【重要】令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 開 催


詳しくはコチラ→http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-8656.html


やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2009/01/06(火) やる夫の剣豪ものがたり <その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>


出演やる夫 やらない夫 準にゃん
前回
<その1 誰にでも守らなければならない世間体がある>


その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>

この男 やる夫(仮名)は新陰流三世 柳生兵庫助の弟子である
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\    今度は新陰流だお
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

生来軽薄な男であったが 剣の腕はなかなかのもので
兵庫助の息子 兵助(後の連也斉)とは互角のライバルであった


視聴者カウント
アクセスカウンター



ある日 やる夫が 兵庫助の館に駆け込んできた

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/_ノ ヽ、_ \
    |o゚((●)) ((●))゚o
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃  |r┬-|     |⌒)  師匠!
    |┃   `ー'ォ     //   やる夫は腹を切らせてもらうお!
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~



      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●) < それがお前の切腹かー!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____    ぐぇあ
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .|
          \     (           /       |
            \    \        /         |
         ↑ 柳生兵庫助




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  ……で
  |     ` ⌒´ノ   今度はいったい何をやらかしたんだ?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o\   違うお
  |     (__人__)'    |  これは 抗議の切腹なんだお
  \     `⌒´     /





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    抗議?
  |     ` ⌒´ノ    俺がお前になにか不都合なことでもしたか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    やる夫は今日 兵助殿と仕合をしたお
  |     (__人__)    |    でも10本戦って 1本も勝てなかったお
  \     ` ⌒´     /





       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \        昨日までは まったくの五分と五分だったのに
  |     (__人__)    |        いくらなんでも おかしいお
  \     ` ⌒´     /


        ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \      これは師匠がご子息の兵助殿にだけ
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      特別な秘剣を授けたに違いないお!
    \    |ェェェェ|    ./l!|
    /     `ー'    .\ |i      エコひいきだお!
  /          ヽ !l ヽi
  (   丶- 、       しE |そ
   `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
              レY^V^ヽl




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     ……まあ 落ち着け
  |     ` ⌒´ノ     昨夜 兵助が俺のところに来たのは事実だ
.  |         }      しかし 俺は特に何も教えちゃいない……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




「兵助が言うにはだな……」

      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
      ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
      | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
      |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー  お父様
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー     今日 わたしは 自分の剣というものをつかんだ気がします
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
    ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

           ↑柳生兵助




 .    / ̄ ̄\
   /       \     ……てな事を言うから
   |::::::        |    それじゃ 試しに お前と仕合ってみろと命じた訳だが……
    |:::::::::::     |    そうか 予想以上ではあったな 常識的に考えて
   |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
    |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
    ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
     ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
     /:::::::::::: く         ,ふ´..
   ―|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
     |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。   それじゃ やる夫はもう兵助殿にはかなわないのかお?
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j
    \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
  / ,_ \ \/\ \
  と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    ……兵助は 親の俺が言うのもなんだが
  |     ` ⌒´ノ    あれは 天才とかいったものの類だ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}     だがな やる夫
.  |     ー―' }      お前だって なかなか捨てたものではないぞ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|     3年だ!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l      とにかく3年間 何も考えず修行を続けろ
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/       そうすれば お前も必ず
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       今の兵助の剣境に至るはずだ!
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''




        / ̄ ̄\.
      /      \.........:::::::::::.... .......
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  腹を切るのは
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.     それがならなかった時でも遅くはないだろ
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ    常識的に考えて……
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/

        / ̄ ̄ ̄ \
     /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。       わ……わかりましたお
    |    .:::。゚~(__人__)~゚j
    \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
  / ,_ \ \/\ \
  と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.




それからのやる夫は 一心不乱に修行に取り組んだ

            /
          //
        ///          (⌒\
       ///         ___ \  ヽ
       (  (        /⌒.三.⌒\ \\ \
       \ \    /( ⑪)三(⑪)\ ト\ヽ
         \ \ /::::::⌒(__人__)⌒::: |  \ヽ
          \ \.     |r┬-|    ノ  ノ  \
            \  ヽ   `ー'´   / /
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /





そして3年後……

            ヒューン
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


       ||||| |||
      / ̄\
  ブス   |    |
    ,,・' \_/,,・'
      ;"”・|・” ”;
     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (○)  (○)  \
  |    (__人__)    |   !!!!
  \    ` ⌒´    /





     l\  ,      /l/`ー-‐、
 ,.、  ノ 、`ー´`ー― ´  ━┓  l/|_
..( `ー'  三z正  や  穴          /    )((
  )   口メ、__       九_      ` 、   (从ノ
 ノ    ノ十       木 ロ|ヌ       ,.ゝ人ノ::::::::
 ヽ、     土    る ! .┴     / /.:.:.:::.:.:.:::
  ノ   ┼ 、、     /Τヽ     冫 / |.l:.::.::.:::::::
 /    │こ    夫 ヽJ ノ   (   ),ノ.|:::::::  ::
 \     ツ   /Τヽ .ノ十    )|(ノ:  ........:.:.:
  ノ       |    ヽJ ノ 土     /::.::. :::::::::::::::::.:::
 `i       |       /\   冫::.:::::.::::::::.:.::::::::
  ゝ   -‐ つ      口卩   ノ::.:::.:::.:::::::::.:.:::::::::
   フ     ̄       イ 木  /::::::.:.:::.:::::::.:.:::::::::.
 ∠、    ┗━ ,.― 、  |/┼ヽ冫彡ミ〟::::::::::::::::.:::
   `Y⌒V´ヽノ;:::...::::`Y⌒W..ノ⌒  ⌒(:::::::...::::.:.:.::::
       r‐i _,. ` ⌒ヽ:::::::: (●)  (●)::.:.:::::::::.::::
 /l,.-―┘ `´ _ノ/⌒ 、 ゝ:::ゝ`(__人__)`¨ミ:::.::::::.:::::::::
,/ ,. -―ァ lニ-''/ | フ |`´((.l  |r┬-|  ゝヾ:::.::::.::
レ´ _,. -'" ┌'''". | ン > |丶 `ー'´ /:.ノゞ:.::::.::::
 /_,. -'"| |     ヽ! ノ ○| :` 、____/ ○ 川 :.::::.
   /i  lノ        ̄   O ゝ=ニニニニニ= 、O* :.::::.::
  / ,.二 ̄_,/   _, -‐'/ /彡ニ三三≡三ミ、_,. - 、:
  `´ / ,/_,,-‐''"_, ‐''" =ニニ=≡三三≡ニ 彡 _,..-
_,,-‐''´ _,,-‐''"   `、_,,.. -―-‐ " ⌒ /彡 ノ"'‐
/ , -''´/        i/           /〃,./
 ̄ / >       /           /  / :..
 / /   :::::.......::l::.......................::::.:::::.l 〃| ::::::.
/  | /  .:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::| , , l ::::::::::::::::::::::.
 /| .|l ヽ、/ ̄ 〕r ´  ̄  '' ` 、::::ノ ,/::::::::::::::::::::::::

やる夫はついに 新たなる剣境を開くに至った!




しかし その3年の間に 兵助は さらに上の剣境に至っていた

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

結局 やる夫は生涯 兵助に勝つことは無かったという

その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった> おわり



37 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 19:57:31 ID:McK1Vo8h

やる夫カワイソス



38 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 19:58:50 ID:wa/P1J9C

こりゃ面白い。もっとやって欲しいぜ。
卜伝とか上泉のいた頃は結構いろいろな逸話があるよな。



39 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 19:59:02 ID:YIidDtUk

オチはよめてたがかなしいなwww



40 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 20:03:37 ID:E59Rw0vY

「今の私なら(グラップラー刃牙時の)烈海王にも勝てる!」に通じる悲しさがあるww



41 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/03(土) 20:13:21 ID:bN7ZJy7u

いや克民とピクル戦の持ち上げて突き落としのほうだろ~




 <その3 クール!クール!クール!>
<その5 貴様もまさしく強敵(とも)だった その後>
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 12:46 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫の剣豪ものがたり(最終回保管済)

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <その3 クール!クール!クール!> | HOME | やる夫の剣豪ものがたり その1 <誰にでも守らなければならない世間体がある> >>

■御感想or寝言

8342 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/08(金) 22:08:55 ID:-

「三年かけて同等」の時点で
連也との勝負は諦めるべきだったよね。


47125 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/04/16(木) 17:40:48 ID:-

究極生命体やる夫がキモ過ぎて笑ったw


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ