やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2012/12/18(火) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ その5




793 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:00:28 ID:ljoWSiG. [2/39]

あとがき、その5を投下いたします。




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←年末年始も代理AA
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |







今回は、第6話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

794 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:00:53 ID:ljoWSiG. [3/39]








                   ┌───────────┐
                   │11 ・ 第6話 「破断」  │
                   └───────────┘









.

795 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:01:22 ID:ljoWSiG. [4/39]

様々な人物達が動き、錯綜しあった果てに、一つの悲劇へと収束する。

                                         
                                         
             / ̄ ̄\                      
            / ノ     ヽ                     
            |  (●)(●) |                     
            |  (__人__) |                     
            |   ` ⌒´   |       
            ヽ        }                     
          __,, -ヽ     ノ -、                   
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                 
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                 
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                 
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                
                                               
                                               
                        } ! 、   .>''"´::::::::::::::::::: ̄`゙'::<  |_jヽ.
                       [|  >::'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.!_{:::::',
                        ,ハ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::∨\!
                       く_/ `>:::::_:!_:/!::::::i:::::ハ::::::::::i`:::::::::::::::::',  \
                        ;' /::::/:´/!:::/ |::::::!:::ト,斗-;<!:::i::::::ノ::::::::i     ',
                        i/:::::::::i::::/ ,!ィ-‐、\|ヽ.!' !  ハ`Y!/レ'::::::!,    i
                        |::::::::::;!::::|7´ i  !      |  j ノ|こ]::|ヽ;:::八 _,イ]
                        !::::::::ハ::八 ,!_,ノ     ´ ̄   |_|/ノ::/::::::`iく/
                        `ヽ/ 「,ハ       '       ハ::::|´;:イ:::::::i::::|
                        rイ ./|__,|、            ./::::::ハ::::::|:::::::|::::|
                        Y^ヽ、,!::::::i>.,、    ̄    /::::::/::::i::/|:::::::ハ:::!
                         `ヽ./:|::::::|:::::::/`>ノ`i、__  イ;'::::::;'`ヾ|:::::|::::/:::i::|.
                         ./:::ハ:::::|::::/|:::/ /"´ソ._/|::::::i  /ヽ、!/:::::::り/>

796 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:01:46 ID:ljoWSiG. [5/39]

 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V     
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤


             .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                   /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                  ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                  i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                  |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                  |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                  |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
                  lハ:ハ   i         〃_才:リ
                  ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
             .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
             .           ヽ    /     . '   \
                       i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                    , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
                   /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、


映画で言うならば、ラスト20~30分あたりの見せ場。
それを意識して作ったお話が、この第6話でした。

797 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:02:17 ID:ljoWSiG. [6/39]

もっとも、実際は最終話がこれ以上にとんでもなく長くなったせいで、
いささか全体のバランスを欠いたきらいがあるのですが。


     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ
   .ノ| U   (___人_\\__
 /  |     `⌒(⌒_   \     ほんと、あそこまで長くなるなんて……。
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /




これに関してのあれやこれやは、次回に回すとしまして。

798 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:02:44 ID:ljoWSiG. [7/39]

この話でやりたかったのは、それまでに書いてきたものとまた異なった
コンセプトを持つ『死』です。


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|    
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、








                 /`ヽ     __,..--ーー--,,,,..___
              ,_  /: : : : `ヽ、/´,_,ー‐'"´ ̄::::::::::::::::::`ヽ
           ___ ノ,  `' リ: : : : : : : ヽ<、,,,;‐‐´゙゙ ̄ ̄,`ン/::::::::
   ,ーー――‐ーr ヽヘ            /::::_ _,::::イ::::::::::::::::::::::
  '          `.j           /:::::/v,-ー、ソ〃/::::::::::::::::
  ′          l          // ヽ:セヽ,ヽ/::/:::::::::::::::::::
  i                         ヽ7//::/::::::::::::::::::::::::::
  l  ヽ       i´ヽ               //:レ:::::::::::::::::::::::::::
   l  ヽ       ヽ;:ヽ             イノ:ノ::::::::::::::::::::::::::::
   j   ヽ       ヽ;:ヽ          ,/,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /    ヽ        ヽ;:ヽ       ,/,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/      ゙、        ヽ丶    /::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ヽ        \\-'" ̄ノ,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


具体的には、「幾つもの過程を経て、複数を殺す『死』」。

799 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:03:21 ID:ljoWSiG. [8/39]

第5話のように、色々な要素をドミノ倒しのように繋げていきつつ、
その過程で多くの人間が巻き込まれ、動くことになる。


      l    | l       /|      |    /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /l|   ./:::::::/  .|:::::|\   〉::::〉
      ||_..=| |==≠=リ- ._/ |  /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、〈::::::::{   |:::::|\::::::\{
      | |  / |___ /  /  /   .|  \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|    \::::::\l:::::| | `ーく
    ./ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴     \::::::\|  l   \\
   / |/    弋  丿  `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ
  l  .|/   _   ̄ r‐、 イⅥ /       /'  |:::::|          |:l
\|     ´ ̄ ̄`ー ~Tl  ///      /   |:::::|      ヽ   |:|
                 ̄|;;| .///      /   |:::::|       ヽ   |::|
                  |;;|///      /    | |:::::|       \ |:::|
  、               |;;/ /     /     | |:::::|、         |::::|
                   / /    _/      ,| |:::::| \       |:::::〉
                    |::/  //      ./| |:::::|  \      |/ \
              /  //./      ./ / |:::::|    \     ノ〉  \/::
- ー 、        / _ ´ / /      / / | |::::::〉     \ //  /:::∠
 ̄ ̄|;;|       / ´  / /       / / /| |/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒  |;;|          /   /      / / / | |  /::/  // /::::::::::/ ̄_
   |;;|           イ    /        / / / ' |_/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
   |;;|      イ  |   /       / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
   |;;|   <  l   |  /       / / / /::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



その結果、犠牲者は一人にとどまらず、多くが『死』によってやられてしまう。

800 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:03:47 ID:ljoWSiG. [9/39]

繰り返しになりますが、この『死』は本編FDにおける、クライマックスの
『死』のギミックを意識しました。




              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ー)(ー)
            .|     (__人__)
            /     ` ⌒´ノ
          /  ヽ ⊂二二 ̄\     2や4の終盤にあるような盛り上がりを、出したいものだ。
        /     \  ⊂、'    ヽ
       /        \_, `7  /
      /    へ     \ !/  /
      |      \    Υ  /
      |        \     /\
      |        / \__/.,,_r ヽ、
      /      _,,__|'"´      レi  }



アクセスカウンター
デリヘルテレクラナビテレクラ副業包茎手術



801 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:04:11 ID:ljoWSiG. [10/39]

ちなみに、全体の中で最もAA切り張りを繰り返した話でもあります。


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(●)ヽ    |
    l  lヽ      )> lllllll   /    AA職人って、今更ながらに凄いよなぁ……。
   /    ヽ\   `(__,(●) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \





特に後半、なかなか自分の持つイメージ映像にAAを近づける事が出来ず、
どうやったものかと悩むこともしばしばでした。

802 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:05:05 ID:ljoWSiG. [11/39]









                 ┌──――────┐
                 │ ・ 夜神月   ...... │
                 └────――──┘









.

803 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:05:32 ID:ljoWSiG. [12/39]

第5話にて、犠牲者候補をまぬがれた月。


          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´       
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


やる夫のように予知能力は持っていないものの、元来の頭の良さで自分たちの
状況を徐々に察していきます。

804 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:05:57 ID:ljoWSiG. [13/39]

第6話の前半で、彼がもし、やる夫について行っていたら。
一緒に、ベアトリーチェの屋敷へと出向いてたら。

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′   
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l     
:.:トヽ  \       /     
N|`ヽ   ヽ、    , '´         
``'''‐- ..,_   iT"´          
、_    ``''‐N、         
 `ヽ、      i         
、   `ヽ、   |          
、`ヽ、   \  |         
 \ \   ヽ.|ヽ        
   ヽ ヽ   |  \      




             
                . \ : : : : . .(     j     )      /
                   \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /       
                  /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                  : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                  : : : : . : : . : : .                \



この先の展開は、かなり違うものとなっていたでしょう。

805 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:06:20 ID:ljoWSiG. [14/39]

ですが、結果は本編の通り。



           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___
           ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_
           ::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
           :::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
           i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::
           ::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::
            ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::
              |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::
              |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::
               i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::
               |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::
                !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
                     i 、           ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''           /

           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___
           ―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
           __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_



月は自身の判断、そして水銀燈への想いなどから、彼女を
外へと連れだしていきます。

806 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:06:48 ID:ljoWSiG. [15/39]


この辺りの下りは、月の心情がきちんと理解可能なものであるかどうか。
彼の行動が「単なる迂闊な事」で片付けられずに済むか。何度も書き直して
いた記憶があります。




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)    家の中にいることがもはや安全ではない、ということも
    |     ` ⌒´ノ    もうちょっとクローズアップすべきだったかなぁ……。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

807 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:07:18 ID:ljoWSiG. [16/39]

やる夫たちの行動に諸手をあげて賛同するわけではなく、
しかし単なる考えなしというわけでは決してない。



     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |          
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_



そんな奴を、いかにして『死』へと巻き込んでいくか?
第6話を貫く、大きな課題でした。

808 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:07:45 ID:ljoWSiG. [17/39]

第5話あとがきでも書いたとおり、あまりにも突飛な、現実離れした『死』
は、物語を壊しかねません。


                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `      
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、     
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/


頭の回転が速く、注意深くもある月の、あくまで一歩上を行くように『死』
をコントロールすることが必要でした。

809 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:08:19 ID:ljoWSiG. [18/39]

予測をあえて正解させ、フェイントをかけたり。
逃げ場のない状況を作ったり。

        グラッ
          ┌──────────┐
          │   ;, .___. ,;    ......│
          │((  `|------|´ ))  ....│
          │((  [:::00-04] ))   .│
          └──────────┘




        \   \
         \   \
                \
                 \ ゝ !
              ,',∴ \J:;;ヽノ
           ____)r ⌒,て  カンッ
                     \
                      \ \
                          \
                                !
                              \J:;;ヽ
                          ___)r ⌒,( ガン

                                    \
                                          \J:;;ノ
                                     _)r__ l⌒\ カラ、ラン


きちんと逃げ場を潰しておかなければ、すぐさま『死』から逃れて
しまうだろうと思い、ネタをいろいろとばらまいておりました。

810 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:08:57 ID:ljoWSiG. [19/39]

そして。


                                                    /   .′
                                                   /    /
                                                  ┌─────────┐
              /  ,i′                                 │            ....│
               /  ./                          __   _.│   /⌒ ヽ.. |    .│
              ノ, 、'"                            \:::::::\ \::::\__|  ∴  |─|   .│
             /./                        ,,..、 ヽ::::ノ   ヽ:::ノ__|  ∵  | 〕  .....
         ,r.゙‐'゙,i                   ,,... -‐ ''"::::::::::\  ´     ´│  ゞゝ___ノ ̄     .
            ン.'i "              ,,... -‐ ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /    .└─────────
          / /          ,,.. -‐ ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     │        /
       ,.!-‐゙,i'     ,,... ''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,..''"\:::::::::::::::::::::::\     /       ,/
      ./ ,, 、."      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,.. ''"     \::::::::::::::::::::::::\   .l゙     . /
     /'" ./         ヽ:::::::::::::::::::::::::,,... -‐ ''"             \::::::::::::::::::::::::\ /    ./
    ./ _/-          ヽ,,...-‐ ''"                       \:::::::::::::::::::::::ヽ . /
    r'"゛  l                        ,/゛  /      !   ./ \::::::::::::::::::::∨\ /\
                            ,..ニ,    ./      i′  !、/:::::::::::::::::::∧::::八::::ノ
                         .'゛  . l   .l゙      /   /::::::::::::::::::::::/  ¨  ¨  /l
                             │  .!      /  /:::::::::::::::::::::::::/        /::|
 .、゛゛ .,, ‐.''':           ,..-'´ ./      ./  ./     ./ /::::::::::::::::::::::::::::/      ∠:::::ノ
 l゙ /  ./         _..;;./    /       !   !     .//::::::::::::::::::::::::::::::::/
. `,i`   ./ ヽ _   ,... ‐'゙/ │  ./       !   .l   . /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
..,″  ,./  ,r'" . l .゛   ./    .l   /      /     .`''_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
..′,/  ./    |   ./     /   l゙      /    _..-/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.i`゛  ./     ′ /     /   .|     ./  ._ /  `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                   \:::::::::::::::::::::::::::::/
                                    \::::::::::::::::::::/
                                      \:::::::::::/
                                        \::/

やる夫達の奮闘や月の犠牲もむなしく、『死』は水銀燈に襲いかかります。

811 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:09:16 ID:ljoWSiG. [20/39]

やる夫の叫びで、幕となり。


  _| |_      _      _      _      _      _      _
  |_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_
 _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|
 /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \
/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /
\___/ / /     ̄       ̄
        ̄

  _| |_      _      _      _      _      _      _
  |_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_
 _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|
 /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \
/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /
\___/ / /     ̄       ̄  !i         i| ,' __ g㌢ ̄`守。__',  !i
    !i  l  ̄  {iii{<(_ _)>}iii}    ;:!  i:!        !i l    {iii{<(_ _)>}iii}       i:!
    !! l  ̄ ̄ ⅥiマニフiⅣ ̄ ̄'ノ   !!        !!. l  ̄ ̄ ⅥiマニフiⅣ ̄ ̄'  !!
     !!..∨/  `定主亥〈\  ,'    !!         !! ∨/  `定主亥〈\  ,'    !!
  _| |_      _      _      _      _      _      _ヽ:| ” i;
  |_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_  :i
 _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|  i
 /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \ :i
/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / :i
\___/ / /     ̄       ̄      /ヽ           /          /
        ̄         ヽ、        /  ヽ、       /          /
                   "iーーーー''"        "'ーーー''i"           /
.                   |                 .|

812 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:09:53 ID:ljoWSiG. [21/39]

./    .,-ジ./  ,/ン'゙ !./   / .//ニ'''¬―ニ二,゙¬ー- ..,,,_. ..´゙"'ーニニ;;ー ..,,_..l,ヽ    ヽ     ヽヽ ヽ
    ,,-ン_| |_      _      _      _      _      _      _  ヽ      l ヽ
  /r'ン|_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_.ヽ      l ヽ
., ''ン/ _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|  ヽ      l
.,/./  .//       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  ヽ     l
″ // ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /  l     l
. / /\___/ / /     ̄                                        l
" /.t   .l   .l   ! l    ! / l゙   .ヽ `" .!  .l  | l ! .l ./,゙l |  ! ,!   "___".′,人.L     l
./   l    l   .l .i' l゙   ,! / l .ヽ   ヽ, .゙く  l  l l l ゝ彡1 .彡ニ-ー''''"´   /./.l .l     l
 l   .l    !   .l l゙ !   / ,! l゙  .ヽ    ヽ. \ .,|,,...ニ―ー‐'''^“         ,/ / ,/ l ′    l
 .ゝ  l. _| |_      _      _      _      _      _      _        l
  l   .l|_  _|    _| |_   _| |_  _| |_   _| |_   _| |_   _| |_      l
 、 l  _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   |_ _|  |_ _|   i    l
i, l l,  /       \ /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  /。 o \  l.:    l
..l. l l/ ⊂l l7 /\ | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ / | \_/ /  \_/ /  |,.l     l
 .l .l \___/ / /                                          ´ l'i    l
  ゙L l l.  .ヽ   ̄                                           ゙゙゙" .l.'.    l
、  l .l, ヽ  .ヽ   ヽ   .ヽ       . `゙゙''''―- ..___,⌒゙'''''―-- ......,,__,                  !'、    l
. l  ...l.                                                -.... .___|.、    l
 ヽ  .ヽ ヽ ヽ   ヽ   ヽ    .ヽ._ `゙''''ー- ..,,,_,                 ゙゙̄^''''''―-- ...__    !
、  l  ヽ .ヽ ヽ   .ヽ  ヽ    ヽ ´゙''''ー- ..,,,_.  ̄''''―- ....,,,,_                     ´" !
    (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒) (⌒)  (⌒)
     |  |  |  .|  |  |  |  .|  |  |  |  .|  |  |  |  .|  |  |  |  .|
    .|  |  .|  |  .|  |  .|  |  .|  |  .|  | .|  |  .|  |  .|  |  .|  |
    .| .|   | .|  .| .|   | .|  .| .|   | .|  .| .|   | .|  .| .|   | .|
    .| |   .| |  .| |   .| |  .| |   .| |  .| |   .| |  .| |   .| |
    ..| |   .| |   | |   .| |   | |   .| |   | |   .| |   | |   .| |
    ..∨   ∨   ∨   ∨   ∨   ∨  ∨   ∨   ∨   ∨
    ..○   ○   ○   ○   ○   ○  ○   ○   ○   ○

予想も付かない、長い長い最終話制作が始まるのでした。

813 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:10:49 ID:ljoWSiG. [22/39]





                   ┌─────┐
                   │小ネタ  .....│
                   └─────┘







 ここからは、不定期的にちらほらと見え隠れてしていたネタなどをちまちまと。
.

814 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:11:15 ID:ljoWSiG. [23/39]

第6話の前半。


                  r‐へ‐7
          , -─-─‐- 、/ //゙ーヘ__
        / /二三二ニニ〈_-‐/─-、 /
       / //        、\'´  `iゝ
      / //´/´ ノ  ;i  i ヽ ヽ`ヽ、_ \
      / /_/_/ニイ  /│l∧ | 、 ! }ヽ  ̄
   _/' / // /li|l‐/-/ ,/ ノ‐ノ、 l |/
  ´〃 // // /イ| 示テ ̄ ィマ>ノ ノ 〉l|
  ,,/-// //,イ/| | 込'j   込ソイ// | |ヽ
   〈/l/ノ∧| 、!∧     '   ///l、ノ | }
       `ヽ/Vヾ|ソ、‐-´-ニ ∠⊥ノ ノ、
       , r‐''|` ヽ  ´ノ |  / _〉 \
       l、 |  |_ ‐巾‐-、| // |\ \
       |ヽ<´/  /゙l、 \ `>/ /  \ ヽ
       !  |〉、 /|、!|ヽ_/ /  /    \ \
       |、 |( 〉`|o |_⊥/ ./   〉        ヽ ヽ
       | l |   |   / /   /           } l





          /...::: ..:::     .:: ,ィ:.  :::.. :..  ::.  ::.  :.  ::.. ::..` ‐ 、.__,
         /..::/:::::: ..::: ..:: .:::::/ l:::. :.:::::::::l';::.. :::.... :::.. ::...:. ::::::::',ヽ',
        /::;イ:/:::...::::: .::: ..:;イ/  li ';. ::::::ト::::l ヽ::::',:::::::::::.....::::::::::::::ト、',
        /:/ /イ::/::::::: .::::: .::/ l   l ';::::::::l ヽ', \',ヽ:::::::::::::::::::::::::l ',
        l/ / l/l::::::::::::::::::;イー- 、 ', ヽ:::::', \, -ヽーヽ:::::::::::ト:::::::l ̄` ‐、
          l  ,' l l::l::::::::;イ::/r弋.( .プヽ、 ヽ:::','´7弋プ 7\:::::::l ';!ヽ!
         i  l:l ';::/ ';:l l  ヽー '     \ ` ‐- '´  ト::l';:lノ i l
            l  i:lヽ l l   il    i::::::..  \       l  /
            l/ l ` ‐-l   ll    ヽ      ヽ、   l-'´
          /      l  ll              ノ
        /        l  ll    ´  ̄ ヽ    /
       /          l-ーllヽ、,.へ      //
      /           l__, -' ヽ  l── ' ´ //
     /           イ '´    l  l     //




やらない夫たちの口から語られるキャラクター達は、
いずれも登場機会が没となった者たちです。

815 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:11:50 ID:ljoWSiG. [24/39]

中でも、清麿は結構キャスティング候補で迷いましたが。


       ゝ、 _ ____
         >:::::::::::::`‐-、/ノノ_
       _-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
  ‐=ニニニ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::://::i:::i :: :::::::l ̄l::::::::::::::::::::::ヾ、
    ノノ:::://::::lil.l::/i:l:川  |川l:::::::i::::::::::ヽ、
  __///:::i:l::L_/i!i:|/l_,-‐;ニ二,ノl:|:l::lレ‐、:::iヾ
    〃ノノ:l,ィr‐;、 i!'´/ {‐゙::::}``リl:|'´^i i:ト、
     ノルl!l {;ソ:l.   `''゙ー‐''´  lノr/ノリ
        川  〈          r、/l|       当時は、今よりもかなり
         {   、_____,,    /  レ'リ       AA数が少なかったしな……。
         ヽ、        /  __ス _
          `ヽ 、   _ ´ _ -'´   ヽ_
             ` ´〉‐'´   , -‐ ´  `ヽ
              /   __, - '         `ヽ
             __レ '´                ヽ、
          _ -‐'´                    i
       r‐'´                         l
       /    `il                        l
        /      l  l                   l
     /       ヽ, l                       l


AAの差により、月に軍配が上がったという経緯があります。

816 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:12:19 ID:ljoWSiG. [25/39]

長い間続けている間にAAの数がぐっと増え、今なら状況も
ちょっとは代わるのに!と思ったことも、一度ならずありました。



_/         `/  /::::::::::::::/::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/¨゛゛`}::::::::::::::::::::::::::::::::: )  ジ  /  )  オ    \
\  バ  ブ   }   /:::::::::::/:::::::::ハ::::::::::::::/::::/    /::::ノ:::::::::::::::::::::::::::: ヽ  ャ {   {.  ン   /
  }         ヽ. /::::::::/::::::::::/  }::::::::/::::/       /:::/:::::::::::::::::}::::::::::::  ). ン  }   }  カ   ヽ
 ノ  ビ  ビ   /:::::://::::::::/   /:::/::::/   ,,;:´:::::::/:::ハ:::ト、:::::::::}::::::::::  /   ボ  ` ^゛   ラ   /
 {         ( ::/ /::::/    // {/ ,イ::::::::::::://  }::|. i:::::::x‐-、  {.   ゥ       キ   (
∠.  デ   デ  (     //ミfx_´    _斗匕:::::::::::::::::::::::\  |::| i::::/   ヾ _)  ゲ.         リ  {
  }        (   ハ:::::::::::::::`刈i!i!\::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |::| i::/    ∧_).  │  ピ     ソ  (_
 /.  ・   ・   ヽ.  ハ::::::::::::::::::/ !i!i  \斗匕⌒ー=´.  {/ /;;'  _/.       │  ン.    ワ  /
 ヽ        /    ∧斗¨´ /                      } ヽ  ア   │  コ     カ  ヽ
 ノ  ブ     /       f    \                   /  }  ピ    │  ロ   ┃┃  /
/      ./⌒         {                 ,        λ  {  ポ.  ┃┃ ピ.   ・ ・  {
ヽ.   |  (         i   r‐==≡二三三ハ          /ヽ_ノ ).  ロ   ・ ・  ン  _    }
  )   |   ヽ           ',   ヽ         ∧         /  | /   ピ      コ  ヽ ∨ヽ/
. /... |   (          ヽ  ∨    /¨7¨ ̄ ∧     /.  | }   ョ       ロ  /
  )   |   {            ヽ ∨.  /      ∧   /    {. {   │   { ̄)  ┃  {
 {   |    (              ∨ {   i    /|  /.       {  }.  │   | /   ・   l_
  )   |   /                `ー-===一'_/,’     /¨ /   ン   {_ ¨}    /
/゙..  |   (                    `ー==-‐       /   ヽ  ┃┃  / {    (_
ヽ.   |    }            ___|:::::::::::::   __/    _xf }  ・ ・   }  /    {
 ヽ.  |   /     ,,-‐一 ¨ ̄ ̄   ___ヽ/ ̄ ̄ ̄       /  !/\  _  {  )/^ヽ/
 /゙.  |   (     ー一 ¨ ,, ̄ ̄ ̄ ̄  /              /      ∨ \|
  )       }ー‐-==-一 ¨|    | /      ____/      /
 {  ┃┃ (  ヽ         |    /    _  ' /   /        /
 ). ・ ・  (   ',.       |    /  ,</   /  /      /
/      ヽ  ヘ     {    / /∨ /   / /      /
ヽ   ∧  /    ヘ     !  // |  ∨   i/      /
 ∨⌒  ∨       ヘ     !     |   i ◎/      /



次に新作のスレを作るとき、その点に関してもリベンジしたいですね。

817 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:12:41 ID:ljoWSiG. [26/39]

月とやる夫。



                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\     
                  |     ` ー'´  u   |     
                  \  u   :::::     /     
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

818 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:12:56 ID:ljoWSiG. [27/39]

          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´    
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ       
            、        /        
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ



学校生活での描写を出来るような機会はなかなかありませんでしたが、
二人は結構互いをライバル視しあっていました。

819 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:13:56 ID:ljoWSiG. [28/39]

水銀燈の後輩として生徒会に所属し、その右腕としての手腕を振るう月。
共に成績も良く、学内では「並ぶ姿が絵になる」と、わりかし噂にもなってます。

                                         _____
                                      ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
                                    /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
                            .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                                  /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                                 ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                                 i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                 |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                                 |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                                 |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
                                 lハ:ハ   i         〃_才:リ
                                 ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                            .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                            .           ヽ    /     . '   \
                                      i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                                   , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)     
       ` 、        (__人_)  /     
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


で、そんな話を聞いて、心穏やかでいられないのがやる夫でした。

820 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:14:19 ID:ljoWSiG. [29/39]

      ____
    /:::::::::  u\        
   /ノ└ \,三_ノ\         \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 /:::::⌒( ●)三(●)\       ≧                             <
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |       ≧ 銀姉ちゃんにべたべた引っ付くんじゃねえお! ≦
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/      ≧                             ≦
                    /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\



                       |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.:
                       |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
                       l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                       ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                       l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:
                        l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.
                        l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.
                        |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:
                        |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.
                           l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.
                           | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:
                             |  \   '"´                          /   }:
  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:
  ≧                             < \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:
  ≧   知ったことか、このシスコン野郎!     .≦   \ 辷x‐十'                    /三   /イ
  ≧                             ≦
 /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\


……まあ、ここまで声をあらげたような事は、実際はないですが。

821 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:14:43 ID:ljoWSiG. [30/39]

やる夫が成績を上げていたのも、実は月の存在が少なからずありまして。


.        ____    ━┓
      ./      \   ┏┛
.    /  \   ,_\  ・
  ./    (●)゛ (●) \   .__________
_.|  ∪   (__人__)    |  |^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
| | ./     ∩ノ ⊃  /  | |                |
| | (  \ / _ノ |  |     | |                |
| | .\ “  /__|  |   .| |                |
 ̄   .\ /_ . _____|_|_,_,______,_,_|
            .`――――-((」II IIニニニニニニニニニニエ!


姉に、勉強の出来ない弟だと比較されたくない、負けたくないという気持ちが
猛勉強に表れたのでしょう。

822 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:15:51 ID:ljoWSiG. [31/39]

お話の中で災害に巻き込まれ、退場する羽目になったカイジ。




        -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
       ∠´           `ニ=-
        /              `ヽ,
       /                  !
      i                      .i
     .|         /| |:| ト,ヽ       |
     |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |
     |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |
     .|   ./    \|  |/   ヽ   |
      i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
      | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
     ,.ゝ,_.|.| u.    | | u   / |.|_,ノヽ,
    /   ||   .!j ヽ!_レ  ./  リ    ヽ        
---‐‐''7|   ヽ ー‐--------一 /   | ̄""''''‐‐--   
--‐‐''7 .レ|   | ヽ.   ≡≡   ./.|  .N""''''‐‐----   退場確定陣の一人、だったそうだ……。
   /   レ|  |  ヽ.      u / |  | |
  ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
  /  _,,  .|  |    \ /     |.  |   |
. /_,,-''" \ .|  |\        /|  レ‐、 |
. "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |



彼を含め、安藤や三好といった面々も、執筆する中で少しばかり
役割が変わってました。

823 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:16:27 ID:ljoWSiG. [32/39]

安藤は、最初期のプロットだと、文無しの所をカイジに泣きついて
どうにか高校の用務員アルバイトとして雇ってもらった、という事になっており。



                    
       _   _       
       >  `´  <      
.     /     M   ミ     
     l  ,ィ卅ノ uゞト、.ゝ    
      |  |「((_・)ニ(・_))!     
     |(6|! v L_.」 u リ     
   /| ,イ )⊂ニ⊃( !\    
.-‐''7  |/  `ー-、ニ,.-イ  ト.、  
  /  |         |. ⊥ -‐
                   
                   
                     ヽ



そこから来るお金のがめつさが、災害へと繋がる、というものになっていました。

824 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:16:50 ID:ljoWSiG. [33/39]

カイジ連中は、強欲を出したが故に身を滅ぼす、またはトラブルを舞い込むキャラ
として、非常に動かしやすいものがあります。


      ___       _
      ``ヽ、`ヽ、,i'"´∠ _                       ,.. -─────- .、
     ,. ‐'"´ ̄        ``ニゝ                ,.‐'´            `'‐、
.  ∠´-,‐:‐'           ``ヽ               / ./` ‐.、.       _,. -‐'ヘ. ヽ
    /               ゝ              i. /    `''ー----‐'"     i、i
.   /                  l         .      l. i    u              l. l
  //       /l、        l              l. l   ̄~`''‐-、   v ,.-‐'"´ ̄  l l
   l      /| ./ l、iヘ        |              ! ヽ_____________./│
   .l /| , /! /. l./ u l | , 〉.iヘ、 .  |             ,.-、~|   ,:=== |二二| ===、   |~,.-、
   |/ |/|/`!/-ニl_  v'|/'_ニl~ ヽ|、 l             !i´ |.|!、 ( __゚ l ̄ ̄l、゚__ ) .ノ|.| ゙i.|
   /´l|.| !' /⌒     ⌒ヽ  |.i^ヽ            |.l".|.| ` ‐---‐1   l` ‐--‐''´ |.|゙,i !
   l |6||  l (0)    (0) l u ||.6l|            ヽ._|.|  .U. . . { u  } . . . .v.  |.!_ノ
   ヽ._||  ヽ、_ :|   |: _,ノ   ||_ノ              ゙| . : : ,.-‐-、` ‐--‐' ,.-‐-、 : : . !
     ∥ u   (    )    .∥             _,.‐''´|: : :(.     ̄ ̄ ̄    ): : :|`゙‐、._
     | v /⌒ヽ、` ‐'´,.ノ⌒ヽ  |\         -‐''"´l   !: : : `ー--────--‐' : : : l   l` ‐-
   ._/l  l ,. -─‐三─‐- 、ノ  !  l 、          _|   ,! : : : : : : : : ==== : : : : : : : : :!.   l_
,.‐''"´/  ヽ、` -‐ '´._`` ‐-" ,‐'´.  | `` ‐     ‐''"´ |    |゙、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ|    l ` ‐-
 , -‐''"⌒)ヽ`‐、.   ≡   , ‐'´l .l  │           |    i|:::` ー--------------‐'´:::|i    |
(  -‐'"⌒)-、〉l:::` ‐--‐'":::::::::l |   . |           !    | l、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.イ|    |


ただ、書いていく中でそこら辺のくだりはナレーション化する事に。

825 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:17:13 ID:ljoWSiG. [34/39]

何故にそうなったかと言えば、まず、尺が長くなってしまう。




               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             | (●)(●)  |
                |  (__人__)   |
         ___|__`⌒ ´   |
       , --'、         /    丿
        / ⌒ ).      /    <
       ,′  ノ      /   /三三三三丑
       l  T´ ..___/   //      r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶    //      (  ̄  l
         `'ー'´   |   //_____/  _.ノ



また、あまり人間側のいざこざをしつこく書いても、FD本来の面白さ
からはずれてしまうのでは、という懸念があった為です。

826 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:18:06 ID:ljoWSiG. [35/39]

上述の2要素をうまく融合させられたら、新しい面白さを開拓出来るかも
しれなかったですが。

このあたりも、次回に関しての課題になりますね。


          / ̄ ̄ ̄ヽ
       /       ヽ
        |   _,ノ ヽ、_  |
        |  (●)(●) |
       |  (__人__)  |             FD5は、どうもその部分を
         ヽ.        ノ             失敗してしまった気がするんだよな。
          .>      く
      /        ヽ カリカリ         方向性としては、悪くはなかったと思うんだが。
    _/((┃))____i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
 /  /_______ヽ..  \
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

827 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:18:56 ID:ljoWSiG. [36/39]

今回はこの辺で。



次回は、最終話を語っていくつもりですが……いかんせん語ることも
また多くなると思うので、一回のみで終わるかどうか。

829 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:19:45 ID:ljoWSiG. [38/39]




有る程度まで作った後、分割すべきかどうか考えたいと思っています。




それでは、また次回。



830 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:20:29 ID:ljoWSiG. [39/39]


今回の投下は以上です。

次回は、ペースを再度掴めても年明け以降になるかなあ……。
ま、気長にお待ちいただければと。



831 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/16(日) 00:42:26 ID:hzI.f.KQ

乙乙~
ゆっくり待ってまうす!

改めて、オリジナルって大変だなぁ……



832 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/16(日) 10:55:06 ID:zMa8R4Kc






関連記事
| 12:00 |コメント(3)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

|

<< やる夫ショートストーリーセレクション Ep39 やる夫は疑いの使い道を知るようです | HOME | オレのヨメ その9 >>

■御感想or寝言

40453 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/12/19(水) 00:14:47 ID:-

読者側からすればあとがきがこんなに長く連載するとも思ってなかったけどな。


40510 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/12/23(日) 20:01:34 ID:-

こういう制作裏話ってあんまり見る機会ないから面白いけどな俺は
作品に対する愛を感じる


40519 名前:作者 [] 投稿日:2012/12/24(月) 10:49:12 ID:6QfXhTjE

あ、はい。
スレ作者のリアル都合で、どうしても……一つ一つきちんとまとめていただいている事に、感謝するばかりです。

後もうちょっとですのでー。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ