やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2009/01/06(火) やる夫の剣豪ものがたり その1 <誰にでも守らなければならない世間体がある>


出演 やる夫 やらない夫 準にゃん


1 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/03(土) 19:08:01 ID:3ZmIiZUu

その1 誰にでも守らなければならない世間体がある>

戦国時代 片山重斉という高名な剣術家がいた。
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\    卜伝流を極めたお!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

京に上がり 武家在家を問わず剣の教授に努めたところ
その教えがなかなか好評で 多くの弟子を持つ身になった
視聴者カウント
アクセスカウンター



                  ◯
     / ̄ ̄ ̄ \      ,-┴-、
   /  ⌒   ⌒ \    r(   n     ◯
 /   (●)  (●) \   >   ,/ .   ,-┴-、
 |   ///(__人__)/// |  しー、_)    r(   n)
  \、   ` ⌒´   ,/          `/  <_
   /   .    . ,\           し -一┘◯
   しイ        ト、ノ               ,-┴-、
    |       /                .( ´・ω)
     \  Y ,/           ◯     /  っっ
      `ー' ̄            ,-┴-、  └ー-、ぅ
              ◯     .r、´・ω・))
             ,-┴-、    >  _/´
     ◯.n__n    (´・ω・`)   .し-一┘
    ,-┴-、 ノ    c'   っ
  c('・ω・`)っ    (_,'ー、_)

ある日、京都所司代 前田玄以の家臣に招かれ
その屋敷の庭先で 家中の者に稽古をつけていたところ……



         __
      , ‐ ´      `ヽ
    /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
   〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
   l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
   i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
  、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ
    乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ      …………
 _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!
   ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
   /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
   /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
  /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i

年の頃は十六七の美少年が
いつのまにやら庭先にて、皆の稽古を熱心に見入っていた。

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ      おや そちらはどなたさまかお?
  |    ー       .|
  \          /



         〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
          ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
        l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
        l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
          | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
          |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
       .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
      (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、      はい! わたしは このお屋敷の近くに住む者ですが
      ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー     剣術に興味があり
       | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー       いままで独学で修行のまねごとをしてまいりました
       | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
        ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
        ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
     / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
    |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
    | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ





  「`' ―- 、,_ ∠、 ―――- 、 __/     l
  ヽ.      /              \     l
    ヽ.   /      ,ィ         \     ハ
     \ /     / / / l i   ヽ     ヽ \ /  l
     /    j .ハ j l ヽヽ ヽ ヽ \  \ `<、 l
     .j /    l_l_ l l ヽヽヽ_ヽ__`__.\ \\-、 .l
.     l |. l l ハ l 弋  \\\  \\> ヽ\`ト、      本日はこちらに
     .l li .l l l fTテヽ   \ 'Τ圷ヽ、:f ( `ナ、 \\    片山重斉先生という高名なお方がお越しになられたと聞いて
      l l.l l l ハ .b::::l       b:::::::::l | ノ ノ|   l\、     是非とも一手ご教授いただきたく
     ', ,ヽヽ、 l ヘ弋n!       .ヒ辷ッ |‐'´l l   l       お庭までやってきてしまいました
       ヽ \\ ヘ "" ' __    "" ,イ |. i l l   l
        ヽ  }i| \>.、 ヽ )   / .i|:|__. i l l  ハ
           jj.l i. /: l l |l:>.、イ   ノ | >,‐ 、_ヽ  ヽ
        〃ノ//  l | |l, イ|_  __/ || .∧ _,. >、 \

                ____
          +  + /⌒  ⌒\+ 。
          ・ 。/( ●)  (●)\ + +
           /::::::⌒(__人__)⌒::: \          若いのにそれはよい心がけだお
           |     |r┬-|     |          特別に君の太刀筋を見てあげるお
          +\     `ー‐′   /・ ゚. +




こうして皆の見守るなか 重斉の高弟が少年の相手をすることとなったのだが……

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ          /l    さあ どこからでも打ち込んでいいぞ
.  |         }         //
.  ヽ        }        //
   ヽ     ノ       //
   /    く       //
   |     \    ( ̄/
    |    |ヽ、二⌒)、






           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |          ……その構えでいいの?
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ          /l    ん?どういう意味だ
     .  |         }         //
     .  ヽ        }        //
        ヽ     ノ       //
        /    く       //
        |     \    ( ̄/
         |    |ヽ、二⌒)、





         〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
          ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
        l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
        l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
          | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
          |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
       .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
      (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
      ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー     それでは参りま~す♪
       | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
       | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
        ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
        ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
     / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
    |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
    | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ


             ドカッ!



言うが早いか 少年の木刀は高弟をしたたかに打ち据えた


     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \      ぐっ……!!
    |    ( >)(<)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|  .
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)






         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、  、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i   |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー

         あまりの事に 皆が騒然とするなか 重斉は静かに立ち上がり……




       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    mj |ー'´      |         ……なかなか 鋭い太刀筋だお
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\
    /:::::::::(○)三(○):\
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //  では 片山重斉 自らがお相手いたそう
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|




            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ    はい!お願いします!
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ
 //  //     /            lハ | |    | l  l  l               ヽ
//   レ     /           | | |    | l   .l  l                 ヽ





重斉は少年と相対し 卜伝流極意の必勝の構えをとった

            /
          //
        ///          (⌒\
       ///         ___ \  ヽ
       (  (        /⌒.三.⌒\ \\ \
       \ \    /( ⑪)三(⑪)\ ト\ヽ
         \ \ /::::::⌒(__人__)⌒::: |  \ヽ   ひゃお~!
          \ \.     |r┬-|    ノ  ノ  \
            \  ヽ   `ー'´   / /
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /






……が しかし

     //ノ ̄ ̄`ヽ、// // ////
     / ´`ヽ _  // // //
     (--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄///
     (  ...|  /!
     (`ー‐し'ゝL _
     (--‐‐'´}    ;ー------
     `ヾ:::-‐'ーr‐'"_
    _/⌒  ⌒\_
  /:●))(__人__)((● \  ぐぇあ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'┃     /

     //ノ ̄ ̄`ヽ、// // ////
     / ´`ヽ _  // // //
     (--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄///
     (  ...|  /!
     (`ー‐し'ゝL _
     (--‐‐'´}    ;ー------
     `ヾ:::-‐'ーr‐'"_
    _/⌒  ⌒\_
  /:●))(__人__)((● \  ぐぇあ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'┃     /


     |  |   |   |
     _||_||__||  ||
    (__/   `ー――
   (___/  r
    (_レノ)\   ___
    ●\__/__/●
  / \_\三/_/ \
  |  ⌒ (_人_)∴・  |   ぐぇああああああああ
  \ :・∵ |r┬-|      /
       ' ̄ ̄`






なんという事か 少年の木刀は 重斉までもフルボッコにしてしまった

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'



            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八        あれぇ まぐれって恐ろしいですねぇ
   ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶     先生 機会があったら またご教授お願いしま~す
      , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
     {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/

少年は こう言い残して屋敷を立ち去った
屋敷の者があわてて後を追ったが その姿はすでに消えていた
近隣にも その様な少年は住んでいなかったという





結局 少年の正体は分からずじまいである
しかし 高名な剣術家が 年端のいかない子供に打ち据えられた事実はしっかりと残った
この事をいかに取り繕ったかを次に紹介することで この話の締めくくりとしたい

        ____
    /::::::─三三─\
  /:::::::: ( ○)三(○)\
  |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |      …… …… ……
   \:::::::::   |r┬-|  ,/
   ノ::::::::   `ー'´  \



       ____
     /:∪::─ニ三─ヾ
   /:::::::: ( ○)三(○)\
  (:::::∪:::::::::: (__人__)::::: i|     ……て
   \:::::::::    |r┬-| ::::ノ
   リ::::::::    `ー'´  ::\



       ______
     /:∪::─ニjjニ─ヾ
   /:::li|.:( ○)三 (○)\
  (:::||!.:∪::::: (__人__)):::: i|     て…………て…………
    ):::::::::::::   |r┬-| li::::/
  /:::::::::::::::   `ー ' ::::::ヽ






     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 天狗じゃ、天狗の仕業じゃ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////

「人々は『さては重斉の兵法に天狗が来てさまたげたことと見える』と云って恐れおののいたという」



            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      はいはい、わしのせい わしのせい
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    天      \`i / /  狗   |

その1 誰にでも守らなければならない世間体がある> おわり



<その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった>
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 12:44 |コメント(9)
カテゴリー:やる夫の剣豪ものがたり(最終回保管済)

|

<< やる夫の剣豪ものがたり <その2 貴様もまさしく強敵(とも)だった> | HOME | おちんぽカタストロフィッ! おちんぽカタストロフィッ! >>

■御感想or寝言

509 名前: [] 投稿日:2009/01/04(日) 12:27:57 ID:

このコメントは管理人のみ閲覧できます


527 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/05(月) 10:00:51 ID:-

コレはタメになる


555 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/06(火) 20:14:54 ID:-

天狗じゃ、天狗の仕業じゃ!


1072 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/02/03(火) 23:58:19 ID:-

GENKIの剣豪シリーズにいつ卜伝は出るのか


5290 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/04/14(火) 00:52:49 ID:-

新当流(鹿島新当流)じゃないの?


8340 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/08(金) 22:07:27 ID:-

本人が開祖になれるくらいの才能の持ち主でもない限り、
自己流で高みに登れる人間には
結局敵わないんだよねえ・・・


22145 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/12/02(水) 15:16:46 ID:-

とはいえ独学と才能だけで上り詰めた人間では
師範として多くの弟子を修練することには向かないからな


23640 名前:27 [] 投稿日:2010/02/22(月) 11:32:03 ID:4ifQ3KdE

教育者の素質と剣の腕前は正比例するものでもないしな


47124 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/04/16(木) 17:38:32 ID:-

でも、まあ実際こんな事になったら「天狗の仕業じゃ!」って言いたくなると思う


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ