \/ \ ', ハ




         / ̄ ̄ ̄ \     本音を言えば貴女には僕の妃として隣に座って頂きたいです。
       / ノ    ヽ \  
      /   (ー)  (ー)  \ ですが今、僕のエゴで多くの命が失われようとしている……
     |      __´ _    . | 
      \       ̄     / 

         ____
       /     \      これを看過して冥王を名乗る事などできましょうか?
      /   \ , , /\        
    /   (●)  (●) \   そんな男が貴女を幸せになどできましょうか?
    |        '     |          
     \      ⌒   /



          _,  -―‐- 、
       //    , -- 、_ >、
     r'_     {   , -、   }'、
    /´ ̄ ̄三二ニヘ  ゝソ  ,'ハ
    7ァ …―‐ -----\  /丶.ハ    ……お気持ちはよくわかったかしら。
    l /_       _ - '´¨ \ ヽ l
    l |!  ̄ _     , - 、   V┐l!   ここはペルセポネにお任せかしら!
  ∧ ヘヘ.  /f¨ヽ   ' |, -‐七Y゙ り l!
<  > r'ヘ、, -― 、  _ / ー‐' ノ 〃/
  ∨  |  {丶  ̄ノ´、:::.` ¨´  r'/ ̄ヽ
     / / 大 ¨´  - -'  ∠/  ̄ソ
     〈    Vミ>_ 、__  イ| l ̄ソ-、
      V  |!ーr‐__j___「f T   ',
    /ヘ、 ハ. ! 〈/¨\〉 リ l    ',
    入ルxイ´ |   ハ     |    ',
   ,'  ヘ  /ヽj          l     ヽ
   /   ヽ } |\  ハ   /      }
   l     \ !  \   /       /
  /       l ',  /{]\       └、
  |       \ヽ、 ハ
  l          ヽ}
   \        /

ペルセポネは突然、冥府で育った柘榴の実を口に入れました

        ,___
      /     \       なっ、何をやっているんです! 
     /  \   / \        
   /    (○)三(○) \   それを食べてはいけないっ!!
   |      __´___    |
   \      |il!|!il|   /          
   /      ̄ ̄   \



       , - 、 _  ____
      //⌒ゝ'´ ̄ `丶、`ヽ_, へ
     ,.レ /  〈_    /´ ヽ_|
    / /  /    ̄ヽ \ ム卯.〉
    ,' /  , '       \ \ |
    l ,  /           V ∨
    l | l '´ ̄`    ´ ̄`' l l |   ごちそーさまかしら
    '. l !z==ミ    彡==j l/
     'ハ | ///   .   ///|/ )
     r人l    t._‐(     ノ厶〉
     {ミ  ト        イミ_ソ
   / Y彡 〉__.}>n<{__{ 彡ノ

冥府の食物を口に入れてしまうと地上に戻る事が出来なくなるのです

         ____
       /       \    
      /  u   ⌒  \              
    /      u (○)  \  ……何という事を。これでは地上が……
    |           __´_ |
     \    u   .``ー/
    ノ           \



                     _, -―‐,r_j_ャ、     
                ,〈`ヽ、   {l´ ヽiユiュ  大丈夫、ペルセポネが口に入れたのは4粒だけかしら!
                  / ,\ ` ー- r―:薔:、ツ
                 ,  /  ``ー 、__ゞ´、>イヘ              /
                 ! イ ー-、    , -ー'くヽ !            /
                 ', l ィぅ:ミ     ィぅ:ミ ハV        /
                  ゞ ゞ=″.::!  ゞ=" ムツ       , ′
                /{ハ    T⌒T    ハソ\     /  ,      
                l_- ゝ、  ヽ..ノ  ィ¨ー__,ノ-、   / /
                 !, -=、/>:.二.:<lz―-イ 、 i_/ /
            , -‐'´L_ソ 〈/¨\〉く, =く  ヽ
            /.    く_ : : / c ヽ: :l|iー'7  ,  , -ー‐、
            l i     L.ノ!: :|: :c: :|: :l|`ヽ.」 '´  /     `丶、
            〉 ‐ _ト 弋:_:_c_:_:_ノ  ̄r---‐'′         ` ' ー-
          /  /´    /T\   -L_
      r‐ '´ ー、l/  /‐'    !      `ヽ
      !       | /       /_\         \
      |     /        /ノ: :ゝ ヽ          ヽ
           
         ____
       /       \    
      /  u   ⌒  \              
    /      u (●)  \  ……え?
    |           __´_ |
     \    u   .``ー/
    ノ           \



          /:::、::::::、::::::、::::/::::jL、  1年のうち4ヶ月は冥府に縛られるけど残り8ヶ月は地上に戻れるかしら!
            /:::/::/\:::\:::辻-く仁、
         i::::i::/__  ` ー ミ _∧ ニ/{  これでお母様とも一緒にいられるし、貴方の奥さんにもなれるかしら。
         l::::レ.ァニ、ヽ   ィニ、ヘ_ノレ'
            ゙: ´込ソ  .  込ソ i::/   地上にいる時間が長いけど、お母様は淋しがり屋だから許して欲しいかしら
         /∧  ̄ r==┐ ̄ ∧ヽ
      , --、 {!`ーヽ.   、___ノ  メー' i}、
     / ̄>-、::_:_:_-:i>┬<!:-:_:_:_:」i
   /  / / ト、7∠イ::i⌒i:::iヽ:ニ:ニ:ノ\
  _ヽ       ´/、 __ニ:::! ゚ i:::l〉=:、. .ヽ   \
  \___\     ノ/r=_ _i::! ゚ i:/{!三:`ー' i ,,  l
   /z{::::\ /::Y <<.     、ニr=_ノ .::i.:/ /


         / ̄ ̄ ̄ \     
       / ノ    ヽ \  
      /   (ー)  (ー)  \ ありがとう、ペルセポネ……
     |      __´ _    . | 
      \       ̄     / 





かくして地上の危機は回避されました。しかし、ペルセポネが冥府に赴く度、

デメテルは娘を思って嘆き悲しみ、作物も実りを止めてしまいます。

これが世界に冬という物が生まれたはじまりなのです

:.:  . ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃 /.:.〃:.::.:,. -―‐─゙-- 、   ヾ
:...:.:.:.:.:.:.:.:_;:,. イ,//.:.:.:.:{{; '´ :.:., -―‐‐-       \
-‐  フ´   {,'/{{.:.:/   /:..             ヽ
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/_  /.:.: ,:.'´           ヽ
/:.:.:.:.:.: ,. '´/ "  .:/..:.:.:./.:.:. ._ /   _       ',
-─‐'"´_. ‐'´  ..:.:./.:.:.:, イ..ヽ,.イ/"/ / ヾ、_       !
ー‐ '"´   .:.:.:.:.:.:,l ::.:/_/.:./乂  //    /     ヽ!
    ...:.:.:.:.:.:.,.- '´|.:/ { レ'  \ヽ 〃      /イ :. }  |
   .:.:.:.:. ,. イ(ヽ: : :"  ヽ ―一' ゝ-     ノ /ハ.:.:/...:.:/
_ -‐'´   }:7: : : ///`:ー:‐:‐ヘ、 、__,,//.:.:./ .:.:./
___    .ノ;/l: : :    , ェ‐‐、: : : ゝ___`メ:.:.:/.:.:/ヽヘ_, -‐、
      `'<´ .ヘ: :  / └t_\. :ヽ、\ 厶 '´:.∠厶:ハヽ ゙ヽ ヽ
.        ``~ゝ、 ´    └t_)//ゝ-/:::::イ ゙ヽ"" Vハ \ ', j   (いーかげん子離れしてほしいかしら……)
            `ヽ、    /  " ム'´ }"ゝ-'  Vハ  ゙!K´_
               `' <  __ , ィ厂 ] /  _    ,、仏ィ !j  ヽノ
                  `<ヽ< ̄ ノ´ ̄ /  "ゝ,ン、Y 了'⌒l
: : : : : : : .               >ー孑´`\/    " /″/  /
: : : : : : : : : .            / `/ヽ、         /`ヽ{_/
___: : : : : .         /`、〆     `ヽ、   _ イえ='―‐r‐z__
´: : : : : : > 、: : : : : : . . . . . : :/`、/         `<!  /   /  >  )
: : : : : /   `ヽ 、: : : : : /`〆            `弋、   l  >  )      終わり



920 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 06:45:12.49 ID:9TDi7Yso



みっちゃんwwwwww



921 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 09:00:05.99 ID:GLOMcywo

乙!
配役が絶妙だなwwww



関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 17:34 |コメント(6)
カテゴリー:やる夫短編集

|

<< やる夫は戦慄のブルーなようです 第四話 エースパイロット その2 | HOME | やる夫の関が原戦線異状アリ <意味不明 ~宮部長房~> >>

■御感想or寝言

2187 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/10(火) 22:04:37 ID:NkOZRVVI

できる夫と金の組み合わせ好きだ~


2208 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/11(水) 02:15:47 ID:-

これは良い配役


2502 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/15(日) 20:34:37 ID:-

なんかほのぼのしたw


2528 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/16(月) 10:31:36 ID:-

いいキャラなのに影が薄いっていう点で
似たもの同士かな?
>できる夫と金


2598 名前:  [] 投稿日:2009/03/17(火) 17:57:02 ID:CofySn7Q

ポセイドンの事も思い出してあげてください・・・


24163 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/14(水) 08:02:28 ID:-

なんか明るい解釈だなw
これはこれで良いかも


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV