やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫の関が原戦線異状アリ <発言と責任 ~山内一豊~>

やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/03/06(金) やる夫の関が原戦線異状アリ <発言と責任 ~山内一豊~>


<即断は禁物 ~京極高次~>
<流れ流れて流されて ~伊藤盛正~>
<先手必勝 ~徳永寿昌~>
<取扱い注意 ~花房職之~>
<大乱戦 ~富田信高~>
<教育と結果 ~百々綱家~>


320 名前:1[] 投稿日:09/02/26(木) 20:18:06 ID:3NpFE2ik

都合により 福島正則の配役を変更してお送りします





<発言と責任 ~山内一豊~>

遠州国掛川6万石 山内一豊は 関白秀次の家老であった
秀次が秀吉から切腹を命じられたとき 一豊はかろうじて連座を免れた

      , ──  、
   / ______ヽ
 ゝ/   |/ / ⌒ヽ ⌒ヽ
  |   | |   ‘|‘  |    でも 秀次様への あの仕打ち……
   v‐、l ̄ヽ __ ノ 、__ ノ
   l )       ^  l    これから僕は どうなってしまうんだろう
   `ー 、   ──┘ノ
    ` ー──、´
     /|/\ / ヽ
      l l     |  |
     | |     |  |

将来に不安を覚えた一豊は その後 徳川家康に接近
慶長5年の上杉討伐にも進んで従軍した



※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫



7月下旬
遠征軍の行軍は 佐竹義宣離反の噂のため 下野国小山で停止
その間に 上方で三成挙兵の急報が届くという急展開をみせた

    ,  ──  、
ゝ/_____\
./  | / , ─ 、 ─ 、l
|  | l   .|.  l
Y⌒ ̄l     |   l       困ったな どうすればいいんだろう…
ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
  ヽ、     3  ノ
    >─∩─、 ´
   /l// レヽ ヽ
   l l  ヽ _ ノヽ |
   | |   \__ ノ


  ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
  i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
  |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
  | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
  |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
 ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |   あら
/ | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
{  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂   いったい何を悩んでいるの?
ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐
  i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
 ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
/::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\  ← 遠江国浜松12万石 堀尾忠氏



       , ─── 、
    ゝ/ _____\ っ
    /   |ノ/ ⌒ ヽ ⌒ヽl   っ
    l  |─|    ・|∠  |         何って それは
((  Y⌒  ` ー  ヘー ヽ
   ヽ_  /⌒ヽ___つ        東西のどちらにつくか悩んでいるに
/⌒)、 ヽ |     /
| 、_,(_ノ  >、二二二)            決まっているじゃないか!
ヽ__ノ / .l/ \/ ヽ、
 |  l   |        \ /⌒ヽ
 ヽ_ / |      |\  lヽ__ ノ



    l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
    l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
   | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
   |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
  .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂     そんなこと
 (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
  ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー   いまさら悩んだって
   | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
   | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ        仕方がないんじゃないかな
    ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
  ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',


    , ── 、
 ゝ/______ヽ
  | | / -、 -、|
  |__|─|   ・|・  |
  (   ` - o- |   ?
    \   ___っ ノ
    /ヽ、__─、- ´
   /^\/\/ヽ
   |  |     | |



            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│        実際問題として わたしたちの軍は
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八        すでに家康様の指揮下にあるのよ
  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶     福島正則あたりが軍勢をまとめてくれるならともかく
    , .-‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ  いまさら単独で
    .{八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ  「西軍につくから大坂に帰りま~す」
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん<./__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l           なんてできないよね
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/
                    ̄


    , ─── 、
 ゝ/______\
 /  | // ⌒ヽ ⌒ヽl
 |   |─ |   ・|<
 Y ⌒  ` ー  oーヽ、     言われてみれば そのとおりだね
  ヽ_   ┌───┘l |
   ヽ  \   // \
     >ー── く `\ ヽ
    / \ /\l  ̄| ̄  ノ
  /  |       ├‐┴-´



        /     、    、 \
        ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
      .//:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
     //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
      ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ    ……わたしは それよりも
      ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
      ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   家康様の気持ちのほうが心配ね
     、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
    /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
   /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
 , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ


    , ── 、
 ゝ/______ヽ
  | | / -、 -、|
  |__|─|   ・|・  |
  (   ` - o- |   ????
    \   ___っ ノ
    /ヽ、__─、- ´
   /^\/\/ヽ
   |  |     | |



          __
      , ‐ ´      `ヽ
    /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
   〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',      家康様は
   l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
   i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、     とても慎重な はっきり言って 疑り深いお方
  、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
    乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ     わたしたちが味方しますって言っても
 _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
   ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!      心の底から信じてはくれないんじゃないかなぁって思うの
   /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
   /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
  /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i


              | / /
             , -―――- 、
            /  ____  ヽL
            Τ _  _ \|   l     それは困るよ
             |/  V  ヽ |   |  
             ||  (:)|(:)  |-|   l     総大将が 配下を信用してくれなかったら
 ___       {`, -c `―_´ 6) _/
(_     ヽ__  \Τ ̄ ̄ ヽ ノ       勝てる戦も 勝てなくなるよ
  (  し、  |     ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄  ) ̄ ̄ヽ
  ヽ_/_ |___  |_/  \_/  _    \
            ヽ          |\   \



          〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
       /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
       /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_       そうよね……いっそのこと
     ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
     l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\    「 忠義の証として
     | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
     | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ   わたしたちの城も領地も 家康様に献上します 」
     | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
     l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',     くらいのことは言わなきゃいけないのかもね
 (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
         / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
          / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\



        , ───- 、
      /_____  ヽ
      ! - 、- 、ヽ |   |       ああ それは名案だね
       |  ヘ|・  |─ |   /
        | ーc ─ ′  r⌒i        そうだ!
  _,- 、   !└────┐ _ノ
 ! ノ( ) \\ ___/ /         これからの軍議で 家康様に進言してみたらどうだい?
 \_ /\_`_──_イ_
((  \_∩ /|/\_/ ヽ
 ☆冫∈  | ̄ ̄ ̄     |


        /     、    、 \
        ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
      .//:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
     //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
      ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ    あはは♪
      ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
      ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    そうね 機会があったらそうするわ
     、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
    /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
   /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
 , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ



7月25日
家康は 小山に諸侯を招集 三成の挙兵と会津遠征の中止を言い渡した
そして……

            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′       三成は 豊臣家のために わたしを討つそうよ
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \        嘘でも 豊臣家のためと言われたら
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \            あなたたちの中にも西軍と戦いにくい人もいるんじゃない?
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::   それに大坂に残された妻子のことも気になるわよね
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:   西軍に味方したい人は 遠慮なく立ち去ってもらっていいわよ
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
├く    <__   | \「::.:_j ゞ '´〕/::.:/〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
|  >     下 _ \ j::.:ノ /  〔/   _\\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: ← 東軍総大将 
徳川家康


審議中
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'

家康の意外な言葉に 諸侯は動揺したが そこで ひとりの武将が発言をした



      ______
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.      三成の言うことは信用できません
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi
    ヽr      >   V      僕は 家康様に味方します
     l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
ヾV /              ! /.入  ← 尾張国清洲24万石 福島正則



          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧  オ~
オ~ (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)      正則殿がそう言うなら
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u          そうだな……
         `u-u' `u-u'

正則は 陣中の豊臣系大名の中心人物である
正則のこの表明により 諸侯は東軍につくことを決心した



さて この評定中 一豊は 忠氏のことが気にかかっていた

    ,  ──  、
ゝ/_____\
./  | / , ─ 、 ─ 、l
|  | l   .|.  l
Y⌒ ̄l     |   l     ( 忠氏は なんであのことを提案しないんだろう?
ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
  ヽ、     3  ノ      せっかくのチャンスなのに…… )
    >─∩─、 ´
   /l// レヽ ヽ
   l l  ヽ _ ノヽ |
   | |   \__ ノ



   /: . /: . :/: .;イヽ: . \: \: . : . : . : . \: . ヽ
   /:/ /: . : j: . | | \ . :>:‐\‐:‐:-: . : . \: キ==、
 ,: /: ,′: .:.|: .:.| |   `く . ,rテ气ミ、┬i- 、: . ヽ:',   j!   ………………
  j/l: .|: . : .:.| ,斗1    Y.Vi ::: レトj: |) }\: V',  リ
  |! |: .|: . : .イ ,.rテミ     V、:::_ ソ |:.| ノ: . :ヽj. :,     ( いち早く 正則を味方につけるとは
  |! |: .|: . : .小〈.Vi: ハ     `ー '′ |:.|´ヽ: . : . : .',
  l! |: .|: . : . }小.弋zン     xww j:.j_:.',: . : . : .,      さすがは家康様ね…これで東軍はひとつにまとまる
   ヽ:j: . : . レ1ハ wx  ' _ .,   ,.イ|:.| >.ヘ_,: . : . : ',
    ヽ: . /|:.|!: i>  ..      /  |:.|';;;;;;;;};\: . : . ,     ならば これ以上わたしが口を出す必要はないわ )
     j: / .|:.||: |: . ,.斗孑 .ァく  /|:.|;;;;;;;/\;;\: . :,
     |/  |:.||: |/;;;〃 /  i {;;;;;|:.|;;/;;;;;;; \;\: ,
        |:.|l:/;;;;;;;;く. /      V;;|:.|´;;;;;;;;;;;;;/; ̄ヽヽ


         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |
     /    |  /   ヽ /   ヽl
    l   |  l      |     l
    |    |─|      / | ヽ    lヽ    ( どうも忠氏は 発言する気はないみたいだね
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ
  /   | )  /⌒ヽ         l      せっかくの名案なのに もったいないな……
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´       ……だったら いっそのこと…… )
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ
       |         |  |
       |         | ̄l



     , -─- 、
   /      ゙ヽ、
  / _ -- 、─, -- __.ヽ.
  .|┌ソ.⌒ヽ、./⌒゙''、!ヽ|
  !|. |   几.Y ..几 |_|.|、
  ,、「.l .ノソ 人λゝ ノ.l.l↓
 ( .` ゝ--,,'∩゙ -_''゙ .'~゙)
  ゙ゝ┬T.~   `゙~TT'''~
    l |     .| |   l      家康様!!
  | i . i rへ ,, ' 7 l |   |
 .| | .(~` ー - -'-'.つ |
 | | .`゙T -.-+ヤ'  |
 l !   斤-、 人ノ、.  !
    / ~)    ハ


      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
    /:;: '´T 丁l `ヽ::}
   /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
   ldb| l k_ィヽレ仁リl│
   | ∧l  lK◯   ○ソイ
  ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|     あ あら なにかしら?
  l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
  |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
  N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
  ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
   /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
  ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
   |:::::::::::`^^KXヽノ




\\\   _    | | |
 \\\ ヽ)
   _         _,,.. -――- 、,._       僕はこの戦に 山内家全軍で出撃します
  ヽゝ     /_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::ヽ_,.
  、      iノ,‐ 、 ,. -.,ヾー-::::::::ヽ`      空になった城には 家康様の御家来衆を入れてください
        if'   i"    iハ |:::::::::|
―       (i  / j ヽ   |ー-| ;:-、jゝ         僕の城も領地も 全て家康様に差し上げます
―ニ      /ゝ-(~"ヽ、_,ノ   " 6 i     =ニ
―         i (`     ノ⌒ヽ  イ       ―
        ヽ ~、` ー―<_ノ_ノ 丿
          ヽ ヽ 、__ノ _,,..'"!、
            `r-、―''"  /┐     \\\
///       rf/ \  /   ~\
////    _イ     `   \    \  _,-、
   (~ヽ、_,..-‐'"           \   /  <
  ,/` 、 ヽ  _,,..゙|          | \/ ノ  、\
 (/,\  ノ''"  .|         |    ヽ /ヽヽ)
 ゝくノノ''"      `iー――――ー{    `ヾ_ヽ'-'



           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ       ( え!? )
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ



          , '´,             /⌒ヽ、
        / /  , '    ハ  /⌒ー┘ あ )
     , '  / / /    l | (  あ   : (
.    // / / ,' ,′l l|  l  } ら   :  )
    /〃 // ' / /  l| l|  l l(  :  ト-~′
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| { ? j
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`ー一′
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
        // /  ∨/l三三三/ , / l| |
      // /  /∠三三三l // l| |



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l     
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l 77777     { =ミ //| | l     それは素晴らしいことね
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //       一豊殿の決意 まったく見上げたものよ
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l        この家康 本当に感服したわ
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       

一豊の発言に対する家康の喜びは尋常ではなかった



この様子を見て 家康の娘婿でもある池田輝政が 一豊の発言に続いた

   \  /:\  /ヽ     /|
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/::,!
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,!
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|       家康様!
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、      僕も一豊と同じく 城と領地を謙譲します!!
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/
  ヽ/     `ー´   く/
 ∠_________二}
   ` 、_      _,,,一'′   ← 三河国吉田城15万石 池田輝政
       ̄ ̄ ̄ ̄



その後 東海道の諸侯は 先を争って家康に城の譲渡を申し出た

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧     わたしも城を差し上げます
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ      わたしもです
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

      ______
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi        では 僕も清洲城に加え
    ヽr      >   V
     l   !ー―‐r  l        兵糧30万石分をお渡ししましょう
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
ヾV /              ! /.入


          __
      , ‐ ´      `ヽ
    /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
   〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
   l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
   i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハu >=ミヽ:.:ヘヾ、
  、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ     …………
    乂;イ.:.∧.::::    ::::.uイ V:.:.| リ
 _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
   ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
   /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
   /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
  /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i



        l|   l -─‐|- ___  |          /   / /      |
      l l    ',l\  |\   ‐|-      _/__///   /   l| ジーーーーーー
      l l     l_ヽ_|__ \  | ヽ.    ´// __,/// ̄/     l l
     /l ヽ    l`ヽ !、 i )\! \  //'__   /_,//     l l
   l´ l   \  \   ̄`     `' /i_´ヽ、_!フ> //   / .l
    ヽ |     \_  \     ,、   l_,.!ャ',     ,ノ    / l       …………
      `l      |`、‐`   '、.ヽ-‐ '´,ノi__',_ _,-'´    ./  .l
       l. l.    |  \   _,-`‐`‐´ォ l-‐ヘ´ /^i ,/   /
       ', l      ト、,/ `y´ /l ̄l´/ l 〉 }⊃ /'´    /__
       ', l',    l ヽ /  / ∠l ∨  l′/‐' /     /  ヽ
       ',.l ',    `y´     /        /   //    ',
     ,r‐‐-',l ', _/      /      /   ,//    _   ヽ
   /     /l/     / /       /   ,/〃--‐‐ ´  ヽ、  ヽ
   /        / l_     / l       , -'‐、 / ̄´         `ヽ ヽ
  /       / i `i  /  _,.l  ,.-、_ノi   l´                ヽ ヽ


                   __
               , ‐ ´      `ヽ
             /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
            〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
            l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
            i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
            、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
             乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ       ……わたしも浜松城を明け渡します
          _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
            ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!       ( これはもう しょうがないか…… )
            /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
              /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
           /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i
             /.:/: |  | | !l:   i|:  \!l│ |:.:.: ',ヽ
         /.:/.:.:;'!  | レ'l:!  c.i|:   }l:トj /!:.:.:.. ヽ\
          , '.:./.:.://! j∧ !! ー =i|ニ  j l:N/ :l',:.:.:.:.:.:ヽ:.\
        /.:.:/.:.://:.:|     l!   i|   ノ ヘ!   |:. .:.:.:.:.:.:.:ヽ: \
.      /.:/:.:/.:.://.:.:.:l     lヽ.  i|  /'  i  |:.:.. :.:.:.:.:.:.:.: ヽ:. ヽ

こうして 東海道に城をもつ大名全てが 家康に城と領地を差し出すことになった



評定後……

        , ─── 、
          /_____ ヽ
        l ⌒ヽ ⌒ヽヽ | ヽ
        | ^ | ^   |─|   |     軍議は盛り上がったし
       (/ ーc ー ′ r‐、ノ
       l  (__        _ノ       家康様は喜んでくれたし
         ヽ  (._,    /
  ⊂二ヽ、  `_ ,── イ__    ∩   これで良かったんだよね
    | ( ! ̄ ̄ |/ \/  ヽ─/ 二⊃
    `─┴──|     \ ___i_(ノ  …よくわからないけど
            |        |
             (____l
           |      j


        //      ,イ           \
        / /        / / l l            ヽ
      / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
     ./ /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
     /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
   /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l     一豊殿!
  .// j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
  // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
/   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
    l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
    V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
   .//    l //i \             / / /             ヽ
   レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
          レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
         /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \



:::::::::::::::           ヽ,,
:::::::::  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,'i,
::::::::  i~      ,------,i
:::::::  :i      i'   ,;-'i
::::::  :i      i   i ・i
:::::  _i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i   `','''i;
:::/~,,~~,~_    ___''',,,,,,,,,,,,,/i;       ……あ
::i ,,d   ,,;'""" `';,,,  " `i;
::i,,___   i ,,,,,,,,,,  `'----'"
::::::: i   i'"   ";
::::::: i   `-、.,;''
    `'-----j


         '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
         |     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
         |    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
   .     i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
       |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
       |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
        .|  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ      あれはいったい
       |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
     , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::      …どういうつもりなの?
   , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
, '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
!    |  | -.ハ    V|!:::∧
l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
|  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::



      ___
   ヽ./´    `ヽ、
   /' ,_,,..―――┤
  .l  「. n n、 nl⌒l,、
  r‐、l_ j j j |f l l,゚//ク     ご ごめんよ
  .し' ヾ'  ハ    ,フ    
   |  __l  |.ー|  ./      君の考えを盗むつもりじゃなかったんだけど……
   .l,/゛`' / ̄l___/
    l`'ー'''   .|゛
   .ノ――――l
  ._,,l.   /⌒`Y´`゙ヽ
 ./   ヽ ト    ト  ノ
  ゝ_/ ゙̄―‐'゙  ̄



         __
     , ‐ ´      `ヽ
   /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
  〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',     そんなことは どうでもいいわ
  l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
  i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、    わたしが言いたいのは これからのことよ
 _メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
  乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ    一豊殿は あの発議がどういう結果をもたらすか
_/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
  ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!     わかっているのかしら?
  /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i


       ,  ──  、
   ゝ/_____\ ??
   ./  | / , ─ 、 ─ 、l
   |  | l   .|.  l
   Y⌒ ̄l     |   l        どういうって……
   ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
     ヽ、     3  ノ        これで家康様の信頼を得て
       >─∩─、 ´
      /l// レヽ ヽ         東軍が一丸となれるんじゃないの?
      l l  ヽ _ ノヽ |
      | |   \__ ノ



           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\     ( やっぱり わかってないか…… )
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!    ……まあ いいわ
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |        一豊殿
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ         これから がんばってちょうだいね
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



  ?? ,  ──  、
   ゝ/_____\
   ./  | / , ─ 、 ─ 、l ??
   |  | l   .|.  l
   Y⌒ ̄l     |   l     ??
   ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
 ?? ヽ、     3  ノ
       >─∩─、 ´  ??
      /l// レヽ ヽ
      l l  ヽ _ ノヽ |
      | |   \__ ノ

7月26日
東軍は 小山から転進
家康は 一旦 江戸に戻ったが
福島正則と池田輝政を先鋒とした軍勢は
西に向かい東海道を進んだ



      (___________)
     /llllllllⅢllllllll\
      |_皿_癶_皿_|
    /lllll/_^_\lllll\
    Ⅲ|_皿__.日.__皿_|Ⅲ
   /llllllllllllllllllllllllllllllllllllll\
    |_ロ_癶_皿__皿_癶_ロ_|
  /ll/_^_\llllll/_^_\ll\     __
  Ⅲ|___皿_皿._皿___|Ⅲ   /llllllllllll\
 /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll\______|_ロ_ロ_|
  |_皿_皿_皿_皿_皿_|llllllllllllllllllllllllllllllll\
  .lXXXXXXXXXXXXXXXX.l_ロ_ロ_ロ_ロ_|
  lXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl
 lXXXXXXXXXXXXXXXXXXlXXXXXXXXXl

行軍の途中 徳川軍は 東海道の10以上の城を
小山での誓約どおり 遠慮なく取り上げた

接収した城には 徳川一門または譜代の武将とその兵が入城した



その結果……

        ,  ──  、
    ゝ/_____\
    ./  | / , ─ 、 ─ 、l
    |  | l   .|.  l
    Y⌒ ̄l     |   l      あれ?
    ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
      ヽ、     3  ノ
        >─∩─、 ´
       /l// レヽ ヽ
       l l  ヽ _ ノヽ |
       | |   \__ ノ

. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /   あれ?
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

      ______
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l / ─  ─ |
    i~^'   (・)   ・ |)
    ヽr    ⊂⊃   ヽ
     l      |    |     あれれ?
 __,.r-‐人      3   ノ_
ノ   ! !  ゙ー‐------‐'"ハ ~^i.
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \.
ヾV /              ! / .入



8月上旬
最前線である清洲城に集結した東軍は
井伊直政隊と 軍監役の本多忠勝以外に 徳川軍の姿はなく
豊臣系の大名ばかりとなってしまった


           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |      やっぱり こうなっちゃったか
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



           ( ⌒ ⌒ )
          (     )
          (、 ,   ,)
            || |‘

        / ̄ ̄ ̄ ̄\
        l ∨∨∨∨∨ l       おい!
        |   \()/   |
        (| ((・) (<) |)      徳川は 総大将もいねえ 軍勢すら揃わねえ
        |    ⊂⊃   |
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |      どうなってんだ これは!!!!
     / |. l + + + + ノ |\
    /   \_____/  \
  /   _              \
 // ̄ ̄(_)               |
 |ししl_l  (            |    |
 |(_⊂、__)            |    |
 \____/              |    |


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧     そうだ そうだ!
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ     責任者でてこいや!!
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'



    ,  ──── 、
   /  /\/∨∨\/ヽ
.  l  /    \_()ノ |      まさか……
  /⌒    / .l 彡 l
  ヽ_  ,- 、 ⌒(  ̄ )ヽ      俺たちだけに戦わせて
/| | //⌒\    ̄l  l
  l l  l レヘ ヽ、___つ     徳川は高みの見物を決めこもうってつもりか!!!!
  ヽ \ \  ^へノ /ノ
    \ ヽ、 二二二´/
     ` ー──  -イ.
                |



      ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\               いやいやいやいや
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    nnn、      そんなつもりは毛頭ないお!
  \    |ェェェェ|     /     i i.i.ii
  /⌒ヽ   ー‐    ィ、-─,‐─‐/ ヽ-、
  /  、     、    ___; _、r イフ'   ← 徳川家重臣 井伊直政


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __              もう少し もう少しだけ待ってくれ
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \         家康様は すぐに 駆けつけてくるだろ
.  ヽ   /   }          }て・,‥
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \  ← 同じく 本多忠勝

二人は江戸に急使を送ったが……



家康は この時 江戸から動ける心理状態ではなかった

                      -‐r=y=y=y-、、
                     /__f〆..:::::::::::::{{f}:::::...丶、
               /_f〆..::::::::::::::::::::::ゞ宀'::::::::::::::..\
              /_f〆..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                 / _{f7.::::::::fメ}ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'マ}:::::.ヽ
             / _{f7.:::::fメ厂               `マ}:::',
               / {f7.:::fメ厂 |    | |     |   l     マ}ヘ
           / {{l:::::/ノ  i |  ∥| l|  |l |   l | |l   ハ
             /  {{l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ     わたしが出陣したとたんに
         /  {{|:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
           /   イ小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ∥ ; l | |     上杉や佐竹が 江戸を襲撃する可能性は捨てきれないわ
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、
         / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ    あいつらの動きを見極めない限り
  |i、   / /  ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉
  l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//         江戸を発つわけにはいかないわね
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|   _,,、
\ ヽ:i:i∨ /   // ノ:| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:ト、xイi:i:i',i:≪,,_
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:|:i:i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:≪,,_
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i≪,,_
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i:i:i:≪,,
i,'i:i:i,:i:i/    」::::::::::::::::`丶、      /` ┘、 |/..://::/:::::::::::::..\:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i,:i:/    /..:::::::::::::::::::::::::::::>、='⌒L>、  \ヽ ⊥ -┐/::::::::::::::::::::::::::.ヽi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i
i:i,:i:/    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈  \ 「  \_  く  | ∥::::::::::::::::::::::::::::::::::|:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i:i',i:i:i:i:
:i:i/    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\    _/ ヽ―゙'   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::/:i',i:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i:i',i:i:



                /  ///    / //
              ′ ///   / //
              | r'/:::::\/ ィ /
               | |'ヘ::::/ /
              ∠! へ\<./´
           /  \  ヾ
           /     ヽ |!|
          /        }ヽ  〉
        { ̄ ̄  ‐-  `′ i
        ヾ- ――-     〉       家康様
            \       (__,.. ソ
         _r―  ー;.,.,. '´        忠勝たちから 出陣の懇願が届いておりますが
       _/マ==|ヽ{、
    -‐ .:::.:::.::\::\└勺!
  //.:::.:ヽヽ:::.:::.:ヽ:::.\ ゞヽ、
 |l:::.:::.:::.:i i:::.:::.:::.:i l:::.:ヽ ヾヽト、
 |l:::.:::.:::.:j l:::.:::.:::.::|ヽ:::.::ヘ `i! l:::ヽ  ← 徳川家重臣 
本多正信



                  _
                 >セ乞アト ニ _
              /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
            / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
             //    /          \::.::.:.ヽ
              / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
          /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
   /⌒ヽ    ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ      放っておきなさい……
    | : |   |    | |ヽ |   |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
    | : |   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
    ヽ_人   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
           |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
           レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                |  ト  __      /|    |l      |     /
     、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
    _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
     ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
  ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ


             ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
              ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
               ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
                ヽ (::___:;;) /
                 _ ,'       ',. _
                   フヽ ヽ /  /l
                  ,' ヾゝ   ィフ ',          はあ?
               | _    ' l    __L_
              ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
               '´   _ィl ー┴-'ヽ
              _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
             ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',
         /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !



           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ      放っておきなさいと言ったのよ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l     こっちは それどころじゃないし
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||    第一 清洲城にいるのは 豊臣恩顧の大名ばかりじゃないの
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l     そんなところに のこのこ出向いて
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l     裏切りにでもあったら どうするのよ!
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、



       __          __
     / Y ヘ   ___.  / Y ヘ
     /  lヘ  ヘ .l:::::::::::::l. /  /l  ヘ
    /  / ヘ  ヘ l::::::::::::l /  / ヘ  ヘ
    _/  /   .ヘ (::::::::::::::) /.   ヘ  ヘ_
  (_____/    /´      `ヘ    ヘ____)
         -l,,__   `´   __,,l-       ( ホント 疑り深いんだから… )
         _l___    ___l_
         l     `´     l        しかし 連中の不満はかなり高まってます
      __,,-l-''l"_,,_     "l''-l-,,__
.      __,,-ゝ(_,,,_)-^-,,_,,-'' ノ-,,__ _,,_    このまま放置してら 本当に西軍へ寝返る危険がありますよ
.          ー1 ̄ ̄ ̄「-''    (_,,_)
       __,,-''/^l     l "''-,,__
     l"~::::::::::/二ヘ,、  /;;〈 l:::::::::::::~"l
.     〉::::::::::〈  二 .〉--'   l::::::::::::::::〈
     〈:::::::::::::::l   二つ   /::::::::::::::::::::〉
     〈::::::::::::::l_______ノ )l l( /::::::::::::::::::::::〉



         _rxvxvxvxャ―- 、
        ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
     rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
   _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
  /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
 {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
 `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
/丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|      好きにさせればいいわよ……
レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
  /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j      これくらいで寝返る奴らなんて
. //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
/// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |      本番じゃ何の役にもたたないわ
〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
″{ { ,' // |l ヽ、   -      /// ハ | | | ト、 , =彡   ……それにね
⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
:―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
'⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三



                     ,zタイ       i ´`ー、_ヽ                  ,j
                , -,r'´  / /    l  i  l ド l_ , -、        /:l
                水//   i /l     ,/ _/_/l / ヽ‐z‐'- 、_     /:./
           / /イ l   lヘハ,_  /l/レ'イ__レ,i   トイ          /:.:,' / , -‐
、               l ! l  lj '´ゝ '゙    ―…' /  , li \     ,.':.:.:.i /:.'´:.:.:.:.:   寝返るといっても
:.:.:. 、    ト、       Vヘ ! __,. -'  ,      ∠. イ  l '、      ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.':..、ト丶:.:、     | ヽト,     _, - ァ     l   l 丶   ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :   今のあいつらに 何ができるっていうの?
:.:.:.: : : : :.:.:.:.:丶:.:.:.ヽ   /ヽ  ト、      ̄‐     /|   l  ヽ /:.:.:.: : : .: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/    \l ゝ 、     ./ ,l   l    /:.:.:. : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :.:.:.:/   , /   / >‐-z::ニシヘ./  //   ;:-‐'´:. :ヽ: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //  / /:\  / l 〈二f:.ハ:. :. / , /  /:. :. :. :. :. :. :.\: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : lイ  l /, -‐-ス、,' /:. :/  ',:./'´>xャ‐:.':. :. :. :. :. :. :. :. : . :.>、:_: :
:.:.:.:.:. : : : : : : : : : |:l  l/:. :. :. :. :. :.ヤく:. :./- ‐|:./´〈l:. :. :. :. :. :. :. :. :, -:. ´:. :. :. :./:
:. : : : : : :.:.:.:. : _, -‐'ヽ !:. :. :. :. :. :.kj   ´__ _    /ト、:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :/:.:.:



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !       考えてもごらんなさい
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !       東海道は 既に徳川の支配下だし
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ       中山道には 秀忠に本隊3万を率いさせるつもりよ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´      連中が寝返るにしても 城も領地もないあいつらに できることといえば
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_       武将の面子をつぶして 大嫌いな三成に頭を下げて
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::      泣きながら西軍に駆け込むことくらいじゃないの
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


         ',.::::::! !     / /.:::/
          ',:::::| |    / /:::/
         ',:::| |_  / /.::/
          ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___ノ  レく
           "´ V      `ヽ
           ! , '      ヽ
            ! ' ,.ィ        ミ
           ',  `"  ,.  -‐┼ '''"         ……なるほど
            /    ィ´,.  -‐十 ''
             〈    ノ´   ,. イL
           `ーく_   ,.イ ,.イ.:::::.> ‐- 、、
              `y'´ イソ/.:/.:.:.::::::::::::`,
               〃介7.:::!.:.:.:::::::/.::::::::::::::i
             〃,fシ//.:::!.:.:::::::/.:::::::::::::::::|



こうして 家康に放置された清洲城の
特に 城と領地を明け渡した東海道の諸侯の焦燥と不満は 高まるばかりであった


       ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
    /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
    /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
   /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
  /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
  |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
  |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ  ………………
  |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|
  /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!
    /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
   ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l


         ∧,,∧  .∧,,∧
     ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧     ( なんでだ……)
    (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)     ( なんで こんなことになってしまったんだ )
    | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ     ( 一体 誰のせいだ )
     u-u (l    ) (    ノ u-u    
         `u-u'  `u-u'



    ,  ──── 、
   /  /\/∨∨\/ヽ
.  l  /    \_()ノ |
  /⌒    / .l 彡 l
  ヽ_  ,- 、 ⌒(  ̄ )ヽ      ( 誰のせいだ…… )
/| | //⌒\    ̄l  l
  l l  l レヘ ヽ、___つ
  ヽ \ \  ^へノ /ノ
    \ ヽ、 二二二´/
     ` ー──  -イ.
                |



    _
   : >  ̄ ―― ---‐ __
    ; > ______.   | ;
     ;  ̄  | /_    _ \ |  |  ;
      ;  .|.l´,,ヽ .i'゙,, `i |   | ;
       ,   jヽ__ノ ヽ___ノ レ‐、l  ;    ( 誰のせいだ…… )
     ; /  ° 、      6 }  ;
      ;   ̄~> ヽ   ノ゙´ ;
      ;  <____イ  ;
        ;  /|/\/\ ;



    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,
    /_____  ヽ
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |
   |  ・|・  |─ |___/   
   |` - c`─ ′  6 l     ( 誰の……せ…い )
.   ヽ (____  ,-′   
     ヽ ___ /ヽ
     / |/\/ l ^ヽ
     | |      |  |



 <                                        >
<      お 前 の せ い だ ーーーーー !!!!!!     >
 <                                        >
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒YY⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒YYW⌒Y
                / ̄ ̄ ̄ ̄\
                l ∨∨∨∨∨ l
                |   \()/   |
                (| ((・) (<) |)
                |    ⊂⊃   |
               | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |
             / |. l + + + + ノ |\
            /   \_____/  \
          /   _              \
         // ̄ ̄(_)               |
         |ししl_l  (            |    |
         |(_⊂、__)            |    |
         \____/              |    |


:::::::::::::::           ヽ,,  
:::::::::  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,'i, 
::::::::  i~      ,------,i  
:::::::  :i      i'   ,;-'i  
::::::  :i      i   i ・i   
:::::  _i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i   `','''i;  
:::/~,,~~,~_    ___''',,,,,,,,,,,,,/i;       えーーーーーーーーーっ!!!!
::i ,,d   ,,;'""" `';,,,  " `i; 
::i,,___   i ,,,,,,,,,,  `'----'"  
::::::: i   i'"   ";       
::::::: i   `-、.,;''        
        `'-----j     



一豊の 針のムシロの日々は 正則が 家康抜きで岐阜城攻略を決意する時まで続いた

              「 l.i‐┐
          ___r‐i_='└┘
.           l        l                _
        └―┐ r‐ニ'          -‐ ,  )
      ,....,.._./'7 l l ヽ_ヽ          ,..、,.r' /
     _ !__! l `' .ニ         ,-i´ヽ ヽ '´_,.........._
 ┌‐┘ .`ーi ̄ l ̄    ̄ ̄! /  i´、ヽ l___lr',iv'ヽ,r、r 、ヽ
.. l_  _」 └┐ r‐ r l ヽ--‐ヽヽ__Y__,.r! ( 。rイ ヽ ヽr'ヽ    お前が! お前が!!
 /`ヽ! .l r―、  .!__l /__!i.__,. -‐ `ヾ-i' `r r''⌒゚t'   ,、'」、
 `ー' .l.__」 ヽ-'               r ./ヽ l ` T ´ _,.ィ´ヽ! .!ヽ    お前が余計なことを言うから!!!!
    r-i__            l  l ,!  ヽ.(__,..、 t'´l  l ,.ノ ノ .ソヽ
.  l ̄      !         j、__,  !  ! !  ,、.ヽ ヽ=ニ二二-'_,. -'  ヽ
  `i. ┌ ┐ l      < ,.i'   !  ! .l ,.-' 7く ! ` ー‐ ' ´ .,r'    .i
   l  l  l .!  .j、__  '´ `  l  l l  jrヽ!  ,!       /       !
.  └ ┘└┘ -ニ r'´ 、    \.!  !. !  l  , /     / ヽ、  /  .!_
           レ'ヽl  ` ー、  l    _  '  !    /     ヽ.'´   l.  `i
            (´ヽ r‐、  ,.r'二_   `ヽ l__,、/    ./       l、/
     、,,_     (´`ヽ ヾ !   l/_ヽ,r`‐-、  Y_     /ー--------r
   -`゛ "''    (⌒Y  '  j、_. j. /!,! lヾ l、  ヽ r '´        /
.             (二__,.、  !rゝ(` ヽ  ノ 、!   ,! l 7     _,ノ       ,..._
、ヽrl,r,_      ⊂=    ` ヽ_ヽー'' `´! )ヽ 'i. Y/ .!    ィ ´  .`i- 、 ..__/ _. `ヽ、
゛ ゛         ,... , -      ( ヽゝ、__,..ニ-t' ´    ヽ l____j、    !       / ヽ ヽ
.         '- ´   ,.r  ,.r‐‐'   `´  _j_,.. -‐r 'ヽ __)‐'´ !--‐ ' ー― '''` く   ,!
         ,    (./  `,r ',r ,   ノ ̄     ヾニー-- ニ '´  、_、/r,,_     `´
      -`゛r' "'-      `-(_,rl._/`

しかし一豊は 小山評定の発言のおかげで
戦後 掛川6万石から 土佐一国24万石の太守と成り上がったのである

<発言と責任 ~山内一豊~>おわり



369 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 21:25:59 ID:0tpPyR4x

ノビ浅慮すぎるw



370 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 21:55:44 ID:RZxgL4Nz

乙です

山内ノビ太は針のムシロの日々が終わって土佐24万石の大名になるんですけど
その後の土佐侍との争いは有名であり、結局心身削って苦労しながら亡くなってるんですよね

あと変幻自在の武将と化してるよな準にゃんw



375 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 23:43:43 ID:uGBlESE1

>>370
土佐侍との争いも下手にこじらせたら
お取り潰しになっていただろうしねぇ。
家を守っただけでも上出来じゃないの?



368 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 21:17:14 ID:nNrtpiut

乙でした このあたり大河ドラマではどう扱われてたんだっけか



371 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 22:04:13 ID:lyWTJd47

>>368
陣中で福島正則と黒田長政が言い合いしている中、
一豊は「何で内府様は来ないのだ?」とつぶやいてた

と記憶している


372 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 22:17:01 ID:LSFoXd0A

確か、この時の土佐24万石も結果24万石で本当は10万石以下の恩賞なんだったっけ?



373 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/26(木) 23:18:00 ID:epP7hj+L

>372
その通り。
関が原合戦時の土佐の石高は九万八千石。
長宗我部氏の検地は土地所有者の自己申告によるものだったので不正確な部分があった。
山内氏が徹底して検地を行った結果、二十万二千石に増加した。
ちなみに二十四万石というのは、生産力が上がった後世において生まれた俗説。
実際には幕末まで土佐藩の石高は最初のままだった。




374 名前:1[sage] 投稿日:09/02/26(木) 23:30:11 ID:3NpFE2ik

先に書かれたw

一豊のもらったのは土佐一国
それまでは10万石程度だったのを検地しなおしたら24万石だった
おそらく 旧長曽我部の家臣の中間搾取層を バッサリと切り捨てたのではないかと

で その報告時の 家康様のしらじらしいお言葉 ↓

    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l    あら 土佐って24万石しかなかったの
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ    わたしは少なくとも50万石はあると思い違いしてたわ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ       一豊には 悪いことしたわね(棒読み)
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ


          /_____
          |/⌒ヽ ⌒ヽヽ | ヽ    家康様がそこまで僕のこと評価してくれるなんて
          |  / | ヽ  |─|  l
         / ー ヘ ー ′ ´^V    感激だなあ……
          l \    U/  _丿
      .   \ ` ー ´  /
            >ー── く
          / |/\/ \
          l  l        |  l
          ヽ、|        | ノ
             |ー───j



            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ    ……
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \     ( ホント チョロイというか 扱いやすいというか )
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー  
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-

376 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 00:23:11 ID:raENr0UQ

その子孫の山内容堂が結果的に幕府を倒す一翼を担うんだから歴史はおもしろい
ただ、容堂自身は「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と陰口叩かれてるから
先祖と同じで、深く考えず人の意見に左右される人だったんでしょうな

慶喜を守ろうとしたり、西郷に脅されてアッサリ引き下がったり



377 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 00:37:41 ID:sOyXmrQK

山内氏の土佐での嫌われぶりはガチ



378 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 01:33:17 ID:vVMfrSxb

乙です

なんでこんなにオチがつくんだw


379 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 03:14:03 ID:Fcg14pv+

とはいえ、結局家を保ち領地を増やしたんだからなあ
取り潰しにあった連中を考えるとどちらが優秀なのかでもあるなw



380 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 11:07:56 ID:3u/ERNYW

アンチの意見だと、「無害だから保存された」になるそうです。

たしかに、有能だと警戒されるしな。



382 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 23:16:23 ID:Fcg14pv+

自分が生まれても居ない時代の為政者にそこまで思いを馳せれるのが凄いな
キチガイじみてるとすら感じる
まあこういうのって地域の対抗心に似てるのかもしれんね
青森とか長野でもそういうのあるらしいけど

>>380
むしろ家を存続出来ない程度の有能さだったともいえるわな
害があるくらいなら無害で丁度良い時代だったんだろうね



381 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/27(金) 23:05:47 ID:6PauNNlm

高知県民のみならず、漫画や小説で犯罪者の様に忌み嫌われている一族
特に「おーい竜馬」では殺人鬼か首狩り族みたいな扱いだったし

山内一豊の子孫を名乗る者がこっそりとブログを立てて数名が語り合っていたが
毎年金沢百万石まつりのときに市民に慕われている前田家と家臣の子孫が集まっていたり
先祖が開拓した秋田で市長になって政務を執っている佐竹家の子孫と比べたら
「普通の百姓の子孫」と名乗った方がマシに思えるよな・・・私ならさ



383 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/28(土) 18:53:25 ID:1ewNt/1L

青森は南部と津軽の関係で仲悪いんだっけか
長野は何?



384 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/02/28(土) 22:23:56 ID:+NrXqgw9

長野市と松本市だってのは知ってるが、そもそもなんで仲悪いのかは知らないな



385 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/01(日) 00:51:43 ID:ZZZHe3wT

>>384
廃藩置県後に信濃に誕生した長野県(長野市中心)と筑摩県(松本市中心)
合併協議が八割方終了したもののどちらに県庁を置くかで激しく対立
ところがこの対立中に松本の筑摩県庁が火災で焼失
中央政府の裁定で長野市が県庁所在地となる
で、この火災に関していまだに長野派の放火の疑いが晴れない
あそこの対立の原因はこれ



387 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/01(日) 10:47:18 ID:2YwP/v8a

>>385
奈良時代にも信濃国から諏方国が一時期分置されてたしね。
古代から南北対立があるようだ。


386 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/01(日) 05:40:22 ID:ZnkzCxRl

山内は大河ドラマでもあった相撲大会だといって地元の連中呼び出して
だまし討ちで虐殺するとかをしたから地元民に嫌われてるんかねやっぱり



388 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/01(日) 21:23:20 ID:yySCldIo

南部家か・・・代々優秀な者が統治した島津家とは逆に、代々無能者が統治して
歴史系サイト・スレでネタになりまくるのも悲しいよな

戦国時代末期は津軽家に見捨てられ独立された挙句、伊達か最上に滅ぼされるだろう状況に
なってきたところに豊臣秀吉の惣無事令で救われています・・・
江戸末期はバカな農業政策で三閉伊大一揆が発生、農民たちに「仙台領民にしろ」と要求される始末w
維持できず滅亡寸前だったところを幕末・明治時代のゴタゴタでまた助かってます・・・
(歴史ドラマ化した壬生義士伝の話も南部藩の貧しさからスタートしています)


>>385
群馬でも県庁の事で前橋・高崎市民の仲が悪かったりします



389 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/02(月) 01:24:25 ID:wyeyRuEP

島津にもダークサイド家久ってのがいてね。ort



390 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/03/02(月) 12:43:22 ID:LvIUY9mL

>>388
群馬は前橋(厩橋)、高崎(赤坂)以下ryと領主が割拠してたからね。


やる夫の関が原戦線 まとめへ

関連記事

※シリーズ別。敬称略


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 22:58 |コメント(8)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫達で辿るモンスターメイカーの歴史 ≪第十三章:シンドバッド黄金の帰還≫ | HOME | やる夫の藤子不二雄SF短編 やる夫はカメラを売るようです 第二話 「四海鏡」 >>

■御感想or寝言

2089 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/07(土) 03:03:06 ID:-

地元民達のコメント乙www



7767 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/03(日) 21:26:15 ID:-

地元民に好かれてる旧大名家なんか極々まれ
偉大な武将だろうがなんだろうが、地元民にしてみりゃ略取者でしかない
例えば、松の廊下の一件で赤穂浅野の取り潰しが決まった時、地元ではお祭り騒ぎだったという
ナガノリの代に塩田を大拡張して、地元民の負担は非常に大きくなり、浅野氏は嫌われていた
近年、赤穂浪士が観光収入現になるようになってから「お祭り騒ぎは討ち入り成功を祝ったもの」と取り繕った


8538 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/12(火) 07:22:21 ID:-

前橋市民と高崎市民が仲悪いなんてことは実際無いんだけどなww

今のおっさん連中はしらんけど


27870 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/08/15(日) 02:24:04 ID:-

藤堂高虎は人気だぜ
評判悪いけど


37788 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん [] 投稿日:2011/12/16(金) 01:05:20 ID:-

毛利はそこそこ慕われてるなあ。大内も最後が悲劇的だからか、これもそれなりに。
もっと前の在地領主はだれそれ状態だけどさ…


38494 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/03/13(火) 19:40:50 ID:-

>#37788

毛利は広島県でも慕われてるよ!
浅野?誰それ?


38671 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/04/20(金) 08:35:14 ID:-

信長の野望をみればわかる通り、大名(土地支配者)なんてあんな腐るほどいて
全員が全員慕われてたり、地元の誇りみたいな扱いされてるわけじゃない品

信濃武田だって、信玄堤が後で役に立ったにせよ、あくまで「有名武将発祥の地」という
観光的な側面の方がずっと強いわけで


49208 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2017/12/12(火) 21:09:14 ID:-

のび太抜きにしても、正則がジャイアンになってよかった
猛将に、お姉ちゃんキャラは合わなすぎるw


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV