【重要】令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 開 催


詳しくはコチラ→http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-8656.html


やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2009/02/27(金) やる夫系AA紙芝居 ドグラ・マグラ 第一話


出演 やらない夫
参考・同作者さんの作品
やらない夫は青いネクタイをしたようです
やる夫は新聞記事を読むようです
やる夫は十億円を探すようです
やる夫が宝石を捧げるようです。
やる夫とやらない夫は唯ひたすらにやるせないようです。


1 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/02/25(水) 04:09:28.25 ID:jMoqTMMo
 巻頭歌


胎児よ

胎児よ

何故躍る

母親の心がわかって

おそろしいのか



;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;://;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |9;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;:;:;:;:;:6;:;:;:;:;:;:;:;://
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:│  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:│┌────┐ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   〇   │ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:│└────┘ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└─── ───┘

…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………


視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐    ┌───────────────────────────┐
│               │ 
│               │
│               │
│               │ 
│               │ 
│               │ 
└──────────┘    └───────────────────────────┘



┌──┐                                               
│??│                                               
└──┘                                               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐  ┌───────────────────────────┐
│  調べる         │   うっ……あれはボンボン時計の音か……
│ニア考える          │   
│  移動する       │   ……どれぐらい 眠っていたんだろう……
│  持ち物          │  
│               │ 
│  オプション       │
└──────────┘  └───────────────────────────┘



┌──┐                                               
│部屋│                                               
└──┘                                               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: .|    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'     ..|
               〃         .|    ||___|___||,'        ..|
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │   ここは……イッタイどこだ                    
│ニア考える         │    ズイブンと殺風景な部屋だな                      
│  移動する       │                          
│  持ち物          │   暗い……今は夜……真夜中だろうか                          
│               │ └──────────────────────────┘ 
│  オプション       │
└──────────┘



┌──┐                                               
│部屋│                                               
└──┘                                               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                       ┏━━━━━━━━━━ 
                  #;       ト┐                       ┃ ヽ________|
                      / |.|____.,____________、    ┃  |         ||
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;┃  |         ||
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;┃  |    。    ||
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     ┃  |         ||
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    / .┃  |         ||
              / ̄ ̄/|                        /   .┃  |::◎       ||
             /__//|                       /     ┃  |         ||
            |___|//                    /      ┃  |         ||
            |___|/                     /        ┃::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│ニア 調べる        │   小さな窓と……頑丈そうな扉がひとつ                   
│  考える         │                       
│  移動する       │   扉は外側から鍵で閉じられているようだ あかない…… 
│  持ち物          │                                         
│               │   あれ……何故、おれはこんなところにいるんだ……?
│  オプション       │   
└──────────┘    おかしい……おかしいぞ……
                   └──────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │   記憶が……ない……自分の名前も、今がいつなのかも          
│ニア考える         │                    
│  移動する       │   なぜこんな所にいるのかも……                       
│  持ち物          │                                         
│               │   わからない わからない わからない……
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌──────────────────────────────────────────────┐ 
 ……こんな不思議なことがあろうか……
 ……自分で自分を忘れてしまっている……
 ……いくら考えても、どこの何者だか思い出せない……自分の過去の思い出としては
 たった今聞いたブウ――ンンンというボンボン時計の音がタッタ一つ記憶に残っている……ソレッ切りである……
└──────────────────────────────────────────────┘



┌──────────────────────────────────────────────┐
 ……それでいて気は確かである 森閑とした暗黒が
 部屋の外を取巻いて、どこまでもどこまでも続き広がっていることがハッキリと感じられる……
 ……夢ではない……たしかに夢では…………
└──────────────────────────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│          \  「う う う お お お おおおおおおおおああああああああ!」                   
│                                                      
└──────┘    「うわああああああああ!」                                        
                 
                 
             └────────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │   はあ はあ 叫んでみたところで……だめだ 思い出せない         
│ニア考える         │   
│  移動する       │   どこなんだ ここは……
│  持ち物          │   ……ここは監獄か……精神病院か……
│               │   
│  オプション       │   ああ……
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;     ┌─────┐                   |
                     <お兄様…… │__________、     |
                     /└─────┘ . : . : . : /!_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │                   !
│  移動する       │   
│  持ち物          │   隣の部屋か……?
│               │   
│  オプション       │   壁から声がきこえる……
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:               
                                                 |:               
          人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人             
        < ……お兄さま。お兄さま。お兄さまお兄さまお兄さまお兄さまお兄さま >           
        < ……モウ一度……今のお声を……聞かしてエ――ッ       .    >           
.── 、      YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY               
___\                              _________   |:               
.       ||                             ||              ||   |              
  o    ||____________________||_______||   |              
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \\          
____,||.                                  \.\             \ 
───┘.                                 \.\             \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │                   !! 
│  移動する       │   
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:                
        ∧                                        |:                
┌────┘└──────────────────────────────────┐    
 ……お兄さまお兄さまお兄さまお兄さまお兄さま……お隣りのお部屋に居らっしゃるお兄様……      
 あたしです お兄様の許嫁だった……貴方の未来の妻でした……あたしですあたしです            
└────────────────────────────────────────┘    
___\                              _________   |:                   
.       ||                             ||              ||   |                
  o    ||____________________||_______||   |                 
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|_             
  o    ||                              ||\.\             \  \          
____,||.                                  \.\             \  \
───┘.                                 \.\             \ \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   暗くて 深い声だ……
│  移動する       │   
│  持ち物          │   これは……私に呼びかけているのか……?
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 




  人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
< どうぞ今のお声をモウ一度聞かして……聞かして頂戴……聞かして >
< 聞かしてエ――ッ                                >
<                                             >
< ……お兄様お兄様お兄様お兄様……おにいさまア――ッ       >
  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:            
        ∧                                        |:            
┌────┘└───────────────────────────────────┐
│……お兄さま……お兄さまお兄さまお兄さま。なぜ……なぜ返事をして下さらないのですか。      │
│あたしです、あたしです、あたしですあたしです。お兄さまはお忘れになったのですか。あたしですよ │
│あたしですよ。お兄様の許嫁だった……あたしをお忘れになったのですか。                │
└─────────────────────────────────────────┘
.       ||                             ||              ||   |            
  o    ||____________________||_______||__|            
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \  \           
  o    ||                              ||\.\             \ \         
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \ \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │    許嫁……私に?       
│  移動する       │     妹がいいなずけ……?
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ∧                                        |:            
┌────┘└───────────────────────────────────────┐
│   アタシ                                                            
│……妾はお兄様と御一緒になる前の晩に……結婚式を挙げる前の晩の真夜中に、お兄様のお手にかかって
│死んでしまったのです。……それがチャント生き返って……ここに居るのですよ。幽霊でも何でもありませんよ
│お兄さまお兄さまお兄さまお兄さま。……ナゼ返事をして下さらないのですか……                
│お兄様はあの時の事をお忘れになったのですか……                                   
└─────────────────────────────────────────────┘
  o    ||____________________||_______||   |            
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|_           
  o    ||                              ||\.\             \  \         
____,||.                                  \.\             \  \
───┘.                                 \.\             \ \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   ……何という奇怪な言葉だ
│  移動する       │   
│  持ち物          │   ……壁の向うの少女は私を知っている
│               │   
│  オプション       │   私の許嫁だと云っている
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    o
                      ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
                  ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
                  "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
                     〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
                    ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
                    (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
                    "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
                      (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                              ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                              ´  /;:ノ 。  。
                                  ()
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   ……しかも私と結婚式を挙げる前の晩に
│  移動する       │   
│  持ち物          │   私の手にかかって殺された……
│               │   
│  オプション       │   そうして又、生き返った女だと自分自身で云っている
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 




┌──────────────────────────────────────┐
│……キチガイだろうか。……本気だろうか。.                             .│
│いやいや。キチガイだキチガイだ……そんな馬鹿な……不思議な事が……アハハハ……。.│
└──────────────────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:                
        ∧                                        |:                
┌────┘└────────────────────────────┐             
 ……お兄さまお兄さまお兄さま。何故、御返事をなさらないのですか。                 
 妾がこんなに苦しんでいるのに……タッタ一言……タッタ一言……御返事を……               
└──────────────────────────────────┘               
___\                              _________   |:                   
.       ||                             ||              ||   |                
  o    ||____________________||_______||   |                 
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│          \  ……………………      
│                                                      
└──────┘                              


             └────────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:                
        ∧                                        |:                
┌────┘└──────────────────────────────┐          
 ……タッタ一言……タッタ一言……御返事をして下されば……いいのです。                  
 ……そうすればこの病院のお医者様に、妾がキチガイでない事が……わかるのです。             
. そうして……お兄様も妾の声が、おわかりになるようになった事が、                         
 院長さんにわかって……御一緒に退院出来るのに………お兄様お兄様お兄様お兄さま            
. ……何故……御返事をして下さらないのですか……                    
└────────────────────────────────────┘          
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   病院のお医者様……院長……退院……
│  移動する       │   
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ∧                                        |:                
┌────┘└────────────────────────────┐             
 ……妾の苦しみが、おわかりにならないのですか……毎日毎日……毎夜毎夜                
 こうしてお呼びしている声が、お兄様のお耳にはいらないのですか……ああ                   
 ……お兄様お兄様お兄様お兄様……あんまりですあんまりですあんまりです……                
.  あ……あ……あたしは……声がもう……                                      
└──────────────────────────────────┘             
.       ||                             ||              ||   |                
  o    ||____________________||_______||   |                
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│          \  ……………………      
│                                                      
└──────┘                              


             └────────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                 人人    |                      ∠  |
                <ドン>   ト┐                         |
          人人    YYY~ヾ/ |.|____.,____________、       |
         <ドン>      / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_ l ̄;;|_|
          YYY~ヾ      |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
  ┌──────────────────────────────────────┐
─┘……お兄様お兄様お兄様お兄様……お兄様のお手にかかって死んだあたしです
\  そうして生き返っている妾です。お兄様よりほかにお便りする方は一人もない可哀想な妹です
   一人ポッチでここに居る……お兄様は妾をお忘れになったのですか……
  └──────────────────────────────────────┘
                                      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │        
│ニア考える         │  
│  移動する       │    壁をたたく音がする……
│  持ち物          │    彼女だろうか……
│               │  
│  オプション       │  
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:                
        ∧                                        |:                
┌────┘└────────────────────────────────┐       
 お兄様もおんなじです。世界中にタッタ二人の妾たちがここに居るのです。                 
 そうして人からキチガイと思われて、この病院に離れ離れになって閉じ籠められているのです       
└──────────────────────────────────────┘        
___\                              _________   |:                
.       ||                             ||              ||   |                
  o    ||____________________||_______||   |                
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│          \  ……………………      
│                                                      
└──────┘                              


             └────────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ∧                                        |:                
┌────┘└───────────────────────────────────┐  
 お兄様が返事をして下されば……妾の云う事がホントの事になるのです。妾を思い出して下されば、    
 妾も……お兄様も、精神病患者でない事がわかるのです……タッタ一言……                 
 タッタ一コト……御返事をして下されば……モヨコと……妾の名前を呼んで下されば……ああ        
└─────────────────────────────────────────┘  
___\  ∧                           _________   |:                  
┌────┘└────────────────────────────────────┐ 
 ……お兄様お兄様お兄様お兄様お兄様……ああ……妾は、もう声が……眼が……眼が暗くなって……   
└──────────────────────────────────────────┘
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │  返事をした方が良いのだろうか そうすれば彼女の苦しみも   
│ニア考える         │   和らぐのだろうか…… 
│  移動する       │   
│  持ち物          │  なにより、私自身がどこの何者かという事実をく確かめることが
│               │  できるのでは……いや……だめだ
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 



┌──────────────────────────────────────────┐ 
 彼女から自分の氏素性を聞いたとして、記憶のない私にはそれを確かめる術はない……
└──────────────────────────────────────────┘





┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
                    `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                      \ ヽ,           /   ./                  /
                    ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
           ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
        ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /
        ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
                   -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                    _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
                _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
              _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
            ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
         .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
         /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
        '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
            /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
           /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌─────────────────────────────┐ 
│  調べる         │  そればかりじゃない
│ニア考える         │  万一、彼女が正真正銘の精神病患者で、彼女のモノスゴイ
│  移動する       │  呼びかけの相手が、彼女の深刻な幻覚そのものに外ならないとしたら
│  持ち物          │  どうであろう。
│               │  ウッカリ返事をして、それが大変な間違いの原因にならないとは
│  オプション       │  限らないではないか
└──────────┘ └─────────────────────────────┘ 



┌──────────────────────────────────────────┐
 ……まして彼女が呼びかけている人間が、私以外の人間であることも十分考えられるではないか……
 
 ……といったような不安と恐怖に、次から次に襲われながらくり返しくり返しつばをのみ込んで
 両手をシッカリと握り締めているうちにも、彼女の叫び声は引っ切りなしに壁を貫いて、
 私の真正面から襲いかかって来るのであった。
└──────────────────────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ∧                                        |:                
┌────┘└─────────────────────────────────────┐
 お兄様お兄様お兄様お兄様お兄様。あんまりですあんまりですあんまりですあんまりですあんまりです……
└───────────────────────────────────────────┘
.── 、                   ∧                         !:                 
___\         ┌────┘└───────────────────────┐         
.       ||          ……お兄さまお兄さまお兄さま。妾は貴方のものです。貴方のものです        
  o    ||______ 早く……早く、お兄様の手に抱き取って……                 
.  ̄ ̄ ̄||           └─────────────────────────────┘  
  o    ||        ∧                       ||\.\             \ \          
___┌────┘└──────────────────────────────────┐
─── ……お兄さま……おにいさま……どうぞ……どうぞあたしを……助けて……助けて……ああ……
     └────────────────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────────┐ ┌─────────────────────────────┐ 
│  調べる       . │  ……違う違う……違います違います。貴女は思い違いをしているのです   
│ニア考える        . │  僕は貴女を知らないのです……
│  移動する       │  
│  持ち物          │ └─────────────────────────────┘ 
│.              .│  
│  オプション       │  
└──────────┘ 



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:                
                                                 |:                
                                                 |:                
                                                 |:                
                                                 |:                
.── 、                ┌∧┐                         !:                 
___\               ……            _________   |:                   
.       ||              └─┘           ||              ||   |                
  o    ||____________________||_______||   |                 
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   ……声がしなくなった
│  移動する       │   
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;://;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |9;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;:;:;:;:;:6;:;:;:;:;:;:;:;://
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:│  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:│┌────┐ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │ 
コッチ;:;:コッチ;:;:コッチ;:;:;:;:;:;: コッチ;:;:コッチ;:;:;:;:;コッチ;:;:コッチ;:;:コッチ;:;:;:;::││   ∥   │ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   ∥   │ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:││   〇   │ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:│└────┘ │
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:└─── ───┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   ……聞こえるの時計の音ばかり……
│  移動する       │   
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 
  




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;コッチ;:;:コッチ;:;:コッチ;:;:;:;:;:;: コッチ;:;:コッチ;:;:;:;:;コッチ;:;:コッチ;:;:コッチ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │               ………………
│  移動する       │   
│  持ち物          │              ……疲れた……
│               │   
│  オプション       │               ………………
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 




┌────────────────────────────────────┐
 狂いくたびれて、考えくたびれた。扉の外の廊下の突当りと思うあたりで、
 カックカックと調子よく動く大きな時計の音を聞きつつ、自分が突立っているのか
 座っているのか……いつ……何が……どうなったやらわからない最初の無意識状態に
 ズンズン落ち帰って行った……。
└────────────────────────────────────┘

                    ・
                    ・
                    ・



                    ・
                    ・
                    ・

┌───────────────────────────────┐
 気が付くと私は、鼻の先に在る人造石の床の上の一点を凝視していた
 見ると……その床や、窓や、壁は、いつの間にか明るく、青白く光っている。

 ……夜が明けたのだ……。
└───────────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 |:                
                ┌────────────────────────────┐     
               < ……チュッチュッ……チョンチョン……チョン……チッチッチョン……       
                └────────────────────────────┘     
                                                 |:                
.── 、                                              !:                 
___\                              _________  . |:                   
.       ||                             ||              ||  ..|                
  o    ||____________________||_______||   |                 
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \ ..|             
  o    ||                              ||\.\             \\          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \.\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │     
│ニア考える         │   ……うっ……外が明るい……もう朝なのか……? 
│  移動する       │   
│  持ち物          │   雀の鳴き声が聞こえる……
│               │   
│  オプション       │   
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'     . |
               〃 ┌───────∧─────────┐    |
                  ピョーッ ピョーッ ピョーッ ピョーッ……     ..|
                 └─────────────────┘∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、     .|
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │   あの甲高い音……  
│ニア考える         │  
│  移動する       │         サイレン  
│  持ち物          │   自動車の警笛、か?
│               │   
│  オプション       │   くくっ 変な音だな……くくくっ……
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 
  



┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│          \  ……アッハッハッハッハッ   アハアハアハアハアハ………   
└──────┘ └────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 .|:                
                                                 .|:                
                                                 .|:                
                                                 .|:                
                                                 .|:                
.── 、                                               .!:                 
___\                              _________    |:                   
.       ||                             ||              ||   ..|                
  o    ||____________________||_______||    |                 
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │   ナアーンだ馬鹿馬鹿しくなってきたな
│ニア考える         │   名前なんてどうでもいいじゃないか
│  移動する       │   
│  持ち物          │   ……アッハッハッハッハッ
│               │   忘れたってチットモ不自由はしない
│  オプション       │   俺は俺に間違いないじゃないか 
└──────────┘ └──────────────────────────┘ 





┌──────────────────────────────┐
 アハ……アハ……可笑しい可笑しい……アハアハアハアハアハ……。
 ……ああ苦しい。やり切れない。俺はどうしてコンナに可笑しいのだろう。
 アッハッハッハッハッハッハッ……。
└──────────────────────────────┘ 




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │   
│  移動する       │            ………………………………  
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                    ┌──────────∧──────────────┐
                      ……イヤラッサナア……マアホンニ……タマガッタガ……
                  #;     トッケムナカア……ゾウタンノゴト……イヒヒヒヒヒ……
                    └─────────────────────────┘
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │   
│  移動する       │            ………女の声 か………  
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        | ,;:                      |
                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
                                      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │   
│  移動する       │            ………………………………  
│  持ち物          │   
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 .|:                
                                                 .|:                
                                                 .|:                
              ┌────────────┐               |:                
               コツ……コツ……コツ……                  .|:                
.── 、          .└────────────┘                .!:                 
___\                              _________    .|:                   
.       ||                             ||              ||   ..|                
  o    ||____________________||_______||    |                 
.  ̄ ̄ ̄||                               ||.ヽ           \_|             
  o    ||                              ||\.\             \ \          
____,||.                                  \.\             \ \
───┘.                                 \.\             \\
                                         \.\             \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │                !!
│  移動する       │            
│  持ち物          │             足音が聞こえる
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          _
                        /| |
                      ヽ/  | | _____|
                       |   .| |      ||
                       |   .| |      ||
                       |   .| |      ||
                       |   .| |      ||
                       |   .| |      ||
                       |:: ◎.| |      ||
                       |   .| |      ||
                       |   .| |      ||
                     ::/\  .| | ̄ ̄ ̄ ̄~  ガチャ ギィィィ……
                        \.|_|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │    扉が開く……誰か入ってくる!?
│  移動する       │    
│  持ち物          │    
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       _       
       /  ヽ    
       |   |
     ___上─┴i___
    .||;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;: ||
    .|;:.|;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ |     ……
     |;:;:| ;:;:;:;:;:;:;:|;:;:|
 バ __/::/;:;:;:;:;;::;:|;:;:|
  タ三/|;:;:;:;:;、:;:;;:|/´
  ン  ||_::_::_||:_::_|
  !   |;:;:;:;:|;:;:;:|
       |;:;:;:.|;:;:;:|
      |;:;:;:|;:;:.|
       |;:;:;:|;:;:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │    ズイブンと大きな男だ……
│  移動する       │    
│  持ち物          │    ……こっちに来る……
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘




41 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/02/25(水) 04:21:44.81 ID:kZxzvKEo

面白いな
図書館いってこようかな





┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l
          |    (__人__) | 
             |    ` ⌒´ |    ゴホッ どうも……初めまして
              |         }     私 こういうものです……ゴホッ
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │             
│ニア考える         │    咳き込みながら その男は私に名刺を渡してきた
│  移動する       │    
│  持ち物          │    
│               │   
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌──┐                                               ┌────┐
│部屋│                                               │?月?日│
└──┘                                               └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               ┌────────────────────┐
               │                             │
               │                             │
               │ 九州帝国大学法医学教授            │
               │ .                           . │ 
               │ 医学部長        若林やらない夫    ..│
               │                             │
               │                             │
               └────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│TALKING…   ─┘                                          
│          \         「……ここは……九州大学……」
└──────┘ └────────────────────────────┘




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         / ̄ ̄\
       /  ノ  ヽ\
       |   (●)(●) l
       |    (__人__) | 
       |    ` ⌒´ |  左様……ここは九州大学、精神病科の第七号室で御座います
        |          }  どうもお休みのところをお妨げ致しまして、恐縮に堪えませぬが
        ヽ         }  かように突然にお伺い致しました理由と申しますのは他でも御座いませぬ
        ヽ、.,__ __ノ    
、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   如何でしょうか……御自分のお名前を思い出されましたでしょうか
;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_ 御記憶を、残らず御回復になりましたでしょうか…… 
;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │  
│ニア考える         │        いや……いきなりそんなこと言われても……
│  移動する       │  
│  持ち物          │  
│               │  
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ  ……御尤もです。不思議に思われるのは御尤も千万です      
         |         }  元来、法医学者の私が、かように精神病科の仕事に立入りますのは
         ヽ        }   筋違いに相違ないので御座いますが しかし、これにつきましては     
           / 、  ヘミ|    止むを得ませぬ深い事情が……
        /,` 、` -`,--` ,        
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__      
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │  
│ニア考える         │   と云いさした若林博士は、又も咳が出そうな身構えをしたが
│  移動する       │  今度は無事に落付いたらしい
│  持ち物          │  ハンカチの蔭で眼をしばたたきながら息苦しそうに言葉を続けた
│               │  
│  オプション       │   ……肺が弱い人なのだろうか……
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__) 
         |     ` ⌒´ノ  ……と申しますのは、ほかでも御座いません
         |         }  ……実を申しますとこの精神病科教室には、ついこの頃まで
         ヽ        }  正木やる夫という名高いお方が、主任教授として
           / 、  ヘミ|   在任しておられたので御座います
        /,` 、` -`,--` ,        
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__      
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│ TALKING…  \ ……マサキ……ヤルオ……                                          
│                                                       
└──────┘  └────────────────────────────┘               



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ___
                  /     \
                 /   ~~ ~\
               /   (◎)―(◎) \
               |     (((__人__)))   |
               /     ∩ノ ⊃   /
               (  \ / _ノ |  |
               .\ “  /__|  |
                 |\ /___ /|
                 |          ノ
                 ヽ   y    /
                  \ /     /
                   /   /
                  (___)_)  )) ))
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   ! さようで……この正木やる夫というお方は、吾国のみならず 
      |    ( ●)(●)  | 世界の学界に重きをなしたお方で 『精神科学』に対する新学説を、
      |     (__人__)  ヽ 敢然として樹立されました、偉大な学者で御座います……
       |     ` ⌒´ノ   l′
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――       
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l
          |    (__人__) | 純然たる科学の基礎に立脚して編み出されたこの新学理に
          |    ` ⌒´ | 基づき、貴方もその新式の治療を正木博士が創設された   
          |          }  精神病の治療場にて受けておいでになりました 
          ヽ         }   お一人なのですが……    
           ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│ TALKING…  \ 僕が……正木博士に精神病の治療を……                          
│             あの それでその正木博士は……こちらには来られないのですか?                                          
└──────┘  └────────────────────────────┘  




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ 
         |         }  ……いや貴方が御不信に思うのもわかります
         ヽ        }   正木博士ではなく法医学専門の私が、かように御容態を
           / 、  ヘミ|    お尋ねするのは取りも直さず、甚しい筋違いに相違御座いません
        /,` 、` -`,--` ,       
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |  ……しかし……ここに遺憾千万な事には その正木先生が
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__ この一個月以前に、突然、私に後事を托されたまま     
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ 永眠されたので御座います
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │  
│ニア考える         │      えっ……正木博士はもう既にこの世の人ではない……  
│  移動する       │  
│  持ち物          │  
│               │  
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●) ……しかも、その後任教授がまだ決定致しておりません それに
          |     (__人__)  適当な助教授も以前から居ないままになっておりました
             |     ` ⌒´ノ  結果、総長の命を受けまして当分の間、私がこの教室の仕事を
              |         }  兼任致しているような次第で御座います
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ  ……その中でも特に貴方を大切に、御介抱申上げるように
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、 正木先生から御委托を受けましてな……
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌─────────────────────────────┐ 
│  調べる         │  ……ここはたしかに九州帝国大学の中の精神病科の病室に違いない
│ニア考える         .│   そうして私は一個の精神病患者として、この七号室?に
│  移動する       │  収容されている人間に相違ないのか……
│  持ち物          │  
│           .     │  
│  オプション       │
└──────────┘ └─────────────────────────────┘



┌─────────────────────────────────────────┐
 ……私の頭が今朝、眼を醒した時から、どことなく変調子なように思われて来たのは、
 何かの精神病に罹っていた……否。現在も罹っている証拠なのだ。……そうだ。私はキチガイなのだ
              
                               キチガイ
                ……鳴呼。私が浅ましい狂人……。
└─────────────────────────────────────────┘

52 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 04:27:10.64 ID:jMoqTMMo
┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l
          |    (__人__) | 御動揺されるのは重々御尤もです 自分が精神病で入院している
          |    ` ⌒´ |  患者だと分かれば、平静でいることは難しいでしょうとも
           |         } 
           ヽ        }  ……しかし御心配には及びませぬ。
            ヽ、.,__ __ノ  貴方はこの病棟にいる他の患者とは  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  全く違った意味で入院しておいでになるのですから…… 
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘                                          
│ TALKING…  \ ……ボ……僕が……ほかの患者と違う……                           
│                                                       
└──────┘  └────────────────────────────┘ 




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__) 
         |     ` ⌒´ノ  ……さようで……あなたは只今申しました正木先生が
         |         }  この精神病科教室で創設されました『狂人の解放治療』
         ヽ        }  と名付くる精神病治療に関する実験の中でも最貴重な
           / 、  ヘミ|   研究材料として、御一身を提供された御方で御座いますから……
        /,` 、` -`,--` , 
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__      
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘              キチガイ                 キチガイ         
│ TALKING…  \ ……僕が……私が……狂人の解放治療の実験材料……狂人を                              
│             解放して治療する……                                          
└──────┘  └────────────────────────────┘     



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l
          |    (__人__) | さようさよう。その通りで御座います。
          |    ` ⌒´ | しかも……貴方は既に、貴方御自身の脳髄の正確な作用によって
           |         }  正木博士の新しい精神科学の実験「狂人解放治療」を
           ヽ        }  驚くべき好成績のうちに御完成になりまして
            ヽ、.,__ __ノ  当大学の名前を全世界の学界に知らしめたので御座います
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘               
│ TALKING…  \         じ、実験を完成……僕が……                   
│                                                       
└──────┘  └────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                 |  (●)(●) |  そして今 貴方は、その実験の結果として
                 |  (__人__)  |  あらわれました強烈な精神的のショックのために    
                   .|   ` ⌒´  .}  御自身の意識を全く喪失しておられましたのを
                 .|        .}  あざやかに回復なされようとしているので御座います    
                  ヽ     .  }     
           ___._,r、   Yヽ     ノトj    つまり貴方は、その解放治療場内で行われました
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、    或る「驚異すべき実験の中心的な代表者」である 
          ∧::::,ノ  Yヽ:::::::l:::::::ヽ     7ヽ~ヘヽ.、        
       /-'´「 ヽ ヽj_. l:::::::::::ト、  /〃ハ  |::ヽ::`:ヾ 、_   と同時に
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)|::::l:::::ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl:::::ヽ:::::ヽj`ヽ  当九大の名誉の守り神とも申すべきお方に
      /::'´:::::ト、  Yrイ:::::∧l::::',:::::::ヽ  Tヘ',   l::_..ノ:::::::::l::j::::', 相違ないので御座います
      ,′:::::::::.}、二ィ }::::/:::::::l::::ヽ::::: ', |、、ヘ. |::\:::::::/::}.::ヘ
      i::::::::::::::::トz'_ノ,イ:::::::::::::::|:::::::',.:::::::', l、ヽヘ |:::::::|::::::::::::::j/::l
     |:::::::::::ノ \¨7/::::::::::::::::::l:::::::ト、:::::ヾ 、ヽ ',.l:::::::lー-:://:::::|
     ゝ─'-- -r-`'::::::::::::::::::::::l:::::::',.ヽ::::ヽ ヽヽ!:::::| ̄:::::/j:::::::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘               
│ TALKING…  \ ……そ……そんな恐ろしい実験の中心に……どうして僕が……                  
│                                                       
└──────┘  └────────────────────────────┘





┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │?月?日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__) 
         |     ` ⌒´ノ  そうですな……
         |         }  ……当座の御安心のために、これだけの事は
         ヽ        }  御説明申し上ても差支えありますまい
           / 、  ヘミ|   
        /,` 、` -`,--` ,   ……貴方がこの解放治療場にお這入りになりました経過に
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |   就きましては、一朝一夕に尽されぬ深刻複雑で 
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__ 不可思議を極めた因縁が伏在しているので御座います     
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ 
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|   怪奇、悽愴を極めた犯罪事件の影が……
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘               
│ TALKING…  \  …………
│                          
└──────┘  └────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;:;; :::::::: :::::: ::::: ::::: :::: ::: :: : : :  :: :: : : :
       ;;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::: ::: :: ::: ::: ::: :: :: :: : : :     r;;"|\
       ;;;;;;;;;::;;;::::::: :::: ::: :: :: :::_,,_,,, -:''"|"'''ー : ,,,_  |:::::|`ト|
       ;;;:::;;;:::: ::::: ::: :: ._,, -'' | |;;:::::::::::::|   、    "'''ー:: ,,,|_      _,,.. -'''|\
       ::::::: :::: ::     |:::::::_ | |;;i-,::「: :|  |  「 f r    "'''ー :. ,,,_":::::::::: |  \
                 |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____::::::|':::'::::'::::| ' ; , \
         ,,, ,,,       |::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|::::::|;:::;:::;:::::| ; : : : : |
          ;;;;;;::;;;:.. .. ..... .. |::「::「:| |;;「::::「: :|  「 「 「 「   ||  | || :: :::|::::::::::::::|    _, ..|..............
          lll iii!:;: :: :: :: :::| ::::::: | |;;:::::::::::::|        __,, !!--'‐ '''''"" ゙""''''' ー'''"~: : :.: : :: : :.:
         ,,. ;:''':::::::::::.::::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ |__,,,.. --‐'''''"": : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : :
         . :  : . :  .  : ,      :   .  , : .: :  :    :   .   , : .: :   :
        __         :  .   .      ,   :  .    .      ,   :  .    .
         ;:::::::""'''''‐-- ..,,__
        ::::::::::::: ::::::::::::::::::::゙""'''''‐i-‐i     :      .        .         ,
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:: ::|
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::: :|                       、,,,__
         -- ::;;__:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::,|   ,     .      '         |:::::::::'‐-- ..,,__
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !……そもそも……その『狂人の解放治療』と申しますのは
      |    ( ●)(●)  |本年の二月に、正木先生が当大学に赴任されましてから同じく七月に
      |     (__人__)  ヽその治療場が完成致して四箇月間の実験を行われました後
       |     ` ⌒´ノ   l′今からちょうど一箇月前の十月二十日に
        |         }   ヽ,、正木先生が亡くなられますと同時に閉鎖される事になりましたものです
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――       
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ____
   / ~~~ヽ| キラーン
  /  ~~~ 人\
/   -(◎)― ̄.Y  ̄
|   ( ( (__人__))|  |  このまま治療がうまくいけば
/     ∩ノ ⊃  /  彼の記憶が回復する日もそう遠くないお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   ! しかも、その僅かの間に正木先生が行われました実験と申しますのは
      |    ( ●)(●)  | 貴方の過去の御記憶を回復させる事を中心と致したもので御座いました。
      |     (__人__)  ヽ
       |     ` ⌒´ノ   l 、そうしてその結果、正木先生はズット以前から貴方が
        |         }   ヽ,、遠からず今日の御容態に回復されるに相違ない事を
        ヽ        }  ∠_  明白に予言しておられたので御座います
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――   
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           / ̄ ̄\
         /  ノ  ヽ\
         |   (●)(●) l
         |    (__人__) | 果して貴方が、正木先生のお言葉の通りに
         |    ` ⌒´ | 過去の御記憶の全部を回復される事に相成りますれば
          |         } 結果として、貴方がかつて御関係になりました
          ヽ        }  殆んど空前とも申すべき怪奇、悽愴を極めた犯罪事件の真相をも
           ヽ、.,__ __ノ  同時に思い出されるでしょう
  _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
 /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘……空前の……空前の犯罪事件……僕が関係した……               
│ TALKING…  \ ……そ……それは……ドンナ事件……                
│                        
└──────┘  └────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__) 
         |     ` ⌒´ノ  
         |         } 
         ヽ        }    ……その事件と申しますのは、ほかでも御座いませぬ
           / 、  ヘミ|     正木先生の御研究していた『精神科学応用の犯罪』
        /,` 、` -`,--` ,   に関わる事なのです……
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ | 
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__ 
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘               
│ TALKING…  \  ……精神科学……応用の犯罪……
│                          
└──────┘  └────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l
          |    (__人__) | そもそも私が斯様なテーマに就いて研究を初めましたのは
          |    ` ⌒´ | 正木先生の唱え出された『精神科学』そのものの内容が
           |         } あまりに恐怖的な原理原則にみちみちていることを
           ヽ        }  察知致しましたからで御座います
            ヽ、.,__ __ノ 
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘             
│ TALKING…  \  …………  
│                        
└──────┘  └────────────────────────────┘




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    /\___/ヽ           /\___/\             /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\        /、-―' ゙、ー- ::\          /ノヽ       ヽ、
  . |(●),   、(●)、.:| +     | (○), 、(○)、:::|         / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|        | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +      |    ,゛-=-'、   .:::::|        |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
   \  `ニニ´  .:::::/   +    \   '´`.:::  .::::/     .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.       /`ー‐--‐‐―´´\       /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   →               →   /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
    |  \/゙(__)\,|  i |                       /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
    >   ヽ. ハ  |   ||                      /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

   ┌───┐             ┌───┐           ┌───┐
   │暗示前│             │暗示中│           │暗示後│
   └───┘             └───┘           └───┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /   _ノ  \   !たとえばその精神科学の一部門となっております『精神病理学』の中には
     |    ( ●)(●)  |暗示作用によって人間の精神状態を突然、別人のように急変化させる
     |     (__人__)  ヽ……その人間の現在の精神生活を一瞬間に打ち消して
     |     ` ⌒´ノ   l′潜在している、何代か前の祖先の性格と入れ換させ得る……
     |         }   ヽ,といったような戦慄すべき理論と実例が、数限りなく含まれておりますので……
     ヽ        }  ∠_
      ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――       
 ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   イ:::::i:::::::ハ::::::::: ヾ:::: |:::\:::ハ::::| :::::::::::::::::::::::\ 
                   |::|::::l:::!:::/ \:::::: ヾ:::|::::::::| ::i::::1::リ:::: |: i:::::::::::::ゝ
 __                |::|::::|:::l::ハ|_ ヾ ::::::| ヽィ::::j/=、|::::::|::::7: /:::i::::| ____
     \ :'´⌒ヽ         |::ハ:::V:::| イ⌒゙`\:i リ \|ノ 弋_フノ /:::/: /
      |i   " )_,,, _     l:ゝ::.\::i〃⌒゙ヽ  〃⌒゙ヾ //::) | 'ハ::::: |
 た や |i         ヽ   | ト/人7} 〃〃    〃〃´ ∠イr 'ちノ::::: |  で 私 
 え っ  |i      / ・ i     イ:リ::::|    '、        |:::::rイ:::::::: |  き に
 ち た  |i          t    / i:::::ハ    r‐--ー、     /ハi!:::::::::::::::: |  た も
 ゃ ね  |i         〃 ●   ハ::::::: \   .イ_ _,,ツ  イ/'/:::::::::::::. <  よ
 ん    |i   r一 ヽ      )  /i::ハi::::i:::::>,, ___ _,, ´ /,,ハ/|/:::ii:::::::: |  !!
 !    |i   |   i   ∀"    "  ̄ ̄     ト、  //ヽ  ̄" ̄  |
        |i   |    i   ノi            ノ:r j       :ア` …‐: |
       |i ニ|   |二二◎        __,..'| /        /   :::: |
       |i  i    i   ヽ      __,,:'´   t/       /    :: |
       li           }    ,_:'´     {    ,,___ /     ,,/i \____
       |i           |  /j\    _:ヘ:ニヽ,,,/_,,    , /:::j      j
  __ /          / ⌒`)⌒) i:::::ヽ::`r‐'___ `   ヽ ,,:_,,_,,/:::::ノ"ノシ    〃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !……しかもその理論と申しますのは飽く迄も科学的に的確
      |    ( ●)(●)  |深刻なものがありますにも拘わらず、その作用の説明とか
      |     (__人__)  ヽ実行の方法とかいうものは極めて平々凡々な……説明の仕様によっては
       |     ` ⌒´ノ   l′女子供にでも面白可笑しく首肯出来る程度のものであります
        |         }   ヽ,考えようによりましてはこれ程の危険な研究、実験はないので御座います
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――       
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__) ……万一、この研究の内容が洩れましたならば
         |     ` ⌒´ノ  どのような事変が発生するでしょう
         |         } 
         ヽ        }   一瞬に人間を発狂させる事が出来る
           / 、  ヘミ|    同時にその人間を発狂させた犯人に対する記憶も奪ってしまえ得る
        /,` 、` -`,--` ,  そのような時代が来たとしましたならば、どうなってしまうでしょうか
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ | 
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__ 
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘それは……もしそんな事が実現したら恐ろしい話ですね         
│ TALKING…  \  
│                          
└──────┘  └────────────────────────────┘



65 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 04:31:33.41 ID:zH1c6soo

人がいなくて寂しいから④
しかし、こんな時間に・・・





┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
        /  ノ  ヽ\
        |   (●)(●) l  さよう、それ故万一の場合を予想しまして、この種の犯罪の予防方法と
        |    (__人__) |  犯罪の検出探索方法とを、出来る限り周到に研究しておかねばならぬ
        |    ` ⌒´ |  ……と考えましたので、以前から正木先生の御指導の下に
         |         }  『精神科学応用の犯罪と、その証跡』と題しまするテーマを
         ヽ        }   あらゆる方面からの調査し進めていたところで御座います
          ヽ、.,____ノ 
 _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  ……ところが……
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────┐
│           ─┘             
│ TALKING…  \  なにか問題でも起こったのですか?  
│                        
└──────┘  └────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i     ……実はですね いつ如何なる方法で
     |  (●)(●)./  リ     盗み出したものか、その精神科学の理論をいとも鮮やかに
    . |  (__人__)..|  /     実地に応用致しました、一つの不可思議な犯罪事件が
      |   ` ⌒´ リ  ヒ      当大学から遠からぬ処で、突然に発生したので御座います。
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ 
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|  
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │  
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────────┐
│           ─┘             
│ TALKING…  \ ……エッ……エッ……そ それが例の恐ろしい事件……
│                        
└──────┘ └────────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.                |    .|
.                |    .|
.                └┬─┬┘__
                  .|     ( |
                  .|     ( |
                  .|     ( |
                  .|     ( |
                  .|     ( |
                  .|     ( |
                  ゛-゚-''..*.,。,iii|
                  =コ辷冖''''~~
            ,,,....     ;;;;;;,,"""
               (;;;;  )゚  。ソ;;;;;   ;;;;;""
                   "" 。 (;;;;;;;;;; )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   ! 或る富裕な一家の血統に属する数名の男女を、お互いに殺し合わせ
      |    ( ●)(●)  |  又は発狂させ合ってしまったという、残忍冷血この上もない兇行事件…
      |     (__人__)  ヽ
       |     ` ⌒´ノ   l
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_ 
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――   
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::              :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,
                  'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::            .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,:
                -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::            ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-
               ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ'''


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !その富裕な一家の最後の血統に属する一人のおとなしい
      |    ( ●)(●)  | 頭脳の明晰な青年の身の上に起った事件で御座います
      |     (__人__)  ヽ
       |     ` ⌒´ノ   l
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――   
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 /::::::::::::::::ヽ::::::ヽ `/)乙二ス、         ヾ>、   ‐_,.ィ"l´          
               /:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::;/ ーンノハヾ,!}     r ̄`ヽ\.´....,!/ |`ヽ          
              /::::::::::::::::::::::::::::::/^i´    /(_, イヽ   /  ..... :`ヽ、\,/ / .ヽ         
           .   i:::::::::::::::::::(⌒/:::::::::::l,r‐ァ''";!/:i,  |:::::::゙! /     ..:..  \../  . : ,|         
              !:::::::::::::;:、-'":::::::::::::::::::|::/::::;:':{;::::i, |:::::::::} !     .. :..   \ |  |         
              }::::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::|'::::;:':__:i;::::::i, l;:::::::: : :. i   .. :..   ヽ|  |          
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:':::|ll|::l;:::::ヽ.',:::::;!    ヽ _,,..、..、-‐ 'i  ゝ,         
              ,!:::::::::(⌒)::::::::::::::::::::::::::|::::::|ll|,r;|:::::::::'J:/     ゙i      ..ノ .: )         
           .   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|ll|/::|:::::::::::iノ    ``ヽ、  __,,. r=ニ=ュ __         
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,./'ii'彡|::::::::::::゙!     r=''.,,´__::::::(   )::::`_,''=ォ     
                                       └- 、.,,__`''''ー:--:‐''''´ _,. -┘     
                                     ヽ.     |::::::::_`::''''┬t‐‐'_"::::|       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !……その青年は、滅びかかっている自分の一家の血統を
      |    ( ●)(●)  |繋ぎ止めるべく、自分を恋い慕っている美しい従妹と結婚式を
      |     (__人__)  ヽ挙げる事になる……はずでしたが
       |     ` ⌒´ノ   l
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――   
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
                        /      `、ェェェェ,,´      \
                        ,|              _    l、 
                        l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l  
                        ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !その前の晩の夜半過ぎに、その青年が思いもかけぬ夢中遊行を起しまして
      |    ( ●)(●)  |その少女を絞殺してしまいました
      |     (__人__)  ヽ
       |     ` ⌒´ノ   l
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――   
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ___          ,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                            /     \        .,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                           /::::::::::::::::    \      ..::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;
                         /::::::::::::::::       \     ;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        |::::::::::::::::::::::::         |        .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                         \::::::::::::::::        /            .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                          | :::::::::::::::    | i ┃               .,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;;
                          |  :::::::::::::    ゝ__⌒)カキカキ     ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
                          |  ::::::::::     /         .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;;;;;;;;;;;
                         (__(__   ヽ        .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;
                         /  ,_/  ___ノ       ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                         `ー'  `ー'             .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !そうしてその少女の屍体を眼の前に横たえながら
      |    ( ●)(●)  |冷静な態度で紙を拡げて写生をしていた……という
      |     (__人__)  ヽ非常に特異な、不可思議な事実が曝露されまして
       |     ` ⌒´ノ   l大評判になってからの事で御座います
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――   
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ,/;:;:;:;:;:;:;:\           ,;;;-~―ー― ツ
                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\       ,,~^´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                  ,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_,,>イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                  ,|;:;:;:;:;:/´ ̄\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                 /;:;:;:;:;:{     ゝ;:;:;:;:;:/イ´ ̄   ̄|;:;:;:;:;:;:;:;:/
                 |;:;:;:;:;:;:い     };:;:;:;:/       };:;:;:;:;:;:;:/
                 |;:;:;:;:;:;:λ    ノ;:;:;:;:{      ノ;:;:;:;:;:;:;:/
                 |;:;:;:;:|\;:;:\__/;:;:;:;:;:{__,,,;;;;イ;:;:;:;:;:;:;:;:/
      へ        |\|;:;:;:;:.{  .∨|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,,/""ノ;:;:;:./
    /;:;:;:;:\      |;:;:;:;:;:;:;:;:]    \( ̄^~ー∨\ノ   /;:;:;:;:/
   /;:;:;:;:;:;:;:/      \;:;:;:;:;:;:\へ∧       ヘ∧  /;:;:;:;:/ _
  /;:;:;:;:;:;:;:/        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ーー---イ´;:`;:;:`"´;:;:;:;: ̄/
  |;:;:;:;:;:;:/     /\/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
  |.;:;:;:;:/    /;;;:;:;:;:;:>;:;:;:;:/|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:./
  |;:;:;:/   /;:;:;:;:;:/;:;:;:/  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
  \;:\/;:;:;:,/´ ,/\    |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /   _ノ  \   !……が同時に、その青年の属する一家の血統をそんなにまで悲惨な状態に
      |    ( ●)(●)  | 陥れてしまったのが、何の目的であったかという事実と
      |     (__人__)  ヽその犯人が何者であるかという、この二つの根本問題だけは
       |     ` ⌒´ノ   l今日までも依然として不明のままになっているという……
        |         }   ヽ,
        ヽ        }  ∠_
       ヽ、.,__ __ノ     ^ー―――――――――――――――――――――――――――――  
-― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i  ……で……そのような次第で御座いますからして事件探究の方法は
     |  (●)(●)./  リ  唯一つ……すなわち、その事件の中心人物となって
    . |  (__人__)..|  /   生き残っておいでになる貴方御自身の記憶にあるのです   
      |   ` ⌒´ リ  ヒ     
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l   貴方に犯人とその動機を明らかにして頂く……
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ これよりほかに方法は無い事に相成りました
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|  それほど左様に神変自在な手段をもって、事件の犯人たる怪魔人は
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │  踪跡を晦ましているので御座います。
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────┐ ┌────────────────────────────────┐
│           ─┘
│ TALKING…  \ ぼ 僕がその事件の生き残り……中心人物……
│                        
└──────┘ └────────────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄\
          /  ノ  ヽ\
          |   (●)(●) l  事件が解決するか否かは、貴方の御記憶にかかっております
          |    (__人__) |  
          |    ` ⌒´ |  ……また万一この事件の真相が判明致すことに相成りますれば
           |         }  その結果として実に、二重、三重の深長な意味を持つ研究発表が
           ヽ        }   現代の科学界と、一般社会との双方に投げかけられまして
            ヽ、.,__ __ノ  世界的のセンセーションを捲き起すことに相成りましょう……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、 
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │  
│ニア考える         │    ……なんだかややこしい事態になってきたな……  
│  移動する       │  
│  持ち物          │  
│               │  
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘



┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分はどうやら九州大学の精神病棟に入院中の精神病患者である

正木博士(故人)という大先生に彼独自の大変画期的な理論に基づく、特別の治療を治療場にて受けていた
いまは若林教授がその研究の完成を引き継いでいる

どうやらその研究の詳細を以前に何者かが入手、悪用し凄惨な事件が起こっていた

自分はその事件の当事者であり、事件の解決は自分の記憶が戻るかどうかにかかっている


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────┐ 
│  調べる         │  
│ニア考える         │    まとめると こんなところだろうか
│  移動する       │  
│  持ち物          │  
│               │  
│  オプション       │
└──────────┘ └──────────────────────────┘




┌────┐                                            ┌────┐
│第七号室│                                            │11月20日│
└────┘                                            └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ─)(─)
         |     (__人__)  ゴホッ ゴホッ
         |     ` ⌒´ノ  
         |         }   ゲホッ   ゲホッ
         ヽ        }  
           / 、  ヘミ|   
        /,` 、` -`,--` , 
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ | 
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__ 
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────┐ ┌──────────────────────────────┐ 
│  調べる         │  博士の横顔を眺めながら、私は煙に捲かれたように茫然となっていた
│ニア考える         │   今朝から私の周囲に起って来る出来事が、何一つとして私に
│  移動する       │   新らしい不安と驚きとを与えないものは無い……しかも
│  持ち物          │   それに対する若林博士の説明が又、みるみる大袈裟に超自然的に
│               │   拡大して行くばかりで、とても事実とは思えない……私の身の上に
│  オプション       │   関係した事ばかりのように聞えながら、実際は私と全く無関係な
└──────────┘   夢物語みたような感じに変って行くように感じつつ……
                   └──────────────────────────────┘




                                                               つづく



78 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 04:41:33.80 ID:jMoqTMMo

>>41 青空文庫にもありますよ ちょっと読みにくいですが

こんな感じでやっていこうかと思います
次回は来週の土曜日(時間未定)を予定しております

ありがとうございました



79 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 13:08:32.98 ID:kp.OQwco

ドグラマグラ遂に始めたのか!
楽しみにしてたぞ
とりあえずここまで乙!



80 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/26(木) 23:35:01.73 ID:a/xAoTEo

>>1乙!

ドグラマグラ、待ってたよ!
次回も楽しみにしてるわ!



81 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/27(金) 00:37:43.66 ID:b.HvvFEo

まさか本当に始めるとは。これは期待だわ。乙です!



82 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/27(金) 00:46:10.12 ID:Cu5UJqoo

短編所で夢野久作書いてた人か、期待



83 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/27(金) 01:52:01.65 ID:Gky4rK6o

>>1乙! まさかこんなに早く来るとは思わなかったよww
こう、読んでて寒気がするな。
淡々としてるのが頭の中に焼きつくわ……期待





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 20:00 |コメント(13)
カテゴリー:やる夫系AA紙芝居 ドグラ・マグラ(最終回保管済)

|

<< やる夫の関が原戦線異状アリ <大乱戦 ~富田信高~> | HOME | やる夫で学ぶギターの買い方 >>

■御感想or寝言

1822 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/02/27(金) 21:29:14 ID:-

奇書ドグラマグラか
作者が狂わなければいいが


1860 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/02/28(土) 08:34:31 ID:-

ドグラ・マグラついに来た!!
気になる作品だけど読みにくくて敬遠してたんだよな。
Up主大変だろうけど頑張ってください。
ところでコマンドの→がニアとなってるのはどうして?


1861 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/02/28(土) 08:40:25 ID:-

ゲームでコマンドの→を指で表してるのとかあるけど それを模してるんじゃないかな


1879 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/02/28(土) 21:47:56 ID:-

♯1861さん、ご指摘ありがとうございます。そう言われるとニアが指先マークに見えてきました、不思議!


1883 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/01(日) 00:39:19 ID:-

ゲーム風にされて原作のイメージ台無しだわ。


1900 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/01(日) 12:41:10 ID:-

むしろゲーム風は正解だと思う。AAでやる夫キャラを普通に使って表現しようとすると、どうしても先が読める場面がでる。未読の人にも配慮されてて上手いと思うよ。


1932 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/02(月) 12:57:29 ID:-

ドグラ・マグラは半分くらい読んだところで挫折したんだよなー
AAで読めるのはありがたいぜ


3657 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/31(火) 02:04:05 ID:-

ドグラマグラは読みづらい文章だもんな
やる夫でやるって大変じゃないか?
ある程度はしょった方が良いと思う


4307 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/05(日) 13:36:58 ID:-

みるみるSAN値の減ってく作品だからな


4943 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/10(金) 16:30:33 ID:-

黒死館と供物も読んでみるかなあ・・・


9057 名前:  [] 投稿日:2009/05/18(月) 00:18:53 ID:-

ドグラマグラは前々から読みたかったからアリがたい


しかしこの作品が戦前に出たものとは思えないなぁ


19035 名前:猫好きな名無しさん [] 投稿日:2009/10/09(金) 14:03:24 ID:-

20の頃読んだなぁ全部
コレに限らずこの人の作品読むとメンヘラの心理状態をすごく理解できるわ。


39680 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/09/18(火) 03:17:07 ID:-

ドグマグは俺の青春


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ