やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 平成末やる夫三大短編祭 FGO短編祭 twitter
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2010/12/22(水) 【ニート探偵】やる夫はモグラに憧れる【やる夫】 第四考察 命の価値とリビングデッド_ その3


【ニート探偵】やる夫はモグラに憧れる【やる夫】 の記事一覧


133 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/20(月) 23:58:57 ID:MXjyvKN2



= = = = = = = = = = = = = = = ─ ─ ─ ---



           ____
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
     /   ( ●) ( ●)ヽ
      l      ⌒(__人__)⌒ |   や・る・夫。
     \     ` ⌒´   /
     /             ヽ


                                                 ,.-=' ̄ ̄`ヽ、
                                               //" `ヽ、ヾ , ヽ
                                               /// ⌒ ⌒`ハヽ , ヽ
                                 やーんーお?     i,レ! (●  ●) 从,i リ
                                               ⊂⊃"-'-,' ⊂⊃ソ
                                                 > `" <"


.

134 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/20(月) 23:59:23 ID:bkfR5iao

きたー!



135 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/20(月) 23:59:32 ID:MXjyvKN2


              ┌───────────────────────
              │ 入速出 やる実がまだ小さい頃。
              │
              │ 彼女の面倒を主に看ていたのは、兄のやる夫だった。
              └─────────────────────


           ____
         /      \
       /   ⌒   ⌒\     違うおやる実。
     /   ( ⌒) ( ⌒)ヽ
      l      ⌒(__人__)⌒ |    「やる夫」。やーるー夫。
     \     ` ⌒´   /     る、だお。「る」。や・る・夫。
     /             ヽ


                                                 ,.-=' ̄ ̄`ヽ、
                                               //" `ヽ、ヾ , ヽ
                             やー……やー……      /// ノ  ヽ`ハヽ , ヽ
                                              i,レ! (●  ●) 从,i リ
                             やーお……やおう?     ⊂⊃"-'-' ⊂⊃ソ
                                                 >   <"


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \    誰が歌舞伎町の覇王か!?
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /

.


138 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:02:57 ID:iZXGa9mA

夜王wwwwwwww





アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友



136 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:00:46 ID:iyhrwb8Q


                                     ┌―─────────────────────
                                     │ 兄が小学校に行く間は、保育所で過ごす。
                                     │
                                     │ やる実は人見知りの少ない子供だったようで、
                             。・゚・         │  手が掛かる事も無く、当人にも不満は無かった。
                 ∧,,∧ て     。・゚・。・゚・        │
                  (; ´゚ω゚)て   //            │ その素養は、今も彼女の性格を形作っている。
                /   o━ヽニニフ           └────────────────────
                しー-J    彡


                                     ≡  ∧_∧
                                    ≡ ( * )‘ω‘(*)⊃ )><; )
         _,,..,,,,_ . _                    ≡  /ニつ  /  (;;゚;;)⊂ニ/
        ./ ,' 3 /   ヽ--、                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        l   /        ヽ、
       /`'ー/_____/
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、       ┏━━━━━━━━━━━┓
           //, '/" `ヽハ 、,-'"~"ヽ   ┃   だいたいは寝ていた.  ┃
          〃 {_{ ⌒  ⌒リ|/  。○)   ┗━━━━━━━━━━━┛
          レ!小l(ー)(ーノ     /
          レ⊂⊃、_,、_,く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー--一'"  ̄ ̄ ̄ ̄

.

137 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:02:37 ID:iyhrwb8Q


   、__ノ ,、 V ,ヘヽ \ `ニ=一
    `>‐  i:;:〉-:;_:;:;ヽ 、 ヽ   \
  /  i l イ!´ ̄   ̄ヽヽ ト、 、   ヽ\     ┏━━━━━━━━┓
  // /il ! !         l从! ヽ!\   ハ     ┃     びふぉー    ┃
 〃 ハ レ^i/        、 、     ヽ ト!|    ┗━━━━━━━━┛
  l //  l 、 l! l    i li ! l   l i !
  ',i    l i!l __!    l´ ̄lノi!l   ,' ハ
   !   ヽX´、| ヽ、  il'ュ=:i-ァ! /  lヾ
   l ヽ  ヽ≧ユ:::j ヽノ ヒ::j '! /!  ,イ 丶
  /l\ \ \゙-ゞ'  、    レイソ / ′
  ∧ ト、ヾ\`>  、_,、_) /! 人l 〈
   ヾ! ヽ i ト、ヽ _ヽヽ(_ノ ! レ'从!\!
     ゙ !.トト、 从i`! ト  ノ| トノl/
       〃ヽ!_"__..-! L、 ,┴ ヽ´ ̄7ヽ、
      ∧´   / ニ7 L二 ヽ |/  !
      |  i   /   ノ `ー、   !_   !
     ,.!  .ハ  !  ノ/   _〉>-' ! 〃

                     ┌───────────────────
                     │ 彼女の母は忙しい人だった。
                     │
                     │ といって、育児放棄をしていたわけではない。
                     │  純粋に、忙しい人だった。
                     └─────────────────

                                                 γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                               γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
                                               (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
                                               \:/  (●)  (●)  \ノ
                                                |     (__人__)     |
                               ┏━━━━━━━━┓  \    ` ⌒´     /
                               ┃    .あふたー    ┃  /            /
                               ┗━━━━━━━━┛  \       (__ノ

.
139 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:04:17 ID:EyxoL.Q.

どういう意味の、ビフォーアフターだwww




140 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:04:54 ID:iyhrwb8Q



┌────────────────────
│ 自らの会社を立ち上げた直後に妊娠。
│  出産予定の前日まで働き尽くし、
│   漸く産まれたと思った矢先、夫を亡くし。                                ,ノ /
│                                              _r≦  ̄ `ヽ、 r‐ミ 、{:レ: レ ´  ̄ ヽ、__ ,
│ しかし母は強かった。                          _, ´     `   、.: ::/    ヽ/. :: : : .  ≦ ̄
│  やる実を背負い仕事に出向き、               _ , ´. : ::      _ ‐ ⌒V      ',\ _rォ_: : . :. ヽ
│   乳を与え、尻を拭き、そして金も稼いだ。   _,.  ´ /    :: _ ‐‐ ´ _ ' ヽ ̄|      l  ヽ,  V}: : .. :. ',
└────────────────── .  f´    / ´ ̄ ̄ ̄  彡 : ヽ:\. _: l : !      l     ソ: : : .:. |
                               ゙、   〃 厂 ∧ ̄ :',: .ヾ、:._,:|-<   l: :!     |‐<  ∠: : : : .:. |
                                ゙、  '∥:/ :!: ヽ: . ヽ: .<\| _,ィ: :l: :l     .lノ}`¨ヽ }l:: : : : :. |
                                ゙、  |: |  :|、: :斗:: .\ 、`rォ气 |: :|: :l       l/イ: :|: :} :l: l: :. i!: |
                                ゙、  |: |:l :! : vノ≧、: :\ `辷}'イ :∥ |       l: :l : |:/ : l: !: : 八|
                                 ゙、  、{: 、 :ヽ仆、仏}`¨¨`   l!〃 ハ      |: :l :ノ: : ノ': : : | `ヽ
                                   ゙、 ヽ: \:.\_`ーノ      ノ彡 ハ       ∨V: : : :  ハ:.|
                                  ゙、  \: :`≧≦‐` , ,、__)     ハ      ∨{: : : : / ',:|
                                   ゙、    ̄`ヽ` 、 `∥|   , ' ,」      |: : : : : :l   `ヽ
                                    ゙、         \.∥:lー ≦= 彡/ }       !: : : : : :!
                                     ゙、       ,':|l:::',="「 r イ        |: : : : : :|
                                          \     /l::| 、ハ  ∥    }'     / : : : 八!
                                          ヽ / ´ l::l  V∨{    /    /: : : : :|   `
           ┏━━━━━━━━━━━━━┓          /<   ノ:ノ'.: l::ハ'           / '{: : : : |
           ┃ そしてレコンストラクト     ┃      / ヽ\//_,≦L::ト 、  |     ∧:| \: : :',
           ┃    51歳・外壁補正のみ  ┃     〈    {`//ソ  {    ヾ 、l    / ヽ  \: ヽ
           ┗━━━━━━━━━━━━━┛       |::.  /´           ` ===}   `ヽ   ヽ:|
                                        ',::::..   :.  ::...          .: /       ノ'


.

141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:06:49 ID:iZXGa9mA
z
もうこれ整形の域じゃないかwwwwwwwww




143 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:07:15 ID:EyxoL.Q.

荒木先生に勝てそうな勢いだろ、これwww




144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:08:12 ID:BS72rHYw

母ちゃんパネェ…




142 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:06:55 ID:iyhrwb8Q


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬|n ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二.(^|_ リ                        ____
          γ::::::::::;ムレl:::ヽ                     /     \
         l::::::イ:::/∞|::::!::::l                    /_ノ  ヽ、_   \        ,‐ '´  ̄ `ヽ、
         ヽr゙~"   ゝ;:::ノ                   /(●)三(●))   .\     // ハ, '  、 ヽ
         ノ   ,   , 八                   |   (__人__)      |     〃/ ⌒ ソ ,/,  l i|
          /   /  ハ   ヽ                  \ ヽ|r┬-| /   /     レ! (● )ノ ノ 、 i|
                                    /   `ー'´      \       ⊂⊃ ソノ, リ |ノ
                                                        ヽ、 _ lノノノ

                ┌───────────────────────
                │ やる実が兄の名をはっきり発音できるようになった頃、
                │  母は兄に育児の方法を仕込み始めた。
                │
                │ まだ小学生であった兄は、
                │  それほど抵抗もせず、母の肩代わりを引き受けた。
                └─────────────────────

       / /   //                \l  | |/
     /_/    l/   /  |             ヽ \l/
     ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
        | /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
      l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
        ∨ l| |/ l/三 |   | ∨!/三|  /|| l/
         | 从  |/三 ○ ミ  | 三三三l / /l/
        |∧ \ ヽ三三三=\!三三三/イノ             ,,  、、 ,
        l/  Vl/>、!  (   i   )   /           、、 ゛  __  ' ,
             /,仆、   ー' ー'   /            ,'   /^ ≡^\  丶
               |∧l l /丶、     ィ´l〉,           ;  /(@)≡(@ ) \  ;         ,‐ '´  ̄ `ヽ、
               |l // |\/ l>‐イ∧//           ; /::⌒(__人__)⌒:::\ ;       // ハ, '  、 ヽ
              ヽ >へ、       _,. -く          ,'  | u  |r┬-|    u | _      〃/ ⌒ ソ ,/,  l i|
           ,. ‐'´ `丶、` ̄ ̄´_,. ‐'´ `丶、       ;  /´ ̄``゛)- .‐    /  '、,     レ! (⌒ )ノ ノ 、 i|
                                  ;  |   ̄ ̄        ̄)  、      ⊂⊃ ソノ, リ |ノ
                                  ; |            | ̄ ̄    ;     ヽ、 _ lノノノ

.

146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:09:09 ID:iZXGa9mA

おもっくそ嫌がってるwwwwwwwwwww




145 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:09:07 ID:iyhrwb8Q



             ┌────────────────────────
             │ 後年、やる実は少しだけ考えた事がある。
             │
             │ 小学校高学年。兄には仲の良い友達がいた。
             │  遊ぶ事が全ての時期。遊びたい盛りだっただろうと思う。
             │   なにせ、実際に自分がそうだったのだから。
             │
             │ やる実はその頃、兄に泣かされた事は一度も無い。
             └──────────────────────


         , -‐ : : : : : - 、
       ,.イ: : : : : : : : : : : :`:ヽ、
        / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ                                 .ノ 、 、
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',                               ● ●) l
      /: : : : : : : : : : : : : : : : ,ハ: : .',                       - - 、  (人__) |
    l: : 〃: : : : : : : : :!/: : /⌒ !: :ノ                    ● ●) ヽ  ヽ    ノ
    |i //: :,i: .|: : : : :/: : :/( ●)                     (人__) ノ   /   ヽ
    |i从: : {: :l : :彡( `|!/⊂⊃,                        /      ヽ  l|  (_ノ
      レVl ,r'|/レyノ ` |/  丿                      (|  ,   し'   |  |ヽ \
        /:: :: >⌒ヽ_ イ                       ヽ(_ノ   . (_ノ.(_/
      /´:: :: :: :/:: :: :ト、_
     く:: :: :: :: :|:/:: :: :: |::、:::` ー 、
     r|:: :: :: |:: |!:: :: :: ::|::::ヽ- ',::::ヽ
    ∧:ヽ:: ::\:|::: :: :: :|:: ::: ::: !:: :ソ
    /:: :: ::\:: ::`|:: :: :: :|:: :: ::: ::`/
   ,':: :: :: ::/ \:::|:: :: :: :!:ヽ:: :: :: |
   /:: :: :: :/   ヽ|:: :: :: |::: :',:: :: ::|)
  ,':: :: :: :/    く',:: :-=z'i:: ::='::,.-イ
  〈:: :: 、_, }     ハ:: :: :: ::',:: :|_,.イ、
  ',:::: =':::',    (二ヽ:: :: : :',: : : : : : :ヽ


.

147 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:10:55 ID:iyhrwb8Q



            ┌─────────────────────────
            │ 酷な話ではないだろうか。
            │  10と少しの年齢の子供が、幼児の面倒を看るのだ。
            │
            │ 兄は、自分を疎ましいと思ったことは無かったのだろうか。
            └───────────────────────


         , -‐ : : : : : - 、
       ,.イ: : : : : : : : : : : :`:ヽ、
        / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ                       , ' ノ 、 、 て
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',                      | (● ●)
      /: : : : : : : : : : : : : : : : ,ハ: : .',             、  - - 、  | (__人)
    l: : 〃: : : : : : : : :!/: : /⌒ !: :ノ            - (● (● ヽ  ヽ    ノ        ,r 二ニ=‐、
    |i //: :,i: .|: : : : :/: : :/( ●)             (人__) ノ   /   ヽ        ∧ハ-  寸小
    |i从: : {: :l : :彡( `|!/⊂⊃,                /      ヽ  l|  (_ノ        乂 > <)Ⅳ  三≡-
      レVl ,r'|/レyノ ` |/  丿              (|  ,   し'   |  |ヽ \         (^ゝ Д シ'    三≡-
        /:: :: >⌒ヽ_ イ               ヽ(_ノ   . (_ノ.(_/        \  と)   三≡-
      /´:: :: :: :/:: :: :ト、_                                    ヾ シ ミ)
     く:: :: :: :: :|:/:: :: :: |::、:::` ー 、
     r|:: :: :: |:: |!:: :: :: ::|::::ヽ- ',::::ヽ
    ∧:ヽ:: ::\:|::: :: :: :|:: ::: ::: !:: :ソ
    /:: :: ::\:: ::`|:: :: :: :|:: :: ::: ::`/
   ,':: :: :: ::/ \:::|:: :: :: :!:ヽ:: :: :: |
   /:: :: :: :/   ヽ|:: :: :: |::: :',:: :: ::|)
  ,':: :: :: :/    く',:: :-=z'i:: ::='::,.-イ
  〈:: :: 、_, }     ハ:: :: :: ::',:: :|_,.イ、
  ',:::: =':::',    (二ヽ:: :: : :',: : : : : : :ヽ


.

148 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:12:23 ID:iyhrwb8Q



          ┌───────────────────────────
          │ 勿論、やる夫も黙って言う事を聞いていたわけではない。
          │  嫌な顔をした。文句も言った。チャンスがあれば逃げを打った。
          │
          │ それでも結局――
          │              ・ ・
          │  兄は、妹のことを最後まで蔑ろにした事は無かった。
          └─────────────────────────


         , -‐ : : : : : - 、
       ,.イ: : : : : : : : : : : :`:ヽ、
        / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ                                    .ノ 、 、
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',                                   ⌒ ⌒) l
      /: : : : : : : : : : : : : : : : ,ハ: : .',                         ノ ゝ 、  (人__) |
    l: : 〃: : : : : : : : :!/: : /⌒ !: :ノ              ,r 二ニ=‐、  (⌒ (⌒ ヽ  ヽ    ノ
    |i //: :,i: .|: : : : :/: : :/( ー)               ∧ハ-  寸小 (_人__) uノ  ∩/   ヽ
    |i从: : {: :l : :彡( `|!/⊂⊃,                乂 > <)Ⅳ /      ヽ  l|  (_ノ
      レVl ,r'|/レyノ ` |/  丿               (^ゝ ∀ シ',ソ(|  ,   し'   |  |ヽ \
        /:: :: >⌒ヽ_ イ                   \    く   ヽ(_ノ   . (_ノ.(_/
      /´:: :: :: :/:: :: :ト、_                   ヾ シ ミ) 
     く:: :: :: :: :|:/:: :: :: |::、:::` ー 、
     r|:: :: :: |:: |!:: :: :: ::|::::ヽ- ',::::ヽ
    ∧:ヽ:: ::\:|::: :: :: :|:: ::: ::: !:: :ソ
    /:: :: ::\:: ::`|:: :: :: :|:: :: ::: ::`/
   ,':: :: :: ::/ \:::|:: :: :: :!:ヽ:: :: :: |
   /:: :: :: :/   ヽ|:: :: :: |::: :',:: :: ::|)
  ,':: :: :: :/    く',:: :-=z'i:: ::='::,.-イ
  〈:: :: 、_, }     ハ:: :: :: ::',:: :|_,.イ、
  ',:::: =':::',    (二ヽ:: :: : :',: : : : : : :ヽ


.

149 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:13:51 ID:iyhrwb8Q


                 _」ヽ  /|
                /   ゙V´∠イz‐ 、_
              /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
              //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ                          n
            _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、                         l^l.| | /)
            ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`                        | U レ'//)
             小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |             ___      ノ    /
              l从  | (⌒)\l(⌒),ルリ           / ⌒  ⌒\  rニ     |
             ノハ小  l〃  (__人__)..l,/           / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
               //ヽゝ   lr┬| ,イi n            /     (__人__)   \ / `   /
                 |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ l ^)        |       `Y⌒y'´    |   /
                   γ:::::::::::ム:::::::ヽlヽl        \.       ゙ー ′  ,/  /
                 /::::::イ:::/∞ヾ:.ド、:::/         /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
                ,イ::::イ゙~"    ゙~l            / rー'ゝ        /
               ゝ、ン"ノ   ,   , 八           /,ノヾ ,>         イ
                   /   /  ハ  ヽ         | ヽ〆          |


           ┌───────────────────────────
           │ 保育所には当然、母か兄が迎えに来る。時たま両方。
           │  大抵の場合、後者だった。兄に手を引かれ帰る。
           │
           │ 手を引かれていたのが、兄の先を蛇行しながら走り回る頃には、
           │  もはやお迎えは完全に兄の仕事になっていた。
           └─────────────────────────


                                                      n
                                                      l^l.| | /)
                                                      | U レ'//)
                                         ___      ノ    /
                                       / ⌒  ⌒\  rニ     |
                                      / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
                                    /     (__人__)   \ / `   /
                                    |       `Y⌒y'´    |   /
                                    \.       ゙ー ′  ,/  /
                                     /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
                                     / rー'ゝ        /
                                    /,ノヾ ,>         イ
                                    | ヽ〆          |

.

150 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:15:53 ID:iyhrwb8Q


                   }:.:.ハ:.ト、:.:.:.:.{ ` く辷.ル    \. ヽく辷ツイ/   ./: / /
                  /:./:小:ト、\:.:ヽ                 /   /:/: /
                  ノイ{|:.:.|:.:|:.:`ヽミ‐.         |       /- ブ:.イ:.:.l{ {
                     从!:.:ト、:.:.:.:.:.:∧  r=、、ヽ_ 人 _ ノ ,,.‐, ‐ 7:|:.:.|:.:.:小、
                    ヽヽ{ ヽl:.:.:.l::/ト、 ヽ ヽ |r―+― 、|〃' /  イ:::|:.:ハ:.:八
                       }:./l::i:.:!::|\.}  | ヽ._ |  .ノ i  { .イ::||:.::|/ j/
                      ノ ヘl::|l:.l:::|::ト:.|  |.   ̄ ̄  |  |lレ|::レ!:::|
                            |::|{`!::|::|:}:|  |>、 _,..、イ|  !|イ|::| !:::|
                        |::ハ|::l!::l_}|  |{ __∨:.:.:l _}_j  {/::|::| |:::|
                        |:{ .j斗く:リ /   ヽ--/  \ V`<:.:ノ
                       _...斗:.´:.:.:.:.:./ ´_.. -―〈__:〉ー- 、  〉.:.:.:.:`丶、

                 ┌─────────────────────
                 │ やる実は少しだけ考えた事がある。
                 │
                 │ 母は、純粋に忙しい人だったわけだけれど――
                 │
                 │ もしかしたら、どこか少し、
                 │  自分を避けようとしていたのではないか。
                 └───────────────────

                  }:.:.ハ:.ト、:.:.:.:.{ ` く辷.ル    \. ヽく辷ツイ/   ./: / /
                 /:./:小:ト、\:.:ヽ                 /   /:/: /
                ノイ{|:.:.|:.:|:.:`ヽミ‐\        |       /- ブ:.イ:.:.l{ {
                  从!:.:ト、:.:.:.:.:.:∧         ′      ‐ 7:|:.:.|:.:.:小、
                  ヽヽ{ ヽl:.:.:.l::/ト、      、_ 人 _ ,      .イ:::|:.:ハ:.:八
                      }:./l::i:.:!::|\     ´  ̄ `     イ::||:.::|/ j/
                     ノ ヘl::|l:.|:::!::ト:> .         イlレ|::レ!:::|
                        |::|{`!::|::|:}Vヘ. >、 _ . ,< /|イ|::| !:::!
                       |::ハ|::l!::l_ト、:.:´.:.:.:.∨:.:V.:.:.:.:':.:.:.ィ::|::l |:::|
                       |:{ .j斗く:ヽ::`:::ー------―:::´:j>.、}:::|

.

151 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:17:29 ID:iyhrwb8Q


            /::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::;/:::::;/ /::::::::::::::::::::;;;;;;;::::: ノ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /:::::::::::::::,::::::::::::::::/:::::::::::::;/:::::/  l::::::::::::::::::::::;;;;;;;;::::: ヘ;;;:::::::::::::::::::::;:::::::::::l:::::l
            /::::::::::::::;;l:::::::::::::;;i:::::::::::;;;/::::/   l::::::::::::::::::;;;/l;;;;;:::/ ヾ:::::::::::::::::::l;;:::::::::::::l::::l
           /::::;;l:::::::;;;l:::::::::::;;;/::::::::;;//::/    l::::::::::::::::;;/ l::::::/   i;;::::::::l::::::::l;;;;:::::::::::ハ::l
           l:::::;;l:::::::;;;;ヘ:::::::;;;;;;;l::::::;;/`/`ー- 、..l:::::::::::::;;;/ ,_l;;;;;:/-ー―l;;::::::l;;;:::::l;;;;;;:::::::::l i;;l
           l;;:;/l:::::;;;;;l l:::::;;;;;ハ:::::/-/;;;;;;......__l::::::::::;;/ //;;;/____-ーl;::::::l;;;;::::lヾ;;;;:::::::l i;
           l;/ l:::;;;;;;;l l::::;;;;l l;;/、_ `::::::::´,.._l:::::::::;/ l /../、`::::::::´_..,_l;;;;l il;;:::l il;;;;:::::l l
           ;  l;;::/l;;;;i i;;;;;/ l/   ̄ ̄ ̄  l::::::;/  l /:/  ̄`ー   il::l  l;;;;l ハ;;;:::/ ;
              l::/l;;;/\;;;;/l         l::::;/   l /         l;l /ヾ;l/;;ハ;;/
              l;l l;/  l;;;l ヘ         l;;/    l          l; ///;;;;;ハ;
              ┌─────────────────────────
              │ 父が死んでから産まれた自分。父ではなく娘。
              │  父が居た筈の場所に居座る自分。父ではなく娘。
              │   父の代わりに生きている自分。父ではない誰か。
              │
              │ 自分の顔を見るのはつまり、父を思い出す事になる。
              │  それを、父の分まで愛するか。愛せるか。或いは――
              └───────────────────────
                 |ハ|: :|!: : ::::.::::::::::i::i(二二):.,. '´      ` 、:.(二二):{:.!:.l::::::.: ::.: :.| |リ
     .            |: :||: : :::::::::::::::|リ:.                      ヽ/!::::::. .:: : :|
     .           l: :l !: .:::::::::::::i::!:.::         i         /|{:::. ::: : ;′
                 l: :! ',: ::::::::::::l::|.:.:      、___ ,、___ ,       人!::::::::.:./
     .             ', | ヽ::::::::::jl::ト、:                    /:::::}:::::::::/
                 ヽ、  ヽ、/ ソ}:::丶、               ,.イ:/!/リヾ:::::;′
                          ` 八{`ヽ}> .._          ,.イ |/!′   V
                             jミ≧=ー ニ=--‐=<´  _,.イ
                              lミ   ::::::;;;;;;;;;;;:::::::  彡ハ

.

152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:17:37 ID:5qoMShxM

最後・・・?




153 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:19:00 ID:iyhrwb8Q



         , -‐ : : : : : - 、            ┌──────────────────────
       ,.イ: : : : : : : : : : : :`:ヽ、             │ 「アホかお」。すぐに考えるのをやめた。
        / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ          │  どうしようもなく馬鹿な事だし、考えるべき事でもない。
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',.           │
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.',.         │ 答えが必要なものでもない。
    l: : 〃: : : : : : : : :!/: : : : ノ: : :ソ          │
    |i //: :,i: .|: : : : :/: : : : :/_: :ノ             │ 自分は母と兄と家族であって、それ以上は必要ない。
    |i从: : {: :l : :彡( `|!: :/⊂⊃            .└────────────────────
      レVl ,r'|/レyノ ` |/ノ 丿   ハフ
        /:: :: >⌒ヽ_ イ  ゝ _
      /´:: :: :: :/:: :: :ト、_   ( ソ
     く:: :: :: :: :|:/:: :: :: |::、:::` ー 、
     r|:: :: :: |:: |!:: :: :: ::|::::ヽ- ',::::ヽ
    ∧:ヽ:: ::\:|::: :: :: :|:: ::: ::: !:: :ソ
    /:: :: ::\:: ::`|:: :: :: :|:: :: ::: ::`/
   ,':: :: :: ::/ \:::|:: :: :: :!:ヽ:: :: :: |
   /:: :: :: :/   ヽ|:: :: :: |::: :',:: :: ::|)
  ,':: :: :: :/    く',:: :-=z'i:: ::='::,.-イ
  〈:: :: 、_, }     ハ:: :: :: ::',:: :|_,.イ、
  ',:::: =':::',    (二ヽ:: :: : :',: : : : : : :ヽ


.

154 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:21:08 ID:iyhrwb8Q



    |i从: : {: :l : :彡( `|!: :/⊂⊃           ┌────────────
      レVl ,r'|/レyノ ` |/ノ 丿          │ なんの問題も無い。
        /:: :: >⌒ヽ_ イ             │
      /´:: :: :: :/:: :: :ト、_               │ 何か問題があるとすれば、
     く:: :: :: :: :|:/:: :: :: |::、:::` ー 、           └──────────
     r|:: :: :: |:: |!:: :: :: ::|::::ヽ- ',::::ヽ
    ∧:ヽ:: ::\:|::: :: :: :|:: ::: ::: !:: :ソ
    /:: :: ::\:: ::`|:: :: :: :|:: :: ::: ::`/
   ,':: :: :: ::/ \:::|:: :: :: :!:ヽ:: :: :: |
   /:: :: :: :/   ヽ|:: :: :: |::: :',:: :: ::|)
  ,':: :: :: :/    く',:: :-=z'i:: ::='::,.-イ
  〈:: :: 、_, }     ハ:: :: :: ::',:: :|_,.イ、
  ',:::: =':::',    (二ヽ:: :: : :',: : : : : : :ヽ
   ',:: :: : : ヽ   /:ハ:: ',:::: : : :ヽ: : : : : : ',
   ',:: :: : : : ', /::/ |:: :',:::: : : : :\: : : ,.-'
    |:: :: : : : :| r'" └-、_|__,.-'"| ̄::',
    \_,.-'"く/ { く  /|!_,.-イ_:: : ',


.

155 名前: ◆n3VvKNRDfY[] 投稿日:2010/12/21(火) 00:21:49 ID:iyhrwb8Q



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;; ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.!  .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/  l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  ト;;;;.! ┌────────────────────── ;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;;l .  l;;;;} │ こんな事を思ってしまう、この心にあるのだろうか。  ;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;; 〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;; └────────────────────    ;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l   !;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./



                               --- ─ ─ ─ = = = = = = = = = = = = = = =


.

156 名前: ◆n3VvKNRDfY[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:23:51 ID:iyhrwb8Q

というわけで一場面。とーびーこんてねう。
できればまた明日に。でもちょっと予定的に難易度高いんで、明後日の可能性も。

そんな感じでおやすみ。



157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:24:56 ID:EFzk4OQE

乙でした~



158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:25:00 ID:iZXGa9mA

お休みっどないと。乙ー。



159 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:26:08 ID:sKrRBBng

おつー



160 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:26:27 ID:LJ9J7VaE





161 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:26:52 ID:EyxoL.Q.





162 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:26:55 ID:DvV/PMEI

乙したー

やる実、病んでるなー。
こうやって見ると、やる夫はまだ健全なのかもしれない。



163 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:36:56 ID:1TRHn4Qg

おつ!



164 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 00:48:37 ID:5qoMShxM [2/2]

乙乙

一種のはしかみたいな発想じゃあるんだろうけど
煮詰まるとおっかないな



166 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 09:28:38 ID:z4amhAc.

乙です



167 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 19:39:54 ID:hhY6fzRM

おつ



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 21:00 |コメント(3)
カテゴリー:【ニート探偵】やる夫はモグラに憧れる【やる夫】

|

<< 【R-18】享保妖刀忌憚【時代劇】 第二話『大名遊戯』 | HOME | 【ニート探偵】やる夫はモグラに憧れる【やる夫】 第四考察 命の価値とリビングデッド_ その2 >>

■御感想or寝言

32383 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/12/22(水) 21:54:39 ID:JalddpaA

続きが待ち遠しくてしょうがない


32395 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/12/23(木) 02:24:01 ID:-

仕事で腐った心の癒し・・・にはならんが楽しみだ


32418 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/12/23(木) 19:05:25 ID:-

まとめ乙
続きが気になりすぎる


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ