やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 年末年始 三大やる夫短編祭 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2009/06/18(木) 鏡男


お奨め度☆☆☆☆☆
出演モナー ニダー タカラギコ


146 名前:24コマいきます 投稿日:2005/06/19(日) 13:00:14 ID:WKVDEz6B

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  最強の矛と、最強の盾。どっちが勝つかだって?
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  そんな野暮なコト、言いっこなしだよ旦那
 | |                | |             \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ | 可もなく不可もなく
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ∠  それが幸福の最高水準だとサ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚,,)  \_________
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |  
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


147 名前:1/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:00:53 ID:WKVDEz6B

: ::: : : : : : : : : : :,,il!「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::;;;lllll_: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : .,il゙″;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;::::::::::::::::::::;;'lllト,、: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : ;,ll|`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::;゙ll,「、: ::;l‥::::::::::
: : : : : :'*:: : :;,ll|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::::::::::;;;;:::::::::::::::;'!lll,、:;liiiii、: : : :
: : : : :;liiiiiト::;ilレ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:::::;;;;;;;;;:::::::::::::;;:;゙l゙l!: :ll,lll:::::: : :
: : : : ::ll,,lll:::;,llト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;'l;゙li、:!!l′:::: : :
: : : : : :ll!″,l√;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::;;ll,illii,;,iil,,,,,,llli、
:,,,,,,,,,,,,,,;,,,,lillll、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;鏡男;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;:;;;】lll!ll!ll":~゛:::::
: "゙゙゙”゙゙ll!l゙゙lll|ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,lll::゙lli″:::::::::
: : : : : :'iii":;!l゙l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,lll":lll′::::::::::
: : : : : ::lll、:.l!〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,lll゜_;“::: ::::::::::
: : : : : : ゙!,、:'ll|l,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,ll`,.: : : : :::::
: : : : : : : `:::::゙゙,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,il゙;:;.: : : : ::::: :



148 名前:2/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:01:40 ID:WKVDEz6B


 

                      昔々、或るところに

149 名前:3/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:02:39 ID:WKVDEz6B

一人の男が居た



    ∩_∩
   ( ´∀`)
   (    )
   | | |
――(__)_)―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;



視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャットメル友募集出会い館メル友



150 名前:4/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:04:09 ID:WKVDEz6B
     男は牛の世話をして働いていた

 男は乳を出さない牛をなだめるのがとても得意だった

 人々は 「牛と話が出来るのではないか」 と笑った




                             ∩;;;∩ 
  ΞΞ                       (Y;;;;;;;;;;丶ノ)   ムシャムシャシテヤッタ 
   Ψ∩_∩  私は善き牧者である      i;;;;;;;;;;゚;;;゚丶  
   ∥(´∀` )   ナンチッテ          〟 /; ;\;;;;'⌒)     イマハ 反芻シテイル
   ○      )                  ).|;;; ;;(*゚Д゚)   
   ∥| | |                .  ι|;;;;;;;;⊃ ;;;/⊃
 ;;;;;;;;::;(___〈_);;;;;;;;;;;;:::;;:;:;::;:::;;;;:;;;;:;:;;;;;:;;;;;:;:;:;;;;;;;::;; 丶..; ;;;;/  ;::;;:;;:;::;;:;:;  
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;                U"U 



151 名前:5/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:05:47 ID:WKVDEz6B


    男は村の人達にバカにされ、
  いつもぞんざいな扱いを受けていた

                         /      
  ΞΞ  ?                 あらやだ/
   Ψ ∩_∩            @@@@
   ∥( ´∀`)          (゚д゚~@
    ○      |          (  つ つ
   ∥ |   |  .|           人 ヽノ
 ―∥(___ (__)―――――  (__(__)
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;  



152 名前:6/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:06:32 ID:WKVDEz6B

  人々が男を嗤うのには理由があった
 
 


 男は普段はひどく物静かなのだが



      
       フーフー
     ∩_∩
    ( ´∀`)
    ( ⊃日)
    | | |
 ――(__)_)―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;



153 名前:7/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:07:04 ID:WKVDEz6B


 
        て     
   ∩_∩  そ    
  ( *゚∀゚)        
  ⊂    ⊃         ∧ ∧
  / / /       Σ (゚Д゚;) キャッ
 (_ノ、_ノ          /⊃ ⊃  
       ピョートル  `ー( __ O 
__ξ_______ ∪ ____    
  :::::::: :     ;: . ..     ; . : : ;; :







 知り合いだろうが他人だろうが、

 人と向かい合うとなると
  急に感情をあらわにしだすのだ

154 名前:8/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:09:23 ID:WKVDEz6B

かすかに頬をゆるませている者とすれ違えば
      白痴のように破顔した






   ∧_∧        ∩_∩
  ( *´∀`)      (^∀^ )
 ⊂    丿⊃     ⊂    つ
  ノ  γヽ       ( (  (
 (__丿\__ノ―――――(_(_)――――――



155 名前:9/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:10:06 ID:WKVDEz6B

  肩を震わせて俯くものがあれば
   大粒の涙を零しにこぼした


 ウッウッウッ      
 ;;∧_∧;       ∩_∩
 ;(    ):      (´д`゚ )。
 ;( O   ):     ⊂    )
 :│ │ │;  ――― |  |  |―;―::
 :(__ (__);      (_(_)



156 名前:10/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:10:38 ID:WKVDEz6B

  人々は嗤った    「単純な奴だ」と。



          ∩_∩
          (´∀` ) ネコジタ  
         (  つ日   トルネェード
         ( ̄__)__)




  「情に流されやすい、わかりやすい奴だ」と。

157 名前:11/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:11:33 ID:WKVDEz6B
 ある日、

 牛飼いの男は、憤怒の形相で当たり散らす男に出会った。





           
         
  ∩_∩       ∧_∧  謝罪と賠償(ry
 (; ´∀`)     <`Д´# >
 (    )  ε= (    ⊃
ー| | |――――..く く く――――
 (__)_)' .,'   , く_く_〉 ',. '.;'






158 名前:11/24 間違えた・・・スマソ 投稿日:2005/06/19(日) 13:14:19 ID:WKVDEz6B


その男は いつも何かに怒っている、ということで有名だった



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| あいつには関わらんほうがいい。
| 世の中に不満しか持てないような男だ
|
 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧∧     ∩_∩
  (,,゚Д゚)    (´∀`;) 
  ⊂  ⊃    (    )  
 ~|  |     |  |  |
   し`J     (_(__)


159 名前:12/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:15:02 ID:WKVDEz6B

    男は牛飼いの男をなじった



    

  
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | 俺の苦労は他の奴等よりずっと多い!
          | 俺はお前なんかよりずっと大変なんだ!
          \
             ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∩_∩         ∧_∧
   (;´∀`)        <`Д´#> =3
   (    )       ⊂    )  ナッチョラン
  ー| | |―――   : | | |―――――
   (__)_) ' ;     く_く_〉 ' , ,, .;; ;











   しかし 牛飼いは何を思ったのか

 
   ∩_∩
  ( ´∀`)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (    ) < ・・・・
  | | |    \_______
  (__)_)




160 名前:13/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:15:30 ID:WKVDEz6B


急にぼろぼろと泣き始めたのだ
  



            ∩_∩          ∧_∧
           (。゚´д`)。      Σ <`Д´; > 
           (    )         ⊂    )
           | | |           | | |
           (__)_)         く_く_〉



161 名前:14/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:15:59 ID:WKVDEz6B


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | ど、どうした!何故泣く!?
       | ええい泣くな!
       \
 ウウ・・・     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∩_∩          ∧_∧
 (。゚´д`)。         <`Д´; > 
 (    )         ⊂    )
 | | |           | | |
 (__)_)         く_く_〉



162 名前:15/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:16:24 ID:WKVDEz6B


 
         ハッ

       ∧_∧ て
      <`Д´ > そ 
      〈    〉
      | | |
      く_く_〉



163 名前:16/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:16:56 ID:WKVDEz6B



                   ∩_∩
                  。(゚´д`。)゚
.                 ゚ (    )
                  | | |
                  (__)_)




164 名前:17/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:17:22 ID:WKVDEz6B



                   ∧_∧
                  。<゚`д´。>゚
.                 ゚ (    )
                  | | |
                  〈_〈_〉




165 名前:18/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:18:06 ID:WKVDEz6B
                         
                     ,,,,,etll,,,llllllll器l州lli,,,,、         
                     ,,,#l゙゙,w''“″    `”''=i,,゙llb,,、       
                 .,,ilタ,,r″     _,,,,,,,,,,,,、 ゚'!iレi゙N,       
                .,ill゙/,ll°    _,,-''"    │  .゙!》。゙f,,     
               ,《'||》°   -'''"   _,,,―ー"   ゚《'i、゙q    
              .,l"|依      ,,,,-‐'"`        ゙l,.゚i|廴   
              《,l《,l゜   ._,,-‐"`        _,,r‐' 《 ['l、   
              .きl"l .‐''"^     ∧_∧―''''"  .,,. ljt].《   
              .l.rl`l        <゚`д´。>。   ,,/゜ .l ゙lI l   
              .《'li、l、     . '。゚(    ) ゚ .,/゛.,,r'" ,l 《,.l′  
              砲,,廴,―'''    | | | ″,,/    レll,,,l′  
              .゙l,lll,,l,       〈__〉_〉  ,    .,l゙l|゚,l°   
               .゙%゙l|,li、         _,/`     ,レg歹    
                .゙lll,|lll〟     .∧_∧      ,i《!il√     
                 .゙゙%,|》i,,   , <    >´   ,,,lタ,,il″      
                     ゙lllll,l|lq,,,、 (     ),,,,,llll゙rll!}l       
                   lllll|゚''゙!l煽│ │ │同'“’ .lll゙,l       
                   '"゙"   〈__ 〈__〉   '゙'゙゙″           



          男が見たのは牛飼いの泣き顔ではなかった 
  
                不機嫌そうに不平を漏らしているはずの自分の顔
                       涙が幾筋も伝っている自分の泣き顔
 


            男が見たこともない  それはとても悲しそうな

166 名前:19/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:18:49 ID:WKVDEz6B

   後日。









167 名前:20/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:19:43 ID:WKVDEz6B

男が、無闇やたらに怒ることはなくなった。
 




    ∧_∧  
   <丶`∀´>
   (    )  
   | | |  
   〈_フ__フ





168 名前:21/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:20:18 ID:WKVDEz6B
 

 鏡に映った 心の奥にいるもう一人の自分が
 

                                
           ,,,,,etll,,,llllllll器l州lli,,,,、         
        ,,,#l゙゙,w''“″    `”''=i,,゙llb,,、       
       .,,ilタ,,r″     _,,,,,,,,,,,,、 ゚'!iレi゙N,       
      .,ill゙/,ll°    _,,-''"    │  .゙!》。゙f,,     
     ,《'||》°   -'''"   _,,,―ー"   ゚《'i、゙q    
    .,l"|依      ,,,,-‐'"`        ゙l,.゚i|廴   
    《,l《,l゜   ._,,-‐"`        _,,r‐' 《 ['l、   
    .きl"l .‐''"^     ∧_∧―''''"  .,,. ljt].《   
    .l.rl`l        <゚`д´。>。   ,,/゜ .l ゙lI l   
    .《'li、l、     . '。゚(    ) ゚ .,/゛.,,r'" ,l 《,.l′  
    砲,,廴,―'''    | | | ″,,/    レll,,,l′  
    .゙l,lll,,l,       〈__〉_〉  ,    .,l゙l|゚,l°   
     .゙%゙l|,li、         _, `     ,レg歹    
      .゙lll,|lll〟       /       ,i《!il√     
       .゙゙%,|》i,,     /       ,,,lタ,,il″      
           ゙lllll,l|lq,,,、    ,  ,,,,llll゙rll!}l       
         lllll|゚''゙!l煽llllllllll|llllllllll“ll’l .llll゙,l       
         ||||"゙"          ::'llll:゙'゙゙″      

 「なんでそんなことするんだよ」
    「なんでそんなことが言えるんだ」

     「俺だって辛い。でも皆だって、大変なのは同じだ。わかっているのに」
      「自分の苦労だけが耐えられないなんて、情けない!」

169 名前:22/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:20:43 ID:WKVDEz6B






       ∧_∧  
      <丶`∀´>  
       (    )
― ――― 人 ヽノ――――――――――――――
  ,,,,   (__(__) ;:      :     :;、,.;`゙




 ――――そう、
 
         叫んでいたような



170 名前:23/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:21:44 ID:WKVDEz6B






                         ∧_
                        <丶`∀  
                         (   
― ―――――――――――――――人 ヽ
 ,. ,,゙:,;,    ゚´  :゙    :,.、   ゙  (__(__




 ――――そんな、
 
            気がしたから



171 名前:24/24 投稿日:2005/06/19(日) 13:22:33 ID:WKVDEz6B













    ・・・モナカ?                                 

     ∩_∩                                ∧
    (;´∀`)____                             < 
    (⊃| ̄最中 ̄|                           ( 
    | .,| ̄| ̄ ̄                             人
 ――(__)_)―――――― ―――――――――――――  〈
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,; ,. ,,゙:,;,    ゚´  :゙    :,.、   ゙  


          





                         ――――――――――――――続く

172 名前: ◆t0TrFgsyeM 投稿日:2005/06/19(日) 13:25:09 ID:WKVDEz6B

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  AA初挑戦だぜフーー!!
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  説明はするな!!
 | |                | |            \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | [][] PAUSE      | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ |  味方であればあなたを理解し、
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ∠  敵であればあなたを信用しない
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚,,)  \_________
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |  
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


189 名前: ◆3CCsMnSkso 投稿日:2005/06/19(日) 17:24:18 ID:OmtUH/Ip

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  他人を感動させようとするなら、
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  まず自分が感動せねばならない。
 | |                | |            \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ | でなきゃ、どんなに良い作品も
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ∠    決して生命ではないんだ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚,,)  \_________
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  | ウヌボレトハ 
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |  チガウ ネ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


190 名前:1/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:26:53 ID:OmtUH/Ip



 またある日、

 牛飼いの男は、満面の笑みを浮かべている男に出会った。





          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | こんにちは!アハハ!
          \
             ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∩_∩         ∧∧
 (; ´∀`)        (Д^∩
 (    )        (|  ,ノ
ー| | |――――..   |  |~――――――
 (__)_)' .,'       し`J  ; ;, ,  ,, ,'' '












その男は いつも笑っている、ということで有名だった



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| あいつは大した奴だ。まるで仏様だな。
|  だがなあ、こうも笑ってばかりだと、ちょっとな・・・
|
 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧∧     ∩_∩
  (,,‐Д)    (´∀`;) 
  ⊂  ⊃    (    )  
 ~|  |     |  |  |
   し`J     (_(__)

191 名前:2/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:28:04 ID:OmtUH/Ip


                                   
  ∩_∩  て      ∧∧               バーヤ! 
 (; ´∀`) そ     (,,^Д),              バーヤ!
 (    )        (|  ,|〉           ヾ(Д´)ノ
ー| | |――――..   |  |~ ――――――  (   )   
 (__)_)'  ,'    ,   し`J              / ヽ









192 名前:2/27 またまちがえた・・・スマソン 投稿日:2005/06/19(日) 17:29:26 ID:OmtUH/Ip





              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | いやだなぁ、バーヤだなんて!
              | そうだ!一緒にお茶でもどうです?
              \
  n               ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
    n            
  ∩_∩         ∧∧ ニッコリ  
 (; ´∀`)        (,,^Д),              
 (    )        (|  ,|〉           ヽ(Д´;)ノ
ー| | |――――..   |  |~ ――――――  (   )   
 (__)_)'  ,'    ,   し`J              / ヽ


193 名前:4/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:29:58 ID:OmtUH/Ip



                                   
  ∩_∩         ∧∧               
 (; ´∀`)        (,,^Д),             ブキミナヤツ!
 (    )        (|  ,|〉           ヾ(Д´;)ノ バーヤ!
ー| | |――――..   |  |~ ――――――  (   )   
 (__)_)'  ,'    ,   し`J              / ヽ





194 名前:5/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:30:27 ID:OmtUH/Ip


   ・・・                                
  ∩_∩         ∧∧ ・・・・              
 (; ´∀`)        (,,^Д),               \
 (    )        (|  ,|〉              バーヤ!
ー| | |――――..   |  |~ ――――――    バーヤ!
 (__)_)'  ,'    ,   し`J                 /



195 名前:6/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:31:06 ID:OmtUH/Ip
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           | 一体どうしたんでしょうね?
           | お茶、飲みたい気分じゃなかったのかなぁ
           \
             ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             \ | /        
  ∩_∩    ニコニコ  ∧∧           
 (; ´∀`)        (Д^,,),⊃          
 (    )        (|  ,|〉          
ー| | |――――..   |  ,|~ ――――――  
 (__)_)'  ,'        し`J   ;: :' ,,: ' ;'':  




男がそう言って振り返ったその瞬間。



196 名前:7/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:32:35 ID:OmtUH/Ip

                n
               n
    ―   ∩_∩  ∧⊂ヽ て
    ―  ( #`Д´) (Д^;)ノ そ
   ―   (  つ つ  | ⊃|   
―― ―   人 ヽノ .  |  | ――――――― 
    ―  (__(__)  .⊂⊂ノ~ =3   ; :;;'''
             



  牛飼いは、怒りを露わにして、突然男に掴みかかったのだ。






197 名前:8/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:33:22 ID:OmtUH/Ip
                                                               
       lllllllllllllllllllllllllllllllll′       ,lllllllll lllllllll          ゙llllllllllllllllllllllllllllllll                 
       llllll!!!!!゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllll`          ,illllllllll.lllllllll′ ,,,,,,,      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllllll                 
       `゛     lllllllll          ,illllllllllll,lllllllll,,,,,,iillllllll!      lllll   lllllllll′                
          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllll|      ,,,iillllllllll!l゙,lllllllllllllllllllll!!゙′     llll , lllllllllll                 
          lllllllllllll!!!!!!!!!!!!!     lilllllllllll!!゙’ !!!!!!!!!!!!l゙゙゙゜       lllll !!!!l゙゙゙゙″                  

                    /⌒        /⌒!
         \         /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
          \       丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_       /
       \         / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ    /
        \       ./ / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::;:|     
                | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ...::::: :: |      ――――
     ― ―       .| .:::::.  ..: |    |ヽ  ._|_|_ .::|.     
                | :::    | |⊂ニヽ| |  _|_|_::::|  \
              / /|. :    | |  |:::T::::| !  .|  |  .::| \ \
             / / \    ト--^^^^^┤       丿 \\\

                   
                           あわわ
                        ∧∧
                       (;  )
                       ⊂  ⊃


198 名前:9/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:33:56 ID:OmtUH/Ip


                アッ! ∧∧ て
                     (^д^;) そ
                    ⊂  ⊃
                   ~|  |
                     し`J


199 名前:10/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:34:23 ID:OmtUH/Ip




                   ∩_∩
                  ( `Д´#)
                  ○   ○
                  | | |
                  (__)_)


200 名前:11/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:35:19 ID:OmtUH/Ip




                      ∧∧
                     (゚Д゚#)
                     ○  ○
                    ~|  |
                      し`J


201 名前:12/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:37:01 ID:OmtUH/Ip

                      ,,,,,etll,,,llllllll器l州lli,,,,、         
                     ,,,#l゙゙,w''“″    `”''=i,,゙llb,,、       
                 .,,ilタ,,r″     _,,,,,,,,,,,,、 ゚'!iレi゙N,       
                .,ill゙/,ll°    _,,-''"    │  .゙!》。゙f,,     
               ,《'||》°   -'''"   _,,,―ー"   ゚《'i、゙q    
              .,l"|依      ,,,,-‐'"`        ゙l,.゚i|廴   
              《,l《,l゜   ._,,-‐"`        _,,r‐ ' 《 ['l、   
              .きl"l .‐''"^      ∧∧      .,,. ljt].《   
              .l.rl`l         (゚Д゚#)   ,,/゜ .l ゙lI l   
              .《'li、l、     . '  (|  |)  .,/゛.,,r' " ,l 《,.l′  
              砲,,廴,―'''      |  |~,,/      レll,,,l′  
              .゙l,lll,,l,         し`J,        .,l゙l|゚,l°   
               .゙%゙l|,li、         _,/`      ,レg歹    
                .゙lll,|lll〟      .∧∧      ,i《!il√     
                 .゙゙%,|》i,,   ,  (   )´   ,,,lタ,,il″      
                     ゙lllll,l|lq,,,、  |   |  ,,,,,llll゙rll!}l       
                   lllll|゚''゙!l煽..│ ~| 回'“’ .lll゙,l       
                   '"゙"    .し^.J      '゙'゙゙″           



          男が見たのは牛飼いの怒った顔ではなかった 
  
                なんどきも笑顔で溢れているはずの自分の顔
                       跡がつくのではないかと思うほどの眉間の皺
 




            男が見たこともない  それはとてもやるせない

202 名前:13/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:37:56 ID:OmtUH/Ip

後日。





203 名前:14/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:38:37 ID:OmtUH/Ip



 男はあまり笑わなくなった





   ∧∧
   (,,゚Д゚)
   |⊃|
―~|  0――――――
   し'´    ;:,.''





204 名前:15/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:39:56 ID:OmtUH/Ip

 時には怒ることもある





 待てコラー!
―   ∧∧
―   (#゚Д゚)             ウワァァン!
―   /,,⊃⊃    ―  ヾ(;`Д´)/
― ~て ) _)⊃      ―  (   )
―  (/         ―    / \












          楽しいときは、声をあげて笑った    
                 
                
                  ∧ ∧
                  (*^Д) ヘヘヘ
                  /  |
                  (,,_/
                /
                
               


205 名前:16/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:40:45 ID:OmtUH/Ip



 鏡に映った自分  心の中の一人の自分が

                                
           ,,,,,etll,,,llllllll器l州lli,,,,、         
        ,,,#l゙゙,w''“″    `”''=i,,゙llb,,、       
       .,,ilタ,,r″     _,,,,,,,,,,,,、 ゚'!iレi゙N,       
      .,ill゙/,ll°    _,,-''"    │  .゙!》。゙f,,     
     ,《'||》°   -'''"   _,,,―ー"   ゚《'i、゙q    
    .,l"|依      ,,,,-‐'"`        ゙l,.゚i|廴   
    《,l《,l゜   ._,,-‐"`        _,,r‐' 《 ['l、   
    .きl"l .‐''"^     ∧∧―''''"   .,,. ljt].《   
    .l.rl`l         (゚Д゚#)   ,,/゜ .l ゙lI l   
    .《'li、l、     . ' (|  |) ゚ .,/゛.,,r'" ,l 《,.l′  
    砲,,廴,―'''     |  |~″,,/   レll,,,l′  
    .゙l,lll,,l,        し`J ,      .,l゙l|゚,l°   
     .゙%゙l|,li、         _, `     ,レg歹    
      .゙lll,|lll〟       /       ,i《!il√     
       .゙゙%,|》i,,     /       ,,,lタ,,il″      
           ゙lllll,l|lq,,,、    ,  ,,,,llll゙rll!}l       
         lllll|゚''゙!l煽llllllllll|llllllllll“ll’l .llll゙,l       
         ||||"゙"          ::'llll:゙'゙゙″      
 

 
 「その笑顔で心をひた隠しにして、それで何もなかったと言っているつもりか」
    「お前は人と関わるのが面倒くさくなってしまっているだけだ!」

     「卑怯ものめ!横着ものめ!」
               
     「それで楽しいか!それで人々はお前を信じるのか?!」

206 名前:17/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:41:48 ID:OmtUH/Ip






          ∧∧
          (,,゚Д゚)
          |⊃|
― ―――   ~|  0――――――――
  ,,,,    .   し'´   :;`゙、  、




 ――――そう、
 
         叫んでいたような



207 名前:18/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:42:30 ID:OmtUH/Ip






                           ∧
                          (,,゚Д
                           |⊃
――.―――――――――――――   ~| 
 ,. ,,゙:,;,    ゚´  :゙    :,.、   ゙     し'´




 ――――そんな、
 
            気がしたのだ



208 名前:19/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:43:06 ID:OmtUH/Ip













    ・・・ヤツハシ?                                 
         ソレニシテモ デカ・・・
     ∩_∩                                  ∧
    (;´∀`)______                             (,,
    (⊃|八ツ橋・バリ生|                            |
    | .,| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄                           ~|
 ――(__)_)―――――― ―――――――――――――      し'
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,; ,. ,,゙:,;,    ゚´  :゙    :,.、   ゙  


          



209 名前:20/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:43:39 ID:OmtUH/Ip



      ヤア                ヨウ!

     ∩_∩               ∧∧
     (*´∀`)            Σ(゚Д゚*)
    (    )            ⊂   つ
    | | |              0  |~
 ――(__)_)――――― ‐――   `J――――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;     ;: ;;;     ;:;,.
                     






 牛飼いの男を馬鹿にするのは 男が誰かといる時に 傍で見ていた村人達であった。





     ウン                  
                       
     ∩_∩                ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (*´∀`)            Σ (・∀・*)< おっ、元気か?
    (    )              ⊂    )  \_______
    | | |               | | |
 ――(__)_)――――― ‐――   (_)_)
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;     ;: ;;;     ;:;,.
                     




 実際に男と対峙した一部の村人は、彼ととても仲が良かった。

210 名前:21/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:44:25 ID:OmtUH/Ip

     男に会うことで変わることの出来た人々は、
        そのことを他の人々に伝えた





/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| と、いうわけでな・・・

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄    アノ タカラスマイルニオサラバデキタッテコトカ・・・・
   ∧ ∧     ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,゚Д゚)    ミ゚Д゚彡 < そうだったのか・・・
   /  |     ミ  ミ  \_______
   (,,_/      ミ_,,ミ/
 /     
       



212 名前:21/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:46:50 ID:OmtUH/Ip



  そのため、村の外にまで噂が広がり、男の家は
   心にもやもやを持っている人々がぞくぞくとやってくるようになった。




                                                                                      

                                             
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllilll,,,,勿ョi,,,,,_                                         
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,||空lta,,,,_                                     
llllllllllllllllll厨llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllj,,,,,,≒x,,,,、                               
llllllll゙|l|lll前リ|l|態lllllll,|||l||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll3gl,ll,,b                               
lllllllii,l|lll脳l,l|llllll届||llllllllllllllllllllllll||lllllllllllll,,illllllllllllllllllllllll,、                             
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll ヤl′                            
llllllllllllllll|llllllllllllll稿稿llllllll|il稿llllllll|lllll゙l゙四l|l{四iil絲iiwl゜                                                 
  ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄.. ̄||
  ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄,||
  ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄.. ̄||,
  ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄,||
  ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ,||,,         n
  ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|______| ̄,,.||       n n n
  ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| :;,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;\, ̄||       n  n
  ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::\|| エ、エート?  ∩_∩    ∧_∧ アナタガ、アノウワサノ・・・?    



213 名前:22/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:47:16 ID:OmtUH/Ip

  ゲッソリ
     ∩_∩
    (ヽ´∀`)=3
    (    )
    | | |
 ――(__)_)―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;


 男は、何十人もの人と対峙して、疲れてしまっていた。

214 名前:23/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:48:22 ID:OmtUH/Ip
 
  そんなある日。


                
              ___           ___
             /  ';          /::::::::::';
            /   ;______/::::::::::::::;
           /                ::::::::::::\
         /    /          \   :::::::::::::\
        /´         ___         :::::::::::::::|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |           |    |          :::::::::::::|  <  ・・・・・・・・・・・・
        |           |     |         :::::::::::::|    \_______
        |           丿   |        ::::::::::::::::| 
        |         / ̄ ̄ ̄\      ::::::::::::::/
        \                  ::::::::::::::::::/
          ヽ                :::::::::::::::::<


215 名前:24/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:48:49 ID:OmtUH/Ip


 男は一人の女に会った。


     ∩_∩           ∧_∧
    ( ´∀`)          (‘∀‘ )
    (    )         (つ ⊂ )
    | | |          (  | │
 ――(__)_)―――――― し(__)―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;



216 名前:25/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:49:30 ID:OmtUH/Ip




                  *      +
                 +  *
                     ∧_∧  +
                  * ( ‘∀‘)  
              +      (    ) *
         .           | | |
                    (__)_)   +

               女は誰かに恋をしていた。
 





217 名前:26/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:51:34 ID:OmtUH/Ip

 男は




    ・・・
     ∩_∩           ∧_∧
    ( ´∀`)          (‘∀‘ )
    (    )         (つ ⊂ )
    | | |          (  | │
 ――(__)_)―――――― し(__)―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;



218 名前:27/27 投稿日:2005/06/19(日) 17:52:31 ID:OmtUH/Ip
 
              ___            __
             /  ';          /::::::::::';
            /   ;______/::::::::::::::;
           /                ::::::::::::\
         /    /          \   :::::::::::::\
        /´         ___         :::::::::::::::|   
         | \|/      |    |          :::::::::::::|  
        | /|\       |     |         :::::::::::::|   
        |           丿   |        ::::::::::::::::|
        |         / ̄ ̄ ̄\      ::::::::::::::/
        \                  ::::::::::::::::::/
          ヽ                :::::::::::::::::<


 

       男は 恋をする女に恋をしてしまった―――――――







                                        ―――――――――続く

219 名前: ◆t0TrFgsyeM 投稿日:2005/06/19(日) 17:54:38 ID:OmtUH/Ip

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  恋は盲目
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  恋がしたい、恋がしたい、恋がしたい
 | |                | |            \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | [][] PAUSE .    . | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ |  それは
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ∠    『恋に盲目』
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚,,)  \_________
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |  
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



237 名前:昆布 ◆t0TrFgsyeM 投稿日:2005/06/19(日) 21:22:45 ID:URTuBQiE

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  自分を見失うのは、よくあることだ
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  自分の本当の心は何処にあるのか?
 | |                | |            \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | |> PLAY.       | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ | 大抵の者が途中で諦めて放り出してしまう
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ∠  が、追い詰めてしまったらどうなる?
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚,,)  \_________
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  | サイシュウカイ 
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |  チョウヘンジャナイスマソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


238 名前:1/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:25:14 ID:URTuBQiE
 男はその女に静かに恋した。


 ある日男は女に自分の想いをうち明けた。


 男は、自分の想いが絶対に叶うことのないことを知っていた。


 

     ∩_∩      ∧_∧
     (;´∀`),*',   (‘∀‘;)
     (  つ∠*゙*   (    )
     )  ) )      | | |
―――(__)__)―― ―(__)_)―――――
::;;:      :;.,;:;., ;:. ;  .,:;,   '' ' '   






 しかし、伝えずにはいられなかった。

239 名前:2/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:25:50 ID:URTuBQiE

 もちろん、女は肯かなかった。女は去っていった。



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     | 晴耕雨読 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     |ッテカ、本ガネェ|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∩_∩    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(-_-。) …
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(∩∩)────────────────
;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;;;;;/
;;;;;;/




   男は悲しんだ。

240 名前:3/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:26:37 ID:URTuBQiE

 ある日、男はまた別の女に会った。

                 
                        ∧ ∧
           ∩_∩         XノへハハX
          ( ´∀`)         (^∀^ヽ゚|
          (    )         (    §
;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;| | |;;;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;;;;;;;| | |!!;;;;;;;;:::::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;
;: ;: : ;: : ;: ; :(__)_);: : ;: ;:;;;:  ; (_)_)
       



241 名前:4/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:27:08 ID:URTuBQiE

                         
                           
                  +            
                      *    +
                          +    
             *  +     ∧_∧,     
          +          X ヘハ ノ X   *+ 
            + +     (^∀^ ヽ゚|     +
          *        ⊂    .§    +
            +   *    | Y  |!!     
         +          (_(__)    * 
         
        
             この女もまた、恋をしていた

242 名前:5/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:27:48 ID:URTuBQiE

  何故だろう。拒まれるのはわかっているのに、男はまた女に想いを告げたのだ


                 
                        ∧ ∧
           ∩_∩+**      XノへハハX
          (;´∀`)**        (´д`;ヽ゚|
          (   ⊃y゜        (    §
;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;| | |;;;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;;;;;;;| | |!!;;;;;;;;:::::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;
;: ;: : ;: : ;: ; :(__)_);: : ;: ;:;;;:  ; (_)_)
       


 
            無論、男は見事にふられた。











243 名前:6/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:28:13 ID:URTuBQiE

 男は苦しんだ。
                      ウウウ

                       ∩_∩
                      ゚(Tд⊂ヽ
                     。⊂   ノ ゚。
                       人  Y 
                      ( \ )          
――――――――――――――  人  Y ―――――
                      レく_〉


244 名前:7/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:29:30 ID:URTuBQiE
 
 知れきった終わりを迎えた恋を二回もし、
  男を訪ねる人々も相変わらずのペースでやって来る。





      はだしのゲソーリ
     ∩_∩
     (ヽ´д`) =3
    (    )
    | | |
 ――(__)_)―――――――――――――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;




     男は疲労困憊していた。

245 名前:8/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:30:32 ID:URTuBQiE


 
    ある日、男は また別の女に会った。


          
     ∩_∩          ∧∧
    ( ´∀`)        (゚ー゚*)
    (    )        ⊂  ⊃
    | | |        ~|  |
 ――(__)_)――――  . .し`J―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;  ;:   ;;;: ;: ; ;;;;;;;;:     
;:;




    その女も、やはり恋をしていた。

246 名前:9/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:31:24 ID:URTuBQiE

 今度こそ黙っていようと牛飼いの男は思った。

しかし、病にも似た衝動に突き動かされ、 男はまたも、届かない愛を告げた






/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| すみません・・・  
| 貴女を好きになってしまいました 
\         ____
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ 
          
     ∩_∩           ∧∧
    (;´∀`)          (゚‐ ゚;)
    (    )         (   )
    | | |        ~|  |
 ――(__)_)――――  . .し`J―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;  ;:   ;;;: ;: ; ;;;;;;;;:     


247 名前:10/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:32:38 ID:URTuBQiE






          
     ∩_∩           ∧∧
    (;´д`)          (゚‐ ゚;)
    (    )         (   )
    | | |        ~|  |
 ――(__)_)――――  . .し`J―――――
  ;,、   ,  ,, ''';;,,,   ,,;  ;:   ;;;: ;: ; ;;;;;;;;:     
                    |\
              / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
              | ごめんなさい・・・・・
              \________


248 名前:11/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:33:50 ID:URTuBQiE






 
               ∩_∩
              ( ´∀`)
              (    )
              | | |
              (__)_)
 






249 名前:12/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:35:36 ID:URTuBQiE












                        男は  鏡だった










250 名前:13/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:36:20 ID:URTuBQiE







            男は 対峙する者の心を映す 
          
                      ――――――鏡だったのだ








                    鏡のように 純粋で 真っ平らな心を持っていた――――――






251 名前:14/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:36:49 ID:URTuBQiE


 
 
      男はわからなくなっていた



     

         ∩_∩
        (    ´)
        (     つ
        (_○___)






   恋に破れた この苦しみが どこからくるのかも
     


252 名前:15/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:37:24 ID:URTuBQiE



     もしかしたら 自分の想いを拒絶しなければならなかったた 女の苦しみを

 

                          ∩_∩
                         (`   )
                         ⊂  ○ )
                         (__)_)

     

     自分の心に写し取っただけなのかも

                     しれないということも―――――





253 名前:16/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:38:58 ID:URTuBQiE
  



      男は疲れていた






                        ∩_∩  
                       (   /⌒◯
                   ((   | 八  r 丿
                       (_)(_)__)




            人々の心を写しすぎて疲れてしまっていた

          笑ったり 泣いたり 怒ったり ・・・・



254 名前:17/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:39:29 ID:URTuBQiE
    
     男はすっかり混乱してしまっていた





                          ∩_∩
                         (    )
                         (  O )
                      ((  │ │ │
                         (____)_)




  自分の心は何処にあるのか
       果たして



           それは本当にあるのか?

255 名前:18/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:39:49 ID:URTuBQiE




                         ∩_∩
                        ( ´∀`)彡
                        ( O   )
                        ││ │
                        (__(__)








257 名前:19/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:42:06 ID:URTuBQiE





 
                      ∩_∩
                     ( ´∀`)
                     ( O   )
                     ││ │
            ______(__(__)______
              l|ll|ll      ;     ;                    
                     ;     ;     l|llli |l|lii  
                     ;      ;     i| i i|ii|i   
                    ;       ;          
                    ;        ;        
                    ;        ;           
                    ;       ;            
                    ;       ;            
                     ;     ;              
                      ;    ;              
                      ;   ;             
                      ;   ;             
                       ; ;              
                       ; ;              
                        ; 






             男の考えはひとつの絶望の上にまとまった   






                “ 私の心は、


                                  ・・・・・・ない? ”

258 名前:20/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:42:33 ID:URTuBQiE
           ;                 ;     
           ;                 ;      
          ;                 ;      
          ;                ;      
          ;                          
           ;               ;         
           ;               ;        
            ;              ;        
          何も見えない         ;        
            ;
            ;               ;          
             愚かしい         ;          
             ;               ;          
              ;              ;         
              ;   愚かしい自分の  ;         
               ;               ;
               必至に覗き込んでいる顔だけが     
               ;               ;          
               ;               ;          
                ; 見えていた       ;           
                ;               ;           
                ;               ;          
                 ;   写っていた     ;          





259 名前:21/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:43:05 ID:URTuBQiE


                               
                                                
                      まるで   他人の       それのように
                                
                                
                                 
                               ,,,,,etll,,,llllllll器l州lli,,,,、         
                               ,,,#l゙゙,w''“″    `”''=i,,゙llb,,、       
                           .,,ilタ,,r″     _,,,,,,,,,,,,、 ゚'!iレi゙N,       
                          .,ill゙/,ll°    _,,-''"    │  .゙!》。゙f,,     
                         ,《'||》°   -'''"   _,,,―ー"   ゚《'i、゙q    
                        .,l"|依      ,,,,-‐'"`        ゙l,.゚i|廴   
                        《,l《,l゜   ._,,-‐"`           _,,r‐' 《 ['l、   
                        .きl"l .‐''"^           _,,―''''"  .,,. ljt].《   
                        .l.rl`l        ∩_∩,-‐' ,,/゜  .l ゙lI l   
                        .《'li、l、     .-' ( ´д` )"゛.,/゛.,,r'"  ,l 《,.l′  
                        砲,,廴,―'''″        ″,,/    レll,,,l′  
                         .゙%゙l|,li、            ,,/′    .,l゙l|゚,l°   
                         .゙%゙l|,li、           _,/`     ,レg歹    
                          .゙lll,|lll〟     .,,/`         ,i《!il√     
                           .゙゙%,|》i,,   ,i´          ,,,lタ,,il″      
                               ゙lllll,l|lq,,,、      .,,,,,llll゙rll!}l       
                             lllll|゚''゙!l煽llllllllllllllllll同'“’ .lll゙,l       
                             '"゙"               '゙'゙゙″      





260 名前:22/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:43:43 ID:URTuBQiE







             ∩_∩
            ( ´∀`)
            (  つ つ 
             人 ヽノ 
            (__(__)


  ああ 苦しい          苦しい

261 名前:23/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:44:11 ID:URTuBQiE


        
         だけど この悲しみも 苦しみも



             ∩_∩
            ( ´∀`)
            (     )
             人 ヽノ 
            (__(__)


      私のものじゃないんだ

              ああ・・・




262 名前:25/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:45:51 ID:URTuBQiE


    

          だったら




             ∩_∩
            ( ´∀`)
            (     )
      .        |  |  |
            (___(_)



           せめて・・・・・

263 名前:26/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:46:53 ID:URTuBQiE







                         ∧∧
                         (*^Д^)





               嬉しい気持ち 楽しい気持ち  幸せな 気持ち








264 名前:27/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:47:39 ID:URTuBQiE
                                      ;;   ;   
                                     ;    ;  
                                     ;    ; 
                                    ;     ;  
                                    ;     ;   
                                   ;      ; 
                                   ;      ;  
              そんな気持ちだけを        ;       ;   
                                  ;      ;    
                                  ;      ;  
                                  ;       ;  
                                  ;       ;   
                                  ;;      ;;  
                                 ;       ;   
                                ;       ;         そんな気持ちばっかりを 
                                ;      ;    
                                ;      ;   
                                ;     ;      
                                ;     ;     
                              .   ∩_∩;
                                ⊂(´∀`)⊃
                                   ̄ ̄
                                
                                  





265 名前:28/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:48:05 ID:URTuBQiE












                    写していたかったなぁ・・・・・・・











266 名前:29/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:48:48 ID:URTuBQiE
          
           


                               
           ;+                     
            ;,.                    
                             _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_             
                        ,,,alll|ll|ll*l┷┻|l|i゙゙l,Wg,,,    ,+.;  ;   
              :       ,,itl゙゚,,rぞ ∥    |l゙ .゙゚ラi,,'゙{N,、     ;+,  
             ;      .,ilう',if~ /  .|゙l    》   .,r'゙゚hレ,゙ll,,   ,;  , 
        ,+.     :    .,l先,√゙l `-,、.|│  .,,F  ./   ゚f》,,'゙q  +.   
                  ,l゙[,空、,、゙l  `'-| ゙l  ,|  .,/  ./ ゙l,゚i、゙q    
                 ,l,,,il'√ ゙'''゙lッ. .l゙ |  | │ ,/   .゙i、'l,゙i、    
             ;+;   .lレl]《     ゙''゙lュ,,~'〔 { ,/.,/`     .'l..,レ《    
                 il゙,ll l"       `゚=i,|,以i二,,,,。v,,,,,,,---ll「|,.li、   
          ,   ,+   l|l,l ,l二ニー''''''''''''''''ニ=l|lケ'''''"`    `゙゙"''l ,テ,l    
            ;,     .l,,l".l、   _,,,y='“゙/ .|'-ィ,!'''''''"″   .l!,》┃ , ; 
                 l,゙l,l!l、,-‐ジ'"` .,/`  |、 `゙'''、、    ,l',》!l° ;+.,  
            ,     .'ll゙lg廴/    │  .,|ヽ  ゙l゙゙li、,、 .,《.||,√    
                  ゙l,ll,l私     .゙l  /.| .ヽ  ` ゙'、`,l゙,,l|,l°  ;,.  
                   .゙゙lll,l私   ,/`  ,i´゙l  ゙i、   .,ilワ',ll″  .   
                    ゙゙!lll,゙'li,,../′ │ │  ゙l ,,,ll゙',レll`   ;+    
                      ゙lllll|l脳a,,,,,,l゙  .|,,,,,,,ョll郎'''l|/』       
                         'l'|l| ゙゚゚゙゙゙l!゙゙゙゙゙゙゙㌍ザ″  ll|,il        
         ``             ```       
                             






                そんな願掛けと共に、


 

                      男の心は割れて 砕けてしまいました   



267 名前:30/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:49:26 ID:URTuBQiE



 
       ∩_∩   ○ 
  ε= ⊂(´∀`⊂⌒⌒⊃
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

268 名前:31/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:50:37 ID:URTuBQiE




   男は  それから    三日保たずに








 
_∩   ○ 
∀`⊂⌒⌒⊃
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



269 名前:32/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:51:12 ID:URTuBQiE













    







――――――  .o゜*。o ―――――――――――――――――――――
         /⌒ヽ*゜*     。o  *
        /ヽ    )。*o  。 *
        ゛ ̄ ̄' ゜




      死んでしまったのだった









270 名前:33/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:51:37 ID:URTuBQiE







  牛飼いの男の願掛けはどうなったのであろうか






                      割れてしまった男の心は・・・?―――――――




271 名前:34/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:51:59 ID:URTuBQiE


                現代。


























   \ 遅いぞ ギコー!/             \すまないモナー
                                みんな待ってるかな?/



                \ あ、ちょっと待て。行く前に・・・ /

272 名前:35/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:53:09 ID:URTuBQiE
;;;;iii    ||
      ||
 ll;;;;:::::  ||
      ||
      ||
      |_\
       | |        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ギスギスローン.| |        | 大学合格おめでとう、ギコ。遅ればせながら祝わせてもらうよ
ギスギスレイク.| |        \
       | |           ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |               
  ;   ;;; | |     ∧ ∧      ∧_∧
   :: ::  | ―――(;゚Д゚) ――(´∀` ) ハコハナイ ――――――――
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |    / ⊃⊃  ◎⊂  ⊂)   ガマンシテクレ
―――――    ~(  (     ii ( (  (
              U~U      (_(_)

              |\
        / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | お、おいモナー。これ・・・ロレックソの腕時計じゃないか。
        | こ、こんな高いもの・・・・
        \________


273 名前:36/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:53:38 ID:URTuBQiE
;;;;iii    ||
      ||
 ll;;;;:::::  ||
      ||
      ||
      |_\          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |          | おおっと、返すなんて言わないでくれよ
ギスギスローン.| |.         |   無いセンスを絞り出して選んだんだぞ
ギスギスレイク.| |.         \
       | |.            ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |               
  ;   ;;; | |     ∧ ∧        ∧_∧
   :: ::  | |―――(;゚Д゚) ―― (´∀` )  ――――――――
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |    / ⊃◎     (     ⊃   
―――――    ~(  ( ii      |  |  |
              U~U       (_(_)

              |\
        / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  あ、あ・・・
        |   モナー、お前ってヤツァ
        \________


274 名前:37/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:54:40 ID:URTuBQiE
;;;;iii    ||
      ||
 ll;;;;:::::  ||
      ||
      ||
      |_\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |     | あ、ありがとうよ、モナー
ギスギスローン.| |.    |  一生大事にするよ、壊れてもつけてるよ
ギスギスレイク.| |.    \
       | |.       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | |               
  ;   ;;; | |     :∧:_∧:       ∧_∧  トケイハ コワレタラ
   :: ::  | |―――:(,,;Д): ―― (´∀` )   トケイヤサンデ ―――
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |    :/ ⊃◎:    ⊂     ⊃ ナオシテモライナサイヨ
―――――    ~:(  ( ii:      |  |  |
              :U~U:       (_(_)

                         |\
                   / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |  喜んでもらえたみたいでなによりだ
                   |   さ、行こうか。祝賀パーティだ!
                   \________


275 名前:38/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:55:11 ID:URTuBQiE


   『なぁモナー』
              『なんだ?』


     『なんでお前は・・・』      
                   『お前は落ちたのに
                    なんでこんなに祝ってくれるんだ、か?』



          
             ∧∧ ∧_∧
            (,,  ) (    )
             |  ⊂  O )
            ~  | | | |
           .  し`J (__)__)
          
          

  『ああ、まあな・・・』
                     『余計な心配だよ
                         ギガお世話だ』


     『すまん・・・・・』

276 名前:39/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:56:52 ID:URTuBQiE





                   
                  
                  
                  
                     ∧∧ ∧∧
                     (≡,) (≡≡)
                     (≡⊂≡≡)
                      |≡| |≡≡|
                      し`J `'(≡)
                    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

           『お前が嬉しいと、俺も嬉しいんだ。だから・・・・』
                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




277 名前:40/40 投稿日:2005/06/19(日) 21:57:46 ID:URTuBQiE

















                                 ∝―終わり―∞














278 名前:昆布 ◆t0TrFgsyeM 投稿日:2005/06/19(日) 21:58:22 ID:URTuBQiE





                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |  俺の心にも、一片の鏡。
 ____________  \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄|  それは、純粋に人々の幸福を願った
 | |                | |            \            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | | □ STOP .      | |               ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ |  愚かな男の、愚かな望み
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ∠  『喜びを写す鏡でいたい』
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚,,)  \_________
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |  
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


1
関連記事
| 08:00 |コメント(5)
カテゴリー:ハートフル系

|

<< セブンスホール その6 | HOME | やる夫と深夜の駄目人間達について >>

■御感想or寝言

11937 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/18(木) 08:39:33 ID:-

感服いたしました。作者乙


11940 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/18(木) 10:16:32 ID:-

240
んところとこかずれているぜ。


11949 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/18(木) 12:58:05 ID:-

太字にするなよ、ガックガクじゃねえか


11979 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/18(木) 19:36:46 ID:-

いい話だわ


11994 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/18(木) 21:58:22 ID:Z6Y2eIvk

何か良いねぇ…


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ