やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2009/11/25(水) 虐殺戦隊アヤメンジャー


AA板作品群 の記事一覧


625 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:39 [ R57OCvLk ]


 ある日、捨て猫を見つけた。


             ∧_∧
    _∧∧__   (・∀・ )
   /(*゚ 0゚)  /\ (    )
 /| ̄∪∪ ̄|\/  Y  人
   |____|/   (__)__)

626 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:39 [ R57OCvLk ]


 かわいいので拾ってしまった。

         ∧_∧
     ∧∧ (・∀・ *)
    (*゚ー゚)、と    )
     `u、u )~ Y  人
       uu' (__)__)

627 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:40 [ R57OCvLk ]


 餌にありつけなかったのか、
  食べものをやるとよく食べた。

                    ,-ー-、
                   γノハヾミ
    ∧_∧           (´∀` 彡         .∧_∧
   ( ・∀・)   ∧∧     (___)        (O∀O-)
   (    つ  ゙∴0 ゚*)ヽ   ノ___ゝ  _____Ol⌒l⌒lと)
  し、_)_)  ヽ;;;;;;/U⌒)~ (_(__)  || ̄ ̄ ̄||(_と)_)
                ̄

628 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:40 [ R57OCvLk ]


 とっても人なつっこい猫だった。

     ∧∧∧_∧
    (*゚ー゚)・∀・ *)
     |  つと  )
   ~ヽ_つ ( (
       (_(__)

629 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:40 [ R57OCvLk ]


 この猫を飼いたいと言ったら、父さんも母さんも反対はしなかった。
 ただ、父さんから、
 「 ひとつの命に責任を持つのは、重大なことだ。
     ただかわいいだけでは、済まないこともあるぞ。」
  と言われた。
 僕は「わかってるさ」と答えた。

                                      ,-ー-、
              ∧_∧          ∧_∧    γノハヽミ
      ∧∧     ( ・∀・)         (O∀O-)   (´∀` 彡
    ノ(*゚ー゚)っ   ( つ   )    ____と__V_し')   (___)
  ~O_U_つ ○ ))) し、_)_)   || ̄ ̄ ̄||(_と)_)  (⌒(⌒ヽ__)
                                      ̄  ̄

630 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:40 [ R57OCvLk ]


 そして、僕と猫との共同生活が始まった。

   ∧_∧
  ( ・∀・)
  (    )       ∧∧
  人  Y   ~'  ̄ ̄(*^ー^)
  し(__) ((( (/`J ̄U"ヽ)

631 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:40 [ R57OCvLk ]


 もちろん、飼い主としての責任は
  ちゃんと果たした。

               |  |  | lllll
 (;;:;');:)  ゙ゞil彡"      |  |  | ┏┯┓
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |
       ∧_∧   ∬.|  |
       ( ; ・∀)っ  |ヽ、/⌒ヽ∧∧
____○   つ<●_| (   ( *>-)__
       `ー- ゙)    `;ヾ`J⌒U"(/
       し(__)    ‘

632 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:41 [ R57OCvLk ]


 父さんと母さんに手伝ってもらいながら、
  砂箱を作ったり……


             ∧_∧
       ∧∧   (・∀・ )
.   ,ヽ/⌒(*゚ー゚)_  (    )
  /:::(⌒ )U"U::/|  ( ( (
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/  (_(__)
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

633 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:41 [ R57OCvLk ]


 爪とぎ用の板を用意したり、
  猫と一緒に僕も新しいことをいっぱい知った。


.      ∧∧| |    |
        (*゚ 0゚i| |    |   ∧_∧
     .ノ つil| |    |  (・∀・ )
    ~( ⌒)`|l|| |    |  と    )
     (ノ´し'i!|_|__|  (_(_,J

634 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:41 [ R57OCvLk ]


 また、この猫は、どういうわけか箱が大のお気に入りだった。
  母さんが八百屋さんからもらってきたみかん箱に
  喜んで入り込み……

               ∧_∧
      __.∧∧_  (・∀・ )
    /\  (*゚ー゚)つと    )
    \/| ̄∪ ̄ ̄|` ( ( (
      \|____| (_(__)

635 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:41 [ R57OCvLk ]


 時には、箱ごと移動しようとした。

      _ ___
    | ̄|  |:::::::∧∧    ∧_∧
  . ((( |_|  |⌒つ゚ー゚)   (・ ;  )
       ̄  ̄ ̄''ヽ)    (   ○)
                (__,J_,J

636 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:42 [ R57OCvLk ]


 ともあれ、僕と猫は大の親友になった。
  事情さえ許せば、僕はこの小さな親友のことを
  友達に自慢していただろう。

     ∧_∧    _∧∧__
    ( ・∀・)  /(゚ー゚*) ./\
    (    ) /| ̄∪∪ ̄|\/
"'''"''゙"'' Y  人 ゙'''"'|____|/ "''゙'"""'`'"
     (__)__)    ∪ ヽ)

637 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:42 [ R57OCvLk ]



 だが、僕は猫のことを、誰にも話さなかった。
  いや、話せなかった。


 ̄ ̄ ̄/|     .∧_∧          / ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄| |    (    )          | ̄ ̄ ̄
     | |    (i ̄ ̄i )          |
     | |     |`ー'´∧∧        |
     | | ∧_∧_) (,,  )         |
___|/(    )   U|`i ̄`i        |___
      i´ ̄i´|")   と `'ーー'
      `ー´"_)    ヽ) 
      (__)

638 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:42 [ R57OCvLk ]


 当時、僕たちの間では、
  『虐殺戦隊アヤメンジャー』という特撮番組が流行っていた。


                                   ,l^l、
          /)              (゙゙っ))======  | ll;|              ○
      /⌒ヽ / /             / /⌒ヽ     /lil| |         /⌒ヽ //
     (=(虐)) /     /⌒ヽ     ( (=(鏖)=)    illli[] /⌒ヽ     (=(戮)//
  と二二 V / rー--(=(殺)=)、    ヽ` V ⌒ヽ  |;∩((屍)==)    /´ノ V (^)
      ヽ || l  `"ー-、 .V  、 )    ゙i  || とニノ  / /γV  ⌒)、  i' ゙ヽ|//`J
      l==@l      と二二ノ     l==@=l     `ー'と二二ノ =)  `i丶(_ノ
     / ,へ ヽ、   / ,へ \     / ,/\ ヽ       // /つ  | //\ヽ
    / /   > >   `ヽヽ \\   / /  / ノ       ゙(  `ー-、  / /  | |
   (__)   (__っ    と_ノ  (_)  し'   `J         ``ー-J (_)  (_)

639 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:42 [ R57OCvLk ]



 ハニャーン帝国の繰り出すダッコ獣の脅威から地球を守るというこの番組は、
  CGを駆使したそれまでにないリアルな戦闘描写で人気を集めた。
  「アメリカじゃ『パワーレンジャー』シリーズの大本命じゃないかと言われてるらしいぜ」
  などという、雑誌から聞きかじったような噂話が、学校中でまことしやかに流れていたものだ。

                                /⌒ヽ
                               (殺)==)
       「"|                      /, y 0^)                   <@;;・
    . ∧∧| |             ∧∧ 、;,'   と'/)o、 ノ      /⌒ヽ        <@;、,.; ,.,,_゙;;.,
   (*゚ 0゚)|__|            (゙0;;(';)っ∵(⌒二二/i⌒i     ,.-(==(屍))__  、i,'、,      (;>O</)
   と  つ||  ∧∧        ヾ;;つ;'っ ` ̄    l |    / ノ[≡_三,-、ニ=、 >>= _━ =;*= --,;,ーλ,;
  ~(_つノ   (*゚ワ゚)       ~ヽ_';,⊃       (_)   ヽ、二つr/_/-"  `゙"     ̄;と";`;')~(*゚ρ;ξ∵
    し'   ヽ/ つつ           ∧∧             |==@=l           ";。;.゙し' `; と;'*'@)ノ`
        と  ノ           、;(゚q;;。#/)     /⌒ヽ    / /、 ヽ                 ヾ;'・;')つ
         `ヽ)            と;,.;,';ノ, 、  ,(==(鏖)  / / \ ヽ、                `し'
        ∧∧        --=≡三∴≡";=;'.─=======))⌒)`)   (__)
       (*゚O゚)っ_          'ノと;')~`;`・ /ヾ ノ`ー-ー'´ー'
       (_っ=l二ノ         (ノ     ‘ (_二`ヽ
     ~/  ノ                    / / / /
      @ @                   / / (__つ
                            し'´

640 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:43 [ R57OCvLk ]


 僕の拾った猫は、ハニャーン帝国のダッコ獣や戦闘員にあまりにも似ていた。
  もしこのことが知れたら、この猫は間違いなくアヤメンジャーごっこのダッコ獣役として、
  ひどい目に遭わされるに違いない。
 そう思った僕は、友達には猫のことを全く話さなかった。


    __∧∧_.     ∧_∧
  /\ (*゚ー゚).\   (・∀・ ;)
  \/| ̄∪∪ ̄|\ (    )
    \|____|  (_(_,J

視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャットミントCJ!メール出会い系メル友



641 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:43 [ R57OCvLk ]


 でも、友達と一緒にアヤメンジャーごっこをする時には、僕も加わっていた。
  一緒になって、ダッコ獣に見立てた野良猫をいじめていた。

                                              ,,∩ノ
.                       /         ハ ハ          ⊂、 ヽ
                      / ∧∧      (>0<*)          と  つ
    ∧_∧    .O         (ヽ,,゚Д゚)      (,,,,,,)   ∧_∧、从/.;(,;)0<*)
   ( ・∀・)   . || ∧_∧    ヽ   つ .∧_∧ )    ( ´∀i⌒)∵;'; " ∨∨
   (_つ==O==   || (´∀` )')  ~(_つノ  ( ・∀・)')   と   /"W`
    人  Y    .||⊂    ノ     し'   と    ノ     ノ /        ヽ、  ∧∧
    し(__)     ノ ノ、ヽ、         人  Y     (__)          /⌒`(゚0T;)
             ,し'´ (__)         し(__)                 (ノノ⌒ヾ)ヽ)

642 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:43 [ R57OCvLk ]


 学校ではアヤメンジャーの一員として猫をいじめ、
  家では猫をかわいがる。
 そんな日々が続いた。

         ニニ二))二二二 ̄ (
             ||     `ヾ ヽ
            ∩∩      ヽil|i ;''
           ∧∧ヽ      |lil ;::
           (>O<ノノ ))     |li :;,
           )  /       |ll ;;'                    ∧∧
         (( ⊂,,,,,,,つ ))     |lli ;;;              ∧_∧(`(゚ー゚(ヽ
    ∧_∧    ) ↑ .∧∧  .|lli ;;'             (* ・∀・)ヽ、  ) ミ
   ( ・∀・)   ,从; .| (゚Д゚,,).  |lli ;;:             ( つ   ) ヽ( ノ~ミ
   (    つ==((;;))' |と   |)  """^             し、_)_)  ``J ミミ
    ) ) )        |  |~
   (__)_)        .U"U

643 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:43 [ R57OCvLk ]


 でも、そんな日々は長くは続かなかった。
  僕が猫と散歩しているのを、友達に見られてしまったのだ。


    ∧_∧
   ( ・∀・)
   (    )  .∧∧  ノ
    Y  人  (゚ー゚*)⌒ヽ
    (__)__)  (/"U⌒ヽ)

   、i       、ヾ!      、iノ
ii, ミミiゞ彡"、∧_∧;ヾi!彡'∧∧ミi!彡
i;´ ミ!彡" (    )ミ!ゞ (,,  )ミ!ゞ"
i!;" ミiゞ彡'( ○  )ミil彡U  ヽ;iゞ

644 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:44 [ R57OCvLk ]


 次の日、僕は学校でみんなから非難された。
  「おまえ、こっそりダッコ獣を飼ってるだろ!」
  「ハニャーン帝国の手先なんか、仲間に入れてやらないぞ!」
  「こいつ、敵のスパイだ! みんなでやっつけちまえ!」
 口々に友達から出てくる言葉に、僕は怖くなった。

   ∧_∧     ∧_∧   ∧∧   ∧_∧        ∧_∧
  (#・∀・)  (ヽ#´Д`)  (#゚Д゚)  (#´Д`)')     (・∀・ ;)
  (    つ  ヽ    )  と  つ  ( つ   ノ     ⊂  ⊂ )
  / ,へ ヽ    ) ) )  ~(  |   .人  Y        / /) )
  (_) (_)   (__)_)   (/"ヽ)  (__(__)      .(__)_)

645 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:44 [ R57OCvLk ]


 「違うって言うなら、仲間だってショーメーしてみろ!」
 「あ、ああ! ダッコ獣なんてこの手でやっつけてやるさ!」

  つい、そう言ってしまった。

  放課後、友達は僕と一緒に、僕の家に来ることになった。
  僕が、「ダッコ獣」をやっつけるのを確認するために。



   ∧_∧    ∧_∧    ∧_∧    ∧∧       ∧_∧
  ( ´Д`)   ( ・∀・)   ( ´Д`)   (,,゚Д゚)      (; ・∀・)
 l´( ))   )  l´( ))  ))) l´( ))  ))) l´(っ) ))    l´( ))  )))
 `ー人  Y   `ー人  Y  `ー 人  Y  `ー(_つノ     `ー人  Y
  (__(__)  . (__(__)   (__(__)    し'       (__(__)

646 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:44 [ R57OCvLk ]




 いてほしかった父さんと母さんは、いなかった。
  そして、いつものように、

      「はにゃーん」

    猫が、僕を迎えに出た。
     いつものように。

                    )
                 ∧∧⌒ヽ
                (゚ー゚*)ノ`´
           ∧_∧ (/"U
           (   ;)
          i´ ̄i´| )
           `ー´" )
          (_(__)

   ∧_∧
  (    )    ∧∧
  i´ ̄i´|"つ   (  ,,)/)
  `ー´"、 ヽ   i´ ̄i´|/
  (_) (_)   `ー´"|
            (/"ヽ)

647 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:44 [ R57OCvLk ]




 「あっ、やっぱりダッコ獣だ!」
 「早くやっつけろよ!」

  背中に突き刺さる声。

 猫とともに暮らした日々が、走馬灯のように脳裏をよぎった。

  やっつけられるもんか。
  一緒に、暮らしてきたんだぞ。


       ∧_∧
      (lil ・∀・)
     l´( ))  )))  ∧∧
     `ー) ) )  (ー゚* )ヽ
      (__)_)  しU゙( ⌒)~
                 ̄

648 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:45 [ R57OCvLk ]



  その時、もうひとつの声が。



  「 こいつ、ハニャーン帝国の仲間だ。
    アヤメンジャー・変身! スパイも一緒にやっつけろ! 」

649 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:45 [ R57OCvLk ]





 その声を聞いた瞬間、僕はランドセルを外していた。

  「 違う! 僕だって、僕だって、
    アヤメンジャーだ!! 」

    _
   /__/゙ヽ
  ヾ__ヽノJ ∧_∧
      (ヽ; ・∀・)
       ヽ    つ    ∧∧
       / ,へ ヽ    (д゚* )ヽ
      .(__) (_)    UU゙( ⌒)~
                     ̄

 その時、猫が、一瞬身構えたように見えた。
  いつもと違う僕の気配を感じ取ったのかもしれない。
  でも、今となっては、それもよく覚えていない。

650 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:45 [ R57OCvLk ]





 ただ、ランドセルを叩きつけられた猫が上げた、
  それまで聞いたことのない奇妙な悲鳴は、
  今でもよく覚えている。


.            _      ∧_∧
            /__/゙ヽつ⊂(∀・ ; )つー、
        (ヽノ ヾ__ヽノ ∑  `ー、 ヽー-J
       と ⌒ヽ(*>0<)`     (__)    
        `ー-ー(/"`J

651 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:46 [ R57OCvLk ]





 それから、どれくらい時間が経ったのか。
  頭の中が真っ白になって、まったくわからなかった。

652 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:46 [ R57OCvLk ]






 気がつくと、変わり果てた猫の死骸が、そこにあった。

 長い間、誰も、なにも言わなかった。


   ∧_∧   ∧∧       .∧_∧
  (; ´Д`)  (;゚Д゚)     r(; ・∀・)
 l´( ))  ))) l´U)) ))     (/ ',゙; `人)
 `ー ) ) ) `|  ノ      ノ ,へ ヽ     ,λ,,.,!,. 、,,、,.i
  (__)_)  U"U      (__) (_)   c(。0;'゜#と;';;メ;;'つ
                           "; `~∵' ;''" ゙`;`


 やがて誰かが、
  「 ……帰ろうぜ 」
  と、白けたような声で言っていたような気がする。

653 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:46 [ R57OCvLk ]






 誰もいなくなってから、
  僕は、猫の死骸を運んで、埋めた。


             ∧_∧
.            (    )
     ,-ー-、    (  ○ )
    /;'゙;;';";;ヽ,、  │ │ │
"''"'"''"";' ;`~ "''"''"(__)_)"''"゙"'""


 その時、僕は初めて知った。

 僕が猫のことをみんなに話さなかったのは、猫のためじゃない。
  僕自身が仲間はずれにされるのが、怖かったからだ。
  「アヤメンジャー」の敵になるのが、怖かったからだ。

654 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:47 [ R57OCvLk ]



 その夜、父さんと母さんに、
 「 ……猫、車にはねられて死んじゃったよ 」
  とだけ、言った。
 父さんは、
 「 ……そうか 」
  とだけ、言った。
                                     ,-ー-、
              ∧_∧           .∧_∧   γノハヽミ
             (; ・∀・)          (O∀O-)   (´Д` 彡
             (    )    ____ っ⌒l⌒c)   (___)
             し、_)_)   || ̄ ̄ ̄||(_と)_)  (⌒(⌒ヽ__)
                                      ̄  ̄

655 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:47 [ R57OCvLk ]


 それから程なくして、『虐殺戦隊アヤメンジャー』は放送打ち切りとなり、
  みんなの関心は新番組『電話戦隊テレンジャー』に向けられた。
  それ以来、誰もアヤメンジャーごっこをする者はいなくなった。
  みんな、アヤメンジャーのことを忘れてしまったかのように。


     ∧_∧     ∧_∧    ∧∧ i
    ( ´∀`)    ( ・∀・)   (,,゚Д゚)[]
    (__つ┏o━  (__つ==O==  .(|   ノ
    人  Y      人  Y     |  |~
    し(__)     .し(__)     U"U

656 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:47 [ R57OCvLk ]




 誰も、僕を誘わなかった。
  僕も、誘われても遊ぶ気はなかった。



             ∧_∧
.            (    )
     ,-ー-、    (  ○ )
    /;'゙;;';";;ヽ,、  │ │ │
"''"'"''"";' ;`~ "''"''"(__)_)"''"゙"'""



 一時の流行のために、僕が殺してしまった親友のことが、
  いつまでも僕の心から離れなかった。

657 名前: ( ´∀)・∀),,゚Д)さん 投稿日: 2002/09/23(月) 17:48 [ R57OCvLk ]






 『 ひとつの命に責任を持つのは、重大なことだ。
     ただかわいいだけでは、済まないこともあるぞ。 』





     ,-ー-、
    /;'゙;;';";;ヽ,、
"''"'"''"";' ;`~ "''"''""''"゙"'""


                      ~ END ~

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 15:00 |コメント(10)
カテゴリー:18禁・エロネタ系

|

<< 装甲騎兵ボトムズ・でっていう 第三話 | HOME | 新・やる夫の関が原戦線異常アリ  <番外9 彼の求めたもの> >>

■御感想or寝言

21747 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/25(水) 15:47:42 ID:-

子供とガキの違いは教育が出来ているかいないかである


21753 名前:創造力有る名無しさん [] 投稿日:2009/11/25(水) 17:09:33 ID:-

いやこれ最大の問題はこんな番組つくるテレビ局だろwww


21755 名前:ねむいよ!ななしさん [] 投稿日:2009/11/25(水) 17:25:29 ID:-

こういう事は実際にあるから困る
困る・・・


22059 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/30(月) 21:40:23 ID:-

ねこだいすき


40658 名前:D [] 投稿日:2013/01/10(木) 17:51:16 ID:t50BOgd.

俺は何かに集中してるとき飼ってるネコに邪魔されてしつこいもんだから頭に来て蹴り飛ばしたことある。
その時親に散々叱られたなぁ


46113 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/02(火) 21:17:35 ID:-

なんかいろいろ考えさせられる話だな


47807 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/10/10(土) 06:32:37 ID:-

これ自分が手を出さなくても同じ結果になってたよなぁ・・・
結局猫を殺され自分もハブられ続けるから詰んでる


47842 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/10/18(日) 14:41:21 ID:-

望み通りダッコ獣をやっつけたのにドン引きして以後仲間外れにする屑共


48742 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2017/03/21(火) 17:11:44 ID:-

猫を殺さないと自分も一緒に殺されるからしゃーない


49603 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2019/11/27(水) 13:22:49 ID:-

これが日本人の村八分文化ですか


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ