【重要】令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 開 催


詳しくはコチラ→http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-8656.html


やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2009/01/06(火) やる夫の剣豪ものがたり <その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後>


前回
<その1 誰にでも守らなければならない世間体がある>
<その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>
<その3 クール!クール!クール!>
<その4 夢の中でやらないか>


その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後>

やる夫(仮名)は 剣では相も変わらず 柳生連也にボコられ続けていた

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

しかし そんな彼でも 連也より優れている面があった
視聴者カウント
出会いアクセスカウンター


それは囲碁である 囲碁に関して言えば やる夫は連也より数段上をいっていた

               ____
             /_ノ   ヽ_\
           /( >)  (<)\
          /::::::⌒(__人__)⌒::::: \         またまたやる夫の勝ちだお
          |     |r┬-/      |
          \     ` ̄'´     /

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ     う~ん 参りました
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/   ← 新陰流四世 柳生連也

連也もやる夫との対局を好み 暇があれば二人で碁盤を囲んだ



そんなある日の対局中 やる夫の妙手に連也が唸っている時……

            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ      え~と これはこうだから……
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |      (……連也殿 夢中になってるお 碁盤に釘付けになってるお)
  \     ` ⌒´     /




     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |      (……あれ もし今
  \      `ー'´     /        この瞬間に打ちかったとすれば さしもの連也殿も……)



そんな不埒な考えが 頭をよぎったその時

     /: . /: . :/: .;イヽ: . \: \: . : . : . : . \: . ヽ
     /:/ /: . : j: . | | \ . :>:‐\‐:‐:-: . : . \: キ==、
    ,: /: ,′: .:.|: .:.| |   `く . ,rテ气ミ、┬i- 、: . ヽ:',   j!
    j/l: .|: . : .:.| ,斗1    Y.Vi ::: レトj: |) }\: V',  リ
    |! |: .|: . : .イ ,.rテミ     V、:::_ ソ |:.| ノ: . :ヽj. :,
    |! |: .|: . : .小〈.Vi: ハ     `ー '′ |:.|´ヽ: . : . : .',
    l! |: .|: . : . }小.弋zン     xww j:.j_:.',: . : . : .,       ん?
     ヽ:j: . : . レ1ハ wx  ' _ .,   ,.イ|:.| >.ヘ_,: . : . : ',
      ヽ: . /|:.|!: i>  ..      /  |:.|';;;;;;;;};\: . : . ,
         j: / .|:.||: |: . ,.斗孑 .ァく  /|:.|;;;;;;;/\;;\: . :,
        |/  |:.||: |/;;;〃 /  i {;;;;;|:.|;;/;;;;;;; \;\: ,
           |:.|l:/;;;;;;;;く. /      V;;|:.|´;;;;;;;;;;;;;/; ̄ヽヽ
          |:.|∧;;;;;;;/∨`ー   ‐'〉;|:.|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;}:

                ____
              /⌒三 ⌒\
            /( ○)三(○)\
           /::::::⌒(__人__)⌒::::: \           え?
           |     |r┬-|     |
           \      `ー'´     /   ドキッ

連也はヒョイと頭をあげ やる夫を見つめた



     /: . /: . :/: .;イヽ: . \: \: . : . : . : . \: . ヽ
     /:/ /: . : j: . | | \ . :>:‐\‐:‐:-: . : . \: キ==、
    ,: /: ,′: .:.|: .:.| |   `く . ,rテ气ミ、┬i- 、: . ヽ:',   j!
    j/l: .|: . : .:.| ,斗1    Y.Vi ::: レトj: |) }\: V',  リ
    |! |: .|: . : .イ ,.rテミ     V、:::_ ソ |:.| ノ: . :ヽj. :,
    |! |: .|: . : .小〈.Vi: ハ     `ー '′ |:.|´ヽ: . : . : .',
    l! |: .|: . : . }小.弋zン     xww j:.j_:.',: . : . : .,       ……じゃあ ここに打つね
     ヽ:j: . : . レ1ハ wx  ' _ .,   ,.イ|:.| >.ヘ_,: . : . : ',
      ヽ: . /|:.|!: i>  ..      /  |:.|';;;;;;;;};\: . : . ,
         j: / .|:.||: |: . ,.斗孑 .ァく  /|:.|;;;;;;;/\;;\: . :,
        |/  |:.||: |/;;;〃 /  i {;;;;;|:.|;;/;;;;;;; \;\: ,
           |:.|l:/;;;;;;;;く. /      V;;|:.|´;;;;;;;;;;;;;/; ̄ヽヽ
          |:.|∧;;;;;;;/∨`ー   ‐'〉;|:.|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;}:    \パチリ/

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ―)  (―)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |              |
     \               /     ほうほう そうきましたか
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ    (今のは偶然?それとも……)
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄       では これで
.      |          |                \パチリ/

連也の動きが 偶然か 自分の邪な心を感知されたものなのか 判断できなかったやる夫は
一計を案じ さらに難しい石をおいた



           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ     ひゃあ!そうきたかぁ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |        え~と え~と……
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

       ____
     /      \
   / \    / \    さあさあ どうするお
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |  (明らかに連也殿は碁盤に熱中しているお 他に何も目に入ってないお)
  \     ` ⌒´     /

やる夫は碁盤の陰で そっと拳を握り締めた……次の瞬間



             '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
              |     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
              |    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
 .             i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
           |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
           |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
.              |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
           |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
         , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
       , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
    , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
    !    |  | -.ハ    V|!:::∧                           ……冗談はやめようよね?
     l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
     |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::

                       ____
                     /ノ   ヽ、_\
                   /( ○)}liil{(○)\
                  /    (__人__)   \          うひゃい!
                  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                  \    |ェェェェ|     /



        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。       ごごご ごめんなさいだお
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j               ごめんなさいだお
    \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。        ……でも どうしてやる夫のわるだくみがバレたのかお?
  / ,_ \ \/\ \
  と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



       〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
        ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
      l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
      l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
       | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
       |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
    .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
    (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
    ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
     | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー         それは剣でいうところの「きざし」を捉えたからよ
     | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
      ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
     ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
   / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
  |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
  | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

         ━┓
         ┏┛    ⌒
         ・    .___ ⌒  ___   ━┓
            / ―\ / ―  \  ┏┛
          /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
         | (●)  /_  (⌒  (●) /.            「きざし」?
         |   (__/      ̄ヽ__) /
          \  /´    ___/
            \|        \
            /|´        |




            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l        不自然な心は わずかながらも不自然な動作につながるわ
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l        その「きざし」がこちらの心に響いてくるの
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八
   ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\      これをきちんと捉えていれば 相手は不意打ちのつもりでも
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
      , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \   こっちにとっては不意打ちでも何でもないわよ
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/
                    ̄

             ____
           /      \
          /  ─    ─\
        /    (●)  (●) \   ふむふむ なるほど
        |       (__人__)    |
        /     ∩ノ ⊃  /    ……ん でも待つお
        (  \ / _ノ |  |
        .\ “  /__|  |
          \ /___ /




             ____
           /      \
          /  ─    ─\
        /    (●)  (●) \   不意打ちで一番多いのは就寝中を襲われることだお
        |       (__人__)    |
        /     ∩ノ ⊃  /    熟睡しているときも「きざし」は感知できるものなのかお?
        (  \ / _ノ |  |
        .\ “  /__|  |
          \ /___ /

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ     方法があることは あるけど
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |        ……知りたい?
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



               ___
             / ⌒  ⌒\
            / (⌒)  (⌒) \        もちろんですお!
          /   ///(__人__)/// \       ぜひとも ご教授をお願いしますお!
           |   u.   `Y⌒y'´    |
            \       ゙ー ′  ,/
            /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
            / rー'ゝ       〆ヽ
          /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
          | ヽ〆        |´ |

              ´     `   、
            /           丶
          /               \
         / /                ヽ
        /ィ /         /ハ     ∧
       / / /   __ / /  / lハ  | l i ト、
      /  //  ィ´/`/ / 斗-、. | l i l !    ん~ 言葉で説明するのは簡単だけど
    /  イ ///-r==ミ     r=ミ|  | l i l ノ    本当に理解してもらうのは難しいから……
     l / /{ {/ 人 {{ 以シ    似ノ}   / /l/イ
    し /人 ∨川小xxx   、xx/ / / イ 从|      そうだ! わたしが屋敷で寝ているときは
      //〃⌒ヽ厂ト)}\ ー'  ィ7 ///ヽ{ ∧      いつでも襲ってきていいよ
     // {   i|  V}\`T7´ / /ノ   ∨ \
   // ,小、  .し'ノ人 N∧_/l/l      }_  \   それで教えてあげるから
  / /  ∧ \   <三≧「≦ニ>/    /< `ヽ \



そう命じられたやる夫は 少しでも意表をつきたくてか
早速その日の深夜に 連也の屋敷を訪れたが……

      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |        あれ?
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |



        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .; .,, '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::l:

連也の屋敷の門は厳重に閉ざされていた



               _____
     r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
    / \  \. / ( ●) ( ●)
   _/ / ヽ   /     (__人__) \
  〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
       /  .\     i⌒\   /
      ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
  .__   r  /     |/ー、\   \
 ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
   .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
   .i /  //  ./
   .ヽ、_./ ./  /
       ./ /         そのまま帰るわけにもいかないので
     .ノ.^/           やる夫は 塀を乗り越え敷地内に進入したが
     |_/

゙゙゙゙゙゙゙゙ア゙゙゙゙゙゙゙√゙゙゙゙゙゙广゙゙゙゙'|゙゙゙゙゙゙゙|゙゙゙゙゙゙厂゙゙゙゙厂゙゙゙゙'|゙゙゙゙゙゙゙゙゙l ゙゙゙゚̄ご゙゙゙゙゙゙^
   /   l゙   l゙   l゙   |   |   ゙l   .゙l   ヽ   ヽ
  /   .l゙ .〟 │  .|   .|   |   .゙l   │   `i、   ヽ、
ニニニニニニニニ,!|二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二ニニニニニニニニニ
       |'ン| | ,-----------------〟.| |
 l''''''''ニニ''i、.[-] | .゙l゚'liilllllllllllllllllillllllllllllllllllii゙] | | |"]"冂゙]"冂
 |.,,,,,,,| | | レ゙| .| | .lll     l|     lll | .| | |-|-|-l-l、|-|
 |.| .| ̄ .| .巛} .| | lll|    .l|     lll | .| | | .| .| .| | .| .|
 {,二二,,,,|l .″ | │lll,,,l,,l,,,l,,|,,ll,,,|,,|,,口,,lll | | .| し|,,,|,,{,,|,,ミ│
 .l .l .l  | .| .| | .lll”|~l~l゚[”ll゙゙l゙゙゙゙l゙゙゙゙゙lll | | ,li!ll,,, _lil,,,, ,,
 .| .| |  | .| .| | .lll .| | l゙ | ll .| l゙.| .| .lll | ,liiil!li,iilllliill゙lllll,il゙lllli、
 .| .| |  | .| .| | .lll,,l,,,l,,|,,l,,,ll,,l,,|,,l,,,l,,,lll | .l゙llll!!llilll゙!ll゙llllllllll!ll°
,,,,|,,,,,|,,,,|,,,,,|,,,,,し,,{,,,レ'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙┴-r゙゙゙゙゙゙!l!lllllllilllll゙---

屋敷自体も 玄関は施錠され 雨戸もきっちりと閉じられていた

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \     がーっ! いらつくお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



それでも何とか雨戸をこじ開けて屋敷に侵入
目指す連也の寝室に 一直線に向かった

     |┃
  スウッ |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \
     |┃     /  (●)  (●)  \
     |┃     |     (__人__)     |  (さあ ここからが本番だお)
     |┃三   .\    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |        はい こんばんは
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/


               ____
             /⌒三 ⌒\
           /( ○)三(○)\
          /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |
          \      `ー'´     /



       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     寝て……ない……だと……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

        __
     , ‐ ´      `ヽ
   /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
  〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
  l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
  i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
 、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
_  乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ    だって あれだけ外でバタバタしてたら
_/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!     誰だって目を覚ますわよ
  ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
  /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
  /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
/.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i



                   / ̄ ̄ ̄ \
                /   :::::\:::/\
               /    。<一>:::::<ー>。    そうですよね
               |    .:::。゚~(__人__)~゚j         そりゃ そうですよね
               \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
              /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
             / ,_ \ \/\ \
             と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

                   ___
                 ´       ` 丶、
             '"                  丶
          /                  \
         /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
          〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
       /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
        /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
     ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
     l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
     | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
     | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ    でも これで
     | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´    「熟睡時でも『きざし』を感知する方法」が
     l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',      理解できたでしょ
 (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
         / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
          / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     へ……?
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    あっ!まさか……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
      ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
      | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
      |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、     そう!
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー      「寝るときには戸締りをしっかりとする」
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
    ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ


<その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後>おわり



123 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/05(月) 01:19:53 ID:8Z1gqi00

こらまた面白いw 剣術の機微がよく出てるお話だw



124 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/05(月) 01:28:29 ID:pke+IoJ0

なんというかとんち的でいいなw



125 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/05(月) 02:29:08 ID:uuBrdo7o

いいねー



126 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/05(月) 03:12:43 ID:FZNNQyaT

小話的で面白いな

しかし>>1、準にゃん好きだなぁw



127 名前:1[sage] 投稿日:09/01/05(月) 23:37:39 ID:ZoIIhGUm

ういんどみるは「はぴねす!」を準にゃん攻略可でリメイクするべきだと思うんだ……



<その6 厨二病は必ずしも悪い事とは限らない>
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 13:00 |コメント(1)
カテゴリー:やる夫の剣豪ものがたり(最終回保管済)

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <その6 厨二病は必ずしも悪い事とは限らない> | HOME | やる夫の剣豪ものがたり <その4 夢の中でやらないか> >>

■御感想or寝言

1079 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/02/04(水) 17:34:04 ID:-

1はどんだけ好きなんだよw


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ