やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

■2013/06/11(火) サーニャは、スターリングラードの空を駆けるようでス。 第7話、黒い悪魔は「楽には死なせない」と笑い。赤い悪魔は「生きろ」と言った。




987 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/09(日) 21:30:38 ID:4s6teBIA0

                  .   ¨¨ ̄ ̄¨¨   、
                /             \
               /  ⌒ソ三三≧z、       ヽ}ヽ       6月10日月曜 22:00ごろ投下します。
.              /   ∠彡'⌒¨¨ ̄ ̄`ヽ ____rくノ
             /  /             `ヽ   `ー‐ァ
           __{_ 〃            ヽ   \ 、__ノ
           `ヽ 7      i   :ト、  ト、 __ト、  ヽ 、ハ
.            __ノ /      ト、  | \ィ´ヽ} ∨ ト、}、 ハ      バルバロッサ作戦はまだ続く、
           `ヽ/ :i    .ィ==x ヽ{   ヽ}f穴ミx }  `ヽ}
.             |  :|     i xf穴z     {ッじ:j} }ノ `ヽ{      主人公の出番はまたちょびっとだ。
.             {  :|   { { V{kじ}     `¨´  ハ.  ハ
             八 {ト、 ト、八 `¨´  '   """ ムイ}、  }
    l⌒ヽ        }ノ | ヽ{ 从 """  r ,   .′′ |  ′     では同志諸君、準備はいいか?
.    l   \       | :i   > 、..     .イノ}ノ  | '
    丶.   ` ー―-、八 {ヽ.._  ∨}ノ}` =.彡‐―ァ   jノ      _/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
      `7ー-  __,  \ }ノ ___`ヽ{广7壬   rく           \                              /
      ノ! /   / ,     V/¨/7 __`ヽ〉i:i  __ノ   ヽ__       < ソビエト同盟 Ураааааー!  >
      | | /   ノ∨  _  〉:::::// { `ヽ/〃´ ̄¨7  〃/`ヽ     /                               \
      | | ゝ、   } /   :::::l:l 〈 __ノ{_/に_彡/ ,://:::::::::∧      ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄


次回タイトルは ”黒い悪魔は「楽には死なせない」と笑い。赤い悪魔は「生きろ」と言った。”

エリア88のアレからの引用ですよ。 
.

988 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:34:33 ID:wohunrLI0

了解です!同志!



989 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:47:50 ID:mUpHngCU0

明日かー。バルバロッサの進撃っぷりは素晴らしい。攻勢が鈍って巻き返される様も素晴らしい



990 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 22:01:33 ID:39i1wEgo0

Ураааааー!



991 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 17:56:05 ID:HtYh3sAM0

待機はこっちでいいのだろうか



992 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:07:33 ID:kxX58TB60 [1/8]

独ソ以外の国はヘタリアAA当てて要約します。各国の政治家を全部当てはめていってたら
労力かかりすぎる。



993 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:15:29 ID:kxX58TB60 [2/8]




                                ,,,,,,,,,,
                                [,,,,,,,,,|]
                              ▼´   `▼
                               i イ((イ゙メ)ル
                               ルィ! ゚ -゚ノィ!
                             ~(,_U_U
                   \\====||===/=========================//
                   //                             \\
                   | | 黒い悪魔は「楽には死なせない」と笑い。  | |
                   | | 赤い悪魔は「生きろ」と言った。        | |
                   | |                               | |
                   | |         ☭ 第7話 ☭           | |
                   \\                             //
                   //============================||=====\\
.





.

995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:17:58 ID:tmq5IbPU0

その日、ささやいたのは赤い悪魔の方かw

えりぱちえりぱち




994 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:16:20 ID:kxX58TB60 [3/8]


┏━━━━━━━━━━┓
┃カリーニン航空クラブ  .┃
┗━━━━━━━━━━┛
           , '⌒ー-‐、
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ
                          ..   ゴオオオ…
                     ―t'ュ―
                                              ―t'ュ―
     ..     ...... . .... ..,..... .........
 ....:::,:,,,..   ....... .    .  ::::::::::::`
 ::::: .............     ..
                          _|_
                            〉;;;;;;l        |       _,.,..、.,.._
                            | |]:::|:       ┼ ,.,、.、;´"^     `'.ー´`"'''、、.,,,_
    ____|____         _   _|_|]:::|_____|_____ ______|__
    |=========|  |__   __/ |,,,-''''~=========== ~~''--;;;:::::;;;;-''''~ =========== ~~''-
,,,,,,,, |=========|-=´―´ ̄――ノ|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |::::|   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
        ` ̄' ̄ ̄ ̄' ̄'''' ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                         早く訓練をしてくれぇ!

                         モタモタしてたら俺の故郷がファシストどもに
  [|,,★|]     [|,,★|]     [|,,★|]
 (;´Д`)   (;´Д`)   (;´Д`)   焼かれちまうんだ!
 (    )   (    )    (    )

996 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:18:06 ID:kxX58TB60 [4/8]


   アンナ・エゴロワが去り、男性教官たちも従軍していったカリーニン航空クラブでは

   連日、訓練に来る軍人のタマゴ以外は女性職員ばかりになり。

   人手がまるで足りなくなりました。 戦時下では、どこも同じような状況ですが。
\____________________________________

           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|        U   :∨// ',
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }    慌てず騒がず、
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |    待っていれば順番を早く回せるの。
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|
          /:/ 込.  O         爪 {  :/j/:   |:|    私たちも半分以下の人数で頑張ってますから
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}   協力して欲しいの。
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/
      :{:八{/{/´ :{::::x<こ}\_____}/   /{ /  ',

          【リディア・ウラジーミロヴナ・リトヴァク】

              愛称はリリー。 20歳。

       大空を愛する小柄(身長は150cm弱)な少女。

          カリーニン航空クラブの教官。
.

997 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:19:19 ID:kxX58TB60 [5/8]



   早くって、あと何分?何時間だ?
                            気休め言うな!

                            とにかく急いでくれ!アンタらもナチ公に
  [|,,★|]     [|,,★|]     [|,,★|]
 (;´Д`)   (;´Д`)   (;゚Д゚)      強姦される目に会いたく無ければな!
 (    )   (    )    (    )
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|        U   :∨// ',
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |   ( 困ったなあ……。
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |    私だって朝ご飯を殆ど食べずに
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|    定刻より早く勤務してるのに…… )
          /:/ 込.  -         爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/

998 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:20:02 ID:kxX58TB60 [6/8]



                   ┌┐
                   │ |     /7
            < \     L」     /_/
             \_>                  />
                               </


             /                  |: : \
      __/>======  ―-           |: : : : : .     __
       ´ ̄ ̄ / . : : : :{: : : : `>=..   `    |\ : Y 〉ー< : : : : : : .
     />ー‐/ :/: : :/|: : : : / : : / >....  \|  \|/:―――-: : : : : \     お困りのようですね? 先輩。
.    / : /: :.′:/: : / \: : : : : : / /   `ー‐ヘ  |\: : : : : : : : : \ : : \
   / : / .: ::|  { : / x=ミ八: : : |/ >=ミ、|: : : : \j   \: : : : : : : : : : : : :|
    | : .′:/: :|  :∨Y ノハ \:| ノハ Υレ: : : : : :|    ∨: : : : : : : : : : : |
    | : ! /.:.:人{\:{  弋)ソ     弋)ソ ノ |/ : : / : |    |ハ : : : : : : : : :|   本日付けでカリーニン航空クラブに
    ∨| /: : : :/:从\  `゙   ,    `゙    / :_: /^ヽ:|    | |: : : : : : : : :∨
      |: : : : : : : .′              ⌒´ _) }ノ    /  : : : : : : : : :/     配属された新人教官の
     ∨: : : : : :| 八    「 ̄         イ_/       |: : : : : : : /
.      ∨: : :∧|   \   V⌒ソ     _//           |: : : : /: /      ラリッサ・ラサノヴァです!
      \ (               イ⌒ヽ             |: : : //
        >―      >r-       |_           _ /: :/
                 /|     /::::..          `ー
          _   __ /:::)7r-::::::::::::::::::/、
         /.::/.:.:.:.:.:ノ   Vo/|::::::::::::::::: /:.:.:.:.:..
          /.::/.:.:.:.:.:(  /^7´ ̄ ̄\/.:.:.:.:.:.:.:.\

            【ラリッサ・ラサノヴァ】

        カリーニン航空クラブの新人教官。

              18歳。
.

999 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:20:47 ID:kxX58TB60 [7/8]

                ,,.斗f‐ =====ミー=ミ
             γ´  γ⌒ヽ    ∨, `    _______
           __ ., /    乂__ノ     ∨  V/´ ̄ ̄`ヽ
         /⌒7/    ニ=- ‐…‐ -=ニ ム   ∨ __        シュコーラ(学校)から航空学校まで
          /i{.j..<            `i}、  V⌒''*、
.        /    {[/ ,,.斗f七IΤ ̄ 、. 丁うぅs。.j} ヽ       ヽ     現役合格を続けてここに来た
.      ′ / / ´ /,/i _j_ i/     ヽ{i\  :} \}  }`ヽ.  ‘,
        {  .{ .′ {/´レ'  '      ̄` \}   i  }  V/      ピチピチ18歳の私に、
        {  :{ {  ,ハ/  __     ___    レ'i   i  ,    V/
.      八.   人 i{ } '^⌒     ⌒^`   ノ  ノ /          お任せ下さい!
.        \「  ヽ , , , ,  、     , , ,  ∠ ィ゙7´       } /
                人      r‐‐ 、    r‐‐ '         ノ'
               >   乂  ,ノ   升ト、               ええと……
                  ≧==チ   ノ'ニヽ
              >''7 }7ヽニヽ≦ニニ‐/\
                 {  .′ ;{  マニニニ‐/    ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|            :∨// ',     私はリディア・リトヴァク。
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }     よろしくね、ラリッサ。
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |     今日からなら新人研修は済ませたのかしら?
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|     私の時は手続きに追われて、
          /:/ 込.  、 __       爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八     初日からフライトはなかったハズだけど……。
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/
      :{:八{/{/´ :{::::x<こ}\_____}/   /{ /  ',

1000 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:21:31 ID:kxX58TB60 [8/8]

.: :./         ̄  ー=ニ._      | :_:_:__(( : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/              ` ー=ニ._[___\ : : : : : \ : : : : : : : : : ハ
⌒7¨¨¨¨ア^Tァ=-  ..,,____/ : : : : : : : ∧ : : : : : : \ : : : : : : : : :|
: : :|: : : :/ァ¬ {: : : :|/ _.二_ |: : : : : : : /: : : / ∨: : : : : : : : : : : : : : : :│    えっ!?
: : 八: : |《 i_ノハ: :∨ 〃⌒;心|/: : : : : 厶/: /   | : : : : : : : : : : : : : : : : |
∨  \| 乂.ソ\|    i_ノ。リ》 : / /x}|/     |: : : : : : : : : : : : : : : :l |    そうなんですか?
    // ,     乂_ン厶彡´ 〉リ     │: ∧: : : : : : : : : : : :リ
     八       ///  ,_/      | :/ : : : : : : : : : : /
      \  t‐、      uイ ∧       |/ │ : : : : : : /      わたし……お仕事につくの初めてで
.       />  ´         /ニ}、           |: : : : : /
      //  >ァヤ〔___/ニニ7 \     _/: : :_/          分かりませんでした。
.     / ∨/⌒∨|●|「二二ニニア)   \    ( ̄ ̄
.    ,厶イ/  _,乂_,∧ 二二ア/      \
   /  {  { {  ̄\二7            \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|            :∨// ',     事務所の連絡忘れかしら?
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }     まず事務所に行って話を聞いて来て。
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |     それから現場を手伝って貰うか
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|     後日になるか確認した方が良いわ。
          /:/ 込.  、 __       爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/

5 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:22:57 ID:kxX58TB60



      /: : : : : : : : : /                 \ : : \
    /: : : : : : : : : : /                   .: : : : :丶
.   /: : : : : : : : : : : /  =-                .: : : : : _: :.__
   /: :/: : : : : :   ´   __               : : : ∨/´: : : : : : : : : .
.  /: :/: : : : :/ . . . : : ::/  /: : : : : : . ..     ` 、   ト : : | ト: : : : : : : : : : ::\
  .: :/: : : : :〈/: :/: : : /´ ̄|/|: : : : : : ―ミト、    \  |  ⌒ヽ: :\ : : : : : : : : :\
  |/|: : : : : : : :/|: : : :ト/´うハ : : /:/}/ ___,\__/ー〈. ..   ∨: : \: : : : : : : :)ハ   わかりました。
  |: : : : :/7:/!: : : :|l{ i{//|: : j/   ´ ,うハ | : : : : : : : : : >...| : : : : : : : : : : : : |
  |: : : /  / : : : :i  Vソ\|     i{///ル|: : : : :|: : : ::/^| : : : : : : : : : : : : |
  |: : /  / 人|\{/// ,        V(ソ ムイ : : : ハ: : :/ .: : : : : : : : : : : : :|   ご丁寧にありがとうございます!
  |:∨      \{`         ////: : : :/j/} i:/ /: : : : : : : : : : : : :/|
.   \{        八    「          / : : イ /   ′ / :/|/: : : : : : : : : /
     \            V⌒ソ    ´⌒".._ ーイ   // /: : : /: : : : : /
               \         イ |⌒ヽ         /: : : /: : : : /
                    >=-        |)ヽ        /: : /: : : /
                _ ∧,ィr-―==<//|    ー<: : : : : : : :/
               /:::::/:ヘ(V/////////∧        ̄ ̄ ̄


ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・

アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販二つ折り財布の通販



6 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:24:55 ID:kxX58TB60


<  タッタッタッタ……



   おいおい、新しい教官はあんな
                            平時なら、からかい甲斐がありそうだが、
   ガキかよ……。
                            戦時の人材不足のせいだと思うと
  [|,,★|]     [|,,★|]     [|,,★|]
 (;´Д`)   (;´Д`)   (;゚Д゚)       うすら寒いものだな……。
 (    )   (    )    (    )

7 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:25:39 ID:kxX58TB60


二二二二二二二二二二二二二二二二二|___
                           /ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ヽ-┤    給油完了っス。
                           .ヽ.|
                           .|.|     毎度ありー。
 。                          |.|
 | . T                      / i |.||≡ |二二{|___
||┌◎======⊃-------------- ./ l/..|| (゙(´∀` )
二二凵二二二二二二/.// ̄ ̄ヽ\|二二./ .l -ーー--ー--ー--ー--- .....,,,,,____
||  || |三三|三三三凵.| (※) ̄゛゛ニ二:l ./_____                  ̄ ゙゙゙゙̄゛゙゙゙゙゛'''''''''''''''''''''''' - 、
 ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽヽ  ノ  ヽヽヽ__ノ    .l ./  ≡|(_(_| ̄~~゛゛ '',''''''''''''''ー--ー--ー--、---------―――ー'
                       __,∨..___,,,,|≡         ', _     |           /
                     <    i  : ~""''' ‐- ...,,__/',/    | .         /
                      `''、∧   :          ""''',ヽ----''|.         /
                     /   ヾヽ─-:             ',     .|└.、      /         /⌒i.、
                   /     ヾヽ :   ━         ',   .|   ヽ-ヘ"'''/‐- ..,    ./   .l .i
                      ̄゛゛ニ二υゞ;ソ"''- ..   ( ̄~~゛゛',''''''ー|--- .....,,,,,_/_    ~><. ★   l i
                             |`'''- .ノ...,, _:::::::\___::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ゙゙゙゙̄゛゙゙゙゙゛'''''''''''''''''''''''' - 、>
                             | /:// //~"ヘ /:::::ヘ:::::::/|~""'''‐-.._:::::::;;;;;;;;;;;;;、、、---------―――ー'
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
    }..............≧ー,≦ --      斗- ミ く¨¨¨¨¨¨¨¨ 了
    人 ..:::::::::::::/             ` <::::::::::::::::./
     ヽ....:::∨                .. ヽ/:::::: /
       乂:/ /      /             :.. ∨::/
.        /′′   /   :} .レ′  .   ..    :... ∨
        / .′   / / ノ'/{  : \ ヽ:   :.... |
     / .:  / / /| /イ. |人  、 ヽ. :.  } .{:..{
     . /:  : ; 斗.七不_Tト{  弋_マ7ト.}、:{ : ...:..‘       それじゃあパラシュート降下訓練を
      { i{:.  .: i :{,.孑=.ぅiミヽ   孑テ=ミ. V| :′.小:.∨
     人乂..{ :八小.乂::ツ       {i ::;fソ》 }/ ..:リ.人乂     開始するわね。
      ト人 ..ハ ......        `...´. /.....:..:/ ハ} ト
      }:′ ...i.乂.、      ′     厶イ.ノイ  V      この技術はパイロットにとって
      ノ′ ..八..{:込.   、 __,    イ./.....:..: .:   i
      / / :..  :. 、:...:>     .. イ::..:..:..:.:... .: } |      機体の操縦と同じぐらい大事なものなの。
.     / /  :..   丶 :..{ ‘ーミ ‐≦ノ》/.:..:..:.:/.:  .: ノ ハ
     ' /{:{  :...   ト..\   Y´ { {:.:..:...: .::  ..:   }} }

8 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:27:25 ID:kxX58TB60


   ソ連はナップサック型パラシュートの先駆者がいたり、

   本格的な空挺(エアボーン)部隊を世界で最初に編成していて。

   スターリンの大粛清までは、世界最多のパラシュート熟練者数を誇っていました。
\____________________________________



                _,,.. -──‐- .、.._┌──────メインキャノピー
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、.
          /                        \.
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /──── サスペンションライン
          \          |         /      /
            \      |      /     /
              \    | __    /   /
                \  ▼´   `▼/  /   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                  \ i イ((イ゙メ)ル /     | 手元の所はヒモが太く束ねられた形状       .|
                ○ルィ! ゚ ヮ゚ノィ!○      |                               |
キャノピー・リリース金具→ \ ))-))/      < (ライザー)になってて、              |
                   |⌒I、│        |                              .|
                  (_) ノ          | そこを引いてパラシュートを操作するの。    |
                    ∪           ゝ____________________,ノ

.

9 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:28:42 ID:kxX58TB60


           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|        U   :∨// ',
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |    風の流れそのものには逆らえないから
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |    ライザーで動かせるのは、微々たるものだけど……。
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|    この訓練では降下目標点に、
          /:/ 込.  っ        爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八    煙が焚いてあるから、そこに
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },    近づけるように努力して下さいね。
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/
\____________________________________

   そのパラシュート熟練者数も、ドイツの追い上げにあい。

   さらに大粛清と、大戦序盤で大量に損失してしまいましたけれど。

   無事な飛行クラブをフル稼働させて、回復が図られていました。
.

10 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:30:52 ID:kxX58TB60



   落下傘は30年前から実用が始まったとはいえ

   まだまだ運任せの要素がでかいな……。

                               もっと安全に兵士を空輸できるモンはないのか?(*)

  [|,,★|]     [|,,★|]     [|,,★|]          俺たち全員がパイロットになる訳じゃないんだし。
 (;´Д`)   (;´Д`)   (;゚Д゚)
 (    )   (    )    (    )
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞

  *現代ではヘリという選択肢もありますが、当時は開戦前の先月(1941年5月)ようやくアメリカが

   ヘリ(シコルスキーR-4B)の実用化に踏み切ったばかりなので、世界的には普及してません。

∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|        U   :∨// ',
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |     そんな方法あったら
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |     私も知りたいですよ。
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|     地上での着脱練習を済ませたら
          /:/ 込.  っ        爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八     一人づつ私の操縦するPo-2から
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },      飛び降りて貰いますね。
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/

11 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:31:41 ID:kxX58TB60


                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                  | プロペラ始動確認! |
                  |                |
                  | 車輪止め払え!    |
        ||          ゝ__________,ノ
   ∧誘導 || ミ                           _/\/\/\/\/|_
  ( ´∀`)') ==                        \              /
  (    ノ                            < Пошли!   . >
  | | |               ヘ、            <              >
  (__)_)              彡            < (出発せよ!)    >
                   ミ   彡  カタカタカタ…  /               \
                   ミ   彡.             ̄\/\/\/\/\/ ̄
                    ミ__,,彡.r" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ヘ、
                  , -'"    ヽ
                 (          }
                  "'''- ..__.ノ      ____
                    彡 彡`"'-...._ |_━━_|
                   彡彡 彡.       ̄ゝ..,,_  l整備i_
                    彡   彡          ,.(:. `)
                        彡        /;:/::::::(:ヽ
                        彡       く//:::::::/ヽ:>、
                                `'  l::::i::〈  ~"
                                 f'゙i:::l、:::ヽ
                                  ー'~~ ゝ::)
                                 :::::::::::::::.:.:..

12 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:32:27 ID:kxX58TB60

:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                               __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ                           ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´                          r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、                    ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ                ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                                          ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-




  ´
   \ヽ、                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     \ヽ、               | 高度800m以下、飛行速度150km/h(*)になったら。     .|
      \ヽ、    ,.,          |                                            |
       \ヽ\//          | 右の主翼から後ろ向きに身体を投げ出し。                |
     〈ン゙<'`γ'゙\, ,        <      リップコード                                |
      `ー'^  \ヽ) ;'         | すぐに 作動索 を引いてパラシュートを開いてね。         .|
        〈ン´<'\ヽ、        ゝ___________________________,ノ
:::;;;:::       `ー'   \ヽ
:::::::::::::::::::::::::::;;:::       \ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      `'               ┳━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┳┓┏
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;:::             ┣━┫┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃┃┃
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::      .┻━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┛┗┻

___________ ィ
      / /.:l  \     イ
    /  /.:::::l   \    イ
  /     二      \    _|_
/      /::::::l       \   _|_
      /.:::::::::l         \   |


   *近代では220~250km/h。脱出するとき飛行速度が遅いほど危険は少ないです。
.

13 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:33:18 ID:kxX58TB60

          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:x==、;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、
         ./;:;:;:;:;:;:._///////`ト--―'/ ̄\
        /;:;:_;:;:;:;:;:////////////| /ヽ||/////\
       /|/ \ー|.ヽ////////,x='―-.|\()////|
.      /___>ー-\__/;:;:;:;:;:;:;:;:\_\.__ 丿        降下すると
      ( ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄ ~`〉
     i/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/==========ヽヽ、\      わずか数秒で地上に着くから、
     |;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:/ / / ! / }/  / ヽ{__}_i 、   i  )
     |;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:| ' j ハ斗/七/  /   \ノハ:i   |        ボンヤリしないでね。
      |、;:;:;:;:;:|O;:;:|  /   }厶≠x       イ斧ミ |  ハ{
     ,\/[]=| .|   〃f::::しj        {じ:j″ / ノ
      /   /ヽi、0;:;:|  ヽ弋::ソ         ゞ'゚ , j/ ヽ       パラシュートに異常はない?
.     /     \   ヽ               !|′ ‘,
.   ′      ヽ ー  ゝ         ´  八     i
   i{ |      丶 \ U        -   .イ     !|      落ち所が悪いと装飾品が身体に突き刺さるから、
.   八ト、  、    i ヽ  >           /  /}    八
    ヽ \ ヽ   |ヽ{  r|   ≧=‐  イノ} / !   /       不要な物は置いてきてある?
.        \{ )ノ  \j ` TT ´ ̄  ヽ. jノ  j//
            `    /ヽ  | |        ` ー=ミ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞

          _
        /=0^0ヽ                 確認済みだ。
       ( !! ゚Д゚)  ̄:::\
      /::ヾ==ゝ:::::::::::::、::::::`、
      /::::::::::::、::\ /:::ヽ::::::ヽ         軍の先輩から、ペンを胸ポケットに入れて降下して
     |:::::::κ:::::::/:\ヾ/::::::::::::)
     !:::::::l ヽ、:::\ /:::_,. '"          着地したはずみで胸に突き刺さって
     |::::::::`ー-...`ヽ 〈イ < _:::ヽ
      !、__ll、  |:::,\_,ソ ノ          死んだ人の話も聞いてるし。
          〈'_,/::/:::::::::::/
            |:::|___イ-、__
           l.__|   }_  l

14 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:34:15 ID:kxX58TB60


    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     | それじゃ……飛びます。           |
     |                          |
     | 後は強風が吹かない事を祈るまでだ!  |
     ゝ__________________,ノ

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
               i|||l::::ill:::/ .>i、:::i:::::::::|::、     | |
                iliil:l|iilll  ハililiヘ:|;;;;;;i::::::i     | |                 三≡=─
                   ll:|:||:|||   ハliiillli> --|-'     | |
              i|l||i:::ll    `ー´         | |                 三≡≡==─
                  |!:l::|:|                .| |       ┏┓┏┳┓
                :!!||:|i                 .| |  ┏┓ ┃┃┗┻┛    三三≡≡==──
             !lii l                 .| |  ┃┃ ┃┃
                !i||                  | |  ┃┃ ┃┃┏┳┳┓   三≡≡==─
                  l|                  .| |  ┃┃ ┃┃┗┻┃┃
                                | |  ┗┛ ┗┛    ┗┛   三≡=─
         jヽ人し/                  .| |
        ソ    て                  | |
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃
┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓ ┏┓ ┏┓ ┏┓
┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛ ┗┛ ┗┛ ┗┛
┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛

15 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:35:16 ID:kxX58TB60

:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                               __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ                           ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´                          r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、                    ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ                ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                                          ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-

 BooooN
    ||  ,.-─-:;       / l`ヽ 三≡≡==─
    l! r‐:` ヽ=∠lΩll_l'‐- '__★ }
    =ll ・ | \     ★  Ⅴ,ノ  三三≡≡==─
    li.l,._・,,o..., ─- 、 __,,..-‐'' "`・
    ||    ` ̄ ̄         三≡≡==─



                   ヽ○ノ   もし……住宅地まで流されたらどうなるだろう……?
                   □/
                   ノ)     屋根に叩きつけられたら全身打撲で

                          死ぬか半身不随だろうな……。



                    _
                   ( )
                    \
                      ○/
                       \ へ




                      _
                     (  )
                    (   )
                      ̄ ̄\
                          ○
                           | ̄
                            ̄ ̄


.

16 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:35:46 ID:kxX58TB60


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

 _/\/\/\/\/\/\/\/|_
 \                          /
 < うおお!? 傘が広がると    .>
 <                          >
 < 上に引っ張られる衝撃があ!  >
 /                           \
   ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄

              -‐…‐- .
          . '"  /    \         /_//_/  _     _     _     _     _
        /.   /.      ‘三   /二二 /   _| |_  _| |_  _| |_  _| |_  _| |_
       /    /          ‘,      //  /_   | /_   | /_   | /_   | /_   | □ □ □
       .′   .′          ‘ /二二 /  //|_|  //|_| //|_| //|_| //|_|
      l     l             } .        ̄      ̄.     ̄     ̄    ̄
      |:    |:            :,'
      |:    |:           :/
      !:   !:          :三   三三三≡≡==── ゚
      ‘, :   ‘, :        , ′
       ‘:,:~~‘:,:~~~~三       三三≡≡==──      ゜
        \  |  |   /
         \.. |  | 三           三三三≡≡====──
          \.| |/
         (''彡 ̄ ̄⌒ミ)          三三三≡≡==──
          (ム/'⌒' ⌒ヽ_)
          /  彡'ミ_;,_ \
        / _,;彡'´⌒ ::≦((こ⌒)   三三≡≡==──
       / フ::::
      (_)                              ゚
       ∴

17 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:36:26 ID:kxX58TB60


                                      あー一瞬、全身ミンチになるかと

                                      思った……。

                              / ̄¨\
                             ( ___ )
    (   )                     \ | ノ
   (   )                       | ○|
    (  )                         ̄| ̄
    .(  `)                         |
    ( _ )                        / \
    (   ) ( _ )
   (   ) ( _ )
    (  ) ( )
    .(  `)                       / ̄¨\     よいしょと。
     (  )'                      ( ___ )
    . (  ノ                       \ | ノ     ウッ!足くじいた。
     (   ).                        ○
       )ノ´                       /\ グキッ
   __××________________>_________



.

18 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:37:00 ID:kxX58TB60

(    `ヽ  )          ,i"/             !  .|
   __  ノイ           /./                 l   .!
_r‐'⌒ヽ⌒ヽノ   _r'⌒ヽ   /./                  ,!   .!
゙:.:.:.:_:.:._r'' _(     ノ //               l   |
         ̄ ̄¨¨¨¨   /                !   ,!
                フ                !   .|
                ″                !    !
                                /    l
            ,.-=┬=-  、            ,!    l゙
            ー- 、∧ , -‐ '            !    .!
              | | |               /    ,!
               |||             /    /   ┏━━━┏┳┓
              _|.o.|_             /    /   ┃┏━┓┗┻┛┏┓  ┏━┓  ┏┓
     _ .. .-‐ ''"l^´|||`^l"'' ‐- ... _    /    l     ┃┃  ┃┃┏━┛┗┓┗━┛  ┃┃
    r'´       ム |Α| ム        `ヽ  /    ./    .┗┛  ┃┃┗┓  ┏┛      ┏┛┃
     ー――---- {ニ}-|圭|-{ニ}----――一'  /    /      ┏━┛┃┏┛┃┃  ┏━━┛┏┛
.            -+- ト='| -+-        /     ./       ┗━━┛┗━┻┛  ┗━━━┛
                ,,,,,トlリ,,,,,,        /     ./
                 `´         /     /    _,.v''´⌒ヽ、
                         /     /     (       )
                        /     ./  ヽr‐'...._.._.._ r‐--'¨¨つ  r_,つ
                       ,i′    ./    ̄ ̄     ̄  ̄ ̄
                      /      /
                     /      ./

19 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:37:37 ID:kxX58TB60


┌────────────────────────────────────────────┐
│           {////,/' `ヾ、::::/.´: : : . ヾ::::j、: : : :}///:}                                     │
│           {:///.′ . . ll:::l:i : : : : . . . l|::/´,r'":::ヽ///                                    │
│           ∨ l:i . : . : .,ノ'´ヾ.、 : : : : :,/'/  i:::::::::::::}/ハ                                 │
│.         // ´ヾ,_:_;/"ヾ、´`゙''ー='ソ"ヾ ヽ.::::(;)} ',                                    │
│        // ://  {/ イ||  |   \  y|:::::::::」  }     ふう、本日の一人目成功っと。          │
│.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽl: :ヽ._:;ノ  |                                    │
│      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  }: : : | :! !:  }                                   │
│      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト .|: : : /:| |:  |      責任がかかるから、自分で飛ぶ時より、  │
│      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心|  |: 丿 :| |:  |                                │
│        ヽ{ {小 .....       乂ソイ /、/    | |:  {     冷や汗かいてドキドキするよぅ。          │
│           \} !   '     .........厶 ノ.│  /jノ: |:|                                 │
│          /:/ 込.  ー     u  爪 {  :/j/:   |:|                                │
│.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八                                    │
│         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}     さて……次の子っと。             │
│.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },                                    │
└────────────────  ───────────────────────────┘
                         V

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

                                                カタカタカタ

   ,.、./:::f=t".ft   :      ´ ̄`   ヾ,   |!     ヾ               ヾ、:::::::::::::/
  〔 |:|::::l::ー'  ----:   ____      ヾ, |!        ヾ              /::::,.、:::ヽ、
   ~"ヽ;::i:::i;`ヽ、 ____,:  |_━━_| __.,.、-゙ ┴── ----`-- 、、、、、、、.....、   '"    ゙`     _,,
     `{。}==ヾ__:t____f' ,...,__|                      ',....、、、--─'''''''"""~~~
                 \___   f`"i   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              \'"    |  |                             三三≡≡≡=─
                \  ,..|..., !
                  ζ::,...、::::ヽ       三三≡≡≡=─
                  |::::i   i::::|
                  ゞ::`ー '::ノ从人_从人_从_人_从_人从人_从_人_从_人
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    キキキキキキキキキキキキキキキキ!
.

20 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:38:05 ID:kxX58TB60



   ソ連各地で、こうした取り組みが行われる中。

   女性教官と軍人の卵とで、ちょっとしたトラブルが起きたりもしていました。
\____________________________________


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃スターリングラードの、とある飛行クラブ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              l |       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           __l◯l__...... ::::::::::::::::::::::              :::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::   ヽl;;l;;l;;|;;l;;l/                            ::::::::::
    :   ::   |;;;|;;;| ̄|=|:|  ::      :::..: :     ::::::::::-=k-  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . ..: .. :.:..:: .|;;;|;;;|==|=|:|       ......:  ..:::.:.:.:     ゴォォォォォ…
   ::::::::::.:   `||[l|;;;   |´::::::::::::::::::::::::::::::::::          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |::::::::::  |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ||;;|;;;;;;; |     ......  ..:.:. :            ..::..  : .
          |::::::::::: : |           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .. ..      .: |;;;;;;;;;;|;l;:|             ,......  ..:::.:.:.:. :.:.:.:.   .
          |::::::::::  |   _         ___                ,,,:''''''''''';;,,
          ||::|::::::: |  .|| ~  ::::::::    ~ :||   ___,       :::;;;''      '';;;::::::.........
________;|;;;;;;;;;;  |__:::||     ::::::::    ||   :|:::::::::::_|__,...::::;;;''        '';;;::::::.........
::::::::::::::::::::::::::         | |||           ||:   |::::::::::|:::::::::::::,:::|___;;_      ;''
:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |~|~|~||||;|i`,.,;     __||,,,,,,,,|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;,;;|;;;;;;;;;;;;,,..|,,,,,,,,,,,,,,,,,,;',,,,,,,,,,,,,,,,,,,
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''   ,, --'::::::""~~""\.... || \::::::::::::~~~~"""'''''''''--------,,,,,,,,,__ ''''''''

21 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:38:47 ID:kxX58TB60


              ,,、.vハ.,wv..,,、,、_,, >  気 ガ 見 生 教
             -=.:.:.:.:.:.:.★:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. >  が ン .た オ 官
            爻.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>  す バ .ら ッ .の
         ,,.. --ミ.:√^^¨¨^`゙'ー、.:.:.:.:.:.: >  る レ    パ
___   ,,.. '"   /r/ ⌒¨j ;i ー-- ^^V :.:>  ん そ    .イ
.:.:.:.:\       // /i.-==彡j ;{ハi     /}:.:.:>   だ う
.:.:.:.:.:.:.:\.     // .{ i _{a },. ;; .,}r^ミ=-,,、.}:./ヽ. ! な
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.  // .:八  彡/ ミ,,{a }、¨¨ レヘ }
.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.>//   .} i;; ,/ /  `゙'-   ノ-丿-、
.:.:.:.:.:.:.V.:.:.\//     { i r、^ー^‐'   r‐' rァ''   ^Y^Y^Y^Y^Y^Y
.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:/〈〈    Λ: .k ¨ ̄}   丿/     } } \
.:.:.:.:.:.:.:.::Ⅳ .\___,/ Λ.ゝ=ン.  '//     .} }   \
.:.:.:.:.:.:.:.:.},:.>   丁《:i:i:i:`‐‐--‐‐< /    人人人人人人人人
.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅳ{j   ,| {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/‐‐-- >
\.:.:.:.:.:.八,,ィ-=^i.  {.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/⌒>..,,_> 思  .助 .お 頼
.:.:.:r-孑ヘ      |  |:i:i:i:i:i:i:i:i:/  /    .>  っ  け  じ む
.:.:Λ--‐ヘ     j  :!:i:i:i:i:i:/ ,        >. て  .る  さ よ
.: .:Λ--‐ヘ u /   \/ 〃       /  >     と  ん
.:.:.:.:Λ___ノ\  r)  r-、            >         と
.:.:.:.:.:.:]___,ノ\,{-r‐=ァ⌒7.⌒7⌒ヽ     .>       祖
.:.:.:.:.:.人.:.:.:.:.:/      >-/ /⌒ヽ     >       国
                                 を

.

22 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:39:17 ID:kxX58TB60



             -‐……‐
          ´         `丶、
                       \
.        / / ,  |  ;        i
        ′ ゙  i  |  |         |
      i  |   | i|  |i   |   |  |   |
      |  |  _| i|  |i   │ jレ│   |
      |  i  「` ト _|| ___|匕斗チ〒 | |
      |  i   斤テテト    乂)リ|  |)i|       ……ハッ。
      |  i│小乂)リ   ,       |  | |
      |  | i Lム     __, u.│|│ |       こんなご時世にかこつけて
      |  | | | i ゝ   ‘ ー´ イ゙|│| |
      | i '| | | i/i   j≧=- ´h!│|│ |       セクハラかましてくる奴が出るとはな……。
      | i :| | |_|_,L..ノ|  >< ドL|! |
      | i :レ| | | ::: | |/ノ⌒トミj |:::| |::T\
      | |∧| | | ::: | /{  } ヽ|:::| |:::| ∧
      | |  | | | ::: |{__/⌒¨マ _) | |:::| '       パラシュート降下を上手くこなせば
      | |  | | | :::〈 〈     ∨ |:::| |:::|/
      | |  | | |:::::::广^マ¨⌒マノ|:::| |::;゙  │     キスまではしてやろう。
      | |  | 人 | :::〈_〈゙7TTL〉_|:::| |/   |
      | |  | | │::::::::: 「  |│ |:::|:::|/___   |      それが限度だ。
      | |\i人 |::::::o::::|,  |│ |:::|:://ヘ)  |
      | |  \`|/ ̄ ̄¨¨二ニ=<∠二〉' |
      | | ,二ニ圦          \  \ 〉
      |(   /  \               /|
      |∧       丶、            ∧|

       【ヴァレンティナ・ペトロチェンコヴァ】

     スターリングラード飛行クラブ教官。19歳。
.

23 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:39:47 ID:kxX58TB60


   それでも彼は、翼にしがみついたまま地上につくまで

   飛び降りようとしません。
\____________________________________

:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                               __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ                           ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´                          r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、                    ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ                ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                                          ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-

 BooooN
    ||  ,.-─-:;Ω      / l`ヽ 三≡≡==─
    l! r‐:` ヽ=∠○ll_l'‐- '__★ }
    =ll ・ | \ < |□ ★  Ⅴ,ノ  三三≡≡==─
    li.l,._・,,o..., ┌ \__,,..-‐'' "`・
    ||    ` ̄ ̄         三≡≡==─


.

24 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:40:24 ID:kxX58TB60

              ,,、.vハ.,wv..,,、,、_,, >
             -=.:.:.:.:.:.:.★:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. >
            爻.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
         ,,.. --ミ.:√^^¨¨^`゙'ー、.:.:.:.:.:.: >
___   ,,.. '"   /r/ ⌒¨j ;i ー-- ^^V :.:>   やっぱりオッパイじゃなきゃ
.:.:.:.:\       // /i.-==彡j ;{ハi     /}:.:.:>
.:.:.:.:.:.:.:\.     // .{ i _{a },. ;; .,}r^ミ=-,,、.}:./>.   だめなんだよ。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.  // .:八  彡/ ミ,,{a }、¨¨ レヘ>
.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.>//   .} i;; ,/ /  `゙'-   ノ->
.:.:.:.:.:.:.V.:.:.\//     { i r、^ー^‐'   r‐' rァ''>.   オッパイ!若い子のオッパイ!
.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:/〈〈    Λ: .k ¨ ̄}   丿/  >
.:.:.:.:.:.:.:.::Ⅳ .\___,/ Λ.ゝ=ン.  '//   >   祖国のためにオッパイ!オッパイ!
.:.:.:.:.:.:.:.:.},:.>   丁《:i:i:i:`‐‐--‐‐< /   .>
.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅳ{j   ,| {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/‐‐-- >
\.:.:.:.:.:.八,,ィ-=^i.  {.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/⌒>..,,_>   共産主義の存続は、教官のオッパイにかかってるんだ!
.:.:.:r-孑ヘ      |  |:i:i:i:i:i:i:i:i:/  /    .>
.:.:Λ--‐ヘ     j  :!:i:i:i:i:i:/ ,        >.
.: .:Λ--‐ヘ u /   \/ 〃       /  >
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
             -―‐-
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ                   / }
       .:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ:.:、:.:.:.:\                  /  /
     /.:./:.:.:.:! :.:.:.:!:.:.:.:.:!:.:ⅵ.:.:.:.:.:.:.                 /   '
      /.:./ :.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.               /  /
    .:.:.:.|:.:.:.:.:.L:.:.:.イ---乢:.:|:.:.:.:|:.:.:.|          /__/ ) h     無名の一兵士のために
     |l:.:.:|:><  / 〃 ̄》|:.:.:.:|:.:.:.|     __,.ィ-- ´  r ´ ノ h
     リレ´r==ミ     ゞ==彳:.:.:.:.|:.:.:.|     /: | |     ノ \__..ノ    何で私がそこまで犠牲を
      |i ー==''         |:.:.:.ハ.:.:.|   /: : : | |      /
      |::.   r  ⌒i    |:.:.∧!.:ノ ィ: : : : : : :,∨ア⌒¨¨         払わなきゃならんのだ!?
      |::ハ   |   | u .:.:./<: : : : : : : : : : :ゝイ
      |:::个:.....l_____!  イ:.:.:′: : : : : : : :> ´
      |.:.:::::i::::ハ::::ア、¨/: ハ:.:′: : : : イ                    キスしてやるから次は飛べ!
      |.:.:.:::|.:.| |//{ ∨: :ハ:.:′r::::::::.:ぃ
      |.:.:.:/ :.|/:' | /: :.ハ.:.' :/:::::::::::.:.:い                   さもないと突き飛ばすぞ!
      |:.:./ ! / :| レ:..: :|:.:.|: :|:::::::i::::::.:.:.,:.:.、

26 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:41:25 ID:yWLnEGHk0

やっぱいたのかこういう奴



25 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:41:14 ID:kxX58TB60



   最前線では地獄が展開される中、まだ後方では

   のん気な日常が繰り返されていたと言う事でしょうか。 間もなく戦火は

   そんなスターリングラードとモスクワも飲みこんでしまいます。
\____________________________________

┏━━━━━━━━━━┓
┃カリーニン航空クラブ  .┃
┗━━━━━━━━━━┛
           , '⌒ー-‐、
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ
                          ..   ゴオオオ…
                     ―t'ュ―
                                              ―t'ュ―
     ..     ...... . .... ..,..... .........
 ....:::,:,,,..   ....... .    .  ::::::::::::`
 ::::: .............     ..
                          _|_
                            〉;;;;;;l        |       _,.,..、.,.._
                            | |]:::|:       ┼ ,.,、.、;´"^     `'.ー´`"'''、、.,,,_
    ____|____         _   _|_|]:::|_____|_____ ______|__
    |=========|  |__   __/ |,,,-''''~=========== ~~''--;;;:::::;;;;-''''~ =========== ~~''-
,,,,,,,, |=========|-=´―´ ̄――ノ|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |::::|   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
        ` ̄' ̄ ̄ ̄' ̄'''' ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

27 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:42:00 ID:kxX58TB60


┏━━━━━━━━━┓
┃飛行クラブ 休憩室 . ┃
┗━━━━━━━━━┛

         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
.      [|,,★,,,|]|    ...:;;| .[|,,★,,,|] i ̄i  ||  i ̄i
    (  ´∀`)     .. :;;| .(・∀・*,)
    (     )    ...:;;| (    )
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾフ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
    [|,,,,,,,,,,|]  ┴      [|,,,,,,,,,,|]    \
   (   *‘)        (    )     .\
二二(    )二二二二二:(    )二二二二|


           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|        U   :∨// ',
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }    ふぅ……何とかノルマをこなして
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |    少し休憩できるよ……。
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|
          /:/ 込.  O         爪 {  :/j/:   |:|    他人を教えるのは気苦労が絶えないなあ…。
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}   
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },

28 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:42:28 ID:kxX58TB60


                   /⌒   .斗=ミ       ─=ミ: : : \
               /    /┌…‐          ∨ /: :\
             …==ミ′  !{ └己  八         ∨/: : : }≫=─…=ミ
        /: : : : : : :        ー=≦             }′: ::/7⌒¨¨ : : : : : : : 、
       /: : : : : : : : :j{ _ 斗f七 ¨” ̄””¨ ≧ミ     i|: : : :{ii{: : : : : : : : : : : : ::\      あ、先輩。
      : : : : : : : : : : :/                 \   |「 ̄ ̄\: : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : :/_ 斗f七 ¨” ̄ ̄ ̄  ニ=-   \__}j___   }: : \: : : : : : : : :\〉   お疲れ様です。
     : : : : : : : : : :〈/: : : : :/⌒ }八: : : : :}八 ⌒ ー==≦¨¨¨¨¨ ≧ミ : : : : : : : : : : : : :
     }八 : : : : : : : : : }: : :: 斗午ミ : : :/´  斗午ミ : : : :| : : |: : :}::/}: : : : : : : : : : : : : :}
      { : : : : : : : : :__}: : : :{   ,_片 \{       _片 }〉/: : : : ::|: ::// 八: : : : : : : : : : : :}    今朝のアドバイスどおり
      {: : : : /: :/ j}: |: : : j乂り       乂り  : : :|: : :/`Y/ /  : : : : : : : : : : : ′
        : : :/: :    }八: : 乂_:':':: 、       :':':':: ノ: : :|: :/  八   }: : : :} : : : : : /     私の実動は明日からに
     八 : :{: :/   .′ \_厂            <: :_ 彡 _/     }: : : :}i : : :八{
       \Ⅳ         i八    ア⌒         ノ⌒¨        / : : : : : /        なるみたいです。
        `            \   、 _ノ       |          ′:: ://
                                   斗=ミ    < __ 彡'
                         〕T爪   -=ニニニニマ
                        __/ニ} -=ニニニニニニニマ
                    -=  仁i厂{ニニニニニニニニニ}

29 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:42:59 ID:kxX58TB60

     ___       .. - ――‐ - ..
    }..............≧ー,≦ --      斗- ミ く¨¨¨¨¨¨¨¨ 了
    人 ..:::::::::::::/             ` <::::::::::::::::./
     ヽ....:::∨                .. ヽ/:::::: /
       乂:/ /      /             :.. ∨::/
.        /′′   /   :} .レ′  .   ..    :... ∨       やっぱりそうよね。
        / .′   / / ノ'/{  : \ ヽ:   :.... |
     / .:  / / /| /イ. |人  、 ヽ. :.  } .{:..{
     . /:  : ; 斗.七不_Tト{  弋_マ7ト.}、:{ : ...:..‘       他に何か聞いておきたい事
      { i{:.  .: i :{,.孑=.ぅiミヽ   孑テ=ミ. V| :′.小:.∨
     人乂..{ :八小.乂::ツ       {i ::;fソ》 }/ ..:リ.人乂     あるかしら?
      ト人 ..ハ ......        `...´. /.....:..:/ ハ} ト
      }:′ ...i.乂.、      ′     厶イ.ノイ  V      私も今年からの赴任だけど
      ノ′ ..八..{:込.   、 __,    イ./.....:..: .:   i
      / / :..  :. 、:...:>     .. イ::..:..:..:.:... .: } |       分かる範囲は教えるわよ。
.     / /  :..   丶 :..{ ‘ーミ ‐≦ノ》/.:..:..:.:/.:  .: ノ ハ
     ' /{:{  :...   ト..\   Y´ { {:.:..:...: .::  ..:   }} }
    { :i人.  :..、. 乂ヽ V  {{  八乂....: /: ..イ /./ノリ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
             γ´  γ⌒ヽ    ∨, `    _______
           __ ., /    乂__ノ     ∨  V/´ ̄ ̄`ヽ
         /⌒7/    ニ=- ‐…‐ -=ニ ム   ∨ __
          /i{.j..<            `i}、  V⌒''*、
.        /    {[/ ,,.斗f七IΤ ̄ 、. 丁うぅs。.j} ヽ       ヽ    えっと……じゃあ
.      ′ / / ´ /,/i _j_ i/     ヽ{i\  :} \}  }`ヽ.  ‘,
        {  .{ .′ {/´レ'  '      ̄` \}   i  }  V/     ここにヌイグルミ持ってきて
        {  :{ {  ,ハ/  __     ___    レ'i   i  ,    V/
.      八.   人 i{ } '^⌒     ⌒^`   ノ  ノ /         いいですか?
.        \「  ヽ , , , ,  、     , , ,  ∠ ィ゙7´       } /
                人      r‐‐ 、    r‐‐ '         ノ'
               >   乂  ,ノ   升ト、
                  ≧==チ   ノ'ニヽ
              >''7 }7ヽニヽ≦ニニ‐/\
                 {  .′ ;{  マニニニ‐/    ヽ
              j}> {  i}  ∨、/ /゙    }i},
            ,__´辷ソ》     }    {     }i}゙,
            ー=ミ、 /  ;   ;ー‐=ミ i/   .; , V
           {      /,   V⌒ヾ/___  //  ‘
           乂/   .'人   、  7⌒''* /   :

30 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:43:41 ID:kxX58TB60

           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|        U   :∨// ',
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |    ヌ、ヌイグルミ?
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|    まさか職場でお人形遊びするの?
          /:/ 込.  っ        爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八    流石にそれは……。
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
: : : : : : : : :ヽ_/. : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: : Y: : :――: :く : : : \  っ
: : : : : : : : : ∥.: : :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | : : |: : : : : : : : : :\ : : : \   っ
: : : : : : : :: ::|| : : : |::::::>―――――――――<::::::ト:.:.:|: : : : : : : : : : : : : : :|\|
: : : : :/: :/´|/::::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|:::::::|: : : : : : : : : : : : : : :|  |
: : :/|: : / 〈:::::/:>-イ \  ̄| : : : : : : : :/ / ::::::::〉\|: : : |\: : : : : : : : り   わたし頭が
/  : : |  ∨: : : : : :/ >=ミx| : : : : ハ: ://`ヽ 丁: : : : ヽ : |  \: : : : : /
    \|   |: : : : : /、/  rうハ| /|: :/ j/rうハ l|, } : : : : | | :|   ∨: : /     残念な子とかじゃないですよぉ!
         |: : : : : | l{  弋゚ツ   /   弋゚ソ jl/: : : :ハ| |/    ):/
          |八: : : :.    ー        一  .: : :/
          \>―  XXX     '  XXXムイ                 フライトで未だに緊張しちゃうんで
            `ー       /`ー'^ヽ
             /\U   (    jノ    人                   お気に入りのヌイグルミを手元に置いて
          __/|/∧>   ̄    ...イ::::: \
       /::::::::::::::::::::|///\    ー≦/l|:::::::::::::::::::ヽ                癒さないと、すぐに疲れちゃうんです!
     /::::::::::::::::::::::::::|/////>┬┬////|:::::::::::::::::::::|

31 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:44:40 ID:kxX58TB60

     ___       .. - ――‐ - ..
    }..............≧ー,≦ --      斗- ミ く¨¨¨¨¨¨¨¨ 了
    人 ..:::::::::::::/             ` <::::::::::::::::./
     ヽ....:::∨                .. ヽ/:::::: /
       乂:/ /      /             :.. ∨::/
.        /′′   /   :} .レ′  .   ..    :... ∨       そういう事情なら……。
        / .′   / / ノ'/{  : \ ヽ:   :.... |
     / .:  / / /| /イ. |人  、 ヽ. :.  } .{:..{
     . /:  : ; 斗.七不_Tト{  弋_マ7ト.}、:{ : ...:..‘       周囲に迷惑かけない大きさの物なら
      { i{:.  .: i :{,.孑=.ぅiミヽ   孑テ=ミ. V| :′.小:.∨
     人乂..{ :八小.乂::ツ       {i ::;fソ》 }/ ..:リ.人乂     いいんじゃないかしら。
      ト人 ..ハ ......        `...´. /.....:..:/ ハ} ト
      }:′ ...i.乂.、      ′     厶イ.ノイ  V      私も身長不足を補うためにクッションを
      ノ′ ..八..{:込.   、 __,    イ./.....:..: .:   i
      / / :..  :. 、:...:>     .. イ::..:..:..:.:... .: } |       持ち歩いてるし。
.     / /  :..   丶 :..{ ‘ーミ ‐≦ノ》/.:..:..:.:/.:  .: ノ ハ
     ' /{:{  :...   ト..\   Y´ { {:.:..:...: .::  ..:   }} }
    { :i人.  :..、. 乂ヽ V  {{  八乂....: /: ..イ /./ノリ



           {////>'´ ̄  ´ ̄ ̄ ̄ ̄¨\///////:}
           {://  /   /         ヽ//////
           ∨   /  / /{ :{          ∨///ハ
.         // :/  / / ハ|            :∨// ',     ただ……クラブの規定は厳しくないけど、
        // ://  {/ イ||  |   \    ∨  }
.       // ://  ,イ / | |  {ヘ  ヽ: ヽ:   ハ  |     今は軍人さんが多く出入りしてて
      // :/:/ '´芹芯 :| |  丁ハト ',  ハ   :! !:  }
      { { |{ ,ィf r'::ハ  j人 孑芹ミ:`ト :} |  :| |:  |     みんな気が立ってるから
      j人 {八{爪 ∨ソ    ヽ} r':::心| ハ}  :| |:  |
        ヽ{ {小 .....       乂ソイ / :ノ   | |:  {     機体に私物を置き忘れると、すぐ捨てられちゃうわよ。
           \} !   '     .........厶イ   /jノ: |:|
          /:/ 込.  、 __       爪 {  :/j/:   |:|
.         /:/  :父:、      イ: : : :jイ   /  八
         /:/ /   } : :>r─<_,.ノ::} : : : /   /  / :}    その辺は気を付けた方がいいわね。
.         /:/ /   /: : :{::Y´ ̄::::{:::八 : :/  /  / },
        /:/ /   :/ : : /}:::}::::::::/ヽ:::::∨   /  /} /
.       {/{ :{ /斗七:::/::/:::イ:::::::::‘,:::/  /  厶j;/

32 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:45:16 ID:kxX58TB60


              /⌒¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ 、
            / |     (己)     |   _
     , . .―. .、 /. . :|    =──=ミ   | ヽ/. . . .`.ヽ
    /. . . . . . .〃. . . |/  ─==─  \|. . .ヾ . . . . . . . .ヽ
   /. . . . . . . . {/. . . . 〈/         __丿. . V. . . . . . . . . ',
  /. . . . . . . . . {. . . . ././ -ミVハ. /r‐- 、ヽ. . . . .}. . . . . .ヽ. . . .i     り、了解です!
  { . . . . . . . . ∧. . . . 〃んハ ` レ んハ ヾ.i. . . .ノ . . . . . . i . . . !
  '; . . . . ./. . / ヽ . .V 弋ソ     弋ソ  '/. . イ ヽ. . . . . . . . . .j
   '; .V. ./ . /  {ヽゝゝ      '    ∠ィ´ ノ  V. . . . .i . . ,′
   ヽ.\. . .l   ヽ_ヘ   ヽ __ノ  u /‐    }. . . . /. . /     手のひらサイズのしか
    \ヽヽ{__     ゝ          イ      ノ. . . . . /
      \. .ゝ      > 、    ィ    ヽ__∠._./        持って来ませんから
         ー'´      ∧  ̄ ∧   _   ̄
          イ: ̄: ̄:.〈:::::\ /:::::〉:.´:.:.:.:.:.:.:ヽ            ご心配無くです!
          /:.:i:.:.:.:.:.:.:.く  ̄ Tフ  ̄ >:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:',
           /:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:{  イo\ }:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:}         
          /:.::/r‐=ミ:.:.:.:.´:.:.:L;j:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.i
        i:.//:.:.:.:ー:.":_:.:.:._.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.}
          {:.:.j==::::: ̄:::::: ̄:::::: ̄::::: ̄::::==、、:.}:.:.:!



 : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : / : : : : : : : : : : : \ /: : : : : : 丶
/ : : : : : : : : : : : : /^丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :\
: : : : .: : : : : : : : :.′    ̄ ̄¨      ヽ: : : Y( : : : : : : : : : : : : : : \
: : : /: : / ̄ ̄|              | : : : |人: : : : : : : : : : : : : : : ::\       ……ドイツ軍が攻めて来なければ
:: :/| /     |              | : : / ,>、 : : : : : : : : : : : : {\
∨ /       / ̄                |_/ /: : | \: : : : : : : : : : : :|  \     そういう心配もしないで済んだのに。
       /          =-   _|_/ : : :八  \: : : |: : : : : : |
       ー. . ...           /: : : : }: : /      ∨: |: : : : : : | 
          |八: :Yうト......     /jハ : : /^j/       ∨|: : : : : :          あの人たち、
             \{Vリ|八:( ̄'rう芯rく,.: : :/ /         }ハ : : : .′ 
              八  ,    弋)り ムイ_/        /  | : : /          何が楽しくて戦争やっているんで
               \  _    "  イハ              | : /   
            /.:>...` ' .. </:::::|            ムイ           しょうかね……。
               /.:.:.:.:.:.:.:./::∧::::::::::::::/\
              .:.:j.:.: ( \:_|o|::::::::/.:.:.: :: \
              |/.:.:.:.ノ_人ト厂 ̄).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:∧ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.::.

33 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:46:19 ID:kxX58TB60



             ◆6月29日(バルバロッサ作戦開始から7日目)
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ミンスク陥落―ソ連赤軍:43師団のうち、32師団が壊滅。

            戦死(推定)41万人。捕虜4万人。航空機1,669損失。他。
\___________________________________

:::::::::::::::::::::::::::::::,r,::::::::::::::::::{    r'       }:::::::::::::}       ,__/
::::::::::::::::::::::,、_ `´::::::::::::::::{    }        {、,:::::::::ヽ,   _,-‐'' `=-  ○レニングラード
:::::::,=' r'‐‐=´:::::::::::《ノルウェー》 {、,【スウェーデン】:::::`'´~,-―-´
:::" {´" =´,,::::::::::::::::::::::::::::!   ,-"|,      ,ノ:::::::::::, {、;:,;:;:;:;:┌┐
:::::::}=   /:::::::::::::::::::::::::::::`'‐‐´:::::::|,     |´:::::::::::::::",´`{;:;:;:;:│ ]      ┌┐
-、, "r   {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐´} ヽ    },::::|/:::::::/´ヽ´;:;:;:;└┘;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ]      ◎モスクワ
 } r,_,   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ",:::::}  __//:::::::::::::::|  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└┘
r':::::::::}【イギリス】::::::::::::::::::::::::} ",i i~,}}_,,,|´::::::::::::::::::::::}  } ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:○スモレンスク
:::::r-´    {:::::::::::::::::::::::::::::::::{,, ヽ", }_,、,:::::::::,,,-‐-、ノ´  \,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;☠ミンスク
,-‐"     "、,:::::::::::::,--、,-、ノ  "'~   `'´~         `~!;:;:;:;:;:;:;:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:`;==-    ,,ノ:::::::::/   ´                    ゙○ブレスト;:;:;:;:;:;:;:【ソヴィエト連邦】
´、,、,_,,,-、_ "r ,,ノ~          ◎ベルリン        `、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:::::::::::,、  ~´/ ̄                             ゙!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
--、_,,} "-‐'´                     《ポーランド》   };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
,    《ベルギー》                          / ;:;:;:;:┌┐
:::ヽ               【ドイツ】                {,;:;:;:;:;:;;::│ ] ○キエフ
\___________________________________

            ドイツ軍:航空機276機損失。

   ここまでのキルレシオ(空中戦における自軍と敵軍との撃墜比)だけで概算しても

   20(ソ連軍が撃墜された数):1(ソ連軍が撃墜した数)という惨状です。
.

34 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:47:16 ID:kxX58TB60


   ソ連側が唯一抵抗できたのは、当初は29万人が捕虜になったのを

   4万人だけ逃げ遅れたものの、25万人は脱出できた所でしょうか。
\___________________________________


  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   | さ……触るな…!             |
   |                          |
   | 汚らわしい東方蛮族どもめ……  |           ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゝ________  ______,ノ          [|,,,,,,,,,,,,,,,,,,|]      るせぇ!
      [|,,,,,,,,,,,,,,,,,,|]   V                  〈:;:;:;:;;;;;;:;:;:;',
      /:;;;;;;;;;;;;:;;ヽ                        1`ヾ;:;:;:;:;:;;;!     俺らの土地を荒らしておいて
      !;:;;;;;;;;;;;;;;;,シ /.:.:.:.:.:.:.y'´ _二ヽ              { _ ,シ'''ヾシ
      ',;:;;;;;;;;;;;ノ 1 i.:.:.,r' レ'ss_,レ' _, L       ,ヘ      , .:.:.:.``ー┴-、    ニヤニヤ笑ってんじゃねぇ!
      ,iニ二 _/ レ ''rテレ⌒i '''`,_}     ./ /      /.:.:#:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L
    ,..-孑'" ̄7 ⌒ヽゝ-─- 、L_,,r'ニLrr‐ 、./ /      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
   ′# ,′  /    ',     `ヽ   `ヽYニヽ_    /.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:..:.:i.:.:.l.:.:',  てめぇを人質にとりゃあ
  i   i   ',    i     ___ノノ.:.:.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.|.:.:.l
  /l   ,レ   }     | ,rr.:.:.:::::::::::::::::::::::l,ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:; イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.|.:.:.|  逃げ切れる!
. / ',  {    ,!    / 〃.:.:::::::::::::::::::::::::/ / /7¨¨""´   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.|
〈  /  l    ,!  # l 〈.:.::::::::::::::::::::::::::::l_7:::〈⌒)      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.!_ノ  逃げ切れなくとも、てめぇも
 Vj.   |   1    ヽ \:::::::::::::::::::::;:;;;;::::::::::::::l     /.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
  〈  _⊥___L      \ \:::::::::::::;:;:;;;;;::::::::::::::|.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:!   一緒に爆撃されりゃ道連れよ!
   に - ──‐-\    _ノ⌒}:::::::::;:;;;;;;;;;;::::::::::::::|  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:l
   ,'.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 ̄ ̄ 77`゙ニl三三ニニiニニニニハ    ̄`7ー‐- 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.|
   !.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    } }   にニT  i   ! !l   /.:::::::::::::::::`ゝ.:.:_.:」.:.:.:.:」

35 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:48:08 ID:kxX58TB60

             , - ヘ _
            〃     `ヽ―- 、
         ハ.___    :}   \
           {、.____【)∨     ヽ
          い ( ( ノ | \/_ノ /l
         7T亡フ(__,ノ  :|-‐くヽ::|
         |  /八_/ |   |、__/_,ノ
         }ニイ   ゝj/   !/
           {__ノ'    _∠、/
                (__,>′

     . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
    . : : 初めてファシストの兵士を見た時。                : : .
    . : :                                  : : .
    . : : 酷いショックで舌が麻痺して言葉が出ませんでした。  .: : .
    . : :                                  : : .
    . : : 隣のクラーワおばさんは全身が麻痺して……      .: : .
    . : :                                  : : .
    . : : せっかく逃げのびたのに……間もなく亡くなりました。 . : : .
    . : :                                  : : .
    . : :                                  : : .
    . : : マリヤ・ワシーリエヴナ・ジュローバ  地下活動家    : : .
     : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

36 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:48:54 ID:kxX58TB60


  |^l   | |   /| |   _    '''''                     もう後は逃がさん。
 |⌒l ._l | /  |/  /_/       
 |⌒/   | |  /         `             .,`___ `   キリキリ歩けぃ!
;;;;;| /     .| |/  <>     /´★::::ヽ          _l___∬ヽ
_/___|/            (дT,,)           (∀・,,ll-')
                    とと  ヽ/     ┷===E∩≠と )    ̄`___
                    , ヽ  ,,つ   `    ,.  Y 人      _l___∬ヽ    '
                        ∪               (__)_,)     (∀・,,ll-')
                              `          ┷===E∩≠と )
             ,,、、-‐''" ̄`` ー-、、                      Y 人
         ,r'"´ミy'"´         ヽ                    (__)_,)
         /          `ヽ     `、
         l  ,ィイ^^ヾi、  i    ゙、ヽ   ハ、
        ノ  j1!   1i! |l   、 ゙ヾ、、、ィイ;:;\                ……撃破数だけ見ると楽勝だが、
       /  ノノ   Nトト、トト、.:.:;ヽヾミヌ彡;:;;:;ヽヽ
       (1j ィイリ     `ヾ>>、;:;:;ミミ二云彡;:;;:;;ヽj               予想より抵抗が激しかったな……。
       `ヾN!;ミz、 、、z-_‐彡≧ー-三彡<;;、ヾヽイ
         ``iでソ} .:.:;;モテソ   ゙ミ/イ i!;:;;;:;:;::V
           | ,ノ   ``       ミ リ /;:;;;;;;i;l;i!                スターリン嫌いを差し引いても
           l (   ,        リ イ;:;;;i;:;;i;:リ
           ! `"´         ,′!::ヽi;;リソ                 祖国防衛の意識が高かったからか?
           ', ‐-‐- 、     /.:.::,!::::ノリソ{、
            ゙、  ̄`     /.:.:.://``^ノノ ̄``ー- ,、、、_
        , ィイ 77,ゝ、 _ , .イ.:.:.:、‐'´  /´       ,r'r'´r'´ソ>、、    それとも……我が軍が占領地で
      / // //  ̄``Nヽ r彡<   /        /./ ,/   , イ^.
     /ト、//_//      Uし1((⌒´,.イ         / / /  //.:.:::::    良からぬ事でもしているから、
    /.:::!:::::::.:..ヾヽ    | !´TT``フソ     _,,、、-‐‐' ‐'-‐_‐ "´.:.:.:.::::::::
   /.:.::;;|:::::::::::::.:.゙,゙, r=ュ jリ ノ L ///    ,r,r'"´.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::.   抵抗が激しいのか?
  ,/:;;;:;;;;;|;:;:;:::::::::::::V(こ //⌒ヽY// =z、 //.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

         【ハインツ・ヴィルヘルム・グデーリアン】

           ドイツ軍、第2装甲軍司令官。
.

37 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:49:53 ID:kxX58TB60


                                  ,,、-─‐‐ - 、、
  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ      ,,.'"´         \
   | 良からぬ事とは心外な。       |     ,イ´          \ \      しょ、正気か!?
   |                          |     ,イ メ、\`ト、 ゙,`ヾ  ``ヾ.::;`i
   | 閣下のレーベンスラウム計画を  |    ヾノノ;;トト、\トト、ゞトト、   .:;:;:;:;;;ヽ
   |                          |    `Nj,,、z_=r'''"`ヾミレ^ヾ.:.:;;;;;;;;;;;;;;i!     この戦いはロシア人民を
   | 実行してるまでです。         |      ヾ〉ゞ-''` l|l|l|ミリレ,イ``ミミミ;;N
   ゝ_  _____________,ノ      /        ``ゾ,^ヾミミミjリ     解放する義戦のはず……。
     V                       ゝ,,      u i  リ:;:;;;;;;j!ミ|
                               ヽ-‐、      ,′ `トトト、j;;リ
                                .゙i     /     ヾ」!
      ,.-.:─ -、                        L_, ィ´   ,,、-‐''"´ `ヽ    あの狂気の計画は
    /.ss    |                         ト、,,r,r =ュ     」ト
     {.:::厂  ``i                         |H| ! )( ル   ,,、- '     我が軍の首も締めるぞっ!
    hリ ‐::;;r r:;;;!                        ノソ| レ' /イフ"´
     ヾj    j  |                  _ _ __, ィ´`≧ル〈≦L_ __ _ _    モスクワのスターリンだけ倒せば
     | 、 -ー ,j!             / ̄.:/ソ//"´  , ィ´⌒ヾ! /⌒ヽ    ,イ
     L_,ゝ-- '゙L              /.:.::::::::/ソ´i!   / jl ◯jl/ /  j ! _ _ノl     戦いは終わるんだ。
    _」 ルl| _ _」/二'''ー- 、、   , イ,イ.:.::::::::/\ |  / (U)! ゝ=イ^ `ー‐ '´ ̄ /
ィィィ厂 `>≧≦<´`  ``ヽ ! 「「//´「l|.:.:';:;´ト、 ヾ|  ! Y´ ̄`ヾニ/      /       余計な事をすべきじゃない!
〈 メ| 仄ココ(0)ココココヽ    | ,メl|/  V!.::::::::::|/\ !  ! !            !



     ∧
 γ´ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | ……これ以上の妄言は、貴殿といえど罪になりますよ。 |
  |                                      |
  | 総司令官でもない貴殿の異論は認めない。          .|
  |                                      |
  | 前線部隊の士官達は進軍だけ考えてればよろしい。  |
  ゝ________________________,ノ

.

38 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:50:49 ID:kxX58TB60

             ,、-─ ‐-、、
         ,ィ'"´`'"'       ``ヽ、
        / ,ノ  ,r、,,、ィ、         \
       ,/  '′ /ミY彡j!  、   `ミヽ __,ハ
      |   ノ ,リ"´  `ト、  `i、.:;;;ヾ三ミヽ!      ロシアの人民たち!
      ,イ !/ハ jト、    _,ゞ公`ト、ヾ三三ヾj!
    / j! jソニニ'ーz、 ,zr=,ニ < `iミミヾミゞ;;;;!
    Nヾ.;;ト, `でン〉   ゝ='   !ミ/ヘ」ツ;;:;;|
    `ヾ`ヾj  ゙`7        ゙リ }カ !;:i;:;;{      我々は諸君に何もしないが、
       `` i!   ヾニ        ノ ,イ.:;;!N
           !   r ─ -、   u  /`i j;;;;V      後から来る連中には気をつけるんだ!
            ',  V 二 ノ     ,′ N,イソ
            ゙、   ー‐     /   リ/
             ゙、       /   ,,ノ{
           }> --- ‐''゙´,、-‐'"´ Λ
           厂Y^Y厂<´     / Λ_ __ _
              l|/^}! |!!/^ヽ    /_/ r''"´.::::.:.:.::`7 7"「「
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞

      ,.-.:─ -、
    /.ss    |
     {.:::厂  ``i            ( 愚将め。
    hリ ‐::;;r r:;;;!
     ヾj    j  |              スラブの蛮族に温情をかけるなど、
     | 、 -ー ,j!
     L_,ゝ-- '゙L             こいつは今後どんなに戦果を上げても、
    _」 ルl| _ _」/二'''ー- 、、
ィィィ厂 `>≧≦<´`  ``ヽ ! 「「/     いずれ罷免か銃殺だろう )
〈 メ| 仄ココ(0)ココココヽ    | ,メl|/

42 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 22:53:14 ID:yWLnEGHk0

ドイツ軍人も色々だったのね




39 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:51:22 ID:kxX58TB60



                  ◆6月30日
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ベラルーシ(白ロシア)のブレスト=リトフスク要塞 ┃                   -、 r‐ァr-、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛                   / /く/ / /
                          ・。 .'                     / 〈   `¨
                          .,,,  ,                  / ,、 \
                         f´⌒Y::::::::Y⌒X                    /__/ \/
                     f⌒:;;;;;;::::::::::::....: ::::)               /¨〉 /7 r、
                   f´:;;;;;...:::;;;;'''':::::::::;;;;;...く ゚゙                   / く V 〈_/
                      {i:::::::...Y'..r'"´⌒Y::::..::;;;)              / ,ヘ \
                   ゞ.......:::::::::::::..  .._ノ : . , '  。       `-'  `-/
              、   :    ,〉:::::::..( ...::::::::::::Y⌒ヾ    /        /^i
                    (::::::.... ......::: `Y::::::::::::}、,-==、        / /
    \               ・    ーx(:::::......ヽ ノ::::...,,,,.::::::::;;;;;:;;)       / /
     イ|≧==-x,_              )`(:::::.....}::f´  ヾ:::::...::;;;ぐ       `
   /イ|≧==-≧三三≧      、. (::...r'(⌒:::...:::.. .' " ヾ..:::::}. '    /`j
  _}イ|l[|⌒Yヾ≧==-≧>  :.   .   ゞ:::::::.....,,,,.    ノ、   ソ    〈_/
  }f´|l个=ー!_ノ{ `Y^i|トi「「    、    ゞ;;;'       ∧ ,. `¨⌒ ‐- .   //
  |jイ^Y三≧==-x,二人{      _,イ ̄`ヽ   /∧     /\, /ム--' /
  //∧_|}j_{Tiー、/⌒ヽ iヽ    // ムヘ∨∧ヘ`ヽ〉=〈   r‐ト、 ゝ-一'´          |\
イ三不三≧==-xゝ==-xト、」_」f´ / イア三三≧=={ノ天ト、_> 〈__, -x}i{      _ --、_
 三王 ̄Y^Y|≧-x≧ Y^i三三≧==}{ム≧==-x≪^Y^三三>' ´><>x\   f´-==≦|≧-{
 三 | v'Y^Y´ ̄  `Y^Yヽ}>-y{三三≧==-三≧==->' ´><三三><≧Yヽ_ |「Y^Y^Y|Y^Y|
 王 | i从| i::. 圭圭圭|Yi| |::.. 圭| TY´Y^Yヾ/ヘ/ヘイ≧==-x───--== _}八天三i | ≧=>
 王 | 从:| |::::圭圭圭|^Yヾ|:::....」|人_jl||_.人八ノ} _}| | |王王「{ ̄Yi ̄Yi ̄Yi^y不!≧==-x王>=Y!

40 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:51:58 ID:kxX58TB60


   独ソの国境付近で、孤立無援の抵抗を続けていたブレストでの損害も、

   ソ連赤軍、戦死482人、負傷者1000人、捕虜7000人(将校100名)になりました。
\____________________________________

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、/{        ,}:::::/      }
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-" " ,}       /::::/      丶   ,,、、 l,7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'~   /     r':::::::::{【フィンランド】 } , l_,7
:::::::::::::::::::::::::::::::,r,::::::::::::::::::{    r'       }:::::::::::::}       ,__/
::::::::::::::::::::::,、_ `´::::::::::::::::{    }        {、,:::::::::ヽ,   _,-‐'' `=-  ○レニングラード
:::::::,=' r'‐‐=´:::::::::::《ノルウェー》 {、,【スウェーデン】:::::`'´~,-―-´
:::" {´" =´,,::::::::::::::::::::::::::::!   ,-"|,      ,ノ:::::::::::, {、;:,;:;:;:;:┌┐
:::::::}=   /:::::::::::::::::::::::::::::`'‐‐´:::::::|,     |´:::::::::::::::",´`{;:;:;:;:│ ]      ┌┐
-、, "r   {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐´} ヽ    },::::|/:::::::/´ヽ´;:;:;:;└┘;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ]      ◎モスクワ
 } r,_,   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ",:::::}  __//:::::::::::::::|  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└┘
r':::::::::}【イギリス】::::::::::::::::::::::::} ",i i~,}}_,,,|´::::::::::::::::::::::}  } ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:○スモレンスク
:::::r-´    {:::::::::::::::::::::::::::::::::{,, ヽ", }_,、,:::::::::,,,-‐-、ノ´  \,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;●ミンスク
,-‐"     "、,:::::::::::::,--、,-、ノ  "'~   `'´~         `~!;:;:;:;:;:;:;:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:`;==-    ,,ノ:::::::::/   ´                    ゙★ブレスト;:;:;:;:;:;:;:【ソヴィエト連邦】
´、,、,_,,,-、_ "r ,,ノ~          ◎ベルリン        `、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:::::::::::,、  ~´/ ̄                             ゙!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
--、_,,} "-‐'´                     《ポーランド》   };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
,    《ベルギー》                          / ;:;:;:;:┌┐
:::ヽ               【ドイツ】                {,;:;:;:;:;:;;::│ ] ○キエフ
:::::ヽ                                  | ;:;:;:;:;;::└┘
:::::::}  《フランス》                           ヽ,;:;:;:;:;:             スターリングラード○
:::::/                                     {

41 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:52:44 ID:kxX58TB60


   もはや戦死より、捕虜が上回るほど軍人たちの士気はガタガタに落ち。

   ソ連赤軍の捕虜が右肩上がりに膨大になるのは、この辺からでしょうか。
\____________________________________



        [,,,,|,★,,|]m  [,,|,★,,|,,]n,,n ,、,、 [,,|,★,,|,] n,,n ,、,、   シベリアのラーゲリ送りより
    (::::::) (;: iД゚) ::::) (,,ノдヽ):::::) ::::)  (,, @дi) :::::) ::::)
    /::::i  / つ つ :::ム i;;;::U U :::) :::::) / J *J :::::) ::::)    マシな待遇を求む……。
    uu  (;;: 〈     ノ ハ ヽ:::::: ::::u::: し'''`J::::::,,:::::::::;;::;;::.....
,,, .....     U~U     (,,__) (,,__). ........ ... .... ... ...


                    __ _
                 ,r'´  ,   `ヽ、
                   /  ー=k=‐   \
                 j ,. -‐ ¢ ー- 、 `、               殺さないだけ温情をかけて
                   |!、  ,.-==‐- 、ト、 j.
                   ll ト<´ _/_/_,/リト/                やったのに甘えるな!
                `〈カ≧_ソ}=(ー゚'ノ゙ijソ
                 `fi',  ´::;i´ ̄ 'j'′
                _, ィハ 、_,;='_ , ' レト、                アカの捕虜どもは収容所まで歩いて行け!
          _ _, -‐'フ///ハ `二'´ ,イ!.:`i`ヽ、_
      ,r‐イ>≠ - 一 '´/.:.:.,! `ゝ--‐'/ |.:.:l  \ト、ー-、         貴重な輸送車を蛮族に使う
     _厂  ̄ ̄   , ィ´.:l1/iヽ /j╋/ ト.:.ヽ   \`¨`ヽ‐-、
    「 `\ __ _,.' ´.:.:.ヾ:.」!.:.:.:l.:.l/ ヽ;;;;l_/ !.:.:.i:.゙、.  \ j /! ヽ     「無駄」はかけたくないからな。
    | ,r‐'',;´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」|.::.:..:.:.ヽ !;;;;;i /.:.ヽl.:.:ヽ    \/   ,久
    1 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/;;;;;;;l /.:.:.ヽ.:.:.:.:.:\  /  ,/ /ト、

              【アインザッツグルッペン】

             ドイツ軍、移動虐殺部隊の総称。
.

43 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:53:31 ID:kxX58TB60


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 遅れる者と、脱走する者は即射殺だ!  .|
  ゝ__________________,ノ
                __
                     `ヽ                  なあに、収容所まで辛抱すれば
                ;′       .
               ノSS     ゚.                 きっと良い事があるさ……。
            {{ ̄l「 ̄ ̄¨T´
         . 二ミ、 》=<⌒Y
        //: : :.=‐-Ⅵ }) ノT)三三, -―ァ¨「(ニニニ(()
      /: :,′: : : : :.:.二>←≠―y'У `<三|(二二二ニニニ二二二(()
       /: : {: : : : : : :.:./: : :.〃        、 `寸_」  j   ___゚、
      : : : : Ⅵ、 : : : : : : : : : {{     、  \ >'´  r←< し=[
     ,′: : : :` ミ:、 : : : : : : : : 、    >《`ー'´   / ̄㌻ーミY⌒))
     〈: : : : : : : : : :\: :_ .. :个x.∠ {{     /: : : :{{: : : .:.`寸
      ,: : : : : : : : : : : : : : :.:.,/ ト} Ⅷ∧:    :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
    《∧〉: : : : : :‐ニ二 _: : /_ノ~  Ⅶ∧:   : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
          ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
            vymyvwymyvymyvy
            ;;'';';';;'';;';;'';;';;'';;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;     ザッ
   ザッ      ,.~^,.~^,.~^,.  ,.~^,.~^,.~^..~^        ザッ
           ⌒vv⌒y⌒y⌒y⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、

        [,,,,|,★,,|]m  [,,|,★,,|,,]n,,n ,、,、 [,,|,★,,|,] n,,n ,、,、    ……強制労働は避けられないだろうが
    (::::::) (;: iД゚) ::::) (,,ノдヽ):::::) ::::)  (,, @дi) :::::) ::::)
    /::::i  / つ つ :::ム i;;;::U U :::) :::::) / J *J :::::) ::::)     いずれ生きて帰れれば御の字か……。
    uu  (;;: 〈     ノ ハ ヽ:::::: ::::u::: し'''`J::::::,,:::::::::;;::;;::.....
,,, .....     U~U     (,,__) (,,__). ........ ... .... ... ...

44 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:54:15 ID:kxX58TB60


┏━━━━━━━━━┓
┃ロシア人用収容所  ┃
┗━━━━━━━━━┛
  ..._丶   ′__.. -‐
 -:一 ,    ー-
   /'/ ll ',\
    /,' |! '. \
     │
      |        \
      !         「\
                 \」
                   「 \
                    \_」
                   「 \
                      \__」
                         \



''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"" /\\ ""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""
   /★\          /★\/   ̄;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;
  ( ;@дi)         ( ;ノдヽ) ヽヽ_;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;
  (   ⊃、)    l|l     (  つつ――|::::| ザック;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;
  / /> >.\_ノノ     / /> >   .ノ:::ノ  ザック;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;
 (__)__) /__从し'(  (__)__) \_ ̄          ⊂⌒~⊃。Д。)
;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;; ノ:::/∴:・      ⊂⌒~⊃。Д。)⊂⌒~⊃。Д。)
;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;'""~"'';;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;;;;;::: :: :::::,,: ;
____________________               _____ _______
XXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]              「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|||___.XX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|/∬___i_X|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
 ̄ ̄'-ll,,´∀) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄/ _lヘl'ゝヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 串(,,,)、ニニG====i━   コルホーズで鍛えられたアカなら
  丿____丿___〉
   (__,,ッヽ__,,,)       野ざらし収容所での労働ぐらい平気だろう?

                屋根が欲しいなら穴でも掘って、そこに入ってろ。

.

45 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:55:00 ID:kxX58TB60

      ★" ̄ ゙̄`ヽ、_  っ っ
     ,i" ,_ i、 u  \
     ノ_,:  r'7。t' l|l|l| r=、i
     ゙'r'~" ゙;: ̄    r,-/           み……みず……
     ト-'" :i イ''l / ‐'',!
       Yrトfr、 jリ  u/  l           水をくれぇぇえ……。
      ト^^^' r : / ・:!
       ゙レ,i-‐''" :"・.l
         l r'"..'":〉`>、          ここに連れて来られてから……
       /レ!:v / ./ ,;>、__
      ∠ / l V',.r‐'" / ,.r<__      何も口にしてないんだ……。
     / L/  /  ./  i"   ゙`:、_
   / / l.  └:.、 /   ,」       \_
  /L i ,、i  ・゚ . 〉 ー"          ゙i!
 l   l .l  !:・. /   / ̄}i\           l             ,r‐ 、
 l   l l  l!ll:・/   .{'  ゙i!. / ./ ̄}!       l      z'Zr─~''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
 l   l l. ( ̄ ̄'ヽ、・:}!ー'リ ./!、_/        !        ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄
 l   l l 〈゙"‐-イ._ ゙i、ノ゙::::::゙し'':゙:::::i!ヽ_,.-、     !           /  彡、 ノノ:::
 l   l l  ヽ・::):::::::."::::::"  ゙::::く,ィ"(__,.}     i!          / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   ハーグ条約、ジュネーヴ条約を結んでいない

   スラブの蛮族など生きるに値しない。 なぜ貴重な物資を与えねばならん?

                __
                     `ヽ
                ;′       .
               ノSS     ゚.                 足元に泥水があるだろうが!
            {{ ̄l「 ̄ ̄¨T´
         . 二ミ、 》=<⌒Y                  ボリシェビキの手先は、汚水か雪を食え!!
        //: : :.=‐-Ⅵ }) ノT)三三, -―ァ¨「(ニニニ(()
      /: :,′: : : : :.:.二>←≠―y'У `<三|(二二二ニニニ二二二(()
       /: : {: : : : : : :.:./: : :.〃        、 `寸_」  j   ___゚、
      : : : : Ⅵ、 : : : : : : : : : {{     、  \ >'´  r←< し=[
     ,′: : : :` ミ:、 : : : : : : : : 、    >《`ー'´   / ̄㌻ーミY⌒))
     〈: : : : : : : : : :\: :_ .. :个x.∠ {{     /: : : :{{: : : .:.`寸
      ,: : : : : : : : : : : : : : :.:.,/ ト} Ⅷ∧:    :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
    《∧〉: : : : : :‐ニ二 _: : /_ノ~  Ⅶ∧:   : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

46 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:55:48 ID:kxX58TB60


      ∩ ∩ ∩
      | | | | | |
      | l l l  | |
      l | l l,__l_,lー-、,〟.
      い/ ,,-ー`-'、.   \   っ っ
     / /',-ー★--、、ヾ,   `ヽ
    /  i'〃 λ   、`、ヽ   }ヽ
   ノi { l { リ ヾ. 、\\ ヽ、   l ;       ボリシェビキ、ボリシェビキって
  ノノ, l l,i,ーr'`ヽ\\`--、Ly  | j
 ' ̄ l ハ l | ノ,,-、、  \,` ̄| ̄}  j l       ひとくくりにされてますけどー。
    { , 、 i j''゙u`i`   '"u、``┤l i }
    、ハ,ハic辷ソ    f £j ソ //、 し'゙`、
     ソ、U,,,   '  ,,`゙U リ',ノ'リ`it 丿
    l'r''ミ3、   ⊂⊃〝  ノ'"''' _,t'~`う     私たちウクライナ人は、ムリやり
    ィヽ_-2,,"とェ:vーつ_''、"ノ /"ヽィ-'"
   `i`Y l i'  ブ∧┘`、リ`ζ`~'         疫病神スターリンの支配下に置かれてただけで
    l l l ヽ. L/{ハヽ」 } l_ ハ j'
     Y |_ノλ ∫`` Л |`ヽ"'~         ぶっちゃけ巻き添えですよぉ~。
     l l リ__ζ__ぅj l.
     l i イーーr--t--、i さ
    i l /   i !  \ } ̄

      【ウクライナ人】

  大戦前、スターリンの圧政下で飢餓に追い込まれ

  共食いさせられる目に会いました。
.

47 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:02:23 ID:kxX58TB60

       /    〔        ____[★|    `ヽ
     , '      `>、    ,.ィ/´   |\   {
    /   /   /  \,//     |  \  \
  /   /   >、    /}    ,イ ハ }  \-┤
  ,'   /    /  \__/ /    / } /  ', |、   ヤ′
 ,    '   ,'     i /   , '  j/   ',{ ',   ',
    ,'          レ' .,,_/  /     j {   ′
,'   ,    ,        | / ニ=‐-       }_  '     右に同じく。
    .;:         i    |,笊テュ=-    二" ̄}  /
   .:::   .;    |    | ゞ=シ_     x≦テ‐' /
  ..:::}::   ::}    |    | , , , ,     { ゞ=′.イ       ソ連領に組み込まれてるけど
.: .:::::}:::  :::}   |    |           〉, , / {
:::::::::}::::.  :::}     !   :| U          /  {        私たちはボリシェビキでも、イワンでもないわ。
::::::::}:::::::. .:::{     ',   :|     ‐-  /  {
:::::::}:::::::::::::::| :    , .:|>  .,_    /    {
::::::}::::::::::::::::|: ::     , { ̄ ̄{ /`_´ヽ     {        その私たちまで虐待する理由はなに?
二ニ=‐~;¬:.::       ' ,   〈 /  Y .:   {_
////,厂゛\|::::.       ′ミミ∨ /:::. :::.  {∧       なんなのよ!
/////て._  |::::.       ',/}::::}:`ヽ::.:::::.  {/∧
///////,勹 |:::::.        ′/⌒ヽ:::::\::::.. {//{

         【ベラルーシ人】


.

48 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:04:06 ID:kxX58TB60


                __
                     `ヽ                  へ理屈を言うな!!
                ;′       .
               ノSS     ゚.                 貴様らみんなスラブの蛮族だろうが!
            {{ ̄l「 ̄ ̄¨T´
         . 二ミ、 》=<⌒Y                  違いなど無い!!
        //: : :.=‐-Ⅵ }) ノT)三三, -―ァ¨「(ニニニ(()
      /: :,′: : : : :.:.二>←≠―y'У `<三|(二二二ニニニ二二二(()
       /: : {: : : : : : :.:./: : :.〃        、 `寸_」  j   ___゚、
      : : : : Ⅵ、 : : : : : : : : : {{     、  \ >'´  r←< し=[
     ,′: : : :` ミ:、 : : : : : : : : 、    >《`ー'´   / ̄㌻ーミY⌒))
     〈: : : : : : : : : :\: :_ .. :个x.∠ {{     /: : : :{{: : : .:.`寸
      ,: : : : : : : : : : : : : : :.:.,/ ト} Ⅷ∧:    :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
    《∧〉: : : : : :‐ニ二 _: : /_ノ~  Ⅶ∧:   : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
                    __ _
                 ,r'´  ,   `ヽ、
                   /  ー=k=‐   \
                 j ,. -‐ ¢ ー- 、 `、
                   |!、  ,.-==‐- 、ト、 j.               あえて言うなら貴様ら
                   ll ト<´ _/_/_,/リト/
                `〈カ≧_ソ}=(ー゚'ノ゙ijソ                ユダヤ人、ロシア人、ウクライナ人、
                 `fi',  ´::;i´ ̄ 'j'′                チェチェン人、イングーシュ人、ベラルーシ人、
                _, ィハ 、_,;='_ , ' レト、                タタール人、リトアニア人、エストニア人、
          _ _, -‐'フ///ハ `二'´ ,イ!.:`i`ヽ、_              ラトビア人、ポーランド人、アジア人etc
      ,r‐イ>≠ - 一 '´/.:.:.,! `ゝ--‐'/ |.:.:l  \ト、ー-、
     _厂  ̄ ̄   , ィ´.:l1/iヽ /j╋/ ト.:.ヽ   \`¨`ヽ‐-、        の存在そのものが悪なのだ!!
    「 `\ __ _,.' ´.:.:.ヾ:.」!.:.:.:l.:.l/ ヽ;;;;l_/ !.:.:.i:.゙、.  \ j /! ヽ
    | ,r‐'',;´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」|.::.:..:.:.ヽ !;;;;;i /.:.ヽl.:.:ヽ    \/   ,久
    1 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/;;;;;;;l /.:.:.ヽ.:.:.:.:.:\  /  ,/ /ト、   貴様ら我がドイツを滅ぼす気だったんだろう?
     !/.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::/「レ⌒ヾ、.:.:.:.:.:.:;;;;; /.:.:._/::::::::::.:.:.\´ ̄ヽ ノ  ハ
    /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::N、i1Q j⌒!ヽ、:::::::::_/::::::::::::::::::.:.:.:.:.ヽ    / j   なら成敗され、償いに全てを奪われても
    l.:.:.::::::::::::::::::::::::::::ト、j,≧≦_ ノ::::::::::/:::::::::::rェっ::::::::::::.:.:.:.:ヽ     /1
    ト、.:.:::::::::::::::::::::::::::`フ¨|_」ソソ::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:./    / 」   仕方ないな。
   / ト、.:.:.:::::::::::::::::::::::ゝ三ニツ:::::::::::b:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:〉    ,'  l|
   / /  ``T ー-,.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.}     ,   |

49 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:04:51 ID:kxX58TB60


  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   | ……ドイツから東の民族              |
   |                          |
   | 全部を目の仇にしてるって事じゃ無い。  |
   ゝ__________________,ノ

    ノ      __[★]___      7 ヽ,
  〈    /   !  \\     {、  ′
  ∧  /    /|    \ \_/ 〉   ',
  '  ∨     / /  |、   \   /   i
 |  ,    //  ',{ 丶   |\/     |       ( ……スターリンに劣らず
 |   i ¨`7 ‐- 三三 -‐''、¨´ !      |
 |   |   ァ=‐x、 三三 x==z、j    |   |       ヒトラーの方も
 |  ∧ ' 込ツ 三三 辷ツ `|     |   |
 |  ∧{     }       |     |   |       呆れた被害妄想の固まりね……。
 |    }     、        |     |   |
 |    八            u ,イ      |
 |    |\   `    //     {   ',       その正義を行い続ければ、
 |    |   >、     , ´//    {    ,
 |    |ニム\ `¨¨´_,.ィ´/     {     ',      いずれ世界の半分を怒らせるって
 |    |ニア‐- 、厂    /       / ̄乙__',
 |     / ̄ ̄\\__,.ィア       /   て ///∧    気付かないのかしら…… )
 |    ' ̄ ̄\ _) 寸ア       /  ζ/////∧
 |   〉-=ニュ、   / |     /   て ///////{
 |   }-‐ 、     /  |     /   ζ'////////{

50 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:05:30 ID:kxX58TB60


   ドイツ軍はイギリス人の捕虜は人道的に扱いましたが。

   ソ連領にいた人々の捕虜はユダヤ人同様に扱われ

   栄養失調、餓死、病死(腸チフス、結核)、虐待死が続出しました。
\____________________________________
! ! l ! |! ! ! ! l ! ! ! l l ! ! l ! ! !| l ! ! l ! ! ! l !| ! l ! ! ! l !|! l ! ! !
  ! ! l ! ! !   l ! ! l ! ! ! l ! !| l ! ! !| l !  ! l ! ! ! ! l ! ! ! l !! !|
|! ! l ! ! ! l !   l | ! ! l i l ! ! ! l l ! ! l │  │ヽヽ! l ! ! l ! ! ! l !
! ! l ! |! ! l ! ! !   l ! ! l ! ! l !| ! ! l ! ┼─┼  l ! ! ! |l ! ! l ! !
  ! l l !| ! l l i |! l ! i l ! l ! ! l !| ! ! l  l !│  ────── ! !|
! ! l ! ! ! l ! ! l ! ! ! l ! ! l ! ! |  ! l ! ! l !/ ! ! l ! ! l !! !| l ! ! ! l
 ! ! l ! ! ! l !  |! l ! ! ! l /★\     /★\;; ;;ノ! ! l ! ! l |! ! !   l
! ! l ! |! !!  ! l ! ! !/★\(゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/ ! l ! ! ! l ! ! l ! |!
| ! ! l !| ! ! l ! |! ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃ l ! ! l !| ! !   |l
! ! l ! ! ! l ! /★\-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃l ! ! ! l ! ! l ! !
! !   l| ! ! (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃ l ! ! !| l
     ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧
   ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;'""~"'';;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;;;;;::: :: :::::,,: ;
____________________               _____ _______
XXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]              「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX

51 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:06:29 ID:kxX58TB60



   そもそもナチス上層部がソ連侵攻に踏み切った一因には、第1次大戦で

   痛手を受けた食糧事情の改善がありました。

   良心的な食糧相が立っていた頃は、地道な開拓を行っていましたが、

   それは結果が出るまで時間がかかる方法でしたので……。
\____________________________________



       _,ィ≦三三≧x、
      _,イ=、≠ー===ミ、
    /彡少リ       `ヽ
   ム巛《ソメ、:: .       ‘,
   {州川/Y:::::::.:.:._,ィ‐、__  _‘,          ソ連も征服し、我がドイツの
   {州川彳::::: : .-‐tュヽ ℡、}
    {「 ̄Y:::::: : : . .ヽ::/:::...ヽ::}          レーベンスラウム(生存圏)に変えてしまえば
.   ‘,<_ 」::::::::::::::::: : : .人r 、_〉}
     ゝノ::::::::::::::: : . / iIiIiIiI7,'          楽ではないか。
      }::::、::::::..... {:: : .一'⌒ヽ}
      人:::::ヽ::::::...ヽ:::....-─-/
.    / 、 ヽ、}:::::::::::::::::::_,. ′
    /:.:.:.:\ `ー 、::::::::::イ             地元蛮族の協力など必要ない、駆逐せよ!
. /‘,:.:.:.:.:.: \   `Yヽ.!
'´」 :.: ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.\   |:.:.i|ヽ、           農業においても
:.:.:.:.:.:.: ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ /ー|!`ヽ`ー 、
:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.l|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:` T      我がドイツの開拓力は世界一なのだ!
:.:.:ヽ :.:.:.:.:.:.: ヽ/|:.:.:.:.:.: ヽ:.l :.:. \:.:.:.:ヽ|
ヽ、}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ :.:.:.:. ‘,|:.:.:.:.:.: \:.:.:.V
:.:. i:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ :.:.:. |:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:

      【アドルフ・ヒトラー】

     ドイツ第三帝国総統。
.

52 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:07:32 ID:kxX58TB60


   ロシア嫌いの新たな食糧相ヘルベルト・バッケが立つと、

   ヒトラーの意図を汲むように開戦前の2月に「飢餓計画」というものを立案しました。

\____________________________________


              ,,,,,__
             ,.'" . :. ::.``ヽ,,
            ノ;;;:;;.:; ィイニ二ミ\
            〃'`>rr''"´ ̄`ヾ.:.:.::::ヽ
         ,〃  リ(´       にミミ:L
        〃          ,,,.. にミミミ',           東方蛮族の3分の1は、
        lミ! '゙`ミ;、 ,、、z=''`` 〈ヲハミミ!
        い;; `=゙ソ `ミー‘''   ;リ ハjjji!           シベリアへ追放し。
         ぃ.  i  :. ̄   .;' _ノjj/
           `1  ,L _,ィ::、   ,.::;;rくシ′           他は農奴と、殺処分に振り分ければ宜しいでしょう。
            i ,r彡≦ミミ .:.:::i.:/:;/;;!
          |  ´二``.:.:.:.:.::'.;/;;;;;L
            ヽ   .:::::, ィ.:,r';;;;;;;;ハ            殺処分に関しましては、銃弾を使えば弾の無駄です。
           _,トト、ニニニ _-‐_''"´.:.:.:',
       , ∠l11.:`) i1ir─-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、           第1次世界大戦で英国が我らにしたように
      /:://.:.:l l.:.:.:l !! (⌒'゙.:.:.:.:.,. -'".:.:.:.``丶、
       /.://.:.:.:.l l.:.:.:l !!.: > ,.‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、     飢え死にに追い込むのが経済的かと。
      ,'.::1l ┐.:.:l レノノ.:///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:// >、
     .i.::::l l (.:.:.://⌒Y^Y/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.// /.:;;;
     l::::::l |>く〈 _ノノ〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃.:/ /.:.:;;;;;;;   どの位の日数で死ぬか?の統計データも取れますからね。
     l::::::l |⌒ヽミニニノ八`ー-ク"´  ̄ ̄``く:./ /.:.:;;;;;;;;;

    【ヘルベルト・フリードリヒ・ヴィルヘルム・バッケ】

     ドイツ軍食糧相。ロシア領生まれのドイツ人。

  第一次世界大戦時、帝政ロシアに酷い目に合わされた過去を持つ人。
.

53 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:08:29 ID:kxX58TB60


   この計画に基づき、捕虜へ意図的に衣食住を、ほぼ与えず。

   処分するのは始めから織り込み済みだったようです。
\____________________________________



   /★\          /★\/   ̄;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;
  ( ;@дi)         ( ;ノдヽ) ヽヽ_;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;
  (   ⊃、)    l|l     (  つつ――|::::| ザック;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;
  / /> >.\_ノノ     / /> >   .ノ:::ノ  ザック;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;
 (__)__) /__从し'(  (__)__) \_ ̄          ⊂⌒~⊃。Д。)
;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;; ノ:::/∴:・      ⊂⌒~⊃。Д。)⊂⌒~⊃。Д。)
;;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;'""~"'';;;;::: :: :::::,,: ;;; ;;:: ::; ;;;;::::::; ;;;:::: ::;;;::;;:;;:;;;;;;;::: :: :::::,,: ;
____________________               _____ _______
XXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]              「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|||___.XX|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
XXX|/∬___i_X|||XXXXXX|||XXXXXX|||              |||XXXXXX|||XXXXXX|||XXX
 ̄ ̄'-ll,,´∀) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄/ _lヘl'ゝヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 串(,,,)、ニニG====i━
  丿____丿___〉
   (__,,ッヽ__,,,)        /╋\    どうも……赤十字社の視察ですよ。
                (    )
                ( O   )   いくら条約非加盟国の捕虜とはいえ、
                │ │ │
                (__ (__)   大っぴらに虐待するとは正気かね?
.

54 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:09:33 ID:kxX58TB60


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | スターリンとて、ラーゲリ(強制収容所)で同じ事をしておる。 |
  |                                          |
  | 我らだけ叩く意味が分からんなあ~。                  |
  ゝ______  ___________________,ノ
           V
                    __ _
                 ,r'´  ,   `ヽ、
                   /  ー=k=‐   \                それに
                 j ,. -‐ ¢ ー- 、 `、
                   |!、  ,.-==‐- 、ト、 j.               我らのは捕虜の虐待では無い。
                   ll ト<´ _/_/_,/リト/
                `〈カ≧_ソ}=(ー゚'ノ゙ijソ
                 `fi',  ´::;i´ ̄ 'j'′                食料の配給が想定外に
                _, ィハ 、_,;='_ , ' レト、
          _ _, -‐'フ///ハ `二'´ ,イ!.:`i`ヽ、_              遅れてるだけなのだ。
      ,r‐イ>≠ - 一 '´/.:.:.,! `ゝ--‐'/ |.:.:l  \ト、ー-、
     _厂  ̄ ̄   , ィ´.:l1/iヽ /j╋/ ト.:.ヽ   \`¨`ヽ‐-、
    「 `\ __ _,.' ´.:.:.ヾ:.」!.:.:.:l.:.l/ ヽ;;;;l_/ !.:.:.i:.゙、.  \ j /! ヽ      捕虜より、自国民の食を優先させるのは
    | ,r‐'',;´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」|.::.:..:.:.ヽ !;;;;;i /.:.ヽl.:.:ヽ    \/   ,久
    1 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/;;;;;;;l /.:.:.ヽ.:.:.:.:.:\  /  ,/ /ト、    当然のことだろう?
     !/.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::/「レ⌒ヾ、.:.:.:.:.:.:;;;;; /.:.:._/::::::::::.:.:.\´ ̄ヽ ノ  ハ
    /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::N、i1Q j⌒!ヽ、:::::::::_/::::::::::::::::::.:.:.:.:.ヽ    / j   
    l.:.:.::::::::::::::::::::::::::::ト、j,≧≦_ ノ::::::::::/:::::::::::rェっ::::::::::::.:.:.:.:ヽ     /1
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞

                __
                     `ヽ   
                ;′       .                 分かったらお帰り願おう。
               ノSS     ゚. 
            {{ ̄l「 ̄ ̄¨T´                 これ以上は赤十字社と言えど、内政干渉だ。
         . 二ミ、 》=<⌒Y                  
        //: : :.=‐-Ⅵ }) ノT)三三, -―ァ¨「(ニニニ(()
      /: :,′: : : : :.:.二>←≠―y'У `<三|(二二二ニニニ二二二(()
       /: : {: : : : : : :.:./: : :.〃        、 `寸_」  j   ___゚、
      : : : : Ⅵ、 : : : : : : : : : {{     、  \ >'´  r←< し=[
     ,′: : : :` ミ:、 : : : : : : : : 、    >《`ー'´   / ̄㌻ーミY⌒))
     〈: : : : : : : : : :\: :_ .. :个x.∠ {{     /: : : :{{: : : .:.`寸
      ,: : : : : : : : : : : : : : :.:.,/ ト} Ⅷ∧:    :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
    《∧〉: : : : : :‐ニ二 _: : /_ノ~  Ⅶ∧:   : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

55 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:10:31 ID:kxX58TB60



             むろんソ連も怪しいから調べるが、

.   /╋\     だからってドイツがやっていい理由にならんだろ……。
.   (Д゚; ))
    (     ノ  
   | | |     我々まで敵に回すと、あとあと後悔する事になるぞ……。
.   (_(__)


\____________________________________

   ドイツ軍は、赤十字社が視察や人道援助を申し入れても、撥ね退け続けました。

   捕虜虐待は条約加盟国でも行われ、普通は密かに行われるものですが。

   ナチスは公然と実行していたため、目だったようです。


   戦勝ムードの中で、もう何も怖く無かったせいなのでしょうか。
.

56 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:11:40 ID:kxX58TB60


   そのため捕虜たちは、生野菜や小動物などを捕らえて食べるか、

   死んだ仲間を共食いするしかありませんでした。
\____________________________________


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | うう……雑草に…            |
  |                          |
  | ネズミさえも…食い尽した……  .|
  ゝ_______________,ノ
                                                                  ,、
                     rt                                           //     ,ィュ
        -tぅュ、        }カ                                           /l{'   ,.ィア´
          `゙ミ三ミt、     片                                       /ム{_,ィ彡´ ,ィェァ
.         _,ィミt、  `゙マミ、   片、      あいつ……もう…死にそうだぜ……           F三三ニニ=彡'´
.           ̄`゙マ三ニ=ミ三三三ム、                                     F三ミ=ミ彡ニ=-
             ____,>三三三ム     眠っちまったらみんなで食わないか……?         F三{ `゙ミニゝ
            `゙ー==‐´>三三三ム                                     F三{
     ,、       -=ニ彡' ̄ ̄`マニム                                        F三{
    //     ,ィュ         マニム、                                      {ニ三{
   /l{'   ,.ィア´              マ三ム                                 {ニ三{
  /ム{_,ィ彡´ ,ィェァ             マ三ム、                                Fニニム
  F三三ニニ=彡'´              マニニム                      rt           Fニ三ム
  F三ミ=ミ彡ニ=-            マニニム          -tぅュ、        }カ           .F三三ム
  F三{ `゙ミニゝ              マ三三ム           `゙ミ三ミt、     片         Fニニニム
  F三{                         F三三ム       _,ィミt、  `゙マミ、   片、        .Fニ三三ム
  F三{                         Fニニ三ム         ̄`゙マ三ニ=ミ三三三ム、         .F三三三ム
  {ニ三{                        F三三三ム         ____,>三三三ム      Fニニ三三ム
  {ニ三{                       Fニニニ三ム        `゙ー==‐´>三三三ム        Fニ三三三ム
  Fニニム                     Fニ三三三ム          -=ニ彡' ̄ ̄`マニム      Fニニ三三三ム


   リジー・コリンガム著「戦争と飢餓」参照。
.

57 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:14:05 ID:kxX58TB60


   こういった事は1944年中ごろまで続き。

   トータルでドイツ軍の捕虜となったソビエト赤軍将兵は、ほぼ550万名。

   内訳として、約60%の350万人が故意や過失により死亡。

   そのうち200万名が収容所で死亡。47万名はドイツまたはポーランドで死亡。

   25万名は戦線からの移動中に死亡しました。
\____________________________________


              _..-ー'''''''''''― ..、
            ./   .l,       `''-、
          ./      .l          \┌───死亡地不明
          /        l.          ヽ
         ./          l._______l
        │  生 還   l_______ l ───戦線からの移動中に死亡
         | (障害者含む)|ゝ、         |
        │         |  .`'-、      l───ドイツまたはポーランドで死亡
         l         |     ゙''-、 .  ./
         .ヽ        |        ` /
          .\       |収容所で死亡
            `'-、      |        /
              `''ー ....|..... -‐'″

      /⌒)
    ⊆.==@|_    ドイツまたはポーランド送りの者は、農奴扱いだ。
     ( ゚Д゚)
     (|<V>|)   人種法により、ドイツ人民にみだりに接する者は死刑である!
     | |
     .∪ ∪
.

58 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:16:06 ID:kxX58TB60



           /        ゙( )     ヽ
         /          ¨   l: |
       /    / _,, ==ー''ァニ、'=、/::: !
      ./   /=''"´      〈∞λ :V./
    /   /      __,,.. ='ゞ"== ┘,
   /   / __ ,,.. -‐''¨´ =ー_,,, 二二、,}        フーム……劣等民族たちを、
  l´    ィ´,.ィ'´:_゙ _,.=-'''"´ ̄       \
  ゞ ..,,__! .ゞ彡_''´         ____,ヽ      楽に死なせ続けるだけでは
       V,/: : :`'' ー--;;; -''_;; ̄;;;;;;;;;;__::'}
       l__ェfニニ‐__-- __,ィ/rtッ¨ヽrュ/'tュ、_ヽ        勿体ない。
      .〃ヽ`ヾ;;::: : ̄''ー-!, -彡 /: ヽ` l フ´
       .{ヽ .ハ ,!;;::::: : : :   ゝ- '´,,;;:. ヽ-イ
      ヽ,ゝ''' ,|;;;:::::: : : :     /.(.rェ.-‐' |
          `ヾ-' ;;;::::::: : : :  ,'  ,/ili!llii、 l         人体実験のモルモットとして使い、
            |:::::ヾ;;;;:::::: : :  /-‐三゙''ゞ /
         |::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: : : :゙゙゙'  /          新型兵器の開発や病原菌治療、
           /l: ::::::::::;;;;;;;;;;;;;ゞ;;_::: : .,,__ノ
        /:| \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡''゙ト、           兵士の肉体改造へ役立ててみよう!
      / ∧  \: : : ::::::;;;:: :´ /∧ `''-ttー‐- 、
   _,.-‐´i   ∧   `'ー 、: :_,/  ∧     `  ==ュェ__
z‐'' ゙ツ  .i   ,、 \    ./:::ヘ  ∧ l..,,、__
'´¨´    i ,./メ,l  \   !V::/` ∧ .l{ ''、∧
      ilキ《.》メ!   ヽ /:::::}  ∧   lゞ、V}},

       【ハインリヒ・ルイトポルト・ヒムラー】

           ドイツの政治家。

       警察と強制収容所は彼の管轄。
.

59 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:16:58 ID:kxX58TB60



   中でも人体実験に選ばれた捕虜は、麻酔無しで解剖されたり。

   新型毒ガス兵器を嗅がされたり、獄寒の地へ裸で置き去りにされたり、

   病原菌を感染させられたり、という責め苦を味あわされました。
\____________________________________



   ________________________
  /
 │ 女の捕虜には「マネキュア(爪への針刺し)」をしてやろう。

 │ どうだ? どんどん入っていくぞー。
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                           人_从_人_从_人
     ズブブブブ…              ,,...- ''''''' ''' ー---
                        _,,,,.../        u
                 ,,,.. -#'' "  _ノ   U         \人_从人__从_从人_从_人_从_人_从_人_从_人__从人_人
三三三三三三エエエ======ゝ、#,,. - ' "                >
                ( ┃     u                > や、やめ……
                 \            u    ;     >
                  :ヽ 、        _,,,,.......ノノ、,,,_   > いだぃ! いだいいいいいいい~~~!!!!
                      " '''--- ''''''"          /Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YW⌒⌒YW

60 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:17:45 ID:kxX58TB60


   ________________________
  /
 │  次は人体がどれだけ電流に耐えられるかの実験だ。

 │  より正確なデータを取るため、裸に剥いてな。
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       __从_从人_从_人_从_人_从_人___从_从人_从_人
              ノ      〃´/ ./               /
             /⌒ヽ ___{{  ト、            |ヽ/|_
                / /⌒X´ ̄`ヽ`ヽ }_,. イ_,.  __/⌒ヽ  .\   /
       ,,,.イ    / //Y⌒X/ /rヘ! ー<_/   /⌒ヽ   |__>
      / { { __//  /冫' / / { /  |  i ヽ X⌒Y、 ヽ  }
    .,i゙/`ー=彡' /《/ /〃 レイ{  ト、 !  :|  V》! }  } 人__)Y_})
    ././(__/´ //  { |.!{{.斗=ミ。 r jィ=ミ刈:! i《、/ /|  {`ー〃 ⌒ヽ    ひいいいいいいい!!?
   〃⌒≫/  /∧. {  !ヽトトゞ,u  ,ゝ‐、 l|l|l|Y | | }}{ { |  `=彡'⌒)ハ }
   .lヾ._{{ { ! 川  ハ  V∧ {{   {: : : :}   }}从,.j/人 ヽ !   \   _ノノ
   l .! 乂 」_  _レ' ハ-彳 | !人 ι: : :ノ   uイ {{  {  ト、  \\      でっででででっで、
  ,! !     | 「 しイ{__ノ }ト、j∧{_冫、`こ{{_,.ィ升! }  ,≧ミ、 :! \  } ヽ
  l /      | {ト、__人___/八)Y´/ ハ   u/ ヽノj/  {{  }} ハ 、__)ノ 人ハ    電流やめでぇえええええ!!!
  |.|     乂_≧=-〃/,. イ_/ .{__!  ∠、  :!  ̄\乂し'ー彳 `Y´  jノ
  !.|       ./ {{ { /    ̄》    》 \|   __V   乂  八 /     狂ぶ!狂っぢゃぅうううううう!!
  .l゙ !      /  乂ゝ| /,.イ ̄u   \ |∧  /\{   `ー=彡
/./      /     レ'/     / u V  V  / `┐
./      ./     | {     {    》  }  {  ∧ /》            グゲゲエエ! グゥゲェェェエエエ!!!
゛     /  r==彡|/ハ_,.    、   〔o  V  ` ー /〈     ,..-'''''''ー、,
     /   r《,   《  :! u       \o ト、    /  〉   // ̄`\ \
   /     |ハ《,   ハ  !            /|| |∧   / ,.|   /, ‐     .ヽ
  /      Vハ《, / }}_ノ-、      _u { jj/ ∧___/∠└┐′         l.


  . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
 . : : あの拷問以来……電気恐怖症なの。                 : : .
 . : :                                        : : .
 . : : 戦後何年たっても電気が関わるものは何もできません……。 .: : .
 . : :                                        : : .
 . : :                                        : : .
 . : :   リュードミーラ・ミハイロウナ・カシェチキナ  女医        .: : .
  : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

61 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:18:43 ID:kxX58TB60


   ドイツ国内では収容所で苦しんでいる、そんな捕虜たちを知ってか知らずか、

   各地で戦果を挙げる兵隊たちの英雄譚を讃え、絶頂の中にいました。
\____________________________________


┏━━━━━━━━━━━┓               }ミv彡{
┃ドイツの首都、ベルリン  ┃              (十)
┗━━━━━━━━━━━┛               Υ
                                vぅ  мくKィм   ィv
                                Чミ_ハ|ソムリハ__κ7
                                (ミミ} {ミ(ミ三)ミ} {彡)
                           _{{ Π丘ミ 三彡丘Π }}_
        lニニニニニニニニニニニニニニニT厂|厂|厂|厂厂|厂|厂|厂lTニニニニニニニニニニニニニニl
         \|"""""""""三三三 |┏━━━━━━━━┓|三三三"""""""""|/
         ┌|        三三三三三三三三 |┗━━━━━━━━┛|三三三三三三三三        |┐
     \ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
      \ ̄Τ ̄Τ ̄T ̄ ̄「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「 ̄ ̄「 ̄ ̄「  ̄ 「 ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「  ̄ 「ヽ/
       _| L ζ _|Lη |Lκ |Lξ |Lщ |Lψ |LΩ |Lκ |Lζ |Lχ |Lψ _|Lζ |Lπ |LΣ |Lα |Lε |L|_
 _     r|__z――― z――z ――― z――z ――――― z――z――――z―‐z ―――― z―┐    _
  ||       Υ⌒Υト\__Υ⌒Υ\ ___Υ⌒Υ_____ Υ⌒Υ___ /Υ⌒Υ_/彡’Υ⌒Y      ||
  ||       |ll l ll| l \r―‐ |ll l l |\r―――|ll l l |〉―――――〈| l l l | ――t |l  |ll l l | ―tイl    |l l l |      ||
_||____,,|ll l ll| | ハ 「   |ll l l |ハ |.      |ll l l ||        || l l l |      | ハl|ll l l |    | ハ l |l l l |___||__
彡彡彡彡/,|ll l ll| |∪ |l    |ll l l l∪|.      |ll l l ||        || l l l |      |∪l!ll l l |    | ∪ l |l l l |\ミミミミミ
鬥鬥鬥鬥l圭|ll l ll| |   |l    |ll l l l  |.      |ll l l ||        || l l l |      |  l|ll l l |    |  t l |l l l |圭|鬥鬥鬥
二二二二|圭| l l l| |「rミ|l    |ll l l l「ミ|.      |ll l l ||        || l l l |      |r「ljll l l |    | 彡」 |l l l |圭|二二二
圭圭;T ;|z|l|「l l l t| |トミ|l    |ll l l ll ミ|.      |ll l l ||        || l l l |      |Lノ|ll l l |    | 彡」 |l l l |ll|z| |圭圭

62 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:19:53 ID:kxX58TB60


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | かってヨーロッパを席巻した、            .|
  |                              |
  | フランスさえ我らに手も足も出なかったんだ。 |
  |                              |
  | ソ連の蛮族は何万人死ぬかな?        |
  ゝ____________________,ノ
                         , ―- 、
          ,  -――┐        /、    \ __        /´ ̄` 丶、
           | /二二二|      <^\丶-----〉   ヽ    _,/\     \ 
          lィ, ニニニニア      /,ニ丶._  ̄ ̄〈二二二.L_   \\ \___/
         〈イ:::::/__,二. ,ニl        〉l   }/ニl¬-'ィ:ァ:ァt:tァイ   厶\丶 ___〈    戦勝続きで、
          ‘i{ i} └‐'. }┘     く ,,,,_, l r-く::/1{ ,ニ、 ,ニ.{´   ノl  }:/ヘー――ァ┘
          `T L_ '''--'i'      ‘T´   _人ニ!_}   , ) |}  く ,,,,,  //:::::::::::/     我らは豊かになった。
          /(丶-ヽリリ'          ̄)'´/∧ノl_ ` こ´人  〈ー  ノ´ ニニ 〈
      , -‐'´ | \ /\l\_      /}/ / ヽ \ 天 /、|` ー∟、/´ ̄ ̄\_
      /  ̄`ヽ  ̄ / \〉ヘ〉  |     /´l ̄ /⌒ 〉/ヘ〉〈l  〉   l∠ -‐ '´ ̄ ̄` \   総統閣下さまさまだ。
      |    |  \  \| | |     //l  l    / \∨∠l∠/ \          ヽ
      | /  j     ̄ヽlム| |     / /l/| l |   '    /'´  〃    ヽ         |
     /-― //     o /|   '   ̄ 〈   |    o  /{ }      !  /    リ
     |  //         l |  /      }    |      / V       | /     /l  もっと戦争が続けばいいのに。
    /    /         l |  |     /|   |     ,  /      |      / !
\____________________________________

   軍では、さらなる領土拡張のため、もっともっと食料が必要でしたが。

   ドイツ国内の食は占領国からの搾取と

   不可侵条約時代のソ連の穀物援助(200万トン)で、十分に賄われていました。
.

64 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:23:30 ID:kxX58TB60


     . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
    . : : ドイツの家々にはソ連には無い、電気洗濯機や上等なパンがあり。 : : .
    . : :                                              : : .
    . : : 立派なミシン、魔法瓶、コーヒーセット、時計、煉瓦の屋根が溢れ、 . : : .
    . : :                                              : : .
    . : : 庭先をバラの花で飾り、どこの道路も整備されていて、           : : .
    . : :                                              : : .
    . : : とてもとても豊かだった。                             : : .
    . : :                                              : : .
    . : :                                              : : .
    . : : アグラーヤ・ボリーゾヴナ・ネスチェルク  通信係               : : .
    . : : ラトキナ・A                   通信係              : : .
     : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
       *アメリカに先駆けて、街頭テレビも普及してました。




   戦争ごっこしようぜ。

   俺がドイツ軍で、お前がソ連軍な。

      ____
     / ∨∨∨∨ヽ         ,, ─── 、,       ソ連役はやだよぅ、
.   | |  ヽ  ノ |       /___    \
   |__|    (・ ・) |         |-、 ヽ |     |     スターリンは引き籠りでキャラ掴めないし、
   l d    ⊂⊃ ヽ      |・  |─|_       |
   `-  |\__l_>|      c' ノ  6)、   /     アカたち弱いし……。
   |ヽ  ヽ____/ ノ、     (___ u\/
 / \\___/ \      ヽ、 __ /
      ̄        ヽ      / |/\/ ⌒\

65 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:25:30 ID:kxX58TB60


    . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
   . : : どうしてこんな良い生活をしている彼らが、                    : : .
   . : :                                                    : : .
   . : : 戦争なんてしなければならなかったのか? 理解できませんでした。     .: : .
   . : :                                                    : : .
   . : : 私たちに対する彼らの憎しみがなぜ生まれたのかも理解に苦しみました。 : : .
   . : :                                                    : : .
   . : : 祖国を、家族を、焼かれた私たちの憎しみは分かりますが、彼らはなぜ? : : .
    : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :




              「 l.i‐┐
          ___r‐i_='└┘
.           l        l                _
        └―┐ r‐ニ'          -‐ ,  )
      ,....,.._./'7 l l ヽ_ヽ          ,..、,.r' /
     _ !__! l `' .ニ         ,-i´ヽ ヽ '´_,.........._             下等な蛮族役のくせに生意気だぞ。
 ┌‐┘ .`ーi ̄ l ̄    ̄ ̄! /  i´、ヽ l___lr',iv'ヽ,r、r 、ヽ
.. l_  _」 └┐ r‐ r l ヽ--‐ヽヽ__Y__,.r! ( 。rイ ヽ ヽr'ヽ           ヘンデ ホッッ
 /`ヽ! .l r―、  .!__l /__!i.__,. -‐ `ヾ-i' `r r''⌒゚t'   ,、'」、          両手を上げろ!
 `ー' .l.__」 ヽ-'               r ./ヽ l ` T ´ _,.ィ´ヽ! .!ヽ
    r-i__            l  l ,!  ヽ.(__,..、 t'´l  l ,.ノ ノ .ソヽ
.  l ̄      !         j、__,  !  ! !  ,、.ヽ ヽ=ニ二二-'_,. -'  ヽ       奴らの村にガソリンをまいて火をつけろ!
  `i. ┌ ┐ l      < ,.i'   !  ! .l ,.-' 7く ! ` ー‐ ' ´ .,r'    .i
   l  l  l .!  .j、__  '´ `  l  l l  jrヽ!  ,!       /       !    
.  └ ┘└┘ -ニ r'´ 、    \.!  !. !  l  , /     / ヽ、  /  .!_    悪逆非道スターリンの手先は一人残らず
           レ'ヽl  ` ー、  l    _  '  !    /     ヽ.'´   l.  `i
            (´ヽ r‐、  ,.r'二_   `ヽ l__,、/    ./       l、/    おだぶつだぜ!
     、,,_     (´`ヽ ヾ !   l/_ヽ,r`‐-、  Y_     /ー--------r
   -`゛ "''    (⌒Y  '  j、_. j. /!,! lヾ l、  ヽ r '´        /
.             (二__,.、  !rゝ(` ヽ  ノ 、!   ,! l 7     _,ノ       ,..._
、ヽrl,r,_      ⊂=    ` ヽ_ヽー'' `´! )ヽ 'i. Y/ .!    ィ ´  .`i- 、 ..__/ _. `ヽ、
゛ ゛         ,... , -      ( ヽゝ、__,..ニ-t' ´    ヽ l____j、    !       / ヽ ヽ
.         '- ´   ,.r  ,.r‐‐'   `´  _j_,.. -‐r 'ヽ __)‐'´ !--‐ ' ー― '''` く   ,!
         ,    (./  `,r ',r ,   ノ ̄     ヾニー-- ニ '´  、_、/r,,_     `´

66 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:29:56 ID:kxX58TB60


   世界大戦時は各国でプロパガンダに力を入れ。 教科書の書き換えや、

   指導者の神格化、民族意識の向上はソ連でも行われていましたが

   ドイツは特に力を入れていました。


   まずドイツ軍青少年部、ヒトラーユーゲントの存在は良く知られていますが

   それだけには留まりません。
\____________________________________


   ま  私  お  手  劣  毒  撃  飛  狙  兵  私                      ┓
   じ  は  ん  段  等  殺  墜  行  撃  .隊  の                      私
   め  丶  .な  は  民  .だ  で  機  が  さ   お                     の
   な  そ  こ  .え  族   っ  き  も  .得  ん   父                     お
   と  .ん   ど  .ら  を  て  .る     .意  で   さ            -―‐-          父
   こ  .な   も  .び   仕  お  .し       で  す   .ん        ´        \     .さ
   ろ  .お  が  .ま  留   手  .丶           ゚   .は.      /  ム     ヘ           ん
   が  父  い  .せ   め   の                        ,′ i` ヽ           ',┗
    丶  .さ  て  ん  る   .も                      i!  |⌒  \⌒ヽ ',     l
   す  ん  も   ゚  た  の                          l'l  | 、   _\ヾ      l
   ご  の  容     め   で                       | ハ|≠ミ  ≠卞ヽ    ,′
   い  丶  赦       .な  す                          刈 以   込!  | l-、. ,′
   な  お  は      ら.    ゚                         : |  __ 、    レ' {
    ぁ.  仕.  し              ________         | 、 {   }  / / | |
   と  事.  ま               |           |          |  ヽ ー ´  / /_|__l l
   思  に.  せ                 |           |____ . ≦|  ノ-x.「  / /_.ム:.:ヽ|
   い.  と   ん.              .r- 、        __|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./| ム/:.:.ゝx≦´:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ま  っ .!              〈二ソ      に二 `ヽ:.ー――:./_:. -‐.´ ̄:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
   す  て                     辷 )      こ二  `了:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:/リ
    ゚  も                  |         ` ー‐-≠: : : :___: :.-― . .7 ̄/:.`:.<:/:/ ',
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ゝ-‐ /. . . . /. . . .l /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:, '
                                           / . _. ノ. . ,≠、′ ,′:.:.:.:.:.:.:/ |    ヽ
                                            `7¨弋≧彡:´i!  {:.:.:.:.:.:.:.:./   l    ハ
                                        ハ |:.:.:.:.:||:.:.:.|   |:.:.:.:.:.:. ,′ ,′ /| }

67 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:31:14 ID:kxX58TB60


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  ★ついでに各国のプロパガンダポスターまとめ★


「外国人がWWⅡ時の自国のプロパガンダポスターを紹介するスレ」海外のまとめ
ttp://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/5667807.html
「外国人が大戦時のプロパガンダポスターを紹介するスレ」海外のまとめ
ttp://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6047212.html
第二次世界大戦中のソビエト連邦のプロパガンダポスターいろいろ(海外サイト)
ttp://www.visualnews.com/2011/08/29/soviet-propaganda-posters-of-the-second-world-war/
ソ連プロパガンダポスター集(ニコ動)
ttp://www.nicovideo.jp/watch/nm6083955

             --------
          /..................................\
          /.......厶三三≧x...............)7
       /......./        ー一 乂 __
      ー┴‐ '               ノ
     __ >/   { \  { 斗-ミ    ハ       この時代、特にやり玉に挙げられているのは
      ゝ __     斗-ミ\{ 笊示∨N  }
          {     {笊示   乂リ }リ  〈リ       ヒトラーとスターリンの2強で、
         Ⅵ、 从乂リ ,      'ソ   }
         {\{i込    r ,  /从ハ }       次いで日本、アメリカですね。
          八 {、 N〕is, _ イ__}/  リ
          斗ュ _\{xくリ辷≦ 〔
.        /  -i}/i://r‐.、}},......‐ァ  〕ix         国内での美化と、他国の中傷の
     -‐/0  ‐i}i://.ノ:::::f j:::::::::} //i:i:iヽ
    /  {  .ノー'i:i|.| 廴ノ^\__ソ //i:i:i:i:八       ギャップ差が激しい人物・国ほど当時の国際社会では
  /{   , / Yi:i:i:i}.}  }i}.{i{   .//i:i:i:i:i:i:i:i:\
. /....\    .}辷//  }i}..{i{   //i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/.>     注目されていたという所でしょうか。
 {..............ー― i:i:i//  }i}...{i{ //i:i:i:i:i:i:i:i:i//}
..∧........... ノ>-//,/...}i}....{i{/∧ニニニ....:i:i:i:i:i\
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

68 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:34:24 ID:kxX58TB60



   ドイツの特異性は1935年から「レーベンスボルン(生命の泉)」計画といい、

   戦災孤児または私生児(ドイツで多数派のカトリック教では罪悪)を

   保護と言う名目で集め、幼児段階からナチスへの取り込みが行われていました。
\____________________________________


           
   ||          (⌒\        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   ||           _|@==.⊇  _     | 総統閣下が書かれた『我が闘争』の暗証は   |
   ||         {i゚Д゚#i}  [_ll_]   |                              |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(l] ,[l/)   ̄ ̄< ドイツ国民の義務だ。                 |
                /  ̄ ̄ ̄ ./|     |                              |
                | ̄ ̄ ̄ ̄| |     | しょくん我々の任務は何だ!?           .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|/     ゝ____________________,ノ



   海賊の末裔(英国人)は暴漢と思え。

   東方蛮族は人とすら思うな豚と思って撃て。         とどめは頭にさします。

   ∧∧      ∧_∧Л     ∧∧      ∩∩    胸や腹を撃っても即死しないから。
   (   )     (     )ノ    (   )     (   )

69 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:36:53 ID:kxX58TB60


   また多産の女性に十字勲章を与えたり。

   純血のアーリア人種を繁殖させるため、ここでエリート軍人と、

   優良種検査をパスした女性を性交させて、出産から保育まで計画的に行ったり。
\____________________________________
          ,、'´  、,j、ノ ' "´ ヽ.
       /´ '"´` ′     ゛、
        /',´            ヾ`ヽ
       |,',      ,.  ー , - ,,´  V l
      l';´     _、  ′    V
      ,>;._ ,, ´   ‐ ^ __    !
       // `>ー、   r '´   )‐r‐┴- 、_
    //   /   l   し'⌒^"Tj_i_i 、_  ) \
   // /  /⌒i_,r-‐、- ^´`='=、'´   ヽ
   ヽ | /   /  l/  ニ)       ヽ.   ノ
    ゙.| |   /   / 、__ ,ソ        - 、ヾニ゙ 、
    ヽ l  l   ,'   l  , '´       /    ヽ
.    └l  l   !     !      ;冖、/!      i
      ヽ _ !  ヽ __ ノ  __    `⌒メ i    ,゜
         `ー- 、 _j'´  ` v f i__j_}rvvv、/_
             `ヽ|_i    ヽP┴Y`^^^0  `ヽ、
             i´i´ ヽ   / _, i ´ v′
             (ヽ`'、 `'‐ 、_!    j、_ ノ
             ヽ゛、 \   `'ー ′
\____________________________________

   占領国で優良種の条件を満たした子供を強制的に拉致し、「ドイツ人化」して

   ドイツ国内の夫婦に養育させるほどに、徹底していたようです。

   

.

70 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:37:20 ID:kxX58TB60


   いかに戦時教育を施しても、通常は同じ形をした人間を殺すのに戸惑いがあり。

   世界大戦中に8割の兵は憎くも無い敵へは銃撃を外していたそうですが。

   (米軍のデータ参照)

   ドイツ軍が、淡々と他国へ進撃を繰り返す戦争マシーンとなれたのは

   こういう背景があったようです。
\____________________________________



                        , -──-  、
                      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ、
                   ィ 弋i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ
                       /ソ  ` ¨弋i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
                    /i:i|          ̄ \i:i:i:i:|      占領国のデンマークはアーリア人の
                 {i:i/           ヽi:i:|
                   ∨ _r' ̄≧i  ≦ ̄`ヽ .}:i/      同胞だから丁重に扱うべし。
                { j  =く総フ  ム統ニ=  Y⌒}
                    ‘,  `¨¨´/   `¨¨´.  | 7.7
                    |     /_ _ト、    i!/./      ベルギーやフランスは劣等種だから
             , - ──- 、/fi:i:IiI刻 ヽ   y-´
              / r'^Y^Y⌒ゝ≠,‐=‐-ヽ  /         苦しめよ!
            八   I  I 7 7У ̄)     人
          /| `ー'ー'ー'ー'´`- ´_ , イ´ノ         同盟国のイタリアは軍事面で無能、
          /i:i:i:i:ヘ      |:::::〉》\__,>´ \
       _/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:へ__ノ:>´::::::.\/`ト、  ミヽ、      おまけに劣等種だから、アゴで使え。
     /i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>´     ‘〈ィミx  |\ヘ、
      |i:iⅣi:i:Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨\\_   ‘,マム. i!  \ニ=‐-_ 
      li:i:iⅣ:i:i:i:Ⅵ.ixixixix.∨  \ /     ‘,マム. |.   \   ≧z
      Ⅶ:i:iⅣxixixixixxixi∨._.  \\    ‘,マム|    /     | `ヽ
      |i:iⅦi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨}        \\  ‘,マ 〉    ̄/.    |  /〈

71 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:37:41 ID:kxX58TB60



┏━━━━━━━━┓
┃東部(ソ連)戦線  .┃
┗━━━━━━━━┛


,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiWWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWw
,ijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiWWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWw

⌒i⌒l⌒!⌒i⌒t i||l ̄ ̄ヽ      ガタガタガタガタガタ
_;: _,,i _,,;: _;;:  if|└─‐┘i           f⌒i⌒i⌒!⌒i⌒l⌒!⌒i⌒t i||l ̄ ̄ヽ     どうだボリシェビキども!!
二二二二二二!|  ╋  【}           if _;: _,,:: _::.._;: _,,i _,,;: _;;:  if|└─‐┘i
 r――┐三三 Y .。ヽ_,,]           !二二二二二二二二二二!|  ╋  【}    我ら栄光のドイツ軍の
i⌒i⌒!⌒i⌒l⌒!⌒i⌒t i||l ̄ ̄ヽ      / .。 Y .。 ヽ::::r――┐三三 Y .。ヽ_,,]
_;: _,,:: _::.._;: _,,i _,,;: _;;:  if|└─‐┘i......................ヽ,,ノヽ,,ノ::::└―‐.┘┴┴ ヽ,,ノ:::::::................. 前途を阻めるものか!
二二二二二二二二二!|  ╋  【}     ,__::::::::::::::::::::::⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
。 Y .。 ヽ::::r――┐三三 Y .。ヽ_,,]    γ__1_
,,ノヽ,,ノ::::└―‐.┘┴┴ ヽ,,ノ:::::::: .   ノ-'l;゚ω゚)        ……まるでパン生地のような
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       _,ノ_,-O==(O=D
                       rY-ク,2,ハ下ァ_      ソ連の悪路には阻まれてるけどな。
┯―              ..............  ((*,) ̄''´((レ,))
_ ]|[_i__            ⌒⌒⌒⌒ ̄´     ̄´::::::::::::::::: 殆ど舗装されて無いし、狭いから
  |_, ‐、 ]       ガタガタガタガタガタ
‐一 !、゚,ノ┘................................................                  ぬかるみに嵌まると苦労するぜ。
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;
  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '
,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ;

72 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:38:49 ID:kxX58TB60


   ドイツ軍の進撃は、フランスなど西の国々と違い。

   輸送トラックが故障し易い湿地・森林地帯だらけの道路に、
 
   鉄道転用の遅れにより、少しづつ速度が鈍っていました。
\___________________________________

                                  ((   ,,,;)
                                   )  ノ
                            ) ::)    ( _ ⌒)
                           (:: .(      (  (
                            )::)      ) ノ
                            l/          )ノ
                           ::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\
二二二二二二二二二二二二二二二二゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;二二二二
 |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;  |__|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/> ̄ ̄
                  ~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</

   __
  鉄_⊥     爆撃航空団の連中め、まーた考え無く爆撃しやがって。
  /_」;゚Д゚)
   / (y) つ    無傷で確保しろって何度言えば分かるんだ!
   ∪/ ゝ
   し"し"     これじゃ、いつまで経っても占領地鉄道の規格変更に取りかかれんだろうが!

 【ドイツ鉄道部隊】
.

73 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:39:30 ID:kxX58TB60


   またソ連と、ドイツでは燃料規格の違いがあり。 

   兵器や燃料を鹵獲しても安易に転用が効かず。 それがさらにドイツ軍の

   補給線に、見えないダメージを与えていました。
\___________________________________


┏━━━━━━━━━━┓
┃モスクワ クレムリン  . ┃……ソ連共産党の中枢
┗━━━━━━━━━━┛
               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/ ;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::iニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::iニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!

74 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:40:09 ID:kxX58TB60


   その間にソ連上層部は、国家防衛委員会を設立して立て直しを図り。

   雲隠れしていたスターリンを見つけ出して、議長に就任させました。
\___________________________________


┏━━━━━━━━┓
┃ソ連邦最高会議  .┃
┗━━━━━━━━┛

         , -.―――--.、
        ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
       .i;}'       "ミ;;;;:}
       |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
       |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|               ワシがおらんと何一つ決められんのか?
       |  ー' | ` -     ト'{
      .「|   イ_i _ >、     }〉}                ばかどもは。
      `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
        |    ='"     |
         i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {                おまけに負け続きとは、
       丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
, -<''"´   ヽ         >- /i,, ノ`-、_,,_ 、       将軍どもも無能しかおらんなあ!
   ヽ,, 、   ヽ、.   `ー-一 '/   ,r'    `゙ヽ、
_     ヾ 、.._ __`ー ノ ⌒ ニニ、ヽ'"       _,, `ヽ
-'"`゙=-、  )    /     ィ- 、ソl `ー 、 /  ,,..r -=- 、
_,;-'"´   /`"''ーtイ     {⌒ ̄""''ー--、ー''"ヽ  `゙ =- 、゙ヽ
     ,i'     |     ノLヾ`ヽ、,    |   |    ヾ、  ト、
     {     | _,,r、 _'"ト、__,へ_,, ` __ノ ノ   ノ         }
` - 、  ヽ__,,r─''"     (_ )rー‐‐'" ⌒ー、'"_   - ' "  ,,イ
_,,ィ一'"´ヽ、 ..o _   _ ,,ノヽ、 _   _o  ,, ノ l `゙ー、 _ ,,ノ

   【ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン】

     ソビエト連邦の第2代最高指導者。
.

75 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:40:36 ID:kxX58TB60

       _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
       \                                          /
       < ナチ公が大軍だろうが殲滅するのが仕事だろうが  .>
       <                                    >
       < 役立たずの無駄飯食いどもめ!!             .>
       /                                           \
         ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄

                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( :・∀・)  ( `Д´ )   [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀`;__)\ (⌒⌒)   同志の粛清によって、多くの優秀な
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|] 川
        /(, :´∀) _/            \ (∀`;__)\     人材が殺されたせいではないですか!
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(, :´∀) ,/                      \⊂(Д・ #)   まずは貴方が謝罪すべき……
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,, :´∀)⌒/                            \ (∀`;__)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |

76 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:41:09 ID:kxX58TB60


      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       | 何も反論はないな、あるはずもなかろうが。   |
       |                              |
       | では今後の方策を順次提案しろ。        |
       ゝ________  ___________,ノ
                    V

                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( :・∀・)  ( `Д´ )   [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀・;__)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(, :・∀) _/            \ (∀・;__)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ |  \
     ,/(, :・∀) ,/                      \  )   \
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \   [|,,★,,,,,|]
 ,/(,, :-∀)⌒/                            \ (∀・;__)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |

      O
  丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
 (  いつの間にか一つ空席が出来てるが   .)
  )                            (
 (  突っ込んだら、次は俺が消されるな……  )
  r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ

79 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:43:40 ID:tDZfh9rs0

ホント、うげぇ……。としか言いようがねェなぁ
狂ってると口にしたら、マトモな基準って何ぞ? と素で返される有り様だわ




85 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:47:41 ID:F.s/SirA0

>>76
もはやお約束ですなww



…コワイコワイ。




77 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:42:18 ID:kxX58TB60


   この状況の中で、かって日本軍をノモンハン事件で撃退した

   赤軍参謀総長ジューコフが頭角を現していきます。
\___________________________________


     .-=,一;,一1-;;1--;、一;,一一;一;,一ミ
    :ミ                   ミ
    :ミ                   ミ
    :ミ         ★        ミミ
    ミ,                   ミ             我が軍は攻め込まれて一見
    ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,゙ミ
     /;;;;;;;;;彡/,;;;;;;;彡ノ/ 入、ミ;;;;;;;;;ミ;;;;ヽ.            不利に見えるが
    /;;;;;;::-<彡ノ彡" ノ./´. \\ ミ;;;;;;;;;i
    /;;./   `ヽ、  ´ /r i/´` ` \;;;;;}            見方を変えれば地元の利がある。
    .り 、≦二ミ、\ ,ノ´ / 彡ニミ,r  ヽ|_
.   ノ`Y  \,,_○ ,i  ,!{  ノ i、○__ノ   i ヽ
   .|(.i |`''-.,,..,. ̄ ,.,..ノ.ノ (    ̄     ノヽ|           主要拠点以外にはこだわらず。
   ヾ iヽ,,   ´>.く ,‐、 .ノ‐、     /|r.イ
  ,-ノiゝi `ヽ、ii.  `‐(___)-'    / く|ノ ト--、__        機動戦でドイツ軍を分断すれば
‐'"/::::| .人   X   ,丶し‐、   i´!  ノ  .|: \\ ̄"''-、.
´イ:::::ヽ  `ヽ  ` -く-'ニニヽ>   /´  /:::::::∧ \   `   楽に攻略する事も可能……
./:|:::::::::`、  入,,_   >--く   .ノ´   /:::::::::::i::::i  \
|::.|::::::::::::\   .ヘ、. ´    }} ,r´r  /:::::::::::::::/::::i   \
i::::i::::::::::::::::::ヽ、._ \''-、,,,,,..ゞ‐'./,.r''´::::::::::::::::::/:::::i
ヽ::ヽ,::::::::::::::::::::::~"''‐- :::  ,,.ノr''"::::::::::::::::::::::::/:::::/ ヽ
. ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::イ`''''"ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/   ヽ /

   【ゲオルギー・コンスタンチノヴィッチ・ジューコフ】

   モスクワのストレルコフカ出身。 赤軍参謀総長。
.

78 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:43:25 ID:kxX58TB60

         , -.―――--.、
        ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
       .i;}'       "ミ;;;;:}
       |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
       |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|              ん~? 最初から逃げ腰か貴様……。
       |  ー' | ` -     ト'{
      .「|   イ_i _ >、     }〉}               その策は気に食わん!!
      `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
        |    ='"     |
         i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {                もう一度だけ考え直すチャンスをやる。
       丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
, -<''"´   ヽ         >- /i,, ノ`-、_,,_ 、       但し二度目は無いぞ……。
   ヽ,, 、   ヽ、.   `ー-一 '/   ,r'    `゙ヽ、
_     ヾ 、.._ __`ー ノ ⌒ ニニ、ヽ'"       _,, `ヽ
-'"`゙=-、  )    /     ィ- 、ソl `ー 、 /  ,,..r -=- 、
_,;-'"´   /`"''ーtイ     {⌒ ̄""''ー--、ー''"ヽ  `゙ =- 、゙ヽ
     ,i'     |     ノLヾ`ヽ、,    |   |    ヾ、  ト、
     {     | _,,r、 _'"ト、__,へ_,, ` __ノ ノ   ノ         }
` - 、  ヽ__,,r─''"     (_ )rー‐‐'" ⌒ー、'"_   - ' "  ,,イ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
         :ミ                            ミ
         :ミ         ★                  ミ
         ミ,                            ミ
         ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,゙ミ
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{          ……機動戦を捨てるなら
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/          消耗戦しかねぇ。
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――', U  }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-    敵が1万発の弾を持っているなら、
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ      こっちは弾切れを誘発するため
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|          2万人で戦えばいい。
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/

80 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:44:00 ID:kxX58TB60

         :ミ                            ミ
         :ミ         ★                  ミ
         ミ,                            ミ
         ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,゙ミ
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{          今までのようにまとまりなく
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/          戦力を消費すればただの
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、       自殺行為だが
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ      「効率よく」物量をぶつければ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|          ドイツ軍が精鋭を誇ろうとも
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/          人口の差で踏みつぶせるハズだ。
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
                __ __ __ _
                ,r''"´ ゞ三三二ニヾ、
            ,j,ィイ,r 彡彡三三二ニヽ、
           (いイ、、-‐'''"゙ミ三三二ミヽ
             /"´       ミ三三ニ≡ミ!     ふん、ワシのおかげで少しはマシな
            ,!,, ,,、z==-  ゞ三三三ミミ!
             }ソ `}でゞ,,_   ミ三ニニヾjji!     策になったではないか。
          /  、 ``"'''      个j !ii/
          ゞ='' ,!        ノヘ,イソ
         (jiiiii!!!;:!;        、__ソ7       今後も重要な決裁は全てワシの判断を仰げ!!
            〉、,,,,,``          リ
           〈 _ _          j|        無能のくせに増長し、大それた事をせんようになぁ。
             \    ``     ,、-‐'"´!
             ``ヾ  ,、-‐'"´     」__
           , ィ^y'"´     ,r<´  r'ニニ>、
         , イ  /!      /   \   r'ニニ>、
         /  | / |     /       \    _\
        /   |/ (b |_/  rェェュ      >'"´ ̄  ``ヽ
      /      / /     ☆7    ,r'´         !

81 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:45:06 ID:kxX58TB60


                  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                  [|,,,,,,,,★,,,,,,,,|]               ど、同志スターリンの思慮遠望に
                   ュ洲州ノハ洲i}
                 iiif. 二、/rニト                感謝を……。
                 ri¨ゝ-.「 {ゝ-1
                      ∧/.>ニ、 .∧
                 ノ  ゝイ. ̄ヘノ . ト、
             < / ト.、 .ヘ. ̄/  ノi ヘ` ー-
       _..イ     ≠、 l:::::::::フr=v、 ::: ト ノ--,    > 、     ( いきなり足を封じられちまったか……。
      r        i   iゝ<:. >-<:::ゝ:」    i         .i
      /   、      .ヘ  .ヘ::::::::::/  '; ::::: l   /     ,  ..∨      消耗戦は俺の本意じゃねぇが、
      .f    ',     ヘ  .ヘ::::: i   i::::::/   /...    :    ∨
      ,      ',      ヘ ..ヘ::::l   l:::/  /      /          逆らえば戦う前に粛清される。
     ..      {        \. ヘ.i   l/ ..../     /      ',
    f      ヘ        \.\.../ ..../     ≠.         ',
   ..∧      ゝ、        ヽУ /    /..イ        ',    ……やるしかねぇ )
   / {      .} `  o    ./../    o    .∧      .,  :
  ...i  .ゝ       ∧        ./../         / 入、___ -‐  .}



         :ミ                            ミ
         :ミ         ★                  ミ
         ミ,                            ミ       ( 足を捨てての殴り合いだと
         ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,゙ミ
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}         敵も味方も大勢死ぬ事と
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}         なるだろうな……。
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \   U Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、       祖国を生かすため
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.        赤い魔王の手を取ったんだ。
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \     俺も悪魔になり切るしかねぇ……
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j          動物以下の悪魔にな! )
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/

82 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:45:59 ID:kxX58TB60



 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  もし、世界の終わりが明日だとしても、俺は今日、林檎の種を蒔くだろう     |
  ゝ__________________________________,ノ






\___________________________________

   その後、ジューコフは北のレニングラード戦線へ配置されました。

   非情ながら、参謀総長みずから前線に出て指揮を取る姿に

   レニングラード方面の兵士たちはスターリンより、彼のために団結しました。
.

83 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:46:23 ID:kxX58TB60



                  ◆7月3日
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   開戦からだいぶ遅れて、ようやくスターリンが国威高揚のため、

   この戦いをナチスの侵攻から祖国を守る

   「大祖国戦争」と呼んで国民へ、協力を求める演説を始めました。
\___________________________________
                                 |_|
                                 |_|
                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

84 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:47:02 ID:kxX58TB60


\\====||===/===============================================================================//
//                                                                                   \\
    _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
    \                                                  /
    < ファシストの盗賊どもが、共産主義の理想郷たる           >
    <                                            >
    < モスクワを滅ぼそうと迫ってきた!                    >
    <                                            >
    < 同志たちよ!兄弟姉妹たちよ、祖国防衛に立ちあがれ!    >
    /                                                   \
      ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
         ,,..-─== ─- 、、
      ,ィ''〃 /´Y/〃´/..= 彡ヽ、
.      /、l、ゝl_l、 リノノノ,イ, == ,,彡ヘ
      l;;:ノ´  ` ̄´´´   `` 、=ミ、 ,}
      {,イ              `ミ.ー !     母なる祖国が呼んでいる!
     ||∠==、、, 、,r==ニゝ  ヾ. リ
      || ,f'o=、、  l:.,o== 、 `,  '´`!      君は今まで祖国のために何をしてきた?
     「|  ´ ̄ノ,  ゝ ̄ニ`,   イヽ|
     |.|   /l´  `!`   ´    l,ィ|      心に恥じるものがあるなら立ちあがれ!
     、|     ´.`ニ ´ `丶    |、,ノ
.     l  rィ彡ノハヾミ=ゥ,    |
     !  `´ ̄ .. ̄``´    !        今が「その時」なのだ! 決死の戦いに立ちあがれ!
      、   ´   `      イ
     ノ ヽ` ‐- _ -‐ ''´.ノヽ
...-‐  l´: : : \: : : : : : : ,..: ´: : : :`l─---  ._
: : ===|: 「:o:l: : . >.<:.: : : :.,::o:7: ::|=== - _
: : : : : :.|: : !:::::l/:(○) \: :/:::::/: : :!: : : : : : : : : :
\\                                                                                   //
//==================================================================================||=====\\

86 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:47:42 ID:kxX58TB60


   およそこの前後に、ドイツ軍の戦闘機・爆撃機を撃墜すると

   1機1000ルーブルの賞金が与えられる事。

   衛生兵へ、武器や負傷者の回収数により勲章が与えられる事が定められました。
\___________________________________



                        \\====||===/=====================//
  _____________   //                         \\
  |__/⌒i__________/|   | | 我々は地上の全ての民衆と、       | |
  | '`-イ |} ,_tュ,〈 ヒ''tュ_  i;;;;|   |   | |                           | |
  |ヽ ノ   |  ー' | ` -    ト'{    |   | | 平和のうちに暮らすことを望む。     | |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   | |                           | |
                        | |                           | |
                        | | ワシはモスクワに踏みとどまり、     . | |
                        | |                           | |
                        | | 同志たちがもたらすであろう勝利を  | |
                        | |                           | |
                        | | 待ち望んでるぞ!              | |
                        \\                         //
                        //========================||=====\\

  \\====||===/===========================//
  //                               \\
  | | その日まで、みなで生き抜こうじゃないか!  | |
  \\                               //
  //==============================||=====\\

88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:49:38 ID:0PaMJtpw0

>>86
陥落でもしそうなら真っ先に逃げ出しそうだな・・・
こんな奴、ヒトラー以上に暗殺の憂目に何度も遭っててもおかしくないと思うんだ



87 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:48:55 ID:kxX58TB60


               _ ,,,,,,,,,,, __
           ,,.'''"¨ ̄ ̄¨""''=、、
          /            ヾ:、
          /               ミ、
        /l                ミミ,       ( ハハッ♪
       f,'!  _,,_       _,,,_    ニl
       lミ| '', = `、   ,,''´= 、`   キl_        同志スターリンは役者だなァ。
       /`  l ,◎ヽlュ-tl ,.◎ 、、l    '' ヘ
        || ,  ヽ 二 ノ l  lヽ 二 ノ   l'ヽ,リ
       ||!      /  丶       l イ l        私たち大幹部は東のクイビシェフへ
       ヽJ     ノ ーヽノ‐ヘ、      ,、,ノ
        l    ' _ ' ;,_        l         避難する事が決まっている。
         、    ´` ‐ ニ ‐ ''` ,    ,/
         ヽ             /:l
         ∧` ー ''-- - '' ,,:‐^‐::l_        狙われてるモスクワに、誰が固執するものかよ )
        ̄/:::::ヽ、、:::.:.....  ,,,/、ヽ'^’/::::::: ̄
       ::::':::!イr,\::``, 、":::/、ヽ '::;/:::::::::::::

    【ラヴレンチー・パーヴロヴィチ・ベリヤ】

    ソ連 人民委員会議副議長(副首相)。

 NKVD(秘密警察)の議長であり、スターリンの粛清の実行者。

     幼女を殺したいほど好きすぎて困る人。
.

91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:51:24 ID:qCUHtz/I0

>幼女を殺したいほど好きすぎて困る人
ヲイ



89 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:49:39 ID:kxX58TB60

          _-=─=-
       _-=        'ヽ丶
      /             :\
    /                 \
    |                   :|        ( 最終防衛線をモスクワにしておけば
   |                  ::::::|
   ≡_≡=-、___, - -=≡=_ 、  ;;;/          兵や将軍、愚民どもは
    || ,ー◎ |     | ◎ー |─´/  |
    |ヽ二_, /   \_二/  >6 |           それ以上後退できまい。させないが。
   |    /    ヽ       |__/
   |    (      )      ) |
   .|    /⌒`´⌒ \      | |           我らを生き延びさせる
    |  /   | |    \    | |
    ヽ /、ト‐==─イ  \  / /|           防波堤ぐらいには役に立つだろう )
    \      ̄ ̄     _///\
     \__ ヽ____/  / /  \ 
    -ー~ |\ー─     /  /    \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞



     同志ベリヤ、まだ笑うな。今は戦時だ。


  _____________        この際、ラーゲリ(強制収容所)送りにした者も、
  |__/⌒i__________/|
  | '`-イ |} ,_tュ,〈 ヒ''tュ_  i;;;;|   |        共にナチ公に立ち向かうとあらば
  |ヽ ノ   |  ー' | ` -    ト'{    |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        解放してやっていいのではなかろうか?


.

90 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:51:16 ID:kxX58TB60


               _ ,,,,,,,,,,, __
           ,,.'''"¨ ̄ ̄¨""''=、、
          /            ヾ:、
          /               ミ、
        /l                ミミ,         それは名案ですな
       f,'!  _,,_       _,,,_    ニl
       lミ| '', = `、   ,,''´= 、`   キl_        慈愛に満ちた同志スターリン!
       /`  l ,◎ヽlュ-tl ,.◎ 、、l    '' ヘ
        || ,  ヽ 二 ノ l  lヽ 二 ノ   l'ヽ,リ
       ||!      /  丶       l イ l        その手配はお任せあれ!
       ヽJ     ノ ーヽノ‐ヘ、      ,、,ノ
        l    ' _ ' ;,_        l
         、    ´` ‐ ニ ‐ ''` ,    ,/         ( 冤罪でぶち込んだヤツを解放して
         ヽ             /:l
         ∧` ー ''-- - '' ,,:‐^‐::l_         我らに歯向かわれたら面倒だろうが。
        ̄/:::::ヽ、、:::.:.....  ,,,/、ヽ'^’/::::::: ̄
       ::::':::!イr,\::``, 、":::/、ヽ '::;/:::::::::::::        感謝して戦ってくれるとは到底、思えん )



               ,,,,,,,,,,,_
            ,,.''´ ̄ '''  ` 、、
          /          ヾ、_,,           ( 特に不満げなポーランドの捕虜は、
            /,,_           ミ:::::::';
         l::_:::`ヽ  '' 二::'''‐   ミ::::::::リ           銃殺して山中に埋めといて。
         l´てテ,l ⌒'l´tテ-)   キ::::::シ
          lー‐'/  ヽ‐ニ ''    ''/‐ヽ          その他は、肉の盾役でも
           |   (  _ ,ゝ、       ,/‐ ,リ
          l ;;' ``,, ´ ヽ        ソ〃          やらせるか。
.          l  -,,三-‐-    ,,::::::^r-''
          ヽ、 _,,r_ ,,,..::::::'''  ,l
             ,ー--:::.... _ニ.... -:::::ヽ            解放はする、しかしその待遇まで
    _ ,,.‐-'、::::::::`l/´::::::::::::::::::::::::ノ::ゝ_ ̄ 7、、
   ,::'--― ':::::::::: ̄::/´:::¨::: ̄:::::::__:::::::::::::::::::: ̄:::::::ヽ    同志は何も言及してないからな )
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::{O}:::::::::::::::「,,_ ,,]::::::::::::::::::::::::::::::::::',
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

93 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:53:30 ID:qCUHtz/I0

どっちの陣営も糞や・・
蹂躙されるソ連の民間人があまりに憐れだ・・




94 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:53:30 ID:tDZfh9rs0

吐き気を催す邪悪って言葉は、こういう奴らを指す為にあるんだな……(白目)




92 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:51:59 ID:kxX58TB60


   プロパガンダは各地の将校、共産党関係者、ポスター等でも大々的に

   行われました。

   軍人たちの損耗が激しく、さらなる民兵の協力が必要と悟ったのでしょうか。
\___________________________________




,,,,,,  ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,
★,|][|,,★,|][,,|,,,★,|]   // 諸君一人一人が真の英雄となり、持てる力のすべてを発揮せよ。
Д´( ・-・( `Д´) ./|   そして祖国ソ連邦と父なる党のために、家族と同胞と彼らの未来のために
: (” : ( ”  つЯ\|   黒き侵略者どもを撃退せよ!祖国万歳!同志スターリン万歳!
  ||  | | | |    \\ 偉大なるソヴィエトの兵士たち、その全員に栄光あれ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,,,,,,,,,   ,,,,,,,,   ,,,,,,,, ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,, ,,,,,,,,,
 ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ヽ  |,,,,,,,,|] [|,,,,,,,|][|,,,,,,,,|] [|,,,,,,,|][|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,|]
  | |      | |     | ||,,,,,,,,|][|,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|,][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,|,] 彡
 ̄  ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  |゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡
   [,,|,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|,,]
   (,,,,,,,,, ) (,,,,,,,,, )(,,,,,,,,  ) ,,,,,,,,, (,,,,,,,,,,, ),,,,,,,,,,,( ,,,,,,,,, )(,,,,,,,,,, ) ,,,,,,,,,,
  [,|,,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,] [,|,,,,,,,,|,,[|,,,,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,[,,|,,,,,,,,,,|,] [,,|,,,,,,,,,,|,][,,|,,,,,,,,,|]
  (    )(    )(    )(    (    )    (    ) (    )(   )

95 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:54:26 ID:kxX58TB60


,,,,,,  ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,
★,|][|,,★,|][,,|,,,★,|]             ふざけんな!俺は祖国を守りたい!
Д゚( ・-・(  ゚Д゚) ./|
: (” : ( ”  つЯ\|      \\ だがスターリンを守る気はねえ! //
  ||  | | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,,,,,,,,,   ,,,,,,,,   ,,,,,,,, ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,, ,,,,,,,,,
 ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ヽ  |,,,,,,,,|] [|,,,,,,,|][|,,,,,,,,|] [|,,,,,,,|][|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,|]       こんな時だけ都合のいい事を
  | |      | |     | ||,,,,,,,,|][|,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|,][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,|,] 彡
 ̄  ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  |゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡゚Д゚ ミ゚Д゚ 彡       言うな! いつかスターリンは
   [,,|,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|,,]
   (,,,,,,,,, ) (,,,,,,,,, )(,,,,,,,,  ) ,,,,,,,,, (,,,,,,,,,,, ),,,,,,,,,,,( ,,,,,,,,, )(,,,,,,,,,, ) ,,,,,,,,,,    今までの責任を取る事に
  [,|,,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,,] [|,,,,,,,,,|,] [,|,,,,,,,,|,,[|,,,,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,[,,|,,,,,,,,,,|,] [,,|,,,,,,,,,,|,][,,|,,,,,,,,,|]
  (    )(    )(    )(    (    )    (    ) (    )(   )   なるだろう!!

   // つか、スターリンとヒトラーだけで殺し合え \\


\___________________________________

   スターリンの演説は、ヒトラー程は上手く無く。

   支持率の低い個所では、罵詈雑言や逃亡が相次ぎました。

.

96 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:55:20 ID:kxX58TB60



,,,,,,, ,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,
★,|]|,,★,,|][|,,,,★,|]   //  全人民に同志スターリンの黒パン配給を約束します!!
∀`)・∀・( ´∀`) /|
.   ) \ (    つЯ\|
  ||  |  || ||    \\     \\ く、黒パン!黒パン……//
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ヽ  |,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,  ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,   ,,,,,,,,,
  | |      | |     | ||,,,,,,,,|][|,,,,,,,|,,][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|,][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,|,]
 ̄  ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  |´∀`(´∀`lli)´∀`(´∀`lli)lli´∀`)(´∀`lli)
   [|,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,|][|,,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,|]
   (   lli)    (   lli )   (   lli)    (   lli)(   lli)


                         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                          | 戦時下でも我らNKVDは、通常運転です。  |
    ,,,,,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,    ゝ___________________,ノ
   [,,,|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]         ,,,,,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,
   (  ・∀・)   [|,,,,,,,,,,|,]  (  ・∀・)        [,,,|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]
   ⊂ 〈V〉+つ○(l|li゚Д゚li)○⊂ 〈V〉+つ       (  ・∀・)   [|,,,,,,,,,,|,]  (  ・∀・)
   /___:|__|   丿  ノ  /__:|_|        ⊂ 〈V〉+つ○(l|li゚Д゚li)○⊂ 〈V〉+つ
,,,,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,(__)__)        /___:|__|   丿  ノ  /__:|_|
|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]         ,,,,,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,__)__) 勇気ある君らには
 ・∀・)   [|,,,,,,,,,,|,]  (  ・∀・)        [,,,|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]
 〈V〉+つ○(l|li゚Д゚li)○⊂ 〈V〉+つ       (  ・∀・)   [|,,,,,,,,,,|,]  (  ・∀・)    地雷原を駆け抜ける
___:|__|   丿  ノ  /__:|_|        ⊂ 〈V〉+つ○(l|li゚Д゚li)○⊂ 〈V〉+つ
__)__),,,,,(,/(,/   (__)__)        /___:|__|   丿  ノ  /__:|_|     仕事をやろう。
                           (__)__),,,,,(,/(,/   (__)__)

97 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:56:02 ID:kxX58TB60


   一方、ドイツ軍も負けじと自国のプロパガンダを頑張りました。
\___________________________________


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | ロシア人の諸君!
      | 我々の敵は君たちではない、君たちの財産を
      | 没収したボリショビキ達だ!!モスクワにいる
      | 血に飢えたスターリンだ!!
      | 投降すれば「優遇」した対応をしよう
      \_______  __________
                   ∨
                 /⌒)
               ⊆==卍|__        農奴になれば、助かるチャンスはあるぞ。
               ( ・ω・ )
               ( <∀>゛)        数万人に一人だが。
              __|二ニニ|ニ┐____
              | |ヨヨ. ゙̄゛'┌,__-┬-゛_',_┐           _
          ,,,,, ,,, |__|;;ヨЭ ╋ .||.┌-(, ((___((二二((ニニニ(ュ(ロ (0)
      ┌――――┴―――┴┬‐┴――┴―――┐    .  ̄
      ゙i       ______|.|___l|三|.l(Θ( =)__」___     \\ ギャーー―――ス!!  //
      /ニニ'二二-'――'――゛ ――--'-――――'-――>      ,,,,,,,,    ,,,,,,,,   ,,,,,,,,
       《*》l√ Y√ Y√ Y√,゙i{=()=} ====,}ヨヨヨヨヨヨヨ」} ===}      [|,,,,,,,,,|]  [|,,,,,,,,,|]  [|,,,,,,,,,|]
      !、ヘ{0. } {0. } {0. }.{.0 } },!、| _ヘ ===ヘ ―――ゝ_y,===ヘ       ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)
       \!、∧!、∧,!、∧!、∧∧/===/ ̄ ̄ ̄ ̄゛/,==/       / づづ  / づづ / づづ
    :と(,,0 ,,(;:)と⌒`⊃         :と(,,0 ,,(;:)と⌒`⊃        く/\ヽ く/\ヽく/\ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ギャリ ギャリ ギャリ……
.

98 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:57:08 ID:kxX58TB60


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | ……プロパガンダってさ、          .|
  |                              |
  | こういう物だったっけ?           .|
  |                              |
  | 正直、どっちにもつきたくねぇ……。  |
  ゝ____  ____________,ノ
         V  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,      国外亡命できる金と
           [|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|]                   [|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|]
            /::::::::::::::::`ヽ                /::、.:::::::u::::::::::::::::ヽ    頭脳が無ければ選ぶしか
          〃::U::::::::::::::::::::::ミ:.、             //:| `::::::::::::::U::::::::ヽ
            ]i::::::::::::::::::::u:::::::::}                 /::::| ム::::::::::::h:::::::::::ヽ   無いだろ……。
.             {:::::::::::::::::::::::/}::ハ                |ハ.|  | ハ:::::v――..y
             ヾ:::::_::::::〃 ' }                 |  ` __ V //:::::::::|
             _Y´_. .ヽ'/_/                  ヽイ../:::::::::::::/
           /三三三ニユ_                       </:::::::::::::::::::::::   中立を選べば、両方から
        __/ニニ/ニニニニ≧=:、                   >:::::::::::::::::::::::
       〃ニニニ{ニニニニニ〃ニム                /::::::::::ヽ:::::::::::::   攻撃されかねんぞ。
        /:{二二ニニ|ニニ二二/ニ二ム                   |::::::::::::::::|:::::::::::
.      {= ニニニニニニニニ{ニニニニ}   _            /|::::::::::::::::|:::::::::::   どっちもマトモじゃねぇんだし。
        lニマニニニニニニニ ニニニニム_//             /..|::::::::::::::::|:::::::::::
\___________________________________

   後世、赤い悪魔と黒い悪魔とか、史上最悪の決戦と称される両陣営だけあって、

   建前を語るそばから粛清、攻撃してくるため人々は困惑し、苦悩しました。


.

99 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:58:00 ID:kxX58TB60



   中立と言えば、前にソ連に奪われた国土奪還のため、

   同時進行で戦っているフィンランドが、その良い例で。
\___________________________________

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、/{        ,}:::::/      }
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-" " ,}       /::::/   ★  丶   ,,、、 l,7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'~   /     r':::::::::{【フィンランド】 } , l_,7
:::::::::::::::::::::::::::::::,r,::::::::::::::::::{    r'       }:::::::::::::}       ,__/
::::::::::::::::::::::,、_ `´::::::::::::::::{    }        {、,:::::::::ヽ,   _,-‐'' `=-  ○レニングラード
:::::::,=' r'‐‐=´:::::::::::《ノルウェー》 {、,【スウェーデン】:::::`'´~,-―-´
:::" {´" =´,,::::::::::::::::::::::::::::!   ,-"|,      ,ノ:::::::::::, {、;:,;:;:;:;:┌┐
:::::::}=   /:::::::::::::::::::::::::::::`'‐‐´:::::::|,     |´:::::::::::::::",´`{;:;:;:;:│ ]      ┌┐
-、, "r   {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐´} ヽ    },::::|/:::::::/´ヽ´;:;:;:;└┘;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ]      ◎モスクワ
 } r,_,   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ",:::::}  __//:::::::::::::::|  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└┘
r':::::::::}【イギリス】::::::::::::::::::::::::} ",i i~,}}_,,,|´::::::::::::::::::::::}  } ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:○スモレンスク
:::::r-´    {:::::::::::::::::::::::::::::::::{,, ヽ", }_,、,:::::::::,,,-‐-、ノ´  \,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;●ミンスク
,-‐"     "、,:::::::::::::,--、,-、ノ  "'~   `'´~         `~!;:;:;:;:;:;:;:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:`;==-    ,,ノ:::::::::/   ´                    ゙○ブレスト;:;:;:;:;:;:;:【ソヴィエト連邦】
´、,、,_,,,-、_ "r ,,ノ~          ◎ベルリン        `、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:::::::::::,、  ~´/ ̄                             ゙!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
--、_,,} "-‐'´                     《ポーランド》   };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
,    《ベルギー》                          / ;:;:;:;:┌┐
:::ヽ               【ドイツ】                {,;:;:;:;:;:;;::│ ] ○キエフ
:::::ヽ                                  | ;:;:;:;:;;::└┘
:::::::}  《フランス》                           ヽ,;:;:;:;:;:             スターリングラード○
:::::/                                     {

100 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:58:45 ID:kxX58TB60


   ドイツ軍からソ連の内地侵攻を持ちかけられ、

   侵略まではしたくないと、お断りしていましたが。
\___________________________________

                            .{ []      !`ヽ、                .!・ ロ|
              !              {        ',''''"}               ハ  /
             ノゝ、             .!        .', []!     _,,_          )  (
            .t''"'t             .i        .', |     l・ !         /ロ   ',
             l・ ',             .! []      ', .|    .{・ ',         .{   ロ !
             l  l          __、‐- .!         ',ト、--‐、ノ  ゝ、       .,' ロ   .!
     __       ,' i!  ',   _、=-‐‐''''''"  ./    γヽ     ハ  "''''''''""" ̄''''''‐‐--v..∩ ・ .',--‐‐‐‐‐
   / ゝ _、、=--_/   ゝ、‐'"         .}    | 。!     ハ            ´゛"''''''"""
-‐‐‐ゞ____、}     ゛"''""            {    |____.|   _、= ゝ
                            "''''''''''   ''''""


                 /| __/|
             . '´  `ヽ                小国なんで武器と兵站は
             !| イハXノリ
             j!(! ゚、 ゚ノ                ドイツから借りたけど、
          r=====Fiェ_ュュ――ェュ
  _____Lニ╋、__,,i,,__|[・(((ニニ(二(ニニニニニニiコ     民衆や捕虜をいじめる連中と
  「二二二二二二ll__=-、ェェ、iェiュF―、ェェ、
  l-、__,,i、,,__,:i、,,__,:i__i__i__F三〉-`-`-`p三〉          同類に思われたくないんだナ。
   ヽ{_j}{_j}{_j}{_j}{_j}{_j}{_j}ソ_テ'―――:'ソ_テ
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          【フィンランド人】

  帝政ロシア時代の皇帝アレクサンドル2世は好きで、

  侵略してくるボリシェビキとスターリンは大嫌い。
.

101 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:59:36 ID:kxX58TB60 [88/88]


   しかし時期が時期だけに、ドイツの同盟国と周辺国に思われ、

   のちのち両陣営から攻められるハメになりました……。
\___________________________________


   _______________        ___________
  /                      \     /                \
 │ 我らドイツに全面協力できんとは   │     |   ドイツに呼応する     │
<                        │    |                   >
 │ 愚劣なる共産主義の手先め!    │    |   ナチズムの手先め!   │
  \                      /     \                 /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      .′ l       j         }\    ヽ
       |   {       ト        /ヽ. ヽ   !ヘ
       |   |    .:| l l ヽ \    /ハ \'   l i
       |   |    .:| | l  丶. \ /イi_L.-‐ヽ  | |
      |   .:ヘ    .:|_ l L斗七\ ヽ } リ   }  |/.}
      |   .:八   .:l/八j     \l .,' ィクセう∧ ′|
.       |  /´ヘ  .:l   ィfヤ゚心   }/ 弋rシ゚′!/  i    理不尽すぎるんだナー……。
        |   { 7( ヽ :l く Vrぅツ      l|l|l|l /
       |  人〈_. \l   ¨´      ,    j
.       |    >ミ、  u            ′       こいつらの言い分だと私ら
        |   .:l.:.:.:l.:.ゥへ     r  ア  /.:.|
       |    .:l.:.:.:l:/ヽノ  >      ィ:.:.:|.:.:.|        ものすごいコウモリみたいだけど。
       |    .:l.:.:./::.::.\_    j`ヘ`≧ー‐z--、
       |   .:/V ::.::.::.:..` ̄八\::o\-、__ヽ \
       | >'´   ヽ    o l::::}}ノ丶 oヽ i  `i   ヽ   領土さえ戻れば他に何もいらないのに……。
      _ /く   __/ \   o j- }{    ̄  l  }    |

102 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:00:14 ID:DKKrxgxU0


   ドイツかソ連か?

   究極の選択を迫られたソ連領の人民のうち翌年にかけて……
\___________________________________


  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   | 我ら天翔ける黒軽騎兵、     .|
   |                        |
   | 死を恐れず、休息も要らぬ。   |
   ゝ______________,ノ
                  .,!、                            '; ヽ`     赤匪を粉砕せよ!
                ―= O =―                            .,!、
   .,!、            `~´           .,!、            ..,!、    ―='O゙=―   貴様らみんな死ね!
―= O =―               ―= O =―      ―='O゙=―     ゙~"
    `~´      ヽ  .`; "        `~´      ,!、      ゙~"             必ず遂行する、必ず遂行する!
             ':;(';,';`             .―='O゙=―
               ,;'                 ゙~"、      BoooN
                               .   ,
    \人_从人__从_从人_从_人___从人_人从ノ/           _._   _         .__      
     > 万歳!万歳!勝利あれ!     . <       | ̄|_ l_l_l  r┘└―┐   |__|   l ̄l 
     >                     <       |  ._|    '‐i i―i l     __,,/ / 
     > ジークハイル、ヴィクトーリア!  <;)      |_|      └'゙  l__,!    l__/ 
    /Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒YW⌒⌒YW⌒WY\     ,,;;’    ゞ;;;,,, (;; ,,;;;) ;;;) ::゙l :::ソ''
        ゞ;;、 : (;;;,,  ............<_ヾl........ ,,;;)_;;;ノ    r:''      (;;;,,, ` ‐ '' ,;;;) ,,;;;ノ :::ヽ
        .(;;;゙  .....::::::::::: ゚   ̄   :::::::::.... ::ヽ¨  ,(;;''        ゞ;;;,, ,,;;;ノ ;;;) ,,;;;ノ
          ,r 、、::::  。  .  ‘   ・::::... ・ ..::;;:)       ,,ノ ノ ;; ;;;'' '' l,
          ヽ ,l::l   _       ,::,‐、   ::::. ゚ ::;'         ・::: ,l   l  ミ ミ,、_
       ・  ゚:::: ̄  〈_」l      ヽソ    ::。 :   _ ,,.. 。..:::::   :::     ::: //`,ヽ
        ,‐、、: 。      _    ・    ゚  ゝ,,.:::‐、:::ソ‐''"::::::: :::....'  ,リ ノ'  /,":::`':/    ,, ‐、
        、,ノノ::       `''         ::” ヽ::):::‐' ::::''":、_ 。 r' ) 、 ( ミ/":〈/:/    「| =|_
 ̄ ̄ ̄ ̄|   ┌―――::...  ...  ..     ..::::: ,/ '"ロ :: '': ロ L,, ・ ノ(::: ( ,::/ヽ‐、 _    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: ロ ロ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::....  ;;) /  :|   。'  “  。〈l、,,__ ノ 、l l 〈/,、l l/ _  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l: ロ ロ ロ ロ ロ | ,,;;ノ__   | ロ ロ ロ ロ::::ロ L_ //,、 '"/,,::‐::、`:‐、  ロ ロ ロ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       ___|_|_l__|_____  ::' ____'" :: :::::::‐、 ::l :、::)
::゙ロ ロ ロ ロ ロ ロ l:ロ /  l^l    l^l    l^l    l^l  。 l^l   \ ⌒ヽ::)::'' ::):: ロ ロ ロ

103 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:00:55 ID:DKKrxgxU0


   2万人はドイツ軍につき。 その他の人民は628の村々や都市を焼き。

   軍人の2.6倍もの民間人を殺害していったドイツ軍への怒りと憎しみが、

   スターリン圧政の恨みを忘れさせました……
\___________________________________

               ,, . :::::::( ノ( ソ( 、ノノ.              ,, . :::::::( ノ( ソ( 、ノノ.
  ::(::::...;:: ::.       . . ,, :::::::'''(, イ")ノ         ::(::::      . . ,, :::::::'''(, イ")ノ  ::(::::
   (;;;:: ::.;,.. ::     . . .,,, :::::(’''....ノソ),,         (;;;:: :      . . .,,, :::::(’''....ノソ),, (;;;:: :
  (;;;,.. ::,,        . . .ノ(~~ノ(’''''ソ、'       _(;;;,..     . . .ノ(~~ノ(’''''ソ、'   _(;;;,..
从(;;::,,           ,,(、、...,,,Y),,,ノ:.:),, ,      从(;;::,, (;;;:: ;;;:  ,,(、、...,,,Y),,,ノ:.:),, ,  从(;;::,,
''''''''''^''''''⌒⌒''''''''^''''''''''''''^^'''''''''''''''''⌒'''''''''''''^''''''⌒⌒''''''''^'''''(;;;,.. ;;;,.. ''''''''''''⌒'''―::(:::::'''^''''⌒''''''''
(:. ,:.   _n_;:人;    ::(::::...           ::(::::::(::::...:...  (;;:从:人,(      (;;;::
,)ノ':.:, / //へ    (;;;:: ::.  パチパチ     (;;;:: ;;;:: ::.:: //~へ  。 ./_(;;;,.. :(::::...
ノ;ノヾ;/ |i| |i=) _(;;;,.. ::    ヾ、    _(;;;,.. ;;;,.. :: ::.;/ |[==) :  _n_〆\H (;;;::
(. ,.( ,""""゙゙゙゙゙゙"へ~从(;;::,,      ,ノ )´( 从(;;:从:人,(;;;:: ヾ=≒/%\:;,.. ::

                   _,,,,,,,,,_
              .,, ‐''"゙゛: : : : : .`゙'-、
               /: : : : : : : : : : : : : : : :\    . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧  . : : ナチスのやつらは、わたしのお母さんと姉さんを : : .
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l  . : :                                  : : .
             .l: : : : : : : : : : : : : : : ___: : : :!  . : : 村の真ん中で焼き殺した……。            .: : .
          .l.i!: : : : : : : : : : : /.,..-;;ニ;;ii|ji_ .|  . : :                                  : : .
              リ.!: : : : : : : : : ./゙,./r'"     `\ . : : それをパーティーのように楽しく笑う、         : : .
           .! ,: : : : : _..-'"´       # ヽ. : :                                  : : .
             .l,.|.l: .,,r′            . : : やつらの声が耳障りで仕方なかった……     : : .
             .!! .∨l,   #          . : :                                  : : .
               l} #             . : :                                  : : .
               | ゙'i、         #  . : :  氏名不明  検閲で削除されかけた回想録    : : .
                    匚|.ヽ         #    : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
              _,|\У.丶             l
             |゛ ゝ../   #             l、

104 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:01:36 ID:DKKrxgxU0


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \        大事なせがれや、家を作ってやったじゃないか。
     //, '/ ~~ ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ /  \リ| l │ i|        娘っ子を連れてくるって言ってたろう?
     レ!-(◎)―(◎) 从 |、i|
      レ⊂⊃u、_,、_,u ⊂⊃ |ノ        村の娘と一緒になるって?
        ヽ (((ゝ._)))   j / 
        ヘ,、 __, イ
     r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、       \人_从人__从_从人_从_人_从_人_从_人__从人_人从ノ/
           プス              > 目を開けておくれよ……私しゃおまえを    .<
             _,.,.;:;‐;:,.、    プ    >                              <
         ,;:-;:'"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ、   ス    > 冷たい土の中に埋めたく無いよォォ……! <
         /;:;/;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ     /Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YW⌒⌒YW⌒WY\
        /;:;:/;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:l;:;l:;:;:;:;:;:;:;:l
       〈;:;:;:l;,!;:;:l;:;:/!;:;:;:;:;|;:;|;:;:;;:;:;:;:;:l、
       リレ'!/、;:;|/ .|,;:;:;l;,'!;:;!;:;:;;:;:;:;:;l;:ヽ、
       、ー-!;o;:;:;:;;:;!ヽ;l;:;:l;:j;:;:;:;:;:;:;:/_, -
      /;:;ゝ;ゝ;:;:;:;:;:;:;:;o;:;:;:レ'/;:;-'"´
    /‐-‐ニ`;:ー`、、ー ,;:;:;, -'"´
   {;:;:;:;:;、ヽ_} 、_``-'"´
    "´

105 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:01:57 ID:DKKrxgxU0

                              |  // ハ    l __/ ヽ
                               j //  ) l    {  l_ -― '´'、    これは……
                                / / /   / ∧   ヽ ヽ     ヽ
                              { /     l/  `-- 、ヽ  ヽ   /    妹のブラウスだ……。
                             /′  /   l′      l ヽ、__ ` ニ -‐
                              /    ´ ̄ {      ヾ   ヽ
                            {        }      ,ィ   /_     か、身体の方はどこだ!?
                            l  /     /    _,,..-へ___/○ `ヽ
                            rl      / _,,..-''´       ̄`> -、   誰か……誰か
                          __/.l      /'´       _,,..-‐''´
                         /ヽ.7.      ,'     ,.-‐''´           妹の身体を探してくれよぉぉ~!
              ,-;='''フ-、_      /  /     ,'   _,.-''´
             ノ    ´て、 _,. --< ,-/     ,' ,.-''´
    , ‐_-ァー‐-、/   _,. -''´ {-/ヲ   Y、__` ー- 、_/´
   r''"´   `ニ;ヽ.ヽ /     `''ニ 、__,.イ   ` ‐- 、`゙ヽ、           _,,..-‐ァ'´_
;;;;;;rニ-'      `゙ヽヾ          ノ        `゙`ァ'      _,,.. -‐''´ _/ /
;;;;;ノ r''ヽ  ノ__    __」         /       r , /   ,.-‐'''´      _,.- '´__/
;ノ_/;;;;;;;;l //;;;;l   /       ,.-;;、___/-- 、     `/___/     _,,..-=-‐'"´
゙‐';;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;`ー、/;;;;;;;;;;;;;;;;,,,, r'j rァ''__    `7て ̄~     _,,..-‐''´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''`'ノノ;;;;ノ/-‐''´  ` ー―‐''"´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''      ''´

106 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:02:22 ID:DKKrxgxU0

            ./:l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /: : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          ./. : : : : | : : : : :i: : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : '、
         ./ # : イ: |: : : : : : |: : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : :.',
        ./. : : : :./:|: |:l: : : |:、: |.、: : : :i: : : : : :.l: : : : :|: : : : : :.',
       .ノ: : : : : ;|: :|: |:.l: : :|: l: :|:ヾ: : : |:、: : : :i: l: : : :|: : : : : : :l
     .//l: : : : :| : l: |:.l: : |: : l: :|:\: : :|:\: : l: l: : : :|: : : : : : :|    もう……みんな……帰る家も、
    -‐'´ /: /: : :|: :'´lΓ:l: :|: : 弋:|‐-\:.|:.\: |:.|: : ::l::l: : :|: : : |
       ./: /:イ: :|: .;x_‐、: ヾ:|: : : : ,ゞ--:、ヾ!: ヾ: |:l: : :l:::|: : |: : :.|    家族も……村さえも無い……。
      /: /:/::l: :|:´: i;;;l : : :ヽ!: : : :  .,r;;;、ヽ: : ヾ:l: : :l, 、|: :j: : :.l
      /: : :/:::::ヾ:l: |-j. : : : : : : : :  l;;;_;;;l : : : :./: :.j.--|:.イ: : :.l
     ./: : : l:::::::::::|-.、`:': : : : : : : : : : .乂_丿: : : /: : :j フ.j/:|: : : l     どこへ……行けばいいの?
    .i: イ: :l:::::::::::::l  ` '  ̄ ヽ 、: : __;.- 、:/: : /_//:::::|: :i: {
    l/.|: :l::::::::::::::::\     __         ./: ,:/""::::::イl: ハl     誰を……頼ればいいの……。
     |: :| |::/l:::/|::::::; ,ヽ.、, ` `   # ,,ィ/: /:/;イ:/.l/ !/
     |: | .|:l |/ |/´ムィ‐‐ァ:ヽ 、__ ,. ‐ _´-.//:/' /.'
     l; | .|/          i'ヽ_/,´r' ´ | '´
     ヾl         _,,,,ノ.`l .i'´    \
            ,  '"´ヽr‐.l´.j、  , r‐'"´´~''‐ 〟_
           / #  _,,,,ゝr_ヽ‐'´      ‐ -、 ヽ
          /   ´, r‐''"_,.´´ ̄``゙` ヽ 、_   # ヽ,
         ./  /              `ヽ、   .l

    . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
   . : : 私はお母さんたちを豚のように殺した        : : .
   . : :                                  : : .
   . : : 黒い悪魔どもを串で突き刺して火にあぶり。      : : .
   . : :                                  : : .
   . : : 肉を少しづつ削いでやろうと思った……          : : .
   . : :                                  : : .
   . : : そのためには赤い悪魔を頼るしかなかった……。 : : .
    : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

107 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:02:51 ID:xjsSbpVI0

地獄ってのは本当にあるんだな




108 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:04:22 ID:DKKrxgxU0


   またスターリンの演説は、言い回しに毒があり

   まだ直接被害にあっていない人々の心を惑わせました。
\___________________________________


\\====||===/=========================//
//                             \\
| | 君は今まで祖国のために何をしてきた?  | |
| |                               | |
| | 心に恥じるものがあるなら立ちあがれ!   | |
\\                             //
//============================||=====\\
    ,r,t==r==┐                         .|
    i1 | _j|_ | i|                         !
    | | |  ̄|| ̄,| !|                  _|〃    |
    |_|」===i_i」                  |_||-,_   .|
                              [ニニ]/|   !
__________ __ __   ____ |   ! ,| __|
                             |__|/   \
           /「|,、 -───────-,   _. , ,/|   rェ, \
         ,/|!/               /ヘ > /|:: ||   {|:::]
         | ||/               、、_,>|:::: i: ||  /゙|」
         | |!、__________」|ナ-- .|:::::/| ./ .||
         | |___________ i! ._二_]. '┘/  ||
         |_|                 |   |,_j|  ,/   」|_
                            \___,/    ̄ ̄

109 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:05:02 ID:DKKrxgxU0 [7/33]


     . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
    . : : 村の男手はもう尽きてたから、少女たちも前線にでなきゃいけない、            .: : .
    . : :                                                    : : .
    . : : そういう空気に満ちていました。                                 : : .
    . : :                                                    : : .
    . : : 同志スターリンの演説は、病気がちで、ひ弱な私を責めてるようで……。       : : .
    . : :                                                    : : .
    . : : 家族に苦労ばかりかけてきた私は、胸が苦しくなり、往かなきゃならないと思った。 : : .
    . : :                                                    : : .
    . : :                                                    : : .
    . : :     マリヤ・イワーノヴナ・モローゾワ  のち狙撃兵として参戦              .: : .
     : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

             ‰ /    /              丶
          /   /  /
.          ′ ,′ ,  ¦   :  i     ,
          ;   {/     |   i  |i      '__   :     私の体力じゃ、畑仕事を手伝えないし
           i  / ¦  T|   | i|i|  |  マ } i
           |i /  i│¦T|   | i|i|¦│|   V ¦    村に残ってても迷惑をかけ続けるだけ……。
           | ′ 斗f七圦     i|TIiメ、|   ; . |
           | { {i  |i|ノr T \  八 |irり r   |  |
           |i }ハ  八^¨¨^   \{\}  丿 かノ ¦    どうせ死ぬなら、戦って死んだ方が
           |り  `トミ[\   '    ___彡' {i   |
        /     込、   - ‐-   ,.:'⌒i  }i   |    いいよね……。
          /    /      〕 ‐- -‐ 〔   /       |\
       /   / /  } } } 丿     `、 /  /    |  \
.      /    , {   {/¨´‐-     -‐ /  /⌒\    \
     /    / \  \;,_________ /  /  ,  \    \
     ,′/ /     \  \T⌒TT⌒{  ,′ /    `、
.    {   /   \/ }〉  }〉      \ { V       ;       、
     \ {     ,′/{  /-┬┬-   ハ}  ,      }      {
       } \ (  {   \{〈{;r┼┼ュ }〉  {   }    /   }    ´
       /   {__ __j: 、      |i i|        /    く    /   /
.      {i    V⌒Zノ\    |i i|     /⌒Z厶イ   /  /
       }!  /∧     `T⌒TiリIリT⌒T㌻′   /      ‰

110 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:06:05 ID:DKKrxgxU0


   また勲章の大盤振る舞いや、「人民の敵」の解放を

   好意的に受け取った人々も出征を志願しました。
\___________________________________


  . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
 . : : 家族をみんなスターリンに粛清されていた女の子がいた。       : : .
 . : :                                              : : .
 . : : その子は、ここぞとばかりに身の証明のため                  : : .
 . : :                                              : : .
 . : : ドイツ軍の鉄道部隊を爆破する作戦に志願して……          .: : .
 . : :                                              : : .
 . : :                                              : : .
 . : :    氏名不明  とある工兵大隊長、パルチザンの回想録     : : .
  : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

                 /: . : .,': . : . :. : .:.:.:. : :.:.:.:.: :.:. : . :.:. : .ヽ
                   /: . : . :/: . :.:.:/: /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :\:. : ',
                イ/:/: .〃: :.:.:.:.{: :.|:.:./!:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.: ヽ: :.ヽ
                 '}/<7: . イ:.ノ!:.∧:.| |:.:|:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.}:.:.Ⅳ:.:.: : ',
                イ--{/ .レ'‐lノ=ヘ:!:ヽハ:.:.:.:.|ヽ:.:.:.|:.:.}:.:.:.:.:.:.:く
                 |-‐     -   二 -lノ}:.:|ニ',:.: |!:/:.:.:.:.:.:.:.:.|
                      L  -‐  Z7;;;7  /   l;ィテト、:!ノl:.:.:.:.:{ヽ: |   ソ連領での輸送は
                   /: . : . : :.:.:.:V;_;/ ̄   .   ヒソ ' .イl:.:∧:| ',j
                    イ: . : .',: . : . :.:.ゝ    ;     ノ:./j:/ N     鉄道を制した方が勝つなら
                   ハ: . : ヽ:.: :\ゝ  _     ∠:イ:.:.:.}
                  |:ハ: . :.ヽ:. : .ヽ   `    /:.:.:l:.:.:.::|       ナチスの鉄道部隊こそ
                    }:∧:.:Ⅳヽ:.ゝ   . イ:.:.:.:.:. |:.: l::|
                    ∧:{   ` - <jハ:.:i:.:.:.l:.:. |: ∧l       真っ先に潰すべき相手……なんですね。
                    ,. -‐-、/         /   ヽハ:∧:/j:/
            ,.. <      \      ,'     '
         ,. -;´‐-; 、       ヽ      { ̄ヽ               分かりました。
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      ヽ    ハ } ハ

111 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:06:35 ID:DKKrxgxU0


   i' ̄I ロロ   _i ̄i,___ [] []                 ロ | ̄|
   i  ヽ,     I_,  .,___ i,     r──────:┐    _i  l
   l  .i`'      ./ /  _i !    └──────┘   I___/
   `'-'       `''"  ヽ_,l
          ∩                "/
    ;"  ,⊂;゙゚';'゙ ;;つ    ';‘  , /゙   /           ″
       ヘ~」;。Ц。)             ゛    " /    /
     \ 鉄  ̄T  '  ゙ ⌒;;/ (;;   ", "   ゙   /  ´
    ゙   ;  ̄ ̄ ´ ;;!"(;;⌒   ) ;;) ;;  /   /              .'⌒⌒丶
          \  (;; ;; ;(⌒ ;")  ) ⌒ ;;) "__  /         ′从 从)
   ゙   ;;(;;;\(   (  ::)     "  / ")  鉄_⊥  ;/  ´      ヽゝД゚ν
 \    \ (::\(;;\ (::  )∩  "  ⌒ ;;/ /_」;゚Д゚)/;; "      と 〉 :;# ,つ
     \(;;⌒ (:: \   ("∀"::;;;//":;;;)/;; /つ=∩=--"        ‥ 、  ノ
  ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( (  (( ))             :;;;'
二二二二二二二二二二二二二二 二二二二二二二二二二二二二二二二 、.v,,;二二二二
 |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__| |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  ミ.:ゞ;  |__|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llニコ;;::/> ̄ ̄
                  ~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</
 _/\/\/\/\/\/\/\/|_
. \                          /
 < ぎあああ!!か、閣下ー!    . >
 <                          >
 < 我らの護衛、少なすぎ――…! >
 /                           \
   ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄

112 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:07:35 ID:DKKrxgxU0


     . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
    . : :                                        : : .
    . : :    彼女は綺麗だった足を吹き飛ばされた……。         : : .
    . : :                                        : : .
     : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :

                 /      .::::::/               |      :::::|
                 /      .::::::/             i      .::::!
                   /       .::::/              l.゙、    :::::: ::l    う、ううぅぅ……
               /       /:/              | ヽ ....::::::::::::i
              /    、  .:::/ .i              i   ヽ,.:::::::::.:::::!   わ、わたし……みんなの
              ,i゙ヽ、  ` -‐'.:.:.:l              ト,、      ,.ノ!
               i゙;;;;;;;;;`''ー---‐'"!               |;;;;;;;;`゙''''''''''"´;;;;;!   役に立ったよね?
             l::ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i                 l゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.;ィ
                |:::::::::`゙''ー─‐'''7               |::::::::`゙''ー''''":::::i゙
             |ヽ、::::::::::::::::::::::::/               l゙ヽ、::::::::::::::::,..-'!    これで同志スターリンも
               l  `゙'''ー‐''''"/                 |    ̄ ̄  .!
            |`''-、    _,/                    lヽ、    __,..,i゙     信用……してくれるよね…?
              l.:.:.:.:.:.:`゙゙"´.:./                  i.:.:.:.` ̄´.:.:.:.i゙
                ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                     |,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i゙
            |;;;;;;`゙''''''''";/                   |;;;;`゙''''"´;;;;i゙
           .!、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                       ┃ヽ、;;;;;;;;;;;;;,.i゙
            ┃`''----イ                   :    `"´┃
                ┃                          :
                :

.

114 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:08:38 ID:DKKrxgxU0


   当時のソ連の人口1億8千人中、9000万人の居住区が危険に晒されながら、

   最終的に人民の世論を、なんとか制したのはスターリンでした。
\___________________________________


  _/\/\/\/\/\/\/\/|_
  \                          /
  < 無差別爆撃で殺された       .>    _/\/\/\/\/\/\/\/|_
  <                          >    \                            /
  < 家族の仇討ちをするんだ!    >    < ボリシェビキの子は退かない!  .>
  /                           \    <                            >
    ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄     < 祖国のために戦うんだ!        >
                              /                            \
                                ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄

 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 従軍すればチョコレートが             |
  |                            |
  | たくさん食べれるって聞いた。           .|   _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
  |                            |   \                                  /
  | 何もしないで飢え死にするよりは戦う     |   < せめて自分の故郷は守りたいんだ!    >
  ゝ___________________,ノ   /                                  \
                                  ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! .
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}:::::
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._

115 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:10:11 ID:DKKrxgxU0


   またドイツ軍の数字上では華々しい戦果を上げているように見える
   戦略爆撃ですが、軍人視点では

    ・敵拠点を早期に叩ける。
    ・味方の地上部隊を楽に進行させられる。
    ・敵国の日常を安易に奪えるため、工業生産を停止できる。


   というメリットがある反面。当時は戦争に登場して間もないため。

    ・平均的には精度が低く、無差別爆撃におちいり易いため
     敵施設を無事に確保するのが難しくなる。
    ・民間人を多数巻き込むため、住民感情は最悪になり、平定しずらくなる。

   というデメリットがあったようです。
\___________________________________


┏━━━━━━━┓
┃レニングラード  ┃                _,,.
┗━━━━━━━┛                ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐

117 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:11:31 ID:DKKrxgxU0

         :ミ                            ミ
         :ミ         ★                  ミ
         ミ,                            ミ         ふう…失点は向うが上だった様だな。
         ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,゙ミ
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{          人を殺しすぎて頭がマヒした狂犬は
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/          気付いて無いだろうが
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、      敵の一撃一撃が、こっちの統率を固め、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.       死兵を量産し、敵のコストを奪う。
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/

 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 99発殴って来い。                                        |
  |                                                  |
  | 最後の1発で、俺がくたくたになったドイツ軍を殴り殺せば、こちらの勝ちだ。 |
  ゝ_________________________________,ノ

118 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:12:33 ID:DKKrxgxU0


   またスターリンは、対外的にも敵の敵は味方だと

   ドイツと交戦していたイギリスから、同盟を取りつけました。
\___________________________________

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、/{        ,}:::::/      }
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-" " ,}       /::::/      丶   ,,、、 l,7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'~   /     r':::::::::{【フィンランド】 } , l_,7
:::::::::::::::::::::::::::::::,r,::::::::::::::::::{    r'       }:::::::::::::}       ,__/
::::::::::::::::::::::,、_ `´::::::::::::::::{    }        {、,:::::::::ヽ,   _,-‐'' `=-  ○レニングラード
:::::::,=' r'‐‐=´:::::::::::《ノルウェー》 {、,【スウェーデン】:::::`'´~,-―-´
:::" {´" =´,,::::::::::::::::::::::::::::!   ,-"|,      ,ノ:::::::::::, {、;:,;:;:;:;:┌┐
:::::::}=   /:::::::::::::::::::::::::::::`'‐‐´:::::::|,     |´:::::::::::::::",´`{;:;:;:;:│ ]      ┌┐
-、, "r   {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐´} ヽ    },::::|/:::::::/´ヽ´;:;:;:;└┘;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ]      ◎モスクワ
 } r,_,   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ",:::::}  __//:::::::::::::::|  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└┘
r':::::::::}【イギリス】::::::::::::::::::::::::} ",i i~,}}_,,,|´::::::::::::::::::::::}  } ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:○スモレンスク
:::::r-´ ★  {:::::::::::::::::::::::::::::::::{,, ヽ", }_,、,:::::::::,,,-‐-、ノ´  \,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;●ミンスク
,-‐"     "、,:::::::::::::,--、,-、ノ  "'~   `'´~         `~!;:;:;:;:;:;:;:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:`;==-    ,,ノ:::::::::/   ´                    ゙○ブレスト;:;:;:;:;:;:;:【ソヴィエト連邦】
´、,、,_,,,-、_ "r ,,ノ~          ◎ベルリン        `、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:::::::::::,、  ~´/ ̄                             ゙!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
--、_,,} "-‐'´                     《ポーランド》   };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
,    《ベルギー》                          / ;:;:;:;:┌┐
:::ヽ               【ドイツ】                {,;:;:;:;:;:;;::│ ] ○キエフ
:::::ヽ                                  | ;:;:;:;:;;::└┘
:::::::}  《フランス》                           ヽ,;:;:;:;:;:             スターリングラード○
:::::/                                     {

119 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:13:37 ID:DKKrxgxU0


               _ノ
        _,、─'"゙ ̄"゙∠
      /   ⌒´     `ヽ
    -‐フ       、   〟ヽ
    ノ´     彳 ∧ λ      ゙、          共産主義は受け入れがたいし、
    / 〃'   /| / i | \ l  ゙ 、 ヽ .
    | .|   /ミi/  | /彡ヾヽ  | .i          スターリンは悪魔のようなヤツだが……。
    i リ ヾ≠ミミ、 レ゛彳≡ミヽ.卜、lヽ
    iイハ ´,rテ匀    イ辷ノ ゙、i .)
     ノ 从 i ヒ.ノ  '  ゙=" レ'
      ヽ ヾ    _    u Γ丶、          対岸の火事より、目先のヒトラーの方が
       フ ヘ、   `  ´ イ|::::`ヾ ゝ<三ミヽ
      ./   ゛`_ニν<´__ ノ::::::::::::::/::/::::::::::/    我がイギリスには脅威だ。
      レイ゛〆  ハイヾ、ノ∟、:::::::/::/::::::::::/
      ./    >´ ハ_ヽ  (゛゛)── ゙
      l    ∥ヽ./ l o `゙Υ`==彳ゞ        イヤでイヤで仕方ないが、
    __/ 人彡彳 l ゚ ヽ、  γ卜__ノ.::::\
  /´ ノ´个ヽ、l i o  `σ゙ ヽ  ノ::::::::::ヽ      一時的に手を結ぶしかないな……。
.∠ /::::::::::し:::: i ゙、    │  i:::::::::::::::::::::::::ゝ

         【イギリス人】

   他のヨーロッパ主要国があらかたドイツの

   占領下なので孤立中。
.

120 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:16:11 ID:xjsSbpVI0

先の歴史を知ってれば同意しかねるが…やむをえんよなぁ



122 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:17:38 ID:ozY12Dzs0

ドイツは目の前に迫ってて、本土も攻撃されてりゃな。
四の五の言ってられる状況でもなかった。



121 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:17:12 ID:DKKrxgxU0

            ◯                    ____
          //           _____/三三三三ミ\_____
         // |\_____/☆ ☆ ☆ i          ヽミミミミミミ/
        // │ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /三三三三三三ミヽ      /
        // │ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /           ヾミミミミミ/
       //  .│☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ i三三三三三三ミヽ       /
       //   /☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /           ヾミミミミ/
      //   /☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /三三三三三三ミヽ     ./
      //   /☆ ☆ ☆ ☆/ ̄ ̄ ̄ ̄           ヾ三三ミ/
     //   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  三三三三三三三三三三ミヽ    /
     //   /三三ミミ彡三彡´                ヾミミミミi
    //  /             三三三三三三三ミヽ      ./
    //  /三三ヽ    ノ 三三彡´             ヾミミミミ/
   // /    ヾ三三彡´      ノ 三三三三三ヽ      (
   //<三三ヽ         三三三彡´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ三三三三>
  //    ̄ ̄ヾ三三三彡´ ̄ ̄ ̄
  //

      ,、- 、
     //´ '   ,、-‐――
    .リ  ,、-‐'"        `ヽ、            ソ連がイギリス側につくなら
     \ |   \          ヽ
     ./\  ッ 、\  \  `ヽ、  ヽ          レンドリース法(武器貸与法)を適用させて
 ☆  / /  ,、'"`ヽ、ヽ  \  ミ`  ',
    { //  /    \ト、_,、-'"   丶、_        武器や物資を安くレンタルするぜ!
    |   | .{'"´'''ヽ   ヽ'"..__\ | | T:T一'
    .}/  | .| ,、-‐、    '",p 、~'、ヽ| |_|::::|ヽ
    / { ! |.| ! .P`u    { し'} 从. ト|.|:;:;:|        困った時はお互いさまだもんな!
     ヽ\| 弋:::ノ ⌒`L`三' , ハi人∩;:;:|
    ,、'"`´~'-、-‐'" r―、 〃  ├ '";:;:;|;:;」
   { ∵.:.:.::.:}}〃    ノ .,.,.,.:;:;,/´{;:];:;;:;|..        ( 恩と利息は安くしないけどな☆
  . / `¨‐ 、ノ.ム;:;:;:;:;---f;:;:;:;:;:;;‐'"`ー┴|
   |  mm / .〉.;.; ヘАy :;:;:ヘヽ:::::::ゞ::::ノ         最終的な勝利者は、俺たちアメリカさ~ )
   レャ;:;:;:;::} )/'" |::|/V ヽZ~'-、__  ̄ <
    ~'-、 / ,、'/-.ヘ::フ/ |∥j L ゝ:::::::::ヽ、
   ☆  /::/  ゝ---::ン---- ..._) ̄~'-、:::::::

          【アメリカ人】

   この頃、武器ビジネスに力を入れて各国へリース。

   ドイツにも武器をアメリカ企業が流してたりするよ。
.

123 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:18:09 ID:DKKrxgxU0

._           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓        __
 ‐i:::::::::::::.::::::::::::::::::::┃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃ ┌‐'' ̄
  ,|::::::::::::::::::::::::::::::::::┃:::.::::_,___-‐^ ̄`∟::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -⊂ニノ´ ┃\'─i
--'゙::::::::::::::::_/'''‐i、 ┃-‐⌒´        ̄⌒ー‐---、___,   i‐‐‐ー-、‐‐ー-、-、--┃ ̄:::::::|_
::::::::::::::::::.匚__/フ'´ ↓ ←━━━━━━━┓____,,,__ノ ̄ .!、 ._,_      __┃::::::::::::::::::〕_ノ
:::::::::::::: l>_ノ ̄  ◎モスクワ       〈┗━━━━━━━━━━━━━┫\:::::::::::::::::
:::::::::::::::_/_, 、_____,.--、 ↑          ___フ ,=::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       _,ノ:::::::::::::::
::::::::::::::,,,,,,-‐ 、 二!厂  ┃        _l:::::::r イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ◎ワシントン━
:::::::::/    ´ `´ 、 .‐-┃、_       丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|___ (⌒'::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━┛:::::\/`ヽ_厂:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[_∠_::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::`'‐‐'っ    ___/::::::::::::::::::::::::.t、 ィ┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒` ._!'''''`'-.、:::::::::
::::::::::::::::::::::::l     !:::::::::::::::::::::::::::::::┴ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「、     ゙'''
:::::::::::::::::::::::::l   r'゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_/´ヽーヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒\    ./
::::::::::::::::::::,、- 、,_r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i ____   7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,!  __/゙
:::::::::::::::://´ '   ,、-‐――:::::::::::::::::::::::: ̄  `ー‐':::::::::,〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::::::
:::::::::::::::.リ  ,、-‐'"        `ヽ、            輸送路は、北極海ルート、 /:::::::::::::
     \ |   \          ヽ
     ./\  ッ 、\  \  `ヽ、  ヽ         太平洋ルート、ペルシャ湾ルートの
 ☆  / /  ,、'"`ヽ、ヽ  \  ミ`  ',
    { //  /    \ト、_,、-'"   丶、_        3本立てだぜ!
    |   | .{'"´'''ヽ   ヽ'"..__\ | | T:T一'
    .}/  | .| ,、-‐、    '",p 、~'、ヽ| |_|::::|ヽ
    / { ! |.| ! .P`u    { し'} 从. ト|.|:;:;:|       軍靴から航空機、戦車もレンタルするぞ。
     ヽ\| 弋:::ノ ⌒`L`三' , ハi人∩;:;:|
    ,、'"`´~'-、-‐'" r―、 〃  ├ '";:;:;|;:;」       到着まで持ちこたえててくれよー。
   { ∵.:.:.::.:}}〃    ノ .,.,.,.:;:;,/´{;:];:;;:;|..
  . / `¨‐ 、ノ.ム;:;:;:;:;---f;:;:;:;:;:;;‐'"`ー┴|
   |  mm / .〉.;.; ヘАy :;:;:ヘヽ:::::::ゞ::::ノ

124 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:19:45 ID:DKKrxgxU0


   各国の真意はともかく、東西からドイツを連携して挟みこみ。

   また世界大戦に本格参加していなかったアメリカを、

   補給役として抱き込むという、とてつもない戦略が打たれました。
\___________________________________


    ,,,,,,,,,,,,
   [,,,|,,★,|,,]
   (  ・∀・)    ……というのが各国の返答です。
   ⊂ 〈V〉+つ
   /___:|__|
    (__)__)

                __ __ __ _
                ,r''"´ ゞ三三二ニヾ、
            ,j,ィイ,r 彡彡三三二ニヽ、
           (いイ、、-‐'''"゙ミ三三二ミヽ
             /"´       ミ三三ニ≡ミ!        おお……おお……。
            ,!,, ,,、z==-  ゞ三三三ミミ!
             }ソ `}でゞ,,_   ミ三ニニヾjji!        もうソ連はお終いだと思っていたのに
          /  、 ``"'''      个j !ii/
          ゞ='' ,!        ノヘ,イソ         各国の支援に感謝する!
         (jiiiii!!!;:!;        、__ソ7
            〉、,,,,,``          リ
           〈 _ _          j|           ( マヌケどもが。
             \    ``     ,、-‐'"´!
             ``ヾ  ,、-‐'"´     」__          ナチスの背骨を砕くまでの同盟だ。
           , ィ^y'"´     ,r<´  r'ニニ>、
         , イ  /!      /   \   r'ニニ>、      借りたものは誰が返すか。
         /  | / |     /       \    _\
        /   |/ (b |_/  rェェュ      >'"´ ̄  ``ヽ   あまり煩いなら、難癖つけてとことん値切るまでよ )
      /      / /     ☆7    ,r'´         !

125 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:20:42 ID:DKKrxgxU0


   持ちこたえれば豊富な物資や支援が期待できる戦略も、

   到達前にソ連が滅べば絵に描いた餅です。 むろん数日で着く程甘くありません。

   そして戦術面では、依然として厳しい現状が続いていました。
\___________________________________

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'~   /     r':::::::::{【フィンランド】 } , l_,7
:::::::::::::::::::::::::::::::,r,::::::::::::::::::{    r'       }:::::::::::::}       ,__/
::::::::::::::::::::::,、_ `´::::::::::::::::{    }        {、,:::::::::ヽ,   _,-‐'' `=-  ○レニングラード
:::::::,=' r'‐‐=´:::::::::::《ノルウェー》 {、,【スウェーデン】:::::`'´~,-―-´
:::" {´" =´,,::::::::::::::::::::::::::::!   ,-"|,      ,ノ:::::::::::, {、;:,;:;:;:;:┌┐
:::::::}=   /:::::::::::::::::::::::::::::`'‐‐´:::::::|,     |´:::::::::::::::",´`{;:;:;:;:│ ]      ┌┐
-、, "r   {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐´} ヽ    },::::|/:::::::/´ヽ´;:;:;:;└┘;:;:;:;:;:;:;:;:;:│ ]      ◎モスクワ
 } r,_,   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ",:::::}  __//:::::::::::::::|  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└┘
r':::::::::}【イギリス】::::::::::::::::::::::::} ",i i~,}}_,,,|´::::::::::::::::::::::}  } ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:★スモレンスク
:::::r-´    {:::::::::::::::::::::::::::::::::{,, ヽ", }_,、,:::::::::,,,-‐-、ノ´  \,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;●ミンスク
,-‐"     "、,:::::::::::::,--、,-、ノ  "'~   `'´~         `~!;:;:;:;:;:;:;:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:`;==-    ,,ノ:::::::::/   ´                    ゙○ブレスト;:;:;:;:;:;:;:【ソヴィエト連邦】
´、,、,_,,,-、_ "r ,,ノ~          ◎ベルリン        `、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:::::::::::,、  ~´/ ̄                             ゙!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
--、_,,} "-‐'´                     《ポーランド》   };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
,    《ベルギー》                          / ;:;:;:;:┌┐
:::ヽ               【ドイツ】                {,;:;:;:;:;:;;::│ ] ○キエフ
:::::ヽ                                  | ;:;:;:;:;;::└┘
:::::::}  《フランス》                           ヽ,;:;:;:;:;:             スターリングラード○
:::::/                                     {

127 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:21:32 ID:DKKrxgxU0



          ◆7月17日 局地戦 《スモレンスクの戦い》
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    スモレンスクでは戦車1200台を擁するドイツ中央軍

    第2、3装甲軍の電撃戦による包囲にかかり。
\___________________________________


    ギュィーーーーン

        _rュ_
      ・━コl>、 ヘ        _==___
      r。_ュ_二╋ 7     [/_ロ╋_lコ====
 ̄ ̄ ̄`((─((OooooO)x、、,,,, /二二二二二l-_             _rュ、_,,,,,、____/,,ヾ、-‐
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (OolooloolooloO)---r‐‐ュ--―''''・=='==<‐<;〉三‐〈|__|╋!
      _ __|ェ|_rt‐ュェェュ___             .i  ゙i,     t二二ニ'''‐、‐ュ=ュ‐‐゙'''ュ=ュ
    l ̄| |ヘ__/\__\_゙r‐rュヽ____       i.   ゙'、    !'‐'‐'‐'----'/‐/――/‐/
    !二|╋/__ヘ/ /‐゙'-゙'―,―――゙'      ゝ、__,,,゙>xxx--`-'‐'‐'''''''''''ヾ,゙゙゙゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄
   tニニ'`ニ===‐-、二 ̄ ̄ ̄ ̄`゙''‐x、,,   ―'''゙゙゙゙ ̄    \         ゙゙''''-x、、,,_
.   'ii‐t三l三l三l三>―`;――――゙〉`―;゙' ))           ヘ             ゙゙''
   !,!ry'y'y'y'y'y'ュ/三/____/;/三/  ガタガタガタガタ   ヘ
   ゞ,ソ,ソ,ソ,ソソ,ソ'/三/.ソ,ソ,ソ,ソソ,ソ';/三/                \
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~´~~~~~~~~~~~~~~゙´                  \
   キュラキュラキュラキュラ                        ヘ
                      r====i
                __r─┴─-┴-,───、
               i ̄ ̄l ̄l ̄l ̄ ̄|ヽ〈))=〔( ̄(ニニニニニニニ(ロ(コ((0)
               l_╋l_l_l__|__ヽ'---`∠l__

128 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:22:36 ID:DKKrxgxU0

                                                    __
                   | ̄ ̄\    / ̄ ̄| / ̄ ゙̄ヽ  | ̄ヽ    /  ̄|   | |
                   | l_) |   / /_l .| / ,/  ̄ ヽ ヽ . |   ヽ  /    |   | |
                   |    <   /     | | | .    | |. |  |ヽ ∨ /  |  |__|
                   | l_) |  /  / ̄l  |.ヽ ヽ___/ ,/. |  | ヽ   /.|  |
                   |__/ /_/  |_|. \___/   |_|  ゙、__/ |_|  ○

                 γ★ヽ
                 ミД゚iliミうわ!     \    |   |   |    /
                \と とヽ/     \                   /
           γ ̄ ̄ ̄ ̄γ ̄ ̄ ̄ヽ \
       0)ニ)ニニニニニγ_★ヽl  .  :llニi!     ・   (;;从⌒i`)彡       /
           l_,, `--(;゚Д゙),i!____,l   ⌒;ヾ从;;//ヾ::`(⌒;;(、⌒゚);;'ノ⌒) :;);;ニ:ll二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!
        / ̄ ̄ ̄ ̄ lニニニニl / ̄ ̄ ̄ ゙̄(´(,;ゞ・、(⌒、从;;..)y'⌒);,)";:)、⌒・,,_,,_ll__ヘ| "∠i, ★   |
      / ━ )  .     0)n../   ll二l:: ★    ";';゙ヽ、⌒;'人;;(;;ノ⌒)`;;:')`)、;;イ彡 ;;)'l::.ヾ l  :    :    : :i )
    ∠_/______,,_____,∠_∠,,______,,__((;'ヾノ:;,'(:;,  :;"ミ, ミ(´∴::⌒从(:ノノ⌒彡.::l:.  l> .:,_,,_,,__,,_l (⌒ ,,::
   (≡(( ( ( ( ( ( (≡(:::o:ヽ:::==0::::::::::==0::::ノ;( ;゙y'⌒(::)ノイ⌒);⌒)).⌒゚:;);;";;)、..  l__i /====== 、::  ::(~ ⌒
    ヽ≡ヽ_____ヽ≡ヽ,,ノ,,ーilij-、 ,,ーilij-、. ,,`ヾ((⌒;、y'⌒":~i^;∵ `ヾ;);;;",''::` --─── ' @:);;;;li__l!;;((:@:i(''⌒ " (⌒
     ヽ≡ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ≡ヽ,((. .≡ ,,)((. .≡ ,,)((. .ミ‘ミ";;γ⌒∵;;'y'⌒);,)";:)、⌒・';:);":;,.:;ヘ≡ヽλ==l_l==λ(゙:: ⌒ (::...

     / 、、                 ___ ,_____
    /`   "ノ               |  , | | : '_    |               包囲だから敵に当て放題……
            人, _           0ニニニニ).| ;. .!!, . . | i   [,,|,★,,|,]
          <:  ;;i ())))ニニニニニニニニ)|    i⌒Λ*ヽ (・∀・;)       なのに当てられてんの
           `Y'"         . !┴―~~,,! /,ニ、ヽ Д゚) と i;  )
                        || ├l-――┤||>|<||ニニニ;;;;;;;;;----、、、、、、=;i  こっちばっかかよ!
                        ヽ___  ̄ ̄ ̄.ヽ!ニ/しし- )(_(__)""""{}-!

129 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:23:33 ID:DKKrxgxU0


    この戦いでは3000両の戦車を損失し( 戦車も航空機と同様に、

    BT-7やT-26といった旧型機が主力でした )。

    そして兵士30万人が捕虜となりました。
\___________________________________



        [,,,,|,★,,|]m  [,,|,★,,|,,]n,,n ,、,、 [,,|,★,,|,] n,,n ,、,、   ……疾風のようなドイツ軍の用兵の前に
    (::::::) (;: iД゚) ::::) (,,ノдヽ):::::) ::::)  (,, @дi) :::::) ::::)
    /::::i  / つ つ :::ム i;;;::U U :::) :::::) / J *J :::::) ::::)    あっさり負けた……。
    uu  (;;: 〈     ノ ハ ヽ:::::: ::::u::: し'''`J::::::,,:::::::::;;::;;::.....
,,, .....     U~U     (,,__) (,,__). ........ ... .... ... ...

             ,,、、-‐''" ̄`` ー-、、
            ,r'"´ミy'"´         ヽ
         /          `ヽ     `、          これぞ1000kmを48時間で駆け、
          l  ,ィイ^^ヾi、  i    ゙、ヽ   ハ、
         ノ  j1!   1i! |l   、 ゙ヾ、、、ィイ;:;\        無線で各部隊に、敵拠点を一点集中砲火させる
       /  ノノ   Nトト、トト、.:.:;ヽヾミヌ彡;:;;:;ヽヽ
       (1j ィイリ     `ヾ>>、;:;:;ミミ二云彡;:;;:;;ヽj        俺の用兵「電撃戦」の妙技さ。
       `ヾN!;ミz、 、、z-_‐彡≧ー-三彡<;;、ヾヽイ
           ``iでソ} .:.:;;モテソ   ゙ミ/イ i!;:;;;:;:;::V
            | ,ノ   ``       ミ リ /;:;;;;;;i;l;i!
           l (   ,        リ イ;:;;;i;:;;i;:リ        モスクワまで残りわずか300km、
              ! `"´         ,′!::ヽi;;リソ
            ', ‐-‐- 、     /.:.::,!::::ノリソ{、         これ以上……お互い傷つく前に終わらせたいものだな。
             ゙、  ̄`     /.:.:.://``^ノノ ̄``ー- ,、、、_
        , ィイ 77,ゝ、 _ , .イ.:.:.:、‐'´  /´       ,r'r'´r'
       / // //  ̄``Nヽ r彡<   /        /./ ,/

130 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:24:16 ID:DKKrxgxU0


                      総統閣下からの通信です。
      ,.-.:─ -、
    /.ss    |            「 南方方面軍がキエフで手こずっている。
     {.:::厂  ``i
    hリ ‐::;;r r:;;;!              補給を受け次第、ただちに援軍に向かえ。
     ヾj    j  |
     | 、 -ー ,j!              本土から近場の穀倉・工業地帯の要、キエフを落さずして
     L_,ゝ-- '゙L
    _」 ルl| _ _」/二'''ー- 、、        遠方のモスクワを落しても背後が危うい 」と。
ィィィ厂 `>≧≦<´`  ``ヽ ! 「「/
〈 メ| 仄ココ(0)ココココヽ    | ,メl|/
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞
    ./     , . l f゙    i  i; ; ';   ',      \    |ヽ/|_
  ./    ,  / ,i ,| |!|    |: jl ゙:, ',', '; ゙:、 、.,,,_  ヽ、  .\   /
  /, /    ノ  / i ソ,!゙ゝ   ,! ハ ミ ',゙:、゙:、`''ー-  `ヽ,l     |__>
 i゙f',i _,.、=',ィ ,ノ ,ィ'ノノリ     ,ヘ ゞ ゞ、 ゝ ゙:、、      ゙!
 |l!  ̄ イ ノ_,イチ、,,_       _,、>-ミゝミゝ、 `、`ー、. 、 ヽ|
  ヘl,   ´"T" `゙≧!_エiュ  ャ-r‐<゙ィニ.´ ̄  ゙i`ァ=ミ、    |    ――― なっ!?
   ヽ`、 、 ゙!  ''゙(・)`>`i  Z"´(・.) `'    ト| x ヽ`   |
    `ゞ、ミ ゙!  `''''''´ i゙    ヽ`''''´     l_K, ゙ | ゙i リ !
     ゙ト、ー!      ;'            ,lリ ン / ,リ ,レ゙     最終目標のモスクワはもう、目の前なんだぞ!
      ゙ゞ、|     ( `_, ,、     U  `゙´ ノ ,ソ /
       `l,      `_           ,'ト-'" ノ ,/       大量の捕虜や、鹵獲品を抱え、
        |゙i    ャ====-、._        /!.!, ,  r'
        j ゙:、   `"" ̄ ̄     ./ ;' リ ノ .l         鈍った足で、我が隊から見れば遠方へ南下しろと?
        リ; .ト、   `''""´     / / ,クレ'ノノ′
        ゝj,_`:、         /  _',、-'"レ'′
        ト、,_`-ゝ、___,,、-'ニ゙、-''"゙,,、-''"|           キエフ攻略は、首都を落してからでも遅く無い!
       _/' ,、,>-、, ゙'v''" ,、-=ニ,'"´   /´)
. ___  _,、ィ"(゙ー' )( r'゙ヽ ゙i .| i゙,r'''‐、 レッ  /./´>^>、,_,,-、_

131 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:25:16 ID:DKKrxgxU0

                                  ,,、-─‐‐ - 、、
                               ,,.'"´         \
  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ       ,イ´          \ \
   | 捕虜は皆殺しにすればいい。  |       ,イ メ、\`ト、 ゙,`ヾ  ``ヾ.::;`i
   |                        |      ヾノノ;;トト、\トト、ゞトト、   .:;:;:;:;;;ヽ    ・・・・・・・・・。
   | 総統閣下の命令は絶対です。 |      `Nj,,、z_=r'''"`ヾミレ^ヾ.:.:;;;;;;;;;;;;;;i!
   |                        |        ヾ〉ゞ-''` l|l|l|ミリレ,イ``ミミミ;;N
   | 悩む理由が分かりません。    |        /        ``ゾ,^ヾミミミjリ    ( なら最初から
   ゝ__  ___________,ノ       ゝ,,      u i  リ:;:;;;;;;j!ミ|
       V                        ヽ-‐、      ,′ `トトト、j;;リ      キエフのみを最終目標に
                                .゙i     /     ヾ」!
      ,.-.:─ -、                        L_, ィ´   ,,、-‐''"´ `ヽ     すればいいものを……。
    /.ss    |                         ト、,,r,r =ュ     」ト
     {.:::厂  ``i                         |H| ! )( ル   ,,、- '
    hリ ‐::;;r r:;;;!                        ノソ| レ' /イフ"´         軍の進退はチェスのように
     ヾj    j  |                  _ _ __, ィ´`≧ル〈≦L_ __ _ _
     | 、 -ー ,j!             / ̄.:/ソ//"´  , ィ´⌒ヾ! /⌒ヽ    ,イ     簡単じゃあないのだぞ! )
     L_,ゝ-- '゙L              /.:.::::::::/ソ´i!   / jl ◯jl/ /  j ! _ _ノl
    _」 ルl| _ _」/二'''ー- 、、   , イ,イ.:.::::::::/\ |  / (U)! ゝ=イ^ `ー‐ '´ ̄ /
ィィィ厂 `>≧≦<´`  ``ヽ ! 「「//´「l|.:.:';:;´ト、 ヾ|  ! Y´ ̄`ヾニ/      /
〈 メ| 仄ココ(0)ココココヽ    | ,メl|/  V!.::::::::::|/\ !  ! !            !


        ∧
 γ´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | 兵站限界線のことぐらい     |
  |                        |
  | 貴殿も学校で習ったでしょう? |
  ゝ______________,ノ

132 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:26:09 ID:DKKrxgxU0


   ドイツ中央軍が、作戦変更で足踏みしていた頃。


   ソ連ではついに秘密兵器、多連装自走ロケット砲 BM‐13

   愛称「カチューシャ」を投入してドイツ軍に反撃を試みます。
\___________________________________



         キルレシオでどんなに負けようが、

         戦えば敵は確実に物資と時間を消費する。

         今はナチスの消耗を誘うのが俺らの目標だ!

                   __       !_`¨" '' ‥ー--  ...,,__ _,,
                   /,,,,,,,,, ヽ     !_¨" '' ‥ー--  ...,,__ ,,__三7
                  //[.|★,,|].|:|      ``¨" ''‥ー--  ...,,__三7     )) )
                //_ (゚Д゚,,)|:|           \ll/__`__、 フ  ̄’
       ._,_,,.,.,一='''"~´l l~ ̄ ̄ ̄| |:|            ハ ┌┐ ハ
       ii |). ̄ ̄ ̄ ̄. |  ★  | |:|         _l─‐ゝ三三三フ== ,ノ、
       ii――――-、.  |      | |:|r‐‐‐‐‐‐┐__┌=========、、\ゝ
     c ~| ̄ ̄ ̄~..ヽ  |,,___| |:i「[i  ゚i]┘!!/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ||_|コ     )) )
    [二 γ ´⌒`ヽ... ||ェェェェェェェェェーェェェェェェ---|| 〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ ||
       :i. (∴) i                  i (∴) i i (∴) .i
        ヽ、.____,ノ.                   .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ

133 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:26:59 ID:DKKrxgxU0


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | なんだあれは!?                  |
  |                            |
  | トラックにロケット砲を積んできたのか?  .|
  ゝ_____________  _____,ノ
                      V
                       __,-─-,
                       ゝ=(卍)ノ__         _         もう戦車の形にすら
                    _ rm(ii)・∀)        j´_。`l
.                    / ロ ̄l | <Y>つ       〔||(∀・'ー'rm====  作れないほど
                   /___|_|_O)_,====、    f l ^Y^i`v7
               >─'"´  ,-─ ヽ==--、_ |_   |[[l=・=(#)'      テンパってるようだな。
(0)ロ))ニニニニニニニ)二二)    )/, -‐'_, -‐ ',-‐'   ╋ |__と(__, -〉-〉    _
      ____/__/`ー--イ/lニニl]|_,-‐'´_______二(__,)__,)   j´。_`l
     /__ //_______/__ // ̄ヾ=;(◎=;( j´_。`l;.r r⌒,ヾ  ー' ・∀)       ハハハ、あんなんで
      /圭(⊂l|韭|韭|韭|韭|韭|(/圭圭{| 0◎0l _,,__(∀・'ー'|-|=◎=|}  / 、^Y^ヽ___,_
      {圭圭{|_|韭|韭|韭|韭|韭|-{圭圭{ゞo,οノ |l ̄'┬,-=,`r ヽ'ゝゞ/l ,ソ' ヽ,(_ア─rm─' ̄  まっすぐ撃てるのかよ。
     ヘ圭圭ヾ________ヘ圭圭ヾ f f´`Y´ 0l[l=とi_ソY´〈圭/  〈_,ノ、___〉
      _ヘ圭圭ヾゝニ人ニ人ニ人ニハ圭圭 '=,ゝゝ 人 人〈_〈_l人 ノ,=´  (__,/ (,__) - _
 _  -  `─‐`'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'`─‐`'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐(__,/-(__,l'‐'"  -   ̄  _

134 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:27:35 ID:DKKrxgxU0

\\\\\\\\         \\\\\\\\
 \\\\\\\\        . \\\\\\\  シュボボボボボボボ!
   \□□\□\□\      ..  \\□\□\□\
    □□□□□□\.\)⌒)     □□□□□□\\) )
    \\\\\\\\\)⌒)) .   \\\\\\\\\)⌒))     精度無視して
    . / ̄ ̄ ̄ ̄/|.\\)) ))    ./ ̄ ̄ ̄ ̄/| \\) )⌒)
   ./____/ .| ̄/._))ノ   /____/ .| ̄/. ) ) ノ)    数撃ちゃ当る!!
   ∥   [.|★∥  ..|/./ /ヽ  ∥   [.|★∥  ..|/./ /ヽ ノ
   ∥__(゚Д゚∥    |___| ◎|   .∥__(゚Д゚∥    |___| ◎|     四方八方砲撃を受けてみろ!
  /_____/ _★ ../ヽ_ノ   /_____/ _★ ../ヽ_ノ
 /|◎≡≡≡◎| //ヽ/  ̄  /|◎≡≡≡◎| //ヽ/  ̄
 |_\≡≡≡/ |___| ◎|      |_\≡≡≡/ |___| ◎|
 [二二二二二] ヽヽ_ノ       [二二二二二] ヽヽ_ノ


\\\\\\\\         \\\\\\\\
 \\\\\\\\        . \\\\\\\  シュボボボボボボボ!
   \□□\□\□\      ..  \\□\□\□\
    □□□□□□\.\)⌒)     □□□□□□\\) )
    \\\\\\\\\)⌒)) .   \\\\\\\\\)⌒))      実は俺達もどこへ飛ぶかは
    . / ̄ ̄ ̄ ̄/|.\\)) ))    ./ ̄ ̄ ̄ ̄/| \\) )⌒)
   ./____/ .| ̄/._))ノ   /____/ .| ̄/. ) ) ノ)     よく分からん!!
   ∥   [.|★∥  ..|/./ /ヽ  ∥   [.|★∥  ..|/./ /ヽ ノ
   ∥__(゚Д゚∥    |___| ◎|   .∥__(゚Д゚∥    |___| ◎|       味方は、おっかねえカチューシャちゃんの
  /_____/ _★ ../ヽ_ノ   /_____/ _★ ../ヽ_ノ
 /|◎≡≡≡◎| //ヽ/  ̄  /|◎≡≡≡◎| //ヽ/  ̄         前に立つんじゃねえぞ!
 |_\≡≡≡/ |___| ◎|      |_\≡≡≡/ |___| ◎|
 [二二二二二] ヽヽ_ノ       [二二二二二] ヽヽ_ノ

135 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:28:08 ID:DKKrxgxU0

           __ __       ____          __        __ __
.          /  /.i  /'''7'''7   /       /'''7'''7      /  /             /    /
         /  / i. /__/__/  .  ̄ ̄/  /__/__/.     /  /  __         /    /       _   /
         /  /  i   |   . ___/  / __/'''7__  /  /   |   |.       /    /     γ    `Y′
       r- _ノ  /   i   i__  /        / / ;──; / ノ    ̄ ̄   .|  __/__/      .!
     l /___,/    ゝ、___| /____/ .  ̄./二ニ/./____∧_| __/__/          \,,__,..-i
     `-=-´  .l             | ´   ,..-―-..!             !                       ヽ
           !             ,!    ./               メ‐'¨¨ ̄¨¨ー 、.      ,-'" ̄`'-、   `‐
  r'" ̄`''、    .ヽ        /     .!       i 、                   \    l゙      l
  .!     .!     `-..__   __./     .l.     ./  ゙ー-==-‐/                ヽ  .!      }   _
¨''''′  . _./   _..-ー¬-..,  ̄    Y´¨ヽ  `'- 、   `''、    .l゛                }  ヽ.    ..,ノ゛ ,/
    .'.l   ,i″     ヽ      廴__ノ     l      .!   !                   |   `¨¨¨″ /
      l  l           !            l     /   .!              l        l
      .| .!           ゙‐'ー-、        `' -==-'゛    .ヽ            /          |
     ./  ヽ           ヽ                    __/            /             ヽ
     /    .`'ー ._ イ       |       γ ̄`''、      /        __,,,,,..-'"       __      \
_ -'"      , --、 ヽ      /      .l    .廴.,,_  /        Y     .,..-¬¨ーイ  ヽ       ̄
            !   .!  `'ー- --'"       ゙>      `'-′        !    /           ノ
            ゝ--'゙ _ -''''¨¨¨'ー、      /                    /    │         !   γ¨ ̄¨
 ̄¨''-、        ,i′      ヽ     !          ト ,,___,, ,ノ      │        /   !
    . l       ,!           !    │          |            ヽ       /    `'-=-‐
    .|       |           l     ヽ           /              `'ー-==-‐"
    ノ        ヽ       /       \、    ,.ノ
¬'''´           ゙''ー---‐″             `゙゙¨¨゙´

136 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:28:37 ID:DKKrxgxU0


   カチューシャのムチャぶりに、

   初めて見たドイツ軍はパニックを起こして、いったん後退し。
\___________________________________


   スターリンはとんでもないオルガン出してきやがった!
                                                  i
     ___  っ っ                    l\        ┌:,    ,!'|   ` .
    /∬___j_                         ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
    `-ll,,;゚Д|           弾道読めるかー!   ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
    ⊂ 、#  ⌒つ,, ;  、                 l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
    、  \# /           こんなん!        ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
    /";、 し                  、--、__    ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
                   i        __i(w)==,,ノ   | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/
  l\        ┌:,    ,!'|   ` .     (Д゚;,,(ll)   l ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ
   ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、 /yゝ;l_ヽ   l      ___ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
   ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /riエエエ(,,ノt__, l    _i___∬ヽ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
   l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/----+-+--- lllコ     (Д゚;,,ll-'!ィ' {’      へヾ;;イ
    ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  / ,,、   ,,、    ll,7 l~i~とl_ ll`l' ll~ヽ====l     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
ニニニ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄"''' [l===串m ニl     j|   '/'}′ ,
     | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/=========l== 〈___〈____/  ̄"ヽ ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
    ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽニニニニニニニ(,,__(,,__,,/ ニl`l_ヘ i!||il.   , 八 Z
       / ´⌒(''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .::::::::::::::_:::(○):::l。l:::::::::::::::γ´⌒`___ ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
       l:〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}l_l  : :l_l     lil     ll (::_l___∬ヽ ゛ ,ィ彡′_.. -
       ヽ、_,,j∨il!ィ' {’      へヾ;;イγ⌒ヽ、γ⌒ヽ、γ⌒ヽ  ヾ、___, (Д゚;,,ll-';.,、_,ー-'^- =ニ_
       ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :,ノ___ ,,_,ゝ__,,ノ__,..-'''" / `l'ゝl゙ヽ
          ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,/∬___j_        -'i=0ニニニ,(,,ソ  頭おかしいだろ……これ。
           じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/   `-ll,,;゚Д)^)         〈l_l_,ヽ___,,ゝ
          丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z    / ヘ`l'ゝ ,ソ         (,,__/ ヽ,,__)

137 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:29:15 ID:DKKrxgxU0


   ソ連赤軍の兵士も、その威力に驚いて一目散に逃げました。

   「エレメンコ元帥」と「ニーナ・ウラジミーロウナ・コヴェレノワ 砲兵」の回想より。
\___________________________________

                                    ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
                                     じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
                                   丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z  ドーーーン
   うわー、こっちにも少し                  __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
                       ,,,,,,,,,,,,      _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
   飛んで来てるー!         [|,,,,,,,,|,]  っ っ  二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_
                     (ヽ(    )ノ)
                      ヽ ̄ l  ̄ ./       :;:;:;:, , , ;:;:;
       ,,,,,,,,,,,,  っ っ:      | . .  |       ,,,,,,,,,,,,  っ っ
       [|,,,,,,,,|,]           (___人__ )      [|,,,★,,|,]         うちのかーちゃんの
    (ヽ(    )ノ)          ; 丿 し      ( ;`Д´)
     ヽ ̄ l  ̄ ./     (´⌒;;  ∪          /,   つ,         オナラより凄い轟音だ!
    丿 . .  /     ,(´⌒(´,,,,,,,,,,,,;;.,.,.,.,       (_(_, )  ,,,,,,,,,,,,
  (( ( ___人__丿))       [|,,,★,,|,] (´⌒(´⌒;;  / 丿し'    [|,,,,,,,,|,]  っ っ
    J   ヽ )       ( ;´Д`)         ∪    (ヽ(    )ノ)
        し        /,   つ        (´⌒;;     ヽ ̄ l  ̄ ./
    (´⌒;         (_(_, )   ⌒;; (´⌒(´⌒;;     丿 . .  /    あたた……
 (´⌒(´⌒;;          し ヽ )  ´⌒(´(´⌒(´⌒;;   ( ___人__丿
  (´⌒(´⌒;;       (´⌒;  し    (´⌒(´⌒;;        J   ヽ )    腰ぬけた……。
            (⌒(´(´⌒´⌒; :;:;:;:;:;  (´⌒;;             し
\___________________________________

   この大混乱が功を制したのか、偶然か。

   20万人の捕虜は脱出に成功しました。

   ただカチューシャは、やはり戦車の穴埋め程度という扱いなのか

   終戦まで500輛程度しか量産されませんでしたが。

.

138 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:30:41 ID:DKKrxgxU0


   ほぼ時を同じくして。

   相次ぐ敗戦の報にスターリンは、新たな一手に着手しました。

   悪魔さえ身震いするような言葉と共に……
\___________________________________


┏━━━━━━━━━┓
┃モスクワ 赤の広場 . ┃
┗━━━━━━━━━┛
                                         i__i
                                     ∧∧
     _                    _i_                 | U |  i
    八           rッ       _{__}_           i {   } i∧      
  :: 〈 | | 〉 ::     i   /^V    / ,八 \    i        {二二二二二}      
.    VV       小 {:::N    ∧__{____}__∧  _{}_  i  A, l  ̄ ̄ ̄ ̄ |      
    ∨       _!___! }:::::::〉  { {_} i r, i __ } (ニニ)_/^ヘ{__},| 匸} 匸} |   ゥ、  
 ,ィ  ,/||ヽ_      ! o V::::::{ 个/\,_{ゝ_{_}__| r|,n | |___/\|  ̄ ̄ ̄ ̄ | ,ッ ,ノ::}─
. 爻,,/ニ||ニニ] ̄  ̄  ̄`〈二二〉´---::〈!!〉::}ニニo八___| | l__ ̄__,|: {ニ}   r:, ! く:}{:::〈!!〉_
林林匸||匸} ! !⌒!⌒!  |::日::| 目 目 ||ニソ目_|_ノ〈〉:} | | ----|‐‐‐__  {:。〉,|oノ|〈:::| ||目
林林: }_{   ! ̄i ̄i ̄i:, :|::八::|  ̄目 ̄|l::::l 目 |::::| |::::〉j゚ j}。。 | 〃⌒}}〔:|〕 {ll::::} [_]||目
森森, {___}  i_ _ ' ____[ ____ ]t───≠─r=≠==一‐- _。,i_{{'   ||=ニ≠=─-ァ─
 ̄ ̄i ̄| ̄l´  !__! ___!   |__ j  -‐  '"´  ̄ ̄´ ̄ : : : : : : :` ̄`>‐- j _
 ̄ ̄l ̄| ̄l  j      -‐: ´  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、 、ヽ: : 
__l  l -‐  ''" : : : : : : : : :' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ ヽ \ :
: : : : : : : : : :´ ,: ´ , :´ : : : : :' : : ,: : : : : : : : : : : /_/_/:    今日は、ここで同志から
二二 ∧_∧ [|:::::::|] ∧_∧ ∩_∩ ∧_∧∩∧_∧∩∧_∧ ∧_∧ ∧_∧∩/ ̄ヽ  
_∧_∧∩ /二二∧_∧□__∧ ∧___/{:::::::::::::::}∩∧_∧ ∧_,,,,∧_∧∩ Π_Π   ありがたい話があるとか。
(    )ノ(   (    )   )(   (    )ノ(    )(    )   )ノ( : : : 
/ヽ [|,,,,,,,,,|]   [|,,,,,,,,,|]   [|,,,,,,,,,|]   [|,,,,,,,,,|]  [|,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,|] [|,,,,,,,,,|]  [|,,,,,,,,,|]
(ヽ(,,    )(ヽ(,,    )(ヽ(,,    )(ヽ(,,    )(ヽ(,,   )(ヽ   )/)(ヽ  )/)(ヽ  )/)   (……正直聞きたくねえ……)


 【 第6話、黒い悪魔は「楽には死なせない」と笑い。赤い悪魔は「生きろ」と言った。 】終わり。

 ___________|\
[|[||  To Be Continued....!    >
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
.

139 名前: ◆FVgnd.HyPc[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:31:28 ID:DKKrxgxU0

                  .   ¨¨ ̄ ̄¨¨   、
                /             \
               /  ⌒ソ三三≧z、       ヽ}ヽ
.              /   ∠彡'⌒¨¨ ̄ ̄`ヽ ____rくノ
             /  /             `ヽ   `ー‐ァ
           __{_ 〃            ヽ   \ 、__ノ
           `ヽ 7      i   :ト、  ト、 __ト、  ヽ 、ハ
.            __ノ /      ト、  | \ィ´ヽ} ∨ ト、}、 ハ     では見てくださった同志、
           `ヽ/ :i    .ィ==x ヽ{   ヽ}f穴ミx }  `ヽ}
.             |  :|     i xf穴z     {ッじ:j} }ノ `ヽ{     ありがとう。
.             {  :|   { { V{kじ}     `¨´  ハ.  ハ
             八 {ト、 ト、八 `¨´  '   """ ムイ}、  }
               }ノ | ヽ{ 从 """  r ,   .′′ |  ′    次回は後宮スレを挟むから2週間後くらいで。
.                | :i   > 、..     .イノ}ノ  | '
               八 {ヽ.._  ∨}ノ}` =.彡‐―ァ   jノ        ダ   スヴィダーニャ
              __rヘ }ノ ___`ヽ{广7壬   rく            До свидания.
             / 、⌒} /¨/7 __`ヽ〉i:i  __ノ   ヽ__         ( また、会うときまで )
          ____/   ヽ.〉:::::// { `ヽ/〃´ ̄¨7  〃/`ヽ
        /  ノ   勺ノ::::::::l:l 〈 __ノ{_/に_彡/ ,://:::::::::∧
.       /  {〈 ィ彡'¨¨{|::::::l:l  |__..イ`ヽ__ ヽ{ ,://::::::::::::::::}     
       /{   込__.ィハ∧_}:::::l:l   } /  // ヽ/ ,://:::::::::::::::::卜、   
      , {   ヽ/__,  }∧::::::l:l 〃jノ   j/l:l  ,.://i:::::::::::::::::::::::::\  
.     //八        |  V::l:l // }  /{ l:l ,://:::{::::::::::::::::::::::::::/ 〉


                  ☭ 登場人物キャスト ☭

☭ ソヴィエト連邦

  リディア・ウラジーミロヴナ・リトヴァク       :サーニャ・V・リトヴァク(ストライクウイッチーズ)

  ラリッサ・ラサノヴァ                 :佐々木千穂(はたらく魔王さま!)
  ヴァレンティナ・ペトロチェンコヴァ        :白鬼院凜々蝶(妖狐×僕SS)
  ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン     :ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(実在人物)
  ゲオルギー・コンスタンチノヴィッチ・ジューコフ :花山薫(グラップラー刃牙)
  ラヴレンチー・パーヴロヴィチ・ベリヤ      :ラヴレンチー・パーヴロヴィチ・ベリヤ(実在人物)


卍 ドイツ第三帝国

  アドルフ・ヒトラー                  :アドルフ・ヒトラー(実在人物)
  ハインツ・ヴィルヘルム・グデーリアン      :ヴォルフガング・ミッターマイヤー(銀河英雄伝説)
  アインザッツグルッペン               :最後の大隊の兵士(HELLSING)
  ヘルベルト・フリードリヒ・ヴィルヘルム・バッケ. :トーマ・フォン・シュトックハウゼン(銀河英雄伝説)
  ハインリヒ・ルイトポルト・ヒムラー         :ハインリヒ・ルイトポルト・ヒムラー(実在人物)


その他の国

  ウクライナ人                     :ウクライナ(ヘタリア)
  ベラルーシ人                     :ベラルーシ(ヘタリア)
  フィンランド人                    :エイラ・イルマタル・ユーティライネン(ストライクウイッチーズ)
  イギリス人                      :イギリス(ヘタリア)
  アメリカ人                      :アメリカ(ヘタリア)
.

140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:33:18 ID:5tqAYuaM0

乙です!
エースコンバットZEROのピクシーのセリフで
「戦いに慈悲はない 生きる者と死ぬ者がいる それが全てだ」
と言ってたけど、まさにその通りだな・・・



141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:34:24 ID:mFT.FQ.Q0 [2/3]

独ソ戦の記録映像の“常連”だもんなぁ
低コストで、砲や空爆にもおさおさ劣らん制圧効果を持つ、相手からすれば
厭らしいってレベルじゃない厄いブツだし



143 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:35:48 ID:ziIiCaOA0

乙でした



144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:36:03 ID:UQLK2/uA0


出てくる女の子がかわいいのが心をえぐってくるような癒しになるような…



145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:37:20 ID:mFT.FQ.Q0 [3/3]

乙でした
こんだけ凄惨な有り様を呈しといて、実はまだ序盤・地獄の1丁目に入ったか
どうかってんだから……。マジで怖い



146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/11(火) 00:37:48 ID:xjsSbpVI0 [4/4]

乙~

マジ地獄だわ



関連記事

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 12:00 |コメント(11)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫ショートストーリーセレクション Ep95 密航戦隊 長州ファイブ | HOME | 好き勝手やる夫 その39 >>

■御感想or寝言

42581 名前:名無しさん [] 投稿日:2013/06/11(火) 19:04:08 ID:-

声も出ん

>実はまだ序盤・地獄の1丁目に入ったかどうか

マジカヨ・・・



42591 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/06/12(水) 02:15:20 ID:-

虐殺政策やらずに普通に解放路線だったらソ連倒せてた気がする。


42597 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/06/12(水) 12:11:56 ID:-

>42591
イラク戦争も独裁者倒せば解放者万歳で石油利権取り放題とか思ってたら、電撃的に首都陥落させて政権倒したのにゲリラ戦に悩まされたから、どうだろうね。
「解放ありがとう。用が済んだらとっとと出てけ、フリッツ」とか言われたら、戦争の意味ないしな。


42598 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/06/12(水) 13:37:52 ID:-

これから地獄の度合いはますます進んでいくという・・・
独ソ戦は本当に地獄だ・・・本当に・・・


42599 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/06/12(水) 14:48:56 ID:-

お互いに血塗れで仁王立ちして殴り合ってるんだよな…恐ろしい

国の首脳が素手で殴り合って決められるならいいのにな


42600 名前:名無しさん@ニュース2ch [] 投稿日:2013/06/12(水) 21:27:20 ID:mQop/nM.

結論:キチガイしかいねえ


42608 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/06/13(木) 22:31:09 ID:-

>幼女を殺したいほど好きすぎて困る人。

べ、ベリヤの趣味は女子高生だから!
ロリコンじゃないから!!(精一杯の擁護)


42797 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/02(火) 05:26:20 ID:-

※42591
本当に「解放」を徹底するためには、それこそ支配地の国民感情の徹底的な研究がいると思う。


42851 名前:名無しさん [] 投稿日:2013/07/05(金) 12:09:59 ID:-

解放路線でいきたくても物資がないというのもあったんだろうけどな。短期間で勝負かけるつもりならやった方が良かったな


42918 名前:  [] 投稿日:2013/07/10(水) 17:09:13 ID:-

ナチスの時にはなにも言わなかったのに、スターリンだけにはやたらと批判するのは変な感じ


44891 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/03/04(火) 06:58:27 ID:-

ナチスのばあいユダヤみたいに今でも嫌われ者の嫌なあの野郎や
イワンを虐殺するだけだから感情的に良くやったと思うが
スターリンはいいも悪いもまとめて殺してるから気持ち悪がられる
そのうえどうみても自己保身以外なにもみるとこない無能だからな

ドイツの高級軍人がスターリンのもとにいたら9割くらい粛清されてる


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV