【重要】令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 開 催


詳しくはコチラ→http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-8656.html


やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ WPあしゅら編 twitter TOP絵募集中 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
  • (02/06)
  • (02/06)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 阿修羅編 検索欄

■2008/12/19(金) やる夫の狂気 ~The Dark Side of the Moon~ 第二話「Us and Them」


出演 やる夫 柊かがみ 兵藤和尊 ブラックジャック 言葉
第一話「Money」



      .:. :.: .:., :,, "''';,;;;、:::::...:.:.:,;, :. :. .. . :, :.: . ;. :. :. :. . . . .   "''‐、_, ;, ;,, , , ;,, : .: .:.:.: ...:: .:. . : . . .
  . .. , ;:,; ,.;,:;,,..:..: .:. :.: . .: .:."'''',;'. :.";,.. :. :. , . .:. . : "'';:,.,.,._ . .   . . . . . : ::. ;,: , ;. :;.: ,;:,   "''.:  . .
       "';,. :.: .: .:.::.:. . . ,'. :. :. .. :. :... :' . .. .  : . :. . ."'';:,.; : .: .:. .: .:. . .:; .,: . ,: '    .: .:,.;:'  .
 . :. : .:..::::::.: :.  . :.: . .. .. . :. :.: .. . . "'';:,..  . . . . "゙‐ : :. :. . . . : .: .: :  :. :. :. :. :.:. : .: . . :. :.. . . . .
   ` ,,,. ,., ' ,. . :. .: .   . . :.: ...   : .: .. . . ."';,_,  .  .  . : . :. . ,.,.,... . . : ..      :. :.:. :.
'""''''';:;:;,., ::,. .:: -‐-  :. ...::: ..::.. ::...':::::......"""''''''"""''''   :. .. .  : . :. .. :..:.:..:::.: .: .:.::.:. . . .: .: .: . ..
::::::::.....: .. : ,r'´.     `ヽ: .. ......:..:.:::::::::.:.:.: .: .:: ...:;'. :. :. .. .  : .:. :. .. . :, :.: . ;.::.., . . . .: .: .: . .. . . .: .:
:::::::.:: .: ..: :' ..:.       ゙;:::.:.:.: .: .:: ...:;'. :. :. .. .  : . :. .. :..:.:..::::::::::::.., . . . .: .: .: . ..    ...::::::
::::::::::::.: ..: :. ::..       .: .: .. :  ;, .: .. .  ...: ::: .. .::::. : :: :::::... ..... :. :.: .:. . . :. . . :.. : . . .: .:. :. .. :. :.: .
::::::.......: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :......:::::::..:.: :.: ::.';:,:,.: :,,; , ,; ;'...:..:. :. .... . :;,; ,;.:. .,:; ;,:;; .:. , ,,...: .:. :. .. :. :.: .
::::::.::::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... .: .. :  ;, .: .. .::::.:.:.: .: .:: ...:: :: :::::... ..... :. :.: .:. . . :. . . :.. : . .
";,..:::.:.:::.:.;,.,.;, ;. :. :,: .: . ;. :. . .;. . .."''';:;:,.,.,.._,    . :.: . :.: .:. :. :. .: .     : . :. :.: .:. :. :.. .
.:. :.: .:., :,, "''';,;;;、:::::...:.:.:,;, :. :. ..  . :, :.: . ;. :. :. :. . . . .   "'' , ;, ;,, , , ;,, : .: .:.:.: ...:: .:. . : . . .
.. , ;:,; ,.;,:;,,..:..: .:. :.: . .: .:."'''',;'. :.";,.. :. :. , . .:. . : "'';:,.,.,._ . .   . . . . . : :'";,: , ;. :;.: ,;:,   "''.:  .
           ....,,_,,,...;:;::''""''''"'.:.:.:.: .: .:: ...:
,.,;:;:;:;:;'''"""""" """"""''''';:;:;,.,_,.  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""::::.:.:.: .: .:: ...:
";;;,.. :::;,;'"';,,.;. :. :;.; :.:. .:;. ... .:.:.: .: .:: ...:;'. :. :. .. .  : . :. .. :..:.:..::::::::::::.., . . . .: .: .: . .. . . .: .:. :. . . .. .
             ゙゙"''゙;:,...::::::.:. :.: ::,;..:.:.. .:. :. . . :.: .: . .. .:.:.: .: .: :::; .: .:. .    .:. :. :. . ..
--------------------------------------------------------------------------------


視聴者カウント
アクセスカウンター



――その知らせが△△市病院に届いたのは、満月の夜だった。

その日夜勤だった私は、ナースセンターで同僚から知らせを聞いた。

病院から少し離れた○○町近くの原発で、事故がおきたと――


                  _, -――- 、_/^\
           ー=こ⌒\: : : : : : : :\厂^\\
            / : : : :| |\ \:__: : : :\   |∨
            / : / : : : |_|  \ \: : : : : \_|ハ
.           ´ ̄了: : : :∧|   ,ィ≦沂: ,: ト、:\ :'   なんですって!?
              |:|: : : f才汽  ∨り ∨: |、:厂 : :'.  そんな!あそこには家族が!
              |:ト: : 入∨り// /`´  |: ムイ: : : : :',
              |八: |: :n‐ァ、 r‐ 、  j/|: : : : : : :│
                  〉{: ハ{ ' L ー'_// │: : : :│ :|
              | : {⌒ヽ  }了\∧-ヘ: │: :| :│
              |/´   | | ト、_∧ノv }ハ∧: :| :│
             〈  /^7 |ノ/ {o「 V /  ∨ :│
              |ヽ __/  ,}  }o}  }ハ   | : : |
              }ー{_{〈  /  / /  ノ _ノ.  | : : |
              厶 _ト、__/  / / /ー{   | : : |




○○町は、私が生まれ育った町だった。

家族は無事だろうか?妹は?友達は――?

私には皆の安否を問う暇さえ取れなかった。

    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}         もう話は聞いてるな!
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ     もうすぐこの病院に怪我をした原発職員が
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/      運び込まれる!今すぐオペの準備を始めろ!
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ


           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙  で、でもっ!
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》    ・・・はい、分かりました。
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \




――運び込まれた原発職員達の姿は・・・彼らや親族には申し訳ないが、想像を絶していた。

職業柄人の血や遺体をみなれている私でさえ、一瞬顔をそむけてしまうほどだった。

五体が満足している人の方が少なかった。


: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : |-|l―|-ヽ-: : : ヽ: : : : : : :\: :.\
: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ   
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /
r―― | | |  ″        | |       `ー-/
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /





そんな中、運ばれてくる職員の一人にどこか見覚えのある顔があった。

小学校で同じクラスだった、やらない夫という人だった。

気の毒ながら、一目見ただけでもとても助かる状態ではなかった。

  / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(ー)  
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;     ` ⌒´ノ    
.  |;;;;        }   
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ  
   /    く  

            _ _iヽ ― ―- _    __
         _,. -‐ |  |        >'::´::::::/
       /    | ∧ヽ.\    ヘ:::::::::::<´
      / /   :| |  \ヽ.___ \ \::::::ヽ
     / /   / _ -| !   \ヽ\    ヘ/\
.    / / /  |'´ / |l.     ヽ!_斗≦ |  ',<    (やらない夫くんじゃないの・・・!
   //| |   | ≠=-、、    个/:::ハ |\ ', `ヽ.   東大に入ったとは昔聞いたけど、
   "  | |   | ハ∨::::l     ト リ ! ハ \!ヽ  ヽ  あの原発の職員になってたのね・・・
.     | ト.   l∧ ヽ _!    ー′" ,ノ / |  \ ',  可哀想・・・)
.     \|: \ ヽ〉、        , イ7  /.  |   ', !
      / / ,'\ | |ヽ  _` <:〉 !/  /:l  |    | |
.     / /  ;  |ヾ ',  , イ |:| 〃 /  ∧||  ',    ',ヽ.
     / /  l  ヽ. V  | |:|〃 /  ./  ',   ハ    ヽ\




その日の仕事は、まさに修羅場だった。

いつも忙しい職場ではあったけど、息つく間もないほど仕事に追いまわされたのはあの日だけだ。

結局、家族や友人と電話で連絡が取れたのは次の日の深夜になってからだった。

              / /    /                 |
             /  /  /   / /                 |
             |  |  |   / /  / フ              |
              |  |  | | | /   τ              |   ・・・よし、柊はもう上がっていいぞ。お疲れ。
              |  | | | | |/_ ─-  τ            |   私はこれから4人目のオペを行う。
    |           | | | | イ (。@)ヽ   ノ  /⌒ヽ       ∠___
   || |             | |ノ| x ー─    ノ  //^) |        ∠___
  | | |             |ノ |  X    _(   /__ノ__ノ         ∠_____
  | | |             (|    X    |
  | | |             ヽ    X   |
  | | |              冫ーヽ  X |
  | | |              冫     x|


.          / .:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:./.:.:.:.:./│.: | ヘー┼\-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::}.:.:∨
       ∠.. ___/ .:.:.:.:.|.:.: ーl- | .:│ハ :.:|  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.: `、::_ノ.:.:.:.l
                  / .:.:l:.:.: |.:.:.:.:.:.! ∧ .:| ! '..:.j  __,\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:. |
             / .:.:.:|.:.:. |.:.:.: /ト、__\!  ∨イうヘ ̄}i\.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.| .:.:.:.:.:.│
               / .:.:.:. |.:.:. |.:.: 小゙てヘ       ∨iハ    \.:.:.:.:|\.: |.:.:.:.:.:.:. |  ――そう、とりあえずみんな無事なのね。
           / .:.:.:/|.:.:. |.:.∧!∧Vリ /// 弋::ソ      ヽ.:.:!イ ヽ|.:.:.:.:.:.:. |  よかったわ、私死ぬほど心配したんだからね!
             厶:. '´ │.:.:.∨.: |.:ハ´  '          ∠⌒∨│.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|   
                  | :/.:.:/:.:.∨:个  ,   `⌒     イ ノ こ-‐く .:.:.:.:.:. |.:.:.:.|  ・・・えぇ、えぇ。私も大丈夫よ。 
                  |/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./x-≧ ーr<}  /      ヽ .:.:.:│.:.:.|  ただ、昨日からずっと貫徹で働きづめだったから、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒Y^)  {_/ /        |:.:.:.:│.:.:.|  ちょっと寝たいかも・・・はは。




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:23:52.20 ID:wyVaQxqM0

というかこの病院、放射能は来てないのか



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 23:24:34.97 ID:GCG79syT0

来るだろな






・・・それでも、本当につらいのはそれから後だった。


           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/   おはようございます。
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i    ・・・あら?この患者の数、何なの!?
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ


.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|  あらかがみ、おはよう。
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|  ○○町の人たちがね、
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ  次々と気分が悪くなってきて運ばれてきてるの。
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l   ・・・おそらく、被爆の症状ね。
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'  まだまだこんなもんじゃないわ。もっと大勢来るはずよ。
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l




          ll //、//"'-'l .lヽ=- l
         l" /r,,,=ヽ  l/. ll .,、-l
        /、{ '"'' / '-,,< /-/
        ヽ.{  __.l  ^"'' /_ /'
  _,,_     __.{ ./'''''^',   /@/  体が熱い、溶けちまいそうだ・・・
 ''"  "'''=-'"  .ヽ'''=、/_,,=-'''''"   た、助けてくれぇ!
     l    、\ヽ''''"/ 、
 ヽ  . ヽ   l  ヽ/-< /、<
  \___,,_\  }  ヽ   __,,,..."'   ヽ、 ヽ、ヽ} > ヽ、



   y    __,,,...、 - - ‐ ‐        ノ
    { ,..-:'.:´:.:./l:.:.:.:.`:.‐.、         `ヾ
    /:.:.:.:.斗:.i l:.ト、:.:.:‐-、`:.:‐..、    、ノ
.  /:/:.l:.:.zx、!_ .l:.| ヽ:.:.lヽ:.:.l:.:.:.l:ヽ    ノ
  l/l:.:.:l:.:.戈タ ヽ!  yァ≠z、.:.:|:./ヽ / (手術待ちの人がこんなに・・・
    l:.:.:>!ヽ      弋Zタ |:.:.:j'_ノ´    いくらこの大病院だって、医者とベッドの数には
.    ヽ:l  ` 、 _   _ , イ:./       限度があるわ・・・・・あら?)
      `    , '´  ̄: : : : l/: :` ‐- 、
           i             ',




161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:28:30.26 ID:j2OYxpRm0

被爆者に対する治療なんて実験台だろjk



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:28:43.38 ID:UwaVdUxk0

直撃するとこうなる※グロ注意
p://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date93710.jpg

染色体が壊されるから細胞が自分達の設計図を失って二度と再生出来なくなるっていう





         ____  
        /     \ 
      /         \ 
    /     ─    ─ \ 
    |    .(_)  (_)  | 
      \     (__人__)  ,/ 
     ノ      ` ⌒´   \
  /´               ヽ  
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |  (この人も放射線病の患者さんね。
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |    どこかで見たことあるような・・・)
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |   「おーい柊!こっち手伝ってくれ!」
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|    あ、はい!分かりました!




――毎日が戦いだった。

病気に苦しむ患者、不安と恐怖でパニックになる患者。彼らを少しでも楽にさせようと必死だった。

中には気がふれたり、暴力をふるう患者もいた。

無理もないだろう。私は黙って仕事を続けた。

幸い自分の家族も友人も無事で、特に放射線の後遺症もなかった幸運だけが、私を支えた。


            _ _iヽ ― ―- _    __
         _,. -‐ |  |        >'::´::::::/
       /    | ∧ヽ.\    ヘ:::::::::::<´
      / /   :| |  \ヽ.___ \ \::::::ヽ
     / /   / _ -| !   \ヽ\    ヘ/\
.    / / /  |'´ / |l.     ヽ!_斗≦ |  ',<      お、落ち着いてください!
   //| |   | ≠=-、、    个/:::ハ |\ ', `ヽ.    あなたの気持ちは分かります、だから落ち着いて・・・きゃあっ!
   "  | |   | ハ∨::::l     ト リ ! ハ \!ヽ  ヽ
.     | ト.   l∧ ヽ _!/// ー′" ,ノ / |  \ ',   くっ・・・・えぇ、私は大丈夫です。
.     \|: \ ヽ〉、        , イ7  /.  |   ', !   さぁ、お注射うちましょうね?
      / / ,'\ | |ヽ  _` <:〉 !/  /:l  |    | |




国の偉い人って、いつだってえばり散らして他人事のようだ。

私は常々そう思っていたが、実際に会ってますますその念を強めた。

彼らは被害者訪問だといいながら、上から目線で形式の言葉だけ述べて去っていく。

             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}  ・・・えぇ、えぇ、それは大変でしたね。
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   我々はこれからもあなた達のために
           |/ _;__,、ヽ..::/l    早急に対策を取りますので。それでは。
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、


      、z=ニ三三ニヽ、
     ,,{{彡ニ三ニ三ニミヽ
     }仆ソ'`´''ーー'''""`ヾミi
     lミ{   ニ == 二   lミ|   つらかっただろうな、俺たちが何とかするからがんばりな!   
.     {ミ| , =、、 ,.=-、 ljハ  
     {t! ィ・=  r・=,  !3l   さーて、急いで米国大使の接待にいかなきゃな。 
      `!、 , イ_ _ヘ    l‐'   あーあ、病院ってのはやっぱ臭いなぁおい。
       Y { r=、__ ` j ハ─  この後せっかく飯食うのにまずくなっちまう。
  r‐、 /)へ、`ニニ´ .イ /ヽ
  } i/ //) `ー‐´‐rく  |ヽ




この事故は誰の責任か?言い換えれば、誰が被害者に賠償金を支払うか?

権力者達はお互い責任を押し付け合い、どんどん話はうやむやになってしまった。

裁判につぐ裁判が続き、いつまでたっても被害者への救いの手は誰も差し伸べなかった。


::::::/: : : : :./.:.:.:/: : : : : : :/: :./   ∨:.l: : : : : : l: : : :.∧\:.:. !
イ.:.:. : : : : /.:.:.:X : : : : ; イ: :/     i: :|ヽ: : : : : !: : : : :ハ. \!
.:|.:.:. : : : :/:.:.:;〃:\:/ ./: /      |: |/∨: : :.| : :.i: : :ハ
/!:.:. : : : i:.:.// : : /\//      ,イ:j  .!: : : :!: : :!:. : : i
.:.|.:. : : : |.://: :/   /\ ノ   / |/   !: : : l:. : i: : : : |
'´l:. : : : |/テ≠==xミ、      z==== |: : :.;!.:.:∧: : : l
. !:. : : :!:/ ()               ()      /|: : /.:.:/ i: : :,'   何よあいつら!
  l: : : :|  ---――       ー--  / !:./.:.;イ   !: /   仕事の邪魔以外の何者でもないわ!
ヽ._',: : :|                     i_ノl/!:./:.|  |/    憎ったらしいわね!
:.:. :.ヘ: :j、   / `ヽ __ `       }:.:|.:.:|/:.:.j
:.:.:. : :ヽ!:ヘ>、{ `ー-  __   ̄7   _,.. イ:.:.l:.:.:.:.:.:.:!
\:.:.:. : : :.∨:::`r 、_____,.ノ-‐'| |:|`i、!:.:.:|:.:..:.:.:.:|
\:\:.:. : : ∨::::ヘ   / |:::::::::::::::! !::! !::|、:.:!:.:.:.:.:.:.|




――患者の人たちは悲愴だった。それに、孤独だった。

被害者の家族や友人は、放射線を恐れて見舞いに来ないケースがとても多かった。

たった一人で肉体的苦痛、いつ死ぬか分からない恐怖と戦わなければならなかった。


          !  ::l :::`ヽ  l ::/! :! :::l    ::::::::! :::::::/l ::::::ト、 三三 ::::::::.
       l ∧ ::! /l/ \_l/ ! l  :::ヽ   ::::::::l :::::/::! :::::l_ノヽニ三 :::::::::.
        l l ∧::l∧ f升ミヽ!   、ヽ  ::::\  _/!__/ ::l ::::l:::|:::::ヽ三 ::::::::::
        l l !::!ヽ!::l  k._j !    ヽ\`二¨ヽ::/ ! /!`/ ::::l::::!:. :::::!ニ :::::::::::
       l ! !:l l::::l  ゞ ソ        ´ 兀j`ヾ、j/::l:/   :::!::::l__/三 ::::::::::
       l ! !:l !::::!     ,     rf_丿 ハj :::〃  .:/_j::|三Ξ :::::::::  308号室の患者、今夜が峠ね・・・
      /ヽ!:l !::∧           ゞ ン   // :  .:∧:::!:|::l三Ξ ::::::::  
     /  ∧! l::l∧ヽ    、         ..::::/ .:  .:/ノ!::!::!::l三ニ ::::::  かわいそうよね、誰にも看取られずに
   /  、_/ ヽl:::!ニl :::\   `      ..:::::::/ .:: /.:::::|::l:::!_jΞ・:::::  死んでいくなんて・・・
  /         :lヽ!ニ.!:::/ニヽ、   _.. -‐/..::://.::. :/!_j三三 ・::::
. /          .::!三ニj/ニ/.:   ̄厂::::::::::::/..::::イニ/ .:/.三三三 ; ::::


       ∠.. ___/ .:.:.:.:.|.:.: ーl- | .:│ハ :.:|  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.: `、::_ノ.:.:.:.l
                  / .:.:l:.:.: |.:.:.:.:.:.! ∧ .:| ! '..:.j  __,\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:. |
             / .:.:.:|.:.:. |.:.:.: /ト、__\!  ∨イうヘ ̄}i\.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.| .:.:.:.:.:.│
               / .:.:.:. |.:.:. |.:.: 小゙てヘ       ∨iハ    \.:.:.:.:|\.: |.:.:.:.:.:.:. |
           / .:.:.:/|.:.:. |.:.∧!∧Vリ /// 弋::ソ      ヽ.:.:!イ ヽ|.:.:.:.:.:.:. |  せめて私たちだけでも、
             厶:. '´ │.:.:.∨.: |.:ハ´  '          ∠⌒∨│.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|  傍にいてあげようか・・・?
                  | :/.:.:/:.:.∨:个  ,   `⌒     イ ノ こ-‐く .:.:.:.:.:. |.:.:.:.|
                  |/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./x-≧ ーr<}  /      ヽ .:.:.:│.:.:.|
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒Y^)  {_/ /        |:.:.:.:│.:.:.|



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 23:37:36.99 ID:CBaLdj280

被爆って距離が近ければ完全な屋内にいてもなるもんなのか?



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:42:33.16 ID:cEu8QN85O

なるはず。原子力潜水で事故を起こした職員の息子が放射能中毒で死んだ事があった



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:43:52.15 ID:Un17L3UQ0

放射線は普通の家の壁ぐらいなら余裕で透過する。







患者の中に一人、ずっと植物状態で意識の戻らない患者がいた。

後で気づいたのだが、それはニュー即でやる夫という私の小学校の頃の同級生だった。

風の噂で中学校に行かず、引きこもりになっていたとは聞いていたが、再会は小学校以来だった。

彼には身寄りの家族もなく、誰も見舞いにこなかった。

         ____  
        /     \ 
      /         \ 
    /     ─    ─ \ 
    |    .(_)  (_)  | 
      \     (__人__)  ,/ 
     ノ      ` ⌒´   \
  /´               ヽ  
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




ノイローゼ状態の患者や暴力をふるう患者に比べ、言ってしまえば楽といえば楽な患者だった。

ある意味、彼の検診や世話の時は休憩時間のようなものだった。

         ____  
        /     \ 
      /         \ 
    /     ─    ─ \ 
    |     .(_)  (_)  |  ・・・・・
      \     (__人__)  ,/ 
     ノ      ` ⌒´   \
  /´               ヽ  
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l (笑ってるわ、この人・・・
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|     身体は放射線でもうボロボロなのに・・・
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|  どんな夢見てるのかしら?)
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l >


――長い長い時間が過ぎた。私はロクに友達や家族と会う機会や恋愛をする事もなく、毎日ひたすら働いた。

裁判もやっと決着が付き、国が被害者に賠償金を支払う事となった。

しかし、十年以上もの時が過ぎ去った今、それが彼らに対する救いとなり得るのだろうか?



――ある日、心の底で恐れていた事がついに現実となってしまった。



            _ _iヽ ― ―- _    __
         _,. -‐ |  |        >'::´::::::/
       /    | ∧ヽ.\    ヘ:::::::::::<´
      / /   :| |  \ヽ.___ \ \::::::ヽ 
     / /   / _ -| !   \ヽ\    ヘ/\    そんなっ!?
.    / / /  |'´ / |l.     ヽ!_斗≦ |  ',<     それって、つまり――
   //| |   | ≠=-、、    个/:::ハ |\ ', `ヽ.
   "  | |   | ハ∨::::l     ト リ ! ハ \!ヽ  ヽ
.     | ト.   l∧ ヽ _!    ー′" ,ノ / |  \ ',
.     \|: \ ヽ〉、        , イ7  /.  |   ', !
      / / ,'\ | |ヽ  _` <:〉 !/  /:l  |    | |



     ___lヾ 、|ヽ_
    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ     放射線による急性骨髄性白血病――
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/      つまり、君も被爆してしまったと言うことだ。
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-     被害者たちにあまりにも長く接しすぎたんだ・・・
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ
  く::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ヽ::::::::::::,、´__
  _ ,、>、::::::::::::::ヽfニニヽ-ニフ}:::<:::::::::`ヽ
/::::::::::::::>:::::::::::::ヽヽ_/イト_ノノ:::::::::``丶::::}


             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | Ⅳ |:「ヽ}   !
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:47:33.47 ID:wyVaQxqM0

これは理不尽すぎる…………


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 23:55:28.17 ID:wyVaQxqM0

くそー
なんて展開だ






私が死ぬ・・・?どうして?何で私がこんな目に・・・?

絶望と言いようのない恐怖が私の中を駆け巡った。

私はナースとしてこの病院に長く勤め、貢献してきた。

どうして私が苦しみながら死なないといけないのだろう?


   /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   / /   |: ,: : /: : : :/: : : : : i: : : : //ハ: : : : : : : :
    / l   1: /!: : : / /: : : ://: : :/ノ ノィ: : : : : : :
   ,|  | |  |':.:|≧: . |:/:/:/_仁ィ:≦Zz/ィ: . r‐、: :
    | | |!  |!:.|ゞセl:.:ト;イ/ラ人 ゞ仍;j  /ィ::/ う l: :   院長。
   || |l |l  |:.:| ̄´|:l /  キ   ̄´、  /: | 仆 |: :   看護師の柊のことですが・・・
    |ヽト ||, |::|   ソ     キ    /: : | .レ /: :
    |: : ', |:', '!  /       キ r‐1: : :─ '"´: :
     |: : ヾ: ', ト,  ヽ-‐ 、     ヾ!: : : : : : : : : : : :
    '´: : : : : :.ヽ!\   ー─‐─   ハ: : : : : : : : : :.:
   : : : : : : : : : : : : \ ´ ̄ ` 、, <|::|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : : : <`ー ≦:::::\: :.|: : : : : : : : : :



               __=`ヾヽ/〃‐=__
               彡          ミ
              Z /⌒''ー''"´⌒ヽ  ミ     
                _〃 ヽ、.__ /⌒  __l  l     
               |l \ヾー一 //´ l.  |
                 l' _ヽ` ̄´∠ __ |j 〉__ l   何じゃと!?また看護師が被爆しただと! 
             {.ヾ ̄o>                  i `三.( l! )ミ.三彡e,,| Fリ |    やむを得ん、連盟に連絡して一刻も早く
           ヾヽ|.e~( l! " )ヽ三.シ/リ‐′ ゝ     新しい看護師をよこさせるのじゃ!
               >、 ̄`_>r<_ ̄´_ <メ||`ヽ、_ ゝ     若くていくら働かせても平気な奴をな!
            7 |l工LLl⊥LLl工Lン´タ|l::::::::|... ̄ ``'' ‐-  
          _Z..|ltゝェェェェェェェェタ/.||::::::::|::::::::::::::::::::::::  まったく、このままでは営業利益が
   /⌒l´\ ̄.......::::::| ヽ、~ ≡ 。U u /ll/|::::::::|:::::::::::::::::::::::   隣の市の病院に負けてしまうではないか!
 / /⌒l、._):::::::::::::::|1 lll  ̄「「 ̄「「 ll / |::::::::|:::::::::,(⌒ヽ:::   予算の組み直しじゃわい!
.(  u /⌒l::::::::::::::::::::|::1 lll lll ll lll / /|::::::::|::::/(´\ \
 ヾヽ /⌒l:::::::::::::::::::::|::::Vl lll ll lll/ 〃|::::::::|::(._,(´\uヽ  )
  ヽ u イ ノ::::::::::::::::::::::|::::::| !ルリw,/   〃 |::::::::|::::::( \ ヽ  /


             /  /  /   / /                 |
             |  |  |   / /  / フ              |
              |  |  | | | /   τ              |
              |  | | | | |/_ ─-  τ            |   ・・・・・
    |           | | | | イ (。@)ヽ   ノ  /⌒ヽ       ∠___
   || |             | |ノ| x ー─    ノ  //^) |        ∠___
  | | |             |ノ |  X    _(   /__ノ__ノ         ∠_____
  | | |             (|    X    |
  | | |             ヽ    X   |
  | | |              冫ーヽ  X |
  | | |              冫     x|




私はもう自暴自棄だった。無断欠勤が何日も続いた。もっとも、上司や同僚は私を気遣って何も言わなかったが。

生きることが苦痛だった。毎日布団の中で震えながら泣き続けるだけだった。

やがて涙も枯れた時、病院をやめるため辞表を出すことを決めた。


.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:/ __,.才´i             `ーl.:.:'r 、, _ \.:.:.:.:.:.:.:.i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ L;.:.-‐:.7´   |:.:l             l.:.:l    `¨ヽー- ⊥_l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ'´|.:.:.:.:.:.:/     .|.:.l             l:.:!      ヽ.:.:.:.:.:l. l`:ー.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  |.:.:.:.:./     |.:!              l.:}       ∨.:.:.:l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   」:.:.:./ ̄゛二二|ナヽ           -‐レ'¨_ 二二ニ ,ェヤ=寸ヲ,l.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:/ラ三_F_テニヱエエニミェ、           ,zェニ斗-‐f┴¬弋.斗7 l.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.
:.:.:.:.:.:.:.:l ムィ'´ |:/  __,ノ:::::::::::::Y             i..-一T'":::::::::::::::∧,イ  l.:.:.:.:.:.:.:l:.:.
:.:.:.:.:.:.:/  \ lム./:::/| ::::::::/K:i /  /  /  / |::::::/l:::::::::lヽ::::::/ X|  ,l.:.:.:.:.:.::l:.:.
.:.:.:.:.:.:,'ヽ    ∨..._l ゝ:::イ ノ,(´)  /  /  /  (`)ム、ゝ:::イノ::::メ_....、 / l.:.:.:.:.:.:l.:.:.
.:.:.:.:.:.l  O o (´   ,>-‐ i' ´    /  /  /  /  /  `i`''ー-(    )O ,l〇.:.:l:.:.:.
.:.:.:.:. lヽ 丶  `¨´  /  /  /  /  /  /  / i    `i¨´ l  l l.:.:.:./:.:.:.
.:.:.:.:.:l  `l ',   i     i          '          i     i  l 丿.l.:./:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:l  ゝ、',  i     i                      i     i   !   ,l/.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.: l、_   l  i     i        ___        i     i  l__, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.
ヽ:.:.:l.:l ,>ー┤  !      !    ,ィ'´ ̄      ̄`ヽ、    i     i / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:\l:.l| : : : : ゝ、i     i    (  _,. -‐‐-- 、_,ノ ノ       i,ィ'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.l|: : : : : : :>、,    i   ヽ `´               i   , < /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :/: : : >、, i                   _,i イ´: : : : `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : /: : : : /: : : : `>ー- 、______,.  ィ' ´: : : : : : |: : : : : : : : : \.:.:.:.:.:.:.:.:.




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ'"~~"'丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,i' ::::    ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! :::: :::.....   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,-~""";;;'''-;;;;__::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::: ::  ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,.,;.,~-ー''''~ ̄:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーー'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
''''-,,、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-ー'""::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;´""'';,, ,,,`,-;;ー,,,,,__,;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''''-ー''"""''-ーー''~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





              / /    /                 |
             /  /  /   / /                 |
             |  |  |   / /  / フ              |
              |  |  | | | /   τ              |    ――分かった。辞表、確かに受け取ったぞ。
              |  | | | | |/_ ─-  τ            |    柊・・・すまなかった。
    |           | | | | イ (。@)ヽ   ノ  /⌒ヽ       ∠___
   || |             | |ノ| x ー─    ノ  //^) |        ∠___
  | | |             |ノ |  X    _(   /__ノ__ノ         ∠_____
  | | |             (|    X    |
  | | |             ヽ    X   |
  | | |              冫ーヽ  X |
  | | |              冫     x|
   )| |          /⌒ ─────-



    { ,..-:'.:´:.:./l:.:.:.:.`:.‐.、         `ヾ
    /:.:.:.:.斗:.i l:.ト、:.:.:‐-、`:.:‐..、    、ノ
.  /:/:.l:.:.zx、!_ .l:.| ヽ:.:.lヽ:.:.l:.:.:.l:ヽ    ノ
  l/l:.:.:l:.:.戈タ ヽ!  yァ≠z、.:.:|:./ヽ /
    l:.:.:>!ヽ      弋Zタ |:.:.:j'_ノ´   先生が謝る事ではありません。
.    ヽ:l  ` 、 _   _ , イ:./      今まで御世話になりました・・・さようなら。
      `    , '´  ̄: : : : l/: :` ‐- 、




帰る途中、生まれたばかりの新生児達が眠っている特別保育室を通りかかった途中、不審な人影を見た。

こんな夜中に電気もつけずに特別保育室の中にいるなんて、誰だろう?

思わず物影から様子をうかがっていると、それは私の担当だった妊婦で出産を終えたばかりの、桂言葉という女性だった。

彼女もかつて○○町の住人であり、どうやら生まれてきた赤ん坊が重度の障害を持っているらしいという事は聞いていた。


三三三三三三;;;;}!    /     .:/  .:::} : ..:}   \:ヽ::\::::∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三 ;;;;l    〃    .::/  .:::;イ .::! .:::!     }::::ヽ.:::ヽ:∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;}!  /..:/ .:/  :,'::. .::::/│:::| ::::|     |:::::::', .:::l:::::V;;;;;;三三三三三三三
三三 三三三三;;;;;', /:::/  .::!  .:l::. :::/  |:::::|::::リ ――j‐:::ハ¬:::::::Y;;;;;;三三三三三三三
三三三 三三三;;;;;;∨:::,'  :::| .:::|l .:!:/:_/:::/!::,'  ァ-z=≠く |::::j::|:::::}!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三 三三;;;;;V .:::|  .:::| .::斗::七-‐// j:/   汀!l{:::::::ハ㍉:l::|::::::{!;;;;;;;三三三三三三三   ぶつぶつ・・・
三三三三三三;;;;;;;l|::::::|  .:::|.::::: |Ⅵzf斥  /     V廴_ノij }::!l|::::::|{!;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;;}!:::::| | :::l::::::::| ,イ!{::::::ハ       ゞ-=≠ Ⅵ:|::::::i};;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;八 :::l:ハ ::',::::: |{代廴.ノij       ;.;;;;;;; ';; l|::::∧;;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三三;;;;;ヘ:::l ::\::ヽ::::\ ゞ'"¨    ::}     ;∴;;::', ハ/ .::ヾ、;;;;;;;;三三三三三三三
三 三三三三三三;;;;;;;ヘ:', :::::`ト::::\:ニ=-             ;,;・;'/`| ::: :::\;;;;;;;;三三三三三三
三三 三 三三三三三;;;;;\ \| :::ヾ、_:>  ,..,   -‥     ,';;"イ:::::| ::: ::::::::lヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三 三 三三三三三三;;;;}!\|_ ::| ::::::\ ,:';.       _∠⊥; 」 ::: ::::::::|::::{!;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;{| ::::l ..::| :::::::::::|>'゚、 __, -==≦-=: : : :|::::|:: ::::::l:|:::::ヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;i!;;:::|..::,' .::::::::: |⌒\/ ̄; : : : : : : : : : : :│::|:: ::: ::l:|::::;;;;;;}!;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;l{::|::/ :::::::::::| : :厂: : : : : : : : : -――: :│::|:: ::::::八:::;;;;;j!;;;;;;;;三三三三三
三三三三三 三三三三;;;;;;;;;;;}!|  ;:::::::::::|: : |: : : : : : : / : : : : : : : : |::::|:: :::::l::::::\シ;;;;;;;;;;三三三三三



           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/    !?あの人、赤ん坊をすり替えようとしてる!?
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i     いけない、止めないと!
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \



                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |    !あなたは看護師さん!?
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|    いや!どうかはなしてください!
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.// 
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ 
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |




彼女はなんと生んだばかりの自分の赤ん坊を、他の人の赤ん坊とすり替えようとしていたのだ。

私はとりあえず彼女を落ち着かせ、話を聞いた。彼女が言うにはこうだ。

彼女の赤ん坊はその障害ゆえに、一年も生きられないという事らしい。

彼女は他に家族もなく、また一人になってしまう事が怖くなり、気がついたらこのような事をしていたらしい。


       /::l i ::/ ::/  ::           ` 、
       /::ル:|/ ::/  ::ム /           \
       !::| .V ::/ :://               .',
       |::V__l/:V            ::ハWハ ハ
.       `T.T~| ::/          ,::∧ ::|   |  :|
.        | | ::| /     /'  ::/| :/ | :i    |  :|   うっうっ・・・・
          | l ::/ :: ´ :λ  ::/│:/  j /'ー- 、,| :|::|   相手の男の人は私が妊娠したことを知ると
        rL / ::/    :} { ::/,,.イ:/  //  r'テi`|:メ :|   すぐに行方をくらましてしまって・・・
       _rく\ト ::/ ::i :::| |::に勹:/、 // イ:::::lミ l/ :|




    イ:ノ rヘヽト、 :: ::/1 ::l |':{::::::}リ  /   {i ::ノ イ |    赤ちゃんだけを心の支えにして生きていこうと
   / ::iハ \ヽトv ≠ノ ::/ レ'!;;::У /    .~'~ / :/    思ったのに・・・・
  l :i l ::ヘ  ヽ:: :: ̄  ;/ :/~`      ´    ,' ;:/ `ヽ
  |::i | ::ハ . >- -,イ' .ヽ、     ー‐   イ ;:イl   ',
  |i :ト! :| ::ハ   ,' //     > 、 __   イ:! ;:/ リ   i




私は必死になって彼女を説得した。

自分自身長くない命なのに、私はその不幸な赤ん坊が少しでも幸せになってほしいと願った。

何分も何十分も、私は無我夢中で言葉を続けた。


           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i  
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \




=三≪: : : :. :/     /   ,イ: i |   ||  ≪三三三三三三三
=三三|!: :. ://  ,'   ,'   / | i |   || i   }}三三三三三三=
=三三》: : /,'   i:   i   / | /| :! _ -ーi─'Ti :| !勹}三三三三三三
.三三《 : :i i :  |  i: _厶‐ナ i/  ,rァ≠=≪| | 《三三三三三三=
=三三{{: :| | i   | イ´/___/  ,′   |   .〉 | |  ̄》三三三三三
=三三{{: :| | l      jf'' ̄〈`       !__/ | |  :}《三三三三三=
=三三㍉!| |    \,八   }            ;, jノ| i/ ㍉三三三三三
=三三三》 i ヽ.   \ゝイ´   、    '"'"   j/|   ㌧三三三三   うっうっ・・・・
=三三三㍉   \   \     __     ,,;;'' /|     《三三三=   せっかく生まれたのにすぐ死ぬなんて、
三三三三㌧\.  |\-=≦      ´    '" イ | i   | }}三三三   赤ちゃんが不憫すぎます・・・!
三三三三三}}: :\| |   \、 ;,     __..∠r┴-| i   | ii三三三
=三三三三三㍉: :| |   |┴ミ>'´ ̄       _| |   ト、 う)三三   この子、何のために生まれてきたの・・・?
=三三三三三三}_j : |i  :| /     _ -=  ̄ | |   | 《三三三
:=三三三三三三《 ,リ   ! |     /       | |   |  》三三三
:三三三三三三三≫   | |   /     -=.ニ二|ノ   |  ㍉三三=


       ___
     /ノへゝ     
     | \´-`)ゝ  
     \__ ̄ ̄ヾ.   
      \__/




何も知らずに、赤ちゃんはスヤスヤ眠っている。

放射線の影響で体が異様に小さく、両手足もない赤ん坊だった。

それでも赤ちゃんはこの世に生まれ落ちた。

耳をすませば、赤ちゃんの息吹が聞こえてくるようだった。

       ___
     /ノへゝ     
     | \´-`)ゝ  
     \__ ̄ ̄ヾ.   
      \__/




私にはその赤ん坊がどうしても他人とは思えなかった。

無慈悲な放射線の暴力に侵されながらも産まれることをあきらめなかった赤ちゃん。

小さいながらも命の炎を燃やす赤ちゃんに、いつしか私は自分を重ねた。

私は、気がついたら桂さんよりも大きな声で泣いていた。

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:/ __,.才´i             `ーl.:.:'r 、, _ \.:.:.:.:.:.:.:.i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ L;.:.-‐:.7´   |:.:l             l.:.:l    `¨ヽー- ⊥_l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ'´|.:.:.:.:.:.:/     .|.:.l             l:.:!      ヽ.:.:.:.:.:l. l`:ー.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  |.:.:.:.:./     |.:!              l.:}       ∨.:.:.:l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   」:.:.:./ ̄゛二二|ナヽ           -‐レ'¨_ 二二ニ ,ェヤ=寸ヲ,l.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:/ラ三_F_テニヱエエニミェ、           ,zェニ斗-‐f┴¬弋.斗7 l.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.
:.:.:.:.:.:.:.:l ムィ'´ |:/  __,ノ:::::::::::::Y             i..-一T'":::::::::::::::∧,イ  l.:.:.:.:.:.:.:l:.:.
:.:.:.:.:.:.:/  \ lム./:::/| ::::::::/K:i /  /  /  / |::::::/l:::::::::lヽ::::::/ X|  ,l.:.:.:.:.:.::l:.:.
.:.:.:.:.:.:,'ヽ    ∨..._l ゝ:::イ ノ,(´)  /  /  /  (`)ム、ゝ:::イノ::::メ_....、 / l.:.:.:.:.:.:l.:.:.
.:.:.:.:.:.l  O o (´   ,>-‐ i' ´    /  /  /  /  /  `i`''ー-(    )O ,l〇.:.:l:.:.:.  うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!
.:.:.:.:. lヽ 丶  `¨´  /  /  /  /  /  /  / i    `i¨´ l  l l.:.:.:./:.:.:.
.:.:.:.:.:l  `l ',   i     i          '          i     i  l 丿.l.:./:.:.:.:.:   わぁぁぁぁぁぁぁん!!
.:.:.:.:.:l  ゝ、',  i     i                      i     i   !   ,l/.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.: l、_   l  i     i        ___        i     i  l__, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.
ヽ:.:.:l.:l ,>ー┤  !      !    ,ィ'´ ̄      ̄`ヽ、    i     i / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:\l:.l| : : : : ゝ、i     i    (  _,. -‐‐-- 、_,ノ ノ       i,ィ'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.l|: : : : : : :>、,    i   ヽ `´               i   , < /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :/: : : >、, i                   _,i イ´: : : : `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : /: : : : /: : : : `>ー- 、______,.  ィ' ´: : : : : : |: : : : : : : : : \.:.:.:.:.:.:.:.:.




――次の日、私は決意をした。

たとえ明日死ぬかもしれない身であろうとも、身体が動くかぎり仕事を続けようと。

辞表を取り下げ、院長に頭を下げ引き続き被爆者たちの看護を続けた。


    { ,..-:'.:´:.:./l:.:.:.:.`:.‐.、         `ヾ
    /:.:.:.:.斗:.i l:.ト、:.:.:‐-、`:.:‐..、    、ノ
.  /:/:.l:.:.zx、!_ .l:.| ヽ:.:.lヽ:.:.l:.:.:.l:ヽ    ノ
  l/l:.:.:l:.:.戈タ ヽ!  yァ≠z、.:.:|:./ヽ /  はい、今日も検診のお時間ですよ。
    l:.:.:>!ヽ      弋Zタ |:.:.:j'_ノ´
.    ヽ:l  ` 、 _   _ , イ:./       ・・・あらごめんなさい。体温計を落としちゃったわ。
      `    , '´  ̄: : : : l/: :` ‐- 、



            〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ
           /イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j
           / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉
            { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'
           ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//   いいっていいって!俺が拾うから!
                l     ヽ           ∧ /    よいしょっと・・・
                ヽ             / Y_
                 丶   rz=ニつ    ,イ  }八 __   いつもすまねえなあ、ナースさん。
                   \   ‐    /   /  〉 \
                    \    /    /  /   ヽ_
                     >ーく    /   /     | `ヽ



患者さん達は、私に優しくしてくれた。

私も被爆させたことへの罪悪感だろうか?それとも、同じ境遇の者への親しみだろうか?

しかし昔は忙しいだけで大変だった検診の時間も、今はつらくなかった。

むしろ、どこか幸せな気持ちさえした。彼らも、昔と比べてどことなく明るく生き生きしていた。

あの日以来辛く大変な毎日だったが、初めて心の底から安らげる時間をすごせた。

      ..イ丿 /、     │ヽ、   1〈1    ′   ┤
     - │ ,,l)' ` 'く 丶   ヽ、 │゙┐    、    l‐  聞いてくれよナースさん!
      ,'f../j│ " liitと !,,__ _..=-‐‐l''''十    ′ ./ ∧  俺、今日も食事残さないで最後まで食えたぜ!
       ||(Y'∟  " 丿``゙l゙   "゙聿ル、  ./ _/./ l'、
       / |l l〕`''''''''"    '、     〉  ,,ィ rj⊥丿 ''{'、
       '´ ! │        ゙''ー---‐'| ..‐ ゞ丶 /ト   ′
        !’ l 、   ‐-       ‐´ 丿..r ..' '1
        `  ゙l{ゝ  ''‐r--_......     ..r ' 丿 ′
           ! "∟        _....ylll〉/l/
             `ゝ、_,,......-‐' ̄" ..〃..〔、


        l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.
         V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!   なあナースさん。
        | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   昨日のテレビ番組見た?
         | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:./    すっごく可笑しくてさ!
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/    俺、傷口開くかと思うぐらい笑っちゃったよ!
         l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′



そして数年がたち、私もついに倒れた。私もとうとう天に昇る時が来た。

怖くないと言えば嘘だが、不安ではなかった。

つかさや家族のみんな、友達もたくさん見守ってくれていたから。

今までずっと働きづめでつらい事ばかりの人生だったが、きっとこんな人生でもよかったんだ。

さようなら、みんな。

最後に、もう一度だけこなたやみんなと遊びたかったかな・・・

      ヽ、ー----------イヽ---
        _,.>‐: : : : : : : : : {: : : : : : : :.`ヽ
     / ;: : : : : :/: : :./: : /l: : : : 、: : : : ヽ:\
    /:ィ´: : : : :./: : : /: :./ !:.:.ト、: :\: : : :.\}ミヽ、
   ///: : :/: : :/: :.:.;.ィ: :./  l: :.| ヽ: :.ヽ: : :ヽ:\:::::::\
    /: : :/: : : l: : :/ !:./  |: 十‐弋⌒ト: : : :i:.:.:|::\::::}
.   /: :.ィ:.!:. : :.:|:''7⌒|:.l   l:.:.:{   \:|: : : : ト、:{::::::::Y
   l: :./{ :| : : : |:./  l/   \ヽ   \:. :.:.:|:.トゝ:::::::〉
   |:.∧| :!: : :/l/   、       ヽ,. -   ヽ :.:|/:::::::/
   l/  !:.| : ∧  ==ミ       ≠⌒ミ ∧: |- イ
       |: l: :.lハ          ,         {r }:}: : :|
       ヽハ:.ト、_} :::::::   r―‐┐ ::::::: /_ノ|/!: : |
       |: ヽ!: : ゝ、     `ー-‐'     ,.ィ : : : : !: : |
       |: :l: : : : : :|>- .,_    ,.. <´ |: : : ::.:.!: : |
       |: :l:.!: : : : :l__,ノ:.:r'`¨¨´{.i:.:.└-



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 00:17:34.12 ID:8yyttSIa0

かがみん。・゚・(ノД`)・゚・。


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 00:18:35.26 ID:84BbgvV30

(´;Ω;`)ウッ





――やる夫が植物状態から意識を取り戻したのは、かがみが息を引き取った翌日だった――


         ____  
        /     \ 
      /         \ 
    /     ─    ─ \ 
    |     .(●)  (●)  |
      \     (__人__)  ,/   
     ノ      ` ⌒´   \
  /´               ヽ  
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |  
            (__人__)      |  ――余談だが、かがみは後に看護師の鑑だとして
            l` ⌒´    |   医師連盟から表彰を授かったらしい。
            {         |  
            {       /    ・・・ま、死んだ人間が賞をどれだけありがたがるかは知らんが。    
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;




               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ─)( ─)  |  
             (__人__)     |  さて、ついにあのロクデナシが目覚めたわけだ。
            l` ⌒´     |  最後に見てもらうのは、やる夫の話だ。
            {         |    
            {       /     
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i



                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\      _,,
               | ( ●) (●) |     l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    あいつは目が覚めて退院した。
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   しかしあいつは国からもらった賠償金で家は買わなかった。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   ホテル暮らしを続け、何かを計画しているようだ。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,  
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,   そして某日、とある決意を胸にタクシーを捕まえるんだが――
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、


第三話「The Great Gig in the Sky」
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| 16:43 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫短編集

|

<< やる夫の狂気 ~The Dark Side of the Moon~ 第三話「The Great Gig in the Sky」 | HOME | やる夫の狂気 ~The Dark Side of the Moon~ 第一話「Money」 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ