【重要】令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 開 催


詳しくはコチラ→http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-8656.html


やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2008/12/26(金) 【短編】とあるやる夫とアッガイの物語(ドラクエ7)


出演 やる夫 やらない夫 DB SOS団 ジオンMS
参考 同作者さんの作品
【短編】やる夫がドラクエ4の勇者だったようです
やる夫の狂気 ~The Dark Side of the Moon~


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:49:54.68 ID:l2dFc/bT0
                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./   ――あーもう、また失敗ですって?
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´


        / ,. _.. -             ヽ
       l/ ,. -‐ ,r           、 、 l  `、
     ,r´ /   ,ハ   、  ヽ    l. l.|   |
      |  /  _..-'  ヽ   ヽ  ヽ   | | |  |
     ヽ 「´     ヽ   \  `、 |' ,!  |  申し訳ございません、女王フォロッド七世、ハルヒ様。
      `ド.…ー-     \   `丶、 L.l./l j. |
       ハ'ニ。ヽ、   ヽ、` ‐- ....,/彡ノ , |  |、    最初は順調に歩いているように思えたのですが、
      , '|l. lュ_}゙    r-ミ. 、 | `´トi  |   l`ー、  すぐに熱暴走を起こし、倒れてしまって・・・
     r′ | l.   ,    「'ヘヽ y /リ ノ ハ   l   |
     ヽ /  ヽ、   _   `ー' ノイ'- ´  l. l    /
      j-'     lヽ、_ .. - ´ / ,    ,' ヽ、  ヽ



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:52:52.68 ID:+xIJkk+3O

DQ7ときいて


視聴者カウント
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンアダルトライブチャット


                      , - ─- 、_
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|   しょーがないわね、もう。
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>  ・・・城の地下室から古いガラクタの下に隠れてた
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V    からくりの掃除機が見つかってから数年。
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /    誰がいつの時代に作ったか分からないけど、これを元に
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨    研究して新しいからくり掃除機を作らせてきたわ。
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ

                   _
             ,. .‐ :ア´: : : : : :`ヽ、
            /: : : : : : : :`ヽ、: : 、: :\
             /: /: ;.-へ.、 、: : :ヽ: : |: : : ヘ
           |:|:.|: /    `ー ミ__ー,r⌒): : : ハ  ええ。町がキレイになったと民は大喜びです。
          ヽ:.V__    ̄`ヽ. |:`T l : : : : |  我が城下町、フォーリッシュは世界一清潔な町と
           |:.|,..、   ,ィ=‐、 |: : | ': :.| : :.|   評判高いですわ。
           |´ハ::}     b:::;リ' |: :/‐、: | : :.|
             ,! :| ¨r    ¨´   レ ムノ: | : :.|
           /: | ト、ー‐     ヶイ : : | : :ヘ
         /: :/: |: \   _,.    |:/: :l: :| : : ヘ
        l: :/: :./: :.| | ̄]    j/: :/: :ト.: : : ヽ
        ∨: :/:|: : |_l/ノ   /: :ノヽ:ハ: : : : }


          /::.::.::.::./ ´ ___ `ヽ: :ヽ
        /::.::.:/::./ イ´: :: : : : : : `ヽ|:ヽ: !
      /::.::ィ/、:_!: :/:./: |::_::_-‐_ヘノ:l:l
       !::./ ,ト..十:T:ハ: |: : : l::..:.. l: : :|: :ト〉
     |::`メ|::.::.|:..,|:|  l lヽ: : ト、:: |: :|:レ|   だからそれを応用すれば、からくりの人間も作れるかも知れない
      |::.:/| |::.:..|:廾ト、 ヽ \:| ,.斗l-:l:.,1:!   って思ったのに。
      l.::.L|{1::.:.l:.ト十::テ ー ' イォ:卞l/イ |:|
     |:.|:l:Lト!:.:.ト{  ̄    ,   ̄`|:.|:Lj:l    やっぱり掃除機と人間じゃ違いすぎるのかも知れないわね。
       !:|:l::.::.:l::..ト、    , -、   イ::l:..:イ:!    いにしえのからくりから新しいからくりが生まれたから、
      lム|:.|::.:ト:..l |\   ´ ̄` /7:/、/ノ′   期待しすぎたのかも知れないわ。
     /|: 「lト::.:|.ヽ:!  ` ーァ ´}: : j/ : |「ト.
      ハl: l:::l ヽ!: : :ト_- ― <|: :/: : : !!| l  せっかく平和でのんびりした世の中なんだから、
    i  ヽ:.l:::l : : : : l _, ----l: : : : : :l:||  |  私の長年の夢を叶えたいって思ってるのに!
     |   ト:ヾヽ : : : l_ノ  ̄ `| : : : : :l:l:l   !


                   _
             ,. .‐ :ア´: : : : : :`ヽ、
            /: : : : : : : :`ヽ、: : 、: :\
             /: /: ;.-へ.、 、: : :ヽ: : |: : : ヘ
           |:|:.|: /    `ー ミ__ー,r⌒): : : ハ
          ヽ:.V__    ̄`ヽ. |:`T l : : : : |  召し抱えの学者の数を増やしましょう、陛下。
           |:.|,..、   ,ィ=‐、 |: : | ': :.| : :.|  未来を見据えた技術の研究は、
           |´ハ::}     b:::;リ' |: :/‐、: | : :.|  かならず我が国の将来を明るいものに約束します。
             ,! :| ¨r    ¨´   レ ムノ: | : :.|
           /: | ト、ー‐     ヶイ : : | : :ヘ   ・・・あら?
         /: :/: |: \   _,.    |:/: :l: :| : : ヘ
        l: :/: :./: :.| | ̄]    j/: :/: :ト.: : : ヽ



                , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l  報告、報告!ハルにゃん!
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |  いにしえのからくり兵が ついに見つかったって聞いたにょろ!
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|


      '::::/:::::::|::|::::::::::|'::l:::::::l:::::::::::::j::::|::::l、::}::::l:::'t::::',
.     ,::::;':::::::;:-rl::::::::::|:::|::::::j;::::::::::/|::;'|:::ハ:ハ::|:::::l::::::',
.       |::::l:::::/  ハ::::::::::|:::|ーH-、::/ ,!/ |:;' ,l'-lイ:::::ト、::::l.
     l::::|:::ヽ. ,イ |:::::::::::l::lヽ::| !::;:'` / / 伝:l !|::::;ハ.';::::l.
      l::::|::::::::l 1_ !:::::::::::1 ,:状六゙i`    '砂 ,!:;ハ::V:::::|    なんですって!?
.     l::::|:::::::;',':l |f,:::::::::::',ヽ.ヽ无_l    丶 'イ::::!:::|::::|    それ、本当かしら!
     l:::::|:::::;','::l |l. ';:::::::::::',  `¨´  ,..... 、1  /:::::|:::|l::r ¬、
.    l:|::::|::::|/::| |ヽヘ:::::、:::::'、    l.   |  /::::::;!:::|」._ 厂二ヽ、
    lハ::::|::::::l::ヽ」:::::::ヽ::::\:::ヽへ、 ,.ヽ -' ,/::::::::;':::/   ヽ、l  ,.-ヽ、
.    || |:::::l::::::ヽ::::ヽ:::::::ヽ::::::::y′/`ヽ」__..ノハ::::::;'::::l ヽ、_.) ,'   l.
.     |l !::::';:::::::::ヽ::::ヽ::::::::ト、/ / _,.-'´ ヽ|::ト|:::::!_::∧ ´   ト{.__仁 |
.    || l:::::';::;.-'´ ヽ::lヽ:::::|〈   ´  -一´T| ヽ:::|::',ヽ、',   l     /
     1 ゝ'二¬-、 リ ';::;' ヽ      fツ  ヽト;::| l ヽ     /



       ,r::::::....   ヽ:::, -── - 、:::ヽ::.ヽ ヽ
        |   ,' .: :, ‐'         ヽ::ヽ:}i: l
         !:::...i/ .::/         , -―ヽ:i::! !: !
      │  { ..:::|   __    '    リレ!| !l
       | i .:ヽヘゝ´   `     イかリk|:: |:| !    間違いないさ!
       !| | { |`ー ,イ丞テミ    弋zソ '|::: !i !    西のはずれにょろ!
      .!|.:|!::ヽ| ::|`弋zソ          !:: |::|l
       l !::!..::::::| ::|.、    t ― v7   !::. !=' ニニ≠ 、
      ,'//_,. -┤ ::l..\   ` ‐ ‐'   /.!::: !‐'´ ̄ へヽヽ__
     // ィ二.| :::!:::...`>ー-   イ, .::!: |`!     ヾ=、、ヽ
    .///r'   | :::l::::::::...\     /.:: !:: |│     ,'  , ヾ `
    / ' /丶:  | :::|   ::....ヘ  /  .!::: | .|    / /


i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl     このフォロッド城の西はずれと言えば、
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l   禁断の地として誰も近寄らない場所ね。
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !   やっぱり禁断の地っていうのはそういう意味を持ってたのね!
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |  
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |   これは面白くなってきたわ!
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|   さっそく兵を集めて出発よ!
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {



                 _ ,.. --_- ...
               .ィ: :‐ 7: : : : : `: :.\
               /ィ: : : : {: : : : : :..:..:..ヽ:.ヽ
             / /ィ:/ / ヽ: :\: : :..:..:l:..:.i
               / /: :/:/     \__:ヽ:. :_:}:..:.l!
           イ:_{: ://,zュ   ´ ̄ーミ/刄.:.}:ハ    お言葉ですが、陛下。
     __ /7ヽミV´  __     r _≦、ヽ:./:l:..|   禁断の地に行ってはならぬとは先祖代々の国王からの言い伝え。
   /‐   ̄´ /: ハ「:|. ,z.弐ァ    '乍::.:|》}/-{:|.:l   みだりに禁忌を破るのは・・・
  〃       /:/ :..}:ヽ{ 《 トィ::.|      辷ソ j!ルノ:!:.ヽ
  {:{_ _ .. イ: :/: .:./::.:{小 ゙ー ′ 、      ムイ: :{:..:..:`:.ー-.、
  `フ´ィ: : :/: : :./:..:..:..:.ーヽ    ー.. '   イ:{:..\`:..:ー:..、:..:. }
  ///}^.::ィ: : : :/:..: :..:..:..:..:|介ァ..... _ . イヽ.\:..:..:}: : :..:.}:.}:./
 从ト、: :{{: : : .:..:/... ..:..:..:../:}: :..}/:,レ}   「ソ.. ̄}:ソ: : ィイ:リ_:`:.ー.、


       /.::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::∧
.      /.::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|⌒ヽ.::::::::∧
     /./':::::::::::∧:::!、::::::::|:::::l ::::::::::|:::::::::| \ 〉:::::::: !
      i:,' l::::::::::::ト、|::| \:::::|ヽ」x' ::::::|:::::::::|   〉'.:::::::::::|
      l| !:::::::::::|,rfトl、  x|' ,ィチえ、|:::::::::L. イ.|:::::::::::::|
       l ::::|:::::'. トィl      {.じ リ'^|:::::::::|`i | |:::::::::::::|
       ト、::|:::::ハ ー'     ー‐'  |:::::::::,_ノ l.」:::::::::::::l  技術の発展が国を明るくするって言ったのは
       |:::N:::|:::'.  '__ ,    |:::::: /.:レ.::::::::::::::,′  あなたじゃない、喜緑大臣。
       |:::l |:::|:::::\ ヽ._ ノ   ./.:::::/.::::::::::::::::::: /
       |:::| ヽ|:::::l:::::`  . __..   ´'.::::::/.::|:::::::::::::::::/    さ、行くわよ禁断の地に!
       l:::| |:::|∨:::::::,r‐}  /' }:::/ヘ |:::::::::/.::/
.        ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
           /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、



            ,′, /  /    {     `ヽ  ハ  l
          l |/ '´      ハ     ヽ  | |
.          l l.|./    _,.-' / \   ヽ   j、 |
         | /ヽ.-‐ ' ´,. -'     ヽ、   \{ ,!  l
           | l ヽ}-‐ ' __... -'   ー- ..._` ー-f'´l.  ハ     は、はぁ・・・
          ,′| j. l. ̄,....--、      ,.-- .._ ̄,! /ヽ  ヘ
       /  l.{ヘ !(.ヘ}rj|     |ソrj ア / / ノ /  ヽ、   それでは馬車を用意いたします。
       , ′  l.ヽゝ.l. ゙-‐'        ー-' /j/-' ./    ヽ
       i′      / ヽ、    _'_    ,. ' ′  l ヽ     l
      l. /   /    ト ,、     ,. 、´ /   |  ,!    /
       〉′  _,/      |´ j ` ー ´ ト. 7    |..,._   /
     ,r′  /V   l / ,′      }/   / | /ヽ  「ヽ


ゝ   |::::::::::::::://~‐--、_ v::::::| |::::::::! \:::::::::::::! !::::::|~~|::::::/ ̄ヽ:::|::::::::|\、/
/~/ ´|::::::::::::::!/     ~Y、::!、.!:::::::!   \:::::::! !::::/  |:::/  |::::|::::::::::|、 ヽ
::::ゝ、_.|:::::::::::::|  /´~ ̄`ヽ、! \::ヽ   \:| !/ ̄~|/ヽ  |::!:::::::::|ヽ/´ヽヽ
/ /、|::::::::::::| イ、 /〇。:::::::1\  \ヽ    イO。::::::::::! \ .|イ:::::::::|〃ヽ
 /:/ ∧::::::::::| \ !:::::::::::::::!           |::::::::::::::::/ |/ | |:::::::::| ヽ ヽ
./:::/ /::|\::::::|     ヽ:::::'!            ::::::::::´ !  |:::::::::|、  !  !
::::/ /::::||!::::\::|   ヽ~ ̄´      ,      ~ ̄~`    /!:::::::/ }
::/  !:::::ヽ|:::::::::\       ,--――――--、        /!::::::://
ヽ  !:::::::::::::!:::::从、      |/´:::::::::::::::::`\|       /-/::::/   いらないわよそんなの。
::::ヽ!::::::::::::::::!、:::::::ヽ      |        |      ノ/::::::/    歩いていくわ。
. |::::!:::::ヽ:::::::::\::::::::\     ヽ       /     / /::::/
 |:::ヽ::::::ヽ::::::::::\::::::::::\    \     /    ////::/     ・・・ん?
  |::::\::::::\:::::::::::\::::::::::"''‐    、_      -'"



         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、   おーい!待ってくだされ女王陛下!
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、  もしや、禁断の地に行かれるつもりですかな?
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/


        / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |   あら亀じいさん。どしたのそんなに慌てて?
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |   その通りよ。とうとう私の夢がかなう時が来たのよ!
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l   あなたも喜びなさい。
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、



              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \        ならぬ!なりませんぞ女王陛下!
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\             あの地は先祖代々よりタブーとされてきた場所。
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _  陛下自らがお破りになるなどと・・・
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ  ここは何も言わずに、お止めになって下され!
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)


             -‐....''...."....‐ ,,
         _ ‐":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
        ‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.,'/  /ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./:.:.:.:.:.:l  /ヽ:.ヽ:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lo,':.:.:.::.:.:|/:.l:.:.:.l:.:.:.',:.:',:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://l:l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.l:.:.l
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈__l _.ll:.:.:.:.:.:.:|:.-/l,,:_:/l:.:./|:.:l:.l:.l
   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//l:|:.:.:.:.:.:.:|:.:/// `レl .l:/レ.リ
   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..//l |:.l:.:.:.:.:.:.:レ/ イテミ l./
   .l:.:..l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:////‐l:.:.:.:.:.:.:|.   弋.l ヽ    あら、何言い出すのよ亀じい。
    l:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:〈/〈/ll l l:.:.:.:.:.:.:|.       ゝ  いくらあなたが私の子供時代の教育係だったからって、
   .|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ヽ`.l:.:.:.:.:.:.:l    r ‐‐´    こればっかりは譲れないわ。
   l:.l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.l:.:l`.l:.:.:.:.:.:.:l    ヽ、:l    土産話を楽しみにしてなさい。
    |:.|:.::l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:',:|. ',:.:.:.:.l:.:l    l:.l  
   .l:.l.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ:.:.:lヽ',  ̄l:.:.l:.l    さあ行くわよ!ついてきなさい!
   l:l ヽ:.:|'.,:.:.|:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ::\ ヽ::',_\ .|:.:|リ
    |  ヽl .l:.:l:.:.:./\:.:.:.:.ヽ\:', .\ "‐ V



                      .,.‐:、,,,:‐.、
                     /:::::::::::::::::ヽ
                     /::::::::::::::::::::::ヽ
                     l:::::::::::::::::::::::::::i
                      l ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
                ___,,,,,.....l_______l.....,,,,,,___
              <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>
                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i   くっ、行ってしもうた・・・・
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ   ならん、ならんのじゃ、あの土地だけは・・・
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |    誰も行ってはならん。誰も邪魔してはならぬ。
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__   たとえどんな理由があろうとも。
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i   ならんと言うのに・・・
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ; :|         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.        ,|__ト 、        /l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        !    ヽ_____ii_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        !`''    ´||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|






















   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  ――作戦会議は以上だ。
  |     ` ⌒´ノ   質問がなければ終了にする。
.  |         }
.  ヽ        }     いいか、くれぐれもはやまったことはするなよ。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、     


    ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈     はっ!
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉    承知しておりますやらない夫兵士長どの!
    .{.「i  ヽ!.       _,,/    
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、
-‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:04:22.84 ID:QpUAvkUiO

もしかしてこの前やる夫でドラクエ4書いた人かな?支援



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:06:25.11 ID:+xIJkk+3O

ん?場面変わった?


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:16:11.06 ID:+xIJkk+3O

あ、過去の話なのかコレ





       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ   もちろんです兵士長!
      ` ヽ  l二}  ノ    このフォーリッシュの町の防衛を最優先とします!
         `ーr  イ,,ィ!- 、
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ
         /`ー|| '     ヽ
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |
          〉  |  |    |   ! | |



      / ̄ ̄\
    / _ノ   ヽ_\ 
    |  (●)(●) |    ああ。
   . |.  (__人__)  |    それじゃあ俺はフォロッド城に戻り 
     |  ` ⌒´   ノ    国王陛下の所へ報告をしに行く。
   .  |.        }
   .  ヽ        }    それでは各自解散!
      ヽ     ノ     全員持ち場に戻ってくれ。
    ノ         \
  /´            ヽ
 |   l            \



        / ̄ ̄\
      /       \         ――ふぅ。くそ、いまいましいカラクリ兵どもめ。
      |::::::        |       何の恨みがあって俺達の城や町を襲うんだ。
     . |:::::::::::     |       奴ら、女や子どもだろうと容赦なく命を奪っていきやがる。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     まあ元々カラクリに心も情もあるはずもないがな。
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      ・・・ん?
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


           _ ___
       ,.'"´     ``ヽ、
        /       .:.:.:::::::.:,.>、
        |         .:.:.::<彡ミミ!   はっ!ほっ!  ぜぇぜぇ・・・
        !     ,、、、、,,_.:.::ヾ三ミ!
        !, ==z、 .:: ,,__   .:.:.:::::::Y    いかんわい、こんなことでへばっていては。
       ヽ ,rェ! .:.::.ー'` .:.:.::::::jリ    こんな老いぼれでも、少しでも戦いの役に立つよう訓練せねば。
        l "´1 .:::::.、   ,.:::i.::L  
         ヽ `"´ _,,、! }.::::l:/.::`L_     ワシがもっと若ければ、カズキは・・・・
         ゙、! "二  ′,!.::/.::::::/.:.:.:.``ヽ、  くそ!
          \     /.:.:.::/ .:.:.:.:.:.:.:.:::\
           /^ヽ--<ハ.:.:/    .:.:.:.:.::::::::ヽ
            ,ハ .:::〈V1:::::V    i   .:.:..:.:.::::::::゙,
         /  ヽ、::リ l/     |    .:.:.:.:::::::::i





   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) (今の我々は、あんなおじいさんまで武器を持たなければならん状況なのだ。
. | u.   (__人__)  なんとかせねば・・・)
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }  
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ 

             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨   兵士長さま!!
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | Ⅳ |:「ヽ}   うぅ、妹が・・・私の妹が、あのカラクリに・・・
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|     お願いします!仇を、妹の仇を・・・うぅぅ・・・
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
      | : : :',: :', 、  '. /   :| : :′:!



      / ̄ ̄\
    / _ノ   ヽ_\    あ、あなたは確か神社の家の!?
    |  (●)(●) |   
   . |.  (__人__)u |    お気を確かに!
     |  ` ⌒´   ノ   安心してください、カラクリの奴らは
   .  |.        }    必ず我々がなんとかしますから!
   .  ヽ        }
      ヽ     ノ     だから、落ち着いてください!
    ノ         \
  /´            ヽ


         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | Ⅳ |:「ヽ}   うっうっ・・・・・
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|  
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|  
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :|
      | : : :',: :', 、  '. /   :| : :′:!
      | : : ∧ :ヘヽ、 Ⅴ ,. イ| ∧ : |
      | : 〈  ヽ:ヘー r‐ァ―-く/  〉:|


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:11:08.76 ID:+xIJkk+3O

つかさこんなんばっかりだなw





    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|
 . |.  (__人__) .|   ・・・もうみんなの精神は限界だ。民も、兵士達も。
   | U  ` ⌒´ ノ   このままでは・・・
 .  |.       . }
 .  ヽ        }    しかし、俺達が持つ武器では奴らの鋼の体にはまともに
 /   ヽ     ノヽ   太刀打ちさえできん。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)   せっかく死ぬ思いで奴らのアジトをつきとめたってのに・・・
. | u.   (__人__)   下手に動いたところで全滅するのがオチだ。
  |     ` ⌒´ノ    兵士総がかりで数体を相手にするのがやっとなのに、
.  |         }    アジトのまわりを数十体ものカラクリがうろついているからな。
.  ヽ        }     くそっ、どうすれば・・・!
   ヽ     ノ 



                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨  ――状況はあまり芳しくないようだな・・・
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /      
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´  
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、



   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)  申し訳ございません、フォロッド大王陛下。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   早急に作戦をねり、活路を見出す構えであります。
.  |         }
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ




            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !   ・・・あのカラクリ達には心はないのでしょうか?
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l   家族や友人を愛する心、美しい花を愛でる心・・・
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'   心のない者ほどおそろしい敵はいないと思います。
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    ・・・王女殿下、お気持ちのほどお察しします。
 |    ( ー)(ー)  
. |     (__人__)   それでは今から城の兵士達を集め、すぐに作戦会議を行いますので、  
  | U    ` ⌒´ノ   失礼します。 
.  |         }  
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、



       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |   ――兵士長どの。
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |  奴らには弱点もなく、かといって
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|  心理戦や兵糧攻めも意味がありません。
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ アジトが分かっても、我々にはこれを攻めるだけの
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l   戦力などありません。
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/       ・・・兵士長どの。
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{        やる夫さんに協力を頼んでみてはいかがでしょう?
          i  }   `ー イ       _./´ 入


                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\      _,,
               | ( ●) (●) |     l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,     やる夫だって?
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   ・・・ふん、あんな引きこもり 何の役にも立たんよ。 
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、



::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|  しかしこうなった以上、やる夫さんに頼むしか・・・
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|  カラクリのことはカラクリの専門家の方に聞くべきでは?
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、

          _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
        ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
      ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
.        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   自分もそう思います。
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!   からくり技師のやる夫さんなら
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    なんとかしてくれるかもしれません。
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./      頼んで損はないと思います。
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′
        ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、




         / ̄ ̄\
      /       \      なら好きにしろ。
      |::::::        |     会議はこれで終わりだ。解散!
     . |:::::::::::     |   
       |::::::::::::::    |         ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'



   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や や 城 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ る. の ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て 夫 西 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 の に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 家  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. に る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ 
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|  
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N    お邪魔します。 ガチャッ 
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ



          _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
        ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
      ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
.        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!   なんか研究室みたいだな。
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    作りかけの機械がいっぱいある。
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./      
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/     お、あそこにいる白メタボな人が
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′     やる夫とかいう人か?
        ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、

    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/  何やら機械じかけの物を作っていますね。
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/       ・・・まさかこの人が黒幕なんてことは・・・
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/



    ___
   /_ ,_ \
  /(●(●  )  この歯車をここに組み合わせて・・・ダメかお。
  |(人_)  /  ――ん?誰だおお前たち。勝手に人の家に入って。
  \   /    城の兵士かお? 
   |  /
   |/

    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、)  (⌒ヾ,;'"゙';,'-'、 ゚
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|-、( シ';。,.;'、丶)
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|/⌒(  'ト、_ゝ<
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .| __,.ノ`ー ' ヾヽミ}
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|< ヽ)_   ヾシ
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l   ノ `-、
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:lノ`'ゞ,,ノv_,r
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:! ;o" "';⌒ヽ___
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ ノ':。,.,:"く ノ巛くゝ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l  `ー(_人_,ノ ヾ-'
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/  ええ。フォロッド城兵士、古泉と申します。
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/       あなたがやる夫さんですよね? 
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/        僕たちの話を聞いてくれませんか?
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:44:01.30 ID:+xIJkk+3O

花咲かせんなw





             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     ああ、やる夫はやる夫だお。
        |      (__人__)・    |  
        \__ ` ⌒´ __/      ・・・お前達、どうせやらない夫の差し金でここに来たんだろお?
        /  | |_    _| | \      それで、カラクリ兵を何とかしてほしいって言うんだろお?
        |  | |  \ /  | i |
         | ├┤ __|_/  ├┤|
         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |

          _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
        ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
      ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
.        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,! おお、分かってるなら話がはやい。
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ そういう訳で、俺達と一緒に城に来て下さい。
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./      
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/     
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'
        ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、     



         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ   ・・・帰れお。城や町の人間がどうなろうと
       |::::::::::::::       |   知ったこっちゃねーお。
        ヽ::::::::::    /     
        /::::::::::::   く 


::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i       お断り、ということですか?
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_     しかし、このままではいずれ町や城の人たちは・・・
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      うるさいお!やる夫は戦いしか知らないカラクリ兵たちに
     /    (__人__)   \     同情してるぐらいだお!
     |       |::::::|     |     あいつらが真の悪じゃないってことが人間達にゃ分からないんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    さっさと城に帰ってやらない夫の奴に言っとけお!
   /          ヽ !l ヽi    二度と人なんてよこすなってお!
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


          _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
        ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
      ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
.        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!   (なんて偏屈な人なんだ・・・しかし、こういう人は大抵おだてりゃいいんだ)
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    いやー、それにしてもやる夫博士の発明は素晴らしいですね!
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./     今作ってらっしゃるのは何ですか?
          | 、 `ヽ   U   ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/     
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'
        ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、   



     __    __,.- 、--  .._
      |ヽ.__.〕⌒_/  / ,´`'ヽ.-`─‐,┐
      | (,...ゝ '´:::`ヽ ̄`ヽ.、,`L/ ,′
.    ,r:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」  /
   /,イ::::::::;::::/|::::|::::::::::::::::';::::'.::', /:|
.   j/ l::::::::l::::j_.';:::|、:::::≒-、i;:::lヽ|/::::|   「見たところ人の形をしていますね。
.    |:|:::::|ヘ:l  ヾ \| \|.i/::::::::::::l.    家事のお手伝いロボットさんですか?
.     ヾ\',      、 _,.|::::|::::::::::::.、   どれどれ・・・」
       |`ト==-'   `¨´.|::::|:::|:::::::、::ヽ   
       |:N.、_    c _,. !::/ヾ!:::::::l.ヽ::!    
       |::|:::::::|  ̄丁__ノ| l/ i':/:/l:/  リ
      /ソ';::::::゙{ヽ-、| i' ,.-ヶム:| '′
       ヾ ヾトv、|_|ニl `/゙i'´ ノ`
       ー/Y´ L.l L7ヽ  )- 、
       r'^ヽゝ_´ `´  ,〉f`ヽ. \
.       ',  ヽ,.-く_`ー--_'ン⌒;  > ヽ
.        ヽ.____` ̄´  ,.ノ、/ l  |



       /    \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |    みくるに勝手に触るなお!
      \      ` ⌒ ´  ,/    早くここから出てけお!!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


          _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
        ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
      ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
.        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,! 
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ 
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./     
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/   えっ!? す、すいません!!
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'
        ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、    



          _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
        ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
      ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
.        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,! 
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ 
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./    ・・・てなわけで問答無用で追い出されました。  
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/   
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'     ったく、あんなロボットにみくるなんて名前つけて。
        ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、        どうせあんな奴ただのキモいラブドールヲタだ!



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  
   |    ( ー)(ー)   ・・・ふん。だから言ったんだ。
.   |     (__人__)    あんなダメ男が我々に協力するなんてありえないんだよjk。
    |     ` ⌒´ノ   俺はあいつを昔からよく知ってるからな、分かってたんだ。  
   .l^l^ln      } 
.   ヽ   L     }     さっさと別の作戦を考え・・・ん?
    ゝ  ノ   ノ  
   /   /   \   
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、



           _..-_-=一''""’    `''ゝ、
          _r'‐′ ゛`''    _,,..、,,    `ヽ、
         丿       ''"´   ヽ    `\
        /′              ゙ 、   ヘ 、
       ,'       ! 、         1   ヘ 、
       ∥     ,,.. ! '、     、    ヽ   !」
       1   ../  !|ゝ    │     '、  ゙t'、    ぐ・・・・・ぜぇぜぇ・・・
       ./_‐ 〃   1| '、    ヽ      1   ''{ 、
      ..イ丿 /、     │ヽ、   1〈1    ′   ┤   へ、兵士長!大変です!
     - │ ,,l)' ` 'く 丶   ヽ、 │゙┐    、    l‐
      ,'f../j│ " liitと !,,__ _..=-‐‐l''''十    ′ ./ ∧   町が・・・フォーリッシュの町が、ついに・・・!
       ||(Y'∟  " 丿``゙l゙   "゙聿ル、  ./ _/./ l'、
       / |l l〕`''''''''"    '、     〉  ,,ィ rj⊥丿 ''{'、
       '´ ! │        ゙''ー---‐'| ..‐ ゞ丶 /ト   ′
        !’ l 、   ‐-       ‐´ 丿..r ..' '1
        `  ゙l{ゝ  ''‐r--_......     ..r ' 丿 ′
           ! "∟        _....ylll〉/l/
             `ゝ、_,,......-‐' ̄" ..〃..〔、
       _,,,--―---_ ` ニ卜    ,,r'「  ` 、


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 | u  ( ●)(●)  お前はフォーリッシュにいた兵士じゃないか!
. |     (__人__)   ついにフォーリッシュの町が落ちたというのか!?
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く



       ,'       ! 、         1   ヘ 、
       ∥     ,,.. ! '、     、    ヽ   !」      はっ・・・
       1   ../  !|ゝ    │     '、  ゙t'、  
       ./_‐ 〃   1| '、    ヽ      1   ''{ 、    全滅ではありませんが
      ..イ丿 /、     │ヽ、   1〈1    ′   ┤    もはやからくり兵を・・・・・げふっ!
     - │ ,,l)' ` 'く 丶   ヽ、 │゙┐    、    l‐
      ,'f../j│ " liitと !,,__ _..=-‐‐l''''十    ′ ./ ∧ 
       ||(Y'∟  " 丿``゙l゙   "゙聿ル、  ./ _/./ l'、
       / |l l〕`''''''''"    '、     〉  ,,ィ rj⊥丿 ''{'、
       '´ ! │        ゙''ー---‐'| ..‐ ゞ丶 /ト   ′
        !’ l 、   ‐-       ‐´ 丿..r ..' '1
        `  ゙l{ゝ  ''‐r--_......     ..r ' 丿 ′
           ! "∟        _....ylll〉/l/
             `ゝ、_,,......-‐' ̄" ..〃..〔、


       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |   しっかりっ!
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |  気をたしかに持つのです!
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 22:04:08.43 ID:H/7jqANr0

いい男がいっぱいだ





   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)  
. | u.   (__人__) 分かった、もういい。その体でよく知らせに来てくれた。
  |     ` ⌒´ノ  誰かこいつを医務室まで連れて行ってやってくれ。
.  |         }  
.  ヽ        }   全兵士と傭兵に、戦闘の準備をさせねば。
   ヽ     ノ


            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |  ・・・・・・・・・
          |   (__人/,〉.|   
          {   ´フ´ ./._ }  俺は、やる夫の家に行ってくる。 
          ヽ  ./,二ニソ}    
          _ヽ/  ,-― 、}ノ    
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\



       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|  え?しかし・・・
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入




         / ̄ ̄\
      /       \      もう時間がない。
      |::::::        |     こうなってはあいつのチカラを借りるのも仕方ない・・・
     . |:::::::::::     |     行ってくる。
       |::::::::::::::    |         ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'



   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や や 城 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ る. の ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て 夫 西 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 の に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 家  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. に る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ 
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  
   |    ( ー)(ー)   もうここには来るまいと あの時誓ったはずなのに・・・
.   |     (__人__)    また来る事になるとはな。
    |     ` ⌒´ノ     
   .l^l^ln      } 
.   ヽ   L     }     入るぞ。  ガチャッ!
    ゝ  ノ   ノ  
   /   /   \



     __    __,.- 、--  .._
      |ヽ.__.〕⌒_/  / ,´`'ヽ.-`─‐,┐
      | (,...ゝ '´:::`ヽ ̄`ヽ.、,`L/ ,′
.    ,r:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」  /
   /,イ::::::::;::::/|::::|::::::::::::::::';::::'.::', /:|
.   j/ l::::::::l::::j_.';:::|、:::::≒-、i;:::lヽ|/::::|
.    |:|:::::|ヘ:l  ヾ \| \|.i/::::::::::::l.
.     ヾ\',      、 _,.|::::|::::::::::::.、
       |`ト==-'   `¨´.|::::|:::|:::::::、::ヽ   
       |:N.、_    c _,. !::/ヾ!:::::::l.ヽ::!    
       |::|:::::::|  ̄丁__ノ| l/ i':/:/l:/  リ  
      /ソ';::::::゙{ヽ-、| i' ,.-ヶム:| '′
       ヾ ヾトv、|_|ニl `/゙i'´ ノ`
       ー/Y´ L.l L7ヽ  )- 、
       r'^ヽゝ_´ `´  ,〉f`ヽ. \
.       ',  ヽ,.-く_`ー--_'ン⌒;  > ヽ
.        ヽ.____` ̄´  ,.ノ、/ l  |


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ─)(─)  ん?何か部屋に置いてあるな。
   |      (__人__)  また妙なモンを作ってるのか、やる夫め。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   胸のパネルに何か書いてあるな。
  /     ./ _ノ    『こんにちは! わたしはみくるです』?
  (.  \ / ./_ノ │    
  \  “ /___|  |    ・・・みくる、か・・・・・



       ____
    /      \
   /  ─    ─\   ・・・その声、やらない夫かお。
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      
 |    ( ●)(●)   久し振りだな、やる夫。
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ    ・・・やる夫、もう一度だけ俺の話を聞いてくれ。
.  |         }    ついにフォーリッシュの町の守りが崩れちまった。
.  ヽ        }     次は城が襲われるだろう。
   ヽ     ノ     
   /    く       もう一度頼む!カラクリ兵を倒すためにチカラを貸してくれ!
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、 



       ____
     /      \ 
   / ─    ─ \    しつこいおやらない夫は。
  /   (●)  (●)   \  前にも言ったお、そんな気はさらさらないって。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      
 |    ( ●)(●)   俺達が生まれ育った この国が滅びようとしてるんだぞ!
. |     (__人__)    分からないのか!?
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   いいじゃんかお。人間なんてみんないつかは死ぬんだお。
 |       (__人__)    |   今死のうがいつ死のうが同じだお。
 \     ` ⌒´   / 
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      
 |    ( ●)(●)   お前・・・!
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ    くっ、もういい。お前に頼んだお前が馬鹿だった。
.  |         }     俺は帰るぞ。こうしている間にもカラクリが城を襲って
.  ヽ        }     来るかもしれん。 じゃあな。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  そうだお、人間は死んじまうんだお。  
 |       (__人__)    |  あいつみたいに・・・  
 \     ` ⌒´   / 
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   死んだらそれっきりだお。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  もう動くことはない。もうしゃべることもない。
    |  \/゙(__)\,|  i |

ガサゴソ・・・

『やる夫さまへ
 明日あなたの兄上のやらない夫さまと森へ狩りに行きます。
 大きな鹿がつかまえられたら あなたのところへもお届けします。
 だからお腹をすかせて 楽しみに待っていてください。
 私もあなたとお会いできる日を 楽しみにしています  ―みくる―』

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   あいつからの手紙・・・
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /   みくる・・・
    ノ           \
  /´               ヽ




バタンッ!

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 | u  ( ●)(●)  くそっ、やる夫のやつ・・・
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }   ・・・何っ!カラクリ兵だと!?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)


            / ̄^|―|^ ̄ ̄\   
           /  θ|  | θ    \
          \____|  |____/
          \___●____/
           ヘ__/\___/     ゴゴゴ・・・
           /   盆/     \
          /|   ├──┤    |/\
          /^ |  ├──┤    | /\
         /^`ヘ,  ├──┤    ,ヘ/ /\
        /´⌒λ\ ├──┤  /  \/⌒\
       (___)/ \|____|/ \  (____)
        ゝ,_____ノ/   /   \   \ ゝ,____ノ
           / ̄ ̄L/     \_| ̄ ̄|
          /   / |      | |   |
         / ̄ ̄7^()i      |()ヘ ̄ ̄ヘ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 | u  ( ●)(●)   なんてことだ!もうこんなところまで!
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   ・・・ん?何か様子が変だぞ?
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)


            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !   グゴゴ・・・・・プシュー!
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 | u  ( ●)(●)   止まった・・・のか?
. |     (__人__)   何なんだ一体・・・?
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



ガチャッ!
         ____
       /      \
      /      ノ  \   おい、人の家の前で何騒いでんだお。
    /      (●)  \  騒ぐんならよそで・・・ん?
    |         (__人__)|
     \        .` ⌒/
    ノ           \



            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\  おお!これが例のカラクリかお!どれどれ・・・
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'     /



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|    何か分かるか?
          {   ´フ´ ./._ }   
          ヽ  ./,二ニソ}    
          _ヽ/  ,-― 、}ノ    
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    かなりダメージ受けてるみたいだけど、これなら・・・
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |  やらない夫 手伝えお、こいつをやる夫のラボに運ぶお。
 \              /



    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|
 . |.  (__人__) .|  何をする気だ やる夫?
   |   ` ⌒´  ノ   
 .  |.       .}    ・・・ああ、そういうことか。
 .  ヽ        }    よし分かった、手伝おう。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  すごいお、これがカラクリ兵かお・・・
 |        ̄      |
 \              /




一方、フォロッド城では――

::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|  ぜぇぜぇ・・・
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|  そこです!マッガーレ!
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、

      __
    i<´   }\   , - 、
   ヽ.._\./  .ンく r-兮、 __
    ∠`ヽ.! /   ヾニEヲぐ ,ゝ->    
   /_`シ'K-───‐-、l∠ イ      カラクリ兵は倒れた!  
   l´__,/l\、_ ̄0¨0)゙@Yヘ, -┤
.    l'___|⌒ヾ''ー==、ーr='イ i二|
   / .」   i   /./7r‐く  lー!
.   f.  ヽ‐i人.∠'<   _i. l,.-ゝ.
    トiヘヘ「ト〈      `X  トレi7__|
   〉ト:トハj`! i.    /  トー┤lルj,リ
  /‐+----+‐l    iー--i---ヾ'〃



       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |  はぁはぁ、何とか一体・・・
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ  しかし、まだまだ押し寄せてきますね。
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l    このままでは・・・!
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入


            ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、
            〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ
           /イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j
           / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉   大丈夫か古泉!?
            { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'   加勢するぞ!
           ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//
                l     ヽ           ∧ /
                ヽ             / Y_
                 丶   rz=ニつ    ,イ  }八 __
                   \   ‐    /   /  〉 \
                    \    /    /  /   ヽ_
                     >ーく    /   /     | `ヽ



       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N   あいつらを 城の中には入れないようにしないと!
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ
      ` ヽ  l二}  ノ
         `ーr  イ,,ィ!- 、
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ
         /`ー|| '     ヽ
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |


          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|   しかしあなた達は、フォーリッシュでの戦いで重傷を
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|   負ったはずでは・・・?
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ



     ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ
    ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉     何言ってんだ!
    .{.「i  ヽ!.       _,,/      フォーリッシュじゃたくさん人が死んだんだ!
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /        子どももじいさんばあさんも、シスターも!
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、   俺達兵士が今戦わなくていつ戦うってんだ!
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、
-‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{


       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N    戦いの中死ぬのは、戦士の最高の名誉!
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ    
      ` ヽ  l二}  ノ      僕は死ぬまで戦います!
         `ーr  イ,,ィ!- 、
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ
         /`ー|| '     ヽ
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |




ゴッグA、B、C、D、Eが あらわれた!
      __
    i<´   }\   , - 、
   ヽ.._\./  .ンく r-兮、 __
    ∠`ヽ.! /   ヾニEヲぐ ,ゝ->
   /_`シ'K-───‐-、l∠ イ
   l´__,/l\、_ ̄0¨0)゙@Yヘ, -┤
.    l'___|⌒ヾ''ー==、ーr='イ i二|
   / .」   i   /./7r‐く  lー!
.   f.  ヽ‐i人.∠'<   _i. l,.-ゝ.
    トiヘヘ「ト〈      `X  トレi7__|
   〉ト:トハj`! i.    /  トー┤lルj,リ
  /‐+----+‐l    iー--i---ヾ'〃
.  l_i____i__|   |___i,__i_|


    ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈   おらおら!かかってきやがれカラクリ共!
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉
    .{.「i  ヽ!.       _,,/   さすがとか何ともないぜとか言われて調子乗ってんじゃねーぞ!
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /     一体でも多く道連れにしてやらぁ!
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___




ゴッグBのこうげき!
    _
   r<´  i\(⌒,"-⌒、
   ヽ \ .ノ メく. r 、n.,,ヽ,--- 、      i|i  i|i i|i
   .∠`ヽ〉_,ノ.  ヾヽ.Oノ人" ヽ  ヽ、   .i||i i||i i||i
   /⌒`シX、 __,,,..z-X-、.,_〉/""} ̄
   {'⌒,/ iゝ.""0 (*) (*)0y'" .{'⌒}     ;;iill||iil||lllii;;;
 /\f'⌒ヽ⌒ヾ'ー==、ー,.=彳  {⌒}    《i,llii,;;iillllii,,ii,,,》
 \〈 iヘヘヘヽ,,,,i   /./7r‐く  i⌒i    | ゙ ゙゙゙゙゙''''''゙゙゙゙゙゙ |
.   トリリリリ.,,,  ̄''''''''''------/⌒ゝ.,,,iili||i|        .| 
   〈iルルル'ヽ  ̄'''---,,,,,,__レvvv〉, ,,  ∥       ..|
 ./=i===ェ=i .   /  i ̄ ノリリリリ゙ """ll       .!  
 l_i____i__|    i==i=ノルルノ     .!,,,iill|ll ,|||,,iii.,!! 
             |___i,__i_|


       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N    数が多すぎる・・・ここまでか・・・
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ
      ` ヽ  l二}  ノ
         `ーr  イ,,ィ!- 、
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ
         /`ー|| '     ヽ
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |




「やれやれ、くれぐれもはやまったことはするなって言ったのに。

 忘れるの早すぎだろ常識的に考えて・・・」


ウィーンウィーン・・・


::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|  この声は、兵士長!?
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|  それに、この妙な音は一体・・・?
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、




   <    ヽ    _
    ヽ\     〉<´ ,、ヽ
    /- 、ヽ /  \ヾす}__
    /___ 〉' _    ヽンi  ヽ \
   ,'___ 〉/` ー-`二>、-、} _/ | ̄
   |__ ソ-ミヽ、、○◎(Do「´V'⌒|     ウニョラー! 
   L..`l   ヽ`ヾニ,''¬フ〉  !'⌒l  トッピロキー!
  /_ ヽ    }  /.〉ー/,〈._  |'⌒!
 ,/      ヽ   | /ノ_/´、 }  l⌒ト、
 ト、,ハ ハ/ヽ,.∨^ーへ、__/ ̄.} |,'/ , ',
 ト.|ヽ|ヽ|ヘ|_∧    /`ート、| | /| |
 | |l. |l. |l | j l     /  |   ト|j| | |
 ヽ!ヽ!ヽ!ヽ|/  |    |___|___|!レレ
 /´ヽニ二二ニ/|   |  `lー---‐ヽ
./  i       i. !  |   i      i }
` ー ┴------ '┘ └--- '-----┴


       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N    何だ!?カラクリ達が急に奇声をあげて妙な動きを?
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ    向こうじゃカラクリ達が同士討ちしはじめた・・・
      ` ヽ  l二}  ノ
         `ーr  イ,,ィ!- 、  この音でカラクリ達が狂ったのか?
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ
         /`ー|| '     ヽ
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/18(火) 23:11:13.38 ID:Z0IaAoZF0

グルグルwww


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 23:13:18.67 ID:+xIJkk+3O

なんでグルグルw




    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|   お前たち、よく持ちこたえてくれた!
 . |.  (__人__) .|  もう大丈夫だ!
   |   ` ⌒´  ノ   
 .  |.       .}   やる夫が研究所にやってきたカラクリ兵を
 .  ヽ        }   改造してくれたんだ。
 /   ヽ     ノヽ  そして我々の味方としてよみがえったんだ!
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


         ____
       /      \
      /  ─    ─\    こいつの思考回路から破壊のコトバを全て取り除いたお。
    /    (●)  (●) \  もうこいつは人を襲うことはないお。自由になったんだお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /  そうそう、ついでにカラクリ兵は何者かに特別な音で操られていると
    ノ           \   分かったんだお。だからこいつを使ってその音をいじってみたんだけど、
  /´               ヽ  うまくいったみたいだお。


                       / ̄ ̄/|_ / ̄ ̄\
                      /    .//  /      \
                    /  ● //  /  ●    \
                  /     .//  /         \
                 /    ● .//  /  ●        \
                /´       | |  |              \
                 |_____ |/ ̄\_________|
                  |       |     |           |      ボウガイオン ハッシンチュウ。
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                | ̄ ̄ ̄\/ /  \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /     シュツリョク 80ぱーせんと。
                \     | ./.  //        . /
         / ̄ ̄ ̄\  \ ヽ   / /  /\ / ̄ ̄ ̄ ̄::<
         |       ヽ| ̄  / ̄ ̄\/./    / ./ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄\
         ヽ、      ノ |  <  ̄ ̄ ̄ >/     / /  |        |
          \___/\ |  ヽ ̄ ̄/      //    ヽ       /
                  \|/  ̄ ̄     \/     /\    /
                    | ̄ ̄ ̄|□| ̄ ̄ ̄|      |    ̄ ̄
                     | ̄ ̄[二二] ̄ ̄|   /  /
                     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /  /\
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| / /    \



               
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     
 |    ( ●)(●)   このカラクリ兵を使えば敵のカラクリ兵はもう敵じゃない。
. |     (__人__)    これで敵のアジトに乗り込むことができる!
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }     まずは兵士達に充分な休息をとらせ、明日の朝一番に
.  ヽ        }     行動を起こすぞ!
   ヽ     ノ        
   /    く       みんな、御苦労だった。今日はしっかり休んでくれ。  
   |     \       やる夫もな。
    |    |ヽ、二⌒)、       


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ああ。そうさせてもらうお。
 |        ̄      |  
 \              /



夜――

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \   ちっ。ダメだお、こいつもダメージが深すぎて直せないお。
  / ノ( ●━━●   \  アホ兵士たちめ、もっと手加減しろお!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |  せっかくもっとたくさんあいつの仲間を増やせると思ったのに!
  \     ` ⌒´   ⌒/



               
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     
 |    ( ●)(●)   ――やる夫、まだカラクリ兵をいじってたのか。
. |     (__人__)    もう夜も遅いぞ。いい加減休んだらどうだ?
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }    
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ        
   /    く        
   |     \       
    |    |ヽ、二⌒) 



         ____
       /      \
      /  ─    ─\   ・・・やらない夫。
    /    (●)  (●) \  このカラクリ兵は一体誰がどうやって作ったか
    |       (__人__)    |  知ってるかお?
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \


          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●)   え?いや、知らんな。
    .    |     (__人__)  
    .     |         }  
    .     ヽ        }
          ヽ     ノ



         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ   だろうと思ったお。こいつは
       |::::::::::::::       |   とても人間なんかに作れるシロモノじゃないお。
        ヽ::::::::::    /     
        /::::::::::::   く      


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|
 . |.  (__人__) .|   
   |   ` ⌒´  ノ    というと?
 .  |.       .}
 .  ヽ        }
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



       ____
     /      \
   / ─    ─ \    こいつはおそらく、魔のチカラをもつ者が作ったんだお。
  /   (●)  (●)   \  だからこそ全てを壊し、人を襲う・・・そう命令されてたんだお。
  |      (__人__)    |  本当にあわれで可哀想なのはこいつらだお。この国の人間じゃないお。
  \     ` ⌒´     /


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  やる夫・・・お前、本当に変わったな。
          |     (__人__)  昔のお前は、いつもお調子者で能天気な奴だったのに・・・
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!




         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ   ふん。やる夫はこいつの微調整で忙しいんだお。
       |::::::::::::::       |   邪魔だから出てけお。
        ヽ::::::::::    /     
        /::::::::::::   く      



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   ああ、そうしよう。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }   じゃあなやる夫。無理するなよ・・・
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  
   /    く  
   |     \  




翌日――

  ,. -―-、, -z:ァ―rー―- 、
. /::) (:)///  イ (7 (」 lヽ
 ト― <_/:::∠__ |ヽ、____,ィ
 ヘ  l::○::::::::::::::::l      |
.  }=八_,.. ̄ ̄ ̄ゝ      /
  `7\ / ̄ ̄|/l`ー--‐イ   オハヨウゴザイマス コンニチハ コンバンハ・・・
     ̄lT ―-..__∧ \___/    アイサツ、アイサツ・・・
.     ||‐‐ -|   `ーイ
     |l-0 .-|  _ /
     /\ ―|/    〉
    `} ̄ヽ 7ー--''">ー/r―、
     |  ̄|  |―、/  〈 |__/|
      ',  ',_/ヽ  \ /   /
     |几几l /| ―'" 丶 /
     └――'′ ヽ几几__/


    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈   ・・・ホントにこいつ、もう襲ってこないんだよな?
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉
    .{.「i  ヽ!.       _,,/   不安だぜ。こいつと一緒に敵のアジトに行くってのは。
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  ――諸君らのおかげで昨日はこの城を守り抜くことができたと聞く。
  |     ` ⌒´ノ  礼を言うぞ。
.  |         }
.  ヽ        }   だが、守る戦いはもう終わりにするのだ。
   ヽ     ノ    やる夫が改造したカラクリ兵を使えば、敵のアジトに乗り込むのも不可能ではない!
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |  近いうちにまた新たなカラクリ兵が攻め込んでくるのは明白だ。
          |   (__人/,〉.|  そこで我々は一気に敵拠点を叩くべく行動を起こす!
          {   ´フ´ ./._ }   
          ヽ  ./,二ニソ}    やる夫のカラクリ兵を使えば、敵カラクリ兵に阻まれずに
          _ヽ/  ,-― 、}ノ     拠点に侵入できるはず!そして拠点に潜んでいるであろう
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ    敵の親玉を叩く!そうすればこの国は救われるのだ!
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}   
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\



    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉  ええ!みんなの仇討ちだ!
    .{.「i  ヽ!.       _,,/   行きましょう、兵士長!
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、



       ./ ''''' ' ''{ . ....{::: ::{::.: {-''''-""ヽ1::: 1:: l: : 1:: l 、1
       { ...l.....:::|:. : l:::1:.: :l、:::{    . 1l 、l┤|::.: :l、:l \
       .{...l:::{::::::::k::.: :l::.l 、:::{ヽ:ヽ   _,>|"l:/.ヾ1:: }.|.l|
       {::|::::{:::::::ヽ:::::{,,h-ヽl--ヽ''"   _/''""' l:/^、
        {:{:::ヽ::l:::::>、::l ~,.-->-,、    ヽ.ll__,,..l.l\", }
        .\1:ヾ、l::、::ヽヾ/  lll ._|   .l  "  .' l/./   おお!弔い合戦だ!
         ヽヽ>__'ミ,ヽ:ヽ--''''     ヽ     l^
           l: :,lヽ、: : .        ' ,,    /ヾ.、
            ''-,,,,^ ,、::::j   . ,--'''''"" }  / l ヽヽ、
            | l .::::::ヽ::::..   {     ヾl / l  }ヽ ヽ、
            { | :::::::::::::>、_::.. ヾ、__,,,-'''ノ // /  }''ヽ  ヽ、
            ヽl ::::::::::/:::::{ヽ-,,,_"''''''"- / /  |  l   ヽ、
            .ヾ:::,:::::|::::::|  .ヽ::::~^---"  /   }      \



    ___
   /_ ,_ \
  /(●(●  )  
  |(人_)  /  ・・・・・・
  \   /     
   |  /
   |/


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  敵のアジトはフォーリッシュの東、すりばち状となった土地にある
  |     ` ⌒´ノ  洞窟の中だ!
.  |         }
.  ヽ        }    それでは総員!出発するぞ! 
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



            / ̄^|―|^ ̄ ̄\
           /  θ|  | θ    \   
          \____|  |____/
          \___●____/
           ヘ__/\___/     ガシンガシン・・・
           /   盆/     \
          /|   ├──┤    |/\
          /^ |  ├──┤    | /\
         /^`ヘ,  ├──┤    ,ヘ/ /\
        /´⌒λ\ ├──┤  /  \/⌒\
       (___)/ \|____|/ \  (____)
        ゝ,_____ノ/   /   \   \ ゝ,____ノ
           / ̄ ̄L/     \_| ̄ ̄|
          /   / |      | |   |
         / ̄ ̄7^()i      |()ヘ ̄ ̄ヘ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^      ^ ̄ ̄ ̄ ̄

       ____
    /      \
   /  ─    ─\    やれやれ、こんなに長く歩くのは久しぶりだお。
 /    (●) (●) \  引きこもりのやる夫にはつらいお。
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /   ・・・それにしても、こいつの動力源は一体何なんだお?
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   永久に動き続ける装置・・・この装置の謎が解ければ
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  やる夫の夢はかなうのかお?・・・・・永遠の命が。
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |  何ぶつぶつ言ってるんだ?やる夫。
. |  (__人__)  |  どうかしたか?
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }   というより、どうしてお前も来たんだ?
.  ヽ        }   兵士じゃないお前には危険だぞ?
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  


       ____
    /      \
   /  ─    ─\    別に、何でもないお。
 /    (●) (●) \   
 |       (__人__)    |  それに、みくるを一人にはしておけないお。 
 \     ` ⌒´   /   問題ないお。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



            / ̄^|―|^ ̄ ̄\
           /  θ|  | θ    \   
          \____|  |____/
          \___●____/
           ヘ__/\___/     ミクルデス ヨロシクオネガイシマス・・・
           /   盆/     \
          /|   ├──┤    |/\
          /^ |  ├──┤    | /\
         /^`ヘ,  ├──┤    ,ヘ/ /\
        /´⌒λ\ ├──┤  /  \/⌒\
       (___)/ \|____|/ \  (____)
        ゝ,_____ノ/   /   \   \ ゝ,____ノ
           / ̄ ̄L/     \_| ̄ ̄|
          /   / |      | |   |
         / ̄ ̄7^()i      |()ヘ ̄ ̄ヘ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^      ^ ̄ ̄ ̄ ̄

   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)  (みくるか・・・・やはりまだあの時の事を忘れられないんだな)
. | u.   (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   ついてくるのは構わないが、命の保証はできないぞ?
.  |         }  
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ



    ___
   /_ ,_ \
  /(●(●  )  
  |(人_)  /  お前が守れた命なんて 今までいくつあったんだお?
  \   /     
   |  /
   |/

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   ・・・・・・
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/18(火) 23:57:52.52 ID:su89bcck0

きっついことを……





    ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉  兵士長!やつらのアジトに到着しました。
    .{.「i  ヽ!.       _,,/
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、
-‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |   よし!奴らが油断している隙に一気に攻め込むぞ!
          |   (__人/,〉.|   
          {   ´フ´ ./._ }   まずやる夫のカラクリ兵で敵カラクリ兵を混乱させる。
          ヽ  ./,二ニソ}     そして洞窟入り口への進路が確保されたらただちに内部に侵入する!
          _ヽ/  ,-― 、}ノ    敵はどれほどの戦力があるか分からん!心してかかれ!
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ   
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}   「うおぉーー!」
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   頼んだぞ、やる夫。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  
   |     \  


          ____
        /      \
       /       ─\
     /          (●) \   あいよ。
     |            (__ノ)
     \       ____/
         /      く
      /        ヽ




  ,. -―-、, -z:ァ―rー―- 、
. /::) (:)///  イ (7 (」 lヽ
 ト― <_/:::∠__ |ヽ、____,ィ
 ヘ  l::○::::::::::::::::l      |
.  }=八_,.. ̄ ̄ ̄ゝ      /
  `7\ / ̄ ̄|/l`ー--‐イ
     ̄lT ―-..__∧ \___/    ウィーンウィーン・・・
.     ||‐‐ -|   `ーイ
     |l-0 .-|  _ /
     /\ ―|/    〉
    `} ̄ヽ 7ー--''">ー/r―、
     |  ̄|  |―、/  〈 |__/|
      ',  ',_/ヽ  \ /   /
     |几几l /| ―'" 丶 /
     └――'′ ヽ几几__/


    _   _
  <_l`くr兮 ,─、
    /‐/kニ`Eヲlソイ    !?
   lニ|ヽ_0_0_@)lニ|   
   /ニ」 _ //__〈 lニ|    イアイア フングルイッ!! 
 f、、、,!ノ ̄`〉二| ,,|
  ,〉トトハ、  iニiニlルリ
  l_i_i_|  |__i_i_|



          _...................._
         _.∠゙..__∂ 6 %ヽ_
     /ヘ◎''┸-ニコDニ┸@,、
    ,へ、 }E三三ヲ个モ三ヨレヘ
   /⌒\Yjヽ .∠-‐ ○‐ヽ ノェェiヘ
  /´ ̄`¨}下カヽ,-― 土‐-イ´》-―ヘ  ニャホニャホタマクロー!!
  L...__j  〈Eチ天ト´旦}二コ |__」
 {ヘ /N ィ  厂`ヽ |ミ匚| ハ ,ヘ爪入
 { ハ| |,イ } 厂二_YjL.凵‐ ̄ヘ{ ハ| ト ヘ
 レ' |ノ jノ √木 ¬    | ̄__/| レ ヽj
      f‐〈 | 》r‐{   リ ̄《 カ
      」 ヘv/  ∥  | |  ヘ圦
      | _⊥_ ∥  | |   | |
     レ ィ―ト、_』  | | /,ニり
     ゝイ二コyーく  〕¬∠キ三L
    z'/」_ レ_ jュ 尸ニニニニヽ
    √,ニニニ,   | |____r:::::ュj

       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ  よし、効いている!
      ` ヽ  l二}  ノ
         `ーr  イ,,ィ!- 、
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ
         /`ー|| '     ヽ
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   うむ、まずはバッチリだ!
          |     (__人__)    これで洞窟入り口までの進路が確保された!
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    それと・・・
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    やる夫には構うなお。 
        |      (__人__)・    |    やる夫はみくると一緒にここにいるから、
        \__ ` ⌒´ __/     さっさと行って来いお。
        /  | |_    _| | \
        |  | |  \ /  | i |
         | ├┤ __|_/  ├┤|
         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |




   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |   そうか、すまんな・・・
. |  (__人__)  |  
  |   ` ⌒´  ノ   それでは行くぞ!総員突撃だ!
.  |         }    私についてこい!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  
   /    く  
   |     \  



    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉  うおぉぉぉーー!
    .{.「i  ヽ!.       _,,/
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、



         ____
       /      \
      /  ─    ─\    ・・・あいつら、行ったかお・・・
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ


  ,. -―-、, -z:ァ―rー―- 、
. /::) (:)///  イ (7 (」 lヽ
 ト― <_/:::∠__ |ヽ、____,ィ
 ヘ  l::○::::::::::::::::l      |
.  }=八_,.. ̄ ̄ ̄ゝ      /
  `7\ / ̄ ̄|/l`ー--‐イ
     ̄lT ―-..__∧ \___/    ウィーンウィーン・・・
.     ||‐‐ -|   `ーイ
     |l-0 .-|  _ /
     /\ ―|/    〉
    `} ̄ヽ 7ー--''">ー/r―、
     |  ̄|  |―、/  〈 |__/|
      ',  ',_/ヽ  \ /   /
     |几几l /| ―'" 丶 /
     └――'′ ヽ几几__/



                ∧
             / ̄ ̄ ̄\
         |\/_冂__  \_/\     ヒャッハ―!モケモケー!
        /  ||_  ● _||  /  /\  キロキロー!
        | @|// ̄\\  |@  |/ ̄\
       /\@ ̄/\   ̄  @  | / ̄\
      /\ \/    \   L__|\/ ̄\
     /\ |  ̄\ ̄ ̄    /     \


         ____
       /      \
      /      ノ  \
    /      (●)  \  すまんおお前たち。
    |         (__人__)|  もうちょいそのままでいてくれお。
     \        .` ⌒/
    ノ           \  
  /´               ヽ



         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \   ・・・人間なんて、いつでもそうだお。
    |       (__人__)    |  本当に不幸なのは誰か分からずに、
     \      ` ⌒´   /   自分勝手なことばかり・・・
    ノ           \
  /´               ヽ


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \ ジワッ
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   どうしてだお・・・
  |     (__人__)    |  どうしてお前は、あの時一人で・・・
  \     ` ⌒´     /



            / ̄ ̄\     
          /   _ノ  \   
          |    ( ●)(●)  ――これで終わりだ!
.          |     (__人__)  
           |     ` ⌒´ノ   くらえ!
.           |         }   
.           ヽ        }
            ヽ     ノ



                  ftl 丶. _.「ロl_  /    / }
                  l-l  _メ、 「 l X    / /   __
                 l l v:、.ニxニ l:l   / /.   | _ \
                , -―-、rl l. l :ト、 v丿l:l  r‐、..-―┤l  lL二}
            〈―、_ノr==ll 三三 /===r-K_ノ ̄l| 「―'
             l    l/ ̄ ̄`――'    /l .     |! ̄l(l  L  セイギョ フノウ・・・
            ヽ'-'l ト、__/ ̄ヽ__/  ト、_「l/.┤l ̄ l.  _l
             冫― l三〈_/ l三三}   \_,―´、l|  l   l  キノウ テイシ・・・
              /-、_.人__ l___ l  ヽ=--、_|_∧ y-l|  |   |
             ○´┤ ヽl  l  l__....l__/__/  ト(/ l l.   |   |
           // ̄/-、ノ   ∧__l  ノ _ヽ__ゝ、K  「イ | |  |   |
         //\/ /―r二二l ̄j y 二二``「l_l  l   l |  ̄| ̄ ̄l
          //   //  /   l / / l l / l l l ヽ  |.  | |   |    l
        //  /// ̄l  ̄ 「 ̄l  l  ―  l l  〉/ l  | |.  |    |


         //  /´ ̄_‐ヘ、  l   l匚l     l j‐‐'  ヽ__l l. |.  |
      // ― {」  イ  l \ 人___l、__l____ / \ノ  イ-' jl l    l
   r―、.//  ∧し_丿. l  l    /  \    丶   `ー' l l.   !
   ,-―、ノ   \     l   l    /    ヽ      l     | |   |



  .-、  _
  ヽ、メ、〉      r~~ー-、__      ________________
  ∠イ\)      ムヘ._     ノ      |
   ⊥_      ┣=レヘ、_ 了     | 馬鹿なっ! デスマシーンがやられるとは!?
-‐''「 _  ̄`' ┐  ム  _..-┴へ   <
  | |r、  ̄ ̄`l Uヽ レ⌒',    ヽ.   | おのれ!このマシンマスターがぁっ・・・・・ぐはっ!
  (三  |`iー、  | ト、_ソ   }     ヽ   |
  | |`'ー、_ `'ー-‐'    .イ      `、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |   `ー、    ∠.-ヽ      ',
__l___l____ l`lー‐'´____l.       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  .|      |
               ||  |__.. -‐イ
               ||   |    ノ/


  \  /               
    X   / ̄ ̄ ̄\       
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \      
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |   やったぞ!
     | |.|  (__人__)  |  敵の親玉をしとめた!!
    トニィ'|   `⌒´   |   俺達の勝利だっ!!
    |    |         }       
    \   ヽ        }      
     \  ヽ     ノ      
        ン ゝ ''''''/>ー、_     
       / イ( /  /   \    
       /  | Y  |  / 入  \     
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l 



   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉  勝った!俺達は勝ったんだ!!
    .{.「i  ヽ!.       _,,/
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、
-‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{
::::::::/;;r''::::::i¨ !゙     '    ,,x''゙:::::::::::::::::::::l::::l、
   

          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|   これでこの国からカラクリ兵の脅威は消え去りましたね!
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !  さぁ、はやくこの喜びを伝えるために早く戻りましょう!
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ



――フォーリッシュ町――

                                                   、Х\
                                               〈`
                                                 /\
                                                //.:::.:.::〉
                                            〉へ::.:/ヌ/〉
                                              /'个y´ ̄Lム、
                                           |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                __                          |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                         |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘   [ニニニ|ニ]                            ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~             | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|_|::|/<>。                         | .: : .:.|               .             .
: :レ|[:::《   '     、                    | . : :.:.:.|       '               .
_〈l〈V\|コ                          _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´         '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/         



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 00:27:12.17 ID:8xfc8Ad4O

つか親玉アムロの親父かよw





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)  ――負傷兵はいったんここの病院に預けよう。
  |     ` ⌒´ノ  城よりもこちらのほうが医者が多いからな。
.  |         }  それが済んだら城に戻るぞ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ   
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)         


       _r‐-、―- 、
      /   、   ヽヽ
     / 〈 i 、、 〉 ハ  } !
     |! ヽルヾ∨イテト、l、N
     ヾヽ{セリ  `'′ _ノ  いたたたた・・・・
      ` ヽ  l二}  ノ   申し訳ありません、兵士長。
         `ーr  イ,,ィ!- 、  
          f-‐t!"/ ̄ヾヽ  それにしても、町の人たちのあの喜びよう。
         /`ー|| '     ヽ  怪我をしたかいがあったものです。
       /    《       lヽ
       l  ヽ 《       l l l
       │ 丶、 ∥   | .  | | |
          〉  |  |    |   ! | |



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   町なんかに寄るのかお。
        |      (__人__)・    |  メンドイお、さっさと城に戻った方がいいんじゃないかお?
        \__ ` ⌒´ __/       
        /  | |_    _| | \
        |  | |  \ /  | i |
         | ├┤ __|_/  ├┤|
         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |


            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、  ?
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



                  _, -――- 、_/^\
           ー=こ⌒\: : : : : : : :\厂^\\
            / : : : :| |\ \:__: : : :\   |∨
            / : / : : : |_|  \ \: : : : : \_|ハ
.           ´ ̄了: : : :∧|   ,ィ≦沂: ,: ト、:\ :'
              |:|: : : f才汽  ∨り ∨: |、:厂 : :'.    ひぃっ!?
              |:ト: : 入∨り// /`´  |: ムイ: : : : :',    カ、カラクリよぉ!
              |八: |: :n‐ァ、 r‐ 、  j/|: : : : : : :│
                  〉{: ハ{ ' L ー'_// │: : : :│ :|
              | : {⌒ヽ  }了\∧-ヘ: │: :| :│
              |/´   | | ト、_∧ノv }ハ∧: :| :│
             〈  /^7 |ノ/ {o「 V /  ∨ :│
              |ヽ __/  ,}  }o}  }ハ   | : : |
              }ー{_{〈  /  / /  ノ _ノ.  | : : |
              厶 _ト、__/  / / /ー{   | : : |


             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉  残らず倒したんじゃなかったのかよ!?
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/   くっそー!よくも町のみんなを!
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l



             _  |   \       `\
               / `く|∧         \}  ヽ
           _/   !ヘ仏. \ー、\     \ ハ
            /   | ト'"""\ \ヽ、\/    \j     よくも、よくもウチの生徒を!!
          //,′  | |__, ヽ } ヽ'´\     \\
       〃  |    | |      V    ⊂⊃ 、  :|_, 〉、\
           |    | 小 ⊂⊃////ハ  |\| Y   ̄   カタキや!この!この!
           | ハ ∨レヘ ハ      ,--、U  | l ヾノ_
           ∨ハ.   | j ∪  /⌒′ ^  , | | ̄.:.:.:.:)
                ',   l人 _______ , イ.:.:| |.:.:.:.:.:./
                ヽ  |ヽ∨.:.:.:.:.: |ヘ|__/ \V⌒`<
                \|くV.:.:x─〈  }-ヘ  /   /`ヽ
                  ∨    ヽ∧ /V /⌒{  |\

            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、  ボウギョもーど。
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ   たーげっとニンゲン。
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ   ハンゲキ デキマセン。
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   何しやがるんだおお前ら!
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |  お前らが助かったのはこのみくるのおかげなんだお!
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ


 ./t丿`l       ∧∧|l /|       ( つゝ/
 | ソ-;::ト     ∧/:::::::ヾ/:ソ_-t    /;;;;/~
 .ヽヘ.:.\   .「::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ソ  ./;.:.:./
    ヽ;;.ヽ、 」::::::;∧;;-w-,;;;;;≦ /.:..:/
     ヽ;;:ヽ ヽ::: へヘ;:;:;/へゝ/./.:..:/
      ヽ;.:\\:|`ヽ,><,,/r" /.:..:/
       ヽ;.:ヽ《tl. 「 ̄~^=l|)/.:..:/     壊せ!そいつをぶち壊すんだ!!
         ヽ;;.:>ヘ|~ ̄ヾlイ.##/
         ゞ> ,| へヘイtそ.:/
          > /|~^~」 彳
          ヾ || ヽ-─ ┘| /
          ] |  |.:..:..:.| 「|



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |
          | U (__人/,〉.|  やめなさい君たち!
          {   ´フ´ ./._ }   
          ヽ  ./,二ニソ}    
          _ヽ/  ,-― 、}ノ    
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \   はなせ、みくるから離れろお!
    /      u (●)  \  ぜぇぜぇ・・・だから嫌だったんだお!
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/   やる夫達は先に帰るお!
    ノ           \   ほらみくる、来いお!
  /´               ヽ



             _  |   \       `\
               / `く|∧         \}  ヽ
           _/   !ヘ仏. \ー、\     \ ハ
            /   | ト'"""\ \ヽ、\/    \j    なんなんや・・・
          //,′  | |__, ヽ } ヽ'´\     \\
       〃  |    | |      V    ⊂⊃ 、  :|_, 〉、\  何でカラクリ兵なんてかばうんや!
           |    | 小 ⊂⊃////ハ  |\| Y   ̄
           | ハ ∨レヘ ハ      ,--、U  | l ヾノ_
           ∨ハ.   | j ∪  /⌒′ ^  , | | ̄.:.:.:.:)
                ',   l人 _______ , イ.:.:| |.:.:.:.:.:./
                ヽ  |ヽ∨.:.:.:.:.: |ヘ|__/ \V⌒`<
                \|くV.:.:x─〈  }-ヘ  /   /`ヽ
                  ∨    ヽ∧ /V /⌒{  |\
                  |      {⌒}  (/`Y⌒ヽ∨ \


             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/  みくるってあのカラクリ兵の名前?
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ   はん、笑っちゃうね!
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l



                  _, -――- 、_/^\
           ー=こ⌒\: : : : : : : :\厂^\\
            / : : : :| |\ \:__: : : :\   |∨
            / : / : : : |_|  \ \: : : : : \_|ハ
.           ´ ̄了: : : :∧|   ,ィ≦沂: ,: ト、:\ :'   あいつが・・・あいつらがつかさを!
              |:|: : : f才汽  ∨り ∨: |、:厂 : :'.
              |:ト: : 入∨り// /`´  |: ムイ: : : : :',  うぅ・・・・
              |八: |: :n‐ァ、 r‐ 、  j/|: : : : : : :│
                  〉{: ハ{ ' L ー'_// │: : : :│ :|
              | : {⌒ヽ  }了\∧-ヘ: │: :| :│
              |/´   | | ト、_∧ノv }ハ∧: :| :│
             〈  /^7 |ノ/ {o「 V /  ∨ :│
              |ヽ __/  ,}  }o}  }ハ   | : : |
              }ー{_{〈  /  / /  ノ _ノ.  | : : |
              厶 _ト、__/  / / /ー{   | : : |
                <___/  \厶ム/r―イ    | : : |


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  
   | u  ( ─)(─)  ・・・負傷兵の病院への収容が完了した。
   |      (__人__)  城に帰るぞ・・・
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 00:40:35.91 ID:1gfQ6WLS0

何も知らないとはいえ……





              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ        j       //ノ  ――やらない夫達、よくぞ戻ってきてくれた!
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/   知らせは既に聞いている。
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/   今回の戦いでの皆の活躍、見事であった!
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´        王として礼を言わせてもらうぞ。ご苦労だった!
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   
          |     (__人__)   ハッ!わが使命を全うでき 嬉しく思っております!
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!



        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/   このたびの戦いで活躍した全ての者たちに褒美をとらせよう。
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i    後で音沙汰があるのを待ってくれ。
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ 
     ハ   `    | .| l .| |ノ      重ねて礼をいうぞ。まことにご苦労であった!
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ  ・・・はー、やっぱ堅苦しい言葉は疲れるわ。
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ―)(―)   
          |     (__人__)   ハッ!ありがとうございます。
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }   それでは失礼します。
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!




         / ̄ ̄\
      /       \     相変わらずだな大王陛下も。
      |::::::        |    でも、これでようやく終わったんだ・・・・
     . |:::::::::::     |   
       |::::::::::::::    |         ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)  ん?テラスのほうから声が聞こえるな?
. |     (__人__)  誰だ?
  |     ` ⌒ノ   
.  ヽ       }     
   ヽ     ノ        \  
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




『・・・そうですか。このカラクリ兵にみくる姉さまの名を・・・』

『別に笑ってもいいんだお。お前が笑ってもやる夫は気にしないお』


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)  この声・・・王女殿下とやる夫か?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒ノ   
.  ヽ       }     
   ヽ     ノ        \  
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ    いえ・・・
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',   みくる姉さまのこと、まだ
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !   許していただけないのですね・・・
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ

          _ - ─ - _
        _ - ´.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:::\
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:ヽ.:.:\.:ヽ
       / .:.:.:.:.:.:..:./.:.:,;:入.::ヽ.:.:.:ヽ.ヽ
     / .:....:.:.:..:./.:.;.':/ ヽ:..:.!:.:.:.:.l.:.:!
    ,' .:.:!:.l.:.:___イ.:/;/, -‐‐ヽ:!:.:!:.:l:.:.|
    !.:.:.:ヾト´:/ '//  _,rzxト|/:|ノ:イ:.|    ・・・あれは事故だったんですよ。
    ,'.l:ト、ベィ卞ォ   孑_,l7:.:.:!);':|:.:!ヽ   みくる姉さまだって、あなたを置いて
    /.::ト!:`tヘヾニソ  ,   `¨/:.:.:,'.:.:.イ:ハ:.!   一人で行くなんて・・・
   ,':.:l、:.:.:.:.`ヽ、  -- ‐ /.:.:/.://' リ
.   {.lヽ!ヽトー、ーヾ t _ , イ/〆


         / ̄ ̄\
        /      \    分かってるお。
       /::::::::::::::     ヽ   でも、やる夫はみくるを許せないんだお・・・
       |::::::::::::::       |   やる夫を置いて行ってしまうなんて 
        ヽ::::::::::    /   許せるわけないんだお・・・



              ' ´           `   、
           /             ヽ       \
            , ′           |         ヽ
        / ,             |\        ヘ
          / /      |        |  \.      i  ∧
.       ,′′        |     | |   \.__ |、 |  ∧
       ′i.          |     | ,ム.‐ ¨ ̄ヽ | i !   i
      i |       !     |/      N レ     l
      |  |    !,. ィ弋¨   l/′   ,x==k, Yヽ  |   だからからくり人形で
      |  ∨   |, ヘ 、ヘ  \ /    fヘn__,ハ|’ | }   |   自分をなぐさめているのですね。
      !  ∨  'ヘ.、ヘ.>=k`        ゞ- ' |   ∨  ∧
       '.  ヽ \ ヾi代、_,小.          |   |  ∧
         ∨  \___、__>ゝー'´   、     j  | l ト、ヘ
        ∨    ヽ. \      __.  '   / / / ∧|  `
.         i       ー\          /! ,ムイ./
.         |   |  \    ` 、ー-  .. _/  |/  ´
           l   ト、\__、ト---`ー─|       ヽ

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \   そうだお!みくるは死なないお!
     |       |::::::|     |   絶対にだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



            _ -  ̄` ー
          /         \
         , '       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',  ・・・このカラクリ兵には
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !   心があるのでしょうか?
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l   ほんとうの心が・・・
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、

            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、  ハナ・・・・キレイ ナ モノ・・・
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !  キレイ・・・ウツクシイ・・・
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \  ・・・行くおみくる。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /   ごきげんようお姫様。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |



        / ̄ ̄\.         
      /      \.........:::::::::::...     
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ. 
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   ・・・・・・
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.    
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ   
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´



















           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!  ――ここね、報告があった小屋っていうのは!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l   よーし、入るわよ!
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\


                , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |  もーハルにゃんったら慌て過ぎだよ!
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |   ほら、喜緑ちゃんなんて息切れがヒドイにょろ!
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 01:04:04.95 ID:8xfc8Ad4O

時代が最初にもどったのか





     ,r´ /   ,ハ   、  ヽ    l. l.|   |
      |  /  _..-'  ヽ   ヽ  ヽ   | | |  |
     ヽ 「´     ヽ   \  `、 |' ,!  |
      `ド.…ー-     \   `丶、 L.l./l j. |
       ハ'ニ。ヽ、   ヽ、` ‐- ....,/彡ノ , |  |、     ぜぇぜぇ・・・・・みなさん、走るの早すぎです・・・
      , '|l. lュ_}゙    r-ミ. 、 | `´トi  |   l`ー、
     r′ | l.   ,    「'ヘヽ y /リ ノ ハ   l   |   にしても、ここがからくり兵のある小屋ですか・・・
     ヽ /  ヽ、   _   `ー' ノイ'- ´  l. l    /
      j-'     lヽ、_ .. - ´ / ,    ,' ヽ、  ヽ
     |     ノ´ /    _,ノ '´   / __,..`ヽ  )



           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /     あら?向こうにそれっぽいのがあるわ!
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨     あれかしら?どれどれ・・・
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ



     __    __,.- 、--  .._
      |ヽ.__.〕⌒_/  / ,´`'ヽ.-`─‐,┐
      | (,...ゝ '´:::`ヽ ̄`ヽ.、,`L/ ,′
.    ,r:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」  /
   /,イ::::::::;::::/|::::|::::::::::::::::';::::'.::', /:|
.   j/ l::::::::l::::j_.';:::|、:::::≒-、i;:::lヽ|/::::|
.    |:|:::::|ヘ:l  ヾ \| \|.i/::::::::::::l.
.     ヾ\',      、 _,.|::::|::::::::::::.、
       |`ト==-'   `¨´.|::::|:::|:::::::、::ヽ   
       |:N.、_    c _,. !::/ヾ!:::::::l.ヽ::!    
       |::|:::::::|  ̄丁__ノ| l/ i':/:/l:/  リ  
      /ソ';::::::゙{ヽ-、| i' ,.-ヶム:| '′
       ヾ ヾトv、|_|ニl `/゙i'´ ノ`
       ー/Y´ L.l L7ヽ  )- 、
       r'^ヽゝ_´ `´  ,〉f`ヽ. \
.       ',  ヽ,.-く_`ー--_'ン⌒;  > ヽ
.        ヽ.____` ̄´  ,.ノ、/ l  |


.          l l.|./    _,.-' / \   ヽ   j、 |
         | /ヽ.-‐ ' ´,. -'     ヽ、   \{ ,!  l
           | l ヽ}-‐ ' __... -'   ー- ..._` ー-f'´l.  ハ
          ,′| j. l. ̄,....--、      ,.-- .._ ̄,! /ヽ  ヘ
       /  l.{ヘ !(.ヘ}rj|     |ソrj ア / / ノ /  ヽ、   いえ、確かに人の形をしていますが違うようです。
       , ′  l.ヽゝ.l. ゙-‐'        ー-' /j/-' ./    ヽ
       i′      / ヽ、    _'_    ,. ' ′  l ヽ     l  あら?胸の所にパネルが・・・
      l. /   /    ト ,、     ,. 、´ /   |  ,!    /  『こんにちは! わたしは・・・』
       〉′  _,/      |´ j ` ー ´ ト. 7    |..,._   /   うーん、その後の文字が潰されていて読めませんね。
     ,r′  /V   l / ,′      }/   / | /ヽ  「ヽ
.    |    | l、   ヾ、 |   __    ハ.   | ノ/  |  ! |




.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|  何だ、違うのね。
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ  ――にしてもこの小屋、ずいぶん埃臭いけど、
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l   一体いつから放置されてるのかしら?
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /



                 _ ,.. --_- ...
               .ィ: :‐ 7: : : : : `: :.\

               /ィ: : : : {: : : : : :..:..:..ヽ:.ヽ
             / /ィ:/ / ヽ: :\: : :..:..:l:..:.i
               / /: :/:/     \__:ヽ:. :_:}:..:.l!
           イ:_{: ://,zュ   ´ ̄ーミ/刄.:.}:ハ
     __ /7ヽミV´  __     r _≦、ヽ:./:l:..|   あっ!!
   /‐   ̄´ /: ハ「:|. ,z.弐ァ    '乍::.:|》}/-{:|.:l   陛下!あれを!
  〃       /:/ :..}:ヽ{ 《 トィ::.|      辷ソ j!ルノ:!:.ヽ
  {:{_ _ .. イ: :/: .:./::.:{小 ゙ー ′ 、      ムイ: :{:..:..:`:.ー-.、
  `フ´ィ: : :/: : :./:..:..:..:.ーヽ    ー.. '   イ:{:..\`:..:ー:..、:..:. }
  ///}^.::ィ: : : :/:..: :..:..:..:..:|介ァ..... _ . イヽ.\:..:..:}: : :..:.}:.}:./
 从ト、: :{{: : : .:..:/... ..:..:..:../:}: :..}/:,レ}   「ソ.. ̄}:ソ: : ィイ:リ_:`:.ー.、
    ): ): : {: :|:..:..:/:..:/「lフ:..:/::..{ー-__ ‐ 7: : /:/ ´メ:入ヽ:. j!}
   く:/フ: :ハ ヽ{:../:..:イ:..j/:イ: : : ヒ -- ー/: : {/ {! l l/  V::.∧j//′



         /⌒ヽ
         l_ 0..0
          }{ l冊
        -=-v=-
        }{ 彡ミノ{
        }{ 非 }{
        匁OTO)匁
         }{ }{
         }{ }{
         及 及

              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉   ヤルオ キョウモ ウゴカナイ・・・
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、 ナニモ シャベラナイ・・・
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /    すーぷサメタ。 ツクリナオシ・・・
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ
           /  \ L___j /   , =ゝ、



              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /    コノすーぷノメバ ヤルオ ゲンキニナル・・・
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/ 625 ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ
           /  \ L___j /   , =ゝ、


/~/ ´|::::::::::::::!/     ~Y、::!、.!:::::::!   \:::::::! !::::/  |:::/  |::::|::::::::::|、 ヽ
::::ゝ、_.|:::::::::::::|  /´~ ̄`ヽ、! \::ヽ   \:| !/ ̄~|/ヽ  |::!:::::::::|ヽ/´ヽヽ
/ /、|::::::::::::| イ、 /〇。:::::::1\  \ヽ    イO。::::::::::! \ .|イ:::::::::|〃ヽ
 /:/ ∧::::::::::| \ !:::::::::::::::!           |::::::::::::::::/ |/ | |:::::::::| ヽ ヽ
./:::/ /::|\::::::|     ヽ:::::'!            ::::::::::´ !  |:::::::::|、  !  !
::::/ /::::||!::::\::|   ヽ~ ̄´      ,      ~ ̄~`    /!:::::::/ }  動いてる!からくりがしゃべってるわ!
::/  !:::::ヽ|:::::::::\       ,--――――--、        /!::::::://
ヽ  !:::::::::::::!:::::从、      |/´:::::::::::::::::`\|       /-/::::/   これよ!これこそ長年追い求めていたからくり兵よ!
::::ヽ!::::::::::::::::!、:::::::ヽ      |        |      ノ/::::::/    間違いないわ!ついに見つけたのよ!
. |::::!:::::ヽ:::::::::\::::::::\     ヽ       /     / /::::/
 |:::ヽ::::::ヽ::::::::::\::::::::::\    \     /    ////::/
  |::::\::::::\:::::::::::\::::::::::"''‐    、_      -'"



             ,. .‐ :ア´: : : : : :`ヽ、
            /: : : : : : : :`ヽ、: : 、: :\
             /: /: ;.-へ.、 、: : :ヽ: : |: : : ヘ
           |:|:.|: /    `ー ミ__ー,r⌒): : : ハ
          ヽ:.V__    ̄`ヽ. |:`T l : : : : |
           |:.|,..、   ,ィ=‐、 |: : | ': :.| : :.|  まだ動いているなんて信じられませんね。
           |´ハ::}     b:::;リ' |: :/‐、: | : :.|
             ,! :| ¨r    ¨´   レ ムノ: | : :.|  素晴らしいです、これで我が国の研究は一気に発展しますわ!
           /: | ト、ー‐     ヶイ : : | : :ヘ
         /: :/: |: \   _,.    |:/: :l: :| : : ヘ
        l: :/: :./: :.| | ̄]    j/: :/: :ト.: : : ヽ
        ∨: :/:|: : |_l/ノ   /: :ノヽ:ハ: : : : }
         ヽ: :ヽ‐ ´__∠__/(: :/   `ヾ: : :(
          ノヽ: :) /ニァ´  ∨      ヽ: : )


        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l   よーし!このからくり兵を城に持ち帰るわ!
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l   大事に扱いなさいよ。
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l   こいつは国の宝なんだからね!
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-''"   ,,,  ./ ヽl     / ,ン--,,


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 01:09:27.98 ID:1gfQ6WLS0

まさか……
おい、やめてくれ……




               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l  オーケイ、ハルにゃん!
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |  よしよしいい子にょろ。
           {仆 f _     _ |  | |  頼むから暴れないでおくれよ?
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!  今からいい所に連れてくからね!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l

              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉   ヤルオ ウゴカナイ・・・
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、  アタタカイ すーぷノマス・・・
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、  ヤルオ ゲンキニナル・・・
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /    
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ
           /  \ L___j /   , =ゝ、




               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |  おーそうかいそうかい。
           {仆 f _     _ |  | |  スープなら城でいくらでも作らせてあげるにょろ。
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!  さ、ついてくるっさ!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|

              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉   
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、   すーぷサメル・・・
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、  すーぷツクル・・・
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /    
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ



         /⌒ヽ
         l_ 0..0
          }{ l冊
        -=-v=-
        }{ 彡ミノ{
        }{ 非 }{
        匁OTO)匁
         }{ }{
         }{ }{
         及 及

.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|   これが・・・いや、きっとあなたが
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|   あのからくりを作りだしたのね。
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ  
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l   偉大な発明家さん。
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'   あなたはもう物言わない身体だけど、
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./    そのすぐれた知恵、ちょっと貸してもらうわね。
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. / 
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 01:13:57.47 ID:kchQKlef0

きっつ・・





    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|  ・・・さぁ!
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|  これで空白だった数百年が一気に埋め尽くされるわ!
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|   一気に時代が動きだすのよ!
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′  世界の明るい未来が見えるようだわ!
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃   
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/      さ、帰るわよ!
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、


             ,. .‐ :ア´: : : : : :`ヽ、
            /: : : : : : : :`ヽ、: : 、: :\
             /: /: ;.-へ.、 、: : :ヽ: : |: : : ヘ
           |:|:.|: /    `ー ミ__ー,r⌒): : : ハ
          ヽ:.V__    ̄`ヽ. |:`T l : : : : |   はい!
           |:.|,..、   ,ィ=‐、 |: : | ': :.| : :.|
           |´ハ::}     b:::;リ' |: :/‐、: | : :.|   ただちに研究を始めさせますね!
             ,! :| ¨r    ¨´   レ ムノ: | : :.|
           /: | ト、ー‐     ヶイ : : | : :ヘ
         /: :/: |: \   _,.    |:/: :l: :| : : ヘ
        l: :/: :./: :.| | ̄]    j/: :/: :ト.: : : ヽ
        ∨: :/:|: : |_l/ノ   /: :ノヽ:ハ: : : : }
         ヽ: :ヽ‐ ´__∠__/(: :/   `ヾ: : :(




そして――

         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/  ――よし、準備はいいわね?
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /  それじゃあ始めなさい!
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ

            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、  了解です陛下。
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
          ヾ::、    ,        !/::/    ・・・うむそこだ。おそらくそこが
          仆    :j 、      イ:/     立っているために必要なパーツで・・・
             `、   _ _     /i,ハ
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、


         , -─-─- 、
        , ':::::::::::::::::::::::::::::::`、
      /:::::/、\、, ,/\ ::::ヽ、
     /:::::::::|        | ::::::`、
     |:::::::::|        |::::::::::|
.     |:::::::::|─-   ,-─|:::::::::|
      |:::::::|=ェェ-  -ェェ=|:::::::|  なるほど、そしてここが駆動系ですな。
..      |:::::|⊂⊃'⌒⊂⊃|::::::|   なんと精密にして正確な設計なのでしょう。
       |::::|    l    |::::|  
..       |::|\  ー  /|::|     どれ、この部品を外してみましょう。
.        |  lヽ _ 'l  |
,.         /\../\
        /| /Y\ |\



              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉   ビュ・・・ビュー・・・
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、


              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \         いけません女王陛下!
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶        お願いでございますからみくるを
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _  元のところへとお返しくだされ!
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 01:22:27.12 ID:1gfQ6WLS0

あああ……



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 01:23:22.43 ID:sH2Goj+K0

亀仙人は知ってるのか





        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ  みくる?
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l  へぇ、みくるっていうのねこのからくり兵。
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l  
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l   これは驚いたわ。
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l   亀じい、あなた何か私に隠し立てをしてるわね!
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l   そういえば、さっきから様子がおかしいとは
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l   思ってたけど・・・
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,


      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|  ・・・いたしかたないわね。
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ  喜緑大臣。衛兵を連れてきなさい。
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 01:25:16.19 ID:1gfQ6WLS0

亀じいか
頭の形から察するに、恐らく……





        !: :!.:|:,': : : : : : : : /: ハ: : : .  ヽ: : : : : : :i |: !
       1: :'、i:i: : : : : :,:- ´: :/  \ : : : . :\: : : :ji_!: i
       ! : :/ム}}ー:´: : :, - '     `ー 、_ : :\{{/j: : }
       j : {:ヾ十 ― 二 --‐¨    ¨ー 、__ ̄ i" i´: : ',
       ,' . : i ,{: : !  ̄_,,,,,,,,,,, ヽ    ム,,,,,,,,,,_  ̄j ハ : :  '、
      / . : :i {ハ: ハ 《''{ひェ::}ヾ     "{てェ;:}''》 / ∧ }: : : . ヽ   え・・・!?
     /. : : : l弋 Nヘ  kゞシi        iぅシフ /: /ソ丿/: : :  \    し、しかし・・・
    /. : : : : :|: : f-ゞi   ̄          ̄ /V`¨´ :λ  : .  ヽ
   { : : : : : : : : : :/ : : \     ‘      /:/: :   :|: :ヽ : :   }
   ヾ: / : : : : :/: : :  : !> 、  ´ `  、<: :/: :    :i: : : }. :   /
    Y: : : : :_: /: :   : : :};:;:;:;| ` ー ´ |;:;:;:;/: : :    :}、 . : :  /
   /: : : : : i∇: :   i: : /:;:;:;i`     ´^i ,': :     j;::::ゝ、 : .,'\


        / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |  いいから早くこの亀じいを地下牢に連れて行きなさい!
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |  
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l  亀じいには悪いけど、しばらくそこで待ってもらうわ。
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l   今はからくり兵の謎を解き明かすのが先よ!
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!    あなたからは後でじっくり話を聞いてあげるから。いいわね!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/     ・・・そうそう、衛兵。
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ       わざわざ扉に鍵をつける必要はないわよ。
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、



地下牢――
            _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
         ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
          /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
      /       | 〉    '.   i     Y  |
     /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.  ――よいしょっと。
.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉 はいるわよ、おじいちゃん。
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-


                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ  おお、涼子か。どうしたんじゃ?
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i  まだ学校は終わってないはずじゃが?
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i



                      _,.-¬‐-.__
                      ,イヽ、_/´, ,.,,., ̄L
                     r'ィヘ ,-!し{,イ〃,./ l
                   / ,. ハ L|  | Tァ^り川
                  //ム',.ィ f| ` (イノワ   どうしたもこうしたもないわよ。
                 ,.-'´/ , _,.〈| ト、_.ン`¨´    おじいちゃんが牢屋に入れられたって聞いて、
             ,.-'´ , '/  /'^ヽ. ', Lヽ_ |      慌ててすっとんできたんだから。
              /   {. ハ  l、  ', 1',¬. |
          /   / ヽ! ト- ニ、 ヽ.  l | `ー''フ  とりあえず元気そうで良かったわ。
.          / ,.  /  /     /  `ヽ、l lン‐ '    一体何があったの?おじいちゃん。
.         ,′// ,/    ,/、    __.ヽレ ヽ
        | ./ /    /  / __ _'ュ ィ.、ヽ ヽ
        l/ /    /r'  ,ゝ´  // { ト、 __ ヽ

         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ   ・・・じつは、あのからくり兵なんじゃがな。
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |  カクカクシカジカなんじゃ。
  \___/T'|'    | ''' |     |  /  
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/



               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/   ・・・なるほど。
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|    まあそんなとこだろうと思ったわ。
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |    おじいちゃんが牢に入る理由なんて、
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !    それぐらいしか考えられないもの。
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!

         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ   ・・・みくるはいまだやる夫が死んだことが分からず、
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \  主人の亡骸につくしておる。
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /  それを知った時、ワシは心に決めたんじゃ。
     | l゚|     |┿|     |/   そっとしといてやろうと・・・
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤ 
     |,__|゙|__,l人l_______|/



              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \         だから、何とかみくるを元の家に帰してやりたいのじゃ! 
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶        しかし部品を抜かれ、みくるは歩けん。
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _  
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~   頼む!家に帰ってワシの部屋からみくるの
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ  部品を取ってきてくれんか?
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\  
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \   
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)

                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  大丈夫よおじいちゃん。
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |   そんなことだろうと思って、一旦家に戻って
              | /│  |      ,        !  ! |   パーツと工具を持ってここに来たんだから。
          | | i!   |     __      |  |  !   はいこれ。
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !



                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ   
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i   おお、なんという手際のよさじゃ!
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |   さすがワシの孫娘じゃな。
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__  
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|  すまんな、ワシはすぐにみくるのところへ行く!
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /  今はお城の第二研究室にいるみたいよ。
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/   それじゃあがんばってね、おじいちゃん。
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ



        ∧-―^‐-/|
     /\´  , へ    ヽ、
   iヽへ      -―‐‐‐--/|
    |( ヽ `i´   _三二二//ヘ,|
    | |,\_l__,∠,,,,,;/    6、 /)  お待ちください亀仙人どの!
   |ノ "、''__,ー、~"""   7 /ヽ  
   |  /uuuuuu、       ノ    
   ヽ  mmmm!゛     _,'´
     `ー ー  -―― ̄


              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \           衛兵か・・・
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶  
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _   すまぬがどうかここを・・・
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)




        ∧-―^‐-/|
     /\´  , へ    ヽ、
   iヽへ      -―‐‐‐--/|
    |( ヽ `i´   _三二二//ヘ,|
    | |,\_l__,∠,,,,,;/    6、 /)    その格好のまま表に出るわけにはいきますまい。
   |ノ "、''__,ー、~"""   7 /ヽ     どうか私の軍服を着て行ってください!
   |  /uuuuuu、       ノ    
   ヽ  mmmm!゛     _,'´
     `ー ー  -―― ̄


                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i  へ?
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i  ・・・なんともかたじけない。
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |  今はただ黙って甘えておきますぞ。
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__ それでは失礼する!
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 01:47:39.15 ID:1gfQ6WLS0

ドドリアさんいい人www





              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/ 625 ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ
           /  \ L___j /   , =ゝ、


              <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>
                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i   (みくる・・・! ん?)
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


       / ̄ ̄ ̄ ヾ=ー、_
      / // /  ト    ヽ
     / //   / ///V/|   |
   // /  // //"""""|   |
  /   /  // //,,,___,,,,,,|| | |
  |    // //__ `o´ __.|| | |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |ヾー  //=二(:ヾ  'l:ノ=|| | |   |  私は学者達の留守の間、この研究室の警備を
  ミ三三彡//      l   /ヾl ll    |  任されている兵士ですが・・・
 (、ヾミ/`iノ    、_ゝ /彡/  <  
―"―-ノ|o' ヽ`-、   /o'l---――‐|   私は何も見ていませんな。
 i  i |  |     \_7´/ | | |  i  |  そして今からしばらく壁でも眺めていましょう。
 |  | ゝ_ `ー――――' ノ  |  |  \______________




              <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>
                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ   
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i   すまん、かたじけない・・・
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__  さぁみくる。
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|  今助けてやるからな。
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 01:51:34.94 ID:1gfQ6WLS0

ザーボンさんまでもwww




         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、   ・・・ふぅ。だいぶあちこち触られていたが、
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ  これで大丈夫じゃろう。
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |  立ってごらん、みくる。
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤

            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !  ビュビュ・・・・・
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ   すーぷサメタ・・・。 ヤルオ ドコ?
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



         ____
        / 、, ヽ
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、  おお目が覚めたかみくるや。
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤
    | |'|     |┿|     |┤


              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!   !! ヤルオ オキテハ イケナイ。
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉   ヤルオ ビョウキ・・・
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ



              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \        やる夫? わしのことをやる夫だと思ってるのか、みくる!?
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶  
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _   違うぞみくる、わしはやる夫ではないんじゃ!
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)

              ,  ,、_
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!  
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi-,ー、--ヽニ-',-'',〉   ヤルオ ビョウキ。ウチニ ツレテカエル。
        {、 l l,.-r'") l   ヽヽ-'_,ノ'_,,.` 彡へ、  すーぷ ノマス・・・
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 02:02:40.93 ID:Sgo5+JpC0

アッガイのAAがガチャピンに見える


271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 02:03:19.93 ID:8xfc8Ad4O

ほんとだww



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 02:04:05.72 ID:kHJX/vvW0

え? これガチャピンじゃなかったの?




    
              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \         こ、これ!違うというに!
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _  よさんかみくる!お前の主人はここにはおらんぞ!
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ


     `ー-、 て  {
     fニニ -、 -‐イ)ヽ.          , ‐--‐ 、
         `rf彡く.: .\       /::/===ヽ\
、      :|l    \: : : :  \     夊l::/ト、ヘ\ルヘ心       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.\      ||     \ : : : : . \   </l:fセユ` ´ヒユハ\>     <  亀じい!
  \    ||        \ : : : :  \ |::::::|:l  r==ォ  |:l):::|       |  地下を抜け出して何してるの!
    \  ||     ミ  |: \: : : : . X_j_;ヘ:ゝ.`__´ィ´リ'::/!     _ \_____________
      \||        |.  \.: : : : . \\\ート{_:;//:ノ   ,r'^/〈
              |     \: : : : . : \\ヾ>レぐ    >=、Y
              |      \: : :ヽ: : :\\ヘ _jヽ,   /   ヽ
              |       \: : : : ..: :\ヽ: H:7‐< : : :/
              |         ヽj: : : : : : :ゝ V/: :| : ヽ: :/
              |          |: : : __に{}こ}:k;__;/





                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i   ! しまった!
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|


            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、  ヤルオ ビョウキ。
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ   オウチ カエッテ ネル。
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !   アタタカイ すーぷ ツクル。
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



     _, / ̄⌒i⌒ ̄\___
   /  /.;  ; .  | .;   ヘ ;`i
  / .;   ,;   . .; |  .;   .; .; i
  ヽ._/ . .; .; .; |   .;  ヾ_/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    i´  .  ;   | .;   .; `i    |
    `x ,. _ヽ | /_ .; .; x'    |  あ!からくり兵が
    | 6〉,/  。i._|_/。 `ヽ〈6,|      |  亀仙人様を襲っているぞ!
   └-ヽ;ー‐'____ー‐'/-┘ っ  <
   c==<< ̄ ̄ ̄ ̄>>.===o゛   \_________
      /  ヾ二二//ゝ、         ___, ----―
 ̄i⌒/´   ヾ  ̄ ̄/   `i⌒ヽー、 ̄ ̄|    |     |


                        / ̄⌒i⌒ ̄\
 `゛iiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,        _/  ノ   | ┐ゝ ヘ_        ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii"´
        ''''''!!!!!||||||||||||||||||/ /   ┘ (__|  )(  (` ヘ|||||||||||||||||||!!!!!'''''
            ''''''''!!!!!/     ⌒   |/へ< ⌒  `iI!!!!!''''''''
               ヽ_  へ <_ ヘ|  ノ <  _/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   !、 ヾ  ソ⌒| ノへ ( ,.!´    |
                  ┌.| }   ) /| ⌒ ( { /┐   |  あぶない亀仙人様!
                 | 6| ←--。、_|_, 。--‐≠|6 |     |   
                 └、ト `='´ |ゝ`=´_,-',┘  <   亀仙人様をお守りしろ!
                   /`i、 「=====コ`i/ヘ       \_________
ー-----___        // ヽ `、!三三///  \          ___, ----―
|   |    | ̄ ̄7ー7⌒/´    ヾ `ー'´/     `i⌒ヽー、 ̄ ̄|    |     |
ー_ |    |   |  ヽ ゝー──---、_/----──ノ  ノ  |   |    |  _ -‐


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 02:09:55.46 ID:3J8eW7Sb0

DB+ハルビン+ガンダムってなんかセンス良いな>>1





        / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |  待ちなさい! みんな剣を引きなさい!
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |  そいつは亀じいを襲っているわけではないわ!
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l  ええい、待ちなさいというに!
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/

            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ   ビュービュー・・・・・プシュー!
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'



              /  ̄ ⌒  丶     
    _ -        /         \    !? みくる!みくるっ!
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ


                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./   そんな!
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /    やってしまったの!?
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /



.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |   ・・・亀じい。
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |   このからくり兵、あなたを襲ってたわけじゃ
    |  l:l::i个| l ::l!     _  ′} .:}:.l:: l  ないでしょう?
    |  lハ:l::{::', ::::{、        /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!    おそらく、あの小屋にいたこいつの主人と
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃    あなたを間違えたってとこね。
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ


          /.:.:.:.:./:.:.:.:./´ _____
        ,∠-…ー/:.:.:.:./イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.:} ,. '´,'.:.:.:.:/:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.   _, '.:.:__ァ'  /i:.:.:.:./:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  '´.ィ¨¨アく. //!:.:.:./:.:.:.|」_.' ',:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:
  ´/.:.:/'.:.:.:.ヽイ /|:.:.:.:!:.:.:|从l`ヽ、 :.:.:| 、:.:.:.:.:
  /.:., ' /:.:.:.:.::.:厶.'.:|:.:.:.ム:.:.|,ィテぅぇ、\! \:.:
  :.:,.' ムヤ7.:./.:.:.:.|:.:.:.l ヘ:.:いh.  |       `
  // /.:/.:./.:.:.:.:.:l:.:.:.|:、 ヽ:、’-‐' 
  '  /|:.:./|:./|:.:.:.:, ';l:.:.:|.:`ヽ-',      '     ごめんなさい亀じい。
  ‐'  |:.:,. l' |:.:./ /ヘ.:.:.v:.:.:.:.:.:ゝ ._  `ゞ'´    私にもようやく全て分かったわ。
      ∨.. -‐|:/ヽーヘ:.:',‐' ´  l 〕---‐' ´
  ,. ' ´     ′ '.  \、   |´!
         , '´!       |  ',



.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7:::::::::/::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|   このからくり・・・いえ、
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|   みくるはもうからくりなんて呼べない
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|   存在ね。
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l    このみくるの主人に対する一途な思い。
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'    私達の方が学ばないといけないわね。
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /     亀じい、直せるかしら?このみくるを。
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l


                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ   はい女王様。
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i    おそらく。
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V  よし!

            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/   みんな、みくるを元いた小屋に戻すわよ!
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ



              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |    あいよ、分かった!
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!    さあ行くよ、みくるちゃんとやら!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|


284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 02:27:13.05 ID:8xfc8Ad4O

ハヒルもなんだかんだでいい国王だな





   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や や 城 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ る. の ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て 夫 西 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 の に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 家  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. に る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ 
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__


                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ   またこの小屋に来る事になるとはの・・・
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |    ・・・よし、これで大丈夫なはずじゃ。
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__   みくる、起きてみなさい。
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、  ビュッ ビュビュッ!
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ    
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !  
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ      ヤルオ マタ ネテイル!
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ      アタタカイ すーぷ ツクル。
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _  ヤルオ ゲンキデル。
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'

        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l  これでよしと。
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l  元に戻ったわけね。
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l  亀じい。ごめんなさいね。
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l  自分の夢のために、あなたには
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./   何かと迷惑をかけたようね。
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/



    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|  ・・・といって、私の方針は間違ってないわ!
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|   みくるは諦めるにしても からくり人間の事を
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′  諦めたわけじゃないもの!
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/  昔の人の手助けがなくても 必ず成し遂げてみせるんだから!
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (


       /:::/:::::l::|::::::::::i' ,.:':::::/::::::::::::!::|:::';:::';:ヽヽ::ヽ.
      '::::/:::::::|::|::::::::::|'::l:::::::l:::::::::::::j::::|::::l、::}::::l:::'t::::',
.     ,::::;':::::::;:-rl::::::::::|:::|::::::j;::::::::::/|::;'|:::ハ:ハ::|:::::l::::::',
.       |::::l:::::/  ハ::::::::::|:::|ーH-、::/ ,!/ |:;' ,l'-lイ:::::ト、::::l.
     l::::|:::ヽ. ,イ |:::::::::::l::lヽ::| !::;:'` / / 伝:l !|::::;ハ.';::::l.   その日が来たらみくる。
      l::::|::::::::l 1_ !:::::::::::1 ,:状六゙i`    '砂 ,!:;ハ::V:::::|   あなたの友達を作ってあげるわ!
.     l::::|:::::::;',':l |f,:::::::::::',ヽ.ヽ无_l    丶 'イ::::!:::|::::|    楽しみに待ってなさい!
     l:::::|:::::;','::l |l. ';:::::::::::',  `¨´  ,..... 、1  /:::::|:::|l::r ¬、
.    l:|::::|::::|/::| |ヽヘ:::::、:::::'、    l.   |  /::::::;!:::|」._ 厂二ヽ、
    lハ::::|::::::l::ヽ」:::::::ヽ::::\:::ヽへ、 ,.ヽ -' ,/::::::::;':::/   ヽ、l  ,.-ヽ、
.    || |:::::l::::::ヽ::::ヽ:::::::ヽ::::::::y′/`ヽ」__..ノハ::::::;'::::l ヽ、_.) ,'   l.
.     |l !::::';:::::::::ヽ::::ヽ::::::::ト、/ / _,.-'´ ヽ|::ト|:::::!_::∧ ´   ト{.__仁 |
.    || l:::::';::;.-'´ ヽ::lヽ:::::|〈   ´  -一´T| ヽ:::|::',ヽ、',   l     /
     1 ゝ'二¬-、 リ ';::;' ヽ      fツ  ヽト;::| l ヽ     /



                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :==-===/'ヽ
                    !;;;;;;;/~ヾ:::::::ノ .6 i
                    `!、 !_.,ヽ. ̄ / , ノ   陛下・・・
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V  ええ、分かってるわ亀じい。
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/   今一度ここを禁断の地にして、
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /    ここへの立ち入り禁止を厳命にするわ。
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨ 
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}    それでもう誰にも邪魔されずに静かに暮らせるはずよ。
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ     
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 02:53:14.10 ID:kHJX/vvW0

ハルヒ、いいやつだなぁー





            ,.. ィゝ-r,、.. _
          / r 、./ l -、 `ヽ
          /   ー' !  ! ー'   ヽ
        /       !  !       ゝ、
        (ヽ、 f ヽ!|  | f ヽ   ‐' ィ、
        (1`‐ 、 ニ ノ⌒ヽ ニ _ - '´ノィ   ア・・リ・・ガト・・・・ウ。 
        l `ヽ、.  lヘ.フ7 ̄ _,.. - ´  !   ミクル ウレ・・・・シイ・・・
        ヽ、   ` `ー´  ̄    ノ
        /`ヽ- _/ ! ヽ_ ィ ´_ゝ
    _ ,.、  / ̄ヽ  'ー ^ ー'   /´  l   _
   l  7 l\| ,. --ヽr‐ ⌒ー〒/== 、 j ィ´ l「  l
.   l  l| || }/    ヽー‐ フ´    ヽ! ||  ll   |
   |  |l _ヽ !   _ ヽー/        | jノ  !  l
   !  ! 〃ヽ| , イ-、 7トlニレ 7=,- 、 j |〃ヽ. |  |
.   |  || ト、ノ|Vir-、ヽj レ/ニト、 !ノ , -ヽ/ .|l _ノ !  |
.  └=ー‐ '´ ` =-ー'′ ヾ=ヽニ´'´`'┴-=='L=-'


:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|   ふふ・・・
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|   あんた、なかなかいい女だったわよ!
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|   じゃあね、みくる!
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_



――それ以降、二人を邪魔する者はいつまでも現れることはなかったという。

そう、いつまでも、どれほどの時間が経とうとも――


 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_    
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__


                   ____ ,-、_{`i
               ,;;';;;;;;;;;{.vi ;;;;;;;`:、
         ;",ニニニ{''""   `; ●'::;,l ,    チュウチュウ!
        //      >;;';"____,,".,、,.'-’"
       //      く<  \__   `"
=ニillllliKニ'./        \,-.、` `



     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                 「l ̄i!   . .: : ::::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                l」_i!      . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                         ̄   l⌒i⌒l   . .: .:::::


      __
.   ,r:":::,:-、`'::.ー:、:--―ー-- ...、
   i:::::,::..ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ.
  ジ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:. :.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  キキ! キキ!
 ‘'"`゛`ヽ、 `':.;.:.:.:; .:.:.:.:.,:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.l,
       `ヽ.i::::/_  i.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:/二二二ニニニ==━
        ,r-'.:/ジ  ゙̄ヽ、;,:.:.:.:.:/
       ´ ̄     ,ィー-''寸"
                 ´´  ̄



         /⌒ヽ
         l_ 0..0
          }{ l冊
        -=-v=-
        }{ 彡ミノ{
        }{ 非 }{
        匁OTO)匁
         }{ }{
         }{ }{                  窓から差し込む光は、
         及 及                 静かに寄り添う二つの影を
                             今日も埃まみれの床に落としている。
            ,. -'i l;;!i:: o  ̄`丶、         
          ,: '" o.l l;;li::       ヽ
         /    :l l;;!l:: o     04ヽ
         /  _ ol l;;!l ;:r_ニニ.‐、  ,-_ケ!
         l /, ー-,ゝヽ'ヽi    ヽニ-',-'',〉
        {、 l l,   ) l   ヽ  _,ノ'_,,.` 彡へ、
         ゞ= ヽ ニ-',..--..、_ ̄,==彡'' ://ヽ、
     , --.イ`=ミ=y/,l ̄ Y"~ ̄  ,/ / /
   /-==' t:、ヽ   L'二l二=ゝ   //  / /
  /l    _,,, ヽi) ヽ 、_, -_二二ニニー'_/  / /
 / l  ( ソ  ,  "l`-ィ       Τ  l:: {
 i  ヽ  ~  ./ノ! /l  l、_____/  ゝ-、
 !   \_.  し /~ヽ  l ┌‐┐  .i _ ,/
 ヽ、_____>'"   ,ヽ  ゝ┴、,┴ーi  /::~ヽ
           /  \ L___j /   , =ゝ、

                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                 d⌒) ./| _ノ  __ノ


303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 03:00:59.47 ID:kHJX/vvW0

乙!
面白かったぜ!



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 03:01:14.92 ID:KFKilIF50

(´・ω・`)



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 03:01:45.92 ID:8xfc8Ad4O

お疲れ!



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 03:02:38.29 ID:kchQKlef0

切ない・・・



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 03:03:16.42 ID:3Y3f/iE70

以上で終了です。

夜遅くまで支援、ROMをしてくださって本当にありがとうございました!



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 03:04:15.27 ID:kfRBEaic0
                `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                    :i(●)(●)  'ヽ
                    i       . 6 i
                    `!(__人__)   , ノ    乙じゃろJK
         ___.          /~´ ´``'ヾノ`i
        γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  | 
       .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__ 
       .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
        ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
          | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 03:19:26.27 ID:SF+TOb4v0





311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 09:17:24.01 ID:Qy+Pyp9u0

( ;∀;) カンドーシタ
乙!



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 10:18:48.39 ID:4TxGhNsv0

まだあったのかこのスレ

7はこういう鬱エピソードてんこもりだから困る



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 10:25:59.02 ID:Lcm1ss100

7がどんな話しだったかすっかり忘れてしまった
本体もソフトもないしちょっと攻略本買ってくる



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 10:39:22.53 ID:sH2Goj+K0

1おつ



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 10:53:08.29 ID:1gfQ6WLS0


面白かったし、DQ7のエピソードを短編という形で
抜きだすという発想も良かった
気が向いたら、また何か作って欲しいな



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:38:12.04 ID:4TxGhNsv0

昔リアルでやった時はマリベルがウザくてしょうがなかったな

今では大好きなキャラだが



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:21:50.32 ID:8xfc8Ad4O

ドラクエ7の中で、歴史を捏造した村長の話が印象深かったな



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 16:19:23.48 ID:4TxGhNsv0

レブレザックの村だね、それは

明らかに子供向けの話じゃねーわなw



321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 16:52:23.85 ID:j5BWb43l0

そういやリザードマンがでてくる女神像の話とか何度助けても滅びる村ってなんだっけ?
あのふたつは好き



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 17:32:49.86 ID:bbSdspgf0

DQ最高のクオリティは7。異論は認める。
DQ7は明らかに大人向け。


323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 18:29:49.10 ID:nn28b/Rl0

>>322
ロマサガみたいに全部のシナリオを
クリアしなくてもいいシステムだったらもっとよかった。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 19:49 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫短編集

|

<< やる実がやる夫スレのヒロインを目指すようです | HOME | 【短編】やる夫がドラクエ4の勇者だったようです >>

■御感想or寝言

19112 名前:名無しのお兄ちゃん [] 投稿日:2009/10/10(土) 22:05:43 ID:-

ドラクエ7と関係があるのかわからなかったんだが・・・
イイハナシダナー


43485 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/09/01(日) 23:52:26 ID:uITUz6Ro

数日放置すると石版どこにあるか忘れて詰むゲームはちょっと、、、


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ