やる夫短編集&モララーのビデオ棚 (,,`д`)<とっても!地獄編 できる夫で読む三島由紀夫 AA絵本 「金閣寺」 ~500レスまで

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →https://mukankei7696151.blog.fc2.com/

やる夫短編集&モララーのビデオ棚 阿修羅編 →http://mukankei151.blog47.fc2.com/

やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編 →http://mukankei769.blog114.fc2.com/

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/07/04(土) できる夫で読む三島由紀夫 AA絵本 「金閣寺」 ~500レスまで

カテゴリー:できる夫で読む三島由紀夫 AA絵本 「金閣寺」


できる夫で読む三島由紀夫 AA絵本 「金閣寺」の記事一覧


421 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:39:51 ID:kc1DuEPI
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...    ―‐葬列がもう一二丁で焼場へ着くというとき、
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册    私たちは突然の雨に会った。
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册    折りよく気の良い壇家の前だったので、
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册    柩もろとも雨宿りすることができた。
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.   雨は止むけしきがなかった。
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨     葬列は前へ進まねばならなかった。
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬

422 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:40:11 ID:kc1DuEPI

_________i____________|
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.i;.;|      |       i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.l;.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;_____.;.;.;.;.; . |
.;.;.;.;.;.;.;.i;.;┌─┐.;.;.;.;.;.;.;.;.;.i;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;| __ .|.;.;.;.;.; ; |            | そこで一同の雨具が整えられ、
.;.;.;i.;.;;.;l.;.;│  │.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.i;.;.;.;.;.;| |   | |.;.;.;.;.; . |    !         柩は油紙で覆われて焼場へ運ばれた。
.;.;.;.;.;.;.;.;i.;└─┘.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.i;.;.;.;.;.;.;.;|  ̄ ̄ .|.;.;.;.;.; ; |
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l.;.;|..    |.;.;.;.;.;:;: |       |      そこは村の東南へ突き出た岬の根方の、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''""""'''""""'''""""'''石だらけの小さな浜である。
                 ..l  ..|   ::'' ;,    |      ::'' ;,!
     ::'|' ;,                     ::'' ;,             そこで焼く煙は村のほうへひろがらないので、
                                i        :|:'' ;, 昔からそこが焼場に使われて来たものらしい。
        |    !                l
|    !                     ::'' ;,
                   |               l        l
         |    ::'' ;,            !i     ::'' ;,       ::'' ;,
     ::!'' ;,          !
                     |      ::'' ;,         |
            |                                ::'' ;

423 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:41:01 ID:kc1DuEPI

                       。  。
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ  ザッパーン
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ              その磯の波は格別荒い。
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . 波が動揺しながらふくらんで砕けようとするあいだにも、
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . その不安な水面は、間断なく雨に刺されている。
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。

424 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:42:09 ID:kc1DuEPI

     !       !       !  !
:  !   !  !     !: l   !   |  ! !!:! !!
   !       !       !  !
   ! :l        !! : !!  ! !    :  !
 !   ! !: !  !  ! !  !    |!    !| ! ! !      光のない雨はただならぬ海面を、
:  !   !  !     !: l   !  |   ! ! |!:! !!     冷静に刺し貫いているだけである。
    !   |    !  : :   ! | !! ! |!! :
!    :l  !| : !  ! !: ! !  !! ! !  ! ! ! !
   ! | |! !|! |: : ! !!  | !:|! |! | |! !  ! |  ! |!:
:  !   ! ! |   !: l   | !   ! !   !:! ! !l  !| !
! :l  !! :   |  !! ! |! |!! !! |   ! ! : !| !!!
: ! !! | !:    | |! | |!  !! | ! |!  :|! !! |! ! !!
:  !   |! ! |  !: l   !   ! !!:! !! |! |!! !!
! :l  !! | !! | ! : ! !!!: ! !  !! ! |!  ! ! ! !
! | |! !!! : : ! |!!  !:|! |! |  |! !    !| | ! |!:|! !!
!| |! !|::   !  :!  !:l ! !! !! | !  !! ! |  ! :| :  !!
 |:!: !  !| |i| ! | : :|! !! : : ! !! !!  | !!
 !| |!| |! !| :  |: |: :  : l:! ! | ! !| ! !! | ! !

425 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:42:30 ID:kc1DuEPI

 \  丶 丶ヾ丶 \ヾ丶 丶 丶 丶\ 丶 丶 \丶 丶 \ 丶ヽ
\vヽ丶 \ 丶 \ヽ  ヽ 丶\ ヽ 丶 \ヾ 丶ヽゝヾ 、丶 、
ヽ 丶 ヽ ヾ丶ヽ  ヾヽ、丶\ 、 丶、 \.、ヾ ヽ゚ ゞ ヽ\ \ ヽ
 _/__/_ //   ヽ\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ ヽ丶
  / /     ーーーーーーーーーーーーーー  \ 、ヽ 丶ヾ\ ヽ   しかし海風が、ふとして、雨を荒涼とした岩壁に吹きつける。
   /           ヽ\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ \
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶   白い岩壁は、墨の繋吹を吹きつけられたように黒くなる。
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ ヽ丶丶 \、\
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \ヽ ゝヽ丶\丶
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 ヾ丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶 ヽ ヾ ゞ 丶
\丶 丶\ \.ヽ,丶\丶ヽ\ \丶ヽヾ \ 丶 ヽヾ\ \丶\ \ヾ  ゝ



::::::::_;l__;;_l:::ヾl_」__l;;;!;_;l_/_」;;___|_i__|_li_:::::::::::::::::
::::::::::::::__l`:::::_| 、_;;rl_,,lニ'!'´⌒''lri、;;_l,,i__l_|_:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::|_::\_l、L,ゞ_k‐"´       .~`ニi、/yI_|_::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::_、_ニ,:'´l'´             ~、;i !二l_|´:::::::::::::::::                                 だび
:::::::::: :::::: _,,.|.l´           .._,_n_,_ `|.|,,_,,,_|,,_,,.,|:::::::  私たちはトンネルを抜けてそこに達し、人夫たちが荼毘の支度するあいだ、
:::::: : : :: __,|_.,_|.|         ..,- ''`/ ll ヽ`|.[_|__|,,.:::::::::::  トンネルの中で雨を避けた。
:::::::::::::::::: :: :__|.|         `''─--;ii;--::|,|_<_;l_::::::::::::::::::::
:::::::::|__|_|,|          .∧.∧||.  |.|,;_;,__!__,,.|_::::::
:::::::: :: ::___|.|          .(Д^,,.||.  |.|_,l__|_,,:::_::::::
::::::::::::.. _|_,_] |,           | つ0   .|.|_、,i.__;;:__|_,,.::::
i-‐‐::i┐__.,,|:|          . |  |   . |.|,_|,;___:: ::: ::::: ::::
|l旦l;;|z|_|_|:|          ..:U´J    .|'|___i;;__,,i_:::::::
|l丱l;:|lI|_____|.| ::: ::: ::: ::: ::: :::  :: ::: :: ::   |.|_,|__|,_;;::__::::::::
|l爿l::|k|_|_|」 : :: ::: ::: ::: ::: :  : ::: :: :::.   .l,|;、_|__|_;_::::::::
|」HLl,/      ::: ::: ::: ::: :   :: ::: :: ::::::..... 、   '


視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャットガールズ出会いテレクラ・ツーショット



426 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:43:05 ID:kc1DuEPI

 l ! ! l ! ! l !   l ! !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! !
l !  ! ! l l ! ll !! l !   ! l l  l ! ! ! ! l   !l  l l  l ! !!   l ! !   ! l l ! ! l !
 l l ! ! l !   l┃  ┃ l〓 l ! ! l !   ! l l ! ! l !   ! l   ! l  l !   ! l  l !
  !l  l l  ll  ╋━╋l ! ! !l ! ! l !  ! ! l l ! ll !  ! l l ! l  l ! ! l !   ! l l ! ! 海景は何も見えなかった。
 ! ! l  l ! l l ! ll !l┃ ! !━┳┓l !━━━━━━━━   !! ! l ! l  l l ! ! l !
 l ! ! ! l !   ! i━┛l i ! l┃┛   ! l  l ! ! l ! ! l !   ! l  l !   ! l l ! ! 波と濡れている黒い石と、雨だけであった。
l ! ! l !   ! l l ! ! l   ! !┛ l l ! ll ! ! !  ! l  l !   ! l l ! ! l !   ! l l ! ! l !
  !l  l l  l ! !l ! ! l !   !  . ______________l !  !l  l l  l ! ! 油をかけられた柩は、
l !  l ! ! ! l !   ! l l !/                   /ll  l ! ! l !   ! 艶やかな木の肌の色をして、
l ! ! l !   ! l l ! ! l !/                   / ..| l l ! ! l !   ! 雨に叩かれていた。
ll !l ! ! l ll !l ! ! l  /                   / ../|  !l  l
 ll !l ! ! l l l ! ! l │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././ ! !  !l
 l l ! ! l ! l  l l !├─────────────|/./! !l  l !   !
ll !l ! ! l ll !l.! ! l │                    |/l ! !  !l  l l
 l l ! 、!,! l !、!, l .└─────────────′ ! l  l !、!,

427 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:44:06 ID:kc1DuEPI

                             :;:, .:.
               パチパチ…    . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.
               ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:    火がつけられた。
               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'    配給の油が、住職の死のためにたっぷり用意されたので、
                  .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .    日は却って雨に逆らって、鞭打つような音を立てて慕った。
                ',:; .::)       て:;;':.
                 ..:.(ノ        (::..
                . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
          . . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...




                              , '. .
                             :;:, .:.
               パチパチ…    . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.
               ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:
               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'    昼間の焔が、おびただしい煙のなかに、
                 .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .  透明な姿で、はっきり見えた。
                  ',:; .::)           て:;;':.
                ..:.(ノ            (::..
             . . .::::)            ,ゞ.:.
             .;: . .:::: .:ソ          (: :.
          . . .::.: :::..::..:(            ):::...

428 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:45:17 ID:kc1DuEPI

:::::::::::::::::::::::........ . . .      (:. ,:.     . . . .......:::::::::
:::::::::::::::::::::........ . . .     .:从,)ノ':.:,    . . . .......:::::::::
::::::::::::::::::........ . . .    ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    . . . .......:::::::::    煙はふくよかに累なりながら、
:::::::::::::::....... . . .   ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,      . . . .......:::::::    少しずつ崖のほうへ吹き寄せられ、
:::::::::::::....... . . .  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.  . . . .......:::::    ある瞬間には、雨の只中に、
::::::::::::....... . . . ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.  . . . .......:::    焔だけが端麗な形で立上がった。
:::::::::::::....... . . .( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,  . . . ......::::
:::::::::::::::....... . . .,):.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´:.   . . .:::::


          .,,,,,,,、
|゙゙゙゙゙|      ./゙,--,゙i、   .,f'''““゚゚”'l                   突然、物の裂ける怖ろしい音がした。
|  |      ゙l..ヽ/丿   .なww,,,r°    ,l“゚'ョ
|  "''''''''''''''''''! `''''''′    ,,,,,,,,,,─i,    ,f°,l    _
|  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,│       l°   ,l   ,il°,r'   ,,,i、<゙'i、  .,,、
|  |             ゚─''“゚゚“’  .,,i″.,r° ‘i、.゙'i、'-'",/,,/
|  |                  .,,r'″.,r″    `ー" .,-'゙,/
|  ―――ー'i、        ,,──'″.,,xぐ       .,/,/
―---------"         'h,,,,,,,,,x='″        'ー′

429 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:45:42 ID:kc1DuEPI
              . ______________
. ’、′‘ ・. ’、′/                   /l人 ・. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・
・. ’、′・. ’、/                   / ..|へ从・、′‘ ・. ’、′‘
′‘ ‘ ・. ’、 /                   / ../‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・”
‘ ・. ’、′Σ│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ./))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、
   \ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ’、
    ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( (  (( ))M           柩の蓋が跳ね上がったのである。
 ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/
  \  Σ( ⌒( ⌒ )   ノつ> ) )从_)从 ) ))从へ从へγ /
   \ヽソ )ゝヾ  ( 人    γヽ从_) 从_)  (( ( ⌒  ))ζ ) /
    \ Σ⌒::)  :)ζ;;从  ⌒ ) _ ̄ ,ノ 丿人(  (( ))  /
     \ :;从へ从へへ从_~ ̄  从へ 从へ从へへ从γ  /
      \( ⌒ ⌒   ⌒(__`__)~^( ⌒( ⌒( ⌒ )  ζ/

430 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:46:09 ID:kc1DuEPI

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  
γ:::::::::人::::人::人::::人:::::::ヽ                    ___
(:::::::::/         \:::::::)                 /      \      私はかたわらの母を見た。
\:/  <○>  <○>   \ノ               /ノ  \   u. \     母は数珠に両手でつかまって立っていた。
 |      (__人__)    |               / (●)  (●)    \
 \    ` ⌒´      /                |    __´___    u.    |
 /          /                 \ u. `ー'´       /
  \      (__ノ                  ノ           \






    ., --、   i´!⌒!l  r:,=i
   .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 
  .i´|.ー‐' |   |    |. !   l
  |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;         その顔はひどく硬く、掌に入りそうなほど、
  i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //         ひどく凝固して小さく見えた。
  │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 
  |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
  \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
    /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

431 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:46:43 ID:kc1DuEPI

.. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. :. .. .. .. ..        . .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .        . . . . .: . . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
                                           ネ
                                           ,..ヒニゝ、
                                      _,. -‐'"~  ,ォ、 ``''ー 、_
                                 、-─'''"~__,,,..〟-‐''"个`';ー-, 、.,_``''ー-;:-
                                  `ー=ニ二!  |^'│ . |  |  |  l゙ニフ ̄
                                    ,.__|,∩_|ェェ|,∩ェ|∩!ェェ!∩_|、、,ォ
                    ;r、              {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ三王ー亠'=|;
               ,.,.r;:ゞ゙ヾ;,:ゞヾ`ゞ>     _,,..〟-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..〟-‐个ー-二二.,`_''ー------‐ャ
          ,,,.、ッゞヽ>;:;ゞ《ゞ;':;ヾ:ゞ;ヾ-;ソ  ‐ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,.....--|─┬--;--、、 ̄,``````´
           ヾ;';:ゞ》:;、_ゞヾ;;/ヘFゞヾ;:'`      ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| | | |  |  |  |  |. ̄|
           〉ゞ;'ヾゞ、`)'~ヾ;;ゞ';;゙ゞ;ヾ;'ゝ     iョェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|FEFEFE;|;王i;|;王;|王il|EF|EFヨ
      ,;z、,,r;、;v、ヾヾ;;'ゞ;ヾ;iiゞ<ノ;ゞヾ-'、、_      '==i‐_‐‐__‐_',,'ニニiニ二二二i!ニニニニニニニ=‐''
     {;ゞ;;、ヾ;ゞ;'ヾ,.;;:,、   |r''ゞ-ヾ´;ゞゞ;《ヾi       |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤   父の遺言どおり、私は京都へ出て、金閣寺の徒弟になった。
   _ _,,,_`;;='ー'ゞ'ヾゞノ (;;ゞヾ;ゞ';''/ゞヾ;;ヾ`、、      ||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|                 とくど
 <;ヾ;{ヾ、;ゞゞ;'、ゞ;`ー/ゞ;ヾゞ、-;::='‐'>ゞ''ヾ_ ヾ'"     iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,. そのとき住職に就いて得度したのである。
  〉ゞヾ;;ゞ;ヾーヾ;/''-ゞヽヾ| |  `ヾゞ;'ゞ';ゞr;、ri、,,rl~ヽ|======================ll========i学資は住職が出してくれ、その代わりに掃除をしたり、
  ノ;';ゞ,ヽ;;》、ゞゞ'ー;;;;-ャ ヾ;;| |-=ゞ゙;ヾヾ、=''""二`"^"^ー──────────亠---------------' 住職の身のまわりを世話したりする。
 'ヾゞ;;'ゞゞヾ;;''ゞ::ヾ、'ゞゝ;-/:/ ̄``';ー-、=-、 r-、  二   ─   二   ─   二   ─   二   在家のいわゆる書生と同じことである。
コ/ ̄l``ー、_,.)'| |'二二゙__,| ;|-''ヽー'─'''''''''  `''"二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
 `ー' ``ー'`'='、 |`ー─ー'| ;|─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二
─ _,,..、 .二  | .| ─  / /  二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─        ※得度 仏門にはいること
 〈  ヽ、__,.l ヽ;‐-;、/ /,.r---;i二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─

432 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:47:33 ID:kc1DuEPI

         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`         寺に入ってすぐ気のついたことだが、
    /   ( ●)  (●) \         やかましい寮頭は兵隊にとられ、
    |      ___´___    |        寺には老人とごく若い者としか残っていなかった。
    ヽ、    `ー '´   /



         ____
       /     \            ここへ来て、いろんな点で私はほっとした。
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \         在家の中学のように、お寺の子だからと云ってからかわれることはなく、
   |      __´___     |         ここにいるのは同類ばかりだったから。
   \      `ー'´    /
    ノ           \

433 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:48:00 ID:kc1DuEPI

         ____
       /::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::\           ……私は吃りで、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         皆より少し醜い点だけがちがっていた。
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \

434 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:48:37 ID:kc1DuEPI

                             /   |  |  l ヽ
                             |. `|  |  l  l.  |
                     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
                      .|         ヽ_j  / //    .|
                     |    転校届け ヽ_ハ/′     |
    フフン    ____     . |                    .|      東舞鶴中学校を中退して、
        / \  /\    .|                    |      田山道詮和尚の口ききで、
       / =⊂⊃=⊂⊃=\.   |                    |      臨済学院中学へ転校することになった私は、
     /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \ .|                    |      一ト月足らずしてはじまる秋学期から、
     |      `-=ニ=-      |/|                    .|      転校先へ通うことになっていた。
     \      `ー'´     /l|.| ::::::::::::::::::::::::  |
       --ー、__,-‐´イ   l リ ::::::::::::::::::::::::  |
       /'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: . |
     ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|                     |
    /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  |                     |
    /7   /:.:「       ゝL/|   ::::....... γ⌒ヽ   |
  /〈  /:.:.:.:',    /  //  .|   ::::          .| β |    |
 ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃  . |              .ヽ___ノ.   |
/ ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  !                 ̄´   |
 `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l   └─

435 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:49:17 ID:kc1DuEPI
       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \      しかし、学校がはじまれば、
  /    (●)  (●) \    いずれすぐどこぞの工場へ、
  |        '      |    勤労動員をされることはわかっていた。
  \      ⌒   /



                           \
                             \
          ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
            ノ   /             /    、
                  ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ 今、私の前には、新たな環境における、数週間の夏休みが残っていた。
            r´⌒ヽ.     ノ   /  /   /  |(   ⌒
   , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ        /    / ,'⌒     喪中の夏休み、昭和十九年の戦争末期に置かれたふしぎにしんとした夏休み、
  (    '   (      ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
  ,ゝ    `ヽ(              )      (⌒
 (      γ⌒ヽ, '⌒         ヽ- 、 γ⌒

436 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:49:41 ID:kc1DuEPI

     ____  くヽハノ;/)                                      .:
   ∠´  ヽく三{:i:;ハ:;!フ                                    .:.:
     `ーァ'´_`フ);ヾッ'ニ>                                   .:.:.
-‐-、  //  `ラ^ハ_)´                              .: . . .:.:. .:
-‐‐ゝ//l ̄`ト、 `´レ'                                 .:... .:    ……寺の徒弟生活は規則正しく送られたが、
-‐'//  ヽ、 l l                                   .:       私にはそれが、
//    zヾレヘl                                 .:        最後の、(
/    /く三;:l::j      _r‐、     (⌒⌒ヽ              .:          絶対的な休暇だったように思い出される。
 く二/!ヽ `フハハ ヽ、_r'⌒  (__)ヽ、  `ー-‐'`             .:           その蝉の音もつぶさにきこえる。
  ,/  レ'  ´ ^´         .:.:.:::ヽ_ノ⌒ヽ、             .:            ).::.:.   .:.:.:::::::::)
 /  jハ/ノ     ミ,ハ  .:.:.::.:.:::::::::::r、___.:.:.:.::::::ヽ、          .:            く.:.    .:.:.::::::  ⌒
〃  〃_:}三    三{jハ .:.:.:.:::::::.:.:.:r‐、) `ヽ、___ノ          .:              ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
  / ⌒ハ)´    〃ハリ .:.:.:.ノ`ー‐'   (ン             r'⌒ヽ,.            ).:.:.....
 ̄\  ´     /                        く⌒ヾ゙   i         _r'⌒    .:.:.:::::::::.
   \     /⌒ヽ、lヾハ                  .:  `ヽ;.:.:.:.;,:.ノ      _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
     ヽ   /` ̄ ∨ ミ;.ヾ!                .:      ̄       _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
____________!ヽ〃   ,.-、ハァ、;;リ i              .:            _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
      //`ヽ、∠__/ ヘハj .:.)__,,.-‐‐‐-、r'⌒ヽ、_r‐‐'フ       _rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
     //   ヽ /⌒ヽ   :::::::::.:.:.:........:.:.:.:.:.:.:.:..........r'´     __r'  .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:
    //      /´  ̄` `゛ー-、 ________________,.-‐'´      `ー-----、.:.:.::::r‐‐、.::::::::::::.:.  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::
   //      /         \__________,...--‐-、___             ̄´   `ー-----‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  //     /                      `ヽ‐-、

437 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:50:09 ID:kc1DuEPI
                 ネ
                 ,..ヒニゝ、
             _,. -‐'"~  ,ォ、 ``''ー 、_
       、-─'''"~__,,,..〟-‐''"个`';ー-, 、.,_``''ー-;:-
        `ー=ニ二!  |^'│ . |  |  |  l゙ニフ ̄
          ,.__|,∩_|ェェ|,∩ェ|∩!ェェ!∩_|、、,ォ       
          {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ三王ー亠'=|;       
    _,,..〟-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..〟-‐个ー-二二.,`_''ー------‐ャ
 ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,.....--|─┬--;--、、 ̄,``````´        ……数ヶ月に見る金閣は、晩夏の光の中に静かである。
   . ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| | | |  |  |  |  |. ̄|
    .ェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|FEFEFE;|;王i;|;王;|王il|EF|EFヨ     
   ==i‐_‐‐__‐_',,'ニニiニ二二二i!ニニニニニニニ=‐''     
    . |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤       
     .||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|
   iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,.
   |======================ll========i
   ー──────────亠---------------

                 __
               /..:::::::::::::..\      
              /..::: :::::::::::::::::::.\
            /..::::::::::::::::::::: ::::::::::::.\   
            | ::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::: |   
            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
           ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

438 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:50:57 ID:kc1DuEPI

     ____
   /     \
  /  \   /\
/   (_)  (_) \      私は得度の折に剃られたばかりの青々とした頭をしていた。
|       、__',_,    |
\           /


         ___         
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\      空気が頭にぴったりと貼りついているようなその感覚、
    /,'才.ミ).   、_',__,    \     それは自分の頭の中で考えていることが、
    | ≧シ'           |     薄い敏感な傷つきやすい皮膚一枚で、
    \ ヽ           /     外界の物象と接していると謂った妙に危険な感覚だ。

439 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:51:46 ID:kc1DuEPI

         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \    そういう頭で金閣を見上げると、金閣は私の目からばかりでなく、
     |       __´___    |         し
      \       `ー'´  ,/    頭からも滲み入ってくるように思われる。
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶                              たちま
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l    その頭が日照りに応じて熱く、夕顔に応じて忽ち涼しいように。
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
          |フ入     l       /
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /

440 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:52:55 ID:kc1DuEPI

                    ____
           r:┐     /      \
           | |    / ⌒   ⌒  \
           | |_  / (⌒)  (⌒)   \
          {三Lト、|     __´___      |  
          {三ト、 \    `ー'     /
           | | \_辷L≧=─┬ '´
           { ̄`ー─┼く_「 ̄「 ̄「`ヽ
           {__,rー┬rー,┼‐┼‐┼─i    『金閣よ。やっとあなたのそばへ来て住むようになったよ』と、
           | |   :!┤/┼‐┼‐┼─|      ほうき          つぶや
           | |    V〃┼‐=ァ≠┬ぐ    私は箒の手を休めて、心に呟くことがあった。
           廴!    i{{__,廴∠二二>         
             /  |     ∠=┼‐┼‐┼<       
         /  j     厶─┼‐┼‐┼<ノ
        /   ,'     └┬‐┼‐┴‐┴ '´
      / , , , , /     _,j   |
 {`ー‐<. /////     人} \_厶
  `ヽ二∠∠.厶イ   




       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     『今すぐでなくてもいいから、いつか私に親しみを示し、
   /   ( ー)  (ー)\    私にあなたの秘密を打明けてくれ。
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /    あなたの美しさは、もう少しのところではっきり見えそうでいて、まだ見えぬ。
   /         \

441 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:53:16 ID:kc1DuEPI

       _________
      /     \        私の心の心象の金閣よりも、
    /   ⌒  ⌒\      本物のほうがはっきり美しく見えるようにしてくれ。
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i     又もし、あなたが地上に比べるものがないほど美しいなら、何故それほど美しいのか、
   ヽ、    `ー'´  /     何故美しくあらねばならないのか語ってくれ』
   /         \

442 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:53:57 ID:kc1DuEPI

    _j|_                         ネ
     ̄|! ̄                        ,..ヒニゝ、           その夏の金閣は、つぎつぎと悲報が届いて来る戦争の暗い状態を餌にして、
           |                _,. -‐'"~  ,ォ、 ``''ー 、_       一そういきいきと輝いているように見えた。
        __j|__       、-─'''"~__,,,..〟-‐''"个`';ー-, 、.,_``''ー-;:-
          ̄|「 ̄         `ー=ニ二!  |^'│ . |  |  |  l゙ニフ ̄
           |!             ,.__|,∩_|ェェ|,∩ェ|∩!ェェ!∩_|、、,ォ       
     十     |             {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ三王ー亠'=|;       
   __j!__          _,,..〟-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..〟-‐个ー-二二.,`_''ー------‐ャ
     ̄|! ̄       ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,.....--|─┬--;--、、 ̄,``````´    _j|_
                 . ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| | | |  |  |  |  |. ̄|         ̄|! ̄
                  .ェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|FEFEFE;|;王i;|;王;|王il|EF|EFヨ              |
                 ==i‐_‐‐__‐_',,'ニニiニ二二二i!ニニニニニニニ=‐''           __j|__
                  . |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤               ̄|「 ̄
                   .||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|                |!
                 iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,.        十     |
                 |======================ll========i     __j!__
                 ー──────────亠---------------        ̄|! ̄

443 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:54:27 ID:kc1DuEPI

              ザッザッザッザ……
                                           ,-‐‐-、
    ,-‐‐-、                   ,-‐-、             i___._i      六月にはすでに米軍がサイパンに上陸し、
   i___._i      ,-‐-、            i__.i            (,´Д`,)                        ちく
    (,´Д`,)      i__.i          (,゚Д゚,)            (  ioi  ,ヽ      連合軍はノルマンジーの野を馳駆していた。
  (  ioi  ,ヽ      (,゚Д゚,)         (つニサ∩==          ヽ ○) ン      拝観者の数もいちじるしく減り、
   ヽ ○) ン      (つニサ∩==       |  O              |  i ノ      金閣はこの孤独、この静寂をたのしんでいるかのようだった。
    |  i ノ       O   |          し'       ,-‐‐-、     (__)
    (__)           `J                i___._i            ,-‐-、
                                 (,´Д`,)            i__.i
                                (  ioi  ,ヽ            (,゚Д゚,)
                    ,-‐‐-、         ヽ ○) ン            (つニサ∩==
    ,-‐-、             i___._i          |  i ノ             O   |
   i__.i            (,´Д`,)          (__)                 `J
   (,゚Д゚,)            (  ioi  ,ヽ                       ,-‐‐-、
   (つニサ∩==          ヽ ○) ン      ,-‐-、             i___._i
    |  O             (  i  |      i__.i            (,´Д`,)
    し'                 (__)      (,゚Д゚,)            (  ioi  ,ヽ
                             (つニサ∩==          ヽ ○) ン
                              O   |             |  i ノ
                                `J             (__)

444 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:54:58 ID:kc1DuEPI
           :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。     戦乱と不安、多くの屍と夥しい血が、
           τ'::/ .;:                            金閣の美を富ますのは自然であった。
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

445 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:55:22 ID:kc1DuEPI

                         , -'TT >、__ノ!
                        /ミ、,ィ‐'‐、;;;;;;;;;;;;;;;|
                        /三,l _, -=---<_
                        l三,ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'' 、
                        |=/;;;;;;;;;;;/`'''ー- 、,ィ'゙ヽ',     もともと金閣は不安が建てた建築、
                        |ヲ;;;;;;;;;;;/   °   °',!    一人の将軍を中心にした多くの暗い心の持ち主が企てた建築だったのだ。
                        〉;;;;;;;;;;;;;`フ __,, 、  , ,.._, 〉      
                       /;;;;;;, -、;;/ `ャッ'フ ) 〈{ノ/〈     美術史家が様式の折衷をしかそこに見ない三層のばらばらな設計は、
                       l;;;;;//ヽ, l! 、  ̄/   lヽ' ノ     不安を結晶させる様式を探して、
                       ',;;;;', 、rノ  `゙"  r、_,j 'l     自然にそう成ったものにちがいない。  
                       _ゝ;;ヽ、_/  〃~~___, ~'!l        
                   __  7ラ‐ゝ l  l!   -  l l       
                  /\: : : ̄/ヾ、  `''ー|、   /! _,l''
              _, -‐'/  `- 、/:::::::\   ! j`ー';;`フ!: `ヽ_
         _, -‐''´   / \    ` 、::::::::\、  ノl;;;;;;;;;;,;l!:l: :./! ` ー-、_
       、/ヽ      |    \    `ー 、:\、  ヽ;;;;;;;;;|゙:::l / l     ``i、
      / ヽ: : ヽ     l     `'-、    ` -、_ヽ  〉i!/::/ /       l: iヽ
    /   ヽ : ヽ           `ー-、_    ` ー' 、,/ /        l: :lヽ
   /      ヽ: : ヽ                   `ー-、_   /  /          l: :! ヽ
  /        ヽ : ヽ                 `ー-、'´            l: :!  \
 /           ヽ : ヽ                  '/            |: :l    \
/           ヽ: : ヽ                /|                |: :l    \
             ヽ: : ヽ                 |          |  /: : :l     \

446 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:55:54 ID:kc1DuEPI

           γ ⌒ ⌒ `ヘ
        イ,,,, ""  ⌒  ヾ ヾ
     /゛゛゛(   ⌒   . . ,, ヽ,,'' ..ノ )ヽ          一つの安定した様式で建てられていたとしたら、
    (   、、   、 ’'',   . . ノ  ヾ )                    ほうせつ
 .................ゞ (.    .  .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,,.ノ........... ........   金閣はその不安を包摂することができずに、
 :::::::::::::::::::::( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ::::::::::::::.......::::::    とっくに崩壊してしまったにちがいない。
:::::::::::::::::::.:::::(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)::::::::::::..::::::::::::::::... ,,,,:::::::::::
  . . . . :::::::::::::.('''yノ (''、,,,ノ)ノ ::::::::::,,,,,::,,::::: ̄ ̄7〃  ̄ ̄ ̄|〃  ̄ ̄ ̄|〃
  ,, . . . . . ::::::::::::( ( ,,,人、..ツ. ノ ) ::::.:::::   /\       . |  ...    | ・・・・・・
  . . . ,,,,, . . .:::::::::::::'''(, イ")'"´ノ;; :::::     /   \.___|   ___|
 . . . . . . ,,,. . ,,,::::::( , ゛゛..(’_''/,,, ..ノ
 . . . ,, . . ((,⌒ノ,,,.:::::' (   (’''....ノ ソ ::::::: ... . . ,,,,,,,,,::::::::::::
 . . (’’,,,/(~~ノ(’''''ソ:.:.,、,,,,,(   .:: ノ..)
 y(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~~ノノ)”),,, . ,,,ソ                  .::::::::
 ::::::::::: . . . . . . . ::::::::::

447 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:56:25 ID:kc1DuEPI

                    ____
           r:┐     /⌒  ⌒\
           | |    /(○) (○ ) \
           | |_  /    __´__      \      ……それにしても、箒の手を休めて何度か金閣を仰ぎながら、
          {三Lト、|      -      |       私にはそこに金閣の存在することが不思議でならなかった。
          {三ト、 \            /
           | | \_辷L≧=─┬ '´
           { ̄`ー─┼く_「 ̄「 ̄「`ヽ
           {__,rー┬rー,┼‐┼‐┼─i   
           | |   :!┤/┼‐┼‐┼─|     
           | |    V〃┼‐=ァ≠┬ぐ   
           廴!    i{{__,廴∠二二>         
             /  |     ∠=┼‐┼‐┼<       
         /  j     厶─┼‐┼‐┼<ノ
        /   ,'     └┬‐┼‐┴‐┴ '´
      / , , , , /     _,j   |
 {`ー‐<. /////     人} \_厶
  `ヽ二∠∠.厶イ

448 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:56:52 ID:kc1DuEPI

. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. .. +     . . ゜ ゜      
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .           
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..:: いつかのように、たった一夜、
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .  父と共にここを訪れた時の金閣は、
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .      却ってこんな感じを与えていなかったのに、
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"                   これから永い年月暮らすあいだ、
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-                  いつも金閣が私の眼前に在ると思うことは信じ難い心地がした。
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙

449 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:57:14 ID:kc1DuEPI

     ____
   /      \        舞鶴にいて思うと、金閣は京都の一角に、
  /  ─    ─\       垣常的に在るように思われたが、
/    (●)  (●) \      ここに住むことになると、
|        ___'___    |      金閣は私の見るときだけ私の眼前に現われ、
/     ∩ノ ⊃  /      本堂で夜眠っているときなどは、金閣は存在していないような気がした。
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

459 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 22:19:23 ID:kc1DuEPI


                             _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
          / ̄ ̄ ̄\              |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       /─    ─  \             r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      / (●)  (●)  ヽ           〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
       |:::⌒ __´__ _⌒::  |`ヽ          ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′                                    ほうばい
           ヽ   ` /  '}           そのため、私は日に何度となく金閣を眺めにゆき、朋輩の徒弟たちに笑われた。
            >   /ごノ
        __,∠     /    
      〈、    /
       \、__ノ
450 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:58:08 ID:kc1DuEPI

                  ネ
                 ,..ヒニゝ、
             _,. -‐'"~  ,ォ、 ``''ー 、_
       、-─'''"~__,,,..〟-‐''"个`';ー-, 、.,_``''ー-;:-
        `ー=ニ二!  |^'│ . |  |  |  l゙ニフ ̄
          ,.__|,∩_|ェェ|,∩ェ|∩!ェェ!∩_|、、,ォ       
          {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ三王ー亠'=|;       
    _,,..〟-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..〟-‐个ー-二二.,`_''ー------‐ャ
 ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,.....--|─┬--;--、、 ̄,``````´    私には何度見ても、そこに金閣の存在することがふしぎでたまらず、
   . ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| | | |  |  |  |  |. ̄|        さて眺めたあと本堂のほうへ帰りがてら、
    .ェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|FEFEFE;|;王i;|;王;|王il|EF|EFヨ     
   ==i‐_‐‐__‐_',,'ニニiニ二二二i!ニニニニニニニ=‐''     
    . |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤       
     .||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|
   iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,.
   |======================ll========i
   ー──────────亠---------------
                 ____
                /     \
              /        \
             /  \    /  \
            |    (●)   (●)   |
            \      ´     /
            /      ̄ ̄    \

451 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 20:58:31 ID:kc1DuEPI

                  ネ
                 ,..ヒニゝ、
             _,. -‐'"~  ,ォ、 ``''ー 、_
       、-─'''"~__,,,..〟-‐''"个`';ー-, 、.,_``''ー-;:-
        `ー=ニ二!  |^'│ . |  |  |  l゙ニフ ̄
          ,.__|,∩_|ェェ|,∩ェ|∩!ェェ!∩_|、、,ォ       
          {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ三王ー亠'=|;       
    _,,..〟-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..〟-‐个ー-二二.,`_''ー------‐ャ
 ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,.....--|─┬--;--、、 ̄,``````´  
   . ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| | | |  |  |  |  |. ̄|
    .ェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|FEFEFE;|;王i;|;王;|王il|EF|EFヨ       急に背を反してもう一度見ようとすれば、
   ==i‐_‐‐__‐_',,'ニニiニ二二二i!ニニニニニニニ=‐''       金閣はあのエウリュディケーさながら、
    . |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤         姿は忽ち掻き消されているように思われた。   
     .||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|
   iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,.
   |======================ll========i
   ー──────────亠---------------

                 __
               /..:::::::::::::..\      
              /..::: :::::::::::::::::::.\
            /..::::::::::::::::::::: ::::::::::::.\   
            | ::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::: |   
            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
           ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

464 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:19:31 ID:XytV1/JI
ヾ;;ヽ;;;;ゝヾ''          ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ
:::ゞヾヽ;;;;ゝ;;,,. ,.,.. ... .,,. ..;ヾ;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ヾ:;;
ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾヽ;;.rヽ.  ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ:;;;:
;;ゝヾ;ゞ:::          :;;;;ゝヾ;;;;;;ゝヾ;ヽ::..\`;::;               さて私は、金閣寺周辺の掃除をすますと、
ヾヽ;;::  /k==ー---r           "":::|i}}i!il::...             ようやく暑熱を加えてくる朝日を避けて、
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、            l!i!ili!| il|""''i;::;; , ,..                         こみち
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ       ii!{ili|l l!l.   |!         裏山に入って、夕佳亭へ向かう小径を登った。
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/      ...:;.,::|i!i!ili| |i!::..,,.ji;;...
 `ー--、,イ.!r_tt-tt!i-tr-!|l'゙゙゙´       .,,;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;"":..,;,;:.:,,,,.....     開園前の時間であるから、人影はどこにもなかった。
:..il.ll::..  _ll|.|.||:;ii;:;ii:;!|;;:;:;;:;!|l        :;:;;ゞ::::ゞ   ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ
 ;:;:.._,.ィ}三三三三!l乍≡|l三三{  :;;:  ;;ゝヾ
  `i}}}l|.:|i.:_l | ._jr-!|≡≡il==-i| :;::;,;:.: ヽ;;;;ゝ
,.....,ィ/:〉:;、_rヒj:_tァに=j-一''""´ -ー---,,  """ヾ:;:: ,,.. .., ..,., ,
Zr、           _,..ィr'二ニ'==--'"
`i、j_;:{_-;'=:-ニ==-'゙¨~    ̄

465 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:20:07 ID:XytV1/JI

                                             ,r'"[`ヽ
          ,. -‐- 、、               |                  /   |  l
     i|!    |     `ヽ  _,._,._,._    |!           ,. - .、  /.    l:   |
   i! ii!      l _ ____ /7l|ーl|―lFl`ト`メュ 、 _____ _   l、   ン.    l;  「|
   l| l|,.r''二 ̄´ヽ,rー―`ー〈、」L...lL.,.lL.,.r=',. -''′       ̄ ̄``´ー-ュ,_ _└:_┴!
   _i!,.k、    匸{=ュ T ̄             r'´ `ヽ       <_      ヽ、_>
  r'´   i     匚{=ュ I!              i     !       __,,.`` ー、、   ヽ
  ` -  ,j     | Lュ i! _,..  - ― --  _- 、、_ヽ _ _,,. '- ‐ '''' "" ̄       ``' ー '
    l! ヽ _ __ 厂r_ 、´          `` ィr''´ ̄
.     |!     '-ー''´_\            ヽ            多分舞鶴の航空隊のそれらしい戦闘機の一編隊が、
      |l!        ` ̄ ̄\    ,. ‐ ―- 、 ヽ                 かなり
.      |l,!              \   ゝ、 _  _ _) ヽ         金閣の上を可成低空で、圧えつける轟きを残して去った。
                 ーー―\           ヽ
                      ヽ、         ノ
                         ` ー--‐ '' "

466 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:20:37 ID:XytV1/JI

 .;,,,,,,;li,i,;,.;lilii,:;;::、;。;:;;lililili.;'":;. :.. ;'"'":;ii:.. ii :、;:i;":、;:;ii`;:;"ii":;"
  '"' "'''.'::::''"'"' "'''.':''"'""'''""'"'"' "'''.'''"'"' "'''.''"'"' "'''.':::''"'"' "'''.'::::::::
 .)) .:i;i;!;!;!i;;..i;i;...;!;!;!;!i;i;:;;.:.i;i;,, ..i;ii.i.  ,,..'.;'":;. :..''"'"    "'''   '''.
⌒;) ;';';';';'~::;';';';'::;';';';';':~::;';';';';';'~:::::~'.',"'`',i; i;i;!;!;!"'''.':::.;'":''"     '.'   裏の山中に、藻におおわれた寂しい沼、
 `"';)  ;:':':':':':'::::::':':':':':::::':': '::::::::::::::-::::::::::::::::::::';''"'"'i;i;il;l;";!;!i;i;i;;'"'  "'   安民沢というのがあった。
 :;⌒) )  :.:.::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.: ::: : : : ';i;i;i;''"'"' "'''
  " `;:;");) .:.:.::::::::::/´`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :-:::;!;!;!;!;i;  池中に小島があり、
  ;;(;;; :⌒;;) :::::::::::::::::: ~:::::::::::::ゞツ/´::::::.:.⌒ : : : : : : : : : : : : : : ::''"'"  白蛇塚と呼ばれる一基の五重の石塔が立っていた。
 ;;; :;;(;;; :ノ ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::: -::::::::::.::::::::.~ : : : : : : : : : : : : : : : :::''"'"
 ;;;;  .:.:.:::::::::: ~:::::::::::::::: ~::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._::::::''"'"' "'''.':
        ΛΛ   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -:::::::''"'"' .;'":;.;'
       (゚Д゚ )::::::::::-:::::::::::::''"'"' "'''.'''.;'":ソ''.':,、,、::::::。.. :
       (ぅ(゛ソ "'''ヽヾiツィ:::ヽヾiツィ ,、  。.. ,、
       |   |
       し`J

467 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:20:59 ID:XytV1/JI

:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...           そのあたりの朝は、
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...          鳥のさえずりがかまびすしく、  さえず
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..        鳥の姿は見えないので、林全体が囀っていた。
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..

468 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:21:26 ID:XytV1/JI
''"''"''''"''"''"'~"''^^^''"'''::----::'''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~''"^^^'"''
''"'''''::----::'''''''''''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~'"''"''"''"''"'~"''"''::---::'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii llii !!ii ii i!!l llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ||||ii!!liii!lli
wWiijiijwWWjwwjjiijijiwWjijjiijWWwjiijijijwwWWwjiiiijijiwwWWWwjiijijijwwwWWw
      .,,.、,、,,,从仆ミ           Wiiw      '~'~`    `"'~
                ,,、,,、     ,,、,,、      Wiiw
  ,,::::,,::::::::::::::::::;;;,,::::,,:::::::::::::.........       ,.、,.、          ,.、,.、
"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~  ~゙゙"''''''::;;、,,::::.                       池の手前には夏草の繁みがある。 かく
 ゙~     ::    ::   ゙~   ゙':;::::    Wiiw         ~`"''~    小径は低い柵で以って、その草地を劃している。
  ::            ::    i;:;::::                     ..,,..
     ゙~     ::        ;ii゙::::          `"'~  wWWw
      ::       ゙~   ,,;;"::::  ,,、,,、     ,,、,,、
  ::        ::    ::   :;'::::::                ,,、,,、
゙~       ::   ゙~     ゙;;.,::::::::...
    ::           ::  ~゙゙"''i;、::::     ~`"''~   iiwiiW
 ::         ::          ;i;、,:::: iiwiiW
     ゙~      ::   ゙~     "'';;..,,::::             `"'~
 ゙~    ::           ::     ゙゙"''::,,:::: ,,、,,、     ,,、,,、     Ww

469 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:22:06 ID:XytV1/JI
              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \             そこに白いシャツの少年が寝ころんでいた。
           (ー)(ー )    .|            かたわらの低いかえでの樹には、熊手がもたせてある。
            (__人__)     |
            (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
      ____,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )

470 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:22:30 ID:XytV1/JI

          _____
      .   /       \
         i         ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i   少年はそこらに漂っていた夏のしめやかな空気をえぐるような勢いで身を起こしたが、
    ./ //´l (ー) (●)   i   私を見て、「何だ、君か」と言った。
    .l  '-;;;;l (__人___)    i
    l │;;;;|,,'`⌒ ´    i
    l  \⊥         ,i
    /   / iヽ,       /
  .,、 i   .' /,‐'.l\    /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l          .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、          '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、          , .'   i  ,.'    i

471 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:22:55 ID:XytV1/JI

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)    
.      |     (__人__)    
       |     ` ⌒´ノ        鶴川というその少年は、昨夜紹介されたばかりであった。
.        |         }      
.       ヽ        }         鶴川の家は東京の郊外裕福な寺で、
     /ノヘヽ     ノミヽ       学費も小遣も食料も潤沢に家から送られ、
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.|      ただ徒弟の修行を味わわせるために、
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,      住職の縁故で金閣寺に預けられているのであった。
.    ハ      ヽ   〉  r-
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン
  ヽ:./、::. \へ  `ー子‐′〈
   `ーへ:. ヽ ヾ=┐ 〉    〉
    / :トl::.  〉\V  ハー、 ゝ
     ヽ 幺彡^i::.    |:.′  |

472 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:23:18 ID:XytV1/JI

                                              夏休みを帰省していたのが、
         / ̄ ̄\                                早めに昨夜帰って来たのである。
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)                             水際立った東京弁を話す鶴川は、
      . |     (__人__)                             秋から臨済学院中学で私と同級になる筈で、
        |     ` ⌒´ノ                   ____      その口早な快活な話しぶりが、
      .  |         }                  /     \    昨夜すでに私を怖気づかせていた。
      .  ヽ        }                 /        \
         ヽ      ノ               /  \    /  \
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、             |    (●)   (●)   |
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、         \      ´   u /
  /     /  |  /\  / /    / ヽ         /     ⌒     \

473 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:23:44 ID:XytV1/JI

          ____
        /     \
      /        \      そして今も、「何だ君か」と云われると、
     /  \    /  \    私は言葉を失った。
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     が、私の無言が、彼には一種の非難のように解されたらしかった。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }      「いいんだよ。そんなにまじめに掃除なんかしなくても。どうせ見物が来れば汚れちゃうんだし、
.   ヽ   L     }      それに見物の数も少ないんだから」
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

474 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:24:12 ID:XytV1/JI

         ____
       /     \       私は一寸笑った。
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \     こうして私の無意識に洩らす仕様事ない笑いが、
     |       __´___    |     或る人には親しみの種になるらしい。
      \       `ー'´  ,/

475 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:24:52 ID:XytV1/JI
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /             \
  /       " ̄ ̄`    \                                       わた
  l  '´ ̄`   ( ー );;:::    ヽ    私はそんな風に、いつも自分が人に与える印象の細目に亙って、
 l ;::(● )    "''"´       l   責任を持つことができないのである。
 |  ´"',                |
 l    ヽ              i
  \   、__,__,         丿
   \             /

476 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:25:12 ID:XytV1/JI

     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  (●)(●) |
   |  (__人__)  |                   私は柵をまたいで、鶴川の傍らに腰を下ろした。
.   |   ` ⌒´  }
    |         }
    ヽ      /       / ̄ ̄ ̄\
    __ヽ    ノ__      / ─    ─ \
  /         .ヽ   /  (●)  (●)  \
  ||        || . |      __´___     |
  ||        ||   \   ``ー'´  , /
  ||        ||  /            |
  ||        || (_ )          ||
(⌒.l⌒ヽ     ._ノ |   l⌒ヽ        _ノ |

477 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:25:53 ID:XytV1/JI

                 __
               / |
           __       .i |
        ( \.     | |
          \ \  | !
          \ \_ノ  '.            また寝ころんだ鶴川の頭へまわした腕は、
                \       \          外側が可成日に焦けているのに、
      ( ̄ ̄ ̄ ̄     /   ` ̄)       内側は静脈が透けて見えるほどに白かった。
       ` ー―― 、   ノ ./ア´ ̄ \
             / |く_ノ//       ヽ--、
            / .人__//         \ \:
            ` ̄ ヾニ´<_             丶
                   `丶、            `ヽ
                        \    丿    .
                      └=ニ、
                               \   \ .
                               \  \

478 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:26:16 ID:XytV1/JI
    , ゞ:.ミ      ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;.:    , ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;:.ミ,          :;.::;, :;.:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,'     ,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; "+;.:;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :;,:;、,"'.:.:;,    ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;
;: ;: ;:  ; ::; : ;:;* :; :  ,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.  ::;,'ミ:.ミ,":;.::;, : :;     ":;;;: : ;: ;: ;:,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,"
:;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:,:;、,"'.:.:;, ゞ :.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,",:;、,"'.:.:;    , ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;.::;,'
::;...;;.;;::;.:".:;.:'"゙:.:゙,,:;、,"'.:.:;, ゞ  :.ミ,":;. .,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":     ;.::;, :;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.,":;.::;, ".:;.:'"゙:.
:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;, ,:;.   :::+ '.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ," +    :;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :'"゙:.:゙,:;、
,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:,:; "   ヽ  ' ;,`゙ゞ/:.  ミ,":;.::;,'/ミ:.ミ,":;.::;, "         .:;.:'"゙:.:゙,:;、,",:;、,"'.:.:;, ゞ:.
,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,..//:;.:,     +;|:;|.::;,'ミ:.ミ,":;., ,\":;./;, ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,            そこに朝日の木洩れ陽が、草の薄青い影を散らしていた。
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;/,/:.:;,       `:|'"|゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;|':,:;.,.:::;.:".:;.:'"゙\:.:゙,|:;、           ,  "'.:.:;,`:;,':,
":;;;: : ;:. /;:/ ;         ::|":;|;;: : ;: ;: ;:  |;|::; : ;:; :; :  :: :;,\\;                  、,"   '.:.:;,
;: ;: .;: / ; /::;           | i;;ii:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ | .|ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::丶\: :;                  ":
:;.: /,: ;.,/:;,`゙            ;;ii|:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙|ゞ:|.ミ,",:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,"\:;\;., ...+ .. ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
/ ::;. /..;;.;;::;.: ... .. ..   . ... ... |i;;ii:i;|":;.:,:;.,:;,`゙ゞ|:.i;;,|":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;、,"'.:\.;,\:;,':
:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"... .. ..   . ... ... ;.,:;|::;..;;..|:.:;, ゞ:.ミ,":.|:,:;.,:;|,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :丶"゙::\:;、
,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.|:,i;;ii:i;;|`゙ゞ:.ミ,":;.|:;,i;;ii:i,":;.::;, ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,",:、,"\'.:.;,  . .. ..   . ... ...    ..
,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,|i;;ii:i;;i:i;:.|ミ,":;.::;, |i;;ii:i;;":;:,:;.,:;,`゙ゞ:.,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.,:;.,:;\,`゙:.\ミ,":;.
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:|;.:'i;;ii:i;;i:|;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,': ,.,:;\.:::;.:;\.:'"゙:.:

479 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:26:46 ID:XytV1/JI
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \   直感で、私には、
 |      __´___     |   この少年はおそらく私のように金閣を愛さないだろうということがわかった。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /    私はいつか金閣への偏執を、ひとえに自分の醜さのせいにしていたからである。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

480 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:27:22 ID:XytV1/JI
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ●)( ●)|
   |  (__人__)  |            「お父さんが亡くなったんだってねえ」
.   |   ` ⌒´  }            「うん」
    |         }
    ヽ      /       / ̄ ̄ ̄\
    __ヽ    ノ__      / ─    ─ \
  /         .ヽ   /  (ー)  (ー)  \
  ||        || . |      __´___     |
  ||        ||   \   ``ー'´  , /
  ||        ||  /            |
  ||        || (_ )          ||
(⌒.l⌒ヽ     ._ノ |   l⌒ヽ        _ノ |

481 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:27:42 ID:XytV1/JI

              /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
             /.: : : :           \
           /: : : : :              '.,      鶴川は素早く瞳をめぐらして、
              |: : : :                :|      少年らしい推理に熱中していることを隠さずに、
            |: : : : : :.             :|      「君はとても金閣が好きなのは、あれを見ると、お父さんを思い出すからなのかい?
           | : : : : : : : : .,        :|      たとえばお父さんが金閣がとても好きだった、というようなわけで」
              |:: : : :´⌒\,,;、、,/⌒`  :|
            |::::;;;(  ● ) ノヽ ( ●):::|
           |: : : ´"''",        "''"´ l
            ',: : . . (    j    )  /
            ヽ   `ー-‐'´`ー-‐'  /        
          /:.:.:.:.ゝ: : : : : : : : : : : : : イ:.\:.:.\
      /´ ̄/:.:.:.:.:./;;;,,,,,``ー- -‐'"´,,,,;;;;|::.:.:.:\:.:.\
    /:.:.:.:/´ ̄ヽ:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:.::.:./\/ ̄`ヽ、

482 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:28:46 ID:XytV1/JI
       ____
     /      \       この半分当たっている推理も、
    /  ─    ─\     私の無感動な顔つきにまるで変化を与えていないことを感じた私は、
  /    (_)  (_) \    それが一寸嬉しかった。
  |      、__',_,    │ 
  \          /

483 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:29:45 ID:XytV1/JI

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \   鶴川は、人の感情を、昆虫の標本を作ることの好きな少年がよくするように、
        |    (ー )(ー)                こひきだし
        |     (__人__)   自分の部屋の小奇麗な小抽斗にきちんと分類しておいて、
          |     ` ⌒´ノ   時々それを取り出して実地にためしてみると謂った趣味があるらしかった。
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ

484 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:30:17 ID:XytV1/JI

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)
          |     (__人__)     「お父さんが亡くなって、ずいぶん悲しかったろうねえ。
             |     ` ⌒´ノ    それで、君、淋しそうなところがあるんだろうねえ。
              |         }     ゆうべはじめてあったときからそう思ったよ」
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、

485 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:30:40 ID:XytV1/JI

       ____
     /      \       私はなんの反発をも感じないで、こう云われると、
    /  ─    ─\      自分が淋しく見えたという相手の感想から、
  /    (_)  (_) \    或る安心と自由をかち得て、言葉がすらりと出た。
  |       __',_    |
  \     /__/   /    「何も悲しいことあらへん」

486 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:31:01 ID:XytV1/JI

              /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
             /.: : : :           \
           /: : : : :              '.,     
              |: : : :                :|     
            |: : : : : :.             :|   鶴川はうるさそうなほど長い睫を押しあげて、ことらを見た。
           | : : : : : : : : .,        :|     
              |:: : : :´⌒\,,;、、,/⌒`  :|    「へぇ……それじゃ君は、お父さんを憎んでいたの?少なくとも、きらいだったの?」
            |::::;;;(  ● ) ノヽ ( ●):::|
           |: : : ´"''",        "''"´ l
            ',: : . . (    j    )  /
            ヽ   `ー-‐'´`ー-‐'  /        
          /:.:.:.:.ゝ: : : : : : : : : : : : : イ:.\:.:.\
      /´ ̄/:.:.:.:.:./;;;,,,,,``ー- -‐'"´,,,,;;;;|::.:.:.:\:.:.\
    /:.:.:.:/´ ̄ヽ:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:.::.:./\/ ̄`ヽ、

487 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:31:27 ID:XytV1/JI
           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (ー)  (ー)  \    「おこってなんかいいへんし、きらいでもなし……」
     |        ´      |
     \      ⌒     /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     「へえ、それでどうして悲しくないのか?」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |


       ____
     /      \       
    /  ─    ─\       「わからん」
  /    (_)  (_) \   
  |       __',_    |
  \     /__/   /

488 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:32:21 ID:XytV1/JI

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\              ほう
. |   (__ノ ̄   \    「鶴川は難問に逢着して、草の上に坐り直した。
  \          |
    \       /    「それなら、ほかにもっと悲しいことでもあったのかな」
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



       ____
     /      \
    /  ─    ─\       「何や、わからへん」
  /    (_)  (_) \
  |        '      |      と私は言った。
  \      ⌒   /

489 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:32:42 ID:XytV1/JI

     ____         言ってから、私は人に疑問を起こさせるのがどうして好きなのかと反省した。
   /     \
  /::::::::::..     \     私自身にとってはそれは疑問でも何でもない。
/:::::::::::::::::::..      \
|:::::::::::::::::::::::::::..      |    自明の事柄である。私の感情にも、吃音があったのだ。
\:::::::::::::::::::::::::::..   /

490 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:33:03 ID:XytV1/JI
                                   (´`ゝ;_
                                   ヽ,   `ゝ、
                                     ゝ/  `;:,
                                      `ゝ、 ;;;;\、
                                      /(;;;;;;;:  ;;;;ヽ、
                 r'"::::::::::::::         __,,.:;,:;:;,:;:;.:; :゙´´゙゙\:::::;;;;   ::::;;;;`ヾ;;;;; ̄
               /   }/⌒;       (´ ::::::;; _;;__...,;;;  ::::ヽ;;\;;;;   ;;;;;;;:
             ,,/,,  ,、.,/ 丿       `´´ ̄ .,:;イ ::;  ::;::ゝ;;;;;;;;    :
           /~   ヾ::::ツ,、/        ,,;:;::;:´´`:::::;;;;入;:;;   :::ヽ;;;;;;;\::::::::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         , '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;ツ        ( ....,,,,,;:;;;:;;:;:;::; ̄;;;;;;       ,.,,.,.;:;:;-‐゙´
     ,    ,.'      j゙,,, ´ 7          (  ,,,...:::;-‐゙゙゙゙^> :::;; ;;,:;:;:;-‐~´
         /    __,,.ノ:::::::: /_____          `´    ∠::;:ゝ´ ̄
        /  '''"/;;;;;;;;;r:::::::ゝ  丿              ,.;::;;/   私の感情はいつも間に合わない。
       ,'     '、;;;;;;;;   / ̄              ゝソ
       ,'            /                        その結果、父の死という事件と、
     V           /                          悲しみという感情とが、
     /         /                           別々の、孤立した、
     /   ,.、     /                            お互いに結びつかず犯し合わぬもののように思われる。

491 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:33:23 ID:XytV1/JI

        _ _            。  o O
      , ´  `ヽ    ○  。
        !     !   o    ○  O   _ _゜
      ヽ、__,.ノ          o   , ´  `ヽ
   ○      O  o ゜     O    !     !
    o                    ヽ、__,.ノ    ちょっとした時間のずれ、一寸した遅れが、
        。 o   O  ゜。   O ゜         いつも私の感情と事件とをばらばらな、
      ゚      ○          _ _           おそらくそれが本質的なばらばらな状態に引き戻してしまう。
                    , ´  `ヽ ゜  O  。
    o   ゚ ○ 。  O   !     !  o
                     ヽ、__,.ノ

492 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:33:46 ID:XytV1/JI

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
   /             \
  /       " ̄ ̄`    \
  l  '´ ̄`   ( ー );;:::    ヽ     私の悲しみというものがあったら、
 l ;::(ー )    "''"´       l     それはおそらく、何の事件にも動機にもかかわりなく、
 |  ´"',                |    突発的に、理由もなく私を襲うであろう。……
 l    ヽ              i
  \   、__,__,         丿
   \             /

493 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:34:10 ID:XytV1/JI
     ____      
   /     \        ……又しても私は、こういう凡てを、
  /::::::::::..     \      目前の新しい友に説明できずに終わった。
/:::::::::::::::::::..      \
|:::::::::::::::::::::::::::..      |  
\:::::::::::::::::::::::::::..   /



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)     鶴川はとうとう笑いだした。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     「へえ、変わってるんだなあ」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

494 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:34:58 ID:XytV1/JI
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....     彼のシャツの白い腹が波立った。
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....  そこに動いている木洩れ日陽が私を幸福にした。
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .

495 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:35:20 ID:XytV1/JI

     ____
   /      \       こいつのシャツの皺みたいに、私の人生は皺が寄っている。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

496 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:35:49 ID:XytV1/JI
 _j|_
  ̄|! ̄
          |
     __j|__   しかしこのシャツは何と白く光っているのだろう、
        ̄|「 ̄    皺が寄っているままに。
         |!
  十     |
__j!__
   ̄|! ̄

497 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:36:33 ID:XytV1/JI

. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......          .. .... .    . ......  .. .
                , ⌒ヽ . :. .:.:...            ... .... . ... :. .:.:. ..
  . .. .... .. .:.:.:..: .: (      Y⌒ ヽ                  . :. .:.:...
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.: . :  .. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... .         ……もしかすると私も?
 (    '             .:.:.. ... :. .:.:.:.: .: .          ... :. .:.:.:.: .: .
  ゝ     `ヽ
(⌒                ... .... . ... :. .:.:. ..                     . :. .:.:...
.    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...(⌒ 、
                .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...        (     ヽ⌒ヽ 、
     .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:....         .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:.. .:.:.:.. ..  ..

498 名前: ◆QMM2./GEis[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:36:56 ID:XytV1/JI

終わりです



499 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 10:59:04 ID:CsXHGOVo

乙さん



500 名前:普通の名無しさん[] 投稿日:2009/06/27(土) 12:20:37 ID:y9LqPu5M

乙です



501 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 12:33:30 ID:ze8LcuFc

乙だす



502 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 13:19:07 ID:RCLICuTU

乙です



507 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 06:59:30 ID:z7ONh.to

乙ですよ



508 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 15:09:35 ID:mkOlQx72

遅れたが乙でした


453 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 21:02:19 ID:VpAJRGQQ

乙です



463 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 02:32:08 ID:2p7B9Dm.

いつもながら素晴らしい乙




関連記事


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

| 00:00 |コメント(0)
カテゴリー:できる夫で読む三島由紀夫 AA絵本 「金閣寺」

|

<< 【エロ注意】やる夫がテレビ局に勤めるようです 眉毛に見えたらあなたの負け | HOME | 【やる夫短編】カナリアホームズの冒険 第2話 赤ちゃんはどこからくるの >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV