やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 『十八禁』翠星夫は水銀燈が好きなようです。 第二話

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2011/06/10(金) 『十八禁』翠星夫は水銀燈が好きなようです。 第二話

カテゴリー:『十八禁』翠星夫は水銀燈が好きなようです。


『十八禁』翠星夫は水銀燈が好きなようです。 の記事一覧


49 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:02:42 ID:K9tfGMC2

                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
                      | ┏───┓ ∥|
                      | │      │ ∥|
                      | ┗───┛ ∥|
                      |            ∥|
                      |            ∥|
                      |            ∥|
                      |______∥|
                       ) ≡≡≡≡≡≡)
                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌───────────────────┐
│水銀燈がのび太の出した宿題をめくる。    │
└───────────────────┘

.                    ∧
.                   / :|
.              ____/    |  パラパラ
            \        |     ____
.         /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
.       /            、   | ./         \
.        ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
 / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
 / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
 7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \
./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
}:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

50 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:03:16 ID:K9tfGMC2


                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ  民法の私的自治を四つ上げてみよか。
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l  物権では「所有者絶対の原則」
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/  債権では「契約自由の原則」
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′  それ以外では「過失責任の原則」
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /  残りは「自力救済禁止」のことね。
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、   -‐ イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ  結構嫌味な問題ね。基本原則は三つなんだから
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/   引っ掛け問題よね、これって。
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、

┌────────────────────────────────┐
│水銀燈が宿題ノートに書き込んでいく。勉強している時が一番楽で良い。    │
│何も考えなくて済むからだ。                               │
└────────────────────────────────┘

51 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:03:51 ID:K9tfGMC2


         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.   u  l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ  お腹が急に痛くなってきたわ……
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
      、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\  ゴロゴロ、ギュルルッ
.       /L/::::/ l::::::::::::__,、::l   >::::::ゝ l ̄
      ∠:::        ̄〈:::〈lて π`Z  〈.  /::::::< ノl l
         ゝ:::::"vl><l`‐'´`´:::::::::::`‐、iノ


┌─────────────────────────────────────────┐
│水銀燈がやる夫にはっきりとした悪感情を持つようになったのはある事件が切っ掛けだった。   ..│
│朝食を食べ終わった水銀燈が突然激しい便意を催し、トイレに行った時の事だ。           .│
└─────────────────────────────────────────┘

52 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:04:23 ID:K9tfGMC2
                        /.||
        ______________ /  ||
       |\     ,....,     /|    ||
       |.  \__________________/  .|    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |   ,.-- 、  |    |    ||
       |--‐‐|--/   ヽ.--|‐‐--|    ||
       |::: __:::|::::{.     }:::::|: :: ::: |  ()=.||)
       |::◎_)|:: _ゝ、  ノ_:::::|: :: ::: |     ||
       |::: :: : |:(二二二二)j|: :: ::: |     ||
       |::: :: : |__\    /.__|: :: ::: |     ||
       |::: ::/  i'"   `'i  \: :::|     ||
       |/      ̄ ̄     \|   .||
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ...||
                        \.||

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l| は、早く……間に合わない……
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、

53 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:04:59 ID:K9tfGMC2

      /      / ヽ.乂/   ヽ>  \ト、__> -――――-  ヽ        \  んんんっ
     /        /_,. -‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ__,. ´           ` \       \
    /   ,.  '´                '. ,'                \_,. -‐
 /  ―<                       : :                   /
/        ヽ                    : :                 /
         |                     : :                 /
           ヽ                    : :                   /
          \                   : :         __/
        〈 \ \             : :       ,.イ____/〉
           \ \  ̄ )          ,' '.      /       / /〉
        〈\   \  ̄  `ー-       _>‐<_,           / / / ∧  /
       \ \.  \          ̄{;;`、;;;;;i           / /   / / /  /
\   〈^\  \ \.  \        ‐-{;;;;;`、;;;i,.-‐   __,.〈___/  / / /  /
.  \  \ \  \ \_〉-‐       ヽ;;;;;;;;;;;}            / / /  /
    \  \__\  \           /  `-‐'´ \           〈__/  〈_/
.\.   \__) \_〉     / □■□■.   \
:::::::\                /  /□■□■□   \
:::::::::::::>..._          ∠_{   □■□■□■ } __ヽ             _,. イ::::::::::
:::::::::::::::::::::::::`≧=- ___,. '´   `ー□■□■□`ー'´  > 、 ___,.、.-=≦::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::/                  l;l               \:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/                  |;|                  \::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::/                  l;l                       \::::::::::::::::::
::::::::::/                       |i                       \::::::::::::
::::/                      i;                       \:::::::
                        i;. シャー
                         q.

┌───────────────────────────────────────────┐
│黄土色の排泄物が肛穴を潜り抜けていく開放感──最初に出たのは柔らかいが固形の便だった。   │
│小水が排便と同時に漏れる。                                             .│
└───────────────────────────────────────────┘

54 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:05:39 ID:K9tfGMC2

   ~""''' ‐- ..,   .,メ                        \           __,,.. . ..
            `>'                              !._,..-‐ ''"~     .
            , '                               \          .
            ,/                                   `、           .
                           ヽ /                        .
                                                        .
                                                        .
    .                       i                         .
..    ヽ、                         |                      ,/
.       ヽ、                        !                    _.'
.           丶、._                人                 _,.-'"
               丶、._         _,..!´;|l;;\           ,,...-''"
                 ~"''‐-----‐'''~  |;:|!;;!:;! `"'‐------‐‐'''"´
                         , -─‐ i:;|i:;:|i:;!──- 、
                     / ,.-‐-、;!;:;:;。;:!:,.-‐-、  \
                       /    :; :;:;:;:;:;:;:p;:;:;:; :;;     \
                  /   /´'⌒`ヽq:;:;:。;:;:;:o/´'⌒`ヽ   \
                /     ヽ..   ノ :;::;l:;:;。:;: 。   .ノ     \
                l       ''""(____人____)""'          l
                   |           ヽ  ___  ノ′           |  
                   |           |,/´;:;;|;:;:ヽ|              |
                 \           lιー-‐' uj          /
                    \        ``ー--‐''´        /
                     \        ー ‐        /
                     __、ゝー                  イ、,__
              /´ ̄                       ̄`ヽ、
             /                                 \

55 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:11:22 ID:K9tfGMC2


                        /.||
        ______________ /  ||
       |\     ,....,     /|    ||
       |.  \__________________/  .|    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |         |    |    ||
       |   |   ,.-- 、  |    |    ||
       |--‐‐|--/   ヽ.--|‐‐--|    ||
       |::: __:::|::::{.     }:::::|: :: ::: |  ()=.||)
       |::◎_)|:: _ゝ、  ノ_:::::|: :: ::: |     ||
       |::: :: : |:(二二二二)j|: :: ::: |     ||
       |::: :: : |__\    /.__|: :: ::: |     ||
       |::: ::/  i'"   `'i  \: :::|     ||
       |/      ̄ ̄     \|   .||
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ...||
                        \.||
┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│下痢の原因もトイレがほとんど使えなくなっていたのも全てはやる夫のせいだった。      ...│
│水銀燈も最初は偶然だと思っていたが、二度、三度と頻繁に便意に襲われるようになると   │
│流石に気付いてしまった。                                         │
└───────────────────────────────────────┘

56 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:16:56 ID:K9tfGMC2


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \ : :.:.:'
       /: : : :            \  ::.:.:'
     /: : : : : :              \  ::.:.:'
    / : : : : : : : ..               \  ::.:.:'
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l  ::.:.:'
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |  ::.:.:' 
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l  ::.:.:'
   . \ : : : : . .(     j     )      /  ::.:.:'
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

┌──────────────────────────────┐
│やる夫は腋臭持ちで胃が悪いせいか、口臭も激しい。          ....│
│それでも時折、普段よりも強い悪臭を漂わせていることがあった。   ....│
└──────────────────────────────┘

57 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:21:13 ID:K9tfGMC2


               /イ                   \::::::.ヽ
              /:/          l          \::::lL __
              〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
              |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\  あんた臭いわよ……それにこの匂い……
          ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉 
          く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |リ.ハ\ヽ\ 、
            ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
  ___       〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ三三ニ、
    ̄三三三≧ュ. ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /三三三三≧、
、______〕三三三三三≧|:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\三三三三三三
三}三三三三三三三三レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\三三三三三三{ ̄
イ三三三三三三三三/.:::::::::::::::::::| l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|三三三三三三ト、
三三三三三三三三シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::∧三三三三三/⌒
三三三三三三三/..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{ ヾ三三三三ゝ、
 ̄¨`ー三三三三| :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ ド三三三三三|
      ̄≧三アヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(   | ヽ ̄ ̄ヾ三三!
          ノ..::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l   |:|   ヾ〉   八   、::::::::::::::::::::::::::::::::〕 〈 (_
         〈 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  |  ´         \ ヽ\::::::::::::::::::::::::{  丿 丿

┌─────────────────────────────────────────────┐
│どう考えてもその悪臭はスカトールの、排泄物独特の臭気だった。これじゃあ、馬鹿でも気がつくだろう     .│
│水銀燈が今までの事を指摘すると                                            ...│
└─────────────────────────────────────────────┘

58 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:23:20 ID:K9tfGMC2


               ____
            ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
            . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
         /          _   ヽ   ヽ、
         / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、  やっと気付いたのかお。
       /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ  銀ちゃんも案外鈍いお。
      ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
     /       . ヽ  、                        i
     /     ._ ノ_                       l
    ,'      .{ 、_,、丶                      /
    i      冫ー 'ヽ、 __                     /
    ',      .` ー__‐                  /
     ヽ、                         /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ

┌───────────────────────────┐
│悪びれもせず、やる夫は水銀燈の指摘にあっさりと答えた。   .│
└───────────────────────────┘

59 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:31:14 ID:K9tfGMC2


          , '´,
        / /  , '    ハ
     , '  / / /    l |
.    // / / ,' ,′l l|  l ! l   | ゾォ
    /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l  ……
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
        // /  ∨/l三三三/ , / l| |
      // /  /∠三三三l // l| |

┌────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                     ...│
│何も言えなかった。水銀燈は自分の横顔から血の気が引いていくのを実感した。                     .│
│相貌は見る見るうちに色褪せていき、それから胃の辺りにこみ上げてくるような不快感を覚えた。          ......│
│やる夫の傍から離れ、それから水銀燈はトイレに蹲って、何度もえづきながら食道から逆流する胃液を吐いた。    │
└────────────────────────────────────────────────┘

60 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 13:36:10 ID:K9tfGMC2


                            ___
                      _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,
                   ,..-'"゛                `'‐
                 /        _ -ー¬-、        \
                  /         /       `'‐        ヽ,
            /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ
             /            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ
            /              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!
            ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ  やる夫は銀ちゃんを愛してるから
        │                   -ー¬'        ゙弋___ 〉  トイレの中に潜んだんだお。
            |                   l\  、            `'-、 "ヽ  これも一つの愛だお。
         ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |
          ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !
              \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
             /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |
      ._,,, ───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !
  ._.. ー'"゛             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./
''"                       `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                                       ... r''ヽ..,,、
                                ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                                `ヘ、

┌──────────────────────────────────────────────┐
│あるいはそれも確かに愛の一つだろう。言葉による愛の囁きは嘘も多いが、行動を伴う愛の多くは尊い。     │
│しかし、この時水銀燈に芽生えた感情は憎悪とおぞましさだけだった。                         .│
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘

62 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 15:32:54 ID:K9tfGMC2


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ    信義誠実の原則は契約関係で付随的な義務を
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ  認定する事に使われるのが多い。判例では
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |  「宇奈月温泉事件」が第一条三項の「権利の濫用」の問題として
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ  使われたと。
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′  取引の信義則における有名な判例は「岩波映画事件」ね
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳    温泉事件は権利の濫用として所有者の訴えを取り下げ。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、   映画事件は損害額を折半という形にしてると、これでいいでしょう。
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\  後の採点なんて私にはわからないわ。
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |


    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||_ __
 |:::::::::::::::||' ´___\ ガチャ
 |:::::::::::::::||´, -――- ゝ、
 |:::::::::::::::||      l ト、\
 |:::::::::::::::||/ /  , /l'| ト、l ', お邪魔するですぅ
 |:::::::::::::::|||7ニイ´/〃| -L.l !
 |:::::::::::::::||(○) / (●).」 |
 |:::::::::::::::||彡(__人__) .ミミ
 |:::::::::::::::||__`⌒´/
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||
┌───────────────────────────────────┐
│突然、ノックもせずに翠星夫が水銀燈の部屋に入ってくる。              .....│
│この屋敷では水銀燈が自室の鍵を閉めるのは夜の十時以降と決まっていた。     │
│それ以外の時間に鍵をかけた場合、やる夫の体罰が待っていた。           │
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

63 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 15:41:22 ID:K9tfGMC2


          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  銀ちゃん、また宿題手伝ってほしいですぅ
   l | l | (゚>) / (<゚) .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ
    \     `⌒´  /
     ( ヽ _____ .ノ .)
     \ \|  .,  レ゛/
       .\,|    ξン┐

┌────────────────────────────────────────────────┐
│翠星夫はやる夫の一人息子だ。水銀燈より二つ年上の十七歳。                                │
│甘やかされて育てられた典型的なボンボンで叔父のやる夫にソックリで、叔母の翠星石にもそこそこ似ていた。    .│
│翠星石は真紅の実の姉だ。翠星石と真紅の姉妹は丹生即出の兄弟と結婚していた。                   │
│珍しい姉妹兄弟結婚って奴だ。                                                    │
└────────────────────────────────────────────────┘

64 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 15:54:02 ID:K9tfGMC2


                      ___,ェォ、
               / ´::::::::::メ込メ::.、
              /, ' ´ ̄ ̄`ー ‐-:::::.\
             , '/             \::.ヾ
        _ Y〆  ,           l   ヽ::l
         |{ニネl   l | l   |  l   {l::ll
       , ヾミl  vヽ十‐l- ,l |   |  ,l {l;;ll  いいわよ。どこを手伝ってほしいのかしら?
      ,.∠从|| l i_'"{Tト乂,r'|tニTtx,l   iVヽ
     </| ||弋 ゝ ¨     ´i_rft // ,l∨冫
        ! lj   ̄l 丶 、_`__   _/ /}ハ/
          !  __/ ノ、ヽ`_´__ , ゝ__/ | l`从
        /::/ 〃v┘>--一l l  l  !_| |_!l\
       /.;/ , ハ  /ミYミ\ `i  |ー‐-、   ヽ
     /::::::l /i_|::::l 圦 ~ 介 /  }::::::::::∧
      ∨:::::::´:::::Y.:::|   ⅤL// /iノ:::::::::::::∧
      ∨::::::::::::,':::::|'l,t、,t、_t_、| /t、l::::|::::::::::::::∧
      八:::::::::冫::::{ 、丶 l / ´,'  /::::::l:::::::::::::::::::〉
     /::::::::::::/´l:::::ヽ {薔} 、  /::::::::/::::::::::::::/
     ノ::::::::::::/  !::::::::>- ‐ー'´::::::::/∨:::::::::T

┌────────────────────────────────────┐
│水銀燈は翠星夫の事を嫌ってはいなかった。                         │
│臆病ですぐに人に頼るような少年だったが、そこが相手の庇護欲をそそるのだ。   ....│
└────────────────────────────────────┘

65 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 15:58:05 ID:K9tfGMC2


          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',            それが全然わからないんですぅ。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !            翠星夫には何がなんだか全然わからないんですぅ。
/⌒)⌒)⌒.|  (○) / (●) u」 |    /⌒)⌒)⌒)  とにかくこれを読んで感想をまとめろって。
| / / /彡:::   (__人__)  :::ミミ (⌒)/ / / //   これは先生の嫌がらせですぅ。
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



                        __,、
               , __-,=====〔{〈回ヘ
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ  とにかく、読んでみないとわからないわぁ。
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_i -─
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |   ̄   __ _  /|/″/::::::::::::::::...
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::< ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,

66 名前: ◆bsTjqj56o6[] 投稿日:2011/06/05(日) 15:59:31 ID:K9tfGMC2

短いですが、二話終了です。




関連記事
| 15:00 |コメント(0)
カテゴリー:『十八禁』翠星夫は水銀燈が好きなようです。

|

<< 『十八禁』翠星夫は水銀燈が好きなようです。 第三話 | HOME | くまのデーさん 第10話:デーさんと完雅 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV