やる夫短編集 阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

■2009/09/23(水) やる夫は金糸雀のことを語るようです 最終回


【ドラの】やる夫が何か色々アレするようです【短編書き散らし】 の記事一覧


344 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:28:24 ID:x/Vq00LA



カナは結局、特別扱いが当然と思っていたんだな



345 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:34:31 ID:p0e5jcWo

───  ____  ────
──  /    \,,/ \────  >>344 そういうこと みんなカナをかわいそかわいそって可愛がって当たり前かしら!
_  /  / -|  ・|・ | ヽ __
─ |  /    ヽ ●-´ヽ| ──
.  | | ___ 三  | 三 |
_ i | \| ̄| ̄| ̄|/ /  __  思ったより早く終わっちゃったな
─ ヽ |   `─-─′ //○ ─ 
─ /━━━( t)━━i /___   家族の話も短いしチャッチャと投下しちゃって良い?  
 ○   /     ヽ ノ/────
       ̄ ̄ ̄

346 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:35:36 ID:bAez2GcA

いいよ~



347 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:35:38 ID:x/Vq00LA

OkOK



348 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:35:39 ID:ARIdYUSo

カモン



349 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:35:57 ID:O5HxtKyo

wktk



350 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:36:40 ID:p0e5jcWo

───  ____  ────
──  /    \,,/ \────  ありがと
_  /  / -|  ・|∠ | ヽ __
─ |  /    ヽ ●- ヽ| ──   じゃあ投下するよー 
.  | |   三   | 三 |
_ i | / ̄ ̄\|   / __
─ ヽ|       \ / ───  まずは金糸雀の兄ちゃんの話から
─ /━━━( t)━━i ____
 ○   /   / /ノ ────
        ̄ ̄ ̄

351 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:37:29 ID:2tLc5C6Q

家族話には間に合った



352 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:38:13 ID:p0e5jcWo
     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
           ――金糸雀には、兄が居た     >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....-:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

353 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:38:49 ID:p0e5jcWo
        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  彼もまた、聴覚に障害を持つ【劣等種】だった
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |

354 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:39:08 ID:p0e5jcWo
                              _
                           ィ´ ̄   `ヽ
                        . /  rー- 、  ヽ ム
                         /1 /,、\ f⌒Y⌒Y
                         ! | // \ ト、{} /!
                         ト!' __  ` <ヽ//  しかし彼は金糸雀とは違った
                       .  Yi ィr;ミ   ィr;ミ下ヲ
                         ゞ ,,ゞ'  ,  ゞ',,ム'
楽してズルして何とやらかしら!     fニ今,、 r-_ァ r会ュ
                       「{三-'r-`Tブ了三}
                       ノj=イ! 7∧_〉=_ァヘ
                      /  { |!' /∧マj=7    !
                      1   〉Yイ_o} |_ノ    ト、
                      }-' フ }__r、`〉{     i ヽ
                      レ'  r、 ´ 〉   _んく
                     /  , イ- ト、 } ー /´    \
                   . /  /j  /`∨-ー〈       ヽ
                   / , イ-'´  /  /    ヽ      |



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ...:::::::::::::::...ヽ  l:. ./ l lヘ    \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::. :::::::::. ヽ .::/ / ト、     \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::. :::::::. k/l /  .|       .)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::. ::::. ノl |/ .:: l       /l 彼は障害者であることを恥じ、隠そうとした
-,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::::::::::. .l/ .}:::. .: }ト:|      //
  ''''--,=,,,,,_::::::::::::::::::___:::=-=''" l ,,/|::,-.,/::...     / }
"''''-<=/_ /  ̄ ̄''''" ./,,,,,|--='''|"  .レ,- |:::::::::::..  / /
:::::::::;//::::/=,,,,,/,,,,,,=-''/:::::/l:::::: l:::  .ト::/ )::::::::::::::./ /l   ある意味で彼は、金糸雀よりはるかに劣等感を抱いていた
:::/,,,/:::/|:::::::::::::::   /l:::::/,,,|:::: /:::  .|:/./:::::::::/"  ./ |
/_: : |::./、|::::::/:::::  ./-|:/": ::|::/:|:::: .|.|_./:::,:::://  /  l
""''-|/、:|:::/|::::: , .//,-l-'''''"l/"'|:: l.|::::::/-"::::::  ノ  }
-ゑ\-": :l/:::l:: /l/: : :-=,lゑ=-" l:..//:::/l::::::::::: /  /"
: : : : : : : : : ::|:/: : : : : : : : :    |/:':::(:::::::::   / //
: : : : : : : : : : :l:  : : : : : :   /l::::/^l::::::::..:: ....::/ l
: : : : : : : : : :::::l: : : : :   /:::/へ::::::::..      .|

355 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:39:32 ID:p0e5jcWo
          ..---. ...
       , -‐.': :_: :---` ー-.、
    ーァ´:, ‐ -ァ: :7 ̄l:.ヽヽ‐..\
     //イ: : /: ./.:イ: }::. :}:.}:ヽ:、:ヽ、
    ノ.: .: ./: : lハ:AL_}:/ }::.ハハ::.:}:.ト_--  彼は独学ではあるが読唇術を覚えた
   ´ 7:::::_|::. : | '┬ォミー'jム_ム}::ハ:「`
     |:.:{ r|{:.. :l   ̄´  {エオハ.ハ{     口の動きを読むことで相手の言葉を理解し、健常者であるかのように会話をした
    ハ:ヽvヘ:リ u       〉 |:/
     Vl:.:T     , ---,  ハ!
      }::ハ、  ( __/ , ′
    /フ´{  \  - /  
_ .. イ:::::::{  \  ` ┬‐′
:::::::|   l    \,_ / \
   }    ヽ   ∧ 〉ヽ 〈| \
   ーァ-‐ ヘ_/ヽ.>‐くトj、 ヽ\
   「     l ー ヽ:.__..ハ ∨  `ヽ、
   ヽ     l   }  l| ヽ    ヽ
     \   l   |:  l |   l     l
      \  l l:.  !|   |     |

358 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:40:40 ID:ARIdYUSo

マスクなど、口が見えない相手には…




ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・
視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャットメル友募集出会いメル友



356 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:40:07 ID:p0e5jcWo
                      .:::::::::::::::::::::::::::::l
                     .:::::::::::::::::::::::::::::::ト、
                 .       .:::::::::::::::::::::::::::::::::|
   :   ::.        .:       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   :.  ::::.     :  .::    .::  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  彼は補聴器を装着したがらなかった
l   ::. :::::.    .:: .::::   .:::: .:::::::::::::::::::::/〉:::::::::ハ::l
| l  ::.. ::::::.   ..::: ..:::  .::::::..:::::::::::::::::::://:::::::::/ Ⅳ  小型の補聴器が開発されると飛びつくようにそれを両親に強請った
ヽハ  :::. :::::::.  :::::.:::::: .:::::::::::::::::::::::::::::/  {::::::イ::/
  ヽ ::. ::::::::. :::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::/\ l:::::}Ⅳ
    、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.イ   し!::〃
    ヽハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ |    |::/
     /|:::::::::::::::::::::::::/:::/レ'  |    レ
    r─;|:::l::::::/::::/:::::イ::/ /      /
   / YjⅥ:::ハ/|:::/ |/    ,    /
  __/   \!/   |/      / ̄ ̄
/ ヽ     \         /\
    ト、     `   、   ,イ   `ーァ- 、
    l \       丶、   \   くハ  \
   |   \        7i   l   ヾ、   ;
   |    \      / \_}__    〉   |

357 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:40:23 ID:p0e5jcWo
                 __
            「ヽ ̄\ ゞ_、__
           /入 \ _jl´frォ j}
          / /  ` ーヽハ-メ_jヽ.
          ' ,' ,. -     ´`ヾヽ !
          i イ  , =、    ォ= 、 川!  ――彼は金糸雀を拒絶した
          ゞハ, ハォ.j     辷j |メ.
           `ハ ::::   '  :::: イ_ ヾ    金糸雀の生き方は彼が最も蔑むスタイルだった
           ,.,ゝゝ、 ` ´ イミミjノ
           l!V:三} ゙><  ゝ-'⌒丶
           / ゝリ! jハ!   レ′  l
          く    :.:!   o   〈   - |
           ゝ l:.:.|'\ o _ .人 l 〆ノ
           |  :.:.| /介!V  イ´
           |  .:.:| `   7  /
           /ヽ..:.:.| ,. 、 / , イ
             / / .: .|/ /    |ヽ.
       , イ  ,  :. :|/      \\

359 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:41:43 ID:p0e5jcWo
              _, -‐--....、
           /..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              / .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /..:.:.:.:.::::/:::;i:::::,|:::::l:::::;::::::.ヽ   ――彼は金糸雀を殴ったこともあった
          l::::::l::::::/l::/ |::/{::/|::;/l::}:;::;::i
          l/i::l:::N`|メ、_|ム|/.,j/レ|::|::ト!    金糸雀も蹴り返したのでこれはおあいこだった
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.|::|::レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l::!Y::::::::::::::.ヽ、
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ー-、
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐'゙       \
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ      \
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \    ヽ
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \、..  ノ
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,イ
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\

360 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:41:59 ID:p0e5jcWo
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i  彼の生き方は間違いではない
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj   健常者に紛れ、同じ生活が出来るのならそれは健常者と変わらない
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::| その為に行った努力は大きく、称賛されるにふさわしいものだった
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ   .     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |

361 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:42:18 ID:p0e5jcWo
           _,   -―― -  、/` '´廴_
           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l  ――それでも金糸雀は思う
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
   ∨ : l:.l            ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/   彼を可哀相な人だと思う
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ     自らの運命を受け入れられていないのだと思う
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T
       l: . . : : -/.: l |: : l|: : :.}: .  : : } .:|

362 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:42:37 ID:p0e5jcWo
                 _ _
          r─--‐'"´: : : : : : ``ヽ、
          入: : : : : : : : : : : :r'´ ̄`ヽ`ヽ
          /: : :\.:.:.:.:.:. : : : :/ /´ ̄`ヽ V ニニヽ
          /. : : : : : : ,ィ、.:.:.:.:.:.:.〈 〈    rニュ   ハ
        /. : : :〃:::::/  `ヾ;:;:;:;:;) ヽ  〈{薔}〉V/ 〉
      i: : : :.//::::/     `ヾ;入 V /   // /
      i: : :.//::/        `ヾ入`ヽ_ / /: :!
      !:.//'´  _, -‐     ―‐- 、`ヽ V /: : :!  金糸雀はどちらが正しいかなど分からない
        V〈   ´    `    ´   ` `「`ヽ: :!
         い      - 、     rー      i.:.:.:.V
       i弋j  ァ=='^      '`==ャ.  i.:.:./
          l い  ..::::::.     ,    .:::::::...    ) ノノ
       / ヽ ',              __ ノハ
       〈 ,r ‐┴-、.     n      / ̄`ヽノ
         V  二二> .. .___ _ ,.. ィ´ ==、.:/
        V´二二ヽ _ノ>介< L  : .:.:.〉
       /^ヽ _ _// / /八ト、`ヽ ニニヽ.:/ ``ヽ
      /    > =く L /l 。   Vl   l/    ヽ
    /      ´了ノl.  l:::l 。    ´了ソ       ヽ
    l       く .l  l::」.。    l ノ           l
    ヽ          ノヽ  。   /!: : : : : : . . . . .  /
      \: :ヽ: :/ :イ   >=<  ヽ';: : : : :/ /.: /
       l: : : : : : :l  // ̄\\ /    /'"´



               _, -‐-、,   、
              ´       ` ̄\
        ,  ´ _    ,           \
      / /       /           \
     / /     / /      ヽ      ヽ
.    /-‐ァ       '  '  ,      ' ヽ  ヽ   、
.      /    /  , i  l |  | | ! i   '   '  兄は自分が正しいと信じて疑わない
.      ,'    /   i ヘ i、|  | | | |   }  !
     i   /!   | l ヽl ヽl 、  ∧ | ∧ |   /  ! |
     | /i ‘   ,斗―‐-、{ ', ′ソ斗‐ヘ升 ′  トl
     | , |  ヽ |ァ〒 ミ、   V   斤ニ〒ミl /  / !
     レ {  ハヽl  iユりi       'ユりj l′ 厶i/
       ‘ ハヘ i         ,!       ク ハ ノ′
          V ` ぃ      ノ}       l//
           八       ヽ!      /l「
           ヽi 、    _ __    ,.ィ l'
               >、 ´ - ` /{ム
             ハ ヽ、__  ´ ∧{
            丿Ⅵ         /   、
            ノ _ v      /   }
              / / 八   r―<ヘ    {
          /  ' l n 〉  | ¬ ハ    |
            //  | リ{  ノ  ′ハ   !
         `゙       ヽ/  / //\ノ

363 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:42:56 ID:p0e5jcWo



どちらが正しいかなど、きっと誰にも分からない



.

364 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:46:04 ID:p0e5jcWo

           _____
  .    /     /⌒\/⌒ヽ
     /   , -|   ・|・  |、\
    /   /   ` ー ●ー ′ヽヽ ほんとはもうちょい兄ちゃんの話あるはずだったけどなんか変だったからやめた
    /  /     二二 |  二  ̄ノ
    l  /  /⌒\ ── |  ─ /  繋がりおかしいけどこのまま両親の方行くわ
    |  | /     ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
    l  | |          / /⌒ヽ
    l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ
     ヽヽ  `ー───┴─7  /
      >━━━━━O━━ /

365 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:47:29 ID:p0e5jcWo
            ,.--、 ____
.         /::::/´,.-‐'´ ̄ ̄ ` ‐- 、
         /.:.:::/:. /:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ、
       ,ノ: : .:{/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,_;.:.:.:.:.:\:.:.ヽ
      /::. :.::/::i:.:.::::i:.:.:::.:.{:.:..:.:.:.l⌒!:、 .:.:.:.}:.:.::}
       !:.: .::::i.:.::!:.:.:::|::::i:::::ヽ;:::ト、!  l:ハ_l_:.:l:::トl
        |::;i:::::l{.:.::ヽ::::ヽ;ヾ_;:‐i‐| l{.  l} ノノ::ノノイ  金糸雀の母は健常者である
       ヽト;.:.::.:.::/^ヾr') 、rt‐r、 __,でソ! |′
        >.:.::.:\r' ,ベー、`ー'´ノ  !` ̄ |::|
          レヘ::ゞ、| / /に.〉 ̄´  ′  ,':::!
            ゛ 入    ヽ\ ー='   /|: ::!
              ‰ \  ヽ_」_ ,. '  !:..:|
          ___,.ィニ >  ト 、 lー┐  !:.:.l
         /ー- 、:\仟ー┴-'ヽ_八ー'|:.:.:|
.         /:.:.:.:.:.:.:.`‐、:.ト-、___   .ト、 .〉 l:.:.:.!
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:..`ー┴ヘく_,∧.::|
         ヽ:.:.:.:.:ー、__:.:.:.ヾ:.::::::.:.:.:.:.:.:! !::::∨、
          ヽ:.:.:.:.\__`ー=!:.:.:.:::.:.:.:.:.:| l::::/:::::'、
          \:.:.:.:.:.:`ヽ:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l:/:.:.:.:l::ヽ
           |:::\:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.|、/:.:.::.:::|:.:.ヽ
             !:.:::::ヽ:::::.:.:〈:.::.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:::/;;:.:.::ヽ
            |:.:.:.:::::\:.:::::.:.:.:.:.:.:.:.::イ:.:.:.:.:.:/-ー:.:..::|



      /: : : : : : : : : : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::\
     /: : : : :,: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ./:.:.:.:.,. イ: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::.:.:.:∧ |: : : : : : : : : :.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    父もまた、健常者である
    /::::::::,.ヘ N:.:.:.:.:.:.:.:.∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .|,.-、:::! frⅥ:::::::::::::::|_」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .|{ ∧ゝじ |::::::::i::::::| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    iⅨ _ソ=r+―ト、├テヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄ ̄
   |:::!「  tヘヽ::::iハ:::|ヽゞ_ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   !∧`ヽ   `ヽ|‐ヽ!   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::ハ      `         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    .!ハ ヽー- 、_        /\:::::::::::::::::::::::::::::::::|
     .∧   ̄         /`ーァ:`:::::::::::::::::::ト、::::::/
      ゝ _ _ -‐ ´   ∧:::::::::::::::::::::::| ヽ/
            |            ヽ:::::::::::|\|
            |          ヽ|\:|_,. -‐┐
            .l      ,. -― ¨  ̄       |
            .ヽ  / l |l           |
              .} /l ||||| l        l |l l l |
             .ノ            l ||  ||lヽ

366 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:47:53 ID:p0e5jcWo
         __
          /ノ  ヽ\
         | >  < |  二人は愛し合い、一人の男の子が生まれた
       |⊃(_,、_,)⊂|
  ホギャー   |      }
         ( ^ )_( ^ )
       / /    ヽ ヽ



            __
          /  ─ \
         |   ⌒ ⌒   息子は健康に育った
   キャッ  |⊂⊃ (_,、_,)
          |        }   だが、それもつかの間だった
     キャッ ヽ      /
           ゝ   <

367 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:48:25 ID:p0e5jcWo
       __
    / ─  \
 .   ● ●   |  ――息子は三歳になっても言葉を話さなかった
   (_,、_,) ⊂⊃|
  /⌒l       |
  /. /     /アーウー
  |  l >   ィ

368 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:49:18 ID:p0e5jcWo
-、 , ---  _
/ ,        ` ー 、
` /  l  l|l トハ l   ヽ
丶l | li  l|l | | l  l l|
丶| l l| --- | l_l_ ル|!  母はそれが何故か分かっていた
へ|ヽト从rtヵイ'! rtヵYノリ
{ハj |l ̄ゝ¨__, ー'、¨iノ
ヽ'| l!      ノ l
`¨! |、     -.- /
 ,|: !:. ` ____/|
/!:|:. i  |  |  |
|l:.! !\,j\ !  l
|l:ハ |/ l| イ}l::. l|、
 L| l |\ | !l:::.l| iヽ
  くハ.|  ヽ |ハ::|l !|
   \!  Y レ| l :|
/    \ | /   ',:!
!..::::::..     ヽ!′   i|


   /  /::::::::::\l/ィ::| }   .イ:l::::::::::::::::
   {__,イ:::::::::::::::::::∧.ヽ}//  l::l::::l:::::∧
      l::∧:::::::::::〈 V /     l::l::/l::/ l::/
      l::l l::l:::::::ハ 〈     l::/ .l/  l/
      l::l ?E:::/ ∧.〉     .l/ /
      v   V ./
            `ー- ┐
              }
              .`' r‐
                ヽ
                 ',      へ
                  ヽ   /   ヽ  /
  父も、分かっていた      ̄      >'
                         〈
                          ヽ
         _                  \
       <   \ 、                   /
    ∠     \  \\          /
  /    \  ',  .ト |        /
  / / ̄ ヽ  .|  l\_j Y        /
  l/      \\__l  ヽ |      /

369 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:49:30 ID:p0e5jcWo



母の兄弟は、難聴者が多くいた


そういう家系だった


.

370 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:49:45 ID:p0e5jcWo
                              //            ヽ\
                             //               ヽヽ
                             //     /、、_、_,,__, -l     i l
                             l/     i   __   l     l l
――二人の結婚、そして出産に          l    ハ .lー- ---  l .ハ    リ
         父方の祖母は大変反対していた l    l ヽl ̄`ー ¨¨¨l / l    l
                             l l   lニ二ヽ 、, /'二ニl. l , .l
                             .ll.l   l`ー ゚ `   _ '´゚ - 'i / /l l
                             l 〉 i .l l  ̄´     ¨` ´lイ ./〈/
                            /`l ヘヽヽ  /、 ,\  〃l イ'/l¨ヽ、
                         , '   l ヾ\ r'  ` '  ヽ ///  l  丶、
                       , '     l  ヽヾ、l '-――'-' l./ィ'/  l     丶、
                     , ・        i  ヽヽヽ     .///   l       丶
                   /          ヘ  ヘ ヽ`ヽ、- ィ´ / /   l         , \

371 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:50:01 ID:p0e5jcWo



父の家に障害者の血など入れたくはない

それが祖母の意見だった


それでも二人は結ばれ、そして結果として障害者を産み出した



.

372 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:51:14 ID:p0e5jcWo



それは一人では終わらなかった

次子である金糸雀もまた、生まれつきでは無いものの幼い頃の患いにより障害を持った



.

373 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:51:39 ID:p0e5jcWo



長男は両親を恨んだ



               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x
          , -‐ '′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:| :.;ハ.:.:∧ .::.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト、 .:. |.:.l | リ V .ト、 .:.:.:.:.:.ト、.:.: l
       ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V.:.Ⅳ |/   V.| \.:.:.:.| \|
.     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: r‐∨─── ' |/ 、__ レヘ:|
     从.:.:.:.:.:., ┐:.:.:.:.:.:. イ .:.|  ' ̄じリ㍉   /_`,ハ/
       jイ.:.:.:.:/ -ミ.:.l.:.:.:.:.:.:| .: |  `ー‐'    j{ じ /.:.|
      |.:.:.:〈  (ヘ.:ト、 :.:.: ト、.:|          〈 ̄ レヘl   母さんは、俺を産んで後悔した?
      ∨.:.:.\ ` リ、', .:.:| リ             \ |
         Vヘ.:.:.:ヽ __ ,ハ :|            ノノ
            Ⅵ.:.:.:. ∧ V           '´ イ
         リ|.:.:.:.:.川\      /´ ̄ ア /レ
           Ⅵ.:.:.:,イ  \      ` ̄二'"/
           イ^V      `:...         /
.         __r┴- .__         ‐ァ-- '′
       /',、|      ̄ ¬‐- 、 ├- _
       /','、,',、\        /L |   ?h
.     /`ヽ、','、,',、',\     / ?h`ー┐「  ̄ ̄ 7
  /','、,',、',、\','、,',、,'、\   /   ノ (`) 卜} =ニ 厶- .. __
<´','、,',、','、,',、',ハ','、,',、','、,',\/\ (    | |    /','、|','、,',、,\
','、,'ヽ、','、,',、','、,',|','、,',、','、,',/\. \    レ′  /','、,'|','、,',、','、,ト、



                             ,,、、-.:::::::.- 、
                        ,. -.:"´::::.: く:::::::::::.:.ミミヽ
                         /.:.:.:.:::::::::::::.:.:.::.ヽ:::::::::.:.ミミミヽ
                        /.//:,:://:l::::l::l::l:::,::,::.\.:::::::::::i::l::ト、
                     l:::|:|:::|:l::l:::l::::l::l::l:::l::l::::::.:.ヽ:::::::l:::l::|::l
                     l:::|:|:::|:l::l:::ト、l::l::l:::l::l:::::、:::::l::::/l:::l::|::|
                     !:::|:l:::|:l_l_:l l::ト_ト_!;:ト、:::!:::::l/:/::/::|::|
する訳ないでしょ、             !N:l:::|ハハノヽlハハハ::l`l:::l::::l:|/::/:/ |::!
                        ヽl:::|r=ミ. ´z=㍉1::::::l:lハ:/ l/
    貴方もカナも自慢の子だわ     `1:!_ノ⌒L__ノ i:::::::l:|_,ノ′ ′
                        |:ハ.   ´_    |::::::l:|:/
                        |:i::::>、 ー'  ,. :l::::::l:K
                        |:l:::::|_>┬ < .:::|:::::|:L
                        |:l:::::|   |   .:.:::!::::::l⌒ ー- 、
                      ,r' ヽ::::|⌒ヽ!   /|::::/     `ヽ
                      ハ.  ヽ|   「07´⌒|:/      /  .',
                        /  ',  ,     l_,/    ′    /    !
                    /    y′    l/          /     |
                       l     /               i     |
                   /   ./                l      !

374 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:52:03 ID:p0e5jcWo



   ふーん――



. /:.,:.:./:.:/:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.l:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:',:.:.:.:.:',:.:.:.ヽ
/:.イ:./:.:.:./:.: ,:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ィ:.:ィ:.:.ィ:.:.:.:. ハ:.: ト、:.:.:.:.',、:.:.:.',:.:.:.:.:.',:.:.:.:
´ .l:/:.:.:./:.:./:.:.:.:./:.:.:/ |:'.l:.:/.l:.:.::.:/ l:.:.' ヽ:.:.:.l ヽ:.:.!、:.:.:.:.i:.:.:.
  |':.ィ:.:':.:./:.:.:.:ィ:.:/   l:/ l:.:.:./ |/   ヽ:.:l  ヽl :.:.:.:.!、:.:  ――俺は、後悔してるよ
―|ハ:. l:.イ:.:.:.イ l:/`ー、  |'   !:.:/  '     !:'  _ .-〉:.:.:l‐ヽ
  ' ヽ!' l:.:./:l ' ィ=≧ェ.、  |: '       _ェ≦=、/:.:',:.'    アンタの腹からなんて産まれて来なけりゃ良かった
    { l:./:.:l    __ヒラ_ >- '  ゝ -<_ヒラ_  .':.:.:.:' !
    !ヽl':.:.:.:!           ,         ':.:.:./ '
    !  !:.:.:ハ               i:           ':.:.:.ィ
   .!   l:.:.lー:.              l.:.        /i:. / l
   l    !:lヽハ           l.:.:.        / .!:/  !
    !   l:l   ヽ          /:.:     /  !'   !



            ,.--、 ____
.         /::::/´,.-‐'´ ̄ ̄ ` ‐- 、
         /.:.:::/:. /:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ、
       ,ノ: : .:{/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,_;.:.:.:.:.:\:.:.ヽ
      /::. :.::/::i:.:.::::i:.:.:::.:.{:.:..:.:.:.l⌒!:、 .:.:.:.}:.:.::}
       !:.: .::::i.:.::!:.:.:::|::::i:::::ヽ;:::ト、!  l:ハ_l_:.:l:::トl  ……!
        |::;i:::::l{.:.::ヽ::::ヽ;ヾ_;:‐i‐| l{.  l} ノノ::ノノイ
       ヽト;.:.::.:.::/^ヾr') 、rt‐r、 __,でソ! |′
        >.:.::.:\r' ,ベー、`ー'´ノ  !` ̄ |::|
          レヘ::ゞ、| / /に.〉 ̄´  ′  ,':::!
            ゛ 入    ヽ\  一  /|: ::!
              ‰ \  ヽ_」_ ,. '  !:..:|
          ___,.ィニ >  ト 、 lー┐  !:.:.l
         /ー- 、:\仟ー┴-'ヽ_八ー'|:.:.:|
.         /:.:.:.:.:.:.:.`‐、:.ト-、___   .ト、 .〉 l:.:.:.!
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:..`ー┴ヘく_,∧.::|
         ヽ:.:.:.:.:ー、__:.:.:.ヾ:.::::::.:.:.:.:.:.:! !::::∨、
          ヽ:.:.:.:.\__`ー=!:.:.:.:::.:.:.:.:.:| l::::/:::::'、
          \:.:.:.:.:.:`ヽ:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l:/:.:.:.:l::ヽ
           |:::\:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.|、/:.:.::.:::|:.:.ヽ

377 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:52:57 ID:ARIdYUSo

みっちゃん…



375 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:52:35 ID:p0e5jcWo



金糸雀は両親に泣いて縋った



      , - 、
       /  .ノ   r、_
       ゝ r'´ ̄」 _└-、- 冖、_
      /ヘ:.:、:.:.{ 」 ¨rZヌ 亠i }
      ,:.〃`ヽ:.:.L {二弋ツ二} /
      !/ _    ̄L.ゝ| lヘ ∨┘
     }   ,      ,L|_|ィヘ.〉 どうしてカナはへいきんらいができないのかしら?
    (ハ. 0     0 ノ⌒i
     乂ハ{j  _  {j _'ソ   どうしてカナはおはよおございま、が言えてないっていわれゆのかしら?
     {こ} >-- --<{こ了
      Z'´ └个┘ └テ' 
     ┘、 __ /| ,- 、ノ丿
     〈 r, r, 〉c { r, r, 〉
      l7/!」 l ∧ 〈/l_rイ
     /`   l: : /    ',
     _/____|: /___ __',
    ,└r-―ァ‐'└r―-ァ―┘、
    | {: :'ー:': : : : : 'ー: ': : : : }


                                            .,..::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                          ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                         ´. ̄ ̄ 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                             ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::l
                                            ,':::::;イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::/-‐,'::::::::,'
                                           l/ ./:::::::::::::::::::.;:-ァ':::::::::://::::::::;:: </ィ=ァ::::::::/
                                             ./::::::::::ィ::::::::ハム.ァ//:;-<ヽ_Lイソ'/:::::::/
  …金糸雀、それは君が悪いんじゃないよ                  /;: <´/:::::::;' ', ./イ/'´`‐---イ l、 /'´)::/
                                             ´   /:::::ィ:;'  ヽ         ┘フ:´:/
       仕方ないんだ、君のせいじゃない……                 /:/ l/   ヽ     _    ノ::/
                                              /'  .,'     \    `, ァ´/
                                               ._/       ,ヘ ,  ´ ./イ
                                              /.__/       ,'- 、
                                            / ,',ノ       ,l,>、_>¬
                                           /   l'       /o三    !
                                         .,/    l      /.´川     !
                                        //     l     /         l
                                      /  /     l   /    川     !
                                    /  i /      !  ./    三o三, -‐  ̄` <|

376 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:52:49 ID:p0e5jcWo



両親は二人を異なる方法で育てたわけでは無かった

それでも、二人は不思議と正反対の道を歩んだ


.

378 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:53:12 ID:p0e5jcWo
                      .:::::::::::::::::::::::::::::l
                     .:::::::::::::::::::::::::::::::ト、
                 .       .:::::::::::::::::::::::::::::::::|
   :   ::.        .:       .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   :.  ::::.     :  .::    .::  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  長男は「障害」を否定して生きる道を選んだ
l   ::. :::::.    .:: .::::   .:::: .:::::::::::::::::::::/〉:::::::::ハ::l
| l  ::.. ::::::.   ..::: ..:::  .::::::..:::::::::::::::::::://:::::::::/ Ⅳ   ひた隠しに隠して、自分は健常者と変わらないと思いこんで暮らした
ヽハ  :::. :::::::.  :::::.:::::: .:::::::::::::::::::::::::::::/  {::::::イ::/
  ヽ ::. ::::::::. :::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::/\ l:::::}Ⅳ
    、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.イ   し!::〃
    ヽハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/ |    |::/
     /|:::::::::::::::::::::::::/:::/レ'  |    レ
    r─;|:::l::::::/::::/:::::イ::/ /      /
   / YjⅥ:::ハ/|:::/ |/    ,    /
  __/   \!/   |/      / ̄ ̄
/ ヽ     \         /\
    ト、     `   、   ,イ   `ーァ- 、
    l \       丶、   \   くハ  \
   |   \        7i   l   ヾ、   ;
   |    \      / \_}__    〉   |


         /ィ'    //          \ `丶
       / ´\   / 〃  ̄ ̄ 丶、r~'_ー、,>ー-\
       ` ー─`-' {   ̄ `丶 f´ 〃Y≠ミヽ  じ,
.            '  /\       } {{ {{f泌}}ソ〉 ハ  金糸雀は「障害」を受け入れて生きる道を選んだ
            |i l   \  \ゝ_ ゞ ゝ=ーイ/ r┘ i
            !l |  __  \ __\弋_`  ̄´_,.仆  l|  自らが障害者であることを利用し、ささやかな復讐を兼ねて健常者とともに暮らした
              、い `ヾ   '´-‐ ̄`ヽ`Y´  l 〝
             ゝ',圷、、    , r 〒 ア Y ⌒Yl //
             〃´i `┘    ー┴'′ /ム^} /イ
               亅   ノ           / r‐ン 厶ヘ
              / \ `           , 「i/ /  \
             _く   ヽ.\  _      /  |' /   ∠-┐
            ハト\    Xヽ、 _,.  ´    |「    //  |
         /,. -‐=、  /__r┴‐_- 、   j}^Y.//  _⊥、
          /        丁\: : ̄: : \:\_ノ:_人¨´__イノ  }
       !        l  Y´ ̄ ̄`Y⌒Y´ ̄`ヽ  ヽ  厶イ
        !         '  l     ー廴 厂   }   ∨__ノ
.        イ            !  ゝ、_,ィ¬´7不`ー、___ハ    V´
       /          |  ヽ/  / /| ', ∨:.! `、  ゙、
.      /              |   /  / /:.|  i ∨  `、   、

379 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:54:17 ID:p0e5jcWo
:::::::::: ト;::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::l ヽ:::::l\:::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::「`ヽ::::!  \::::::::::::::::::::::::! ヽ::::::',ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  父は時々、ふと思う
:::::::::l.  ヽ::ト` .、ヽ::::::::::::::::::::',  ヽ::::',>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::!‐- ヾ_>、 ヽ、::::::::::::::::l.-'´'ヘ::',  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  もしも子供達がもっと重度の障害者であれば、また違う道だったのではないか
;:::::::ト、  {i::;o::ヽ \ヽ:::::::::::::l´ r―ヾr=o<>;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ:::::! `ー-`=イ`_  \:::::::::', 'ニ‐  ゞニУ \::::::::::::::::::::::::ト ;::::::::::::',  いや、重度である必要は無い
l ヽ::l  {´ ̄  ̄  ヾァ‐-ヽ:::::::',   ̄ 丶   / \:::::::::::::::::l` ヽ`>、:',
.', ヾ  .ゝ、   _ノ」  ゝ,\:::',    ノ   ./ イ >::::::::::::::!  ヽ、     自分達が、彼らの行く末を決める時に「障害者」として道を選択させていれば……
-ヘ      ̄ ̄    !    \', ̄ ̄    /´ _ノ:::::::::ト ;::::l  /ヽ丶、
::::ゞ、          .l      `\    /<::::::;:::::::::::::l  ヾ     ヽ.>、  「普通の人間」として育てた自分達は、間違っていたのではないか――
::::/ヾ 、          ゝ -         イハ:;::::::l ヽ:::::::::l X´    /ヽ  \
::/.  \\                .// λ:::::l  \:::::!   ヽ ,      、 \  
/    \ \    ― ‐-     / /  / ヽ:::l  X.ヽ:::l    X      .><  \
      \ ` 、       , ' /   /  ヾ!.    ヾl   '  \.    '  `   \
        \ >     イ /    /

380 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:54:34 ID:p0e5jcWo
            ,.--、 ____
.         /::::/´,.-‐'´ ̄ ̄ ` ‐- 、
         /.:.:::/:. /:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ、
       ,ノ: : .:{/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,_;.:.:.:.:.:\:.:.ヽ
      /::. :.::/::i:.:.::::i:.:.:::.:.{:.:..:.:.:.l⌒!:、 .:.:.:.}:.:.::}
       !:.: .::::i.:.::!:.:.:::|::::i:::::ヽ;:::ト、!  l:ハ_l_:.:l:::トl
        |::;i:::::l{.:.::ヽ::::ヽ;ヾ_;:‐i‐| l{.  l} ノノ::ノノイ
       ヽト;.:.::.:.::/^ヾr') 、rt‐r、 __,でソ! |′   母は、子供達を誇りに思っている
        >.:.::.:\r' ,ベー、`ー'´ノ  !` ̄ |::|
          レヘ::ゞ、| / /に.〉 ̄´  ′  ,':::!  自分達両親の選択を受け入れたにしろ撥ねつけたにしろ、
            ゛ 入    ヽ\ ー='   /|: ::!
              ‰ \  ヽ_」_ ,. '  !:..:|    彼らは間違いなく生きている
          ___,.ィニ >  ト 、 lー┐  !:.:.l
         /ー- 、:\仟ー┴-'ヽ_八ー'|:.:.:|    生きて、精一杯足掻いて、自分の場所を見つけているのだから
.         /:.:.:.:.:.:.:.`‐、:.ト-、___   .ト、 .〉 l:.:.:.!
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:..`ー┴ヘく_,∧.::|   それが「普通の人間」でなくて何だと言うのだろうか?
         ヽ:.:.:.:.:ー、__:.:.:.ヾ:.::::::.:.:.:.:.:.:! !::::∨、
          ヽ:.:.:.:.\__`ー=!:.:.:.:::.:.:.:.:.:| l::::/:::::'、
          \:.:.:.:.:.:`ヽ:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l:/:.:.:.:l::ヽ
           |:::\:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.|、/:.:.::.:::|:.:.ヽ
             !:.:::::ヽ:::::.:.:〈:.::.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:::/;;:.:.::ヽ
            |:.:.:.:::::\:.:::::.:.:.:.:.:.:.:.::イ:.:.:.:.:.:/-ー:.:..::|

381 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:54:47 ID:p0e5jcWo



誰が正しいのかなど、きっと誰にも分からない

分かってはいけない

分かってしまえば、誰かが間違ったことになってしまうのだから


.

382 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:55:51 ID:p0e5jcWo

                  , ―――――― 、
                 /              \
                 /                    \
               /          /⌒ヽ   /⌒ヽ ヽ
           /     , ――‐{ @ノー‐{ @ノ-、 |  これで>>1のオナニーは全て終了
             /     /      `¨´   `¨´  リ
.            |       |                  ,.イ
.            |       |                  |      ぶっちゃけ家族の話いらなくね?
.            |       |        / ̄ ̄\  |
.            |       |   ーく <ニニ> >‐'|    書きたかっただけだよごめんね期待した人ごめんね
.            |       |       \__/   |
.            |       |                  |
.            |       |                  |
.            |       |       ___     |
.            |   |  |    /      \   !
.            |   └―┴┬‐ 、| ┌ー――┐ | ?U
.            l_____________|___ヲ\` ー― '´/   !

383 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:57:18 ID:ARIdYUSo

乙です
面白かったです


さあ、>>1のオナニーをもっと魅せるんだ



384 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:58:59 ID:bAez2GcA

乙~

記憶に残る話だったぜ



385 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:59:42 ID:O5HxtKyo

おつおつ



386 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:02:06 ID:p0e5jcWo
    , ─── 、
  /         \ 、
  /            ヽ  >>383 もうやめて!>>1のタンクはもう0よ!
 .i    .-、 - 、      i
  | #| +|+ |♯-、  |  ぶっちゃけこの話は実話があったから出来たようなもんだし、
  !/  `-●-′   \ j      他の話作るって言ってもしょぼいもんしか出来ないと思う
  \^\ ≡| ≡ /⌒  / |

387 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:03:15 ID:2tLc5C6Q

乙!!!



388 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:03:18 ID:0Tcyxlg2



知人の話

会社に耳の聞こえない職員がいるが、仕事中に同じ聞こえない人と

手話でお喋りばかりしている、手が使えない状態だから仕事もできない

「会社職員の何割かを障害者を雇わなくてはいけない」この法律のため

自分たちを簡単に首にできないのを知っている

それだけの話です



389 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:04:23 ID:tD2mBdb2

乙でした。
綺麗ごとにはならんですよね、やっぱり。



390 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:09:01 ID:x/Vq00LA

乙!

なんとなく母親が聴覚障害をもつ幼なじみを思いだした



391 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:13:53 ID:p0e5jcWo

          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\  さて、今回こういう腹立つタイプの障害者を題材に書いた訳だけれども。
       / _|  / |ヽ |_\
      /  /  `ー ● -   ヽ  もちろん世の障害者が全てこんな人ばっかりじゃあない
      | / , 二   |   二、ヽ
      | | | ─    |   ─ ||   みんな生きようと頑張っているわけです、形はどうあれ
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /  それはもう障害がどうとか関係ないよね
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ    みんなも頑張って生きてね >>1も頑張る

392 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:15:57 ID:p0e5jcWo

          ,  -─,─、- 、
       /  , -| / |ヽ i、\  そんでもって身近に障害者がいるんなら、
     /  /三 `ー●- 三ヽ、
    /  /    , - ─┴─ 、 ヽ  ほんのちょっとで良いから彼らを見てやってほしい
     i   /  /         ヽ |
    ⊥ i  /           | ! 、  金糸雀のように歪んでいたとしても、兄ちゃんのように恥じていたとしても、
   (_ ノヽ| | ( ⌒ヽ⌒)    //_ノ
    ヽ   \ヽ_____// /  ちょっとで良いから「それで良い」って言ってやってほしい
      \  `━━━━6━ ' /
       |    / ____ヽ|′   それだけで結構救われるもんなんだ
      |   |  ヽ     ノノ|

393 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:17:22 ID:p0e5jcWo

         /´  , - '´ ̄r-、ヽ
        {|  r┴- 、/rf薔}_}ムイ
        ゞ=イ「 ̄`>'Zl:|、/ ̄´'.
          {:|_   ィ:=、'\Yヘ. l  
          ヽr=、  ゞ 'xx /ソ / ヘ _        それが、金糸雀のちょっとした我儘かしら
             !じj , ┐  仏ノヘ/'´ハ _
           人 ヽ.ノ/ `> 、 _ \_.」ヘ」r
           Z, 了'´  r- 、 _/_〉_, -、
            /寸   l L/  ̄ヽ
            7¨\_  _,/ i    \__┌-、
    r¬、_, - r_ッ'┐   . :.::\ l   _/, ┐' //
    ヽ Z / _/!ー'     . :.::.::.l  __「,_,ヘ,_!′'ー┐
     ,〈 { {才フ      . : .r'゙ヽ.」 ,r‐'´,_ ,一イ ̄
     しL.∨へ       ノ\ { 〈:.: ̄: ::._.:/
       l j:.〈└i      ',  `ヽL>-'´__
       /.: : L.└、         _r '´/¨フ
       〈: : : : :.}   ¨L,     r ┘ _r'´.:.:/
          }: : : : :.下∟└t. -冖’ _r┘:.T゙´
         /. : : : : .:.ヽ:.:'ーt._, -┘: : : : :ヽ
       {: : : : :. :. :. :l:. :. : : : : : : : : : : : : :i
        |: : : : : : :. :.:.ヽ:. :. : : : : . : . : : :.:ノ、
         j: : : : : :: :. :; :. }:. :. : : : : :: : : ;.:.': :r:ゝ
      -=:^:. : : : : : .: .: ノ'ー- 、: : : ; :ヘ:/`ヽ
      厶:. :.;、:´:.、:..イ     l/l: :ハ   ',
          Y  `7´ ̄      l/  V .ハ、
         l   /            }ヽ'二フ
      ,、_/ _/            〈/{×! |
      フト、/ {                l! ー' li
    , ‐くノ {_ノ 」             弋 _ ノj
   ?hー―…'´__〕             ` ー┘
   └――‥´

394 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:17:28 ID:hI2kLwzI

乙でした。

カナには幸せになって欲しかったなぁ。



395 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:23:36 ID:ARIdYUSo



でも、カナみたいな性格だと、「それで良い」って許しても
それはそれで調子にのりそうな気もするんだよな

やっぱり、正解はないのか…



396 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:29:53 ID:p0e5jcWo

          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\  >>394 すまんね 不幸な部分はフィクションだから実際には起こってないってことで許して
       / _|  / |ヽ |_\
      /  /  `ー ● -   ヽ >>395 それでもまずはそう言ってやって それから力いっぱい叱ってあげてくれると嬉しい
      | / , 二   |   二、ヽ
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ

397 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:39:29 ID:Y.3QghP2

「する訳ないでしょ 貴方もカナも自慢の子だわ」

この台詞を話すまでの葛藤を知りたい。
単なる諦念の感情としか捉えられない俺は
人でなしだな。



398 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:41:32 ID:tD2mBdb2

なにせ当事者じゃないんだし、しょうがないんじゃないかな、それは
理解しようったって
実感する以外にないんじゃないかと



399 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:44:32 ID:E0S5pZRQ

乙。

今は金糸雀とは連絡取れてないのかな……?



400 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:49:41 ID:p0e5jcWo

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\  >>397 ふむ、諦念だと思うのであればそれで正しい
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ >>399 連絡とるも何もげふんごふんふじこ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

401 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:51:31 ID:tD2mBdb2

今俺は何かをニュータイプ的に察した



402 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:03:35 ID:E0S5pZRQ

ええと、これはドラえもんもげろってことで解釈して良いのかな…w



403 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:07:49 ID:p0e5jcWo

                 _____    /
        \    / ⌒ ⌒ヽ   `\    
             / | >|< | ─ 、   ヽ
           // `ー●ー ′ U \   ヽ   >>402 もげるようなものはもっておりません
     ─    i⌒  二  |  二      ヽ  ヽ
           ヽ、  ─  |  ─ /⌒ヽ  |  |
               ̄l ̄ ̄ ̄ ̄    |  l  l
      /  /⌒ヽ | (⌒\/⌒) ノ /  /  \
            ヽ__.ノ、┴───── ´  /  /
           \ `━━,-、━━━━━く
            ヽ|  / ヽフ     \    ヽ

404 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:09:35 ID:ARIdYUSo

しっぽ引っ張る



405 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:10:11 ID:O5HxtKyo

そうかつまり>>1がカナ(ry



406 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:13:07 ID:p0e5jcWo


         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::    >>405  そ こ ま で だ
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::
   |Y     l|         ヽ
   |ノ〆    l|       ー-  |
  /| /      l|       ー-  |
   l / r   」{,        ヽ  |
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ

408 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:14:25 ID:x/Vq00LA

必死だなww さぁ四次元ポケットを解放するんだ


409 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:17:08 ID:Y.3QghP2

>>405
 おっとそれ以上話したら
 「青ダヌキでバイブ」の刑だぞ。

 >>398
 しかし「諦念」とかバカな事を書いたな。
 どんな境遇もいつかは前向きに受け入れる
 のが親の強さなのに。変な事書いてごめん。




411 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:17:56 ID:ARIdYUSo

ドラも詮索してほしくないなら、いちいち反応しなくていいのにwww



412 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:19:59 ID:fFitfMWk

まぁ言えることはひとつだけだな。

金糸雀マジプリティ



413 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:22:39 ID:0Tcyxlg2

この話はドラの謝罪の気持ちか・・・・・

とりあえず「M★O★G★E★R★O」



414 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:24:57 ID:ARIdYUSo

>>403の台詞をよく考えてみろよ


ドラマジプリティ



415 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:25:24 ID:p0e5jcWo

                       , ─────‐ 、
                       /              l
                        |             |
                    ( ( |             |  >>410 だからもげるようなもんついてないってのに
     __/⌒ヽ_________l___           |
    └ヽ_ノ-, ────- 、-/⌒ヽ┬─'         |ニ
    (( | //⌒ ⌒ヽ    ヽ_ノ│             |
       /  |  .|.  |─ 、  |   | l             |
      //  ー● ー ´    ヽ|  | |               |
      l  二   |   二    |  | ヽ______ ノ
      |  ─   |   ─/⌒ヽ |  |
     ヽ    |     | |  | |  |
       ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |  |
        | >━━,-、━━━━ |  |   まあいいやとりあえず金糸雀関連の話はおしまいだからね
       /    ヽフ     \     |
      |   ____    l     | ))    どうしようかな、いくらなんでも埋めるとかできるレス数じゃないな
      l  ヽ、___ ノ   l    |
       > 、 ______ ノ      ヽ    過去ログ化とかしてもらった方がいいのかな?
       (___ , ── 、 _____ノ
      (____)     (____)

416 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:27:10 ID:hI2kLwzI

完全新作でもいいので、なんか新しいお話作ってくださいよ。
待ちますから。



417 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:31:10 ID:SB6ShLVo

カナで新作をひとつ……
カナマジプリティ



418 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:35:35 ID:p0e5jcWo

   |
   |
   |   , ──- 、
    /          \     ふーむ、「ならば書こう!」とは言えないけど考えとく
    /          ヽ
   |                |
.   !             !       カナマジプリティだからカナ動かしたいしなぁ…
   \         /
    ○━━━━━l
     ( _       |
     _|_|        | _____
  / (        ●ノ
/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


420 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 22:58:48 ID:23W2UUAs

埋めないで、
なんか思いついたときにぱっと投下するために取っておくでも良いんじゃね?
板の負担にならない範囲であれば・・・

ドラ乙



421 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 00:29:31 ID:t.Gl16Ig

なんで1がこれを書いてるのかすごく疑問だったんだ。
いくらオナニーとはいえ、これを書いてて本当に楽しいのかと。
正直言って「誰得」と思いながらずっと追ってた。

最後、いまさっき>>393を読んだ瞬間、全ての疑問が氷解した。
この落とし方は見事と言わざるを得ないwww
複雑な気持ちでずっと読んでたんだが、ここまで読み進めてよかったと思う。


1がこれを書く心境に至るまでどんな出来事があったのか、
よかったらまた続きを書いてみてほしいな。



422 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 01:07:14 ID:qU1Eta0Y

乙です。

金糸雀は今後どんな風に生きていくのかな?
よろしければなんとなく一言下さいな。



423 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 02:05:09 ID:p9qh9NC6

>>1乙。
うまく言えないが、このスレに出会えて良かった。
俺も頑張って生きていくよ。



424 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 06:00:42 ID:Vxs11Lcg

ストーリー自体が魅力的だったが
オチも良いものだった

>>1乙



425 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 12:08:37 ID:M.bsu3jI

乙でした
きっとこの話はたまに思い出すのだろうなあ……



426 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 12:27:33 ID:39I.AmOo

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \  >>420 そうするよ、ありがとう
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ >>421 こちらこそ読んでくれてありがとう 続きは…今は書けないけどいつか書けると良いな
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l >>422 普通に生きてるよ 今は車の免許を取るのに必死さ
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ ) >>423 >>1も君に出会えて良かったよ 頑張ってね
   /  /  ヽフ ヽ   /



        _____
      /.- 、 -、    \  >>424 照れる
    / |  ・|・  | -、  \
   // `-● - ′  \   ヽ  >>425 思い出したときはぜひ鼻ででも笑ってやって
   |  三  |   三    ヽ  ヽ
   | (____|____   |   |
   |  \.        /   |   |   
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /

427 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 20:52:29 ID:rR6Wbbkc

これは再構成して長編にすべきだと思う

面白いから是非やって欲しい



428 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 00:35:10 ID:dMUJnqTE

                 _____    /
        \    / ⌒ ⌒ヽ   `\     >>427 無茶言わんといて下さい
             / | >|< | ─ 、   ヽ
           // `ー●ー ′ U \   ヽ
     ─    i⌒  二  |  二      ヽ  ヽ   浮かれて既に次の作品の構想を練ってるよ!
           ヽ、  ─  |  ─ /⌒ヽ  |  |
               ̄l ̄ ̄ ̄ ̄    |  l  l     もうリアルに早漏と呼んでくれて差し支えないよ!
      /  /⌒ヽ | (⌒\/⌒) ノ /  /  \
            ヽ__.ノ、┴───── ´  /  /
           \ `━━,-、━━━━━く      寝るよ!
            ヽ|  / ヽフ     \    ヽ

429 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 00:36:26 ID:tO/pzEaQ

ほう・・・それは楽しみだ・・・



430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 00:46:57 ID:tIVTZoyY

ついてないのに早漏とな。

蝶☆期待



431 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 01:36:28 ID:l8B8mGFw

ドラに添い寝したい



432 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 07:43:55 ID:8eaZiHJc

おつかれさーん

新しい作品に進んでるのか がんばっとくれ~



433 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 16:20:28 ID:64ugXK7Q

乙。
さびしい話だな……

ところで、こういう短い話は2nd向けだと思うよ。程よく過疎なのでオススメする。



434 名前: ◆IIEuxOzbEU[] 投稿日:2009/09/15(火) 19:07:37 ID:w6wuGrU2



拝啓 スレ閲覧者の皆様



         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |            )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

435 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:08:02 ID:w6wuGrU2



突然ですが



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

436 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:08:18 ID:w6wuGrU2



どうやら、僕はやる夫のようです


.

437 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:08:43 ID:w6wuGrU2
     ____
   /     \
  /  ─    ─\   ……アンタ誰
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/



      l    | l       /|      |      /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /l|     ./:::::::/  .|:::::|\   〉::::〉
      ||_..=| |==≠=リ- ._/ |    /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、 〈::::::::{   |:::::|\::::::\{
      | |  / |___ /  /  /   .|    \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ            ……覚えていないのね
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|     \::::::\l:::::| | `ーく
    ./ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴       \::::::\|  l   \\
   / |/    〃  ̄ ヽ    `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ
  l  .|/   _弋 リ 丿   イⅥ /       /'  |:::::|          |:l
\|     ´ ̄ ̄`ー≦彡 // /     ./   |:::::|      ヽ    |:|
                   ̄` // /      /   |:::::|       ヽ   |::|
                // /      /    | |:::::|       \ |:::|
  、               〃 /     /     | |:::::|、         |::::|
                   /  /    _/      ,| |:::::| \       |:::::〉
                     /  //      /| |:::::|  \      |/ \
                /  //./      ./ / |:::::|    \     ノ〉  \/::
-_ー 、          / _ ´ / /      / / | |::::::〉     \ //  /:::∠
ご゚            / ´  / /       / / /| |/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒                  /   /      / / / | |  /::/  // /::::::::::/ ̄_
             イ    /        / / / ' |_/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
            イ  |   /       / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
        <  l   |  /       / / / /::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

441 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:10:00 ID:wP/SZlZE

おやおや 何か始まったぞー



438 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:09:01 ID:w6wuGrU2
                /`ヽ、
                  /_    \
              、-‐'´/ ``丶、 ヽ_r┐
        ノ^ー<〉  L____`ヽ))ー'-、
        ヽ\ ∠__/ // ,``ハヽ  \
        ハ ヽハ// // //////ハ ヽ   \  ……みぃ、おかしいのよ
       く \、 } |{ l|l,{∠メL//' 〃/ハ. ! }/
       人ヽ 〉' 亡>j〈;;'ソ〉/ /'ノ//// } } ハ  
        \)八),ト、〉 ´   ´ノ_ノ乂〃ハノ' r-ゝ
           、ノ({ノ   c ' 〈;;ソルノ ノ、 L,/    
        r ''',ニ=、'′ヽ、__  _,.rく{ _∠__ } }
      .r┴/ ヽ>'⌒ヽノ/  ̄ヽN}入ニ<(乙、
        ト、_{ `'{ ,. -┴v {    ヽて`ヽ}  ̄
     〈ヽ >'"  l  | ノ  / .〉
      V〈     l   !    く
       } ヽ   |   |// //
      ノ  ヽ     ト、   { {=、、
       }    ヽ    |!{ ヽ  |ト、}}
     _ハ \  >、      / ヽ、
   //  ヽ>'"  ヽ、   /l| ヽ\



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、  知らないお!知らないお!!
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://金糸雀、金糸雀、助けて……金糸雀!!

439 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:09:24 ID:w6wuGrU2
    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.  金糸雀?金糸雀なんてどうでも良いのだわ
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |   貴方は私と一緒に紅茶を飲めば良いのだわ
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |   
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |
.    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :{´:::::::: ̄ミ<::::::::::::::::::::::::\ |
      __ノ/イ:::::::::::::::/: /: ∧: : : : : {::::::::::::::::://:::\::::::::::::::::::::::\{ー― 、
   ,ィ≦:::`ミヽ::::::::::::/: : /: :/: :{: :|: : : ハ、_:_:_/':::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ



           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   僕は……僕はそんなの知らないんだお!!
       \    |ェェェェ|__ /
        /´⌒` ̄  ,    ´〆⌒,ニつ
         |      _゙___、ィヾイソ
        ヽ イ´ ̄ /  ヽ l ´^ '
          l     /  r  ヽ
         ヽ   /    ,ヽ  ヽ         _-‐、
         ,ィヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」

440 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:09:47 ID:w6wuGrU2
  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|   ……っ、ぁ……
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |     いた、ぃたい……
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄######         /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \######     ,〉  /!| /: ://  }}
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄ ## ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
: : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}



         ____
       /   u \    ……え?
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

442 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:10:23 ID:w6wuGrU2
                         / // _,, -─‐- 、
                        /‐''´/''´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                   /  /::::::;;:::::::::::;:::::::::::\:::::::::::::\
                    /、_/:::::/::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ
                  /ヽr‐/:::::/::::::::::::::::!::;::i::::::::::::::::::::ヽ::::::::::、:、:゙、   ――っ、ふざけるな、金糸雀ァ!!
                ,-‐' / //:::::/:::::::::::::/::l:::i::::l:::::::::::::、:::::::i:::::::、::i::|、:|
            _,,/ _,,/  // l::::::i:::::::::::::/::/ |::|、::ヽ:::::::::::ヽ::::|:::::::i:::l::| !|
          , -‐_´,,、 |/ _  !| |::::::|:::::::/::/_ ゙、ヽヾ::\、::::::|;;:i:::::::l::j|:::| |!
        / /////_,/ i! |:::::::|::::;;{ !/__\ \、 `>_二j:;':::::!/ l::j i
     / /////,.、/ / /;|::::::::}/|〈゙、ヽ、辷>` ヾ;, '{_,ン゙/::::::::/、/'゙,、,、
  / /////_r'゙,-、>'‐┐〃゙!:::::::|:::{ ヾ、       ,.   _/:/::::/-< ̄`ヾ〉、_
 / /.////, ノ _ノ゙'/ ̄  ̄`ヾ、::::|、|`iーヽ    _ '.._ ´/,r'': ̄ ̄::`ヽ‐、_ _>> _,,,,,_
./ /./// / /ノ'゙>{ /        `ヾ、:;lヘ|ヾ''ー_-_,,=-‐゙:::::::::::::::::::::::::::::::\>‐'''´::::::::::::::ヽ
| 〈_/'´/  {_ノ´ /〈 !            `ヽ,f_r''ヽ`>''''ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::}
|  _,,/、    /_r゙ノ            / _,,>''フ´    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::(
ヽニ ┴ 、二ニ-‐| / O               !     /      !_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::`::ヽ
         < ̄`ン、 __O   O   |           _>、_::::::::::::::::::::::/ ̄;〉:::::::::::::::::/
         ` ̄ `ー''ヽ__バ ̄/_7=ニ7´ヽ、    __,, -r‐r<´::::::::::::`ヾ;; ̄`';;;;'';;;;;;;;;;/:::::::::::::::/
               〈::::: ̄::::::::::::::::::::::::/>、_ノ  /ノ/ソ ヽ;;_;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;/──''ヾ、::::::::/
                   ,┤:::::::::::::::::::::::::::_〈/     /〉>/    〉;;;;;;;;;;;;;;::|        ̄
             _,,/ \::::::::_;;;_;;!/      /ノ//    /;;;;;;;;;;;;;;;;:::|
           / 〈     ̄ / _l/     /_j r'/    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|



          ,.  '"´「`ヽ ー‐‐- 、
         /      ',  \    \
         /l        ',   \\ r'^^`ヽ
      /  .l     .:.:∧     〈 〈``ヽ
       / .:.:.l    .:.:./:::::`ヾ:.:.:.:.:.:.:.:〉L 「iリ
     l  .:.:.:.!   .:.:.:./::::::::::::::::`ヾ、:.「_フ彡只.
     | .:.:.:.:.:.', .:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::`ヾ.:L{ }
     |.:.:.:.:.:.:.:.V::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ.:V        ――ホントに、カナがいなきゃやる夫はどうしようもないかしら
      ヽ.:.:.:.:.「 `7:::::::::y ‐ 、::::::::::::::y ‐、::!.:/
      ヽ.:.:.:l い:::::::::弋 _,ノ::::::::::::弋 _ノ::!/
        `ヾミヾ、;;;::::::::::::::::::: ; ::::::::::::::l⌒ヽ
         l.:/´  ̄]  f`ー--┐   ,ノ
          ,r ‐〈   __L.  `¨¨¨´ . イヽ
      /     V ´ ̄] >=< "´  〉
     /       `ヽ孑7´1:l l:lノ) ___/、
   /          孑7 l.::l l.:l 「孑`ヽ\
   〈      .::}   孑.  l.::l l.::|  孑ソ   ',
    `ヽ.:. ',  ./    lL. l/ l:::|  孑  l   〉
       `1   .:/   \L   。  /l  ノ /
        i   .:.l.:     \L   //  , イ
        |   .:l       \L//    !
       ,.|   .l  __.. _    /.:/^ヽ\l  .!

443 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:10:57 ID:w6wuGrU2
                  ヽ、::::::\!\  ___
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __
               <´::_::// /          __`   、
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\    ――お気を付けて、やる夫
        >、             >、!∧! r三、ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
       /  ヽ/     ///l ヽ 、! ・ ノヽ  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l
    _/__ 」〉  / / / i 、!     ̄     j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l













三三三三三三三三三三/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    _   .ヽ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ェェェェェェイ /    丶三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /    .|三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三 .',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ェェェ/     .ノ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.⌒ "       .ノ三三三三三三三三三三三

444 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:11:16 ID:w6wuGrU2



              【どうやら僕はやる夫のようです】


                   近日公開


.

445 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:11:42 ID:w6wuGrU2
          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\  と、言う訳で新作ってほどのものでもないけど話が出来たから書き溜めもせずに予告してみたよ
       / _|  / |ヽ |_\
      /  /  `ー ● -   ヽ   予告になってないって?知るか
      | / , 二   |   二、ヽ
      | | | ─    |   ─ ||   予告は100%ではありませんのでお気を付け下さいふひひ
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /  ところで今日バスに乗り遅れて学校行けなかったんだけど何この田舎バス4時間に1本とかなめてんのか
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ

446 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:12:50 ID:wP/SZlZE

4時間に1本はすげえw



447 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:17:46 ID:DqXUjdw6

ホラー風味になるのかね?
ともかく期待



448 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:23:54 ID:w6wuGrU2
             , ────  、
.            /     /⌒ヽ⌒ヽ、
          /    , ─|  ・|・  |、ヽ  >>433 2ndがわかんないです>< 多分これが最初で最後のスレ立てなのでお見逃し下さい
\   l /   /    /    `ー ●ー′ヽ
  \       l   /       ─  | ─  | >>446 ふざけんなって話だよ
\  `─- 、 |   l    /⌒ヽ二  | 二 _|
  \   l | | l━l  |  /ヽ_ ノ___|___)ヽ >>447 ふぁんたじいだよ
    ヽ.┗┿━┿━/  //       /ヽ_ノ
      ̄    |     /━━/ ⌒ヽ/⌒ヽ/
   / l ヽ  |    | ┌/|    |    |
    ☆    l     ヽ/  ヽ、__ ノヽ.__ノ
       (( ヽ            /   /
           ヽ           / ノノ
            ` ──┬─‐ ´
                    ●

449 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 19:27:43 ID:kRsIGRuI

4時間に一本とか都市伝説だと思ってた時期が僕にもありました
期待期待



450 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 20:08:00 ID:8LDifjnM

>>433
おいおい
2ndにもそれなりの作者がいるぞ
あまり舐めないほうがいい



451 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 21:45:26 ID:xeoH02nA

了解、期待してる

ひょっとして原作あり?



452 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 21:48:28 ID:WzXL8z0g

短いから2nd向きってどういう意味?



453 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 21:53:00 ID:doUnIxRY

これは楽しみだ



454 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 22:27:12 ID:64ugXK7Q

>>452
2ndは旧やる夫板と同じで500kb制限があるのよ。



455 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 23:06:13 ID:w6wuGrU2
         ____
       /-、 -、   `\ お腹空いた
       / |  ・|・  |- 、   ヽ
     // `ー●ー ′ \   ヽ >>451 原作は無いつもりだけど何かとストーリー被ったらごめんなさいってことで
      l  三  |   三     ヽ   l
    .(___|___    |   l 
     ヽ l    __ `ヽ  !   /   
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /  どうでも良いけど物が付いてなくても漏れるものはなくはないので早漏って言っても差支えないんじゃない?
    ( __)ー━━O━━━━━く     
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )  つまり既に全話書き終わった 今後大幅な加筆修正をしない限り全9話
     /⌒ゝ─- 、   ノ ノ`ーィ´
   . l  |     `ー ´   ノ、    いつ投下しようか やっぱ土日の方がリアルタイムで見やすいのかな?愛の手違った合いの手欲しいし
     `ー`┬- 、____ / l
         〉ー(____.l/
         ヽ_ ノ  | |

456 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 23:08:05 ID:8Ztf/SBE

土日がいいだろうね
今度の土日はいないからリアルタイムには見られないが…



457 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 23:08:18 ID:8wQDwCsk
>>455
愛を込めて花束を

     _   ,-、       ___
     / \,l   Iィー、_,、_,ェ'  ̄'ー/`ー、  __
    ヽ. ヽ 人.i/ ,i ノ     \ /ヽf    l/ ヽ
   ,.‐-'' ;";;;;;;;゙',._ノ、   _,,    !  ヽ.,,,,,人,  冫\
   ( =-',::::::::;;;; ';;  ,) /;;;;\ ,.-ゝ__,.';;;;;;;;゙゙';r''-‐、  `ヽ、
   >-ー`';,:::::;;'';''' ̄`;/;;;;l;;;;;;i(  ー;;':;;;;;;;;;;;;;;;'一 i    "、
    ゝ、 /"'''!' ヽ_,ノi;;;;;;;|;;;;;;j`>-‐''';,;;;;;;;;;,;'`ー-t   ::.. ヽ_
   /`ー'~'-,へ、_ノハ;;;;;;;_/ (   / ノ'!''゙、ヾ  ゙j       \  __
  y'      t、_ i  )/ ~"j 'ー-i_,. 'i   iー~'    '   .,.,)_,_! /ヽ
 ;;;;;;     (    ;'" ;;゙゙,;, _, '"   / ヽ__ノ l"        ;;;i ~  (
        丶  ;;;;;;;;;;;  ~ヽ,⌒ヽl;,,,冫 ,)/`、|          ';;   `i _
      _____ / '" vー-、_ノ  --;;;;;;;;,_,ノ     ..l::;   .|;;l っ  ̄(;\,_
   ;;;; /;;;;;;; ;;;`  -,l丶\, \_/l  \       ー--、;;;i、__;~'\;;;;;;i\_
      _\;;;;-;、;;  i,__  ,j     ヽ__._ノ      _    ;;;;l;\___,、 . ̄\;;l~
     / \,l   Iィー、   /`ー、  __  /     ー゙ :::  ゝ ;ノ \;;;;;_;iヽ,
    ヽ. ヽ 人.i/ ,i ノ/ヽf    l/ ヽ |          ___,,/      ノ;;j
   ,.‐-'' ;";;;;;;;;;,._ノ、!  ヽ.,,,,,人,  冫i         /        ~"
   (  ー',::::::::;;;;;';;,.-ゝ__,.';;;;;;;;゙゙';r''-‐、 ヽ    , ____/
   >-ー`';,:::::;;;;;;;''' (  ー;;':;;;;;;;;;;;'一 i ,冫  / ,/
    ゝ、 /"'''!' ヽ`>-‐''';,;;;;;;;;;,;'`ー-t l  ___/
     `ー'~'-,へ、_ノ\_/`~'"`~'\/

458 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 23:12:49 ID:xeoH02nA

>>455
もう全部書いたのか、早いな

土日の8時ぐらいが一番人がいるんじゃないか?



459 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 23:15:39 ID:kRsIGRuI

もうできたのかはええな
金土日ぐらいが多いような



460 名前: ◆IIEuxOzbEU[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 23:20:04 ID:w6wuGrU2

    , ─── 、      早漏ナメんなちょうはやいぞ さっきから一発変換が候ってなるからめんどくさい
  /         \ 、
  /            ヽ  ふーむ、やっぱり土日か
 .i    .-、 - 、      i
  | #| +|+ |♯-、  |  じゃあ今週の土曜日にでも最初の投下しようかな 夜8時くらい? 
  !/  `-●-′   \ j
  \^\ ≡| ≡ /⌒  / | >>457 照れる

461 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/16(水) 05:19:41 ID:vL0yexq.



>>1かわいいよ>>1



関連記事
スポンサーサイト
[PR]


※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 08:00 |コメント(14)
カテゴリータグ:

|

<< やる夫の ガンダム0079 THE WAR FOR EARTH | HOME | やる夫で学ぶTriple Click 1~3 >>

■御感想or寝言

18050 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/22(火) 08:05:31 ID:-

ドラかわいい


18058 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/22(火) 12:48:24 ID:-

オリジナルの新作とは楽しみだ


18064 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/22(火) 13:56:55 ID:-

カナリアの話は良かった
腕白でも良い、逞しく育って欲しいって言うもんな
カナは逞しい感じがして良いと思うよ


18067 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/22(火) 15:26:21 ID:-

ほんとそう思う。
いつから単に卑しい人間を逞しいとか強かとか
言うようになったんだろうねw


18068 名前:   [] 投稿日:2009/09/22(火) 17:06:42 ID:-

中々面白かった
金糸雀も、描写は僅かだがキョンも頑張って生きてるよな。恥じ入るような事は何もない
そしてやる夫は最後まで「割と普通にいい奴」だったなw


18072 名前:  [] 投稿日:2009/09/22(火) 18:21:45 ID:-

なんかすっごい永遠のテーマだよな、これ。


18074 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/22(火) 19:44:35 ID:-

斬新だったな
金がヨゴレなのは悲しかったけど面白かったお


18118 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/23(水) 15:25:54 ID:-

理解力がなくてすまん、これって1が金糸雀でドラを通して自分の境遇語ってくれたってことでおk?



18130 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/23(水) 21:10:37 ID:-

#18118
合ってようがいまいが、>>1が明言するのを避けているんだから
人に聞くのもだめだろ。それこそ察してやれよ。


18167 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/25(金) 00:10:11 ID:-

#18118
お前がそう思うならそれで良いんじゃないか
>>1はこの話自体好きなように解釈してくれて良いと思ってそうだし


19654 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/10/18(日) 18:13:26 ID:-

あー、なるほどね。
内面やら家庭やら明確に描写されてるのは一人だけだもんな。

本人じゃない可能性はあると思うけど、
少なくとも語り手の立場は「やる夫」じゃないね。


19905 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/10/22(木) 08:34:37 ID:-

>#18130
お前こそ察しろよ。本当にバレたくなかったらヒントになるようなこと書くわけないだろw
本当かどうかはともかくあきらかに「作者=カナリヤ」だと思わせようと誘導してるのはあからさまだろうが。


19941 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/10/22(木) 20:33:17 ID:-

>>388
単純に能力あって業務にまじめな障害者を雇って、遊んでいる奴をお追い出せばいいだけなんだぜ
能力持った障害者なんて実は結構いる品

#19905
別に本人でもいいじゃないか
もし、本人だったら糞ったれな状況を自ら変えた事になるんだろうからな


21127 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/11/12(木) 19:49:35 ID:-

結局本能的反応はどこまでも正しいという話だな。
あらゆる遺伝子治療が確立してからならともかく、
現状では「(遺伝子)障害者も平等に」は人類には早すぎる。
自分の子が配偶者としてダウン症障害者を連れてきたら、
99%の親は大反対するだろう。
事故で手足が無くなったのとはわけが違うからな。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV