やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■--/--/--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- |
カテゴリー:スポンサー広告

■2009/03/28(土) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯20(最終話)


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


81 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:02:20 ID:C+Affspm

         __r--─ァム=≠({`Yヽ「 ア
     __/厂 ㌢ 瓦豸ヽ=- >く`^ く 〉_
.   厂/  =艾ンイノ ィヽ./丶ー' `ヽ\_,.ゝ
  ァ/  %弋乏彡イ/ 廴イ= >  `ヽ、 ヽ ヽ
//  .ム/ /Y _廴)ム-イバ下、\  ヽ、 }  }
. /  彳{ />イ´イ___Y //  {|  \\   Y li
/   爻.V { イ〃 / 化/_/_,ィ// __弋   } lイ
   爻 { / / / イ !.ィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ rミ〉 !l/|             
   爻 l从l/ f `Y l.`T::::T' //ナ!;Tイ/l.l /
    爻 ヽ{〃☆川 l 'ー' ´ , 'ーイ.イl/爻         
     爻 |/いYl トl . ',""    "ツノィ从  爻                    ____
     爻  ヾ小!ヽ{、   ‐_,.ィ"l´l∧.ヽ、_ 爻爻                /      \
     爻    % ヽ、ヽ、|`¨´ !{ /        爻              / ─    ─ \
      爻  ,.メ¬☆。o  。☆ ヽ、_,       爻           /   (●)  (●)  \  
       ィ爻´    o *。☆O☆ー-、         爻          |      (__人__)・    |  
     /  爻      *o。 * ゚*   ヽ         爻          \__ ` ⌒´ __/    
    {  .爻     *    o。     '.        爻         /  | |_◆・◆_| | \
    |   爻 l   __  ヽ     /  }         爻         |  | |  \ /  | i |
    |  爻  |´ ̄   ̄`¨ー─‐ヘ  l         爻         | ├┤ __|_/  ├┤|
    |  爻  |              〉 |        爻         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |

「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/
♯12~♯15
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235909209/
♯16~♯18
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1237376140/



こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html

82 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:03:08 ID:C+Affspm





                , 二¨-―-- 、`丶、
              /_ ..-――-.. 、十ヽ\
             //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
            〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
            l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
            ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/ ハ
            ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,' ∨  ハ              _______     
            /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  ハ:  ハ             ./ /  #  ;,; ヽ  
          l// l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7   イ i ハ         : /ノ  ;;#  ,;.;:: \   :  
         /   '. ノ    /     l`ー-__.__ ハ          /  -==、   '==-  ..:::::|  
        /   / /∧ _,. イ☆。o  。☆ ヽ′ ̄  ハ           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
       /  ./, ', ' , - '´   o *。☆O☆ー        ',         : ! #;;:..  l  |    .::::::/    
      l      /        *o。 * ゚*          l         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/   
      l      l    rェzrェ *    o。rxzェz、     !          . >;;;;::..    ..;,.;-      
       l      |   タ'´  ̄__  ヽ./      ヽヘ  .. l          /  | |_◆・◆_| | \
.      l       l    / /,,_,,_,,_,,,_,\/,,_,,_,,_,,,_,,_,,} }   │..        |  | |  \ /  | i |
     /       |   {  {_,,_,,_,,_,,_,_,_,_,_,,_,,_,,_,,_,__,} ,′  :|         | ├┤ __|_/  ├┤|
             |   ヽ  . : : : : : .    .: : : : :/ ∧    !         |  |   ̄ ∧ ̄ ̄  | |

やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯20(最終話)


83 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:03:55 ID:mocWWcfX

まってましたああああああ




87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:06:47 ID:MhSFqj/B

なんでAYA STYLEなんだよwww




84 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:05:14 ID:C+Affspm
前回までのあらすじ
野々村の家で、巴里から帰国したやる夫の歓迎会が行われようとしていた。



~野々村家~


_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

「僕が行ったときは、もう5・6人が集っていた。彼らは何も知らずに元気に談笑していた。」


85 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:06:13 ID:C+Affspm



.             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i| おかえりにょろ~やる夫君。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 巴里は楽しかったかい?
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

「僕を見るとそのうちの一人が言った。」


86 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:06:46 ID:C+Affspm

                            __
          ,.  --、_           ,rf'l「 _レ、
         / /' ニ=トゝ        /~ヽニへ、>、
         l Y   _彡イ〉       // ィ l l  ヽ,彡ゝ,
         ヘ_ゝr'V テ7         ヽVLィハレ'´'´_〉‐7
         >ニL、  >          ) く5レ'彡アァ'´
        /='´`ヾ5´           ` -グ ⌒ヽ
        ,′l  ヽ、〔            _∠´   ヘ
     rニイ  >ィト、´゙'' - 、、 @;(@ _,. -'´  ‐仁´   ト、
     く,  イ  ´フヽ`ヽ、   フ7ァ' ィ‐'ハ、    / /    |l>、
      7 ,ノ    ,ハ   ,/'´´  ゙ヘ^ヾ、 _,イ l ノ  lィ'´
      了   彡' 」L,,ノヘ、     ,. -rXュ ⊥_∠   |jl
       _L_,. -' _ィ7二 `   ヽ   //ヘ⊥ゝ____ イ
    r「、_,Г7アく_∠_  _ _,.ノ    l、  |`l>V ハ V八ヾ
    ^¬イl `「    `レ'´       ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/_,)
       ヾノ

         , -/ ̄ヽ
       r ノ __  ´゙ヽ
      _ 」_, '--- 、 `丶、}\    
    _ / '´      `丶 ヽ7 |   
   ∟ YーL. --冖,_」-、\!.} \_ 
   〈_少         、└イ┴i /
  // / l |        ´ | 卜ノ  
  / ,' ゝ ヽ l      / | 
  ,   | |\ヽ ヽ    / l |
  l  |  l   ト、,、,、,、,/l /  |  
  |  l  l _, -‐'ー一'¨/ ,  :l   
 |  l  !´      / /  人   
  :l  l /      / /  /   \ 
  !   j      / /  /    |

「あと、2・3人続けてそう言ったが、僕の気持ちを知っているものはさすがにそういうことは言えなかった。」


88 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:07:48 ID:C+Affspm



/    /          ヽ::.::、::.::
/ ,   /      ,   ヽ  └ァl!::.:
/   / ,′    | l   l    ノ∥::
,′ , l l |   ,′l  , |  「::.:||::.:
| l| l|l| | |l |/| |  l l| |,ゝ:リ::.:   
l廾|‐トl-l |l l厶L/__/ ハ l〈::.〃::.:
| r汽tミ ヽハノ 厶ヒく_,イ| |{://::.::;
∧ ゞヅ   ´  孔リ}> j l| |r卆::/
ハ           `゙´ //| |ゞ=く
レヘ、   `__     //イ !
!  ,> 、 ` ` ,.. -¬ | ∥|
レ'´:..:..:..:.≧fチ:..:..:..:|∧| |\
ヽ|:..:..:..:..:..:.ゞ=':-、:..:..:||:..:`Y |::.::.:ヽ
\:.:.´ ̄:../:..:..:..:..:..||:..:..:.| j::.::.::.:∧
    ヽ三三二ニ=彳|}:..:..//::.::.::./::.::l
ヽ   \  , =彡'´⊥〉/厶-┐r=彡
.::\    ∨∠三三三三三三三三


89 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:08:38 ID:C+Affspm





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、   

「僕はあまり騒いでは、野々村の嫁に悪いと思った。それで野々村に聞いた」



90 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:09:57 ID:C+Affspm



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  あいつは、実家に一昨日から泊まりに行ってる。
. |     (__人__)   義理の弟の処で子供が生まれるのでね。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 

「自分はそれを聞いて、『よかった』と思った。
しかし、『生まれる事が幸福か』どうか僕には分からなかった。」


91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/27(金) 22:11:29 ID:MhSFqj/B

義理の弟の処・・・?



92 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/27(金) 22:11:57 ID:C+Affspm




/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

「段々人が集まった。他の連中は皆元気に顔を揃えていた。欠けているのは一番大事な夏子だけであった。」



続きを読む
| 04:50 |コメント(20)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/27(金) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯19


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


1 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 20:58:03 ID:JTMwTXTc
           
                          _| |_
                         l_  _l
                           | |
                     ____|_|____
                    / ________  \
                   | /     _ | |       \  |  ガランガラーン
                   | | _/   \)       | |  ミё彡
       .ガランガラーン     | | ヽヽヽ    l        | |        ミё彡
           ミё彡    | |  \。\ /      | |      ミё彡
                 ミё彡    ヽl                    ミё彡
                 ミё彡                ミё彡  ミё彡
               
               __ -――- 、___
                Σ  f‐ 、 /⌒^^⌒`丶\‐'´|         
                lミ/ /ィハハハヘ、  ヽjツ ネコ!?        
                   {ノ/// -‐ ' ' ー-ヘ ) ヽ          
                .ノ { l i /,ォfヌ   fヌャ、j.  イ >         
                \/ | l |_ゝニノ __ ゝニノ ! |  l          
                 从l/|从ト! "" `'゙ "" レ| l|ミ 、        
                / ク\lヘ   /,二.ヽ  /j / l \ヽ、      
                / ノ/  -!\└‐_‐┘r'‐ \ l l \\      
             _/ノ /  /  ´)ハト_-_-イト、  ヽヽ、  \\       
            ン /r'´、/   フヤ-し'-'し'-キ\   |ヽ 'ー、  \\         ./\___/ヽ
         , '´イ/  /マ  / /  ゝ二ソ  l ハ._,ノ|丶、 `ヽ、.ヽ ヽ       / ⌒ |||| ⌒ \ニャーン      
       / /ノ   | \_j  /___./゚-ヘ.__l|  /| ヽ  ヽ ヽ ヽ      /  (●)  (●)  \  
     ,イ / ノイ  l\   |-/__〈   /___|ヘ./ l   ヽ  ヽ ヽ     | 三 ⌒(__人__)⌒三 | 
   / /,r'  ノ /   l   ゙ヘ| {    〉 .〈   / |   l   {   〉       \     r┬-|     / _
  / / /  ノイ    l     |l ヘ.      ̄    l l   |\          //     `ー'´     ヽ /\
 l l {   }/    {    /|  l        / /\_/、 \        / /     ◆・◆_    /  /
              /゙\__/ l /|\     /| !     \ l   ..  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
              /      /´ \ \ / /| !       l |    ..   | もらってやってお!.. | /
                                         |__________|/
           
「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/
♯12~♯15
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235909209/
♯16~♯18
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1237376140/

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html


2 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 20:58:37 ID:JTMwTXTc

                   _.. - .._     ,r ス、
          /ト--、__、_ニ-冖 ⌒ 冖-:丶'_ / |
         ! \/ : : :/l/∨レヘ.:,、:  : ̄/|
          | ー7: : : :/´,,,..     ..,, ヘ: : l\ 
         l /l: : :/ '´       丶i: : ヽ \ 
        /ヽ/ : :: / , ==      ,==、 l: : :ヽ/   >
      <ヽ /|: : :i  ヒォリ    ヒォリ  !: : :.', / 
       丶、/./:_l:_|__ ゙ー'     ゙ー'_|_:_:_N
            |: :|: :l ´"""  ヽフ """ |: i、:!              
           _l:-ォ:ヘ´ ̄     j   ̄´7メ、|                
           \| !: :ヽ、  'ー'ー'   //                      
              /: |: : :\   , ィ゙: : i |                      .     ./\___/ヽ フゴー
             /'´ !: : :/|    ̄ |: : :ハ:!                         / ⌒ |||| ⌒ \      
                」/ \.   /\/ l|                         /  (●)  (●)  \  
      ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::.. ヽ                 |  三 ⌒(__人__)⌒三 | 
     //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\:...   l、                \     r┬-|     / _
   / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li::::::丶、::::...l \            //     `ー'´     ヽ /\
   |:  l:::.  ..:::::::::il.※.li   `イl:l. {.l:「´ il.※.li:\:::::::` ┘ \          / /    ◆・◆_     /  /
   l::  l::::::_:::-:':´il  li    {l:l,><{ l:l   il  li\_l\     .::/       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
 /,l:::.  ̄   ::::::il  li、,.、,、,、{.l:ト、イ.l:l、,、,il  li::::::::l::::::.   .::::/` 丶、       | もらってやってお!  | /
"´,.-l::::::::::::::::::::::/il.※.li、,、,、,、,、l:l::::::::{_l:l,、,、il.※.li、:::::::l:::::..........:::::/ニ、ヽ、       |__________|/


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯19


3 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:00:16 ID:GUGDQwEF

きたか



4 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:00:21 ID:19HnEfSt

wktk



5 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:02:58 ID:JTMwTXTc
 



「上野の谷中に野々村の家の墓地があって、其処に夏子が葬られているのを聞いた。」

「僕は翌朝、朝飯を食べるとすぐに一人で飛び出して、谷中の墓地へ行った。」






6 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:04:12 ID:JTMwTXTc




            /ヽ
         _,/:::l::ヽ
   /~'ー、ニ三/::::::l::l:::\○
   l:::::三"     .|/:::::::| \
   !::::::} .! ⌒    ⌒ |::l::|.,_\
   i:::::i |,.-‐、   ,.-‐、|::l::l/| ̄`  ここの道をまっすぐ行けばありますよ。
   ヾ::! i' ,,      ,,ノノノ |/|
    `i}ヽ   ワ    |/| !/!
       ソー‐--,-‐、" |/! |:/:|
.  ∩___,..〈:/^‐-‐^|:::::::>レ'∩|:/|
  ゝ---‐ 'i     |:::::<二ノ |/|
        /    l ̄    ∞
.       /      l      ノ::ノ
     /     __|
      ̄| ̄|| ̄|
      (:::::(:::::::::::)

「途中の花屋で花を買って聞いたら、すぐに分かった。」


7 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/22(日) 21:05:10 ID:GUGDQwEF

エアリスとか久しぶりに見たわ



8 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:05:43 ID:JTMwTXTc

_  __       _                    ::'                       ..:: :.... ..
 :l.  | ̄ |        | ̄ |   _      , ---,  __.   _   , ‐┐       __  ._    ... ...:
 :l  ,|   |        |   | //|  ___ . | ̄| |  | | |   | ̄|| ::| ̄ | .       | | 、\ ̄|
 :| | ̄ ̄l.. ...:::.. ... | ̄ ̄l | ̄| l/ _ /| |  | |_ | |_|::.:.:..:| ,──┐ _|...:::::... ...: :.| | :| ̄|  |  _
 :l::l  ̄ ̄ l::::::::::::::::|_| ̄ |_||  l | ̄ ̄| | |_|/ |l二二l::::l二| ̄ ̄ |  |_::::::::::::::::: |_| :|  l 二l::::|\
 :|:::::: ̄ ̄ , ,, __. ̄_|  l |    | |二二l_/l:::::::::::: :   |     |_|_|    _l\|_|、:::::::: |  | ̄
 .|::  ,,...,,  /  ,/l_.ノl ̄l |    | |___l/::::::::::   _|     | ̄ l:::   |\ \ | ̄ |:::::::::|  |
/:::  _ ::::::| ̄ ̄| :| .| l::::::::|    | |__::::::::::_:::: ,,.,,,, / |     l─┘|    \\  ̄ \:::|  |
.   / _/l |    | :| .l/l::::, |__| /|/|_|_||    |_, |___|┐二l .   _,,., \l二二二ll\_|
   | ̄ |  l:: |    | :| ̄l /l二二二l//  /||    ::::|  ̄ ̄ ̄ |:::::::::  ,,,..,       ::| |:::::|  | ̄
w,, |   |  l:: |    | :l::::/| ̄ ̄ ̄ ̄l/| ||//     / ̄|_____| ̄|::           :|_|\\. _
   |   |  l:: |    | :|__l二二二二二二 |_|l/   ''"' ,| ̄|────| ̄|┐            \ \| |─
 /|__| /.|__|//l::::::::::::::::::::::::::::::::::::      / |_|____|_|│ ,,wv.,.        \.|_| ̄
_,l: ̄ ̄ ̄,l 二二二二l/ |─, ┐:::::::::::::::  ,,iiv,,  /    ____   :|                ̄
.| ̄ ̄,,/l二二二二二l// :l |::::::::::           | ̄ ̄|____| ̄ ̄|      ,,iw,,    ...:::::::::
_ ̄ ̄| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:| :l_|::::              ̄ ̄        ̄ ̄           .....::::::::::::::::
_    |_|,|_| ̄ ̄ ̄l,l_,|_|,|/    ,,ww,,v,,      ''"'          ''"     ...........:::::::::::::::::::::::::::
:::::.....   / ̄ ̄ ̄/                           ....................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    

「新しい、墓標。其処にはニューソクデ・夏子とせずに、野々村夏子と書かれていた。
そのことが僕に耐えられない悲しみを与えた。最後の手紙に小さく妻と書いてよこしたと思うと、
自分には耐えられなかった。」


9 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:06:35 ID:JTMwTXTc


         ___
         |    |
         |    |
         |    |
         |    |
      ,,,.   |    | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ∥  `i二二二!´ ∥
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

「花を上げて暫く頭を下げた。この墓標の下には彼女の1壺の灰があるのだ。
ただ、それだけが彼女のこの世に残したものだ。」


10 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/22(日) 21:07:21 ID:JTMwTXTc




      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)
.    |       (___ノ)
     |        ´ノ
.     |         }
.     ヽ        }
      ヽ     ノ

「自分は去りかねていた。其処に野々村が来た。」



続きを読む
| 23:26 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/23(月) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯18


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


354 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:07:25 ID:P1q1k5Xf

         ____  
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\  ,r'¨  ̄ ̄`¬‐-、丶 \
     / /// (__人__)   \/   ,       i   \  ヽ
      |     |r┬-|      //  , / /|     i |   l
      \     ` ー'´     l -_、__////! l  l l  l\
  ,...::'::´::.::.:l::.:レー¬彳 /l  Tィjャ /´‐/-..! !  l| !  ヽ 
/:::丶::.::.::.:::|::.:V 人{  l|」ヽ| ゞ″   ィjャ、メ  ///t‐-ゝ/
|::.::.::.::.:`、::.:: |::.:::∨ | ト、lリr l/ハ  i- 、 ゞツイ__/ /'゙   |
|::.::.::.::.::.::l::.:: |::.::.::∨ l|}ハ`ヽ  ヽl_ ノ_,.ィ   /i      lヽ
|::.::.::.::.::.::|::.:::|::.::.::.:∨! ! | ノ  r'i」 ̄ l /_r冖t-、l   :.l| |
〈::.::.::.::.::.: |::.::ヽ、::.:::>ーへ、  r'i」   /   ̄ゝ」 l i  :.l| |
!::.::.::.::.::.:|::.::.::.::`::/ ,二ヽ、_ r'i」  //     /ゝ!l ヽ   :.i|. |
|::.:;'⌒:;斗-‐ァ-y' _ 二)‐┘オi」/´_         |ゝハ ヽ:.ヽ|  |
 |:/::;::.::.::.::.:::/ /  /^l | (f/´ ̄        /.:::ゝハ. ヽ :  ..|
 |:::/::.::.::.::.:::l ├ァ7 : ヽ〉rtォ¬、         /l:::::::::トチ:::. ヽ
 ∨::.::.:.:_:_:_:ヒレ'::/: |: l : :.乢 \/      /l/.::::::::i :: ..丶

「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より

前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/
♯12~♯15
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235909209/
こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html

355 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:08:27 ID:P1q1k5Xf



                     .  †
                       ∧
                      ./;' ヘ,
                     、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                     i゙7;' li^il ゙Vi
                     レ´l ̄ ̄`ト、:
                    〔;'´l ̄ ̄`ト、〕
                     | |    | |    _,。/)     パタパタ
           ╋        |^i| r^'i |i^|    `ー'" _,。/) _,。/)  バタバタ
           ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|        `ー'" `ー'"    パタバタ
          ./\.       | |     :| |          _,。/) _,。/)
         .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i         `ー'" `ー'"
       .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
      .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |             _,。/)
    .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |              `ー'"
   .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
  </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ
   |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
   |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
   |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)
   |       |田l田|       | ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,, ;;;ノ ;;;,,,ゞ;;,,,ゞ;;;;)
   |       |田l田|       |巫巫 ゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;ヾ
__辷辷辷辷  iニニニニニニi  辷辷辷辷辷... ヽ;ii;l;ツ `!ii,|゛Y:;iツ
辷辷辷辷辷 iニニニニニi  辷辷辷辷辷辷 |ll|i;|  lil;| |:;|
.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:. .  ..l;;lii;l, 、y;il;l、 !:;ト、.:.:.:.: .:

やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯18

356 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:09:15 ID:P1q1k5Xf





Away above the chimney tops That's where you'll find me♪

                            /
                           /
   ,/二ヽ              ,/二ヽ       .|
     `゚´             `゚´       |
 ´゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~|
  | ̄ ̄| ̄ ̄|    | ̄ ̄| ̄ ̄|     | ̄ ̄|  , -'"゙|
 __,,__,__,_______ __,|__| _______,,_|  |:::..:...|
: 二二二二二二二二二ミ)      .(ミ二二二二|  |:::......|
 XXXXXX:: ________XXXi|┐     .|iXXXXXX.| ,_"'-、,|
 XXXX::::: / /../! .Xi|フ!        XXX.| |\\
      / / /  i.,___   / ̄ ̄ ̄ \   __ノ  \\
   .  | ̄| ̄|  ,,r'゙   ./   .      ヽ,  ヽ.   | ̄|
 / .,,ノ ..|  i,/  .   ̄ ̄ ̄|i; ̄ ̄ ̄   .  丶ノ ..|
 | ̄ ̄_____|___` ̄ ̄|/    ...r'jキ  ..  \| ̄ ̄_____|

「人生は無常であり、悲惨なことは幾らでも起り得ることを僕は理屈では知っていた。
しかし、自分がこんな目にあうとは、逢うまで思わなかった。」



357 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:09:55 ID:P1q1k5Xf



                      |//
/                      |/
Somewhere over the rainbow Bluebirds fly~♪.|
\         //.            |         //
   _____________|________
    __   _,..、E!      E!_,.._    __ __
   |i|..:|  i二二二二二二二二i  |:..|!|..:|  i二二二二
   |i|.::ヽ.  ::::::.....  | i! ::::.::..    ノ::.|!|.::ヽ   :::::.....
   |i|  ` ̄| : :. . r'jキ ::: :  | ̄´  |!|  ` ̄| ::: :.: :.

「あんなにいい人間が、あんなに丈夫だった人間が、こうも、もろく死ななければならないのか。
あんなに逢いたがってくれたのに、ついに帰るのを待てずに散っていったのが、どう思ってもあきらめがつかない。」

358 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:10:54 ID:P1q1k5Xf

~翌朝~


              /""'''丶、          _ _ ,, .. -
             /      `ヽ--' ' ' ' " "     /
           /                    /
          /                     /
        /                     /
       /           /          `ヽ、
      く           /    ,,.へ/        `ヽ、
      i          //  _,、‐'" /  /`ヽ      /
       i       / /_,、‐' _,、‐'__,、‐'"ノ  |    /
       i      /  /"    ""/,、‐'"__,, /    i   コナン君、どうしたの?
        i     /  /,`,"''丶、 ""   "  ヽ    i
        i   /  i !..,,,`i        ..  /    丿  
      /  /i   ヽ、.;;;ノ       /、`ソ   /   
      |  /ヽ-ヽ            i;;;/ /ヽ  /   
      \ \ \|              / i  ノ    
       /  \  \          、 / //   
       /    \__,ヽ         ⊿ /  
      i       | \   <  ̄  / //i 
      i        |  \    ̄ /' "  i   
     i      / `丶、, \_/  \  |   
     |      / !     `''-''i     \ i
    i      / ヽ             i ヽ|

359 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:11:30 ID:P1q1k5Xf


  /\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  >             \
 /               \/ ̄ ̄\
/                   < ̄ ̄\
|                      \  \
|      // ∧ 人      )   \
|    / ////  ) /| /|∧| | ̄\|
\   |人=====//=∨/=/   |
 /\ |  |   //  /=|  //| |
 \    |__//_/   \//」
 <\_         σ   |  
     |\          /  …やる夫さんが昨日から部屋に戻ってきてないんだ。
    /\.\    ⌒  /     
  /\  \ \__/|\
     \  .| ̄\  / ̄|\
       \ |  く| ̄|つ |
         |_/ ̄\_|


360 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:12:30 ID:P1q1k5Xf

             /""'''丶、          _ _ ,, .. -
             /      `ヽ--' ' ' ' " "     /
           /                    /
          /                     /
        /                     /
       /           /          `ヽ、
      く           /    ,,.へ/        `ヽ、    そういえば昨日は
      i          //  _,、‐'" /  /`ヽ      / ラウンジでお仕事してたわね…  
       i       / /_,、‐' _,、‐'__,、‐'"ノ  |    /
       i      /  /"    ""/,、‐'"__,, /    i    どこかで寝ちゃってるんじゃないの?
        i     /  /,`,"''丶、 ""   "  ヽ    i
        i   /  i !..,,,`i        ..  /    丿
      /  /i   ヽ、.;;;ノ       /、`ソ   /
      |  /ヽ-ヽ            i;;;/ /ヽ  /
      \ \ \|              / i  ノ
       /  \  \          、 / //
       /    \__,ヽ         ⊿ /
      i       | \    `"'' " //i
      i        |  \     /' "  i
     i      / `丶、, \_/  \  |
     |      / !     `''-''i     \ i
    i      / ヽ             i ヽ|

361 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/21(土) 22:13:04 ID:P1q1k5Xf

 |   _         i /                     \
 V /' _ `ヽ,   //-ヒ´ /// ////       /     Ⅵ`i
  iV /⌒ヘ Y イ /_/ `㌦、//// /      / / .i  l i  Ⅵ i
  i| i ィへ v\\幵干㍽㍻弌≠= メ、 /     /// i. i Ⅵ  | i i
  'ヘ Y  /   \|| i:Yii  ) \㍉ / /     ∠__斗/  i  i   i i i   (…だといいんだけど)
   ヘ \ゝ,     ||\弋 ソ   \ト/    .z壬㍻㍽≠ナメ   i   i i i
    \ \i    |  ~く__ ,/_,.ム-<ッr⌒i ,ナ| 入\/ /  i  / /
     ,ィ≧ヘ    丶,       ̄〃  ゙ じ ノ // `レ' / / / /
     i \|丶  r-、`丶、__ , - '´    ゝ'//   / / ./ /    
     /   \ヽ、i `ハ         _ ,ヽ,/ __, イ/ /'
  _ /      \|´  i   _, --、  `'' /´ ̄ 
ー ´丶        |   .|   `',ニ'´-―ー´-,     
   丶      i|.   >イ ̄     'i  _丿   
     ヽ、   ,{             !/´  

362 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/21(土) 22:13:22 ID:fVgZwwrb


今までのノリは全てこの為にあったのだろうか……



続きを読む
| 22:23 |コメント(1)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/21(土) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯17


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


189 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/20(金) 22:05:15 ID:DwTm2Y2X
                                      
                                               ,、- ┬‐r- 、
                   n                           /  \  ヽ.  \
                   l^l.| | /)                         /.:  l ハ. \米}   \
                   | U レ'//)                      l|::. /- 、!.| :.i |: /:下
      ___      ノ    /                          ソ'=、 V .:} |/.:  :.',
    / ⌒  ⌒\  rニ     |                        〈   /l .:/米l:.     ',
   / (⌒)  (⌒) \  ヽ   /                        ヽフ  /'´| /{:.     ',
 /   ///(__人__)/// \ / `  /                           ` ー:∨、| _i::.     ヘ
 |       `Y⌒y'´    |   /                           _   /| 〈l i::::.     ヘ
 \.       ゙ー ′  ,/  /                             /´ ¨i  〈|l / l ト、:::.     ヽ
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /                             \, -〕、|} //: : :.l:::::.      ヽ
  / rー'ゝ        /                               〈'/ \: : : : :.:/;;ヽ::::.     \
 /,ノヾ ,>         イ                                  \   l、: : :/;;;;;;;;;ト ::::.      \
 | ヽ〆          |                                    ヽ、_|: i: :|;;;;;;;;;;;;〉 丶:::::..      」


「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より

前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/
♯12~♯15
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235909209/
こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html


191 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/20(金) 22:05:56 ID:DwTm2Y2X



やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯17





192 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/20(金) 22:06:03 ID:I7RrhS3h

ギダ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!




193 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/20(金) 22:07:04 ID:DwTm2Y2X



          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /や. /   /
       /る  /   /
      /夫  /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


194 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/20(金) 22:07:59 ID:DwTm2Y2X


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

お前の手紙を見た。万歳。




195 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/20(金) 22:09:17 ID:DwTm2Y2X
                 /::::::::   __ -:::::::::::::::::し':::::::::
             〃:::::::::∠-‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      バサッ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           _,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        l /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∨:::::::::::::::::_,,-─"<ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         〉-‐"" ̄      `ヽ   ̄''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /          }  \   丶::::::::::::::::::::::::::::::::::
        〈  /ヽ       }`ヽ ヽ  丶::::::::ト、::::::::::::::
         ̄   〉        i (ゞ j    ヽ:::::-、ヽ:::::::、
             /  ,-‐"ヽ  ヽ  ̄    `ヽ::::i    ̄
           〈  〈     \ \        ヽi
            フ__j     /__j

欧州よ。さよなら。私は又いつか来たいと思います。
その時は一人ではなく最愛の者と一緒に。

私はその時、今のような寂しさを知らず、あなたの最もよきものを心ゆく限り見たいと思います。


196 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/20(金) 22:09:48 ID:I7RrhS3h

ただ帰るだけなのに無闇にカッコいい




197 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/20(金) 22:10:08 ID:AsmTTxaU

スレと同じスピードで小説を読み返してやるぜ





続きを読む
| 23:15 |コメント(13)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/21(土) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯16


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


1 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 20:35:40 ID:Xnv4hllN
            ____
          /⌒  ー、\   
        /( ●)  (●)\   
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
      |     |r┬-/ '    |
      \      `ー'´     / 
    _|:::|___,.|      ( ________,|:::|
  / |::::|    |      /     |::::| ̄丶
 |___  |::::|   |    /      |::::| ___  |
「UU─────────────UU]  |
{ |                     |ノ  |
 ||   __ ,,     ∩⌒~ヽ       | |  |
 ||  ー     ( Cο。 )        | |  |
 ||  |,古    (0ιoΟ    )       |  |  |
  |   ,    ヽ`======='ノ       |  |  |
  |  /、l     \__      _/       |  |  |
  |           l二二二l          |    |
  | セ 'フ ゙ノ ー 二l マ `ノ├″- 部   |─‐ノ
  |_________________,|

「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/l50
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/l50
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/l50

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html

2 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/18(水) 20:40:19 ID:PH181f1c

スレタテ乙



3 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:01:50 ID:Xnv4hllN



やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯16




5 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:03:10 ID:Xnv4hllN
~巴里~

  ___________________________ ,,...,, _..._ _
‐;|______________________________________|::'";;゙:;,:.:´::゙;;::
`:;;|_________________________|;':;::,,::::::;''::,,ヽ;;
;;'::゙、:;|   _       | ::::::::::::::: |  ___  | :::::::::::::::::|       _   |;;'::゙、:;;;'::゙、:;;;'::゙、:;
;;'::゙、:;|  「|        | ::::::::::::::: | | | | :::::::::::::::::|        「|  |::´:゙、ヽ;;ii;:゙::;;::゙:、:
;i;'゙:;:゙:|  |」   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |」  |、''::゙゙ヽiiiil/::;:'゙;;
iil/;;'::|      | __              __ |      | `''ヾ=}iii|一'' "`
ii{゙''=゙|      | | ● |                  | ● | |      |   _jiiil,_
iil  |      | | ■ |                  | ▼ | |      |、,;''";;"´;:'';ヽ, ,;''
::';`ゝ|      |  ̄ ̄               ̄ ̄ |      |;'_____________`:;
'':゙;::,`|      |                        |      |:| 立入禁止 |:;;:
`;'::';';|      |                        |      |;' ̄ ̄「| ̄ ̄;::';
メ⌒メ|____________|                        |____________|メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒
'         └ー─────────────ー┘

「光陰矢のごとし。とうとう、巴里を発つ日が来た。」

6 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:04:08 ID:Xnv4hllN

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_, 
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.  
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_| 
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

「叔父は別れを惜しんでくれた。同時に日本に帰って新家庭を持つことを祝ってくれた。」

7 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:04:41 ID:Xnv4hllN

           , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i  あっという間の半年だったな。
          | |,,_   _,{|      ,..、名残惜しいよ。
          N| "゚'` {"゚`lリi    _,,r,'-ュヽ
 ビ リ      ト.i   ,__''_  !l  ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :-―, /i/ l\ ー .イ|、― ´ ̄`ゝニ'ィ,〉
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、_`ーァ ̄ヘ>'" ,,..,,、  /lトィヘ
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ

8 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:05:02 ID:Xnv4hllN

     _____
    /  ⌒   ⌒ \  
   /   (●)  (●) ヽ  どうもお世話になりましたお。  
   |     (__人__)    |  
   ヽ__  ー‐'  _ノ  
   /:::::::/::|ヽ/Vヽ/::ヽ:::ヽ 
   |::::|::>:|   ハ |::<:.|::::|   
   |::::|::::ヽ|   リ |:/::|::::|  
  _(_ u、_| ニ□ニ |:::::|u )
 |ニニニニl |':::::::l|.:::::::T    
 |____.|_|::::::::|:::::::: |
      ( ̄ ̄)  ̄)

9 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:05:41 ID:Xnv4hllN

     r(    ,、_          
     ゞ, rr~ヅ´ ミ        
      フハ    _ ミ       
.      |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ     結婚したら、写真送ってくれよ。
      ゙i`'''Tjフ   } ミトー } 
       ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_
      ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
      〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
       )__.. -ァ   /
         Y´_   ./   \    \\
          ゙i゙   {     \    \\
          丶、,、イ       \    \\
             {        \    \\

10 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:06:20 ID:Xnv4hllN
     _____
    /  ⌒   ⌒ \  
   /   (●)  (ー) ヽ  了解ですお。  
   |     (__人__)    |   また今度、嫁と遊びにきますお。
   ヽ__  ー‐'  _ノ  
   /:::::::/::|ヽ/Vヽ/::ヽ:::ヽ 
   |::::|::>:|   ハ |::<:.|::::|   
   |::::|::::ヽ|   リ |:/::|::::|  
  _(_ u、_| ニ□ニ |:::::|u )
 |ニニニニl |':::::::l|.:::::::T    
 |____.|_|::::::::|:::::::: |
      ( ̄ ̄)  ̄)

11 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:06:49 ID:Xnv4hllN

\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::  ああ、いつでもOKさ。
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |        〈ミ::::::::   歓ゲイするよ!
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん
   l/   """"´`    )ノ
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´

13 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/18(水) 21:08:05 ID:Wg9sf6Au

>歓ゲイ
御免蒙りますwwwwwww




15 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/18(水) 21:08:59 ID:Wg9sf6Au

とうとう帰るのか




12 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:07:40 ID:Xnv4hllN

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }   Au revoir!(さようなら
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \


14 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/18(水) 21:08:11 ID:Xnv4hllN

.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
.. . ...... .. .  (;;"'',,,;;゙);;゙) . . . .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  .. . . .
     (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;,) ,,,,   . .    ....  ...      . .  .      ..... .  .. .
     (<;,;;;; ;;;,, ,,,;;;;;;;;;;;;゙) ,,,,;;;゙) 、   ,,,,,         ,,, ,, ,,  ,,  ,,, ,,,   ,,
    (rill;;::(;;;,,,, ,,,,,;;;;;;;;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)  ;;;;;;;        ;;;;;;;  ;;;;;;; ::::: ;;;;;;::;;;;;; :::::::
    丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::) ,. ,,!!,,       ,. ,,!!,, ,. !!,, ,, ,. ,,!!,,,,!!,,. ,, !!,,
     ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,,ゞ ,,,;;;;;;,,,ゞ;;,,,ゞ ,..,,.',,,,..'      '' ,,,..',..,',..,'.,.',,,,..,,.',,,,..'',.',,.',,,,..,,,,..,,.',,,,..
      ~゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;_ヾ
          ヽ;ii;l;l     !ii,|   .|:;|_-,,                 l,`、~;~:~:~;~:~:~:~:~:~:~:~:~:~. .
          |ll|i;|    lil;|  /|:;|,//7                `、`、; ; : ; : ; : : : : : : : : . .
.ニニニニニl ̄|   l;;lii;l, ,:、ー|;il;l,ーァi~i~//7                `、`、; ; ; : ; : ; | ̄lニニニニニニ
_|__|  |ifーーl:;;lil|ll~~ll~~ll~~llr'ヽ/7┏===┓     . ┏===┓    `、`、; ; : ; :::|  |__|_
_|__|  |,l ,~|;;ill;|ll~~/ll",γヽ/7. |     |┏===┓|     |┏===┓`、`、_;_;_;_|  |__|_
_|__|  |l~~ll~~ll~~ll ;;,||,γ'ヽ'/7.         |     |       .|     |  `ーーーー|  |__|_
_|__|  | '''''"'''''''"""'''""'" /7                             |  |__|_
_|__|_| . .  . .. ... .. .. /7.                             |_|__|_
                   /.^

「こうして、僕は巴里を発った。」



続きを読む
| 22:29 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/19(木) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯15


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


344 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/13(金) 22:03:50 ID:oQIBMe/o

            __
          /    \
         /  ─   ─\   /⌒)
         /⌒)(●)  (● |/ /
        / /   (__人__)  /
       .(  ヽ   ` ⌒´ /
        \        /
    ___ /      /
   (_____    /
             \ \
               )  )
              (  \
               \_)

「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/l50
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/l50
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/l50

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-33.html

345 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/13(金) 22:04:27 ID:wUpWZ9Pt

wktk



346 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/13(金) 22:04:54 ID:Zd7GG/zJ

小説よんだよ

泣いちゃったじゃねーかどうしてくれるんだ



347 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/13(金) 22:05:00 ID:oQIBMe/o


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯15



348 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/13(金) 22:05:54 ID:g1vR0bis

待ってた




349 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/13(金) 22:06:31 ID:UaHV6YsK

服脱いで待ってました




350 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/13(金) 22:07:27 ID:oQIBMe/o

                    /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.(
          ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::::::.:.:.)
          /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::ノ  こんばんは。金曜の夜いかがお過ごしかしら。
          ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::( 仕事人2009、面白すぎるのだわ。。
         ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. !::::ノ 
         〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |:/  いつも投下する時は仕事人のパラパ~♪が頭を流れるの。
          /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |
        j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! |
         l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/
         | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=㍉>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ ___
          | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\      \
          ! !   \`Y」:.i |        '    / :ト  \     \
       | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /
       | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|
       | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .!  Pocky |
       | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|
       | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|
       | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::|
       | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|

351 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/13(金) 22:07:27 ID:/wGgtV/2

wktk



352 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/13(金) 22:08:09 ID:oQIBMe/o

            、 _rへ、几_r┐
         rヘ)      '^勹┐
          r┘           之
      くY′  _             L.,
     ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_
    lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿   さて、そんな話はさておき、本編に入りましょう。
   _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ
 / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、  原作も、2人の手紙のやり取りで綴られていくの。
/{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、、
ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》 ではどんなやりとりをしているのか、ちょっと覗いてみましょうか。
  ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′
ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-
  〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ
. /__,.' ‐'´ /`ヽ  、_    '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \
/.{ `` <二 ー-ヽ、    _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \
  `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ
 ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉
ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/

353 名前:1 ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/13(金) 22:09:53 ID:oQIBMe/o

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /夏 /   /
      /子 /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

続きを読む
| 19:46 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/14(土) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯14


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


226 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:07:50 ID:FSwl/6Ue

            _ _ _
         「 ̄    .:.:.:.:::::|
        |, -───‐-|
        __」.-──‐─┴‐‐-、
      く______ ____ _/
       / ─    ─ \ ) )
     /  (◎)~(◎) ̄ ̄( (   
     | (___(__人__)____) '~ζ|
      \    ` ⌒´==□/
       ヽ、       /
        / `ー――‐''|ー-┐__
     //::[ ̄l丁 ̄/ /:: :: :: !:::: ::` ー 、 _
    /:::/::::/  ̄ ``′/:: :: :: ::!:: :: :: :: :: :::: `丶
    ./::::/:::/      /:: :: ::_ ∠:: :: :: :::: : :: :: /|
    l::::/:::/ .l .,! .|  /:: :: ::,イ∠ !:: :: :: ::: :: /:: :: |
   /::/:::/ | ! .|  /:: ._, -X_.入:: :: :: : :/:: :: :: ::|
   !/:::/  ! .| ! メ∠匸 !l/.ヽ.イ .入_:: : ,':: :: :: ::. :|
  レ':::l  l l l"/:: |.ヾ" へ〉 /ハ∨:: :/:: :: :: :: :: |

「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」




武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/l50
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/l50
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/l50

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
♯1
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-430.html
♯2
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-457.html
♯3
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-508.html
♯4.
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-534.html
♯5
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-581.html
♯6
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-595.html
♯7
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-620.html
♯8
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-639.html
♯9
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-673.html
♯10
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-686.html
♯11
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-724.html


233 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/07(土) 22:14:58 ID:wyHx2Bb+

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!




227 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:08:28 ID:FSwl/6Ue


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯14



228 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:09:46 ID:FSwl/6Ue
~巴里~

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_, 
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.  
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_| 
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__


229 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:10:36 ID:FSwl/6Ue


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\  ふう。昨日は遅くまで起きてしまったお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
  |     (  (      |
  \     `ー'     /  



230 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:11:04 ID:FSwl/6Ue


            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{| やる夫くん、おはよう。
          N| "゚'` {"゚`lリ 
             ト.i   ,__''_  !   昨日はよく眠れたかい?
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  おかげさまで。昨夜は歓迎会ありがとうございますお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

231 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:11:29 ID:FSwl/6Ue

    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) |   嬉しいこといってくれるじゃないの…
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/ 
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |  
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |


232 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:12:05 ID:FSwl/6Ue

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }   そうだやる夫くん、君に手紙が来ていたんだ。  
    |! ,,_      {'  }     
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、    野々村さんからだね。
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     


      ____
     /⌒  ⌒\
   /-ァ-ト-' ーァェ-\
  /::::: _旦  { 旦`:::  \   ええーー!
  |   """ _ ノ"""    |   手紙ですかァ!?
  \     ,--ェ     /
  /       ̄     \

「叔父は、僕と夏子の関係をもう知っていた。」


234 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:15:43 ID:FSwl/6Ue

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /    JIN JIN JIN    /  /   /
     /   ジュースとジンで /  /   /
    /   フランス人    /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



235 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:16:29 ID:FSwl/6Ue



         ____        
       /      \      
      /  ⌒  ⌒ \   どれどれ・・・   
    /    (●)  (●) \  
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |  
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/
    (⌒\     /     /
    i\  \  ,(つ   ⊂)
    .|  \   y(つ   ⊆)


236 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/07(土) 22:17:05 ID:FSwl/6Ue

         
      ,..-''" ̄ ̄ `'" ̄ ̄`ヽ、
      /             ヽ
   ./     ,,,... -――- ...._    ',
   |    /'´         `!  |
   |  ,ノ           |  :!  
    |   |   ,. -==、 ,.==-、 |.  |  
   l:  l  ィてフ_> :i i ィてフ_> | ;'  
    iヘ:|         | |       |''|  
    |,ハ|       r_!__ト,     /ノ  
    ヽ'_l、    ,___,   /'′ 
     `l \     ―‐  ,/  
   _,. -l    丶、___.. 1"i''''''―-
‐''"´ |\        /  |
    |:  \      /   |
     |     \    / _   |
    l   _,,. -へ   // \
                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|κl| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|ξl|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|πl|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヾl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿 


246 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/07(土) 22:24:32 ID:wyHx2Bb+

もう荒木は外せないんだなwwww




続きを読む
| 23:57 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/10(火) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯13


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


132 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:05:01 ID:iPyfE4to




       |||   |||   |||   |||
( ̄ ̄)                  ( ̄ ̄)
 \ \    / ̄ ̄ ̄ ̄\   / /   
   \  \/ (>)  (<)   \/ /
 ε三 \ |///(_人_) //// | /  三3
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/l50
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/l50
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/l50

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
♯1
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-430.html
♯2
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-457.html
♯3
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-508.html
♯4.
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-534.html
♯5
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-581.html
♯6
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-595.html
♯7
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-620.html
♯8
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-639.html
♯9
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-673.html
♯10
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-686.html
♯11
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-724.html



133 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:05:45 ID:iPyfE4to


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯13



134 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:06:16 ID:iPyfE4to
~東京駅~

   |      | |
   | ∧∧ | |
   |(,,゚д゚) .| |                                             |
   |  Y '/ .|     /l|_      /l|_      /l|_      /l|_       .|
   |  /  .|      .||____/|   ./||____/|   ./||____/|   ./||____/|      |
   |/  _.|_  _.|| ̄|  |    |=|| ̄|  |    |=|| ̄|  |    |=|| ̄|  | ======= |
.       |  ъ|| |ъ||  |  |    |↑||  |  |    |↑||  |  |    |↑||  |  | ||  ||  || |
.       └'~| ̄   ̄.||  |/|    |□||  |/|    |□||  |/|    |□||  |/| ||  ||  || |
.        .|___.||  |  |__| ̄|| ̄|  |__| ̄|| ̄|  |__| ̄|| ̄|  |_||_||_||_|
.       /       ||  |/   .|  ||  |/   .|  ||  |/   .|  ||  |/'       \
.      /        ̄~       ~ ̄ ̄~       ~ ̄ ̄~      ~ ̄ ̄~          .\

「翌日いよいよ東京駅を経った。船は神戸から。」



135 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:06:36 ID:iPyfE4to

| |--´i i`--,,--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|--,---, ,-------´
| | ||///||  `ー―――‐´ ○  | |       ___
| | ||///||       | ;;;;;;;;;;;;l::l;;;;;;;;;;| |   _,,.-r ´o    o`n
| | ||///||       | ;;;;;;;;;;;;l::l;;;;;;;;;;| |-‐'´i _ r ,| i ̄ ̄ ̄ ̄i |
| | ||///||二二]  |;;;;;;;;;;;l::l;;;;;;;;;;| |oロD|i_i.|,,|| `ー――‐´ |
| | ||///||r‐‐j |.  | ;;;;;;;;;;;i::i;;;;;;;;;;| |`'‐-!、,|,,|| o [二二]  |
| | ||///||  ̄ |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | -  `''‐'、 ______j
| | ||///||―‐'´          !、!   o   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;''''
| | ||//y''                   n   \
| |  `´                       ´   \
`'´                            Tj  \

「兄は神戸まで来てくれることになった。東京駅には見送りが来てくれた。」



136 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:07:38 ID:iPyfE4to

         ,. -‐   ̄ ̄  ‐- ._
         /             \
       ,. '                   ヽ
      /                   ',   あなた、ちゃんとやる夫さんを神戸まで送っていくのよ。
      ,'  ノ    ゝ、_,.             !
      i  ´`h  ``!_|            |   
      |    `′   ´ ‐ニ-        j
      ',   彡 、_人_,.   ̄       /   
       丶     ゝノ           ,.'
        \             ,.イ
          ` - ._          / ヽ
        __二7ー一  ̄    i


138 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/06(金) 22:08:13 ID:m2FPvlDJ

きめぇ夫の嫁さんか?



137 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:08:06 ID:iPyfE4to

 

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   分かってるよ。
    )    Y    (     
   /γ⌒     ⌒ヽ\   ・・・中の人でてるぞ。
  /u |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


139 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:08:56 ID:iPyfE4to

                        ,. -‐   ̄ ̄  ‐- ._
                        /             \
                        ,. '                   ヽ
                    /          | !        ',
                    ,'  ノ    ゝ、_,.   ∪         !      え!?
                      i  ´`h  ``!_|            |   やだ、中の人が出ちゃった!
                      |    `′   ´ ‐ニ-        j
                     ', U 彡 、_人_,.   ̄       /      中の人が出ちゃった!
                     丶     ゝノ           ,.'
                      \             ,.イ
                        ` - ._          / ヽ
                             __二7ー一  ̄    i
                            }    /            |
              __,__       /    /          /
       ミゝ、__,く/,`、}ヘ._     /                 /
     /´ ̄ゝ<´ ∠ゝ'´ ̄   <                /
    rー〈 /`\  ヽ,__ \__rェ   `ー- .._      _/
  _>‐'`´ ̄_」_,ノ   `'ー-一'´         ̄ ̄ ̄
  `ー'ー一'´ ̄





                              _,. -─‐- .._
                           ,. ‐ ´     ノ  `丶、
                           /    - .._/     \\
                         /        _,>、   ∠¨´ ヽ
                           ,'        彡_´     `\   ',
                        i          ´       `ニ‐.  !  いや~ん
                        |           /⌒ソ     ̄ j     はずかしぃ~
                            !             `ー'′       ,'
                        ',                     /
                          、 丶               ,.'
                           | \ \            /
                       |   \ > .._   __,. ‐ ´
              __,__         !   /     ̄ ̄ /
       ミゝ、__,く/,`、}ヘ._     /            /
     /´ ̄ゝ<´ ∠ゝ'´ ̄      /             /
    rー〈 /`\  ヽ,__ \__rェ <_          /
  _>‐'`´ ̄_」_,ノ   `'ー-一'´      ̄ ー- __/
  `ー'ー一'´ ̄


141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:09/03/06(金) 22:09:41 ID:XCUEEvE0

カオスwwwwwwww




140 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/06(金) 22:09:39 ID:iPyfE4to


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ー〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   ったく。なにやってんだ。朝っぱらから。
    )    Y    (     
   /γ⌒     ⌒ヽ\   ・・・やる夫、ちゃんと皆さんにご挨拶を…
  /u |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

続きを読む
| 19:06 |コメント(1)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/08(日) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯12


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


1 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/01(日) 21:06:49 ID:s+TmXzN6


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉      ____
   ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     /     \
    )    Y    (      / ─    ─ \ 
   /γ⌒     ⌒ヽ\   /   (●)  (●)  \    
  /  |         |  ヽ |      (__人__)      | 
  |   ヽ__人__ノ   | \    ` ⌒ ´     ,/  
  \     `ー'´     /  |           \
   / `--`-v--'´--''´~\  | |         |  |


「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」



武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/l50
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/l50
♯8~♯11
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234960788/l50

こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!

やる夫短編集地獄編
♯1
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-430.html
♯2
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-457.html
♯3
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-508.html
♯4.
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-534.html
♯5
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-581.html
♯6
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-595.html
♯7
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-620.html
♯8
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-639.html
♯9
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-673.html
♯10
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-686.html


2 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/01(日) 21:11:17 ID:s+TmXzN6

※ここまでのあらすじ
巴里への出発前夜、やる夫のお兄さんがやってきたのだった。



_____________________________|;;;;|  .
                                           \
_______________________________ヽ       :
_______________________________i
―ii―i|i―ii―i|―ii―i|i―ii―i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|
  ||  |||  ||  ||/||/|||  ||  ||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|          ;
  ||  |||  ||/||/||  |||  ||/||        | ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||/||/|| _____.  |    /|||    ||;;;;|      |;;;;| ;
  ||/|||/||  ||  ||/|||/||  || |l―――l| .|  //|||    ||;;;;|      |;;;;|
/||/|||  ||  ||/||/|||  ||  || : || ::; : l|....|//  |||    ||;;;;|      |;;;;|    :    '
/||  |||  ||/||/||  |||  ||  || ;|| :: ;: l| |/    |||    ||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||  ||  || : ;|l―――l|...|___|||__||;;;;|      |;;;;|  '      .
 ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i|...|―――'!'――-!'、|      |ヽ|    :     ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
______________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/01(日) 21:11:51 ID:s+TmXzN6

    i::::::::. ヽ/⌒ Y ⌒ ^ヘ, /:::::::::::j    
   i:::::::::::'(ヾ. .:: ::::..::::....::::.. ノ)j:::::::::ノ   
  リ:::::::yノ :: : :, ヘ、...:::..:::::..::γリ:::::ル  
  リル (::::::: ⌒  ⌒ヽ:...ヽ: ヽ ノyY    いらっしゃいませ~ジョナサンへようこそ~
     )::::: ⌒) (⌒ ) )::::::::リ     
     ( (リ、 r‐、  ,, ハ::::::ハ      
     )ハ ヘ、 ̄   イ ( ( (       
     ((:::ノ  j   しヘ ' ).),)      
     、)) ̄ヘ  ノ   ヾ (ヽ、      
      Y   Y      、  l   


4 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/01(日) 21:12:10 ID:s+TmXzN6


    i::::::::. ヽ/⌒ Y ⌒ ^ヘ, /:::::::::::j    
   i:::::::::::'(ヾ. .:: ::::..::::....::::.. ノ)j:::::::::ノ  
  リ:::::::yノ :: : :, ヘ、...:::..:::::..::γリ:::::ル   お二人様ですか?
  リル (::::::: ⌒  ⌒ヽ:...ヽ: ヽ ノyY   
     )::::: ●) (● ) )::::::::リ      
     ( (リ、 r‐、  ,, ハ::::::ハ     
     )ハ ヘ、 ̄   イ ( ( (       
     ((:::ノ  j   しヘ ' ).),)      
     、)) ̄ヘ  ノ   ヾ (ヽ、      
      Y   Y      、  l   



6 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/03/01(日) 21:13:34 ID:s+TmXzN6



          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\   EXACTLY! 
    /   ⌒(__人__)⌒ \ (その通りでございます)
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /   
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   お前、現地でその言葉乱発すんなよ。
    )    Y    (     
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


続きを読む
| 01:16 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

■2009/03/05(木) やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです ♯11


やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです の記事一覧


280 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/02/26(木) 21:05:57 ID:BJHTmV0b [2/63]
やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです♯11

        _______
       ./ /  #  ;,;  ヽ  
    : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :  
     /  -==、   '==-  ..:::::|  
      | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
   : ! #;;:..  l  |    .::::::/  
     ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/   
      >;;;;::..    ..;,.;-\


「これは21年前の話である。しかし、自分には忘れられない話である。」




武者小路実篤 「愛と死」 新潮文庫より


前スレ
♯1~♯4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1233144425/l50
♯5~♯7
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1234094940/l50


こちらのサイトに載せて頂きました。ありがとうございます!!
やる夫短編集地獄編

♯1
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-430.html
♯2
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-457.html
♯3
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-508.html
♯4.
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-534.html
♯5
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-581.html
♯6
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-595.html
♯7
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-620.html
♯8
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-639.html
♯9
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-673.html


281 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/02/26(木) 21:07:18 ID:BJHTmV0b
~洋行前日 東京駅にて~


 ──. / /─── /    ,,-"      ,, - "       Turrrrrr......
 二二/.「 二二二/   ,,-"     ,, - "       ,,,, -
 三 .//.| |三三/   ,,-"    ,, - "     ,,,, -- ""
 ≡// | |≡/  ,,-"  ,, - "    ,,,, -- "         ______
  .//  .| |/  ,,-" ,, - "  ,,,, -- ""            |______
 //   | | ,,-"- ",,,, -- ""             ┌―――┐  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.// ./ | |                     |JR    ||  | 「「 「「
.//   | |                           | 東京駅 ||  | | l  | l
      | |             _______.||_____.l|_|
 ̄\  | |             |  --,,,__   ||      ||  ""''''-- ,,,,_
   \ | |             |     "''''-、,,,__     ||    J( 'ー`)し""''
      | |              "''- ,,      "''''-、,,,_     (  )\(∀` )
      | ∧___∧            "''-,,        "''''-、,,,__ │|  (_ _)ヾ
      (´・ω・`)              "''- ,,         "''''-、,,,__
      /    i ≡≡≡ヽ     ゙-、≡≡≡≡ "''- ,,
      i _   U\三三三三ヽ     ゙-、三三三三三 "'' - ,,_
       し'〃⌒ヽ \ニニニニニニニヽ     ゙-、ニニニニニニニニ   "''
       (___)  \二二二二二ヽ     ゙-、二二二二二二二

「出立の前日は夏子のために時間をとっておいた。」


282 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/02/26(木) 21:07:49 ID:BJHTmV0b

              クマー
     ∩___∩____________________
    /            _________   || ______
  /●  ●.  し | ∩_∩.|| ∩_∩||∩_∩.|| ∩_∩||∩_∩||∩
  (_●_ ) ミ        | (・(エ)・)||(・(エ)・||(・(エ)・||(・(エ)・||(・(エ)・|
  |∪|              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽノ.__________________||______
  ∠/○○                 ○○    ○○           
 
「当分2人は逢えないと思うので、出来るだけ気持ちのいい思い出を残したいと思った。」


283 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/02/26(木) 21:09:05 ID:BJHTmV0b

:. .:.:.:.:  .:.... .:.:.:.:.:     ...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:    .: .: .. ........ .. ..:.:.:...  .... .. ..:.:.:...
 . ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .....
:.:.:. .. .:.. (⌒     ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:.  .. .......:. .:.:.:
   (  ⌒"       r'. ..:.:.:....   ..:.:.: ...    .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:... ......  .. . .:.:.:.
 (  "      .   . ). .:.:.:.:.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:. .:.:. ....:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. :.:.:.
 ::::::   .:.:.:. .:.:.:.:.:     ::.::::::::: ..:.:.: ...  .:.:.:. .:.:.:.:.:...  .. .......:.:. .:.:.:... ......  ..     _,, - ''"
 ...:. .:.:.:..:::::::::::::::::::::...:.:.:. .:.:.:.:::: .. .......:.:.:..    .. .......: .:.:.:.:. .:.:.:.:.:.....    .. .......:.:.:.: ,r'"...:,:::..,
 . ....  ...:.:.:.::: :::: :: ::: :.: .:.:.::::: ::::    .. ...... .:.:.   :.: .:. .:.:. .:.:...  .:. ::. :.   ,r'"...:::.. .....
  .... .. ..:.:.:.:.:.:.: .:.:.:...   .:.:. .....:.:. .:.:.:.   . :. .:.:.:.:. . . .....:.:. :.:.:. :.:. . . ...   ,r'"...:,,,,, ::::......:
 ...:.: .:.:. : . .. ..:.:.: .:.:.:. : .:.:..:...   .:.:. ..: .:. .:.: .:.  . :. .:.:. :.:. . . ..... .    ,,,r'"...::::.. ......:::::
    . . .....: ... .. :. .:.     . . .. ...:.: . .:.  ... .:.:. :. ..,       ,,,r;;''";jjヘi;;:iiw;: il; ii;:;:ヘi
....  .. ..  .. . . ィュ  ... . .:.   ..  .. ....  ..    ノヽ人从ハヘ ノミゝ从ハヘ ノノハヘ ノヽ人
              i :|           _,,,,..,,...,,、_. ir ,,,,,,,ムilノキ;;ゞilノミ彡ソヽミノミ彡ilノ;个ゞilノミ
              i :|         j´.;, ,;:、;; ;.::;ji .:.lf;;:、;、 :; ;:、;;;; ,;、; ;..;:; ;.:; 、:;; 、;  ;..; :; ;.
 . ___ _ _ ___ ___ ェI_ ニニニニニニニ,;r'j';:; ;:;; ; ;;iir'   ::ヾji;:: ;", ,;:、;; ;.:;、;; ;.:; 、;; ;.:; :;:;、;; ;.;; ;.: 
 ..。.. ...  .:.:. .:.:.:.: .:. .:.:.:.:...... .. ..j´.;, ,;:、;; ;.::;ji    ..:.:.lf;;:、;、 :; ;:;; ,;、; ;..;:; ;.:; 、:;; 、; ;..;:; ;.:
 . .:.:.   ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.   :.:.:;i´ ,. ,;; ;:、;、;;w!    ...:.:.:.:;vw ,;:、;; ;.:;、:;;; ;.:;、w;: il;:; ; ,;:、:;
 :.:.:. .: :. ゜... .:. ~:.: 。 :.:. :.,ツi.;;:;::;v;;i,, ijjr'    ...:...:.:.:.:v ii;:;::;v;;i;: il;:; ;:;;;i;: il;:; ;;vil;:;
 :.:.:.:. .:....: .:.:.:.:. ...   :.:..,;i´i.;;:;:;;i,, ::;ijjwr'    .. .:...:.: .:.:.:.:vf;; i;;:iiw;: il;:; ;;vw;;i;: i;: i

「2人で散歩するのも不快ではなかったtが、しかしもう五月の初めになっていた。もう歩くと暑かった。」


284 名前: ◆RWwEbHEhig [] 投稿日:09/02/26(木) 21:09:35 ID:BJHTmV0b


:     |!:l;i1|i:      |l;iヽ二二二二二二二二二二二,イi;!i|     |i |:;|l!;!i|
.     |:i!l!;!||.       |li;| ヽ三三三三:典:.三三三三_/ , |;;l|     |l |lil!|!i;|
=====|l:|!li!||=======|;li|、 |ト、|[##Ξ][Ξ##:.]|イ li',..|lii|=====:| i|i!:l;i1|.=====
┬‐┬|j!li:!i||┬┬┬‐|ll;| ド、_i\ ______./!_j/j~ ,|:;i|     |!!|;:i:i;l:;|
┼‐┼||il;!i!||┼┼┼‐|il;| |ヽ、i !:i_,_,_,_,_ii_,_,_,_,_i: ! :il_,.:イ~ |il;|     |!!|l;i:ll;:i|
┼‐┼|i!i;!|i||┼┼┼‐|;li| | :|゙:i !:i 冊冊ii冊冊 i: ! :i|  | :|l;i|     | l|;:i;li;l;|
┼‐┼|;li!:|!||┼┼┼‐|;i;| | :|゙:i !;i ̄ ̄ ii  ̄ ̄i; ! :i|  | :|;i;|     |i ||;il;!i!|
┴‐┴|:|l!;!i||┴┴┴‐|i;l|_| :|゙:i__i,:'──┴──':,i__i|;;;;:!.....|;li|     |!!|i|:i!l!;|
 ̄|| ̄|l;i|1i||"|| ̄|| ̄|li;| | .|/!            }ヽ.i'''''|;il| rPヘ、 |i |j!l;i:;!|
_||_|;l!i;|!||_,||_||_|;;l|_|/|/             ヽ .!ヽ|l;:| |[ ̄] | i|;!il!!i;|
 ̄rvへ:_.||._     |iil| |/                 ヽi . |lii| |:| |:| |l |:|l!;!il|
'´`='=~ ,..-‐'i"__.,|;li|/                ヽ|il;|_|;| |;|_|!!|il;i|1i|____
 _,..-‐'"i」」」」|                            、  ̄ ̄ .| i|l:|!lii!|
'"  」」」」」」」」|.:___________________:.、___,!、||iil;!i!|____
,i」」」」」」」」」」/.::─────────────────────────
.」」」」」」」」」/

「湘南のある海岸の宿屋に、自分たちを見出したのはそれから二時間ほど後のことだった。」


続きを読む
| 23:08 |コメント(1)
カテゴリー:やる夫はあなたのおまえから手紙を貰うようです(最終回保管済)

| 次のページ>>

■PV

ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。