やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 やる夫たちが『死』から逃れるようです 幕間『道程』

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2010/03/31(水) やる夫たちが『死』から逃れるようです 幕間『道程』

カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

やる夫たちが『死』から逃れるようです の記事一覧 AAまとめブログ様よりエクスポート致しました。
コオロギはエクスポートという作業は初めてですので何か不都合があったらご連絡ください

2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/25(木) 23:30:45.30 ID:K/LK3.Uo

このスレにおける注意事項(重要!)


・この作品はフィクションです。
 実際の人物・地名・事件とは、一切関係ありません。


・また、作中において、極端な出血や暴力、負傷、死亡を伴う描写が挿入されます。
 苦手な方はご注意ください。


・登場するAAキャラクターたちに対する描写で、不快だと思われる
 箇所が多数描かれる可能性があります。

 ただ、執筆者がそのキャラクターに対して極端な負の感情を持っているわけでは
 無いということを、理解しておいていただければ幸いです。
 もちろん、苦手な方はご注意ください。




パー速から引越しです。
次回の投下終了後は、こちらに移って投下してゆきます。


7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 20:57:58.26 ID:dXsgY3go
突発投下。

ペースばらばらで、のんびりと。


8 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 20:59:44.38 ID:dXsgY3go

                       __  ,、へ
                 _.._  ,、 '": : : : : : : : Y/、i: :\
                i:::〆 : : : : : : : : : : : く〈: : l: : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : ::l: : : : ヽ
                  / /: : i: : : : : : : : : : : : : l、: : : : l: : : : : :',
               /:./: : :.lヽ: : lヽ: : : : : : : : L:.:.: : : l: : : : : : ,
                 /:./l: : : :l..._\V゛\: : : : : :l:::::::ヽ: :l: : : : : : i
              l:./: l: : : :L..  ヽ /l::\: : :.l::::::::::l: ∧: : : : : :l
               /l/: : ',: : :.| l::ヽ   ヽ-'ヽ: ト:::://  ',: : : : : l
                /:.l': : : ヽ: :.l l`" 、     |:.l: : :/   i: : : : : l      どうもこんばんは。>>1の意向でこの場を任されました「初音ミク」です。
           /: : : : : : : 〉: l ヽ  -‐'   ィ:./Tく.     l: : : : : l
           /: : : : : : :./ `.j   > -r '゛l/_.ハヽj    l: : : : : l      本編出演予定の無い私ですが、>>1の複数作品内を渡る存在という役回りのため、急慮
           / : : : : : : /     `rr┴ '"::::::::/>--、   l: : : : : l      出張って本作のあらすじを担当することになりました。
           /: : : : : : :/   _.. r '"Hヽ:::::::::::::/     ヽ.   l: : : : : l
           /: : : : : : :/  r'"  レ'/^/::ヽ:::::/     i.  l: : : : : l     書き溜め無しで投下時間バラバラではありますが、よければお付き合いください。
          /: : : : : : /  l  /:::/ ./::::::::::Y  i.    /    !: : : : :.l
         /: : : : : :./   j /:::::::/ ./::::::::::::::l.  l. 01 ,'     !: : : : :.l
        / : : : : : /   ノ l:::::,:' /::::::::::::::::::',. l    l     l: : : : : l



                                ┌────────────────────┐
                                │                            ....│
                                │ 「やる夫たちが『死』から逃れるようです」    .│
                                │                            ....│
                                │         幕間『道程』            ...│
                                │                            ....│
                                └────────────────────┘

視聴者カウント
アクセスカウンター
ワクワクメールメル友出会い出会いテレクラ

9 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:07:18.47 ID:dXsgY3go


                __,,_,, -: ´ : ̄: ̄:`:-,, -.、
                 ト >´: : : : : :  ̄ヽ/,イヾ、
                //: : : : /|: : : : : : : `, ヽ|: : ヽ
              //: : : : / |: :ト、_: : ::'.ヾ|: : : `、
             /: : iイ: イ7 _ ',;:|´ヽ_`: !`i:i: : :: :',       ではまず、第1話からこれまでのお話を。
           /: : : : !ヘ: ::|イ:::ヽ  ´i:::::::ト、V/| : : : : ',      
          /: : : : : :/ \!. っノ   っノi:/ノ i: : : : : ',      舞台は現代の日本。
        /: : : : : : :/   N⊃,,__r‐-,_⊂/´'  |: : : : : :',      「明日来亜高校」に通う男子生徒、柔即出やる夫は、体育館で行われている
        /: : : : : : : :,'        ,77rヘ     | : : : : : :',     学年集会の最中、突然の巨大地震に襲われる。
         /: : : : : : : ::,'      ∠/7レ´',    |: : : : : : : ',
        ,'/: : : : : : : :|     ,,,t;´/ /= | ̄',    |: : : : : : : ::i     崩壊してゆく体育館の中で、次々と命を落としていくクラスメイト達。
      ,'ハ: : : : : : : ::i   /::::/  ./  i:::::::',   ,': : : : : : : : |    辛くも生き延びたやる夫だが、そこに突っ込んできたタンクローリーが爆発を
      レ |: : : : : : : :|    {:::/   /   .|::: r-ヽ/: : : : : : : : : |     起こし、その身は炎の中に飲み込まれてゆく。
        '; : : : : : : :|   y    ,'ヘ   |:::::|:::ヽ》:/:: : : : : : : :|
        `、: : : : : :|   ',   ノ/::\_,,|::::::彡´/ |: : : : : : ::/
         \: : : : ',   ヽ/`'ト,,__|__ゞ<))/. ',:: : : : :/
           `ヽ: : }       `、::::i:::::| `´     `、: : ,'
               ヽ/         `,:|:::::|       \: :`、_,,ノ)




        

              /: : : :., ': :.l:::::/: :./: : : :ハ: : : :i: : : : : : : : :.',: :.:V:::l:::::::/⌒ヽ、
           , ': : , ': :./: : :.l::::/: : :i: : l: / \: :lヽ: : : :ヽ: : : ',: : ',: l:::::/: : : : : ヽ
.          /: : :/: :.:/: : : :l::::i: l: : l: : l/  ̄ヽヽ:l \: : :.i: : : i: : :.V:::/: : : : : : : :\
          /: : :/: : :,': : :: : l::::l ハ: :.i: :.l r=-、  '!  ヽ: :l: : : l: : :人く: : : : : :ヽ: : : :
.         / : : ,': : : ;: : : : : l\l:∧: i : l i::::::i.   i r==、リ: : /: : /:::l: : : : : : : : : : : :
        /: : : :i: : : :i: : : : : :l ヽ:::::Vl: :l ~~゛     i::::::ノl: :./: : /:::/ : : : : : : : : : : : :
        ,' : : : :.l: : : :l: : : : i: :',  \::ハ: l.     ,.     ̄ !:/: : イ/ヽ: : : : : : : : : : : :         
.       i: : : : : i: : : :',: : : :.l: : ',   \:ハ   - 、    /:/:/ l'    ヽ : : : : : : : : : :      けど、それは彼が見た夢。
.        l: : : i: : ;: : : : ',: : : :', : ヽ     ト 、    , ィ/:/        ', : : : : : : : : :      だけどあまりにリアルな感触を覚えたやる夫は、
        ',: : :l: : : : : : : ',: : : :> '" ̄ 7/{   ¨¨  /、レ'           ',: : : : : : : : :      放っておけば同じ悲劇が起きてしまうと直感し――
         ヽ: :!: : : : : : : ヽ/     //: : :i      >ヽ.. _        i : : : : : : : :      
          l: : : : : : : :/    //: : : : ヽ   /: : : li:l  ヽ       l : : : : : : : :      「ここにいちゃ駄目だ」と、叫びます。
            ', : : : : : /    /:,': : : /⌒Yく: : : : : :l: l.   ',      l: : : ',: : : :
           ヽ: : : /- 、 /: l: :/: : r=-、\: : : :!:.l   01',      l: : : :i: : : :
             ヽ.':.:.:.:.:.:.Y: : : :レ': _: :!::::::::/: : ヽ: /: :l  _........',.      l: : : :.! : : :
 

10 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:13:36.72 ID:dXsgY3go

               _
          r 、   /,ィ1             _
         , -| ト >'´ ̄ ̄`ヽ ̄ ̄ `ヽ,、    //}
      / : : / : : : : : : : : : : , -‐: : : 〈 、\  / // /
      /: /: :, ': : : : : : : : : : :/, -‐: : : : :ヽヾ、Y__// /
    /: :.:/: :/: : :.// : : : : : /:/: : : l: |: : :l: :', V/ : : `ヽ、
   ,': : /: :/: : :./ ! : : : : : //l : : : : l ハ: : l: :! /: : : : : : : \
.   i : : !: :i: : : /: :|: : :./:7メ、!: : : :/l:|  ',: :!:.l/|:l: : : : : : : : :.\
   |: : :.|: :|: : /: :/|: : ,' イ rュ、ト、: :/-リ―-ヽ|: :∧',: : : : : : : : : : ヽ
   |: : :.|: :|: / : ,' .|: : i :|:! {ィハ ヽ{ zテ云 、 |:./::∧ヽ : : : : : : : : : ヘ     結果から言えば。彼の取った行動により、多くの命が救われました。
   |: : :.|: :|/: : :i. !: /|〃l弋ク     {vイ} 〉! :::::::∧ ヽ: : : : : : : : : :ヘ
.   !: : :',: : : : : | ∨ {{?   '    `ー´ /:/:::::/ ヽ: :\ : : : : : : : :ヘ.   その時に死ぬはずだった、明日木亜高校の2年生、同じ場にいた教師達。
    V: : ヽ、: : :|    ヾ、/\ ` ‐    /:/`ー′  \: :\: : : : : : :ハ   一部の3年生や1年生を含む、200人を越える命は、その内のおおよそ半分が
    V: : : :ヽ: : !  /  /:.:.:.:.:` ァ-‐_ Zイ/          \: :ヽ: : : : : : i..  命を永らえることになったのです。
    V: : : : :ヽ:| i ,ィ/:.,:.:.ィ‐くr '':./:.:.}、          \: : : : : : : !
.      V : : : : : \' /´_.. -{__ノ!:.:´:.:.:.:./: :ヽ、         ヽ : : : : : |
       ',: : :.', : : : :\´ / /:.:.|:.:.:.: /:.:.: /ヽ、        ヽ: : : l |





.        .|/.\.//}            /     /:./.:.|: : :...,ィ  !リ::::..:.:..
          ヘ:\ヘ                /:./..:.,'.: : :.//  ノ ヘ:::..:.
           ! ::.:\\.    ヽ    ア  ∠/:/: : :.//      \::::.:.
           ! :.:.}. \\    `     .イ/ /  !/               そして――それは、新たな悲劇の始まりでした。
           ! :_ノ   .\ス>     <
            } ̄\        `i. ´


11 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:21:36.89 ID:dXsgY3go

   // li: : : : : : : : : : : /\   ',: : : : : : :l  X: : : : : : : : : : : : : : :
       !:l: : : : : : : : : :./   \  ',: : : : : :.レ'  \: : : : : : : : : : : :
      .l:.l: : : : : : : : : :! _.. - ._   ヽ: : : : :.l  ,、 -‐r-、: : : : : : : : : :
        ! :l: : : : : : : : :.l/ /-、:::ヽヽ  \: : :.l イ  )::: ', ヽ: : : : : : : : :    地震の生還者たちが、次から次へと命を落とし始めたのです。
       .l: :l: : : : : : : : :l{ ト-'::::::::lヽ   ヽ: :.l. トr':::::: l  〉: : : : : : : :
       .l: :.l: : : : : : : : l.ヽ ', :::::::: l     \l. l :::::: / |: :\: : : : :     それも、単なる事件や事故ではなく。
       .l: : :l: : : : : : : :li  ヽ::::::/        ヽ-- '  l: : : :ヽ: : : :    様々な要素が複雑に絡まりあった、普通では到底考えられないような
        ! : : l: : : : : : :.l:i                   l: : : : :/\:     形で。
        l: : : : ',: : : : : l: .l        '         l: : : :/::::::/:
        .l: : : : :ヽ: : : :.l: : ヽ       __    U /l: : :/\:/: :    予測の付かない時、場所、形で。常識を覆すような方法で。
        l: : : : : : \: :lヽ: : lヽ    i゛/   )    イ l: :/l   l: :     まるで、『死』の運命にもとあそばれるかのように。
.         l: : : : : : : : ヽ!: l\l >   ヽ      / lヽl/: :.l   l: :
       .l: : : : : : : : : : : ト\___r‐> . __ .  '゛    ! \-ゝ   l: :
         l: : : : : : : : : : : :l `─┬'" V|      /    ハ    l:



        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ  i :li|   .l
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |        
     .|   .l  .!l .l .!,,,,,,,l、':,.l  ./ ,,,,l,,、l ! .i.l |   .l     「自分達は『死』に付きまとわれている」――その考えに行き着いたやる夫達は、
    .l   |  | l |` ゙゙゙゙` ヽ'゙ ´゙゙゙゙´ !':/.!|;| l    .|     抵抗しようともがきます。こんな形で死ぬものかと、あがきます。
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |     折りしも、やる夫がたびたび見る夢が「『死』に法則があるのではないか」という
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l    手がかりを与えてくれました。
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | l    .|
  /    .!  ,!.,:'  |  ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!   ――しかし。
  /    /  / !   l    ..l.__,.l,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  |     .!

12 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:26:36.26 ID:dXsgY3go

                                                   /スヽ、..  -─…‐| |´ ̄`  、
                                                  //.:,`'´       ヽ\::::::..  \
                                                 ,〈〈::/   /       \>.、:::::..  \
                                                ,.' .:/  |  .:.:.|       \::\::::::..   \
 『死』の追撃は緩まることを知らず。                         / .::/     ',  .:.:.:ト _.二ニ   ヽ‐\::::::..  \
 とうとう、やる夫の姉である水銀燈に、次の白羽の矢が            / .:::/     /\::::::::|'´ x≧、、:::::::::::Yl|´\::::::..  \
 立ちました。                                     / .::::: ! :|   ィ´ ̄\::| f{、ハ '}ヽ:::::::::[I|J V⌒ヽ,、.  \
                                            / .::::::::::| ,{:.:.:.:.: |ィにヾ `  ヾツ  |::\:::Ll    \./ \   \
 果たしてやる夫たちは、襲い来る『死』から逃れ、             / .::::::::::/|,' ∨ ::小. ヾり ,       |:::::∧|‐,x    /     \   \
 平穏な日常へと戻ることが出来るのでしょうか?             / .::::::::::/    ∨:::|∧    、-、    .|::/  /  ヽr'´       \  ヽ
                                   .       /  .:::: :/      \|:::::ゝ.,..__ ,.ニ´ / |/_  `二.¬、          ヽ  :.',
                                         /  .::  /       ',:::::::/ ミ.彡'ニ.´___〉 ヽ´   ` ァ>、        ', :::i
                                   .     /  .:   /        ヽN  /    マ  |、 |\  //  \       |. ::|
 ……これが、第6話までのあらすじになりますね。         /  :   /             |     ',. 、 トヘ |  \ | |          ハ |
 いささか簡単すぎる気もしますが、まあ、あまりに多く   .    /     ,′             |    , ,コ. ヽ \.  \ゝ---┬─┬r'´.:::::. !
 語りすぎるのもなんですし。                     /   .   !                !  、/ /  \ \\   ヽ  / .:::::/ノ .:::::::::リ
                                   .  /  : .:   |               ',  〈_/    \ \`  <}/.:::/ ..::::::::::::/
                                     /   :::.   |              \  \     \ ト .  ` く ...::::::::::::::,.'
                                   . ′   :::::..   ',                  \ |\       l.  \  \::::::::/|
                                    |  .   :::::::::...... ヽ、               く_ソ  \     \ |:::\  \´.::::!


13 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:32:46.92 ID:dXsgY3go

                       _,、--、_,、‐―''ヽ、
                 ,、,    ,ィ'´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                  ,イ: : `ン'´: : : : : :: : : : : : : : : : : ::ヽ、   _,、-、
                /: : : :/:./: : : :: : : : : : l: : : : : : :\: ::ヽ`i!´: : : :.ヽ
                 /: : : :/:./: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : ヽ: : l:.i!: : : : : :ヽ
             /: :.: :./:/: : : : :./、: : : : :|、: : : : : : : : :ヽ: :|: |: : : |: : :iヽ
                i!:|: : :/:/: : : : :/!:/V: : : : | \:_:.: ::.: :.:ヽ:.l:.|: : : |: : :.|、`,
            /: |: : :|:/: : : : 厂 ̄`\: : :|  ̄\``: : : : :i!:.l|: : : :|: : : | `j!
.     ハ /!.ハ   /: :|!: : :|!: : : : :.!ィテォュ.  \:| γオゥ\: : : : :.|!: : : : :|: : :.:| i!      元ネタは、映画「ファイナル・デスティネーション」シリーズ。
     l | l l.l |  ./:/:.:|: : :.|: :ヽ: :.:l弋z!リ    `' .迚ンノゝl、: : |::|.|:|: : :.:|:.: : :.| .i!      アメリカで、2000年・2003年・2006年・2009年となぜか3年ごとに
.  ,ィ'! l .l .l .l.l .l/:/: :.:|: : :.|: : :.ヽ: |  ̄   ,    ̄   リヽ: |:| ||: : : :|: : : : |.i!      作られている、ホラー映画です。
.  〈〈 | .ト.l .i.! .|/l/!: : :|: : :l: : : : :ヽ!            / l:./ .ヽ: : : |: : : : |i!
.  ヽ`´.    イ l 〈: : : : : :|: : :: \: ヽ    O    /  /     .V: : ヽ: : : |!       ちなみに>>1は、3作目まではビデオ、4作目は3Dということもあって
    |     '´ /  \: : : ,ィ‐'‐-、:.\:l.>       <           ヽ: : ::ヽ:: :.ヽ      劇場鑑賞でした。
   l      ノ     /     `i!-''´ヽ ><  /          〉: : :.:ヽ: : :.ヽ
   ゝ    /   ./          i! |.  ヽ   ./!          ヽ: : : :.ヽ: : : :\
    |   /.     /           i! .|   ヽ  / ヽ、           ヽ: : : :: : : : : : :\
.   l   l    /          i! |     l/   i!ヽ、           ヽ: :: : : : : : : : : :\
   l   .l   /      /、  /.  |   / \  .i!|  ``'ヽ、      ヽ: : : : : : : : : : : :ヽ




      /^>》, -―‐‐<^}
     ./:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.
    /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ             お話の構成は、どれも大体おなじ。
   ./:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}        
   /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ              ・「OPで大事故→でもそれは、主人公が見た夢だった」
  ./:::::::::::::|ノヘ.{、'' ‐ ''ノノイ               ・「主人公が気づいた影響で、主人公を含めた数人が生き残る」
  |:::::::::::::::| /}`ス/ ̄ ̄ ̄ ̄/             ・「やがて、生存者たちが1人1人、考えられない形で死んでいく」
. |::::::::::::::::|(_:::::つ/  Mic  / カタカタ
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/____/ ̄ ̄ ̄         最終的に、『死』の法則を見破り、その運命を回避出来るか。という形です。



14 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:41:42.62 ID:dXsgY3go

          ,ー、   __    ,ー、
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ                非常に趣味の悪い事を承知で書きますが。
        i :/,: : : 人: : :ト、: : : : : :゛ : : :.i
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |               このシリーズで一番力が入っているのは「生存者達が、どのように無残な死を迎えるか?」
        |レ! / ●   リ ● ル: : !┐ : : |               という一点だったりするんですよね。
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/ .」|: : : : }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        日常生活の中にいつもあるような、普通の道具や工具たち。
    ∬   _________________       それらが、さながらピタゴラスイッチの如く次から次へと影響しあって、最終的に人の命を奪う。
    旦  (__________(___  ___(ノ
.                             \\          毎回毎回「よくもまあそんなピタゴラ思いつくな」と、感心する事しきりだったりします。
                               ̄



                             _
             /^ヽ--──- 、  Q  (_)
             ヽノ__  _.. -─ 、ノ  ノ _
               l:::::l/ __   ヽ-==(_)
             /人:/ /: : : : : : ` 、  \
             /: / .//: : : :/!: : : : : \  ', _
         /: : :/  /.i: : :/  l: : : :ハ: : ヽ レ':::〉
        /: : : :/  / l: / ● l: /  l: : : l l:::/
       /: : : : :/  ,'   Y    l'  ● l: : ://^ヽ        CGやら模型やら特撮やらをふんだんに組み合わせてそういった仕掛けを作っているのは、
        /: : : : /   ,'   ヽ  ヤフ   l//\: :\.       まさしくアイデアの塊。
.      ,': : : : /   i       >-r---- '  /  ヽ: : :ヽ      製作者が知恵を絞っているなあ、というのが分かるんですね。
     ,': : : : /    l     /: : l     /    ',: : : ',
      !: : : :.,'     l     /: : : l       !     l: : : :l     このお話も、そういった作り手へのささやかなリスペクトを込めるつもりで、
    l: : : : i     l.    i: : : : !     l      l: : : :l     当初は単なる再現だったお話を「舞台を日本にして、ピタゴラもオリジナルで行こう」と
.    ',: : : l.     l    l: : : : l     l      l: : : :.l     路線変更しました。
     ヽ: : l.     l    ヽ: : : l     l     /: : : /
      \l     l     \/     l     /: : /      おかげで生みの苦しみは現在進行形ですけど。
             l.            l    /:/
               l             /
             l   r──┐   /
             ヽ_l    L..../

15 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:50:33.17 ID:dXsgY3go

                 , -  ― - 、_   __
             ノ┐-´: : : : : : : : : : : : ヽ,|:::|-、
            l::|/ノ: : : : : : : : : : : : : : : :、:゙:::|::::ヽ
           ノ/.. . :: . ::/l: : : :._: : : : : : :. l,:::l:: :: :l
              //: : : : : :::/ l: : : :|: ヽ、::. : : : ::l::: ::: ::゙l
          /:.:.: l : : : /,,, ゝ、: |  `\: : : : |、:: :: :::|
        /::/:/.|: : : :.|    ヽ、!    \: : |::|、: : :.|
         /:: :: / ゙l:: :: :|  __-    -‐- : |ヽ|:」.∨: :.|
      /:: : :: /  ヽ: : |:::´ `  _    :::: |l:::|´ ゙l:: :: |      あと、この作品、メインが若手の役者というのも共通。
     /: : : :::/    ヾ∧    l:::::)   :/ .|/   |:: : ::|      記憶違いでなければ、4作全てでメインが学生たちだったはずです。
    /:: : : : :/      |/`ー- .,,_゙゙_,, .イ、_,,,,,,    |:: : : |
   /::: : : : :/         ,.' ̄l | /::/:: : :`l   |:: : : :|      「1」「2」で出演したアリ・ラーター。
  /: : : : :::::/           /i /lシl,ヾ、./'!_,,-,,,,.|  |: : : :::|     「3」の主人公、M・E・ウィンステッド。etc
  /: : : : : ::/            /-!/  |-|   |-'''''''''|  |: : : ::::|     成長して、他の作品でもメインやそれに近い役柄をこなしていたりもしますね。
../: : : : ::: :|         /::`|:::::::/:::|::::::: !゙:::::::::::|  .|: : : : ::|
/: : : : : : : :|        /:::::|  /::::::|  !゙:::::::::::::|  |: : : : : :|     この作品自体が、若手の登竜門の一つなのかな?
|: : : : : ::::::.:|       /::::ノ  /::::::::|  !゙:::::::::::::::| |: : : : :::::|
|::::.. : : : : :::|      /:::::/  /= :::| !゙:::::__:::::| |: : : ::::: :|
:: : : ::::::::::::::|    /::::/\: .|= ..::| !゙/_,,,,,,_ヽ| .|: : : : ::::::|
: : ::::::::::::::::::|  __,〈\/、:::::/゙´\/ヽ|´/::!  _ ヽ`l:::: : :::::::::|



         /^>》, -―‐‐<^}
       /:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.
.      /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ
     /:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}     ついでに。
      /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ     >>1が好きなシリーズの順番は、2>1>=4>>3です。
.     /:::::::::::::|ノヘ.{、 ( フ_ノノイ
   /:::::::::::::::| /}`不´} ::::::::       2の「デッドコースター」は、アイデア、演出、CGなど、一番良くできていたかなと。
                        ストーリー的に好きなのは1ですが。



16 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 21:57:27.77 ID:dXsgY3go

                                    r──- 、 +
                                    |: : : : : :!|
                                    l: : : : : :||
                                        }: : : : : ||
              ___ /                  |: : : : : ||
           ,   ´   xく  _ -──- 、 , へr─-、   |: : : : : ||
           /     /_/´ /⌒     > 、く \  \ l: : : : : |l
          /     / /´ , - {    r─- 、  ̄ ̄} \   } : : : : ||
        /     ノく/  / o l   /  。゚  ヽ  ト、 ∧  l: : : : : jl
      /       /  / 〃 _゚_゚\ /゚_, ゚     V  l-=ヘ   ': : : : /,′
    ノ     /   レイl|〃人::}  ヽ ´ r人,、  ハ ノ  ヽ /: : : ://、       ホラー・スラッシャー映画には、たびたび人殺しの化け物たちが出演します。
   /      /      Y [「 ーY‐' /  | ゞ:Y:ノ 〔] !      V: : : ://  ヽ、     
  /     Y     { ハ   ´ ー-┘ `   7 |     /: : : ://    ハ     しかしこの映画では、それに明確な形を与えず「『死』の運命」
 '´      l      ヽ∧ 。 o :  : o 。/∧/  __r≧-f二     '.     という概念を作って、「どのように[ピーーー]か?」「どう逃げるか?」
/          |        \\__・___・,> ´/r::::::´::::::::/´):r、} ̄      '.    をメインに据えている。
        l         `フ=ー‐ァr─イ ´ {{::::::::::::::::l|/:/彡       l   ',
         |  __r───f´ ノ⌒YY`⌒「 ̄ ̄ ̄`ー'/::::7 l      |   '.   作り手からすれば、アイデアは勿論、そこに最低限の説得力も与えないと
i           !  `ミ{:::::::::::::::ノ ̄j  / l ¨¨ |        ̄  |      i   l   いけないのだから、頭を捻らなければいけないところですが。
l       |   \> ´ r‐ ヘ Y   |    ̄フ          !             |   それでも、次があるなら見てみたいですね。マンネリに負けるな。
|          ヽ      rく:\   l=  ヽ__/77         |            l
l           `、     } {::::::`ーく  /:::::::::rf/ヽ      j           |
∨           |     \ヽ、::::::: ̄:::::::::::ゞYヘて}     ,            ′
 V          l        `ト==トx≦=r ´        ハ         /
  V         |        ヽ:::::',  l::::::!         / ∧          /
    \ト、   N         ',:::::|   |:::::|        ノ/  ) ∧ / /
     ヽ \)Y       ...::::::::::::l:::::|:::::::|:::::l::::::::::::......  /   // /イ/
        \     ::::::::::::::::::ー'::::::::ー':::::::::::::::::::::         /
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

17 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 22:00:08.48 ID:dXsgY3go

                            _ -─────- _
                         /へ\-::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::` ..、__
                        \/::/>.>ミ/:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::,<::::::::::::ヽ┐|
                        /::::://:ミ/; l::.:.:.:.:.:.:.: /|::::/ ヽ:::::\ :ヽ|
                      /::::::::/::::::ミ/;;;; !:::::::::::/ヽ l::/  __',:::::::::ト、 ',
                     /::::::::::::/.l:l.!==ト、:l:::::::レ'〒、 l/  ´,.-、!::::::::!:::ヽ!
                    /:::::::::::::/ l:||∥|} ヾ:!::::,ヘじリ /   イリ. jl:::::::::l:::::::!!
                   /::::::::::::::/   ヾ∥|{: : }|:/|.         ` "/:::::::/:::::::::l
                 /:::::::::::::::/     ヾヽノ|::::!        '   !l::::::/:::::::::::::!      とまあ、色々語ったところで、今回の投下はひとまずおしまい。
                /::::::::::::::::/       ゞ l::::|、    ー_-   . ' l:::/.!::::::::::::::l      私、初音ミクの出番は、あるとしたらカーテンコール後か別の作品でしょう。
               /:::::::::::::::::/       .//l\! `  . _   イ〃 |/ |:::::::::::::::l
              /::::::::::::::::::/       .r ´__}_ヽ_{__ rク". l   !::::::::::::::::l     やる夫達の行動が織り成す結末を、引き続き見てもらえれば幸いです。
             /:::::::::::::::::::/       __人.        /\\ー─-.、 |::::::::::::::::::!
            /::::::::::::::::::::/     ..´     ヽ.     ∧二\\   ',!:::::::::::::::::::l
           /:::::::::::::::::::::/       i       ∥\<.>/. ',:.:'  \}   !.::::::::::::::::::::!
          /::::::::::::::::::::::/         !  01 .f ∥  ヽ/.  l:.:.'.   \ ',::::::::::::::::::::::!
       /:::::::::::::::::::::::,'        l   ̄ ! ∥┌-┐ . |:.:.:.',    ヽ '.:::::::::::::::::::!
.      /::::::::::::::::::::::::,'          |     | ∥.  ̄ ̄   l:.:.:.:.',     !=ァ:::::::::::::::::::::l
     /:::::::::::::::::::::::::,'         =======〃       |:.:.:.:.:.'.    ト、::::'.::::::::::::::::::!
.    /::::::::::::::::::::::::::,'           }[][]::::::|\        }:.:.:.:.:.:.'.    '.::'.::::::::::::::::::!
    /:::::::::::::::::::::::::::,'            |:::::::::::::|  \     {:.:.:.:.:.:.:.'.    ',:::::'.:::::::::::::::::l
.   /::::::::::::::::::::::::::::,'           .l::::::::::::::!    \    、:.:.:.:.:.:.:'.,    ',:::::'.:::::::::::::::::l
  /:::::::::::::::::::::::::::::,'           l:::::::::::::::!      〉.    ヽ:.:.:.:.:.:.:.丶  丶:::'.::::::::::::::::l
. /::::::::::::::::::::::::::::::,'              j:::::::::::::::|    ./       \:.:.:.:.:.:.:\  \'.::::::::::::::::l

18 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 22:01:31.76 ID:dXsgY3go

以上、お目汚ししました。


……えー、何がやりたかったかというと、あらすじと作品解説を、一度即興でやってみたらどうかな、と……。
うん、すっごく難しいね! AA選定してテキストその場で書くだけで、時間かかりまくった!


19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 22:03:14.22 ID:4dLBm7co

乙一

本編も期待してるZE!


20 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/26(金) 22:03:18.91 ID:dXsgY3go


やはり自分はある程度でも書いて投下、の方が性にあっているみたい。

語りたいことはまだあれど、そのあたりは本編が終わったあとにでも。


21 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:09:20.38 ID:ozOS4PYo


前スレ使いきり完了。

お付き合いいただき、有り難うございました。


22 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:10:54.52 ID:BJow0YQ0

乙!!
次回も楽しみにしてます


23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:11:15.98 ID:60M.WFIo

乙っす。


24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:11:17.91 ID:oPo1l26o

乙でした、見事にキッチリ収まった!
しかし月は前半かっこよかったのになwwww


25 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:11:25.17 ID:ozOS4PYo


今回の投下で、第6話は役半分を過ぎました。
予定としては、後半の分を、あと2~3回ほどにわけて投下していければと思っています。

可能なら、次はまた1ヶ月以内。
お付き合い頂ければ幸いです。


関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 17:00 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

|

<< やる夫と無敵のキョン子ちゃん。 | HOME | ひとりやる夫プチ劇場 銀行でもおそえば? >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV