【重要】令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 開 催


詳しくはコチラ→http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-8656.html


やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2009/11/02(月) やる夫系AA紙芝居 ドグラ・マグラ 第二十一話


やる夫系AA紙芝居 ドグラ・マグラ の記事一覧


570 名前: ◆zfJgwSJx7.[sage] 投稿日:2009/10/27(火) 23:19:15.06 ID:1z2bYgAO

木曜か金曜の夜に投下します
お待たせしました



571 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/27(火) 23:20:58.20 ID:S87hFGEo

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
お待ちしてます



634 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 02:38:53.90 ID:8SiAcWgo

寝てる間に始まっていたぜ。


572 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:17:33.75 ID:rt4gQgYo


┌───┐                                              ┌────┐
│教授室│                                              │?月?日│
└───┘                                              └────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





             ____   
            /⌒Ξー、\              その遺言書をまあ見てみるといいお
          /( ◎)―(◎)\
         /:::::( ((__人__)))::: \
    cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ
    ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
   <<</ヽ                     /\)))


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


573 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:18:24.08 ID:rt4gQgYo


                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.       ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.    ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:  ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ___
         /⌒Ξー、\
        /( ◎)―(◎)\
      /:::::( ((__人__)))::: \
    |      |r┬-/ '     | ……どうだい……昨夜から吾輩が夜通しがかりで書いていた証拠に
    \_/ }  `ー‐'     /  まだ青々としたインキの匂いがしているだろう
    /、 〈          \
   ハ ヽ Y`ー.、
   { ヽ_ゾノ-イ
   `¨´─'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

574 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:19:15.74 ID:rt4gQgYo


        ___
   /)/⌒Ξ`ー\      ハハハハハ 遺言書というものは
  / .イ ( ◎)―(◎) \    
 /,'才.ミ) ((__人__)))::: \    本人が死んだ後から現われて来なければならぬもの
 | ≧シ'  |r┬-/ '     |  
 \ ヽ    `ー'´     /    と、きまってやしないお




          ____
        /_~~~\
 ミ ミ ミ  o゚-(◎)―(◎)゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒). ::::::(((__人__)))::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / /     吾輩がまだ生きていたって
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /      別段何も不思議はないお アッハッハッハッハッ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)




      ___      
    / ~~~\    
   /  ⌒ Ξ ⌒ \          ……ウッフッフッフッフッ……まだ納得いかないような
 /   ( ◎)―(◎) \        顔をしているじゃないかお
 |    ( ((__人__)))  | 
 \_     `ー´   _/        ゲヘゲヘ……弱ったなドウモ……
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.         まあ話をちょっと説明するとだね、こういう事なんだお……
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i,一っ
    |  \/゙(__)\,|  i 入 へ、
    >   ヽ. ハ  |   | /\)))

575 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:20:08.41 ID:rt4gQgYo

                      ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;'      |
               〃         |    ||___|___||,'         |
                        |                          |
                        |                      ∠  |
                  #;       ト┐                         |
                      / |.|____.,____________、       |
                     / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
             ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
                    |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
                   /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
              / ̄ ̄/|                        /
             /__//|                       /
            |___|//                    /
            |___|/                     /
────────────────────────────────
君は今朝早く……多分午前一時頃に、あの七号室で眼を醒ますと
自分の名前を思い出せないことに驚いて、一人で騒ぎ廻ったろう
────────────────────────────────









┌─────────────────┐
│               /         │
│              /          │
│       ::::::::/:::::::::::::::/:          .│              / ̄ ̄\
│      ::::::::::/::::::::::::::/::::        ......│            / ノ  ヽ .\
│     ::::::::::::/::::::::::::/:::::::::         .│            | (●)(●) .l
│.     ::::::::::::::::::::/::::::::::::::          │                |  (__人__)  .| 
│   /    :::::::::::/::::::::::::          │              |  ` ⌒´   |  ))
│.  /    r-ゝ、_ イー-!.           │             ヽ        }
│.      ||  |  ̄ /   |.          .│           __\     /リ 厂`'‐- .._
│    ,. -く ̄ /ー「 ̄ ̄ ̄` ヽ、       .│          / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
│  /l:::::::::ゞl / ヾ. |::::::::::::::::::::::::::: >、.    │          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
│   |::::Y:::::::::::ト|   /::::::::::::::::::::::::/::::::|     │          | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
│   |::::|:::::::::::::ヾ/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::|    │          | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |
└─────────────────┘

             ──────────────────────────────────
              その後 若林のやつが君の部屋にやってきて、君の頭を散髪さして湯に入れて
              堂々たる大学生の姿に仕立て上げ
             ──────────────────────────────────
                 

576 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:20:59.79 ID:rt4gQgYo
                     ,  -─‐- .
              ,  '".:.:.::::::::::::::::::::::.:.`  、
             /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
              /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. ',
          i.::::::::: | ::::::::::|il::::::::::::::!ii::::::::::j|:::::::::::::::::.:.
          l::::::::::: | ::::::::::|i|__::::::::::|i|::::::::::|l|:::::::::::::::::::.
           |::::::::::: | ::::::::::|」ンァヮミ`|i|_::::::::|l|:::::::::::::::::::::,
           |::::::::::/l ::::::::: トi(  り`  ̄ l|:::::::: }:::::::::l:,     ──────────────────────
            l::::::::::{│:::::::: | io゚゚¨´     l|:::::::::ハ::::::::|ii     そして君の室と隣り合わせの六号室に入院している
             l::::::::::ハ|:::::::::: | io       . ̄ ./.:::::::::|ii     一人の美少女に引き合わせたろう
          l::::::::::::: L____| i         ′  /.::::::::::|ii     ──────────────────────
            l:::::::::::::: | ::::::.\     ニ''    イ ::::::::::::|リ
         l:::::::::::::::リ:::::{::::.', ` .._    _, イ::::ii::::::l::::::|
         ,i::::::::::::::/,'.::八::: ',_ /`Ti{:::::::,' :::::iii:::::| ̄
        ,'l:::::::::::://::/ ハ::: ', .: :\::i:i::::::/..::::/リ}::::|
        ,' l:::::::::://::厶--勹ー-、: : :\:::/.::///.:::.;
        , i::::::::/::/ : :`¨´: : : : .\: : :\  //.:::::,′







      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │      彼女は君の許婚だ、と言ってね 
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、      ひどく面食らった事だと思うお そんな風に言われて……
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、


                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | そうですが……正木博士、なぜその事をご存知なのです?.    |
                \__________________________. |
                                                            \|
                                                    ┌───┐
                                                    │  私  │
                                                    └───┘



577 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:21:51.01 ID:rt4gQgYo

_                _                     ____
|二二二二二二二二二二ニ|                   r'    i|   ヽ 
| |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│                   |     i|     |. 
| | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│                   |___l|___| 
| 二二二二二二二二二二 |                   | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  
| ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│           /         |     l|     |. 
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│    ____   ─       l二二二二二'l 
| 二二二二二二二二二二 |   /~~~ \ ヽ 
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│ / ⌒Ξ⌒    \    
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::| / (◎)―(◎ )/^ヽ   
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|| ( ((__人__)( /   〉|   
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|.\   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ 
――――――――――――――――― \ _ _ _ )

             ───────────────────────────────
              なに、この教授室で遺言書を書いていたら君の叫び声が聞こえたので
             ───────────────────────────────








             |.
             |.
             |
             |.
             |/ ̄ ̄ ̄\
             |  ⌒Ξー、 \
             |( ◎)―(◎) ヽ
             |( ((__人__)))  |   ソーッ
             |.  `⌒´  __/
            (三) ̄ ̄ ̄ ゙̄i
            (二).      /
             |       /

       ───────────────────────
       それから一連の様子を隠れてみていたのだお ハハハ
       ───────────────────────




578 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:23:16.86 ID:rt4gQgYo


           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | ……あの娘は一体何者なのですか? やはり精神病患者……. |
           \__________________________/


                                          ____
                                         /~~~ \
                                       /  ⌒ Ξ ⌒ \
                                      /   (◎)―(◎)  \
                                      |   ( ((__人__)))   |
            そうだお 実に珍しい症例のね……     _ \     `⌒´    /
                                     ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
                                     } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
                                  r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
                                  .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| ||
                                  .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
                                  .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
                                 ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い 無料テレクラ・ツーショット



579 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:24:08.87 ID:rt4gQgYo

  ────────────────────────────
   結婚式の前夜に花婿さんが起こした『変態性慾の心理遺伝』の

   夢遊発作からくる暗示作用にあてられて
  ────────────────────────────
  :::::::::::::::::::::::::::::::::        r::⌒j
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::       /:::::::/
  \ュ、ー''"ア./l、ミ、`     /:::::::/   /:::::)
    ヾ!`ヽイ   i-‐''"'i   /:::::::/  /:::::/
      rー'‐¬',,.  __,l-―/:::::::::'`::´:::::/
     ,.〉O_,(⌒'ー―- イ′::::::::::::::::::´廴
    ,f":,!  / ヽ::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::_:::: ̄ ̄ ̄)
    l ゙.l ./ ./ -、::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::(  ̄¨´
   .l  ,!./  /     ヽ._ ::::::::::::::::::::::__:::::\
   l ;;;l'  ./        `:::::::::::--‐'´ `゙' 、_.)






  ──────────────────────
  その花婿さんと同じ系統の心理遺伝の発作を起して

  とりあえず仮死の状態に陥ってしまった
  ──────────────────────
       .. -─── -..._
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  /::::::|:::::::|:::::/!::::::/l:::::ハ::::/::::::::|
  '::::::::::|::::::l'_Vメー ' -'ニ._7::::::l::::l
/::::::::::::ハ:::::!       /::::::/7:::ヽ.
:::::::::::::::::ゝ-         ゝノ:::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::ゝ   -   イ:::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::_> - イ::レ':::::::::::::::::::::::\::::
::ノ:::::::::::::::::::ハ\   /ン:::::::/i:::ハ::::::::::::\
::::::::::/::::∧ : :\_V ´:::::::::ノV:::l : :ゝ、_ー_-
::イ '::::::::/: : ゝ '´:::イ::::::/__ l::: |: : : ! ゝ:::::
:/:::::.:ノ:/:::::/::::::::/  Yノ:::イ: : :::l  lハ::



580 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:25:00.87 ID:rt4gQgYo

────────────────────
 ところが、若林の怪手腕によって

 そこから息を吹き返して、今に至るわけだお
────────────────────

      / ̄ ̄\
    /  _ノ ヽ、.\
    | (● )(● ) |
    |   (__人/,〉.|
    {   ´フ´ ./._ }
    ヽ  ./,二ニソ}
    _ヽ/  ,-― 、}ノ
  _/:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
 /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
/:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
 ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i \:;/ヘ、
   ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l  ゝ、`ー
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:    ~
   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|









    |:: :::::::: :ヽ.!||: :::::::::: ::|l| l             .!:: :|::l||::::ll|
    |:: :::::::::::: ::||:!: ::::::::: ::||| │        !    /:::::l!:.!||:::|l|
   ,l:: ::::::::::::::::::::::::::::::_::_l:!|| │     ´     /.::::::.!|:|.!|:::|l!
   l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ト、 |    ─‐‐   /.:::::::::i| ̄ ̄
    l|::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::||  丶、      / :::::::::::::::||
   !|:: :::::::::: :::/|::::::::::::::::::|.| 、  .` ー┬ '´::::::::::::::::::::::::l|
  l:!::::::::::::::::/ :l|::::::::::::::::::l |、 丶、  /丶、:::::::::::::::::::::::|.!
  l:!|::::::::::/::::: !|:::::::::::::::::.! !、ヽ  \ l i  !ヽ:::::: :::::: ::::ll|
 !:|:!:::/'"`ノ ー!|: ::::::::::::::::|:.!:::ヽ丶、 ヽ!   ! |:、!::::: :ヽ:::|.||
 !:!'´ノ>∠: :: :||!::::::::::::::::::.!:|:::::::\ヽ .!   | .!:(ヽ:::: ::ヽ|、!|
:: ̄ソ '´   \::|:l|::::::: ::::::: :|:.!:::::::::::ヽ ヽl   | !::::ヽ:::::::::ヽ:\

   ───────────────────────────
   ナニ、彼女の名前かお……聞かなくたってわかっているだろう
   ───────────────────────────



581 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:25:51.87 ID:rt4gQgYo

                                              ___
                                            /~~~\
                                            /  ⌒Ξー、 \
                                          /   (◎)―(◎)  \
                                           |   ( ((__人__)))   |
              ……呉モヨ子だお……               _ \     `⌒´    /
                                      ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
                                      } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
                                   r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
                                   .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| ||
                                   .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
                                   .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
                                  ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 | ソ、それじゃ僕は……僕は呉一郎……なのですか……?  |
                \________________________/












                  ___
                /~~~\
                /  ─ Ξ ─ \
              /   (◎)―(◎)  \
               |   ( ((__人__)))   |
            _ \     `⌒´    /         ……
          ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
          } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
       r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
       .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| ||
       .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
       .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
      ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




582 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:26:47.99 ID:rt4gQgYo
:::::::::::::::: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::: : : ::::::::/            ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: : :::::/  ィ´⌒r====---v   ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::: :: : !:__r=.ゝcノ         ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::: : : l /              :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::: : :i    ))         :::::::::::::::
::::::::::::::___ ,....,:::._`ー-‐'′        イ::::::::::::::::::
:::::::r‐"_l_辷〕_     ,,_ ___,,..::::"::::::::::::::::::::::
:::::f,! └‐r‐‐/ / ^ト--r''"    /´ `!:::::::::::::::::::
:::::H__ノ__ノ__ノ /_,./l;';';';';';'ヽ /    l::::::::::::::::::
::::{   ∨   l  ヽ ゝ;';';_/ ∨      l:::::::::::::::
::::l、   l   //  ∨';';';';|  /        l:::::::::::::
::::/`'ー― / /   /';';';';''! /        |::::::::::
/     /   ヘ  /';';';';;';;! /         |::::::::::
   スッ








     |     ゝ_ノ == ゝ_ノ     |
     |: : : : :      ,              l  r‐ ' _ノ
     \ : : : : .( (    j    ))、   / _ ) (_
       .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)   ……君は自分の過去を思い出したのかお?
       /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
      / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄      「呉一郎」という名が自分のモノであると認めると?
      イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
,. '"   /     |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、



           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | ……いいえ……「呉一郎」という名が自分のものである、そんな確信はもてません…… |
           \___________________________________/





583 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:27:59.18 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |       ……思い出さないのであれば、もう一度言って聞かせよう
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::






      ___
    / ~~~\
   / ─ Ξ ─  \
 /  ( ◎)―(◎)  \       いいかい、改めて云っておくが
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/       今日は大正十五年の十月二十日だお
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|       大事な事だから二回言おう、今日は大正十五年の十月二十日……
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|



584 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:28:54.69 ID:rt4gQgYo

              ┌──────────┐
              └┬────────┬┘
               │             .│
               │  ┓   ┏━┓...│
               │  ┃   ┃  ┃...│
               │  ┃   ┗━┫...│
               │  ┃      ┃ .│
               │  ┃      ┃ .│
               │            . │
               │大正十五年 十月 │
               └────────┘     .  (~゙\
                                      \ \
                                       \ \
                                         \. \
                                          \  \  ,.--、
                                           ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
                                          γi               i
                                        ,,--┤i                i
─────────────────────────   (   、ソ            ゙i,
……その証拠にあのカレンダーを見たまえ              \,,               ヽ
                                         \               \
……十月……19……すなわち昨日の日付になっているお        ゝ,,
─────────────────────────
                               







             ____
            /~~~\
          /  ─ Ξ ─ \
         /   (◎)―(◎)  \
           |   ( ((__人__)))   |
        _\     `⌒´    /       これは吾輩が昨日からあまり忙がしかった為に
        ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
        } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i      あの一枚を破るのを忘れていたからで
     r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
     || | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| ||  同時に吾輩が昨日から徹夜してここに居た事を証明しているのだ
     || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
     || | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
    ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




585 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:29:45.54 ID:rt4gQgYo

      ____
     /~~~\
   /  ─ Ξ ─ \
  /   (◎)―(◎) \      ……こうした事実と、その遺言書のインキが
  |   ( ((__人__)))  |
  \     `⌒´   /       まだ青々としている事実とを合わせて考えてみたまえ
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))





      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │        吾輩がこうしてケロリとしていたって
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、        別に不思議がる事はないお
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー


     .  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      | ……しかし……若林先生は先刻、今日は正木博士が他界して一ヶ月目……11月20日と…… |
      \_______________________________________/
        



586 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:30:36.22 ID:rt4gQgYo

                                /``'::ァ
                               :/:::::::/
                              /:::::./
.        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|   /_/
.       /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|   r‐‐r
      /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/    ‐-'    \ ::   ( (     j    ))  /
.      i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/          r''"\: :   `ー-‐'´`ー-‐'′/
.        i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/          f!: : : : :: : :           ト、
.         i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/        ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i
.        i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/          | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i
.       i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',    / . 
       i:::::::::::::::/  i::/           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.  
       i:::::::::/     i/        i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /   
       i::::::::i         \   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  . 
.          i:::::::i           \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ. 
.        i:::::::i            `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
        i:::::::i         .      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
.          i::::/                ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
.         i/           ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
                             ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
                              `i、 ||  |i   i ||'"    /
                               .ヽ||           i|'
                   .              i'ヽ、      ,,.r''"!i
                               ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......



587 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:32:31.50 ID:rt4gQgYo
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::: : :    ゝ_ノ == ゝ_ノ:::::::::::::::
:::::::::::: : :   ( (    j    ))     |
:::::::::::::: :     `ー-‐'´`ー-‐'′   /
::::::::::::::: : : __/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ イ              ……いかんな
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_






              ____
             /~~~\
           /  ─ Ξ ─ \
          /   (◎)―(◎)  \     ……若林の奴の云う事を簡単に信じてはいけないお
            |   ( ((__人__)))   |
         _\     `⌒´    /     奴の云う事を本気にしては駄目だお
         ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
         } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
      r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
      .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| || 
      .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
      .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
     ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


588 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:34:00.76 ID:rt4gQgYo

      ___
    / ~~~\
   /  ヽ、Ξ_ノ  \
 /  ( ◎)―(◎)  \      君は今、若林の仕掛けたトリックに引っかかっているのだお
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|





      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |       よく聞き給え 「今日は吾輩の死後一箇月目だ」
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、        そんなヨタを若林が飛ばしたのは
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、    君を騒がせないための小細工に過ぎないんだお
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::



589 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:34:53.74 ID:rt4gQgYo


─────────────────────────────
もし吾輩がこの遺言書をここに書き残したまま、どこかへ消え失せて

まだ幾時間も経っていない、という事に君が気づけば
─────────────────────────────


          / ̄ ̄\             ┌────────────┐
         /   _ノ  \           │た、大変だ 若林先生    │
         |    ( ●)(●) て        │正木博士を早く探さないと! >
         |  u   (__人__)   そ         └────────────┘
         |     ` ⌒´ノ  
         |     u    } 
         ヽ        }    
           / 、  ヘミ|     
        /,` 、` -`,--` ,   
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |   
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__ 
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ

 ─────────────────────────────
 君は吾輩が自殺に出かけたものと思って我輩を探そうとするだろう
 ─────────────────────────────


590 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:37:06.77 ID:rt4gQgYo

          ───────────────────────
          そうとなったら彼奴だってジッとしてはいられなくなるお
          ───────────────────────

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |  u  (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    そ、そうですね 取り返しのつかなくなる前に
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      正木先生を見つけねば……
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
        ───────────────────────────────
         友人の義務として、学部長の責任としても、否応なしに万事を打ち棄てて

         吾輩を探し出し自殺を喰い止めなくちゃならない事になるだろう
        ───────────────────────────────








             ____
            /~~~\
          /  ─ Ξ ─ \
         /   (◎)―(◎)  \    そうなると若林は、自分の手一つで君の過去の記憶を
           |   ( ((__人__)))   |
        _\     `⌒´    /     呼び返させ得る唯一無二の機会を失う事になるかも知れない
        ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
        } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
     r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
     .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| ||
     .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
     .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
    ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



591 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:38:07.50 ID:rt4gQgYo
──────────────────────────
……だから若林は、吾輩がどこからか耳を澄ましているのを

チャント知り抜いていながら
──────────────────────────
     |.
     |.                 
     |                  
     |.            
     |/ ̄ ̄ ̄\          
     |  ⌒Ξー、 \        
     |( ◎)―(◎) ヽ  
     |( ((__人__)))  |   ソーッ
     |.  `⌒´  __/
    (三) ̄ ̄ ̄ ゙̄i
    (二).      /
     |       /






        / ̄ ̄\
      /  ノ  ヽ\
      |   (●)(●) l
      |    (__人__) |
      |    ` ⌒´ |     今日は正木先生がこの遺言書を書き残し、その後亡くなられて
       |         }
       ヽ        }     一箇月後の十一月二十日です……
        ヽ、.,____ノ 
、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
;;;;;;;;;;;!::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|

            ───────────────────
            なぞと尻の割れた出鱈目を云って

            とにも角にも君を落ち付かせようとしたんだお
            ───────────────────


592 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:39:38.86 ID:rt4gQgYo

             ____
            /~~~\
          / ⌒ Ξ ー、 \
         /   (◎)―(◎) \   そうして「自分は呉一郎である」と君に思い込ませ
           |   ( ((__人__)))  |   
        _\     `⌒´   /    確信させようとしているのだお
        ハ   /  V又イ ::::〉 ::::i:
        } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::i
     r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::} -,,_
     .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::ヽ__| ||
     .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::   | ||
     .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}―  .| ||
    ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







──────────────────────────
 我輩のことを、君の親の仇である極悪非道の大悪人だ

 と君に思い込ませ、指摘させようと企んだわけだ
──────────────────────────

          ____
       /~~u \  て
      /  _ノ~~ヽ、\ て
    / ∪  (◎)―(◎)
    |   ::::( ((__人__)))J|
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /   .  (~゙\
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /        \ \
  ヽ __     /   /   /             \ \
                              \. \
                                  \  \  ,.--、
                                ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
                                γi               i
                              ,,--┤i                i
                             (   、ソ            ゙i,
                             \,,               ヽ
                               \               \
                                 ゝ,,


593 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:40:52.18 ID:rt4gQgYo

      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │      なにせ我輩は精神医学者だお
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、   
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー




      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |      何も知らない呉一郎に催眠術でもかけて、親や女房を絞め殺させて
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、       これだけの実験材料をこしらえ上げる位の仕事は
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、   いつでも出来る自信はあるんだから
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::





      ___
     /~~~\
   /  ⌒Ξ`ー. \
  /   (◎)―(◎) \      この事件の嫌疑者には持って来いの人物なわけだお
  |   ( ((__人__)))  |
  \     `⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、`    ノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))



594 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:41:56.02 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |    ただ……我輩がこうした若林の企みに気付けたのは
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、     つい昨日のことなのだお
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::












::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::: : :    ゝ_ノ == ゝ_ノ:::::::::::::::
:::::::::::: : :   ( (    j    ))     |     君もそのうち新聞か何かで知ると思うが
:::::::::::::: :     `ー-‐'´`ー-‐'′   /
::::::::::::::: : : __/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ イ        昨日……開放治療場で一大事変が勃発してね……
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            | 一大事変? それは一体……   |
                                \_____________/
                           


 

595 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:42:46.46 ID:rt4gQgYo

────────────────────────────────────
心理遺伝の実験の一環として、精神病者の中に一挺の鍬を放り込んでおいたのだが
────────────────────────────────────

                    / ̄ ̄.\
                   /― Ξ ― \    /\
                 / (◎)―(◎ ) .\ く/ ) \
                 |  (((__人__)) )   i.'´/ :::::::::::\
                 \   ` ⌒´   . //   \__;::-ノ\
                 /:::∨<;;;>∨::::::://       .\  /
                ∧:::::::ヽ/;ヾ/::::://::::::ヘ      .〆
                /::::ヽ:::::::ヽl/::/(⌒ ̄::::::::ヽ
                      //
                     .ヽノ
───────────────────────────────────
 ……その鍬に導火線を仕込んだ爆弾が、美事に爆発してしまったのだお
───────────────────────────────────

596 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:43:55.45 ID:rt4gQgYo
─────────────────────────────────────
 爆弾と言ってもそれは精神科学を応用したもので、目に見えるわけではないが……
─────────────────────────────────────

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
───────────────────────────────────────
 その結果は爆発し過ぎた、と言ってもいいぐらいの、意外な惨劇になってしまったのだお
───────────────────────────────────────


597 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:45:15.06 ID:rt4gQgYo

             ____
            /~~~\
          / ⌒ Ξ ー、 \
         /   (◎)―(◎) \    責任を取るため、我輩は即刻総長室へと出頭したのだが……
           |   ( ((__人__)))  |   
        _\     `⌒´   /   
        ハ   /  V又イ ::::〉 ::::i:
        } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::i
     r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::} -,,_
     .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::ヽ__| ||
     .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::   | ||
     .|| | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}―  .| ||
    ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

────────────―――――――────────────―――――――──────

                           ・

                           ・

                           ・

────────────―――――――────────────―――――――──────

598 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:46:21.93 ID:rt4gQgYo
┌────┐                                               ┌────┐
│  昨日  │                                               │  回想  │
└────┘                                               └────┘


                       /||ミ
                      / ::::||
                    /:::::::::::||____
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
                    |:::::::::::::::|| ノΞヽ.\
                    |:::::::::::::::||)―(◎) \  では、これで失礼します……
                    |:::::::::::::::|| (_人_)))::::: |
                    |:::::::::::::::||___   /
                    |::::::::::::::(_____ノ´||
                    |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
                    |:::::::::::::::||/    ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
                      \ ::::||
                       \||








                       _______
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::O::::|| -3 バタン!
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



599 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:47:46.61 ID:rt4gQgYo

       ____
     /~~~ \
   / _ノ Ξヽ、_  \
  /   (◎)―(◎)   \    はあ 実験もここいらが切り上げどきかお……
  |  ::::(((__人__)))::::  |
  \     `⌒´     /



      ____
    /_ノΞ ヽ_\
   / (◎)―(◎) \     後の事は若林のやつがどうにかしてくれるだろう
 / ::::::(((__人__))):::::\
 |      ~~~      |    面倒な事は彼奴に任せて、我輩は……人間のほうも辞めちまえ
 \             /




────────────―――――――────────────―
この時までは若林の奴をそれほど腹黒い奴だとは思ってなかったからね

後事を彼奴に任せて、一旦下宿に帰ってから一杯引っ掛けて
────────────―――――――────────────―

                        ____
                      /;;;:::::::::::r‐'" ̄ ヽ
                     /::::   ,,ノΞヾ、   \
                        /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
  _______ +      /;;;;;( (;;;;;) )――((;;;;;) )    ヽ
  |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
  |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;:::((: (___人___,)))     |
  .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
   |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
   |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
   |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
 ─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴──────



600 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:49:01.23 ID:rt4gQgYo

────────────―――――――───────────
 スッカリいい気分になりながら、我輩はここへ戻ってきたのだが……
────────────―――――――───────────

                     \._ __/
                       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
                       |  |  |:| |    |       |      |
                       |_|_|_.| |。.  |       |      |
                     /      .\|    |       |      |
                    /        \  |       |      |
                  /            \|       |o    |
                 /                \      |      |
               /                     \   |      |
              /                       \  |      |
            /                           \|      |
           /                               \     |
         /                             \   |
        /                                \ |
      /                        



       ____
    / ~~~\
   /   ⌒ Ξ ⌒\ ~♪
 /  ―(◎)―(◎) \
 |   /// ((__人__)// |  うーい ヒック
 \     ` ⌒´  /
,,.....イ.ヽヽ、 _   ノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i::::|
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::|




       ____
    / ~~~\
   /   ⌒ Ξ ⌒\   /
 /  ―(◎)―(◎) \  ─
 |   /// ((__人__)// |  \
 \     ` ⌒´  /
,,.....イ.ヽヽ、 _   ノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i::::|
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::|



601 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:49:57.96 ID:rt4gQgYo
          ___                      ____
         | 6号室 |                     |7号室 |
           ̄ ̄ ̄                        ̄ ̄ ̄
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|
       |  ____ . |                 |  ____ . |
       |  |     .| |                 |  |:::::::::::::::::::| |
       |   ̄ ̄ ̄ ̄ . |                 |   ̄ ̄ ̄ ̄ . |
       |         |                 |         |
       |         |                 |         |
       |         |                 |         |
       |         |                 |         |
       |         |                 |         |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ____
       /     \
      /        \
    /           \
    |              |
    \           /  ……6号室に明かりがついているお……
    / ̄;ニニニニニゝー--,
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |








       ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ―\
 /  ―(◎)―(◎) \
 |      ((__人__)    |   はて……さっきまでは確かに空き部屋だったはずだが
 \   ,.<))/´二⊃ /  
,,.....イ. / /  '‐、ニ⊃゙-、.
:::::::::: |l    ´ヽ〉.|::ヽ::::i
::::::::::/    __人〉ヽ|:::::i::::|
:::::::_/ヽ.   / ハ  |:::::::|::|




602 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:50:49.87 ID:rt4gQgYo


────────────―――――――──────
 おかしいな、と思って帰りかけの小使に聞いてみると……
────────────―――――――──────


         ____
       / //// \
     / ⌒   ⌒ \
    /   ー□ー□ー  \  ああ それはたった今、若林先生が一人のお嬢さんを
   |       /__´___ヽ、   |
   \   ,彡`ー'´ミミヽ  /  連れて来て、入院おさせになったのです
   /           \







         ____
       /  ////\
     /  ⌒   ⌒\
    /    ー□ー□ー \   いやあ、いままで見た事も無いような
   |        /__´___ヽ、  |
   \    ,彡`ー'´ミミヽ /   お美しい人でした
   /           \

                                ___        ┏┓
                               /~~~\.        ┃┃
                        _    /_ノΞ `ー  \.      ┗┛
                        \   / (◎)―(◎ )   \    ┏┓
                        /   |   (((__人__)) )   |.   ┗┛
                         ̄   \_  ` ⌒´    __/
                            /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
                            i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
                           {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}

      ────────────―――――――────────
      それを聞いた時には、さすがの我輩もアッと感嘆の膝を打ったね
      ────────────―――――――────────



603 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:52:04.77 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /   u ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |    そうか若林の奴……我輩を嵌める腹積もりかお!
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、     
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、 
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::







    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |       ────────────―――――――─────────
.  |        入,__)       あの若林やらない夫という男、我輩の前では猫をかぶっているが
  |.     ゙'ー'´          ……とんでもない、彼奴め一筋縄ではいかない男だぞ……
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.       といったことが、この時いっぺんに分かってきたのだお
  /::ヽ、_   /ノ:::::|       ────────────―――――――─────────
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|



604 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:54:01.96 ID:rt4gQgYo

─────────────────────────
 というのは他でもない、彼奴が学部長の権威を利用して

 かの少女を生きた亡者に仕立て上げ
─────────────────────────
                  __
                /:::::::::::\
     ,‐ヽ  /"ノ    /::::_ノ三ヽ、\       /ヽ   /|
  _  \ \ | /     |:::::(○) (○) |       | |  / /
  \゙゙''ヽ‐-‐'"゙''| ___   .|:::::::(__人__)   |      |ヽ‐'、/__,-‐つ
   ゙゙''ゝ  ,‐''''ヽ',,,,-.  ..|:::   `⌒´   | ,,---、/二、 ヽ、,,-'"
   /ヽ  ヽ‐-/      |:         | ヽ‐-、   ヽ  二ニ⊃
  レ'"ヽ、,,,,,/ \    {::         }     |‐--,,,,、__/
      |‐‐''"   \  入        ノ   / ヽ‐''"ノ
                ,.. -----        
              , '::::::::::::::::::::::::::\      
             /::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ    
            ,. :::::i:::::::::iL:::/!:::::ハ::::::::',    
            ! ::::::j::::::::lィ;ォr`゙ヽl L::j::::!    
            !:::::f !::::::l !    ぉY:::::|    
            ,':::::::`|_::_j l   _ '  ,'::::ハ   
           /!:::::::::::l::::iヽ..   ´  イ:::::!;l!    
          ,. ,':::::::::ハト:::ト `r-..'!::::::!「´    
          i /:::::::/ノイ::::ヽ\:::ィ:::::ノ'      
          ,.'::::::/ : : : .ゝ:::\:ヽj/        
        r/!::::/: : : : : : :  __丶!
──────────────────────────────
 自分の手中に収めた訳 これが今まで分からなかったのであったが
──────────────────────────────



605 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:54:55.72 ID:rt4gQgYo

─────────────────────────
何のことはない、君を色と欲と理詰めの三方から責めて

君自身を無理にでも呉一郎と認めさせよう
─────────────────────────

                 / ̄ ̄\
               / ノ  \ \        ┌───────────┐
               |  (●)(●) |       <  家の財産相続の権利  .│
               |  (__人__)  |          └───────────┘
                 .|   ` ⌒´  .}        ┌───────────┐
               .|        .}        <  彼女は貴方の婚約者.   │
                ヽ     .  }           └───────────┘
         ___._,r、   Yヽ     ノトj    
       /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、            ┌───────────┐
        ∧::::,ノ  Yヽ:::::::l:::::::ヽ     7ヽ~ヘヽ.、          <  かくかくしかじか…….  │
     /-'´「 ヽ ヽj_. l:::::::::::ト、  /〃ハ  |::ヽ::`:ヾ 、_       └───────────┘
    r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)|::::l:::::ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl:::::ヽ:::::ヽj`ヽ  
    /::'´:::::ト、  Yrイ:::::∧l::::',:::::::ヽ  Tヘ',   l::_..ノ:::::::::l::j::::',
    ,′:::::::::.}、二ィ }::::/:::::::l::::ヽ::::: ', |、、ヘ. |::\:::::::/::}.::ヘ
    i::::::::::::::::トz'_ノ,イ:::::::::::::::|:::::::',.:::::::', l、ヽヘ |:::::::|::::::::::::::j/::l
   |:::::::::::ノ \¨7/::::::::::::::::::l:::::::ト、:::::ヾ 、ヽ ',.l:::::::lー-:://:::::|
   ゝ─'-- -r-`'::::::::::::::::::::::l:::::::',.ヽ::::ヽ ヽヽ!:::::| ̄:::::/j:::::::l




606 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:57:43.30 ID:rt4gQgYo

──────────────────────────────
 そして我輩を君の不倶戴天の怨敵と思い込ませ、世間に言明させよう
──────────────────────────────

          ____
       /~~u \  て
      /  _ノ~~ヽ、\ て
    / ∪  (◎)―(◎)    ちょっ……
    |   ::::( ((__人__)))J|
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |    l  |     ノ  /  )  /  .  (~゙\         │ 正木博士ッ           │
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /       \ \      │ あなたのせいでッ……!     \
  ヽ __     /   /   /            \ \     \____________/ ̄
                             \. \
                                 \  \  ,.--、
                               ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
                               γi               i
                             ,,--┤i                i
                            (   、ソ            ゙i,
                            \,,               ヽ
                              \               \
                                ゝ,,


607 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 01:58:41.07 ID:rt4gQgYo

                      __
                    /ヽ::::/ヽ
                    (● ●)
                    |  (_人_) |
                    |  l;;;;;;l |
                    ヽ __ノー、
                  /::::\/兄\|::::i|l!| !
                  |::::::::i l|||l  !:::ヽi   ドンッ!!
                 / ̄ ̄Ⅰ ∑ l、E ノ <\
                |二二二二二レY^V^ヽl二|
                |            |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ
─────────────────────────────────
この一連の事件を若林の思い通りに歪め、作り上げ 社会に暴露させてやろう
─────────────────────────────────










──────────────────────────────
       |:::::::::::::::::::::::::                  l.
        |:::::::::::::::::::::::::::.             ::{        }
        {:::::::::::::::::::::::::::            ::}       }
        |:::::::::::::::::::::::::::  ,           .:}      |.
      {::::::::::.i::::::::::::::::::::::ゝ、       :ノ、      !
       |:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐===ニ=:、__,,ノ  ノ ククク……
       |:::::::i:::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::ー、 `'''゙´  /
       |:::::l:::::::::::::::::::::::       ::::::::::i ̄´      /
──────────────────────────────
そして自分の手柄として掲げてやろうと企んでいる事が

手に取るように分かってきたのだお



608 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:01:02.33 ID:rt4gQgYo

  ─────────────
    そこで我輩も考えたお
  ─────────────

     ノ L____
     ⌒ \三/\
    / (◎)::::::(◎)\
  / ( ((__人__)) ) \
  |      |r┬-|     |     よろしい、そちらがそのつもりなら
  \     `ー'´    /
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、     こちらにも考えがあるお!
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニ  |::::|









        パチ
               ,   ヾ、
             (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、
              ) Y  人 ヽ)ゝ'丿,
     パチ     !)ノ'  ノ ,(  `    ´(
           / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t  ,   パチ、
           ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(
          i /f  ゛   ) Y´ l'′   )
──────────────────────────────────
大急ぎで教授室に引き返し、今までの研究成果である資料と論文を焼き捨てて

その内容の概略を書いたヒヤカシ半分の遺言書を書き始めた
──────────────────────────────────
        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     / ヽ、ΞΞ_ノ   ヽ
      | ( ◎)―(◎)   |
     \( ((__人__)))__,/
     /   ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \



609 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:02:34.47 ID:rt4gQgYo

    パチ
           ,   ヾ、             ┌────┐
         (ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ、         │  ..   灰 │
          ) Y  人 ヽ ) ──────┤ ..:::    │
 パチ     !)ノ'  ノ ,(  `    ´(       │ :::::::    │
       / ((  ´!. 、   t ヽ、 `t     パチ└────┘
       ,′, ヽ    tゝ、丿)ノ i    Y(         >正木博士の今までの研究焼き捨てる
      i /f  ゛   ) Y´ l'′   )









      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llヽ
      | ┏────────┓  ∥|
      | │空前絶後の遺言書│  ∥|
      | ┗────────┛  ∥|
      |                 ∥|
      |                 ∥|
      |                 ∥|
      |                 ∥|        >残るはヒヤカシ半分の遺言書のみ
      |                 ∥|
      |                 ∥|
      |                 ∥|
      |___________ ∥|
      ) ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ )
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
────────────────────────────────────
 こうしておけば奴は、その研究発表にこの遺言書を組み込まない訳にはいかなくなる
────────────────────────────────────



610 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:04:20.23 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /    _ノ Ξ ⌒
 /     ( ◎)―(◎)     ──────────────────────
 |     ( ( (__人__) |       どうやって若林の奴がこの遺言書を料理するのか
 \    ,.<))/´二⊃/      これは面白い見せ物になる……
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_    と一つ仕掛けてやったわけだお
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、 ──────────────────────
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::







─────────────────────────────
 そのうちに夜が明けて、君が覚醒しかけると若林の奴が駆けつけて
─────────────────────────────
                 , -―- 、
                /     \
               /  \_   |
               (●) (●)   |
               (_人__)    /
               l`⌒´    /
               |      ヽ
               __!、____/:::::::\
              /、 ヽ Vヽ/::ヽ:::::::ヽ
             ハ ヽ Y`l ハ |::<:.! >´゙ヽ
             { ヽ_ゾノ .リ |:/::|| レi i i}_
             `¨´  ヽ.□ニ|:::::|,. |ニニニニl
                  >:::::::::/:::: |____.|
                 /:::::::/ヽ:::::ヘ
                _,/:::::::/ ご_ノ  モキュモキュ
               ( ヽ::::/
               \__ノ



611 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:08:22.34 ID:rt4gQgYo

   君をかの美少女の元へ引き会わせた……が……この企みは失敗したわけだお
────────────────────────────────────────
     __                     l.:::::::: !:::::::::l' !                | ||:: f!:: ! l::::::|
   / _, 、\    r - 、    .      | | :: | :::: _| |       , 、    │||:: ||:: |ノ::::: |
   / (● ●)  /  .....i             !:: | :::: ̄| |ハ|         _   ||∟!∟!:::::::::|
   |  (__人_) / .::::::::|             L| | :::: :: | |:|ーヽ     `ニ ´     イ::|:::::::::::::::|
   |   `⌒´ /  .::::::::/     .      !:| | :::::::::| | !:: |:: ` i 、        イ :: | :| l::|:::::|:|| オニイサマ……
   ヽ     /  .:::::/              | | | :::::::::| | |:: |:|::: 」   ` ‐-- ´   |、:: | :| |::|:::::|:l.|
 ,, -'´`ー,r-'’ ..:::/!                 | | | :::::::::| | レ<´<´ヽ、     /`>ヽ l |::|:::::|:|.|
/ , -- /   ,:::::イ...::i                | |_レ :::: リ  , -、\. \   / //、│ト|:::::|:| |
| 、 /  ,   i:::::: ヽ.|               /´:::::::_::ノ  / (´ミ 、\ `/ /∠}<7|: ! |:::::ト!、!
i .:::| 、 i  ....i::::: ノー-- 、        /r')´刀「     ゝーY⌒ヽヘ/ //ヽ「`ー<.|: | |:::::|yミj丶、
────────────────────────────────────────
  先方は君の事を恋しいお兄様と認めたわけだが、肝心の君が彼女を妹とも許婚とも
  認めることは無かったのだからね





┌─────┐
│  教授室  │
└─────┘
          ______|            ""''、|"';|/
          ....|    |ヽ___________;| :::|
          ::::|    |:::|""''' ''' '''' ''' '''' ''' '''''''.:::;;| :::|
          ....|    |:::|           ...:::;;| :::|
          ::::|    |:::|     . 口   ..:::::::::| :::|
          ....|    |:::|二二二ニ┻ニ二二二,| :::|
          ::::|    |:::|    ._____|≡≡≡≡| :::|
          ....|    |:::|___/l    l\ ___,|_,,,|    ,,,......_
          ..::|______.|,/  I::/ーーーヽ::I      \...::;;l"' 、,"' 、..
                   :|_|ニニニニ|_|    ,.'ニニニニニ|   "' 、,"' 、, 
                              L_____,i     "' 、, "' 、,
                 __________ l\   :: "' 、,      "' 、, "' 、
                /             \ \     "' 、,     ' / |
              /                \ \   /二二二二二" .:|
             /                   \ \ ::|        ...::::|
           /                      \ \|        ...::::|
                                    \.::L, -──── -、_|

            ──────────────────────────
             で、今度は手段を変えて君をこの部屋に連れてきたのだお
            ──────────────────────────



612 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:09:50.10 ID:rt4gQgYo


────────────────────────────────────
 ただ……おそらく彼奴は我輩のこうした心事をこの時点で見抜いていたようなのだお
────────────────────────────────────


    / ̄ ̄\.     |  
  /   _ノ  \  人  
  |    ( 一)(●) Y  ̄ キュピーン
  |     (__人__). |  
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|






                      ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  \ \   /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     ─────────────────────────
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/      さすがは天下の法医学者若林やらない夫
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/       隠れていた吾輩の姿が見えなくても平気でいるばかりか
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l        すぐにその機会を利用して君を錯覚に陥れ初めた
r   、  /           !::::::::::: i..:..i       ─────────────────────────
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


613 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:12:03.35 ID:rt4gQgYo

────────────────────────
吾輩や斎藤先生の事を色々と君に話して行く片手間に
この遺言書の内容を大急ぎで検査してみると……
────────────────────────
   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./   
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f    
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ
────────────────────────
少々都合のわるい処もあるが、

結論までは書いてないので、これならまず安全と判断した
────────────────────────






      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llヽ
      | ┏────────┓  ∥|
      | │空前絶後の遺言書│  ∥|
      | ┗────────┛  ∥|
      |                 ∥|    
      |                 ∥|    
      |                 ∥|
      |                 ∥|    
      |                 ∥|
      |                 ∥|    
      |                 ∥|    
      |___________ ∥|
      ) ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ )
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────────
 のみならずこいつを君に読ませれば、自分で説明するよりも

 遥かに都合よく君自身を呉一郎と思い込ませ得る

 という見込みが付いたので……
───────────────────────────



614 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:13:10.29 ID:rt4gQgYo

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )    |
            (__人__)     |
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {        /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ  ) )
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│




 ̄ ̄\
\    \
● )   |
_)    |
     |
     |
     /
    /リ 厂`'‐- .._
ーz<__」// |: : : : : : :ヽ  ) )
「`乂/  / 丿: : : : : : :|
| {::::} / `7: : : : : : : │







  \
   |
    |
   |
   |
  /
  /リ 厂`'‐- .._
__」// |: : : : : : :ヽ  ) )
  / 丿: : : : : : : |
 / `7: : : : : : : │
────────────────────────────
わざと君に押し付けておいて、君が夢中になって読んでいるうちに

コッソリ姿を消してしまったのだ
────────────────────────────

615 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:14:12.65 ID:rt4gQgYo

────────────────────────────────
そうしてこれに対して吾輩がドンナ処置を執るかを試験しているらしい様子だ
────────────────────────────────
             |.
             |.
             |
             |  , ─‐ 、
             |/  _ノ \
             |   (● ●)
             |   (__人_)  コッソリ
             |    `⌒´ノ
             |ヽ    _く
            (三 ヘ;;;/∨::\`ヽ
            (二 /;;;;i /:::::く::::/
             |::i;;;;;;;/:::/:i::/








───────────────────
 ……そこで吾輩いよいよ面白くなったね
───────────────────
      ____
     /~~~\
   /   \ Ξ_ノ\
  /    (◎)―(◎)\
  |    ( ((__人__))) |
  \      `⌒´   /    ……よし……それならば、こっちも一つその計略の裏を行って
,,.....イ.ヽヽ、      ノ゙-、.     あべこべに彼奴の挑戦に逆襲してやるお!
:::::::_i⌒i⌒i⌒i┐_ ノ.|::ヽ::::i
::::( l / / / l_)\,|:::::i:::|
::::::ヽ       /   |::::::|::|



616 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:15:10.62 ID:rt4gQgYo
             |.
             |.
             |
             |.
             |/ ̄ ̄ ̄\
             |  ⌒Ξー、 \
             |( ◎)―(◎) ヽ
             |( ((__人__)))  |   ソーッ
             |.  `⌒´  __/
            (三)ヘ;;;/∨::\:::::`ヽ
            (二)/;;;;i /:::::::く:::::::/
             | i;;;/ /:::::/::::::/

───────────────────────────
 と思って、ソーッとここへ出て来て、この椅子に腰を卸しながら
 君がその遺言書を読み終るのを待っていた訳なんだお……
───────────────────────────


────────────―――――――────────────―――――――──────

                           ・

                           ・

                           ・

────────────―――――――────────────―――――――──────

617 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:17:49.23 ID:rt4gQgYo

             ____
            /~~~\
          /  ─ Ξ ─ \
         /   (◎)―(◎)  \
           |   ( ((__人__)))   |       ハッハッ……どうだい 今君と吾輩とは天下の名法医学者
        _\     `ー'´    /        若林やらない夫氏の計劃の下に対決しているんだお
        ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
        } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
     r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
     || | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| || 
     || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
     || | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
    ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\       そうして君がどこの何という名前の青年であるか……
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │      何故ここにいるのかという事は、まだ学理上にも
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、      実際上にも明白に決定されていないのだお
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、



618 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:18:47.56 ID:rt4gQgYo

          ____
       /~~u \  て
      /  _ノ~~ヽ、\ て
    / ∪  (◎)―(◎)
    |   ::::( ((__人__)))J|
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |    l  |     ノ  /  )  /   .  (~゙\   │ 犯人はあんただ!  >
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /        \ \   \________/
  ヽ __     /   /   /             \ \
                              \. \       
                                  \  \  ,.--、
                                ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
                                γi               i
                              ,,--┤i                i
                             (   、ソ            ゙i,
                             \,,               ヽ
                               \               \
                                 ゝ,,
──────────────────────────────
 だから君が若林の思い通りに呉一郎として覚醒し

 吾輩をその事件の裏面に活躍している怪魔人として指摘すれば……
──────────────────────────────







             ____
            /⌒Ξー、\
          /( ◎)―(◎)\          この対決は吾輩の負けになるお
         /:::::( ((__人__)))::: \
    cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ
    ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
   <<</ヽ                     /\)))



619 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:19:44.47 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |    しかし、そうならないのであれば……
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::





      ___
    / ~~~\
   / ─ Ξ ─  \
 /  ( ◎)―(◎)  \    君は第三者の立場から若林の手にかかって
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/     突然にこの事件に捲き込まれた
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i    無名の記憶喪失の一青年という事実が公表され得る
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::| 
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|





        ___
   /)/⌒Ξ`ー\
  / .イ ( ◎)―(◎) \  その際どい土俵際に立っているんだよ君は……ドウダイ面白いだろう
 /,'才.ミ) ((__人__)))::: \
 | ≧シ'  |r┬-/ '     |
 \ ヽ    `ー'´     /



620 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:21:15.74 ID:rt4gQgYo

      ――────────――――――────────――――――────────
       古今無双の名法医学者と、空前絶後の精神科学者の、痛快深刻を極めた智慧比べだ
      ――────────――――――────────――――――────────

         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \                               ___
       |  ( ●) (●) ________∧,、_________  /~~~\
        |   (__人__) |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /⌒ Ξ ⌒   \
        |     `⌒´ |                            /(◎)―(◎ )  \
       |        }                             | (((__人__)) )    |
       ヽ       .}                            \_  `⌒´       /
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、                          _,-ヽーー   ./ /弋ー-、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:                        ハ   / V又イ ::::〉 ::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_                     } ヽ 〈   l |;;|ノ / ::::::::::i
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||                 r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||                .|| | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||                .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――────────――――――{.::::::::::ノ.:::/ /   彡}――――――
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'                         " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'




621 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:22:28.86 ID:rt4gQgYo

      ____
     /~~~\
   /  ⌒ Ξ ⌒ \
  /   (◎)―(◎) \     しかも、その勝負を決すべき呉一郎が
  |   ( ((__人__)))  |
  \     `⌒´   /     君自身だかどうだかは、今も云う通りまだ決定しないでいる
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))







            ____
           /⌒Ξー、\
         /( ◎)―(◎)\     ハッケヨイヤ残った残ったというところだね ハッハッハッ……
        /:::::( ((__人__)))::: \
   cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ
   ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
  <<</ヽ                     /\)))


────────────―――――――────────────―――――――──────

                           ・

                           ・

                           ・

────────────―――――――────────────―――――――──────


622 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:23:22.67 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |    さてと……では君の記憶を戻すための実験を
 \    ,.<))/´二⊃/    始めさせてもらおうかお
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::






            ____
           /~~~\
         /  ─ Ξ ─ \
        /   (◎)―(◎)  \
          |   ( ((__人__)))   |  若林の手前、君自身が誰であるか、ちゃんと確かめなくてはなるまいて
       _\     `ー'´    /
       ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i:
       } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i    
    r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
    || | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| || 
    || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
    || | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
    ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



623 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:24:14.52 ID:rt4gQgYo

      ____
     /~~~\
   /  ⌒ Ξ ⌒ \
  /   (◎)―(◎) \
  |   ( ((__人__)))  |
  \     `⌒´   /         ではちょっとこっちへ来てくれたまえお
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))









 [二二二二二二二二二二二二二二二]
  || \               /  ||
  ||  .|              ||   ||    この窓から外を覗いて見てくれお
  ||  .|              ||   ||
  ||  ||               ||   ||    ……何が見えるかお?
  ||  ||               ||   ||               ___
  ||===||                 ||===.||              /~~~\
  ||  ||               ||   ||            / ─ Ξ ─ \
  ||  ||               ||   ||           /  (◎)―(◎ )  \
  ||  ||               ||   ||           |   (((__人__)) )   |
  ||  ||               ||   ||           \_   `⌒´    _/
  || /               \  ||          cー、 ::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
 [ニ二二二二二二二二二二二二二ニ]       ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
                                  <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}




624 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:25:17.65 ID:rt4gQgYo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
; ;ゞ ;" "ゞ ;; ; ;"/"                             ――○――
ゞ ; ;ヾ ;"/" ;ゞ                                 /|\      
ヾノゝノゞ"ノゞ.               ~8                 │       
彡ヾ` ゙ノヾ                                            
ノゞ ノヾ     8~
l|ノゞ
il                                           
,:|""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
,l| ゙゙゙'    '""                                     /⌒ヽ
;iヽ、  ....                              _          ゝ、ノ
゙゙~'゛  ..,iルw,,.                        _,> Y-、          \___
 viレ,,   ゙゙゙                        >      <         /    \
  ""  ""゙'゙        ""゙'゙             / 入ノ   リノ         /     ノ ヽ
      ''' '''''''''                     /ハ     ̄j.:./|        |     ● ●
 """   ∧_∧  ..,,ivw,,,.         ボーッ   ヽノ/l/リハソ         ヽ   ⊂⊃ 、_,、_,)
      (  ゚∀゚)                      l/ノリハソ           \     /
      / ヽ ヽ                     l´:::::::::::`             ⊂    つ
     /   0メ                          |::| ̄ ̄|j             人  Y
    / /,>" 〉 \_  ザックザック           |::|   i        ( ( (  し (_) ススーッ
   (_ノ (__)  /:::/                /l._リl   \
           ノ・ ./∴               `'‐┼rーrー´
                                 |:::| |:::|           (○)
                                _,ヘリ ._ト |           ヽ|〃
                               ´-ー' ´-ー'            ^^^   ゙゙"'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   | 開放治療場と……そこにいる狂人たちが見えます.|
                   \____________________/



625 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:26:10.36 ID:rt4gQgYo

       ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ―\
 /  ―(◎)―(◎) \
 |      ((__人__)    |  なに……狂人が……フーム
 \   ,.<))/´二⊃ /
,,.....イ. / /  '‐、ニ⊃゙-、.
:::::::::: |l    ´ヽ〉.|::ヽ::::i
::::::::::/    __人〉ヽ|:::::i::::|
:::::::_/ヽ.   / ハ  |:::::::|::|





      ___
    / ~~~\
   / ─ Ξ ─  \
 /  ( ◎)―(◎)  \         それじゃもう一つ尋ねるが、あの畑の角に立って
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/         八頭身の鍬の動きを見物している青年がいるかお?
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|


626 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:27:25.15 ID:rt4gQgYo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ミ                 
                        ヽ \               
                      ./ \ \             
                 ∧_∧/     ̄             
                (;´Д`)     i i i              
  "~"'''"''""~"'''"'""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、''""~"'''"''""~"'''"  
              ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|            
 iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii:
             /   \\| |                     
             / /⌒\ し(メ    .i i i .             
           / /    > ) \  ノノノ
          / /     / /    .\_  ザックザック         /:::::::::::::::::::::/_ 
          し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック     ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                      ノ・ ./∴:・:            /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     ''""~~"''              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       ヽ::::|゙lヽ::::::|\::::::::::::::::::::::::
                                        ∨J \(:::::ヽ::::::::::::::::::::
                                         丶    |ヽ弋::::::::::::
                                 ……       \ _/|    
                                               )__ _/
                                              /メ '  メ
                                            / 十 メ_
                                           / ̄メ ̄ ̄ メ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                     | はい、おります   |
                     \_______/
                                 

     ____
   /  ~~\
  /   ~~ ~ \
/    (◎)―(◎) \       うむ……いる
|    ( ((__人__)))   |
/     ∩ノ ⊃   /       で、彼は今、どっちを向いて立っているかお?
(  \ / _ノ |  |


627 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:28:32.73 ID:rt4gQgYo


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             | こちらに背を向けています なので顔は分かりません  |
             \______________________/

       ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ―\
 /  ―(◎)―(◎) \
 |      ((__人__)    |  うん 多分そうだろうと思ったお
 \   ,.<))/´二⊃ /
,,.....イ. / /  '‐、ニ⊃゙-、.
:::::::::: |l    ´ヽ〉.|::ヽ::::i
::::::::::/    __人〉ヽ|:::::i::::|
:::::::_/ヽ.   / ハ  |:::::::|::|






      ___
    / ~~~\
   / ─ Ξ ─  \
 /  ( ◎)―(◎)  \    しかし見ていたまえ、今にこちらを振り向くかも……
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|

628 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:31:11.91 ID:rt4gQgYo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     / /     / /    .\_  ザックザック         /:::::::::::::::::::::/_ 
     し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック     ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 ノ・ ./∴:・:            /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ''""~~"''              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                  ヽ::::|゙lヽ::::::|\::::::::::::::::::::::::
                                   ∨J \(:::::ヽ::::::::::::::::::::
                                    丶    |ヽ弋::::::::::::
                            ……       \ _/|    
                                          )__ _/
                                         /メ '  メ
                                       / 十 メ_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       ヽ::::|゙lヽ::::::|\::::::::::::::::::::::::
                        ∨J \(:::::ヽ::::::::::::::::::::
                         丶    |ヽ弋::::::::::::
                           \ _/|    
                              )__ _/
                             /メ '  メ
                           / 十 メ_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   !∧`ヽ   `ヽ|‐ヽ!   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   |:::ハ      `         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   .!ハ ヽー- 、_        /\:::::::::::::::::::::::::::::::::|
                    .∧   ̄         /`ーァ:`:::::::::::::::::::ト、::::::/
                      ゝ _ _ -‐ ´   ∧:::::::::::::::::::::::| ヽ/
                           |            ヽ:::::::::::|\|   
                           |          ヽ|\:|_,. -‐┐
                           .l      ,. -― ¨  ̄       |
                            .ヽ  / l |l           |
                             .} /l ||||| l        l |l l l |
                             .ノ            l ||  ||lヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                            あの顔は……



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

629 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:32:18.61 ID:rt4gQgYo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ´   /:::::ィ:;'  ヽ          ┘フ:´:/
                       /:/ l/   ヽ   ヽー- 、_   ノ::/
                      /'  .,'     \    ̄ ァ´/
                       ._/       ,ヘ ,  ´ ./イ
                      /.__/       ,'- 、
                    / ,',ノ       ,l,>、_>¬
                   /   l'       /o三    !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            あの顔は、同じではないか……今朝、湯殿の鏡で見た自分の顔と……!


                     ┌─────────────────┐
                     │               /         │
                     │              /          │
                     │       ::::::::/:::::::::::::::/:          .│
                     │      ::::::::::/::::::::::::::/::::        ......│
                     │     ::::::::::::/::::::::::::/:::::::::         .│
                     │.     ::::::::::::::::::::/::::::::::::::          │
                     │   /    :::::::::::/::::::::::::          │
                     │.  /    r-ゝ、_ イー-!.           │
                     │.      ||  |  ̄ /   |.          .│
                     │    ,. -く ̄ /ー「 ̄ ̄ ̄` ヽ、       .│
                     │  /l:::::::::ゞl / ヾ. |::::::::::::::::::::::::::: >、.    │
                     │   |::::Y:::::::::::ト|   /::::::::::::::::::::::::/::::::|     │
                     │   |::::|:::::::::::::ヾ/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::|    │
                     └─────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                     お、同じ顔だ……私は呉一郎なのか……


                          私が……私は……!





630 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:33:26.22 ID:rt4gQgYo

                           ┌┐ r‐――‐ 、
                           | |  | r--- 、 l
                           | | └┘ ノ ノ
                           | |    i"´/
                           └┘   └┘
                          ┌┐   ┌┐
                          └┘   └┘

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  __________________,、∧,、____________
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     「l
                  l´l  l」「l
                  l .!─, l」      _
                  l .l ̄  /,=7   l」 /l
                   レ'   // //   _//  □  □  □  
                       //    l_/












                r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'⌒ヽ
               ( ……なんだ……急に頭が……おでこの辺りが痛み出してきた (
                )                                       )
                `~'⌒'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'~ ○   
                                                          〇 
                                                           o



631 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:34:55.08 ID:rt4gQgYo

       ___
     /~~~\
    / _ノ Ξ ヽ、 \
  /  (◎)―(◎ )  \    落ち着けお……しっかりしたまえ
  |   (((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/    あの青年が君とそっくりなのには、チャントした理由があるのだお
   ,-ヽーー ___ ,./ /弋.__
  .i::::/::|.!、 _____/ ;':::::|:::::::::ヽ
  |::::i:::::|,/(__)゙i/:::::::|::::::::::::|
  |::::|:::::|  ハ ./:::::::::<::::::::::::|






       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \      イヤ、まあ驚くのも無理は無いか あの青年は
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/      君と同年同日同刻に同じ女の腹から生まれたのだお
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニ  |::::|

                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  | えッ?   では僕とあの呉一郎とは双子なのですかッ? |
                \_______________________/



632 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:36:48.20 ID:rt4gQgYo
           ___
          /~~~\
        / ─ Ξ ─ \
       /  (◎)―(◎ )  \
       |   (((__人__)) )   |      いいや違う……もっと密接な関係だお
       \_   `⌒´    _/
      cー、 ::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
    ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
   <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}







      ___
    / ~~~\
   / ヽ、 Ξ _ノ \
 /  ( ◎)―(◎)  \   君はいま、離魂病というのに罹っているのだお
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|

633 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:37:47.96 ID:rt4gQgYo

                                    ____
                                   /ノ   ヽ、_\
                                 /( ○)}liil{(○)\
                                /    (__人__)   \
                                |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                \    |ェェェェ|     /
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       .  , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
.          /. : . . : . . : . . :. . .  \      l_j_j_j と)          i
.        /.: : : : : : : : : : : : : : : : :   \      ̄`ヽ     ノ    | l
        /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ..  \     /´  ヽ        | l
      /..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.   \   l    |       ヽ_⊥-‐ 、
     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ;  \  ヽ  _,l- 、      ̄/     l
.     |:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     |   ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
     |:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::    |    `-‐´   ̄ヽ --‐'
     \: : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : : : : : :.: .  /
       \:、: : : : : : ::゙ッ: : : : : : : : : : : : :::   /
       /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.゛\ッ´
     /. : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : :.`\
    /: : : : : : : : : : :, : : :、:: : : : : : : : : : : : : : :.   ヽ
    i : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:::.: : : : ::   ゙i
    l : ::'i:: : : : : : : ::ノ.:::(,::. : : : : : : :: :.:: y::: : : : :  |
    l .: :.:|: : : : : : : ::゙::.:.:.:.:.゛::. : : : : : : : :.::i:.: : : : :   |
            ──────────────────────────────
            離魂病……つまり自分の前にもう一人の自分が現れて驚かすもので

            昔からいろんな書物に怪談として記録されているが……
            ──────────────────────────────








      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │      精神医学専門の我輩の立場から言わせてもらえば
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、      これは実際上にも起こり得ることなんだお
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー



635 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:40:10.90 ID:rt4gQgYo

     こうなんだお、いいかい……君は今夢を見ているんだお

   ──────────────────────────────────



     ~~~""'''''''""~"'''"''""~"'''"''" ""'''''''""~"'''"''""~"'''"''"''''''""~"'''"''""~"'''"''"
     '""'   "" '""'   ""'  "'   "" '""'   ""'   "" '""'   ""'  
     iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii









   ──────────────────────────────────
                                  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
 その証拠に我輩の目から見てあの開放治療場には 今 は 誰 も い な い ん だ お








       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/     昨日の大事変勃発以来、あそこは封鎖したままなのだからね
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、 
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニ  |::::|


636 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:41:07.29 ID:rt4gQgYo

          ────────────────────────────
           少し専門的に説明するお……

           君の意識の中では現在に対する感覚器官は活動しているが
          ────────────────────────────

         ll   ll   l! l!」」__∠_  }}
         `ヽ、_jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,.‐====;、
          __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、    ゙ヽ
        /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ     }}      >現在に対する感覚器官
         ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ  〃      ┌――――――┐
      / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } } 〃        │  / つ∧.  .│活動中
    __,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y´       │ ヽヽ´∀`)   │
   {{ / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !         │ │    つ  │
   `'''1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ────―――――┤ | | |   │
    /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}.        │ (__)_).   │
    /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7.       ├――――――┤
    { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/.         │ 〃´⌒ヽ   │
    '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ         │ ( _  ).zzZ│
     ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´ /.         │__(∨ ∨ )_│
      `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´  ノ ,イ          │  し ̄ ̄し .  │
       ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙= ≠=‐''/          └――――――┘
        ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´     /  ,/           >記憶を司る部分
           `゙''ー‐fー;‐'''"~        / _/               お休み中(夢ぐらいは見られる)

         ──────────────────────
          過去に関する記憶を司る部分は

          まだ夢を見得る程度にしか回復していないのだお
         ──────────────────────


637 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:42:00.60 ID:rt4gQgYo

          ___
         /~~~\
       / ─ Ξ ─ \
      /  (◎)―(◎ )  \
      |   (((__人__)) )   |   だから君自身の過去の客観的映像が記憶の中から夢となって現れ
      \_   `⌒´    _/
     cー、 ::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ   現在の意識と重なり合って見えたのだお
   ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
  <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}







      ___
    / ~~~\
   / ─ Ξ ─  \
 /  ( ◎)―(◎)  \       要するに、夢と現実とを一緒に見ているのだお 君は
 |   ( ((__人__)))   |
 \_/ }  `⌒´   _/
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|



638 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:43:32.16 ID:rt4gQgYo

       ___
     /~~~\
    /― Ξ ―  \
  / (◎)―(◎ )   \
  |  (((__人__)) )    |      不思議に思うかもしれないが、普通の人でも頭が疲れているときなぞ
  \_  ` ⌒´    _/
   ,-ヽーー ___ ,./ /弋.__      よくこんな事があるんだお 程度は浅いがね
  .i::::/::|.!、 _____/ ;':::::|:::::::::ヽ
  |::::i:::::|,/(__)゙i/:::::::|::::::::::::|
  |::::|:::::|  ハ ./:::::::::<::::::::::::|



      ___
    / ~~~\
   / ─ Ξ ─  \       君の場合は脳髄の昏睡がとても深かったので
 /  ( ◎)―(◎)  \
 |   ( ((__人__)))   |      今見ていた幻覚も熟睡しているときの夢と同様に
 \_/ }  `⌒´   _/
,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.       深い魅力を持って君に迫って来た訳だお
:ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
{ ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
`¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|



       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/        だから現実との区別が、なかなかつけ難いのだお……
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、 
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニ  |::::|

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | では……あそこにいるのが過去の僕ならば、僕はやはり呉一郎ということに…… |
           \_________________________________/



639 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:45:15.01 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /    _ノ Ξ ⌒
 /     ( ◎)―(◎)      そうだねえ 理屈の上で、また実際上から見ても
 |     ( ( (__人__) |
 \    ,.<))/´二⊃/      君は呉一郎と名乗る青年でなければならなくなるお
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::




            ____
           /⌒Ξー、\
         /( ◎)―(◎)\           君が呉一郎として間違いなく覚醒してしまう事になり
        /:::::( ((__人__)))::: \
   cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ     我輩の負けが決定付けられるお ハハハ
   ,へ λ \ _ `ー‐'  _ /::::入  へ、
  <<</ヽ::::::::::::::ヽ/  (__) ヽ/:::::::::::/  \)))



                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                              |   …………   |
                             \______/




640 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:46:12.68 ID:rt4gQgYo

       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/    さて、どうだね ここまで言ってもまだ自分が呉一郎だと
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)   認める事はできないかお?
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|

                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  | ……はい まだ自分が何者か思い出すことができません…… |
                \_________________________/






       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/         ふむ……そうかお
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|



641 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:47:31.78 ID:rt4gQgYo


    / ̄ ̄ ̄\
   /    ~~~\
 /     ― 三 ― \
 |     ( ◎)―(◎) |      ……
 \  ::::( ((__人__)):::/
,,.....イ.ヽヽ、___` ⌒´  ン
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|












    : / ̄ ̄ ̄\ :
  :/    ~~~\ :
 /     ― 三 ― \
:|     ( ◎)―(◎) | プルプル
 \  ::::( ((__人__)):::/ :
,,.....イ.ヽヽ、___` ⌒´  ン :
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i :
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::| :



642 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:48:26.90 ID:rt4gQgYo

 _| ̄|_
 |_  _|
  r┘└へ         | ̄|  | ̄|_
〈 〈]  ゚,、〈       |  | ̄    |
 ヽ-ヘ_>ノ_ノ        |  |二コ ┌'         | ̄|  | ̄|_
                 |  | o  ヽ       |  | ̄    |
                 |_|、_ハ/       |  |二コ ┌'       | ̄|  | ̄|_
                               |  | o  ヽ      |  | ̄    |                ┌┐
                               |_|、_ハ/      |  |二コ ┌'       | ̄|  | ̄|_.   .| | 
                                            |  | o  ヽ     |  | ̄    |    | | 
                                           |_|、_ハ/      |  |二コ ┌'.    | | 
                ____                                 |  | o  ヽ.  ..└┘
              /_ノ 三ヽ、_\                                |_|、_ハ/    ┌┐
             o゚((◎)) ((◎))゚o                                        └┘
            /::::( ((__人__)))::::: \
            |     |r┬-|     |    (⌒)
            |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
            |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
            \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                            ̄`ー‐---‐‐´

643 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:49:18.96 ID:rt4gQgYo

          ____
        /_~~~\
 ミ ミ ミ  o゚-(◎)―(◎)゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒). ::::::(((__人__)))::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / /
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::::/     ダァーッ ハッハッハッハッハ
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /       君は徹底的に正直者だから面白いお アハハハハ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)








           ,, -──- 、._
        .-"´  ~~~ \.
       :/    _ノ  三 ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((◎)) ((◎))゚oヽ:   いま言ったのはみーんなウソだおw  ウ ソ w
      :|     ( ((__人__)))   |:
      :l        )  (      l:   騙されなかったのは偉いねアハハハ
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬ン
                  
                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            | は? え? 嘘……? |
                           \_________/



644 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:50:15.57 ID:rt4gQgYo


            ____
           /⌒Ξー、\           いやいや 怒ってはいけないよキミ アハアハアハ
         /( ◎)―(◎)\
        /:::::( ((__人__)))::: \         呉一郎と君が似通っている事を利用して
   cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ    ちょっと君の頭をテストしたのだお
   ,へ λ \ _ `ー‐'  _ /::::入  へ、
  <<</ヽ::::::::::::::ヽ/  (__) ヽ/:::::::::::/  \)))


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | テストって……何故そんな事を……! 僕を試すような真似を一体何のために……! |
             \___________________________________/



645 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:51:09.97 ID:rt4gQgYo
                                          _
                                        ,ィ彡'
彡三ミヽ  `ヽ         :::::::::::::                ミ三彡'
'⌒ヾミヽ   `ー       :::::::::::::::::              ,r'´  ,r'ミ三ミ_ィ
    ヾ、             ::::::::::::::::::            ー´   ,r'ミッ⌒'ミ_
 _    `ー―' i      ヽ.'_, ヘL _           、ッ
三ミミヽ        i        V´/´ `ヽ     '―ー´    _
'   ヾ、    _ノ        ,fリ:/ l   l     i        ,r'ミミ三ミ_
     `ー '           ハl::/   !   ヽ   !、_    、ッ   'ミ_
,ィ彡三ニミヽ  __ノ       /::/   V     !      ' ー´
'      ` ̄           l l::/    V    ヽ  !、__  ,r'ミニ三ミ_ィ,
     _  __      lリ/     l   , ィノ      ̄´      'ミ_
  ,ィ彡'   ̄         〈:〈_,r≦テヘ , イノ1   __  _
三彡'         _   lヾ<X>'::´::、:::`} {  }       ̄  'ミ_ィ,
         ,ィ彡'     T!::::l::l:::::::::l:ヽ〈  ト、j  _         'ミ_三ミ
       ミ三彡'      }l::::l::::l:::::::::l:::::`゙": ヽ    'ミ_ィ,
                                 'ミ_三ミ
     ─────────────────────────────
      なに 我輩は実はこれから君に呉一郎の心理遺伝の正体について

      話しておくつもりなのだが……
     ─────────────────────────────





          ____
        / ~~~\
  / ̄\/  ⌒Ξー、  \/ ̄\  それにはモット訳の分からない事が、ブッ続けに出てくるんだお
  |   /  (◎)―(◎)  \   | ))
(( |   |  ( ((__人__)))    |  |
  |   \    ` ⌒´    /   |



646 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:52:32.33 ID:rt4gQgYo

            ___
          / ~~~\
         / ⌒ Ξ ⌒  \        頭を確かにしていないと、トンでもない勘違いに
       /  ( ◎)―(◎)  \      陥る可能性があったからね
       |   ( ((__人__)))   |
       \_/ }  `⌒´   _/      チョットした予防注射をこころみた訳だお
      ,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.   
      :ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
      { ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
      `¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | しかし……あの、正木博士 今、僕の頭のここが急に疼きだしてきてですね. |
             \_______________________________/



      ____
     /~~~\
   /  ⌒ Ξ ⌒ \
  /   (◎)―(◎) \       うん その痛みかお それは今朝からあったのを
  |   ( ((__人__)))  |       君が気付かなかっただけさ
  \     `⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.        急に痛み出してきたわけではないお
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ 
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))


647 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:53:34.08 ID:rt4gQgYo

       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/     君が呉一郎と無関係な他人だ、と認識しているときは痛みを感じないが
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニ  |::::|




      ____
    / ~~~\
   /    ― Ξ ―
 /     ( ◎)―(◎)        一度呉一郎と自分が同じ顔だという事が分かると
 |     ( ( (__人__) |       その痛みを突然に思い出す……
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、        そこに精神科学の不思議さが出てくるわけだが……
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_ 
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::



648 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:54:30.08 ID:rt4gQgYo
        ────────────────────────────
        というのも呉一郎は昨夜、心理遺伝の終極点が発揮したせいで

        壁に頭を打ち付けて自殺を試みたのだからね
        ────────────────────────────

   ::  |
     |    \ ,,_人、ノヽ               00              ___
  .::  , |     )ヽ    (                「二^^l    ┌‐┐ ┌┐   / /
     |  - <          ___       | |     └‐┘//    / /
     ,;,,|     )     て   ||_||_||_||    「二__l     ┌─' /    /_/
 ,;,   . |    /^⌒`Y´^\    ̄ ̄ ̄             ̄ ̄      /_7
   . .;; |
     |
     |
     |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::.../








         ___
       / ~~~\
      / ⌒ Ξ ⌒  \
    /  ( ◎)―(◎)  \  その痛みが現在君の頭に残っているわけだお
    |   ( ((__人__)))   |
    \_/ }  `⌒´   _/
   ,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
   :ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
   { ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
   `¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   | で、ではやはり僕は呉一郎という事に……. |
                  \_________________/



649 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:55:24.67 ID:rt4gQgYo
       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/       まあそんなに慌てるなって
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|





       ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ―\
 /  ―(◎)―(◎) \
 |      ((__人__)    |    虻の心は蜂知らず、豚の心は犬知らず
 \   ,.<))/´二⊃ /     というのが普通の道理なのだが……
,,.....イ. / /  '‐、ニ⊃゙-、.
:::::::::: |l    ´ヽ〉.|::ヽ::::i     いま君には赤の他人であろう、呉一郎の痛みが残っているわけだお
::::::::::/    __人〉ヽ|:::::i::::|
:::::::_/ヽ.   / ハ  |:::::::|::|





         ___
       / ~~~\
      / ⌒ Ξ ⌒  \
    /  ( ◎)―(◎)  \    この精神科学の謎が君に解けるかな?
    |   ( ((__人__)))   |
    \_/ }  `⌒´   _/
   ,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
   :ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
   { ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
   `¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|
                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         | できません  |
                        \_____/



650 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:56:33.81 ID:rt4gQgYo

         ___
       /~~~\
      / ─ Ξ ─ \
    /  (◎)―(◎ ) u\
    |  ( ((__人__)) )   |
    \_   ` ⌒´   _/   キッパリと言い切るね……
     /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
    (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
     `;ー"::::` ー-ー--ー'
     l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|







            ____
           /⌒Ξー、\          出来ないのなら仕方が無い
         /( ◎)―(◎)\
        /:::::( ((__人__)))::: \       君はいつまでもどこの誰だかわからない
   cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ   名無しの権兵衛でいるだけだお
   ,へ λ \ _ `ー‐'  _ /::::入  へ、
  <<</ヽ::::::::::::::ヽ/  (__) ヽ/:::::::::::/  \)))

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    | 先生、教えてください 僕は一体誰なのですか……!?  |
                  \_______________________/



674 名前:◆zfJgwSJx7.[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 03:31:44.04 ID:rt4gQgYo



      ____
     /~~~\
   /  ⌒ Ξ ⌒ \
  /   (◎)―(◎) \
  |   ( ((__人__)))  |
  \     `⌒´   /     ハハハそんなに目の色を変えんでも教えてやるお
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))



       ___
     / ~~~\
    / ─ Ξ ─  \
  /  ( ◎)―(◎)  \  ただし……約束してほしい事があるんだお
  |   ( ((__人__)))   |
  \_/ }  `⌒´   _/   君にそれがキット守れるかお?
 ,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
 :ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
 { ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
 `¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|

                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                     |  守ります キット守ります   |
                   \___________/



651 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:57:51.78 ID:rt4gQgYo

       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \      我輩がこれから進める話の内容がどんなに恐ろしくても
  |  ( ((__人__)) )   |     君は最後まで我慢して聞くかお?
  \_   ` ⌒´   _/
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      |  はい、聞きます  |
                     \_______/



      ____
     /~~~\
   /  ⌒ Ξ ⌒ \
  /   (◎)―(◎) \
  |   ( ((__人__)))  |         よろしい そしてその話が済んだらね、その内容を
  \     `⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.          あの遺言書と一緒に社会に公開してほしいのだお
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))



       ___
     / ~~~\
    / ─ Ξ ─  \
  /  ( ◎)―(◎)  \      それが君にとってどんなに面倒な事でも
  |   ( ((__人__)))   |      その通りに実行できるかお?
  \_/ }  `⌒´   _/ 
 ,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.
 :ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i
 { ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|
 `¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      | 誓って 致します  |
                     \_______/




652 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:58:49.51 ID:rt4gQgYo
       ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ―\
 /  ―(◎)―(◎) \
 |      ((__人__)    |     ウム それからもう一つ
 \   ,.<))/´二⊃ / 
,,.....イ. / /  '‐、ニ⊃゙-、.  
:::::::::: |l    ´ヽ〉.|::ヽ::::i  
::::::::::/    __人〉ヽ|:::::i::::|
:::::::_/ヽ.   / ハ  |:::::::|::|



────────────────────────────────────────
       ___              l.:::::::: !:::::::::l' !                | ||:: f!:: ! l::::::|
     / ~~~\           | | :: | :::: _| |       , 、    │||:: ||:: |ノ::::: |
    /  ─ Ξ ─ \              !:: | :::: ̄| |ハ|         _   ||∟!∟!:::::::::|
  /   ( ◎)―(◎) \            L| | :::: :: | |:|ーヽ     `ニ ´     イ::|:::::::::::::::|
  |    ( ((__人__)))  |            !:| | :::::::::| | !:: |:: ` i 、        イ :: | :| l::|:::::|:|| オニイサマ……
  \_/ }   `⌒´  _/         | | | :::::::::| | |:: |:|::: 」   ` ‐-- ´   |、:: | :| |::|:::::|:l.|
 ,,../、 〈ヽ、___ ーーノ゙-、.            | | | :::::::::| | レ<´<´ヽ、     /`>ヽ l |::|:::::|:|.|
 :ハ ヽ Y`ー.\_____ ノ.|::ヽ::i            | |_レ :::: リ  , -、\. \   / //、│ト|:::::|:| |
 { ヽ_ゾノ-イ/゙(__)\,|:::::i::::|          /´:::::::_::ノ  / (´ミ 、\ `/ /∠}<7|: ! |:::::ト!、!
 `¨´─':::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::::|       /r')´刀「     ゝーY⌒ヽヘ/ //ヽ「`ー<.|: | |:::::|yミj丶、
────────────────────────────────────────
            君が記憶を取り戻した暁には、君はあの六号室の少女と結婚して

            彼女の精神異常を取り除いてやる責任があることも判明してくるだろうが


       ___
     /~~~\
    / ─ Ξ ─ \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/  そうした責任もキット果たせるかお
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |  あの少女と結婚? 精神異常を取り除く? そんな責任が本当に僕にあるのでしょうか   |
       \_____________________________________/




653 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 02:59:49.92 ID:rt4gQgYo

           ___
          /~~~\
        / ─ Ξ ─ \
       /  (◎)―(◎ )  \
       |   (((__人__)) )   |   それはその時になって君が考えてみればいい
       \_   `⌒´    _/
      cー、 ::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
    ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
   <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}






            ____
           /⌒Ξー、\          ま、そんな責任があるかないか……
         /( ◎)―(◎)\        
        /:::::( ((__人__)))::: \       言い換えれば、呉一郎の頭の痛みが何故君の上に
   cー、  |      |r┬-/ '     |⌒,一っ   引っ越したかという訳を明らかにする方法は
   ,へ λ \ _ `ー‐'  _ /::::入  へ、 すこぶる簡単明瞭なんだお
  <<</ヽ::::::::::::::ヽ/  (__) ヽ/:::::::::::/  \)))


                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                       | そんなに簡単な方法なんですか?   |
                      \_______________/



654 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:00:41.32 ID:rt4gQgYo

      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │   ああ造作もないことだお
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー







   君がある所へ行って、ある人物と握手するだけでいいのだお
─────────────────────────────────
                                          _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄
─────────────────────────────────


655 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:01:38.08 ID:rt4gQgYo

             ピキ──────ン
                ___
               /~~~\     そうすると精神科学の作用が電光のごとく閃き起こって
             /. \ Ξ / \
______∧,、 /  (◎)―(◎ )  \_______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` |   (((__人__)) )   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            \_   `⌒´    _/
            /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、  
           (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
            `;ー"::::` ー-ー--ー'
             l:::::::::::iニニ□ニ  |::::|





         ___
        / ~~~ \         オヤッ こうだったのかッ 俺はこんな人間だったのかッ
      /((◎)―(◎))\
/⌒)⌒)⌒.::::( ((__人__))) ::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /




      ____
     /~~~\
   /  ⌒ Ξ ⌒ \
  /   (◎)―(◎) \
  |   ( ((__人__)))  |      と、なるだろうね
  \     `⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))

                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    | それを今やっては いけないのですか?   |
                   \_________________/




656 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:02:38.00 ID:rt4gQgYo
       ___
     /~~~\
    / \ Ξ / \
  /  (◎)―(◎ )  \
  |  ( ((__人__)) )   |
  \_   ` ⌒´   _/       いけない 断じていけない
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|




        
         ___  /`i
       /~~~\/  リ
      / \ Ξ / .|  /
    /  (◎)―(◎リ  ヒ        今の時点でそれをやったら、君はとんでもない錯覚に陥って
    |  ( ((__人_//  ,`弋ヽ
   _\    ` ⌒′.Y´  , `ヽ`l   我輩の実験をメチャメチャに壊す恐れがあるんだお
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|




657 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:03:41.73 ID:rt4gQgYo

      ____
     /~~~\          だから君が前後の事情をスッカリ飲み込んで、我輩の指示通り
   /  ― Ξ ― \
  /   (◎)―(◎) \       件の事実を社会に公表するのを見届けた後でなくちゃ
  |   ( ((__人__)))  |
  \     `⌒´   /       その実験をするわけにはいかないのさ
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))







                 ___
               /~~~\
              / ─ Ξ ─ \
            /  (◎)―(◎ )  \
              |  ( ((__人__)) )   |   どうだい できるかお その約束が……
            \_   ` ⌒´   _/
             , >::-, -‐, _、‐,:::::<
           /:::/:::::ヽ ‐'f::ィ , /:::ヽ:::`ヽ
          /::::::::;;―/::::ヽl::::l/:::::\‐::::::::ヽ
         ,/::::::;;ノ:-―‥¬ ‐、::::::/ 、:::l:::::::l
         l::::::::'':::::::::::::::::::::;ノ‥:::―:::--ヽ:::::::!
         ヽ:::::;;; . --'':::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                               |  でき……ます  |
                               \______/



658 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:04:38.95 ID:rt4gQgYo

      ____
    / ~~~\
   /   ─=Ξ=―
 /     ( ◎)―(◎)
 |     ( ( (__人__) |     よろしい それじゃ話そう……イヤやけに話が堅くなったお
 \    ,.<))/´二⊃/
-― ''"l:/ /  '‐、ニ⊃゙i、
':、:::::::::|l    ´ヽ〉|||゙!:゙、-、_
:::::i::::::/    __人〉 ゙||i l\>:゙'ー、
;;;;;;|:_/ヽ.   /::::::\ .||||i|::::ヽ:::|:::!
;;;;!/´∨/`ー'〉:::::::::ヽ|||||:::::/:::::i:::|
;y′.: ',ゝ、_/::::\:::::゙、|||:::/:::::::|:::





           ___
          /~~~\
        / ─ Ξ ─ \
       /  (◎)―(◎ )  \
       |   (((__人__)) )   |   ではこっちへ来たまえ……
       \_   `⌒´    _/
      cー、 ::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
    ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
   <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}


────────────―――――――────────────―――――――──────

                           ・

                           ・

                           ・

────────────―――――――────────────―――――――──────

659 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:05:36.37 ID:rt4gQgYo
                                               ____
                                                   r'    i|   ヽ
                                              |     i|     |
                                              |___l|___|
                                              | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |
                                              |     l|     |
_                _             ____               l二二二二二'l
|二二二二二二二二二二ニ|               /~~~\
| |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│             /  ─ Ξ ─ \
| | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│           /  (◎)―(◎)  \
| 二二二二二二二二二二 |        |   ( ((__人__)))  |    ところでだ 君は今朝会った
| ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│         _\     `⌒´   /
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│        ハ   /  V又イ ::::〉::::::i:    あの少女をどう思うかお?
| 二二二二二二二二二二 |        } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│    r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│    || | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| || 
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│    || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
| ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│    || | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








      ___
     /~~~\
   /. _ノ Ξ ヽ、. \            美しいとは思わなかったかね?
  /  (◎)―(◎ )  \     
  |   (((__人__)) )   |   
  \_   `―‐'    _/  (, こ ┼'っ l, |
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.        l     ノ
::::::::::|:::::'; \_____ ノ.|::ヽ::::i,一っ
:::::::::::|:::::::\/゙(__)\,|:::::i:::入 へ、
:::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |:::::::|::/\)))

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   |  え? い、いや可哀想だと思いました……   |
                  \__________________/



660 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:06:38.71 ID:rt4gQgYo

           ___
          /~~~\           ふふん そうだろう、そうだろう
        / _ノ Ξv⌒ \
       /  (◎)―(◎ )  \        美しいと思ったという事は即ち恋をしたという事
       |   (((__人__)) )   |
       \_   `―‐'    _/        そうでない奴は似非道徳家だお
      cー、/::/ヘ;;;/∨::\:::::::: ⌒,一っ
    ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,:::::入  へ、
   <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i::::/  \)))


                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      |  そ、そんな乱暴な……っ先生 ご、誤解です  .|
                     \___________________/






      ∩____
      j | ,─ Ξ ─\
     /l .l(◎)―(◎)\
    / l/  ハ_人__)))::\
    | / - ニ二l┬|     │   いやいや ま、我輩に任せたまえお
    \l     ,y〉ー'     /
   _, 、 -l   1\ー-..,ノ,、.゙,i 、    我輩の話をきちんと聞けば、君とあの少女の関係が……
 /;;;;;;:::::::ノ   l:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
丿;;;;;;;ハヽ、  ノ:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー



661 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:07:42.13 ID:rt4gQgYo

       ___
     /~~~\
    / ⌒ Ξ ⌒. \        ……この病院を出たら君たち二人は結婚しなければならない
  /  (◎)―(◎ ) \
  |  ( ((__人__)) )  |       という事の理由が判明するのだからね
  \_   `―‐'   _/
   /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
  (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
   `;ー"::::` ー-ー--ー'
   l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|

              r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒~'⌒ヽ
              ( 正木、若林の両博士は現在敵対関係中ではあるが、私をあの少女と (
              )                                              )
              ( 結婚させようとしている点においては、奇妙に一致しているな…….    (
               `~'⌒'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'~'⌒~'~ ○   
                                                                〇
                                                                 o
                                                       







               r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒~'⌒ヽ
              ( なぜ二人とも私に……あの少女にこだわるのか                (
                 )                                            )
              ( 私は本当に呉一郎によく似た他人なのか、それとも本人自身なのか . (
              (                                               (
                 )……見当も付かないな……今のところは                     )
              (                                           ( 
               `~'⌒'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'⌒'~'⌒'~'⌒~' 






662 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:09:50.80 ID:rt4gQgYo

                       _______
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  ┌────┐
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| < コン コン |
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::O::::||  └────┘
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

────────────────────────────────
                      ____
                     /~~~\
                   /   ─ Ξ ─\
                  /    (◎)―(◎) \
                 |    ( ((__人__)))  |    おーい 入れェ
                 _\      `ー'´   /
                 ハ   /  V又イ ::::〉 ::::::i
                   } ヽ  〈   l |;;|ノ / ::::::::::i   
────────────────────────────────


                         , -  " |ミ
                     .   , - "::::::::::::|__
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |   ギィ……
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       |:::::::::::::::::::::|   |
                       ` - 、::::::::::| ̄ ̄
                     .       ` - 、|


663 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:11:31.55 ID:rt4gQgYo

                       /||
                      / ::::||
                    /:::::::::::||____
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
                    |:::::::::::::::||_三⌒. \
                    |:::::::::::::::||_〕ー□  \
                    |:::::::::::::::||/__´___ヽ、 |  どうも……失礼します……
                    |:::::::::::::::||_`ー'´ミ  /
                    |::::::::::::::(_____ノ´||
                    |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
                    |:::::::::::::::||/    ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
                      \ ::::||
                       \||





         ____
       / //// \
     / ⌒   ⌒ \     あの これは学部長様からお二人へ
    /   ー□ー□ー  \
   |       /__´___ヽ、   |    お茶受けに差し上げてくれとのお申し付けで
   \   ,彡`ー'´ミミヽ  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                        ∫
         _____        ___
   .     |:::: l:::::    |        };;::::;:: . .{
  ___      |:::: l::::::::.. .   |        }::;:: . . {      ___
  \\     └""===: l       };;;: : : ...{     //
   \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      ___
                                     /~~~\
 アハハハ そうか 若林がよこしたのかお         /⌒ Ξ ⌒  \
                                  / (◎)―(◎ )  \
 フム、ご苦労 若林が自分で持ってきたのかお    |  (((__人__)) )   |
                                  \_  `ー'´     _/



664 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:12:22.87 ID:rt4gQgYo

         ____
       /  ////\
     /  ⌒   ⌒\    いえ 学部長様から先ほど電話が御座いまして
    /    ー□ー□ー \
   |        /__´___ヽ、  |   正木先生はまだおいでになるかと
   \    ,彡`ー'´ミミヽ /   いたらお茶請けに差し上げてくれとの事で……ハイ
   /           \


                                           ___
                                              /~~~\
                                           /⌒ Ξ ⌒  \
                                          / (◎)―(◎ )  \
                  そうかそうか いやご苦労      |  (((__人__)) )   |
                   確かに受け取ったお         \_  `ー'´     _/
                                    cー、 ::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
                                   ,へ λ:>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
                                   <<</ヽ::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}







                                               ___
                                             /~~~\
                                            / ─ Ξ ─ \
                                          /  (◎)―(◎ ) \
           暇なら 話に来いと電話で言っといてくれお      |  ( ((__人__)) )   |
                                          \_   `ー'´    _/
           ……入り口の鍵は掛けんでもいいぞ          /,,―-ヽ/ V ヽ/, ヽ、
                                          (:::::::::::,::::-‐::::'":::::::::::::::::::)
                                           `;ー"::::` ー-ー--ー'
                                           l:::::::::::iニニ□ニニ|::::::|



665 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:13:17.30 ID:rt4gQgYo
                       /||
                      / ::::||
                    /:::::::::::||____
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
                    |:::::::::::::::||_三⌒. \
                    |:::::::::::::::||_〕ー□  \
                    |:::::::::::::::||/__´___ヽ、 |  はい、ではこれで……失礼します
                    |:::::::::::::::||_`ー'´ミ  /
                    |::::::::::::::(_____ノ´||
                    |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
                    |:::::::::::::::||/    ||
                    |:::::::::::::::||      ||
                    \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
                      \ ::::||
                       \||








                                     ┌──────┐
                                     │  バタン!   >
                                     └──────┘
                      ___
                    /~~~\
                  /  ⌒ Ξ ー、\
                /  (◎)―(◎)  \   ハハハ そんなに気味悪がる事は無いお
                  |   ( ((__人__)))  |
                    _\     `ー'´   /   別に猫イラズなんて入ってやしないお
                   ハ   /  V又イ ::::〉::::::i: 
                } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i
                r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
                || | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| || 
                || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
                || | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                          ,--‐‐‐‐--、
                        _._._._i`;‐‐----‐'._._._._._._._.
                      ./.    l::i::::::::::::::::::::!    /       ∫
                      /    i::l::::::::::::::::::::l    /      ___
                     ./_._._._._._._`'‐‐----‐ '._._._._/      };;::::;:: . .{
                                               }::;:: . . {   
                                               };;;: : : ...{   
                                               ̄ ̄ ̄

666 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:14:10.18 ID:rt4gQgYo

       ____
    / ~~~\
   /   ⌒ Ξ ー\
 /  ―(◎)―(◎) \   若林の奴め、我輩が昨日から徹夜して
 |     ( ((__人__))  |
 \   ,.<))/´二⊃ /   何も食べていない事を知ってやがるんだお
,,.....イ. / /  '‐、ニ⊃゙-、.
:::::::::: |l    ´ヽ〉.|::ヽ::::i
::::::::::/    __人〉ヽ|:::::i::::|
:::::::_/ヽ.   / ハ  |:::::::|::|







       ,--‐‐‐‐--、                       ────────────────────
     _._._._i`;‐‐----‐'._._._._._._._.              そこで我輩の好物、長崎のカステラを寄越して
   ./.    l::i::::::::::::::::::::!    /       ∫
   /    i::l::::::::::::::::::::l    /      ___     上杉謙信を気取りやがったんだお  ハハハ
  ./_._._._._._._`'‐‐----‐ '._._._._/      };;::::;:: . .{    
                            }::;:: . . {      ま、ここは遠慮なく頂くとするかお
                            };;;: : : ...{     ────────────────────
                            ̄ ̄ ̄



667 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:15:09.84 ID:rt4gQgYo

       ____
     /⌒ Ξ⌒\
   /.(◎)―(◎)\
  / ::::( ((__人__))):::\      んぐ ムグ ん こりゃうまい
  |    '。|r┬-| ゝ   |  
  \γ⌒□`ー'´   /  
   ( ^ノ   ムシャムシャ




       ____
     /⌒ Ξ⌒\
   /( ◎)―(◎)\
  /:::( ((__人__))) ::::\   ところでどうだお これから話を進めるにあたって
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/□     _ /   呉一郎の発作について、何か質問したい事は無いかお?


                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 |  あります 沢山ありますが……そうですね.  |
                \__________________/




                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 |  呉一郎の心理遺伝の正体とは一体何なのでしょうか?|
                \______________________/



668 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:16:02.19 ID:rt4gQgYo

           ___
         /~~~ \
       /  \ Ξ / \
      /  (◎)―(◎) |||\   アッ それは……しまったウッカリしていた
      | U ( ((__人__)))    |
      \     |r┬-|´    /   肝心の物を君に見せることを忘れていたお
       , >;-― `ー'´―-;<,,
    /:::::::::/:::ヽ ‐'f::ィ , /:::ヽ::::`ヽ
   /:::::::;;―/:::ヽ l::::l /::::::::\‐:::::ヽ.
  ,/::::::::_::ノ:::::`::、、:ヽ,lo/:,.''-`:l:::::::::::l
  l::::'´fゞ^^ヽ::::::: `:::、:/''::rtf,^_` ヽ::ヽl
  ヽゝ_::ーソ^’::::::::::::::l:o:::´`ー,, ソ::::ノ







          ___
        /~~~\
      (◎)―(◎ ) \
     /((__人__)) )   \        睡眠不足で少々頭がござったかナ……
      |   ` ⌒´       |
     \_         __/        イヤ 早速お目にかけよう
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}

    

669 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:17:06.94 ID:rt4gQgYo


                                 ┌───┐
                               ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                                \____/
                                ∥::::::::::::::::::∥
                                ∥::::::::::::::::::∥
                                ∥::::::::::::::::::∥
                                ∥::::┌┐:::∥
                                ∥::::└┘:::∥
         ____                  ┌─────┐
       /     \                  │ ┌──┐ │
      /        \                │ │   │ │
    /           \               │ └──┘ │
    |              |           ┏━━━━━━━━┓
    \           /              ┃┏━━━━━━┓┃
    / ̄;ニニニニニゝー--,
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  たしか この空になっているストーブに……
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏───┓ ∥|
      | │      │ ∥|
      | ┗───┛ ∥|
      |            ∥|               γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
      |            ∥|               (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
      |            ∥|               ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
      |______∥|
       ) ≡≡≡≡≡≡)
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ____
       /~~~\
     /  ─ Ξ ─ \
    /   (◎)―(◎) \
    |   ( ((__人__)))  |  あった あった これだお これこれ……
    \      `ー'´  /


670 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:18:25.89 ID:rt4gQgYo

                  ___
               /~~~\
              /  ⌒ Ξ ー、\
            /  (◎)―(◎)  \   この綴り込みはその絵巻物の奥付になっている
              |   ( ((__人__)))  |
           _\     `ー'´   /   由来記の写しだお
          ハ   /  V又イ ::::〉::::::i: 
          } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i
      r iY'ノ.;;  }:: ヽ  l|;;| / ::::i::::::::} -,,_
      || | ノ::::   }::::::: \|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ__| || 
      || | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、 ::::   | ||
      || | { .::::::::::ノ.:::/ /   彡}― .. .| ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ________
                           )三三三 )      )
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







              ─────────────────────────
               これは如月寺縁起譚の前に起こった話だお

               今から千百年前、絵巻物にまつわる呉一郎の先祖の物語

               呉一郎の心理遺伝のそのものが書いてあるお……
              ─────────────────────────


                       γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                       (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))     
                        ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ





671 名前: ◆zfJgwSJx7.[saga] 投稿日:2009/10/30(金) 03:19:35.14 ID:rt4gQgYo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



--─ニ三三Ξ=- ヽ                         とにかく読んでみるといいお
─===== 、...三Ξヽ\ヽヽ  」--─ニ三三Ξ=- ヽ
         ̄`"''ーッ`く_" ^ヽv--=─── ''  ̄ ̄ ̄ ラ    遠慮する事は無い
            /     ̄7'              /
             /.     /              /
          /     /             ,.イ       ステキに面白い話だから……
`ヽ.、         /     /           __ ∠ハ
ト、(^ヽ      ./      /      ,.-─'"     ヽ
 `='′   /      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                       ┌───┐
                                                       │ つづく │
                                                       └───┘

672 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 03:21:55.18 ID:8SiAcWgo

乙であります。



673 名前: ◆zfJgwSJx7.[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 03:22:10.59 ID:rt4gQgYo

今回はここまでです 次回は呉一郎の心理遺伝の由来のお話

次回投下が決まり次第お知らせします 読んでくださってありがとうございました では



675 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 06:47:57.23 ID:mHvGVtwo

乙です
主人公と教授、どっちが狂人なのか分からなくなりそうですなww



676 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 10:33:58.53 ID:O74bWE2o

更新お疲れ様でした



677 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 16:25:28.83 ID:3ckU8xAo

乙でした!



678 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/30(金) 16:41:03.17 ID:EI9RHXoo

乙です……誰も信じられないって怖いだろうな



679 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/10/31(土) 18:04:24.27 ID:IH7gqVYo

作品のことを話そうとするとネタバレになってしまうから
話しにくいね。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 00:00 |コメント(4)
カテゴリー:やる夫系AA紙芝居 ドグラ・マグラ(最終回保管済)

|

<< キル夫が学園都市で暮らすようです。 第二話 | HOME | ク チ ナ シ ハ ゲ ド ウ ニ サ ク >>

■御感想or寝言

20656 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/02(月) 05:10:46 ID:-

ぶっちゃけ人気はあるとは言えない作品。
だけど俺は毎回楽しみにしてる。作者さん乙&ガンバ


20699 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/02(月) 15:00:10 ID:-

ほんと面白いよな続きが気になる



20837 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/04(水) 23:15:07 ID:-

これに影響されて青空文庫で読んでしまったぜ


21961 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/29(日) 06:45:05 ID:-

>♯20837
俺も青空文庫で読んでみたが難しくて挫折した…


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ