やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 ベ  ヒ  モ  ス  其五

やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2010/09/22(水) ベ  ヒ  モ  ス  其五


AA板作品群 の記事一覧
姥捨山 の記事一覧


137 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:14:04 ID:V+so/nUWP [1/29]

'"`゙ヾ
,. '"⌒ヾ
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、
     リ        r'"´   ⌒ヽ,
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,
                 ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')
レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     `ヾ
l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;    , ,. ';
i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/     ., ;:.')
|/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;'ハ、
l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,       |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡 カチッ  彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/____________ハ
---――'"""""´´~"''''"""" ̄| __________  | ̄ ̄ ̄ ̄``` /\__/\--
                    | |                | |        / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
                    | | i続続続続続続続続続.|          ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;; ; ; ;)
                    | |続続続続続続続続続続         /\; ; ; ; ; ; ; ;;/、
                    |続続続続続続続続続続続      /  ; ; ` ̄;´/; ; ;  \
                    |続続続続続続続続続続続     /´   l; ; ; ; ; ;' ; ; ;ノ   }
                    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       {     '、; ; ;__;;/    { 
                    |  °°   ∞   ≡ ≡   |     ゞ ィy, , ァ_{ /     i
MvM.vW Vji,',Iw,,MW v,w,.v,w,.v,w,.v,w',.vw,.vji,,w,.v,w',.vw,.vji,,Iv,w,.vw,.,\ へソ~ ヽヽ_ノア_厂´w


138 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:15:08 ID:V+so/nUWP [2/29]

         ┌────────────‐
         │総て御指示通りに致しました。
         └──────v──────

                        ┌────────────────────────
                        │帝都から来た警官達には潰れ狩りを理由に一切の
                        │協力を拒み、ただの一人の道案内すらつけておりません。
                        └y───────────────────────‐
                   c
                   ,ノ}__,,..-c
                 /: : : :/´
                 ,': ,,: : : {   
                ,': ;;: : : : i    
                ,': ;;;: : :;l : i     ノ
               ,': ;;;: : : :;l: :}
               ,': :;;;: : : : ;l: |
              ,': :;;;: : : : : l: :l
              ,': :;;;: : : : : :;l: :;!      丶
              l: :;;;: : : : : : ;l: :l       ┌)ヽ───────────────────────────
                 l: :;;: : : : : : ;l: :|        │地元の人間ですらけして深部へは一人で立ち入らぬ魔境ですから。
              i; ;;;: : : : : :;l: ::l        │外部の者が手探りで、まして人一人探し出すなど先ず叶わぬ事。
               ',: ;;;: : : : : l: :i       └────────────────────────────
               ',: ;;;: : : : :l: :!
                ',: ;;;: : : : l: !
                ',: ;;;: : : ;l/
                 ',: ;;;: : : !
                 ',: ;;;: : {
                  `''‐-‐'


   ┌──────────‐^────────────‐
   │まかり間違って鯨が捕捉されたとしても、果たして
   │今度は奴を引きずり、無事に人里まで戻れるかどうか…
   └───────────────────────‐


139 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:16:16 ID:V+so/nUWP [3/29]

          ,-、________________,-、  |
            i: r―――――――――――――――― 、 l   |
            l .l .:;          ,;     、,       l l   |
            l .l:         ,,-‐''"´'':、,,.     ノ ))       l l   |
            l .l―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''l l   |
            l :l ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:':l l   |
             l__二二二二二二二二二二二二二二二二二__l   |
                   ┌────────────────
          ____ │必要なら彼らが山から出られぬよう
                   │「事故」を供する用意も御座います。
             ___└y───────────────‐
          ヽ===vノ_ _
          |( 'ー) |)と| 0|
          (∩ : ノ ~[「==]                
         (ニヽ_へ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
           | |し``| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄   
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        ┌──^─────────────―
        │勿論そちらが尻をぬぐってくださるなら、
        │の話ですが……
        └───────────────―‐


      ┌───^──────
      │え?「抜かりなく」??
      └┬────────
        │そりぁどうも!!
        └───────


140 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:17:31 ID:V+so/nUWP [4/29]

               ┌──────────────────────
               │――‐‐しかし、何とも滑稽ですな。
               │軍部の催促を受けて鯨を追ってきた帝都警察を
               │同じく軍部高官の依頼を受けた私が妨害する――‐‐
               └┬────────────────────────
                 │ここに来た警官は「軍部と警察機関の信用に関わる問題」
                 │などと息巻いていたが。何の事ぁ無い。
                 └──────v─────────────────‐

                         ___  
                            ヽ=v==ノ _     ┌────────────────────‐
                         |('ー` )|)|0 0|▽   < 元より鯨が捕縛されようとされまいと、
                       (( つ :   ノ===]」.    │軍・警察の信用には何の影響もなかったわけだ。
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   └────────────────────‐
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 

             ┌────────^──────────
             │鯨を捕まえたい輩と、逃がしたい輩が同時に
             │軍上層部に存在するザマじゃぁね。
             └──────────────────‐


141 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:19:26 ID:V+so/nUWP [5/29]

            ┌────────────────────────‐
            │――‐‐軍部とて一枚岩ではないという事です。
            │あなた方警察が、帝都と地方とでいがみ合っているように、
            └─────────v───────────────


                __              
                |   |      (      )|)と |!!!!!!||
         / ̄ ̄ ̄ ̄≡≡≡≡ゞ . (.| ̄|i ̄|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        [===========( | ∥ |==========]
        |                ( |  l|  |               |


               ┌───────^────―──────────
               │軍部でも田中義一の一派と、それ以外の派閥は
               │水面下で正に喉笛の喰らい合いを演じているのです。
               └┬────────────────────────────
                 │まして田中義一はここ数年常に軍部を牛耳り
                 │帝国を私物化する事を露骨に画策し続けてきた獅子身中の蟲…!
                 └────────────────────────────


142 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:20:16 ID:V+so/nUWP [6/29]

            ┌───────────────────―
            │彼を歯軋りさせられるなら何でもしますよ。
            │特に「怪物」鯨の行方知れずは田中にとってここ
            │二年間最大級の頭痛の種だったようですから。
            └────────v───────────‐

                                  ┌─────────────────
                                  │鯨が捕縛され田中派に引き渡されるのは
                    __o(|( ̄ー ̄ )      < 我々にとっては大変な損失です。
                    |0 0|▽_ロ.l ._i) ≡≡ゝ _└─────────────────
                 ̄ ̄[===]」 ̄ ̄ ̄ ̄≡≡≡|局長| ̄ ̄\
               ==================]
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    

            ┌────────^─────────‐
            │鯨にはせいぜい末永く逃げ延びてもらい、
            │田中の快眠を妨げる毒となって貰わねば…
            └──────────────────


143 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:22:35 ID:V+so/nUWP [7/29]

          ,-、________________,-、  |
            i: r―――――――――――――――― 、 l   |
            l .l .:;          ,;     、,       l l   |
            l .l:         ,,-‐''"´'':、,,.     ノ ))       l l   |
            l .l―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''l l   |
            l :l ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:':l l   |
             l__二二二二二二二二二二二二二二二二二__l   |
                   ┌────────────────‐
          ____ │ははぁ、さようで御座いますか。
                   │確かに自分の子飼いであった殺人狂が
             ___└y───────────────―
          ヽ===vノ_ _    ┌────────────────────────
          |(,_ 、 ).|)と| 0|  < 世間に潜みいつか自分に牙を剥くやも知れぬというのは。
        (( っ[] :ノ ~[「==]  └────────────────────────
         (ニヽ_へ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
           | |し``| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄   
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        ┌──^─────────────――
        │不安極まりない事でございますからなぁ…
        └───────────────――


         ┌─‐^─
         │  …
         └───




アクセスカウンター
テレクラライブチャットキャバナビ出会いメル友



144 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:23:33 ID:V+so/nUWP [8/29]

          ,-、________________,-、  |
            i: r―――――――――――――――― 、 l   |
            l .l .:;          ,;     、,       l l   |
            l .l:         ,,-‐''"´'':、,,.     ノ ))       l l   |
            l .l―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''l l   |
            l :l ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:':l l   |
             l__二二二二二二二二二二二二二二二二二__l   |
                   ┌──────────────────‐
          ____ │しかし……しかしね、広之中将殿……
                   │あなたは卑しくも前戦争の英雄の御一人だ。
             ___└y──────────────────
          ヽ===vノ_ _
          |(  ' )━. | 0|
          (∩ : ノ ~[「==]                
         (ニヽ_へ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   
           | |し``| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄   
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        ┌──^───────────────────―‐
        │そのあなたがいかに国賊田中を苦しめるためとは言え、
        │幼児を犯し身内を皆殺しにするような凶悪犯を
        │法を犯してまで庇うと言うのは……
        └───────────────―───────

      ┌───^──────────‐
      │正直。少し残念な気も致しますな。
      └┬─────────────
        │一人の帝国臣民としては。ね。
        └───────────―‐


145 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:24:29 ID:V+so/nUWP [9/29]

       ┌────────────────────────────
       │
       │ 英雄とは即ち殺人狂の事ですよ。…今更なぁにをたるい事を……
       │
       └──────────────v─────────────‐
                 |                        |
                    l                         l
                │                       | キィ...
                 ,l                 ,-―‐‐-、,.│
                '´l  r===‐,、.          fi、    イ /ヽ、
                 ヽ ミ三彡´           ミ二ニ彡i/  \
                  \      ソェェェェェェェェェブ´    /    \
                    \     `ヾnrrrrjfnnソ'´   /、      ヽ
                     `ー―‐--------‐‐―‐' ´ ┌ヽ───────────────────────────‐
                                         │法に飼われた犬(警官)には理解できないでしょうが。
                                         │帝国軍人とは法よりも倫理よりも自国の国益と安寧を尊重するもの。
                                         └────────────────────────────‐

       ┌─────────────‐^──────────────
       │……鯨にしても、彼は確かに救いようの無い暴虐の徒ではあるが…
       └────────────────────────────

     ┌───────────────^────────────────‐
     │帝国軍人としては、彼は申し分ないほど国に報いた生き方をしてくれている!
     └────────────────────────────────


146 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:25:25 ID:V+so/nUWP [10/29]

          ,-、________________,-、  |
            i: r―――――――――――――――― 、 l   |
            l .l .:;          ,;     、,       l l   |
            l .l:         ,,-‐''"´'':、,,.     ノ ))       l l   |
            l .l―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''l l   |
            l :l ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:':l l   |
             l__二二二二二二二二二二二二二二二二二__l   |
                   ┌──────────────────―
          ____ │…く、鯨が帝国軍人として申し分ない……!?
                   │失礼ですが、全く理解の及ばぬ御言葉です…
             ___└y──────────────────‐
          ヽ===vノ_ _       ------------------
          |(;' д)━. | 0| ー‐‐‐´鯨が二年前に行った連続無差別殺人……
          (∩ : ノ ~[「==]    `ー-----------------
         (ニヽ_へ| ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄|   
           | |し``| ̄ ̄ ̄ ̄l `  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
                   ̄ ̄ ̄ . l 「あれ」は陰惨な凶事ではなく、帝国の未来を多少なりとも明るくした
                       l 過激な「防衛戦」であったと、私を含む何人かの将官は考えている。
                     `ー---------------------------


147 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:27:11 ID:V+so/nUWP [11/29]

          ,--------------、
           l 莫迦なッ!!とても中将殿の   l
           l 御言葉とは思えません…!!! l
            ー-----   ------´
                      `l´
                    |                  ┌─────────────────――
                                  │無論これは結果論ですよ。
                    __o(|( ̄ー ̄ )      < 鯨には帝国に尽くした自覚などないでしょう…
                    |0 0|▽_ロ.l ._i) ≡≡ゝ _└─────────────────――
                 ̄ ̄[===]」 ̄ ̄ ̄ ̄≡≡≡|局長| ̄ ̄\
               ==================]
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    
              ┌───────^────────
              │ならば署長。こう考えてみてください。
              └───────────────‐

   ┌──────────────^──────────────
   │二年前……軍高官、田中義一は既にかなりの数の軍人達を己の
   │派閥に取り込み、軍部の地位を超えた権力を手に入れつつあった。
   └────────────────────────────

 ┌───────────────‐^─────────────────―
 │そしてその言動、行動には「帝国の自浄作用を取り去り、いずれ己一人の意志で
 │右にも左にも自在に国を揺り動かせる、独裁体制を築きたい」という性根が
 │ありありと透けて見えていた……
 └─────────────────────────────────―


148 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:28:04 ID:V+so/nUWP [12/29]

   ┌──────────────────────────────――‐
   │真に帝国を思う軍人達はこのような田中の姿勢に不快感を抱きますが、
   │田中は卓越した処世術で軍上層部に強大な後ろ盾を何人もこさえていました。
   └┬──────────────────────────────―‐
     │じわじわと。蛆が死肉を喰い進むように田中は巧みに己の独裁の野望の
     │障壁となる人間や制度を攻撃、暗に葬り追放してゆく……
     └──────────────────────────────


                                    λ_λ    
                                    (:::::::::-)
                                     (. 〔}:{〕)  
                                    | | |     
                                     (__)_)

                     ,,,,_,_,,,,    .┌────────────────────────────────
                    (:: ;,;:i':::;)   │ある反田中派の軍人は弾の入っていない拳銃で暴発事故を起こし、
                     (i_ロ.l _i)   │ある資産家は全く面識の無い田中派の軍人に全財産を移譲し行方をくらました。
                    | l  |     .└┬────────────────────────────────‐
                    (_l、__)    ..│ある新聞記者は田中が田中派にとって都合の悪い報道を握りつぶす目的で
                                  │報道内容の検閲機関を創設、その後全国民を自らの指導の下組織化せんと
                                  │している事を察知。いち早く事態を記事に起こし世論に訴えようとしたが、
                                  └────────────────────────────────‐


             ┌──────────────────
             │妻子ともども鉄道の線路に転落。
             │どれが誰の「かけら」かさえ分からなかった。
             └──────────────────


149 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:29:01 ID:V+so/nUWP [13/29]

          ,-、________________,-、  |
            i: r―――――――――――――――― 、 l   |
            l .l .:;          ,;     、,       l l   |
            l .l:         ,,-‐''"´'':、,,.     ノ ))       l l   |
            l .l―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''l l   |
            l :l ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:':l l   |
             l__二二, --------------------------------
                  l 田中のこのような無法に義憤を燃やし戦う者も多かったが、
          ____ l それ以上に多かったのがこのような無法を実現できる田中に上手く取り入り
                  ー-    ----------------------------
             ___   `l´
          ヽ===vノ_ _       ----------------------------------
          |(lil' -)━. | 0| ー‐‐‐´将来自分も甘い汁を吸おうという、恥知らずな軍人・政治家・新聞屋どもでした…
          (∩ : ノ ~[「==]    `ー---------------------------------
         (ニヽ_へ| ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄|   
           | |し``| ̄ ̄ ̄ ̄l `  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
                   ̄ ̄ ̄ . l 当時世間は前戦争後の安寧を装ってはいましたが、裏では
                       l 田中派と反田中派との「無音の闘争」が繰り広げられていたのです
                     `ー---------------------------
                  l
  , ----------´ `-----------------
  l
  l そして闘争の流れは、田中義一の勝利に間違いなく傾いていた…!
  l
  `ー---------------------------


150 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:29:55 ID:V+so/nUWP [14/29]

          , -----------------
          l
          l  そ ん な 最 中 に 起 こ っ た の が
          l
          `ー---------------





                       ___       
                     `,=☆=,t'
                      (:トェェィ:)
                     (i_ロ.l _i)    
                     |_ | __|
                     (_)__)





         , ------------..-----
         l
         l  田 中 義 一 自 慢 の  粛 清 屋  の 、
         l                   
         `ー----------------



            , ---------------
            l
            l    暴  走  で  す  。
            l
            `ー-------------


151 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:30:50 ID:V+so/nUWP [15/29]

            ┌──────────────────────────────────
            │それまで田中が邪魔者を始末する汚れ役に使っていた一番槍の私兵が、
            │手当たり次第に田中派を含む軍人知人政治家を殺し回り、女子供を犯し尽くした。
            └┬─────────────────────────────────────────
              │その挙句警察は彼を取り逃がし、飼い主の田中義一は総力を上げて自身とその親族のみを死守。
              │死体が累々と積まれた後で必死に田中が鯨の独断だと主張したところで、
              │田中の後ろ盾だった連中や甘い汁を狙っていた者達が信じるはずも無い。
              └────────v────────────────────────────────

                __              
                |   |      (      )|)と |!!!!!!||
         / ̄ ̄ ̄ ̄≡≡≡≡ゞ . (.| ̄|i ̄|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        [===========( | ∥ |==========]
        |                ( |  l|  |               |


               ┌───────^────―───────
               │それまで田中の暴虐に手を貸していた者どもの
               │多くはこう思ったのです。
               └───────────────────‐

┌─────────────────^────―────────────

│ 「この成り上がりの卑劣漢は、用が無くなれば当然のように俺をも殺すのだろう」

└──────────────────────────────────‐


                       ┌─‐^──
                       │  とね。
                       └────


152 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:31:45 ID:V+so/nUWP [16/29]

 ┌────────────────────────────────―
 │田中義一は地位と権力こそ失わなかったが、非公式な後ろ盾をなくした事で
 │それまでのような派手な暗躍はしにくくなりました。少なくとも一、二年の内はね。
 └┬───────────────────────────────────
   │その結果が現在の帝国です。帝都は相も変わらず安穏としており、
   │新聞社は比較的自由に情報を発信し、国民が陸軍に管理され練兵される事も無い。
   └───────────────────────────────────

                                              ri=i=i=i=iー、
                                         〈イ二 ̄r;;;;i l,-,i
                                _          |i |;;;;l  l;;;;;| l;;;;l|
                               / ヽ      {ィt'=' TTニニTT`i
                             ェェi三i三lェェ     |l |i'i^i| |.i^i^i| |i;i;|
                          _  rnh"ni⌒i i⌒i nn`nn |l |i==| |===il |=;;!
             _  i   _      / ヽ i_r⌒i__ー,ヘー'コ==、, i..|l |i'i^i| |.i^i^i| |i;i;|
  ___,-、       ,,__| i |'"^"| i |' ー 、_  | i^i二;|イ==iニニ i〒i ニニi==iヽ}il |i==| |===il |=;;!
  //ヽ、   ..| r----i |コ__ l∧ii ll {二二二ミi_.ll | l⌒l : :l⌒l  |'l | |.!.|i'i^i| |.i^i^i.l |i;i;|
  ∠'⌒ヽ\   | ー―-|.|--r'  l   .  :.:.コ_,-! ____ :-: ____ __. l::| li=|i==| |:===il |=;;!
     ̄~"ー`'-、_   ニl\ :ー---l ∩∩ .:.::|: :|   |:::::|  |;;;;|  |;l |_|.|.|i'i^i| |.i^i^i l |^i';|
  ̄""''' ‐-- =- ニ-     i\_|| |l| [」.[] .:.:.!  |   ̄    ̄  :|~i''=''i===| |:===il |==|
┌──────────────────────────────────‐
│勇気と愛国心ある軍人・政治家がいかに合法的な手段で田中をいさめようとしても、
│彼の暴虐を前にこれほど健全な帝都を今に残すことは出来なかった。
└──────────────────────────────────‐


 ┌──────────────────────────────────‐
 │
 │  田中義一の独裁を阻むには、田中義一以上の卑劣漢が必要だったのです。
 │
 └──────────────────────────────────‐


153 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:32:57 ID:V+so/nUWP [17/29]

                             , ---------------------------
                             l 鯨の行いは残虐極まる蛮行でした…しかしそれが「善かった」!
                             ー--   ----------------------
                                 `l´
                         ___  
                            ヽ=v==ノ _       ------------------------------
                         |('-` )|)|0 0|▽ー‐‐‐´一切の躊躇も容赦もなく、老若男女・田中派・反田中派、
                         ( .:.. .ノ===]」.    l あらゆる区別差別無く総てを引き千切り蹂躙した彼の蛮行は
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    l それ故に飼い主の田中を当時の権力図から完全に孤立させたのです!
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    `ー-----------------------------

                               l
           , -------------´ `-------------
           l 田中が失った後ろ盾を必死に修復している間に、我々反田中派は
           l 彼が目論んでいためぼしい陰謀をかたっぱしから粉砕、
           l とうぶん実行に移せぬよう根回しをする事が出来た。
           `ー--------------------------
               , ----------´ `------------
               l …もっとも、田中義一という暴魔はそれでも息絶えず
               l 今また新たな権勢をまとい、いずれは帝国の中枢をも
               l 握る事になるのでしょうが……
               `ー----------------------


                               l
           , -------------´ `-------------
           l それでも鯨の行動は十年!帝国の寿命を引き伸ばしたのです!
           `ー--------------------------


154 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:34:23 ID:V+so/nUWP [18/29]





                 ┌─────────────────
                 │……「だから」………あなたと同じように、
                 └──────v──────────‐


                         ___  
                            ヽ=v==ノ _     
                         |('-` )|)|0 0|▽
                         ( .:.. .ノ===]」.   
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   



                 ┌──────^───────
                 │鯨もまた、「愛国の英雄」ですか。
                 └─────────────‐






155 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:35:23 ID:V+so/nUWP [19/29]

 ┌───────────────
 │肉親を撃ち殺し、上官の屍を弄び、
 └┬──────────────────────────
   │年端も行かぬ「次の世代」をケダモノのように襲い、悶死させる。
   └──────────────────────────


                                       ┌─────────‐
                     _,--―--、_      │妻の前で夫を斬り殺し、
                  /´ ̄_,--―-、_ `ヽ      └──┬────────
                ,l⌒l´:::::::::::. _     \ \        │娘の前で母を犯し、
             γ⌒l/::::,/´ ̄   (;;. `ヽ ヽ ヽ        └────────
              |  i::::,/::.:.( ̄:: ̄`ヽ、)   \ l⌒l:.:.:....  
              l  l::::l:::::.:.:.  ̄ ̄ヾ,;;#:..    l`i⌒l:.:.......   
              lヽ  ヽ::::.:...     "''゛      |/ ,l|:::.:.:.:.:.....   
              ヽ \ \_       ___,/ /::|:::::::::::.:.:.:.. 
                \ \ _  ̄`l_l ̄´ __,/:::/:::::::::::.:.:.:.  
                 \_  ̄`l、__lノ ̄´  _,/:::::::::::::::::.:.:.:....
                    `ー―---――´             

┌──────────────────────
│慟哭する娘の腹に両親の首を詰め込んだような男が
└──────────────────────



         ┌───────────────────
         │帝 国 の 守 り 手 だ と 仰 る の で す か …
         └───────────────────


156 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:36:21 ID:V+so/nUWP [20/29]




                                        ┌──────
                                  │まったくもって、
                    __o(|( トェェィ  )      < その通り。
                    |0 0|▽_ロ.l ._i) ≡≡ゝ _└──────
                 ̄ ̄[===]」 ̄ ̄ ̄ ̄≡≡≡|局長| ̄ ̄\
               ==================]
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    
      ┌────────────^─────────────
      │…だから最初に言ったんですよ。「犬」には理解できないとね。
      └───────────────────―─────‐

             ┌───────‐^─────────
             │我々帝国軍人は一切の差別区別もなく、
             │報国の体現を愛し売国の徒を憎悪する。
             └──────────―─────―


157 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:37:22 ID:V+so/nUWP [21/29]

             ┌───────────────────────────
             │法が田中の暴虐を抑えきれず、軍の上層も腐れかけていた以上。
             │あの時の鯨の暴走が田中の牙を削いだ事実に代わりは無い。
             └──────────―─────―──────────






                         ┌──────────────────────────
                         │無論鯨が田中のために行ってきた暗殺の数々は許しがたいが、
                         │それも鯨が二度と娑婆に出られなくなった今、彼の田中への
                         │裏切りをもって充分に釣りが来ようというもの…
                         └──────────────────────────

       


        ┌───────────────────
        │
        │   所詮結果論。しかしそれが総てです。
        │
        └┬──────────────────
          │
          │ 感謝していますよ。鯨君には。ね。
          │
          └────────────────


158 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:38:35 ID:V+so/nUWP [22/29]

         ┌───────────‐
         │………残念です。中将殿。
         └──────v─────


                     c
                    ,ノ}__,,..-c
                  /: : : /´
                 ,,;': ,,: : : ,j   ヽ
                ,': ;;: : : : {   ┌)\───────────────
                ,': ;;;: : :;l : i    │何がって、国を見ているあなたと違って
               ,': ;;;: : : :;l: :}   .│私は所詮人しか省みれない。
               ,': :;;;: : : : ;l: |   .└────────────────
              ,': :;;;: : : : : l: :l
              ,': :;;;: : : : : :;l: :;!      丶
              l: :;;;: : : : : : ;l: :l       ┌)ヽ────────────────‐
                 l: :;;: : : : : : ;l: :|        │…私自身も相当なクズだが……それでも、
              i; ;;;: : : : : :;l: ::l        └─────────────────‐
               ',: ;;;: : : : : l: :i      
               ',: ;;;: : : : :l: :!
                ',: ;;;: : : : l: !
                ',: ;;;: : : ;l/
                 ',: ;;;: : : !
                 ',: ;;;: : {
                  `''‐-‐'


     ┌──────────^────────―
     │あなたよりはまだ人のカタチをしているようだ…
     └───────────────────‐


159 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:39:29 ID:V+so/nUWP [23/29]



                (i゚゚д゚゚i)
                         野獣
                (i゚゚д゚゚i)
                       
                (i゚゚д゚゚i)
                         肉
                (i゚゚д゚゚i)



160 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:40:35 ID:V+so/nUWP [24/29]

                        ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;,;,..''""゙┌───────────
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:;;:'""'''''''''       │―――――――――‐‐‐
\                   ,. ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .   └──────────―
::: : ' ,              , '゙ ::::::::::::::::::::::,,_,,,..;''""''''"      .  .. .. .      ..  . . . . .. .. . .     .. .::...
,.,;:;:;:;:; ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''" .,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..     .. . .            ,,.,,,...,.,.,,_,,,,,,,,,...;;;
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..         ,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""            ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"'''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
 ┌───────────   ..  ... .  .. .                              ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
 │―――あ――――――‐‐                 . . . . .    .: ..  . .
 └──────────―                                ..  . . ..   .. . ...    :.   .:.:.:


161 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:42:04 ID:V+so/nUWP [25/29]

                  ┌─────────────‐
                  │陽が沈むよォ。ずぶずぶとよゥ。
                  └──────v───────
                                ┌───────────────────
                                │…そういや、戦時中アレを敵国に落とそうって
                                │大真面目に言ってた莫迦がいたっけ……
                                └y──────────────────‐
                            ∧ー;;,,
                           .:((・)ζィ。)
                         ::::(・;#y::;;;)
                         ...:::(_,つと;;,.)
                         ..::::::::::::::::....


                   ┌─────^────―
                   │あいつどうなったかなァ。
                   │偉くなってんだろなァー…
                   └──────────‐


162 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:43:18 ID:V+so/nUWP [26/29]





                                ┌─────────────────‐
                                │…ま、軍部でよろしくやれなかった俺にぁ。
                                └y─────────────────
                            ∧ー;;,,
                           .:(・)ζィ。:)ミ
                         ::::(・;#y::;;;)
                         ...:::(_,つと;;,.)
                         ..::::::::::::::::....







163 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:44:40 ID:V+so/nUWP [27/29]


;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll|    ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|       |!,ii
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(    |il|!ll|       |ill|     vv|Mv..┌─────────────‐
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW│こんなトコがお似合いでしょうよ。
                                       └y─────────────
 ,..,.,.,.,、         Α,,,,..                  ∧ー;;,,      ,..,.,.,.,、
           ''''""( ゚ -)      _          (ζィ。:;,)
;;;ゝ);;));ヾ;;)        /;i_)、ハ', ; '   r';;`i;;,.    .,..,.,.,.,(・;#y::;;;)    ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ と;,=)(;;⊃   ,;ゞ_,ゾ_;;i,つつ.     (_,つと;;,.)
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)         ;:("ヽ);;;;   """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                     ,..,.,.,.,、


164 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:45:56 ID:V+so/nUWP [28/29]

      ┌──────────────────‐
      │御免なぁ。あぐりぃ。だって
      │御前さんがあんまり聞きわけがねェからよォ
      └──────────────────


                        _    
                        r';;`i;;,.
                       ,;ゞ_,ゾ_;;i,つつ
                        ;:("ヽ,);;;; 


                              ┌───────────────────────‐
                              │潰れちまったかァ…ぎりぎり生きてんのかァ知らねェが…
                              └───────────────────────‐


        ┌───────────────
        │「犯しながらに喰わせる」って。アレ。
        └───────────────


                    ┌─────────
                    │ 嘘になっちまったわ。
                    └─────────


165 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:47:26 ID:V+so/nUWP [29/29]

                                                     ヽ
'"`゙ヾ                                              j、  ヽ
,. '"⌒ヾ                                  iー、         ノ │      ,.._
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、                      │; ;ヽ、_.  ノ-/; ; │__ノー'"´
     リ        r'"´   ⌒ヽ,                  │; ; ; ; ; ; ; '´`7イ; ; ; ;;}  ヽ======
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ                 l ; ; ;´; ; ; ; ; ; ; ; `; 、ノ   ノー--k、ー^--、
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,           i/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;; ; ;ー、、   ヽヾ、  `ヾ、
                 ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')            /; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;;;;;; ; ; ; }; ; ;ヽ、 i   ‐-、   `
レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     ` ヾ     ,.....-ーl;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;;;;;;;;ー イ; ; ; ; ; ーi、    \
l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;    , ,.   ノ    l;;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;;;; ; ; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ;ー、    \
i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/    ,-ー'''´    ,..t;;;;;;`ギエエェェェイ; ; ; ノ、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; 〉ー   }》
|/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;;:,; /  、 ー ,./  、; ; ヾエエエゾ; ; イ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/    /
l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| l `ヽ ノ   ヾ-'´ヽ      ー -、; ;;ー、;´; ; ; ; ; ; ; ; ;; ; ; ;/"   j/
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,       |i!|.'|i!|'`j   ノ ,.;_..;')           l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/    /
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡 カチッ  彡|i!|,, l   l、゙ヽ,;.,ヾ            l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;r'    /
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/______ ヽ  l }.___ハ         /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; l l  /
---――'"""""´´~"''''"""" ̄| _____ ``|  / }   | ̄ ̄ ̄ ̄``` /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; | l  /
                    | |続続続続続続.l /ノ". | |           /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |/l  |
                    | |続続続続続 _L ノヽ、 続.|        |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;|   l
                    | |続続続続 ,_/ r' `j‐〈 `ヽ;          |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,..' iー、j
                    |続続続続 γ/、_ノ {/il\ノヽ、      |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; / ノ;ヾ-#i.l、
                    |続続続続 l,{  ,; /続続ii`i {       |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; l l'; ; ; ゝlヽ'i
                    |   ̄ ̄ ̄ l,l  { / ̄ ̄ ̄ .l イ       |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ,"; ; ; ; ノl l|
                    |  °°  ` ∞ ij .≡ ≡  ノノ        |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;イノ  lノ
MvM.vW Vji,',Iw,,MW v,w,.v,w,.v,w,.v,w',.vw,.vji,,w,.v,w',.vw,.'"ji,,Iv,w,.vw,.,viW|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ノ'   ´


166 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 18:48:27 ID:P8ffWg3B0





167 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 19:37:15 ID:BW4n4Q040

あぐり!応答しろ、あぐり!あぐりぃぃぃぃぃぃい!!



168 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 19:39:57 ID:Jem4WPXT0

スレッドストッパー…だと…!?
と思ったらチミドロシシャクに出てきた広之中将でしたか
ということは>>148の資産家って子爵か
ナタ大丈夫かなぁ…



169 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 21:48:52 ID:N5Axsa7n0

鯨が起こした暴走「子爵の両親殺害」の前に資産家から資産奪い取る、をやってるから
子爵は大丈夫だと思う。


関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 00:00 |コメント(7)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫はD&Dがよくわからないようです 二十・ちょい待ち、ボス敵と戦いたくない! | HOME | やる夫短編集 第九十二巻 >>

■御感想or寝言

28824 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/21(火) 23:29:14 ID:-

ちくしょう…
こんな時間に!



28825 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/21(火) 23:36:52 ID:-

馬鹿と鋏はつかいよう、というわけか。
まあ思いっきり結果論だけど。

さて、本当に悪い奴とは一体?
鯨もアグリも軍人も警官も全部「悪い奴」の引き立て役でしかない気がするが…?


28826 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/21(火) 23:44:46 ID:LkZag.iM

OPが分かりやすいくらいのバケモノに、つーか、子爵は大丈夫なのかが心配で心配で

しかし田中派と反田中派の争いはいよいよ持ってゆがみ始めてるなあ
端から見ればどちらも狂ってるという


28836 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/22(水) 10:37:45 ID:-

おそらくは「チミドロシシャクト~」の事件の後に
その件の警告として両親を殺されたのかな?
なら、幸いという表現は不謹慎だけれど、殺されたのは子爵の両親だけで子爵自身とナタちゃんは無事だと思うが…


28842 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/22(水) 22:11:17 ID:-

【無事なの】子爵とナタとメイドの安全確認のための事実関係の考察 ー一個目ー 【無事じゃないの】

①軍人だった頃の鯨が自決を迫られて暴走、大量殺人を侵して逃げたのが二年前の話
②子爵の両親が殺された時点では鯨はまだ軍に在籍していた=子爵の両親が殺されたのも同じく二年前
③ひろゆき中将の話す暴発事故を起こした軍人・財産をとられた資産家のエピソードは
鯨が暴走する前のものとして語られているため、少なくとも現時点から二年以上前の出来事
④「チミドロシシャクノヒメネズミ」内で、宮山少佐が日露戦争の事を他の作品同様「8年前」と証言している
⑤「べヒモス」のエピソードでは「潰れ狩り」が行われている=潰れ狩りは「ヤハエとデヰ゛ル」でも行われており、
同じデヰ゛ルの登場する「クチナシハゲドウニサク」ではデヰ゛ルが戦地から帰還した年を「8年前」と表記している
=「べヒモス」「チミドロシシャクノヒメネズミ」は恐らく同じ年内(戦後八年)の話

以上を踏まえ時系列的には

①鯨が子爵の両親を殺害、その後周囲の人間を殺害しまくって逃走
②その二年後に「チミドロシシャクのヒメネズミ」のエピソードが発生。
宮山少佐が襲撃され、子爵が田中派との戦いを決意する。
③恐らくその数日~数ヵ月後に「べヒモス」のエピソードが発生。

となるので、田中が財産を奪い取った資産家と子爵は別人となる。……どうだろう。


28929 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/25(土) 01:46:41 ID:-

今日中国の船長釈放されたけど、田中義一って民主の小沢や仙石みたいな奴だな…
広之中将や子爵や、ちょっと過激な意見だけど鯨みたいな人間が今の日本に居れば
もっと国益が守られる政治が出来てたのかな…


39361 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/22(水) 18:00:50 ID:-

鯨と根野は知り合い?>太陽を落とすのセリフ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV