やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 平成末やる夫三大短編祭 FGO短編祭 twitter
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2009/01/06(火) やる夫の剣豪ものがたり <その4 夢の中でやらないか>


前回
<その1 誰にでも守らなければならない世間体がある>
<その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>
<その3 クール!クール!クール!>


その4 夢の中でやらないか>

市輔は 調子にのりやすい性格であったので
精神修行のために 柳生新陰流の流れを汲む庄田流に入門した
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\    剣術は楽しいお!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

才能があったのか 上達は大変に早かった

視聴者カウント
アクセスカウンター出会い系キャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット


市輔の師匠 庄田喜左衛門は 柳生宗矩の高弟であり
自らの流派を開き 数多くの弟子がいた

         〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
          ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
        l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
        l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
          | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
          |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
       .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
      (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
      ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
       | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー        へ~ なかなかやるわね
       | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
        ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
        ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
     / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
    |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ   ←庄田喜左衛門
    | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

その中にあっても 市輔の腕前は目をみはるものがあった




       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    (⌒)       強い!市輔は強いお!
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、    もはや天下無双の域だお!
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ

程なくして 市輔は道場内では敵なしの状態となった




増長した市輔は 師匠の喜左衛門に勝負を挑んだ
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/     市輔は 既に師を越えているお!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ   なんでこう すぐ図にのるのかなぁ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ




結果は当然……


     //ノ ̄ ̄`ヽ、// // ////
     / ´`ヽ _  // // //
     (--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄///
     (  ...|  /!
     (`ー‐し'ゝL _
     (--‐‐'´}    ;ー------
     `ヾ:::-‐'ーr‐'"_
    _/⌒  ⌒\_
  /:●))(__人__)((● \  ぐぇあ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'┃     /


     |  |   |   |
     _||_||__||  ||
    (__/   `ー――
   (___/  r
    (_レノ)\   ___
    ●\__/__/●
  / \_\三/_/ \
  |  ⌒ (_人_)∴・  |   ぐぇあ
  \ :・∵ |r┬-|      /
       ' ̄ ̄`


 .(● )   ’、   ′ ’.   .
    ’、ヽ′・  ’、.・”;  ”  ’、
、′ ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”; ( ●)
━.’;^`⌒)∴⌒`.・  ”; ’、′・    〃
、’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人    ヽ    ぐぇああああああああ
、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、  ヽ
( ´;`ヾ,;⌒:: :: :.从⌒;) :`.・__人__)
\:::::. :::   ´⌒(,ゞ、⌒) ;)r┬-|
\.;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ :;; ; -'
、′    、 ’、  ′    ’




増長の反動か 市輔は敗戦のショックから立ち直れず

        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j    市輔には もう剣を手に取る資格は無いお……
    \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
  / ,_ \ \/\ \
  と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

出家し 名を「三夢」と改め 諸国行脚に出てしまった



           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |      いちいちやることが極端ねぇ
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/





さて その旅の途中 市輔改め三夢は 夢を見た

            /.⌒\
           /     .\
         ../      ヽ. \
         (./       ヽ. .)
          i r-ー-┬-‐、i ̄
          | |,,_   _,{|  やらなイカ
          N| "゚'` {"゚`lリ
          ト. i   ,__''_  !
         /i/ l\. ー .イ|、
     .   丿ノ ノ. 丁丁 ̄l\
       . く_(__(_(_.._」____)ノ

   `――――――○――――――’
               O
       / ̄ ̄ ̄ \ o
     /   ―   ―\    ヤラナイカ……ヤリイカ
 __ /   ( ー)  (ー) \       イカ
  ( |      (__人__)    |     ジャナクテ……ヤリ
 \ヽ\__  `ー ´__/ \
   \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
    ヽ               \
     \               \




     l 。|.     :,:'
      l |.          .|
    .  l |. - ‐‐- ,. ‐''´ .| l
    ━ 〃         .| l
    ━ ┃      i'     .| l
     ━┛|.        .| l       ところで俺の槍を見てくれ
     ━ 〃 ,. - ‐- ‐- | l
     ━ ┃|.  /´フ`:, | l
      ━┛ |. し'、,.、j | l                こいつをどう思う?
    `ー-、_ ', |. |!': .;;| .| l
       ┃ヽ、l.| :  ;;| | l  ,,
       ┃、 ヽ!   ;!l l
       ┃ ヽ  ゙、  .| l/ /
        ・  \ i;;;.| / /
    ヽ  、 \  ヾi/ /  /
     `ー-、\ ,ゝ-'! //´
        `´`′  } ,.. j
         ヾ、   ! .:.:ノ
           ,.ゝ.:i:.:.:'.:.
       ,. ' ,. ':,.;;;i;;;;;_:.:..、ヽ
         / ̄     ̄\
       /          \

  `――――――○――――――’
             O
      / ̄ ̄ ̄ \ o
    /   ―   ―\    スゴク……
__ /   ( ー)  (ー) \
 ( |      (__人__)    |     オオキイデス……
\ヽ\__  `ー ´__/ \
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ    ……アーッ……
   ヽ               \
    \               \


        ______
      /:υ::─ニjjニ─ヾ       ガバッ!
    /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
    (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
  〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/
    /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     ふわあおっ!
  \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
   ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
    ヽ       ,.-―- 、   \
     ヽ     /::::::::::::::::::ヽ    \



77 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 21:22:03 ID:rfveuNWB

悪夢じゃないかwww





       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  な……なんちゅう夢を見るんだお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  夢の中のでっかい槍……おっかなかったお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ん?でも待つお……
|       (__人__)    |   あの槍の動きはひょっとして……
/     ∩ノ ⊃  /    ……でも まさか
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

三夢は 槍の極意を夢から得たような気になった




三夢は 自分でも半信半疑ながら 城下に立ち寄り
ある槍術家を訪ねて 仕合を所望した

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      仕合?別にかまわないだろ
  |     ` ⌒´ノ      常識的に考えて・・・
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

          .      .. . Л_
                 ..  //;;;;`-、_
                ..  .//ー-、;;;;;;;;;ヽ、
                .. //_     ;;;;;;;;ヽ、
                .. // ゙゙ー-、  ` ;;;;;;ヽ
         ___   ..//     `-、 ` ;;;;ヽ
        /⌒三 ⌒\..//        \ `;;;;|
      /( ・)三(・) //         .ヽ ゙、;|
    ../:::::⌒(__人__)i⌒)、ヽ          | i;|
    .|     |r┬-|./フヽ.`i|       .  .| l/
     \     `ー"// .ノ ノ       .   l/
     (  i    .//     では 参りますお
      .\ .\,. //
       `ヽ、 ⌒)





     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \      ぐっ……!!
    |    ( >)(<)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|  .
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\   か……勝ってしまったお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

三夢の槍は 槍術家をまったく寄せ付けなかった




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─

その槍さばきに感心した槍術家は 三夢を家に留め置いた


すると噂を聞きつけた武芸者たちが
次々と現れ三夢に挑戦した
                 /,|
    ___  __  __,  ∥|
    ))。I/:: :: \ |I。(  ∥|
    \ \::_::_:: / /  ∥|
    ,/::\_((⌒) /ヽ   ∥|
  /,\=ニニ二二ニ=/,ヽ++-  勝負クマー!!
  \ / ●   ● ヽ/つ⌒)
  ///   ( _●_)  ミI /|x|
 /三//__  |∪| __ ` ,/  `゙
/ニ// ,|。|_ ヽノ _|。|_ノ\
 ( ̄ ̄)  ̄ ̄ ̄  〕\//
   ̄Tニ===∞===ニ!,〆`"
  {I|三三|⌒I|三三〕
   |。。/   (| 。 。)
   ∪     ( ̄\
          \_)

しかし三夢の槍は これをことごとく打ち破った



こうなると今度は 三夢に弟子入りを志願するものが屋敷を訪れるようになった


    |┃三     ∩___∩
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |  先生 槍術を教えてくださいクマー!
____.|ミ\___|    ( _●_)  ミ
    |┃=___    |∪|   \
    |┃ ≡   )   ヽノ   人 \ ガラッ



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    (うは!これで三夢も流派の開祖だお!)
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |   いいお いいお 槍というのは……
  \     ` ̄'´     /




      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |    ええっと 槍というものは つまり……
  \     ` ー'´    /


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   あ あれ?だから槍の構えというのは……
  \      `ー'´     /    ちょ ちょっと待つお 槍の極意とは……


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   だから 槍がヤルイカデヤラナイカダカラ
  \    |ェェェェ|     /




       ノ L____
      ⌒ \ / \
     / (○) (○)\
    /    (__人__)   \
    |       |::::::|     |   そんなもん 三夢にもわかるかーっ!
    \       l;;;;;;l    /l!| !
    /     `ー'    \ |i
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
              レY^V^ヽl




三夢の槍は 夢の中で自然に得たものであるため 本人にもその理がわからず
よって他の者に教えることができず また 他の者が学ぶこともできなかった

                      / ̄ ̄ ̄ \
                   /   :::::\:::/\
                  /    。<一>:::::<ー>。
                  |    .:::。゚~(__人__)~゚j
                  \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
                 /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
                / ,_ \ \/\ \
                と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

三夢はその後も諸国を遍歴したが その槍術を伝えることは ついにできなかったという

<その4 夢の中でやらないか>おわり



88 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 21:34:44 ID:rfveuNWB

なんとwwwww






以上 元ネタは 中里介山「日本武術神妙記」でした

        やる夫の剣豪ものがたり
          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
          d⌒) ./| _ノ  __ノ





90 名前:1[sage] 投稿日:09/01/03(土) 21:37:47 ID:3ZmIiZUu

レスをくれた皆様ありがとうございます
投下に必死で 返答できなくてすみませんでした



91 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 21:38:53 ID:rfveuNWB

乙乙
VIPでやった方がよかったんでない?



92 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 21:40:37 ID:ZHL6o5HS

うん、これは小気味いい短編でよかった



93 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 22:10:15 ID:E59Rw0vY

乙乙



94 名前:1[sage] 投稿日:09/01/03(土) 22:13:42 ID:3ZmIiZUu

「日本武術神妙記」はWEB上で閲覧できると思います



95 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 22:54:20 ID:csRD3Sx1

乙です



96 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/04(日) 02:59:24 ID:gHuXbt6W

努力した天才がなんとなく会得した槍の妙味w
そんなんわかるかw


97 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/04(日) 12:12:17 ID:0O1GsWBb

たんたんと進んでく感じが気持ちいい短編だったw
AAの女の子は誰?



98 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/04(日) 13:20:03 ID:EK2jtKOT

準にゃん



99 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/04(日) 13:20:27 ID:9BzaoccM

というか男



100 名前:1[sage] 投稿日:09/01/05(月) 00:48:35 ID:ZoIIhGUm

1がこのスレで何を伝えたかったかというと
準にゃんは最高である
ということである


記事まとめへ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 12:55 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫の剣豪ものがたり(最終回保管済)

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後> | HOME | やる夫の剣豪ものがたり <その3 クール!クール!クール!> >>

■御感想or寝言

26156 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん [] 投稿日:2010/06/09(水) 14:50:02 ID:B4L7Kl76

夢の中では実際あるな
夢の内容を元にした小説がウケたり
夢の中で絵を描いてて、なんかを得たような感じがして起きた後描いたら良くなってたり。
やっぱ寝ている間の記憶の整理って馬鹿に出来ないよね。


34953 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/05/17(火) 02:39:26 ID:-

阿部さんが武器を取り出すんだからズイムってやつですよ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ