やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 平成末やる夫三大短編祭 FGO短編祭 twitter
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2009/01/14(水) やる夫の剣豪ものがたり <その8 秘剣 伝授いたします>


<その1 誰にでも守らなければならない世間体がある>
<その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>
<その3 クール!クール!クール!>
<その4 夢の中でやらないか>
<その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後>
<その6 厨二病は必ずしも悪い事とは限らない>
<番外 剣術を必要としない人たち>
<その7 剣の向こう側にあるもの>
<番外2 勇者の倒しかた教えます>


265 名前:1[] 投稿日:09/01/11(日) 21:47:24 ID:PYqln7Av
<その8 秘剣 伝授いたします>

前田家家臣 富田越後守重政は 「名人越後」と称えられる中条流の達人である

                 -‐   ̄ ̄ `丶、
              /           ヽ
                / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
             l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
             { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│     シグルイで有名な
               乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l      薪でフルボッコの富田勢源は
       (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八     わたしの義理の伯父さんよ
          ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
            / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
.           , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
         //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.         {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
          )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
          "   ` ′ ヽ ヘ_,ん                   /  /  |  l
                     /  /   .|  l
                  /` V   l  .,′
                  `ー'′   ├-/
                         ̄

視聴者カウント
出会いアクセスカウンター


ある時重政は 主君 前田利常に呼び出された
居並ぶ家臣の前で 利常が尋ねるところ……
       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \     将軍家御指南役の柳生新陰流には
  |     |r┬-|     |     「無刀取り」という秘術があると聞くお
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +
  /          |
 (_⌒) ・    ・ ||
   l⌒ヽ     _ノ |
    |  r `(;;U;)   )__)
  (_ノ  ̄ / /
        (__^)



            __
        , ‐ ´      `ヽ
      /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
     〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
     l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
     i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、     無刀取り?
     、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ     あーはいはい
      乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ     確かに
   _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!       聞いたことはありますね
     ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
     /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
     /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
    /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i   ナンデ インノウマルダシナノ?



       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \     では中条流には
  |     |r┬-|     |     柳生の無刀取りのような
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +  秘術はなんかないのかお?
  /          |
 (_⌒) ・    ・ ||
   l⌒ヽ     _ノ |
    |  r `(;;U;)   )__)
  (_ノ  ̄ / /
        (__^)    ソレガ トシツネノ ジャスティスダオ



              __
         ,   ´     `   、
       /              丶
      /                :...:::\
     〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
    l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
    l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i   (ん~困ったなぁ)
    |,彳/:::::ノ=i_=ナテ=tヽ    チ´::7` !:::::::i:::l::::| i
  .〃| ::l::::〃(ヤ"i :::::::わ     i、::ゎ l::::::::lリiヾ乂
 (( | ::|::〃::::ヾ、ぃr'__;;;」     ヾ-" ハ::::;;;;l li 乂、
  ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー 秘術 秘術……
   | :::.: i::::::::::::i::iヽ    ー‐   ィ:i:::i:: :::,i ヾー    そうですねぇ
   | :::  i :::::__」i:::! `  ,    イ:::::l::!::ヽ::ヾ       中条流にも「無刀取り」はありますよ
   ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::i::::::l::i::::::::心ヽ
  ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`ーャ、:::i::i::::',::::::',



       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \     それは素晴らしいことだお
  |     |r┬-|     |     ぜひとも
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +  拝見したいものだお!
  /          |
 (_⌒) ・    ・ ||
   l⌒ヽ     _ノ |
    |  r `(;;U;)   )__)
  (_ノ  ̄ / /
        (__^)




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\    (当然 そうくるわよね……)
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!   これは中条流にあっても
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ              秘剣中の秘剣
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |      軽々しくお見せするものではないのですが
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/


         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\
    /:::::::::(○)三(○):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //     ……これは君命だお
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///       なにがなんでも 見せてもらうお
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|




      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
      ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
      | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
      |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー     殿がそこまで言われるのなら
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー        ご承知いたします
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ           ……ただし 繰り返しますが
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ        これは中条流の極秘の剣
    ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',        殿以外の者はご遠慮を願います
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ


                ____
              /⌒  ⌒\ ホジホジ
            /( ●)  (●)\
           /::::::⌒(__人__)⌒::::: \            ん~ しかたがないお
           |    mj |ー'´      |
           \  〈__ノ       /
             ノ  ノ

利常は 家臣たちを退席させ 広間の中に重政と二人きりとなった



             ___
           /::::::::::::::::\
          /:::::─三三─\
        /:::::::::(○)三(○):\
       /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l
       |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //     では 参るお
       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
      /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
      |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
      \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
       |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|

          , '´                     \
         //      ,イ           \
         / /        / / l l            ヽ
       / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
       / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
      /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l      ! 殿 お待ちください
    /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
    // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ     殿の後ろのふすまから
   // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ     様子を覗き見る不埒者がおります
 /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
     l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ   どうか殿からお叱りください!
     V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
     //    l //i \             / / /             ヽ
    レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
           レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
         /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
      //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
   -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \






              __
            .-´   ``ヽ
           / ⌒      `ヽ
         /        `ヽ  ヽ
    ((   / (●)          ヽ
        |::⌒(__   (● )     |
        ヽ   人__) ⌒::::      |     なんですと!
          ヽ(__ン          |
         人           /  | |
        /          _ノ  ノノ
                    |

思わず利常が 後ろを振り向いたその瞬間

                            _____
          ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、      / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
 ハイ      /     、    、 \   /        ∪     \      ||  ||
  カタナ    ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:ヽ/ /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
 イタダキマス//:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ... ./  (   ● l    l ●   )  \
      //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐ /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
        ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天 |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
        ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j|  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
        ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ \          |/⌒i⌒、|         /
      、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ  \       !、__,!    U  /
     /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.  /       、____,,      \
    /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ /                        ヽ
  , ./´   `∨イしリ  / ハ     |  、                 ,   |

重政は 背後から利常の腕を押さえ その手の太刀を取り上げた



                   ___
                 ´       ` 丶、
             '"                  丶
          /                  \
         /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
          〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
       /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
        /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
     ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
     l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
     | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
     | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
     | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
     l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',      これが中条流の「無刀取り」よ!
 (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
         / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
          / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
        / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
          / /.:/ 、_,-、ヽ/ Ⅳ_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\
       ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\    \.:.:.:\
    / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\    \.:.:.:\

利常も これには深く感心したという
中条流は やがて富田流と呼ばれるようになり 重政は富田流の祖となった

<その8 秘剣 伝授いたします>おわり



276 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/11(日) 22:00:30 ID:OehcgjAR

乙でした
なんかなぁwww



277 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/11(日) 22:01:03 ID:i0jIIrYU

……

想像力ハ素晴ラシイデス



278 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/11(日) 22:04:17 ID:JAsLiuXj

それって、とんちだよね?



279 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/11(日) 22:04:21 ID:PAKBzXmL




記事まとめへ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 17:57 |コメント(4)
カテゴリー:やる夫の剣豪ものがたり(最終回保管済)

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <その9 勇者の倒しかた教えます 卜伝編> | HOME | やる夫の剣豪ものがたり <番外2 勇者の倒しかた教えます> >>

■御感想or寝言

8234 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/08(金) 02:07:33 ID:-

あーバカテスで一冊平均5回はやっているあの技ね


8468 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/10(日) 13:42:39 ID:-

本来の無刀取りは
「相手を倒して組み伏せ、馬乗りになって刀を力ずくで奪い取るもの」
実践しろと言われてそのとおりにやったら殿様に赤恥をかかせるため
こういうとんちで切り抜けた


23497 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/01/30(土) 16:10:00 ID:-

ていうかとんちも糞も虚を突くのは兵法の基本にして奥義なわけで、剣の極意としてまったく間違っちゃいないわな


27587 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/08/04(水) 17:37:51 ID:0Q3WCu86

利常のフルチンはもう許してやれよwwwww


ちなみに剣術家が禅に傾倒することが多いのは、
(広い意味では)まさしく頓知に魅せられたからだったり。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ