やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 や る 夫 で 楽 し む 世 界 の 童 話  「 グ リ ム 祭 り 」

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/02/21(土) や る 夫 で 楽 し む 世 界 の 童 話  「 グ リ ム 祭 り 」

カテゴリー:やる夫短編集


傑作群まとめ
現行スレ【実験作】やる夫スレ短編投下所 No9 【練習用】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1234360304/
出演オールスターズ


1 名前:1:2009/02/15(日) 19:58:38.52 ID:joy6XXV80
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::: や る 夫 で 楽 し む 世 界 の 童 話 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 「 グ リ ム 祭 り 」 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  ※   本日はグリム童話から、こんなの童話じゃねーよ! 
   と言いたくなるような意味不明&鬱話を見ていきたいと思います。

      なお、2分程度おき、83レス程度を予定しています。
   バッドエンド・鬱話が苦手な方は少しだけ気をつけてください。


視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫



      どーもー こんばんわーwwwww
やる夫シリーズの中ではひときわ影の薄い、いく夫です!
            _____
           /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|     
           |::::::::/ ⌒  ⌒ |     ○______________  
          |:::::::〉 (●) (●) |     ||                    /
          (@ :::⌒(__人__)⌒)    ||                   /
           |     |r┬-|  |     ||  司会進行務めます    /
           \    `ー'´ /     .||                /
       .....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、     .||              /
       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ  ̄  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |  \/゙(__)\,|  i | | |(_ 〉
           >   ヽ. ハ  |   | | ∪(_ 〉
                       ( (_ 〉


            _____
           /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
          |::::::::/  ⌒  ⌒ |
          |:::::::〉 (ー) (ー) |  皆さんは童話と聞いたら、どんなことを思い出しますか?
         (@ :::⌒(__人__)⌒)
          |     ` ⌒´  |
          \        /
        /,,― -ー  、 , -‐ 、
       (   , -‐ '"      )
         `;ー" ` ー-ー -ー'



            _____
           /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       r、r.rヽ.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|  
      r |_,|_,|_,|:::::::/  ⌒  ⌒ |          ふんふん、なるほどなるほど・・・
      |_,|_,|_,|_,|::::::〉 (ー) (●) |  
      |_,|_,|_人 (^ i⌒(__人__)⌒) 王道はグリム? 結構鬱話が多い? むしろ鬱話だけでご飯3杯はいける?
      | )   ヽノ |   ` ⌒´  |  
      |  `".`´  ノ      /           いく夫さんはカッコいい?
      |   入_ノ
      \_/
       /


    僕がカッコいいのは当然のことですが
   今回はみんなの気持ちを勝手に代弁して
   グリム祭り始めちゃいますよ しかも3話連続!
            _____
           /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|     
           |::::::::/ ⌒  ⌒ |     ○______________  
          |:::::::〉 (⌒) (⌒) |     ||                    /
          (@ :::⌒(__人__)⌒)    ||                   /
           |     |r┬-|  |     || 今回は短編集でいくお! /
           \    `ー'´ /     .||                /
       .....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、     .||              /
       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ  ̄  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |  \/゙(__)\,|  i | | |(_ 〉
           >   ヽ. ハ  |   | | ∪(_ 〉
                       ( (_ 〉



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
     _____      ./      i
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ    /    ...........i       行けば行くほどオイシイのが見学会! ってことで
   /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|   /   ..:::::::::::::::|
   |::::::::/ ⌒  ⌒ |  /  ..::::::::::::::::::l               早速本編行ってみようか!
   |:::::::〉(●) (●) | ./  ..::::::::::::::::::::!
  (@ ::⌒(__人__)⌒) /  .::::::::::::::::::::/
   |    |r┬-|  | /   .:::::::::::::::::::/   ちなみに、最後まで僕の活躍をしっかり見てくれなきゃ、泣いちゃうんだぜ?
   \    `ー'´ /   .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'",r___ -゙''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′   ..:::::::::::::/| 
:,'      /     !.:::::::/:i..:..l
r   、  /          !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i       !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i      i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:05:01.20 ID:lczZoegQ0

いくおってだれてめめ






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: グ リ ム 祭 り 第 1 話 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::: 「 未 知 と の 遭 遇 ・ グ リ ム 編 」 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ある夜のこと、とある町にUFOが着陸しました。


        ○     ★          ○    ☆
        ヽ\              // 
         ヽ.\ , -───‐-、/ ./         ~~~~
      ☆   ヽ/(⌒)   (⌒) \/   ~~~~           ★
 ★        /  | |__/ /   ヽ
          /   |::::::::::::::::::\     |    ぎょぎょぎょぎょっぎょーぎょぎょ・・・
          |   /:::::::::::::::::::::::::\  |      ( こんな時にエンストか・・・ )
      .☆     |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |  
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |     ぎょーぎょっぎょーぎょー ぎょぎょぎょっぎょ
          |  \:::::::::::::::::::::::::::ノ   |      ( 仕方がない あそこの町に着陸しよう )
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /        //             \     ☆
    /____//           _____\                  ☆
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   < Pull up !!  WooWoo !! 
  ★       |             |      Pull up !!  WooWoo !! 
           |             |   ★
     ☆    |             |         ~~~~   ☆
          ( =========)   ~~~~




次の日の朝、農夫のやる夫が納屋に入ってみると、さあ大変!
世にも奇妙な生物が納屋の奥に居座っています。

              , /
                //
              // /
         ,==(◎)=、
          ∠_______\
        /  ⌒   ⌒ \     今日もやる夫は 蟹工船~♪
     /   (⌒)  (⌒) \
     |     '" (__人__)"'  | 働き働き働いて~ 町一番の農夫だお~♪
      \、     ` ー ´  /
      /⌒ヽ   ー‐  ィ,\
    /             \\
    / _ ,ノ′          r、(⌒ヾヽ
    | " |            |  ヾー-く
    |  i、          |    \@
    (  ソ         l
       ̄ |     ,ィ    |
       |     |ヽ   ,!
        l   ,レ´   ノ
        |,   _|  (´
       ( "  ,゙) ,)




    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  農具を整理しに来たお!
    |┃  |r┬-|     |⌒)
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)

                          ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
                        ((〈● ノ\   /\ ●〉
                           ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ  
                             )    Y    (          ぎょっぎょぎょっぎょ ぎょーぎょっぎょーっぎょ♪
                          γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ 
                       ((  |   |          |   .| ( あ、おはようございます 宇宙船が故障したので
                     ((   ヽ  ヽ__人__ノ  ノ                  ちょっとお邪魔させてもらってますね♪ )
                          \     `ー'´   /




          ____
       / \  /\  キリッ                    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ 
      / (ー)  (ー)\                      〈 ● ノ\   /\ ●〉     ぎょぎょっぎょぎょっぎょ?
    /   ⌒(__人__)⌒ \ ぎょっぎょぎょぎょー          ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    ( 驚かなくても大丈夫ですよ? )
    |      |r┬-|    |                        )    Y    (  
     \     `ー'´   /  ぎょーぎょっぎょ           /γ⌒     ⌒ヽ\   ぎょぎょぎょっぎょーっぎょっぎょーっぎょ
    ノ            \                    /  |         |  ヽ ( 私、M28星雲出身のきめぇ夫と申します )
  /´               ヽ                   |   ヽ__人__ノ   |   
 |    l              \                 \     `ー'´     /
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.           /            \
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


      だっておwwwwwwwww
こんな生物見たこともねーおwwwwwwwww
そもそも鳴き声からしてきめぇんだおwwww
          ____                                      ピコピコ
        /_ノ  ヽ、_\                       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ )) 
 ミ ミ ミ  o゚((○)) ((○))゚o      ミ ミ ミ        (( 〈 ● ノ\   /\ ●〉
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)           ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ   ぎょっぎょっぎょっぎょーっぎょーぎょっぎょ♪
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //            )    Y    (  ( そんなに喜んで歓迎してくれるなんて嬉しいなあ♪ )
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/            /γ⌒     ⌒ヽ\
|     ノ     | |  |   \  /  )  /           /  |         |  ヽ  ぎょぎょぎょ ぎょーっぎょっぎょーっぎょっぎょっぎょ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /           |   ヽ__人__ノ   |( ちなみに私の星では目をピコピコさせるのが
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l           \     `ー'´     /           友愛の表現なんです こんな感じで )
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、          /            \  
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:15:15.37 ID:lczZoegQ0

きめえお黄緑色ならトイストーリーのあいつらみたいでいける





農夫は大慌てで町中の人を呼びました。


                    ∩00  ∩         │
                 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、       |
                   ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     |   やる夫の納屋に……
                    ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ O│
                 ヾニニ⊃ ,`'∪ ⊂ニ-‐' ` z.  | 
       _   _         /  yWV∨∨VVv` │  見たこともない化け物がいるだと……?!
       >  `´  <        |  i' -== u ==ゝ.   | 
.     /     M   ミ       |r 、| , =   =、 !   | 
     l  ,ィ卅ノ uゞト、.ゝ      |!.6||v ー-゚ l   l゚-‐' |  ` ー──────────y─
      |  |「((_・)ニ(・_))!      |ヽ」!  u' L___」 v |   ,'       // イノ  \ ヽ  ゝ
     |(6|! v L_.」 u リ      | /l.  ,.-─--‐-、 |   /      /`/ィ'__> u /∠ヽ! .!
   /| ,イ )⊂ニ⊃( !\     | / l  ー-─‐-‐' ! /     /⌒y' ==== _  ,'== レ、 !
.-‐''7  |/  `ー-、ニ,.-イ  ト.、  /l/   ヽ.   =   /ト7    l.{ヾ!,'  `ー-°' ゙゙ 〈ー°.y/ i
  /  |         |. ⊥ -‐'1_|\   ` ー--‐ ' ノ /      ヽ,リ   u u  r __ ヽ. ,'/ !
    ∩00  ∩   ,イ´     l__l  \     /_,. '-‐''7!     ト、   v  ___ーY1  |
 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、     ヽ、,ゝ、 _,,.ゝ-‐'''"´     /.!     !. \.   └-----' / |\.|
  ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     ヽ/ヽ          /, ! i    |   \.    ー /  |.  \
. ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○ /   l         / 1|! l  |     \    ,イ   !
  ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'      /    |         /   !| ∥ |\    \, ' | ∥|



いったい、この生物は何者なのか?
農夫の質問に、町一番の物知りが答えました。

          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |   どのような生物か確認す・・・
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    _    /! イ/          ・・・きもい
       l.ト. |l. ヽ、     _.ノイ/ |!
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ      ぎょッ ぎょぎょぎょぎょぎょgygy! ぎょぎょっぎょ ぎょっぎょ・・・
       )    Y    (  
      /γ⌒     ⌒ヽ\  ( うはっ 可愛い子ちゃんktkr! 実は宇宙船がエンストしちゃって困ってるんですよ・・・ )
     /  |         |  ヽ
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /



         ___
       / _ノ ヽ,\
      /  ( ○) (○)\        ゆ、有希ちゃん!
    /     (__人__)   \    こいつはどんな生物なんだお?
     |   u.    |::::::|  J   |
      \      |;;;;;;l′  ,/  まさか・・・人類が滅亡したりするのかお?
      /⌒ヽ    `ー'  ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



       /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
       /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
       .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
       |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
       |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::          え? あ、うん・・・ 今すぐ記憶と照合する
       l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
         l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l 
        /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ  ( こんなきもい生物など見たこともない・・・ 私には判別不可能
       /‐-、 `iノ /'ヽ|、、、、、ノ    ヾ、、 、、、、、,/  |:::::::::::/=7゙   しかし、私はやる夫シリーズの知恵袋 ここで負けを認めるわけには・・・っ ) 
      ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ u 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/   
      i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   r.ュ   J   ,,イ::::::::/ ,l/
      ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
       ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
        /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:21:17.29 ID:vERGH1pt0

知るを知るとし、知らぬを知らぬとなせ
これ知るなり




              /.:.:.         \
                 /:,:.:.:  /   ヽ    \
             /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     ( ・・・私が知らないといことは、町の誰も知らないはず
               /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ        ここはひとつ、口から出まかせで・・・ )
           /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
            N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    
             ヽム:.} c;_j :::::::::: c;リ ル iレヽ         ・・・やる夫、この生物は大変危険
                   `ヘ:ゝ  ,_     小/              すぐに処分した方が良い
                     ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
              _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_       さもないと、アンゴルモアの大王を呼ばれる可能性がある
            /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
             /  | l:l   l     l   l::l l


    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |          ___
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K        /::::::::::::::::\
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ      /:::─三三─:::\
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'     /::::::(○)三(○):::::\
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|      | ::::::::::(__人__):::::::::::::::|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、     \ :::::::::::|r┬-| :::: ,/
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \   /::::::::::: `ー'´ :::::::::\ 
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「 /:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::\
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      | |:::::::::::Y         Y ::::::::|



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:24:01.02 ID:vERGH1pt0

長門wwww





物知りの答えに町中は騒然です。
町長さんはこの生物の首に賞金をかけることにしました。


                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i
                    | u '`ー゚ 」  L`゚‐'^u |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│マチノチョウチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────
|この生物を退治した者にはzipを1テラバイト贈呈します 誰か希望者はいませんか?
└─────────────────────────────────‐



話を聞いた町一番の猛者が生物に挑みかかりますが・・・


、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z// 
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/    そんなにzipをくれるってんなら
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三|   この俺がやってやろうじゃねぇか・・・
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ で、どいつを喰っちまえばいいんだ?
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  ________
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キニヽ,
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒ /´⌒`ヽ
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `='、
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` -―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´


                    ピコピコ
        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ )) 
      ((〈● ノ\   /\ ●〉           ぎょぎょっぎょー ぎょぎょぎょっ ぎょっぎょっぎょ♪
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    ( 私、惑星めぐりが趣味でしてね 今回地球に来たのは初めてなんですよ♪ )
           )    Y    (  
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ    ぎょっぎょっぎょっぎょーぎょ? ぎょぎょっぎょっぎょっぎょーっぎょっぎょ!
     ((  |   |          |   .|    ( 人が集まってるみたいですね? 私、感動しました
   ((   ヽ  ヽ__人__ノ  ノ           町中で私を歓迎してくれるなんて地球人ってやさしいんですね! )
        \     `ー'´   /  



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:26:16.62 ID:fDAGFb3c0

1テラとかww



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:26:50.24 ID:vERGH1pt0

まあ本当に宇宙人だったら本人には無害でも
地球人にはメッチャ有害な菌や揮発物質
持ってる可能性あるからなあ

逆もあるけど




生物の鳴き声におびえて逃げてしまいました。

    __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  き `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾ<゙  き  7
    〈   も  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   も  _l
    ゙i,  っ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |  い /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / き \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
   )  も  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
  <  っ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:. J ..:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノ<ニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.. U :. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'

                 、、)iリ,._,
                ヽミミ川彡;'
               ー彡|'光'|ミミ‐              ちょ、ちょっと用事を思い出した
             , --/ハロハ\-- 、
            /::::::::::::\ーr‐/::::::::::::ヽ        今日は地下闘技場に行かなきゃいけねぇんだ
            ハ.二.7::::::::ヽ/::::::::::ぐ二.ハ
           ハ / .人:::::::::::::::::::::::::人 } ハ、        そいつの退治はまた今度やってやる!
           ノ‐〈_ノ  ヽ::::::::::::::::ノ   八. !|
          / ソ|   r'::::::::::::ヽ   l、i : |       べ、別に殴ったらへんな体液がつきそうだからとか
          ,| / ノ   /:::::::::::::::::::l、  |.i イ
          | /_   /:::::::::::::::::::::::::l、  |_ | 毒ガス吐きそうだからとか、そういう理由で逃げるわけじゃないんだからねっ///
         〈 '゙,rイ  ,|::::::::::::::::::::::::::::::| 厶_, 〉
          `‐'"  |::::::::::::::::::::::::::::::::|. └''" 



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:28:54.12 ID:FsAkQ3LM0

オーガ弱いwwwwwwww





町一番の猛者でも倒せないこの生物、はたしてどうやって退治したら良いものか?
そこでまたまた者知りが出てきて、こう言いました。

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ   ( 私の出まかせがばれる前に
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',   こいつを処分してしまえば永久に証拠は消える・・・ )
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./         どんな生物も火には弱い
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚  | :::::::::::::::: {゚ ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘:::::::::::::::: `ー' /:イ,シ /      納屋にたき木を積み、火を放てば解決する
.      ヽヽヽ:.l、    、      /:.:.!
        ` lハ:lヽ、    ̄    ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ




そこで早速町人たちは納屋のまわりに焚き木を積むと
火を放ちました。

                   (( ) )  (( ) )  ((⌒ )
                  (( ) ) (( ⌒ )  (( ) )
     _圭_____     ノ火.,、   ノ人., 、ノ人.,、
    ///////.ヘ.    γノ)::)  γノ)::) γノ)::)
  //////// `lへ.   ゝ人ノ   ゝ火ノ  ゝ人ノ
   ̄||ニlニ厂|ニlニ「l~「 ∩ l ̄    || ∧,,∧ || ∧,,∧ ||  ボォオ
    |`┴ノ l`┴' || | | |   ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
    レ'l´l^'i'^l`lヽ || | | |   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 長門さんがああ言うんだし、さっさと片付けちゃおう
    L.LL.L.LL.LLl -''"~   | U (  ´・) (・`  ) とノ
                   u-u (    ) (   ノu-u
                       `u-u'. `u-u'




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:34:04.24 ID:vERGH1pt0

筋肉ハウス?






こうして、哀れな生物は誰にも自分を分かってもらえないまま、焼け死んでしまいました。


          ,-‐-、
     //  ( ○)つ          // ぎょぎょぎょっ…!
.    / /      ヾ (__、      //   ( そんなっ…! )
   / /       |     \    / /
  // ,--、____ノ  / ̄\ \  / / ぎょーぎょっぎょっ ぎょぎょっぎょーぎょ… ぎょーぎょぎょっ…!
//  (○ 彡         /   ヽ l l ( ちょっと地球でエンストしただけなのに… ありえないっ! )
/    人  ̄ヽ       /ー'i   )| |
      (;;_)  ノ (    <,':::::ノ  ノ | | ぎょぎょぎょぎょ…  ぎょっぎょぎょぎょーぎょーぎょっぎょ…
        (  \    /⌒''  } ノ ノ   ( このまま… 私は焼け死んでしまうのか… )
         ヽ   \,,_ノ    //
          ヽ        //   ぎょ ぎょ ぎょっ ぎょー ぎょっ ぎょ ぎょ … … !
                        ( こんな辺境の惑星で、家族にも会えないまま… … ! )


                                         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    第1話   d⌒) ./| _ノ  __ノ
原作:グリム童話 『フクロウ』



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:35:54.61 ID:3v4iGc7e0

ひどいwwwwwww



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:36:25.14 ID:fDAGFb3c0

これで終わり?





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: グ リ ム 祭 り 第 2 話 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 「 素 直 す ぎ る や る 夫 」 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




とある町に母親と息子が住んでいました。息子は、結婚を控えたごく一般的な男。
強いて違うところをあげるとすれば、おつむがちょっと弱いってことかナ── 名前はやる夫。

                              ,. -‐―――‐-、
かーちゃん、腹減ったお            γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   /      \              (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(⌒ )  (⌒ )  \ノ
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |  やる夫、今日はあんたにビッグニュースがあるのよ!
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \   お隣のやる実ちゃんとあんたの結婚が決まったの!
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|


けっこん? なんだかよく分らんけど       ,. -‐―――‐-、
 腹が膨れればなんでもいいお        γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ____                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
   /      \               γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
  /  ─  ─ \             (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
/   ( ー) ( ー) \            \:/(● )  (● )  \ノ
|      (__人__)   |              |     (__人__)    |     あんたの脳みそじゃ分らないかもしれないけど
/     ∩ノ ⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /
(  \ / _ノ |  |              \/         \   素直にかーちゃんの言うとおりにすれば大丈夫だからね
.\ “  /__|  |           _____  (   (   i  !
|  \ /___ /           |\_____ \     (⌒ ノ
|          |               |  |ヽ、       ノ|



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:38:59.07 ID:lczZoegQ0

フクロウってタイトルすらわかんねwww





次の日、母親はやる夫にお使いを頼みました。


                   やる実ちゃん家からちょっと針を借りてきてくれないかい?
                   あんたも結婚するならお使いくらいできるようにならないとね

                              ,. -‐―――‐-、
   りょーかいだお              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 ( ハリってなんだお? )           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   /      \              (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \   ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \       やる実ちゃーん 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒)ハリとかいうの、貸してくれおー!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)
                          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                            / /" `ヽ ヽ  \
                        //, '/     ヽハ  、 ヽ   ハリ・・・?
                        〃 {_{ ─ 、 ─, リ| l │ i|
                        レ!小l(● ) (● )从 |、i|  ああ、針のことね
                         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ     はいどうぞ
                    |       ヽ、  ゝ._)   j / 
                  γm        ヘ,、 __, イ  
                 〈  ノ   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                  |  i .  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
                  ヽ ヽ_/ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /




やる夫は針を借りましたが、おつむが弱いためどうやって持って帰れば良いのか分りません。
そこで帰り道、前を歩いていたようかんマンに突き刺すことにしました。


                  ____
                 /─  ─ \ あいつに刺しておけばだいじょーぶな気がしたお
               / ( ●)( ●) \
               |   (__人__)   |  柔らかそうだし、刺しやすそうだし・・・
               \   `⌒´  /
               /´ `ー-----一´`ヽ
               /  、       ,  |
              /   ノ         i  l
              (  y'l        l_ |
              ヽ ヽ.         |  }
               \ソ`ー─-─一ヾ/
                 |     ij   ノ
                  |    |.    |           ,,
                 |     |    l    .      _|_
                   i'   ,}   ,ノ         ヽ|・∀・|ノ  頭が痛い… 気のせいかな?
                  l    |_,/           |__|
                  |,__、|__)            | |
                   (゙___)  



しかし、家に着くとようかんマンはどこかへ行ってしまったようで針をなくしてしまいました。

                              ,. -‐―――‐-、
かーちゃん、ハリをなくしちまったお     γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    行きずりのようかんマンなんかに刺したら
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ        そりゃ無くなるわよ・・・
   /      \              (::::::::::::/_ノ  ヽ,_  \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ    いいかい? 針ってもんは無くさないよう
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |      服に刺して持って帰るもんなんだよ?
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \  かーちゃんが言ったこと、しっかり覚えておくんだよ
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|




そして次の日、母親はまたやる夫にお使いを頼みました。


                   やる実ちゃん家からちょっと包丁を借りてきてくれないかい?
                         家の包丁が切れにくくなっちゃってね

                              ,. -‐―――‐-、
   りょーかいだお              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
( ホーチョ―ってなんだお? )        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   /      \              (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \   ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:49:11.74 ID:lczZoegQ0

おwwちwwよwwめwたwwww



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:49:19.61 ID:fDAGFb3c0

これは死亡フラグの予感





    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \         やる実ちゃーん 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒) ホーチョ―とかいうの、貸してくれおー!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)
                          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                    |`ヽ、   / /" `ヽ ヽ  \
                    |::::ヽl  //, '/     ヽハ  、 ヽ   ホーチョ―・・・?
                    |:::::i |   〃 {_{ ─ 、─, リ| l │ i|
                    |:::::i |  レ!小l(● ) (● )从 |、i|  ああ、包丁のことね
                    |:::::l |  レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ     はいどうぞ
                    |:「 ̄    ヽ、  ゝ._)   j / 
                  (、三)       ヘ,、 __, イ 
                   |  ノ   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                   |  i .  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
                   ヽ ヽ_/ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /



やる夫は包丁を借りましたが、おつむが弱いためどうやって持って帰れば良いのか分りません。
そこで昨日、母親が言ったことを思い出すと、包丁を服に刺して持って帰ることにしました。


                     ____      
                   /      \
                  /  ─  ─ \       気のせいか、体がむちゃくちゃ痛いお・・・
                /   ( ー) ( ー) \ 
                |      (__人__)   | でもかーちゃんの言うとおりにしたんだから大丈夫のはずだお
                \      ` ⌒´   / 
           ( ( (  /⌒ヽ、     /
                 /   ノ \____ィ
                /  /     ,,_ヽ_     
                (  y      ∫:::::::::::::|二二) 
                 \ \    ヾ ~~|      
                  \ィン、__  ̄| ̄      
                    |      ij ̄ノ 



家に着くと、やる夫の服がぼろぼろなのを見た母親が注意しました。

                             ,. -‐―――‐-、
かーちゃん、服っつーか            γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 腹に穴が開いたお              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    包丁をお腹に刺したらそりゃ服に穴も開くわよ・・・
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ 
   /      \              (::::::::::::/_ノ  ヽ,_  \:::::::)    いいかい? 包丁ってもんは良く切れるから
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ         袋に詰めて運ぶもんだよ?
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /  かーちゃんが言ったこと、しっかり覚えておくんだよ
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|        ハ  \          |\_____ \   (⌒ ノ
|         |::::i |ヽ、二⌒)       |  |ヽ、       ノ|




さらに次の日、母親はやる夫にお使いを頼みました。


                  やる実ちゃん家に貸していた、でっていうを返してもらってくれないかい?
                         そろそろ家にも芝を植えなきゃいけないからね

                              ,. -‐―――‐-、
   りょーかいだお              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
( デッテユーってなんだお? )        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   /      \              (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \   ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \       やる実ちゃーん 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒)デッテユーとかいうの、返してくれおー!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)
                                        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                        / /" `ヽ ヽ  \
   芝植えハ虫類じゃなくて                   //, '/     ヽハ  、 ヽ    デッテユー・・・?
でっていう様って呼べっていうwwwwwww            〃 {_{ ─ 、 ─, リ| l │ i|
        /ニYニヽ                        レ!小l(● ) (● )从 |、i| ああ、芝植え爬虫類のことね
    (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)                    レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      はいどうぞ
   (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))                     ヽ、 ゝ._)   j / 
  /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \           γm       ヘ,、 __, イ  
 ( ___、  |-┬-|    ,__ )          〈  ノ  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
     |    `ー'´   /´               |  i   {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
     |         /                 ヽ ヽ_/ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:59:24.89 ID:s7ERIwTg0

芝植え爬虫類wwwwwww日本語でおk



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:59:36.70 ID:FsAkQ3LM0

詰めるのかwwwwwww





やる夫はでっていうを返してもらいましたが、おつむが弱いためどうやって連れて帰れば良いのか分りません。
そこで昨日、母親が言ったことを思い出すと、でっていうを袋に詰めて帰ることにしました。


              さすがにこれだけ大きいと重いお

           ( 袋がおでんくんに見えるのは気のせいだお )
                     ___
                  /      \
                 /   ─   ─\  (\/ヽノ\∧ノ)
               /     ( ●) ( ●) \ヾ ヽ  ノ  ソ
               |        (__人__)   〓〓〓〓〓〓
               \      ` ⌒´   /         \
                 ヽ    , __ , //:./´Y`ヽ:     |
                 /        o ゚ ゚o/( /)(\ )ヽ o ゚ o。    こんながちがちに袋詰めされたら
                |   l..      / /u ⌒`´⌒ \   |
                ヽ  丶_-.,  / | , ,-)___(、.| : | さすがの俺様も死んじまうっていうwwwwww
                /`ー_、_ノ|  :.l   ヽ|-┬-|  l |   |
                       ヾ、 \   `ー'´ J/   /
                         "^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^"



家に着くと、でっていうは窒息死していました。

                              ,. -‐―――‐-、
かーちゃん、でっていう死んじまったお    γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    でっていうを袋詰めにしたらそりゃ窒息死するわよ・・・
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ 
   /      \              (::::::::::::/_ノ  ヽ,_  \:::::::)    いいかい? でっていうも一応は生き物なんだから
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ       首にひもをくくりつけて連れて帰るんだよ?
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /     かーちゃんが言ったこと、しっかり覚えておくんだよ
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|




またまた次の日、母親はやる夫にお使いを頼みました。


             やる実ちゃんにお肉買ってもらうように頼んだから、とってきてもらえないかい?
                         今夜は牛丼にしようと思ってるの

                              ,. -‐―――‐-、
   りょーかいだお              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
( オニクってなんだお? )          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   /      \              (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \   ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \        やる実ちゃーん 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒) オニクとかいうの、受け取りにきたおー!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)

                ,、                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                / |\                  / /" `ヽ ヽ  \
                / |  \             //, '/     ヽハ  、 ヽ     オニク・・・?
             / ̄`ー' ̄`ー、           〃 {_{ ─ 、 ─, リ| l │ i|
 屁のつっぱりは /    肉     |           レ!小l(● ) (● )从 |、i| ああ、頼まれてたお肉のことね
  いらんですよ / 、-。、_,。-‐、  |             レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      はいどうぞ
           |  ヽ_ノ ヽ、_ノ   l/|            ヽ、  ゝ._)   j / 
            |   >ー く   / |     γm       ヘ,、 __, イ    
            \ ( ー- ) ./|_|    〈  ノ   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        _-‐' ̄|\ >― く//  `ー―、 |  i .  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
        |  , -‐'\ ` - ー '/   \_ヽ ヽ_/ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /



やる夫はお肉を受け取りましたが、おつむが弱いためどうやって持って帰れば良いのか分りません。
そこで昨日、母親が言ったことを思い出すとお肉にひもをつけて帰ることにしました・・・が

                                      ____
                                    /      \  
                                   /  ─    ─\
          牛~丼一筋八十~年♪         /    (●) (●) \
        __      _                |       (__人__)    |
        ゙-=ェ-:}   /┴_、   ____        \      ` ⌒´   ,/
          /⌒i  、J,i'  'ー'ト, /__フ="        /         ::::i \
      /}  { ´⌒,つ'"━__(ラ’/--|━━━━━━━/ニニ/       ::::|_/
    /.::{   ゙ー--/   ⌒`⌒゙   |          \__/         ::|
.    /:::::r┘ ___ ,ノ ‐''´ -t-   __,,ノ             |        ::::|  キュム
   /-‐-{_/`ヾ::::{ _ { _,ノ` ̄´               i     \ ::::/ キュム
   !      ,!:::::ゝ,_ノ                     \     |::/
   i       _ノ:::::::::;冫、                       |\_//
   ゝ-一''"´ `ヾ''´   ヽ                      \_/
          \     ',



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:08:49.73 ID:jzAcbn/m0

今度は順調に見えるがどんな落とし穴が……?





途中でクマーにお肉を食べられてしまいました。


                                                     _
   ∩___∩     こんなところに              _,.. -一- 、  c     ∧__`ヽ      のわぁー!!
   | ノ      ヽ                         ,.-< ̄ヽ       `ヽ,,_    ,ィ´_/^ヽ\i っ
  /  ●   ● | 美味そうな肉が落ちてるクマー!/  _ヽ:_:ノ         ゙ `ヽf,(´‘j’  }  i    っ
  |    ( _●_)  ミ                 , -一' ,-    ) \,,___,:    レ  /,~(_c)ニ,ヽ |、,ヘ
 彡、   |∪|  、`\               とノ_フー'_,.ィ=、 {     ヽ、_/  { {:`:ー'-;':‐:} |,ハ ̄`ヽ,,_
/ __  ヽノ /´>  )              /,(-イ/´   `ー'          /    ゞ=ニヾ:_:ノ//   ¨´   ``ー--、
(___)   / (_/              `´  L)             l     ,- ´__冫='"   , _      /   ヽ
 |       /                                     ハ、   /            /´ -    /      }
 |  /\ \                        , -─-、        {, `,二,'ヽ、       , '  /ー--‐ゝ、,,.. --、 /
 | /    )  )                       _,/     ヽ      / / i ヽ \__ -‐'´  ノ      }:_:_:_:_/
 ∪    (  \                    /   -=   ト、   j ,'  ,__   ヽ    ,/-‐''´       r- '´、ヽヾ=ー、
       \_)                    /         ,.i   ヽ_,イ   _/_   ,!  _ノ   , 、    r'_,ノ-ヘ_jヘ ,! ト'



手ぶらで帰ってきたやる夫を見て母親は言いました。

                              ,. -‐―――‐-、
     かーちゃん、              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
お肉クマーに食われちまったお       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    お肉を引きずって歩いてたらそりゃ獣に食われるわよ・・・
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ 
   /      \              (::::::::::::/_ノ  ヽ,_  \:::::::)    いいかい? お肉は貴重な食べ物なんだから
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ         頭にのせて運ぶもんなんだよ?
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /     かーちゃんが言ったこと、しっかり覚えておくんだよ
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



こりずに次の日、母親はやる夫にお使いを頼みました。


                   やる実ちゃん家から牛を借りてきてくれないかい?
                          荷物運ぶのに必要なのよ

                              ,. -‐―――‐-、
   りょーかいだお              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
( ウシってなんだお? )           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   /      \              (::::::::::::/⌒   ⌒ \:::::::)
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \   ` ⌒´     /
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \        やる実ちゃーん 
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒) ウシとかいうの、貸してくれおー!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)
        _         . , _ ,
     , - '`r‐'´        ` ‐r'`''‐、
    r'ヽ./             \,- 'ヽ
   i'  /                l   i            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   l, -‐l    $$$$$$$$$$$     /` ‐、,l              / /" `ヽ ヽ  \
   |   ヽ  $$$$$$$$$$$$$$$ /\  |          //, '/     ヽハ  、 ヽ   ウシ・・・?
   ヽ / `-$$$$$$$$$$$$$$,rく     、/          〃 {_{ ─ 、 ─, リ| l │ i|
    丶  $./ ̄ ̄| ̄ ̄\$$$\\  /           レ!小l(● ) (● )从 |、i| ああ、家で飼ってる牛のことね
     ヽ/$|.   、Y     |$$$$ヽ, r'´             レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      はいどうぞ
      `$| r'`‐、_,、,-─_,' .|$$$$$$$                ヽ、  ゝ._)   j / 
       $|  ̄|./|_|` ̄|  |$$$$$$       γm        ヘ,、 __, イ  
       $| .| 、__,_ |  |$$$$$       〈  ノ   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
       $\| `ー─‐"| /$$$$         |  i .  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
        $$\ r‐ /$$$$           ヽ ヽ_/ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
          $$$$$$$$



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:17:32.83 ID:vERGH1pt0

つーか、いい加減かーちゃん
どう連れてくる(持ってくる)を
先に指示しろよww





やる夫は牛を貸してもらいましたが、おつむが弱いためどうやって連れて帰れば良いのか分りません。
そこで昨日、母親が言ったことを思い出すと牛を頭に乗せようとしました・・・が


             //   ヾヽ
            /ミ|     )ミ|     _人_人_人人_人人_人人_人   ┃・・
              l;ミ(,_,,:,,,,,、/ミ;|    >                     ┣━  ━━┓・・
            ヾ ゙''lillllllllilテミ;/     > ハ リ ケ ー ン            ┃        ┃      ┃
           ,,-‐・ヘ,,,,l!lllllllllllll,/ 'r__   >    ミ キ サ ー !!!         ━━┛ ┃┃┃ ┃
          /   、illlll!ェュ:rェ!llll、  \  >                                  ━┛ ・
      ,/`     i!ll゙ !, !` !'llト`   `゙ ̄ヘ⌒'⌒'⌒'⌒'⌒⌒'⌒'⌒'
     /     /、  ヽi ;ロ i / \      \                   l         ̄`ヽ.    / l
    /     / `: : : `"".: `` : : :\      \                 ヽ            \ /    \ _
   /        ‐‐--,,`: :,,,--‐‐ `         |            _      \    ・.’   Y      ・
   /            ::1               ヽ.         /   `ー- 、   ヽ         ヽ=ニ二_  ¨…
  /゙ ,`            `              \       〈.       \  \        ヽ   \
  「 "     丶       γ ̄'‐、:-‐゙'lll,l,,mu,,,,,_ 、   |       |       _.ゝ、_ \  ____ 1000万パワーなんてくらったら
 .レ       ..,l|,,,ー、,.,,,_,,,、 , {-`:  `、、 ゙llllllliiliiiiiilillii,,、 /       |/   > ,二 /  ̄   \/      \
 l      /,llllilッ,_  ` : : : {-、   |:  lllllllllllllllllllllllll.゙i、       /‐- / /  /     _,.- /     .  \  死んじまうお・・・
.l′   ,,,ノ'゙,,llllllllllliiil,,,ーrx,,,,,,,,,,‐‐,,,/、 illlllllllllllllllllllllll!. |      ,.イヽ, '           「  /,   -<¨ ‐ 、_ \
/"'ヽ--゙゙゙ '':,l゙~~`゙゚゙゙ヾ!!lllliiiiiiiiiiiiiiillliiillii,,、:,,llllll!!ll!!ll!lllllllllll 〃 __,  -‐// ./,. - ───、-、  | /  _/⌒:  ⌒`  \
|,,,,,,,,,,,,,,iiiiill!|`    ヾ!!llllllllllllllllll/゙゙゙”゙゚'━!*m,a゙ll!!゙~/´ ̄     /´          > \ 〈/,( ( (  /,シ ○ |,   |
,,lllllllllllllllllili!|      ヾllllllllllll/゙゜       : \、ノ   ___/         ∠_’¨''/ ゝ…/⌒_r', } ノl 〉    |
`゙”””””””`゜       .゙”””″       :  /    \      _/´ ̄ `''‐- 、. ̄/  ´ ( ,._`イ '⌒/ イ   |
                         /        \       |        \∥   (\   ○j /   |
                                           ヽ.\ '゚_// l  ヽ |



ぼろ雑巾のようになって帰ってきたやる夫を見て、母親は言いました。


     かーちゃん
牛を頭に乗せるのは無理だったお・・・       ,. -‐―――‐-、
          ____              γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /    \            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    牛を頭に乗せようとしたらそりゃふるぼっこにされるわよ・・・
       /  /   \(::::)          γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ 
     /  -===  (ー) \         (::::::::::::/_ノ  ヽ,_  \:::::::)    いいかい? 牛っていう生き物は首に縄をつけて
     |  〆  (__人__) ;;;;;|         \:/(● )  (● )  \ノ      納屋にしっかり縛りつけておくもんなのよ?
    / ||     ┃⌒´  /           |     (__人__)    |
   / / |\/ /  /l |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /     かーちゃんが言ったこと、しっかり覚えておくんだよ
   / /__|  \/ / | |              \/         \ 
 . ヽ、//////) /  | |         _____  (   (   i  !
    /  ̄ ̄ /   | |         |\_____ \    (⌒ ノ
 ____,/  )--- ヽ   ヽ つ.         |  |ヽ、       ノ|
⊂---― 'ー----'



次の日、やる実がやる夫の家にお嫁に来ました。

    |┃三 ガラッ
    |┃  _-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    |┃ /  /" `ヽ ヽ  \
    |┃//, '/     ヽハ  、 ヽ
――‐.|┃〃 {_{ ─ 、─ ,リ| l │ i|
    |┃レ!小l( ●) (●)从 |、i|   本日から厄介になる、やる実ですお
    |┃レ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ(⌒)
    (⌒ヽヽ、  ゝ._)   j / / /
    |┃ノ  ヘ,、 __,  ノ:::/ /
    |┃|ノ''"::::::::ヽ/:::::::: r /
    |┃ (:::::::::::::::::::::::::::::::::)
    |┃ )ヽ、 __,ノヘ,、 __,ノ
    |┃  ヽ  ヽ ヽ ゝ 
    |┃_,.-|_,.-+─ '´
    |┃/    >_)
    |┃     (__)



やる夫はやる実と過ごすことになりましたが、おつむが弱いためどうしたら良いのか分りません。
そこで昨日、母親が言ったことを思い出すと、やる実の首に縄をくくりつけ、納屋に縛りつけました。
         
          __,,-‐ r ─―-- 、  :.
     :.   / _     ___  、\
       /    i    ,, _  \\ :.
     :.  /       i /    "ヽ:.ヽ:.:..ヽ.
      /    / ./"      ハ:.:.:ヽ::.. ヽ :.
     :. |i .i i  .i /        リ、',:.',:.lヽ}
       |i .i l 小i_, -   -、_: リ| l }:.:}     な・・・
    :. |i∧レ', :{ ,ィjモト   イjミ  从 V :.
       .    ヽ.', `o zZ}     izN o。ハ::{       なんなんですかお?
        :.   ゝ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ', :.    
            ヽ、.   ゝ._) , イ  :        ここ、納屋ですかお?
   :.   rィイ |" ̄"ヽ: >r/`<ノ ̄ ̄ヽ、:.  
      ∧l;l !   //{二 ̄ .}     //ハ.       なんであたし
 :.     {. ',ヾ、ヽi  { /(^`  |   /: : :.} :  納屋に縛りつけられてるんですかお??
       ) ヽ ヾ、ヽ ハ ヤ{   ∧  .-‐'": |                           ____
     : } : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l                        /      \
      ヽ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/ :                     /─  ─    \  かーちゃんに言われたとおりしただけだお
      |_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/                       / (● ) (● )   \
      ヽ     : : ヘ     : : {: : :/                        |   (__人__)      |   なんでそんなに怖がってるんだお?
       ヽ    : : :人      : : : / \ :.                     \   ` ⌒´      /
        ヽ : : : : :/イ{     :ノ: : : :.\ :.                   /           \
       :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ                  /               \
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',                /             l   |
       :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|        .、-ー'''''''一-   、--ー ̄ ̄ ̄一--    /
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l        、⌒(⌒)_⌒)  ( (⌒(⌒)(⌒)____/



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:30:40.01 ID:FsAkQ3LM0

初夜から首輪プレイとかマジパネェッスwwww





やる実が納屋に縛りつけられているのを見て母親は言いました。

                              ,. -‐―――‐-、
 かーちゃん、やる実ちゃんを        γ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 納屋に縛り付けたら怒ってたお      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    自分の奥さんを納屋に縛り付けてどうすんのよ・・・
     ____                 γ:::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ 
   /      \              (::::::::::::/_ノ  ヽ,_  \:::::::)   いいかい? 女っていう生き物はしっかり「目」をつけて
  /  ─  ─ \             \:/(● )  (● )  \ノ      浮気したりしないようにするもんなんだよ?
/   ( ●) ( ●) \              |     (__人__)    |
|      (__人__)   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /     かーちゃんが言ったこと、しっかり覚えておくんだよ
\      ` ⌒´   /            \/         \ 
/ .        /          _____ (   (   i  !
|           \          |\_____ \    (⌒ ノ
|          |ヽ、二⌒)     |  |ヽ、       ノ|



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:32:16.67 ID:vERGH1pt0

ううわああwwwwww



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:34:00.94 ID:JpJZLWBh0

かーちゃんにDQNモンスターペアレンツの臭いを感じざるを得ない





そこでやる夫は母親に言われたとおり、牛や羊、山羊の目をくりぬくと、やる実に投げつけました。


   (<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〈/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l<
:::::::::::::::::::::::::::::::,,ヅ彡ニミ;;,,::::::::::::::::::::F
:::::::::::::::::::::::::ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、:::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::Fミミ、, ゝ_●,ノ,, イ〃ノ::::::::::|=-<                このロリコンどもめ!
::::::::::´:::::::::::::::::゙゙'ヾ三≡彡'":::::::::::::::::,'、         ポイッ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ト          ミ    (<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ'            ミ ~〈/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       もうわけがわからないお!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/\_             〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    だいたいあたしはショタコンだお!
"そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ           ミ    ~ そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l<
⊂⌒ヽ.   / ̄ ̄ ̄\   /"⌒つ       ミ 、_ ,, /:::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ヅ彡ニミ;;,,::::::::::::::::::::F         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  \ ヽ/   ─  ─\ /  /            `V:::::::::::::::::::::::::::::::ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、:::::::::::::::l       / /" `ヽ _ノ( \
   |  |   ( ●) ( ●)\  | どんどん目を     l::::::::::::::::::::::::::::Fミミ、, ゝ_●,ノ,, イ〃ノ::::::::::|=-<   //, '/     ヽ⌒ 、 ヽ
   |  |    (__人__)   |  | 投げつけるお   v,ん:::::::::::::::´:::::::::::::::::゙゙'ヾ三≡彡 '":::::::::::::::::,'、    〃 {.._{ ノ  ヽ、 リ| l │ i|
   \ \   ` ⌒´   /  /               l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ト   レ! o゚((○)) ((○))゚o |、i|
    |             /         ミ 、m,.. ,ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ '       レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
    \_,,ノ          |          ミ  ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/\_       ヽ、  ゝ._)   j / 
     |            |                  "そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ             ヘ,、 __, イ   
                                                             r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                                                             {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
                                                             |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:34:39.13 ID:vERGH1pt0

ううううわああああああ



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:35:20.32 ID:fDAGFb3c0

ベアード様wwwww



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:36:09.28 ID:KTlTYq+10

猟奇的な彼氏





あまりの仕打ちにやる実は怒って逃げ出しました。
しかし、素直なやる夫は、何故やる実が逃げ出したのかさっぱりわからないのでした。

    |┃  _-‐ '´ ̄ ̄` ノ レ
    |┃ /  /" `ヽ ヽ  ⌒
    |┃//, '/     ヽハ  、 ヽ  こんな嫁を虐待をする家なんてまっぴらごめんよ!
――‐.|┃〃 {_{ \ liiiil /,リ| l │ i|
    |┃レ!小l( ○) (○)从 |、i|   ばか! あほ! まぬけ! おたんちん!
    |┃レ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ(⌒)
    (⌒ヽヽ、  ゝ._)   j / / /         ちんぽもげちまえ!
    |┃ノ  ヘ,、 __,  ノ:::::/ /
    |┃|ノ''"::::::::ヽ/:::::::: r /
    |┃ (:::::::::::::::::::::::::::::::::)
    |┃ )ヽ、 __,ノヘ,、 __,ノ

         ピシャッ  ミ |┃                          ____
                  ミ |┃                         /      \
                    |┃                        /─  ─    \  かーちゃんに言われたとおりしただけなのに
―──────────― |┃                      / (● ) (● )   \
                    |┃                      |   (__人__)      |   なんであんなに怒ってたんだお・・・?
                    |┃                       \  ` ⌒´       /
                    |┃                      /           \
                    |┃                     /               \
                  ミ |┃                   /             l   |
                  ミ |┃            .、-ー'''''''一-   、--ー ̄ ̄ ̄一--    /
                    |┃           、⌒(⌒)_⌒)  ( (⌒(⌒)(⌒)____/

                                         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    第2話 d⌒) ./| _ノ  __ノ
原作:グリム童話 『ものわかりのいいハンス』



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:37:02.59 ID:M3Gz5YWZ0

逃げれたのかw



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:37:17.61 ID:RBYUfnfo0

第2話乙
次も期待



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:37:44.69 ID:IISfJCpv0

グロendじゃなくてよかったw



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:38:12.95 ID:tyL3Yu5X0

ショタコンふいたwwwwwwwwwww



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:38:43.05 ID:FsAkQ3LM0

これ素直って言わないよwwwwwww



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:38:50.18 ID:3v4iGc7e0

相変わらずひどいwww





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: グ リ ム 祭 り 第 3 話 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::: 「 や る 夫 は 冷 た い 墓 の 下 」 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ある所に、父母を亡くしたかわいそうなやる夫がおりました。

【数年前】
          これアクエリオンって言うんだお
   / ̄ ̄\      /     \      γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /   _ノ  \   /( ⌒)  (⌒)\    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 |  ─(⌒)(⌒)/::::::⌒(__人__)⌒::::: \ γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 |     (__人__)|     |r┬-|     | (:::::::::/ ─    ─ \:::::::) やる夫は詳しいのね
 |     ` ⌒´ノ \     `ー'´     / \:/   (⌒)  (⌒)  \ノ
 |         }   ( r         |     |      (__人__)    | 
 ヽ        } ̄ ̄ ヽ○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\    ` ⌒´     /
  ヽ     ノ     \一万年と二千年前から~ /      \
   /    く \ |__| _ ..._.. ,\あーいーしーてーるー/   (    i  !
   |       \ \ \ /  \ 八千年~♪  /        (⌒ ノ
    |    |ヽ、二⌒)、^        |\_____ \
                       |  |ヽ、       ノ|
【現在】
      ( これガンダムOOセカンドシーズンって言うんだお )
   .::' """".::.      /     \        ,:::          :.
 .::.   _.:"  .::.   /  ─   ─ \      .:            :.
 :   :"".::"".: .: /   ( ○) (○) \  .:::    .::. .::. .::. .::.   :.
 :     .:....:::.....:. |      (__人__)    |  :.   .:: "   "  ::.    .: ( やる夫は本当に詳しいのね )
 :     """..: \      ` ⌒´    /   ::.:.::   :."".:  :."".:  ::..:
 :         .:   ( r          |      :     :....:::.....:    :
  :.        .: ̄ ̄ ヽ○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ::.    """    ..:
  ::.     .:"     \    本当の愛を     /       ::.   
   .:   ::. \ー( )( )\  知るのだろ~♪  /.   :.   :  .:
   :    .::. \        \           /       :."" .:
    :    :".、....."".::           |\_____ \
                       |  |ヽ、       ノ|



そんなやる夫に、転機が訪れました。
町1番の金持ち夫婦がやる夫を養子に迎えてくれたのです。
     , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒  Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....: :::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....: :::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::.. :::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ  ⌒  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::(  ( ⌒) (⌒)::( 
.      ハ::::ハ  ,,   r‐ァ リ) ) 安心しなさい 私たち夫婦があなたを育ててあげるわ
       ) ) )、     ̄ノくハ( 
      (,(.( ' ヘ    いノ:::))   しっかり「かわいがって」あげるから 常識的にね
      ノ/)`   ヾ  ソ ̄(( 、
    /: : : :\ :\\VLト、リ\:_: \  _______,r―ュ、
.   /: : : : \: : \::} |\ヽ ミー=ミ_: \| ̄ ̄ ̄ ̄ 匕二7
    |: : : : : : :ヽ: : : ムく:::::::\\\::::}: : :ヽ      ノ--- 〉
.    | : : : : : : :|: : : : : : :\::::::ヽヾ !:::| : : : |` ー==イ`ー-イ{

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \ 
          |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)  私たちには子供がいなかったから
             |     ` ⌒´ノ
              |         } 君のような子供がいると本当に「助かる」よ
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ      もちろん常識的にな・・・
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、 
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_ 
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!



しかし、夫婦はやる夫を家に住まわせた途端、態度を豹変させました。


 , ⌒ハ       ハ⌒ 、   いい? せっかく養子にしてあげたんだから、ぼこぼこにされたくなければ
j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::   i        働いて私たちに恩を返しなさいよ? ・・・返事は?
ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i     ___
ル:::::γ::::::     ノy:  :リ    ;/(>)^ ヽ\;
Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ ) ; ;/  (_  (<) \; サーイエッサー!
   リ::::::::::::::      ( /   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  (::::::::::::::        )ii   `⌒´-'´  u;  ノ;;
   ):::::::        ( \ヽ 、  ,     /;
  (,(.(  ル リ ルリ いノ ))/ \-^^n ∠   ヾ、
      ):::   (   ; 、  / ̄~ ノ __/ i;
     /::::::::    ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ;
    /::::::::::::::      \ /  ./   ̄ ̄ ̄/;

   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \   .       ,
 |,'⌒ (( ○)(○) ったく・・・ 飯食ってる暇があったら馬車馬のように働けってんだよ!
 |     (__人__)       .      ´
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  <` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            /            ヽ



こうしてやる夫は奴隷のような生活を余儀なくされたのです。


           / ⌒`"⌒`ヽ、:
         : /,,/ ̄ ̄ ̄ ̄\:
        :/,//::         \       やる夫はまだ義務教育も済んでないのに・・・
       : ;/⌒'":::..            |⌒ヽ :
     :/  /、:::::...           /ヽ_ \   学校にも行けず働かなきゃならないのかお・・・
    __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  ):
  ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" 




はじめ、夫婦はやる夫にジュウシマツの世話をさせましたが・・・

        ___
       /      \  ジュウシマツの世話は見てるだけだからある意味楽な仕事だお
     /  ─  ─.\
    /     ( ●)( ●)\   あれ? ・・・1、2、3   1羽足りないお!!
    |       (__人__)  |
    \. _   ` ⌒´ /                    __
    /   \       \                  / ① ヽ,
    |     \, -‐- 、-‐- 、               /        ',
    |\     \.  (" ̄ .入              {0}  /¨`ヽ  {0}        nnm
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )             l   トェェェイ   ',        ) /ノ
    |  / \,,_______人              ノ   `ー'′   ','      (  ノ
    |      /\    \  \         /´           `\    i |
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__     / /ヽ           ノ\ \   | |
              (______)___)  / /  |         |  \ \ | |      __
             __           ,..u´/     i          i    \`u.、|     /  ③  ヽ,
           / ② ヽ,      / ミノ      )         (     ヘミ. \   /         ',
          /        ',   / /`´     /  、     ,  \     `i'\ \  {0}  /¨`ヽ  {0},
         ,、{0}  /¨`ヽ  {0},,/ /   /⌒ヽ、'   /ヽ___ノ \  \   ノ  | \ \l  トェェェイ   ',
         ノ/i   トェェェイ   ' イ    / /⌒l | /          \  ヽ 〈   |  \ノ   `ー'′  ,'
        ( )    `ー'′     `ー' /   | |)               (  /  )   ̄ ̄         ヽ
         i' | ゝ            γ     ノ Ll、           l /  ノ            /ヽ |
         | ヽ⌒           ヽ____|__)__r⌒l  l⌒i__,..!-'一´           /   \\
         ゝ.ノ/\________________|   |______,. -―――――‐イ      cl_l_iゝ




            ___
         二 / ヽ  / \
    二 r⌒ヽ / ;;( ○) (○)  こらー! そこの芝植え爬虫類!
    二/ /\ .| l|lii!:::::(__人__):i
   二〈__/  }| ::::::u; /  / ;::| やる夫のジュウシマツを食ってんじゃねーお!!
      二 / \     `⌒´_/
     二 /           \
    二 /      / ̄ ̄ヽ )
  _  r  /⌒ヾ/   //
 "ヽ |  i,     i    (_ノ
   | ヽ/ ヽ、_/  /
   ヽ、_/ / /                   /ニYニヽ
       (/               (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /) こいつ、美味そうだから喰ってやるっていうwwwwwww
                        (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
                       /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \         ___
                      ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )       /  ④ ヽ, :
                           \   |r-_,,..、;  /           :/ iiiiiiiiiiiiiiii  ',
                            |  | | .二二二二二二二二二  ̄ ̄> /¨`ヽiiii{0} :
                            |  | |`|   |    : /´ ̄ ̄>./ヽ._.ノ iiiiiiii 
                            |  `ー'    |     /'   / /   `ー'′  |
                                       : ,゙  //  <______/| :
                                         |/_/|________/ヽ
                                       : // 二二二7      __     ヽ
                                       /'´r -―一ァ"i   '"´    .-‐  \ :
                                      :/ //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                                     :ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  } :
                                    _/`丶       ::i       {:::...       イ ;



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:52:06.24 ID:pRPjYaSw0

>>142
でっていうww

さっきは窒息死だったがw
支援w



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:52:13.87 ID:s7ERIwTg0

>>142
だれか芝植え爬虫類を解説してくれ・・・・・・





はぐれたジュウシマツをでっていうに食べられ、やる夫は腹を立てた夫婦にうんと虐待されました。


 , ⌒ハ      ハ⌒ 、
j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::   i ・・・あんた、でっていうごときにジュウシマツ食われたんだって?
ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i 
ル:::::γ::::::     ノy:  :リ 
Y ノ ::::::::::::::     :ルリノ )             ___
.  リ::::::::::::::       (            /__ノ ヽ,_\   ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごっ・・・ 
  (::::::::::::::        )     \  `  o゚((○)) ((○)) ゚o 
.   ):::::::        (       \/ :::::(,. -‐‐-、  ) :::\.  / ┃・・
.  (,(.(  ル リ ルリ いノ ))        レ!` . ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'从 |、i|  ┣━  ━━┓・・
      ヽ:::   (_      .― ‐ ― ',`冫|:::::: :: :   |イ'; j /| -- ┃―      ┃      ┃
      /:::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒)..          ━━┛ ┃┃┃ ┃
     ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ  \             ━┛ ・
      ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i


              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=) \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)    / ̄ ̄ \
        / ||    ` ⌒|||   ,/   /)し  _ノ  \
        / / |\/ /  /l |  ̄     | ⌒ ( ●)(●) 二度目は許さねぇからな この愚図が
        / /__|  \/ / | |.        |     (__人__)
                          |     ` ⌒´ノ
                             |         }



そこで次の日、やる夫はジュウシマツ達にひもを付けてつなぐことにしました。
これなら1羽だけはぐれる心配はありません。
       __               __                  __    
     / ① ヽ,            / ② ヽ,               / ③ ヽ,  
    /        ',           /        ',             /        ',
    {0}  /¨`ヽ  {0}          {0}  /¨`ヽ  {0}            {0}  /¨`ヽ  {0}
    l   ヽ._.ノ   i          l   ヽ._.ノ   i                l   ヽ._.ノ   i
    |.   `ー'′  |          |.   `ー'′  |            |.   `ー'′  |
r--―l         ヽ_    r---―l         ヽ      r---―l         ヽ
  \         l  "ヽ, /     \         l "ヽ  /    \         l "ヽ
.   \        |    "ヽ      \        |   "ヽ      \        |   "ヽ
.     \ _  __ | ._   |       \ _  __ | ._   |       \ _  __ | ._   |
      /,  /_ ヽ/、 ヽ_|       /,  /_ ヽ/、 ヽ_|       /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
     // /<  __) l -,|__) >      // /<  __) l -,|__) >      // /<  __) l -,|__) >
\.   || | <  __)_ゝJ_)_> \.    || | <  __)_ゝJ_)_>\.    || | <  __)_ゝJ_)_>
 \.   ||.| <  ___)_(_)_ >   \.  ||.| <  ___)_(_)_ >   \   ||.| <  ___)_(_)_ >
   \_| |  <____ノ_(_)_ )     \__| |  <____ノ_(_)_ )     \__| |  <____ノ_(_)_ )


                            ∩_
                           〈〈〈 ヽ
                   ____   〈⊃  }
                  /⌒  ⌒\   |   |
                /( ●)  (●)\  !   !   こうやってつないじまえば
               / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
               |     |r┬-|       |  / 1羽がはぐれる心配もないんだお
               \     ` ー'´     //
               / __        /
               (___)      /



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 21:56:06.99 ID:s7ERIwTg0

>>148
おつむのよわいやる夫じゃないんだよな、混乱するお





早速アイデアを実行したやる夫ですが、新しい家に移って以来、満足な食事をとっておらず
空腹と疲労のため、うとうととうたた寝をしてしまいました。


                          / ̄ ̄ ̄\
                        / ─    ─ \
                      r-/  (_)  (_) \ 全部つないでるから逃げる心配もないお・・・
                  l │    (__人__)    |
               ,r::'::::l \_    ` ⌒´    /ヽ      それにしても腹減った・・・
    r‐ 、       _  i:::::;::;_;l-'´` ‐  ._    _,、_'   i、._
    l    `-、..-i' ´  ヽ_,.ゞ- 、      r ' ´ ̄       /:::::::::`ヽ
   !     ,..rー、    ヽ.  ヽ     ./     _,...-::'´:::::::::::::_;/
    ヽ、   /     ,ヽ.    i.   ヽ   -r:::::'::::´:::::::::::;::::-‐::':´::::::)
      `‐/ 、__ ./ヽ,入_,ノ     l  ,r'´ ` ー ::::_::::::::::::::_;:::- ' ´
     _,/     /.  ヽ_   _,.. -ヘ-'         ̄
  r' ´      ヽ       ̄
  ヽ、      _ノ
     ̄ ̄ ̄ ̄



やる夫が目を覚ますと、ジュウシマツは1羽残らずでっていうに食べられてしまったではありませんか。


      / ̄ ̄ ̄\
    /ノ     ヽ、 \        ごるぁ、てんめー!!
   / ( ○)}liil{(○)  \.
   |    (__人__)    |  うたた寝してる間に何さらしとんじゃー!!
   \ ヽ |!!il|!|!l| /  /_____,,
  /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i
 i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
/(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、    をノ
(::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)             /ニYニヽ
   (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/          /( ゚ )( ゚ ) \       ミッションコンプリートっていうwwwwww
   ヽ" | ゙''' -r|    |    !          /  ::::⌒`´⌒::: \
      | "''ヾ!|     .|         ゲフッ ,,,,,  ,-)___(-,  \   さすがの俺様も3匹まとめてたいらげたら
       |    i|   .|            ε ニ  |-┬-|       |
       |   /| , il |             ""   `ー'´      ,/ メタボになっちまうっていうwwwwwwwwwwww
                          /  ` ー─ '   ┌、 ヽ
                          /            ___( {   \
                       /            〔― ‐}    |
                      /               }二 コ\   |
                      l              └―イ   ヽ |
                       l                   i   ヽl



やる夫は恐る恐る養父にそれを伝えました。話を聞いた夫婦はうんと虐待を加えました。
そして、仕事をパシリに変更すると、裁判官の麻呂さんの家にzipを持っていくよう命じました。

ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i 
ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
Yyノ ノ :ノ...:ノ \  / ::::::) ルリノノ 2回もでっていうにジュウシマツ食べられてんじゃないわよ、この間抜け!!
   リ::::::( ( ○) (○):(   
.   ハ::::ハ    r‐ァ リ) )⌒l 
    ) ) )、    ̄ノくハ(|`'''|              `    ,. _____
     / ⌒ヽ  ノ     |  |              ,  ゜;,/__ノ   ヽ,_u:::\ 。
   /  へ     \__/ /     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));゚o ヽ‐─────‐‐ ン
 / / |   ノ  ノ   ノ             _゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .゙ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごm!!
( _ ノ    |      \´__,,       ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
       )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
       ノ/             ≡≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
       ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  <` `` `

              ノ レ ̄ ̄\
              ⌒   _ノ  \
             |    ( ⌒)(⌒) ジュウシマツの世話すらできない役立たずは、パシリにでもなってもらおうか
.             |     (__人__)   今からzipを麻呂の家に持って行け  ・・・おい、返事はどうした?
              |     ` ⌒´ノ        
.              |    .    }       , ´
.              ヽ        }      (  (( ジュウウ
               _ヽ     ノ`ヽ、_     ) ))____
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (( ./_ノ   ヽ_ \
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)/ (○)) ((○))゚o  サーイエッサー!
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁/ ⌒(__人__)⌒  l
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉| |   |r┬-|    | 
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ | \   `ー'´    /



やる夫は言われたとおり、山ほどのzipを担いで麻呂さんの家を目指しましたが・・・
普段からまともに性欲を吐き出していないやる夫は、1つ2つと勝手にzipを解凍してしまいました。

          ____
        /_ノ   ヽ_\
       /( ●) ( ●)\        これだけzipがあったら1つ2つ解凍しても
     / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     |        ̄      |          いいような気がするお・・・
     \              /
      /           \  エロゲも買えないやる夫は、それくらい許されるべきなんだお!
    /     ___     ヽ
    (   丶- 、|   .| / ̄ヽ  i
     `ー、_ノ.| zip. | ヽ.___ノ
           .|___|


     ____
   /      \
  /  _ノ '  ヽ_ \ クリック・・・ ドラッグ・・・ 解凍・・・ しこるお!
/   (≡) (≡)  |       ________
|  /// (__人__) ///|      . | |          |
/      ` ⌒´   /      ..| |          |
(  \シコシコ   ´   \         | |          |
.\  "\    .-一'''''''ー-、   ,;;;| |          |
  \  l||l  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) :::| |_________|
┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐ __,| |  |_
   シコシコ             



麻呂さんの家に着くと、やる夫は残りのzipを渡しました。

          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /      御苦労でごじゃる
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /



しかし、夫婦はzipに手紙を添えていたのです。
手紙に書いてあるzipの数と渡されたzipの数が異なっていたため、麻呂さんはやる夫に尋ねました。

        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′                やる夫殿・・・
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /  手紙に書かれているファイル数と実際のzipの数があわないのじゃが?
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_     場合によっては法的措置をとることもあるぞよ?
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、

                                     ____
                                   /      \
                                 /  _ノ  ヽ、_  \       実は・・・ やる夫は、もらわれ子で
                                  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
                                |     (__人__)     | エロゲも買えないからついzipを解凍してしまって・・・
                                \     ` ⌒´     /
                               /           \
                              /               \
                             /             l    |
                     .、-ー'''''''一-   、--ー ̄ ̄ ̄一--    /
                   、⌒(⌒)_⌒)  ( (⌒(⌒)(⌒)____/



やる夫が訳を話すと、麻呂さんは夫婦にもう一度同じ量のzipを持ってくるよう手紙を書くと、やる夫に渡して帰しました。


               /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l    
               l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_
              lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ            ・・・事情はわかったでおじゃる
                  l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//
                   ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/′       麻呂も人の子、そなたの状況はよく理解したぞよ
               1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/
                 ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′          貴殿のご両親に手紙をしたためるでおじゃる
                ゝ、  / :.  :r-、        彡
              / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、  
          _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、       この手紙をご両親に渡して明日もう一度来るがよい
      _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、
    ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、
 /            \ \:::::::::ゝ、___,,.. ‐ "   //:::::::::::::::l ,'     `''ー-、
'´               \ ヽ、;:::::ヘ 、       //::::::::::::::::ノ /         ヽ




次の日、やる夫はもう一度zipを運ぶ仕事をするのですが
やはり溜まりに溜まった性欲に負けたやる夫はzipを1つ2つと勝手に解凍してしまいました。

     ____
   /      \
  /  _ノ '  ヽ_ \ やめられない止まらない~♪
/   (≡) (≡)  |       ________
|  /// (__人__) ///|      . | |          |
/      ` ⌒´   /      ..| |          |
(  \シコシコ   ´   \         | |          |
.\  "\    .-一'''''''ー-、   ,;;;| |          |
  \  l||l  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) :::| |_________|
┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐ __,| |  |_
   シコシコ             



さらに今回、やる夫は夫婦から渡された手紙を捨ててしまいました。これで麻呂さんにzipの数がばれないはずです。
            ____
          /     \
         /  ⌒  ⌒  \
       /   (●) (●)  \
       | ::::::⌒(__人__)⌒ ::::: | 
        \     `⌒´     /
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '|                   |
  / :::::::::::|                    |__
  / :::::::::::::|      麻呂宛の手紙     rニ-─`、
. / : :::::::::::::|                   `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                  |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                  |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|

            ____
          /⌒  ⌒\           シシシシシシシシッ
        /( >)  (<)\
       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ これで麻呂さんにはzipの数がばれないんだお!
       |    /| | | | |     |   秀吉もびっくりのやる夫の作略なんだお
       \  (、`ー―'´,    /
   | ̄ ̄ ̄〉,ァ''" ̄ ̄ ̄   ゙ア´ ̄`;/ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |     `r´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、\     |
 ,-┴-、  〈.,, ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/.く      |__
/ .-┬⊃ 麻<    ,;,, ;;; ,,;;       ,fr::<紙  rニ-─`、
! ;;ニ|    /    ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:ノ     `┬─‐ j
\_|    <    ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:〈      |二ニ ノ
   |    <    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.<     |`ー"
   |__/:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:∠____|     ビリィィィ



麻呂さんの家に着くと、やる夫は何食わぬ顔でzipを渡しました。すると麻呂さんは・・・

       | |     |         ::l:::    ._:_::::::::::..  |
      l l     | _......_     ::l::   :r'´    :::..  |
      | |     ,r´⌒ヽヽ    ::l::   :i::  ___.. -‐ '"} ̄ ̄ ¨  ― -- 、
      l l     {    }ノ...__.::i::::.  -‐ '´ ○)_..  '"      _..  ‐''"
      | |    _.ゝ、__. < (○   _..  -‐ '´    _.. r‐''"
_   _. { l ‐ '"         ̄ ̄        _,,、 /ノ )
`ヽ、 ̄  j l                _.. ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
   `` ―ハ ----r.r rョ―-ー:ェ...,,_     _,,..,,_    l;;;//
      ヽ)}    ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//  ( こやつのことじゃ、ちょっとカマをかけるでおじゃるよ )
       | |    `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
        ||      ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´ やる夫殿、昨日同様、zipの数が足りないようでおじゃるが・・・?
       | |      li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
       {.l       t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
       ヾ       ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
        ())))ニニニニニlニ>=ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
             , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
            / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
                                     ____
                                   /⌒三 ⌒\
                                 /(○)≡(○ )\  てててて手紙を捨てたのになんで分るんだお・・・
                                  /:::::⌒(__人__)⌒::::::\
                                |     |r┬-|  J  |    麻呂さん、バーロー並の推理力だお
                                \ U  `ー'´     /
                               /           \    実はかくかくしかじかで今日も勝手に
                              /               \
                             /             l    |   zipを解凍してしまったんだお・・・
                     .、-ー'''''''一-   、--ー ̄ ̄ ̄一--    /
                   、⌒(⌒)_⌒)  ( (⌒(⌒)(⌒)____/



やる夫の涙ぐましい状況に同情した麻呂さんは、やる夫にもっと人間らしい生活を送らせるよう手紙を書くと、やる夫に渡しました。

                 /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
                  lミミ   (三シ`‐---  ___::::::::::::::::: 
                   lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
                fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三           やる夫殿、安心されよ
                | !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ
                |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ      麻呂がご両親に待遇を改善してもらえるよう
                lリ      _/     `Uニ``   |ミミ/
        ,. ''´ ̄ ̄ ̄`ヾ!:、    f´'′  :^ヽ  o     ,.lミ/        今一度、手紙をしたためるでおじゃるよ
      /         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、 O ,. " }シ
     /      _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\  さしものやらない夫も、麻呂の手紙を読めば理解を示すじゃろうて
___/ _,. -‐ ''"´     /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
  //'´        ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | | 
/ /          i //ヽヽ、 ,ヘ          , '´     //  今後はzipを手に入れたら麻呂に一言声をかけるのじゃぞ?
  /           、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´     //

                                            ____
                                          /_ノ ヽ,_ \
                                         /(ー)  (ー)) \
                                       /   (__人__)U   \
                                        |    ` ⌒´ o     |    麻呂さん・・・
                                         \           /
                                          /         \   お心遣い、ありがとうだお
                                         |             )
                                   .    |  |         /  /
                                         |   |       /  / |
                                         |  |      /  /  |
                                        (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                       (___ノ-'-('___)_ノ



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:17:45.21 ID:NChggDw/0

麻呂良い奴すぎんだろ



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:17:51.48 ID:zvxKq13U0

綺麗な麻呂だが…裏目に出そうな気が





そんな麻呂さんの手紙を読んだ養父は・・・

        , --────-- 、
      /           \                   てめぇ、麻呂にちくりやがったな? まあいい・・・
     /              \
   /             l     \          手紙によると、子供にしっかりzipを集めさせてやれってことだったがな
  ./             ノ::::::::::::::::::::::.\   
 /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \          「働かざる者zipを集めるべからず」っていう格言知ってっか?
|         / / ̄\\:;;;;;;:// ̄\\          この家でzipを集めるなら、それだけの労働はしてもらう
|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |. ○ .||
 |         \ \_/ /::;;;;::\\_//  そうだな・・・ 今日の午後5時、俺が外出から戻るまでにオプーナをワゴン1つ分完売しろ
 |             ,/   ::|::     \     売れなかったら、しばらくオナニーできないくらいぼこぼこにしてやっから 覚悟しとけよ
  |            |    |     |
  |            |    |     |                       =二=二 ̄ 
  |             \__/\__/|         ,. ,._   ,.-,.、       -=二_ニニ
  |               トエエエエエイ  |         // j / / ノ     -=ニ_ ̄
  |                   '.{    :l    }/ /     __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
   |                   .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
  丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
    \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
     \                  u     / ,.--、    /   /  /
      ヽ                / }ヽ \  ノ   _}  / \



こうしてやる夫は、オプーナを売る仕事を押し付けられたのです。


       / ̄ ̄ ̄\:
     :/  _ノ ヽ,_ \ :
   :/o゚((●)) ((●))゚o              よ、よくぞこのスレを開いてくれたお
   :|     (__人__)     |         ほほほ褒美にオプーナを買う権利をあげるお・・・
    \    ` ⌒´    /   ,,    
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/  ( こんなクソゲーをワゴン1つ分売るなんて1年あっても無理だお )
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、. :
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.:
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \ :
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / オプーナ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄オプーナ/|  ̄|__」/_オプーナ  /| ̄|__,」___    /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /|  / .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 22:20:18.98 ID:zvxKq13U0

オープナーをワゴン一つ分って無理ですwwww




頑張ってオプーナを売ろうとしますが、当然の如く誰も見向きもしてくれません。
そうこうしているうちに約束の時間が来てしまいました。

     /  ̄ ̄ ̄\
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  5時だお!5時だお!5時だお!5時だお!5時だお!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
  / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
  / /    |     \\
 | | 9   ○    3 | |
 | |       \    ||
  \\   6     //

     //ノ ̄ ̄`ヽ、// // ////
     / ´`ヽ _  // // //
     (--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄///
     (  ...|  /!
     (`ー‐し'ゝL _
     (--‐‐'´}    ;ー------
     `ヾ:::-‐'ーr‐'"_
    _/⌒  ⌒\_
  /:●))(__人__)((● \ 5時だっ
  |     |r┬-|     |  ぐぇあ
  \      `ー'┃     /
  / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
  / /    |     \\
 | | 9   ○    3 | |
 | |       \    ||
  \\   6     //



やる夫は自分の境遇に絶望し、いっそのこと死んでしまおうと思いました。

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  もうちょっとだけでも子供らしく生活したいんだお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でもおじさんおばさんが許してくれないんだお・・・
  |     (__人__)    |   逃げようにも、お金もつても無いんだお・・・
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから自殺してやるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



そこでやる夫は、夫婦がいない隙に、普段から飲まないようきつく言いつけられていた「毒薬」を飲むことにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    この壺に入ってる液体はさk・・・毒薬だからな
             |     ` ⌒´ノ
              |         }  絶対に触ったり飲んだりするなよ? 絶対だからな!
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ       念のため、紙に書いておくぞ          _____
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、                               /     \
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_                            / ─  ─  \   サーイエッサー
                                                / (● ) (● )  \
            ___                                  |     (__人__)     | 
        、=ニ二´ー`二ニ=.,                              \    ` ⌒´     /
     !ヽノ_i、::::::::::: ̄ ̄::::::::::丿_∧                            /           \
  ∧_∧' 々 」:::::::::::::::::::::::::: L´ー`)                          /               \
 (´ー` )(__)  ::::::::::::::::::::::::::::::(__) ∧_∧                     /             l    |
  ヽ /:::::::.....            \´ー`)            .、-ー'''''''一-   、--ー ̄ ̄ ̄一--    /
  (__)::::::l\:::::::::::::::::::/i::::::::::::....    i   )           、⌒(⌒)_⌒)  ( (⌒(⌒)(⌒)____/
    !::::::::,!  ー──'"  !;;:::::::::::::::::::: (__)__/
    l::::/ /     ヽ    "i::::::::::::::::::: l   
    l |    | ̄|        |::::::::__l\   ┌────────────┐
     !ヽ  ノ.-┤      /:::(_ ____)   │                     │
  ∧_(_)'ー──── '"::::::::::!__) :/     │  ど く い り  き け ん   │
  ( ´ー`):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      │                    │
   (___(__)::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::ヽ_∧       │  の ん だ ら  し ぬ で   │
      i:;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;:iー`)      │                  │
        ""''''─----─''''""         └────────────┘



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~○~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ___                           O
        、=ニ二´Д`二ニ=.,                      o
     !ヽノ_i、::::::::::: ̄ ̄::::::::::丿_∧                    ゚
  ∧_∧' 々 」:::::::::::::::::::::::::: L´Д`)             /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 (´Д` )(__)  ::::::::::::::::::::::::::::::(__) ∧_∧       /:             \ 
  ヽ /:::::::.....            \´Д`)    /: :             \
  (__)::::::l\:::::::::::::::::::/i::::::::::::....    i   )  /::: : :               ヽ    ・・・なんて言ってたし、こいつを飲めば
    !::::::::,!  ー──'"  !;;:::::::::::::::::::: (__)__/   |:: : : :                  |   やる夫はすぐに楽になれるはずだお・・・
    l::::/ /     ヽ    "i::::::::::::::::::: ll     _;|::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、           |
    l |    | ̄|        |::::::::__l\ /::::ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,.     /`、  これ以上いびられながら生きていくのに
     !ヽ  ノ.-┤      /:::(_ __ __):::::| |\;;;;;(● ) : ::: : (● );;;:;:. // ∧   やる夫はもう耐えられないんだお・・・
  ∧_(_)'ー──── '"::::::::::!__) :/ ⌒ー,-┴‐‐~ 、  (___人___,)  ;;:::/:/ /::: ヽ
  ( ´Д`):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ::::,:::..    " ニニヽ、  ` ⌒ ´;_ ィ::::::::::/ /::::::  \
   (___(__)::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::ヽ_∧ ;;;;;_;、:::::.__yニニ'ー-ァ ゚‐─‐────‐──────‐──────‐
      i:;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;:iД`)    ̄      ̄
        ""''''─----─''''""     




・・・「毒薬」は実はお酒でしたが、やる夫はそんなことはわかりません。
やる夫はべろんべろんに酔っぱらいました。


   なοΚΝ丁んと皿庁∇♀お!       γ⌒) ))  これ¥σ¢παすぐ△♪Ⅳ⊿θだお!
        ___(⌒ヽ             / ⊃__
       /⌒  ⌒⊂_ ヽヾ          〃/ / ⌒  ⌒\
(⌒ヽ∩/( ◎)  (◎) |(⌒ヽ       γ⌒)( ◎)  (◎) \ ∩⌒)
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、三  三 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  \ \    )┬-|   / /> ) )) ( (  <|  |   |r┬(    / / ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 三 ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  \ \ /                               / /

       ・+     ,-i| o.+  ___   。*゚}‐ 、゚ + |
       ゚ |i   | {r|! *l:  /⌒ ⌒\   ノヾ}  |
       o。!    |! * .゚ /( ◎) (◎)\  レ ノ  ゚|
         。*゚  l ・ /::::⌒(__人__)⌒::::\o  ゚。・ ゚
        *o゚ |   |    |r┬-|     |   *| 
       。 | ・   o ゚ l\    ` ー'´     /*゚・+゚ ||          幻覚が見えてきそうだお!
        |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
       * ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
        |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚       これも毒薬の効果なのかお?!
        o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
       ・| + ゚ o }  }                ヽ O。
           _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
           >        i          <
        ヽ |二二]  ┬┬ フ乙  ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
        ヽ |├─   |フヒ.| ___|___.  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
        / ノ |___.  ├-┤ .|   / | ノ \ ノ L_い o o
           >    ̄ ̄            <



酔っぱらったことを、毒が回ったためだと思ったやる夫は墓地に向かうと
適当な墓石を探し、その中にもぐりこみました。
                  . . . . ...... . . . . . . .... . . . . . . . . . ........... . . . . .
             n      . . . ....... . . . . ...... . .    . . . ....................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.............
             |] p    . _ . . . .            . . ..........:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:........ . .
             }| {}       ,! | . .              . . .....:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... .
-‐‐‐‐‐:‐‐‐.:‐‐‐‐‐‐‐‐'ー'‐‐‐‐‐‐┴┴‐‐- 、,,_           . ....:.:.:.::::::.:.:.:.:. __,,.. --- ''"
_ []  .:  .:      ロ  [|     __ ロ   `゙゙'''''ヾ、,,       . ._,,. - ‐‐ ''"´
::|  .:  .::   []       卩 |::|   ___      `゙'ヾ、___''_´_       _
  .:   :::.   口 冂        []  |::.|____          ,.---、、  |;:;:::|
  .:    :::.        ____       Π  |::::;;|    .ji ||    |;;::.:.;;;|:|   |::;:::|   ,.-、
 .:     :::.,.‐‐‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|   |:;:::|
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐  |::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄] ┌─┐
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       r‐‐‐
|:.:.:| | ! ll , -────- 、 | : ::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐     |`r‐‐
|....:| | ! i/. : : : : : : : : . .  \ :::::;::;:;:;:;:;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘     | :|;;;;;
. ̄.´l/:: : : : : : : : : : : : : : :. \:;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_                  | .|;;:;:
 ̄/:: : : : : : : : : : : : : : : : : ::.  \::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]               | :|:;;:;
/:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.;   \ ; :::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄                |. |;:::;
|::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:::; ;:   | :;;;|::::!                           |: |;;:::
|::.: : : : : : : : :.: :. : : : : : : : : : : :.::    |:;;;;;|..::!                           |; |;::::
\::.: : : : : : .:.: :.: : : : : : : : : : :.::  /
  \:.:、: : : ::ヽヾ:.: : : : : : 、::.  /     せめて・・・ 死ぬ時くらいは
   /: : : : : : : : : : : : : . \' ´
 /: : : : 、:.: .:,: : : : : : : : : .. \    人間として墓の下で死にたいんだお・・・
./: : : : : : ::.: : :.:: : : : : : : : : : ::.. ヽ. 
|:.: : : : : .:: :: ::. : : : : : : : :.:: : : :.:..  l
l::.: : : : .:;ノ::.:.::.ヾ、:: : : : : ::y:::.: : ::  |
|::.: : : :.:: : : : :: :.::..: : : : : .::|:::.: : : :. |



墓の下でじっとしていると、遠くから美しいメロディが聞こえてきました。


                             ./
                          .  ./
____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        やっつっつぁっぱり りっぱりらんらん♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|         てっきたり りんらん てぃちたんどぅら♪  >
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::| 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_   .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(ー) (ー )゚o     .ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'      i:|      何やら美しい曲が聞こえてきたお・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ / |::::| いよいよ天使様がラッパ吹きながらお迎えに来たのかお・・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\.|::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/  .ヽ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ / \  ._丿|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄: :: .:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::|



597 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:16:00.54 ID:c9qsT0Eo

ロイツマじゃねえかww






本当は近くの酒場で流れていたお祝いの音楽だったのですが、やる夫はそんなことはわかりません。
いよいよ天国に召される時がきたと勘違いしてそのまま寝込み、墓石に体温を奪われ凍死してしまいました。

        ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
        ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
        ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
        ::::  ::::/   ::     \::  :::  ::
       ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
       :::  |  ::   .(ー)  (ー)  | :  ::::
        :::   \     (__人__)  ,/ :  :::
        ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
        /´               ヽ  :::
       |    l              \:::
       ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
        ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

  ─┐||┌─┐ l ─  ‐┼‐   ‐┼‐ヽ l  ノ │ .|  |   ‐┼‐ ‐┼‐
        日  フ 口  メ   __|__  フ |┬   |  |   ‐┼‐  d
  (__   .六  ↑ .田  (___  (丿 ) ↑.ノ│  ノ  ヽ__ノ (丿\ ノ



翌朝、やる夫が墓の下で凍死したことを聞いた夫婦はびっくり仰天です。
料理をしていたことも忘れて、かまどに火をつけっぱなしのまま、相談を始めました。


     , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ \  / ::::::) ルリノ     ちょっとやらない夫!
      リ::::::( ( ○) (○):( 
      ハ::::ハ u ,,  r‐ァ リ) )     やる夫が凍死したらしいじゃないの
       ) ) )、    ̄ノくハ( 
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  私たちがやったと思われたらどうするのよ?!
      ノ/)`   ヾ  ソ ̄((
    /: : : :\ :\\VLト、リ\:_:                       / ̄ ̄\  
   /: : : : \: : \::} |\ヽ ミー=ミ_:                     /_ノ ヽ、_ \    おおお落ち着け
                                         l (○)(○ )   | 俺たちは何もしてなかったんだ
                                         | (__人__)    |
                          ....,:::´, .          | `⌒ ´    | 警察が来たとしても無実だろJK
                         ....:::,,  ..           {       J ノ
                       ,):::::::ノ .             {  u      /   ・・・なんか焦げくさくないか?
                      (:::::ソ: .              ヽ__ __,.、/   
                      ,ふ´..               、 i,゙.、,!、,..-ー/:::::::l::゛'' ―- 、 ,_ 
                    ノ::ノ               _ -、゙:!゙|||||l _、<、;:::_|::::::::::::、:':゙::;;;;;;゙i
                                    、ー":::</l i||゙ ''゙/:::::::\:::::::::::::i:::::;;;;;;;;;;;ヽ
                                   !:::|::::::,r'::::|i||||. /:::::::::::/::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i .



義母が台所から離れている間に、かまどの火はどんどん大きくなり、家中に燃え移りました。


       .;".;"     ..;.;".;":      ..;.; 
        .;".;": _.从从;.;___.;"__.;":从__.;".;;:        ;".;"
;":    : ..;".从;;:        从          从\   .;.;".;
.;".;;:    从 ノノ:;".;": ..从;.;".;;: .;";  ": ;";"  .;"从 .;".;
.;"     /;   .;".\从..;"   从从从.;"人w :" ;从 \从;"
 ;".;" 从"..  ;;:.;    \;".; 人   .;.从_   ;".;"   从从
   ;ソ;"ノ  ;".;"  从人  从从从ー从‐‐;".;"――‐;".;"从ー"―;从ゝ;" 
 从;;: 人  ;:从从从;".;":   ;".;":从.    .;":从.;"从 ;". ノし从人 < 私のウルトラ兄弟BL同人コレクションがー!!
   | ;:  ;".;": ..;".;;:  从从| 人  ┌"―――┐┌;".―从┐.;| ".
   |    |从从从.;"从 人 ノし |   从 |      | |      |;:|ノし从   < 俺のゼロの使い魔抱き枕コレクションがー!!
   从  :从;"从从从;";" | 从从从   ;:└‐〃"―从;.〃"; ー从;从:;|;:从
―     从从―――; ;".;";;"从ww   从从;".;":从. ̄ ̄.;".  ; ̄




夫婦は命だけはなんとか助かりましたが、財産のほとんどを失い、その後は貧乏に暮らしたということです。


     , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i                  / ̄ ̄\
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i                / ヽ、_ iiiii \
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ               (○)(○ )iiiiii   |
    Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ ヽ、_::::::) ルリノ                (__人__)     │
      リ::::::( ( ー):: (ー):(                    (,`⌒ ´      |
      ハ::::ハ ,, !!!! __ !!!!リ))                     {        |
      ) ) )、     ノくハ(                     {        ..:/
     (,(.( | | )  ) ノ:::))                      ` ー     \
     ノ/) | |  / | | ((                      /    _    l
     ム__l |_/ | |                      /  ̄`Y´   ヾ;/  |
___/    | ⊥_(  | ⊥_ ______________,|    |    |´  ハ
    |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                      |    |    |-‐'i′l
   (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                    γ__/__ノ   7'′
     `ー、、___/`"''-‐"        ⑩            ("__("__ノ__,,ノ\
                        ⑤ ①                         \



 本日はとびっきりの意味不明&鬱話を選んでみましたが・・・
     皆さん、今回の童話は楽しんでくれたかな?

            _____
           /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|     
           |::::::::/ ⌒  ⌒ |     ○______________  
          |:::::::〉 (⌒) (⌒) |     ||                    /
          (@ :::⌒(__人__)⌒)     ||   今日のお話は       /
           |     |r┬-|  |     ||                  /
           \    `ー'´ /     .||  これで終わりです    /
       .....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、     .||              /
       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ  ̄  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |  \/゙(__)\,|  i | | |(_ 〉
           >   ヽ. ハ  |   | | ∪(_ 〉
                       ( (_ 〉

            _____
           /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       r、r.rヽ.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|         なになに・・・? やる夫を虐待しすぎだお 謝罪と賠償を(ry?
      r |_,|_,|_,|:::::::/  ⌒  ⌒ |
      |_,|_,|_,|_,|::::::〉 (ー) (●) |               毎回毎回原作レイプしすぎだろJK? 
      |_,|_,|_人 (^ i⌒(__人__)⌒)
      | )   ヽノ |   ` ⌒´  |           変な規制くらいやがってvipスレのみなさまにあやまれ?
      |  `".`´  ノ      /
      |   入_ノ        こんな話より、いく夫さんと一緒に「大人の見学会」に行きたい(性的な意味で)?
      \_/
       /



604 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:20:08.79 ID:0FMzbuQo

おつ。

おかげさまで専ブラでパー速が見られるように仕様変更できたよ。





            虐待とか、原作レイプとか、なーんのことだかわかりませ~ん

         そんなことよりモニター越しに僕の胸に飛び込んでおいでマイハニ―♪
                       *        +
                          _____   
               m n _∩     /.::::::::::::::::::::::::::.丶   +   ∩_ n m
              ⊂二⌒ __)  +  |.::,r'⌒Y⌒ヾ::::::.丶     ( _⌒二⊃
                 \ \     | ⌒  ⌒ ゙i::::::::|    / /
                   \ \   | (⌒) (⌒) 〈:::::::|   //
                    \ \ (⌒(__人__)⌒::: @) //
                      \ \|  |-┬-|     |//
                       \ \ `ー'´    // 
                         \ ``ー´ ´   /
                         / ・    ・ /

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ○)(○)      < いーかげんにしろ / お! >            ___)レ
    .|     (__人__) /⌒l          _____               /     ⌒
     |     ` ⌒´ノ |`'''|         /.::::::::::::::::::::::::::.丶            /_ノ  ヽ,_   \
    / ⌒ヽ     }  |  |          |.::,r'⌒Y⌒ヾ::::::.丶      (⌒)/ (○ )三(○ )  \
   /  へ  \   }__/ /            | ⌒  ⌒ ゙i::::::::|      |'''|     (__人__)     |
 / / |      ノ   ノ           | ●)) ((● 〈::::’, ・     | |\__ `ー ,r'⌒ \/  
( _ ノ    |      \´       _     (⌒(__人__)⌒::: @)     | ヽ__  ,'  /  へ  \   
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ  て    ヽ__   ̄/      | \ \
       .|                  ______ ノ    (       ̄/       |   ヽ、 _ )
       ヽ           _,, -‐ ''";'r'´ ̄`'─ --―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/        /
         \       , '´     そ ヽ __                      /.  
          \     (       |  |,/(__) ̄  ̄゛'' ‐- ,,_          /
                                        ゙゙'' ''─ -、   ノ




       ._
        \ヽ, ,、
         `''|/ノ
          .|
      _   |
      \`ヽ、|
       \, V
          `L,,_
          |ヽ、)  ,、
         /    ヽYノ
        /    r''ヽ、.|
       |     `ー-ヽ|ヮ
       |       `|
       |.        |
       ヽ、      |
        _ヽ____ノ_
        /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ  
       (;;;;).:::γ⌒Y⌒ヽ:て   ,, ,,
       |::::::::/ _.ノ  ヽ、_ |    ○___
       そ:::::::〉(:::::ノ (ー) |    : ||   \_:
      (@ :: 〆(__人__)⌒)    ||      \ :
        |     ┃⌒´ # |    : ||  虐待   \_
        \  ;;;;;    /     :.||     イ     \___ :
     .....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、    :||       クナ   _/
     :   |  '; \_____ ノ.| ヽ  ̄  || ̄ ̄\_   イ く :
         |  \/゙(__)\,|  i | | |(_ 〉:   \  /
       >   ヽ. ハ  |   | | ∪(_ 〉 :    \/ :
                  ( (_( (_ 〉:
                                         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                         d⌒) ./| _ノ  __ノ



608 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:21:43.19 ID:zXVa6Xco

いく夫居たのかww



609 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:21:53.43 ID:V8D5wu6o

乙ww



610 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/02/15(日) 23:22:54.12 ID:MWB8caA0

あと少しだったのにVIPでやりきれなかったのが悔やまれるね



611 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:22:57.12 ID:ePgSM5Qo


規制何がひっかかったんだろうね



612 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:24:01.09 ID:8iSnZRAo

乙乙ー


「はりねずみのハンス」やってほしい。
阿部さん入れて。



613 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[saga] 投稿日:2009/02/15(日) 23:24:10.49 ID:NdOb8QU0

今回はグリム童話から短めの話を3つほど選んで作りました。
鬱話―意味不明話―鬱話のコンボにしてみましたが、第3話はAA作ってる段階で>>1が鬱になりました。
今回の話以外にもグリムには欝で意味不な話は沢山あるんですが、やる夫スレにしやすい話を選んでみました。

vipで支援を続けてくれた皆様、規制情報を教えてくれた方、パー速誘導をしてくれた方
本当にありがとうございました。
やる蔵~の回でも同様の現象が発生したのですがようやく原因がわかりました。
今後やる夫スレを投下する際、規制にかかった場合はこのような形で対処したいと思います。
        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\   
    /    。<一>:::::<ー>。 
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j  
    \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  
   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
  / ,_ \ \/\ \   
  と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._ 


614 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:24:51.47 ID:c9qsT0Eo





616 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:25:36.40 ID:d2NR9w.o





617 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:28:54.45 ID:XuRpw46o

お疲れ



618 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:30:46.15 ID:ckz.MZoo





615 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:25:29.51 ID:0FMzbuQo

元のスレでこちらのを転載してくれている人がいるよ。


619 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[saga] 投稿日:2009/02/15(日) 23:31:27.86 ID:NdOb8QU0

>>612
グリムはこれで2回目なので次にやる場合は期間を空けるつもりですが
考えときますです。

>>615
まじっすか! すごく申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・

vipスレの>>1の無能さにもかかわらずここまで見てくれた皆様、ありがとうございました。
vipの方でいくつか質問がありましたが・・・


vip>>145さん、芝植え爬虫類→wwwを植える爬虫類という意味で個人的に使ってるだけです。
vip>>158さん、でっていうの配役は原作では第2話はヤギ、第3話ではヒヨコを食べるハヤブサ でした。



620 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 23:43:49.83 ID:XlTRvaQo

乙乙



621 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/02/15(日) 23:56:03.64 ID:5Z9QQioo

乙乙



関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 18:53 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫短編集

|

<< やる夫たちで読む短編小説 「4:35」  前編 | HOME | やる夫は戦慄のブルーなようです 第二話 戦慄のブルー >>

■御感想or寝言

1607 名前:名もなき名無し [] 投稿日:2009/02/22(日) 19:54:50 ID:-

オムツが弱いだけで
もてないって何?

手に力が入らないのか?


45386 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/11/30(日) 23:17:15 ID:-

ラストの話は、酒の前にハチミツがあったバージョンも合ったな
例によって毒だからと言われてたから、食べて死のうとしたら死ぬどころか美味しいもん食べて力がついてくる
ああ、これ毒じゃなかったんだなとそこから次の毒(と言われてた)酒に移行、その後はスレの通り


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV