やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/03/07(土) やる夫の関が原戦線異状アリ <教育と責任 ~山口宗永~>


<即断は禁物 ~京極高次~>
<流れ流れて流されて ~伊藤盛正~>
<先手必勝 ~徳永寿昌~>
<取扱い注意 ~花房職之~>
<大乱戦 ~富田信高~>
<教育と結果 ~百々綱家~>
<発言と責任 ~山内一豊~>


391 名前:1[] 投稿日:09/03/05(木) 22:40:27 ID:SrjGO6nS
<教育と責任 ~山口宗永~>

天正19年
関白秀吉の養子 豊臣秀俊は丹波国亀山を与えられ10万石の大名となった
この時 秀俊は11歳である

       ____
     /      \      大名と言われても
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \   何をどうしていいかさっぱりわからないお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     / ← 豊臣秀俊(後の小早川秀秋)


             _. --- ._
.       ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
. |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
. l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
  V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
   リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
     ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ    心配しないで欲しい
      l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
         \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、       そのために わたしが ここにいる
        `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
          /′ /三ミ 、///     ヽ
       / .′ /   `y ´      ヘ.
      ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
       /  .|  |  /      ,.'´    | ← 山口宗永

秀吉は 秀俊の教育係を兼ね 山口宗永を家老につけた


視聴者カウント
アクセスカウンター
ゴールドカードクレジットカード比較CFD取引FXくりっく365



       _,. ─ 、. -- ._
      /          `ヽ
   /       、  、   \
  /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
 / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |  領国経営に関しては
  | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
  l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!    わたしたち家臣団が とりあえず担当する
  1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
   `| l. 「ヽ    __    /! イ/      これについては少しずつ覚えてくれればいい
    l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
    ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′       あなたには 他に学んで欲しいことがある
        /.ノ    ヾヽ、
    _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
  ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
/ l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
!  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l



   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::  あなたは 関白殿下のご養子 その立場上
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i  「古今集」「万葉集」をはじめとする歌学
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l  「論語」「四書五経」による儒教的教養
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ  「観音経」「般若心経」等の経文
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙   蹴鞠 香道 その他諸々
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/    貴族の教養を身につけなければならない
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (○)  (○)   \  ……
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



:,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |  同時に 豊臣政権という
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |   軍事政権の後継者候補であるあなたには
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !   その責をまっとうするために
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/    「貞永式目」により武家のしきたり
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/    「六韜三略」等により軍略
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /     その他 弓術 剣術 馬術等の武芸
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '         これら武将としての心得を修得してもらいます
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     ……それって ずいぶんと大変な気がするんだお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



            ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄く
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
 、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
   ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.    l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
   l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
   l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
    ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.      ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/       ええ 大変ですが
.       j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/
         V: :lヽ、   _     /j/!/           それが どうかしましたか?
          ヽ: ! >   __.. ィ
       rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
      ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
    /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
    ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│ ポキポキ
    ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
   | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
    ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ



     / ⌒`"⌒`ヽ、
    /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /,//::         \
   ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
  /  /、:::::...           /ヽ_ \   誠心誠意 がんばらさせていただきます
  ( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
  `ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"

宗永は 秀俊にとって非常に厳しい教育係であった



以後7年間 宗永は秀俊と共にあった

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
秀次事件に連座し 丹波亀山を没収されたとき

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ハア?
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /
小早川家の養子となり 秀秋と名を変えたとき



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |              |
  \               /
小早川隆景の遺領を継ぎ 筑前国の大名となったとき

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  シシシシシシシシッ
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
朝鮮遠征軍の指令官となり海を渡ったとき



その傍らには 常に宗永がいた

            ,. -─────────‐- .、
           /                  \                     ,.. --- ..
         /                     \                ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
        /                        \            /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
      /                           \          /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
     /     / ̄ ̄\         / ̄ ̄\     \       ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
   /                                 \     ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
  /                                    \      !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
/      / / /  ./      |     ヽ.    / / /    ヽ    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
|      / / /    |      |      |  / / /      |.     }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
|               \__/\__/               |     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
ヽ                                        /       `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
  \                                    /       rく、\` ヽ二コ:千:|K、
   \                                 /         |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l



朝鮮の地で 宗永の教育の成果は実った

            /
          //
        ///          (⌒\
       ///         ___ \  ヽ
       (  (        /⌒.三.⌒\ \\ \
       \ \    /( ⑪)三(⑪)\ ト\ヽ
         \ \ /::::::⌒(__人__)⌒::: |  \ヽ
          \ \.     |r┬-|    ノ  ノ  \
            \  ヽ   `ー'´   / /
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /

慶長3年 1月
小早川秀秋は 明・朝鮮連合軍6万を撃退 蔚山城に篭城する加藤清正らの救出に成功
このとき秀秋は 自ら奮戦し多くの敵兵を討ち取る武功をたてた



しかし 帰国した秀秋を待っていたのは 秀吉の予想外の叱責であった

       _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
        j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     .  /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
        |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
      __Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|        馬鹿か お前は!
       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
     ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl  -、_     総大将が自ら槍を振るうなんて
       / j、八i  ´  j〉   爪i         ハ
      /   ハ jヽ、  t_ア .ィ   !    〉  , !    軽率にも程がある!!
     /    |  { > __/ ,!   !   〈   / {
.    /       , 、  \      '   !     レ゙   i
    {   〈`ヽ  j__ \   ヽ  /   〉    {     ヽ
.    〉 \ ヽ ∨ ) }  >= 、 ,`=v   /    ′    ゙,
   |   丶} ;'  厶_/  //  /!  /    ! {      !
   |     ∨ /  /  //  , !  /    }!     
   {      ′/、 /  〃丶,′! .゙     ヽj       {
   ヽ     〈  ゙ y   /  /、丿イ       〉       ム
   丿   __>、 ′  ′// 丿      ∠         }
   〈_/┌/ `ー‐ー-r匕r''⌒ヽ z―‐t  /ヽ   / 〈 ← 豊臣秀吉


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"     秀秋様にとって あれは ほとんど初陣といっていい
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./        若い将が先頭に立って戦い 老臣たちの信を得る
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i         これは ごく当たり前のこと
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、          その裁定は不服
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i '

宗永は 秀秋を擁護したが 無駄であった
秀秋は 筑前30万石を取り上げられ 越前国北庄15万石へ移封
そして 宗永も 秀秋の家老職を解任された



宗永は 加賀国大聖寺領を与えられ秀秋の組下大名となった
しかし 移封後まもなく秀吉は死去
その後 家康の口利きにより秀秋が筑前に復帰したため
宗永は大聖寺6万石の大名として独立した

         /.:.:.         \
         /:,:.:.:  /   ヽ    \
        /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
       /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
      /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
       N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
        ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
            `ヘ:ゝ    .'    小/      ……後のことはよろしく
              ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
         _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
       /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
        /  | l:l   l     l   l::l l
       l  ヽハ    l    l  //  |
      ハ  ヾヽ  l   l  // l l


           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   はい……
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ ← 小早川家家老 稲葉正成


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      
  |     ` ⌒´ノ      承知しました……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \    ← 同じく 平岡頼勝

そして 1年半の時が過ぎる



慶長5年 7月
石田三成が 打倒徳川家康のため挙兵すると 宗永はこれに従い西軍に属した

      , --v‐‐- 、
    /         ヽ,
   /     .       ヽ
  /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
  7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l    理由は極めてシンプル
  ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
    |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj      徳川家康に与する理由が見つからなかった
     l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`
     .l .ト、.  -  ,,イ./
    ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_
   , イ'i |   | `ー'゙ l  l |`iヽ.
  /::::l. l l   lミ==_ィl_l | | ::i,
 l:::::::| l |_,,,,,_|_  |     ̄¨'li|.



8月1日
宗永は 大聖寺城で 突然の危機に陥る

           / , - ' ¨  \ ` >-、
         / / , ' , '   |‐'´  ヽ
        /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
         〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
       〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ> u | | /  | l
       /`ハレレ|,,r==ミ   u ム,Lハ / ! !
       //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
      // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/    父上……
      // │ ヽ! | u  rーy    / 〃
     //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |      前田利長の軍勢2万が
     //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
     rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !     進軍してきます
    ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
  /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
  ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
  ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
 | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
 ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ  ← 
山口修弘


       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
      /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
     /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
   .//:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
   ./」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
  ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
    |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
    1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
     ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
  .   ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
       ` lハ:lヽ、       ,.-1:./       ……理解不能
         ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
          ,r'^,!       「ヽ、'´
       _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
   _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
  r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
 / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ



            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |    母親を家康に人質として出した前田利長が東軍につくのは自然
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'     上方を牽制するために軍を南下させたことも理解できる
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /      でも それが なんで突然この大聖寺城なのかがわからない
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト



.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、   確かに 大聖寺城の兵力は少ない
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐':ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ    しかし 前田利長が金沢から ここに到達するには
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - ′l l  .! トN     西軍である丹羽長重の領内を通過することが不可避
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::':::::.::l                 //!  ト、|
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |      丹羽軍が後詰に来れば 退路を断たれる前田軍は全滅
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐´        ′       /j   ハ N
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ ′     なぜ こんな場所に 前田利長は軍を進めた?
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \
        /l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ



 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_       ……いや
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´       そもそも丹羽長重は
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '         なぜ 前田軍が自領を進むのを黙って見過ごしたのか……
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


              __
         _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
      ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
      /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
   /       | 〉    '.   i     Y  |
  /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.
 ./ i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
 | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
 | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ      利長と長重は義兄弟
   |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
  ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',     これはひょっとすると……
    ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
      |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
      |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
      ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
        、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
        ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -



        . -―――- .._
       ´     .. -―≧、-- ..
         _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
     _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
      /://   / /ィ | |    V  .ハ
    _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i      ……そう 前田利長と丹羽長重は
   ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|
      /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l     談合している可能性が極めて高い
   /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、
  ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
        /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ    「 前田軍が 大聖寺城を開城させる
      /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/         丹羽軍が遅れて救援に来ると 前田軍は退却する 」
     ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{
         / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′         段取りはおそらく こんなところ……
            リ/´j!_}ムフ   /トl、
      ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_      彼らの仮戦は東西の大勢が決するまでダラダラと続く
    _..イ:.:∧ ヾ:ヽ: : : : |´.. -- `j:. :. :. :./::/./
    ̄`ー-/:\ヾ:ヽ : : :|´  ̄ `l: : : : :/::/.∧
       j:.:.i:ヽト、_,斗ォミ.   |: : : ノ:/ /:.:.!
      /.:.:.:i:.: ァレ'/ ハ、 ヽ   |: : : /:/./イ : |
      ノ:..:..:..ヽ{ | {| {! | レ{爪!l! : :/:/./..|..:..:..!

               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ   ─‐    イ::::: ::|     わたしたちは そのダシに使われているのね……
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ   _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!



  三 ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  ____|
  /  >⌒  ⌒ |     山口く~ん
 /  / (・)  (・) |
 |  /---○--○-|     丹羽軍は後詰に来ないよ~
 |─(6    つ |
 |    ___ |    悪いようにはしないから 開城してくれないかい?
  \  \_/ /
   \___/
  /⌒   ⌒ヽ  ← 前田利長



               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′       …………
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ


 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/ 兵力は千にも満たないわたしたちに
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「     勝ち目はない
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |     ……どうします?
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八



      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′        ……わたしは
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ



      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o          「 わたしは 小早川秀秋の教育役だった 」
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |        「 7年もの間 わたしは少年に 武将の正しい姿のなんたるかを説き続けてきた」
  \     `ー'´     /



      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\          「 小早川秀秋は けっして出来のいい生徒ではなかった 」
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |        「 それでも彼は わたしを信じ わたしの教えに懸命についてきてくれた 」
  \     ` ー'´     /



                _ .. -‐  ‐-  .. _
         '´          _`≧ュ、
                  _. ‐' ´_  二ミ‐` ニ=- 、
             _.. -≠´ ´ ´   ´ `   `丶`丶
         -‐ '" ///   // /  ! !  \ \ \
         ///  // //  | l  l  ヽ ヽ 丶
       _∠/ ,"   // / //  / ′ l   `、 丶 ',
     _/´ /  /   / / _/イ/   / /   !   l   、 ,
         , '/  / / / / イ/ /l    / イ  /  l  l   l! ′
        / /  / | !/ // //l  /l/ !  /l l l  l!   ll  ,
     / /  /l ハ l ! _」」._// !l、/ /  l _/__l_N ト /! / 从 ′
   /'/∧ ハ! ,小/ハ | l/  ` !″   ´1/   !l `l/ l/ / ハ. ′
  /,/ / V ∧、Vヘ _,ェrェ-ミ、     ´,rェ==、リ/// / ハ !
          〉l ∧ヽヾバ;、:::::jヽ        i;、::::/j '/// / /  ゙:、   その わたしが
          / ハ l ヘヽヽ'、ヾzグ       辷ジ /// } /
         / / l.ハ l ヽヾ\       ,    /////イ /       このような薄汚い策謀に一枚噛むなど
       /'/  | ∧l l ト、\     _.._   //イ ///l″
           / l! トlヽヽ、丶、   ´     .イ /イ/リ          許されることではない
            /   li ! /〈!/lxハ`i  -  ´l/// ' ′
            "/ /'_l/`イ     Vヽ/
        __ 二-‐ ´   r"       l  \
        /ヽ ゙、 ゙、       l‐_ =-‐- 、 !     ` =ァ‐,、_
      _/    〉丶丶     L -―- 、`l      / / /
      `ー-=、/\丶丶     !_ -―-、`l     / / 〈



            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/        修弘……
          !.!: :ト     __       /: : /!/
         l.ト、|..\        /.!: / |'          悪いが 一緒に死んでもらう
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |´: : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i


               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃     ……わかりました
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ



8月2日
開城を拒否された前田軍は攻撃を開始した 後詰の期待できない山口軍は城から打って出た

          /         /_, -               ヘ ,'   \
         /  __  i!     ´ /   , -‐              ハ/     ハ
        /     ヽj      ,'  , '´    -        /i\__  ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
     /       レ~ヽ  | !, ィ   , '´    , ' /| j   〃 !        ヘ
     |         {  ヽ j  /   /     / /゛"' ,, /ィ´/         ヘ
     レ ―‐、   /   |!   |  /    _x-< /     "- 、r'            ヘ
     {ィニニニz`, -'´   ∨  i! /   イ´ ¨レ' \       / /  /      ヘ ̄ ̄
     ∨  ̄ヽ }     r―'∨ , ー<´ /ィ千旡ぇヽ|   __.. イ ,イ  ,ィ´ ,'    j   ハ
      /    |´    |   ィ     ,'! ヾ た::j テ     ∠七ニヘ/  /!    }   ハ }
      /    i       |  〃    / |   Lzン        zェァyム-' ∧   /  ノ jノ
     {      }       ! ノ   彡イ  ∧              た::j 乃 / ∧ -‐'¨
     |   /\ノ      |イ, - ' ヘ ヾ   ヘ       '   ゝz= ' / イ     _ -――
     `ー |\ \___    ヽ    \ \  \    `ー   -=ニ二 ィ ´, ' , -‐' ¨
      |_ヽ-' /       \     \ ヾ.  \        , イ /
       ヽ__/       \ {二ィ>-ト -=` ー―===<  /
                    \ {´/!ク >─―----― '/¨
                     ヽ‐---ィ  _, -―――-、/
                      \  |/         /

修弘は野戦において奮戦した しかし20倍の兵力差はいかんともしがたく敗戦



8月3日
前田軍は 大聖寺城に突入 そして……

         ____,,,...,.
         i' 大聖寺城 #|;;)(;;;;;⌒;)(;;;; ワーワー
         |~"~"~~ ̄" ̄~((;;;;⌒;;;)(;;;;)
       (_|___从从(;;;;ノ(;;;;);;;) ( ;;;ソ 
      /llllllllΣ从:. ;;;;;;;⌒;;;;)(;;;;)(;;;;)
      |_皿_シヘ:从:. .::. ;;;;);;;)⌒(;;;;)(⌒;;;;)
     /lllll/_^/从从:::::. (;;;;)(;;;(;;;;))(;;;;)
    从|_皿__.日W^>;;∧(;;;;;;;)⌒(;;;;)       ワーワー
    /llllll从从lllllll从lllllllllll\(;;;;;;;;)(;;;;) 
     |_ロ_癶_皿__皿_癶从_|(;;;;)(;;;;)    (;;;;⌒)(;;;;;;)
   /ll/_^_\llllll/_从从ll\     _从(;;;;)(;⌒;;;)
     |___皿从从._皿___|     /lllll从l\(;;;;;;;)
  /llllllllllllllllllllllllllll从从llllllllll\______ |_ロ _从_|(;;;;)
   |_皿_皿_皿_从_ 皿_|lll从llllllllllllllllllllll\
   .lXXXXXXXXXXXXXXXX.l_ロ_从从_ロ_|
   lXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl
  lXXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl
  .lXXXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl



               / , - ' ¨  :::::::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
             / / , ' , '  ::::::::::: ::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
            /ヽ /  / / //:::::::::: :::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛::::::: ::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ> :::::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
           /`ハレレ|,,r==ミ     ::: ::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
           //,' r | l |`V::ソ   :::::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
          // | ヽ|│!.  ̄    ,:::::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
          // │ ヽ! |    rーy ::::: : : ::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
         //  !  `、!>、  r、`´ ::::::::: ::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
         //   !!   !  `ノノ )7 <:::: :: :::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ|::::::: :: ::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \:::::::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ ::::: ::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \:::::::: :::: :::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_:::::::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /|::::::: ::::: :::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ::::: ::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :

                                /
                /}                 //
           _//―-             //
          //// /  `ヽ      //
          _ノ//:/_ィイ / ! l  !    //
         j/:/斤j`j/ィ_j‐l l l   //
          /:/.l    .└'/!∧!//
          /:/l/iヽ、`_..ィ/ //
       __/:/:_!/  /l/jノ//
.    __/\V: : i ̄ ヽl/∠ -‐   ̄_>
    \/.::::::::::∧ : ! ̄/∠ -‐   ̄
     /.::::::l:::/.::ヽ: !く//!::::|
    /.::::::::!:/.::::/__ヽ !//.::/!
__/.:::::::::l/.:::::/`ヽ、`ヽ、/_|_______
―‐/.:::::::::::/.:::::/ ̄//l丶、丶、___ __ _>
  /.::::::::::::/.:::::/ //! l  |::l丶、\
  !:::::::::::::/.::::/ 〈/ ! !  l:::|::::l  ̄
  ヽ::::::::/.::::/    !」  l::::l::::|

山口父子は自刃
こうして 大聖寺城は 東軍の手に落ちた



敗戦の報を聞いた三成は激怒
直ちに 大谷吉継の率いる軍勢を 北陸に向かわせた

    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/   絶対に許さないのだわ!
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::  ← 石田三成


      三 ̄ ̄ ̄ ̄\
      /  ____|
      /  >⌒  ⌒ |
     /  / (・)  (・) |
     |  /---○--○-|
     |─(6    つ |   これは潮時のようだね
     |    ___ |
      \  \_/ /
       \___/
      /⌒   ⌒ヽ

すると利長は 全軍をまとめ 金沢へ帰還を始めた



421 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/05(木) 23:08:34 ID:bRLhvLsy

利長てめえww



422 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/05(木) 23:08:55 ID:/XYnLNT+

マスオ死ね





しかし 前田軍は その帰路 丹羽領内で
丹羽軍の待ち伏せを受け 多大な損害をこうむる

   三 ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  ____|
   /  >⌒  ⌒ |
  /  /  (゚) (゚) |
  |_/----○-○-|
  | (6    つ  |   びゃあ゛ぁ゛ぁ゛
  |    ___  |
   \  ι_/ /
    \___/


  / ̄ ̄ ̄ ̄ /
  | / ̄ ̄ ̄ ヽ     すまないね ここで攻撃しないと
  | |   /  \|
  | |    ´ ` |     大谷軍に裏切りを疑われてしまうからな
  (6   ιつ / 
  |   / /⌒⌒ヽ
  |    \  ̄ ノ
  |     /  ̄   ← 丹羽長重


その後 前田軍と丹羽軍は 宗永の予想どおり
北陸で 兵を動かさず睨み合いを続ける
両者の和睦は
関が原の戦いの決着直後の9月18日というあからさまなものであった



15年後 宗永の遺児 山口弘定は 徳川と豊臣の手切れの際 大坂城に入城した
どうにも融通の利かない過剰な正義感の血が この一族には流れているようだ

               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′  それでも悔いはない
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.

宗永の子孫には 帝国海軍中将 山口多聞がいる

<教育と責任 ~山口宗永~>おわり



425 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/05(木) 23:14:57 ID:QC30eCwZ

乙でアリマス。
久々に読めて重畳ー。



426 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/05(木) 23:18:34 ID:qqDeDPWp

乙っす



427 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/05(木) 23:34:19 ID:5ubwPG+9

乙ですw



428 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/06(金) 00:01:53 ID:8Y/Yoh0h

この出番のなさ
やはり>1は準にゃんと相性がry



430 名前:1[sage] 投稿日:09/03/06(金) 23:21:07 ID:Y7bGEHBo

>>403で 準にゃんの出番を無理矢理つくったところで 1の気持ちを察して欲しい



432 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/06(金) 23:23:16 ID:p2mJfHbh

>>430
ありがとな・・・わざわざ俺の嫁に出番を作ってくれて・・・・
俺の隣で喜んでるよ



467 名前:1[sage] 投稿日:09/03/06(金) 23:56:13 ID:Y7bGEHBo
>>432
          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,....ニ、 ,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´  屋上へ行こうぜ・・・・・・
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.  久しぶりに・・・・・・
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l  キレちまったよ・・・・・・
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /
        人、      `゙’゙::.   イ


 まとめへ

関連記事
スポンサーサイト
[PR]


| 15:52 |コメント(9)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫がエベロンで特務機関のようです  第十三話「はたらくお嬢さん」 | HOME | ダンシング・ザ・やらない夫 >>

■御感想or寝言

2110 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/07(土) 16:39:06 ID:lnYM7kUo

秀秋の人生を紐解くと、豊臣に味方しなかったのも当たり前、普通に思うくらい、秀秋は邪険に扱われてるよな。


2140 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/08(日) 05:42:26 ID:-

秀秋ってこんな幼少期を送っていたのか…
関ヶ原の裏切り者のイメージしかないから目からウロコだわ。


8852 名前:名無しの人 [] 投稿日:2009/05/15(金) 14:07:00 ID:-

判官びいきの悪者役にされちゃったからな、秀秋は。
朝鮮での奮闘ぶりのエピだけでも、ドラマ等に出てくる惰弱な大名ってのがオカシイのはすぐにわかる。
そして豊臣の親族だった事も、徳川に寝返ったとされるのに無視されるのって、親族なのに冷遇されてた事も書かなきゃならなくなるから、という面もあったと思う。


12723 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/30(火) 21:03:52 ID:-

>1はどんだけwwww


20960 名前:   [] 投稿日:2009/11/07(土) 14:19:49 ID:-

秀秋こんなに苦労してたのか
関ヶ原での寝返りしかイメージなかったから誤解してた


26667 名前:人間六七四年 [] 投稿日:2010/06/30(水) 07:05:45 ID:-

>宗永の子孫には 帝国海軍中将 山口多聞がいる
なるほど、訓練時の悪名「人殺し多聞丸」は血筋か。
猛訓練も闘将も自責自決も遺伝子のなせる技か。
主人公の小早川”やる夫”秀秋には悪いがこの一文だけて君信長公崩御より後の戦国史に随分疎い俺でもこの「山口宗永」という人となりは大体想像がつくよ。


35081 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/05/23(月) 08:50:48 ID:-

とうとう新関が原戦線でもこの話がきたな
とりあえず追撃戦も含めて丹羽長重は絶対に許さない(AA的な意味で


49209 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2017/12/12(火) 21:16:36 ID:-

マスオはもっと人徳のある武将に使ってほしかった


49652 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2020/04/09(木) 00:10:55 ID:-

いくら実子に天下の座を継がせたいからって、後継者候補として義理の息子にし英才教育まで施した相手に冷淡すぎよね。
そしてこの秀秋の働きが関ヶ原の決め手となり、最終的には大坂の陣で豊臣宗家の破綻に繋がる。これは秀吉の立場から見たらまさに壮大なブーメラン。
どうせなら豊臣一門として秀頼を盛り立ててもらうべく重用って方向へいけばよかったのに。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV