やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫たちが『死』から逃れるようです 最終話 その2

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2011/06/06(月) やる夫たちが『死』から逃れるようです 最終話 その2

カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)


やる夫たちが『死』から逃れるようです の記事一覧


101 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:47:41 ID:OkfC47Lc [4/52]


           // ./ . /,ィ'三三ミ、. ,,ィ==-、   ハ
            ,' i!.::,' .i;/´    `´ ̄``ヽ;i  .i.i
          i /!:::i : .!            ゙l  .l i
            i,'.:l::/ :: ir‐"´ ̄`   ‐‐-、_ .i  ::.i i
            ,''.:,'イ /:: i :l_-、     ___ `! :.  ::ヽ`,
        ,イ',イ/, '.::::/.:イイ:::iヽ     ,ィ==-、i. :: :. ::`i       やる夫さん。
        /,イ.,' ii/..::::/,イ ヾ--'       .i;辷;ノ i、 : .、:.::l       既に、自分達に降り懸かってきている『死』の
     ,イ.:;イ. .::i、l ::::i,::i、、     i       ./入ヽ、ヽ:l       詳細は、聞き及んでいるのですね?
.     /..;イ ..::::ノヘヽ、.:.ヽ、__,ノ   - 、    ,.'イ:∧:. ', ノハ
    .,'./...::;/ 〃:::,'i`ヽノ;;:i:::`i、     , イ::i:;イ::,.i:: ノ!:. ヽ
.    i'.:;.イ .:;イ:::::,'::i::::i :lli'./.\ `  .イ´i  i::l、i´ノイノi::ヘ、ヘ
   ./  ,イ..:::::ノ::/.:::i _,イ    ` 、. ,イ l. ヘヽ、::イ:::ハ:.  `ヽi
  ./  イ.::::;.ィ, --、-‐"   ヽ、   ./::ヘ, l ヽ、ヽ,` 、 ̄ ヽ、 .ハ





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |      ……はい。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



┌───────────────────────┐
│頷く。                               .│
│                                  │
│一言一句とて、それは、忘れられない記憶だった。   │
└───────────────────────┘

102 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:48:20 ID:OkfC47Lc [5/52]

┌────────────────┐
│数日前――長門有希が、語る。    │
└────────────────┘



                                           



                           
          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ,;'                  ヽ         ……爆散?      >
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ       ________/
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/        表現としては、それが最も近いと思う。
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,

103 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:49:58 ID:OkfC47Lc [6/52]



                 ┌─────────┐
                 │A→B→C→D…   ..│
                 └─────────┘


          __   __
       ,  ´    `´   `'' 、
     /  /      ヽヽ  \
    .'/ /         ヽ ヽ  ヽ
   ノィ  ' /  / / ,     !  l ヽ ゙
   ./ f,' i  ││ |! 丶.   |  |  | |
   f  | l l  ,イ |ヽ!、.  ト、. |  |  ! |
   l ,.イ ヘ l ー!‐_、ト ヾ\ l ≠.jト、,l /! ,       これまでの話し合いでも論じたように、AからB、BからCへ
   |ハ ,!ゞV´!:::_j`    `'イ::_j`メ|/,.-、l!       『死』が連鎖しているという数珠繋ぎ上の連鎖の仮定は、
     f ト, ! ー'      ー'  ' !.ノゞ       既につまづいてしまっている。
     `Viヾ.!     '      j /| /
      !ハ !ゝ.    ´`    ..イ /          柔即出やる夫の言う「死の寸前、視界に映り込む」
        \ルヽ .    ,.イノレ'           という条件があったとしても、あまりにそれでは
         ` rノ ` ´  |' -..            説明の付かない事例が多いから。
       / |‐-   -‐ヽ  \_ __
    rィl´    |-- ― -- /     //ァ












ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '     でも。
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/         ここで一つ、別の仮説を立ててみる。
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\

104 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:51:57 ID:OkfC47Lc [7/52]

┏──────────┓
│それが――これ。    .│
┗──────────┛


┌─────────────┐
│          C       ...│
│          ↑        │
│       \人_人,_人/    │
│  A →   )  B  (     │
│       /⌒Y⌒Y⌒ヘ   ..│
│           ↓       │
│           D      ...│
└─────────────┘




┏────────────────――――――――――――――――───────┓
│AからBへの連鎖が起こった際、                                     .│
│その近くにいたCやD……別の『死』に魅入られたものたちにも、その力が及ぶとすれば。   .│
┗─────────────────―――――――――――――――───────┛

┏──────────────────────┓
│死の力が爆散、解放され、そして伝播している。    .│
│……そう考えてみれば……。               │
┗──────────────────────┛

105 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:52:45 ID:OkfC47Lc [8/52]

                    -― ´ヾ ̄ `丶、
                 /            丶
                /   /         ヽ    \
                  /  /  / ./    }   } `、   \
               i /   /  / /  ,′ j  l    ヽ
               l/:l  ,' !  l /  /  / ! l | l  ハ. ',ハ
              / |  ! | /!/! /lノ :/ l、!_/| ! ! :| lハ
               !  |  | li┼リ七_k| / /'_jzk「:! l ! |ヽl
              ヽ ハ ヽ ヽlィ仍ヘ}`l(   'fitナ}l/ イ /! / リ
                   lヽ∧ ヽ八ct::ソ      `‐'゚イ´/イ j/     な――
                   | ! `ト、 ム、 `.::.:     , .:::.:/ i'´|/
                ,リノ___| ヽ!ヘ 、   (⌒フ , イ  | |l
                 /「´|  !  !| ハ > 、_ ィヘヽ| :i| l八



                                        , n / ̄ ̄\ .n
                                      . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                       /,イ / (○)(○) .l i i i
                ――何だよ、それ……!       〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
                                      ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
                                       .i   l.      ,'  ./
                                     .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                         ヽ     〈_ノ ノ
                                          |     ./
                                          |    .   |







                                   /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
                                   .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
                                   |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
                                   |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
                                   l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
                                     l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
  最初からこうだった、というわけじゃない。         /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  少なくとも大地震の翌日以後は、さっき言った      /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
  一列繋ぎの法則だった。                 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
                                  i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
                                  ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
                                   ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
                                    /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

106 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:53:05 ID:OkfC47Lc [9/52]

                          _____                   ___
                 __  _Fl____|ⅢⅡ] _ |  |「「「「| ̄|__lTlTlTエコ__riii「_| _ l `i_,、
┏────────────────────┓  ̄  ̄ ̄  ̄      ̄ ̄      _ 二ニ 」Lユ、
│変化が始まったのが、少し前からのこと。     .│_ 三二ニ --‐‐===  ""  ̄      _ ...- ri |
┗────────────────────┛ ̄ ̄lコ       _    _  .. ┐‐'l「~l l| H | |j|
     |TT =‐-、Yr──‐-、ヽ. ,____         r:┐l"゙l r-┐r-┐|」  「|| | |  |l _」|_,.|-'l「| L! l! l
     l | 「 ̄`i l | | r‐-┐l `| _||___][ ̄ || ̄「l| | || | l 「 | | f゙ ̄|l 匚」 l_||._」 |=-|l . l| レ-'"   /
     l | |   l l | | l   || | |      |  ||  l∥| || | l |. | l |   |l   「| 「  l | _|レ:!'"    _,..イ!
     |┴- ニ.」」 l | |    || | |    〃|  ||  l∥| || | l |,_| | |   ||   |.| Lニ┘'´ _    , イ|」/
     |==ニ. _ | l | L__  ||ヽ二.ニ_ニ=┘__||  ノ Lノ└' |l |. | | |   |l   |」 '‐"´   ニ  , ィ壬リレ′
    | _     | l |    ̄| ロ ___ ̄ ̄  ̄       |! l_」 | |_,. ┘            ,. イ |
    r¬ !   | l |┐    |    ̄ ̄ ̄          |  ノ | L.-‐| L!       , イ三イ/
.     ド-'  ._ | l 「    |          _        |  ヒl l   l     , イ|.ニ|~ ̄
      レ=、 ._. | l l      |!  =   /⌒Y`、       |   l l   l   , イ ト┘イ
     トlレ | | l     ∥      ゝニノ ノ       ll.  l l   l  / | 「 ̄ ´
.     l 0| | l __  ∥       」ニl_          l|  _」.l   l イ「-ニレ′
      l.「]| |」'´  ヽ. |! l  __( ∥ )      ┏───────────────────────────┓
       ゙Tト、` l└=≒ユ!_|i l =|/´ /⌒| ̄      │前原圭一が寸前で逃れたという、電車の事故――恐らくは、   │
      |≫_〕ト┬へ三二ニ |   L._人.ノ|       ,.│あの日辺りから。                            ...│
       |VlV_」<r'"「刃]└= ._   ̄      , イi.┗───────────────────────────┛
        | ∨〈|  ̄| /1|- 」||::|_「¨Tiエ¬ョ┐‐' .|L圭|レ″
       `丶、∟┌<二⊥_>'"|::Ll_く‐く-イ厂|   |`ー′
          ` ̄`ト 、__::  ̄"::|_Lヽ`T^T'/   |
            \|  ̄ニ ‐- ` ''-⊥/ __.  |
             └───‐ ̄─= = 二./



アクセスカウンター
カラコン フェアリーダイエット サプリ女性求人出会い系



107 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:53:49 ID:OkfC47Lc [10/52]

┼┼┼‐ / ,r‐-、   _.. -t  ヽノ// / | ll          l │
┼┼┼ / //⌒ソ,.r ''_三ミ、l   ヾ /ノ  | .| l        トl. ┼
│││./ //⌒// (  `ヾミl  ゝu u r‐' "    /    |  │
┼┼ / //⌒// ヾヽ @ ゞ廴〃〃〃 __... -, i"レ  ノ トl  ┼
│  ./  ゝ`、〃 ~i ゞヽ、   ゛!}}/〃ッ====V、  レ  /. ┼┼
┼ /    `〃 u   Uゞ三≡彡/|j./{{ @    ノノ /,、 /. ‐┼┼
┼ /     i rァ-、 |j'~  ̄u ̄/u/ゞミ、_ _ ノ〃// `).)  ││
┼/      l {/ / 〉、 u  |j / / ゞミ≡三彡" // `ソ/ ┼┼┼
 /      l ヾヽ/ /\ ( /u/ u u U / u//こソ/ │││
../      | |ヽ` 〈  /\.Uノ、). -==='" u 〃、__ノ ‐┼┼┼─
/       / l ゝl\ `〈 / >-、_ u u |j~ 〃 / ナl ‐┼┼┼─
.     /┼| U\l\ ``<__/ /`7''i   /   / ナ,' ‐┼┼┼─    
     / .┼ | |j~ `<`>、  `''´、/_ノ /   ./ ナ/  │││      
.    /┼┼ l u ヾヽ`ヽ/`ン‐-ノ/    / ./ / ─┼┼┼─


┏────────────────────────────┓
│そして――この前。                             │
│銀行に突っ込んだバスは、夜神月と伊藤カイジを巻き込んだ。   .│
┗────────────────────────────┛


                                /`ヽ     __,..--ーー--,,,,..___
                             ,_  /: : : : `ヽ、/´,_,ー‐'"´ ̄::::::::::::::::::`ヽ
                          ___ ノ,  `' リ: : : : : : : ヽ<、,,,;‐‐´゙゙ ̄ ̄,`ン/::::::::
                  ,ーー――‐ーr ヽヘ            /::::_ _,::::イ::::::::::::::::::::::
                 '          `.j           /:::::/v,-ー、ソ〃/::::::::::::::::
                 ′          l          // ヽ:セヽ,ヽ/::/:::::::::::::::::::
                 i                         ヽ7//::/::::::::::::::::::::::::::
                 l  ヽ       i´ヽ               //:レ:::::::::::::::::::::::::::     
                  l  ヽ       ヽ;:ヽ             イノ:ノ::::::::::::::::::::::::::::
                  j   ヽ       ヽ;:ヽ          ,/,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 /    ヽ        ヽ;:ヽ       ,/,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /      ゙、        ヽ丶    /::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ヽ        \\-'" ̄ノ,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

108 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:54:38 ID:OkfC47Lc [11/52]
                                
┌────────────────────┐ 
│一日目│三                     ...│
│     │                        .│                 ピッ
│    .│                      .....│ 
│二日目│                       .│   ┏─────────────┓
│    .│                      .....│   │この画面を、見てほしい。    │
│   . │                      .....│   ┗─────────────┛
│三日目│三                     ...│
│   . │                      .....│
│     │                        .│
│四日目│三                     ...│
│    .│                      .....│   ┏───────────────────────┓
│   . │                      .....│   │地震が起きてから今日までの日数で、その日毎に   .│
│五日目│三三                   .....│   │どれだけの生還者たちが命を落としたか。         │
│                            ....│   │その、大まかなグラフ。                    │
│    :                       .....│   ┗───────────────────────┛
│    :                       .....│
│    :                       .....│
│    :                       .....│
│                            ....│
│                            ....│
│十四日目|三三三三                │
│      |                    ......│
│      |                    ......│
│十五日目|三三三三三              ..│
└────────────────────┘

109 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:55:07 ID:OkfC47Lc [12/52]


                                ,'.| ハ  i l i! |i l/i| .ヽi ヽ|    _V_|_ l l .l    Vl  
                                / | l i!| .| l. !i .| .l l.   |  _>''''´ __|_|  l l .|   i! i|.  
                               | .l l | i i l¨¨'''‐-、    .,.ィ''f示_フフ7  l .l¨ヽ l l > 
                                 .l.l l .i fく¨¨i示z.     ''  込iリ |   ヽ| ,' l l  
                                  ''. ', i!.ハ  弋iリ       `¨´ l/l   i ./zzzzl|  °
                                   __ヽヽハ     i        i' | i Nイ三三|ト、     
                                        、_.   '       u    | λi!.|   l| lヽ    
 一、ゼロ、一、一、二、一、二、二……                 `7_         /川 | |   |   ヽ  l.
 微妙に上下していたり、間が空いているけど……。         ./ `ヽ‐-   u _,ィ´  .l i! l l_______l     V.l
                                          / _   `>_,.ィ≦   i l l ]ニニニ[      l i!ハl





         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)      これって――
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //       日が経つにつれて、一日の死者数が増えてるのかお……!?
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

110 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:55:41 ID:OkfC47Lc [13/52]
                                                         f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
                                                       _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                                     /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
                                                    /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :
                                                    }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : :
                                                    /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : :
                                                   /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : :! : | : | : :
 昨日の段階で、バス事故の二人……いえ、もう三人ですか。             /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| :
 調べてみたところ、別の場所でも、二人が命を落としていました。          // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ :
                                                 /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ :
 1人と車と衝突した拍子、跳ね飛んだバンパーが、もう一人の額を          |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :
 切り裂いていったそうです。                                ヽ|  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/
                                                   ヘ,  !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ 
                                                    ヘ, |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/゙: :
                                                    __,r‐|ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{ l: : :
                                                   ,r'゙r'  i  }   `ー イ       _./´ 入: :
                                                  f  {      ハ¨ヽ=、     /: : : : : : l: : : :
                                                 _i.  }=-、_r‐-'、_Ⅵ  k    ∧: : : : : : :l: : : :
                                                r'ヾ=r1 j    》、__  `¨ヽ、\.  /: : \: : : ::ノ: : : :
                                                ゞ=7__ゞ=- r'"¨ー--`ヽ、  `¨ ×: : : : : :\'": : : : :




            , --v‐‐- 、
          /         ヽ,
         /     .       ヽ         爆散とも言うべき連鎖が、二カ所で起こり。
        /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ        合計して、五人の命が奪われた。
         7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
        ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `        信じたいことではないけど――『死』の力は、日が経つにつれて、
           |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj          確実に強くなっている。広まって行っている。
            l/| |.''ー'    'ー' ,l/l
           .l .ト、.  -  ,,イ./
          ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_

111 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:56:03 ID:OkfC47Lc [14/52]


               / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
           //.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
             //.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、
         ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
              |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
              |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
           !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
           ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
             ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
              ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
               `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
                    ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /     もし、このまま何もせず静観していたとしたら。
                /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '
               /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /         今の増え方で単純計算すると……八月の末、あるいは九月頭に、
           _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/          あの地震の生還者はゼロになる。
       _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
     /´,-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_
     ム   \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
.    i´     \  ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \
    l       \  \\:::::::::::.  \      |:::    !. l. l l  ヽ

112 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:56:40 ID:OkfC47Lc [15/52]


┌────────────────────────────────┐
│・『死』は、単純な連鎖じゃなくて、そこから周囲にも広がって         ......│
│ 襲いかかってくる。                                  .│
│                                              ..│
│・日が経つにつれて、『死』の力は強くなっていく。                  .│
│ それに伴い、死者の数も増えていく。                      .....│
│                                              ..│
│・今の増え方だと、全員が死ぬのは、八月の末か九月の頭という計算。  ......│
└────────────────────────────────┘

                                                ____
                                               /     \
                                     iニーヽ    /─  ─   \
                                    iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
   ええ、っと。                            ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
   今の話をまとめると……こう言うこと、ですかお?         ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                            '、_ \       )
                                              \ \ / /|
                                               |\ ヽ /  |







 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !      そう。
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ         そしてそこに、あなたが導き出した「『死』の瞬間を見る」
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´         という、単純連鎖の法則が加わる。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '           夜神月は、恐らくそこまでたどり着くことが出来なかった。
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '             単純な連鎖だけじゃない、と、疑問には思っていただろうけど。
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

113 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:57:36 ID:OkfC47Lc [16/52]


.     /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
.    /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
   ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
    l:::::::::::/:::i::_:: /:::::::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
    i:::::::::/:::/::::::/>、/u i:::::::::l:::::∠⌒:::::::::|!:::::::|'リ
  _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!     
 >:::::{ レ' |:::::7レ::升} /:::/|:/:辻}l::::::::::ハ:::::!      
_,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨           ……どうしろって言うんだよ、こんなの。
. ̄` ̄`\:|:/   U   ′   、   ∧!/          
       \|\     _  u /  ′             それじゃあ俺たち、
       _{i   U  ´   ` /                 二学期の始業式には全員がお陀仏って事が決定なんですか?
      /´ ̄`゙'ー、> _ イ                  そんな事って……!
  / ̄::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ               
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、         









  |     (__人__)    |            ……。
  \     ` ⌒´     /

114 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:58:02 ID:OkfC47Lc [17/52]


         ____
       /     \          古泉さん。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \                  
  | / .イ '(ー) (ー) u|                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   /,'才.ミ). (__人__)  /               なんでしょうか、やる夫さん。>
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \                   ________/
 /\ ヽ          ヽ

                   古泉さんが会って欲しいという人は――こんな『死』に対して、
                   何か対抗出来る人なんですかお?

115 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:58:24 ID:OkfC47Lc [18/52]


:.:.:.:/イ:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:/  :.l:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.| ヽ:.:.l
:.:./ /:.:.i:.:i:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.:/:.:.ィ ̄メ   :.!:.:.l:.:.l:.:.:.:.:l:.:.:i:.:.:.: ! ヽ:.l
:.:.{ i:.:.:.!:!:.:.:.イ:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.l:.:/.l:.:/   \:l:.:.:l:.:i!:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.|   :|
:.:.:ヽヽ ノ!:.:./:.!:.:.:.:.:.:l:.:!:.:.:.:!:' l:/ ‐‐ト、 l‐、!:l:l:.:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.:.l    !
:.:.:.:冫 =l:.:.i:.:.l:.:.:.:.:.:l:/l:.:.:/  .l'  ヽムシヽ! i:il:.l:.:.:.:.ハ:.:.l、:.:.:.:l  /
:./:/ー:.:.:ll:.:.:!:.:.:.:.:i' l:.:l   l      l::l:.:!:.l:.:.:./ l:.:.' 、:.:.l
/l:'  il:.:l !:.:.!:.:.:.:!   !l    !      l:!:.:イ:!:.:/ l/   \!     確実に「はい」と言うことは出来ません。
 /    !l:l !:.:.l:.:.:l   !          ',://'.:.:' ./     丶__
 {./   !:. !:.:.!:.!             、/  '           しかし、『死』に対抗する明確な意志を持ち、
 /     :.:.:、l:.:!:!         _ __, ‐‐  ´               そのために動かせる多くの力を備えた方です。
./     :.:.:,.‐l:.!          _冫'                   そこに関しては、断言することが出来ますよ。
    .-‐ '   ll \       /:.:./
  /        !   `  _ ノ !:/

                                                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                      ……そうですかお。  >
                                                       ________/






                                         ___
                                        /      \
         分かりました。                    /_ノ   ヽ_   \
         古泉さんの言葉を――信じますお。      /(●)  (● ) u. ヽ
                                     |   (__人__)        |
                                     \   `⌒ ´      /
                                      /            \

116 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:58:40 ID:OkfC47Lc [19/52]
=====================================


                        ・

                        ・

                        ・

                        ・

                        ・


=====================================

117 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:59:09 ID:OkfC47Lc [20/52]

                      
                                      ::|  |:::::::::::::::
                                      ::|  |:::::∧,,/
       |§|:.                             ::|  |::ミ   ,,
       |§|:.                             ::|  |:::<二二
       |§|:.                             ::|  |:::/ j
       |§|:.                             ::|/ ̄ ̄ ̄
┏─────────────────┓──‐┐        ` ̄ ̄ ̄ ̄
│かつて、私も……             ....│      |
│『死』に、追われている1人でした。    │ ̄ ̄ ̄ ̄\
┗─────────────────┛        \ ============
圖圖圖| レ |圖圖/                            \圖圖圖圖圖
======| |  |===/                                \========
      | | / ̄ | ̄「 ̄ 厂| ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄i ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄l ̄「 ̄ ̄||
      | レ'   ノ .:| i / :.ノ|        ト、 ヽ. : |        |:.   .::| .i| |
      | |ニニ/ .::/ j | :/:人____,,ノ}.:.\ :.|        |  |: :j :||  |
      | |  〈 .::/ :/ :レ :{  | |─‐| | ノ .:/::} /[二二二二]ヽ 〉 .:| :|l  》








 \     \\//         _ _         \\
. \\     > <       _  ´       `  _       > 
 =- \\//\\  /  -─-   -─-  \  //
... =-  > <     > ∨  _≦三≧_≦三≧_  ∨ <      客船の、座礁による沈没。
 =- //\\/_イ   Ⅵ[ ̄     ̄IⅣ   ト_\    一命を取り留めたのは、乗客の1人が突然予知をしたからです。
. //_ -‐  ̄_ 」│ l   |         │ l │L _ ̄
 // _-=〒丁│∧∨ 〉 〉─一 ー─〈 〈 ∨∧│丁   「すぐに海へ飛び込んで」――あの言葉に従ってなければ、
... 〈  个││││Ⅵ│ [∨==   ==∨] │Ⅳ││   間違いなく私はあの船と一緒に海の底でした。
.._∧ ∨││││八│ 「〈|トrイ|   |トrイ|〉」 │八││
  ̄ 〉 〈│││//人V\`´  l  `´/V人\\│
..__∧ ∨│/// 八〈\   -_-   /〉八 \\\
 丁丁 〉 ∨∧ 〈 从 〉)> _ <(〈 从 〉 ∧
 │││∨ 八>┘乂(≪≧0≦≫)乂└<八

118 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 21:59:34 ID:OkfC47Lc [21/52]

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |      その人、は……?
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '






'´.:://   リ、ミ_、‐ミ=ァ       }    /'::i',イイヽ、 .`、
:/.:/.   ./ .lノィ`ー`_ .、  --  , ィノl、lil-` . ハハ. ハ
..::ノ   .::/  .l::|:::::l:i.,'ヽ、`  、_ ィi:::l::l::::l iヽ:::. .l:.l::  .l
/   .::〃   ,'::l:: ,r,〈   `ヽ、. ,.ィ..l、.ll::l:::l ハヘ:::: ノ/.: /      …………。
  .::,r" __ イイ'´ l l、    /ヘ,  l.i`‐l::l  .i_!://:: /       
 .:/ ̄ ̄i!       !.l、  .,〈  λ !l ノ'   ノ ̄i::: .{        ……最初の、犠牲者でした。
i!:::l:: i!  i       i l l /ヘ 〉::〈.ヘ.|.!ノ   イ‐.:l lヽi、
:l:::l:::. i!   l       l l~  l  l  l: ,r,"´l  i  l:. .`、、
' :::l::::  ヘ  l     l l:.   |  | l: .i i'  .| :/  i::::..  lヘ

119 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:00:00 ID:OkfC47Lc [22/52]

┏────────────────────────────┓
│事故を契機に『死』の連鎖が始まり、生還者は次々と犠牲に。  ......│
│事実、私も、何度も命を落としそうになりました。             │
┗────────────────────────────┛

    /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
    /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
   l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
   {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
   |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
   |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
     |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
     ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
        \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
         |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|               __,
         |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ          -=ニミ::、/,ィニニミ、
         l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {       _, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、
             `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l       テ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                     /イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-::
                                     ' i::::::::::::::::::::::::::::>'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__;ノ
                                     /::::::::::::7--‐::':::/,:'/:::/::/:j::::::::::::i::::::::::テ'
                                   _ノ:::::::::::::,i::||::::::::://>i_i:::||:ハ:::::::::j::::::i::::i
                                    ゙̄个::::::iハ:i:',::::::| ィ示c、,i|:i |::::::/:::::/:〃
                                      〉:::::i i::::ヽ:::', 辷ソ '、ヾ ,ィ=::::/≠  
                                     ノ!:┌ ノ__::ヽ`ヽ  ̄`    iン,'イ´    
                                     (彡ィヽ、 ハ:::i,         i/      
                                     _,.....j=- 、\ ヾ\,. --- /       
                                    .j───-- `>、__ヽ /       
                                    |           `ヽ、7´         

┏───────────────────────────┓
│それを救ってくれたのは……私の、兄。そして、友人たち。     .│
┗───────────────────────────┛

120 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:00:27 ID:OkfC47Lc [23/52]

┏───────────┓
│私を救うために、皆、    .│
┗───────────┛

   / /   / /   >‐ ¬⌒´´´´  ̄ `ヽ、   V    
.  / /  , イ  { /              \  ハ   /
 /  ,  / |  V          . -‐──‐‐V }  / 
. ′ { /  !  l ` ̄ト、      ´         V´`V  
┤   }′  ゝ、」   i レ‐         ,x斗=≠≡く V^v!  
 .  /   / /V  Ⅵ        ' ,ィハ、__ノ:ヽ.  {  } 
  V  / /   }   イ l _          v:::fhイ:::}, l .′
  l       {  { 斗=ミ、         弋i_沙'′,}/   
  { {  、    ヽ、f;ハ、___;、              廴 , イ
    ',   ヽ  \ハ{:::fhj::::},     、       { /  l
   ', ヽ   \ __,{ 弋i_沙'         ,    i′ {
   ヽ ` ̄ ̄´` <^ ´       _ .  ´   ,!  ハ     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
     ` ̄ ̄ ̄V  }>、          ‐ ´   / }  ′     /.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:/:/.:.:.:.:.:/:/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l::.
ー-、       ノ /‐-‐ト .           / ハ /      ;.:/.:.:l:.:.:.:/.:.::;イ;イ:.:.:.:.:/:/―‐}、:.:.:.:.:.}::.:.
  ヽ、_     i ハ、__ }  }` ¬、 ──一 '´ / /, /    //.:.:.:.|:.:./_彡〃 |:.:l:.:.:|:.|    |.:|:.:.:.:./i:.:.:.:.
                                  //|:.:|:.:.|:.:.|  /  {:.:|:.:.:ト:|    }ノ}:.:ノ}:.}ヽ:.:.ヽ
                                  { { |:.:|.:.:|:.:.{ '   ヽ{\{ ヽ,z≠=イ:.:.'イ.:.:. \:.\
                                 |:|∧:{.:.:.ヾヽ ,ィ==       :::::::::{:.:l:.:|:.:.:.:.:.:. \:.\
                                 レ :/ヾゝ、:ミ=-´::::::::   i     }:.:|! |.:.:.:.:.:.:.:.. \:.\
                                /.:.;.'.:./.:/.:.:/.:!\    , -┐  /.:.:|:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  \:.
                               .:.// .:.:/.:.:/:! |.:.l:.\      ′, イ:|:.:.:|:.:ト.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.
                               //.:.:.:.:./.:.:/.:.|.:l:.:|.:.:l:.:.≧‐- ィチノ^ヽ:.:.ト:.|:.ヽ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.
                               / .:.:.:.:.:/ .:./.:.:.|.:.:.:|.:.:|:.:.:r}  ̄フ\   }\{:{:.:.:.:.:.:.:.:`:.、ー、::.:.
                               :.:.:/ .:/ .:.:.';r‐┴‐┴ァア´ハ /{::::::}\ ハ  |:|j ̄ ̄ `ヽ:.:.:.
┏───────────────────┓.:/ .:/.:.:.:./     fj | V }=::{  ` |  |:|fj.     }:.:.:.:.
│――皆、その犠牲となってしまいました。   .│/ .:/.:.:.:.:.{      fj.   |   |:::::|   |  |:| fj  i   |:.:.:.:.:.
┗───────────────────┛

121 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:00:56 ID:OkfC47Lc [24/52]


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |     ……!
    \  u   `⌒´   /






    /.../     .: ./  .: /: ./    /ミミミ、l| ノ-、ハ
  .,/__/_._____ .::/ ./.  .:: / / .′   /三ミミミi|/___.......|
..,〔二、__,、___  ̄`ー‐‐‐ヲノ .:    .l    `.l彡テ;/
/ ̄7   .`7ヽ,->,r'"´   :: .:   .|    .|::::;/
.  /   .:::/ ,イ ,r" :.   .::: .:: ..._,x´-、_   l:::lハ
 .:/  .:::;f´/l|.::l:: :::,.   l:::;::r"  ``‐ `-ノ:i:lハ    私が事の真実を知ったのは、随分と後になってからでした。
:::/ .::,r" / . |.|:::::l::..::ノ: .: :.,':::|::l  ヽ、  ./_ノノノ    私を溺愛する兄が中心となり、計画を立てていたそうです。
/ .:::,r".〃  .|.|::::::l::/.: .: i./.::;;|:|    `′ト、l  ̄´
.::/..:〃  .:::|.|:::://.: .::.:∥.'´ .`‐      |:::|        友人たち、そして自身の命をも引き替えに、
´ .:::〃 .:::r‐‐!|チイ.:: l::::l'.,ヘ     __ _., ':::ト-ァ      本来なら外れていたはずの『死』の連鎖にさえも、
.::://.r‐x.|  |ノ.|,r'`,|l::|/ `i .、 , '´:::;::::)::|~       皆は飛び込んでいったのです。
://.:::`i .ノ  _ !‐′ /l|、lヽ、jL;:::`i:::://.l:|
'/.::::,x'   ``ヽ、ト、,..=,、_ i´.|1l||::/´  リ
:l::,r".         ヽ.~ /‐`ヽ ト!!.|:l
|:l:::::::::::::.       / /    l~l、`i
l::l;::::::::::::::      /  L__  ゙i   |

122 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:01:38 ID:OkfC47Lc [25/52]


...::::l, ::ヘ i.         l         / .〉;::..ヽ、  
ヽ ::::ヘ;ヽミ、__ノ       ′        ./イ  ハ  ヽ...
....、`ヽ、:::ヽ、´、     ̄ `     ,.イ::l::l::::/:::i:::: l..    もう何年も前の話ですが――今でも鮮明に、その時の様子を
.l:::`ヽノ ノl:::: __i 、         , ィ::::::::乂'´::::::l::: ノ     夢に見ます。
...l::::::,'  ll;':::::/ .|、 `..、    , ィ,i´ / l::l:i' /r '";ノ ,.イノ..    楽しかった思い出も、忘れたい人の『死』の瞬間も、共に。
..l:::::::ヽ、lヽ/.   \、 ` ´  lノl::i::  i:ハヘl::l‐='イ/イ:: 
....:::::::/ _/      `ヽ、 / . トl::. ヘ .ヽ`l、:::|'´::::: 
..:__ノイ.ヘ ヽ、       ./‐∨ .lヘヽ、 ヽ、`ヽ、ヽ―- 
     ヘ ヘヽ、     ,イ   ト、.| .| | ヽ、:.ヽ  `ヽ、 








    ,l  .;'.  '   , -=- 、    , -‐== 、  `  .i.  l
   ,f'L..:;l     /三二ニニ`ヽ〃ニニニ三i     ト、rヽ
  .l, ,イ/! .i    i´                ,'    .l  l!ヽ.`.|
  ノ,l / l i     .',             ,'  ,  l.  iヽ_ノ!'i
..〃,/...,' .:;l    .i             i  ::  ヽ:. ヽヽi    正直なところ……『死』の連鎖から本当に逃れきることが出来た
イ/.'   '..::/   :  l‐――一''  ''――‐ヽ. ヽ:.  ヽ:.  ヽ    のか、私は今も確信を持つことが出来ずにいます。
イ,' .:  .:::,イ.   .:  /'´  ̄l`     '´l ̄` ヽ ヽ:.   ,::  
イ i : :::/ ,  .::; , '――-        -――‐.∨';:.    ;:.    けど。兄たちが私を助けてくれなければ、今の私はここにいない。
::ハ::. ::,'  i .::;',イ/´ヒテ¨i`         イヒテ¨liヽ.〉i::: .   l::     それは、疑いようのない事実です。
...,':iヽ;::i  l :::i ハ. -ゞ-'┘      └'--゙イ .,',.i.l:::   i: /   
/:,'  i:.', .i:i. ::.'i i::ヘ.          ,.        ./.:ノ,'::  .:l,':: il
:/. .,'::::i: lハ.:::::`ミ==‐'.       l:     、_,=彡':::: ..:,'イ::: ',
.._ノ::::/..;'::::l::::::. i. ', ` 、     ‐ ‐     ,.イi:::,' : i.:::i::i:::::.∧       
 ̄フイ::;i:::::,'::i::::: li:i...i.l : > _     _ <l l.:l,'::i!: l::;:l::';:::::ハ
..´:::::!/i::i:,'::;!:::::.i::ll ,'l 〈\.__`ヽ .イ´_,/〉 l:::l!:i.l:: ∨ ヽ、__,
  ::::::l:l::l:l.i l l: ,':::i!. ,ィ┐i .r‐、ヽi.i'´,.‐、 / : !_ Y ヽi ヽ--イ                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
..::::::::リ::`ツ:iヘ:l.i / / ノ`、ヽ `:}.{.' //ヽ ヘ\ i  iノ '                            ……。 >
                                                   ________/

123 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:02:09 ID:OkfC47Lc [26/52]


                                                    ___
                                                   /      \
    一つ、良いですかお?                         .      /_ノ   ヽ_   \
    さっきの言葉で引っかかったんですけど――                 /(●)  (● ) u. ヽ
                                               |   (__人__)        |
    その、ナナリーさんが助けられたという、お兄さんや友人たちって、    \   `⌒ ´      /
                                                 /            \






.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:レ≧==ミ、__.:.:.:.:.:.ヽ、
{:.:.:.:.:.}:.:.:.:.{        `ヽ.:.:.:.'.
.:.:.:.:/.:.:.:.:ハ          }:.:.:.|
:.:.:.,'.:.:.:.:/ム_ノ         ,':.:..i:.}
.:.:.{:.:.:ィイテ=x、   \ _/.:.:.:.り      はい。
、:.:!:.癶代tァン     イテ小:.:.:.:{       あなたの思われている通りです。
ハ:.!:廴__ ,`´      弋ツイ:.:'.:.:.:.',
い:}:.:) ̄     {   /:.:}:.:.:}:.:.:.:}
.:/イヘ、   ─  .イ:.:.イ:.:/.:.:.:/
(::じ   `  .._ ィ:.:{:.:.:.V:.{:.:{:.:,.く
、`¨´     |_:.{:.:.!:.:.:.:.`ヽレ':.:.:.:ヽ.
}丶、      `ヽ、:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.

124 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:02:38 ID:OkfC47Lc [27/52]

┏────────────────────────────────┓
│兄とその友人たちは、本来『死』の連鎖には組み込まれていなかった。     .│
│そのままの日常を送っていれば、運命とは無縁だったはずなんです。      │
┗────────────────────────────────┛


          _,. -─‐- ,_
       ,.-'´        `~'ヽ、
        /            l     ヽ、
    /       / /   ! }        ヽ
   /        / /    ノj lヽ、、      ゙,
ー7,     / l  !  //} ,/ ヽヽ、i    l
 /!  , / i!  l  l l、{ ノ´   `ヽ} lヘ、、 l
{ l  ,' ,'! l  ∧ j l `         l l l ヽ ヽ、_
! l  l !l  l / l ノ`ー  ,r-──‐リ1 l } j ̄
l ゙, l l ! l, {-‐jノ ̄`    zニニ,._ l l //
 ! ヽl !ヽ l ヽノニz     ノ{!ノr1ヘ lノ }!
   ヽ }、ヽィ fノ_rl}`    ヽ}f刄ノ'´イ ,/          _____ _,--─-..、.,,_
      VゝヽVゞ‐'´   !         lー'         /::::::::::::::::::ヽ´:::::::::::::::::::::`ヽ、
        `ーヘ     '-      /        /:::::::::::::::::,::--::、ヘ::::/::::::::::::\}、
         ヽ    ‐--‐  ,ィ´        /::::::::::/:::::::::::::::::::::ヾ/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
          `1- .,_ ー' /.:l        /::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::/彡ヘ:::::::::::',
           f≦}!>ー'´-z≧}!      ,'::,':::i::::::l::::::::,'::/彡三ミ≧::/彡≡ヾi:::::::::::i
           |::::: l r ─┐ l'"´:|   .   |::|::::i:::::::l:::|:::|〃           i:::::::::::i
           |!7 l l:::::::::::l! lr个|  .    |::|::::|:::::::!:::!:::|/              l::::::i:::l
                       .    !::l::::l:::::::|:::::::|!___     ,、==┤:::l:::l
                           !::l::::l:::::::|::::::|! ̄二二ミ    〃彡ミfi:::::|:::|
                           |::l::::l:::::::|:::::|!≦三ミtr、   辻;;ゝ}.,|::::|:::|
                           |::|::::|:::::::|:::::|弋::;;ゝ}      ゞ=''"|::::|:::|
                           |::|::::|::::(:!:::::| ミゞ"`    i    |::::|:::|
                           |::|::::|:::::|::|:::::ト、          〉   /i:::::i:::!
                           |::|::::|:::::|::|:::::|:::\     ー ニ'´ //:::/!:::!
                           /リ!::/::::::!::!:::::i:::::::::!>     イ::ノ:::ノ:::!::ヘ
                           /!/!::!:::::!::!::i::i:::::::|゙´\  >勹\/;/::|::リヘ、
                            i:! !::!ハリ;::!::!::!::::ri,   `<  i ク//!::!ハ:::\
                           / !::i!メル;::!::!::!ソft、     >,i/!/:ルリ ̄ ̄  ̄ `ヽ


┏───────────────────────────┓
│けれど――私を助けるために、数多くの犠牲を払って。      │
┗───────────────────────────┛

125 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:03:12 ID:OkfC47Lc [28/52]


./   .:       ヽ              ヽ|:::::|::  l  l    
.  .::      .:  |                 |:::::|:   l  l    
. .::   ./ .:/  /         _,,= 〉 ≠l::::|:   `、|    
.::   /  .::/  ./     __,,,,,r-"´´   /- ヘハ   ヘ.|    
../ /  〃 ./_,,,,,,--‐"´´         ./,=,,トヘ;::ヽ   ヘ、  
/ / 〃 / ̄,ニテテ,.           l/ l| ヽヽ::ヽ   ヽ   
../ .〃 , ' ,r.'´,,=テ=ミ、        i弋_ノl:::::ヘヘ;:ハ   ヘ 
..i .∥./  ,,r"´,rイ   ゙i¨`        |:::::::||::::::::゙l;ヽ、ヘ    ヘ   
l  ll /三/  〃.Cト.__,ノ           l::::::リ::::::::::i|:::.ヽ;:`、  .l 
| .il,' ‐〃  ||:::::::::::::::||         i_)∥:::::::::ll:::::::`i::::i   .| 
 .il. -||    ll:::::::::::::::||             、~i:::::::∥:::::::::|:::|.   ! 
 .ll ,,ヾ    !!:::::::::::::;ll             \l:::,'/.::::::::::::レ′/ 
  i!   `   乂,';;;;;;;;i!            ヽ,::::::::::::/ /     そう。
.!、.!、     ゝ_,>'"´                 / :::::/ /       死ぬはずの無い「誰か」が、死すべきだったものの代わり
.. ヽヽ、                       / ,/ /        その命を落とせば。
...  ` ミ=、_       ノ          , ノ/ ./        
ヽ、   `-ミ==ー‐"´      _,,-‐"./, ' /ヘ           あるいは、私のように――
  ヽ、   ヽヽ             ‘    /.:li //、ヘ        
.    ヽ、  iヽ`,              /.::l| l i ヽ,ハ       
      `、 .l ヘ l               , l...!l l l    iヘ       
.       i、 i` | l-    _____/, 'レ’ハヽ、   ハ      







         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )         ちょ……ま!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /          ちょっと待ってくださいお!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

126 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:03:46 ID:OkfC47Lc [29/52]

      ____
    /:::::::::  u\             そんな話を聞きに、やる夫はここまで来たわけじゃない!
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__       1人でも多く、死から逃れる――その可能性が欲しいんですお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |       やる夫たちの代わりに、関係の無い誰かが死ぬ!?
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |       それじゃ結局、なんにも変わってないじゃないですかお!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


















   クス 

    .,.' .::;イ  .::::,ヽ ヽ 、ヽ、ヽ、__ ノ    !       ./,イ^ト、ヽ  ヽ!      ――それを聞けて、安心しました。
   ,' .:,イ. .::::::,イ .:iヽ、``  ヽ,ー‐'   ` - '    .,.イ:::l:::::l i   i ノ.ヘ
   .i ./ ...:::,イ .:/::::::::i:`ヽ,ノ ノi  `i.、       , イ/i:::,メ'::::,l.  ,l:::::、.ヘ
    l' .:::;/  .::,イ:::::: ,':l::::::i  i i /´l、. ` 、_  イ、::,' .i:::l:i'/,ィ'´ノ イノ:::\::..ヘ

127 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:04:04 ID:OkfC47Lc [30/52]


         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \       お――?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ







                    ___   _____
                    ,r=ニ二、 ̄ ̄r-__``ヽ、
              ,r".'´~ ̄~ヽミ 彡"´ ̄~`.、、
               /´   ,x-‐-、 .,r‐‐-.、  ヽ`、
              λ   ./.::::::;;;;;;`v';;;;;;;;;;;:::`、  l l
            ハ  .Y'´´´  `´   ``ヲ  | |
           / ,∧  `i              ,'   ヽハ
             / /  ,   l.,, -‐‐    ‐‐- 、l ヽ、`i.ヘ
          /// ./  / ., -‐     ‐-   ヽ  .`,...l...ヘ       
         , '/∧ {:  /   __,    ___   i   l ,' ヘ.ヘ
        ./ ,' ,' `、! l `、==="    `===.,',l`i / !、 ヘ, \       少なくとも、あなたには『死』と戦う強い意志がある。
       ,' ./ ,′,ノl .| lト、 、      l     /イ.リ.,'| l`l` ヘ .ヘ,      それが確認できてよかった、ということです。
       レ' /  .λl ,イ`l| .ヽ、   ー   イ |'l、.l.| |lハ.   ヽ、ヘ
        / ./    ' ゙|/ |.レ|. | |`,i 、 ,..イ_|.|| i.!ハ|ノイ|ハ    ヽハ
      /, '     ,' .ハ`ψノ l l |ヽ、 `´ ,ノ |.|.|. | ツ . lヘ ヘ   .ハ l、
    //    ./ ,'   ./  /,l |  ヽ、 '´  l l.l..|  ! .|ハ ハ   .ハヘ
   ./ ,r"     /〃,-≦-‐"~l.||  .イ三|、 .l||.レ’ / /-、ヘ.ハ     l.ハ
  / /      .// /~ワ彡|  .|.|.l /...トイ i、 ハレ’./,イニコ`l ヘ ハ   l |
  |l      ,r´/ .l'  '´ ,イ   .|.|.レ′ !  ! ヽレ′|'´.├-  l .ハ l   l .l
  l...l    / /  lヽ   l    |.|  ./  l   |  l  lヽ   | !l   / l

128 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:04:49 ID:OkfC47Lc [31/52]

             / / ./  .,' ,ィ'三三ミ=、  _,,r=-,_ 、  ヘ
               ,' .i .::;'  ,イ彡'´ ̄ ̄```-'‐===ミミミ!   iハ
             i ,'l .::::i. .l/'             ``ミi    l i
                l ,'.l.::::,' :: l                 i   l .i
             l.,'..:i!:/ :: i i-‐ '"´ ̄`    .‐-、._  .,'   .i l .l
              ,'/.::ノ'  ::.l .ハ ___             `` i i:  ヽ,.l
             ,〃:;イ,' , .:::: i:i,--==ト_        ,--  l .i:.  :::.ヽ,    誰も犠牲にするつもりはなく、生け贄を用意する気もない。
         .//,.イ/ , ' .:::/ .:/トイ::::::lヽ       ,イ云二トl.  i::. ::.. ::::i    これからも、苦しい日々が続くこと、しかしなお戦い続けること。
       ,イ,/ i i / .:::,' .,イ. ゞ--'イ        .トイ;;::::;ハ  ヽ, :、:::::l
      / .;イ .::l l': i :::i :i.l i          ,    ``¨~´ .∧.  ヽ ヽ ::l    ――それを覚悟しているのですね?
    .,.' .::;イ  .::::,ヽ ヽ 、ヽ、ヽ、__ ノ    !       ./,イ^ト、ヽ  ヽ!
   ,' .:,イ. .::::::,イ .:iヽ、``  ヽ,ー‐'   ― 、     ,.イ:::l:::::l i   i ノ.ヘ
   .i ./ ...:::,イ .:/::::::::i:`ヽ,ノ ノi  `i.、       , イ/i:::,メ'::::,l.  ,l:::::、.ヘ
    l' .:::;/  .::,イ:::::: ,':l::::::i  i i /´l、. ` 、_  イ、::,' .i:::l:i'/,ィ'´ノ イノ:::\::..ヘ
   .l:;イ  .::/.::::::::/:::l::::::`ヽ(`/   ` 、   ,l' l:i: i:::iヘl i ,'イ/::i:::. ヘ、ハ
  ./   , '´...::::::/:::/.::::::i_,ィ'ヽ、     `ヽ,_.ィ .l、i::. ヽ:ヽヽ:::i':_:::ハ:ヽ  .ヽl
. /    ......::::;ィ'", --、,-‐'´  `、 ヽ       /.:::.∨.l i i、  ヽ、`ヽ、 `ヽ、ヽ   l








          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/        ――。
      ノ     ` ⌒´  \        はい、ですお。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

129 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:05:16 ID:OkfC47Lc [32/52]

         /  ,_,,,,,,,,,,_   _, ‐-`‐、
         /  ,r'",, r‐‐‐-ミ, ´,.r-‐‐- .`、
       ,':  :/ ./   ,,,,,,,,,   ,,_--、 .   ハ
      i::  ,'. .:l  ,r'=-‐‐ミ、,彡‐‐ミ,l   i|!
     .!: .ノ  .i|  |          `|   .|l
     ,': / ..:/i  l           | . ヘハl
    ./:.i  .::://.,   l_,..-‐-   ー-- 、l.  ヽ`、
   ,./ ヽ, :::// / , ノ-‐‐、    ,‐‐- ヽ、..ハ:.ヽ
  .〃 ./  ) l/ .:i .i.,i"___ ,,,    、__.. ,, /:〉、  ),'      分かりました。
/ .::/ -イイl、:l, :ト.‘ ̄ ̄      ̄ ̄,',イノl:: /イヘ,      ……やはり、直接お話する事ができて、本当によかったです。
'´.:://   リ、ミ_、‐ミ=ァ       }    /'::i',イイヽ、 .`、
:/.:/.   ./ .lノィ`ー`_ .、  --  , ィノl、lil-` . ハハ. ハ   では、
..::ノ   .::/  .l::|:::::l:i.,'ヽ、`  、_ ィi:::l::l::::l iヽ:::. .l:.l::  .l
/   .::〃   ,'::l:: ,r,〈   `ヽ、. ,.ィ..l、.ll::l:::l ハヘ:::: ノ/.: /
  .::,r" __ イイ'´ l l、    /ヘ,  l.i`‐l::l  .i_!://:: /
 .:/ ̄ ̄i!       !.l、  .,〈  λ !l ノ'   ノ ̄i::: .{
i!:::l:: i!  i       i l l /ヘ 〉::〈.ヘ.|.!ノ   イ‐.:l lヽi、
:l:::l:::. i!   l       l l~  l  l  l: ,r,"´l  i  l:. .`、、
' :::l::::  ヘ  l     l l:.   |  | l: .i i'  .| :/  i::::..  lヘ










  .ノ   ノ:/   /
/    /:/ /三二ニニミ```ー一'’
    /イ /     ヽ、`
   ///-‐三三三‐-
 / .,r"彡'´,r‐‐ィ‐.、`ミ
'´ ./〃 〃:::c::::l   `iヽ
  /-i  lll::::::::::::::::ゝ-イ! l                   あなたにまとわりつく『死』の事は、有る程度うかがってはいます。
../___l   lll::::::::::::::::::::::::ll                    しかし、まだ情報が足りない。
.l、 ヽ  トi`¨!:::::::::::::::ノ
ヽl  `   ゝイ;;;;;;;;;;イ ,                     私が知っていることもお話します。
  l    `'''''''''''''''´ ̄                     ……それぞれの手札の開示と、参りましょう。
.丶ヽ                    l:.
、.ヽミ、                       |:::.
:ヽヽ、ミ、.______.ノ               |:::::
::::::.ヽ、`ミー彡'´                 l::

130 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:05:40 ID:OkfC47Lc [33/52]



┌─────────────────┐
│地震が起きてから、今日までの事。  .....│
└─────────────────┘
:.::::::.:.:.:...     |         ̄i i¬=ーt |
::.:..        |          | |     | |           __
:. , -rt--  ...」_,       | |     | |      x≦爪川
  ! | | F==ミ. |==‐_ー-''└ー .._| |      | }八L}ハ|
  i | | |////,| |      ̄| | ̄ ̄`'i |      |(_ト、ミーj|
┌──────────────────────┐
│やる夫が口を開き、ナナリーが聞く。          │
│時には相づちや、質問も織り交ぜられながら。   ....│
└──────────────────────┘}
  | | | |」」」」」 |=====ミ.   | |    YY广 r─---  .....L乂_ノ__
  | | |-‐Vヘ¬||| || || ||l   | |    ノ八  | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
  j | |  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ (___) ⌒>「三ニ/: : :/ | |
  j | |   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : /   | |
.  ! :| |    |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   | |
┌─────────────────────┐| |
│やがて――『死』の条件、そして期限までが、   ..│|_|  ̄
│話題に乗った。                     .│
└─────────────────────┘
        |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                            :.:.:.:....Ll

131 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:06:47 ID:OkfC47Lc [34/52]
::::::/.::::::::::::::::/::::   l! l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,_゙v'´,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,゙i   /::::::::::::::::|;
r‐イ::::::::::::::::,':::::::.  ! .|          `´        l  ,':::::::::::::::::::::
::::l:::::::::::::::::l:::::::::.. ! .l                  ,'  / ::::::::::::::::::::::
:/::|:::::| ::::::::!:::::::::::::. : l                     i  .i:: :::::::::::::::::::::|
/::::::!:::::l :::::::l:::::::::::::::: l l                     !  :; ::::::::::l|:::::::::l    あと、一ヶ月……ですか。
:::: .::::ノ ,!::::::l::::::::::: ../ /-,,,,,,,__           __,,,-‐ヽ, :l  :::::::||::::::::::l
: .::::/ .:::::::::::!:::::: .//二二ニ゙゙゙ー'    `ー‐テ二二ユi,`、 :::::||::::::::::::    二人とも、どう思われます?
: .:::/..:::::::::::;ノ:::: ,;:;;彡====‐- 、       ,彡彳==ミミ=ミ、 ::!|::::::::
::/.:::::::::::::l ::::: /彡",.i夾赱` ,ヽ、        〃,i乏万_ノ、゙ミト,`!、!|:::::::.
:,' i|::::::::i::.| :::: l ミ  !弌中示,!           ´ !禾中云,! 彡`〉 ::::::: :
イ.i:|.::::::イ:.|l ::: i.l ` ` 込彡’..::      ::::::.. ` 込彡’ ´ ,' l λ:: l
:|.l::l ::: |:| |:.!、 ! i,    `ー‐'     ::.      `ー‐'    i / ノ:l.:: リ
.リ::.i :: .!ハ !::::ヽ_リ、          :::                ,'./ ノ.:::l.: .i:
:.l:::::ヽ、 l::\::::::::::::゙、           ::           ///.::::ノ /:



              / 三二ニ= 、
             ,イ/  ,二二ニ ヽ、、
            ハ{   / >‐-= 、 \_/,イ
            /´二}  {´ , -‐- 、  \ー'__}
          //, /`ヽ、V /∠二ミ 、_  _ノ
         {〈 ,{ V´ `ー~´´´´´V/7//
        、__」レ'ノ 〉    ,   _V´}/      話の中に出てきた、ベアトリーチェなる人物。
         ミ三,-r´、≧ミ、 ソムtf我`レ/       交渉しだいでは、我らの心強い協力者となってくれるやも
           ヽ!     ´ | ` ̄  .'´ _     しれませんな。
            」、   、j    /,r'´   \
            {{ }ヽ -ー一  イ>ト     ヽ
           . ィV__ \ ⌒ /ノ {ヘ     `、




.::. / .: .::.::.::.      /  /      `´    | |   :.. ヽ
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{        学校の始業式――か。
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ、       多くの人間が集まる日が、リミット……奇妙な符号だな。
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ
、::.:Ⅵ    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、

132 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:07:17 ID:OkfC47Lc [35/52]


.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:レ≧==ミ、__.:.:.:.:.:.ヽ、
.:.:{:.:.:.:.:.}:.:.:.:.{        `ヽ.:.:.:.'.
:./.:.:.:.:/.:.:.:.:ハ          }:.:.:.|
'.:.:.:.:.,'.:.:.:.:/ム\_        ,':.:..i:.}
:{:.:.:.{:.:.:ィイテ=x、    一´_/.:.:.:.り     ともあれ。
|、:.:!:.癶代tァン     イテ小:.:.:.:{
. vハ:.!:廴__ ,`´      弋ツイ:.:'.:.:.:.',     私たちに今出来るのは、生存者たちに目を光らせる事。
 い:}:.:) ̄     {   /:.:}:.:.:}:.:.:.:}     そして、『死』の気配を察知しだい、その運命をなんとかして
. /.:/イヘ、   ─  .イ:.:.イ:.:/.:.:.:/     回避させる事ですね。
ム(::じ   `  .._ ィ:.:{:.:.:.V:.{:.:{:.:,.く
ハ、`¨´     |_:.{:.:.!:.:.:.:.`ヽレ':.:.:.:ヽ.
二}丶、      `ヽ、:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.





            _____.......--‐‐‐‐‐‐ヽ...____...----_
       __イ´ ´   /´       \      ヘ
      /      _/           `ヽ     j
     /      κ´  l       ___......        |
   /       |   /    i /´:::::::::::::`v´::::`ヽ  i
  /      :  |  /     Y‐¨¨´´````´゙゙¨ ┤ |
 /       :: :::| /      {           i   |..
/       ::: :::::K´      `.          |   |、
/       :::::::::/         },......-¨´    `ヽi   i `ヽ
/       ::::::/      :::   /       i   |     `..
       i ::/;;;      ::::: _ノ_...┐     |.. ´} |\     j
       i ::く::::     :::::/ ´  |     |  i |::::丶     》
       ::::\::::::     {   __...-      ,==|::::::::|  __..イ
      / ::::::::ζ:::::    ヽ-==≠″    ヽ.  |:::::::::::/´
      i ゙;:;:;:;::;:\::::::::::   `-...__,       / }::::λ_ゝ
      /:::::::::::::::::::::}:::::::::::ヽ ゞ´      ...-ァ /..ヘヽ_
     / ;;::::::::::::::::ノ_λ::::::::| i       {  / /:::::| j`´   1人に監視をつけ、なおかつ複数行動で互いをフォローさせる……
  .  /:::::::::::::::::::}´ / |:::::::: ノ       `゙´ /λ j      最低でも300人は欲しいところです。
 ..  /::::::::::::::::::::/ 个 i彳 λi   --- ....__,/ / 》ノ
   /:::::::::::::::::::<´   \ミゝ ゙    >´     i        ジェレミア卿。
  /:::::::::∠´´ `.._   `ヽ    /´i..      |        今すぐに、この地域で動かせる人手は?
... /::::/´    ´`ゝ..   `..  人i `-...   |..
:::::/         ヽ    ヽ    } `ヽ 入  |

133 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:07:59 ID:OkfC47Lc [36/52]

                 _ -─ァ‐-,、__
              ,ィ'´〈   fr‐=ニ三≧、
           { __ヽ  |l /,.-‐=ミヽ\ニフ
             ,ィf/ ヽ\| ∠..,_  \ヽノ
          (  \/ ̄`"´    `ヽ /リ
          〈У  )=‐- 、   _,z-= |//
         ー=ニィ´ rt:::ッミヽ},ィヒ::テラ ji/
          〈o ∧ `  ̄  i   ̄ '}     477名。
.            ∨r∧     }    /ノ     1人に3名を付かせ、交替で回していきましょう。
             ∨{\   r===,  /
           ヽl\\. `二´  イ__    残りは予備要員という形をとらせます。
.        | ̄ ̄ ̄ ̄\{ヽ._/|_   |ヽ
.        |       |二二Y二i}   | |
.        |_      | 「_ヽ| | f |   | |


                                        _____
                                  _,,..r-‐"´_,,.r‐ ̄ ̄ ̄ミ`ヽ、
                                ,,r‐"´   ミ /      ヽ ヽ、`ヽ、
                               i"   ___  ,,r" `ヽ、   l  ヽ、_. ヽ
                               l  ,r三ミミ、 〃"´  .`、  !   `ヽ ヽ
                               /  lミ"   `′     l        _,、
                              i!  ll          ‐---‐‐l      ,, ‘´‘」
                              l   l  _,,/´     ,.r‐‐‐l     .ll ,r"1
                              l    l". ,,..‐.、          ヽ .     l!./  |
                              i!   l!〃         、____,, ヽ   l `i ヽ
   リストの作成を急いでくださいね。        ∨   |l、 、__,ノ        l.`.  ,'ノ.ll .l ヽ
   一日も早く、手はずを整えなければ。       ∨ ll `i    '        ノl   /  l  l ヽ、
                                ∧   l    ___ _    '"_|   /  ll.| l   .\
   ……どうしました、やる夫さん?          l, l,i!...l `,r‐.、/ 、_ヽr‐、.-"ノ l .l   //、 .i!   ヽ
                                 /ノ、ノ、ノ.彡/  ー、 ヽヽ`,i / .l   .i! .`iヘ     \
                                /  ノ ` ‐l  r, .ヽ-`i´.l l   `_,,ノ   l! .ヘ
                              /     /~l  .Y '´_/.〉l |  ,r"     `! .丶





       ____
     /_ノ  ヽ、\         え?
   /( ●)  (●).\        あ、い、いえ。
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     ちょっと、驚いてしまって。
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)   思っていた以上に、随分と大がかりなんだなー……と。
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

134 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:08:27 ID:OkfC47Lc [37/52]


   / /    / ./  .:./.: ./´  /ミミミl /....ハ
 _r/-/-rrn、/__/___,;;,/::: ,     l==ミミミ/,r=‐‐〉
r!ヲ‐-l-‐-、____ _,x'"  .:  .: .|   .lニテ/
'´ ./   .::/ ,イ ,r.`    .:: .:   ...l_   l:::〈´
 .:/ .::::/ /l|.::l:: .::..  :i::::.r-'"´-ミ‐-/l::|ヘ
.::/ ..::/./...||.::::l: ::ノ: .::.:|::|:l ヽ、 / /´ ノノノ
/..:::/ .〃 .||::::::|:/ .: .レ':;xli   `’ l:、l´ ̄
.:/.:〃...:::::||;;ノ/: .::.//  `     !::|     元々は、兄が作り上げた組織です。
´.:://_::::f´`i! フ:;__ll::l へ、   - .<::F='    私はそれを受け継いだだけ。
::/./ヽ`l|  l_,,'´/ll:lヽ、.l>、r":::::ノl:|
'::/::::,| .′‐-、_ /、lll、__ nィ:イ:::/´. ,リ      この力を持ってしても、どこまで『死』に抗う事が出来るかは
::l:,r"      `、.´~)`ヽ、トi|.!|         不明です。
:::l::::::::::.       i /   lヽ.`i         けど、何もしないよりは良いはず。
l::.l:::::::::::    / └-、  l  l
l!::〉::::::::    ∧  ノ .l´゙ .l










               /:::/:::':::::::/ミ、,;ィミヽ:::::::::::ヽ::ヽ
            /:::/:::::::::::(´      `)::::::::::!x::i
 .          {^(j:::::i::::::::::)      (::::::::::::i∨i}
            /´::::::,'::::::::/ニT   `Tニヽ:::::::::::ヽリ      とにかく、時間はあまり有りません。
         〃::::::/:::::::,イ示ヽ    ィ示ミ、:::::::::::::ヽ.     これ以後、それぞれで新たな情報が手に入れば、
        ..イ{:::::::/:::::::;':{{::J:j    {::Jリハリ:::::::::::::::}ト、    すぐにそれを照らし合わせましょう。
        /:::ノ:ハ:::::{::::::::ヘ ゞ-''      ゞ-''/ノ:::::::::リ::人:::ヽ
 .    /:::/:/:/:}::::)::::::;::ゝ    _'_    .イj:::::::::,'::ハ:::::\::\
    (:::::/::::/::,'イ彡:::::/::::介ト.       .イi,'::::{:::::!::ヽ\:::::::ヽ::ヽ
    ,':::/::::〃イ:::|:::i::i:::{::{:/:リ;ヘ=>¨<={イ〈:::::从::}::∧::::\:::::::}::i
 .  ∧:':::∨:::::|::::ヽ|∧iヾ:::/ノ 〉_(`ii´)_〈::!:::ヽ'ノノノ:::::/ヽ:::::i::::::从
 . イ:::{:::〃::::八:::::/___//_/) 7 (人)ヽ (ヘ._ヘヘ__/::::∧::j::::/\\

                                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                          わ、分かりましたお。  >
                                           ________/

135 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:08:50 ID:OkfC47Lc [38/52]

┌──────────────────────────────┐
│その後しばらく、二人の間で会話が成され。                .....│
│さしあたってまず、やる夫の仲介でベアトリーチェとナナリーたちを   ....│
│接触させる事が決まる。                             │
└──────────────────────────────┘


┌─────────────────────────────┐
│ナナリーが小用の為に席を立ち、コーネリアがそれに付き従った   .│
│ところで――                                   │
└─────────────────────────────┘



                 ,,.ンーレーーフ'' ̄フ ̄ ̄ ̄'''、,
              .../''    ,,"'\;;レ/       \.
           .../''''    ./ "'''''ーY;;;;;;:: ,,....-;;;*'''''\;;;,
          /''      /'   ,..--..,ヽ;;;;;/;;;;/     ''\,,,
         ノ     /   /";;;;;;;;;;;;V;;;//,,,,,,,,,,,,,................, 'ヽ
        /..:;ノ   ./   /;;;;........、ヘゞV/;:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ
     -=''';;;;/   く.......,,,/;;;/::::::'''''''   "   ''''''\;;;;;;;;;;;;;;;''''ヽ|
   ..,, -ラ/     '''':;;;;;;;;\..,,,             ''::\_;;;;\;;;)
   .,ゝ'''''''"        >;;;;''' ラ_...,         (o)./'''ゝ;;/i
   \>   -..,,,,, ...,,/";;;;;,;;,/   "\ヽ..       リ '" ''二''"/"
   \";,, -;,,,, ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:  -;,,,,. '''''"'-,'';;-.,   / ,..-., "'7
    \;;;;,,,\;;;\;;;;;;,,..-く|./    '".,|,"u''ム、',::"''ト ./"∠-;;;;\ノ|
     \;;;;;;;;,,,,,;;;;;;;;;(''/ヾ|      ̄ ̄” "'   /;/;-ーヽ;;/''"
      |ヾt,;;;;;;;;;:::::::ヽ.i;;;(V              |''|;;\ニ∥/
      V\\ニニニ\''':;;,              ヾ!;;;;;;ii!/|./
       ''',-"'.,,,""''ー;;ヽ-ヽ              /\∥|/
        \.;;;;;;;;;;;_/'/"|             /" //
         '\__,;;;;/:::\        .__;;,,  .|//
           \;;;;;;;イ: ::::::\     ''' ̄,,,,,,,,,,,:. " 山      ……よくぞ、折れなかった。
               .| ::::::::::\           ./'''
            ._j''\.::::::::::::::;\,,        ./
            /;;;;;|iiiiiiiiiii\,,,::::::!!ill\      ./
           /;;;;;;;|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,''\..!lli\ーー.ノ
          /;;;;;;;;;;;;|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/..\|||、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;|ii,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii//'\iiii/
        //;;;;;;;;;;;;;;;;;|.||iiiiiiiiiiiiiiiiii|\//   \|\.
       //";;;;;;;;;;;;;;;;;;|i||iiiiiiiiiiiiiiiiiii\ < .A    |;;;;;;;;\.


┌──────────────┐
│ジェレミアが、口を開いた。   ....│
└──────────────┘

136 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:09:45 ID:OkfC47Lc [39/52]


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |      お?
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |




                                                , __
                                            ,, - ´/ ≧ ヽ 、
                                          , - イ //` ── ⇒、、
                                         /= {/ / // ニ二 ─ 、ヽ`ー ヘ
                                       //二ヽノ//::::::::::::::::::\ \ハ-/!
                                      ////::::ヽ/''' ̄γヾ ''''≧二ニ ハ ./
                                      ///ル l:::√     ゞ ノ T _ ノ イ
                                      ヽヽヽヘ/      / ./ ヘ= 、ヽハ/}
                                      、≧ )))ー─- 、 .{ //=二= }三} j/}
                                      ∨≦ハ ` -tツ-ヽ ゝヘー l-ノ///
                                          ヾヽ    j     ̄Y j ト//
ナナリー様が騎士団を率いて以後、君と同じように             ..\   ヽ ,      / i、
『死』に魅入られてきた者を幾度となく見てきた。                 ヽ  , ─- 、 ∧/ i
                                               ゝ     /-´:::::::Yヽ
だが、中にはその運命を享受してしまったり、戦いに              /i.:.:.へ __ ノ::::::::::::::::i: : \
疲れ、諦めてしまった者も少なくない。                      /::.l.:.:.:.:イ ∧ ヽ:::::::::::::::l: : : : ヘ
それを知った時、あの方は顔を歪める。ただただ悲痛に、な。       /::::::|.:.:.:/ , ヘ i::::::::::::::/∧: : : :ヘ _
                                           /:::::::∧./ / / ノ:::::::::::://.:.:.i: : : : :ヽ ` ─ 、
                                  ー─´ ≧ ̄ ̄:::::::::/;:;:/ , ∧≦ 、:::://.:.:.:.:l: : : : : : \     ̄ ̄
                                     /:::::::::::::::::::::/;:;:/ ./ ,  l  i .ヾ、ノ.:.:.:.:.l: : : : : : : : ゝ─






       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    いや――そんな。
   .|   (ー)  (ー) .  |    やる夫だって、半分くらいヤケクソ入ってますお。
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

137 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:10:30 ID:OkfC47Lc [40/52]

                                                / 三二ニ= 、
                                               ,イ/  ,二二ニ ヽ、、
                                              ハ{   / >‐-= 、 \_/,イ
  それでも、だ。                                  /´二}  {´ , -‐- 、  \ー'__}
  引き下がる事を良しとせず――また、誰かを犠牲にすることも     //, /`ヽ、V /∠二ミ 、_  _ノ
  否と断じた。                                  {〈 ,{ V´ `ー~´´´´´V/7//
                                          、__」レ'ノ 〉    ,   _V´}/
  そうでなければ、あの方は笑わん。                    ミ三,-r´、≧ミ、 ソムtf我`レ/
  ……その他の笑い方が失われた今となっては、本当に貴いものだ。  ヽ!     ´ | ` ̄  .'´ _
                                              」、   、j    /,r'´   \
                                              {{ }ヽ -ー一  イ>ト     ヽ
                                             . ィV__ \ ⌒ /ノ {ヘ     `、
                                         _.. ‐ ´::ノヘ」|〉ーf=i⌒lレ>/ ', /}   `、



     ____
   /      \        
  /         \ 
/           \     笑顔……。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/      あの、それってやっぱり、
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







   |::|  |/      ル宀'⌒`ヽf斗 | ! ト、  ヽ    V /
   |::|  {      {       |  !_」 } ヽ   ',    L厶
   |::|  |、     '.-‐=ミ、    l   }´j /   ', |  } レ    察しの通り、『死』のせいだ。
   |::|  |::ト、   '. ',  ‐-ミミ、_ } / //,二二」  l  | レ'´
 、.⊥L._」ノノ /   } 圷之fミ、ヽ}ル' |/厶-t爪汀  }   } }    今となっては、遠縁であるコーネリア様が唯一の血縁者。
 _≧=≠=彡'  |! } ̄ ̄´    /   `¨¨¨7  ,' ,イi ′    親しかった友人たち、そして血を分けた兄君や姉君は、もはやこの世におらぬ。
 `ヽ、     ゚ i } /          i   \__/  ,' / }レ′ 
    `r‐r‐r‐r─从i        |   \__/ / ,′ル'

138 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:11:22 ID:OkfC47Lc [41/52]

.. '´ /   {    \ /     ', V `! ト、  ヽ\     
 彡> ´  ̄.\     ∨ ̄⌒ヽ. },′ ', ヽ \ \\    
 /.       ∧    〉    ゝ´⌒∨ |  ヽ  ヽ ヽ  
...∧ {\_ /.〃   / ≧ミ、      | |   |    ∨',  
 | ヽ≧=≠彡   .圷rュ._ \      | |   |     | | 
_. >、____ 人 弋t外、 ヽ    ノムl   |    | | 
.     /  }       ¨¨     ル'/ニ二|  .|    | |    
   ∧ 〈               代f灯 l   |    | | 
.. ̄   ',               { 、_≧.」  | !    ∧ ! 
..      >‐<               /  、_:::::|  l |   / |.|   先ほどの話の中で、もし君が「誰かの命を犠牲にしても構わない」
     /  |        ___      |:::::ヽ  ム|  ./   |'    そういった姿勢を見せていたら、あの方はこの場を後にしていただろう。
 . r ''___ ゝ    r‐'辷二 ユ   小_::/ / / /    .   その心を痛めながら、な。
.... ´::::::::::::::::ヽ ヽ         /:::イ / / //      .
..:::`ヽ::::::::::::::::',  \    「::::V /::::/ // /          私は、幼い頃からあの方を兄妹共々見守ってきた者として、
::::::::::::\::::::::::::\   ヽ、_j_ /::::/ /             これ以上の辛い思いは極力させたくない。
::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::>…‐、_//_/::::/                だから――筋が違うことも承知で、この場は礼を言わせて欲しい。
\::::::::::::::::::\:::::/:::::::::::/:::/__::/               
.. \::::::::::::::::::>'…‐ 、/_{_ /                
....  ヽ:::::::::::/::::::::::::::/:::::::|_::, '                
\   \_/…― 、/:::::::人                 












                            /  ̄ ̄ \
                           /ノ  ヽ__   \
                         /(―)  (― )   \
        ――。             |.  (_人_)   u |
                         \   `⌒ ´     ,/
                          /         ヽ
                         ./ l   ,/  /   i
                         (_)   (__ ノ     l
                         /  /   ___ ,ノ
                         !、___!、_____つ

139 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:12:04 ID:OkfC47Lc [42/52]


       |;;| |;;   ''     '':;;;;    ,;;  .,;;''  .,,;;;;'""
      |; |; ';;;;;     ,.........  '';;;,''';;,,.;;;; .,;;;; .;;;;;;'''  
      |ヽ| ';;;;,   /   \,,.'';;,,'';;;;;; ;;;; .,;;;;'''  ./
      .|iヾ. 丶, /    /'''',"'',,,;;,,.;;;;;;;;;;;''  ./;;;;;;
      .|;;,ヾ,,  /    /;;;;;;;;;;;;;;;\,';,,,;;;;;/ /;;;;;;;;;;
      |;;;;, ./     /;ト'ー.,...::::,,,,\\|;;;|/;;;;;;;..:シ
      i,ヾ'';_|     /;/::::::::::::::::::::"'"\\;;//"''..:"''"
    '|i. '|;,ヾ'''';,,    ∧;;ヽ::::::'''      "'"     
    ヾ.、i;;;;\i\    ヾヽ,,..             
     ヽiヽ\;;'ヽ \,,   ヾ;,\';,,.           .(
     \;;;\\ヽ '\ .,;;;;;;;;;>''''';'\'';-.,,,  ..      
       \_;;;;;;,,,:;___/ヾ"''ァ'-ミ;,,.`.-.,`;;'`,    /
          ̄ ̄>., |::  `.,, ヾ.`,ゝ>'ミ,, ̄ヾ;,,i,  /     それにしても。
            / /ヽ:   "`''''''''ニニ=ヾ''''"v| ./;./    どうして君には、『死』が見えるのだろうな。
           ./  /ii|)i,             /'|;;i/
          /  /iiii|ヾ,             .|i::`!''     それも、私たちが今まで知らない類のものだ。
        /   |iiiii| `ヽ.            |ii:::::     単なるイメージ映像の羅列ではなく、臨終の間際に瞳に
      __/"    |iiiii| ヾヽ           .|ii,:::::     映り込んだ視界とは。
   ,.ノ ̄/      |iiiiii|  `,ヽ          |ii::::::
/":::::::::/      |iiiiiii|   'ヾヽ.        、 |iii.:'''
::::::::::::::::/i      .|iiiiiii|.!   ':;\ヽ,     ,......._''".. 
'''''''''''''v/       |iiiiiii|!.!   ';;;;\ヽ.  ,.∠"二二二ゝ
   ∥       |iiiiiii|.| |    ';;;;;\\   ̄二二'''
          .∥        |iiiiiiiii|;i i,    ';;;;;;;;;;;;\  :








           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ    
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l     それは……だいぶ前から、ずっと考えてましたお。
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

140 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:13:09 ID:OkfC47Lc [43/52]

                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ   何度も何度も「どうしてやる夫がこんな力を」って。
   ./. : : : : :                    !、     人ノ    見えた所で、どれだけの役に立つのかって。
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l   答えが無いのは分かっていても、何度も繰り返して
 ,'. : : : : : :                               /   言っていた記憶が有りますお。
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ






                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l   けど。
       l   U.    (     人    .)    .l   ベアトリーチェさんに暗示をかけてもらって――
       .'.,        ` ー一 ´ ` ー‐ ´     .,'   銀姉ちゃんの『死』を間近で見て。
     .   ' ,                     /
          ゝ、               /     その時――なんとなくだけど、分かった気がするんですお。
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                        ほう?      >
                                                     ________/

141 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:13:29 ID:OkfC47Lc [44/52]



┏───────────┓  .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
│きっと、あれは――    .│   .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
┗───────────┛    | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
┏─────────────────────────┓     il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
│これまで、同じように死んでいった人たちの……無念。  ......│  ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
┗─────────────────────────┛  .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   l⌒l     /⌒! ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .|  |     /  / /⌒l./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l|  |   /  /  /  /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/|  |  /   /  /  /  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ |  |  /   /  /  /  / )    ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./j   ∨  l  /  /   / / ,.il!ン''/...-彡'',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
/( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  | / /. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'"\   \_/       `ヽ、   />'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;ヽ      \         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;`、     ヽ       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     |      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   ̄        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
┏──────────────────────────────┓
│死にたくないって、死ぬのは嫌だ、まだ生きていきたいって。        │
│そう叫ぶ人たちの、声が、顔が……やる夫の頭の中を、駆け巡って  ....│-;;ニニコニ;;r‐
│消えていった。                                   .│
┗──────────────────────────────┛

144 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:16:13 ID:OkfC47Lc [47/52]






┏──────────────────────────┓-- 、
│何の偶然か、それとも何かのきっかけでもあったのかは、  ....│一'" : ii、
│今でも分かりませんお。                        │
┗──────────────────────────┛
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-ヽ从;l;从 /、。;.:;从 ;:. /ニフ   ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐   ::::.... `\:;.:.从:::;.:;,:,;、;l,;l> :;.:;人:;.../     ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._.;: .,;:; ) ,.,;;;W_从 :;.:;/,∧ ;/..     `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .l、;;;;;;;;ロ 三.,.,;:;.:,,l|二|;,:;,ゞ;;,,从 :;.;: % ~:..              _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"  .... ..;; Σ;''。:。,,::从ゞ;;,;;;/*:;:,,~`=             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'..,::;; Y⌒:;...;:.:〃l,l;、;.:;.w: .Z\:: : :. ..::    .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;/ ):;。/从∵]ヽ,.,.;;>'''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
┏──────────────────────────────┓
│けど――やる夫は、それを受け取ってしまった。               .│   ,,、   ,、
│そして……その念が、やる夫にこれまでの映像を見せているのだと    .│   .|;;;;゙゙''''''";;.l、
│したら。                                       │'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
│                                          ......│-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
│とても、見て見ぬふりなんて出来ないですお。                 │ .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
┗──────────────────────────────┛;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;.;: .,;:; ) ,.,;;;W_从 :;.:;/,∧ ;/..''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;ロ 三.,.,;:;.:,,l|二|;,:;,ゞ;;,,从 :;.;: % ~:..  i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .... ..;; Σ;''。:。,,::从ゞ;;,;;;/*:;:,,~`=!   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;..,::;; Y⌒:;...;:.:〃l,l;、;.:;.w: .Z\:: : :. ..::;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
∵]ヽ,.,.;;>;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、               ┏────────┓
W 从  ::.... :::.......;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             .│――そうか。     │
.Y:. ..ヾ;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{...´               ┗────────┛:,
        ....;;:'"'   .  .:..  ''
         ;'' :::.    *  ;;..

145 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:16:39 ID:OkfC47Lc [48/52]

                                  コツッ
          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         |     お――?
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \





                                        

           ,l  .;'.  '   , -=- 、    , -‐== 、  `  .i.  l                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ,f'L..:;l     /三二ニニ`ヽ〃ニニニ三i     ト、               ナナリー様。     |
        .l, ,イ/! .i    i´                ,'    .l  l!ヽ.               いつから、そこに? ..>
        ノ,l / l i     .',             ,'  ,  l.  iヽ_               ________/
       〃,/...,' .:;l    .i             i  ::  ヽ:. ヽ
     ,.イ/.'   '..::/   :  l‐――一''  ''――‐ヽ. ヽ:.  ヽ:. 
.    ,.イ ,イ,' .:  .:::,イ.   .:  /'´  ̄l`     '´l ̄` ヽ ヽ:.   ,::
 ,.イ /,イ i : :::/ ,  .::; , '――-        -――‐.∨';:.    ;     申し訳ないです。
'´  .;. イ:::ハ::. ::,'  i .::;',イ/´ヒテ¨i`         イヒテ¨liヽ.〉i::: .   l     少し前に戻ってきてはいたのですが、話の腰を折ることに
 .,.イ..::,.イ .,':iヽ;::i  l :::i ハ. -ゞ-'┘      └'--゙イ .,',.i.l:::   i:     気が引けて。
.'´..:;.イ  :/:,'  i:.', .i:i. ::.'i i::ヘ.          ,.        ./.:ノ,'::  .:l,'::
,.イ   ..:;イ:/. .,'::::i: lハ.:::::`ミ==‐'.       l:     、_,=彡':::: ..:,'イ:::
 ,.イ::,イ:::/ _ノ::::/..;'::::l::::::. i. ', ` 、     ‐ ‐     ,.イi:::,' : i.:::i::i:::::.
,イ.:;:イ::::;イ  ̄フイ::;i:::::,'::i::::: li:i...i.l : > _     _ <l l.:l,'::i!: l::;:l::';::::
.;:イ::::::;イi!  ´:::::!/i::i:,'::;!:::::.i::ll ,'l 〈\.__`ヽ .イ´_,/〉 l:::l!:i.l:: ∨ ヽ、
/.:::::;イ: l!   ::::::l:l::l:l.i l l: ,':::i!. ,ィ┐i .r‐、ヽi.i'´,.‐、 / : !_ Y ヽi ヽ--イ
.::::,イ i: ll  .::::::::リ::`ツ:iヘ:l.i / / ノ`、ヽ `:}.{.' //ヽ ヘ\ i  iノ '

146 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:17:00 ID:OkfC47Lc [49/52]


     /.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:レ≧==ミ、__.:.:.:.:.:.ヽ、
.    , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.}:.:.:.:.{        `ヽ.:.:.:.'.
.  /.:,、:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.:ハ          }:.:.:.|
/.:/ノ.:.:.:.:r┐'.:.:.:.:.,'.:.:.:.:/ム_ノ         ,':.:..i:.}
.:.:.:i  レ'⌒「 } h:{:.:.:.{:.:.:ィイテ=x、   \ _/.:.:.:.り     横から盗み聞きしてしまう形になってしまいました。
.:.:.:|  、_j ||/|、:.:!:.癶代tァン     イテ小:.:.:.:{      ごめんなさい。
:.:.∧  、_ノノ ヽ vハ:.!:廴__ ,`´      弋ツイ:.:'.:.:.:.',
:./.:∧   \   い:}:.:) ̄     {   /:.:}:.:.:}:.:.:.:}
'.:.:/.:.:',      /.:/イヘ、   ─  .イ:.:.イ:.:/.:.:.:/
.ノ.:.:.:.:.〉、   ム(::じ   `  .._ ィ:.:{:.:.:.V:.{:.:{:.:,.く
:.:.:.:./ }   ハ、`¨´     |_:.{:.:.!:.:.:.:.`ヽレ':.:.:.:ヽ.
:.:.:/  」二二二二}丶、      `ヽ、:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.





                  
                 
                 
       ____       
     /⌒  ⌒\          あ、いえ。
   /( ー)  (ー) \    
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      別に、聞かれて困るものでもないですし。
  | U    ) (      |      気にしないでくださいお。
  \      `ー´、

147 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:17:21 ID:OkfC47Lc [50/52]



  .ノ   ノ:/   /
/    /:/ /三二ニニミ```ー一'’
    /イ /     ヽ、`
   ///-‐三三三‐-
 / .,r"彡'´,r‐‐ィ‐.、`ミ
'´ ./〃 〃:::c::::l   `iヽ                    有り難うございます。
  /-i  lll::::::::::::::::ゝ-イ! l
../___l   lll::::::::::::::::::::::::ll                     では――やる夫さん。
.l、 ヽ  トi`¨!:::::::::::::::ノ                      ベアトリーチェさんのところへ、私たちを連れていって
ヽl  `   ゝイ;;;;;;;;;;イ ,                      頂けるでしょうか。
  l    `'''''''''''''''´ ̄
.丶ヽ                    l:.           あなたが『死』に抗おうとする限り。
、.ヽミ、                       |:::.           私も、助力を惜しむつもりはありません。
:ヽヽ、ミ、.______.ノ               |:::::
::::::.ヽ、`ミー彡'´                 l::

148 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:17:34 ID:OkfC47Lc [51/52]
=====================================


                        ・

                        ・

                        ・

                        ・

                        ・


=====================================

149 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:18:41 ID:OkfC47Lc [52/52]

今日はここまで。

いわゆる「タネ明かし回」でした。
残り2回もしくは3回の投下で、おそらくフィナーレです。



150 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:22:03 ID:83JhXWow [2/2]

乙乙~
ゆっくり待ってるよ!



151 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:46:58 ID:WkKHwzuo

乙でした



152 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:52:54 ID:X9PlNi16





153 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:03:17 ID:Q4KHUzUg

乙でした!


関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 09:00 |コメント(26)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

|

<< 【エターニア】やる夫は静かに暮らしたいようです 第二十九話 「 託された想い 」 | HOME | 【Butterfly effect】できる夫は日記を書くようです Episode 9 >>

■御感想or寝言

34405 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 11:15:30 ID:-

懐かしいタイトルと思ったらまだ終わってなかったのか。読もう


34406 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 12:38:32 ID:-

しかし、相手は死…これだけの規模でも、正直不足なんだろうな…


34408 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 13:33:51 ID:JalddpaA

死に対抗するって点が中二心をくすぐりそうだな


34415 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 18:28:55 ID:-

>……どうしろって言うんだよ、こんなの
死ねば良いんじゃないの、人はいつか死ぬんだよ
ナナリーの口から、自分達が大人しく死ねば余計な犠牲者を出さずに済むって
道が明確に指し示されてるのに、この上何で生き延びようとしてんの
本来死ぬ筈だった人間がズルズル生き延びて、周囲の(同じくいつか死ぬとは言え)無関係な人間まで巻き込むなよ

これ以上犠牲者を出さない・死と戦うとか聞こえは良いけど
要するに余計な迷惑を周囲に撒き散らしてでも生き残るって言ってるだけだろ

ナナリーの笑顔が云々言ってるが、死と戦った結果として親しい人々を犠牲に生き残ってしまったナナリーが
それでも諦めずに戦い抜いた自分の生は正しかったんだと正当化する口実にしてる様にしか思えん
親しい人を・赤の他人を犠牲にする可能性を大いに孕みながらも
生き続ける価値がある命が、世界のどこにあるって言うんだろう

エリア88、風間 真の言葉(大意)
「俺が中東で共に戦った男達は皆 勇敢な奴ばかりだった、
 戦場で最初の殺人を犯す前に自分の命を絶つ勇気を持ち得なかった点を除いて」

本当に勇気ある人間はこの話の中には一人もいないって事だな


34418 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 21:03:41 ID:LkZag.iM

>#35332
遅すぎたんだ…完全に厨二病に犯されてやがる…


34421 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 21:59:49 ID:-

>35332

いつから・・・他に犠牲が出れば助かると錯覚していた・・・?



原作からしてこんな感じだぞ。
ナナリーの言う回避方法が正解の保証はない。
むしろ正解であるわけがない。


34424 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 22:24:55 ID:-

原作通りいくとしたら
ナナリーは・・・


34425 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 22:29:40 ID:-

>35338
錯覚なんぞしてません
ナナリーが生きているのは他の人間が「身代わり」になったからなのか、
結果として他人の犠牲を伴いながらも死を回避し続けた結果であるのか
本当の所は確かめ様がないし、そもそも死から逃げ切れたのか否かも
ナナリー本人が言う様に不確定

問題なのはそこじゃなく、「本来死ぬ筈だった人間が
死ぬ筈の無かった他人を巻き込んで死ぬ可能性が高い事」と言う
長門の説を信じ自覚した上で、尚も生き延びようとしてる事だよ

事態が更に悪くなる前に、生ならぬ死を全うしろって言ってんの
伝染性が高くて治療の仕様も無い病気持ちが
外を散歩したいって言ったら
好きにさせる馬鹿はいるの? そう言う事だよ


34426 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 22:39:32 ID:-

なつかしいなぁとかそうだったのかぁとか軽い気持ちで見てたけど↑の人みたいな考え方も出来るんですね^^;こんな軽い気持ちで死を扱う作品を読んではいけない・・・^^;すごく勉強になりました^^


34427 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 22:43:18 ID:-

>35342
 ごめん、死ぬはずのない人が死ぬってのはどこの話?
前話がずっと前なんでわからんのだが、今回の話で長門が語ってる仮定は
「死ぬはずだった連中が順番に死ぬ」から
「死ぬはずだった連中が拡散的に増えて死んでいく」
だよね?
その事故に巻き込まれて他の人が死んじゃうだろ!とかいうならもう知らんが


34430 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/06(月) 23:22:57 ID:-

>>35342
どれほど現実的な考えじゃないとしてもそう考えないと物語が始まらないじゃん。
創作上の話で何ムキになってんだか。



34432 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/07(火) 00:52:33 ID:-

>エリア88、風間 真の言葉(大意)

うわぁ……


34435 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/07(火) 05:52:49 ID:-

シリーズで死を回避しようと様々な手を使って手段を講じた人間達がいたが結局全員が死んでる。

要するに、まぁそういう事。


34436 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/07(火) 09:34:19 ID:-

つまりあれか 将来事故や事件を起こして周りを巻き込むかもしれないからさっさと死ねと
無茶苦茶だな


34440 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/07(火) 19:27:49 ID:EvmDRqhQ

原作でも銃で自殺しようとしたが、銃が発射しなかった(死ねなかった)。
つまり自分の意思で死ぬことはできない(=「死」が殺すまで死ねない)。
だから「さっさと死ね」は無理な話みたい。


34444 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/07(火) 23:33:08 ID:-

俺様、こんな風に作品批評できるんだぜ。かっこいいだろ~ていいたいだけか、閉じるボタン押そうぜ


34445 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/07(火) 23:53:17 ID:-

#35332は是非声つきで発してもらいたいなあ
俺なら何行耐えられるかわからんw

というかこれ、単に一日でも生き延びようって話じゃなくて『死』の連鎖を断ち切って終わらせる方法を探そうって話だろ
迷惑だから自殺します、終わりましたって話ならすぐ終わるから一人で書いてろ


34455 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/09(木) 09:30:50 ID:-

というかエリア88は新谷作品でも最高傑作なんだから
こんなところで出すなよ


34456 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/09(木) 15:05:57 ID:-

やっぱり、超常現象に無理矢理理屈くっ付けてねじ伏せようとしてる感が否めなくて、なんだかな・・・
ここまで楽しませてもらったのは事実だから、作者さんにはありがとうと一言残しておきたい


34464 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/10(金) 00:23:12 ID:-

原作からしていわゆるB級映画なんだから理論的にどうこうは言っちゃいかんw
ホームアローンにムキになって子供一人相手にあんなんなってるこいつら馬鹿じゃね?とか言わんでしょ


34465 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/06/10(金) 08:23:38 ID:-

結末で「勝てる」かどうかは別として、もう誰も死なせずに皆で生き延びよう!って話なのに
他人に迷惑かけるな一人で死ね、と言われましても…
他の人を犠牲にしてでも生きてやろうなんて選択はそもそもしてないのに


37963 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん [] 投稿日:2012/05/10(木) 19:22:54 ID:-

>>#35332 じゃあお前が死ねよw
こういうのに限って、いざ自分が同じ立場に立ったら、ドン引きするくらい取り乱すんだろうなぁ。
小便撒き散らして、「死にたくない、死にたくない」って奇声を上げて、他人に八つ当たりして大暴れくらいはしそうだ。
勇気(キリッ 馬鹿が。


38007 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/05/12(土) 20:52:42 ID:-

ナナリーはナナリーに死んでほしくない人たちのお陰で生きてるんで
そういう人達の迷惑だから死ねってのは本末転倒すぎる

ちなみに死ぬのは死という運命に抗った人たちであって
死ぬ予定だった人と会話したら巻き込まれるって話じゃない
#35342はエイズの人間と握手したらエイズが感染るって言ってのと同じ


44754 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/08/15(金) 14:14:03 ID:-

#35332って前話の#35331だろ

あっちでも気持ち悪い俺理論垂れ流してたな


46373 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/08/29(土) 11:44:04 ID:-

話もまともに把握できてないくせに怒涛の長文を書いてる厨二病患者がいますね
今頃は完全に黒歴史になってるんだろうなぁ


47272 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2016/08/07(日) 06:37:48 ID:-

原作は出来のいいB級映画だった訳だが、ジャンルはホラーなのだろうか?
見ていて怖くなりはしない映画だったが。
ヒヤリハット系の、本人に責任がある、うっかり事故死が連続するような展開だったら、
自分にも起こるような気がして、怖くなったんじゃないかと思う。
それに、なんだかためになる作品になりそうだな。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV