やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫は意味を見つけたようです。

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/01/08(木) やる夫は意味を見つけたようです。

カテゴリー:やる夫短編集


出演やる夫 やらない夫 翠星石 キモオタ 他


128 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/06(火) 22:52:30 ID:uZ5/E8Xz



                             ……先日、ネットニュースの三面記事に小さく載っていた記事に、
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /   私は少なからず驚いた。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/    あのやる夫氏が亡くなった、というのだ。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




          
          .      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
                /;    . . : : : :\       ┃|   やる夫氏とは結局、一度話したきりだったが、
              /      . . : : : : : :\        ┃|   今でも時折、あの時のことを思い返すことがある。
          .   |         . : : : : : : : :| .       ┃|   彼のあの、凄絶な覚悟を秘めた背中は、
              \_    . : :〃: : : :,/         ┃|   私の目に今も焼きついて離れない。
               /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|   十数年経った、今でも。
              / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
          .   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |


視聴者カウント
アクセスカウンター


      
                             
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /     ……彼との約束は守った。そろそろ、書いても許されるだろう。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/     これから記すのは、その、やる夫氏とたった一度会った時の話。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\    まだ私が、フリーのライターをやっていた頃の、古い話だ。
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃       




                ――やる夫は意味を見つけたようです――





――200×年



   ________________________
 /                                 , イ
   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   | V .|
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   | I .|
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   | P .|
 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||#| 荘 |
  \|                                   |   |
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   |   |
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   |   |
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |  /
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ピンポーン


      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \    どうぞだお。
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




    ガチャ
  

        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           ……はじめまして。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   ご連絡差し上げた、屋場井 御宅です。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   本日は貴重なお時間を頂き、感謝します。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


      ____
    /_ノ   ヽ_\      やる夫だお。宜しくだお。
   /( ●) ( ●)\    そういう堅苦しい挨拶は苦手だし、いいお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  それより、とっとと本題に入るお。
 |        ̄      | 
 \              /




           __
         .-´   ``ヽ
        / ⌒      `ヽ
      /        `ヽ  ヽ
     / ( ●)          ヽ   ……約束は、大丈夫かお?
     |::⌒(__   ( ●)     |
     ヽ    (__ノ ⌒::::      | 
       ヽ             |
      人           /  | |
     /          _ノ  ノノ 
                 |




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          はい。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   録音、録画、その他記録目的の機器は一切持っていませんし、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   メモをとるようなこともしません。
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /    また、ここでの話は一切記事にせず、
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /    他言しないと約束します。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



       ____
     /   ヽ、_ \      
    /(● ) (● ) \     一応、荷物のチェックをさせて貰うお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   …………おkだお。確認したお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /





       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    まぁ、この話を墓まで持っていけとは言わないお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やる夫が死んだら、その時は記事にするなり何なり、
  |              |  好きにしてくれていいお?
  \               /



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          はは、気の長い話ですね。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   年齢は殆ど同じ位なんですから、私が先に死ぬかもしれませんよ?
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/   それにこの話は、記事にするとか、
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /    そういうつもりでお聞きするのではないのです。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /    
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃






        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \               ただ一人の人間として、純粋に、
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ             貴方のお話を聞いてみたいだけなのですから。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\       ……物好きだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           そうかもしれませんね。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    ですが、業界に詳しい人間の一人として言わせて頂ければ、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    あなたの方が物好きなのでは?
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




   信者500人以上から成る新興宗教の教祖でありながら、
   こんな安アパートに住み、                   >  
   質素で健全な生活を送っているなんて、ね。



       ____
     /      \
   / ─    ─ \    …………。
  /   (ー)  (ー)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /




   違いますか?
   『せっかくだからニュー速でやる会』教祖こと、『唯一神』やる夫さん。  >




       ____
     /   ヽ、_ \      
    /(● ) (● ) \     ……どこから話せばいいんだお?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           最初から。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    話せる全てをお願いします、やる夫さん。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





     ____
   /      \
  /  ─    ─\     ……9年前になるかお。
/    (ー)  (ー) \    やる夫がまだ、ニートヒキオタだった頃から始まるお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





――199×年、とある山中


:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"





   ザッザッザッザッ


  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}  ハァ、ハァ……。
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
: : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}





    ザッザッザッ


       ____       バスを降りてから、
     /      \     もう2時間も歩きっぱなしだお……。
   /  _ノ  ヽ、_  \    いつになったら着くんだお……?
  / o゚((●)) ((●))゚o \  
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /




             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>    ほら、頑張れ、翠星石。
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´      きっと、もうすぐだ。もう少しだけ頑張ろう。
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、




  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/    ジュン……。
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/     ええ、もう少しだけ、頑張るですよ……。
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    あの子、さっきからフラついてるお……。
    / (●)  (●)    \   こんな山道を2時間も、しかも夜に歩かされたら、
    |   (__人__)    u.   |  そりゃきついのは当たり前だお……。
     \ u.` ⌒´      /   大丈夫かお……?
    ノ           \
  /´               ヽ




            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |     あぅっ!
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|        バタッ!
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |
::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|
{ /三\ /  ヽ几_厂|/し、__兀r '"  ヽ   | : . : |




|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |    翠星石っ!
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /
                       ` ー'´    / /





     /\___/ヽ         
    /ノヽ       ヽ、        そこ! 他人に手ぇ貸すなつってんだろうがぁ!
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ        まだわかんねーのか! これも修行の一環なんだよ!
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、   精神力を養成するための修行に、他人が手出したら台無しだろうが!
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl   それとも今から落伍者になって下山すっか!? あぁ!?
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ




               +      +
   m n _∩          +      +  ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃   ……なーんちゃって。
     \ \    /''''''   '''''':::::::\     / /     はいはーい、でも本当に手は貸しちゃダメですよ。
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /       はい自分で立って。歩く。歩くのです。
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
          \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
           \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー `ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /



|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |    …………っ!
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |    修行場には、まだ着かないのかよ!
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /
                       ` ー'´    / /





  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |       お教えできませーん。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |       それも修行の一環なのでね。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|       はーい、落伍したくなかったら立ちなさい。
\  `ニニ´  .:::/       後がつかえてますよ。
/`ー‐--‐‐―´´\        50人以上も居るんですからね、しっかり歩いて下さい。
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|  ……行くですよ、ジュン。
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|  翠星石は大丈夫ですぅ。
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ




       ____
     /      \     バスを降りて登山を始めてから、
   / ─    ─ \    明らかにスタッフの態度が様変わりしてるお……。
  / -=・=-   -=・=- \  やっぱり、ここに来たのは間違いだったのかお……?
  |      (__人__)  U |
  \     ` ⌒´     /  



  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\    さぁ頑張って! 歩くのです!
| (●), 、 (●)、 ::|    怠惰な生活で失われた体力を取り戻すのも、 
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|    修行のひとつですよ!
|   ト‐=‐ァ'   .:::|
\  `ニニ´  .::/
/`ー‐--‐‐一''´\




――山中奥深く、とある施設

.       ┌┐
.     ┌┴┴───────────────┐
.     │  田 田 田 田 田 田 田 田 田   .|
.     │─────────────────..|
 .    │  田 田 田 田 田 田 田 田 田   .|
 .    │─────────────────..|
 .    │  田 田 田 田 田 田 田 田 田   .| ミ ゞ;;ミ
 .    │──────============─────..|ヾ:;:ミ;;;ソ;
...   /..|  田 田 田 ||   |   .|| 田 田 田 ......|ヾ::|.|;|.::ソ
...  /.. │           =======          ...|ヾ::|.|;|ソ
.../.  ...  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ==========  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . .|.|;|




        ./ \Yノヽ  キリッ
       / (0)(―)ヽ       メシア様!
     /  ⌒`´⌒ \      今回の訓練者達が到着したっていう!
     | , -)    (-、.|
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /





.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    ……そうか。プログラム通りの課程で進めるように。
   .l^l^ln      }     彼らを、俗世の穢れたものから救わなくてはいけない。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



        ./ニYニヽ
 r、r.rヽ.  / (0)(0)ヽ      了解だっていうwwwwwww
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \    でっていう達に任せろっていうwwwwww
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
|_,|_,|_人 (^ iヽ__ ノ l |
| )   ヽノ |  `ー'´   /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /





    バタン!


        / ̄ ̄\
      /       \     ……やれやれ。
      |::::::        |   急に入ってくるから焦っただろjk。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |  
     .  |::::::::::::::    }          
     .  ヽ::::::::::::::    }         
        ヽ::::::::::  ノ       
        /:::::::::::: く      
―――――|:::::::::::::::: \ ―――――





         今回の儀式は終わりだ。次も時間通り来るように。
         それと、いつも通り他言は絶対するなよ?         >


/'´ |::レ'´ |.:.::ト、ヾ、 ::: ̄::::::..    ,    ..::::::::::.. '/イ::i..::i.::|\i.  ii
'  /   |.:.:i:.:ヽト` ::::::::::....    `     :::::::::  /i.:.:i.:.:i.:|.  \ ii
 /.    |.:.:i.:.:..::\.       ー‐      ./:i.:..::i.:.:.i|    ヽii
./     .|.:.:i.:.:.:.::i.::|ヽ、           _ r. 'i.:.:.:i.:.:.:i.:.:| ,    ,i    はい、メシア様。またお願いします。
i    ヽ |.:.:i.:.:.:.:i.::i ヽ、` - 、    .,,  '´  _,|.::.:.:i.::.::i.:.:レ'     |
|     ヽi.:.:i.:.::.::i;:i   \__ヽ`. ‐ '´  __,,/ .i:.:..:i.:.::.:i.::|     .|
|.      |.::i.:..:.:レ      ~ヽ' ,r'´´     i.:.:.:i.:.:..::i:|     |
.|     .|.::i.:.:r‐'ー‐-、_            __,,,,i_::.i.:.:.::.:|     |
..|     .|:.:レ´   :;__  ヽ  _,,,,_  ,,./    `ヽ,:.:.|     .i





      バタン!



      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)     ……さて。
.    |       (___ノ)    今回の訓練者に、美味しい奴は居るかな……?
     |        ´ノ
.     |         }
.     ヽ        }
      ヽ     ノ








  |  | |                  /
  |  | |                 /
  |  | |            __/               .     
  |  | |           /  /l                    
  |  | |         /  /, イ                 
  |  | |        /  //               
  |  | |       lニニl/      
  |  | |       .||  ||                     
  |  | |      /                     
  |  | |     /                         
  |  | |   /              
  |  | |  /              
  |  | |/
_|_|/


  <      ――――う! メシアと一体になることを!
         金は魂を惑わせ、物は魂を渇望させ、      




       権勢は魂を驕らせ、性は魂を汚し、食は魂を腐らせ、   >
       睡眠は魂を浪費させる!



     /`ー──一'\
    ,r(●)(、_, )、(●)\
   .|  '"トニニニ┤'` .:|   んー、いいですよ! もっと! もっと大きな声で!
   |.   |   .:::|  .::::|   まずはこのマントラを繰り返し唱えることで、
   .|   ヽ  .::::ノ .::::::|   俗世間の穢れを祓い清めるのです!
    \   `ニニ´ ..:::::/   さぁ繰り返して!
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |





 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|    私は誓う! 魂の開放を!
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |    私は誓う! 永久の帰依を!
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |



             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´    私は誓う! メシアと一体になることを!
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、




        金は魂を惑わせ、物は魂を渇望させ、    >



       ____
     /      \     訓練施設に着いてから、
   /  _ノ  ヽ、_  \    簡単な説明があっただけで後はひたすらこれだお……。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  眠いお……疲れたお……。
  |     (__人__)    |  もう3時間はずっとこの言葉を繰り返してるお……。
  \     ` ⌒´     /





     /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ         オラァそこ! サボってんじゃねーぞ!
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ



       ____
     /ノ   ヽ、_\      は、はいですお!
   /( ○)}liil{(○)\     権勢は魂を驕らせ、性は魂を汚し、食は魂を腐らせ……
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   (結局、ただの新興宗教かお!
  \    |ェェェェ|     /    ニートが治るとか騙されたお! とっとと逃げ出して帰るんだお!)





  |  | |                  /
  |  | |                 /
  |  | |            __/               .     
  |  | |           /  /l                    
  |  | |         /  /, イ                 
  |  | |        /  //               
  |  | |       lニニl/      
  |  | |       .||  ||                     
  |  | |      /                     
  |  | |     /                         
  |  | |   /              
  |  | |  /              
  |  | |/
_|_|/


  <    私は誓う! 魂の開放を!
        私は誓う! 永久の帰依を!
        私は誓う! メシアと一体になることを!





――3時間後


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)     それで?
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))    なんでニートになったんだっていうwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\    もうそれは何度も何度も言ったお……。
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  (あのマントラを5時間続けてから、
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。   また休む暇も無く詰問され続けてるお……。
   / ,_ \ \/\ \    もう許して欲しいお……)
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.





   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ     いいから教えてくれっていう。
 ./ ⌒`´⌒ ::\   なんでニートになったんだっていう?
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\



       ____
     /      \      ちゅ、中学でイジメにあって……。
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /




        ./ ニYニヽ
 r、r.rヽ  / (0)(―)ヽ     ふむふむ……。
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
|_,|_,|_人 (^ i ヽ__ ノ l |
| )   ヽノ |  ` ⌒´   /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /


        ./ニYニヽ
 r、r.rヽ.  / (0)(0)ヽ     じゃあその、イジメっ子達に対して
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \   どう思ったかっていう?
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
|_,|_,|_人 (^ iヽ__ ノ l |
| )   ヽノ |  `ー'´   /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    いなくなればいいと思ってたお……。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


     /ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ      ……いなくなれば?
   /  ̄`´ ̄ \
  | ,-)    (-、.|
  | l ____ l |
   \   `ー'´  /




     /ニYニヽ
    / (・)(・)ヽ    なんで、いなくなればいいと思ったんだっていう?
   / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.|
  | l         l |
   \  ` ⌒´   /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   そ、それはあいつらが酷い事をしたからだお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \  当然なんだお!
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /




           /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         / ⌒`´⌒ \
        | ,-)    (-、.|   ……質問を変えるっていう。
        | l  ヽ__ ノ l |   いなくなれば、っていうのは、
         \ ` ⌒´   /   死んでしまえば、という意味もあるのかっていう?
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   ……さ、さすがにそこまでは……
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /




   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ     吐き出さなければダメだっていう。
 ./ ⌒`´⌒ ::\    今ここで懺悔しなければ、一生そのままだっていう。
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|   それとも、罪の意識をずっと抱えていくつもりかっていう?
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\


        ./ \Yノヽ  キリッ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \    恐れず、告白するんだっていう。
     | , -)    (-、.|    そして、穢れた魂を浄化するんだっていう。
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   ……死ねばいいと、思ってたお……。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  それどころか、毎日ずーっと、そればっかり考えてたお……。
  |     (__人__)    |  妄想の中で、あいつらをボコボコにすることを思い浮かべてたんだお……。
  \     ` ⌒´     /



          / ノ Y ヽヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)   こいつの魂汚れすぎっていうwwwwwwwwww
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  反吐が出るっていうwwwwwww
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |
         |  | |  |  .|
            `ー'´





           /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ     なるほど、確かにイジメをした彼らにも、
         / ⌒`´⌒ \    責められるべき点はあるっていう。
        | ,-)    (-、.|   でも、イジメにあったのには、
        | l  ヽ__ ノ l |   あなたの側にも理由があったんだっていう。
         \ ` ⌒´   /
        /        ヽ   あなたが彼らに受け入れられるよう努力しなかったのが、
       /           ヽ  そもそもの原因なんだっていう。
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |



       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)     それなのに、逆恨みして殺したいと思うとかwwwwwww
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))    糞過ぎて笑えるっていうwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /





         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\    もう……許して欲しいお……!
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ    もう一度、彼らをどうしたいと思ったのか、
 ./ ⌒`´⌒ ::\   話してくれっていう。
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|  あなたの魂は穢れきっているっていう。
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|  とことん吐き出さなければ、浄化することはできないてっいう。
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\




      あいつらをボコボコに……   >


     /ニYニヽ
    / (・)(・)ヽ   もっと詳しくっていう。
   / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.|
  | l         l |
   \  ` ⌒´   /



     思い切り殴って、それから……  >


     /ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ  始めから、もう一度っていう。
   /  ̄`´ ̄ \
  | ,-)    (-、.|
  | l ____ l |
   \   `ー'´  /





                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.
           l  U                l          もう嫌だお……!
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、   赦してくれお……!
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´   |.    |    ,   !
            /   ∪    |∪`-,,,|"   |___,ノ   |
           /   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_ /∪    l     ,|    |   ,/ )   )
       く / / ァ- ,ノ _    \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄


           /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ    また、そうやって逃げようとするっていう。
         / ⌒`´⌒ \   本当に、恐ろしい程、醜い人だっていう。
        | ,-)    (-、.|   
        | l  ヽ__ ノ l |  汚らわしい。
         \ ` ⌒´   /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |





              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \   ………………………………。
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \    
       /    |  |.    .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |.    .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
  |               |      |      |              |
  |               \__/\__/               |
  |                |       |               |
  |                |r─‐┬──、|                |
  ヽ                |/   |    |              /
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /





        ./ \Yノヽ  キリッ
       / (0)(―)ヽ
     /  ⌒`´⌒ \     ……でも、安心するっていう。
     | , -)    (-、.|    この『常識的に考えてやらない会』に来たからには、
     l   ヽ__ ノ  l |    絶対にメシアが救ってくださるっていう。
     \         /


            ∩_
            〈〈〈 ヽ
           〈⊃  }
     /ニYニヽ   |   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !
  /::::⌒`´⌒::::\ |  /   そろそろ、食事の時間だっていう。食堂に行くっていう。
  | ,-)___(-,| /
  、  |-┬-|  /
 / _ `ー'´ /
 (___)  /




――食堂


                      _,._
              ,--、..,r'''ヽ. !  ヽ、
         _,.. -.、 r‐''"  _人. ヽヽ、. ヽ
       i''´  _,...ィ ヽ,-‐'   `)!  `'"ヽ  ヽ
.       ,ゝ'"   `ヾ、..-ュ  'ー、ヽ.   ,!ヽ.ノ
       ヽ...- '"ヽ  l/´rっ ,、..ノ `ー'´ _
        r''"´ ノ ヽ--‐'´     ┼ニ/ニ
        ヽ‐''´-‐' ,r'ヽ、- 、 ./l`7エヾ
       ,. r'''ヽ     !   ヽ  `ヽ. l ー┼‐
.      ,r'´ !   `            ヽ
     /      _   ,r'´ ̄`ヽ、 __,.ヽ
    ,!    ,r'´   `ヽ.!     l'´ _,. i
     !   l.    ,..、!、i'ヽ   / "´  .!
.    l _,. - ヘ    l、 ノ,.ニ、'--ニ'"´`ヽ  !
     l  ,,rr' ` _ー__''´__二. -'´     .! !
    ヽ.  r'´         ,r ''''' ヽ、_/ /
      ヽ  !   ,r'´ ̄` く    ./r'
      ヽ ヽ、_/      _,..- '/!,、〉 、
         7ー、二_ー_‐,...´-‐'7/  'Vく.r へ
          l  ,、..r、 ヾ=、r'´`く,.-r'l'´)-l‐'!1
         l !`,r''´r'_ニ!ヽ''"i !´...r''´Y-'r'' ´
        ヽ' i   ()、,!-l''l''"´l!  !   _ノ
         ゝ.!.__Y`'`´   .!  !''´/
          ヽ..__ ー- ニ__,..- 'j、__,.!,!
           r'ヽ ̄ ̄    ヾ""i
          / ヾ ヽ_,.....-‐'7´!   l
          ゝ-r'´r 、,ト--‐' `,.!、__,.トi
          llミl ヽllミilヽ    `rー‐ニヽー、
         ,r' 'ミレ'llミl !,..iヽー-ヾ :l´ヽiヽ'´
          / ri  _       i_,.-,ニl、,!l. l ! l
.         /./ ,! / .!    ,.-'l''´  .ヽ'__ノ
       r'`ー-、  ' _,.- '´jj./
        l ⊂). ` '´ _,.,r'´rヾ!
         ` ー 、_r,r'´ ,l、 ,!、./ヽr-、へ,..,
         ('-rへl'´、_,.イ .r‐'ーi'' / /_`i
          /7 'ー'()、-、!、__,.-'´ィ `'.ノ
          ,! /,.-!. 、/     ,.-'´ . ̄
        ,/ /' く_/  ,.-'´
        ト-i l   ,..-'´
        / rレi ト- '´
       ヽ__シ





      / ̄ ̄ ̄\     うまい棒三本とか、
    / ─    ─ \   粗食ってレベルじゃねーぞ。
   /  (○)  (○)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




――昼食後




  |  | |                  /
  |  | |                 /
  |  | |            __/               .     
  |  | |           /  /l                    
  |  | |         /  /, イ                 
  |  | |        /  //               
  |  | |       lニニl/      
  |  | |       .||  ||                     
  |  | |      /                     
  |  | |     /                         
  |  | |   /              
  |  | |  /              
  |  | |/
_|_|/


 
     <    金は魂を惑わせ、物は魂を渇望させ、      




                 ____
               /      \
             / ─    ─ \    権勢は魂を驕らせ、性は魂を汚し、食は魂を腐らせ……
            /   (○)  (○)   \ 
            |      (__人__)    |  (隣の子、さっきから体調が悪そうだお……)
            \     |r┬-|    /
                    ` ー'´    



                 _, -――- 、_
           _, -'_, -'´ ̄´`ー-、`ー、
           /_r'´,r '´ ̄´' ̄´ ヽ¨ヽ \
          \//, / / l| ヽ \}/
            」/ / / /´ 」 l'、 ',  lヽ!
           /! / / ///|l| ヽ l|  ! |'、   ……ぐぅっ!
          //| l| j__{_. ィ 〃ト、._、_|_|l ',
       / / l l| Nl__,ヽ /' /__/ /l | ヘ
        / l ヽト、lし ̄:::::::;:::::: ̄ゝ)/ /}.  ヘ
     /      | 丶ト _ ‐_‐ _ イ|/ |   ヘ
      /    zヵ   }:ー≧≦ー―{.  lz、   ヘ




                 ____
               /      \
             / ─    ─ \    睡眠は魂を浪費させる!
            /   (○)  (○)   \ 
            |      (__人__)    |  (……うるさいお。マントラに集中できないお)
            \     |r┬-|    /
                    ` ー'´    



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|   はーいあなた、大丈夫ですか?
  |    /,.ー-‐、i  :::::|   ちょっと、行きましょうか。
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\




                 ____
               /      \
             / ─    ─ \    私は誓う! メシアと一体になることを!
            /   (○)  (○)   \ 
            |      (__人__)    |  (これで集中できるお。これまでの遅れを取り戻すお)
            \     |r┬-|    /
                    ` ー'´    




――数時間後、施設内講堂



  /\___/\
/        ::\
|  ─   ─   |  ……私は母に縋って泣きました。
| (●), 、 (●)、 |  こんなことがあって、いいのだろうか。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \




  /\___/\
/ /    ヽ ::: \   医者が言うには、母はもう余命3ヶ月も無いとのこと。
| (●), 、(●)、 |   私に、もう母にしてやれることは何も無いように思えました。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\




  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/  うぅ……。
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   ……そんな……。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





  /\___/\
/        ::\   ……そんなある日、私はメシアの話を友人から聞いたのです。
|  ─   ─   |   そんなこと、あるわけが無い。
| (●), 、 (●)、 |   そう思いながらも、私は、一縷の希望を託してメシアとお会いしました。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \



      ____
    /_ノ   ヽ_\   
   /( ●) ( ●)\  ゴクリ
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 | U      ̄      |
 \              /





    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\    そして、メシアが私の母に触れ、一言呟いた瞬間……!
  . |(●),   、(●)、.:|    母の顔色が急激に良くなり、
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    母は、意識を取り戻したのです!
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| 
   \  `ニニ´  .:::::/     
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


     /`ー──一'\
    ,r(●)(、_, )、(●)\   医者も驚きを隠せませんでした。
   .|  '"トニニニ┤'` .:|   母を蝕んでいた病巣は、跡形も無く消え去っていたのですから!
   |.   |   .:::|  .::::|   そう! 奇跡は起きたのです!
   .|   ヽ  .::::ノ .::::::|
    \   `ニニ´ ..:::::/
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |





      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)    ワアアアアアアアアアアアアア!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、   
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l      パチパチパチ!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;





         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \    メシア!
    /   ///(__人__)/// \   メシアぁああああ!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ    メシア……っ!
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \





        ./ \Yノヽ  キリッ
       / (0)(―)ヽ      それじゃ、いよいよ、メシアの登場だっていう。
     /  ⌒`´⌒ \     静粛にするっていう。
     | , -)    (-、.|
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /





――再び、200×年



   ________________________
 /                                 , イ
   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   | V .|
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   | I .|
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   | P .|
 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||#| 荘 |
  \|                                   |   |
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   |   |
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   |   |
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |  /
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \            …………。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



       ____
     /      \
   / ─    ─ \     まぁ、そんな感じで、
  /   (●)  (●)   \   やる夫は『常識的に考えてやらない会』に入ったんだお。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \            ……驚き、ました。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ           まさか、あなた自身が元々、
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   別の宗教の信者であったとは……。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   教祖になろうと思ったのも、元々この体験あってのものだお。
/    (─)  (─ /;;/    そう考えると、『やらない会』こそ、
|       (__人__) l;;,´     やる夫の原点なんだと思うお。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    ……少し、話が長くなったお。
/    (●)  (ー) \   ここからは、もっと大まかに話すお。
|       (__人__)    |   『やらない会』の崩壊については、説明要らないお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           はい。メディアでも、随分と話題になりましたからね。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          まさか、組織の幹部が直接TVに生出演して告発するとは……。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|    では、ヨッシーさん。
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|     あなたはその、『常識的に考えてやらない会』の
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥    幹部であると、そういうことでしょうか。
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l     そしてこれは、内部告発であると。
                 ゝ.ヘ         /ィ  
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |



             r'ニ;v'ニ;、
                _,!_(9i (9i:、    いえ、少々その表現は正確さを欠いていますね。
          /  `ヽ,. ┘ヽ    私は元々、あの会の内部を探るために送り込まれた
.          i ′′       }   工作員ですから。
             l、      、   ,!   厳密な意味での内部告発ということではないかと。
           ヽ.____,ノ` ,∠!
               `ーァ ヘ>
                 i′  ヾZ___/`i
                 |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
                l、 |  |,.、ヾ二_)|
               l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
               `ーヘ,.二i、  〈
                   __〔`二〔´ ̄~〕
                i′  i′  `  ヽ
                l、__l、_____j
               ` ̄ ` ̄ ̄ ̄





             r'ニ;v'ニ;、
                _,!_(9i (9i:、    あの会の被害者が集まって結成された、
          /  `ヽ,. ┘ヽ     被害者の集いがありまして。
.          i ′′       }      私はその中から抜擢されて、
             l、      、   ,!       最初から内部を探る目的で潜入したわけです。
           ヽ.____,ノ` ,∠!         教祖が私を舐めて情報を漏らすよう、バカのフリをしてね。
               `ーァ ヘ>
                 i′  ヾZ___/`i
                 |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
                l、 |  |,.、ヾ二_)|
               l ヽ.ヽ、`,!   _,ノ
               `ーヘ,.二i、  〈
                   __〔`二〔´ ̄~〕
                i′  i′  `  ヽ
                l、__l、_____j
               ` ̄ ` ̄ ̄ ̄

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|    なるほど。
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|     しかし、(~中略~)
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥    まるで日本が、かつての軍国主義の頃に
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l     後戻りしようとしているような、そんな気がいたします。
                 ゝ.ヘ         /ィ  
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |




       ____
     /      \     ……あれは、ショックだったお。
   / ─    ─ \    それからしばらくして、やる夫は、
  /   (ー)  (ー)   \  自分の宗教を作り出すことにしたんだお。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           何故、そうしようと思ったのですか?
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




       ____
     /   ヽ、_ \     最終的にはやる夫もそこそこの立場になったから、     
    /(ー ) (ー ) \     ノウハウはもう大体わかってたんだお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    あと、……復讐みたいなもんかもしれんお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




        ,. -ー冖'⌒'ー-
       ,ノ         \          ……復讐。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (ー)\        そうだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \       騙されたのが悔しかったから、
  |    mj |ー'´      |      今度は騙す立場になってやろうと……
  \  〈__ノ       /       そんな考えがあったのは確かだお。
    ノ  ノ




       ____
     /⌒  ⌒\    まぁそれに、教祖が美味しい立場なのはわかってたお。
   /( ―)  (―)\   それにありつきたかっただけかもしれんお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |              |
  \               /




       ____
     /⌒  ⌒\     知ってるかお?
   /( >)  (<)\    あの『やらない会』の被害者の集い、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  あれって実は元信者で、教祖の愛人だった女が作ったもんなんだお。
  |    /| | | | |     |  だから、潜入した工作員が平気で洗脳もしてたんだお。
  \  (、`ー―'´,    / 
       ̄ ̄ ̄




.           \\∧  '           /.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\..   \
           / l/:.:.ヘ、  ⌒     イヽ.:.:..\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:..  |   『次から次へと信者を喰っていく
            | /|:.:.:..:.:.> 、    _.    ∨:._\:.::.   \ \: |    教祖への嫉妬に狂ったらしいお。
           | ヽ:.:.:.:.:.:.:.\>'"i    / ̄   \\  ) )  )     
          |  \ \:.:. \ /〉 /   ___,,.イ:\. /./ /     実際、やる夫が知ってるだけで、
.            |    \  >'/ <     /:::::::::::::::::::ヘ / 〆       教祖は数十人の信者と関係を持っていたお。
           \ v-、, /_イ、     /::::::::::::_>‐--ヘ           それほど、教祖ってのは美味しいんだお』
            /  V⌒~  〉    /::::::::_>'"     i}
            {ヽ ノ弋__ノ 〉    /::: /           |
          // ハ \  __>‐┬┘:/   /     |
         . // /人. ヘ /    |::::::./   /        j
         / レ-‐''" } )/     !:::::.l /        /
          〈     l./       |::::: |/           /





        ,. -ー冖'⌒'ー-
       ,ノ         \             初耳ですね。それは驚きです。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            しかしあなたは、違う。  
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、     私はありとあらゆる手段を尽くして探りましたが、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/     あなたがそのようなことや、
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /       強引な洗脳まがいの勧誘をしていたのはごくごく初期だけだ。
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





        ,. -ー冖'⌒'ー-
       ,ノ         \           今では、上納金も殆ど無い、積極的な勧誘もしない。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          月々に数千円の『月謝』を納めさせるだけだ。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   これでは、信者も徐々に減っていく一方でしょう。
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/    何を考えているのですか?
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    …………。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/    ……怖くなったんだお。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /






        ,. -ー冖'⌒'ー-
       ,ノ         \          ……怖くなった、ですか。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ            
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ    そうだお。
   /( ●)  (●)\        信者の狂信が、怖くなったんだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ





  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ          『女性なら、それらしい理屈をつければすぐに
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |            セクロスできてしまうお。
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ            男でも、ひたすらこき使って無給なんてのも楽勝だお。
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ        いや、それどころか金を根こそぎ奪いつくす
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│       ことすら出来てしまうんだお』
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´  アアキョウソサマ、モット、モットォ!
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /       





      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)         『あの、無防備にこちらを信じきって、
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、       目を輝かせてくる信者たち……。
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ      やる夫には、それが重くなったんだお』
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l     
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;






        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           ……では、何故会を解散しないのです?
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          それが一番でしょう。
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




       ___
     /      \     いや。多分、いきなり真実を暴露してしまったら、
   / ─    ─ \    信者達はきっと、耐えられないお。
  /   (ー)  (●)   \  ……彼らは、少しずつでも、
  |      (__人__)    |  自分自身で気付かないといけないんだお。
  \     ` ⌒´     /




     ____
   /      \
  /  ─    ─\     それに、……彼らの、幸せを、壊したくないんだお。
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           ……幸せと、呼びますか。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ         
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃





     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   信者達は、幸せなんだお。
/    (─)  (─ /;;/    そのためなら、全財産をも投げ出せる程に。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



       ____
     /      \    ……それは、やる夫が作り出したものだお。
   / ─    ─ \   だから、やる夫は、彼らがそれを望む限り、自ら気付かない限り、
  /   (ー)  (ー)   \  信者達にそれを見せ続けないと――
  |      (__人__)    |   信者達を、騙し続けないといけないんだお。
  \     ` ⌒´     /    
                    それが、やる夫の、責務なんだお。



205 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/06(火) 23:22:59 ID:7in766zT

面白く読ませてもらってたので支援



206 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/06(火) 23:31:06 ID:H/flQUdx

面白い。支援。










        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           …………。
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ         
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


                                
                                 ガラッ
          
          .      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
                /;    . . : : : :\       ┃|   ……そろそろ、礼拝のために出かけるお。
              /      . . : : : : : :\        ┃|   お帰りいただくお。
          .   |         . : : : : : : : :| .       ┃| 
              \_    . : :〃: : : :,/         ┃|   
               /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|  
              / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
          .   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |






        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           ……あなたは、それでいいんですか!
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ          嘘だと知りながら、彼らを騙し続けて!
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、    あなた自身は、それに、耐えられるのか!?
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃



          .      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
                /;    . . : : : :\       ┃|   ……耐えなくては、いけないんだお。
              /      . . : : : : : :\        ┃|   それが、責務だお。
          .   |         . : : : : : : : :| .       ┃|   彼らの幸福を作り出した者としての、義務だお。
              \_    . : :〃: : : :,/         ┃|   
               /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|  
              / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
          .   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |





          .      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|    それに。
                /;    . . : : : :\       ┃|    信者達に、偽りであろうと、一時のものであろうと、
              /      . . : : : : : :\        ┃|    幸福を与えられるのなら。
          .   |         . : : : : : : : :| .       ┃|   
              \_    . : :〃: : : :,/         ┃|   
               /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|    ……それが、やる夫の、生きる意味なんだと、思うお。 
              / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
          .   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |



        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \           やる夫さ――
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ         
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、  
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




          バタンッ!






                             
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /    …………やる夫氏とは、結局それっきりだった。
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/     私には、彼が正しかったのかどうか、わからない。
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




                             
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /   
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/     私は今でも、新興宗教に関連した報道が世間を賑わす度に、
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\      彼と、彼の信者達を思い出して、
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ         複雑な思いを噛みしめるのだ。
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃      





何が正しいのだろう? 何か正しいのだろうか?
幸福とは、一体何なのだろう?




『やる夫は意味を見つけたようです。』Fin.



215 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/07(水) 01:18:50 ID:8ZZoE8MW

面白いけど最早大喜利じゃねぇw



216 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/07(水) 01:18:58 ID:qIy0hJmi

以上。ぶっちゃけ途中で面倒になって端折った。
本来なら『やらない会』崩壊までを細かくやるつもりだったんだが、
それやると多分200レス越えそうなのと、単純に面倒になったので。
原作つーか、参考は新堂冬樹『カリスマ』。
基本的に洗脳のプロセス関連とかはこの本の丸パクリ。




217 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/07(水) 01:21:53 ID:SRfvJdrS
乙ですた。



218 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/07(水) 02:01:44 ID:xljKTiAK





219 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/07(水) 19:01:10 ID:8sPSlS2G

ああ俺ビートたけしのでてた「教祖誕生」をいじったものかと思った



220 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/07(水) 21:53:30 ID:X1TMhswL

>>216
乙。まぁ書けるんだったら長編でもいいよな


関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 20:25 |コメント(3)
カテゴリー:やる夫短編集

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <番外 剣術を必要としない人たち> | HOME | やる夫がスモチ荘で暮らすようです  最終話『やる夫がスモチ荘で暮らすようです』 >>

■御感想or寝言

567 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/08(木) 22:15:48 ID:-

こういう雰囲気のも楽しめるやる夫はやっぱ便利
いや、作者の力量の賜物か


570 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/09(金) 08:47:01 ID:vXeIqmFk

ああ、意味を探すようですの人とは別か



594 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/10(土) 16:24:10 ID:-

意味を探すようですの人とは無関係なのか
びびったぜ。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV