やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2010/07/22(木) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day06


やる夫に触れることは死を意味するそうです の記事一覧


1 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:21:24 ID:sdh4sTUY

          /         、`ヾメヽ`ヽ        |
        /     {.  ∧ M/lハト、 V_ハ ヽ.__丿  │  よ う こ そ
    \_ノ    ハ | }ノ.ハノ}ノ}八 V_ハ   r‐'′    |    来 訪者 !
    勹   {V {、ヽ!t{V ノ_厶イソヽ,!工!_ \__,ノ  >
  'ー=ニ イ乂ゝ‐。ミ{_j,}-<´__゚,ノ乙/ィヌヌiユ、 ヾ´   ´ ̄\_______
       ||ミ|^)ハヮ゙} '  ``'ヽl^'ヾ | |込ヌ|ll! l!}  \___,ノ
       ||ミリ   /,Lj....コ、____..   | |込ヌ||=|     <´
      ト=ヽ〒  `ヾ'"    _人ヾkヌ||=|     `丶--‐'゙
.        |i`テ|、-‐冖'二 ̄`¨ニ'彡イf≧=|レァ」         ヽ\
        _)'⌒|j  _彡     イノ ノ}'′∨     _,,.,.,.,,...ゝ--ー
    ,//   {. /´         {   ノ   /`>-''"´,.,.;.;.;.;.;.;.;.;';';';';';'
     ,/     ヽ            / _/_ノ ,.;:';';';';';';';';.';.';.';.';'/
  /       ト<´ ̄`丶、__,/ _/,.‐'´,.:;';';';';';';';'r'~''⌒'"´
 /      _,、‐''`|  ` ̄ ̄   //´,.,:,';';';';';';';';';';';') <原作のウォーケンさん>

 御覧いただき感謝感激

 本スレッドは 荒木飛呂彦先生の漫画「バオー来訪者」を元にした
 やる夫AA物語であります

2 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:23:09 ID:sdh4sTUY


 ---- その少女はある列車に乗っていた
     行き先も認識ナンバーもついていない"黒い列車"に

ガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトン
                       -──-<..           ` 、 \
                    ´ ..-―- 、ノ⌒'、ー、- ..     Y⌒Y⌒レハ
                   //  / /'、\  \ \ `   rーj  r! ! __ノ'⌒ ーァ、_
                   '/    .´ .イ.′ ヽ\  \ \ __j _)_ノ_`'´ し'´j_イーv´Vハ
                  //    /////  /`ト、\  \(    厂:::::::ヽ   (___j'⌒Y
                 ′′   .′ /// /   ヽ.\\   `フ_ !:::「 ̄ヽ::Y'´,二 ヽ_人__ノ⌒
                  | !    レ' ///ィ         \\\く___..j、:::`ー‐':ノjイ,ニヽハ―──<_
                  l |   レイ///   _     \ヽ  (__イ⌒ヽ¨「〈 :{jfクノノ イ}──┐ ::|
                ヽ\   | / イ   ̄ ゛       ヾ\ ノ r_(__ ゞ_>、_  ̄ノ::`ー─'::::::ノ
                  ー` |イィ´  ォ=          \「 ̄ノ ノ':/   !:: 「 `r ─┬ ´
                      '⌒/! 彳⌒ヾX         - <  f |::|ノ⌒j |::::|゙ rく⌒ヾ_j
                    |/ !  i::::::::とハ!       -=   `ム|::レ、'ー!::::hハ ト-'´
                  r―┤ 、 _! 弋__つ         イ⌒ヾX  ヾ|::ト、ー‐|::::::V`′
                ノ / ゝ__ j , , ,          代::::しハv  |小:\ イ:::::::_ゝ
               厂 弋ニニイ!         '     弋_つ  '  イ⌒レ′レ'´
              r'──=─ ノノ人     -          , , ,  /.::|!:ノ
              ム--- ー=イ/  rゝ、     `        イ   |!′
              ノ'´ ̄  ̄  イ´r─┴ く\         . イ´ ̄ ̄:リ\
            ー┬── <_  |:「 ̄丁ヽV `r-r―_ァ―'⌒r '三i|-=≦,.ノ
               f´ ̄ ̄  ノ !:|  ノ: : :>=う´ ̄ ̄ ))_ノ_代:ノ   /⌒ヽ
ガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトン


3 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:23:58 ID:sdh4sTUY

                   ドレス
 ---- 少女は"特殊な才能"を組織に察知され
     孤児院から"保護" された……

     この列車が目的地に到着すれば
     人間としてではなく実験動物として扱われることになるだろう…… ----

            /  ̄'´ ̄` ヽ
             /   `´  ヽ  \
         //, '///`´| | | ヽ  、ヽ
         〃 {_{ レ|   レりりリ .l彡||
         |!小 l━   ━レ| |、| |   は~い 金糸雀ちゃん
          ヽ| | ●   ● |.| |ノ.| |   
           | |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃| |i | |   お脳がクルクルする薬ですよ
          | |/⌒l,、 __, イァト|/| |   呑んでね~
          |./  /::|三/:://  ヽ||
          ||  l ヾ∨:::/ ヒ:::::彡,|

 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/  ざっけんなよっ!
   y-、     y-、\   ,\/
  弋__丿   弋__丿  Y 〈     そゆことするなら逃げるっ!
             lー┘     牢獄で三食メシ付きよりは自由っ!
`l       A     /
_」            /、
ー 、        , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\


4 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:24:14 ID:sdh4sTUY

 ---- だから 逃げたッ! ----

ガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトン

          《 ̄`丶
          \-<´ ̄ ヾ丶、
          /( ミ ヽ \-、£ミ、           待つのよっ!
         / 人 ミ丶、`ヽ{ニ旬」}
         〈/イ ̄}` { ̄ }ヾ ミLj ィ'廴)))ミ         〃 `⌒ヽ
        (ヘi(`ー'  `ー'  リノ   ミ彡ソ£       《 iiiMiii|ミ }
      r‐、/へ ヽ、__ _. . イソへ勹             |i、ワ"|八
      ヽ∥    (/仆ヽノ    》           ∠ニ{⊆)京iつノヽ
       i!__ / 束   \_/              ヾぐ/_li≫うゝ
           / / ヽ、 、  \                ヽ_)
          / /       ̄ ヾ)
         ,//    ミy     )        待たないかしらっ!
         |′     !\___.彳 ,冫 
         ヽ、厶_ ノ       ̄ 
           |x_/          
           じ         ピュ-!!

ガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトン


5 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:26:02 ID:sdh4sTUY

 ---- 走行中の列車 次の車両への扉は閉ざされていた

     少女は追い詰められる……
         ドレス
     だが 組織がもとめた"特殊な才能"が少女を助けた

     眼前の閉ざされた扉を"予知能力"を使って開いたッ!


       , --r―‐- 、  /}
     // 〃 、`丶、=彳
    / 〃 // 人  ヽ \
    ,' /  //   ヽ   ` r‐ヘ
.    に二彡'´ __\  \  {r只}}  
    ∨⌒l} r'7:::`ヽ  ,.ニミ  Y´
   く`ヽ _,リ ヽ:::ノ   {:::/!ハ /   1999年に人類は滅亡しないっ!
   /`ヽ、ハ '''   _ `゛∧「
   | ト、_/,二>、 └_'_,. イ /ヽ   @りP……ダメっ!!
   リ `Y   /><く ̄`Y{_/}
     |   l/ (/|:| ヽハ 丿 ヽレ   この扉のパスワードは……
    /l, l    央_/\\
   / l l__ ./ ヾ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ,/  L__[]っ /         /


6 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:26:55 ID:sdh4sTUY

 ---- 扉の向こうに少年がいた
     少年は少女に覚醒めさせられ……
     その"状況"に激怒した ----

     た~す~け~て~               さぁ お部屋に戻って
        _ _                       サンドイッチでも食べましょう
     (´ `)) _                         -‐'´ ̄'´ ̄` ヽ、
      -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!          + /|   //, '///`´| | | ヽ 、ヽ
      / /\ ー ゞfニ薔ニヲ             /::::| 〃 {_{ レ|::::::::レりりリ .l彡|
   //, '/   `ー-=ヘ、/メヽ            ∥:::| |!小 l━:::::::::::━レ| l │ |
    { l! /ノ    `ヽ ヽ._ l i|             ∥:::| ヽ| | ●:::::::::::::● | | |、|
    `i |l ●    ●  ツ メノ             | ̄|   | l⊃ ___, ⊂⊃ | |ノ.|
    `|l  ||、_,、_, || / |/              /⌒ヽ__|ヘ   `ー'   j /⌒i !
/⌒ヽ__|ヘ|| ゝ._) ||{ミ'/⌒i             \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
\~/ ≦}>,、 __, イ゙ァ/~~/        .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 (  `ア | l><l |ヘ、_ ∧               `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
  ヽ<   ヽ /:|  人   ノ


.          \\      ,土ヽ l 十  ├  ゝ‐、ヽ ll               尸  //
            \\  (ノ ) | Cト、.Cト、   ノ l_ノ よ  ̄ ̄ ̄ (⌒/   //
                                                ̄
             ::ノ⌒'Z::        ::___::         :: -^)::
              ::八  '(::      ::/ヽ,,)ii(,,ノ\::      ::/  /::
                 ::\ \ ::  ::/( ゚ )))((( ゚ ) \::     ::′ /::
                ::\ \:/:::::⌒(__人__)⌒::::: \:: ::/ ,.イ::
                  ::ヽ   |  ヽ il´|r┬-|`li  r  |/ /::
                   ::ヘ \ .!l ヾェェイ l!   / /::
                    ::`ヽ  `=≧r ‐i彡''´  /::
                      ::\ヽ   ` ´   / /::
                       ::          ,′::          <この後 大暴れ>

7 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:27:29 ID:sdh4sTUY

              /´  , - '´ ̄r-、ヽ
             {|  r┴- 、/rf薔}_}ムイ
             ゞ=イ「 ̄`>'Zl:|、/ ̄´'.
               {:|_   ィ:=、'\Yヘ. l
               ヽr=、  ゞ 'xx /ソ / ヘ _
.        ___    !じj , ┐  仏ノヘ/'´ハ _
       /_ノ   ヽ_\  人 ヽ.ノ / ,)イ   \_.」ヘ」r
     /( ●)( ●)\ 乙/√`-. Y  ̄\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ rヽ`- .l/ ̄ヽヽ
.   |     (  (      |  冫_`._, '| ;   ;` i|
    \     `ー'      / .//|  |┴-、ノ ||    ---- かくして ふたりは出逢った
     ,;i{ \ヽ、____ ノ 〉i==:/  |   l ̄\`イノ
.     ,=l`、 \____彳./ i三{ i |   i  /'シ         ともに 寄る辺なく 天涯孤独の身の上
.   /三!三ミ、   ∧三ト、 i三l. ! _i   i/f'゙‐¬
 /;三三!三三ミ、___!_ ,公、 /¨`< ̄ `、 ./___j         ふたりぼっちの逃避行がはじまる ----
/:;;三三三!三/     ̄ Y    `r_-‐`ー゙ ̄\  \
;三三三,ニ=' ‐"⌒ _ ,   \      ` ー-、.   \_/
三三ニ/     ,-' /      `ナー--、   \   〉
三三;/    /  /     , -ー'     i     / /=
三ニ〈.    /  /     , '         |     / ./ニ/;
三三;\ /  /    /   ____   i_____∠-‐";=三
三三三;`==‐、   /   < ̄,   \iヘ、、 、ヽ三三三
三三三三三=ヽ  /  {  ̄     `i |l !; !; i三三三

8 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:27:46 ID:sdh4sTUY
     ドレス
 ---- 組織は追跡するッ! ----

            /          __ノ   抹 24 指
  ヤ 死     (_ __,、-イ`ァ-、..._    、)    殺 時 令
  ル 体      〉7 | i y / _, -'゙ニユ-、ヽ    す 間 は
  オ は     人 ヽ i__,r'v__二二ミニ-゙ヽノ   る 以 少
  │ 焼   /-' ァ-'´      ̄}ミミヾトトミハ ̄}  こ 内 年
  の 却    ト、ソ  _, -'´ ´ ヾヽヾ、ニヽy ヽ と に を
  少 す   .| }´ ̄ト、ノ i  _,∠゙`ヾノリ ヽ-し'_!!
  年 る    Y, ァ==、,==y'´:::::::`!==ト、}ノノ三三}}}⌒)  Y⌒
i.  ! !    !r}:::::::::l} |7ヽ_:::::::ノ  ゙1-'ニノノノノノ /
|        l lニト、__ノl ',..  ̄    ,r{_jソフト ̄
-っ        〉ニi   ヽy_,r'`    / |'_ノ´ト、_
  ̄j     _j ゙l_',ヽ、 _>_、,_, -、  {   l ト、ヾヾヾ`!
 /Y-、 ,r '´  _, -ヽ ', i--''´ニ ヽ |   | |::::', ',ヾヾ`!
     レ   ,ト、ヾヾヾ:ヽ',}r--'' ̄´   j /i |::::::', ' ,ヾヾ!
         | !', ヾ ゙y' ヽ --‐''   //゙ ,-'、', ::::', ヾ ゞゾ-、__,、_
         |!::::', ヾヽj ', {  _,r /// l l: ::::ト、 ヾ三ミミ| ii i


9 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:28:03 ID:sdh4sTUY

 ---- 2人を執拗に狩り立てるッ! ----


 .::/;;'  ,r'‐' ´/:::`::::ヽ..、   /  ''  |
.:,;;;''';  .:l, /::: :: : : \::'  ゙'';;,    |
;'';''   ::,レケ=‐-、- = ニ::::_\   ゙';,,,  |
;;'' ,,,.-‐'' i´ 。    l  ';,,  ,;i'"\ ゙';; , |              諸君ッ! ……狩りの時間だ
'´i;;l.l'';;,;;;'ヽ....__ノ ,,'     l| ゚  \ ´"|
:::|:::||''';;;;;;;;;;ヽ ,, ,, ;;;,, ''  :::::!;;`ー-,,';;;;\ |
::|ニ||'';;',, '';,''' ,, ,,;''' ,,  ''  ''i'' '''j::::::::ヽ|
:::|ニ|| '''';;,'';;,,,,,;;;;;''; ;   _  ノ ,,; i::::::::: ソ
'ッ,,l.l   ;'';,';,'' '' ;,  セ´、/シ'  ''/:::::/,"',,,

───────────────────────────────────────────

       /  '' ‐-ヾゞ,,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´-‐-ミ、-ヘ
        〉   _,-',r'´ミ‐--,ハ,ヘー‐‐‐‐一ヾ、\  ` .〉   我が魔獣の胃袋の中で幸せになれッ!
      , -へ、,‐'´,-´     l! l!ヾ、     ヽヽ、_、‐'ヽ、
     /::::/ / /´t-、、、.....__ .l! i  ';,  __... 彡ィ゙iヽ  ヽ、ヽ、
   / ::::イ     lヽ、‐t:ッミ,ヽtーi-‐ノ 彡、ッーナl ゙i    ヽ、 `ー-- 、
 / ::://     |   `'''''''''´>‐--<、__`ニニ´ l  ゙i   ト、 `、 -‐-、 `ヽ.__.,
ノ  ::/ ノ :::i    ト---‐''''´        ̄'''''''ノ :    :゙i ヽ、`、  `丶、
 ::/ / ) ::::l  .i   トー--‐‐==‐'´ ̄ `'==‐‐--イ :::    ゙i  ヽ、ヽ、   ヽ
::/  / ./ :::i  i   l::: ::  l  :: ::   ::: :   /..:::::  ::ト、 ゙i   ヽ


10 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:28:16 ID:sdh4sTUY

                   アームドフェノメノン
 ---- 少年の身体に生じる"武 装 現 象" ----

        :|
     そ   |                   /    発  ヤ
 大   の   |                   | 触  す  ル
 嫌   に・ :|                   | 覚  る  オ
 い .   お・ :|                   | で . 殺  
 だ    い・ |     ______      | 感  意  は
 っ    が.  |   /  , --、 ∞  ,--、\   |  じ  の  男
 た       |  /   lへ ヽ  / .へl \  |  : . に・ た
        :| /    | \\|  ̄|/ /|,  !, |  : . お・ ち
        :| |    |ヽ二>|廾 |<二ノ.|   | |    い・ の
        :| \   ヽ.  '|   |   /  / \    を
_______|   \   `ー'  ::::`ー'' /     \____/
           / |ヽ  ノ   \ /_
        /三|  | \  'ー三-'/ \  ヽ三\ゝヽ
__     /三三|  \ミ.  `‐-‐´/   〉  )三三| >\
   \三/三三λ   \_   l __/   |三三三|  }\
    \ 三三三丶\     ̄ ̄\   /  |三三三|  〉\
     \三三三三\)  、、、_ _,,,   / /三三三| ζ )\
      \三三三三\    三三三  /三三三 /ノ /   \
       \三三三三三三ヽ_     /三三三三// /   \

11 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:28:36 ID:sdh4sTUY
         ドレス
 ---- 少年は組織により"ヤルオー"という虫に寄生させられており
     その虫の分泌する体液により少年は"生物兵器"と化す ----

              イ´ ̄ ̄`ヽ
            / /  ̄ ̄ ̄\
           /_/     ∞   \_    
          [_________]      "そいつに触れることは
          |      (__人__)  |          死を意味するッ!"
           \           /    
           /          ゙i    
          /     ,;;――゛  )    
          |     (,___,_ヽ
          |   i    ̄ ̄)   \\
          |   /___,/\     \|
          / //      \
        /  ̄   __/`|    |
      /    ,,-=-ー'"   ヽ    |
      {     /        |    <
       '――"         ヽ__)


12 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:29:00 ID:sdh4sTUY

 ---- だがしかしッ!
     芽吹いたばかりのその力を 奸智が僅かに上回った……
     少女は組織にさらわれてしまったッ! ----

         /_/_,,,,,_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
        _,〈;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
       i/``''''´ ̄ ̄`\;:;:\:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
      .,三>  ,r-‐-、    :;ヽ;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;:;:|   麻呂の前では赤子も同然
     、/゛:. : :"~゛"´ヽ   :ィ三\;:;:;\:;:;:;:;:;:|   手玉にとってやったわ
    ィ。ヽノ ::,ィ。ヽ‐、..:. ヽ ゞ三:::::\:;:\:;:;:;|   ひゅーほほほっ!
    ノ~''´  'ヽ=彡      |:ミミミヽ \:;:\|
   /(  、..           リ:ミミミ ミ \__〉
   { i'゛¨‐-'` 、   (//)   .lリ:::ヾ´ ̄ヾ;; 彡
    、.ェェ、,,_  ヽ . : ::::    .: :|リ::ノ、ヽ ) ノ彳
    iLLLLェェeイヽ  ''    リ彡`‐´/从'゙
    !、 ,,r‐ー‐) |   : : :::::!ツヽ-‐""彡シ
     l、(_,,../ /:: : :: ::::::::::::::::/"´彡
    !''‐-‐''´ ノ: ::  : :: ::::::.r''´;;;;-''
    i -‐' .:   : :-‐''",,,..//´/::ヽ.
    `‐ ..,,_,,,..r'''"´// ヽー-、
     /|',     //:::::::::::::::\  \
    ノ ヽ   ∠...ィ::::::::::::::::::::::::::\  ヽ、


13 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:29:22 ID:sdh4sTUY

 ---- 少年は少女を探す その追跡行の中で
     少年は"ヤルオー"の力を制御しはじめた……
     それは組織がもっとも恐れていたことだッ! ----

          _____
         / ―    ̄\  ゼーゼー ハーハー           「……できたぉっ!
       /ノ  (● )゚ o  \__                    出せたぉっ!!」
     . | ( ●)   ⌒)   /      ̄ ̄  ―  --
     . |o゚  (__ノ ̄   ,'                    ヽ\   「わたし……たち……生きてる」
     . |             l│           ,        ヽ \
       ヽ -‐ ´ ̄ ̄`丶`|              /          ヽ ヽ  \
      //      ヽ   l ,       | ,'
    / /           |   lΥ           |/           ヽ      \
   // / ∧ lヽ \    !  /         |                   \
  /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l            !ー─_,-‐ー―,=‐‐- 、       /ヽヽ
  /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  ll          |'´ ̄   / /     ` 、    /     ヽ
  ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /!            |    , <  !       ヽ /         \
    //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ「 ̄´ ̄`ー―‐ヽノ、   イ...lヽ l        ヾ            ヽ
      lハ       //´‐|         |-イ  /.!;:;::.lヽ ヽ        i              i
      l/ >- ` -:イ i/:::::`トー─ --r==ノ、__|,-':;:;.l;:;:;:;ヽヽl        i              !
             iソ\|:::::::ノ      !:::::::::::、ヽ.;:;l;::.l;:;:;:;:l  l        !             \
            /:::::::::ヽ|:::/   ノ ノ、:::::::::::::i l;:;:'l;:;:l;:;:;:;l  l        !
           /::::::::::::::::|/      /:::::ヽ:::::::::::::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:|/l        !\
          /::::::::::::::::::/      /:::::::_ノ::::::::::::::::!:;:;:;:;:;:;:;:;:|  l        | \ <不可抗力>
         /::::::::::::::::::/      /____冫:::::::::::::::!j;:;:;:;:;:;:;:;:|   l        |  \
        /::::::::::::::::::/       人:::::::::::ヽ、__,-‐´|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i   !        |   \


14 名前:これまでのお話 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/09/06(日) 09:29:39 ID:sdh4sTUY

 ---- 紆余して曲折……いま少女が囚われている建物を突き止める
     少年は誓いの拳を振り上げる "この呪われた力で少女を自由にする"……とッ! ----

                     , ー---ーーーーヽ
        ,..-‐-、__     / },,..、_  {:::: /:::::::_,. ヽ、
       /       ヽ   / :二_\ゝ -‐二.., ノ:::::ヽ      『ドレス』!宣戦布告だ!
      /  '´`ー―-イ  /   :ヘ ..,,_ > i::ヽ< _,,..イ::::ヾ:::::::ヽ
     . / ./ ̄ \   }  ./     i´  人  `i::::   i:::::::: |    行くぞ!
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'二`--'::::   !::::::::: !
    . / /   \    ヽ   l|      < ___,ゝヾ  /:::::::: /     おまえたちのところへ行くッ!
   /   ヽ   \  /  l \      ゙二ィ'   :::::::::::  /
  ./     入   .}‐〈   } __\     :::::::  :::::::::::::: /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、 :::::::::.,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ


:: :::: ::::: :: : : .: : : :: : :: ::....
    :. ::::: ::: :: : :: ::: .. ::: :: :::::: :: ::: :: : :..
                   ::: :: : ::::: :: :...       金糸雀を取り返すッ!
                     : ::: :::::: :: :: ::: ::: ..
             ,从       __     :: ::::: :: :... 自由にするッ!
              ,ィ⌒ヾ   __, -く:::ヽ、
          /´. : :: ::.: . ィ:、::\:::l::j⌒ヽ \
                    l:、::::}::::::j/´:⌒::::l....  }!
                     〈:⌒´ ̄/::::::::::::::ノ: : :/:: : :: : : . .... ...
                  、:::::::::::::::::::::::/   ::: :: ::: : ..      . . .....
                 Y:::::::::::::::::f                   : :::: ::::::
                 i:::::::::::::::::|
                 |:::::::::::::::::l
                 |::::::::::::::::::|   
                  |::::::::::::::::::l         ぼくはお前たちにとって
                 |::::::::::::::::::|
                 }:::: :::::::::::::|        脅威の来訪者となるだろう!
                  j::::::::::::::::::::',
                 /:::::::::::::::::::::::'、

                         本編に続く 編集作業難航中……ゴメンなす

!50 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:10/07/11(日) 16:16:40 ID:VmmCx1ty

昨年末を過ぎて、なんやかんやありまして……ハートがポッキリ
冬の間のノーヒントで戦国ランスしたり、春になってからトレースAAに挑戦したりして
充電はできたのでしょう、なんとか気分だけは上向きに

はやぶさ帰還、南アW杯で日本代表の2勝は効いたなぁ……

            -‐--
        ,'      `ヽ
         | .}_キ、 ,"  |、
       /r( O)===(O)j)      で、肝心の『ヤルオー来訪者』ですが
      _ 冫`i!i!三:三i!i!'r'._      できダディ板が復活するのなら、残りの話を   
     //::/i (Oi三三iO)`ヽ`::ヽ    ここで続けさせていただけたらと思っております
   /::::/| 乂`|| 三i!‐-ー、:::::::::iヽ
  /::`ヽ:::::::| ヽr'´    !ヘ_):::::::/::`i  時期はまだちょっと未定ですが
  {:::::::::ヽ::::`ゝ_´`ヽ,-ーくi_/::::::::::::::::::::!  近日中に報せます
  !:::::::` ヽ/:::::::\k  !/:::::::::::::::,′::_i
   i:::::::ヽ ,':::::::::::::::/:::::Y ':::::::::::::.,,√, ヾ:ヽ それではまた カナマジプリティ!
   |:::::::,/:::::::::::::::,´::::::::::::::::::::::( /,// }::|
    |:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/ |~|(_ノ::::|
 ̄ ̄ ヽ::::::::::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !_.|へ、::/ ̄ ̄ ̄
     ヽ:::/                 `´
     ___
     |\;;;;;;;;;;ヽー-、
     |;;;;;;\;;;;;;;; \i_
     |;;;;;√ \ _,,..-h \
     |       |   ;;| ̄ i
     \.    |   ;;;┐_\
       \;;;  |    ;;;;;;;;_,,..l
          \ ! _,,..-‐''"´
          `´

51 名前:名無しのダディ&できる夫[sage] 投稿日:10/07/11(日) 16:18:30 ID:s7od83Sf

おかえりなさああああああああああああいい!!




52 名前:名無しのダディ&できる夫[sage] 投稿日:10/07/11(日) 16:18:55 ID:WiZTjL/t

おおー連絡乙です。
ずっとお気に入りに残していてヨカッター!




71 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:10/07/20(火) 22:00:08 ID:TPChKssk

間隔は30秒くらいで良いかな?
では、始めさせていただきます



続きを読む
| 00:00 |コメント(4)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/08/15(土) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day05-02


やる夫に触れることは死を意味するそうです の記事一覧


98 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/08/11(火) 20:01:46 ID:a2ONd+m+
                              __
          ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
          |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
          |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
          └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
           ││       . └┘      ││
           ││      /|│|\      ││
           ││    /  |│|  \    ││
           ├┴─────┴─────┴┤
           |.三.三三三三三三三三三三三.三.|
           |  [■□]          [□■]  |
           |. ̄. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄.|
           |.二.二二二─────二二二.二.|
            | ||    目│[ ].=]  目|| |◎| | ||
            || ̄ |   ====== U| | __ ||
               └-──────-┘
              ―//─――――\\―
                 __
           ―/ /..::::::::::::::..\   ――\\―
             /..:::::::::::::::::::::::::.\         >`ー―-. 、
            /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\       /: : : : : : : : : :ヽ.
            | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     //.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .:. V
            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      !イ.: 从:.! : .: .: .::.:.:!:八
           ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、       V.:.!ハ:ヾ::ヽ::::ノ:::j:ゝ
           ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ       小-ヘ、:ヘ:V/:;イリ
                                  `ー仏-=<_
          線路の間に足を挟み            イ     ヽ\
                                 xく l |:       ヽ\
          迫る列車を前にして          f:::::.ヽL..-―-、___> ヽ
                                |::::::::!\_ /⌒ト-―'´
          すっかりパニックになった私の前に |:::::::::∨:::::::.-=ミ:L、
                                {:::::::::Y:::::::::::::::::::::::::\
          その人は現れた……

99 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/08/11(火) 20:02:05 ID:a2ONd+m+

 何故? どうしてこんなことに? 彼は私に何も問わなかった

 ただ軌間に挟まった私の足を外そうとしてくれた……

                               |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|i
     /         |               |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
    /           ヽ             |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|丿|
    /             \           /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/   |
  / /  ヽ   ′  |   i          /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/    |
─ | `ヽ´ ` ヽ   レ'、  |;   ',───── /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/      |
iiii│ l    l、 |    | }  |`ヾ   ',iiiiiiiiiii/l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/      /|
─ !  i   l─ |    l─|  |─ヘ   ',─ /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/       / |
  |  |.  l  │  |.  i  l   ` ー/l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/         ノ /
  .!、 |   |   |   |.  i  l   /\l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/         //
    .|.  l  |   |   |  l /    \l|l|l|l|l|/         //
    ., --´  !   l  `--´                   //
          `--´
───────────────────────────────────────────

         ,. - ─‐--- 、、
         ,. '´ . : : : : : : : : : : : : .``ヽ、      その横顔を覚えている……泣いていた
     / . : : : : : : : : : : : : : :``ヽ:\: \
    ノ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: :ヽ: :ヽ   怖いのに……彼は最後まで傍に居てくれて
   / . : : : : : : | : : : : :l :|: :.:.:|: |: : : :l : : ト、 :!           ____
   ,′. : : : : : : |: : : /: l: l: : : トメ´ヽ: }: : :l :.l::!          /    \
  !:!: : !: : l: : :l: : /l_/l∧: :/l/,r=ミリ: :/l:/}ノ    .    /          \
  !:!: : !: :!: :イ7´l/ニヽ l/  {zり {.:.!      .  /    ―   ー  \
   }:l: : l: : !: :l/彳テ〒     ´ー' 1.:!        |   o゚(>) (<)゚o.、|
   ノ人: l: :ヽ|: : :{ ヽ以ソ    `    ノ:/:}       .  \    (__人__)  /
     乂: ( ハ: :!       r_ノ   /.:/ リ      .   ノ    ` ⌒´   \
      `ヽ: :ヽ:: L_         ,.イ: ::{         /´             ヽ
       `ヽ从L: \ ー--r く:八: :l
      ,r彡二ミヽヽミヽ  L_\__ヽ|
      〃.:.:.:.:.:.:.`ヽ\  \_\\`ヽ


100 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/08/11(火) 20:02:37 ID:a2ONd+m+

 そして 私を助けた

           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\    ガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトン
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、   ──────────────────────┘.二|
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ ________.____゜__________..__.|..|0||
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ  |l ̄l|l ̄l|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ∧_∧ |  |l ̄l|l ̄l|  ||l ̄l| |_||
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||  |l  l|l  l|  |        | ( ´∀`)つ |l  l|l  l|  ||l  l| | ||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ  |l_l|l_l|  |        | ̄∪ ̄ ̄|  |l_l|l_l|  ||l_l| |_||
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/   _|__|__|___二二二二二二二二__|__|__|_||  |―-|
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//      |  |  |                    |  |  |   |  | III|.
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/     ガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトンガタンゴトン
      rく、\` ヽ二コ:千:|K ___
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!://ノ  \ \   ズザザーーーーッ!
      ト:..:..:.\ヽ\  /(○)}iil{(○) \
     |!::.:..:.ヽ\ \ |  (__人__)   = ニ ニ 三 三_ ニ ニ = ─
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   |!!il|!|!l|     | _、 ⌒)  ´
      |::.:.\::..::.::.::>ー' \ |ェェェェ|    /    <´   三 ニ = ── - -
      l::.::.:..:. ̄ ̄ i  rへ 〈\⌒ヽ     ヾ    \.、- ⌒)     ,r'(⌒)
     ヾ/フ7┐::.. ノ  || V /―.「:.:l /  ノ     :::::::,r' 三 ニ == ─
      V_/ /}ーニ/n_〉丶ノ´ヽ.__:L_|  /  ´   /     ,, ゚ ;。. (⌒)
        `ゝノ__└ァ一'\  ヽ.__)ノ/―― ,,:::::.、  、- ´三 三 ニ = ・ ⌒・⌒)
                    ゙~"    ニ=-三ー ´ニニニニ==,,、、 ・:・,,、, .:;''


101 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/08/11(火) 20:03:06 ID:a2ONd+m+

 彼が最初に発した言葉……

               ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
               /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
               〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
                 /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|   「……怪我は
               | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|    ありませんか?」
               l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
               ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
               ィァ'´ ̄l :::::lヽゝー'     \ rf;;j /リ::,' :::/:/l:!
             / ノ>、ハ::::::l / / /  ' / / ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
            ハ. l" /__,∧ ::ト、     っ       /:::/:::/ノ―- 、
            ノ j│ レ'´/,∧:ヽ \       ィ':/;イ(: : : : : : : `ー- 、
.            /‐^!   l fン'う  \l/}iヽ、 _,, <〃::/ " ヽ: : : : : : : : : : : `ー-―‐-、
          /  ∧   rイ   ∧ _j    /-= ' , ィ_ニ二>、: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ __
         ,r'¬/ 〉   ハ  / `、.   /   // , イ⌒ `ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        /´ 〃  \_/ } .∧ー―‐/    / /  /      ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       〃   {{       Vヽ_三三/    / / /    `ー―ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     //           ji    /    ノ ノ/           \: : : : : : : : : : : : : : : : :
      / ノ           イ   /  /,-'´/           `ヽ、 ヽ: : : : : : : : : : : : : : :

───────────────────────────────────────────
         やる夫に触れることは死を意味するそうです  day05-2「サイボーグ・ドルド中佐

───────────────────────────────────────────



続きを読む
| 02:00 |コメント(7)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/07/24(金) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day05


やる夫に触れることは死を意味するそうです の記事一覧


219 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/07/12(日) 16:23:25 ID:4EbXkc6S
<御連絡>

 お父ちゃんが長患いになりそうなので
 家の近くの病院へ移ることになり、お母ちゃんの手伝いやら
 アレやコレやで、この週末は過ぎてしまいました。

 現時点で出来ているのは、オープニングといくつかの改変AAが
 10数コマで、今から本気出して編集開始となるので
 投下予定日の月曜 午後9時には間に合いそうにありません。
 よって投下日時未定とさせていただきます。

 せっかく読んでいただいてるのに申し訳ない気持ちです。
 ゴタゴタ続きでどうにも落ち着かない……

 ★『寄生虫ヤルオー』の分泌する汁は    /~ヽ   ( ̄ヽ、    ┌─────────────┐
  筋肉・骨格・腱を強力なものにする    く /i     ヾ__冫、  │これがヤルオー武装現象だ! │
  また異常なスピードで傷を治させる     \ \     \  丶 └─────────────┘
                              \ \    冫ソ i ★シューティング・ビースス・スティンガー・現象
 ★メルテッディン・バルム・現象               \ \m/  /   体毛を硬質化して発射する
  手の平から出る汁で   mm     イ´ ̄ ̄Nヽ( ⌒Y⌒   / ← 抜けた体毛は成分が変質し
  物質を溶かす   → と(⌒)   / /  ̄ ̄\ ヽ      /J    体温程度の熱で発火する
                  \\ /_/   ∞ ←─―――┐/
                   \ [_________]  ,└─  ★触覚           
                     |    (__人__)    |/       動物の感情は  ・ ・ ・
                      \   ` ⌒´    /        すべてある種の『におい』として
                        ̄‐--- ̄ ノ         発散されており それを感知できる
                    ⊂ ̄ヽ,,__/ /
 ★リスキニ・ハーデン・セーバー・現象   <_ノ_  _ノ           ★脳内に通じる動脈の中に
  皮膚が硬質化して           \  |                『ヤルオー』は寄生している
  剣のように出る     ────→   \|

220 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/07/12(日) 16:24:21 ID:4EbXkc6S
┌────────┐
│ 物語の舞台略図 │
└────────┘

   ┌┐←お寺でカモフラージュされた            □{ ↑ボヨョン岬
   └┘  やらない夫専用の研究所             ■ }
    ||   『ヤルオー犬』がいた所              □ {,;:.,:;. 研究所の設置理由
 地下輸送道                           ■  },;:.,:;. ・人里はれていること
    ||                               □ {,;:.,:;.,.;: ・海岸で輸送に便利
□■【  】□■□■□■□■□                ■ },;:.,:;.,.; ・日本で一番古い地質地帯で
                  ■                □ },;:.,:;.,.;  研究資料がある
 day01 輸送中の列車より  □                ■ ヽ,;:.,:;., ・動植物が豊富ナド
      ここらへんで  → [X]                □  ーーーーーヽ,;..:;.. ..,,. .. ..
     やる夫と金糸雀は /□                 ■          ゝ,;:.,,..:;.. ..,,. .. ..
       逃げた     / ■               .  □         ┏┳┓} ←ドレス
                /  □■□■□■□■□■□■□■□======= ┣╋┫{   三陸海岸
               /                      □        ┗┻┛ }   研究所
             (GS) ←ガソリンスタンド         ■          √ ,,..:;..,. .. ..
  このへんに    /      この辺 day02         □         { ↑ ,;,,..:;.. ..,,. .. ..
     競馬場→ ⊂⊃                      ■         }, | ,..:; day05
            /                        □        },;:., |  麻呂と金糸雀は
            /     day03                 ■       {,;:.,:,;: | ←海上を北上し
          凸凹 ← 工場群跡地              □      },,;:.,:,;: |   研究所へ
           |                          ■      {,;:.,:,;: | ;:.,:;.,.,,....:;.. ..,,. .. ..
   やる夫と   |                 (麻呂はヘリに搭乗)―――――┘... ..,,. .. ..
.  金糸雀の||> |             / ̄ ̄         □      },;:.:;,,..;::.,,..:;.. ..,,. ..    ↑N
    軌跡     |           /              ■     {,;:.,:;..;::.,,..:;.. ..,,. .     ┼
           ↓         /<|| 麻呂の逃走経路 □     },;:.,:;..;::.,,. .. ..
      day04 六助       /                ■     {,  0      10      20km
         ジイさんの家_/                  □     },; ├────┼────┤

221 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/12(日) 18:33:36 ID:NxP9bzMP

そういう状況じゃしょうがない。
家族を大事にね

のんびり待つよ



222 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/12(日) 19:16:40 ID:tU/iaE7W

お疲れ様です
投下についてはお気になさらず!
でもボヨヨン岬は違うだろww



223 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/12(日) 19:36:29 ID:GtmJrJVS

いや、バオーの舞台も東北だしS市近郊でもおかしくはないw



224 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/12(日) 20:44:10 ID:OQ5zVdsc

もしモブとかででも4部キャラが出てきたりしたら
それだけでいきり勃つわ

まあ、流石にそれは無かろうがw



225 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/07/12(日) 23:35:00 ID:4EbXkc6S

 あれから30コマほど進めたところで ちょいと休憩 コラ楽し……

            ┌‐‐┴- 、
             |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
           __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
         , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
         .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
        .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
        | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´ 「なんだか服がキツイな……
          V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11:::::: ,    」いシ.l/::l:/.:::/   ああ!……そっか
           |.:ト、       :::::::/:::.:,.::,:::/    帽子とってから
           |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:.:,:/     脱げば良かったんだね」
           l::::/l:/ ̄> ''l:::::.:/´/⌒\
           l:/γ⌒∥  l:::::/ /    :
           '/ / l| ly l:/ /    / |
              _厶ニニニニニニニニミ廴__,!
          |ニニニニニニニニニヲ } ̄}                        /)
          /  ̄ ̄ ̄       / /__厶_ノ                    _,. イ;;;;;;;;:〈
.          ∧ ┌―-----  / /     |       .        l.`ー-┬┬イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
        /  '. ヽ::::::     ヽ「 ソ    |       .         〉;;;;;;;|iiiii|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'
          /    '.  ヽ::     トi     '、            γゝ、;;;;|lllll|;;;;;;;;、;;;;;;;ノ'!l
.         /___   ヽ        ||       ヽ.           l/`〉、r=ォ、;;;;;;;;`メ=リノ
      「 ̄      \       |\      \   .        | `'//kゞ=イーイ'  ̄「l アラソーネー
      /  __,. -―¬ト、 ` ー-l !        ノヘ.        li  /l| |ヾll l| .tj r‐ノ
.     /  :',` ー- 、__|     ..:::!-|=======ァキ´ | ハ .      |l  /l| | /l ||≧ー ´ …ブツブツ
    |  ::∨ ̄` ー‐!   .:::::::l !      / |::| _厶|      || / l| l/;|l l|≦'i
     lミニニム     {ミニニニニ匕ト、 _,. -一 '´  `!      | ! / l| /;;;ミ、.l|;;;;;;;,i   チッ!
     ` ̄ ¨¨´     ` ̄丁¨¨ ´   /         l      〉、/、l|、 |`_l`ミミ t―゙
                 |      /        /       ミミヾリ/;;;;|;;;;((i';;\

226 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/12(日) 23:37:15 ID:lXnk3Yuk

そうだね、おっぱいだね

それはともかく、作成はゆっくり焦らず楽しんで、何より生活優先でおながいしまつ



227 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/13(月) 00:19:52 ID:b+KBQcWr

ドンマイ、気にしなさんな。

お父上の容態が早くよくなりますように・・・




続きを読む
| 21:30 |コメント(6)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/07/10(金) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day04-2


やる夫に触れることは死を意味するそうですの記事一覧


44 名前: ◆IVwOPCqYy2 [] 投稿日:09/07/07(火) 10:30:30 ID:iMs561AN

 お読みいただきまして 感謝感激ィ……
 今朝方 なンとか編集終了しました ヒャ-ハー

 7/7(火)の夜9時から投下させていただきたく思います

「魔獣マーチン」および「六助ジイさん」候補だった音速丸さんから一言

               / ⌒ ヽ
             _/ _,.-,    Y^iー-、
             '、 'ー´ ノ   l;;; ;;; ;;;;l`ー-、
     /^j^j     ,コ   i: .: :l  l;;; ;; ;; ;l  ヾ \  「遅れてゴメン」
   :;ニニニ、、シ´`j _/ 7、、;;:,,r/_ソ ;; ;;; ; l     〉
   '' 〈 t_ソノ ノ/ ,';:i;; ;lー/   l;;;;;;; ;;;; l ...::::::::::.:l、
      f..::::...T l  yl;;;;;;;;;l k    .l;;; ;;; ;;;;;l/     ヽ
     ! :::i :',/´` l:l;; ;;;;;;l`i´   l;;;;l;; ;;; ;;l }   ヾ   〉
    .ノ ::;:.l  〉 ,.-.lノ;;; ;;;;;l`i    l;;;;l;;;;.:.::::l ヽ  ;k 〈
    i  ;:.:: :/ .:.;;ノl;; ;; ;:l;l>fー l:::::l;;:;:;;;;;;l  エ    ヽ
     ヽl   _.:/ l;; ;;; l;;l  l  l_乙__ノ/´      ヽ
        し'-'    'ーっ_j _人_ニ--―'        ー-l
                }::.::/ /´⌒`ヽ、    _ _ _/
    _ _,.--'' ̄`ー-- 、__ //  /   ..;::::::..`ー<
  r´  ,,..;:::::::::フ  ー、 ソ  ..::::l   :::.ゾ::::::::::.....::l



45 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/07(火) 10:34:08 ID:GhC60QEQ

把握。待ってるわあ。



47 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/07(火) 16:03:18 ID:SDqfONBr

そんなおっぱいで落とせそうなマーチンはダメだろw



48 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/07(火) 19:46:16 ID:QDhGbwcV

音速丸さん何やってるんですかw



49 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/07/07(火) 21:00:03 ID:iMs561AN


                          ;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:
                              ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:
                                 +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,.
::::::::::::::::                                : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,.
:::::::::::::::::::::::::::::::::                 ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒⌒ キィ キィ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ⌒⌒キィ     ⌒⌒キィ
:::::::::::::::::::::::::::::vwwwwwwwwwwwwwwwwwv:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::ll----------------------ll:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;ゞ;:;:ゞ.:::::::::
::::::::::::::::::::::::,,r'゙:;;:; ;::; :;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :;:; ; :;:;゙゚'i、::::::::::::::::::::::::::彡ミ、r~:: : ;;ゞ(;;;:;:ゞ゚'゙:::::::::
::::::::::::::::::,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :゙゚'i、::::::::::::::::ミ彡i゚゙(;;  :.';:;:.:ゞ ;;ゞ:;:ゞ:::::::::::::::::
:::::::::::.,,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:;,,,ソ “゙゚''''' ''゚゙゙゚  彡ミ;ヾ:::;;ゞ :;:ゞ.:ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::,,r゙‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰  (彡ミ彡ミ彡ミ彡゙》ミ彡ノ''゙(   ;;: .';:;:.: ゞ;゙゚ヾ;:;::ゞ;:;:::::::::::::
《《,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  (彡:;:彡ミ; ;:;; :ミ;;:;:;彡`゚“':;;ゞ;:;:ゞゞ.:; ;ゞ :;:ゞ.:.:::::::::::::::::::::
::::,r'~二二二二二二二二二二二二二 ヽミゞ ゞ::;ゞ; :;:ミ;:;:彡ミ彡゙゚'''):  ; :ゞ.:;;ゞ;:;:ゞ.:;;:::::::::::::::::::::::::
::::゙~l~~~~~~~~~~~~~~~~ニニニwニニニ~~~~~ (彡  彡;:;:;ミ 彡ミ: ;;丿:;;ゞ :;:ゞ.:  ;;ゞ; :;:ゞ.:;;ゞ:::::::::::::::::::
:::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∥   |目   .(ゞ;:ゞ;:,vr━i、
:::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∥   |    l'''''''"'''''''''゚゜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
:::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~'ヘ、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :.、、;: ...:,:.:.、 ,:.:.、、; .:,:.、  :.、、;:.. .:,:.:.、.:.、 ~'ヘ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.、、 ;:...:,:.:.、,:.:.、、 ;:...:,.、 :.、、;:...:,:.:. 、,:.:.、、;:...:,:  .:.、~'ヘ;;::::::::::::::::::::::::::::::::
:.、、;:...:,:.:.、,:.:.、、;:...:,:.:.、  :.、、;:...:,:.:.、 ,:.:.、、;:...:,:.:.、 :.、、;:...

50 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/07/07(火) 21:02:01 ID:iMs561AN


        /|  キィ( 本部へ こちら34号……これより家屋へ潜入するわ~ )
     / ; l                ,r'z、
    /  { /                  /;;;:: \
  ノ''_".二ブ^    パタタタ……   /;;;;;::..  \
|l| rN''/n'' ̄                /;;;;;;::...    \  ┌────────────────┐
ヾ}.r)' !…               /i!;;;;;;;:::..     \  │二二二二二二二二二二二二二二二二│
"" V。`{                   /,i';;;;;;;;;;::::..   ___ヽ│                      パカッ!
_,..-'’"~               //;;;;;;;;;;:::._,,.. -'´;;;;;;;;;;;;:::ノ│二二二二二二二二二二二二二二二二│ ─┐
                    //;;;;;;::::.r'´;;;;;;;;;;:::::..:;;;;::: j └─── ∩ ──────── ∩──┘::::::::::│
  タタタタ……         //;;;;;:/;;;;;;::..       !    │::::.<|::::|:::::::::::::, -‐-、::::::::::::::::ノ::::|7  :::::::::::::::::│
                 /.i';;:/;;;;:::..   ,..r    .{    │::::::<',::::', . >/   8<. ,ィY:::::/|7 ::::::::::::::::::│
                 ノ.:乂..,,_  ,,..-''´      !    └,,,,-‐'''''‐-、_/    ヽ_,,-‐'''''‐-、. ────┘
                    t'ィi.:i´ ̄  ̄``ー--,=.,__   i    シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ il ,i、  ィヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
、,r、             .i.l.:!..  :::;;;;;;;;;;;;.r'´;;;;;;;::: ̄`ヽj   シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_/ ,' /ハヽ 、 ',、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
、.,_/_`_ー- 、_          ノ !.:i ::::;;;;;;;,.r'´ ::;;;_,. ---‐‐'´  .〃ミ-‐'''''"´}:{,,ソ,'丿iヽ\ヽ,j:j.`"`'''''‐-ミヾ
,.⊥_- 、 ̄`ー`、ミr.‐‐‐---イ i ::!::: .::/ :::::;;;/´        .〃ミ-‐'''''"´ヽ:ヽ></:::/ヽ,j:j.`"`'''''‐-ミヾ
   `ー`、ー.、_        /  ヽ::ゝ'´:::::::"" (                ヽ:|::::ヽ/:::i′
      `ヽ、,,..ゝ-‐‐-∠..,.r'´‐'´:::.       \  r‐、            _ゝ:::::::::::::く_i′
     ,.r'´::'´`':. :::      `ヾ、    _____フ彡'´           /:::::::::::::::::::::::::::\
  _,.-‐'ユr-'ヽ、  .:::         ナ'´ ̄               ./::::::/:::::::::::|:::::::::::::\:\
<__,,..ィ´,.r'´ 。' ::::.:::.:.:..       ノ                  /:::::::::/:::::::::::/\::::::::::::::\:\
    ̄`ーy.,_  ヽ‐-- ..,,_____,,../
      `ー-'´

51 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/07/07(火) 21:03:01 ID:iMs561AN

 キッ!( 本部了解……くれぐれも慎重に )

               _
              〈乞}〉ニ二::: ̄ ̄:::::::ー- 、          /::::::::::/
                 />' ⌒^⌒^⌒^ヽ::::::::\::\        /:::::::::::::| キィイ……
            /      | |l l  l \:::::::ヽ:::ヽ     /:::::::::::::::::::| ( せまぁい……了解 )
           /         l| |l ||| l   ヽ::::::ぃ::Ⅵ   /::::::::::::::::::::::::{
             /  |l | | || || イl||!|l ',::::::|:|::|   厶 ---、::::::::::::|
          l | l || | | 〃丁 l| _j厶斗 ||}ハ:::::|:|::|─/:::::::::::::::::\―く ──────┐
          | | | |`トイ / l   ヘ リ_ノ川 / }::::|:|::|ー|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー――--- 、|
          | | | |r千、ミ     " 〃   / / ≧{}≦、|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::: 〉
          | | | } >'  、        /////|:「`l:||:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::::::/ヽ
           儿| |ハ 〃    _  ニニヽ   |::{/イ |:|_ノ:||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>┬:::::::::::\
            |廴>   r   _ -―-' u `ーノノ トr-ヘ:::::::::::::::\ー┬====≦/  ∧   |::::::::::::::::::\
             八|  | ト、 こ´        / 〈/||:|   ヽ::::::::::::::::ヽ::::{三三 ノ  / |::::::::::::::::::::::::\
            ヽ | |:::::>  _   _ <ニ彡イ川ヾ〉  r┤::::::::::::::::::::::|三三〔__   |::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::\{::>―-、:: ̄::::::::::|     ノ⌒ー' |::::::::::::::::::::::::|三三/   `ー―|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::/      |三≧、:::::\r‐'⌒´       |::::::::::::::::::::::/三三{_     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::〈      〉三三\::::::\__〈包}〉ノ:::::::::::::::::/三三二ア¨ヽ_亅::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        /::::::::::::::く ヽ._ノ⌒「三三三ニゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/三三三三l  j    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         /::::::::::::/人_r一个┘三三三三三三三三≧====彡三三三三三}_ノ{__ノ_ノ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
      /:::::::::/ {_l   ィ |──────────────────────个ー┬─―――一''´
       /::::::/     トL!_/ しヘ
      /:::/
      //


続きを読む
| 15:00 |コメント(4)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/07/10(金) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day04-1


やる夫に触れることは死を意味するそうですの記事一覧


1 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/30(火) 00:18:43 ID:QPSHGSoC
      l    /          _,,. .,_
      ,.⊥、 /\l  | ガ ア  __r‐':::::::::::::::  お読みいただき感謝感激
     〃⌒゙ヽ´\  | ト  リ ノ:::::::::::::::::::::::::
   /      ', l  | ゴ  (::::::::::::::::::::::<゙ヽ   本スレッドは
   ,'  ,. ‐<ニフ! l  | ザ   V::::::::::::::::::ノ    荒木飛呂彦先生の漫画
.  i  {q-p}ヽ>il l  | イ   }:::::::::::::::r┘ i  「バオー来訪者」を元にした
.  !i  〉l、j‐ハ l.!.l ス マ   ヽ-、ノィッテi‐   やる夫AA物語であります
  l.l. li.`¨ V j i.l !       lヽ.`¨/l     
   t-mゝ--'m-'-!         ヽl`  L    
.    ̄ハΤト、  l           /ヽ  -=    
     |/l l l l   \    _/ .,小、
     └Lリ┘.  ∥ヽイ´     /::ハ ` ¨     素人のやることですので
  ; r[,[,「l.__    ∥     _,,../::::l  \.__      なにとぞ御寛恕のほどを
 ;  `Ly_,ノ┘;   ∥ _,,.<:::::ノ::::::l\/升     お願いします
 三三三三三三__,,..<::::::::::∠:_::::::::l‐┐__l:::::
        /::::::::::::::::::::::r‐::'´:::::::l/  `ヽ
       /::::|::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l/
        /:::::::i:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::i/,.__
過去スレ
やる夫に触れることは死を意味するそうです
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242669500/
やる夫に触れることは死を意味するそうです その2
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1243690795/
やる夫に触れることは死を意味するそうです 3日目
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245673076/

ありがたいことにまとめていただきました
day01   http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1416.html
day02   http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1512.html
day03-1 http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1513.html
day03-2 http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1642.html


206 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/29(月) 23:00:01 ID:RLvXwbWj

 ---- 歩く 歩き続けている 歩いていれば 大丈夫 囚われない 追いつかれない ----

  .‐.~:::::::::::...`'::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::: :::::::::::::::::                  :::::|:::::::::::::::|::::::::::
,':.. :::::::::::: 、::::::`'‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::|:::::::::::::::|:::::::::
:::::::... ......:::: ::::::::: .:::i._:::::::::::::::::::::::::::                       :::::::|:::::::::::::::|:::::::::
: ::::─::::::::┬:::::─‐‐:::::: :::::::::::::::───――――─────────:::::::::|`ー┐::::|──
::::::::┴::::::::: ::─┬::::::::::::::::::                             :::::::::|:: │::::|:::::::::
::─:::::: :┬::::::::::┴:::::::::                             ::::::::::|:: │::::|::::::::::
: : ┴┬::::: ::::: ::::::::┤                             :::::::::::|`ー┘::::|:::::::
::┬:::::─:::::::::  ┴┤                                ::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::
::::─: ::::: . ┬┴┬┤             __             :::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::
:::: :::::┴┬┴┬┴┤           /..::::::::::::ー\           :::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
::_ ┴┬┴┬┴┬┤         /..::::::::::::::::::::: (●ヽ       :::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
┴┬┴┬┴┬┴┤     , .-=- ,、..:::::::::::::::::::::::::::::::::(_丿      ::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
┬┴┬┴┬┴┬┤  ヽr'._ rノ.'   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿      :::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::
┴┬┴┬┴┬┴┤_ //`Y. , '´ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/______:::::::::::::::::|:::::::::::::::|_
─┴─┴─┴─ZZZ i | 丿. i ノ '\@:::::::::::::::::::::...`/         ::::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::
               ヽ>,/! ヾ(i.-。-ノγ:::::::::::::::::::::|        :::::::::::::::::::::''""ー''^:::::::::
              γヽ -(kOi∞/:::::::::::::::::::::::::::|        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ヾ:::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::/
               \::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/

207 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/29(月) 23:01:01 ID:RLvXwbWj

 ---- 町からほんの少し離れれば 耳が痛くなるほどに静寂 ----

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;⌒  、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:(;;; ,,;;    ヽ、;:;:_,,,...:-‐‐=-..,,,_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;⌒  、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(;;; ,,;;    ヽ;:、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(_,,,  ;;ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__,, - ''""
;:;:;:;:,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  :::.....                     -‐"      / ̄ ̄ ̄\' -‐‐‐-,..,,.;:;:;:;:;:;:;:;
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;, .-=- ,、   /  ─  ─ \,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;::::::::ヽr'._ rノ.'   '  /   (●)  (●) \;;:.......;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;//`Y. , '´ ̄@|     (__人__)   |::::;;::::::::...,,,;:;:;:;
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijii | 丿. i ノ '\丿\    ` ⌒´.  /ijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',ヽ>,/! ヾ(i.-。/⌒ヽ        /,',',',',',',',',',',',',',',',',
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijy`ー -(kOi/            ヽyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::::::::ヾ/   |         | |::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″ |  ∠|         | |″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v丶   |         |丿v v v v v v

208 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/29(月) 23:02:03 ID:RLvXwbWj

 ---- あの出来事から数時間が経つ 少年と少女は山を目指していた ----

                            : :    :   : : : :  : : : : :
                             : : :       : :   : : : : :
:                    :   :
: : : : : : : : :       :        :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :   : : : : : : : : : :   : : : : : :
       :           : : 、‐``‐、             : : :  : : : : : : : : :
   : : : : : :        : .,,/`::::::::::: `ヽ            : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : :       _,,、'`::::::::::: : : :: : : ::::'、:
           _r'":::::;;;;;;;;;;::::::::::: : : : : ::::`‐、、    : : :
         、,-'゜::::;;;;;;;;;;;;: : : :::::: : : : : : : ::::::::::::ヽ,、: : : : : :
       ._、‐′:::;;;;;;;;;;;;;: :  : 、: : : ;;;;;;: : ;;;;;;;;:::::::::::゙'‐、、: : : : : : :  :
     _,/`: : ::;;;;;;;;;;;;;;;:  : ;;;;;;;:   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::``'ー''ー-、: : : : : : :
  ._、‐`: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : ;;;;: : : : : :;:::::::::::::::::: ;;;;;: : : : :::::: : : : : ``、、: : : :
..,,rl″: : :::: : ;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : :;: :    : :::::::::::::::::: : : : :__ : : : : : : : : `ヽ.: : : : : :
″: : :::::::::: ;;;;;;;;;: : : : ::::::::::::::::: ;;;;;;: :  ::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::ー\ : : : : : : : `、、: : :
: :::::::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::::: : : ;;;;;;;;;;;: : ::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::(●ヽ;;;;;: : : : : `'''‐:-、
:::::::::: :   : : : :::::::::::::::::::: : :  ;;;;;;;;;;;;;;;;:, .-=- ,、..:::::::::::::::::::::::::::::::::(_丿;;;;;;;;;;;;: : : : :
:::: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::   :  ;;;;;;;;;ヽr'._ rノ.'   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :
:::::: .: : ::::::::::::::::::::::::::::::   : : : ;;;;;;;;//`Y. , '´ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    :ZZZ i | 丿. i ノ '\@:::::::::::::::::::::...`/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
: : : : : : : : : : : : : : :       : : :ヽ>,/! ヾ(i.-。-ノ:γ:::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : :
                   γヽ -(kOi∞/::::::::::::::::::::::::::|
                  ヾ:::::::::::\ /:::::::::::/:::::::::::::::/
                    \::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/

209 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/29(月) 23:03:00 ID:RLvXwbWj

 ---- 陽が昇る 生き物が動き出す ----

   デーデーポッポー デーデーポポー    チュン
             _,,,...:-‐‐=-.'.:,丶        チチチ チュン
 .           ,r'";; ;;      ;;\,,.....,
          ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`'::,、           .................
::::::... ..丶   ,:r';;; ;; ,;;; ;;      ;;    ;; ;;; ,;; `':,、    ........::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.........
:::::::.... ...\r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  ;; ,, ;;, ;;`';;、_:::::::::::::::;;:''      ''';;;:::::::::::::::
:::.' ──-.. \ ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''';‐-,, ,,      ;;, ;;`';;、_:::;;;''        '';;- ''""
:::::::... ⌒__丶 \;;;               " ''''‐- ,..,,,...  ′,, -‐- ,... ...--‐‐''''"
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ   " ''''‐   ...:;;;             /'       ̄
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ;;  ;"'.,      , ;,        ノ''         .,,._.
:::::::::::...    ヽ   .ヽ       ;::      ,, ;;,  ....゛゛;;;;;;:::;:
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .);;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,
:::::::::::..   ../       .ノyviiijwiijijywWwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWw
:::::::::.⌒ "       ..ノ',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

210 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/29(月) 23:04:02 ID:RLvXwbWj

         /⌒~j \/ハヽ'' ¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /    ' _ノ イ   ヾ
        ' |   //,、.|    '
         | |  r /  \    \
         | |   V      Y ハ
    ふ  `ゝ /        '.
     ぁ     '         ヾ
     ・    /    ヾ      \ ' .      「お……おはよう……自分で歩くかしら」
     ・   ,        \      ヽ  \
         _  _             \     「おはようだぉ!」
     ノ   ゞ\
    「       ('.. )                                   ,ヘ
    L     ///                         ____      / /
      ヽ                            /\  /\   / /
  ィ    |                           /( ⌒)  (⌒)\/  /
 ノ  _   |                         / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  / ノ ノ                         |     |r┬-|       |
  /__ ヽ                          \     ` ー'´     /
 γ´ ノ  ヽ.______/⌒\∠           /          \
   /           /  γ 三三         /             \
  |             '    ,≧──_ ゞ     /  /\           ヽ
  ノ              |   { , -           /   \          ノ
./                  |   ヒ_..._ ,. -        U      ヽ        ノ
              /   { ̄                         ∩  _
             '      ,.ゝ──                       ミ( ゚∀゚)
          /      <ヽ__             オハヨッパイ      ミ⊃  )
        イ           ̄ ̄ ̄                        ヽ  ヽ
                                                .し ⌒J

211 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/29(月) 23:05:02 ID:RLvXwbWj

---- ひとつ決めたことがある ----

                 .:.:.. .: .: .  : . . :
              .:.:.. :.:.:. :.:.:. :. :.:. :..  .: .: .  : . . :
           . : .:.:.. :.:.:. :.:.:. :. :.:. : .: . : .: . :.<ニ|: . . : . : . :
      _,,,,..___.        , ;, ; .:. : ;; : . :. :. . :. .: .|ニ> .:      __... - "
    "" .:.:. .:.: .: ""ー-,,,__  ______.......________.: .|l.__,,,, -‐""   __:,,-‐ ゛ .:
     "   ,, :: ....::.:. :.:. :.゙`゙''ー-、_        "      -ニ二_ :.: .:. .:.
     ,,      ノ  ::. :.: .: ,,r ヘハ二/ヽ ̄}-   _  ‐ _ "'‐、
          ,,   "   ,r' 」 r-ムヘソリノ!_Z、- =-_   - =-_ヽ   ,.
      ".    。  vi / 〕 {\.入乏人_  ̄ ̄了=-_  =-  -,'
          vノ "  / - └i_` ー、| Vイ }下 T´ _=-  ̄,-'~
   "   "     , -7フー-  _ ̄└- 、',  V-┘、  |―  _,,-'″ ,,.
     "   ._,,,.,,,,-‐'"~l/     >ー- ヘ. V ̄ _| ,,‐'"~       ノiu
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=-l{  _      ,ィ:⌒ヽ ∨ヽミ/ ,ヘj /⌒i"    "  ,
   〈ヘ、         V´ , -、   ',::::::f !  /´ イ } , ィイ⌒} --─────-- 、、
  r、 } ヽ\          ヽハ:.:.r!    ゝ-'    r' /.::::// .:; ./                \
   '、ヽ  ト'ヘ./{      .ハ ゝ'r  _     / ̄ ̄`¨ ー-/                \
    ヽr ┘ _,、└1   r--'.   Y´ ノ   /!      /   ,.-‐-、      ,.-‐-、   \
   r ‐' r、」  ヾj  r ヽ - :.> 、 ´   /!ノ /    /                          \
   ,ゝ t'     _, -_, -┴=、-、:::. >7.::/::| /,   /     / '⌒`ヽ     / '⌒`ヽ       \
   > 〕-    \入 .::r‐ 、_)7´.:/./.::/:::j ´  │      ヽ.   ,)     ヽ.    ,)       l
   ヽ く         (ィ冖┘  ヽム{.::/.:::/    │     !/// (____人____)/////       |
   く  厶         〈フ  -、'´_//¨T゙     .│        ヽ      ,)           l
   /   /       {!  _/ ヘ._/.::/     -\         |,/⌒'⌒ヽ|           /
    ヽ  {__-        / /r―::/ィ´┐    . : :/ \        l     j         /


続きを読む
| 15:00 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/07/01(水) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day03-4


やる夫に触れることは死を意味するそうですの記事一覧


1 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/06/22(月) 21:17:56 ID:q2Id8Cpa
         ,. -―- 、
       / .....,...... `、    お読みいただいて感謝感激
        |  ニlニ  |     
         | ,.ニ↓ニ、|     本スレッドは
      l^! ,(__)T笆)=)゙}    荒木飛呂彦先生の漫画「バオー来訪者」を元にした
      ヾi 、_,.jJ、__, jン    やる夫AA物語であります
        ト.{.゙゙ニ゙゙.}.ノL_
       _| ヽ___,∠┴'L     素人のやることですので
      /ノ-''"´,. ‐'''"´└-、    なにとぞ御寛恕のほどを
     //  /     _,,,......L_    お願いします
    /  /     _.... -‐‐‐┴、
   ,/   /
                ___
              /ノ   ヽ、_\
          _ , ┐/ (●)}lil{(●)丶  内容は……
        , ├@ニ!ミ、 (__人__)   \
         ,'  又l」ノu 0ヽ |!!il|!|!l| /  |    この2人が泣いたり
     r  !   { _ u 、ノ |ェェェェ|   /           笑ったりする物語
     r  r┴、 _r┴ァ__レ'-' ̄| )   \
       {{二. {二゙  _    Y冫    |                 ……以上!
       L.  _|  l ( ̄ ̄   /   |
      /く/| ヽ   \ヽ___ノ   |
     九    ̄    イ         |

過去スレ
やる夫に触れることは死を意味するそうです
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242669500/
やる夫に触れることは死を意味するそうです その2
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1243690795/

ありがたいことにまとめていただきました
day01   http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1416.html
day02   http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1512.html
day03-1 http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1513.html
day03-2 http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1642.html

2 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/06/22(月) 21:19:50 ID:fWURJmpf

おいおい、ここで霞の目かよww

相変わらずお茶目だな>>1は

そこにしびれてあこがれて、AAカップも盛り上がる。



336 名前: ◆IVwOPCqYy2 [] 投稿日:09/06/22(月) 21:01:10 ID:q2Id8Cpa
               |       `ヽ、
             , -┴=─-  _ , ‐ 、}
            .{/ , -‐ァ== 、 Y  i ヽ r、
             >' / ,イ .{  l   ! `゙ j
            ,.イj7フ;/ /__//∠ゝ、j |   !`"´
       / '´/j,イ fィi} ノノ1!jヾ/ |   l     <楽園にさらば>
         i   「´   ヽ!  '    ノ j  |
.        l   l     jハ、´`   ー了f!  !
        i  |    _,. リー弌辷/{!_ i 、 ノ
      i   !_, ‐'´  ,ハ {_.-ァ/ t l   /   
       |  ノ   _,.ノ  ̄` 〃  ...:ヘ /
       !  _,. -'/    .:.;i′..:.:.:.:.:.;::V
       ` ̄  i′....:.:.:.:./, , :.:.:.:.ノ.:/
             ヽ.:._;,:.イ:〃,  / .:/
             l:〃//  /イ
             `!;/    .:.:.{     ……オッパ!
             }:      ,.-t
             ノ‐ヘ.へ/`′ `、        ダ チ
               ハ、   `     ,}t   ( 俺の友達が困ってるみたいなんだ……
            /ー-`itー-、_  __,.イレヘ   あんたはオッパイ一筋の俺に
             /  、}j``ヽi {._{rj'´ t:. ',   脇の下の魅力を教えてくれた恩人……
          l| __,ノ'    l.iV ,′  ヾ.l   名残惜しいが これでサヨウナラだ……あばよっ! )
          「´    \ Y ///  :|            _
           |          「´/, '    |          (   ) 
          li.:       |://   .:,!          ι   j  
          ,ハ       |:/    .:!i           |   |  
           {  \     l:.:.   .:.l:|           し⌒J    
───────────────────────────────────────────
 ── =≡
 ── =≡   ∩ _ ∩
 ─ =≡    (  ゚∀゚) 乳房ッ!
 ── =≡   ノ  /
 ─ =≡    (つ ノ                     ∩_ _∩
 ── .=≡    (ノ                      ( ゚∀゚) 乳房ァアアアア!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                   ノ  /
                                (つ ノ
                                 (ノ

337 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/22(月) 21:02:01 ID:q2Id8Cpa


      γ´ 。`
     γ´    lメ 。 /~)
   ./   γヽ、 .ノ川 おっぱい!おっぱい!
  ./     ヽ、 三 彡
 (__彡ヘ  / バッフ バッフ
    .(__/


───────────────────────────────────────────
         \
           \\
          \\\
             \\    デコッ
              \\\ ☆     彡 ‐-、 クル
                   /    彡     α
               _..-''"´: :`ィ'ー .、         ミ
           r 、 /__,ニ : : ハ ィニヽヽ          ヾ _ _
           }! ト、 ヽ : : :'、 示ソヽル'ゝ        ∩゚∀゚)')
          /: lリ  ``'ー ,,;;゙二-1!7 ハ }         .〉  /
             {: :/ -       ー / ii !__ト--''  ̄ ̄     .(_/,/  ミ   _ _
           `!           `ゝT/从 `ヽ    , ヘ          ( ゚∀゚ )
          〃`'.! `tハ'   'ハ+- ノイ-、ソ;ュ  `¨´            し  J
     k,;''"{jy .,,,y= '、.__,,_``(uィYヾ イ `ヽ、  _     スタッ! |   |
     `^~ ̄ ̄´           `~ └‐'-r''              し ⌒J

338 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/22(月) 21:02:32 ID:q2Id8Cpa
         _ ,.、_       _   _   、_ _
        r' `_/:::::厶二_ヽ_ /.:ヽ'ーヘ.::´ートノ}::::::ヽ  ̄ヽ _
        ム { YZハ┬r-、]こヽ.: :l  }jノ ̄`Y^ヽ::__:|    \
― - 、    /] 」儿ツニ二フ-―冫.:}/    ト、   \     「はっ!?」
     \ / ∟二|::::|┘_r=、  ミK      \ \__.L._
 _     ,'   /  「T  入::::ノ爻 ハ _     ヽ   \::::}
    /、 |   / //    `      「 〔¨ス-、_      ヽ|
   /!   ヽ! / //         r;   K´ 〔_  ̄`¨ ー=   {        _
   !l   - V //  ,  _'r=、 , -― ケ´ 〉 、  ̄      ハ      (   )
   {ヽ _ く /ヽ {  入::::ノ/ /   ゝ ム 丶       _::.',    ι   j  ッパ?
    ー― '´ \、≧:t r_┬tーY / , ヽ. く _ -―_/´- 、       |   | ( 大丈夫かい? )
   ――‥  ̄ 三二  \_ ヽ 厶イ 〕</ -  ̄  \_::.ヽ     し⌒J
───────────────────────────────────────────
          , -< ´ ̄ ` 丶、
     {\ , '´_   ヽ `丶\  ヽ   ガバッ!
       ヽV`ヽ、 `丶、`ヽ \ 、 、
        〉、 /丶ミニ、丶 `丶、 `、ハ
      {//X     `丶ミ、  \ ヽ}   }
.       l// `丶、    _ヽ `ヽ lト--'′
        ヾ! '⌒       、_,_` ミヽ∨
        〉 ィ':うX     'r'::.うY }'^i   「なに?……生きてる?
        ハ 〉 <:丿  ,   ゞ:ノ ;`Y    ……あれは……誰?」
      //ヽヘ ''   _   ''' ,イ彡|ヽ
     < {{\_/> 、 _,   '´ム_ノ-勹
      〈ミヽノ, '´ l{        }| ∨彡ユ
     廴) { - 、}l        jノ -‐Y!-=′
          !  |tftftftftftftf′  八 _ノ
        |   l i  !  j|  ′  ′             _ _   パィ!
         l|   |‐r‐rr__ァー'   '|             ( ゚∀゚ ) ( 顔は違うが
        !l   | `7| l∨   ,' |             し  J    臭いはアイツだよ )

339 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/22(月) 21:03:06 ID:q2Id8Cpa
          /| ̄ ̄ ̄ \     ---- 「ヤルオー」の武装現象はまだとけないッ!
        /_/       \        殺気がまだ『ヤルオー』の触覚に感じられていたのだッ
        [:_______::]
        \ ,     :::::::::...../
          \ ,ノ.::.::.::.:"ヽ、_                     ---- 『ヤルオー』は思った!! ----
          , ´::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ       ________
          |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ
         |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ヽ     『 いるッ! まだいるッ!
         /::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ィ::.::.|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     なにかが潜んでいるッ!』
         イ::.::.::,::.::.::.::.::.::./|::.::.::i          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    \
          l::.::./l::.::.::.::.::.::.:ト |::.::.:l  /|         ::::::::::::::::::::::::::::      \
        l::.::.:'i::/|::.::.::.::.:l |::.::.:|//       ::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::       \
         |::.::l//:.::.::.::.::.:||::..| /      ::::::::::::::::::::::(__人__)::::::::::::::::::       \
        |::.i /.::.::.::.::.::.::.::.| ::.:|          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         \
        l::.::.::.::.::.::.:,、::.::.::.::|ヽ^l       __________________]
        ト フヽ::.::.::| |::.::.::.::.|ヒノ        / /        ∧     :',  /  /  /   |
       ノヾリト::.::.::.| l::.::.::.::.|          {        / ヽ     } /  /  /   |
        ^´|::.::.::.::.| |::::.::.|          ヽ___/ __ \___ノ            |
         |::.::.::.::|  l::.::.::.|            ヽ   ´    `  '             |
         |::.::.::.::|   |::.::.::l                                 /
         l::.::.::.::i   i:.::.::.:l                "`              /
         i::.::.::.:l    l::.::.::.|               :;:;:;:;:;:;:;:;:;      イ   :;:;:;:;\
           l::.::.:: i  _ i::.::.::.|
        /::.::.::.:i  ´::.::.::.::.::〉
        ヽ::.::.::.:メ  ヽ、_::.::.::.l
    ィ´::.::.:´::.::.::.::.|     ヽ-‐'
    ヽ、_, 、_::i
─────────────────────────────────────────────
          やる夫に触れることは死を意味するそうです  day03-4「我が愛しき魔獣
─────────────────────────────────────────────

続きを読む
| 17:00 |コメント(8)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/07/01(水) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day03-3


やる夫に触れることは死を意味するそうですの記事一覧


214 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/15(月) 21:00:44 ID:3LAFTkzX
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   「君と君の部下には
  |   ` ⌒´  ノ          死んでもらうことになる」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
───────────────────────────────────────────
   /       /^^^^^^^^^^^^^^^^^^ヽ   ゙i
  /     ∪ /               ゙i   ゙i
 /   |     / _....r-ー'―-‐‐‐‐‐‐‐--ー--゙i   ゙i
/    |   / ,'rj―'''`''‐‐ 、 _.|..| (、,,,-‐''´`ヽ_゙i,.  ゙i
|    |  / |   ,‐'゙゙゙゙゙ヽ   / / ノ ./´ ̄`i .|l ゙i  |
|    |  / | 〈  ・  〉     〈 ..・  ) |l'、゙i  |
|     | /ト |   `-..,,..-′      `-....-′|l'、,,'゙i |
|    !/ i ト│                 .|l'、 、゙i |
|    く | ト |                  |l'、l '  |   「説明……いただけますか?」
イ\    \゙\l                 |l'、 ハ ゙i
  \    \<゙‐‐ー 、         ..ィ´´   〉 /
\  \(⌒) ヽゝ `ゝ‐‐‐、、_____,,-‐''´、  ヘゝ ソ丿
  `''-、゙゙"\\ \            -`ー、 / `
    ヽ\ `''-、\\        ´゙ゝ、  /

215 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/15(月) 21:01:36 ID:3LAFTkzX
       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ   「うむ……その前に尋ねたい
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     君は『強い』ということを
.      ン         } ゙| ̄'|        どういうモノだと考えるかね?」
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────────
          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ   「僕にとっては……訓練した兵を一つに束ね
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{     状況に最適な行動をさせることです」
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

216 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/15(月) 21:02:31 ID:3LAFTkzX
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   「状況判断と最適な行動……まさに
.   |        ノ    私にとって『強さ』とは環境や状況に素早く『適応』する能力のことだ
    |      ∩ ノ ⊃    手法としては対象を特殊な環境下に置き 生き残る術を模索させている」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
───────────────────────────────────────────
                             ... -―……―- .. .
                         . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
                       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
                  .     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
                      i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ
                      !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!
                  .     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
                        Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/
                  .      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
                       〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
                        _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
                       ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
     「観念的というか……      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
      なんだか呪術的ですね     八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
      蟲毒というのを連想します」   ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
                          /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
     ( ぶっちゃけ拷問…… )     〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
                          /`ヽヽ /// ,, -‐''"


続きを読む
| 17:00 |コメント(7)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/06/15(月) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day03-2


day01day02day03-1


78 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/08(月) 01:21:32 ID:ni3+YpYA
 入 入  ┐  /_ヽ の き
  ・  れ エ  (    l か こ
 れ ろ. ロ  (   ノ ! え
  ・  と  い  (   )    な
 ろ. い A.  ( \,)    か
  ・  っ A   ( \〈    っ
 ッ  た└   (__ ノ    た
 ! ら を     (:::::ヽ`V⌒V´ ̄
        .(::::::::リ、_,,. ._,.,.
 ヽ__      __/`=='^ irュヽヽ_/
  .//.\⌒´   ,    l ミー' /  皆様 こんばんは お読みいただいて感謝感激
  // ,.-:::≧=‐'"fヽ、 iヽ=イ   
 l i (::::::::__::::::::>、ヽ_ソ   l  先程day03-2「氷の記憶」を終えたところです
 !   `(` ー ̄_ヽ、::::::\__/  本日(6/8)帰宅後の午後9時くらいから
     `二ヽ  +/ハ::リ    投下させていただきます
 l      \ヽ-' /
         i   /      03-1ではホントは
 ヽ\      j  /        ココまで行きたかったって……
.  \` ー-- '"/          よし……寝るッ!!
    `¨ ブ"

79 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/06/08(月) 01:22:14 ID:lxvePQ9K

おお、作成おつかれさまです!
楽しみだなあ



80 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/06/08(月) 01:22:28 ID:lxvePQ9K

ああ、エロいAAについては無理しなくてもいいかとw



81 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/08(月) 20:34:23 ID:ni3+YpYA

帰宅~
9時から投下~
>>79-80 ありがとう~


83 名前: ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/06/08(月) 21:00:05 ID:ni3+YpYA
           || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
           | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛
           、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \    ヾヽ
            \ \  ̄二   '´´      |    |  \ \
                 ∠ヽ_ ___ //   ∧__>--- 、    |
                  V  |レ '⌒ヽ|  /  /ゝr      ∨  |    _ _     ,イ
             _  ∩   入    /‐' ///  //      ∨  i   /ソ三\__ / {
           ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい! //        ∨ ! / ンノ `ミ冫 {   V(/て
           (  ⊂彡/  //   /    //  \      ∨ //メ ′ ゙ミ/´`ヽ  ゙ /´`ヽ
             |   | ≠―     ,. -‐  ,//     ヽ       'ノ//⌒ー--ヘ{ ,ィ:;;},}/__ '   ト、
            し ⌒J       /   / 〈        '.      ( ( (⌒ヾベ/、l/__ノ /'´; '〉  ト 、 ヽ
        ,.-、r⊂ア          /   /--、 ',         '.     l )ノ ) ゝ/ィ一/'' 〈 r' 〈 / l } lヾ ゝ
      {、_ ヽ;f::)::}          /_,. -≠―- 、 ヽ ',  |/    ∧    ノ ( /  /'' `7 /l\゙レ{ l/| l |  ミ
      f´ `マ ー'′        /廴__/     `丶.\|   / ∧    ヾヽ(   (⌒ヽ//  ゙、_ ゞ l从ノ /  冫
     |ー-{          f {{/          `ヽ`ー/ / ハ    )ノ   ∨::...\    l` /'ソ/ /
     ヽ ー-',             |./ __/´ ̄         ` <  ∧   (   /丁\ ::::.`v  /  レ´ `ヽ
       \ーヽ、       マ´__,. -‐            ` <ム      / / \\::.ノ;Y,  , /)) l
        ` ー、` ー┬一 '´ \ ゝ-┬  ,. ---,. 、         `丶   /    , ' ,'``'X /l (,/ /
             \ |      ` ー-゙=´一 '´  />,、         _ '、_ _,,, -一 ´ _/`ォイ
             \!                 /  / > 、     /´  ヽ-‐|、\_____,,(__)/lY|
                |                  /  /  /  l丶、 /: : : /.:.:.\|.]| ||┌‐-, .:.:::レ' /l |

続きを読む
| 18:00 |コメント(12)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/06/02(火) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day03


day01day02


306 名前: 1 ◆IVwOPCqYy2 [] 投稿日:09/05/30(土) 05:29:12 ID:kBU9quOn
 ,. -‐ ¨ ̄¨  ー─'" i´  _.. - l l
´__,,. --─…‐-- 、   r' ´ _,,. ィ ハ
           二ヽ i /,.    }  }
_,,.-─…---、‐く ヽ  l l / J u i ./
U u    __  、 \ヽ. i リノ ,.=示、j /
    ,ィシ'"⌒゙ミ、`ニヽ__⊥Li,ィフ´_,ノ |ヽ
--t:テ' ¨ ̄`ヽ.: :ヽ::ト、ヽ __ノ^ニ¨ ./l }
ヽ--li一'"´ ,. -‐ il¨ ̄、._ l、ー‐'"  iノ
    ヽ-‐ '"   //  `    ! ` =彳',
    ` ..,_,, イ  u  i  l,、    } 
         /l'¨ヽ /  l 〉   ノ  おはようございます 読んでいただき感謝感激
   し     / L.._   ヽ  l'ヽ イ/
     ,.ィフフ‐''"´ ` ーー'^ヽ. l !    3回目のことで報告させていただきます
` ー-/ //___     ノ   __ i l.l   先程day03-1「水の中の犬」(約90コマ)の作業終了
.   i-‐ T¨ハ、__二ニ=‐--‐T  Yi l   帰宅後に見直して投下しようと思います
l   !   !/   `¨¨ 一'" i  ! .!   日時は5/30 22時辺りと予定変更です
l   l  !    ,,____,ノ、_  ハ   なんか首がイテェです……
!   !     ´  /       ',


307 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/05/30(土) 09:17:51 ID:B9lWYbvS

了解です。楽しみにしてます。でも首はお大事に。



308 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/05/30(土) 18:40:49 ID:V9MSIxdl

水の中の犬か・・・

確か劇中で、ドレス役員が葉巻吸ってたような…
少年誌なのに、時代だよね。



続きを読む
| 11:30 |コメント(10)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

■2009/06/02(火) <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day02


day01


127 名前:1 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/05/23(土) 15:40:58 ID:8jBsPBVp
     ::::::::  ::      ::      :::::  ::  :::
     ::::::  ::     / ̄ ̄\   :::::  ::::  :::
     ::::::  ::::    /  :::    ヽ :::   :::   ::
     ::::  ::::   /   ::⌒ ⌒ /::  :::  ::
    ::::   :::  /   (_)(_) ::  ::
    :::    :: /    (__人__) :  ::::  ( 洗脳の準備段階……薬物による記憶の消去
     :::      i     ` ⌒´/:  :::      彼は”まっさら”な状態で少女に出会ってしまった
     ::     ヽ      < :   :::     雛が生まれて初めて見るものを親と認識するように
         /´       ヽ :::      彼もまた少女を…… )
         |  l       \:::
         ヽ  -‐‐‐--、  -‐‐‐-、.
          ヽ _(_)(_)_) (_(_)_)_))
          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ    ( 少女をその様な自らの半身に匹敵すると受け取ったのか?
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i     ちょっと信じ難いが最初の反応からすると……
     ./ //´l (ー) (ー)   i     妄想が入ってるが事実は小説より奇とも……
    .l  '- ' , l (__人___)    i
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i     ええい、疲労すると勝手に話を創り出す…
    l   i i          ,i     思考に必要なのは事実だ!
    /   / iヽ,        /     我々が手にするはずだった
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),    貴重な素材を失ったといこうこと……
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_

129 名前:1 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/05/23(土) 15:41:58 ID:8jBsPBVp

          , --────-- 、
        /           \
       /              \      ( 失ったならば取り戻すまでだな……JK
     /             l     \      少年をッ!
    ./             ノ::::::::::::::::::::::.\    『ヤルオー』を狩るッ!
   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \   そして未来を奪還するッ! )
  |         / / ̄\\:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |. ○ .||
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   ::|::     \
    |            |    |     |
    |            |    |     |                    エリミネート
    .|             \__/\__/|     「少年を探せッ!そして 抹 殺 しろッ!」
    |.              トエエエエエイ  |
    .|                   '.{    :l    }/ /
     |                   .{   :l    }/ )
      丶                  .{       }  l
      \                  、`ー一一 ' )
       .\                  u     /
        ヽ                /

130 名前:1 ◆IVwOPCqYy2 [sage] 投稿日:09/05/23(土) 15:42:58 ID:8jBsPBVp
              .,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,.,..,.,.,
                 [二][二][二][二][二][二][二][]
              [;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;]
               |.|: : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : ... |.|
           ,,,-‐-、,   |.| :  | ̄ ̄ ̄|'      .:      |.|
          /     ゙i  |.|: :   |___,.'' : :    | ̄ ̄|    |.|
          |---rr‐-イ .|.|: :  : : :         |_,,.;:''" .   |.|
         、..,_||,,_ノ   |.|     :          : :.      |.|
          ||    .|.|:'   .  _  ∩ : :     : : : .  . |.|
         r‐'|トーr  |.|:'    ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
         |: || .|  |.|,,,,,,,,,,,,,,,,,(  ⊂彡,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|.|
         |: || .|  |.|: :     |   |     : : : :   : :.. .|:| :
           .l_||_ |  | |      し ⌒J : :      : : :   |:|: :
        : : |゙l    |.|'二二二二二二二二二二二二二二],'"""'''''"""''""''''""''"''
          | |   .|.|: : : : : .| .|:   : : : : : : :. | |: : : : : : |.|: : : :''"'"~'''
        ,-‐イ_ト‐-、. |.||: : : :. .|: |: : : : : : : : : : :. │|: : : : :  : : :
       : [゙''ー---‐''i: "" : : :''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""
        : ゙''ー---‐'"

         <やる夫に触れることは死を意味するそうです>  day02 「抹殺指令」


128 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/05/23(土) 15:41:01 ID:cfcLUcZT

おお、ヤター!



続きを読む
| 10:00 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫に触れることは死を意味するそうです

| 次のページ>>

■PV

ブログパーツ ブログパーツ