やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫短編集 第七十三巻

やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2010/07/03(土) やる夫短編集 第七十三巻


やる夫短編まとめ




                            ,*、‐*.v*―‐*、
                           /'⌒*、*,'⌒*:.:.:\    やる夫短編集
                         .,*'.:.:./.:.,'.:*.:.',:.:.:.:.\:.`*,
                       ./:.:.:,* .:.:.:,'.:.:.i.:.:.:',.:.:.:.:.:*,:.:.:.',   
                       *:.:.:,':.:.:.:.:,'.:.:.:.i.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:',.:.:.*    
                      . . .',.:.,':.:.:.:.:.l:.:.:.:.*:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:..:',:.,' . . .    
                     . . . . .*'.:.:.:.:.:..:',.:.:.:.i.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.*' . . ) . . . .  
                   . . . . . . . `*、.:.:.:.:',.:.:.*:.:.:.,'.:.:.:.:.,*'′. . ( . . . . . . .
                   . . . . . . . . . ..`*、.:.',.:.i:.:.:,':.:,.*'´. . . . . . .)、 . . . .
                    . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ソ . . . .
                                    /´⌒ゝ‐-、
                           . : .: (´⌒ゝ   ( レ'フ  ノー-、
                              ``´  /⌒/´f':::;:;。'   }
                               . . .: : :{   {_ノ-、゚'”ゞ-<
                          . . : :{`ー-、 . : : :ヽ._ 〉-、 }"´ ノ }  r‐ 、
                        . . : (⌒ヽ ヽ. 〉 . : : :::{   〉‐-<.._.ノ _ノ  ノ
                         : : ` ー'  ̄´  . : ::::`ーヘ.__ノ    ` ̄´
                                                   第七十三巻



オリジナル系
ついさっき出かけてきたときのエピソード
やらない夫がフられるようです
やる夫は戦って敵を討つようです
とある姫の愛情
毎年恒例

学ぶ系
やらない夫が気胸になったようです
しようか?

恋愛系
子話・落語系
【Fatal Beatings】 教員やらない夫と保護者できる夫
やる夫たちが死後の世界について討論をするようです。
やる夫が怪我して入院したようです。
下馬飲君酒 問君何所之 君言不得意 帰臥南山陲 但去莫復問 白雲無尽時
これはまだ天子様が京の都におわした頃のお話
やる夫たちが神仏の存在について討論するようです
モンティ・やる夫・パイソン「哲学者サッカー」

音楽系
ここにサボテンを植えよう

漫画・ゲームネタ
「殺し屋やる夫」
HIGH SCORE
やる夫は女嫌いの料理人のようです
黒い殺し屋さん
黒い殺し屋さんと黒いお医者さん




                            \ _´___       /
                              .\`ー'´   __/
                              ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
                            __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
                         ,-‐'":r┤::::_|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::ヽ     
                        |:::::::ィ´ ̄   `ヽl     〈:::::::|:::::::::::::::!:::|
                         |:. /  rー- 、  ヽ ム    ', :::: !::::::::::::|:::ヽ    
                         !::/1 /,、\ f⌒Y⌒Y    !:::::l,:::::::::::,i::::{
                        ,!:::! | // \ ト、{} /!      l,::::|:::::::::::::|::::ヽ
                        !::::ト!' __  ` <ヽ//    ', : !::::::::::::!:::::::ヽ
                        ,!.  Yi ィr;ミ   ィr;ミ下ヲ    .!::,|:::::::::::|::::::::::|
                        !::::::::ゞ ,,ゞ'  ,  ゞ',,ム'     .!:::l:::::::::,!:::::::/
                       |::::::fニ今,、 r-_ァ r会ュ┤     .:|::::::::::|:::::/
                       ,|:::「{三-'r-`Tブ了三}┤     .|l::l::::::::|.::::l
                       !::ノj=イ! 7∧_〉=_ァヘ│     .八:l:::::::|. /      
                       /  { |!' /∧マj=7    !     / ̄ !j:::::::ゝ  
                       1   〉Yイ_o} |_ノ    ト、 __/―--!l::::::::|
                       }-' フ }__r、`〉{     i ヽ |ニ  ヽ-- l|::::::::|
                       レ'  r、 ´ 〉   _んく | !_, ‐'":::::!--イ:::::::|
                      /  , イ- ト、 } ー /´    \'´:::::::::::::::: !--l,::::::,!
                    . /  /j  /`∨-ー〈       ヽ:::::::::::::::|-- ハ::::::|
                    / , イ-'´  /  /    ヽ      |:::::::::::::::|    ̄
                    /イー'   / //     トニー-、  !:::::::::::::::::|

関連記事
| 12:01 |コメント(0)
カテゴリータグ:

|

<< 【ニート探偵】やる夫はモグラに憧れる【やる夫】 第三考察 弱者の手は窓に届くか?_ その10 | HOME | やる夫短編集 第七十ニ巻 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV