やる夫短編集 地獄編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→http://mukankei151.com/wp/
やる夫短編集 FC2版阿修羅編<→http://mukankei151.blog47.fc2.com/
やる夫我執 愛と誠編→http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 阿修羅編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編まとめ TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 WP版あしゅら編 検索欄

■2013/03/27(水) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ その6(完)




840 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:03:23 ID:3Wm5Zfr. [2/59]

あとがき、その6を投下いたします。

今回は、最終話とエピローグを中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   ←やっぱりラストまで代理AA
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




いよいよ最後となりました。
よろしければ、おつきあいくださいませ。

841 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:03:47 ID:3Wm5Zfr. [3/59]












                       ┌───────────┐
                       │12・最終話 「祈願」   ..│
                       └───────────┘










.

842 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:04:23 ID:3Wm5Zfr. [4/59]

この話について何か語ろうとしたとき。
やはり、どうしても外せない点があります。



     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ
   .ノ| U   (___人_\\__      ―――――。
 /  |     `⌒(⌒_   \
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /

843 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:05:01 ID:3Wm5Zfr. [5/59]




           ,,-''' ̄ ̄ ̄\
         ,,-''           \
  / ̄ ̄ ̄               |
 /          U         |           長 す ぎ る だ ろ 。
 |    .i                   /
 ヽ   `-一''''''"~~``'ー--、 -´´-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






4回に分割しての投下。
しかも、最終話その1からエピローグに至るまで、一年もの時間を
要してしまっています。

844 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:07:30 ID:3Wm5Zfr. [6/59]

構想の段階では、これを一回の投下で
終了まで持って行くという予定がありました。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'       あんまりにも甘過ぎただろ……。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




実際は、ご覧の体たらくだったわけなのですが。

845 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:07:49 ID:3Wm5Zfr. [7/59]

執筆に取りかかろうとする前、
お話の骨格と構成は以下のような形でした。


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│・第6話で銀が死亡したことにより、やる夫のストッパーが外れる。   ....│
│ 常識や倫理から外れた行動を起こすことも辞さないようになる。     │
│                                          ......│
│                                          ......│
│・第1話と同じく、地震によって起きる災害。                ......│
│ しかし、やる夫たちの奮闘によって『死』の企みは外れる。       ...│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

846 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:08:26 ID:3Wm5Zfr. [8/59]

上記2点を踏まえた上でお話を展開させ、
最後はハルヒに焦点を当てて締めくくる。


                      _____
                  ...::::´::::=‐<::::::::::::`丶、
                  /.:::::  -‐===‐ミ:::::::::::::\
                 /.::::/  -‐===‐-ミ::::::::::ヽ:::\
             .::::::::::://::/:::::::::::::::::::::ヽ刈::::i|_] ̄`丶、
           /.:::::::::/.::::::/:/.:::/ハ:::::}ハ:∧:|::::i| \   ∧
.          /.:::::::::/.::::::::{::{::::{   |i/⌒ム斗l:::八  》<:::::::.
         /.::::::/|::::::::N八{ ヽ 八爪__刈》/.:::::i:く\ \:::.
           /.:::::::{_刈::::::::|爪_心      V/ツ/:::::::∧:::ヽ\ }ハ    
.          /.::::::::::/ |八:::圦 V/} ,    ´,, /::::::::/ ノ.::::|i  K:::::l 
       .:::::::::::://V|::::::ヽハ `´,,  _   /::::::::/´::::::::八_/ハ::ノ    
       |:::〃:::{ハ/|:::::::/::∧   ー'   /::::::::∧::::::::厶斗‐<
       |:::l|:::/i:::八|l:::::{l:::{l个: .    仏イ::::l/|::/7/: :/⌒ヽ
        人八{_|/  |l::::八n人:::::}≧=< 人::lN(: :.//: /
           ヽ{   八{ i|:| /》(: : : : :∧  八:{: ://: /{      l|
               _/ ̄、`V:/i|: : : : : |/二ニ7 : //: /      l|



お腹の子の『死』によって彼女が『死』の輪から外れた。
しかし、ラストシーンでできる夫と遭遇し――幕。

847 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:09:03 ID:3Wm5Zfr. [9/59]

最初は、本当にこれだけ。第6話の投下が最大の量であることに、
疑いを持っていなかったのです。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    ……。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


しかし。

848 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:09:49 ID:3Wm5Zfr. [10/59]

ふと、疑問がよぎりました。


                                     / ̄ ̄\
                                   _ノ  ヽ、_   \
                                   (●)(● )    |
    やる夫たちにだけ任せるには、ちょっと       (__人___)    |
    無理があるんじゃないか、これ……?        |      u  |
                                   |        .|
                                    ヽ 、     ,イ
                                   /ヽ,ー-   ト、
                             _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
                      __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
                      \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
                        } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
                       }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \



それは、災害の規模について。

849 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2013/03/24(日) 00:10:55 ID:3Wm5Zfr. [11/59]

┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│復旧した体育館、その中での朝礼をしているときに地震。              │
│↓                                              ..│
│天井が崩れる。                                       │
│↓                                              ..│
│やる夫たちが事前に仕掛けていた爆薬が起動。崩れる破片が細かくなる。  ....│
│↓                                              ..│
│しかし、爆弾の中には突然スイッチが入らなくなったものもあって……     .....│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘


               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ       最終話執筆前のギミックを、簡略に書き出してみた。
   l       // ./        ――で、見直しをしてみて。
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|


続きを読む
| 09:00 |コメント(3)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/12/18(火) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ その5




793 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:00:28 ID:ljoWSiG. [2/39]

あとがき、その5を投下いたします。




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←年末年始も代理AA
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |







今回は、第6話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

794 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:00:53 ID:ljoWSiG. [3/39]








                   ┌───────────┐
                   │11 ・ 第6話 「破断」  │
                   └───────────┘









.

795 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:01:22 ID:ljoWSiG. [4/39]

様々な人物達が動き、錯綜しあった果てに、一つの悲劇へと収束する。

                                         
                                         
             / ̄ ̄\                      
            / ノ     ヽ                     
            |  (●)(●) |                     
            |  (__人__) |                     
            |   ` ⌒´   |       
            ヽ        }                     
          __,, -ヽ     ノ -、                   
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                 
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                 
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                 
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                
                                               
                                               
                        } ! 、   .>''"´::::::::::::::::::: ̄`゙'::<  |_jヽ.
                       [|  >::'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.!_{:::::',
                        ,ハ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::∨\!
                       く_/ `>:::::_:!_:/!::::::i:::::ハ::::::::::i`:::::::::::::::::',  \
                        ;' /::::/:´/!:::/ |::::::!:::ト,斗-;<!:::i::::::ノ::::::::i     ',
                        i/:::::::::i::::/ ,!ィ-‐、\|ヽ.!' !  ハ`Y!/レ'::::::!,    i
                        |::::::::::;!::::|7´ i  !      |  j ノ|こ]::|ヽ;:::八 _,イ]
                        !::::::::ハ::八 ,!_,ノ     ´ ̄   |_|/ノ::/::::::`iく/
                        `ヽ/ 「,ハ       '       ハ::::|´;:イ:::::::i::::|
                        rイ ./|__,|、            ./::::::ハ::::::|:::::::|::::|
                        Y^ヽ、,!::::::i>.,、    ̄    /::::::/::::i::/|:::::::ハ:::!
                         `ヽ./:|::::::|:::::::/`>ノ`i、__  イ;'::::::;'`ヾ|:::::|::::/:::i::|.
                         ./:::ハ:::::|::::/|:::/ /"´ソ._/|::::::i  /ヽ、!/:::::::り/>

796 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:01:46 ID:ljoWSiG. [5/39]

 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V     
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤


             .       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
                   /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                  ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                  i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                  |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                  |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                  |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
                  lハ:ハ   i         〃_才:リ
                  ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
             .        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
             .           ヽ    /     . '   \
                       i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                    , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
                   /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、


映画で言うならば、ラスト20~30分あたりの見せ場。
それを意識して作ったお話が、この第6話でした。

797 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:02:17 ID:ljoWSiG. [6/39]

もっとも、実際は最終話がこれ以上にとんでもなく長くなったせいで、
いささか全体のバランスを欠いたきらいがあるのですが。


     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ
   .ノ| U   (___人_\\__
 /  |     `⌒(⌒_   \     ほんと、あそこまで長くなるなんて……。
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /




これに関してのあれやこれやは、次回に回すとしまして。

798 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:02:44 ID:ljoWSiG. [7/39]

この話でやりたかったのは、それまでに書いてきたものとまた異なった
コンセプトを持つ『死』です。


    _                    ヽ
 ‐''´ /         ,、           .',
  〃         /| / l  |ヽ、        |
 .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
 |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
 . ,' /| ./__,,r-、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |
  |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
 .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|    
      l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
      .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、
       l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、








                 /`ヽ     __,..--ーー--,,,,..___
              ,_  /: : : : `ヽ、/´,_,ー‐'"´ ̄::::::::::::::::::`ヽ
           ___ ノ,  `' リ: : : : : : : ヽ<、,,,;‐‐´゙゙ ̄ ̄,`ン/::::::::
   ,ーー――‐ーr ヽヘ            /::::_ _,::::イ::::::::::::::::::::::
  '          `.j           /:::::/v,-ー、ソ〃/::::::::::::::::
  ′          l          // ヽ:セヽ,ヽ/::/:::::::::::::::::::
  i                         ヽ7//::/::::::::::::::::::::::::::
  l  ヽ       i´ヽ               //:レ:::::::::::::::::::::::::::
   l  ヽ       ヽ;:ヽ             イノ:ノ::::::::::::::::::::::::::::
   j   ヽ       ヽ;:ヽ          ,/,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /    ヽ        ヽ;:ヽ       ,/,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/      ゙、        ヽ丶    /::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ヽ        \\-'" ̄ノ,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


具体的には、「幾つもの過程を経て、複数を殺す『死』」。

799 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:03:21 ID:ljoWSiG. [8/39]

第5話のように、色々な要素をドミノ倒しのように繋げていきつつ、
その過程で多くの人間が巻き込まれ、動くことになる。


      l    | l       /|      |    /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /l|   ./:::::::/  .|:::::|\   〉::::〉
      ||_..=| |==≠=リ- ._/ |  /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、〈::::::::{   |:::::|\::::::\{
      | |  / |___ /  /  /   .|  \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|    \::::::\l:::::| | `ーく
    ./ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴     \::::::\|  l   \\
   / |/    弋  丿  `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ
  l  .|/   _   ̄ r‐、 イⅥ /       /'  |:::::|          |:l
\|     ´ ̄ ̄`ー ~Tl  ///      /   |:::::|      ヽ   |:|
                 ̄|;;| .///      /   |:::::|       ヽ   |::|
                  |;;|///      /    | |:::::|       \ |:::|
  、               |;;/ /     /     | |:::::|、         |::::|
                   / /    _/      ,| |:::::| \       |:::::〉
                    |::/  //      ./| |:::::|  \      |/ \
              /  //./      ./ / |:::::|    \     ノ〉  \/::
- ー 、        / _ ´ / /      / / | |::::::〉     \ //  /:::∠
 ̄ ̄|;;|       / ´  / /       / / /| |/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒  |;;|          /   /      / / / | |  /::/  // /::::::::::/ ̄_
   |;;|           イ    /        / / / ' |_/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
   |;;|      イ  |   /       / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
   |;;|   <  l   |  /       / / / /::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



その結果、犠牲者は一人にとどまらず、多くが『死』によってやられてしまう。

800 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 21:03:47 ID:ljoWSiG. [9/39]

繰り返しになりますが、この『死』は本編FDにおける、クライマックスの
『死』のギミックを意識しました。




              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ー)(ー)
            .|     (__人__)
            /     ` ⌒´ノ
          /  ヽ ⊂二二 ̄\     2や4の終盤にあるような盛り上がりを、出したいものだ。
        /     \  ⊂、'    ヽ
       /        \_, `7  /
      /    へ     \ !/  /
      |      \    Υ  /
      |        \     /\
      |        / \__/.,,_r ヽ、
      /      _,,__|'"´      レi  }


続きを読む
| 12:00 |コメント(3)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/09/11(火) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ その4




723 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:32:06 ID:G6ubnlGg [2/61]

あとがき、その4を投下いたします。





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←やっぱり代理AA 
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |





今回は、第5話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

724 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:33:00 ID:G6ubnlGg [3/61]










                     ┌─────────┐
                     │10 ・ 第5話「深遠」  .│
                     └─────────┘










.

725 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:33:31 ID:G6ubnlGg [4/61]


この頃、自分が書いた創作用のメモ帳を見てみると、
思わず苦笑してしまいます。




   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ




ネタを思いついたら色々書き殴って、
後々整理したものをPCで打ち込む、というのが
自分の主な創作スタイルなものですけれど。

726 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:36:19 ID:G6ubnlGg [5/61]

「誰がアクションを起こすか」「何が起きるのか」
「それによってどんなギミックが発動するか」
「それが次にどう繋がるか」

                              _,,r‐-‐--、__
                             /         -‐--
                           /:.              :.`:‐-、_____
                            /:.:.:              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   `ヽ
                  _____    l:.:.:               :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
              _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.                 .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
       ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:              ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
   .,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:         /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 /i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ       ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:    ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                      ..:._,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄

キャラクター名の合間を、びっしりとそんな言葉や
矢印が飛び交っているのですから。

727 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:37:08 ID:G6ubnlGg [6/61]

前回ラストの予告から
「電車を使う」事は決定してました。

  ┌───────────────────────────────────────────────┐
  │              rr=ァ===ァ=ii:、                             rr=ァ===ァ=ii:、           .│
  │              <─<>─>                            <─<>─>          .│
  │             _><><                              _><><            .│
  │      _,.ァ-────-、ii二二二ii_且__,⊥,____._____._,⊥,_且_ii__ii二二二ii,:r─-:、       .│
  │    ,r'''''''7'''''''ー-;ォ--i 二';────└┴┴┴┘──────────────────ィ'二 i--r:、      .│
  │.    /   〃    ,' |  | l |l! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l二二二! l!l ゙i l |ヽ    .....│
┌──────────────────────────────────┐─i i─┬─i l!|「|| |_|_ヽ   ...│
│       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___        .│三| |三王三| l!||:||     ヽ    │
│       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ          .│三| |三王三| l!||」|____ヽ  │
│        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ          .│─゙ ゙─┴─゙ l!| |       |  │
│          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ          .│        l!| |      /  ....│
│         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ          .│        l!|:=|  [|]  /   ...│
│         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...     ......│二二二二二二ニ二二二二!   .│
│          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ     .│マl!}三{.| /=─圭'゙ ヽ  i,     │
│    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧       │:コflニZl|_/ロ:O:コ:L]: ヽ_i,    │
│`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l     .....│'゙ ̄`゙ ̄ ̄`ー'゙ ゙̄       .....│
│         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|      .│─────────────┘
│  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|      .│
│  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─  ......│
│      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_    ......│
│”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚                             .│
└──────────────────────────────────┘

また、話数が重なってきたこともあり、
ここで一発大がかりなギミックを入れようとしていたのです。

728 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:37:29 ID:G6ubnlGg [7/61]



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |
             | !        |  ` ⌒ ´   .|       A→Bと繋がるだけじゃない、そこからB→C→Dとどんどん
             | !   ,.-,    |         |       繋がり、その合間に軽いフェイントなども織り交ぜて、最終的に
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r        読者を予想を裏切りきって驚かせたいだろ。
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

野望を大きくするだけだったら難しくはありません、が。

729 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:39:07 ID:G6ubnlGg [8/61]

Aが出来ても、Bが出来ても、その繋がりが悪ければ
結局の所は破綻するしかなく。


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
    .  |   o゚ (__人__)   \
       |  0   `ー'´ノ   \ \
    .   |        }
    .   ヽ       }    __         ああああ、コレじゃあダメだ……!!
        ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
      /  ⌒゚ '"'"´(;          \
     / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨   
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
                  ゚ 。  YY ̄ ̄YY      
                         ・; ∵ .
                            .

作って壊して、と、二転三転する羽目になります。

730 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/09/09(日) 00:39:28 ID:G6ubnlGg [9/61]

既にこの頃には、全体の流れも大まかに最後まで決まっており、
「水銀灯が、次の話の犠牲者となるように」構成のレールを敷きました。


           .        ̄ ̄ 二 ニ=- _
          /  .  -‐:::::¨:::::::::::::::::::::::::::¨:::......
          /  ,イ´::::::::::::::::::::_:::|〉{匀}〈|_:::_::::::::::::::::\
        /  厂:::::::;;::-‐'':::__¨:::::::::::::::::::::::::::::_::¨:::、::::::::::.
      /   厂:::::/:::::::::::r┘⌒⌒⌒⌒⌒⌒└‐t_\:::::::.
      /  √:::/:::::::::厂¨  .    i    i    └t.ヽ::::.
    / r'、`::/::::::::厂    :i     l|   l|  |   |  L::':,::.
    ' , ┴ 、/:::::::r┘,  ,  l|     l|   l|  |   |  、 L:',:
    |// ̄》X===、 /  :!   l|     l|   l|  |   |   i L::|ニニ 、
    | 7r=〈 ゞ==´:|  :|ヘ从.    l|   l|  |   |   |   !─' /
   |// {{介' ̄}} :|   :| |!>ュ__  |、.   /!. /|  :|   |   :. ̄ヽ〉
   |ゞニイ |ゞ=' :| :Ν !fテ≧ェ''=ト\/ .|/_」_,,,/-‐ |  i |ニニ.″
   | 〈/,∧ヽ.  :|  |. ヽ| .{:::::::::fミ゙   ェ=≠=ァ !   :|  | |ヽ \
   | /,/ | |   :|  |   ゞ;;;;ツ     {:::::::/ /   /  | .∧ Yl__}
   / /   | |  l |  ト、 " " " "       ゞ-' ./   /  /./ |__|
.   〈_|   | ト、 从  ', \ u      ’  " " /   /  /l/
    |   /__:|l∧ ',  ', ル\   -‐    イ / /       物騒な考え方ねぇ。
    |    И 「゙7\ヽ ',l从..>  __ .. ´.厶イ. ¨Т
    |  //.| |////.7.\{r===tzァ=ェ、_,斗‐ェ、.  、
    | ////∧∨////〈 〈__イ小 __〉〉/////\ \
≧ェ,_///////∧∨////`ー─‐'| | |`ー‐ヾ///,'///.\ \
三三/////////∧∨//{{      |_| |    }} /∧////.∧.  \,彡'ニ三三ミ、


誰を殺すのか、という点については、そこからの逆算から
スタートしています。


続きを読む
| 12:00 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/09/11(火) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ その3




673 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:03:38 ID:BuP1bYHE [3/41]




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←3度めの……代理AA 
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




あとがき、その3を投下いたします。

今回は、第3話・第4話を中心に、自分の考えや創作メモ、
没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

よろしければ、おつきあいくださいませ。

674 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:04:00 ID:BuP1bYHE [4/41]









                      ┌──────────┐
                      │7 ・ 第3話 「境日」  │
                      └──────────┘










.

675 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:04:44 ID:BuP1bYHE [5/41]

第2話と時間軸を同じとする、このお話。



 /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ          i   ´    ` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\   /⌒ ー--、‐ 、    /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー  /         \i   /イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l
/ | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j   /:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!      
! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ 
| ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
       ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´






「前回と対比させてみよう」という考えは、構想段階から
練っていました。

676 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:05:55 ID:BuP1bYHE [6/41]

前回描いたのは、いくつも手順を踏んでの発動となる「死」のトラップ。
それとの対比、となると――


                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)   映画にも度々出る、「次の瞬間にはグシャ」
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄    って奴だな。
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',




――あっさり決定しました。

677 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:06:15 ID:BuP1bYHE [7/41]

映画の中での突然死で結構多いのは、車が突然
画面外から突っ込んできて……というもの。


                                             _______  / ̄/
                                            /          / / /
                                           /          / /レ/ / ̄/
                                          /_____   /     / /    
                                                 /  /     iY/     
                             ,____               /  /             
                       ,,,、‐=ニ´、、___ ``` ̄ ̄ ̄_____/  /              
                                ` ̄ ̄ ̄ 7//             /               
                 ,--/                 .  /_______//ソ  ___―===―
                 >´                  / /__/´ ̄ノ___、、-´ー、´´´ヽ  ̄ ̄―‐―― __
           _  _,、-ーー´´`゙─ー-≡==-----、、、、、_________/ / ----´´  ヽ   l  ,-、 l ――――    =
      ,,、、- ´, ^´                  __,,、、--ーー´  `、     -Θ┤  l/ ,、`l__―_____
     ,/ 、 , ´                ,、-ー´´  ̄``ー-、,   l        l   / /::::lヽ ̄___ ̄―==
    /、  ン                ,、-ーー----,   ,-―、ヽ │       l  / /:l ハ::l リ ___―===―
   l  `ー´              ,/´  ____,,,/,==/:::::::ヽ l, `l │      l  l l::l=o=l:l ̄ ̄―‐―― __
   ト、_  ____             ̄ ̄ ̄       /´Γl`ヽ::l l l   __,,、、-― ,ノ:::l/,l l:l ――――    =
    ll `、 l  l```` ̄ ̄l`ー-             ,/ ヽl l,、-ーl:l l ,,l,、-ー´__,,、、─´_,,l:::ヽ-´/__―_____
   ,ヾ、_ `、l,  l_____    l  / / ̄ ̄ ̄ ̄`l   /`(::)-ーl::l レ-ー´´ _,、-‐´ヽ:::::::::::ノ  ̄___ ̄―===
   (、  `` \__   ̄ ̄ ___/ /    ___丿   l ̄/ ハ ヽ、/:/_、、-ー´´           ___―===―
    ``~ー‐--、、、,二,二,    `  ̄ ̄       l/ /__ゞノ:::ノ                 ̄ ̄―‐―― __
                 ̄ ̄```ー--――――;::´:::`::::::::::ノ                  ――――    =




いわゆる「横方向からの衝撃」ですね。

678 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:07:02 ID:BuP1bYHE [8/41]


んじゃ、逆に「縦方向からの衝撃」ってどうなるか?
と言うことを考えてみると、出てきたのがエレベーター。



|  |  | |        [01]                 [02]          
|  |  | |    〔 [ニニニニニニニニ] 〕     〔 [ニニニニニニニニ] 〕    
|  |  | |    ._______     ._______    
|  |  | |    |       |       |     .|       |       |     .
|  |  | |    |       |       |     .|       |       |     .
|  |  | |    |       |       | _  .|       |       | _  .
|  |  | |    |       |       | |iヨ|  |       |       | |iヨ|  
|  |  | |    |       |       | |iヨ|  |       |       | |iヨ|  
|  |  | |    |       |       |  ̄  .|       |       |  ̄  .
|  |  | |    |       |       |   .  |       |       |   . 
|  |  | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |_|/


「2」のギミックとして既に登場していたので、最初は見送ろうかとも
考えていたのですが。

679 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 20:07:45 ID:BuP1bYHE [9/41]




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      「2」のギミックはきちんと段取りを踏んでいたものだし、
  |     ` ⌒´ノ      突然落下、という事にすれば別種のギミックに出来るな。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




と言うことで、Goサインに至りました。


続きを読む
| 09:00 |コメント(0)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/06/27(水) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ その2




614 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:56:19 ID:6pX4sFJ6 [3/43]



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |  ←引き続き代理AA 
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |




 あとがき、その2を投下いたします。

 今回は、第1話・第2話を中心に、自分の考えや創作メモ、
 没ネタなどを語って、スレ埋めの一助としたいと考えてます。

 よろしければ、おつきあいくださいませ。

615 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:56:48 ID:6pX4sFJ6 [4/43]







            ┌──―─────┐
            │4 ・ 第1話「幻視」 .│
            └───―────┘









.

616 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:57:56 ID:6pX4sFJ6 [5/43]


作品の肝の一つである、最初に起こる大災害。




     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |




映画を見ていると、これには二つのパターンがあることに気づきます。

617 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:58:19 ID:6pX4sFJ6 [6/43]


┌───────────────────────┐
│①、限定された空間で起きる。               │
│  主人公たちを除いた人物たちは、全員死亡。     .│
└───────────────────────┘



                       , -、
                  , -   / /
       / ̄ ̄\      / ノ/ /
     /ノ,、\_  \    / / /`ヽ
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}
    (__人__)     |   {    (__/}
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ
      {        |   /   ,;-ー'´
      {         /  . /  . ノ
       ヾ      /  / ./
       ソgヘ二ニ=7./  /
      ∧ii/ oィ/厂  /
     / .|//=≠. r'´
     l  |。     `~/
     /  |。      /



┌─────────────────────────────┐
│②、解放された空間で起きる。                        .│
│  主人公を除いた人物たちは、主人公らの予知や行動によって   │
│  生死が細かく変化する。                         ..│
└─────────────────────────────┘

618 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:59:01 ID:6pX4sFJ6 [7/43]
                                                
 FDシリーズでは、パターン①が、1(飛行機)と3(コースター)。         
 パターン②が、2(ハイウェイ)と4(カーレース)と5(橋)になりますね。     
                                                



l l l l l l l l l l l llllllllllllll`-、 _     l l===lニニニl. ll^   .ll^                       ^l l,    ^l l
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllll`‐、 _   l l    ll  ll    ll                    l l     l l
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllllllllllll`‐、 _.l l    ll  ll    ll                    l l     l l
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllllllllllllllllll `‐-「`''''''ー―---- 、、、、、、、、、::..              ..::___,,,,,,,,,、、、、、
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|lllllllllllllllllll l l l l l l l l::..             ..:: lllllllllllllllllllllllllllllllllll
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|lllllllllllllllllll l l l l l l l l::..                 ..:::lllllllllllllllllllllllllllllllllll
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|lllllllllllllll__,,,,,,,,、、、、、、、、:::..               ..:::lllllllllllllllllllllllllllllllllll
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|- ' ' "   /  ̄ ̄ ̄ ゙、_ :::..  :::          ...:: "'''' - - 、、,,,,_llll
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllllllllllllllllll__,,,,|  _,、、- /  .⊂⊃.  ゙、   :::::::::     _     ^"''‐- 、,,,_   ~
l l l l l l l l l l l lllllllll__,,、、 --―'''"   |-''"   . | l l l l l l l l |     =/':::::     -           _ ''_-__
_,,、、 --―'''' "  ̄      ;;..    | ; ;_,,、- lTTTTTTTTTTTl    =l=       -       /  ̄ フ,'''
  ; ;    ;    ;    ;   ;  ,,、-''" .  l______,l    ニlニ        、-、  ,/     /,
     ; ;   ;;   ;   ;  .,,、-''"      l ̄ 「‐lニニl‐ l  ̄l    ニ'l、-        ヽ_ィ‐'"''‐-,_ . /,
 ;   ;   ;;  ; ;    ,,、-''"          llllllll     llllllll     ニヽニ,        l:::::::::::::::_ ゙'i‐-、,_
  ;  ;      ,,、-''"               , ┐           ニヽニ        krふ、:::::::l::::::::::
 ; ;     ,,、-''"                 /_,            二ヽ二       l lk,__::::l:::::::::::
    ,,、-''"                      __,             `―ヽ―`,     '、ノ;;;ノ "' '-、,,
,,、-''"                        /  l              、―ヽ―、           i、
             ,             /   l               `―ヽ―`




                                                          
 特に2のデッドコースターは、予知夢の中なら進んでいたハイウェイを止まっていて       
 事故を免れたため、それに後続してた多くの人たちも「死」から逃れていたはずです。      
                                                          
 それに代わって、別の人達が犠牲になっていました。

619 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:59:25 ID:6pX4sFJ6 [8/43]

                                                 
 第1話の災害を考えた時点では、実は①のパターンにするつもりでした。    
                                                 


    /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
    /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
   l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
  ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
  ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
 ―┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
 ェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
 IIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
    |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
   || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
 -ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
            : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
   。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::

                                             
 体育館という限定空間の中で、行事中の高校2年生達が死亡。      
 しかし、やる夫たち数人が生き残る。最初の枠組みは、          
 原作の1に近いものがあったのです。                   .

620 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 20:59:52 ID:6pX4sFJ6 [9/43]

 
――が。  
 




      __    
    / ~\   
  / ノ  (●)\         前々から気になっていたことなんだが。
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \       パターン②で、劇中に描写されていない人たちのその後って、
  \          |       基本描かれてないよな。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩       映画は尺が短い事だし、
      /´    (,_ \.     割けるような時間も無いわけか。
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

621 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 21:00:21 ID:6pX4sFJ6 [10/43]


      / ̄ ̄\    
    / ._ノ  ヽ、\  
    |  (●)(●) │
    |  (__人__). |    やる夫の予知でメイン数人が、訪れるはずの「死」を免れた。
    | ./´ニト   .l    それ以外で、結果的に運命が変わった人たちについて……映画では無理でも、
    | .l _ニソ    }    やる夫スレなら描けると思うんだよな。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /





 と言うことで、設定は変更され、                    
 最初の災害における死者の数がぐっと減ることとなりました。

622 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 21:00:50 ID:6pX4sFJ6 [11/43]

          / ̄ ̄ ̄ヽ    
       /       ヽ
        |     _,ノ ヽ、_|
        |  ( ●)(●)|
       |   (__人__) |
         ヽ.        ノ
          .>      く
      /        ヽ
    _/ ┃______i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
 /  /_______ヽ..  \
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 「災害での生存者が100人以上いる、というケースが発生したら、   
 果たして『死』はどのように人を殺していくか?」              .

 やる夫FDと原作FDとの差異を、明確にここで付けようと 
 思った記憶があります。

623 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 21:01:17 ID:6pX4sFJ6 [12/43]

             
 ちなみに。     
             



     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|    やっちまったあぁぁぁ!!
.    |  |ェェェ|   }    あの時はほんとすいませんでした!
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、





                                         
 この投下の折、初めて誤爆やらかしました。             
                                        
 「投下しながら、他の投下中のスレ見るものじゃない」と、     
 骨身にしみました。

624 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 21:01:39 ID:6pX4sFJ6 [13/43]


                                         
 投下してそれほど間を置かず、お話をまとめてもらえて、     
 コメントも多く頂きました。                        
                                         

                                                
 見返すと、投下修正や誤字脱字部分など、本当にお手間を取らせて     
 いたな、と痛感します。感謝に堪えません。


続きを読む
| 00:00 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/05/23(水) やる夫たちが『死』から逃れるようです 埋めネタ




561 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:00:56 ID:MOCqCgFc [2/40]


どうも。>>1です。



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |   ←代理AA
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



このたびは、「やる夫達が『死』から逃れるようです」
ラストまでおつき合いいただき、本当に有り難う御座います。

562 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:02:10 ID:MOCqCgFc [3/40]

2009年の夏からスレ作成を初めて、足かけ3年弱。
一話と一話の間隔どころか、話の合間すらも数ヶ月は空いてしまうという体たらくではありましたが、
読んでいただけるみなさんのおかげで、なんとか完結にまで持って行くことが出来ました。




      ,. < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > 、
    /               ヽ
   〈彡                ト、─ー- 、
   {\    \|_ \>ー 、  リ     i
   人{ >、,___.>、/三 ヾ\ {      ノ
  /./ トミ;,_       Y/  \>ノ>─- ´
  V / /!   ̄ ̄ ゝ  |   /   _
  しr´'┴──----─''|  ン}\-ヾ彡
              ヾ、___ノー'''`



本当に、本当に、心より感謝しています。

563 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:03:13 ID:MOCqCgFc [4/40]

今回は、スレッドの埋めも兼ねて、この作品の出来る経緯、裏話など、
この場を借り、また後書き込みで語っていけたらと思っています。




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /





暇つぶしにでもおつき合いいただければ、幸いです。

564 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:04:07 ID:MOCqCgFc [5/40]







            ┌───────┐
            │1・きっかけ    .│
            └───────┘









.

565 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:05:14 ID:MOCqCgFc [6/40]

2009年6月後半。

その折自分は、処女作である別のやる夫スレを連載していました。



       _,,,  -‐―-―-  .
 , -‐:ェ;¨;´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;:;:;:;:;:;`,
≦_二ニ; ; ; ; ; ; ; ; ; ' ' ',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,'::,
イ ̄Zニ二ニ三==´イ',',',',',',',',',',',',':::::',                 
            ,'ィ_,',',',',',',',',':::::::∧                
              'ィ_,',',',',',':::::::::::::`ーャセ少≧
              .'ィ_イ,',',:,:,:;:;:;:;:;: : : : : : 久_ソ´¨`ヽ
               'ィ_,',',',',',',',',', , : : : : : .ソ...::::::;;';';';';';!
               ノ;.:::::,',',',',',',',',',',: : /....::::::::,',',',',','!
              ,'.::::;__,::',',',';:;:;:;:;:;:,:イ'ィ_ィノ,':::::::::':':':':!
             /;;y !:::...........:::: ヌ´   ゞ|:;'...;...'...'...:|
           ∠_irvーr)-i´ソ´        |;....:'...i..;....:|
          //::;'`ゝ __kノ:/         .|:...'.;...|.;....:|
         kノイ:;'::::;'::;':,/::/          |:,':.!...|..i...:|
          `ー'-イゝ__/           i:::i::;:从:::|
                            !リイ!:;| ';:!
                              リ :!




スレ名は「やる夫が鳥達と共に故郷を目指すようです」。
PS2のフライトアドベンチャーゲーム「トリノホシ」を元にした作品です。

それまでに、嘘予告みたいな感じで短い単発ものを投下したことはありましたが、
連載としてきちんとやる夫スレを作ったのは初めてでした。

566 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:06:22 ID:MOCqCgFc [7/40]

――週に一度の投下を、全10回。
この時期、お話的にはまだ前半でしたが、ひと通りの構成も終わり、
自分の中でゴールも見えている状態でした。





        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ     ふむ。
     .l^l^ln        }      このペースなら、夏が過ぎるには無事に完結できそうだな。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

567 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:07:47 ID:MOCqCgFc [8/40]



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ー)(ー)
           .|     (__人__)
           /     ` ⌒´ノ      身辺の時間もあるし、
         /  ヽ ⊂二二 ̄\     別のスレを立ててもこれならうまく更新できるんじゃないだろうか?
       /     \  ⊂、'    ヽ
      /        \_, `7  /     自分の好きな作者さんだと、隔週で二つの作品を回していたりするし。
     /    へ     \ !/  /
     |      \    Υ  /      このスレでの改善点とか、次に試してみたいものも多いしな。
     |        \     /\
     |        / \__/.,,_r ヽ、
     /      _,,__|'"´      レi  }
    |   `'"´   `¨ー、     /ノノ
    |            }ィ    ´/

568 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 00:10:21 ID:MOCqCgFc [9/40]

さて、だとすると何が良いだろうか。
そんな風に思いつつ、色々とほかのスレを見ていたときでした。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(─)
   |      (__人__)      んむ? これは……
.   |        ノ
. /:: ̄::\  ⊂ヽ∩       ――やる夫シアター
│/ ̄ ̄\_(,_ \_
/::::\::::|:::::::::∪\:::::::::::::\
|:::::::::::|::::::|:::::::::∥::::\::::::::::::::\
|:::::::::::|::::§:::::::∥::::§\::::::::::ソ

574 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 21:02:42 ID:MOCqCgFc [13/40]

スモチ荘」を始めとする作品で有名な、u3氏。

かの方の手で書かれていた「やる夫シアター」という、
色々な映画(ホラー・パニックものがメイン)をモチーフにしたやる夫スレが、自分の目を引いたのです。



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |          へぇ~……。
         /        \ ._|_____     やる夫スレって、ゲームばっかりじゃないんだな。
       , --'、             /         `〉   やろうと思えば、本当に何でも出来るんだ。
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

575 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/13(日) 21:03:15 ID:MOCqCgFc [14/40]


      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \     ん?
  \          |     って、ことはだ。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩     俺の大好きな洋画「ファイナル・デスティネーション(以下FD)」も、
      /´    (,_ \.    いつかこのスレでやってくれたりする、ってことか?
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ  方向性的には、結構可能性高い気がするし。
    (  y'      .|









      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)    おお!
  |     ` ⌒´ノ    なんか、それ、すっごい楽しみじゃないか!
.  |         }    この方の作風とFDなら、きっと面白いものになる!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     期待して待とう!
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



最初に思ったのは、こんな事でした。


続きを読む
| 12:00 |コメント(4)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/05/04(金) やる夫たちが『死』から逃れるようです エピローグ




488 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:02:39 ID:RBzd1OAM [22/72]

 












                        「-エピローグ-」
                                               





                                            









.

489 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:03:14 ID:RBzd1OAM [23/72]



┌────────┐
│――半年後。  .....│
└────────┘






     カタ


           カタカタ
                               カタカタ
 カタ、タン       

                            
                            
                          
                                               …………。
.                    r‐l    ト、
          l     -┬<´ : ト -―l : `ー┬ 、 |
         !|__ /.::: ::::!: l l : : l二二 ! : : : : ! ! : ト、!!  `ヽヽ
   〃 __|l  /l ヽ|! :::: l ::l: :l !: : :!    l : : : : l l: : ! /|ト、_ ノノ
   l| / ヽ_ノ! !   トヘl| :::! l !: :`ヽヽ l: : : : :// ://   ! `ヽ!|   !     、、
    !    ヽヽ  !   !|ヽl__!|ノヽ ノノ / : : : // /∧  ∧  |!|\!| !  ノノ
  j|_∧  l| l ヽ_ノ\ !| \l_ノ  /( _j|∠ノ   ̄ /! ∧   ̄!| ̄ノ
/ ! _ノヽ、_!lノ_.. -―ヽ   ヽ从/ ムヽ、!|_ ノ__ / l| /从` ー‐l|<_
__ノ´ !ヽ、_ノ__ >ー‐人ヽ、 \   ≧   !::::::::::::)\! !/  ≦‐-、!   ノ
    \:::::::::::::::::::::::::≦   ヽ、_\ `>  |:::::::≦  \j / `>   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

490 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:03:39 ID:RBzd1OAM [24/72]



           /. : : : :/. : : :/__`ヽヽ
.        /   __! /   /´     ! `ヽ ヽ
         ′∠∧! l : : :/ :/. : : :/ : : ∧: i
.         l : : :// l l : : /|/l\_// : /! l : !
       l : :く∧/´!: .::! f卞ミヽ///j/.:l l     ……よし、っと。
       ! l .::. : ヽ、! .:::!  ー′  f_テ/.:/.:l     ひとまずこれで、今日の分は終わりかな。
.         l l:::::: .::::l::l:::::l     __′/.::/.:/
          ! l:::::::::::::l∧:::!、    (_/ /.::/j/
        Vヽ∧::::l ヽ!  ヽ、_ ィ/!::/
       / ̄ ヽl\   〈 ∧:::/ j/                     ___    カタンッ
       {/`ヽ、    ヽ、 \∨                    / / ̄ ̄
       /    ∧      、⌒ヽ ̄ト、                   / // ̄
        l/    ∧     i ⌒V ! ヽ               / //
      ′/     ! ヽ    l  ̄ ! !/ ∧               / //
       ∨    l l/ \    !   ! !∨ !             / //
      l    ∨    ヽ   l  l l ! {               / //
   __l   _\     ヽ ! / / /  ヽ、   __       / //
  / / ̄| /  / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ// __/ ̄ / ∧ _   / //
.  l  l  /     /       /´ ̄/´  ヽ`ヽつ! { ̄ーっ`ヽ / //





            -―…―-
         ´               `
      /           ヽ    \
     ,   /    /       \
   /   ′   /          ゙:、   ヽ
.  /  //     |   |    i |    ヽ ヽ  :
  ′ 〃 ,   | _,」_  |    i |   !  |   l  ;
  |   ′!    {´ 八` |   ノリ⌒メ ,.イ  j  i
  |   | |    ハ/,=ミ、_{\/ //=ミ |  ハ |
  八   | !  lYんЧi     んЧY′/ } ノ
    ヽ八 ヾ  ィ弋ゞケ━v━v弋ゞケ7イ  イ          涼宮先生、お疲れ様。
    | 丶 \ \___ノ  乂__ノ/  / !
    |   |\ ヽ⌒     '    / ,.イ  ハ          そろそろ、新しい学校や街には慣れた?
    |   ト、 ヽ }> ..   ` ´   イ { 〃| 〃           赴任して3ヶ月、それなりに周りの良し悪しが見えてくる頃でしょう?
.   八  | \j人/ |`  ―=≦ハイ八{ j/
     \    _厂ゝ、   У\_
    γ´ ̄ ̄{ (     `ァ=く   } 厂 ̄ヽ
     |     ヽ \_/ | | \_ノ| /     ゛
     |      \\   | |     //     |

491 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:04:36 ID:RBzd1OAM [25/72]



           __
        ,. -.:.´__:.: ̄:`ヽ、
        // ____`\:ヽ:.::\
     .イ:./ィ.:´i:.:.:.:.:l:.\:\ヽ:i:.:.:..:ヽ.
    //:./:.:|.:.:.|:.:.:.:|:ヽ:.:.ヽ:.:.ト.|:.:.:!.:.:..i
    i/:l:.:|:.:ハ:.:lヽ:.:.!ヽ!>弋T:.!.:.:|:.:.:..|
    |.∧:.{丁≧ト \Yr z=トNF{ユ:.:.|
    ト「入ト{i乍::ヾ    ´トz:::}ソ:.L.〉\、|
.  く/|} トハ Vzリ 、   ー/:.:小 V:.:ト.\    そうですね、多少は分かるようになってきたと思ってます。
   /:イ丁ト.lト、  l7´}   j:.:/!|:∧V:|!:lヽ〉
   {:{ V ,小ヽl>....__ー' .ィ/イィリイ小.V!′    早乙女先生には、この3ヶ月間ずっと助けてもらってばかりですね。
   ヾV_Aハイ「「 ̄´r'、 ,.‐イ:.`ー<. V      いくつも助言を頂いて、本当に励みになってます。
      / !|:|: : : |三`7′:..:/// ヽ
     /  |.!:!: : :!   /: : :/.'イ,. -┴┐
    / l j ,ハ.l:.!: |rn/: :/./ム-l.l| 七ヽ                                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                              ふふ。そう言ってもらえると、こっちとしても嬉しいわ。  >
                                                                   ________/







                         /\   
      、 = ,,、 -‐-  ,,          /  /   
   、,r':´ : : : : : : : : : : : :`'.,        \/     
  ,r': : : : : :ハ: : : : : : : : : : : ; :\             
 、゙ : : : : : :i : : : : : : : : : : : : :゙i:: : :':,.       ___. 
、゙i: : : : : : l: :i:: : :|;:: : : : : :|: : ;:゙i : ; :゙i     . |___| 
,゙::|: : : : : : :| :|;ト〒i: : : : :‐|‐-:i :i : :i: :i.           
i :|: :i : :i: : :i!、:i(,_;,;_i゙i:: : :、゙|;;_∧ノ: :|:: :i           
|: :|:: :i:: :i: : ;、iミ孔゛'(,!、ゞiミ孔゙i,.|: :λ:i.    /\    
゙i: :l : :゙i :゙i :i{与=弌=v==v与弌}i:/: :i    \  \      ――と。
 ゙i!:: : :゙i :\`;¨´     ' ¨  .i: : :λ.      \/      そうだわ、涼宮先生。
 'i : : :\::゙i `        、イ:: :ハ :i           
  ゙i: : :゙i∨:l' . ,  ´. ` ,. :i :、| :ヘi、゙            
   \:::!、i、i_   `7_:;´::、|、ヘ(,! !゙             
    ,Χ゙i `'''‐-rゝ \斗_               
   、へ!、'     |゙i\ ∥  `.,             
  ,r'    \- ,_乂゙i゙i `゙∥ ゙i ゙i            
  i   \  ``\  ゙i゙i  ||  \i.

492 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:05:03 ID:RBzd1OAM [26/72]

                                  _
                                 /  `ヽ、
                              _, '′     \
                           _, '´           \
 スッ                   _ , - '′                  \
                __, - '´                     ヽ
              ヽ ̄ ̄ ̄                           /
         _, ゝ、                           /
      ,r'´ ̄    ヽ       , - 、                   _, ′
      /     、  __,ヽ   /ヽ、 ,リ              イ
      /       ヽ  ,ィ冫イ、   V/          _ - ´
    ./     _,,,ノ-‐'    ヽヽ ./        _, - ′
   /                   /     _, -‐ '´
  ./                ,イ.l__ -‐ '´             
  /             ,イ ゝ_ノ
. /                / 〉‐'
                 /ゝ‐'
               /
          /                  ――こういうのって、興味ないかしら?
          /





                      _____
                  ...::::´::::=‐<::::::::::::`丶、
                  /.:::::  -‐===‐ミ:::::::::::::\
                 /.::::/  -‐===‐-ミ::::::::::ヽ:::\
             .::::::::::://::/:::::::::::::::::::::ヽ刈::::i|_] ̄`丶、
           /.:::::::::/.::::::/:/.:::/ハ:::::}ハ:∧:|::::i| \   ∧
.          /.:::::::::/.::::::::{::{::::{   |i/⌒ム斗l:::八  》<:::::::.
         /.::::::/|::::::::N八{ ヽ 八爪__刈》/.:::::i:く\ \:::.
           /.:::::::{_刈::::::::|爪_心      V/ツ/:::::::∧:::ヽ\ }ハ     これは――コンサートライブのチケット、ですか。
.          /.::::::::::/ |八:::圦 V/} ,    ´,, /::::::::/ ノ.::::|i  K:::::l 
       .:::::::::::://V|::::::ヽハ `´,,  _   /::::::::/´::::::::八_/ハ::ノ     一体、どうしたんです?
       |:::〃:::{ハ/|:::::::/::∧   ー'   /::::::::∧::::::::厶斗‐<
       |:::l|:::/i:::八|l:::::{l:::{l个: .    仏イ::::l/|::/7/: :/⌒ヽ
        人八{_|/  |l::::八n人:::::}≧=< 人::lN(: :.//: /
           ヽ{   八{ i|:| /》(: : : : :∧  八:{: ://: /{      l|
               _/ ̄、`V:/i|: : : : : |/二ニ7 : //: /      l|

493 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:05:46 ID:RBzd1OAM [27/72]



                                     ⌒)
                  , - 、       _            3
                /∠=`ヽーー=二ミ . \       /
            , -=/  /           ヾ .|     /
          / ,  /  /    ,|        ヽ、___
        / /  ./  /   ∥|      | 、   ヽ  \
      ./  /  , ./   .|   / .| 乂    / ∧  、ヽ、  \      ⌒)
     .,'   / ./ /   .|、  | | | `、 ヽ  ,ソ|  )  |ヽ |   ヽ   ̄ ̄ ` 3
     /  ./  /  .|   | `ソ廾--´  乂 `之ノ   | ヽ    ヽ
    /  .∥  |  |   |  ,,,≧≡ミゝ     ι≡ミヽ∨ |\.  |
    | / .|  /|  |   |彡へ  、 、》´´⌒( 、丶ヽ ¨`)ノ |  ∨.|
    .| .| レ´ /|  、   _|(_\ _ _〆\  ’`トK\弋| 丿  )/
     V /    |    、  | ` \\ `           |∧  ノ
     ∨ /  ∧   `、 `、       , -、     ノ|  |
     / /  / ミ\\ `、`ゝ-    ´        , | ∧          せっかく友達に貰ったのは良いんですが、
     ,´ /|   ||  `、ヽ ..`、              ,/〆、 ∧         外せない予定が急遽入ってしまったんです。
     | / ..|  .| 丶、 ヘ  \、> 、         , へ ..ノ  |丿 .|         使わずじまいも勿体無くて、誰か代わりに行ってくれないかと思って。
     | |  `、 .|   ̄    \| >--==〆    |/    .|丿  
     .||   丶ゝ⌒\/\  |       ..|  ._  _               ……ええ、次こそは! 次こそは、成功させて見せますとも……!
     |    /    .ト、  ソ |      .|/ )/ /⌒ ヽ
         《    | ∧    へ、   /  / /  / ̄. ヽ
       _ 〈 ..ヽ   | | \__ /⌒|∨_// . /   /     |
    . / , ヽ|  ヽ  .| |      0 |   ./ . /    /     |
    〆  /^ゝ     | |       |   / . /      /⌒ |





                     ィ ‐―- 、__                     
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、                  
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ               
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l                  
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、    
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´          ヽ    
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /    
     l       l ノ人fl:::::::l ;. `ー'   、`' {´イ::|  /      ./    
      l       k≠^ヽ|:::::::l ;j.    _ ,  八i ::|'/       /     
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /       
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./         わ、分かりました。
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /         私が使って良いんだったら、ありがたく。
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /            (……なんだか、下手に詮索しないほうが良さそうだしね)
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/
       _ ____l     l ll   |   / /イ

494 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/03(木) 20:06:12 ID:RBzd1OAM [28/72]



 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ::::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ     
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ   
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  |           
             |  |  |        |  |                _
             |  |  |        |  |              <h>r==ュ、
             |  |  |        |  |             ,'{!i}/八 iルハ}
 ______|_|/          |_|____        { l(l| fj `, fjリ!      
                                     vヘゝ _-.ィノ
                                      ,< ヽ-i >     チケットノ日付ハ……ト
                                      l l \y' i|
                                      | l </i,>||
                                  ((  | l.===j|


続きを読む
| 21:00 |コメント(23)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2012/05/04(金) やる夫たちが『死』から逃れるようです 最終話 その5




313 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:30:25 ID:rpSCy/9U [2/147]

時間ですね。

ぼちぼち行きます。投下開いたら飲み物など補給と思ってもらえれば。


あ、あと、今日と明日の2回に分けて投下いたします。

それでは――


>>278
の、続きから。



314 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:30:56 ID:rpSCy/9U [3/147]






┌───────────┐                 "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
│9月1日、午前8時30分。.│                  "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
└───────────┘                  "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ              ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;                || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|   |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |   | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |   |――――――――|| 田 ||::::|    |          
              |    |  |   | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|    |          
              |    |  |   | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |          
              |    |  |   |――――――――|| 田 ||::::|    |          
              |    |  |                     |    |
              |    |  |                    ┌─────────┐
              |    |  |                    │明日来亜高等学校。 │
                                  └─────────┘

315 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:31:37 ID:rpSCy/9U [4/147]


┌────────────┐
│その、運動場にて――    .│
└────────────┘





          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          | えー。                      |
          | どうも皆さん、おはようございます。    |
          ヽ_________________/


                | ̄ ̄ ̄ ̄|      
                | ̄ ̄ ̄ ̄|      
                |        |      

           ガヤガヤ         ザワザワ
     ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
  ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧     ザワザワ
  ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧       ザワザワザワ
 (    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )    ドヨドヨ
 
 





                                                   ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、
                                                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                                〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',
                                                {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i
   初めまして。                                     {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
   前任の阿部高和校長に代わって、新たにこの学校の校長           {{,,,,ヾ、  ´"'¨せ ∨Cヽ:::!
   となりました、道下正樹です。                             {ヘ´f;j}    ´¨  るノ:::!
                                                  ヾ',  i  _      しヘ:::l
   一学期の終盤、この学校は未曾有の災害を被ってしまいました。          ',  `" __   /  ヾ
   沢山の人の命が失われた事、心よりのお悔やみを申し上げます。         ヽ  ´ .,    / :   /;;〉ヽー=¬
                                                     \    /  ; /;;/タ://;;;;;;;;;
                                                        ヽ-ヘ:::   /;;∠ク //;;;;;;;;;;;;
                                                          ∨/;;;;∠ク   i i;;;;;;;;;;;;;;
                                                          {ココ少′  l l;;;;;;;;;;;;;;

316 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:32:42 ID:rpSCy/9U [5/147]


       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ
     ン        ノ           
    /⌒ヽ、    _ノ            
   /   ノ \__ィ ´             
  /  /    '|.               
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            僕個人としても、尊敬する恩師であった阿部校長を失ったことは、  >
                            今でも耐え難いほどに苦しく、悲しい思い出です。           │
                            ___________________________/
                           

       rン::::::::::::\         /::::::::::::Y
       rイ:::::::::::::::-、__ゝ- ‐‐ ‐‐- イ、::::::::::::)(
       !ヽ、:::,.-‐ァ /.:::::/:::::::::::::i::,:::::::ヽ<;:イ
       >'": , ':::/:: /::::::::/::::ハ::i:::::ヽ:::::::ヽ ::`ヽ.
      rく::::::::::::::/:::::i:: /:::::::::/i::/ l ト.:::::i:::::::i ,::::::〉
      ',::::`ヽ:::::::i::::::i:i__i_:::::/i::::/  |:l::i:::::l:::::::|. イ
      \:::::::::_j:::lリ レレ' レ'  リ TNハ::::::i ン
        `'r_」 ̄| 化:::ト、     イr' ト.Yi ̄ i
        i:::::|  |  it::.::j     it;:.j ilノ  |
       /::::::::l_|.、"""    .   "" リil_ ト
      /::/::::::i:::::|l:::i\    ―    イ:::ll::::: |
      /::/:::::::ハ::: |i:::i:::l::ト-- --r '´:: i::::::|l:::::|
     /::/:::/:/:::l::::|ト.;l,ィ〔>-- <〕:::::l::::::|i:::::|
    /::/:::/:/:: ∧::ll::ヽ:\ /:∧:\ 7ハ┬リ :::ト.
    i:/::::/:/:/イ´\::::}\/::/ \::\ l::::V:::::/::i
    |レ'i:://i    |::::ヽ`r‐! r'.ヽ ir‐' i:::::::V:/ハl

317 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:33:50 ID:rpSCy/9U [6/147]


             / 三二ニ= 、
            ,イ/  ,二二ニ ヽ、、
           ハ{   / >‐-= 、 \_/,イ
          /´二}  {´ , -‐- 、  \ー'__}
         //, /`ヽ、V /∠二ミ 、_  _ノ
        {〈 ,{ V´ `ー~´´´´´V/7//
       、__」レ'ノ 〉    ,   _V´}/
        ミ三,-r´、≧ミ、 ソムtf我`レ/
          ヽ!     ´ | ` ̄  .'´ _
           」、   、j    /,r'´   \
           {{ }ヽ -ー―  イ>ト     ヽ
          . ィV__ \ ⌒ /ノ {ヘ     `
      _.. ‐ ´::ノヘ」|〉ーf=i⌒lレ>/ ', /}   
 -‐.::::::::::::::::::::/ \,」 }  !   {(/i   V l   
:::::::::::::::::::::::/  <ヽ.ノ  rk!  .レ'  >'´/ノ             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                     学生時代、阿部先生に受けた数多くの恩を、この学校の校長として  >
                                     尽力することで、少しでも返すことが出来ればと思っています。    │
                                      ___________________________/
.                             
.                             
.                             
.::   /  .::/  ./     __,,,,,r-"´´   /- ヘハ  
../ /  〃 ./_,,,,,,--‐"´´         ./,=,,トヘ;::ヽ 
/ / 〃 / ̄,ニテテ,.           l/ l| ヽヽ::ヽ
../ .〃 , ' ,r.'´,,=テ=ミ、        i弋_ノl:::::ヘヘ;:
..i .∥./  ,,r"´,rイ   ゙i¨`        |:::::::||::::::::゙l;ヽ
l  ll /三/  〃.Cト.__,ノ           l::::::リ::::::::::i|:::.
| .il,' ‐〃  ||:::::::::::::::||         i_)∥:::::::::ll:::::
 .il. -||    ll:::::::::::::::||             、~i:::::::∥:::::
 .ll ,,ヾ    !!:::::::::::::;ll             \l:::,'/.::::::::
  i!   `   乂,';;;;;;;;i!            ヽ,::::::::::::
.!、.!、     ゝ_,>'"´                 / :::::/
.. ヽヽ、                       / ,/ /
...  ` ミ=、_       ノ          , ノ/ ./ 
ヽ、   `-ミ==ー‐"´      _,,-‐"./, ' /ヘ  
  ヽ、   ヽヽ             ‘    /.:li //、ヘ 
.    ヽ、  iヽ`,              /.::l| l i ヽ,ハ 
      `、 .l ヘ l               , l...!l l l    iヘ

318 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:34:13 ID:rpSCy/9U [7/147]





                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                               そして。                                  >
                               一日でも早く、生徒の皆さんの力となれるよう――……     │
                             ___________________________/










          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |   …………。
      \    (__人__) .  /

319 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:35:16 ID:rpSCy/9U [8/147]



─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
────────────────────────────────────
              /:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    \
            ,'    、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ      ',
.            /.     `>、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>' ´       ∨
           /    ...::::,z=z≧ 、:::::::、::::、::::,:::::,ィ彡≦ `ヽ::::::..       ∨, ________∧,、___
          ,'     ::::〈  {{(::)}} ミ丶〈 ゞ"イ /´{{(::.)}} ノ::::       ', i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V`´ ̄ ̄
           ,       ::::ゝ、ゞ='' ノ,彡:::: :  ミゝ、ゞ=''' ":::        i
.         {       ::::::::::::::::/::::::::: :     `ヽ:::::::::::            }
         ',           :::/:::::::::::::: :       ',      _/\/\/\/|_
───────────────────────── \          /──
                                     <  ――っ!  >
                                     /          \
                                       ̄|/\/\/\/ ̄
─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─

320 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:35:30 ID:rpSCy/9U [9/147]
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
                                     {{   |'      |'   |'       /  / r=、/!
                                     ',!   !      !   {!       {!  {! {! }ハ,'
         n__ o                 n__ o    >―‐┴―――┴―┴――――‐┴‐┴{`イ! |
         | r‐┘                   | r‐┘    / /`T  ̄ ̄ ニニニニニニ  ̄ TT '' ┐ !_ll ,'`丶、
         .∟ニコ      n__ o       .∟ニコ     / /〃 ̄ヽ  ' -―――- ' 〃 ̄ヽ  l  llr ゙! _,.  `丶、
                  | r‐┘                l ! ゞ...,,_ノ  _,.==;-、     ゞ..,,,_ノ l  /l_ ll/
                  .∟ニコ    .       n__ o l l  /   , '/    `ヾ,ヽ     ll   l llゝ、/
                                .| r‐┘l l  /  〃'{      ヽヽ   ll   l ll / l!
       n__ o          n__ o       .∟ニコ l 〃 ̄ヽll ト、     ノ  `ヾ ̄`ヽ ! l ∩ l!
       | r‐┘           | r‐┘           ! ゞ...,,_ノ','、ヽ \  /     ヽ_ノノ'| ll H' l'!,. -
       .∟ニコ         .  .∟ニコ              { {____ヽヽ\` ´   , / ̄  ', / ll// l//
                                 ,| l,ィ―――、 `ヾ='、  /       \/// l, '
                                /l ! ゞ____ノ   f´`ヾ',           `ヾ{..,, -
                             ,.-'´  ! !          `¨´ ヽ            `ヾ―-
                            /    l l f ̄ ̄ ̄ヽ r――- 、 >、
                           {     l ! '、.....,,,,,_ノ '、.....,,,,,,_ノ '、_',
─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─
 ─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_ ─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─

321 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2012/05/02(水) 22:36:12 ID:rpSCy/9U [10/147]

                                
                                  
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{     
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ、     来た……!
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ     柔速弟からの連絡だ!
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ
、::.:Ⅵ    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、
::.::.::.:..   ヽ、 ヽ} i |  |   }           i          \






                         __ノ \〈:::::||::://::::::/"     __  三、  .. :.: ::::/::/::,イ
                        //  >=ゞ:::||/厶ー'゙      /     }:::::::::::/:::/:/:::l
                        レ  /:::::::::rー''"       /      彡/::/::/::/:::::::::!
                        /  /::://:/        / ,.ィ≧ュ、    `ァ〃イ^ヽ::::::::::/
                     .  {   ゝく〈_ヽ   、 // ,〃 ィ之ノ _.´     ∨ L  }::::::/
                        ゝ_ >ー 〉::ト=ミュゝヾ彡=´ ̄ ̄´           〉 ,'::::∧`ヽ
                          ヽ__/::/ ィ圦フ}  `ヾ´ ̄              ゝ/彡'::/ } \
                         -=ニ二ノ|::ヽ  ̄ノ                   ┬'  ∨ /   ヽ
       よし!                   |::::l  く  、                 {   / /     \
       作戦を開始する!            |:::::',   ヽ  __,. -ー- 、            l  / /
                              l:∧\  くr=' フ´ ̄ ヽ         ノ  / /
       コールどおり、まずは          !::∧ \  ',  /    /          , ' /
       プランβだ!                     \::ヽ /\ ∨__ /   /  r─//
                              _\∨ ∧ ー─   /   / //   _
                     __  -ー ¨´ /  `  { ∧     ,.イ__    / 〈  \  { r'
                              /     ヽ\` ̄「`Y´ 人_/  \  \! |
                                            ゝ 三ミ{  | { /      }\  ヽ|


続きを読む
| 21:00 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2011/11/02(水) やる夫たちが『死』から逃れるようです 最終話 その4




249 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:14:57 ID:gHJ7adTw [52/82]
,

x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
┌────────────────────────┐           Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
│催眠によるビジョンが、次から次へとやる夫の視界を   │            Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
│流れてゆく。                            │              Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
└────────────────────────┘               ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk         ┌───────────────────────┐
       !垈         │そこに新しい映像が加わったりすれば、すぐさま    ..│
     .為llll}        │ナナリーに連絡し、<騎士団>を動かしてもらう。    .│
    .ィ圭洲;        └───────────────────────┘
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
┌──────────────┐     Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
│一日、一日。            ..│     以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
│そうして、時間が経過する。    .│     Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
└──────────────┘      7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

250 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:15:36 ID:gHJ7adTw [53/82]

                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |    |
            |   l   | ー-  |   l   - l
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
          ┌──────────────┐ ヽ
           │        __               .│   ヽ、
         / .│     , ´   .:ヽ` 、          .│‐  .l
         l〉 │    i 、:.. . .;:::; j | i            .│   . |
        / .│   l|:.、_ ー'_ノノリj |!         .│   ...|       
          l   │    !i_;-ニ二三彡jリ         ......│  ....l      ……。
        ヽ │    `ミニ三彡シシ_          ..│ヽ  .l
         . .│      `゙ーニ三=ニ      ......│   |      ……また、もらってこないといけないかお。
          │          ̄二三-      .│    |
          │               ̄-    ..│   l
          └──────────────┘  /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /


 





              グイッ
       ____
     /―  ―\   
   / (●)  (◎)\
  /   (__人__)   \     ん、ぐっ。
  |     (   \    |
  \_   ヽυ  ::\ /
         \  .:::\


┌─────────────────────────┐
│痛み止めと、過度に催眠が効きすぎる事を防ぐ錠剤。     │
│日に一度、一錠を飲んで、やる夫はなんとか一日を    .....│
│切り抜ける。                             .│
└─────────────────────────┘

251 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:15:54 ID:gHJ7adTw [54/82]



           
 _,,..i'"':,      
|\`、: i'、     
.\\`_',..-i    |\@@@/|    
  .\|_,..-┘    |    ̄ ̄  |    
           .| ゴミ箱  |    
           | ..     |
            \__/

┌─────────────────────────┐
│……油断するとすぐに鼻血が出そうになる。         ...│
│ゴミ箱の中、赤く染まったちり紙は、出来るだけ内側に    .│
│畳んで捨てるよう、心がけていた。                .│
└─────────────────────────┘

252 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:16:31 ID:gHJ7adTw [55/82]


       ____
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _
  /::::::::::::::::       || |    あ。ナナリーさん、ですかお? やる夫ですお。
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ  
  \::::::::::::::::       | ー ノ    ……ええ、はい。また見えましたお。
   | :::::::::::::::    | i j      ちょっと待ってください、今、名簿見てるので……。
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /  




┌──────────────────────┐
│死者の数は――確実に、減っていた。          │
│                                │
│その日一日が、ゼロで終わる日が続いていた。    │
└──────────────────────┘

253 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:16:45 ID:gHJ7adTw [56/82]


       ____
     /     \
   /::::::::::::::::    \ _
  /::::::::::::::::       || |   
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ  ……。
  \::::::::::::::::       | ー ノ   そう、ですかお……。
   | :::::::::::::::    | i j 
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /  







┌───────────────────────┐
│だが、すべてが上手くいくというわけにも行かず。    │
│                                  │
│この日の報告で、一人死者が出てしまった事を、   ....│
│やる夫は聞かされる。                   ....│
└───────────────────────┘

254 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:17:56 ID:gHJ7adTw [57/82]

┌─────────────────────────┐
│それでも。                             ....│
│歩みは、止められない。いまさら、止めるつもりもない。   .│
└─────────────────────────┘
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
──── 、       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::: ::: \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
┌───────────┐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
│一日、二日、三日。    .│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
└───────────┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|
┌────────────────┐・─‐\:::::::::::::::::::ノ
│八日、九日、十日。           ..│・: 、∵ ̄ ̄
│時間は、確実に流れてゆく。――   .│
└────────────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::: : /              : ”

255 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 22:18:47 ID:gHJ7adTw [58/82]




┌────────┐
│――そして。    │
└────────┘









                    /\
                  //\\
                 //_;;_ ;._\\
               //'';,_,;_;;_,,_';_,\\
              // ';_;'._{O}_;;:_'';_.;.\\              /\
            // ,,';_'',:_ ';,_';.;,_;.'_;:,'_';_, \\              //\\
           //==========\\         //    \\
         // ,;  ;;',; :.:  ..:. :'';:.. ..:.;┌─┐ '\\.       //        \\
        //   | ̄|| ̄| . .;..::..:. .:.:..::| [__].|   .\\.   //            \\
      //  _;:..:._ |  ||  | '';: ..;.:..:.:; :.|  lコ|    \\//================\\
     // _.:._ ..;;._ |_||_|   ;;:; ..:. :. ::.:|___|      \\ ========= .| ̄
    エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ____________|
      || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || || □ii□  □ii□ □ii□.|
    lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl________________|
    |::::::: [lニl]:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {〇}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[lニ l]:::::::|==================|
    |''''''''''| | '''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' | |''''''''| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |   .| |    [ニニニニニニニニニニニ]     | |.   |                  |
    |   .| |     |__________|.      | |.   |  ┌─┬─┐┌─┐|
    |   .| |      |       |:::::|       |       | |.   |  |  |  ||  ||
    |   .| |      |       |:::::|       |       | |.   |  ├─┼─┤|  ||
    |   .| |      |       |:::::|       |       | |.   |  |  |  ||  ||
    |   .| |      |     O |:::::| O     |       | |.   |  └─┴─┘│  │|
    |   .| |      |       |:::::|       |       | |.   |            └─┘|
    |   .| |      |       |:::::|       |       | |.   |ニニニニニニニニニニ]
  [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]


続きを読む
| 18:00 |コメント(2)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

■2011/11/02(水) やる夫たちが『死』から逃れるようです 最終話 その3




192 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 00:51:38 ID:gHJ7adTw [3/82]


   ::::::::::::::::ヽ,ヽ,ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::ヽヽヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::/     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::| |_ri_ri_ri_,:::::::::::::::::::::: '、::::::::::::,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ゝ::::::::::::::| r―,―,―',::::::::::::::::::::::::::~"''"~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::':、::::::::::| |:::::::::ヽ,ヽ,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::\:::::| |:::::::::::::ヽヽ ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::\| |::::::::::::::::l l' 、,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::| |' ::::::::::::l l ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::| |:::::::~"'-l l:::::ll::::::::::::::::::::i"~| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::::::::
    ̄ ̄l゙"'i| |/\:::::l l"-llヽll::::::::::::::l l"l ロ ロ ロ  |-‐'""'‐-、_
    ロ .| . l| |――i::::l l::::::ll::::ll:::::::::::::l l .l        .|―――┬'
      | . l| | []  l:::::l l:::::ll::::ll-:::::::::::l l_,l ロ ロ ロ  | ロ ロ.|
    ~ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄l l/ :::::::::::  \|______|__[],,,,|_
    ,,   ,,  | |  ,, / ::::::::::::::::::::    '、――――――――――
     ,,  ,,  | | ,, /  :::::::::::::::::::::::    \:
         | | /                         











                               γY⌒ヽ
                             乂 はっ  )
           i      i  i! ヽ、 _ノ      ゝ、_ノ
           'i      'i.   i!::::::::`i
            i      |   ヽ、..::i
            ゝ     ,i    ー'         γ ⌒Y⌒ヽ
            `i----―,'、             乂 は……っ )
            ノ:::::::::..... .i!i               ゝ、___ノ
           /     //
            i'     _//
           i`―---'_/
            ̄ ̄ ̄
            ┏┓    
            ┣┫    
.                 ┃ ッ  

                   ┏┓    
                   ┣┫    
                     ┃ ッ   

                             ┏┓
                             ┣┫
                               ┃ッ ・・・・・ ・ ・  ・

243 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 14:14:32 ID:gHJ7adTw [48/82]



 
     ,,、      ゞ.:.:/.:.://;;/;:;:;:;/⌒ヽ
     ./ ./     □□ ヾ;::::j;;;|;:;|;:;:;:/:.  .:.:|     
   / .._,゙,゙,゙,゙,゙,゙´゙''、    ',:::!;;|;:;|;:;:;:|:.:. . ..:.:.:|            人人人人人人人人人人人人
  / ../     ./ !     `イ;:;|;:;「 ̄  ̄ T           <                  >
: t",./     : / .,/         |;:;|;:;|;:. .  .:.:l          <   ――――……っ!!   >
       / /          |;:;|;:;|;:;:::.:.. .: ::|ヽ         <                  >
     . / ,./           |;:!;:;|;:;::;::.:.:. .::|:;:|          Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
   ,i-'´_..‐´            !;!;:;:|;:;:;:;:;::;:;:;:i;:;:ヽ
   .`''´              ヾ:;:;:ト、;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;\  i''''''''''''''''''''''''''''i            
                      ``ー ─ '/ ̄.:.:.゙i .  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄´            
                        // j.;:;:;:/.;/:.:.:.:::::| /''''''''''''''''''''''''''''''''''、  _  r‐、  .r-、
                     i///.;:;/;:/;:.:.:;:;:;:;:;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ! │  ヾヽ,ヽ ゙ヽ .i ゝ
                     /.;:;/;:/´ ̄ ̄「         / .,/    i,,,ノ ゙ー'" ! ./ 
                       i.;:;/;/:.:. . .:.::::!  (_/  : ,/. /         _ / /  
                      |/:;/;:;:.:.:.:.:.:;:;/    / .. -'"._/            / /    
                      |:;/;:;:;:;:;:;:;:;;:/   (  ゙'''''゙゛          ┴'''".   
                         ヽ、;:;:;:;:;:/    ⌒ヽ
                       ̄

                          
                          
                          









                          
                          
                          
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                       l⌒l             __    __  r┐r┐
                  l⌒l   |  |            / ./   .| ! .!_l !_l
                  ', ',    |  |           ./ ./   │.|
                  ', \  |  |   , -、     / ./     ! .,!
             r- 、     \  ー'  ヽ  /  /    ./ /     l |
              \ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __ / /      ! .,!
                 ー-、    _  /  〈 `ヽ  `''゙         !ー!  rッ rッ
              r―――'   / /      l   |              i彡'"
              丶-----く         /   /     /
                    \     /   ∠ _ ィ/
                      ー一'  ̄ ̄  ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

194 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 00:52:42 ID:gHJ7adTw [5/82]





          ┌──────────────────────────────────┐
          │.V:.:.ト、ゝ\ヽト、!                 ′            /.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:/  |:.:.    ..│
          │ V:.| V`>、ヘ `       ,.ィー-------,.ヘ、     ∠ イ:.:.:.:.:./ |/:.:/  j/     .│
          │.  V!  V:.:.:i:.:.ヘ、      / 7´` ̄ ̄ ̄´ 〈 V      /:.:.:.:.:./ /イ   /     ......│
          │  ∧イ∧:.:ト、:.:.:`ヽ、    { {_: : : : : : : : :__:.ノ ノ   /:.:/|:.:./ /  ト、          │
          │―/  V  V| V:.ト、:i` .、  ゝ 二二二二 -‐'’  ,. ' |.:.:./  |:./    | `ー- 、    ......│
          │. /   /  ヽ! ヽ:| ト、!   ヽ、         ,.イ  |:./ |  !/     |     \   ....│
.          .└──────────────────────────────────┘
                       / ― 、. ,'                    おい――
         , ―― - 、    /._    /                       しっかりしろ!
        / r==ィ    >'"´ ̄ ̄ヽ /  
         |( ̄´ _    /          ト/   ガ、シッ
        し兀八_ト--/ , ⌒ヽ,    レ   
               しイ    ' .   |    
                 |       ':, /    
                |      V     
                           
   ┌────────────────────┐
   │       /            \        .│
   │     /      ,   、,,.-='、'、 \       .│
   │    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \    ....│   う、ぁ――
   │  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \   ..│
   │  |    U                  |    │
   └────────────────────┘

195 名前: ◆yS5pHxqbI6[sage] 投稿日:2011/10/29(土) 00:53:26 ID:gHJ7adTw [6/82]


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:./   l:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.l:.:.:.:.:. ハ:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:l:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:./   ',:.:.:.:l  ',:.:.:.:l.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:.:.:l l:.:.:./_,.',:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:l:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./ー.、_  ',:.:.:l  ',:.:.:l .ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l .l:.:.:./_,l‐'7´  ',:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.l:.:.
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:l _,.-‐-ゝ.',:.:l   ヽ:.', ヽ:.:.:.:.:.:.:.:./_,.l‐/_,,.l:./‐、   l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.
:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:l <  .lつ{:::::ヽlー、_ ヾ  ヽ::.:、_,‐/ィヒl/::::}::!'l  > . l:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:
:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l . \弋:::::ー'::ノ_ヽ `ゞ   . ',:.:.:./._弋':::ー'::ノ ./  l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:
l.:.\:.:.:.:.:.:.:.:',  `ー‐' "´-'´      ',./ `ー-、 ̄`""´   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ:.:
.l:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:',                  '           . /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ l:.:.
..l:.:.:.:.:.:.l\:.:.:.:',                i            /:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:/ .l:.:.:
 l:.:.:.:.:.:l 、.\:.:',              !           /:.:_,.イ:.:.:.:.:./ l:.:./
  l:.:.:.l、:\ヽ ヾ',       /二二二二二ヽ      . /_,..‐'/:/l:.:.:.:.:/ .l:./
  l:.:.l.ヽ:.:`:ー-、`     . / /      \ ヽ   ./´/'""´/V:.:.:/   !'
   l:.:.l 〉:.:.:、:.:.ヽ     . l゙゙l           l゙゙l    /:.:,:.:.:/ . l/
   ヾl´ ヽ:.:lヽ:.:.:l\   .l .l           l .l  ,イ:.:,イ:.:/   ' `ー、       ――やる夫っ!           
_,..-‐''"ヽ .ヽl .ヽ:.:l  \ .\\____//./ /:./ l:/        ヽ_
       `! ヽ:l   \ `ー――― ´./  l:/   !'        `ー
                                                   
                                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                 け――圭、一……  >
                                                 ________/


続きを読む
| 18:00 |コメント(3)
カテゴリー:やる夫たちが『死』から逃れるようです(最終回保管済)

| 次のページ>>

■PV

ブログパーツ ブログパーツ